「タキシード」を含む日記 RSS

はてなキーワード: タキシードとは

2020-08-02

なろうのヴァンパイアとか

愚痴や不満です。

  

ヴァンパイアと言えばモンスターの強さでいえば確実に高位にいる。

強い魔力を持ち、ほぼ不老不死強靭な肉体を持つという設定が多い。

主人公に立ちはだかる場合強敵として描かれる。ヴァンパイア魔王級の場合もある。

チートを持った主人公でもそこそこ手強いので、苦戦させやすくなおかついい感じに戦うことが多い。

しかし苦戦は大体主人公舐めプをしているせいだし、どうせ勝つの面白くない。

  

日光に弱いという設定は弱いヴァンパイアだったらその通りと言われるが

主人公敵対するヴァンパイアヴァンパイアの中でも高位のヴァンパイアロードなどの場合が多い。

ヴァンパイアロード日光を浴びても大したことはないというところから、なんだそれを思う。

なお毎度のことになるかもしれないがヴァンパイアの女が出現したら要注意である

例によって、主人公に敗北すると気に入って仲間になるという展開になるからだ。

  

というわけで、ヴァンパイアが女というのが発覚した時点で、どうせ仲間になって主人公と愛するように

なるという展開が丸見えだ。女ヴァンパイアが出て戦う話から倒す話、そして仲間になるまでの

一部始終は、もはや読む価値ほとんどない。

わずに弱ったヴァンパイアに血を分け与えるとか、困っているヴァンパイアを救って仲間になる場合もある。

その過程はやはり似たり寄ったりな内容なので読んでもあまり面白くない。

  

血を吸わなくても大丈夫ヴァンパイアもいるが、血は糧になるので飲みたいと言う場合もあるらしい。

血を飲む場合主人公の血を好み、美味しいと言い出すのが常だ。この展開はもう飽きるほど見た。

筆者はたまには男のヴァンパイアが仲間になってくれと懇願している。だがヴァンパイアで仲間になるのは女。

そもそもなろうでは仲間は女ばかりなのでしょうがないが、どの女ヴァンパイアも大体同じような性格をしている。

そのため、筆者はこのようなワンパターンな女ヴァンパイア侮蔑意味で「ヴァンパイクソアマ」と呼んでいる。

  

ヴァンパイア一人称が男の場合、私か我または吾輩、女の場合は私かわらわだろうか。このあたりは作者の好み

だろう。わらわとかなんだこいつ偉そうだな。腕をもぐぞ。どうせピッコロ大魔王みたいに再生するからいいだろと

筆者は思ってしまう。

ヴァンパイアが仲間になるのに退屈だからとか言い出した場合、銀狼ブラッドボーンのハンス・ヴァーピット

滅ぼされてしまえと思う。

  

なお筆者の好きなヴァンパイアはダレンシャンのクレプスリーとギルティギアスレイヤーである

ジョジョDIO普通である。※肉の芽気持ちが悪いので好きになれない。

  

ヴァンパイアは聖魔法あるいは光魔法がが弱点という場合があるが、これまた意外と耐性を持っていることが多い。

十字架ニンニクについてはほぼ利用されない。十字架はあるようだがニンニク異世界にないのかもしれないが。

たまには日光に弱すぎる、血を飲まないと死ぬ十字架ニンニクが大弱点、銀や杭を恐れるという設定どおりで

あって欲しいものだ。

  

あと、そろそろ誤解を招きそうなので一応言っておくが、筆者は別に女嫌いではない。

RPG伝説ヘポイミーヤミーヤや、飛んでぶーりんのぶーりんや、ニャンダーかめんのコンや

忍ペンまん丸の乱子や、名探偵ホームズハドソン夫人など、一切嫌いではない。

理解いただけると幸いである。

  

話を戻すして再度ヴァンパイア。なんか服装貴族っぽいものを着ていることが多い。なろうの書籍化画像

見ると、男はタキシード、女はコルセットがついたドレスなどを着ている。肌は白くて美しく描かれている。

ヴァンパイクソアマとかそのドレス一体いくらで買ったんだと思ってしまうくらい高そうなのを着ている。

しかしこの服などを魔力で生み出しているとかいう設定があると、何それずるいと思ってしまう。

  

ヴァンパイアコウモリの羽を背中から出したり消したりできるが、なぜよりによってコウモリなのだろうかと

思う事も多々ある。まぁハトの羽という設定だったら筆者はブチきれて、その先読まなくなるとは思うが。

  

筆者は大抵のヴァンパイアはどちらかというと嫌いな方に入るかもしれない。

なぜなら、不遜な態度をしているヴァンパイアが多く、真面目で親切で優しいヴァンパイアなど知らないかである

体年齢が数百歳以上だとかなっているせいで老害化しているのかもしれない。

そんな腐ったヴァンパイアではなく、もっと若々しいヴァンパイアが増えて欲しいものだ。

  

以上。

  

貴族編    :anond:20200706225819

王族編    :anond:20200707102749

奴隷編    :anond:20200707174539

竜編     :anond:20200708062743

商人編    :anond:20200708131233

馬編     :anond:20200708203845

獣人編    :anond:20200709092800

エルフ編   :anond:20200709173538

勇者編    :anond:20200710134123

ドワーフ編  :anond:20200710201957

神編     :anond:20200711222724

悪役令嬢編  :anond:20200730063046

猪編     :anond:20200730172612

病人編    :anond:20200731072847

孤児編    :anond:20200731174859

犯罪者編   :anond:20200731230135

斥候編    :anond:20200801113918

魔王編    :anond:20200801192806

2020-02-17

美少女でなければセーラームーンになれないのだろうか?

おっさんは?っていったらタキシード仮面ならワンチャンある

まずタキシードを着る

シルクハットでハゲを隠す

仮面は顔全体を覆うものを使う

チビならシークレットシューズを履く

あとはダーツ練習をしてバラを投げられるようになれば完成

2020-02-01

兄の婚約者が光属性だった②結婚式

https://anond.hatelabo.jp/20191128195023

以前兄の婚約者が光属性だったを書いた者です。

先日兄の結婚式でした。

兄はどこからどう見ても王子様。真っ白なタキシードに髪もセットしてもらったようで、妹の私から見ても明らかに良い男だった。

そして問題の兄の婚約者

これはもう、、、、、、、、、

どこからどう見ても美しい。なんかこう、ふわっふわのドレスキラキラティアラ!みたいな感じではなく、すとんとしたドレスシンプルパールアクセサリーを合わせただけなんだけど、それが義姉の美しさを引き立てているわけよ。品があって見惚れてしまった。

義姉の家族には初めて会ったんだけど、格好良く年を重ねたお父さまに愛嬌のあるお母さま。義姉のお姉さまも義姉とはタイプは違うんだけど可愛くて、誰からも愛される感じ。

両親のことを不意に「パパ」「ママ」と言うんだけどそれがもう可愛くて。こんなに可愛い娘がいたら、そりゃあパパママと呼ばせたくなるよと思う。

前の日記に思ったより沢山のコメントいただき、皆さんの意見を参考にして義姉には積極的に絡むようにしてみた。

義姉は姉しかいないので、妹ができて嬉しいと事あるごとに誘ってくれて幸せだ。(でも。時折私は義姉のことは性的な目で見るので、申し訳ない気持ちになる。)

一番感動したのは、母が義姉に私に誰か良い人を紹介して欲しいと言ったとき

義姉はその場では「あいにく女友達ばかりで、私さんに会う人を紹介できずにすみません。私さんは賢いので、もし私に紹介できるような友達がいても勿体ないです。」と言ってくれたけど、後から私に「もし紹介して欲しいと思ったらいつでも言ってね。(お母さんには内緒で)彼氏いるかもしれなかったので、上手くお答えできずにごめんなさい。」と言ってくれたこと。

明らかに彼氏できたこと無いような私にも気を使ってくれて、母親プレッシャーさらりとかわしてくれて、かつ本当に困っていたときは紹介しますとそっと言ってくれたこと。

私は貴方のことが好きなのに、、、と思う反面、私のことを考えてくれるのに私はこんなんで申し訳なくなった。

結婚式というのは偉大だ。

きゃっきゃうふふと陽キャイベントだと思っていたが、家族だけでこじんまりと行う結婚式は本当に美しく、愛に溢れていた。

兄が幸せな家庭を築いていて、本当に幸せだ。

そして美しい義姉ができて、私も幸せなことこの上ない。

前のコメントにも書いてあったが、推しカップル親族になれたというのは私の人生で一番のイベントだと思う。

これからも兄と義姉を慕って、良い関係を築いていきたいと思う。

2020-01-02

anond:20200102074156

はいはいせーらーなんとかでみた

タキシードのやつか NOとはいいがたいが

2019-12-23

憎い友人が死んだことを半年遅れで知った。

ただの、フィクションの⻑駄文です。

⻑い⻑い文になってしまった。



1ヶ月ほど前、私の男友達からメッセージが来た。

Facebookの、アイツの投稿なんだけど」

と文に続いて画像が送られてくる。

Facebook投稿の、スクリーンショットだ。

だいぶ彼も慌てていたのだろう。

ブラウザのタブに、xvideoの名が残っているのに気づかずに私に送ってきたのが微笑ましい。

Facebook投稿は、もう1年近く会っていない私の友人、しおり(仮名)のものだった。

彼女の母を名乗る者から投稿は、淡々とした文で訃報を綴る。

しおり半年前、突然の病気で急死したこと

心の整理がつかず連絡が遅れてしまたこと。

そして、墓参りなどは心遣いのみで良いこと。

かに淡々と、けれど詮索を拒否する文面がそこにあった。

LINEに「Facebook見てなかったから気づかなかった」と返信をした。

とはいえ彼女のフォ ローをやめていた私はFacebookを見たとしても気づけなかっただろう。

返信をしてからすぐに、彼から電話がかかってきた。

彼の重い声色と対比するように、私の声はうわずって震えていた。

その震えが、まるで泣きそうな声であるかのように演じながら私は密かに、笑みを浮かべてい た。

本当は大笑いしたかったのだ。

憎い憎い、彼女の死が、心の底からしかったのだ。

私と亡くなった彼女と、そして連絡をとった彼が出会ったのは、数年前のことだった。

当時私たちは二十歳を過ぎたばかりの頃合いで、バイト仲間として付き合ううちに3人でつる むことが多くなっていた。

そういう、他愛もないよくある関係の三人だった。

そして若かったから、それが恋愛感情を伴う三角関係に移ろうのも自然な流れだった。

彼に片思いをする私たちと、その間でのらりくらりと気付いてるのか気付いてないのか分から ないようなふりで友人関係を保とうとする彼。

そういう微妙バランスで成り立つ私たちは、バイト先の閉店と共に徐々に疎遠になった。

そしてそこから二年越しで私たちはまた出会う。バイト先の同窓会だ。

私は彼女完璧無視されながら、「三人で話していた」。

まるで三人で喋っているかのような雰囲気で、私は彼女へ話を振っているのに、自然な流れで 私は彼女から完璧無視されていた。

理系大学に入り直すの、と彼女が言った時だけ私のことを見てニヤッと笑ったのを覚えてい る。

大学中退した私への、当て付けであるのは確かだった。(それにダメージを受けるかはとも かくとして)

ただの恋敵からマウンティングまで始めた彼女を見て、私は小さく、死ねばいいのにと呟い た。

その願いは数年後に叶うとも知らずに。

その同窓会から私と彼はまたつるむようになり、彼から彼女の近況を時折聞くような日々が続いた。

大学へ入るまでにメンタル的に崩してしまい、入学後もそれを引きずったままであること。

食事も取れず、かなり痩せてしまたこと。

そういう、彼女が不幸な話を聞くたびに、心の中で喝采をあげたいような朗らかな気持ちと、 悲劇シンデレラを演じて興味を引こうとする彼女のやり口の汚さに辟易する気持ちの二つが 入り混じる。

実際彼は、彼女のことを心配していたし。

私はこのまま拒食症になり骨だけの姿になってしまえと思っていた。 もちろんこれも今は叶っている。

彼女の肉は燃え、今は墓の下で骨だけになり壺に押し込められている。

そうして、今回の訃報に至る。

彼は、ここまで来てもずっと私たち三人は良い友達関係であると信じ、私だけに電話をして、 私だけに彼女の死への思いを吐露してきたのだ。

勝った、と思った。

私の心は汚いな、と諫める自分もいたがそれ以上に、祝祭の最中のように心躍る自分の方が強 かった。

わたしは、人の死を、よろこぶひとになってしまった。

後日、私たちは二人だけで、彼女の家へ向かった。 彼が遺族と連絡をとり、仏壇に線香をあげさせてもらうことになったのだ。

多分私は、あの日の、駅から彼女の家までの会話と景色を一生忘れない。 その日は雲が多いけれど晴れていた。 雲の中で光が複雑に揺らめいていて、それはまるで世界の全てが、私の仄暗い歓びを肯定する かのように綺麗だった。

から離れた彼女の家まで歩く最中、彼は謝りながら、隠し事を打ち明けてきた。

バイト先が閉店した頃、三人で会うことがほぼ無かったあの時期、実は三ヶ月だけ、あいつと付き合ってたんだよね、と。

彼女が生きてたら、私はその場で自殺したくなるほどの衝撃を受けていただろう。

けれど、今の私には、むしろファンファーレのような爽やかさを伴う言葉に聞こえた。

穏やかな顔で私は嘘をついた。

「知ってたよ?あの子、たまに私に相談してくれてたから」

割とあの子悩んでたよー?なんて、軽口を装い私は更に話を聞き出そうとする。

何だ知ってたのか、とホッとする彼は気を緩めて色々と話してくれた。

どうしても彼女恋愛対象として見れず、ぎこちない付き合いだったこと。

どうしても身体関係を結べなかったこと。

最後喧嘩別れしたこと

そのどれもが、私にとっては甘美な言葉たちだった。

これで彼女が生きてたら、この過去の付き合いが再度交際に至る伏線として機能してしまうこ とに怯えていただろう。

そして彼女への殺意が行き場をなくして私の中でいつまでも燻っていたのだと思う。

けれど、彼女は死んでいる。

からこそ私は安心して、彼女が、彼からきちんとお前は付き合うに値しない存在であると言 い渡され死んでいった事実を喜ぶことができる。

そして、その喜びを表すかのように、世界は輝いているように見えた。

草木はいつもよりもその葉の濃さを増し、空は雲を煌めかせているのだった。

彼女には未来がないこと。

それが私の、高揚感を煽る一番のポイントだった。

あんなに学歴や彼との距離感マウントをとっていた彼女が、今やただの骨となったことに私 は今までの人生で得たことのない種類の喜びを得ていた。

もう彼女には何もない。

あんなに心を崩すほどに勉学に励んでいたのも無駄になった。

入った大学キャリアを活かした輝かしい未来なんてもう彼女にはない。

そして、彼のこれから先の人生を眺めることも、彼女にはもう出来ない。

何よりもそれが嬉しい。

彼女の家は、ドラマに出てくるような、「いいところ」の家だった。

リビングには薔薇ドライフラワーが飾られ、テーブルにはレースクロスが敷かれていた。

そして、彼女仏壇を置くために、一室を使っていた。

仏壇とき大仰なと毒づいてしまいそうになった。

演技で涙も出るもんだな、と私は仏壇に手を合わせながら自分自身に感心した。

くっ、くっ、と声が出るのは、昂るからだ。

悲しみにではなく、喜びに、であることは隠せたと思う。

仏壇に手を合わせる彼の面持ちは神妙そうで、私が感情を露わにしているからこそ自分我慢 しよう、という気概を感じ取れた。

男子からこそ、気を張らねばという彼のいじらしさがどうにも可愛くて、ああ、やはり私は 彼のことが好きなんだな、と改めて思ってしまった。

リビングへと移り彼女の母と思い出話などをしながらふわりと伺う。

「本当に明るくて(空気が読めないだけ)楽しそうに笑顔を(彼にだけ)見せる子で...だからこそ急な話で驚いてしまって...病気とのことでしたが...」

彼女の母と、私は目で訴え合う。

それを聞くのか?という母親の目と、

死因を教えて楽しませろという私の目。

たった一秒にも満たない僅かな時間で、私はやはりこの女はあいつのなのだと感じてしまっ た。

あの、喰えない女を産んだ女だ。

「...脳浮腫、でして。...だから、本当に急な死で私も、本当にショックでした」

浮腫、というワード以外は一切出さないという意思を読み取り私は、彼と共にいるこの瞬間 を汚さぬように詮索をやめた。

ハッキリとしない死因で、私を楽しませるにはパンチが足りなかった。

けれどその最後は安ら かなものでは無かったであろうことを窺えたことは一つの収穫だ。

彼女の家を早々にお暇し、私たちはまたひたすらに駅を目指し歩く。

話すことも尽きたような振りで彼の話を空返事で返しながら私はGoogle検索で脳浮腫を延々と 調べていた。

浮腫。とっさに、本来の死因を隠すために出たワードにしては具体的であり、嘘のようにも思えなかった。

けれども、脳浮腫医学知識のない私が検索で調べた結果を読解する限り、直接的な死因であるようにも思えない。

浮腫とは脳に水分が溜まり脳が圧迫されている状態を指す言葉である

それを死因として挙げるのは、やや話が飛んでいるように見える。

たとえば、交通事故で全身強打し、内臓破裂で死亡した、というのを、内臓破裂で死んだ、と 表現するような感覚である

そう、私には、母親はとっさに嘘をつけなかったため、「脳浮腫に至るきっかけ」を伏せると いう形で娘を守ったのではないかと、そう感じた。

そして私は、一つの結論に至り、また悦に浸る。

まだ何も知らない、違和感に気付いてもいない彼の横顔を見ながら、私は、彼女の今際の際に 想いを馳せて、うっとりとするのであった。

浮腫に至るきっかけでありなおかつFacebookの文や母の言葉にあるように急死に繋がるよう な死因はくも膜下出血などが挙げられる。

可能性はこちらの方が高そうだ。

突然、死に至る病としては説得力がある。

けれども、そうだとしたら、母親は病名を伏せる必要があるのだろうか? くも膜下出血で亡くなった、という話なら、伏せる必要なんて何もない。

から、私は、もう一つの、限りなく低い可能性の方に賭けている。

浮腫は、多くは脳出血が原因で起きるものであるくも膜下出血などのように身体の内部か ら急にエラーを起こし脳浮腫に至る場合もある。だが外傷により脳出血が起きた結果でも脳浮腫はできる。

そして、私はふと思い出すのだ。

彼女大学入学からメンタルが不調になり、夏頃にはアルバイトすらもやめてしまうほどに 追い詰められていたということを。

そして、親が必死で隠す死因と言ったら、一つだろう。

もちろん七割は、私の願望なのであるが。

帰り道は雲も晴れ、傾いた日差しが強く、どこまでも世界は煌めいているような気になってし まうほどだった。

その煌めきの中に、彼も共にいる。

なんと幸福時間なんだろうと、心の底から思った。

この煌めきを、彼女はもう永遠に味わえない。

その事実もまた、光の儚さを強調するように感じられてまた私の中で歓びが増えていく。

から、いいのだ。

彼の口から、今の彼女との結婚プランの話が出てきたとしても。

彼女が白無垢を着たがって、お金がかかりそう、なんてのろけをされたって。

この世界の美しさの中では、何もかもが許せそうな、そんな気がしたのだ。

から、その今の彼女名前を、今回死んだ彼女仮名に使うくらいのお茶目さは、私だって 許してくれてもいいだろう。

来年の今頃、彼は式を挙げる。

彼の姿が和服になるのかタキシードになるのかは知らないが、彼の最高の笑顔を私は目に焼き 付けることになるんだろう。

それは、恐ろしく悲しく、残酷なことのように思える。けれども私は耐えられる。あの女が、 もうこの世に居なく、そしてあの子は、幸せそうな彼の姿をもう見ることなんてできないのだ と、そう思うだけで痛みに耐えることができるような気がする。

そして、もうひとつ彼女の死の瞬間を想像するだけで、心が昂り、苦を感じなくなるように 思えた。

彼女は、どのように死んだのだろう。

微妙な高さからコンクリートに叩きつけられるも、脳をぶちまけることなく、脳浮腫という形 で苦しんで死んだのだろうか?

それとも、首に索条痕を残し、その細い骨をパキャリと砕いて亡くなったのだろうか。

ただの私の願望である、 「自殺の上で付随して脳浮腫が出来た」という死因を想像しては、愉快な気持ちが止まらずに 居られない。

けれど、メンタルが追い詰められていた人が亡くなり、その死因を遺族がぼかすとしたら、自 殺しかないんじゃないだろうか。

首吊り飛び降りなどの脳への外傷が出来そうな死に方をした上でなら、脳浮腫も出来るだろ う。

ああ、彼女は、世界絶望しながら自分の手で命を落としていて欲しいな、と心からそう思 う。

今までの努力が全て無駄になった上、 彼から彼女として見れないという烙印を押されたまま、絶望最中彼女には死んでいってもらえたらどんなに愉快だろう。

そんな想像をしては、私は笑みを浮かべる。

私の恋心はどこから崩れてしまったのだろう。

駅に着き、ひとしきりのろけを聴き終わったところで私たちは別れることにした。 白無垢のために頑張ってお金貯めなよ、なんて笑ってあげた。

からは、ニコニコと笑いながら答えが返ってきた。

「式の時は、俺の白ネクタイ貸してやるよ」と。

来年の今ごろ、私は、礼服姿に、彼が過去に使ったネクタイを纏い彼の人生最高の瞬間を見届 けることになりそうだ。

それは、幸せことなのだ、きっと。

そう言い聞かせながらも、私は、結婚という幸せ人生を歩んでいく彼の姿を見なくて済む、 死んだあの子を少しだけ羨ましく思う。

死んだら死んだで、それもまた幸せなのかもしれないな、という感情も湧きでてしまい、私は 慌ててその思考に蓋をする。

やっぱりこの世は美しいが、生き地獄だ。

その生き地獄よりも下層の、死の世界へと消えていった彼女を蔑むことでしか、今の私は心を保てない。

この歓びや哀しみやそのほかの色々なものがないまぜになった心持ちに、何かの決着がつくの はまだまだ当分先のことなのだとは思う。

ただ一つの結論として言えることはある。


こんな恋愛、二度とできないし、もうしたくない。

2019-06-04

anond:20190603150240

誰が嬉しいんだとも思う

相手タキシードが見られてあなたが嬉しくなっちゃうんだったら絶対にやった方が良いです。断言します。

私はドレスを着たい気持ちは全くこれっちぽっちも無かったけれど、旦那タキシードが見たいと言う気持ちがあり、踏みきりました。

「あのときやりたかったけど実現できなかった」は結構あとあとまで尾を引きます

少額であっても無駄遣いしたいとはいいづらいな、という遠慮も少しあります

一生のうちで次いつ見られるか分からない大好きなパートナーの晴れ姿が見られるなら、その料金はプライスレスです。

40がらみだと恐らく一昔前の人たくさん呼んでゴージャス婚のイメージもあると思うけど、

今ってコンパクトでアットホームな式のスタイル流行ってきてて

10人規模の親族無し知人のみで少人数婚とか、レストラン食事会婚をする知人も結構多いです。

仕事関係上当日まで準備全く出来なくて式場にほぼお任せで挑んだ友人もいる。

少人数特化のブライダル企業もあるし。

結婚式を本当にするかどうかは別として、お相手が嫌じゃなければデートのノリで希望マッチしそうな式場やレストランの下見申込してみるのも良いんじゃないかな。

ちょっと後ろ向きな気持ちが前に向くかもしれない。

増田に書くのはいつぶりかで(今見直したら2008年最後だった)、書き方とか忘れてしまったし余りこういうネタを書くにはむかないのかもだけど、背中を押したくて久々に書かせて貰いました。

いつか佳き日を迎えることができますように草葉の陰からひっそりと応援しています

2019-06-03

結婚式がしたい

長く付き合ってる相手がいて、お互いほぼ天涯孤独と言っていい境遇

こっち側ちょっと厄介な親族(老人)がいて、戸籍を動かすとなるといろいろ面倒だから亡くなったら結婚しようって話になってる。でも、お互いいい年だし家族もいないし式とかいらないよね、老後のためにお金もいるしね、という暗黙の了解がある。

もちろん、頭ではそれは合理的だと思ってるんだ。40がらみのハゲかけおじさんとたるんだおばさんという冴えないカップルタキシードドレスとか、誰が嬉しいんだとも思う。そう思うんだ。だけど、知り合いの式に招待されると、やっぱり羨ましく思ってしま自分がいる。みんなに祝福されて主役になるイベントが羨ましい。友達によかったね、おめでとうって言って欲しい。いいなあ。

冷静に考えると、あれって何百万円もかかるんだよな。そんなお金を2人で準備して1日で使っちゃうの、みんな普通にやっててすごいと思う。不景気貧困だって言われてるけど、身の回りだとそこまでお金持ちとかエリートって感じじゃないカップルでも、ちゃんとした式やってる。ほんと、どこからそんなお金出てくるんだろう。私達にはやっぱり無理かな。でも、いいなあ。

追記

祝儀こみで考えるとそこまで無理な金額ではない、など有益情報ありがとうございました。我々は若いころから慎ましく暮らしてきたこともあり、少額であっても無駄遣いしたいとはいいづらいな、という遠慮も少しあります。でも、考えてみたら、私、恋人の外見がすごく好きなんですよ。ハゲかけだけど上背があって胸板も厚くスーツが似合う。きっとタキシード着るとかっこいい。自分ドレス着たいというよりそっちが見てみたいなあ。フォトウェディングとか身内だけで小規模なパーティするとか考えてみますありがとうございました。

(まあ、結婚式の夢を見る=親族の死を待つみたいな感じで微妙に後ろめたいんですけどね)

2019-04-20

同人女全然知らん奴に告られた時の話

女だけど男性向け同人サークルをしている。

端的に言えばエロ同人誌を描いて売っている。

色んな事情でコレをやってる人が居ると思うけど自分エロ漫画が好きでやってるだけなのでここは置いといて。

やっぱりこう言うのってドスケベ女とかすぐヤれる女だと思われるらしく、

SNSで変なのがわいたり、イベントナンパみたいのをされる事も多い。もちろん応じたことはない。

まあ実際ドスケベである事を否定はしないが、誰とでもドスケベな事したい訳ではないし、

何より結婚しているし、イベントでは魔除けで結婚指輪もしてる。

言っておくが私はかなりデブスで自覚があるからコスプレとかもしないし本を売る時に手を握ったりもない。

それでも、変なのは来る。てか、穴があればなんでもいいのだ。

実際見てると片っ端から女の居るサークルに声をかけてるヤツも沢山いるし、なんでもいいのだ。

そんな中で、初めてやって来た客がいて、「この後お食事行きませんか」って言われた。

ナンパだなあと思って断った。「旦那が怒るので〜」とかも言った。

まあ、セリフだけならよくある物だし、人生で何度か聞いたことがある。でも様相が変だった。

どう見てもガチガチタキシードみたいな服着て、ガチガチに汗だくで緊張しながら言われた。

変な服でナンパして来るやつは居るが、そんなのは初めてだった。

というかなんか、これ、ナンパとかじゃなくて罰ゲームか何かじゃない?と思った。

だって此処エロ同人誌売ってるイベント会場で、相手ほぼ初対面の既婚デブスだし。

この時点で、多分この人と会話したのは新刊ください、いくらです〜くらいだろう。

ウチのサークルはそんなに人来ないので来た人の顔は覚えている。本当に1回来たくらいの人だ。

そのレベル関係性で、何を思ったのか?てか、お前誰?本当に誰?違和感がすごい。

引き下がられたが、私は気味悪くなって急いでるんで!とさっさと帰った。

私はこの時点で嫌な予感がしていたが、予感で楽しいイベントをやめるのもアレだし次も普通に出ることにした。

しかし!予感的中。

謎のプレゼントを渡しながら、「大事お話があるので誰もいない場所に来て欲しい」みたいなことを言われ、怖すぎて断った。

知らん男に誰も居ない場所来てって言われてのこのこ行く女…というか人間は居ない。

断ったら、その場で告白が始まった。

声を震わせながら、真っ赤に、懸命に、汗だくで、

「既婚者なのはしっている、それでも……あなたが……恋愛感情として好きです………もしよければ……」

「そういうの困るんでやめてください」

そう返したら泣かれた。

私は某漫画の「興味のない人から好意ほど気持ち悪い物ってないでしょ?」のセリフを思い返していた。

私はそれまでイケメンに好かれたら喜ぶんじゃない?ぐらいにしか思ってなかったが、あっこれか〜と思った。

いや、仮にもうちょっと会話があったら違ったと思う。作家と客だ。ずっとファンだったとでも言われれば私もここまでキモがらなかった。

でもそういうの全然無かったし、どこの誰か、HNすら知らないし、むしろ私の何を見てそこまで思いつめて、ここで泣いてんのか。

顔が好みだったとか?ほぼ喋ったこともないのに?それだけでこんなに泣けるのか?てか、既婚者なのわかってて食事断られて行けると思ったんか?

いやー本当にわからない。心理がわかる人が居たら教えてほしい。

これでドスケベ女とやれる!みたいに思った結果の行動だったならもういいんですけどね。

家に帰って謎のプレゼントを開けたら手作りの生っぽいケーキが入っていた。

旦那が「絶対精子入ってる」と言うので捨てました。

2019-01-11

白いタキシードで。赤いバラ花束をもって

アナタ好きな人とゴーーール!!

しちゃってね❤がんばがんば❤

2018-12-04

結婚式終わった(式場選定~予算見積もり)

先々月やっと終わって、新婚旅行も終わって、

冷静に鳴って思い返せば「あの時こうしておけばよかった」があるので備忘。

とは言え全体で30万ぐらいは費用を抑えることができたつもり。

式場決めのポイント

ゼク○ィカウンターとか、ハ○ユメ、みたいな仲介のところにいった。

事前にポイントを絞って優先順位をつけていた。

1.アクセスが良い

遠方参加者が多いため。

あと単純に神戸異人館だの、ディズニーだの、USJの隣だの、

から遠いと移動だけで疲れたり、2次会で更に移動だので疲れることが嫌だった。

特に親戚が縁がないとJRから私鉄への乗り換えすらNGポイントだった。

2.料理が美味しい

自分が参加した際に何を見るか、そう料理の美味しさだ。

基本はどこでも美味しいけど、レストランウェディングとか、

オープンキッチンで温かいまま食べれるとかはやっぱり魅力。

試食して美味しかったところにした。

3.スタッフ対応が良い

何かたまにやけに手際の悪いやつとか、お酒パンサーブ全然してくれないとか、

写真撮ろうとしたとき絶妙邪魔なやつとか、いたりする。

最終的に決めたところはバイトがいなくて全員社員

というところだったのでそこにした。

4.式場/チャペル雰囲気

これはもう、3つで迷ったら、という程度。

とは言え、甘々でお姫様、みたいなところはやっぱり見て違うなってなった。

式場めぐりと決定まで

4箇所予約して2週間で見た。大体の確認点としては上のものと、

・式場で推しているポイント演出

スクリーン位置(ムービーとかが見やすい)

お酒の持ち込み

とかを確認した。

式場によっては、チャペルライトアップ演出とか、

導線が短く、新郎新婦ゲストと会わない工夫とか、

直営農場から仕入れた素材を料理に使っているとか、

そういう推しポイントがあるので(聞かなくても言ってくるけど)

それが自分たちのやりたい結婚式に合うかどうかを確認した。

それぞれの式場で比較して1箇所目と2箇所目なら1箇所目、

1箇所目と3箇所目なら3箇所目…みたいな勝ち抜け制にして決める。

*料金設定(値切り)

もともと仲介のところを使うと最大100万円根切り、みたいなのがあるけど

あれはどこを使っても絶対に同じだけ安くなる。

サービスによって違うことはほぼないはず。

キャッシュバックとか家から近いとかそんなんで決めればいい。

今日決めてもらえたら」は絶対存在するので

なるべく最終日に良さそうなところをまとめるか、

から「あの時言ってくれた当日割込ならここに決めます」を出せば良い。

急かされるけど、検討余地が残っているなら決めない方が良い。

逆に途中でももういいかな、と思えばその場で決めてしまうと良い。

金額交渉

仲介サービス使っているといくつか値引きされた状態にはなるが、

それよりもどんどんと下げていく必要がある。

というよりも、もともと仲介のところで「予算は300万」とか言うと、

・もともと300万円くらいのプラン

・割引を使ってかなり安くなって

結果的オプションいろいろついて300万を少し出るくらい

結婚式に落とされる気がする。

なので、最初の時点で少し安めに言っておくと良いと思う。

で、この時に出されるプラン基本的に全部本当に「最低限」のものしかない。

物によっては最低限ですら無い(ウェディングドレスが15万とか、見せられるカタログにはなかった)。

結局「結構割引されて、もともとの想定予算より安くなったねー」と決めてしまうと、

結果的に差額がどんどん積み上がって当初予算を超える、というのが奴らのビジネスだ。

あと、この時いろんなところに、

例えばどこどこのお花からいくらウェディングドレスからいくらカラードレスからいくら

というような割引を提示されるはずだが、これが大きな罠である

例えば、ドレスなんかは提携ドレス以外で自分レンタルドレスを見つけて、

持ち込み料を考慮してもそっちの方が安くなるからこっちにしよう、とかになる。

そうすると「本来ウェディングドレス適用されるはずだった割引はなくなってしまう」のである

故に、花代(チャペル、メイン、バンケット)やら、衣装(ドレスカラードレスタキシード)やら、

記録(アルバム前撮り映像)やら、小物やら、ペーパーアイテム(招待状、席次表、席札)やらは、

一度ここで割引を使ってしまうと、必然的に利用せざるを得なくなるのである

逆に「事前にここは自分たちで準備する」というものがあれば、

この辺のところへの割引を外して別で下げろ、という話がしやすくなる。

できるのかどうかわからないけど、全体からの総額で引いてくれって言ったらどういう顔するんだろうな。

「後から気がついてやっぱり自分金額を抑えます」をさせないためだけの割引と当時は気づかなかった。

見積もり時点では絶対こちらの予算を下回るように作ってくるので、

料理はこだわりたいので2ランク上げてほしい

お酒を飲む人が多いのでドリンクオプションをつけたい

ケーキは3段の派手なものにしたい

乾杯シャンパンを少し良いものにしたい

・お花が好きなので、高砂バンケットテーブルのお花はある程度豪華にしたい

というところで事前に予算釣り上げておくことが重要だと思う。

//ちょっと追記//

何でこのへんで予算釣り上げておくかというと、

から減らせる(安くできる)数少ない項目だからである

500円のワイン飲み放題プランを外す、ケーキを1段にする、料理を1ランク下げる、は

「このプランをなしに(減額に)できない」ということはないはずである

お花は基本予算に入っている金額では超絶しょぼくなるので

予めメインやテーブルのお花は盛っておくべきだと思う。

(どれだけ下げてもメイン10万円、テーブル1万円(*テーブル)はかかるはず)

//追記ここまで//

なぜ上記5項目で書いたか

それはこれらが「外部に委託できず、必ず発生するもの」「恐らくほとんど割引が適用されないもの」だからだ。

正確にはお花は少し割引されると思うが、割引が「外部を使われないようにする保険であるならここに割引をつけても意味がないのだ。

逆に、以下の項目についているもので「自分で用意する予定」があるなら

最初見積もりが出てからそこについている割引は

「考えていないので意味がない」「別のところにつけてほしい」という話をはっきりとすべきである

ドレス

・記録

・ペーパーアイテム

引き出物/記念品

ドレスまでは考慮が及んでいなかったがそれ以外はガッツリ使わないつもりであることを伝えた。

最初見積もりが出た時点でついていた割引について、

「ここは自分たちで用意するつもりなので」という形で他のところで下げてほしいとした。

もしこの記事に1件でも反応があれば、事前準備編や総額編みたいなのを書くが、

それ以外のものはかなり自分たちで準備することで対応した。

特に引き出物!「引き出物 宅配」などで腐るほどサービスが出てくるが、

こいつらは式場の引き出物いかにボッタクリであるかをよくわからせてくれる。

ある程度の人数がいれば送料が無料になる上(式場だとかかる)、割引率も高い。

引き出物に割引がつくと、これが使えなくなるので絶対に落としておくべきだと思う。

両親への記念品も全く同じものがA○azonとか楽○でもっと安く買える。

式場のスタッフが「上司とも相談してもうこれ以上は」って言われるまではOKしない。

他のところはどうだった、ということをチラつかせて下げるまで下げろ。

ここから先上がることはあっても下がることは絶対にない。

「いやー、でも予算がなぁ…どうせここから上がるし…」でギリギリまで下げろ。

個人的には最初見積もり、ある程度希望を伝えて2回目、

いらないもの不要と伝えて3回目、上司に伝えて泣きの1回の4回くらいは下がると思っている。

この時点では予算-80万くらいになっていたが、結果的には総額で+50万くらいになったからな。

(列席者美容とか前撮りとかもいれた本当の総額だけど)

最初に「だいぶ予算より安くなったねー」とか言ってると泣きを見るぞ。マジで

2018-12-01

[]くるみ割り人形秘密王国(つづき)

anond:20181201181251

の続き。

変態による変態のための変態映画(後編)

てなわけでー。テーマ性とか物語性とか、そういういつも以上に堅い話はノルマクリアしたので、こっからは書きたいこと書きますよー。

ぶっちゃけて言えば、前述した脚本とかね、監督脚本家に丸投げしてたんじゃねーかと思います。正直言って観客である自分はある種のアリバイ作りを感じました。「批評家に突っ込まれるような部分はちゃんと作っておきましたよ、これで文句ないでしょ」みたいな。

自分も前編で喪失回復とか継承とかそれっぽい感想書いたんでノルマクリアー。そういう意味共感しますよっと。

じゃあだとして、この作品監督は何をしたかったのよ? なにがドライブエンジンなのよ? といえば、それは変態フェチ)っすわ。

もう圧倒的な、服飾と、小道具と、美術に対するフェチ

際限のないクオリティ要求と、完全性に対する病的なこだわり。

フェティッシュ意味で、変態による変態映画

本年いろんな映画がありました。素晴らしい傑作映画、佳作映画、名作、快作、問題作。そしてうんこ漏らすほどの駄作。でも年末になってこれほど「やばい映画が来るとは思わなかった。

薄々そういう部分あるかな? と思っていったわけですが、度肝抜かれますよまじで。そういう趣味のない人には全く刺さらないと思うけど。興味ある人にとっては、鼻血ブーです。

そもそも舞台背景(現実世界側)はヴィクトリア朝ロンドンなわけです。おそらく爵位持ちのストームボール家がタウンハウスでのクリスマスの飾り付け準備ーからのー、名付け親ドロッセルマイヤー(眼帯をした黒人イケメンすぎるおじさま)邸宅に移動。

バラからブルーグレイに沈みゆちょっと煙っぽいロンドンの夕暮れを移動する馬車。街を行き交うあらゆる階層の人々! 

ドロッセルマイヤー家では係累おおよそ数百人を招いたクリスマスの催しが今まさに開かれようとしていますヴィクトリア朝舞踏会です!

スターウォーズクローン兵を見てがっかりした人いませんか? 自分がっかりしました。そりゃね、数万人が現れての合戦シーンは迫力あるって言われればそうかもしれないですけれど、でもCGでそれやるって、コピペじゃないですか。ウルトロンときもそうですけれど、大軍勢、大群衆は3Dモデル使い回して同じ姿の軍勢がうわーって押し寄せるわけでしょ。すごいけど、要するにそれってのっぺりした画面でもある。

でもこの舞踏会コピペがないんですよ。全員色とりどりの、贅を凝らしたドレスやらタキシードやらなわけです。どんだけスタイリスト動員して、服飾に予算投入してんだよ、鼻血出すぞこら。

主人公クララがね、おしゃれが苦手だっていうこの娘が、おねいちゃん(素が出てきた)に髪の毛とかしてもらって、すみれ色のオーガンジードレスで現れるわけですよ。オーガンジー。髪飾りは多分朱子織り。

分かる人には「オーガンジーの透け感のあるシュークリーム袖」という説明だけで、その可憐さが伝わることでしょう。

クリスマスパーティープレゼント交換会で館の奥深くに迷い込んでいくクララがたどるその通路ろうそくキャンドルゆらゆらと照らされる邸宅の暗がりの美しさ、赤い壁紙には黒いフクロウテキスタイルがやがて黒いネズミのそれに変わっていく。

現実世界物語内人であるフクロウドロッセルマイヤーおじさまのペットから幻想世界物語内人であるネズミねずみマウスリンクス)へと引き継がれていくその暗示を、美術レベルでやってのけるその凄まじさ。

暗い木の洞を抜けて館の暗がりから抜け出たその先は、幻想世界の「クリスマスの森」。雪で白くデコレートされた、しかし緑が目に染みる清冽な森のなかを、泥棒ネズミを追いかけるクララすみれ色のドレスネズミダイブしてぱっと舞い散るザラメのような雪の結晶幻想的な美しさ。

そこで出会う「くるみ割り人形衛兵」の大尉

めっちゃイケメン黒人青年。赤い軍服に金のモール飾り。腰にはサーベル騎兵兜。すべてが完全にフェティッシュ。完敗。映画鑑賞中の感情をあえて言語化すると「ぎょぇわぁ!?」って感じです。

この映画の服飾はジェニー・ビーバンっていうおばちゃんがやってるのだけど、明らかに変態。っていうかおばちゃんマッドマックス 怒りのデス・ロード』でモヒカン衣装を量産してたじゃん? そんな二面性を持っていたのか。流石に度肝を抜かれたわ。おばちゃん最高や。

もしくは美術ガイ・ヘンドリックスディアス犯人なのか? 『アレクサンドリア』もかなりキてたもんな。

幻想世界にいっちゃってからは、その病的な美術追求がとどまるところをしらない。捻くれて枯れ果てた真っ暗な「遊びの国」の森には、鮮血のように赤い毒キノコが咲き乱れているとか、廃墟化した遊園地回転木馬グランギニョール道化ハーレクインの禍々しい美しさ。

巨大な城! 瀑布に差し出される水車と歯車! 真鍮の道管の迷路地下通路に、濡れてベッタリとした湿気。輝かしい水晶天井に照らされる螺旋階段

回想シーンで母に慰められる少女クララが着ている生成りエプロンドレスの白い生地には、藍色スズラン刺繍が散らされていて、これってもう完全にカネコイサオが『ワンダフルワールド』で夢見た世界なわけですよ。っていうか、全体的にカネコイサオでしょ。

10年代最後半にはいっていまさらそんな角度から奇襲受けるとは思わないじゃないですか? いくらヴィクトリア朝だとはいって、『ワンダフルワールド』のフェチズムが立ち現れるとは、キン肉マンフェニックスのあふれる知性でも予測出来ないわけですよ。

色彩設計がほんとうにほんとうに美しい。ローズガーデンのヴァイオレットベース茶色ラインとか、オリーブグリーンに熟れたオレンジ差し色とか。ため息が出るとかじゃなくて、鼻血が出るタイプの美しさ。

少女趣味オーバードーズフェチになってしまった病的な完全主義美術背景の惑乱

もうね、福井晴敏宇宙世紀が殺されるとか言ってる場合じゃないです。ディズニーカネコイサオが殺される。なお、もらい弾で少女革命幾原邦彦死ぬ

なぜなら遊びの国へ金の鍵を取り戻すため軍を率いて旅立つ王女クララがまとうのは、黒の軍服(金モール)に赤のロングスカートから。このロングスカート、品が悪くなりそうなところなのに布の質感と裾の縫い取り刺繍だけで男装めいた凛々しさをだしてるのだ。やばい。やばみ。

そのロングスカートから革のブーツでキックするクララ(なお、このキックが主兵装)。

この映画興行的には失敗だと本国では判断されているのですが、当たり前ですよ。だって制作費100億超えですもん。『ボヘミアン・ラプソディ』の二倍以上でしょう。見た感じ、そのほとんどを美術と背景に突っ込んでいるようにみえる。出演者の演技も悪くないけれど、目立った名前キーラ・ナイトレイくらいで他はあまり大きなギャラは発生していないのじゃないかな。

(このキーラ・ナイトレイ演じるシュガープラム金平糖の精)は、かなり演技が良かった。ちょっと頭の弱いアーパーふわふわした妖精キャラキーラ・ナイトレイがやっているのだけど、キーラ・ナイトレイだと気づかなかったですよ。この味は往年に美人だった頃のシンディ・ローパーが醸し出していたあれじゃなかろうか?)

とにかく、画面のどこを見ても、美術的な意味で隙がない。コピペで穴を埋めておけとか、それっぽい小道具をおいてごまかしておけとか、撮影時に陰影をつかってしょぼいのを隠せとか、そういう気配がひとつもない。

監督もしくは美術の美意識が、一部の隙もなく、「この世界観でこのカメラアングルで、この角度を撮ったときには、ここにはこれがないとだめでしょうお前らなんでそれわからねえの!?」と言わんばかりの画面が、延々と、延々と続く。

それはたとえばパーティーシーンでテーブルの上のグラスがこちらのゴブレットは真鍮に銀メッキだけど、あちらのゴブレットは磨いた銅に幻獣鋳造とか、そういうレベル気合が入ってるにも関わらずそのゴブレットは2つ合わせても画面の面積の1%以下で5秒も写ってないとか、病気しか言いようがない。

変態が怖い意味やばい映画なのだった。冒頭に言った+50点はまさにこの変態性に対する評価なのです。もうちょっと金が出したいのもこの部分であり、実を言えばこの鼻血は、パンフを購入してもDVDを購入しても払拭できる気がしません(画面小さくなると美術の細部がわかりづらくなるので)。究極的にはエルミタージュ美術館にでもいかないと、この興奮(というか発作)は解消されないとおもいます

そんなあたりが『くるみ割り人形秘密王国』の感想でした。この映画感想後編がわかった方には強烈におすすめです。それ以外の人にはそこそこ映画だったと思います

追記

この映画のもうひとつの特徴である「量産化ピエール瀧軍団vsドルイド文明の巨大人兵器」という側面には触れませんでした。この部分に対する評価は他の方に譲ります

2018-11-19

BL同人で男同士の結婚式描写があるのはいいんだがどっちもタキシードでいいだろ

無理にウエディングドレスを着せるなよ

いやウエディングドレス着たいんだったら着ていいけど

以上です

2018-06-05

ブラックスーツとかタキシードとかテイルコートとかモーニングコートとか、ぶっちゃけパッと見でも分かんなくね?

なんか裾が広がってんなとか後ろが伸びてんなとか蝶ネクタイだなくらいしか分からんのだが。

格式が高くなるたびに裾が長くなるとか、ネクタイ金色に近づくとか、そういう分かりやすシステムを導入してくれよ。

anond:20180605123023

平服」に「略礼服」の意味は備えられていない

その通り。

平服とは、あくま礼服でも略礼服でもない服(つまりスーツなど)を指す言葉であり、略礼服であるタキシードなどは平服に含まれない。

anond:20180604162819

平服スーツだろうという意見が多いけど、そもそも礼装(正装)の対として平服があるわけだ。

結婚式ならタキシードとかだし、葬式なら喪服が正装。

じゃあビジネスの正装ってなんなのよ?

正装が決まってないのに平服スーツが当然とは言えない。

スーツ当然派の人は面接で正装でお越しください、って書かれてたら何着てくの?

2018-03-25

結婚式のでけえスプーン

20代も後半戦に差し掛かり、じわじわと友人の結婚式に呼ばれる回数が増えてきた。僕はというと残念ながらそんな予定は当分立ちそうにないのだが、高校時代大学時代を共に過ごしてきた友人達タキシードに着られて愛を誓ったりスピーチしたりしているところを見るとなんだかちょっと居心地が悪くなる一方で、ああ彼は我々を残して大人になったんだなあという尊敬の念も感じるのである

はじめに断っておくが、僕は断じて結婚式が嫌いではない。むしろ結構好きだ。久しぶりに友人達と会ういい機会になるし、何よりお酒飲み放題であるしかも飯も大抵美味しい。今まで出席した結婚式はだいたい飯が美味かった。

久しぶりに友人達で集まって美味しい飯を食べながら酒を牛のようにがぶがぶ飲む、この点においては結婚式は超楽しいのだ。

しかし、だ。

どんかに楽しい結婚式でも一瞬にしてテンションが地底深くまで落ちるイベントが中盤に控えている。

ファーストバイトだ。

ケーキ入刀はまだいい。問題はそのあとである

かいスプーンのくだり、いらなくね?

僕はとにかくあの無駄にでけえスプーンが嫌いなのだ(調べたらビッグスプーンというそのままな名前がついていたが、以下MDS[無駄にでけえスプーン]と表記する)。

今まで出席した結婚式でかなりの確率でMDSが使われていたが、あれは一体どういう会話があって使われることになったのかが理解できない。

学生時代に同じことでケタケタ笑ってた友人達が、なぜMDSを使うことを面白いと思って決断したのかが理解できない。

人は結婚を機に通常より大きいスプーンを使って口の周りを汚すことを面白いと感じるようにでもなるのだろうか。あるいは通常料金だとMDSになり、普通スプーンを使いたければ10万円ぐらいのオプション料金がかかるのだろうか。それだったら確かに納得がいく。

まあ結局のところだいたいが新婦趣味なんだろう。一度ファーストバイト中の新郎と目が合ったことがある。俺だってこんなことしたくねえけど分かってくれよ、新郎は確かに目で言っていた。

MDSのダサさを譲歩してまで結婚したい相手がいる、それって素敵なことだと思う。少なくとも今の僕だったら彼女がもしMDSを結婚式で使いたいなんて言った日には買ってきたゼクシィを鍛え上げた筋肉バラバラに引きちぎり、紙屑となったゼクシィに火をつけ、その周りで三日三晩踊り続けて彼女の気が変わるのを祈るだろう。それを見た彼女はMDSどころか結婚までやめてしまうかもしれない。

新婦が得意げにMDSを出して新郎苦笑い。それを見て周りは一笑い。司会者の合図で「あーん」の合唱をして最後新郎の口の周りについたクリーム新婦が拭いている間、僕はいつも天を仰いで無駄になったクリームと、大人になった新郎に思いを馳せている。

2017-12-25

「なんで年パス買ったの?」のはなし

メリークリスマス

私はディズニーリゾートオタクです。


ディズニーが好き」な人の中には、アニメーション映画好きな人アトラクション好きな人キャラクター好きな人風景好きな人、ショーが好きな人、いろいろ種類があると思いますが、私は「キャラオタ」です。

パークで会えるキャラクターたちが大好き。

ショーやパレードで踊って手を振ってくれるキャラクターたちが大好き。


アイドルグループアニメ漫画にも「推し」がいると思いますが、私のディズニーリゾートでの「推し」はグーフィー

グーフィー・グーフです。

知っていますか、グーフィー

ときどきプルートと間違えられるグーフィー

私は彼が大好きです。


「どうして年パス買ったの?」

「なんでグーフィーが好きなの?」

って山ほど訊かれました。


その度に同じ話をしているので、ちょっと文章にしてみます


今でこそこんな私ですが、つい5〜6年前までは「ディズニーリゾートが苦手」でした。

そもそも人混みが嫌いだし。

ふわふわした夢とか愛とかよくわかんないし。

みんな熱に浮かされたみたいに楽しそうにしててなんかイヤ。


そんなふうに思っていました。

もともと冷めた子どもだったけど、その頃は特にひどかった。


なぜか?

その頃、私は思いっきり心を病んでいたのです。

家族とはそりが合わないし、

仕事人間関係はうまくいかないし、

長く付き合っている彼氏とは遠距離恋愛だし、

過食・拒食・不眠、その他諸々、

生活ボロボロのグッズグズでした。

現にこのあと2ヶ月休職しましたし。

人の幸せそうな顔なんて見たくなかったのです。


そんなある日、年パス持ちの先輩がディズニーシーに誘ってくれました。

私が前職(いまは転職しています)の社員で唯一大好きだった先輩のお誘い。

二つ返事で行きました。


20代半ばにして人生2度目のディズニーシー


そこで出会ってしまったのです。

グーフィー・グーフに。


ディズニーシーには、列に並んでキャラクター写真を撮ってもらえる施設があります

対象キャラミッキーミニーグーフィー、そしてドナルド

グーフィーの列に並ぼうと言われたのは偶然だった気がします。

私は例によってひねくれていたので「誰でもいいや」って思ってました。


20分くらい並んで、初めてグーフィーに会いました。

で、次の週には年パスを買っていました。


すごかった。

グーフィーに会ったことがある人はわかると思います

とにかくすごかったんです。


こんなに全身から愛情が溢れている生き物を見たことがないと思いました。

「君たちに会えて嬉しい」と長い手足をバタバタさせて表現してくれました。


すごかった。

もう嘘だってよかった。

いや、これが、嘘じゃないんです。 

それがすごいところ。


彼らには裏表なんてないんです。

だって彼らはキャラクターから

私たちステージ裏を見ることなんてない。


中の人なんていない」って、ふざけて言う人もいます

その言い方は好きじゃないけど、ある意味正しいと思います

私が見ているのは『グーフィー』という存在概念?)だから

フロリダでもパリでも香港でも上海でも、

いつでもどこでも彼はグーフィーなのです。


グーフィーはいだってオンステージ


キャラクターと会うことを「グリーティング」と言います

彼らの世界にお出かけした私たちにとってまさにそれは「ご挨拶」です。

グリーティングに出てきてくれるキャラクターは我々のような言葉を使って喋りません。

その代わり彼らは遊びに来た我々のことを、全身で歓迎してくれます


誤解を恐れずに言いますが、そのとき私は、

「こんなに私のこと好きそうにしてくれる人初めて見た」と思いました。


キャラクターとは「愛されるべくして生まれもの」だと思います

から私たちは誰に咎められることもなく、彼らを愛することができる。

そしてそのぶん キャラクターは「ゲストを愛してくれる」。

まさにアイドル偶像


その日は運良くグーフィーが登場するショーも見ることができました。

さっきまでドタバタしていた彼がタキシードを着こなしておどけて踊る姿はあまりにもかっこよく、

「とんでもない世界を知ってしまった……」と思ったのを覚えています


かくして私は「絶対に私を裏切らない」存在出会ってしまいました。

もちろんそれはグーフィーだけじゃありません。

ミッキーミニープルートドナルドデイジーも、

いつ会っても喜んでくれる。

両手を広げて歓迎してくれる。


私たちゲストを愛していると惜しみなく表現してくれる。


私にとっては、その気づきグーフィーでした。


それからというもの私はメキメキ回復しました。

心も体もバリバリ回復しました。

パスを片手にランドからシーへと、意味不明なくらい重い荷物を持って歩き回っても大丈夫


ありとあらゆる生き物を愛することを思い出しました。

大げさに聞こえるかもしれませんが、本当です。


あのとき遠距離恋愛をしていた彼氏とは今年入籍しました。

ついこの前、夫になったばかりの彼に「ずいぶん性格変わったよね、すごく穏やかになったね、いつからだろう?」と言われました。


君は知らないかもしれないし、

言ってもわからいかもしれない。


あの日グーフィー出会たからだよ。

2017-11-27

anond:20171127122750

・家ではなく敷地ちょっと入っただけ

覆面などしていない、サタデナイトフィーバー仮装タキシードしてただけ

・止まれと言ったけど近づいてきたというのは射殺した側の証言

民事では証言矛盾を指摘され殺意認定され賠償命令がでている

玄関ライフルがおいてあったのにわざわざ買ったばかりの44マグナムを取りに行って撃ったあたり

正当防衛にかこつけて人を撃ちたかっただけの可能性が高い

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん