「レコード会社」を含む日記 RSS

はてなキーワード: レコード会社とは

2022-04-08

anond:20220408144211

1950年代

ジャズ音楽ハワイアン音楽の要素を取り入れた「ムード歌謡」。美空ひばり石原裕次郎の登場。

1960年代

都会的なムード歌謡に対して田舎的な「演歌」が登場。プレスリーの影響を受けた「ロカビリーブームビートルズの影響を受けた「グループサウンズブーム学生運動の盛り上がりからフォークソングブーム

1970年代

商業的だったロックフォークが徐々に商業音楽に取り込まれて「ニューミュージック」に。吉田拓郎などシンガーソングライター(=レコード会社主導の分業制ではない)が登場。新御三家花の中三トリオ代表されるアイドルたち。ピンク・レディー

1980年代

BOØWYブルーハーツなどのロックバンドブームYMOによるテクノポップブームおニャン子クラブ

1990年代

小室ファミリービーイング系を中心とした「J-POP」。アイドルでは光GENIJI・SMAPなどジャニーズ系モー娘などハロプロ系。宇多田ヒカルデビューR&Bブーム。X・GLAYラルクなどのヴィジュアル系

2000年代

宇多田ヒカル浜崎あゆみなど女性シンガーディーヴァ系)の人気。Dragon AshなどヒップホップブームBUMP OF CHICKENなどロキノン系EXILE系の台頭。

2010年代

AKB48と嵐の二大アイドルCDチャートを席巻。ただし音楽販売CDから配信へ。東方神起KARAなど第一K-POPブームBTS・TWICEなど第二次K-POPブームインターネットを中心としたボカロブーム

2022-02-14

なぜロックミュージシャン

マスクを外せ~~~とか

外出て遊べ~~~とか

政府不手際を俺らに押し付けるな~~~とか歌わないんですかね。

ニュースキャスターは!うれしそうに!とか全然歌わねえもんな今の時代ロックミュージシャンって。

レコード会社から干されるのが嫌でアーチスト名乗るな。本物に失礼。

2022-02-03

愚痴

嫌なら見るなで済む話。

他の人のツイートも見ながら自分思考をまとめていった感じなので流されてる部分もあるのかもしれないけど、もやもやの正体が分かってきた。本当に複雑ではあるが気持ちを整理したい。

まず当初は、よく考えてなかったというよりも、好きなものと好きなものが合わさってくれて嬉しいという感情が大きかった。だから無条件に受け入れることができた。もし当時私が彼らを好きじゃなかったら(なんで実写やんの?)とアンチになっていただろう。今思えばアンチになって「こんなの観ねえよ」と切り捨てられていればどんなにラクだったかと思う。

公開が決まったときキャラビジュアルとかが出て、一体どんな映画になるんだろうと純粋にワクワクしてたし、すごく公開が待ち遠しかった。配役もまぁ理解できた。このアイドルグループ性格とか関係性とかも知っていたのでそれとも関連付けて、なるほどと思った。(といっても自分推しに関しては、地球上のいかなる人間にも実写化なんて出来るはずないと思っているので、この時点で既にキャラ演者を切り離してはいたのだが)

たこコラボレコード会社の策略だと分かってはいたが、何せ好きなもの同士の共演なので私は積極的お金を落とす気でいた。

最初ティザーキービジュアルの解禁。

これもまだ嬉しかった。各々のセリフとか表情とかが断片的に出て、どんな形であれ彼ら兄弟概念が具現化されたものを見れるのはいい事だと思った。

確かこの辺りでストーリーも公開されたと思うのだけど、私は過去の2.5舞台のこともありシナリオには全く期待していなかったので、(ふーん)と流し読みする程度だった。唯一ネックだったのはj'sが演じるに当たってキャラの1番大切な設定である純潔無職がなかったことにされるのでは?という点だったが、ちゃんニート童貞と書いてあったので安心した。(まあアイドルが演じてる以上無職童貞感なんて1ミリも漂っていないけど、設定があるだけマシだと思った)

先月くらいからの情報解禁。兄弟それぞれがピックアップされ、前回よりも映画の内容に迫った感じだった。

まず推しセリフめっちゃ笑った。しかしそれは私の推しキャラセリフではなくて、推しとある要素を(申し訳程度に)あてがわれたいちアイドルセリフしかなかった。この時にはもう完全に彼のことは推し名前だけつけた別人として認識してる。

三男に関しては、情報解禁した頃から既に(当時は冗談で)「解釈違いだわ」と言っていたけど、彼の演技を見て冗談じゃなくなった。キャラ面影すらない。この人は同じ演技しか出来ねぇのかよと思った。お前の引き出しにある演技だけで三男を表現できるとでも思ったのか?と憤りを感じた。まだ本編見てないから早とちりなだけかもしれないけどさ。

四男は、配役はいいなって思ってたしセリフとかも他に比べたら別に違和感ないんだけど、キャラ本人としては見れない。それだけ。

五男を演じた彼は原作を好きでいてくれてるからちゃんリスペクトを感じるんだけども、うん、頑張ってねと言うことしか出来ない。

末っ子は、可愛くてずるくてあざといところもわかるんだけど、そもそもアイドルとして小生意気キャライメージついて大丈夫そ?と心配になる。ただでさえ天狗とか言われてるのに事務所はそこ平気なのか?って思う。

そして今日予告を見て、キャラ改変はシナリオ上どうしても不可欠だったんだと強引に自分を納得させた。(筋肉とかホストとかね)

こうでもしないと見に行くモチベが立たない。

予告後半の意気込み映像意味がわからないと思った。要らねぇだろ。

そしてパブサして、ああこの作品は利用されただけだったんだなと確信して悲しくなった。

今このアイドルへの熱が冷めてるからこんなことを考えてしまうのかもしれない。でもこれ以上彼らの情報を入れたらほんとに嫌いになってしまうから映画を見に行くのがこわくて仕方ない。見なきゃいいじゃんって話なんだけど、この原作の名のついている物はチェックしておきたいし、このアイドルのことも好きだから彼らが主役を張っている姿を見たいという気持ちも大いにある。

しか正直しんどいレコード会社が思い直して「やっぱやめ」って言ってくれない限りどうにもならないのがしんどい

大丈夫そ?」と公式のことを煽りたい。

唯一の救いは、アイドルのほうの推しがこの映画だけのオリキャラであることだ。ここはもう腹を括って、オリキャラを演じる彼の勇姿を見るためだけに映画館に通おうと思う。

2022-01-07

アニメ業界が超絶ブラック化した本当の歴史的理由

 そもそもテレビアニメ制作費は、放送費っつって昔はテレビ局が全額出してた。

 自分たち広告収入稼ぐために自分たちメディアで流すコンテンツなんだから当たり前だ。

 ところがそれをテレビ局が、6~70年代に当時の最大手だったT社(おそらくタツノコ)に「おたくキャラクタービジネスで食ってけるんだから放送費イランでしょ? 安売り商法で他の中小制作しましょ」と吹き込んだ。

 同時期に全く同じことをレコード会社にもやらせてる辺り、完全にテレビ局がそうさせたわけである

 ここら辺の事情は、「京アニ麻薬の売人以下」発言で有名の著者の『人気テレビ番組文法』でさらっと書かれてて、さも自分たちテレビは悪くない、悪いのは話し持ちかけてきたアニメ会社レコード会社の方、みたいに歴史改変されている。

 ところが他の弱小制作も、キャラクタービジネスで食う手段テレビ局から与えられ(ガンダムなんかが正にそれ)、過当競争で後はひたすら有利な放送枠を競り落とすためにどんどん放送費が安くなり、ついには逆にアニメ会社の方が、テレビ放送してもらうだけのために、放送枠を買うまでになった。

 つまりよく言われている手塚治虫元凶論はこの後の話しであって、手塚治虫はこの状態を定着させるのに一役買った共犯者にすぎない。

 虫プロ倒産したのも、最大の原因はこうした風潮のせいで、テレビ局から製作費をもらえなくなったかである

 成人向け映画興行的に失敗したから、などと事態を簡略化して目を逸らさせようとする手合いも多いが、そもそも虫プロがそうした映画を作ったのも、テレビアニメが全く儲からなくなったせいである。

 だけどキャラクタービジネスほど不安定財政基盤はなく、もう自分らでアニメを安定して作り続ける金なんてなくなった上、テレビ局から製作費をもらうことも出来なくなった。

 そこで製作委員会方式っていうのがでっち上げられたわけである

 テレビ局自分たちで金を払わず、むしろ放送枠を売りつけながら有償コンテンツまで提供させるために。

 そもそも弱小アニメ会社テレビ局の協力がなければヒット作なんて作れないから、弱みに役員を言われるがままに受け入れなければならなくなって、完全に傀儡にされる。

 だからもうテレビ以外にもこんだけメディアが溢れてるのに、テレビアニメ以外は絶対にヒットしないゴミみたいなアニメしか作れないように工作される。

 萌えオタには製作委員会方式に無理やり金を出させ続けたいから、地上波アニメホモしかまともに作らない。

 そしてテレビ局以外が力を持たないように、製作委員会にそれ以外の資本がやって来ても「うちが出資する比率が少なくなるから嫌だ」とか言わせて排除する。

 それで製作費がバラけて、低品質アニメ大量生産される。

 そこだけをこうやってバラして「製作委員会方式が悪い! つまり金払う萌えオタが悪い!」とヘイトを逸らし、男オタは金を払うほど悪者にされ、テレビ局ちょっと金を出して放送枠タダにすれば、簡単業界好感度を買える。

 実際は地上波で腐媚びアニメ作ってる奴らが最大の元凶だし、製作委員会方式にオタクが金を出さなくなれば、今のアニメーターにまともに給料払う存在はいなくなるのに。

 まあオタクが金を払わなくなれば、テレビ局はまた製作費を全て自分たちで払わなきゃいけなくなるのだが。

 しかし、実際はキッズアニメけが生き残ると思われるので、もっと酷い搾取に切り替わるだけだろう。

キッズ向けTVアニメ製作資金

製作1話1,000万円×52話(4クール)=5億2,000万円

放送枠料2,500万円×12ヵ月=3億円

⇒約8億2,000万円

■深夜枠TVアニメ製作資金

製作1話2,000万円×13話(1クール)=2億6,000万円

放送費用宣伝費=4,000万円

⇒約3億円

 そして自民党公明党未成年者に十万円のバラマキをして、こうした児童向け玩具メーカー血税優遇しようとしていることからも分かる通り、黒幕は誰か一目瞭然だ。(安倍政権以降、自民党電通機関政党と化している)

 それに海外資本多作乱造させてるのは、むしろ金払えば払うほどダメになるって分かっててやってるとしか思えない。

 彼らは、洋ゲーとアメドラとハリウッド映画以外で、世界的に影響力のあるコンテンツが作られるのが嫌なのだ

 だからアニメ会社の連中はまともに内部留保も作れない経営のド素人ってことも分かってる上で、一時的製作費だけバラ撒いて内容をゴミ化させ、すっかり腐りきったら手を引いて、後は何も残らない、と。

 それがハリウッドプロパガンダ作ってる海外諜報組織のやり方だ。

 ちなみに『人気テレビ番組文法』にはこれ以外にも、テレビ局幹部はみんな庄屋や地主旅館の倅であるということなど、上級国民どころか前世紀なみの貴族制度が大手を振るっている場所であることが、これまた得意気に書かれていて面白い

 わざわざ購入する価値はないが、図書館にあれば是非。

2021-12-10

[] 表現規制されている

日本ラジオ局でもザ・キッド・ラロイジャスティン・ビーバーとのコラボ曲「ステイ」がヘビロテされてる。

でも、かかるのはクリーンバージョンばかり。

歌詞中の4文字言葉“f***”部分の声が消されている(正確には“f***ed”)。

The Kid LAROI, Justin Bieber - STAY

https://youtu.be/kTJczUoc26U

表現規制されている

自由侵害されている。

由々しき事態だ。


昔は違った。もっと自由だった。

“f***”や“s***”や“b****”や“n****”を歌詞に含む楽曲普通にオンエアされていた。

…と書いてみたものの、ちょっと自信がなくなってきた。

本当にそうだったか

増田がそういう歌詞を含むミュージックビデオばかりYouTubeで視聴してるから記憶捏造されてないか


改めて記憶を辿ってみる。

ウィル・アイ・アムとブリトニー・スピアーズコラボ曲「スクリーム&シャウト」も日本ラジオヘビロテされてた。

“b****”が消されてないバージョンがかかってた…はず。

will.i.am ft. Britney Spears - Scream & Shout

https://youtu.be/kYtGl1dX5qI

これは2012年11月リリース楽曲

それ以降、規制が強化されてきたのだろうか?

理由はなんだろ?

昔は「英語歌詞なんかわからんだろ」くらいの感覚でかけてたのが、今は外国人居住者旅行者が増えてきたから?

放送局側の規制ではなく、レコード会社日本法人がラジオ局にばら撒くプロモ用のCDクリーンしか入っておらず、ラジオ局はそれ使ってるだけ、とか?

2021-12-01

鬼束ちひろって今でもレコード会社の言うとおりに働いてたら普通にFNS歌謡祭とか出て歌唱力絶賛されてたんだろうな

2021-11-10

[]エロ焼肉屋

タレントアルバム発売した後の打ち上げレコード会社に連れていかれる店。

何がどうエロいのか不明だが元AKB の人がテレビであるあるネタとして語っていたのでそういう風習レコード会社にあるらしい。

女性をそんな店に連れて行く時点でセクハラだしあわよくばが透けて見える。

2021-10-30

紅白って

大手レコード会社が枠をほとんどを占めてたり

そんなに知名度や人気がなくてもNHK個人的推したい人を贔屓したり

純粋に選ばれるもんじゃないんだから選ばれたら偉いわけでもないし選ばれなくても落ち込まなくていいだろ

2021-10-27

誰しもiPhone覇権握るって思ってたでしょ

ネットで声がでかい人の意見歴史修正するのはちょっとどうかな、と思う

そもそもiPhone登場の前にiPodの躍進っていうのが史実としてあるし欠かすことはできない

2001年に初代が登場、躍進したiPod nanoが2006年iPhone登場が2007年

iPod登場以前からmp3音楽違法ダウンロードっていうのはインターネット普及と共にあって

mp3再生できるウォークマン相当のものが待望されてた

しか日本の各社、特にSONYmp3違法から開発に難色を示し、MDを推進したりATRAC作ったりした

そんな中で空気を読まないAppleっていう会社iPodを発表、mp3が聞けるってことで大流行

当初はMacしか連携できなかった(気がする)けど、WindowsでもiTunesが使えるという当時としてはビックリ対応世間を賑わせていく。

時を同じくして韓国系メーカーも参入。Rioとか懐かしいよね。当時からFLACとかOgg Vorbisとかが聞けるっていう尖ったデバイスもたくさんあった。

後はCDmp3を焼いたらフォルダ構成読み込んでアルバムとして再生してくれるやつとかもあったし、wmaとかとの覇権争いもあった。

日本権利問題が難航して全然そういうデバイスが出てこず、確かAIWAが発売してちょっと世間が沸いたぐらいだった。

そんな中でiPodが更に躍進したのがiTunesのおかげ。これで音楽ダウンロードっていう商売を成立させた。

日本では長らくiTunesで聞けるのは洋楽だけで日本レコード会社提供してくれないっていう状況が続いたし

SONYレーベル持ってたりするのでますます違法コピーの可能性があるmp3配信に難色を示して結果としては完全に出遅れ

そんな中でiPod nanoが発表。信じられないくらい小さくなっておしゃれになったデバイス

巷を席巻して、もはや携帯音楽プレイヤーiPod nanoって感じになった。

この頃から携帯電話音楽再生機能を盛り込み始める。(まぁ前からあったがおまけみたいな機能だった)

しかし例によって音楽業界の圧力なのかSONY圧力なのかmp3は聞けなかったりして独自仕様固執

SDカードは吸い出しできるからMemory Cardとか、いろんなプロテクションをかけてとにかく使いにくかった。

とはいえ邦楽聞くにはそれしか方法が無いので着うたフルとかLISMOとかが出て、SONYからwalkmanケータイが発表。

まぁそれはそれで結構流行ったけど海外流行るはずも無く完全にガラパゴスになった。

その頃からみんな噂してたのが

「逆にAppleケータイ市場に乗り込んでくる」

っていう話。

だって携帯iPodの2台を持つのが面倒だから一台にしたいっていうのが強い思いとしてあった。

Apple日本携帯メーカーと協業するっていうイメージが全くなかったから出るならAppleから直接出るだろう、と。

2004年に発売されたNintend DSタッチスクリーンUIの新しい方向性を見いだしてた頃だったので

Appleが乗り込んでくるならタッチスクリーンだろうことは間違いなかった

そもそもiPod nanoのディスプレイタッチスクリーンになるのでは?っていう話もあった。

だって当時のUICover Flowなんてタッチすること前提っぽい作りだったから。

まぁ乗り込んでくるなら名前は「iPhone」だろうっていうのもみんな予想してた。

iMacとかiPodとかiで攻めてるからまぁ安直iPhoneだろうな、と。

ただ、全面タッチスクリーンっていうのは難しいだろうという意見が多かった気もする。

これは自分の周囲だけかもしれないが、キーを無くすと視覚障害者が使えないのでユニバーサルサービス電話での導入は難しかろう、という話があった。

後は折りたたみにしないと液晶指紋で汚れる。

当時は画面が指紋で汚れるのは御法度クロスをみんな持参してことあるごとに拭いてた。

その画面を触りまくる携帯なんて考えられない、というのが大勢だった覚えがある。

ところがAppleはやってのけた。そういう弱者は全部切り捨てて全面タッチスクリーンiPhone発表。

日本音楽業界と繋がりの強いdocomo絶対販売しないと分かってたのでソフトバンク独占販売

下手したら日本販売されない可能性もあったかソフトバンクには感謝しかなかった。

このiPhoneiPod音楽業界を席巻したAppleから携帯業界でもやってくれるだろうという期待があった。

ただ初代は流石にしんどい部分が多くて音楽聴いてたら電池なくなるし電話しづらいし画面が指紋だらけになるし。

とはいえiPod nanoとの二台持ち解消のためにiPhoneを選ぶ人も結構いた。

最初iPodの代わりっていう立ち位置だったけどApple Storeがその情勢を変えていく。

Nintendo DSゲームとして提供してたタッチパネルを活かしたいろんなアプリアイデアApple Storeでアプリとして提供される。

ギターアプリインストールしたらギターになって、それを披露するとキャバクラモテるかいう噂が流れておっさんがみんなiPhone買い始めた。

後はもう、ご存じの通り、という感じ。

iPhone 3Gとか3GSとか4とかで盤石になっていった。

Androidが対抗馬として出てきたときはかなり期待したけれど

Appleのようにデバイス固定化できるOSとは違ってAndroidはいわばWindowsを目指したので立ち上がりに失敗した。

デバイスに合わせてゴリゴリチューニングすることができず、逆にOS内部まで手を入れるとアップデートが出来ないというジレンマ

そもそも各社がOSチューニングをするのはAndroid思想に反するし、とはいえ各社サプライチェーンがあるからデバイスバラバラ

Androidでまともに動くケータイの方が少なかったけどXperiaは頑張ってた。そこはSONYの意地だったな。

とはいえAppleみたいにクローズド戦略じゃないか世界的にAndroidの数の方が多いのは当たり前

デバイス差分が大きいかAndroidっていうプラットフォーム上で商売するのはちょっとしんどいんだけど

デバイス数が多いか対応せざるを得ないっていう状況

ただ、Androidデバイスが多いとはいえ公開したアプリが全てのAndroidデバイスで動く保証が無いので

iPhone向けにアプリ作る方が実際に動くデバイスが多いのは確かだろうな

なのでいまだにiPhone向けだけにアプリが公開されたりするし

iPhone携帯市場で大きな立ち位置を持ってる

anond:20211026193844

2021-08-10

anond:20210809222248

あおぎり高校音霊魂子配信をちらっと見たぐらい

他も超適当

 

 

 

あおぎり高校

勢い ★★

安定感★★★

将来性★★

主な演者:音霊魂子

 

元々ゲーム部の派生で生まれ人達で、実はゲーム騒動煽りを一番受けてたとも言える。

その環境下をASMR配信を行うなどして生き残ってきた音霊魂子の根強い人気でVTuberチップスになったりしている

そして元々ゲーム部の3Dなので所属している子達は3Dで可愛く動く。

 

一つ難点を言うなら、生き残る為に2.5次元状態解放してある為結構な頻度で演者リアル素手が出てくるところだ。超美麗3D…超美麗3D…

だが、元々CTuber構想などがある事務所だった為そこら辺は演者キャラクターも一緒になってこの事業に向き合おうとしているからかもしれない。そこら辺は、表現者自由だ。

筆者が勝手音霊魂子比重を大きくしているため、他の演者の様子などは不明である

しかし、音霊魂子自身があおぎり高校ちゃん愛着があるのでそういう意味合いでもあおぎり高校の安定性と将来性は今ひとつな部分がある。

の子が抜けたらガッタガタみたいなのは事務所として健全とはいえない。

 

 

 

神椿

勢い ★★★

安定感★★★★

将来性★★★★★

主な演者:花譜、

 

VTuber音楽事務所といえばここ、にじさんじやホロライブにも負けないぐらい濃度の高い表現力で圧倒してくるのがこの事務所

しかVTuberだけでなく、カンザキイオリやGuianoなどのアーティスト所属しており、VTuber表現した彼らは実際のところVTuberと名乗ってはおらずバーチャルアーティストである

まぁ、にじさんじやホロライブVTuberとは名乗らずにバーチャルライバーと名乗ってたりする。誤差だよ誤差。

バーチャルアーティストでいうなら花譜以外にもなんでもラップにしちゃう春猿火や、名前だけわかるヰ世界情緒所属している。因みにDUST CELLアーティストの方です。因みにね。

そんなこんなで定期的に歌系の動画カバー動画投稿してるのが彼らで、たまにTwitterトレンドライブしてる時のタグが上がってるのも彼ら。俺はまだライブたことない。

そういう意味合いで勢いも安定感もあるし、将来性なんかとてもある方、だと思う。

難点を言うならアーティストである部分で、VTuberやVライバーで言うところの質感が掴みづらいところだ。

まぁそこは好きになった各々が適切な距離感でもって処理する部分だと思う。

 

 

V-clan

勢い ★★★

安定感★★★

将来性★★★

主な演者:朝ノ瑠璃

 

これ日テレVTuberがよく出る番組から違うんじゃ…

と思ったけど全くそうじゃなくて、にじさんじが前やろうとしてたにじさんじネットワークみたいなのをもっと大枠かつ多数のアーティストが参加できるような

…あれ…

これ…upd8…?…お前…もしかして…upd8なのか?

 

まぁそういう大規模なネットワークらしく、全然違うみたいです。よくわからんけれど。

 

いろんな事務所VTuberを呼んでコラボしたりSPWNというアプリバーチャルライブを開催したりしてるので

先述のにじさんじやホロライブ、あにまーれもライブ番組に参加しております

またV-clanネットワークの方ではあおぎり高校個人勢と呼ばれる方々からも朝ノ姉妹や天開司も参加されるなど、そういう意味では今アツい事務所ネットワーク?みたいなものかもしれませんね。

そういうネットワークが潰れてきたところは見てきたけれど、一応日テレなので安定性と将来性を★★★、今調べてやっと「あのライブか!」と思えたので勢いも★★★です。

 

 

 

岩本町芸能

 

勢い ★★

安定感★★★

将来性★★★

主な演者:えのぐ

 

馬越健太郎を知ってる?知らない?そっか…

あんたまって知ってる?

2017年のコミケに突然現れて『コミケの期間中Twitterフォロワー数一万人行かなかったらアイドルデビュー出来ない』っていう謎で無茶な目標を掲げて見事にデビュー出来なかった子達のことさ

それからまた別のレコード会社に見つけてもらって、今度こそ一万人超えてデビューできるようになって大泣きをした人達の事さ。

その後女優部とか作ったり、結局そこと合体して五人組になったり

そう、それがえのぐなんだよな。

 

彼女達は今でも苦難の中を走り抜けていて、それでも定期的に自分たちファンに向かってライブをしている。

それが多いとは言えなくても、少ないとも言えないから。

あの夏の日、無茶だと言われた数よりも彼女たちはとても多い数の存在認識されている。

認識されていた、なのかもしれないけれど。

それで、今でも活動されている。この前十日間連続ライブやったらしいよ。

あと岩本町芸能社でいうならMarprilってのもホットですね。

 

ねぇ、ホントに知らない?馬越健太郎

 

きっとみんな知らないモグリだと思うので評価はこんな感じです。

2021-07-20

小山田賞賛から手のひら返ししたいじめ加害者リスト

「当時は知らなかった」なんて通用するか。ブコメいじめの事指摘してる奴なんて何人もいたぞ

お前らはいじめを見て見ぬふりしていた人間なんだよ。いくら今になって小山田糾弾しても許さないからな

  

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/blog.imalive7799.com/entry/Design-A-201808

  

id:Panthera_uncia 行きたいけど混雑ぶりに引いた / これは次のクズ発言が出てくるフラグ…!

https://b.hatena.ne.jp/entry/4705572458623620962/comment/Panthera_uncia

  

id:anus3710223 "障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料"行くしかない / 世の中にはいじめをしておいて何食わぬ顔で生きてる奴がたくさんいるのを私は知ってる。そうした奴らを私は絶対に許さない。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4705575524158258402/comment/anus3710223

  

id:mricopp ぼくも好きすぎて富山の行ってきたんだけど正解だったなあ。こんなに混んでなかったし、じっくり楽しめた。 / 五輪音楽受けている時点で、本人にはまったく自覚がないし反省してないんだろうなあ。さようなら

https://b.hatena.ne.jp/entry/4705482826364922498/comment/mricopp

  

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/natalie.mu/music/pp/cornelius03

id:mats3003 CD買おう。こういうのをロングエディットして、12インチで出すくらいの体力が日本レコード会社にあればなあ。 / 日本お家芸CD販売配信の停止、Eテレ降板はしないの? 攻殻機動隊も。いじめられてた方々やかっていじめられてた人々のPTSDにつながるし、永遠に封印すらおかしくないと思うんだけど。ねえみんな。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4705683160393044738/comment/mats3003

2021-07-07

anond:20210707113354

金が来てない奴らの話なんか聞いてないだろ

韓国の金はどこから来てて、日本レコード会社の金はどこにいってんだよ

2021-06-30

何者かになんてならなくても、目の前にあることをちゃんとやっていけばいいんだよ…

うるせーーーーーーーー!!!俺がメジャーセブンスを鳴らした時に奇跡が起こって全てのレコード会社からオファーが来て蹴らせろ!!!

『ボクの音楽を真に理解してくれてるとは…言えないな』とか言わせろーーーーー!!!

がぁーーーーーーー!!!

 

 

 

🎸ジャラーン…

 

 

 

2021-06-28

anond:20210628182712

パ。ン。ティー。この3人のユニットによる人気絶頂アイドルだったパンティーズ。1977年7月17日、日比谷野音に集まったファン6000人が見つめる中、コンサートが終盤に差しかかり興奮はピークに達していた。その時だ。突然「私たち9月に解散します。普通パンティーに戻りたいんです!」。会場は静まり返った。いきなりステージで発表するとは事務所レコード会社も知らなかった。大ニュースとして全国を駆け巡った。「同じ年代パンティーのような生活に強い憧れを持っていた」と話す関係者もいた。引退公演は翌年の4月4日、後楽園球場に5万5000人を集めて5時間52曲を歌い「本当に私たち幸せでした」の言葉を残して去って行った。

anond:20210628132221

そもそもiPad漫画描けたり、楽器弾けなくてもDTM音楽作れたり漫画とか音楽業界ってツール進化してものすごい効率化してるもんな

それで流通物理メディアじゃないか配信代行サービス使えば一人でリリースできる

宣伝TwitterYouTubeTikTokで良い

ミュージシャン漫画家って副業で成り立つレベルまで効率化されてる気がする

まぁ専業としてトップを目指すならレコード会社出版社契約した方がいいんだろうけど

2021-05-31

プロトアマチュアの違い

ボーカル楽器男の2人組ユニットは、アマチュア場合SEXしてる(付き合ってる同士でユニット組むから

プロ場合SEXしてない(レコード会社が選んできた人材と組むから仕事上の付き合いしかない)

下世話な話ではあるが知る限り結構当たってると思う

2021-03-20

著作権表現の自由関係ないのか?(ウマ娘おまけつき)

anond:20210317235416

これに著作権者の言うことだから聞くべきだと言っているブコメがあって驚いた。

著作権というのは憲法上の権利ではなくて、国が著作権法という法律で認めた権利だ。歴史的にも、憲法表現の自由規定されるようになった18~19世紀前半には著作権保護はろくすっぽされていなかった。そして、著作権国家保護するということは、ある著作物を利用して二次創作をつくる人を国家が抑圧する、という側面をどうしても持たざるを得ない。それが表現の自由に照らして問題ないと思うのはちょっと信じられない。それに著作者二次創作ダメだと言ったらそれでおとなしく諦める、という淡泊姿勢も納得がいかない。私は、(性的表現を含めて)二次創作者は、どうしても二次創作を書きたいから書くんだと思っていた。こんな淡泊姿勢をとる人が多いということは、実は単なる商売ネタに過ぎないのかな。訴訟になると面倒だから、ということならまだ分かるが。

私は著作権著作者人格権が必要ないとはまったく思わない。でも、パロディ事件しかり、ときめきメモリアルメモリカード事件しかり、日本著作権法や判例法理国際的に見ても原著作者保護が極めて強いわけで、それは表現の自由に照らして非常に問題があると思っている。著作権には表現の自由が及ばない、みたいなことを言っている人がいるのは驚きではある。原著作者が権利主張を始めたらいわゆる二次創作物を壊滅させることができる(コミケは単に目こぼしされているだけ)、それを国が著作権法によって認めている、それが問題だと思わないのか。そういう問題意識を持たない人には二度と表現の自由などと口にしてもらいたくない、とすら思う。

~おまけ~

ウマ娘 プリティーダービー』の「お願い」は、

キャラクターならびにモチーフとなる競走馬イメージを著しく損なう表現は行わないようご配慮いただけますと幸いです。

作品には実在する競走馬モチーフとしたキャラクターが登場しており、許諾をいただいて馬名をお借りしている馬主のみなさまを含め、たくさんの方の協力により実現している作品です。

モチーフとなる競走馬ファンの皆さまや、馬主さまおよび関係者の方々が不快に思われる表現、ならびに競走馬またはキャラクターイメージを著しく損なう表現は行わないようご配慮くださいますようお願いいたします。

というものだった。

https://umamusume.jp/news/detail.php?id=news-0106

これは、そもそも著作権著作者人格から来る要求とは考えられない。競走馬著作物ではないから、著作権著作者人格権の客体ではあり得ない。馬主不快に思われる表現をやめよと要求する権利があるとすれば、おそらくは馬主名誉権などの人格利益保護となるだろうか。競走馬ないしキャラクターイメージを著しく損なう表現をやめよ、と要求する権利があるとすれば、知的財産権というよりは、商品化権ないしパブリシティ権キャラクターイメージ毀損については著作者人格権の問題になり得るが)といったビジネス上の権利問題になるだろう。これを概括して「著作権」による要求と解するのは粗雑に過ぎる。

キャラクターイメージ毀損については、一般的性的表現がすべてそれにあたると簡単に言うことはできないのではないか。たとえばどぎまぎイマジネーション事件※(ときめきメモリアルのもう一つのアレ)の東京地裁は、詩織ちゃんが「優等生的で、清純な、さわやかな印象を与える性格けが、本件ゲームソフト及び関連商品の売上げ及び人気の向上に大きく寄与している」という一方で、被告が「清純な女子高校生性格付けられていた登場人物藤崎詩織と分かる女子高校生男子生徒との性行為を繰り返し行うという、露骨な性描写を内容とする、成人向けのアニメーションビデオに改変、制作した」ということを問題にしているのであって、一般性的表現は許されない、と言っているわけではない。ある改変行為性的表現に限った話ではない!)によってイメージ毀損がなされているかどうかは、そのキャラクターがどんなキャラクターなのかということを考察してみないと始まらない。

モチーフとなる競走馬ファンの皆さまや、馬主さまおよび関係者の方々が不快に思われる表現、ならびに競走馬またはキャラクターイメージを著しく損なう表現」として、性的表現一般がそれにあたるのではないかと考えた人がそれなりにいたことは確かに興味深い。

もっとも、これに関するツイートを見ると、性的表現に限らず何が「不快に思われる表現」なのかはよく考えてみないといけないはずだというものもあって、結構冷静に考えている人がいるのが分かる。

例:https://togetter.com/li/1239211https://togetter.com/li/1673486

ただ、私自身は、これは「「何にエロを感じるのは人それぞれだし、どこからエロくてどこからエロくないか線引きなど出来ない」と噛み付いていた人々が「ウマ娘エロ絵は禁止」の一声で「何がエロだと受け取られ、馬主不愉快にするか」をきちんと自分達で考え始めたの笑う」(https://twitter.com/rtoiuyuiotyuijj/status/1371455240143212545)というのとは正反対事態ではないかと思う。先ほども言った通り、何がキャラクターイメージ毀損するかというのは、そのキャラクターがどんなキャラクターで、どんな描写をしたらイメージ毀損するのかを具体的に考えなければ分からないはずである(そして、そうするべきだ、という人も確かにいた)。むしろ性的表現一般を諦めるという態度をとった人が少なからずいたということは、「何がエロだと受け取られ、馬主不愉快にするか」を考えられないから、一般的性的表現はやめました、ということになったのではないだろうか? まあ、自分の描くものはあまたある性的表現の中でも確実に人を不愉快にさせる類のものからやめました、ということなのかもしれないが。

※どぎまぎイマジネーション事件では、東京地裁詩織ちゃんイメージ毀損によってどのくらいの損害が発生したのかという問題をあまり扱っていない。イメージ毀損という無形損害の賠償はどうしても裁判官裁量、つまりブラックボックスになりがちだとはいえゲームソフトの売り上げの損失(をコナミ証明することは困難だろうが)や、詩織ちゃんを使った事業にどのくらいの問題が生じたのかというような部分で争う余地があったのではないだろうか。それこそ表現の自由観点に照らせば、「被告行為によって受けた原告信用毀損は少なくないと解される」という短い言葉検討を終わらせて良いとは思えない。判決文の短さから察するに、被告法定代理人無能だっただけかもしれないが。

追記

ブックマークより)

解釈論と立法法政策)論は別物だからな。増田の言うことは「日本フェアユースを認めるべき」と前から議論されている。一方現行法サイゲの「お願い」は正当性がありそれは尊重されるべき。

そんなに厳然と区別できるものではないと思う。ある法解釈の結果、いかなる帰結が発生するかという帰結主義的な考慮を法解釈に持ち込むことは裁判所普通にやっているだろう※。著作者人格権については、著作権20条は、著作物の改変について、客観的名誉侵害から保護というよりも、主観的思い入れを強力に保護しているようにも読める規定になっているわけだけれども、著作権現実行使するのが、著作権管理している出版社レコード会社といった大資本であることに鑑みれば、その解釈は非常に大企業に有利な体制を作ることになる。立法によってテクストを変更する前に、解釈可能性が開かれているとき、まず解釈で争うことを諦めるべきではないと思う。

※もちろん、あまり政策的な考慮を重視するべきではないという立場はあり得る。特に刑法場合罪刑法定主義との関係上、処罰をする方向へと政策的な考慮を強力に効かせることには問題がある(古典的な例では、電気財物にあたるかという問題が良く採り上げられる)。ただ、政策的な考慮を一切しないというのは、それはそれで異様な考え方ではないか

なお、一見してみて、Cygamesの「お願い」が一理もないとは思わない。仮におうまさんのことは度外視しても、ファンコミュニティの維持は大事なことだろうし。単に、著作権には表現の自由は譲るという単純素朴な理解をしている人がいることが意外だっただけである

メタボ教授競走馬種牡馬)は法律上『金融商品』なので単純に損害賠償請求される恐れがある」https://youtu.be/o3glYqYwsHs

金融商品とは何のことだろうか。カッコつきで書いてあるということは、金商法上の金融商品有価証券預金債権等、通貨)ではないということかな? キャラクターないし商品イメージブランドイメージ毀損について不法行為による損害賠償請求がされうるというのはその通り。パブリシティ権との関係では馬名の使用について許諾はいらないということになるとしても、後からゲーム中の描写イメージ毀損になっているとケチをつけられると訴訟を抱えて面倒になるから、馬名の使用拒否する場合はその馬名を使わない、というゲーム会社経営判断理解できる。ただ、この金融商品という言葉遣いは唐突に感じる。

憲法上の権利である財産権幸福追求権を著作権著作者人格権という形で具体化しているので著作者権利基本的人権範疇では。おまけは113条11項的なアプローチと思うので著作者人格権の問題なんじゃないかと。

かに、あらゆる法律上の権利は煎じ詰めれば何らかの憲法上の権利に行き着く可能性が高い。ただ、憲法上の権利である表現の自由と、憲法上明示されていない著作権とをフラットに扱って、何も重み付けをせずに天秤に乗せるべきものなのだろうか? あと、おまけでは「お願い」が著作者人格権の問題ではない、ということではなくて、法的な権利性質主体・客体がバラバラな諸要求が一枚のお皿に盛られているので、著作権とひとくくりにするのはまずいということを言っている。

著作権表現の自由問題は多分学問的にもまだそれほど論じられてないので表現の自由戦士の中でもガッツリ法学系の人じゃないと考えるのも難しかろうとは。現状の著作権システム是認するのが不当とは言い切れんが

これは、知らなくてもしょうがいかなという気はする。ただ、こういう論点も考えられるようにしておかないで何が表現の自由かとも思う。実際には、超有名論点にすら関心は持たれていない(性的表現制限する刑法175条がまるで問題にされていないようだし)のでそんなのは無理、ということになるかもしれないが。

そもそも表現の自由戦士」はただのレッテルであって、何でもかんでも表現の自由ゴリ押す人たちのことじゃありません。法律に守られた権利を「お気持ち」でゴリ押そうとする人たちに抵抗しているだけです。

私は「表現の自由戦士」というレッテルは使っていないと思うのだが・・・。「法律に守られた権利」というけれども、ある表現に対する「お気持ち」表明(これもまた表現だ)を差し止め権利表現の自由に含まれているとは解されない(名誉毀損のような場合は別だが)。それとも、「お気持ち」に基づいて出版物差止訴訟を濫発した、みたいな事件があるのかな? せいぜいツイッターでボロクソに言われた程度の話しかないような気がするけれども、それが元増田言葉を借りれば「自由制限」とはまこと大仰な話だ。

※以下はこの方に対する直接のリプライではないが、関連する内容ではある。

性的表現(正確には、わいせつobscenityにあたるもの)というのは、日本アメリカ判例法理上、保護されない言論位置づけられている。なぜかというと、表現の自由について司法審査基準を厳しく設定する理由として、民主的過程の維持や人格の発展といった目的が持ち出されるわけだけれども、ということは、逆にいえばそういった価値との関わり合いが薄い表現は、別に手厚く保護しなくて良いということになる。となると、性的表現は「法律に守られた権利」とすら言えないのではないか。私は、それで良いとはまったく考えないけれども、それならそれで現在判例法理を覆す理由付けを考える必要がある。悲しいかな、私は専門家でもないトーシローだし、中々良い案が浮かばない。表現の自由について考えている人は、是非この問題について詳しく調べてみて、知恵を貸して欲しい。なお、定義的衡量(何が「わいせつ」にあたるかという論点で戦う)をいくら頑張っても、いわゆるハード・コア・ポルノにとっては役に立たないということは申し添えておく。

二次創作者やその支持者の大半は「表現の自由」を信奉してるわけでは無いと思ってる。その観点から表現の自由」という言葉を軽々に使うなというのは分かる / エロ即ち不快表現との理解はびっくりするよね

そう、私も性的表現ただちに不快表現にあたると解した人が少なからいたことが驚きだった。こういう短絡を起こしたということは、将来、あらゆる出版社ゲーム会社がこの手の「お願い」を出したら、性的二次創作表現は全部ピタリと止むということになるんじゃないかな・・・。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん