「発見者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 発見者とは

2020-09-15

芦名星(あしなせい) 新宿区の自宅マンションで死亡

ストレート黒髪が長くて存在感のある俳優

という第一印象でした

なにがあったのか。

三浦春馬さんの時もそうです。

みんなが「なぜ?」と思ったことでしょう。

ショックを受けている人が多いでしょう。

発見者親族報道がありましたが、

親族への取材は控えてほしいものです。

迷惑が掛からないように亡くなった本人も

気を遣っていたのですから

不可侵領域には踏み込まないことです

2020-09-02

文明崩壊

黒柳徹子は考えた。

不老不死の私は何をすればよいかしらねー。

すでに人間がいないので、チンパンジー椅子に座らせると徹子の部屋を開く。

さすがの黒柳徹子徹子の部屋を常に開いておかないと命が尽きてしまう。

徹子「ではあなたのお父さんも結構な力持ちで」

チンパン「ウホホ」

徹子「あらそう、そんなことが(笑)

チンパンウホッホッ」

徹子はとりあえず嬉しかった。

たった一つの懸念は、地球が滅んだ後のこと。

事実森が消えてチンパンたちが死ぬと、地球から徹子の部屋を開ける場所が急速になくなってゆく。

食料も水も酸素もいらない。しか徹子の部屋は開かなければ死んでしまう。

黒柳は長い時間を掛けてケープカナベラルに残ったシャトル横領し、火星へと飛んだ。

そこから数十万年、黒柳の子である玉ねぎ一族玉ねぎ頭を揺らしながら火星蹂躙することになる。

彼らはそれぞれの徹子の部屋を巣として作り、長らく繁栄した。

進化過程で両性生殖可能になったため雌雄は必要なかった。

言語古代に徹子が残した窓際のトットちゃんから発生した。

しろトットちゃん以上の言語文化はそれほど拡張しなかった。

もう、足りないのはスポンサー創価学会くらいだ。

しかし徹子たちはなにかに飢えていた。

ボランティアに身を投じたい。

火星で、それも徹子しかないこの場所ボランティアなど夢また夢だ。

この飢餓的な意識火星の岩石に向けられ、死に近くなった徹子種は岩石を守るように死んでいった。

万年後、しぶとい玉ねぎ一族化石火星に地層を形成し、のちの進化した人類発見されることになる。

第一発見者は密林で対談したチンパン一族の子孫だった。

2020-08-10

災害であるあい最初発見者1名だけでありかつ 未成年であったとしても 自衛隊への出動要請ができないとおかしいただしこの場合は相当の大人調査するとする。でないと、間に合わなかった場合市長などが責任を取れない。ゆえに緊急事態宣言が成立するほどの事態場合通報者と通報を受けたもの、およびそこにいるはずの管理職 および出動する自衛隊数名などで要件を満たす。

2020-07-19

三浦春馬自殺がこたえた。全く無関係のただのファン

一晩ずっと考えてしまったので、少し吐き出してみる。といっても三浦春馬とはほとんど関係ない自分語りです

だれかも書いていたけど、自殺自分自分を救う方法ひとつ

周りにいた人間はきっと無意識に彼が辛かった姿を認識していたと思う。

少し救われた部分と、残されたものとして、なぜ救えなかったかという永遠呪いがある。

父が同じ7月の後半に自殺した。最後に交わした言葉は数年前まで覚えてていたが、今は思い出せない。

とてもひどい言葉を父にむけたことだけは覚えている。自分にとって都合悪いことを忘れるってほんとだな。

自死への背中を教えてしまった気がする。

今でも、命日が覚えられず(頭が拒否しているようだ)、遺影も一度も飾ったことがない。

ただ、母は父が自殺した部屋を自分の寝室にして、もうかれこれ20年以上寝ている、第一発見者でもある母が。

父は出張先で同僚がホテルの同室で自殺した、という経験をしていた。

ヨーロッパのどこかの国のホテル警察にも事情聴取されたと聞いた。多分今の私と同じくらいの年齢だ。

とてもじゃないか、冷静でいられないと思う。

自殺した当人ももちろんだが、父もきっと想像もつかない苦しく辛い日々を送ったに違いない。

そんなとき怪我をし、腰を悪くし、仕事がままならずうつ病になり自死に至った。

そして、子供二人と残された母の辛さは想像を絶する。しか半年後に母は乳がんの疑いが見つかった。

全くもって想像を絶する。結局癌ではなかったが、気が気ではなかったであろう。

書いてて初めて認識したけど、母だけでなく、

父も自殺第一発見者経験していたんだな。

なんか、ここだけみると壮絶な夫婦だな。

今私は40をすぎて独身だ。一応収入は平均以上ではあるが、

コロナの影響もあり、このままである保証はない。

といっても、結婚せず子育てもせず、

父や母に比べ、とてもつもなく楽でイージー人生を送っている

おそらく45すぎたら、とてつもない孤独や肩身の狭い思いをすることになるだろうとは思っている

職場でその世代独身女性が二人自殺している(男もいれたらもっといるけど)

あ、30代独身女性の自殺は身内でも経験している。

父が自殺したときは、自分もそっちにいくなんて微塵も思っていなかったが、

当時なんとなしに身内が自殺した人の統計をみたら、子が自殺する割合は高かった

そちらに自分でも無意識に向かっているのだろうか。

こうやって自殺で動揺すると、父や近い人の自殺を思い出してしまう。

一人暮らしで、コロナもあって全く気が紛れなないのもあるんだろうな。

三浦春馬の新作を二度とみることができないのがただただ残念。

すばらしい俳優さん。踊って歌っている姿をもっともっとたかった。

つの演目が終わった後の、あの言葉では表せない満足感、多幸感、本当にありがとう

五右衛門ロック罪と罰星の大地に降る涙、怪盗セブン、どれも

私の時間をとてつもなくいいものにしてくれました。

ありがとうございました。

2020-07-18

anond:20200718161652

うちの義父は縊死したが、第一発見者は私の夫だった。夫に三浦春馬報道は見て欲しくない……。

2020-07-08

anond:20200708103446

ドンブラー現象

まったく揺れていないのに揺れているように感じてしまうこと。

発見者ブラー博士名前からそう呼ばれるようになった。

2020-06-27

20代でガンになるということ

プロローグ 

 大学院での苦しかった日々がおわり、新しい日々が始まろうとしていた矢先のことだった。

精巣腫瘍が見つかったのだ。幸いにも転移はなく、腫瘍部分を含めた精巣を除去すれば問題はない。

その後の病理検査で今後の治療方針が決まるが、生存率は他のガンに比べて高いので安心してほしいと医師に告げられた。

頭の中が真っ白になり、待合室でみたMAD音楽が空回りしていたのを今でも覚えている。

ただ待ってほしい、なんで俺なのか

精巣腫瘍になるのは10万人に1人の割合らしい。

いけいりかこ選手白血病ですら発症率は10万人に6.3人であるらしい。

これをたまた読んでいる読者が全員男性である仮定して、10万人読んで初めて1人が罹患するような話である

しかもこの精巣腫瘍、痛みもないため発見されにくい腫瘍なのである

好発年齢は20代から30代(働き盛りに発症するのもタチが悪い)。

私はたまたま痛みとしこりがあったことと、学生時代から友人に金玉デカいということで

いじられていたからこそ早期発見に繋がった珍しいケースであるが、発見が遅れて肺やリンパ節転移するケースが多いようだ。

家に帰って寝て起きてから思ったこ

20代でガンになるなんて思ってもみなかった。

罹患した人はそういうだろう、私もその一人だ。

10から新しい会社入社し、バリバリ稼ごうとしていた未来もくすんでしまった。

これから転移、再発を繰り返すのではないか明日に怯えつつ、精一杯生きていくしかないのである

辛い人生になったとしても耐えるしかないのは、いつの世も同じなのだろうか。

ただ一つだけ嬉しかたこ

私は20歳の時にがんで父を亡くしている。

父も働き盛りの最高潮の時期に罹患し苦しみながら死んでいった。

あの時父に向けていた目線は同情に似た気持ちであったが、

最後までガンになった患者としての父の気持ちを分かってあげられることはできなかった。

今ガンに罹患し、初めて父が背負っていた未来への緊張、不安感、ストレス

完全ではないとしても同じように感じれているのではないかと思う。

私は、このような形であるが父と同じ境遇を経て、思いを重ねて合わせることができて非常に嬉しく思う。

最後に…

こんな駄文最後まで読んでくれた読者らに感謝を申し上げると共に、

何か金玉にしこり、痛みを感じたらすぐに泌尿器科へ診察してもらうことを強く勧める。

早期発見により生きていける精巣腫瘍患者が一人でも多くなることを切に願う。

追記(6/27~)

正直、こんなに反響があるとは思っていなかった。

最初に「死ぬわけじゃないのか」とコメントがついたときは、これぐらいの反響なのだろうと思っていた。

外出し、帰ってみると予想外の反響があった。質問等もあるのでここで言及しておく。

・どうして 「学生時代から友人に金玉デカいということでいじられていた」 ら 「早期発見に繋がった」 のか、高卒の僕にはさっぱりわかりませんでした 。

 私は地元の親しい友人と露天風呂に行くのが好きで、何かと理由をつけては友人とお風呂はいった。

どうも腫瘍がある左の精巣を包む陰嚢は陰嚢水腫らしく、お風呂に入るとテニスボールぐらいに大きくなった。(左:テニスボール、右:ウズラたまご

その金玉デカさに友人たちも、「果実」、「太陽タマゴ」、「大きすぎて実ってる」などのイジりをしていたのである。決して触っていたわけではない。

・種無しになるのか?

 左側の精巣を摘出するので種無しにはならないが、今後の治療や残った右側に転移するなどによっては種無しになる可能性が大いにある。

誰もが爆笑問題田中のように片玉でも子供が作れるわけではないので、安易に例として出すべきではないと思う。

病人会社組織はいやがるもんね 自分は定期通院で休めないので仕事干された。

 私もその可能性を持つ一人だ。ただ精巣を失い、仕事を干されても人生は続いていく。やるせない世の中である

20歳以降は人生消化試合という感が強いので、個人的にはさっさと癌にでもなって終わらねぇかなと思っている

 多くの人が大病を患えば若くして簡単死ねると思っている。私はこれは誤りではないかと思う。現にガンになったとしても

簡単死ねるわけではない。様々な苦しみの段階を経て死んでいく。おそらく発想する人の多くは病気についての理解が乏しいと思う。

さっさと終わっていい人生なんてない。好き勝手して長生きする人生のほうが幸福度も高いと思うのでやりたいことをやってほしい。

ガナニー

ガナニースレは私も当時拝読爆笑した覚えがある。ちなみにテニスボールほど肥大した陰嚢に性感帯はない。

しごいていても弾んで邪魔なだけである

・ 精巣ガンと乳がんパートナーがいると気づくというね。

私にもパートナーがいるが、第一発見者は私の右手であった。

パートナーは気付かなかったとのこと。

・こういうのってどういう流れで見つかるの?

本当に恐ろしいことをいうが、私の場合自発的受診きっかけだった。ここに寄せられた多くの

コメントの中にも精巣腫瘍についてのコメントブログのURLを貼ってくださっているが、

そのほとんどは自発的受診により発覚している。

自分の精巣に異変を感じたらすぐに受診してほしい。

何事もなければそれが一番であるからだ。

オモコロ記事について

オモコロギャラクシーさんが書いている記事精巣腫瘍になる前に読んでおり、

今回精巣腫瘍と診断されて再び読んだ。

一度読んでいたからこそ、今回の精巣腫瘍のことをある程度前向きに捉えられたのかもしれない。

オモコロ感謝である

金玉デカい事と発見の速さの相関性分からんので良ければ教えて欲しい。

金玉デカいと一言で言ってもパターンがある。男性諸君らはお分かりいただけると思うが、

袋の中にうずらタマゴのようなものがある。これが精巣である

一般的金玉がでかいというと、この精巣を指すわけではなく、

精巣を包む皮袋(陰嚢)全体を差し金玉デカいと称している傾向がある。

私の場合そもそも陰嚢水腫(袋の中に水がたまる)により外見上デカかった。

それを気にして定期的に左陰嚢全体を触っていた時に、内部の精巣にしこりを感じた。

のしこり、うまく表現できないのだが、正常な精巣の弾力をゆでたうずらタマゴとすると

しこり弾力は、固めのスーパーボール、昔のマウスボールのようなものである

また全体がそのような弾力になるのではなく、私の場合は精巣の下半分にしこり

あるようなパターンであった。

気になる場合自身の精巣を触診してみてほしい。

・その他コメントについて

 皆さんのコメント一言一句全て拝読させて頂いています

暖かいコメントや、同じ境遇人達からコメントもあり、とても励まされました。

ありがとうございました。皆様の人生にも良い出来事が続きますようお祈りします。

2020-06-12

anond:20200612183542

ボールに入れる原理は弱ったりリラックス状態になったポケモンは狭いところに収まるっていうのをオーキドだったかタマムシ大学教授だったかが見つけてそれで出来たのがぼんぐりボール映画2作目で出てきたオーキドキナリが使ってたボール だから発見者オーキドじゃないな…)

から弱っていなかったり警戒態勢のポケモンモンスターボールから出てくる

 

データ転送マサキが開発したけどこれは俺もよくわからない

でも本人がポケモンと合体してたことを考えると人間含め生物データ化して転送する仕組みはあの世界にはあるっぽい

 

まぁファンタジーだし

2020-05-11

anond:20200511174105

病名は発見者名前付けるの多くない?

アルツハイマーとかも。

まぁ知らないやつや、からかいたいやつから何らかの差別はあるだろうね。

たまにABCニュース見てるけど、気にしてかKawasaki連呼してないよ。

2020-03-22

コロナは誰が撒いたのか

1 中国

自爆した。第一発見者犯人なのは常識

2 北朝鮮

自爆した。情報封鎖されているが実は既に滅びかけている。

3 イギリス

EU脱退は正しかったと言い張りたかった。

4 若者

老人を倒したかった。

5 老人

若者を倒したかった。

6 白人

有色人種を滅ぼしたかった。

7 権力者

汚らしい無産者階級を滅ぼしたかった。

8 負け組

既存社会を滅ぼしたかった。

9 ナチス

汚らわしい民族を滅ぼしたかった。

10 宇宙人

地球在来種を滅ぼしたかった。


正しい選択肢を選べ(配点 5

2020-01-13

コニシタカコの死

コニシ タカコ (漢字表記不詳、1973年 - 2001年11月) は、東京都居住していた日本人会社員で、2001年11月15日にアメリカ合衆国ミネソタ州遺体となって発見された。

遺体発見された場所デトロイトレイクスの外れの原野で、発見者は弓矢で狩猟を行っていた男性だった。

コニシは11月ミネソタ州ミネアポリスに行った。

そこからノースダコタ州ビスマークさらにはノースダコタ州ファーゴへと旅をしており、最後デトロイトレイクスへ至り、その地で死亡した。

一部のメディアが、コニシは1996年アメリカ映画ファーゴ』が事実に基づいていると勘違いして、

スティーヴ・ブシェミ演じるカール・ショウォルターが隠した金を探し出そうとして死亡したと報道した。

2020-01-11

anond:20200109114755

英語発音ってちょっとボイパっぽいなぁって、ボイパ練習英語発音練習してて思ったことがある。

プッとかツッとかシュとかブッとか舌とか唇に息をぶつけて、喉を震わせないで音を出す感じが似てる。

まり何がいいたいかって言うと、英語ラップするとそれだけでビートになりやすいんだよね。

「Dead Giveaway」とかでYOUTUBEでググってみてほしいんだけど、アメリカ女性3人の誘拐監禁事件、この発見者インタビューメロディつけただけでめっちゃラップぽいんだよね。

オリジナルインタビュー動画でも

"I knew something was wrong when a little pretty white girl ran into a black man's arms. Something is wrong here. Dead giveaway."

なんかは Best line ever! ってコメントついてたりしてる。まあ面白おかし編集はしてあるし、この人はインタビューの時点でかなり話題になってた特殊な例だけど。

でも、日本語スピーチとかただ話してる動画メロディつけてもここまでラップ調にならない気がする。

まあ実際はわからないので是非誰かに試してみて欲しいところ。

2019-12-19

令和元年、散々だった

・進学&見知らぬ土地で独り暮らしを始めた。

友達ができず、学校にも馴染めず、今も辛い思いをしている。

地元の幼馴染に騙された。

→詳細は省くが、金銭系のトラブルではない。大したことではないのかもしれないが、「いっそのこと地元大事にしよう」と思った矢先の出来事だったためにショックが非常に大きかった。

家族との死別

とある事故に遭遇

→詳しくは書けないが、知り合いが大怪我を負った事故第一発見者となった。

不安障害発症

→先述の家族との死別や、事故への遭遇、その後の環境の変化によって不安障害発症。強烈な不安とそれに伴う動悸によって夜眠れなくなり、ご飯も喉を通らなくなる(12月現在だいぶ回復)。

・そして最後インフルエンザ

→独り暮らしインフルエンザほど辛いものはない。おまけに私には困ったとき心配してくれる友人も、頼れる友人もいない。学校の学務にインフルエンザ罹患報告の電話をかけたら「それは辛いですね。」と言われて、弱りきった私はそれだけで涙が出そうになった。そんな私もだいぶ回復してきて、今は増田をやっている。

令和元年はツラいことばかりだった。

令和2年はハッピーに過ごせるといいな。

それでは皆さん、良いお年を

2019-11-11

ダウン症を見た白人様「あッ!日本人だ!モンゴリズムって呼んだろ!

モンゴリズム(ダウン症

1866(慶応2)年にイギリス眼科医ジョン・ラングドンハイドン・ダウン(John Langdon Haydon Down)が疾患として報告したのが始まりである

ただし、それ以前から似たような症状があることは、様々な文献に残されている。

患者の平たい顔や、つり上がった目などの表情が、モンゴル系(蒙古系)特有の顔に似ていたため、

ダウンはこの疾病にmongolism(モンゴリズム、蒙古症)と名付けた。

この名は今では民族差別だとして使われず、一般には発見者の名からダウン症と呼ばれている。

ダウンは当初「目尻が上がっていてまぶたの肉が厚い、鼻が低い、頬がまるい、あごが未発達、体は小柄、髪の毛はウェーブではなくて直毛で薄い」という特徴を捉えて

「Mongolism(蒙古人症)」または「mongolian idiocy(蒙古痴呆症)」と称し、

発生時障害により人種的に劣ったアジア人レベルで発育が止まったために生じると説明していた。

しかしダウンによるこの人種差別的な理論は、アジア人にもダウン症がみられることからすぐに破綻をきたした。

2019-08-23

*スコッチ真相安室赤井確執について

 『名探偵コナン』に登場する、安室透、赤井秀一。私も含めて、安室赤井はいつもケンカしているようなイメージを持つ人が多いのではないか?たまに「この2人なんで揉めてるの?」という声を聞くこともあるし、実際2人(とスコッチ)の関係性について整理しきれていない人もいるだろう。

 そこで今回は、スコッチ真相安室赤井確執について整理・考察をしてみた。

 ちょっと検索してみれば分かるのだが、「安室赤井因縁について」のような考察は正直かなりの数が書かれているが、今回は、“自分なりに”スコッチ真相安室赤井確執について整理・考察をしてみた。

あの日、何が起きたのか

(一部を除き原作描写はないが、起きたであろう出来事も含む)

組織スコッチNOCだという情報を得る?

時系列不明

スコッチ

持ち物:スマートフォン

組織NOCだと知られたことに気付く?

バーボンメールを送る(「悪い降谷…奴らに俺が公安だとバレた…逃げ場はもう…あの世しかないようだ…じゃあな、零(ゼロ)…」)

・逃げる?

ビル屋上にたどり着く

バーボン

持ち物:スマートフォン

スコッチからメールを読む

スコッチを追いかける

【ライ】

持ち物:拳銃

・「スコッチ組織NOCだと知られた」という情報を掴む?

スコッチを追いかける?

ビル屋上にたどり着く

スコッチ、ライ】揉み合いになる?

(ここから原作描写があることのみを挙げていく)

スコッチ】投げ飛ばされたフリをして拳銃を抜き取る

【ライ】  拳銃を抜き取られる

スコッチ】ライに銃口を向ける

【ライ】  自分を撃たないよう説得しようとする(「俺を撃つ前に話を聞いてみる気はないか?」)

スコッチ銃口自分の胸に向ける(「拳銃はお前を撃つために抜いたんじゃない…こうする…為だ!!」)

【ライ】  リボルバーシリンダーを掴み、自殺を止めるよう説得。「俺はFBIから潜入している赤井秀一…お前と同じ奴らに噛み付こうとしている犬だ…。さぁ、わかったら拳銃を離して俺の話を聞け…お前1人逃がすくらい造作もないのだから…」

スコッチ】返事はするものの、この時点で拳銃から手を離していない

バーボンビルにたどり着き階段を駆け上がる

【ライ】  足音に気を取られリボルバーから手を離す

スコッチ】ライが手を離した隙に拳銃を発砲、自決する

【ライ】  スコッチの胸ポケット心臓ごと打ち抜かれたスマートフォン発見(「なるほど…拳銃を奪ったのは…コレ(=スマートフォン)を壊すためだったのか…」)

バーボン屋上にたどり着く

【ライ】  振り返り、一言言い放つ。「裏切りには…制裁をもって答える…だったよな?」

バーボンスコッチ遺体に駆け寄る(「しっかりしろスコッチ!!スコッチ!?」)

【ライ】

心臓の鼓動を聞いても無駄だ…死んでるよ…」

拳銃心臓を…ブチ抜いてやったからな…」

「聞いてないのか?そいつ日本公安の犬だぞ…」

バーボン認識

スコッチ拳銃自決。ライが拳銃を渡し、自決強要した。そしてライは周りに「自分が殺した」と嘘をついている。

自分で引き金に親指をかけ、自分を撃ったという事…」

「アイツに自分拳銃を渡し…そうさせたのは赤井秀一…あれ程の男なら自決させない道をいくらでも選択出来ただろうに…」

結論

 先にこの考察での結論を出しておく。

スコッチが死んだ原因は拳銃自殺

・誰が悪いかと聞かれれば3人全員に落ち度があると答える

しかし、ごくまれに見かける「ライのミスを一切認めない(無視した)考察」には異議を唱えたい

・「現在安室赤井共闘できないのは安室の憎しみのせい」という主張にも異議を唱えたい

・「赤井は優しいかスコッチの件について黙っているんだ」という主張にも異議を唱えたい

以上だ。ここから細かく書いていく。

捜査官」として、「人」として

スコッチメールを送る

 もしスマートフォン破壊に失敗していたら、芋づる式にバーボンにも危険が及ぶことは明白だ。最期メールを解析され、誰に送ったのか調べられてしまえば降谷は本名スコッチとの関係本来所属組織全てが分かってしまう。降谷だけでなく、兄・高明や伊達はじめ同期全員の危機否定できない。潜入捜査官として、遺言めいたメールを仲間に送ることは推奨される行為ではない。

 しかし、最期親友遺言を残したことを一体誰が責められるのだろうか。一人の人として考えてみて欲しい。

 さらに考えてみると、スコッチは、メールを送れば幼馴染みで親友バーボンが駆けつけてくることは予想できていたのではないだろうか。そうすれば現場第一発見者はバーボンになる。壊れたスマートフォンを見て意図理解してくれる可能性も高いし、現場いくらでも都合の良いようにごまかすことができる。組織がどういう制度をとっているのか分からないが、ジンラム、あの方、ベルモットなど比較的力のありそうなメンバーに「スコッチを殺したのはバーボンだ」と進言すれば、実績を評価してもらえるかもしれない。少なくともマイナスに働くことはないだろう。

 スコッチは、これを狙っていたのではないか?未だ真実は語られないままだが、気になるところである

バーボン自決現場に駆けつける

 明らかに動揺しているバーボン現場に現われることは、「バーボン」にとってマイナスに働く可能性が非常に高い。スコッチと同じ、NOCの疑いを掛けられることもありえる。バーボンに降りかかる疑いによって捜査打ち切りになってしまっては元も子もないと考えると、潜入捜査官として褒められた行為ではない。

 こう見ると、捜査官としてのバーボンミスは、「足音を立てたこと」ではなく「スコッチ自決現場に駆けつけたこと」なのではないだろうか。

 しかし私は、人として、「親友最期に駆けつけたことは間違いではない」とここに断言する。

 エレーナ及び宮野家との思い出や、松田に学んだ爆弾解体のやり方、返せなかった伊達メール原作映画スピンオフそれぞれで少しずつ描写される降谷の友人(恩人)想いな一面を鑑みるに、スコッチメールを受けてそこで動かないのは降谷というキャラクターではない。

 スコッチ同様、親友ピンチに駆けつけたことを誰が責められるのだろうか。

(余談)

 よく「スコッチ自決の原因」と言われる「バーボン足音」について考えてみる。

 私は、「バーボン足音」は「ライが拳銃から手を離した原因」になっただけであって、「スコッチが死んだ原因」ではないと捉えている。果たして、「この音を聞いたら死ぬ」という足音を立てられる人がいるのだろうか?マンドレイクじゃあるまいし、足音じゃ人は死なないということを思い出して欲しい。

 「バーボン足音を立てなければスコッチは死ななかった」という意見もたまに見かけるが、バーボンだけ忍者の素質を求められているのだろうか?

【ライ】スコッチ自決現場にいる、身分を明かす

 ライがスコッチを助けに行ったことは、潜入捜査官としてあまり正しい行為だとは言えない。スコッチと話しているところを誰かに見られてしまえば、ライまでNOCの疑いをかけられる可能性があるからだ。ライはFBI捜査を優先しなくてはならない。他国捜査官のために自らの任務をおろそかにしてはいけないはずだ。

 しかし、ライがスコッチを助けようとしたことは人として間違った行いなのだろうか。

 2人の間にどれほどの交流があったのかは明かされていないが、ライはスコッチに対して「お前はここで死ぬべき男ではない」と評している。少なくとも実力や人格を認めているととれる発言だ。組織という巨大な敵に立ち向かうにはスコッチの力が必要だと考えていたのかもしれないし、個人的な信頼があったのかもしれない。やはりこれも作中で語られていないので分からないが、「他国捜査官」という領域を侵してまで助けようと考えたのだからスコッチのことをそれなりに信用していたのではないだろうか。そんな人物のために手を貸そうという考えを、やはり責めることはできない。

(余談)

 捜査官としてライがスコッチを助ける「義務」はない。

ごくまれに、「ライは義務もないのに助けに行った。だから感謝されることはあっても憎まれる筋合いはない。」という言い分を見かけることがある。

 しかし、「スコッチがNOCだった」という一報(仮定)を聞き、真っ先に現場にたどり着いた上自決を止めようとしている時点で「助ける義務はない(だから非はない)」とは言えない状況になっている。ものごとに介入した以上は当然責任が発生するのだ。

 スコッチを助ける義務がないなら現場に行かなければ良かった話だが、当の赤井本人がお得意の「領域エリア)」を振り切ってまでスコッチ自決に関わりにいっている以上、通用しない言い分である

(余談)

 「拳銃を奪われたこと」と「拳銃から手を離したこと」は確実にライのミスだ。拳銃を奪われ、一度は止めるも手を離すというライが犯した2つのミス無視して語ることは出来ない。

 バーボンもライも「どちらも悪く、どちらも悪くない」といえる状況だが、ライのミスが大きかったことは事実だ。「スコッチバーボン足音のせいで死んだ」等、ライの過失を無視してスコッチ自決について語ることには大きな違和感を覚える。

赤井秀一の嘘

赤井は降谷の誤解をとく気がない

 ライが自決現場でとっさに嘘をついたのは、スコッチ自決を利用するためだと思う。バーボンNOCだと知らなければそれは自然判断だ。もしかすると、「スコッチの死を無駄にするわけにはいかない」とさえ考えたかもしれない。

 しかし、バーボン公安からNOCだと知った今もなお真実を隠していることは褒められる行為ではないと思う。そして、今も隠し続けている(真実を話す気が全くなさそう)のは何故なのか、私には皆目見当もつかない。赤井・降谷双方にとってのメリットが何も思いつかないからだ。

 また、赤井が、日本からの潜入捜査官(スコッチ)の存在を知っていてFBIチームメイトに報告していないことは、FBI側の捜査の妨げになっている。さらに、拳銃を奪われたことに関する報告も怠っているので、

現状「スコッチに関する一連の出来事」について赤井が口をつぐんでいることは、赤井意図的に自分ミスを隠しているように捉えられてもおかしくない。

(余談)

 赤井は、スコッチの件を「優しいから」「安室が傷つくと思って」隠しているわけではないと思う。父親真相を知りたくてFBI入りしている赤井が「真実が見えないこと」の苦しみを知らないわけがいからだ。本当に「優しい」なら事実を全て話すか、今は話せないのだとしてもせめて話そうとする素振りくらいは見せるのではないだろうか。

 「安室が傷つくと思って」に関しては、そもそもこの主張にやや違和感を覚える。

真実を話したら安室が傷つく→「“真実”の中に安室が傷つくような出来事が含まれている」と赤井認識している→「足音のくだりを聞いたら安室は傷つくだろうな」と“赤井が”考えている

 つまり、この主張は「『安室足音のせいでスコッチが死んだ(だから真実を聞いたら安室が苦しむだろうな)』と赤井が考えている」と言っているも同然だ。

 「赤井秀一」は、自分の落ち度を棚上げして他人なすりつけるキャラクターなのだろうか?私は疑問に思う。

降谷零の憎しみ

降谷は、赤井が嘘をついていることに気付いている

 赤井たちFBIには違法捜査事実があるので、「安室スコッチ自決までの課程を知る=安室透と赤井秀一和解共闘」という図式は本来なら成り立たないはずだ(漫画の都合で最終的に共闘することになるとは思うので、濁した書き方をしておく)。

 もし、安室親友の死の真相を教えてもらうことで、FBIによる数々の違法捜査をチャラにすることがあったとしたら、その行動こそ「私情」であり「狩るべき相手を見誤」っていることになるだろう。

FBI違法捜査については「名探偵コナン赤井秀一に関する考察」に簡単にまとまっているので読んでみて欲しい。私はこの考察に影響されて筆を執った。)

ちゃんと表示できているか心配だ…。もしできていなかったら増田の中を探してみて欲しい。

名探偵コナン・赤井秀一に関する考察

 そもそも赤井安室が「共闘できない・しない」のは2人の因縁が原因なのではなく、(日本側がFBIに協力を要請する必要性が見受けられない以上)FBI日本側に協力を申し出ないせいなので、「対黒の組織における共闘」と「スコッチに関する一連の出来事」は全くの別問題だと考えるべきだ。

 さらに、ライはスコッチの死を利用して昇っていったが、NOCだと露見し早々に離脱した。しか特に情報は得られていない様子(「ジン仕事する」という報告をFBIに入れているが、結局会えていない。ラムのことも知らない様子。)なので、降谷の怒りも納得できる。

諸伏景光覚悟

 もし、スコッチがライ(FBI)の手を取っていたら、今のキールのような扱いを受ける可能性が高い(キールの現状についても、前述の増田を読んで欲しい)。

 キールの扱いとまではいかなくても、保護する代わりに情報提供を求められてもおかしくない。FBI立場から考えると、他国捜査官をわざわざ保護するのだから見返りを求めて当然だ。「公安には情報を流さず、FBIだけに提供しろ。さもなくば赤井手土産として持たせて組織に送り返すぞ。」という条件がつく可能だってある。

 搾り取るだけ搾り取った後、日本に対して「あなたの国のスパイがいました。これ、どう落とし前付けてくれるんですかね?」なんて言って外交カードに使われることだってあるかもしれない。親友の降谷だって当然危ない。

 ライがの身分を信じられなかったという可能性もある。今まで組織メンバーだと思っていた人間が突然「お前と同じで俺もスパイなんだ」と言ってきても、素直に信じる人はいないだろう。油断して口を滑らせる作戦かもしれない。むしろ疑ってかかるべきだ。

 実際あのビルでは、「ライと協力して足音の主を迎え撃つ」という選択肢もあったが、スコッチはそれをしなかった。優秀な捜査官らしく、ライを疑うことにしたのかもしれない。もしくは、申し出を信じた上でFBI保護されることを拒んだとも考えられる。

 もしくは、「目の前のライを殺して足音の主も制圧する=とにかく逃げる」という選択肢も思いつく。これについては、ライが身分を明かしたことによって、結果としてスコッチを脅すことになっている。

 スコッチはライ=FBIだと聞いてしまった。それが嘘なのか本当なのかを見極める方法も余裕もあのビル屋上にはなかった。

 もし身分が嘘で、ライは組織人間なのだとしたら、「ライと足音の主を両方制圧する」は特に問題のない選択だ。

 しかし、上述の通り「スコッチは『ライ=FBI』の可能性を考えてしまった」。真実だと確信する方法はないが、フェイクだと確信する方法もない。スコッチはこう考えた可能性もある。

「ライがFBIだと知っていて、ここで危害を加えたら国際問題になるかもしれない」

 もしこの場に録音機器や盗聴機器が回っていて、「ライがスコッチ身分を明かした」という事実が誰かに知られていたら?

 この場を上手く切り抜けても、後から日本の諸伏捜査官は、赤井捜査官がFBI人間だと知っていて手に掛けた」なんて抗議が来たら?

 …ということを素人の私でも思いつくのだから、もちろんスコッチも考えたはずだ。

 自分の命と引き替えに、今まで身を削って手に入れた情報他国に流すのか…?自分存在日本不利益になるかもしれない…。兄や親友危険が及ぶかもしれない…。自分が原因で他国に弱みを握られたら…?

 スコッチ自決によって守られたのは家族や友人だけではなかった。スコッチ自らが日本にとっての「危険カード」になってしまうことも防いだのだ。

 「公安としての冷静な判断」と「家族親友を守り抜く決意」の両方を持った、諸伏景光覚悟を感じる場面だった。

2019-08-10

anond:20190529113954

そのうち死を決意したときのために、なるべく迷惑をかけない死に方はいつも考えてる

相続した古い持ち家で、下にビニールシートなどを敷いた上で首を吊る、というのが今の暫定的結論

それでも発見者へのダメージは大きいだろうと思うので

部屋の入口に「注意!首吊り中」みたいな張り紙でも貼っておこうかと

さら異臭などで迷惑を掛けないように、決行の日には冬場を選んだうえで、空気清浄機でもかけておくかなあ

2019-08-02

[] #76-6「車道シャドー

≪ 前

「ごめんくださーい」

俺たちは見舞でツクヒの自宅を訪ねた。

勿論それは建前で、本当の目的事情聴取

第一発見者なら、ツクヒを轢いた車を見ている可能性も高いだろう。

「来てくれて、ありがとうねえ」

「おカマいな~く、おナベな~く」

それにしても、意外といいとこ住んでんだなあツクヒのやつ。

部屋の中も小奇麗というか、品がある。

マメ掃除しているのか、それともハウスキーパーってやつがいるんだろうか。

他人の家を訪ねたときの独特な臭いもしなくて、するのは消臭剤匂いだけだ。

いや、もしかしてロマとかなんだろうか、この香り

「みんな、これ美味いぞ! なんの食べ物分からんが!」

出てくる茶菓子も気取っているというか、突然やってきた俺たちにポンと出せるレベルじゃない。

仲間のシロクロが、目的も忘れて菓子を食べるのに夢中になっている。

だけど親御さんたちは、そんな不躾な態度を気にせず接してきた。

「あの子を呼んでくるから、もう少し待っててね。怪我はもう大丈夫なんだけど、恥ずかしがってるみたいで」

「いやあ、学校で上手くやれているか心配だったけど、見舞いに来てくれる友達がいてホッとしたよ。あの子学校のことは全く話してくれないからね」

あいつの親とは思えないほど物腰が柔らかくて、子供思いのマトモな人たちだ。

その意外性も気になるところだけど、今はそんな場合じゃない。

ツクヒがくると面倒そうだから、そろそろ本題に入ろう。

「そういえば、まだ見つかってないんですよね。ツクヒを轢いた車と、運転手

しかし焦ってはいけない。

単刀直入質問するんじゃなく、話題に紛れ込ませるようにしていく。

「そう、なんだよね……」

被害者の親にとってはセンチメンタルな話だから、あまりズケズケと聞くものじゃない。

ガキの俺たちにだって、それくらいのことは分かる。

それで心象を悪くしてしまうと、聞き出しにくくなるしな。

「うん……今も何食わぬ顔で、どこかで車を走らせているかと思うと気が気でないよ」

「そう、ね……警察には早く見つけ出して欲しい、ね」

言葉を選んでいるのか、それとも出てこないのか、ところどころ詰まらせたテンポで喋っている。

それほどにツラい出来事だったのだろう。


「あの子遅刻する~って言いながら忙しなく出て行ったから、車で送ってあげようと後からいかけたら……」

そうしてやり取りを数分続けていくと、いよいよ聞きたかった部分を話し始める。

俺は前のめりになって尋ねた。

「轢いた車を見たんですか!?

「いや、自分たちが着いたときには既にいなかった……」

しかし、返ってきた答えは他の人と同じだった。

ここまで色々動き回って、何の成果も得られないのは初めてだ。

この人たちすら知らないんだったら、もうツクヒに期待するしかない。

ただ、あいつがここで喋ってくれるような気はしないか学校で聞こう。

それでも喋ってくれるとは思えないが。

俺たちは肩を落としつつ、この場はひとまず適当理由をつけて退散しようとした。

「私、思うんだけど、運転手が見つかったところで大して意味ないわよね。ツクヒの不注意が原因なんだし」

「え?……」

だがその時、タオナケが思わず口を滑らせてしまう。

得られた情報肩透かしだったものから、気が緩んでしまっていたらしい。

元々、思ったことが口に出やすタイプだが、この期に及んでそれ言っちまうのかよ。

「おい、タオナケ!」

「あ……でも私、別に間違ったことは言ってないけど」

タオナケも失言にはすぐに気づいたが、取り繕うのが面倒くさくなって開き直った。

危険を顧みず車道に突っ込んで、それで案の定ぶつかっただけ。それで“こっちが傷ついたので、悪いのはそっちだ”なんて当たり屋のゴロツキでしょ」

「よすんだ、タオナケ!」

どんどん言葉が出てきて止まらない。

挙句信号機がないのがダメなんだってことになったんだけど、あん場所で轢かれるなんて普通ありえないし。あったところでって話よ」

俺たちは慌ててタオナケを止めようとする。

かに俺たちも内心思っていたことだけど、ツクヒの両親がいる前でそれを言ってしまうのはマズいだろ。

次 ≫

2019-08-01

[] #76-5「車道シャドー

≪ 前

こうして俺たちは、この言い知れない謎を解明するため捜査に乗り出した。

ツクヒを轢いた犯人はどこの誰なのか。

いや、本当に車に轢かれて怪我をしたのか。

そうじゃなかったとして、なぜあそこで轢かれたことになったのか。

そして、何かを隠していたとして、その理由とは何か。

あそこに信号機をつけることが目的なのか、それとも他に隠された意図があるのか。

俺たちから湧き出てくる疑惑の数々は、実際のところ確かなものなんて一つもない。

今回の件に納得しきれないという想いが、取るに足らないことを強い違和感にさせているだけなのかも。

要はドラマとかでよくある、“刑事の勘”みたいなものだ。

現実でそんなことをアテにする刑事がいたら汚職もいいとこだろう。

だけど俺たちは警察じゃない。

知的探究心の旅に乗り出す冒険家なんだ。

から出てくる答えが何であるしろ、知るための労を惜しむわけにはいかない。

それに俺たちから言わせれば、気になったことを気になったままにして、悪意と一緒に放っておく方が良くないと思うね。

好き勝手邪推した以上、それを明らかにする使命が冒険家にはあるのさ。


まず俺たちは周りの住人から聞き込みを始めた。

西側から来た車にやられたみたいだね。曲がり角の方」

「なるほど。曲がる途中で減速していたから、ぶつかっても軽傷で済んだってことか……」

「辻褄は合うね」

直接ツクヒに聞けばいいって思うだろうけど、こういうのは第三者から情報を集めてからじゃないとダメなんだ。

何か隠していたとしても、今のままじゃ白状してくれないだろう。

下手に詰め寄ったせいで警戒されてしまい、口がより堅くなってしま可能性もある。

から決定的な証拠必要だけど、そんなものがあれば既に揉み消されているだろう。

なので方法としては、まず状況証拠でもいいから掻き集める。

一通り揃ったら、それらを憶測に基づいて組み立てていくんだ。

そうして真実への道筋を作り、最終的にはツクヒが白状するよう誘導するってわけ。

まあ、憶測ありきの状況証拠で追及するだなんて、芸人スパイに仕立てる位に無茶な方法だとは思う。

それでも、俺たちが考えうるスマート方法はそれだったんだ。


あなた現場を見に行ったときには、ツクヒを轢いた車は既にいなくなっていた、と……」

こうして地道に聞き込みを続けていったんだけど、予想以上に捜査は難航した。

事故が起きた瞬間は誰も見ておらず、駆けつけた時には怪我をしたツクヒと、それを心配する親がいただけ。

みんな大体同じことしか言わない。

それだけ確かな情報ってことなんだろうけれど、これだけじゃあ真実には程遠い。

もう近隣の住人には一通り聞いてしまったが、このザマ。

何か別の方法を考えようとした、その時である

「ん、ちょっと待って……」

仲間のミミセンが、とある重要なことに気がついた。

「近隣の人たちが現場を見に行ったときの状況は、事故に遭ったツクヒと、それを心配するご両親……」

「ああ、そうらしいな」

「ツクヒの親御さんは、近所の人たちよりも早く現場居合わせたわけだ」

「……あ、そうか!」

ミミセンに説明されて、俺たちもやっと気がついた。

まりツクヒの両親が第一発見者であり、有力な証言者なんだ。

次 ≫

2019-07-14

芹沢あさひというキャラクター

この文章は、特定創作やそのスタンスを批難するものではないです。念の為

あと、ある程度過激創作について触れています

芹沢あさひ」とは、アイドルマスターシャイニーカラーズに登場するアイドルの一人だ。

常に面白いことを探し、じっとしていることがない、探究心の強い女の子。興味を持ったら一直線だが、飽きっぽい一面も持つ中学2年生。らしい。

「らしい」というのは、僕はシャイニーカラーズをプレイした事がないからで、これは公式サイトから持ってきた紹介文だ。

最近ツイッターでよく彼女二次創作漫画が流れてくる。フォロワーリツイートで流れてくるわけだが、

そういった二次創作漫画で知らない作品の知らないキャラについて知るっていうのは良くある事だと思う。

本作をプレイした事がない以上、僕の持つ彼女イメージはみんなの二次創作によって形作られる訳だが、最近その暴走がすごい。

彼女は紹介文にもある通り、探究心が強いにもかかわらず飽きっぽい一面を持つ。また、他人機微には気づけるのにもかかわらず、

自分の行動によって相手がどう思うかを考えず、ありのまま発言・行動してしまう飄々とした性格らしい。

その特性二次創作により伸びに伸びて、激烈天然サイコ女に化けている。

なんでもない事のように強烈な一撃をぶちかましたりする。

特に黛冬優子という猫かぶりキャラと絡む時にその特性が発揮され、常識では考えられないような言動によって日々冬優子は頭を抱えさせられている。

あんまり具体例を書くと特定創作を批難するみたいなので詳細は書かないけど。

(僕の中で)どれくらいサイコかと言うと、日常会話で

堕胎費用って事務所が出してくれるんすかね?」とか言いだすくらいヤバいしかも本当に妊娠してる。

それで黛冬優子が「アンタ何してんの!?アイドルがやって良い事じゃないわよ!」って言ったら

「え、でも冬優子ちゃんはPとセックスしてるっすよね?」とか余裕で返す。みんな居る前で。

本編ではそんなキャラじゃないのはわかってるけど、なんかそういう事を言ってもおかしくない。というイメージが僕の中に染み付いている。

これは嫌味でもなんでもなく、すげえ面白い事だなと思う。

同じアイドルマスター系列二次創作によって特性が伸ばされ、(二次創作上で)サイコキャラになった例で一ノ瀬志希というキャラがいるが

彼女そもそもマッドサイエンティスト」という芯になる設定がある。

芹沢あさひはそんなバックボーン無く、普段から言動解釈されまくった末にこんな感じになった訳だ。

(もしかしたら本作をプレイした方には、そうなる確たる理由があったのかもしれないけど、少なくとも一ノ瀬志希よりは複雑だと感じる)

これから僕の中の芹沢あさひはどうなるんだろうな。もうすでにサイコ度を振り切ってるから変わりようがないかもしれん。

黛冬優子がもうアンタとは付き合いきれないって遺書を残して首吊り自殺しても、第一発見者芹沢あさひ

「あ~あ、冬優子ちゃんと一緒に居るの結構しかったっすけどねえ」ってちょっと寂しそうに言っちゃう

変わるとしたら、被虐側に回ったりするくらいだろうか。

空気の読めない言動が元でいろんな人に虐められるが飄々としている芹沢あさひ。でも誰もいない寝室に戻るとシーツくるまってグヒグヒ泣き出しちゃう

それはそれで面白い

2019-07-03

葬儀観光

身寄りのない氷河期世代とかあっても葬式や墓の金が出せない層に向けて、

無料葬儀を行なう代わりに葬儀過程日本の文化として海外から観光客に向けて公開し、

観光客から一回10000円ほどの観覧料を徴収するビジネスってどうだろう。

遺体無料の共同墓地に入れることを条件として、その共同墓地も公開する。

行き倒れとか近所の孤独死発見して報告したら発見者にも報酬が与えられる仕組みにすれば、

街の衛生管理にも繋がって一石二鳥

2019-06-29

さよならが言えない(1)

母が自殺した。

もう3年も前の話だが、私の中では現在進行形だ。

残暑の厳しさが残る、9月下旬の早朝。

滅多に電話がかかってこない私の携帯に着信があった。

いつもならば眠い時間で、無視して必要があればかけ直すのだが、父の名前が画面に表示されたので、何事かと思って電話を受けた。

父の第一声は、「お母さんが自殺した」。

え?お母さん?自殺?え?

一瞬にして混乱の海に投げ出される。

父は続けて「救急車を呼んで、今待っている」というような事を言った気がするが、信じたくない現実に面と向かう事に必死でよく覚えていない。

鮮明に憶えているのは、呼び鈴と同時に入室してくる救急隊員の声と、それに答えて「救急車が来たからまた連絡する」といって電話が切れた事。

切れた電話のツーツーという音を聞きながら、その後どうしたか憶えていない。

夫の話を聞く限り、隣で眠っていた夫が話し声で起きて、どうした?と聞き、私は事情を話したらしい。

とにもかくにも、実家に帰って詳しい状況を聞かないといけない。

夫は会社に欠勤の電話をし、身支度をして二人で車で2時間実家に行くことになった。

私はタバコを吸うのだが、母はタバコタバコを吸う私も嫌っていたので、お風呂に入る時間をちょうだいと言って、急いでシャワーを浴び、髪についたタバコ匂いを落とした。

気持ちとしては、悪い夢の続きを見ているような変な浮遊感でふわふわしていた。

長い道中の事も憶えていない。

義父に頼まれた枕花を持った重さだけが、私を地上に結びつけているような気がした。

実家のある団地群に着き、階段を噛みしめるように登る。

母の自殺が本当だとしたら、第一発見者の父の気持ちは荒れる海の波のようだろうから私はしっかりしないと…と、平静を装おうとしたが、玄関を開け、並ぶ見覚えのない靴を見て、父の兄弟が先に来ている…つまりは母の自殺は本当だと感じた瞬間、涙が溢れ出た。

しばらく泣いて落ち着いたところで、居間テーブルに用意された席についた。

ふと、母が居るであろう場所を見ると、そこには何もない。

父にお母さんは?と聞くと、今は警察署に居ると言われた。

なんでも、救急隊員が駆けつけた際に死亡が確認された場合救急車には乗せられないルールがあるらしい。

そして、自宅での死亡の為、原因の追求をする為に警察署での検死に回されると。

母は一人で冷たい場所にいるのだろうか。

早く会いたい、顔を見たい、それだけだった。

夕方警察署からの連絡で、母の遺体収容する施設に移すという連絡があり、その場に居た全員で手続きに行った。

涙を流さず、冷静に見える父の、必要書類に記入する手が度々止まる。

「妻っていう字が思い出せない、書けない」

ああ、父も心の中は混乱していて、いっぱいいっぱいなのだな、と思った。

叔母が字を教えて、ゆっくり、一画一画確認しながら書類を書く。

必要最低限の言葉けがかに流れる

刑事さんが書き終えた書類確認し、ご面会はこちらです、と案内された部屋に行った。

私は死んだ直後のままの母が居ると思っていたが、既に白装束に着替え、箱に収められていた。

首には吊った後が残っているのであろう。

首周りに綿の詰められたクッションのような物が巻かれていた。

枕花を頭の横に置き、周囲に流されるように手を合わせる。

遺体を見て、事実を認める私と認めない私が行き来する。

これは悪い冗談なのではないかと、そうとしか考えられなかった。

母は自分の兄を自殺で亡くしている。

父も幼少時に祖父(父の父)を自殺で亡くしている。

母は残された苦しみから、「どんなに辛い事があっても、自殺だけはだめよ」と言っていた。

私はその言葉に助けられていた。

長い期間、学校いじめられ続けていた私にとって、生きる事の大切さを教えてくれた母の為にも生きようと、これまで生きてきた。

でも、その母が自殺を選んだ。

母はパーキンソン病で、近い将来介護必要になる事を嫌がっていた節があった。

自分の両親の看病で苦労したからだろう。

その苦労を父や私にかけない為に死を選んだとしか考えられない。

遺書が無いから、そう想像する事しか出来ない。

からって、勝手過ぎる。

苦労かどうか決めるのは私達なのに。

母の葬儀は、式場の都合で一週間程先になった。

それまでの間、毎日霊安室に通い、好きだったカフェオレを供え、なんで死んだの?と疑問をぶつけていた。

母は自分の将来に、綺麗に決着をつけたと思っているだろう。

実際はそうじゃない。

私も父も親戚も夫も、事情を知った全員がそれぞれに苦しんだ。

その罰があたったのか、もうすぐ葬儀だというタイミングで、綺麗だった母の死に顔に死斑が出た。

家族死化粧では消せない死斑。

人前に出る時に化粧は欠かせない母だったから、このまま葬儀には出せないと、葬儀屋さんに頼んでプロの化粧をして貰った。

今思うと、あの時は父のサポート必死だった。

過去の心の傷と仕事ストレスで鬱になった私は、抗うつ剤睡眠薬を長い事飲んでいたが、母の死を知った日から、それらの薬が効かなくなった。

父と母に会う時間の合間にかかりつけ医臨時でかかって、強い抗うつ剤睡眠薬を処方して貰った。

葬儀が終わるまでは、四十九日が終わるまでは、一周忌が終わるまでは…とにかく倒れる訳にはいかない。

それだけで動いていた。

2019-03-04

[] #70-4「パンジャム事変」

≪ 前

待ち続けること数分―――

「遅いな……」

いや、実際は1分と経っていなかったかもしれない。

なにせ、その時の俺は期末レポートを抱え、空腹とコッペパン欲も併発していた。

焦燥感によって地球の自転速度は狂いまくりうるう秒による調整は困難を極める。

そんな無限にも思えた時間の中、ようやくオバチャンが戻ってきた。

だけど、何も携えていない。

「ねえ、ちょっと……」

しかも帰ってくるやいなや従業員と話し始めた。

会話の内容は聞き取れないが、表情の険しさからタダ事ではないのが伝わってくる。

「はーい! 今、ここにいる皆! この食堂から出ないで!」

そして突然、オバチャンは食堂全体にダミ声を響き渡らせた。

「どういうことだ、オバチャン」

「持っていかれてる」

その言葉を聞いたとき、俺は瞬時に意味理解した。

だが事態を飲み込むことを脳が拒否している。

「え、まさか……盗み?」

「そう」

「何が盗まれたんだ?」

状況から考えて、返ってくる答えは明白だったろうに。

俺は分かりきったことを、わざわざ尋ねずにはいられなかった。

コッペパンだよ。残りが全部なくなってる」

そして告げられる、残酷事実

言葉として理解できても、あまりにも予想外な展開に心が追いつかなかった。


…………

こうして俺はレポートも空腹も宙ぶらりんのまま、事件に巻き込まれることになった。

まったく、何でこんな目に合わなくちゃいけないんだ。

「盗みが起きたのは分かったけど、何でオイラたちは食堂から出ちゃいけないんすか?」

その中にはクラスメートのカジマもおり、ぶつくさと文句をたれている。

「この中に犯人いるからだよ」

「ええ!? どういうこと?」

オバチャンによると、コッペパンの残りは数分前まであったらしく、盗みはその時間内に起きたことになる。

そして、食堂は人が少ない時間帯で、20分ほどの間に出入りをしたのは俺だけ。

まり犯人はこの中にいるって推理のようだ。

「本当にこの中に犯人が? そこまで言い切れる?」

「出入り口カウンターから一望できるし、今の時間帯は出入りが少ないから、数え間違いは絶対ないよ」

実際、この時に食堂にいたのは俺含めて5人しかいなかった。

人の出入りがあれば記憶に残るだろう。

「この中にいるのは分かったけど、どうやって犯人を見つけるつもりっすか?」

「ふふん、実は既に見当がついているんだよ」

オバチャンの自信満々な物言いに、皆がザワつく。

俺も多少は絞れているが確信には至っていないので、これには驚いた。

「まず消去法で候補を外していくよ。アタシはもちろん違う。基本的にみんなの目に見える場所で働いているから、パンを盗んだり処理したりするのは無理だからね」

「え~? でもオバチャンは従業員で、しか第一発見者じゃん。パンがなくなった時間を誤魔化せば、いくらでもアリバイは作れるっすよ」

「やだねえ。もしアタシが盗んだのなら、ここまで大ごとにせず黙ってればいいだけじゃないか

そんな感じでオバチャンは雄弁に語りながら、推理披露し始めた。

その様子は少し楽しげにすら見える。

場を仕切りたがるのといい、刑事ドラマでも観て感化されたのだろうか。

コッペパンを注文した兄ちゃんは、食堂に入ってきた時刻と事件発覚にほとんど間がない。犯行物理的に不可能だ」

とはいえ、オバチャンの推理はそこまでデタラメというわけではない。

一応の筋は通っているし、憶測動機から犯人を決め付けたりもしない。

無意味深読みをして俺を犯人だとか言い出さないだけマトモな方である

「そして、残りの候補3人の中で、犯行可能なのは一人……」

そうしてオバチャンは回りくどい説明を挟みながら、満を持して犯人を指差した。

「アタシと同じ従業員犯人はアンタだよ!」

次 ≫

2019-01-28

克服すれば、幸せになれるという幻想

発達障害の人は劣等感が強く苦手なことほど克服しようと頑張ってしまう」と先日言われてドキっとした。「コミュ障を克服するぞ!」と必死飛び込み営業などを6年ほどやったけれど、それって冷静に考えると異常だし何でそんなことしたのか本当にわからない。べつに後悔はしていないけれど。

https://twitter.com/keikubi123/status/1089409190055993350

なんでかな。

自分の花を咲かせればいい、みたいにならなくて。

もっともっとって他人の良かれと思う指摘や善意から指導が案外と苦痛

  

マッチングって難しい。

何が、自分の強みかは、何か結局は自分で見いださないと。第一発見者にならないと。

  

伸びていかないなりね。

2019-01-23

飼育係をしていた時の話

小学生の時、私は飼育係だった。

生き物が特別好きというわけではなく、係決めのジャンケンに負けたから仕方なくやっていた。

やる気はなかったが、それでもちゃん仕事はしていた。

飼育係は何人かいて、それぞれ生き物の担当が割り当てられるのだが、私は校舎内で飼っている水生生物担当だった。

具体的には、熱帯魚カメナマズドジョウだ。

毎日放課後になると彼らのところへ行き、エサをやる。水槽フィルター掃除する。ウンコで水が汚れていれば、新しい水に替えてやる。

毎日そんなことをしていると少しずつ愛着もわいてくるもので、カメなどはその性格がわかるようになってきた。

カメは大小2匹いたのだが、小さい方はよく暴れるが実は気が小さい、田舎ヤンキーのようなやつだった。大きい方は、一見おとなしいが実は大胆なことを考えるやつで、何かやらかすとしたらこいつだった。

一度こいつが脱走し、それが原因で私が教師にこっぴどく説教される事件があったのだが、それはまた別の機会に書くとする。

ある暑い夏の日だった。

その日の放課後も私は彼らの元へ行き、すっかり慣れた一連の作業を行った。

いつもならそこですぐ帰るのだが、なぜかその日はもう少し世話を焼いてやろうという気になった。

目に付いたのはナマズ水槽だ。こいつらの家は水生生物エリアの中で最も隅に追いやられており、随分退屈しているように見えた。

今日の私は機嫌がいい。普段は薄暗い生活をしている君達に、今日特別ものを見せてやろう。

そう思って水槽を持ち上げ、外の景色が見える窓際の特等席に置いてやった。

心なしかナマズたちがはしゃいでいるように見えた。

満足した私は、意気揚々と家に帰った。

次の日、いつものように彼らの世話をしに行った私は、それを発見した。

ナマズが、腹を上に向けて、浮いている。

衝撃的な光景にしばらく立ち尽くしていたが、しだいに昨日の出来事が蘇ってきた。

隅に置かれた水槽。照りつける日差し。汗ばんでいる自分。窓際の熱気。輝く水面。踊るナマズ

死体が浮く水槽に恐る恐る人差し指をつけると、お湯になっていた。

私が死なせたのだ。

犯人現場に戻ってくると言うが、まさにその通りになった。

犯人が取る次の行動は、証拠隠滅だ。私はナマズ水槽を持ち上げると、隅っこの定位置に戻した。お湯は抜き取り、新たに水を加えた。

次は、第一発見者を装って通報だ。私は教師のところへ慌てた感じで走って行き、「ナマズの様子がおかしいです」と言った。

教師によってナマズの死亡が確認され、病気か何かだろうと教師勝手に納得していた。

私は"不思議だ、よくわからない"という態度を終始とっていたし、まじめに世話をしているという日頃の行いもあって、私に疑いがかかることはとうとうなかった。

ナマズには申し訳ないことをしたと思っている。

28歳になった今でもたまに思い出すのだから

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん