「山本五十六」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 山本五十六とは

2022-10-17

anond:20221012212502

何が気持ち悪いって、ピカソヘミングウェイゲイマン山本五十六か知らないが、パンツ描きながら天才ぶるみたいな本人の態度

手塚治虫謙虚さやサービス精神が感じられたしギャグもあって面白かった

2022-10-15

[]ブクマカ自分座右の銘だと書いていた言葉



ブクマカが嫌いな他人座右の銘



()内は出典だが間違っている可能性もあるので注意して

2022-08-29

anond:20220829102539

自分の国の歴史も知らんのか

皇族

1903年 彰仁親王 元帥 陸軍大将 参謀総長

1912年 明治天皇 天皇 大喪

1913年 威仁親王 元帥 海軍大将 軍事参議

1914年 昭憲皇太后 皇太后 大喪

1919年 李熈 李太王(元韓国皇帝 高宗

1923年 貞愛親王 元帥 陸軍大将 内大臣

1926年 李坧 李王(元韓国皇帝純宗

1927年 大正天皇 天皇 大喪

1945年 載仁親王 元帥 陸軍大将 参謀総長

1951年 貞明皇后 皇太后 大喪儀(事実上国葬、準国葬

1989年 昭和天皇 天皇 大喪の礼

その他

1909年 伊藤博文 公爵 内閣総理大臣 元老

明治政府の中心人物

初代内閣総理大臣

大日本帝国憲法制定の中心人物

安重根狙撃されて暗殺される

1916年 大山巌 公爵 元帥 陸軍大将 内大臣

最初陸軍大臣

大日本帝国陸軍の父

日露戦争では陸軍総司令官活躍

国歌君が代」の制定に関わる

1922年 山縣有朋 公爵 元帥 陸軍大将 内閣総理大臣 元老

第3代内閣総理大臣

陸軍卿となり、参謀本部の設置、軍人勅諭の制定に深く関わる

日露戦争時は参謀総長として作戦指揮にあたる

伊藤博文なきあとは最大の発言力をもつ元老として軍や政界に重きをなす

1924年 松方正義 公爵 内閣総理大臣 元老

第4代内閣総理大臣

日本銀行の創立、金本位制度の確立など維新後の財政指導者として功績を残す

明治天皇から「導入の是非を巡る議論は難解でよくわからぬが、これまで松方が財政に関して間違ったことをやった例はなかったから導入を裁可する」とまで言わしめた

日本赤十字社社長

伊藤博文山縣有朋らの死後は元老を主導する立場となる

1934年 東郷平八郎 侯爵 元帥 海軍大将 連合艦隊司令長官

省略

1940年 西園寺公望 公爵 内閣総理大臣 元老

家塾として立命館立命館大学)を創設

中江兆民らと『東洋自由新聞』を創刊

伊藤博文の腹心、立憲政友会旗揚げに創立委員として参画

松方正義が死去した後は、「最後元老」として大正天皇昭和天皇を輔弼、実質的首相選定者として政界に大きな影響を与えた

1943年 山本五十六 元帥 海軍大将 連合艦隊司令長官

省略

1967年 吉田茂 内閣総理大臣 国葬

省略

2022年 安倍晋三 内閣総理大臣

内閣総理大臣として戦後最長の在任期

以上

国葬反対、内閣自由民主党合同葬で十分

安倍晋三国葬に反対する、なぜなら国葬の重みが下がるからだ。

20世紀に行われた国葬は以下の通り。

1903年 彰仁親王 元帥 陸軍大将 参謀総長

1909年 伊藤博文 公爵 内閣総理大臣 元老

1912年 明治天皇 天皇 大喪

1913年 威仁親王 元帥 海軍大将 軍事参議

1914年 昭憲皇太后 皇太后 大喪

1916年 大山巌 公爵 元帥 陸軍大将 内大臣

1919年 李熈 李太王(元韓国皇帝 高宗

1922年 山縣有朋 公爵 元帥 陸軍大将 内閣総理大臣 元老

1923年 貞愛親王 元帥 陸軍大将 内大臣

1924年 松方正義 公爵 内閣総理大臣 元老

1926年 李坧 李王(元韓国皇帝純宗

1927年 大正天皇 天皇 大喪

1934年 東郷平八郎 侯爵 元帥 海軍大将 連合艦隊司令長官

1940年 西園寺公望 公爵 内閣総理大臣 元老

1943年 山本五十六 元帥 海軍大将 連合艦隊司令長官

1945年 載仁親王 元帥 陸軍大将 参謀総長

1951年 貞明皇后 皇太后 大喪儀(事実上国葬、準国葬

1967年 吉田茂 内閣総理大臣 国葬

1989年 昭和天皇 天皇 大喪の礼

------------------------------------------------

いずれも皇族歴史的人物だけである

賛否があった吉田茂も、サンフランシスコ平和条約によって日本独立と第2の建国を達成した実績がある。

これらの偉人たちと安倍晋三が並び立つことが可能なのか?

否。断じてである

日本国の国葬の重みが下がるだけである

そして外交儀礼云々が必要ならば内閣自由民主党合同葬で十分だ。

よって安倍晋三国葬には反対だ。

2022-08-01

国葬反対、内閣自由民主党合同葬で十分

安倍晋三国葬に反対する、なぜなら国葬の重みが下がるからだ。

20世紀に行われた国葬は以下の通り。

1903年 彰仁親王 元帥 陸軍大将 参謀総長

1909年 伊藤博文 公爵 内閣総理大臣 元老

1912年 明治天皇 天皇 大喪

1913年 威仁親王 元帥 海軍大将 軍事参議

1914年 昭憲皇太后 皇太后 大喪

1916年 大山巌 公爵 元帥 陸軍大将 内大臣

1919年 李熈 李太王(元韓国皇帝 高宗

1922年 山縣有朋 公爵 元帥 陸軍大将 内閣総理大臣 元老

1923年 貞愛親王 元帥 陸軍大将 内大臣

1924年 松方正義 公爵 内閣総理大臣 元老

1926年 李坧 李王(元韓国皇帝純宗

1927年 大正天皇 天皇 大喪

1934年 東郷平八郎 侯爵 元帥 海軍大将 連合艦隊司令長官

1940年 西園寺公望 公爵 内閣総理大臣 元老

1943年 山本五十六 元帥 海軍大将 連合艦隊司令長官

1945年 載仁親王 元帥 陸軍大将 参謀総長

1951年 貞明皇后 皇太后 大喪儀(事実上国葬、準国葬

1967年 吉田茂 内閣総理大臣 国葬

1989年 昭和天皇 天皇 大喪の礼

------------------------------------------------

いずれも皇族歴史的人物だけである

賛否があった吉田茂も、サンフランシスコ平和条約によって日本独立と第2の建国を達成した実績がある。

これらの偉人たちと安倍晋三が並び立つことが可能なのか?

否。断じてである

日本国の国葬の重みが下がるだけである

そして外交儀礼云々が必要ならば内閣自由民主党合同葬で十分だ。

よって安倍晋三国葬には反対だ。

2022-07-22

別に直属上司や現状の給与けが原因で転職するわけやないしな。

俺は役員の考え方やそいつからパワハラ受けてる上司の姿や難癖で首切られる社員の姿を7年間見続けて、こりゃだめだと見切り付けて転職したし。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやっても部下は転職山本五十六格言を実行してもことごとく部下が転職していく無情

https://togetter.com/li/1919380

2022-05-25

anond:20220525150110

でも山本五十六みたいに父親が56歳の時に産まれても全く正常どころか卓越した人物だっているからなぁ。

もちろん確率問題だということはわかるんだけれども。

2022-03-18

いまのロシア大日本帝国にダブって見える

国際的孤立する

ロシアロシア欧州評議会脱退を通告 人権条約から離脱 https://www.jiji.com/jc/article?k=2022031600358&g=int

大日本帝国:我が代表堂々退場す (東京朝日新聞1933年2月25日付、朝刊2面)

国際連盟を脱退したとき日本常任理事国だった。しか連盟を脱退して国際的孤立を深めた。いまのロシアみたいに。

機密情報ガバガバ将官死ぬ

ロシアロシア将官、4人目が戦死か ウクライナが狙い撃ちとの見方https://www.bbc.com/japanese/60775896

大日本帝国山本五十六長官戦死 https://www.jiji.com/jc/v2?id=20110803end_of_pacifi_war_14

大日本帝国通信暗号は解読されており、将官の移動が敵国に筒抜けだった。そのため、重要将官前線を視察した際などに急襲され戦死した。いまのロシアみたいに。

大本営発表をする

ロシアロシア「軍戦死者498人」 ウクライナ侵攻後初の公表―3日に停戦交渉https://www.jiji.com/jc/article?k=2022030300088&g=int

大日本帝国大本営発表はなぜ「ウソ宣伝」に成り果てたか https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/20180808-OYT8T50018/3/

戦争中期以降の大日本帝国は、世論兵士士気高揚を目的として(あるいは戦果確認稚拙で)、戦果を過大に、被害を過少に発表していた。いまのロシアみたいに。

大日本帝国降伏原爆を投下されたあとだったが。。。

大日本帝国は敗色濃厚になっても勝ち目のない抵抗を続けて被害を拡大し続けた。その目的を見失った戦争継続を断念したのは、広島長崎原爆を落とされたためだった。いまのロシアは。。。?

2021-12-23

「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」(昭和16年11月15日大本営政府連絡会議にて決定)を紹介し、

真珠湾攻撃をしないアメリカとの戦い方というものがあったことを指摘した点にあると思う。この腹案では、日本近海アメリカ軍の到来を待ち、その間に西進して地中海に至り、ドイツ軍連携すべきだとしている。

この指摘が優れているのは、

アメリカ軍の到来を待ち、西進作戦を取った場合アメリカが参戦しない可能性もかなりあったと思われるからだ。ルーズベルトアメリカ若者戦争に行かせないことを公約して大統領になったのだから真珠湾攻撃のようなことがない限り、アメリカ戦争に巻き込むことは難しかったはずだ。ルーズベルトソ連と手を組んで、世界共産化を目論んでいたのでやがては参戦したかもしれないが、自国への攻撃がないのにアメリカ国内で参戦の合意を得るには多くの時間を要したはずだし、そう決めた後でも、アメリカ空母日本近海に来るのはかなり時間がかかったであろうから

わずに西進作戦を取った場合

日本にとり、実際にそうであったより有利な展開があり得たのではないかと思う。(インドネシアで確保した石油フィリピン米軍の警戒網を掻い潜ってどうやって日本に運ぶかという課題はあったと思うが)

この説は、戦前陸軍の中では普通に認知されていたのに、日本自らが反省するときに欠かしてはならない視点の一つを提供してくれたと思う。

帝国陸軍歴史真実を見つめることなしに頭ごなしに全面否定する感のある司馬遼太郎史観対峙したい旨

「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」を示すことにより、帝国陸軍科学的であり、合理的であったという事実を蘇らせ

こはちょっと違うのではないかと思う。この腹案を書いた方々が優れていたということと、帝国陸軍全体が優れていたということは別の事柄として捉えなければいけないのではないだろうか。

西進作戦という優れた作戦があるのに、日本政府として何故それを実行に移すことができなかったか

近海アメリカ空母を待つことをしないで、何故、真珠湾に行ってしまったのか。あの戦争反省して将来のために生かそうとするなら、先ず、ここを明らかにしなければならないはずだ。真珠湾攻撃に拘る山本五十六連合艦隊司令長官意志日本全体としてどうして覆すことができなかったのか、あの時に何故山本五十六更迭できなかったのか、その原因を探ることが重要だと思う。

東京裁判被告であった賀屋興宣は、日本が共同謀議で戦争を始めたという検察側の決めつけ

陸軍海軍内閣等の意見バラバラなまま戦争を始めてしまい、共同謀議などと言われるのは恥ずかしい限りだ」という旨の感想

2021-12-05

香取慎吾山本五十六をやると聞いて

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211203/k10013366201000.html

アホかと思ったけど 写真見たら意外といけてるかも

もうとっくにおっさんからな 年相応に合ってるのかもしれない

2021-11-08

やってみせ言って聞かせてさせてみて誉めてやらねば人は動かじ<長い

先日会社新人TAみたいなことをやったのだけども

新人さんだから口だけで言ってる感じになっていたので、なんとなく目の前にあったホワイトボードに言ってることを書いてやった。

「ほいほい、あとは」みたいに言ってたりしたら他のアシの人が「彼らの議論なのだから余計なことするな」みたいなことを言われた。

から聞いたら、そいつ教育方針山本五十六のそれだったんだよね。

矛盾してね?

2021-11-06

anond:20211103223218

いったん戦端を開いたら国土の差、生産能力の差といった国力の圧倒的な差により叩き潰されるのは明白なので、戦端を可能な限り開かないようにする、開かれる場合相手に完全に非があるような形に持っていくというのが必須だろうね。

太平洋戦争前の日本日清日露勝利に酔って冷静さを失っていたのか、勝てるはずのない太平洋戦争を開始してしまった。

やるにしても山本五十六が言った通り、国力の差による戦闘能力の差が広がる前に決着をつける短期決戦で終わらせるべきだったのに、山本五十六を失ってから終わりどころを見失い、単なる消耗戦へと突き進んでいった。

2021-10-23

anond:20211022190123

南京大虐殺については、なんか結局よくわかんないところがある。

中華が主張する犠牲者の数はまずあり得ない数字というのは確かで、そのせいで実情までわからなくなっている印象。

おれは「戦闘はあった」に違いないと思うし、そのなかで民間人被害が出た可能性や、処刑のようなことがあった可能性は否定しないが「虐殺はあった」と言えるかどうかはちょっとよくわからんってのが素直な意見軍服等じゃなく民間人の姿で交戦していた兵がいたとか、そんな大規模な虐殺が行われたような物音はなかったという記録やら、ちょっと諸々よくわかんないね

あと、第二次大戦は、アジア解放名目上なだけだった可能性は否定しない。が、増田も書いているが結果論として植民地だった国々の独立機運が高まったのは間違いない。それはその国々の力で独立したんだといえばその通りだが、あの戦争がなければ数十年どころか百年は独立が遅れていても不思議はないんじゃないかなーとは思う。

ただ、これは別に戦争正当化するつもりなどではない。まぁ日本軍の残虐行為ってのにはちょっと引っ掛かるところもあるが。

あの戦争は、アジア解放するというよりも、日本が、自国植民地化される可能から脱却するために行ったもので、その副次的ものとして、西欧植民地になっていり国々から西欧勢力を取り除こうとしたってことじゃないかなーとは思っている。自国領土にするとかそんな単純なことだけじゃなく、日本に近い国々に西欧の手が延びている現状は、いずれ次は日本にもって危機感が浮かぶのは当然で、それの払拭。そして西欧との交渉材料にも使える。(実際戦況のいいところで和平という考えは山本五十六発言からも、軍中枢にあったのは間違いないだろうし)そういう目的のための「大東亜共栄圏」じゃないかなーと思ってます

理想なんやアジア解放しようとした義の戦なんだ!なんて言ってるのはさすがに違うだろうなーってことですね。あくま自国をいい条件で保ち続けること。その為に世界の中で大きな位置につけるようにすること。それが、最優先の目的だったでしょう。

ただ、軍人なかには本気で理想を信じてたひともいるだろうというのも、間違いのないことではありますが。

2021-04-17

anond:20210417014727

あー、個人的には日本の参戦は不可避だったと思ってる

見通しが甘い、見切り発車が多い、真珠湾攻撃山本五十六だったか

やんのはいいけど短期決戦にしてね、でないと負けるから

みたいな意見もあったはずなのに、あれよあれよと戦争は拡大してしまい…

そもそも日本他国スケールが違うんだよな

当時の同盟国だったナチス・ドイツも、米国ソ連も、

一言表現するなら彼らの目標は「世界征服」だったわけで、

それに比べて日本は「大東亜共栄圏」だった

喧嘩せざるをえない状況に白人たちに追い込まれものの、

喧嘩する相手スケール感を見誤っていたように思う

まあ、そう考えてみると残念賞努力賞、健闘賞を与えたくもなるけど、

戦争には勝敗があるだけで努力賞はないんでなあ

2020-12-13

anond:20181206214612

やってみせ 言って聞かせて させてみせ

ほめてやらねば 人は動かじ --山本五十六(帝国海軍 連合艦隊司令長官)

ネット回線の基礎知識と一緒に海軍精神を注入してあげればきっとお客さんは分かってくれる

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん