「きゅうり」を含む日記 RSS

はてなキーワード: きゅうりとは

2018-01-10

anond:20180109224646

卵まとめて焼く

きゅうり塩もみして、コンビニチキンを割いたものごま油と和えとく

ねぎ適当に薄めに切って、酢水、塩砂糖を混ぜた液にブッこんでおく

↑これらを用意しておくとすぐ食える付け合わせとして機能するぞ。


さらに冷食があればお弁当も作れる。

2018-01-09

40代男たち無能すぎ問題

新年会バーベキューをするというので参加してみた。

別に自分料理人というわけでもないが、食べ歩きは好きだし自分でもある程度料理はする。

はいっても某レシピサイト検索してその通り作る程度のものだ。から自分ではとりたてて料理ができると思ったことはない。

新年会メンバー同級生とその知人たちで、40過ぎのおっさんたちが10名程度集まった。

皆一様に腹が出て、日頃うまいものを食べているであろうことを伺わせる。

集合して早々に買い出しに行くという。

聞くと肉は用意してあるがその他の付け合せやつまみなどは特に用意がないらしい。

それならばとおっさん一同で近所のスーパーに繰り出す。

ところがここが違和感の始まりだった。

誰ひとりとして食材に対して提案がないのだ。

バーベキューといえば肉を包んだり一緒に焼いて食べる野菜が不可欠だ。

そのあたりを提案してみても、どうも皆の反応が煮え切らない。

今はレタスが異様に高騰いしているのでキャベツを代わりに提案するも反対とも賛成とも取れないような反応だ。

諦めて食材勝手に買い物かごに突っ込むことにする。

焼き野菜ピーマンネギスティック野菜用にきゅうり人参、包む用にキムチやらを適当に放り込む。

10人のおっさんたちはそれをただ無言で眺めては後からついてくるだけだった。

しかし、ひどいのは会場についてからだ。

目の前に食材を並べても、誰ひとりとして下ごしらえに動こうとしないのだ。

自分企画者でも主催者でもないのではじめは遠慮をしていたがこれでは埒が明かない。

まな板包丁を手にして、まずは片っ端から野菜カットすることにした。

一通り野菜カットし終わると次は肉だ。

コショウらする雰囲気もないので、肉の質に合わせてタレにマリネするものはさっさとタレと一緒にボールに突っ込んで混ぜるように指示をする。

見るとラムチョップなどという難易度の高い肉まで用意されている。火が通るのが遅いくせに前半に食べておかないと手が伸びないやつだ。

さっさと火をおこすと、鉄板の1/3程度を使ってまずは表面から焼き目をつけるように焼き始める。

次にタンと良質そうな肉を並べて塩コショウして、ようやく肉の準備が整う。

その間も10人のおっさんたちは指示を出されたもの以外はその作業をただ眺めているだけだった。

なぜだ。食べ物の準備が終われば次は乾杯だろう。

なのにどうしてだれもコップもビールも用意をしようとしないのだ。

肉が焼けるまでのつまみを開封しながら、「そろそろの飲み物でも用意しましょうか」と声をかけてみる。

するとまた煮え切らない返事が各所から響くだけで、やっぱり誰ひとりとして動こうとしない。

仕方なく主催者食器位置確認して、目の前にいる手の開いているだろう人間に配布をお願いする。

次に飲み物テーブルに並べて、各自飲みたいもの勝手に注ぐように促す。

10人のおっさんたちはそれにあわせてようやくのそのそと動きはじめた。

疲れた。どうしてこんなにも誰ひとりとして動こうとしないのだ。

ここまでで十分疲れたので焼き場に近づくつもりはなかったのだが、どうも様子がおかしい。

野菜を焼こうとしないし、誰も手を伸ばそうとしないのだ。

予め用意しておいた野菜スティックも、キャベツも、キムチも、一向に減る様子がない。

ただひたすら肉、肉、肉、酒、肉。

それにはさすがに唖然とした。

さっきまで動こうともしなかった人間たちだったのに、まるで地獄亡者を眺めているかのようだった。

スーパーで反応が悪かったのも、下ごしらえに誰ひとりとして動こうとしなかったのも、全てが納得できた。

彼らは出来ないし、する必要もないと考えていたのだ。

そのくせ偉そうに目の前の食材についてはうんちくやら感想やらを垂れ流している。

自分では何も出来ない人間が、生産者が作ったものには偉そうにしているのだ。

就職氷河期世代として世の中で苦労してきたつもりではいたが、さすがにこれはひどい

これを無能と言わずしてなんと呼べばいいのか。

あとで聞くと、主催者が会費を集めたとき野菜を食べなかった人間たちから不満が上がっていたそうだ。

あの時スーパーで断らなかったのはどこのどいつ人か。

時代に太るだけ太らされるた人間の末路はあまりにも哀れだった。

これから彼らが国の医療費までも食い散らかすことを考えると、節制した人間けが損をする現実頭痛が止まらなくなった。

2018-01-07

大根が高すぎる

某所で野菜価格が高いという話題になって「ほんとレタスきゅうりが高い」とレスしてる馬鹿がいたけど、冬の季節に夏場が旬の野菜が高いの当たり前だろうが。

最近野菜の値段の高さを実感している出来事は、今年度は一度もスーパー大根の98円セールを見ていないということ。大根が安くても一本198円くらいしてる。それも長く太った見事な大根ではなく、短く痩せてる小さな大根でこの価格。あまりに小さいせいか普段スーパーでは切り落とされてる大根の葉っぱの部分もかなり長めに残してあった。この値段の高さのおかげで今シーズンおでんは1回しか作ってない。1年前か2年前には大きな大根が1本50円くらいで投げ売りされているほど豊作だったはずなのに。2017年はどんだけ天候悪かったんだ、と今になって消費者として身に染みる。

 

同じように冬が旬の白菜ほうれん草も高いが葉物野菜価格変動は割りと頻繁にあるのであまり気にならない。4分の1カットとか冷凍野菜で事足りるし。

2018-01-05

ちくわってうまくね?

そのままでかなりうまい

高いのでも安いのでも味の差が出にくい

中毒性がある

ちくわ食べ放題があればいいけどおなかたまらいからお店がもうかんないだろうな

入れる具が総じて高いし(きゅうりとかチーズとか

2018-01-02

料理が嫌いすぎて死にたい

料理をするのが苦手で嫌いだ。

いや、料理だけじゃない、女が得意だと喜ばれるようなもの全般苦手だ。

私はとにかく不器用すぎる。どれくらいかというと、周りの人が引くぐらいだ。

具体的にエピソードを挙げると、きゅうりの千切りを半年練習し続けたのに初めて切る人より酷い出来だったり、アルバイトラッピングをしたのだが見栄えが汚すぎて仕事を振られなくなったり(その後毎日練習したが一向に上手くならなくてとうとうクビになった)、裁縫は波縫いさえガタガタだったり。

練習すれば誰でも上手くなる」というが、周りの人とスタートラインが離れすぎていて一向に普通レベルまで辿り着けない。

女で壊滅的な不器用というのはとてもコンプレックスだ。なんとか料理を出来るように今も練習している。

だけど、毎日大嫌いなものをやるっていうのはとてもストレスだ。

そもそも食に興味もないのに、自分不器用さにイライラしながら、そこそこの味のものを食べて…。私には苦痛すぎる。カップラーメンのほうが何倍もマシだ。

食材管理しんどい。「消費期限が切れるなら今日はあの食材使わなきゃ」という義務感だけで献立を考えて義務感で食べるあの感じ。

他の人は私みたいにいっぱいいっぱいじゃなくて、もっとうまくやっているのに。

最近はもう包丁握ってると死にたくなってきて自分の腹に刺したくなる。

周りの友達はお弁当とかおせちとかちゃんと作れてる。

かわいい弁当とか、食材に切れ込み入れたり、そういうのが楽しいという人も多い。

私もそういう人間に生まれたかった。

なんでこんなダメ人間に生まれたんだろう。

死にたい

こんなことで本気で自殺を考えるようになるとは思いもしなかった。

2017-12-16

食べたことないけど絶対美味いものリスト

・柿とベーコンチーズブラックペッパーサンドイッチ

浅漬け白菜で焼き鯖を包んだやつ

アボカドマッシュポテト

・とろとろに煮た大根カリカリスパム

パリパリに焼いた餃子の皮とスライスチーズレーズン

冷奴とたたききゅうり塩昆布を載せた丼

誰かどんな味だったか教えて。

2017-12-01

今日買いたい野菜リスト

ネギ

マイ定番野菜。そばに使いたい。

きゅうり

これもマイ定番野菜。ご飯のおとも。

大根

おれは今猛烈に大根おろしポン酢をかけてなにかにかけたい。

茄子

そういや最近買ってないので買ってみるか。

2017-11-17

タマに「大人」と付けるといやらしくなる言葉

大人のおもちゃ鉄板として....

大人きゅうり

大人注射

大人テスト

大人の....他に何があるかな

2017-11-12

かっぱ寿司の地下で強制労働させられていたカッパはどこに行ったのか?

新聞社の地下である

ニュースサイト見出しであからさまにおかし見出しが昨今注目されているが、これを書かされているのが新聞社の地下にいるカッパなのであるほとんどのカッパ日本語を介さないが、報酬きゅうりはPV依存なので本文をなんとなく眺め、この辺をくり抜けばPVが集まるだろう・・・という部分を適当に抜き出して見出しとしている。そのため本文を読むと印象が変わったり、本文と矛盾するような見出しが並んでいる。

まりにひどい見出し階上のニンゲンに見つかり、特に記事を書いた本人の逆鱗に触れた場合カッパ巻きとされてしまうが、カッパの替わりはいくらでもいるので人知れず中身のカッパが替わるだけという現状だ。まれ日本語を解する詩人カッパがいて、そのようなカッパは本文を5・7・5にすることに心血を注いでいるものもいる。

しか最近カッパ供給量が減っている社もあり、質の低い見出しを作るカッパカッパ巻きにせず使い回しているところもあると聞く。より一層見出しの質は下がっていくのだろう。

2017-10-29

anond:20171029011242

きゅうりも嫌い

臭い

塩もみしてやるといいんだけど切っただけだとどうもね

千切りキャベツに混ぜるなよ、青臭い

ミニトマトOK

きゅうりはやめろ

あれ元々青臭さしかねーじゃん

ちくわに刺すな

2017-10-04

anond:20170930214348

野菜摂取量は1日350g以上が目標値です。

350gのうち緑黄色野菜は120g以上が目標値。

なので、1日あたり緑黄色野菜120g、淡色野菜230gを摂取すれば、厚生労働省の推奨する目標値はクリアできます

デジタルクッキングスケールが家に1台あると捗ります

トマト人参ピーマン、ししとう、パプリカブロッコリーカボチャニラほうれん草小松菜、さやいんげん、オクラアスパラガスなどが緑黄色野菜

もやしきゅうりセロリ茄子大根かぶキャベツカリフラワーレタス白菜、玉ねぎなどが淡色野菜

緑黄色野菜と淡色野菜どっちか分からなかったらググろう。

ちなみに二郎野菜マシは緑黄色野菜が足りない印象です。

2017-09-16

増feed 激ムズ!穴埋めクイズ

『 ① 』車に轢かれてぺっちゃんこ

ぺっちゃんこは『 ② 』 『 ② 』は甘い

甘いは『 ③ 』 『 ③ 』は白い

白いは『 ④ 』 『 ④ 』は跳ねる

跳ねるはカエル カエルは『 ⑤ 』

『 ⑤ 』はきゅうり きゅうりは長い

長いは刀 刀は『 ⑥ 』

『 ⑥ 』は親父の禿げ頭

2017-09-07

血はつながっていないけどばあちゃんは確かに俺らのばあちゃんだった

少し前の話だが、ばあちゃんが死んだ。

ばあちゃんと言っても血は繋がっていない。隣に住んでるばあちゃんだ。

うちは母子家庭で、当時40になったくらいの母さんと、小学生のおれと、弟の3人家族だった。

まぁ母さん一人の稼ぎじゃもちろん裕福ではなく、地味な暮らしをしてた。

小学生だった俺ら兄弟はまだ金の使い方も知らなくて、友達の持ってるゲーム機とか、はやりのソフト

カードゲームなんかをいいなぁと思いながら、ま~子どもと言ってもその辺の雰囲気は分かるから

いい子ちゃんしてわがままもそんな言わなかった(小学1年の弟はまぁまぁ駄々をこねてたけど)。

それより俺らがしんどかったのは、母さんが全然家にいないことだった。

小4と言ってもまだまだ子どもなので、寂しいは寂しい。

朝俺らを送り出して仕事にいく母さんは、9時10時まで帰ってこなかった。

そうなると俺は小1の弟を放っておけないから家に居がちになるし、夜はどうしても家で2人ぼっちになって、

母さんが作ってってくれたご飯やら買っておいてくれたパンやらを食べて、テレビを見たり2人で小突きあって時間を過ごした。

そんな俺らに救世主が現れた。隣の家のばあちゃんだ。いま思えば60代前半のばあちゃんは

「おばあさん」ていう歳ではなかったのかもしれないが、俺らはばあちゃんて呼んでた。

ばあちゃんとじいちゃんは、月4万5千円のボロ戸建てに住む俺らの家の隣の、それなりに広くてきれいな一軒家にずっと2人だけで住んでた。

日本家屋って感じの畳部屋ばっかの家で、中庭があってっていう少し広めの家だ。2人の子ももいたけど、あまり見かけたことはない。

ばあちゃんとの出会いは、笑っちゃうんだけど、柿どろぼうだった。

ばあちゃん家の庭には大きな木が何本かあって、中でも2階以上の高さの柿の木は、毎年沢山実をつける。

俺らは塀越しに手を伸ばして棒とか使ってとってたんだけど、ある時、「上の方のならもっと獲っても気づかれなくね?」

ってなって、こっそり隣の庭に入って木に登って獲ってたんだ(普通にDQNだな)。

ガラって音がして家の窓が開いて、あ、ヤバイってそっちを見たら、にこにこしたばあちゃんが顔を出して、「おとなりの●●くんと●●くんね」って言われた。

俺らは怒られるものとばっかり思ってたから拍子抜けして、「こ、こんにちわ~」って間の抜けた返事しかできなくて、

そしたらばあちゃんが「柿が好きなの?沢山持って帰りなさいね」って。

「え、いいんですか?」って聞いたら「私たちだけじゃ食べられないし、木にも登れないから、窓から手が届くところ以外は鳥のえさなの。

だったら沢山食べてもらった方が柿も喜ぶからね。お母さんに持ってってあげて」って言った。

緊張が解けてどっと安心して、ずうずうしく「あざ~す」みたいにそのまま沢山とって、ばあちゃんがくれたビニール袋に入れて持って帰った。

夜に母さんがたくさんの柿を見て驚いて、勝手に入っちゃったけど怒って無かったよって言ったら、ちゃんと謝ってこい!って怒られた。

翌日母さんに持たされたりんご持って謝りに行ったら、「そんなことよりうちにあがんなさいよ。蒸しパン沢山作ったのよ」

って言われて、またほいほい中に入って食わせてもらった。

それをきっかけにお隣によく上がりこむようになって、ご飯だのお菓子だの沢山食わせてもらった。

一度、「柿盗んでた時なんで怒んなかったの?」って聞いたら、「うちにはもう息子たちも寄り付かなくって孫にも中々会えないから、

何かあの木に登ってるところ見たら嬉しくなっちゃった」って言ってた。

今思うと、ばあちゃんも寂しかったのかもしれないし、何より隣だから母さんは母子家庭だってことを話してたと思うし、

ばあちゃんは俺らが2人だけで家で過ごしてることとか、うちがあんまり裕福じゃないこととかもわかった上でそう言ってくれたのかなぁって思う。

チビだった弟はことさらばあちゃんになついて、子犬みたいにばあちゃんの近くをうろうろしてた。

多分話を沢山聞いてもらえることとか、すごいねえらいねって褒めてもらえることとかが嬉しかったし、やさしいばあちゃんが好きだったんだと思う。

家庭環境からお察しだが、今まで周りにじっくり話を聞いてくれる大人なんかいなかったから。

そんなこんなでばあちゃんには沢山世話になって、俺が高校入って部活に精を出したり、

弟も大人びてきて友達と外で遊んでばっかりだったりして通う頻度は減ったけど、ばあちゃんは変わらず俺らを可愛がってくれてた。

ばあちゃん家に呼ばれた日のご飯は育ち盛りのおれらを意識して、どんどん肉が盛り込まれ、量もすごいことになってた。

夏は庭で花火をして、すいかトマトやらきゅうりやらを冷やしながら食べた。

(もちろん、じいちゃんも色々世話をやいてくれたし、ばあちゃんがそんだけ俺らに手をかけてくれたのもじいちゃんの広い心のたまものだと思うからめちゃくちゃ感謝はしてる)

そんな時だった。ばあちゃんが脳溢血で倒れて、後遺症からじいちゃん一人では世話が難しく、しばらく入院した後施設に入ることになった。

俺らは病院へお見舞いに行ったりしたけど施設となるとなかなか行きづらく、

施設も遠くて、大学に入って日常生活がにぎやかに忙しくなっていた俺は自然と疎遠になってしまっていた。

弟はたまにお見舞いに行ってたみたいだ。

そこから2年ほどで、ばあちゃんが死んだという知らせがきた。

母さんから電話でその知らせを受けて、俺は泣きだしてしまった。でも、泣き出してしまった自分に驚いた。

なぜなら遠くに住んでた方のじいちゃんが死んだ時は、葬式では少し涙ぐんだが、こんなに泣いたりはしなかったからだ。

堰を切ったように自然と涙がボロボロ出てきて、ああ、家族が死んだんだ、もう会えないんだっていう寂しさつらさがガーって襲ってきた。

急いで家に帰ったら、同じく飛んで帰ってきた弟がいて、顔を合わせた瞬間またボロボロ泣いて、

「にいちゃんばあちゃんが死んじゃった」って子どもみたいに泣いてて、ああ、こいつも同じなんだなって思った。

通夜にも告別式にも出た俺らはあちゃんばあちゃんってボロボロ泣いて、花入れて出棺する時はことさら泣いた。

しわくちゃになったばあちゃんが、穏かな顔で寝てるみたいで、手を触っても硬くてひんやりしてて、たまらない気持ちでいっぱいだった。

実際の孫たち(もちろん顔見知りではあった)はそこまで泣いておらず、

俺ら兄弟尋常じゃない様子に若干引いてた。

じいちゃんは、俺らのそんな様子を見て、「ありがとうな…」って涙ぐんでた。

ばあちゃんがいない喪失感は大きく、何か実感がわかないなぁってしばらく思ってた。

ばあちゃんは俺らの本当のばあちゃんだったよ。沢山可愛がってくれたばあちゃんは、本当のばあちゃん以上に俺と弟のばあちゃんだった。

血のつながりも大事だ。だけど人と人の絆には、血縁関係ないと思う。

一緒に過ごした時間や思い出が多ければ多いほど、繋がれるものなんだと思う。

から、俺らとばあちゃんを一緒に過ごさせてくれた全部と、ばあちゃん本人に感謝してる。

ばあちゃん、愛して育んでくれて、ありがとう

ばあちゃんの蒸しパンがまた食べたくてしょうがないよ。

すげえ長くなってしまった。どうしても吐き出さずにはいられなかった。読んでくれた人はありがとう

2017-08-25

ポテサラと明太ポテサラああうまし

最近やたらと目にし耳にするポテサラ

こんなにポテサラ刺激を受けたらポテサラ好きはポテサラ欲求を爆発させざるを得ない。

しかスーパーの総菜コーナーで買ってくるのはチト怖い。

そこで私はセブンイレブンのチルドコーナーで売っている袋入りのポテトサラダを買ってきた。

うん、きゅうりなどの生野菜が一切入ってないのが物足りないが、まあイケる。

マヨネーズの味というよりドレッシングで和えたような味が特徴的だと感じた。

ポテトサラダの味に満足した私は、次いでセブンイレブン明太ポテトサラダを買ってきた。

ほほう、これもなかなかイケる。

パウチ入りなので仕方がないとはいえ、これもやはり生野菜が入ってないのと、マヨネーズ和えというよりはドレッシング和えといった味わいなのがやや気になる。

袋入りのポテトサラダ1袋しか買ってないのにレジのお姉さんがお箸を付けてくれるのが嬉しいね

さて、明日までローソンセレクトの総菜が10%オフらしいので、次はローソンポテトサラダと明太ポテトサラダを試してみようと思う。

セブンイレブン価格は変わらないようだが、果たして質も変わらないだろうか?

ポテサラ好きとしてはおおいに気になるところだ。

2017-07-18

きゅうり

生で食べるっていう圧倒的なイメージがありつつ、

実は揚げても美味しいってすごいと思う。

特に茄子厚揚げで煮浸しにすると最高。

2017-07-14

https://anond.hatelabo.jp/20170714104922

シバナ刑事タチバナでふりかけを混ぜるってのを見た。

私は山形のだしを混ぜるのが夏の定番

きゅうりナスシソオクラ茗荷等を刻んで、大さじ2程度のめんつゆを混ぜて冷蔵庫に置いといた夏の万能常備薬味。

そうめんとか冷や奴にも美味い。

2017-07-06

からあげチャーハン弁当ともろきゅうのたれ

おかずがからあげで米がチャーハン

その他ちょこちょこおかずが入ってる弁当

おかずに、もろきゅうにかかってる米っぽいのとどろっとしたやつが入ってて、

きゅうりはついてないんだけどあれはどう食べればいいのかと悩んで放置

2017-07-05

きゅうり

冷たくひやした細切りきゅうり

シャキシャキしてすごく美味しい

乱切りして温めたきゅうり

てめーはダメ

2017-07-04

[] カオマンガイ

柔らかく煮込んだ鶏を、鶏のスープで炊き込んだご飯に乗せて食べるタイ料理。Khao man gai、ข้าวมันไก่。海南鶏飯

  

主に軍鶏肉を柔らかく煮込み、タイ米に載せて特製の甘辛いソースをかけるもの一般的。また横にはタイ生産される

「テーング・ラーン」と呼ばれるきゅうりを薄切りしたもが添えられ、上にパクチーを載せることもある。

「カオ」はご飯、「ガイ」鶏肉意味する。タイでは「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」など専門店が多くあり、

日本でもタイ料理レストランなどで提供することが多い。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%AA%A5%DE%A5%F3%A5%AC%A5%A4

"悪きゅうり冒険"

"悪きゅうり冒険"との一致はありません。


"ワルキュウリ冒険"

1 件 (0.19 秒)

ふふっ・・・

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん