「美青年」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 美青年とは

2021-04-20

anond:20210420123652

キャラに関してはまさに非実在少女だと思うが

女という性ではなくかわいいなにかの存在であって、理想化されて魂の入らないなにか。

から容易に顔を赤らめたりとかテンプレパターンが発生する。

容姿がよく都合の良い存在が欲しいのよ、男女ともに。

女なら肩幅がでかくて胸板が広くて顎がとんがってて流し目で頼りがいがあるちょっと生意気美青年ってテンプレあるじゃん

ただ、ガルパンは男の趣味全開としか言いようがない。

2021-03-22

孤独

当時私は二十五歳の青年で、丸まるの内うちのあるビルディングオフィスを持つ貿易商合資会社S・K商会のクラークを勤めていた。実際は、僅わずかばかりの月給なぞ殆ほとんど私自身のお小遣こづかいになってしまうのだが、と云ってW実業学校を出た私を、それ以上の学校へ上げてくれる程、私の家は豊ゆたかではなかったのだ。

 二十一から勤め出して、私はその春で丸四年勤続した訳であった。受持ちの仕事会計の帳簿の一部分で、朝から夕方まで、パチパチ算盤そろばんだまをはじいていればよいのであったが、実業学校なんかやった癖に、小説や絵や芝居や活動写真がひどく好きで、一いっぱし芸術が分る積つもりでいた私は、機械みたいなこの勤務を、外ほかの店員達よりも一層いやに思っていたことは事実であった。同僚達は、夜よな夜なカフェ廻りをやったり、ダンス場へ通かよったり、そうでないのは暇ひまさえあればスポーツの話ばかりしていると云った派手はでで勇敢で現実的な人々が大部分であったから、空想好きで内気者うちきものの私には、四年もいたのだけれど、本当の友達は一人もないと云ってよかった。それが一際ひときわ私のオフィス勤めを味気あじきないものにしたのだった。

 ところが、その半年ばかり前からというものは、私は朝々の出勤を、今迄いままで程はいやに思わぬ様になっていた。と云うのは、その頃十八歳の木崎初代が初めて、見習みならいタイピストとしてS・K商会の人となったかである木崎初代は、私が生れるときから胸に描いていた様な女であった。色は憂鬱ゆううつな白さで、と云って不健康な感じではなく、身体からだは鯨骨くじらぼねの様にしなやかで弾力に富み、と云ってアラビヤ馬みたいに勇壮うそうなのではなく、女にしては高く白い額に左右不揃いな眉まゆが不可思議な魅力をたたえ、切れの長い一ひとかわ目に微妙な謎を宿し、高からぬ鼻と薄過ぎぬ唇が、小さい顎あごを持った、しまった頬ほおの上に浮彫うきぼりされ、鼻と上唇の間が人並ひとなみよりは狭くて、その上唇が上方にややめくれ上った形をしていると、細かに書いてしまうと、一向初代らしい感じがしないのだが、彼女は大体その様に、一般美人の標準にはずれた、その代りには私丈けには此上このうえもない魅力を感じさせる種類の女性であった。

 内気者の私は、ふと機会を失って、半年もの間、彼女言葉も交わさず、朝顔を見合わせても目礼さえしない間柄であった。(社員の多いこのオフィスでは、仕事共通ものや、特別に親しい者の外は、朝の挨拶などもしない様な習わしであった)それが、どういう魔(?)がさしたものか、ある日、私はふと彼女に声をかけたのである。後になって考えて見ると、この事が、いや私の勤めているオフィス彼女入社して来たことすらが、誠に不思議めぐり合せであった。彼女と私との間に醸かもされた恋のことを云うのではない。それよりも、その時彼女に声をかけたばっかりに、後に私を、この物語に記しるす様な、世にも恐ろしい出来事に導いた運命について云うのである

 その時木崎初代は、自分で結ゆったらしい、オールバックまがいの、恰好かっこうのいい頭を、タイプライターの上にうつむけて、藤色セル仕事着の背中を、やや猫背にして、何か熱心にキイを叩たたいていた。

HIGUCHI HIGUCHI HIGUCHI HIGUCHI HIGUCHI ……

 見ると、レタペーパの上には、樋口ひぐちと読むのであろう、誰かの姓らしいものが、模様みたいにベッタリと並んでいた。

 私は「木崎さん、御熱心ですね」とか何とか云うつもりであったのだ。それが、内気者の常として、私はうろたえてしまって、愚かにも可成かなり頓狂とんきょうな声で、

樋口さん」

 と呼んでしまった。すると、響ひびきに応じる様に、木崎初代は私の方をふり向いて、

「なあに?」

 と至極しごく落ちついて、だが、まるで小学生みたいなあどけない調子で答えたのである彼女樋口と呼ばれて少しも疑う所がないのだ。私は再びうろたえてしまった。木崎というのは私の飛とんでもない思違おもいちがいだったのかしら。彼女彼女自身の姓を叩いていたに過ぎないのかしら。この疑問は少しの間私に羞恥しゅうちを忘れさせ私は思わず長い言葉を喋しゃべった。

あなた樋口さんて云うの? 僕は木崎さんだとばかり思っていた」

 すると、彼女も亦またハッとした様に、目のふちを薄赤くして、云うのである

「マア、あたしうっかりして。……木崎ですのよ」

「じゃあ、樋口っていうのは?」

 あなたのラヴ? と云いかけて、びっくりして口をつぐんだ。

「何なんでもないのよ。……」

 そして木崎初代は慌あわてて、レタペーパを器械からとりはずし、片手で、もみくちゃにするのであった。

 私はなぜこんなつまらない会話を記したかというに、それには理由があるのだ。この会話が私達の間にもっと深い関係を作るきっかけを為なしたという意味ばかりではない。彼女が叩いていた「樋口」という姓には、又彼女樋口と呼ばれて何の躊躇ちゅうちょもなく返事をした事実には、実はこの物語根本こんぽんに関する大きな意味が含まれていたかである

 この書物かきものは、恋物語を書くのが主眼でもなく、そんなことで暇どるには、余りに書くべき事柄が多いので、それからの、私と木崎初代との恋愛の進行については、ごくかいつまんで記すに止とどめるが、この偶然の会話を取交とりかわして以来、どちらが待ち合わせるともなく、私達はちょくちょく帰りが一緒になる様になった。そして、エレベーターの中と、ビルディングから電車停留所までと、電車にのってから彼女巣鴨すがもの方へ、私は早稲田わせだの方へ、その乗換場所までの、僅わずかの間を、私達は一日中の最も楽しい時間とする様になった。間もなく、私達は段々大胆になって行った。帰宅を少しおくらせて、事務所に近い日比谷ひびや公園に立寄り片隅かたすみのベンチに、短い語らいの時間を作ることもあった。又、小川町おがわまちの乗換場で降りて、その辺のみすぼらしいカフェに這入はいり、一杯ずつお茶を命じる様なこともあった。だが、うぶな私達は、非常な勇気を出して、ある場末ばすえのホテルへ這入って行くまでには、殆ど半年もかかった程であった。

 私が淋さびしがっていた様に、木崎初代も淋しがっていたのだ。お互たがいに勇敢なる現代人ではなかったのだ。そして、彼女容姿が私の生れた時から胸に描いていたものであった様に、嬉しいことには、私の容姿も亦また彼女が生れた時から恋する所のものであったのだ。変なことを云う様だけれど、容貌については、私は以前からややたのむ所があった。諸戸道雄もろとみちおというのは矢張やはりこの物語重要な役目を演ずる一人物であって、彼は医科大学卒業して、そこの研究室である奇妙な実験従事している男であったが、その諸戸道雄が、彼は医学生であり、私は実業学校の生徒であった頃から、この私に対して、可成かなり真剣な同性の恋愛を感じているらしいのである

 彼は私の知る限りに於おいて、肉体的にも精神的にも、最も高貴ノーブルな感じの美青年であり、私の方では決して彼に妙な愛着を感じている訳ではないけれど、彼の気難しい撰択に適かなったかと思うと、少くとも私は私の外形について聊いささかの自信を持ち得うる様に感じることもあったのである。だが、私と諸戸との関係については、後に屡々しばしば述べる機会があるであろう。

 それは兎とも角かく、木崎初代との、あの場末ホテルに於おいての最初の夜は、今も猶なお私の忘れ兼かねる所のものであった。それはどこかのカフェで、その時私達はかけおち者の様な、いやに涙っぽく、やけな気持ちになっていたのだが、私は口馴れぬウィスキイをグラスに三つも重ねるし、初代も甘いカクテルを二杯ばかりもやって、二人共真赤まっかになって、やや正気を失った形で、それ故ゆえ、大した羞恥を感じることもなく、そのホテルカウンタアの前に立つことが出来たのであった。私達は巾はばの広いベッドを置いた、壁紙にしみのある様な、いやに陰気な部屋に通された。ボーイが一隅の卓テーブルの上に、ドアの鍵と渋茶しぶちゃとを置いて、黙って出て行った時、私達は突然非常な驚きの目を見交わした。初代は見かけの弱々しい割には、心しんにしっかりした所のある娘であったが、それでも、酔よいのさめた様な青ざめた顔をして、ワナワナと唇の色をなくしていた。

「君、怖いの?」

 私は私自身の恐怖をまぎらす為に、そんなことを囁ささやいた。彼女は黙って、目をつぶる様にして、見えぬ程に首を左右に動かした。だが云うまでもなく、彼女も怖がっているのだった。

 それは誠に変てこな、気拙きまずい場合であった。二人とも、まさかこんな風になろうとは予期していなかった。もっとさりげなく、世の大人達の様に、最初の夜を楽しむことが出来るものと信じていた。それが、その時の私達には、ベッドの上に横になる勇気さえなかったのだ。着物を脱いで、肌を露あらわすことなど思いも及ばなかった。一口に言えば、私達は非常な焦慮しょうりょを感じながら、已すでに度々たびたび交わしていた唇をさえ交わすことなく、無論その外の何事をもしないで、ベッドの上に並んで腰をかけて、気拙さをごまかす為に、ぎこちなく両足をブラブラさせながら、殆ど時間もの間、黙っていたのである

「ね、話しましょうよ。私何だか小さかった時分のことが話して見たくなったのよ」

 彼女が低い透き通った声でこんなことを云った時、私は已すでに肉体的な激しい焦慮を通り越して、却かえって、妙にすがすがしい気持になっていた。

「アア、それがいい」私はよい所へ気がついたと云う意味で答えた。

「話して下さい。君の身の上話を」

 彼女身体を楽な姿勢しせいにして、すみ切った細い声で、彼女の幼少の頃からの、不思議な思出おもいでを物語るのであった。私はじっと耳をすまして、長い間、殆ど身動きもせずそれに聞き入っていた。彼女の声は半なかば子守歌の様に、私の耳を楽しませたのである

 私は、それまでにも又それから以後にも、彼女の身の上話は、切れ切れに、度々たびたび耳にしたのであったが、この時程感銘かんめい深くそれを聞いたことはない。今でも、その折の彼女の一語一語を、まざまざと思い浮うかべることが出来る程である。だが、ここには、この物語の為には、彼女の身の上話を悉ことごとくは記す必要がない。私はその内から、後にこの話に関係を生じるであろう部分丈けを極ごく簡単に書きとめて置けばよい訳である

「いつかもお話した様に、私はどこで生れた誰の子なのかも分らないのよ。今のお母さん――あなたはまだ逢わないけれど、私はそのお母さんと二人暮ぐらしで、お母さんの為にこうして働いている訳なの――その私のお母さんが云うのです。初代や、お前は私達夫婦が若かった時分、大阪川口かわぐちという船着場ふなつきばで、拾って来て、たんせいをして育て上げた子なのだよ。お前は汽船待合所の、薄暗い片隅に、手に小さな風呂敷包ふろしきづつみを持って、めそめそと泣いていたっけ。あとで、風呂敷包みを開けて見ると、中から多分お前の先祖のであろう、一冊の系図書けいずがきと、一枚の書かきつけとが出て来て、その書きつけで初代というお前の名も、その時丁度ちょうどお前が三つであったことも分ったのだよ。でもね、私達には子供がなかったので、神様から授さずかった本当の娘だと思って、警察手続てつづきもすませ、立派にお前を貰もらって来て、私達はたんせいをこらしたのさ。だからね、お前も水臭い考えを起したりなんぞしないで、私を――お父さんも死んでしまって、一人ぼっちなんだから――本当のお母さんだと思っていておくれよ。とね。でも、私それを聞いても、何だかお伽噺とぎばなしでも聞かせて貰っている様で、夢の様で、本当は悲しくもなんともなかったのですけれど、それが、妙なのよ。涙が止めどもなく流れて仕様がなかったの」

 彼女の育ての父親が在世ざいせいの頃、その系図書きを色々調べて、随分本当の親達を尋たずね出そうと骨折ったのだ。けれど系図書きに破けた所があって、ただ先祖名前や号やおくり名が羅列られつしてあるばかりで、そんなものが残っている所を見れば相当の武士さむらいの家柄には相違ないのだが、その人達の属した藩はんなり、住居なりの記載が一つもないので、どうすることも出来なかったのである

「三つにもなっていて、私馬鹿ですわねえ。両親の顔をまるで覚えていないのよ。そして、人混みの中で置き去りにされてしまうなんて。でもね。二つ丈け、私、今でもこう目をつむると、闇の中へ綺麗きれいに浮き出して見える程、ハッキリ覚えていることがありますわ。その一つは、私がどこかの浜辺の芝生の様な所で、暖かい日に照らされて、可愛い赤あかさんと遊んでいる景色なの。それは可愛い赤さんで、私は姉ねえさまぶって、その子のお守もりをしていたのかもしれませんわ。下の方には海の色が真青に見えていて、そのずっと向うに、紫色に煙けむって、丁度牛の臥ねた形で、どこかの陸おかが見えるのです。私、時々思うことがありますわ。この赤さんは、私の実の弟か妹で、その子は私みたいに置去りにされないで、今でもどこかに両親と一緒に仕合せに暮しているのではないかと。そんなことを考えると、私何だか胸をしめつけられる様に、懐しい悲しい気持になって来ますのよ」

 彼女は遠い所を見つめて、独言ひとりごとの様に云うのである。そして、もう一つの彼女の幼い時の記憶と云うのは、

「岩ばかりで出来た様な、小山があって、その中腹から眺めた景色なのよ。少し隔へだたった所に、誰かの大きなお邸やしきがあって、万里ばんりの長城ちょうじょうみたいにいかめしい土塀どべいや、母屋おもやの大鳥おおとりの羽根を拡ひろげた様に見える立派な屋根や、その横手にある白い大きな土蔵なんかが、日に照てらされて、クッキリと見えているの。そして、それっ切りで、外ほかに家らしいものは一軒もなく、そのお邸の向うの方には、やっぱり青々とした海が見えているし、その又向うには、やっぱり牛の臥た様な陸地がもやにかすんで、横よこたわっているのよ。きっと何ですわ。私が赤さんと遊んでいた所と、同じ土地景色なのね。私、幾度その同じ場所を夢に見たでしょう。夢の中で、アア又あすこへ行くんだなと思って、歩いていると、きっとその岩山の所へ出るに極きまっていますわ。私、日本中を隅々まで残らず歩き廻って見たら、きっとこの夢の中の景色と寸分違わぬ土地があるに違いないと思いますわ。そしてその土地こそ私の懐しい生れ故郷なのよ」

ちょっとちょっと」私はその時、初代の話をとめて云った。「僕、まずいけれど、そこの君の夢に出て来る景色は、何だか絵になり相そうだな。書いて見ようか」

「そう、じゃあもっと詳しく話しましょうか」

 そこで、私は机の上の籠かごに入れてあったホテルの用箋ようせんを取出して、備そなえつけのペンで、彼女が岩山から見たという海岸景色を描いた。その絵が丁度手元に残っていたので、版にしてここに掲かかげて置くが、この即席そくせきのいたずら書きが、後に私にとって甚だ重要な役目をつとめてくれ様などとは、無論その時には想像もしていなかったのである

「マア、不思議ねえ。その通りですのよ。その通りですのよ」

 初代は出来上った私の絵を見て、喜ばしげに叫んだ。

「これ、僕貰もらって置いてもいいでしょう」

 私は、恋人の夢を抱いだく気持で、その紙を小さく畳たたみ、上衣うわぎの内ポケットしまいながら云った。

 初代は、それから又、彼女物心ついてからの、様々の悲しみ喜びについて、尽きぬ思出を語ったのである。が、それはここに記す要はない。兎とも角かくも、私達はそうして、私達の最初の夜を、美しい夢の様に過すごしてしまったのである。無論私達はホテルに泊りはしないで、夜更よふけに、銘々めいめいの家に帰った。

2021-02-22

anond:20210221191039

ご主人が世界一美青年に見えるようにプログラムしないとな。そもそも美醜の概念すらないように設計すれば万事解決

必読書コピペマジレスしてみる・哲学

日本文学編→anond:20210222080124

追補編→anond:20210218080224

プラトン饗宴

おっさん飲み会真実愛について延々語るだけなので、哲学書の入門編にいいんじゃないかな。楽しそうにしてるおっさんはいいぞ。

アリストテレス詩学

どうしてフィクションで人は感動するかについて述べた本の走りで、後半は散逸しているんだけど、カタルシスについてはなるほどなあ、とは思った。作家になりたいんだったら普通にハリウッドの三幕構成の本を買ったほうがいいかもしれないが、この読書リストを読んでいる人は実用的な知識よりも読んでいて楽しいかどうかを求めている気もする。

アウグスティヌス告白

読もうと思ったまま長い時間が過ぎてしまった本で、まだ読めてない。アウグスティヌス若いころややりたい放題やっていた時期のことも書いてあるらしいので、宗教書として以外にも楽しめるんじゃないだろうか。

マキァベッリ『君主論

塩野七海エッセイですごく推していたから読んでみたけれども、普通に面白い。例えば、中途半端に生かしておくと復讐されるから、いっそとどめを刺しておけ、みたいなことが書いてあって、優しいと人から言われてしま自分には大いに刺激になった。ところで「孫子」もそうだが、戦争政治学について書かれた本はたいてい「そもそも戦争は大悪手で、戦争になる時点で何かやらかしてる」という趣旨言葉があり、全くその通りだと思う。

モア『ユートピア

未読なんだけど、結婚とはある種の契約なんだから、まず処女童貞がお互いに裸を見せ合ってからだ、みたいなディストピア的な描写もあるらしく、ディストピア文学好きの人は楽しめるんじゃないかな。あとは非モテ界隈の人とか。実際、完全な平等社会を目指そうとするとどっかしら歪みが出るもので、それについて考えるのにも使えそう。

デカルト方法序説

自然科学的な考え方、ロジカルシンキングマニュアル。長くないのですぐ読める。得るものがあるかどうかはわからないけど、逆に普段している論理的思考そもそも存在しない時代があったことは、実感しておくと歴史を学ぶ上で面白いかも。

カント純粋理性批判

平凡社の上巻を読んで挫折純粋な理性っていうけれども、ヒトの心にはデフォルト時間とか空間とかの枠組み、基本的概念が組み込まれているよね? 的な話をやたら細かく述べていく内容だったように記憶している。長いので三行でまとめたくなる。

この本に限らず、いくつかの哲学書は「この本さえあればあらゆる哲学的論争をおしまいにできる」「この本からあらゆる結論が導き出せる」的なスタンスで書かれたものが多い印象。

キルケゴール死に至る病

エヴァヲタなら読まなきゃという謎の義務から読んだ本。要は、どうすれば自分を信じることができるか、について語った本であったような気がする。自分は救われないだろうという絶望から、それでも神を信じるという境地に至るまでの道筋を延々と語ったようなものだった、はず。

自分特定信仰を持たないが、どうせ自分なんてと己を見捨てた境地から、まあ自分自分だよね、的な気分に至った経験がある人が読むと楽しめるだろう。

ニーチェ道徳の系譜

善悪の彼岸」と「ツァラトゥストラはかく語りき」なら読んだ覚えが。自分カトリック中高一貫校出身であったせいかキリスト教思想にある欠点を指摘したこの本を面白く読んだ。キリスト教になじみがなくても、たとえば来世があると考えることで現在を生きることがおろそかになるといった指摘は、興味深く読めるんじゃないだろうか。あとは、増田で定期的に出てくるルサンチマンがどうこうとかいう話が好きな人にもおすすめマッチョぶってるところはあるが。

フロイト快感原則彼岸

新潮文庫の「夢判断」「精神分析入門」「トーテムとタブー」「一神教起源」なら読んだ。フロイト自身はヒトの心を脳から探りたかったらしいのだけれど、当時はMRIやら何やらはまだないので対話式の治療法を導入したらしい。

彼の理論は今となってはツッコミどころがたくさんあるのだろうけれど、クラインだとかビオンかについて触れるなら頭に入れておきたいし、心理学特にパーソナリティ障害について読むなら知っておきたい。自分フロイトアドラーよりもユング派だが。

ラカンについては新書を読んだがさすがについて行けなかった。

ブルトンシュルレアリスム宣言

ラブストーリーの「ナジャ」だけ読んだ。謎めいた女のあるある的な話だ。

ウィトゲンシュタイン哲学探求』

論理哲学論考」だけなら読んだ。これもカントみたいに「俺が哲学のくだらない争い全部終わらせてやる」的な立場で書かれている。定理がずらずら並んでいるだけで、余計な表現がなく、簡素

ただ、言語限界について今の人が持っている感覚ってのは大体この時代の人が言っていたことだった気がするし、そういう意味では面白いんじゃないかな。この辺は数学ともかかわっていて、ペアノとかゲーデルとかヒルベルトとかその辺興味があったらいかがでしょう。

ちなみにウィトゲンシュタインポパーとの議論でキレて火かき棒を振り回したヤバいやつだというのは哲学界隈では有名らしい。

レヴィ=ストロース野生の思考

シン・ウルトラマン予告編でちらっと映っていたので読んだらいいかもしれない。

この本そのものは未読で「悲しき熱帯」ともう一冊なんか専門書を読んだことは覚えている。面白かったエピソードの一つは、ある民族身分入れ墨にするんだけど、入れ墨のない人間白人たち)を見て面食らう。要するに身分証明書を持ってないようなものから

定期的に異民族と共に暮らすドキュメンタリーが読みたくなる性分なのだが、それはたぶん、自分のやり方や考え方が絶対じゃないってことをよく教えてくれるからで、これも本を読む効用の一つだろう。趣味なので効用なんて本当はどうでもいいが。

サイードオリエンタリズム

面白い。僕自身スタンスとしては、日本人海外で誤解されていることを批判するんだったら、自分外国に対する偏見無知を減らそうと努力するのが筋だと思っていて、それの理論的な補強をしてくれた本。身近に外国人の多い環境ではないが、すぐに役に立たないからと言って読まないというのはなんか違うんじゃなかろうか。自分イスラーム世界インドについて、どれほどわかっているのだろう?

上田秋成『胆大小心録』

雨月物語しか読んだことがない。「雨月物語はいいぞ。

九鬼周造『「いき」の構造

どっからがいきでどっからが野暮なのか、直方体を使った図があった気がするが忘れた。

柳田國男『木綿以前の事』

遠野物語しか読んだことがないし、それも「マヨヒガ」のことしか覚えていない。

おまけ:いしいひさいち現代思想遭難者たち

自分現代思想に出てくる名前がわからなすぎて最初に読んだ本の一つ。四コマ漫画だがかなり本質をとらえており、いしいひさいち本業は何だったのかよくわからなくなる。素直に笑っておきましょう。勉強ってのは楽しみながらするもんだ。

おまけ2:ローラン・ビネ「言語の第七の機能

上のリストでは省略した20世紀哲学者が実名で登場するミステリなんだけど、フーコーサウナ美青年イチャイチャしたり、七十年代音楽を聞きながら薬をキメたりしているので、現代思想だのポストモダンだのをかじったことがあるならおすすめ。著者がやりたかったのは、たぶん上の世代の脱神話化というか、強すぎる影響の破壊なんだろうけれども、ここも素直に笑っておくのがいい。


以上。

2021-02-01

anond:20210201001559

仮面ライダーは、オダギリジョーの時くらいから?もっとから

小さいお子のいらっしゃる若いママイケメンに堂々と萌えるための

美青年鑑賞のための番組のように、お見受けしていたんですが。

いま美少女も出てるので、美男美女鑑賞の萌え特撮って印象かなぁ。

みてないのでよくわかんないんだけど。

2-3才の頃はよく見てました。

2020-12-24

シノビリフレの男キャラver的なやつ無いの?

腕もんだり手のひらもんだりしたら画面の美少年美青年が悶えて、後輩クンとの放課後とか彼氏彼女デート場面とかのシチュエーションに移動したりするやつ

のものになれよって言うようなタイプ男子海賊王やめて私の彼氏になんなよって言われるようなタイプ男子主人公マッサージに骨抜きにって感じで

さらに言うならvr対応するととてもよいんじゃないか


追記

あーヘブン状態懐かしいわDSソフトからDL販売なかったころか、DL販売あったらシノビリフレみたく手が滑って買うユーザーがそれなりにいそう

2020-12-21

女子高生エロい

からさまな美少女エロ絵(胸半分見えててスカートたくしあげて股開いてる)で賞を取った女子高生の子が、ツイッターにそれを報告してめちゃ称賛されているのをみかけてしまった。

ほかのツイートをのぞいたら同じようなエロ絵やもっと過激なのもあって、こういうのが好きなんだろうな、ということは理解できた。上手い絵だと思うし賞を取れて良かったねとも思う。

しかしなんかもやつくのは彼女高校生からである

私は同人に馴染みのあるオタクの端くれとして、18歳未満が18禁(定義曖昧だが一般性的意図で描かれており露出が多かったり性行為描写するもの)を読んだり描いたりするのはイタい行為だと認識していた。もちろんこっそり嗜んでいる人がいるのはわかっている、だがそれはあくまでこっそりなのだ。堂々とやっては界隈に迷惑がかかる。子供エロ絵を見せつけている無法地帯と思われてしまう。

例えばこれが普段二次BL同人をやっていてツイで美青年エロを垂れ流していてエロ美青年の絵で賞を取りました!という女子高生がいたとしたら、界隈の大人は「う、う〜ん……」ってなったと思う。少なくとも手放しに賞賛はできない。

でも美少女エロ好き界隈はそのへん全然気にしてないっぽいんだよね。「現役JKエロ美少女絵を描いて賞取ったぞ!やったぜ!」って感じ。案の定「現役JK」に価値見出しエロいとか言ってる奴も複数いるし。

やっぱまともな大人いないのかな、あの界隈。

追記

私がおいおいと思うのは賞を出した人たちとか「女子高生えっちな絵描くの興奮する」とか言ってる大人に対してであって、彼女本人のことはまぁ子供だしな……(黒歴史にならなきゃいいね……)ぐらいの気持ちだったんだけど、わざわざほかの人のツイートを紹介してくれた人によると

「こっちの思うツボっていうか、女子高生がこんな絵描いてたらウケるだろうなと思って頑張って絵も上手くなりました」と言ってたそうなので、あ〜どうしてもこれが好きって情熱じゃなくてちやほやされたい系の子か〜ってげんなりしました。

現役JK肩書なくなったときメンタル大丈夫なんだろうか。まぁ群がる大人が悪い……。絵が絡んでるだけでよくある承認欲求高めの思春期少女とそれにつけこむおじさんの話だった……。

2020-12-01

anond:20201201213542

ええんやで(コーフンシテカランデスマソ)

ノーポンプフューリー、ワイのダチが履いてて、その頃のそいつナンパネタ十八番やったわ。。。(紅顔の美青年ワイ、どこいったんやろ)

2020-11-08

anond:20201108135523

腐だけど、美青年美青年の髭剃りをしてやるフェティッシュイラスト広告あったらイヤだな

BLからっていうより性的ニュアンスのある絵を使った広告に対する拒否感がある

からアツギイラストも嫌だった

公共の場でそういうものを見たくない

電車スポーツ新聞エロ記事読んでるオッサン見かけたみたいな不快感がある

フェミが「同性愛者を差別するのか!」って見当違いな擁護して炎上するのが簡単想像できるから更にイヤ

2020-10-31

anond:20201031132245

みんな恋愛セックスは好きなんだけど、当事者にはなりたくない、もしくはなれないかフィクションを楽しんでいる。

そのときに、自分投影できてしまうような主人公だと、恋愛できない自分を思い出してしまい、フィクション世界に没入できない。

あるいは、同性キャラクターがいると、架空人物であっても嫉妬心が生まれしまう。

から、男は美少女しかいない世界を求め、女は美少年美青年しかいない世界を求める。

とはいえセックスは同じ生殖器同士では構造不可能なので、性別転換せざるを得なくなってしまう。

近親相関カップリングも、読者である自分当事者でないので、純愛仮想体験に利用するには問題ない。

2020-10-25

anond:20201025195808

さすがプロだね。

「富裕男性結婚できる低学歴女性」の男性版として対応している存在は「バリ島美青年」であって、

低学歴収入コミュ障醜男」では決してないと思うんだよ。

富裕層から金を引っ張れるだけの労働をしている、価値創造をしているよね。

低学歴収入コミュ障醜男」に対応する存在は「低学歴収入コミュ障のブスババア」で、

こんな女、富裕男性結婚できるわけない。負債もの

anond:20201025195432

聞くとこによると

バリ島美青年(多分ホテルマンとか土産物屋さん?)は日本女性

現地旦那みたいになって日本人が現金で養うとかなんとか

すげーお姫様扱いしてくれるんだって

日本女性バリ好きな理由

2020-10-23

anond:20201022224752

なんで「割り切る」ってことができないんだろう?と、こういう人を見ると思う。

例えばだが、少女漫画にでてくるメインどころの男性キャラは、男性にとっては違和感しかないものも多い(家族がよく読んでいたため、読んだことは多少はある。古い物だが)

が、それは女性にとってはいいんだろうなーと思って流して読んでいる。

かにロリ小喬とかへの違和感はわからなくはない。が、メインターゲットが男性という作品で、かつ、主な購入者層に受けがいいのだとしたらそれは仕方ないじゃない。

FFお腹がどうこうも、なんで、なんでもかんでも私には納得いかない。不快から平等に腹出すか隠すかしろと思うんだろうかと。

こういう意見を見るたびに、最近も、なんだかの映画とかでイケメンが裸で股間隠しながら逃げるようなシーンがCMで流れていたが、ああいうのにも平等文句を言うんだろうか?と思ってしまう。

あれは男からみてて、なんだこれ?以外のなにものでもなかったが、メインターゲットには受けがいいってことなのかなとスルーして見ていた。

自分不快だ・理解できないと思うのは仕方ないし自由だ。けれど、そんな「不快理解できない自分」に、周り(この場合FF無双)が合わせるべきだ。というような思考はまったく理解できない。

もちろん意見として持つことを否定はしないい。けれど、多少は割り切るってことを覚えた方が、色々気楽に楽しめるんじゃないかとおれは思う。特に、メインターゲットが男性であろうコンテンツを愉しむ場合は。

ま、三國無双とか、美青年武将も多くて女子ファン層を狙ってるところもあるにはあるからねー。言いたくなる気持ち理解しないでもないけれど。

2020-09-12

表現規制必要性が全く分かってない

私は中学生の頃からショタ靴下モグモグとか言ってるキモイオタクだった。

別に現実ショタには指一本触れたことはなかったし、靴下を食べたこともないし、そもそも自分だってロリと呼ばれて差し支えない年齢だし、二次元ショタクラス男子は完全に別物だし、そういうこと言っちゃダメっていう意識がほぼなかった。

実際インターネットには女子中学生スカートの中の空気を吸いたいとか言ってる人がいくらでもいたが、女子中学生の私はインターネットにそういう輩がいることに関して何とも思ってなかった。

だって現実女子中学生なんて二次元に比べたらうるさいわ反抗的だわ彼氏はいるわちっとも可愛くないことを身をもって知ってたので。勿論現世でスカートの中を嗅がれたことなんかなかったし、当然のごとくかつて中学生だったロリコンのみなさんも知ってると思ってた。

ロリコンを自称する男友達もいたが、そついも現実女子中学生二次元ロリは分けて考えてた。終始妹萌えって言ってたけどそれは二次元の話であって誰かの妹になんか見向きもしない。

セックスのやり方も知らないでエロ同人の何を楽しんでたのか今となってはよく分からないが、多分推しエロい顔とかを見たかったんだろうな。

中学生じゃなくなって趣味が変わったのでショタ趣味卒業したが、その後も美青年に惚れたりおっさんに落ちたりしながら相変わらず凌辱レイプものなどあまり褒められたものではないシチュエーションが大好きなオタクをやっている。

しかしまあ、そういう中学生だった私が表現規制したいみなさんの話ぐらいは聞いてやっていいかなぐらいに歩み寄る気になったのは、大人になって自分が実際に性被害に遭ったからだ。

あ、まじで現実人間にそういうことやるやついるんだ。まあ世界のどこかにいるのは知ってたが、お前がそうだったとは知らなかったよ。

被害に遭って初めて、万引きよりもレイプの方がハードルの低い人種存在意識した。

まあだからって今も二次元現実は別物なので妄想なら何してもオッケーっていう考えを変える気はさらさらないが。

私にとってレイプされることよりレイプものエロ同人の方がずっと長いこと身近な存在であったように、二次元ヤバい性癖博物館エロ同人より、現実性犯罪の方が身近な存在である人がいるんだよなって思った。

いるんだなって思っただけで絶対に相容れないけどね。

相容れないけど、まあ、言いたいことは分かったわ。相容れないけど。

2020-09-09

anond:20200908100247

少女漫画主人公」でぐぐったら普通に人気TOP10とか出てきたけど

偏見だけどすっごいホモ臭い

少女漫画の絵柄で美少年美青年)が表紙でポーズ取ってるだけでこれは…となる

偏見偏見

2020-08-01

聲の形感動ポルノ

聲の形感動ポルノ

これで障がい者気持ち理解できた気になる浅はかな健常者が、手話文化を盗み、手話人口をいたずらに増やしていく。

本当に愛されない障がい者気持ちは、障がい者の中でも青葉や小島ぐらいにしかきっと分からない。

妻と会話するために手話を盗む健常者がいたとしても、夫と会話するために小説を盗まれ気持ち共感してあげたり、言葉をそのまま受け取る変わり者の夫を優しく見守る健常者などいるだろうか。

愛される障がい者を探してこいと言われて、見つかるのは西宮みたいな身体不自由があるだけの美男美女や元健常者の既婚者ばかりであって、青葉や小島みたいなガチ勢が愛され枠に見つかるだろうか。

なお悲しいことに、ガチ勢には共感能力を持たない者も多いので、ガチ勢同士でもお互いを愛することはない。

もちろん身を呈して苛めっ子や暴漢から仲間を守る発想もない。

西宮気持ちは本人しかからない。

耳が聞こえないだけの美少女が突然自死を選ぶなんて不自然に思えるが、それを言うなら何もかも恵まれたように見える健常者の美青年だって死を選ぶこともある。

ただ、それ以上に青葉や小島気持ちは本人にしかからない。

本人にすら分からないのかもしれない。

2020-06-05

anond:20200605162423

納得した

ってかそういう観点で考えると美少年美青年とか男の肉体好きな男性作家って結構多いよな

2020-05-29

anond:20200528221150

・実写(と思われる)アイコン

複数認識してる、実写だけあってそんなに過激なことは言ってない印象

サウスパーク

3人は確認した。一人は女性で一人は男性っぽい

水族館に居そうなアイコン

ペンギンとか、よくわからん魚とか、海・水中の画像 元増田の鳥アイコン群に近いイメージ

ラーメン

左右一人ずついる気がしてる、左寄りの人の方がよく見かけるかも

アニメ絵美少女

左右どちらにも多く居る、いずれにしろ語気というか主張が強い印象。そういえばアニメ絵美少年美青年アイコンって全然見かけない

・猫(イラスト含む)

アニメ絵美少女アイコン」と同様

・犬、ウサギ

アイコンよりは穏健というか、自分意見に自信満々ではない感じ

イラスト屋さんのイラスト

複数確認してるけど、俯瞰スタンスを取りつつ自分面白いと思ってそうでちょっと苦手(完全なイメージ

・花

複数いる、フェミニストの人。アンチフェミに花アイコン存在しない説

メガネ(単体)

3〜4人いる、頭良さそうなブコメしてるが星はそんなにつかない印象

2020-04-12

きめええええええ

ふつーのシリアスマンガ美少年美青年が泣いて男にすがりつくとかやめろやBLでやれカス

2020-04-09

anond:20200409004300

嫌がってる美青年ちんちんに年増のブスが無理矢理しゃぶりつく動画が観たい

2020-03-17

anond:20191226125233

元増田の疑問に答えるには少々話が長くなる。と言うのもテレビ近代史に割と深く関わってるからだ。

実はコロッケ達の前に「先代の」ものまね四天王がいたんだ。所がそのうちの一人が愛人に刺されて命を落とした事で一気に黒歴史化した事で急遽コロッケ清水アキラ栗田貫一、そしてビジーフォーを新たな四天王に添えた。んでこいつらがそれぞれものまね革命を起こす発明をしたんだ。例えば清水は鼻にセロテープクリカンはもしもシリーズビジーフォー人形を棒で操作するアレ(名前なんて言うの?)、そしてコロッケは背後から本人が登場、である

美川憲一の「さそり座の女」を例によって大袈裟に歌っていると背後から本物が不機嫌な顔でやってきてコロッケ挙動不審になる姿が当時バズった訳だ。クスリで捕まって芸能界から消える前は男の娘、というか中性的な色気の美青年(かの三島由紀夫も惚れ込んだとか)だったが以降は「おネエおっさん」と言うネタキャラとして再ブレイクを果たすことになる。

話をコロッケに戻そう。以降「デフォルメしまくり調子に乗る」姿と「怒られてキョドる」姿の落差が大きければ大きいほどウケる事に味をしめたコロッケデフォルメがより大袈裟に、より不躾になるのは必然だった。これは俺の思い出話だが当時人気ドラマだった「教師びんびん物語」で田原俊彦の真似を披露した翌日の学校女子全員が本気でキレてた程だ。

かくしてデフォルメものまね第一人者となったコロッケだがここで誤算が生じる。「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が放送開始されたのである。初回こそ手探り状態だったが第二回、次長課長河本による「オメエに食わせるタンメンは無ェ!」で方向性が定まると以降「ディテールリアリティーに拘る」コロッケとは真逆の芸風が主流になり若い人達もそれを観て育ってきたであろうからまあ要はコロッケ時代に取り残されたのである

2020-02-11

anond:20200211030756

囀るやつは自分にはあまりさらなかったから参考にならんのかもしれない

片方がアセクシャルっぽいとこから始まるやつがいいのかとおもってそういうの挙げてみる

 

めぐみつぐみ1,2

雷神リーマン

東京心中シリーズ

あいつの大本

 

幼児体型ではないが美青年だの細マッチョをとおりこして

ムキムキプロレスラーものなども大丈夫そうならもっとかにおすすめできるのあるよ

筋肉美男子しかかかないBL作家さん居るよ

 

逆にゲイポルノゲイ風俗からはじまる恋のやつもけっこうある

サービスすべきお客さんの一人に本気で恋しちゃうやつとか

お客さんにガチ恋されてるけどオーナー因縁があるから深入りされるまえにスパッと冷酷に切っちゃうとか

恋がいつまでもはじまらないまま同棲してて、今おもえば通じ合ってたなぁ、ってのもある

勇者in魔王んち は絵がギャグっぽいのに細かい伏線の画面内埋め込みがすごくて(そもそも主人公の髪の毛が一定速度で伸びていくのでだいたい作内経過時間が何ヶ月後だなとか回想シーンがわかるっていう細かすぎて伝わらないことをやってしま漫画自分最近はこいつしかたことがない)けっこう切なかった自分にはね)

2020-02-04

anond:20200204130511

私は別にふぇみ的な言動を心掛けてる女じゃないけど、

女が男性煽情する意図的表現物にどれにも少しずつ傷つく。

そういうのは物心ついた子どものころから社会にありふれていて、あふれるほどあふれているわけだから最近ほとんど気にもしないけど、

 

コンビニに行っても雑誌の一区画ピンクのすごい絵の雑誌がずらっと並んでいる店は多いし、

電車に乗れば天井雑誌広告には政治家糾弾する見出しの横に水着女性がしなを作った写真が並び、

テレビをつければ冬なのに女性陣は胸の谷間を強調する露出の高いドレスを着てる姿が映り、

公共機関アニメ絵ガイドは基本、乳袋を強調した幼顔のアニメ絵ぴたぴたスカート女性キャラクターで描かれ、

お坊さんはエロ絵の御朱印帳を描き、

献血ポスター巨乳を貼りだした女の子の絵。

 

これに少しでも傷つく、というと一部の男性ヒステリーを起こす、傷つくという気持ちいかにはねつけるかに腐心する、

煽る、はやしたてる、嘲る、数少ない反例(美青年まんが絵のなんだっけ、屏風が飾ってある寺とか)を持ち出し平等だと勝ち誇る、

あるいは「まーん!」「まーん!」「まーん!」「まーん!」「まーん!」「まーん!」「まーん!」「まーん!」。

 

いいね、ふぇみがどうのこうので漫画楽しめなくなったって。

そのぐらいになりたい。

あるいは自分も、もっともっと攻撃的になり、他人の傷つきを嘲り罵り、お前はもっとこっちによこすぐらいで釣り合っているんだ、

私の快感は正しいんだからそれに異を唱えるお前はキチだと言えるようになりたい。

2020-01-22

anond:20200122002527

友人(引きこもりゲーマー女性)が

美少年に生まれてきたかった、イケメンに愛されたかった」とかしれっと言ってたよ。

よくBL小説を読んでたなぁ。

美しいのでなんでもしてもらえるのー🎵みたいな話でした(妄想だけど)

美青年じゃなく美少年がいいんだって

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん