「君って」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 君ってとは

2021-07-21

anond:20210721140246

誰だよあぶくま君って

いきなり関係ない話すんな

Quick Japan』95年3号 「いじめ紀行 第1回ゲスト 小山田圭吾の巻」 6

anond:20210721000134

沢田の"プライマル・スクリーム"

―――休み時間は、どこに?

「僕は、休み時間は、他のクラスの奴とか仲いい奴いたから、

何かどっか外行ったり、そういう感じだったけど。

沢田は、……っていうか、こういう障害がある人とかって言うのは、

なぜか図書室にたまるんですよ。

図書室っていうのが、もう一大テーマパークって感じで(笑)

しかもウチの学年だけじゃなくて、全学年のそういう奴のなぜか、

拠り所になってて、きっと逃げ場所なんだけど、そん中での社会っていうのがまたあって。

さっき言った長谷川君っていう、超ハードコアおかしい人が、一コ上で一番凄いから、

イニシアチブを取ってね、みんなそいつのことをちょっと恐れてる。

そいつには相棒がいて。耳が聞こえないやつで、すっごい背がちっちゃいのね。

何か南米人とハーフみたいな顔をしてて、色が真っ黒で、そいつら二人でコンビなのね。

で、そいつら先輩だから、ウチの学年のそういう奴にも威張ってたりとかするの。

何かたまに、そういうのを『みんなで見に行こう』『休み時間は何やってるのか?』とか言ってさ。

そういうのを好きなのは、僕とか含めて三、四人ぐらいだったけど、

見に行ったりすると、そいつらの間で相撲流行っててさ(笑)

図書館の前に、土俵みたいなのがあって、相撲してるのね。

その長谷川君っていうのが、相撲が上手いんですよ。

凄い、足掛けてバーンとか投げる技をやったりとかすんの。素人じゃないの。

小人プロレスなんて比じゃない! って感じなんですよ、もう(笑)

で、やっぱりああいう人たちって……ああいう人たちっていう言い方もあんまりだけど……何が一番凄いかって、

スクリーミングするんですよ。

叫び声がすごくナチュラルに出てくる。『ギャーッ』とか『ワーッ』とかいう声って、

普通の人ってあんまりさないじゃないですか、

それが、もう本当に奇声なんか出てきて、すごいんです」

「その中で沢田って、その人たちからしてみれば、後輩なんだけど、体とかデカい、

でも、おとなしいタイプなのね。フランケンタイプっていうか。

だけど怒らすと怖いって感じで。で、その軍団でたまに食堂で食うんですよ。

リーダー長谷川君がラーメンとか頼むと、箸ちゃんと持てないから、

半分は口に入るんだけど、半分はお盆に落ちるのね。

そうすると、また、こうやって(お盆に口をつける)食ったりしてるの。

その中で一回、ケンカなっちゃったの、食堂で。

沢田に対して長谷川が何かをやったかなんかで、沢田あんまり切れないんだけど、

久々に切れて、お茶があるじゃない、それをかけちゃったんですよ」

―――学校って図書室とか用務員室とか、もの凄いはっきりとした"場所"がありますよね。

理科室とか、体育倉庫とか。何かが起こりやすい。

太鼓クラブとかは、もうそうだったのね。体育倉庫みたいなところでやってたの、クラブ自体が。

から、いろんなものが置いてあるんですよ、使えるものが。

からマットレス巻きにして殺しちゃった事件とかあったじゃないですか、

そんなことやってたし、跳び箱の中に入れたりとか。

小道具には事欠かなくて、マットの上からジャンピング・ニーバットやったりとかさー。

あれはヤバイよね、きっとね(笑)

next: anond:20210721000715

2021-07-20

映画『100日間生きたワニ』 は みかん🍊 のお話だよ。

みんなワニみた?

「意外とよかった」 とか「紙芝居だ」 とか…

良い映画って、上映後の劇場空気でわかるよね。

エヴァQ とかさ。ほら、みんなうなだれてたもん。

じゃなくて今日は、ワニの話。

有識者評論、みたいなのはもう結構出てるのかな。

「ワタクシも一人の表現者として…!」みたいな堅苦しいはいいからさ

そろそろみんな見てるでしょ?

から映画を取り巻く"社会のアレコレ"は差し引いて、映画自体の話。

ネタバレはある。

でもさ、ネタバレ読んだから劇場行かないなんてやつは、ネット藻屑になって死んじゃえばいいんだ。

そう、ワニの話ね。

みんな知っての通り、ワニは 100日で死ぬ

100日どころか、映画が始まって 2分で死ぬ

そこから 100日前に巻き戻って、朽葉の冬から桜咲く春へと進んでいく。

そう、進んでいく。

進んでいくと、どうなる?

進んでいって終わる、進みだして始まる。

はたまた、繰り返す?

死を描くのってむずい、きっと。

生きることほどに、死には多様性がないはずだから

そんなことないかな。

あいいや、でもね、この映画には一個仕組みがあるの。

ほら、ここ大事ちゃんと聞いてね。

MOTHER3 のドアノブ、覚えてる?あ、また話がそれちゃう

そうじゃなくって、みかん。そう、みかん大事なんだ。

電話越しで息子の近況を聞くワニのかあさん。

かあさんが送ってくるみかんが、作中ずーっと出てくるの。

冬も春も、夏もだよ。確かめたわけじゃないけど、確かそう。

みかんの旬っていつ?冬だよね、きっと。

それでね、このみかんが、リンゴじゃダメなんだ。

何でダメかって?そういうの自分で考えるのが映画鑑賞でしょ、バカチンめ!

じゃなくって、今日は俺がみかんのこと、みんなに伝えたかったんだ。

ひどいこと言ってごめんね、うらまないで。

でさ、リンゴじゃなくてみかんじゃないとダメなの、なーぜだ?

答えはさ、洒落だよ、洒落

『未完』

あー、言っちゃった、はずかし。

穴があったら入りたい、でも、探したってみっかんないね

そう、春も夏も秋も冬もさ、季節はめぐってる。

ワニたちは勝手に「次の夏は」とか「来年も」なんて区切るけどさ。

最初の夏がないみたいに、ほら、最後の夏もない。

からかな、季節外れになってもみかんが出てくるの。

ワニが死んだ後の 『未完の世界

言い過ぎ?言い過ぎ?

説明しすぎはダサいけど、今はそういう時代だって庵野も言ってたもんね。

「100日間生きたワニ」

タイトル変えたのはきっと、死ぬのがオチじゃないよってね。多分そういうこと。

でも、原作漫画のほうも死がオチじゃあないか

「身近な友人のあっけない死と、その後の変わったようで変わらない日常

みたいな、きくちゆうき本人の体験をもとにしてるんでしょ?

なんかそんなこと聞いた気がする。確認はしてないけど。

「100日後に死ぬワニ」 も本当はさ

"死んだワニを偲んで、一瞬だけれども、欠けた想いの SNS のみんな"

みたいな感じがしたかったんじゃないかな。

なんか変な炎上のせいでそうはならなかったけどね。

あ、社会の話しちゃいました。すみません

じゃなくてほら、みかんだよ。

みかんにね、点数がついてるの。

実家から届いたみかん食べて、ワニが言うわけ。

おいしかったよ、どれぐらい?なんて話してて

「うーん…98点かな…」

とかって、超高得点なのに、わざと不満げに。茶目っ気あるよね、ワニ。

98点ね、覚えといてよ。

でさ、舞台は進んで…

ワニがとあることから勘違いして、片思いの先輩に嫌われちゃったとブルーになるの。

するとねずみ君はバイクでワニを連れ出して、夕日のきれいな丘へ連れて行く。

そこで、ワニがポケットに忍ばせたみかんを二個取り出して

「これ、持ってきた」

「おう、みかんなんて持ってきたの」

んで、パクっと食べたら

「102点だね」

「その 2点は何だし」

なんて、二人の他愛もない会話。

"102" 引く "98" で "4"。

きれいな夕日かな、仲良しの友達かな、4点足しちゃうかわいいワニ。

でもそんなワニは、普通に死んじゃう。

映画版に足された死後の話はまあ、ワニの死をそれぞれ乗り越えていく、みたいなよくある話だ。

でもね、それの描き方がよかったよ。

動きの少ないアニメからこそ、丁寧に描かれてた。

仲良し五人組 (引く "1" で今は四人組) の座る位置が少し替わっていたり、とかね。

みかんの話に戻るね。

ワニが死んでもなお終わらない物語は、カエル君っていう新たなキャラの登場でようやく先に進む。

なんか新エヴァの"いい女"みたいだね。違うかな。

このカエル君がまた難しいやつなんだけども、それは置いといて。

新しい街でなかなか友達のできないカエル君に、やっとこさねずみくんが手を差し伸べるシーンがあるの。

でさ、ねずみくんはカエル君を連れてあの場所に行くの。

そう、夕日の見えるとこね。

で、今度はねずみ君がポケットからみかんを出す。

なんでみかん持ってるの、いいからさって、二人で食べる。

「101点だな」

て、ねずみ君が。

ぼそっと言って、それで、泣き出しちゃう

泣いちゃうよね。

誰か一人死んだくらいでは終わらない世界ねずみ君の中にだけある一人分の穴がさ、元とは違う形で修復されつつあるの。

それって、101点なんだ。

そういうところで、『100日間生きたワニ』は救いの映画だった。

俺も割とさいきん友達が死んでさ、ほら、不景気だしね。

で、そういうの初めてだから、扱いに困っていたんだ。ゴミ箱に捨てていい気持ちじゃないだろう?

そう、死なれると困るのはさ、その後更新されないこと。

生きてると、102点のやつが 110点になったり、はたまた 40点まで落ちたりする。

からなんか、会いたくなったり、もう会いたくはなくなったりする。

けど、死んだやつの 102点はもう変わらない。

ハイスコアボードに残ったままの記録。見るたびに悲しくなっちゃうの。

からさ、ねずみくんはきっとこれから先も 102点はつけられないよ。

まあでも、そしたら 101点でいっか。

2021-07-17

ロッキンオンジャパン」1994.1号「小山田圭吾2万字インタビュー」より抜粋

http://oymdkig.blog.fc2.com/blog-entry-1.html?sp

「よく僕は学年総会とかで小沢に怒られたりしたんだよ」

●何で同級生に怒られんだよ。

「いや、怒られるっていうか、小沢議長席に全校生の前でこうやって座っててさ、

それで○○事件というのが起きて、その当事者として僕はみんなの前にこうやって座っててさ。

それで「○○君どうですか?」って言われて「もうこれからしません」とかってマイクで言ってさ(笑)

●(爆笑)情けねぇー

「ははははは。でもそういうのなかった?」

●いや、あったあった(笑)

「なんか万引きが発覚してさ、先生が『何月何日にどこどこで万引きして』とか言ってさ。

調布のヘンなショッピングセンターみたいな超万引き場所みたいなのがあってさ。

最初はくだらないもん盗んでたんだけどだんだんエスカレートして一人デッカいカーステ盗んだやつが居てさ(笑)

●見つかるに決まってんじゃん(笑)

「盗んだときは見つかんなかったの。

それで便所に行ってもう箱がじゃまだからトイレの外にボーンって捨てたら、

トイレの外に落ちてきたのが見つかって(笑)。僕はそん時には居なかったんだけど、

捕まってそいつが全部白状しちゃって。で、そこまでやってたのがもう半端じゃない金額になってて、

マジで100万近くになっちゃってて」

●ああいうのってエスカレートすんだよね。

「そうそうそう!1コうまく行くともうガンガン行くじゃん(笑)。それで小沢に怒られて」

別に小沢に怒られたわけないじゃん。

「いやいや、小沢に怒られたわけじゃないんだけど、あそこでいちばん偉いのは小沢から

何か小沢に怒られた気分になるんだよ(笑)

●はははは。何かいまのポジション全然変わってなくないか

「いやあ、僕は基本的全然変わってないですよ」

●ははははは。

--------------------------------

「あとやっぱりうちはいじめがほんとすごかったなあ」

■でも、いじめた方だって言ったじゃん。

「うん。いじめてた。けっこう今考えるとほんとすっごいヒドイことしてたわ。この場を借りてお詫びしま(笑)だって、けっこうほんとキツイことしてたよ」

■やっちゃいけないことを。

「うん。もう人の道に反してること。だってもうほんとに全裸にしてグルグルに紐を巻いてオナニーさしてさ。ウンコを食わしたりさ。ウンコ食わした上にバックドロップしたりさ」

--------------------------------

沢田って奴がいて。こいつはかなりエポックメーキングな男で、転向してきたんですよ、小学校二年生ぐらいの時に。それはもう、学校中に衝撃が走って(笑)だって、転校してきて自己紹介とかするじゃないですか、もういきなり(言語障害っぽい口調で)「サワダです」とか言ってさ、「うわ、すごい!」ってなるじゃないですか。で、転校してきた初日に、ウンコしたんだ。なんか学校ウンコするとかいうのは小学生にとっては重罪だってのはあるじゃないですか?

--

から、何かほら、「ロボコン」でいう「ロボパー」が転校してきたようなもんですよ。(笑)。で、みんなとかやっぱ、そういうの慣れてないから、かなりびっくりするじゃないですか。で、名前はもう一瞬にして知れ渡って、凄い奴が来たって(笑)ある意味スターですよ。

--

段ボール箱とかがあって、そん中に沢田を入れて、全部グルグルガムテープで縛って、空気穴みたいなの開けて(笑)、「おい、沢田大丈夫か?」とか言うと、「ダイジョブ…」とか言ってんの(笑)そこに黒板消しとかで、「毒ガス攻撃だ!」ってパタパタやって、しばらく放っといたりして、時間経ってくると、何にも反応しなくなったりとかして、「ヤバいね」「どうしようか」とか言って、「じゃ、ここでガムテープだけ外して、部屋の側から見ていよう」って外して見てたら、いきなりバリバリ出てきて、何て言ったのかな…?何かすごく面白いこと言ったんですよ。……超ワケ分かんない、「おかあさ~ん」とかなんか、そんなこと言ったんですよ(笑)それでみんな大爆笑とかしたりして。

--------------------------------

ジャージになると、みんな脱がしてさ、でも、チンポ出すことなんて、別にこいつにとって何でもないことだからさ、チンポ出したままウロウロしているんだけど。だけど、こいつチンポがデッカくてさ、小学校の時からそうなんだけど、高校ぐらいになるともう、さらデカさが増しててさ(笑)女の子とか反応するじゃないですか。だから、みんなわざと脱がしてさ、廊下とか歩かせたりして。

--

こういう障害がある人とかって言うのは、なぜか図書室にたまるんですよ。図書室っていうのが、もう一大テーマパークって感じで(笑)しかもウチの学年だけじゃなくて、全学年のそういう奴のなぜか、拠り所になってて、きっと逃げ場所なんだけど、そん中での社会っていうのがまたあって、さっき言った長谷川君っていう超ハードコアおかしい人が、一コ上で一番凄いから、イニシアチブを取ってね、みんなそいつのことをちょっと恐れてる。そいつには相棒がいて。耳が聞こえない奴で、すっごい背がちっちゃいのね。何か南米人とハーフみたいな顔をしてて、色が真っ黒で、そいつら二人でコンビなのね。ウチの学年のそういう奴にも威張ってたりとかするの。

--

何かたまに、そういうのを「みんなで見に行こう」「休み時間は何やってるのか?」とか言ってさ。そういうのを好きなのは、僕とかを含めて三、四人ぐらいだったけど、見に行ったりすると、そいつらの間で相撲流行っててさ(笑)図書館の前に、土俵みたいなのがあって、相撲してるのね。

--

太鼓クラブとかは、もうそうだったのね。体育倉庫みたいなことろでやってたの、クラブ自体が。だから、いろんなものが置いてあるんですよ、使えるものが。だからマットレス巻きにして殺しちゃった事件とかあったじゃないですか、そんなことやってたし、跳び箱の中に入れたりとか。小道具には事欠かなくて、マットの上からジャンピング・ニーパットやったりとかさー。あれはヤバイよね、きっとね(笑)

--------------------------------

村田は、小学生の頃からいたんですよ。こいつはちょっとおかしいってのも分かってたし。だけど違うクラスだったか接触する機会がなかったんだけど、中学に入ると、同じクラスになったから。で、さまざまな奇行をするわけですよ。村田っていうのは、わりと境界線上にいる男で、やっぱ頭が病気おかしいんだか、ただバカなんだか、というのが凄い分りにくい奴で、体なんかもちっちゃくて、それでこいつは沢田とは逆に癇癪が内にむかうタイプで、いじめられたりすると、立ち向かってくるんじゃなくて、自分で頭とかを壁とかにガンガンぶつけて、「畜生畜生!」とか言って(笑)ホントマンガみたいなの。それやられるとみんなビビッて、引いちゃうの。「あの人、やばいよ」って。

--

風呂に入らないんですよ、こいつは(笑)まず、臭いし、髪の毛がかゆいみたいで、コリコリ頭掻いてるんですよ。何か髪の毛を一本一本抜いていくの。それで、10ハゲみたくなっちゃって、そこだけボコッとハゲルックス的に凄くて。勉強とか全然できないし、運動とかもやっぱ、全然できないし。

--

村田は、別に誰にも相手にされてなかったんだけど、いきなりガムをたくさん持ってきて、何かみんなに配りだして。「何で、あいつ、あんなにガム持ってるんだ? 調べよう」ってことになって、呼び出してさ、「お前、何でそんなにガム持ってるの?」って聞いたら、「買ったんだ」とか言っててさ。三日間ぐらい、そういう凄い羽振りのいい時期があって。そんで付いて行って、いろんなもん買わせたりして。

--

そんで、三日間くらいしたら、ここに青タン作って学校に来て。「おまえ、どうしたの?」とかきいたら、「親にブン殴られた」とか言ってて(笑)。親の財布から十五万円盗んだんだって。でも何に使っていいか分かんないから、ガム買ったりとかそういうことやって(笑)。だからそいつにしてみればその三日間っていうのはね、人気があった時代なんですよ。十五万円で人が集まってきて。かなりバカにされて、「買えよ」って言われてるだけなのに。

--

ウチの班で布団バ~ッとひいちゃったりするじゃない。するとさ、プロレス技やったりするじゃないですか。たとえばバックドロップだとかって普通できないじゃないですか? だけどそいつ(注・村田君)軽いからさ、楽勝でできんですよ。ブレンバスターとかさ(笑)。それがなんか盛り上がっちゃってて。みんなでそいつプロレス技なんかかけちゃってて。おもしろいように決まるから「もう一回やらして」とか言って。

--

それは別にいじめてる感じじゃなかったんだけど。ま、いじめてるんだけど(笑)。いちおう、そいつにお願いする形にして、「バックドロップやらして」なんて言って(笑)、”ガ~ン!”とかやってたんだけど。

--

で、そこになんか先輩が現れちゃって。その人はなんか勘違いしちゃってるみたいでさ、限度知らないタイプっていうかさ。なんか洗濯紐でグルグル縛りに入っちゃってさ。「オナニーしろ」とか言っちゃって。「オマエ、誰が好きなんだ」とかさ(笑)そいつとか正座でさ。なんかその先輩が先頭に立っちゃって。なんかそこまで行っちゃうと僕とか引いちゃうっていうか。だけど、そこでもまだ行けちゃってるような奴なんかもいたりして。そうすると、僕なんか奇妙な立場なっちゃうというか。おもしろがれる線までっていうのは、おもしろがれるんだけど。「ここはヤバイよな」っていうラインとかっていうのが、人それぞれだと思うんだけど、その人の場合だとかなりハードコアまで行ってて。「オマエ、誰が好きなんだ」とか言って。「別に…」なんか言ってると、バーン!とかひっぱたいたりとかして、「おお、怖え~」とか思ったりして (笑)。「松岡さん(仮名)が好きです」とか言って(笑)。「じゃ、オナニーしろ」とか言って。「松岡さ~ん」とか言っちゃって。

--------------------------------

他だったら特殊学校にいるような子が普通クラスにいたし。私立から変わってて。僕、小学校の時からダウン症って言葉、知ってたもん。学校の裏に養護学校みたいなのがあるんですよ。町田の方の田舎から、まだ畑とか残ってて。それで、高校の時とか、休み時間にみんなで外にタバコ吸いにいったりするじゃないですか。で、だいたいみんな行く裏山があって。

タバコ吸ってたり、ボーッとしてたりなんかするとさ、マラソンしてるんですよ、その養護学校の人が。で、ジャージ着てさ、男は紺のジャージで、女はエンジジャージで、なんか走ってるんですよ。で、ダウン症なんですよ。

「あ、ダウン症の人が走ってんなあ」なんて言ってタバコ吸ってて。するともう一人さ、ダウン症の人が来るんだけど、ダウン症の人ってみんな同じ顔じゃないですか?

「あれ? さっきあの人通ったっけ?」なんて言ってさ(笑)。ちょっとデカかったりするんですよ、さっきの奴より。次、今度はエンジの服着たダウン症の人がトットットとか走っていって、「あれ? これ女?」とか言ったりして(笑)最後10人とか、みんな同じ顔の奴が、デッカイのやらちっちゃいのやらがダァ~って走って来て。「すっげー」なんて言っちゃって(笑)

--------------------------------

村田さんの家に電話する。お母さんが出た。聞けば、村田さんは現在パチンコ屋の住み込み店員をやっているという。高校和光を離れて定時制に。

お母さん「中学時代は正直いって自殺も考えましたよ。でも、親子で話し合って解決していって。ウチの子にもいじめられる個性みたいなものはありましたから。小山田君も元気でやっているみたいだし」

住み込み村田さんは家族とも連絡が取れないらしい。パチンコ屋の電話番号は、何度尋ねても教えて貰えず、最後は途中で電話を切られた。

沢田さんに電話してもお母さんが出た。電話だけだとラチが開かないので、アポなしでの最寄り駅から電話。「今近くまで来てるんですが……」田園調布でも有数の邸宅で、沢田さんと直接会うことができた。

お母さんによれば、”学習障害”だという。家族とも「うん」「そう」程度の会話しかしない。現在は、週に二回近くの保健所書道陶器教室に通う。社会復帰はしていない。

お母さん「卒業してから、ひどくなったんですよ。家の中で知ってる人にばかり囲まれいるから。小山田君とは、仲良くやってたと思ってましたけど」

--------------------------------

■もし対談できてたら、何話してますか?

別に、話す事ないッスけどねえ(笑)。でも分かんないけど、今とか会っても、ぜったい昔みたいに話しちゃうような気がするなあ。なんか分かんないけど。別にいじめるとかはないと思うけど。『今何やってんの?』みたいな(笑)。『パチンコ屋でバイトやってんの?』なんて(笑)、『玉拾ってんの?』とか(笑)。きっと、そうなっちゃうと思うんだけど」

■やっぱ、できることなら会わないで済ましたい?

「僕が? 村田とは別に会いたいとは思わないけど。会ったら会ったでおもしろいかなとは思う。沢田に会いたいな、僕」

特に顔も会わせたくないっていう人は、いない訳ですね?

「どうなんだろうなあ? これって、僕って、いじめてるほうなのかなあ?」

■その区別って曖昧です。

「だから自分じゃ分かんないっていうか。『これは果たしていじめなのか?』っていう。確かにヒドイことはしたし」

■やましいかどうかっていう結論は、自分の中では出てない?

「うーん……。でも、みんなこんな感じなのかもしれないな、なんて思うしね。いじめてる人って。僕なんか、全然、こう悪びれずに話しちゃたりするもんねえ」

■ええ。僕も聞きながら笑ってるし。

2021-07-03

anond:20210703184536

自分データ出さずに他人データに乗っかるのは意味がない

データの読み方が間違ってると言うなら、それを丁寧に解説しないと

それに自分データ持ってないことを決定づける発言ありがとうございます

ようは他人の尻馬に乗って自分の都合の良い解釈をしてそらしているだけってわかったね

君って頭悪いでしょ?

2021-07-02

anond:20210702101815

え、じゃあ無視できない君って自分バカ丸出し」だと思いながら書いてるの?

やさしすぎw

2021-07-01

オタク君って何で女の趣味笑いたがるのかな

オタクコミケ行列に慣れてるってドヤ顔ツイートがバズって流れてきたりしていたが、タピオカに並んでる女性達の行列写真撮って、タピオカのために並ぶのは俺にはとても無理とかバカにしたツイートもバズって流れてきたりする。

もしもコミケ行列を無断で写真に撮り、エロ本のために並ぶのはとても無理ってツイートをされたら、オタク達は発狂して炎上させるのだろうと予想がつく。

オタクはなんで人の趣味下に見て笑うの好きなんだろうな。

2021-05-14

俺のような二次元オタクオタクからオタクを叩くけどステレオタイプから外れた高スぺオタクも嫌いだしオタク以外がオタクを叩くのを許せないタイプオタクだっていうオタクの話

何でオタクなのにオタクを叩くの?と聞かれたから書く。

オタクからオタクが嫌いなのは当然の心理だ。

オタクってのは根本的にオタクを嫌うように出来てるはずなんだ。

理由同族嫌悪であり、嫉妬でもある。

オタクって本当に風呂入らねーやつ多いし、髪整えないやつ多いし、人間コミュニケーション能力が育ってないやつが多い。

そんな人間は嫌われて当然である。その上自分の痛みには繊細で、他人の痛みには鈍感で、言っちゃいけないことを平然と言いやがる。

から嫌いだ。総合点で社会人としてアウトなやつが多すぎる。これは同族嫌悪である

でも、清潔で、彼女がいて、ファッションに気を遣えて、面白い会話が出来て、社会に認められているようなやつがオタクを名乗るのもそれはそれで気に食わねえ。

当然だ。何が悲しくてリアルが充実してんのに二次元なんて逃避の場に来るんだよ。楽しい楽しい現実エンジョイしろや。

こっちは嫉妬だ。

要するに、オタクオタクから根本的にオタクが嫌いだって話だ。ああ、この場合二次元オタな。ゲームアニメ漫画好き。俺は基盤オタとか切手オタとかああいう奴らの心理は知らん。

とにかく、人生を間違えて何故かアニメ漫画ゲームに生きる意味見出しちまった人間達。それが二次元オタクだ。

人生のどこかで得るべき経験値を得られずに、コンプレックスと無根拠な自信の煮凝りになっているのがオタクだ。

俺はそう思ってる。

自己紹介を兼ねた純然たる悪口なんだけど、オタク能力不足や社会に不適であることを個性と履き違えてるやつが多すぎる。

君っておかしいやつだよね」って言われたら、むしろそれを喜んでしまう。悪口言われてんだぞ俺ら。

そういうのを総合採点されて「キモイ」って評価につながるのが何故わからん

オタクもっと社会迎合するか、世の中に認知されないように隠れるべきだと思っている。

まり最低限社会人として、オシャレして言動に気をつけながら、隠れキリシタンのようにオタ趣味邁進するのが俺の中での良いんじゃねえかってオタク像だな。

何せオタクってのは根本的にキモいんだから、秘匿と隠匿をみんな身に着けるべきだ。

だがまあ、キモくないオタクもそれはそれで最悪なんだよな。やつらはおかしい。

スキルもあってリアルが充実して彼女もいるのに萌えアニメ観て可愛い~なんてほざいてるやつらは全員会社クビになれ。嫉妬だ。クソが。

とまあ、散々オタク悪口言ってるけどサイドとしてはオタクサイドなんだよな。

オタクじゃないやつがオタク叩いて表現規制させようとしてきたり、見下してきたりするのはマジで許せねえ。何様なんだよあいつらは。

学校教室とかで深夜アニメの話してたり「オタクに恋は難しい」みたいなオタク勘違いさせる漫画に出てくるようなやつらはオタクじゃないからどうでもいいけどよ。

とにかく、正常であるってだけでオタクを叩いてくるようなやつらに立ち向かう術を俺達は持たなきゃいけないんだよな。

で、最初に戻るけど。

まり俺はオタクからオタクの悪い面も見えてるからオタク無限に叩くよ。同族同族を叩くのに理由は要らねえだろ。

オタクオタクから精神性の向上なんてできねーだろうけど、社会における上手い立ち回りみたいなのはお互いに叩き合う中でしかまれねえからな。

から叩く。

こういうやりとりが、上のオタクでもない癖にオタクを叩くようなゴミ共に立ち向かう何かを精製するんだ。

高スぺオタクはすまん、嫉妬で叩くよ。この二つが俺がオタクを叩く理由だ。

でも、とにかく、一番の敵はオタクでもねえのにオタクを叩くやつらな。

俺みたいにオタク叩いてるオタクは多いと思うけど、そこはしっかり意思統一して立ち向かうか、上手く逃げるか、上手く利用するかしていくべきだ。

2021-04-28

anond:20210428024349

無くても大丈夫よりあっても大丈夫社会を目指すべきだったのに

君って学習しないんだね

2021-04-22

anond:20210422042323

僕がではなく

やっぱこいつ

って、なすりつけ君っていってんだけど

同じ

こいつとか他人ターゲットにする

やっぱ僕さぁと自分にしない

2021-04-11

anond:20210411124203

怪物っていうのは今で言えばさっきから村上隆がどうとか書き込んでるようなので

元増田はせいぜい増田オタク君って感じだな

2021-04-10

言いくるめるとか人を動かすとかたいていのことは頑張っても無駄

無駄じゃないことをしようぜ

勇者「そうだな君の言う通りだ」

賢者「良く気付いたなぁ」

戦士「最高だぜ君ってやつは」

思想家「素晴らしい」

王女「さすがですわ」

2021-03-24

anond:20210324052238

アオイホノオデビュー掲載された紙面でホノオ君呼びされて「ホノオ君って感じでやっていくのか…」ってなってるシーンあったよな。

2021-03-15

安原健太くんはグッドコップ

バッドコップ・グッドコップ、という超基本的尋問手法がある。

警察に捕まった犯人増田に対して、刑事Aが「マスダ!テメェ吐けネタは上がってるんだ!バシーン!」ってさんざイジメる。その後、別の刑事Bが出てきて「A!やりすぎだろう!君は下がっていたまえ!増田くん、すまなかったねェ、Aはきつく叱っておくよ。ところで腹減ってないかカツ丼喰う?チミもいろいろ苦労してるんだって?」とやると刑事Bがまるで善人で信頼でき、やってない犯行もしゃべる気になってしまうというアレだ。

しかし、忘れてはならぬ。刑事Aにせよ刑事Bにせよ、連中は国家の手先で増田冤罪に陥れようと蠢動している暴力機関の一部という意味では全く同じだ。


で、安原君ってば、合コンナンパで「グッドコップ役に回れば喰い放題っすよ」と言ってるだけなんすよ。理屈は後付け。天然でやってりゃまあパーソナリティだけど、

養殖でやってるとなれば明らかにただの手管っすよね? どっちにしろ、食うことしか考えていないこと、オマワリが結局は権力の狗な事と一緒っすよね?

ってか、そもそも本当に女性尊重してご生活なさってるなら、合コンなんか行かねーんすけど。

2021-03-07

読売巨人軍かい読売新聞社が抱えてる私兵

何で巨人だけ巨人軍なんだろうな

読売新聞が密かに軍事会社を作ってて読売巨人が実は私設兵団仮の姿

今か今かと軍事演習をやって有事を待ってるみたいなね

我が巨人軍は永久に不滅です!だったけど

最近あんまり巨人軍って割りには重厚感とか強さを感じないけどあれも仮の姿なのかもしれないね

能ある鷹は爪を隠すっていうし、でもジャビット君って鷹だっけ?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん