「圧倒的多数」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 圧倒的多数とは

2021-05-06

GWがあまり過酷だったせいで

GW東京出張があまり過酷だったせいで、

まだ体が戦闘モードに入っていて具合が悪い

なにか自宅にいても落ち着かない感じだ

戦争から帰ってきた直後の引き揚げ兵なんかもこんな気分だったんだろうな

東京はなんだかんだで自分と戦って成長するにはい場所だよな

住み心地が悪いだけに、もがこうとするから

そういう意味では東京人に感謝してるんやで

圧倒的多数他人という存在のおかげで努力できたんや

若い人は大学東京にするか、もしくは20代の数年は東京就職することをすすめるで

2021-05-05

anond:20210505101425

今、20~30代の年収ボリュームゾーン中央値420万くらいで、300~500万の間に収まってる訳だけど、彼らの大多数は、大学に通ってんだよね。

それも学費が高い私立大学に親の脛かじって進学してると。

年間100万~+仕送り120万あたりを4年間使う程度の経済力を親も持っている。

塾にも通ってるだろうし、大多数は新聞配達など児童労働のために勉強する時間もなかった、なんて家庭ではない。

これで結果が出ないなら、本人が無能なだけ。

大多数は、親がインテリなら、親が金持ちなら、なんていい訳出来るほど苦しい環境で育ってはない。

増田は「大多数は」ってしきりに言うけど、日本大学進学率ってせいぜい55%なのよね。

参考)https://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2019/08/08/1419592_1.pdf

自分が貧しいのは社会のせいだなんて言ってる奴らの90%は、単に無能なうえに怠惰に生きて来ただけだよ。

「俺が貧しいのは社会問題だ。政治が悪い」と言ってる奴の圧倒的多数は、行くだけ無駄だった私立大学専門学校学費を払える家庭に育ってる。

それが専門学校大学への進学率や、現在年収など各種の統計から言える事だね

「俺が貧しいのは社会問題だ。政治が悪い」と言ってる奴って、だいたいは増田言及していない(無視している?)45%のほうにいるんじゃないかな。

大卒(55%)についても、「これで結果が出ないなら、本人が無能なだけだ」と増田は言うけど、日本人の平均年収って90年代前半をピークに減少に転じて、ここ数年少し持ち直した程度なんだよね。要するに、いつ育っていつ就職たか年収にあからさまに反映されている。

もっとはっきり分かる例を挙げるなら、このコロナ就職難になる新卒について考えてみればいい。その人たちはコロナ前に楽勝で就職していた世代よりも無能怠惰から就職難になるのかな?能力や勤勉さより、生まれてきたタイミング就職するタイミングあきらかに物を言っているよね。

参考) https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/kako/2017/documents/useful2017_21_p304-348.pdf


増田はなぜか日本他国比較しないけど、例えばミャンマーの人たちが日本の人たちと比べて相対的に貧しい傾向にあるのは、ミャンマーの人たちが無能怠惰なせいだと思う?おれはミャンマーの人たちと日本の人たちの年収多寡の違いを生んでいるのは、基本的に単に生まれ場所タイミングによるものだと思うけど。

日本人の20~30代が今の年収なのは、その人たちが20~30年前に日本で生まれ日本で育って就職たからで、結果としてミャンマーの人たちよりは裕福で、親世代と比べれば貧しい。それは無能怠惰が原因ではなくて、繰り返すけど、20~30年前に日本で生まれて、日本で育って就職たから、だ。個々人で見れば、それに加えて誰からまれて誰に育ててもらったかなどが影響している。

2021-05-04

自民党努力している

自民党圧倒的多数なのは圧倒的多数派になるためのたゆまざる努力を重ねてきたかである

それは小選挙区比例代表並立制だったり、教育制度改革だったり、歴史戦だったりする。

あるいはドブ板選挙だったり、贈賄だったり、利益誘導だったりする。

そういう血のにじむような努力を踏みにじるようなことをしてはいけない。

2021-05-02

anond:20210502193227

いまさ、国公立大学の単願で奨学金をもらってるのどのくらいいる?

いることはいるんだけど、多数派じゃないんだね。単願ってのがもう地方民と田舎者しかいないから。

圧倒的多数が、国公立を落ちて私学にやむを得ず入って、そこで奨学金借りるでしょ。

からストレスたまるよ。

2021-04-29

anond:20210429091318

初期に感染してない人だっていまだに感染してない人の方が圧倒的多数派だが

2021-04-13

潰れてもいい主義を脱することができるか?

https://togetter.com/li/1696778

○○界なんて潰せ、潰れてもいいというのは雑すぎるかな。個人名を出して批判は勿論OKですけど。ヤ○カンクズからアニメ業界なんて潰れたらいいとか、田○滋があれだから漫画業界なんて無くなっていいと言われても困るし。演劇業界であれなのは著名な脚本家など製作側で役者はそうでもなかったり。制作側は本当に脳味噌50年前で止まってるけどw

日本も岐路に立たされてきたんだよね。もう、民主主義ではやっていけない。

だいたい「○○界なんて潰せ、潰れてもいい」という発言地方公立の下1/3から高卒レヴェルがよく使う。

なぜ言うのかというと、国民圧倒的多数で、大衆から

国民の83%くらいが「○○界なんて潰せ、潰れてもいい」ってのに賛同するんだよね。


ひょっとすると、「○○界なんて潰せ、潰れてもいい」という発言が行われたら、その発言を行ったもの実名付きで逮捕するとか、そこまでやらないといけないのかもしれない。

意外なようだが日本人の大半は文化大革命を心の底では支援している。

勉強もしなくていいし。

2021-04-06

anond:20210406145038

被害者全体でみたら全然救済が進んでないというならその通りなのかもしれないけど、DVシェルターなんかみても女性限定のとこが圧倒的多数男性の入れるとこがないのは事実なんで……

最近はそうでもないけど、一昔前は「男が妻に殴られてるなんて恥ずかしくて言えない」「打ち明けても『男のくせにだらしない』と逆に嘲笑された」みたいの聞いたしね。

そういうのはやっぱ問題です。どっちか蔑ろにしてもう片方だけ救うべきってのはどっちにしろ絶対ないんで両方助けないといけないでしょ。

2021-04-03

anond:20210403210138

それ以上に発展させようとすると、圧倒的多数弾圧を仕掛けてくるからな。

だいたい、フェミニズムもBLMも「役に立つか」なんて文脈では語られない。

そんな風に扱うのは失礼だし社会が許さないってことをみんなが知っているから。

なぜ弱者男性論だと態度が変わるのか? 大衆の顔色をうかがって判断を決める牛後だからだと思う。

2021-04-01

anond:20210401152054

願いつつ次の山のようなゴミとほんの指先一つまみの優秀が生まれるためにカネを落とす。

人間社会の縮図だと思う。

人間圧倒的多数ゴミに「死なないでほしい」なんて口ではきれいごとを言いつつホントは優秀な人間だけ欲しい。

少子化ってそういう人間の内なる欲望の表れなんだろう、という気がしている。

どうせゴミしかできないのなら生まれてこない方がいいよね、っていう。中台韓日、どこも少子化してるし。

anond:20210401143122

あと

BLしろ男性向けにしろエロしか存在しないと思ってるやつ

男性男性向けエロ圧倒的多数で(腐)女子BLは少数派だと思ってるやつ

もな

同人世界って、同人を1ミリくらいしか知らない人とある程度知ってる人とで認識が全く違うから話もかみ合わない

2021-03-23

Zガンダム好きのガノタに送る、汚名挽回が間違いではない証拠の数々

青空文庫ネガティブ言葉+挽回検索した結果が以下だ。

そもそもこんなものを列挙しなくても「遅れを挽回する」「劣勢挽回」などネガティブ+挽回の用例は身近にいくらでもある。

にも関わらず「汚名挽回」”だけ”がネタにされ続けるのはなぜなのか。ガノタという生物にはロジカル思考ができないのか。

一度広まったデマが訂正されることの難しさを痛感する。

T署の刑事予算超過に増員しても追付かぬ 殷盛 ( はんじょう ) に、不景気挽回

辰野九紫バスの女

https://www.aozora.gr.jp/cards/001782/files/56514_65211.html

おまえはわしに代ってこの道場を支え、一時の汚名を、将来の精進挽回してくれい……と、こういうのだ

吉川英治 宮本武蔵 風の巻

https://www.aozora.gr.jp/cards/001562/files/52399_49787.html

衰勢ヲ挽回セントスル也

永井荷風 上野

https://www.aozora.gr.jp/cards/001341/files/49633_37944.html

衰勢を 挽回 ( ばんかい ) せしめたるものは実に役者絵中興の祖と称せらるる

永井荷風 江戸芸術

https://www.aozora.gr.jp/cards/001341/files/49634_41512.html

頽 ( くづれ ) を挽回する

清水紫琴 誰が罪

https://www.aozora.gr.jp/cards/001146/files/43517_16588.html

外交に加へて了つた重大損害を挽回するにはもはや遲すぎたと

關口存男 新獨逸語文法教程解説

https://www.aozora.gr.jp/cards/001402/files/49940_57497.html

そのまま敗戦 挽回 ( ばんかい ) の策を議し始めた。

吉川英治 三国志 臣道の巻

https://www.aozora.gr.jp/cards/001562/files/52413_51064.html

不利を挽回しようとするだけではどうも弱い

富田倫生 本の未来

https://www.aozora.gr.jp/cards/000055/files/56499_51225.html

となり、全て列挙しているわけではないが山程出てくる。

ちなみに多すぎて省略しているが、青空文庫で「挽回」とのコンビネーション圧倒的多数派なのが「頽勢挽回」だ。

頽勢たいせい。衰えてゆく形勢)なので、間違い派に言わせると「衰えてゆく形勢に戻してどうすんだよw」となるが、これが間違いだとすると間違った用法が一番多い用法となってしまう。

汚名挽回じゃなくて名誉挽回だろwww」と汚名挽回間違い派の金科玉条のように例として挙げられる「名誉挽回」だが、意外にもむしろ少数派で、3件ほどしか見つからなかった。(太宰治 善蔵を思う、A Secret Service フレッド・M・ホワイト Fred M. White 奥増夫訳、正岡容 小説 圓朝


この結果を見てもまだ汚名挽回汚名は『挽回』されないのだろうか

2021-03-11

一昔前にあったホームページのあの文章が本当に嫌い

今日はあの未曽有の大災害から10年なんですね。

14:46から1分間黙とうしました。

ところで、良くホームページに「東日本大震災被災された方に~」という文言があるのですが、僕はあれがすごく嫌いです。

だって、あの震災のことを「祝う」人なんていますか?心を痛めない人なんていますか?

たぶん、ごく一部の人はそんな人もいると思う。人生いろいろあるだろうから

でも、圧倒的多数の人は心を痛めただろうし、そのことを考えている人も多いと思う。

そこであの「東日本~」。冷めますよ。さも私たちはこのことを考えています的な「ポーズ」にしか見えない。

そしてそんな一文やバナー画像インターネットリソースとかも浪費してる。

言ってしまえば「情報量零」の情報を無理やり見せられてると感じている。いい加減やめてほしい。

2021-03-10

十年かけて復興できないならもう諦めた方が良いんじゃないの?

復興できてるところはあるんだろうけどさ。

そもそも被災した地域で未だに復興が進まないのは、元々限界集落だったんでしょ。

黙っててもゆっくり滅ぶ地域だよね。

今までと同じ生活をするには、今までと違う生活をする必要があるって事じゃん。

「昔のような活気」は予め失われた土地だよね。

復興できる地域は良いよ。でもできないところね。

たぶんできてないとこのが圧倒的多数派でしょ。

廃村廃町にしてみんな引っ越したら良いんじゃないの?

故郷なんて呼べる土地を、俺はもったことないけど、人生で一度も困ったことないよ。

人と会いたければネット約束すれば良いし。

引っ越しめんどいけど、出てから舞い戻ったら二度手間だしバカみたい。

限界集落にしがみつくのを、税金支援するのはやめて欲しい。

2021-03-07

https://anond.hatelabo.jp/20210306213813

今の社会マイノリティマジョリティ攻撃するような表現公然と行えば、より危険さらされるのはマイノリティの方である。だから圧倒的多数マイノリティはそんなことをせず、むしろ感情抑制に非常に長けている。

本筋と全然関係ないのだが、とあるマイノリティ属性を持っている自分が、他の弱者人間感情的な言説や「沈黙賛同」という言葉に腹が立つのはこれなんだよな。

こっちは必要があって感情抑制することを毎日やっているのに、活動家のような人間感情を爆発させることだけが善だと思っていて、それをやらないマイノリティ裏切り者くらいに思っている。

そんなこと知らねーよ、生活のほうが大事だし、マイノリティとしての社会運動よりも人生でやりたいことがあるんだよ。

2021-03-06

シグロ氏の発言について、ある左翼かつリベラルから見た感想(続き)

前半はこちら↓

https://anond.hatelabo.jp/20210306213555

結局のところ、このイシグロ氏のインタビューの浅さ、つまらなさは、インテリ向けの文学芸術業界という自分の属する世界世界全体であるかのように錯覚して語っているところにある。

その上で、あくまでもそういうインテリ業界文学芸術業界への提言、また自戒としてイシグロ氏の発言を読むなら、部分的同意できないこともない。イシグロ氏は「リベラル以外の人たちがどんな感情や考え、世界観を持っているのかを反映する芸術必要です」と言う。必要かどうかはわからないが、非リベラルの人が思想感情表現した芸術があってもいいというのはその通りだろう。リベラル原則からしても、非リベラルの人の表現自由制限するのは筋が通らない。ただしその表現批判する自由もあり、表現する以上は批判を受けるリスクは負うべきだというだけだ。

しかしここでもやはりイシグロ氏との現状認識の断絶は感じる。イシグロ氏から見ると世界リベラルが作った芸術ばかりらしいが、少なくとも私は日本に生まれ育って、「リベラル以外の人たちがどんな感情や考え、世界観を持っているのかを反映する芸術」の方を圧倒的に多く目にしてきたと思う。そもそもポリティカルコレクトネスなどが日本で多少とも意識され始めたのはごく最近のことであり、それ以前の言論にせよ芸術にせよ、今の視点で見れば差別偏見にあふれているもの普通だ。

たとえばイシグロ氏と同じくノーベル文学賞を受賞した川端康成という作家がいて、日本はいまだに高く評価され、小さな書店にも文庫本の数冊くらいは置いてあるだろう。私も過去にいくつも作品を読んできたが、同時に忘れられない言葉がある。ある時私の母親が言った「若い時に川端康成を読んで、女は芸者しか出てこんのかと思った、芸者にならにゃいけんのかと思った」というものだ。私は芸者という職業否定しないが、ここで問題なのは芸者の側ではなく、女性を極度に美化しつつあくまでも鑑賞される客体として描きがちだった川端康成視線の方である現在の目で見て、こういう川端康成視線女性蔑視的要素を含まないということは難しい。

また私は十代の頃に太宰治を読み、貧しく教育のない芸妓を買い取るようにして妻にした挙げ句、その妻が他の男と寝ていたというので絶望し、何やら自分が裏切られたかのように荒れている主人公(これは作者自身体験に基づく)の思考回路がよくわからないと感じたことがある。しかし当時の私はまだ、そんなものはわからなくていいと突き放すことができなかった。そこであれこれ想像力を駆使しつつ、そういう「苦悩」に何とか共感できないかと努めた記憶がある。ずいぶんと「理解しがたい他者」に耳を傾けようとしたものだ。その後フェミニスト批評に触れたりする中で、共感できなくて当然だったといつしか思うようになったが。『男流文学論』や『妊娠小説』を笑いつつ興奮しつつ読んだ日を思い出す。

私の世代には、そういうフェミニスト批評のように、また女性自身による新しい表現のように、男性作家視点を相対化してくれるだけの「他者の声」が辛うじてあった。その他の多様なマイノリティ視点から作られる芸術も探せばそれなりにあった。しか古典とされるようなものは言うまでもなく、世間で人気のあるもの話題になっているものは多くがリベラルでも何でもなく、機械的に「差別語」を排除したりする他はポリティカルコレクトネスにも多様性にも無配慮なのが普通だった。それにもかかわらず、「逆差別」だの「自虐史観」だのとリベラル側の価値観攻撃する言説は早々と巷にあふれていた。私は左翼だが、小林よしのり作品をいくつか読んだことがある。周りで流行っていたからだ。小林よしのりは「じいちゃんの死は無駄だったというのか」といったまさに感情に訴える手法保守派戦争観を広め、当時の若い世代にかなり影響を与えた。

シグロ氏の周りはどうなのか知らないが(と皮肉を込めて言うが)、日本書店というのはいまだに「嫌韓本」が山積みにされたり、保守論客歴史本がベストセラーになったりしている。イシグロ氏の小説を読むようなインテリ層の一部はそれに眉をひそめるかもしれないが、現実として、日本にはずっと「リベラル以外の人」の表現があふれ、どこにでもいる「リベラル以外の人」がそれをのびのびと享受している。「ストーリーを語ることはリベラル側の専売特許である社会などいったいどこにあるのだろうか。私は見た覚えがない。

小説であれ、大衆向けのエンタメであれ、もっとオープンになってリベラル進歩的な考えを持つ人たち以外の声も取り上げていかなければいけないと思います。」そう思うのかもしれない。「私は人生の大半を進歩自由主義的な考えのもとで心地よく過ごしてきた」と言えてしまうような人は。この言葉移民であり民族的マイノリティであるシグロ氏の口から語られることは、イギリス社会成熟を示すものでもあるだろう。

しかあいにく、私の住んでいる世界はイシグロ氏の世界とは違う。イシグロ氏の世界にしても、単にイシグロ氏に見えていないだけで、リベラル価値観の過剰ではなくその不足に苦しんでいる人がまだたくさんいるだろうと私は思う。私はリベラルとして非リベラル発言権を奪えとは言わないし、またその声に耳を傾ける人がいてもいいと思うが、私が日本社会でより多く耳を傾けたい声は、やはり非リベラル社会が長らく抑圧してきた、今も抑圧している声の方である

ところで、私は川端康成太宰治作品差別的な要素があると言ったが、かれらの本を絶版しろとも、教材に入れるなとも、子どもに読ませるなとも思わない。差別的要素があるからといって作品全体が否定されるべきだとも思わない。私は川端康成文章の美しさも、太宰治小説面白さも理解することができる。それに価値がないとは言わない。

キャンセルカルチャー」という言葉が指す状況を私は詳しく知っているわけではないが、作者がある場面で「政治的に正しくない」言動をしたからといってその作品全否定したり、市場から完全に追放したりすることは私は支持しない。差別思想公的な表明は批判されるべきだが、芸術表現を直接的に規制したり、作品を抹消したりすることは慎重であるべきだと思っている。

この点はおそらくイシグロ氏の考えと私の考えは近いだろう。芸術総体として愛するならば、自分の嫌いな作品理解しがたい作品が生まれてくる可能性も含めて愛さなければならない。私は現在視点川端康成太宰治表現の一部に批判をもっているが、その批判を表明する方法作品を焼いたり隠したりすることでは決してなく、批評や新たな作品で相対化していくこと、注釈を書き加えていくことだと思っている。

ただし同時に、かれらの作品にも行動にも現在から見て許しがたい要素があること、それは当時には自覚も変更も難しかたかもしれないが、今後の社会に引き継ぐべきではないこと、そこを否認するつもりもない。作品は消さないが、今後も読まれ続けるのなら、そういう観点から批判作品自体と同じくらいに読まれ、語られるべきだと思う。もし川端康成教室で読むのであれば、教師にはその美しさだけでなく、その女性の描き方が一方的であったり一面的であったりすること、フェミニズムを通過した視点でどう見えるかというようなことにも学生の注意を促してほしいと思う。これが過剰な要求であるとは私は思わない。

最後に、イシグロ氏が述べている「感情」というものについて少し違う角度から見ておきたい。最初に書いたように、私は政策決定などにおいて事実科学的根拠より感情が優先されるような事態は望まない。この点ではイシグロ氏に同意する。

しか人間感情というもの社会のあらゆる場面で抑えられるべきとも、それが可能とも思えない。イシグロ氏の主張を大きくまとめると、現在世界(実際はイシグロ氏の属するインテリ業界)はリベラル側の感情を優先しすぎるものになっているので、感情優先を抑えると同時に非リベラルももっと発言の場を与えるべきだ、と読める。私はこれには同意できない。

まず現状認識が違い、芸術世界リベラルに席巻されているようには到底見えない、というのが上に書いたことだが、それとはまた別に文学芸術世界でまで政策議論場合のように感情排除する必要はないだろうと思う。イシグロ氏は小説家として、感情を重視する文学トランプ支持のような不合理に加担した可能性を反省しているのかもしれない。しかし思うに、それはそれで文学の買いかぶりというものだ。感情に訴え、感情を揺さぶもの文学芸術の他にもいくらでもある。むしろ現実生活が多様な感情を強く喚起するからこそ、それを芸術表現し直すことが対象化や客観視の手段になりうるのだ。そして文学芸術は、合理性を追求する世界からこぼれ落ちる感情思想避難所としての役割をもっている。人間が完全に「合理的」な存在に変化しない限り、この役割がなくなることはないだろう。科学エビデンスに基づいてワクチン政策を決めるように自分人生を生きられる人はいない。そんなことを個人に求めるべきだとも思わない。

また、イシグロ氏の言う「リベラル」に人種的民族的性的その他の抑圧されてきたマイノリティが含まれるのだとしたら、かれらが時に強い攻撃性をもってその感情、蓄積されてきた恨みや怒りの感情表現することを私は一律に非難したくない。被差別者表現が時に復讐的な攻撃性をもっていたり、「逆差別」と見えるような偏見を含んでいたりすることはある。それ自体はたしかに「良いこと」とは言いがたい。しかしこれもまた現状認識問題になるが、今の社会マイノリティマジョリティ攻撃するような表現公然と行えば、より危険さらされるのはマイノリティの方である。だから圧倒的多数マイノリティはそんなことをせず、むしろ感情抑制に非常に長けている。

BLMを暴力的だと言って眉をひそめる人を数多く見たが、私が以前から思っているのは、もし黒人たちがその何世代にもわたる奴隷制怨恨復讐としてそのまま投げ返したなら、アメリカ白人社会はすでに何度廃墟になっているかからないということだ。しか現実はそうなっていない。現実マイノリティは、時に攻撃的に見えることがあるとしても、総体として恐ろしく理性的で自制的で、そして寛容なのだ。何一つ復讐も、感情表現することもできずに埋もれていった膨大な被抑圧者の忍耐の上に今の社会は維持されている。多くの被差別者は、深い痛みを抱えながらも、求めるのは復讐ではなく次世代幸せになることだと穏やかに語る。その中から時に感情的な表現が投げかけられたとして、それを感情的だと単純に排除することを私はためらう。

ずいぶんと長くなってしまったが、ふと書く気になったので書いた。まだいくつか書き残している気もするが、土曜も一日つぶれたことだしこのへんで。

2021-02-22

高卒大卒について本気出して考えてみた

ツイッタとかはてブ見てると大学っていかにも学問が好きで自分の好きな学問を極めたい知性モリモリの人たちの集まりなんだなみたいに錯覚ちゃうけど

一般的には学歴が欲しいからとか将来良い会社就職したいから行くとかいう人たちの方が圧倒的多数からそんな大した連中じゃないなって結論に達した。

2021-02-21

日系四世台湾人から見た親日国台湾

はてなでは様々な意見が出される「親日国台湾」という表現

親日国台湾」という表現がされる度に「日本台湾侵略たから恨んでいる人も居る」と反論が出てくるのも定番だ。

繰り返されるこのやり取りに飽きてきたので日系四世台湾である私がしっかりと言ってしまおう。

台湾親日国であるということは疑いようがない」と。

これに納得できない人も多く居るだろうから理由も書いておこうと思う。

長くなるかも知れないので結論から言ってしまえば「台湾親日政治思想から来る利害の一致によって圧倒的多数で支持されている考え方」なのだ

政治思想から来るというのはどういうことか?を説明しよう。

台湾はいくつかの大きな政治思想派閥がある。

日本でも有名であろう最大勢力の「国民党派」は、大陸側も含めて国民党が治めるべきだという考え方だ。親日への利害の一致は当然「共産党派」への対抗だ。

そして次に来るのが「台湾独立派」になると思う。もしかしたら「共産党派」なんじゃないか?と思うかも知れないけれど、それは違っていて「台湾独立派」は大陸まで手中に収める必要は無い、領土拡大しないとする考え方。積極的に「我々は中国人ではなく台湾人だ」と主張する。当然ながら親日との利害の一致は「共産党派」への対抗。選挙では国民党系へ入れる。

次に来るのが「共産党派」で、台湾では大陸共産党から資金提供を受けていると噂されていたり(実際に悪い政治資金を得て刑務所に入ってる人も居る)していてスパイ扱いされている。日本で言えば左翼に近い。もし台湾で「私は共産党派だ」と名乗れば変な人と見られてしまうだろう。親日への利害の一致はなく反日情報を流してるのがこの派閥

そしてここからがかなり小規模な派閥になるけれど、度々注目されるのが「台湾先住民派」だ。つまり中華の古い国々や日本国民党共産党台湾に入ってくる前から台湾に住んでいた人々の子孫。台湾はこういう子孫の人々のものであって国民党共産党のものではないと主張する。「国民党派」も無視は出来ない派閥なので影響力がある。「共産党派」と一緒に日本で言うところの尖閣諸島台湾のもの運動をしていることもあるが基本的には「共産党派」と対立している。選挙では国民党系へ入れる。

続いて小規模なのが「日本帰属派」だ。もちろんこれは台湾日本になるべきという考え方。参戦した世代高齢者と十歳台前半の若者に支持される傾向のある考えで、共産党の徹底的な撃破日本並みの経済規模を求めている。「共産党派」と同レベル過激発言が目立つ。日本帰属派以外の三十〜七十歳台の台湾人にとって面倒存在台湾独立のため実際戦ってくれた高齢者日本文化の動きに敏感な若者が中心なので影響力が強く、ほかの派閥に居ながら実は心の中では日本帰属だって人がかなり居る。選挙では国民党系へ入れる。

このように台湾反日積極的に行っているのは「共産党派」しかなく、まれに「共産党派」が「台湾先住民派」を扇動して日本国民党を責めるけれども「台湾先住民派」にとっては「共産党派」のほうが大きな敵なので他の親日派閥と一緒に動くことが多い。もし台湾発の反日情報を見掛けたら共産党派の工作だと思ってほぼ間違いない。共産党派にとって反日は他すべての派閥攻撃できる効率的手法

ちなみに私は台湾独立派で、戦争してまで大陸を奪い返す必要は無いと思っている。曽祖父は一度日本へ帰ったけど共産党が攻めてきた時に曾祖母(台湾人)を守るために義勇兵として台湾へ渡って戦った人だったらしい。私はそんな人の曾孫なので領土拡大とかどうでも良いのだ。

2021-02-19

人に自分価値観押し付けるなって言うけど

教育って原則として価値観押し付け行為じゃない?

ただその価値観が正しいと圧倒的多数から支持されているってだけであって。

2021-02-17

anond:20210217152918

下方婚しないって人はいたけど、上方婚なんてないっていってた人は見たことない。

そればっかりっていうからには圧倒的多数存在するんだろうけど、ソース貼ってくんないか

2021-02-09

刑部は強いと思う

注意点

刑部スペック

なぜ強いと思ったか

意思決定忍者である
  • 誰々がこう言っているからこうなんだ
  • 前回こうだったからこう
  • これまでやってきたのだから今回もやらなければな
  • 俺がそうだと思ったからそうなんだよ

などなど、冷静に対局を見据えられる人が多くない中、そもそも忍者的な戦略の構築が浅い人が圧倒的多数なのにちゃんと隠密や暗殺をしてるからエライ

毒殺しない

少なくとも透明キャラならば、必死に毒殺するものだと思っていたのだけどコイツは違うの。

多人数戦での活躍が期待できる

敵の山から敵を暗殺する簡単お仕事最後には敵の集団リンチされている所でしぶとくキルを稼いでいる。甲賀の役に立つことをしてるなあ。

肥大化したヒットマッスル

ヘビー級ボクサーと似たようなヒットマッスルで殴られると考えたら想像中に吐きそうになった。肩幅が広いとか羨ましい。

対戦カードゴミ悪運ゴミ

運が良ければ天膳をクラッシュして終われてたとしか思えないくら最後最後の運がゴミ。なお、伊賀鍔隠れ集はデリカシーゴミの模様。ナメクジ鼻毛、血霧、ゴムゴム無効化。不死能力に甘えきってる癖に伊賀の精を注ぐとか言い出すお年寄り。せめてドラマCDネタにされなくなってからお願いします。

想定される意見に対する反論

そもそも20人全員クソ強いのでは

然り。でも霞刑部は強いと思う

霞が関を去ろうと思う

注意点

私のスペック

なぜ去ろうと思ったか

意思決定科学的でない
  • 誰々がこう言っているからこうなんだ
  • 前回こうだったからこう
  • これまでやってきたのだから今回もやらなければな
  • 俺がそうだと思ったからそうなんだよ

などなど、自分自身で考えることができていない人が多い。そもそも科学的な営みの経験がない人が圧倒的多数なので仕方のないことなのかもしれない。

勉強しない

少なくとも総合職ならば、必死勉強するものだと思っていたのだけど違うの?

仕事での成長が期待できない

ゴミの山からゴミを生成する簡単お仕事最近では上司の前任の前任が作り始めたゴミをまた今年も生成している。国民の役に立つことをしたいなぁ。

固定化されたキャリアパス

諸先輩方と似たようなキャリアパスを辿ると考えたら通勤中に吐きそうになった。その日は仕事に行けず休んでしまったのでいよいよ重症キャリアパスの幅が広い省庁とか羨ましい。

PCゴミ環境ゴミ

何度キーボードクラッシュしようと思ったかからいくらゴミ。なお、一般的職員ITリテラシーゴミの模様。ワードエクセルパワポワードエクセルパワポワードエクセルパワポ・・・ワードエクセルパワポも使いこなせていないのにAIRPAとか言い出すお年寄りたち。せめて本屋平積みされている本を何冊か読んでからお願いします。

マネジメントという概念がない。

補佐クラスマネジメントをまるでしていない。できていない。誰が何をするのか整理しようよ。その上は言わずもがな

クビにできない

普通に考えて意味不明ですよね。税金無駄です。

昇進が一律

4年目の総合職係長と、15年目の二種係長が同じ役職ってなんなんだろうと。できる一般職の人はさっさと昇進すべきだし、自分が賢いと勘違いしているアホな総合職一種を昇進させるのは周囲に迷惑をかけるのでやめてもらいたい。

よくある理由で私に当てはまらないもの

残業時間

残業が長いこと自体はそこまで気にしていない。これまので過去最長は平日のみで月120時間なのでそこまででもない。なお、国会のせいではなかった。残業時間が長いことについては、初めから覚悟していたし、年間平均を取れば大学院の方が労働時間が長かったので正直余裕。研究室での実験比較すれば当社比ホワイトである

何が問題なのかと言われれば、7時間以上残業して生成されたものゴミであり、私はwordの使い方以外何も成長しておらず、残業代が支払われれば私の口座に振り込まれることで税金が消費されていくという徒労感。国民のための仕事なんだと、自分が成長していっているんだという実感を心から持てるのであれば、1日くらい寝なくても別に構わないと思って職を選んだし、これは今でも変わらない。残念なことに心からそう実感できたのは、今までて3日くらいしかない。

セクハラパワハラ

幸いにして、セクハラパワハラ被害には自分は遭わなかったと思っている。ただ、怒鳴るアホとかチクチク文句を垂れるお姉様ババア)とか、いまだにいらっしゃるので、自分がそうならないための記録も兼ねてデスノートに記録したりはしていた。パワハラで辞めてしまった人もいた。官房の人事課に不快案件について詳細をメールするなど細かい作業は怠らなかったこともあってか、私は異動で考慮してもらえたのかもしれない。個人的に一番辛かったのはスメハラです。息をしないのは流石に不可能だった。

想定される意見に対する反論

あなた積極的に動けていないせいなのでは

動いた結果、想像の斜め上を超越してしま出来事最近生じまして・・・。周りを変えるとかそんなこと言わず自分を守るためにとっとと去ろうと決心したところ。転職活動のためにいろいろと勉強する時間も作りたいし、もう言われたことだけを超速で終えるマンになってしまった。

そもそも公務員になったのが間違いなのでは

然り。昔の自分をひっぱたきたい。

終わりに

コロナの状況で転職市場がまるで読めないけれど、次の異動までに転職するつもり。仕事コロナもそうだけど、何より京都に帰りたい。転職できたらこれに対するアンサーを書きますので、楽しみにしててください。

2021-02-07

北原みのり「なぜ男性はすぐに『長い会議』をしたがるのか?」

https://dot.asahi.com/wa/2014110500094.html

 文筆家の北原みのり氏は、男性仕事のやり方にたくさんの疑問を感じたという。

*  *  *

 最近男性圧倒的多数プロジェクトチームで、仕事をする機会があった。普段女性だけの会社で働く私には新しい発見連続だった。乱暴とは思うが、体験をあえて普遍化し、ここで疑問を投げかけてみたい。

 なぜ男性は、家に帰りたがらないのか? なぜすぐに「長い会議」をしたがるのか? だいたい会議をしても、何かがスッキリ決まることが、まずない……のは、どういうことなのか? そして誰もが口ぐせのように「誰が責任を取るんだ?」と言いたがるのは、何かルールでもあるんですか? しかも、会議の後に必ず「飲みに行こう」となり、あろうことか会議で決まらなかったことが、飲み会の場ではスルスルと決まっていくのは、いったい何故なのか?

 私の想像している以上に、男性たちは群れたがるものなのかもしれない。そのくせ、いくら飲んでも関係が深まる予感が全くしない。なぜなら彼らは、自慢話やオレの面白い話や自分が知り得た情報をそれぞれに言い合うだけで、会話になっていなかったりするから

https://dot.asahi.com/wa/2014110500094.html?page=2

 そんなことが続き、たまりかねて「飲み会ではなく、会議で、いろいろ決めましょう」というようなことを提案したところ、50代男性に「まずはもっとコミュニケーションを取りましょう」と目を見て言われた。飲み会仕事のうち、と言われたのだと思った。

 彼らとの飲み会を終え終電間近の電車に乗れば、車内の8割は疲れた顔のサラリーマン男性たちで占められている。いったい、この人たちは、妻や子どもと「コミュニケーション」しているのだろうか。残業を断れない職場もあるだろうけど、過剰な接待無駄会議やつまらねー飲み会を避けて、集中して働けば少なくとも5時間早く帰れるのではないか? だって女は、とっくに帰ってるよ。大変な仕事量を抱えてる女も、家事育児介護を一人で背負わざるを得ない女たちは、帰ってるよ。

 つくづく会社員の道を選ばなくてよかったと思いながら、これじゃあ女は輝くタイミングを逸し続けるわね……と酒臭い車内でため息。輝けそうもありません。

2021-01-28

2021年行革

ネット民によって人に何かを伝えたい文章は三行までにしなければならないデモが行われた

総参加人数主催者発表で100万人超え、ちょうどコロナ禍に行われたデモであり、世間評価は冷たかった

しかし、圧倒的多数ネット民により政治家を動かし、法制化し罰則付き三行法が可決した、これを後に三行革命と呼ばれるようになったらしい、知らんけど

2021-01-25

SHOW BY ROCK!!を見ていて不安になること

この作品登場人物は、いわゆるキティちゃん体型の二頭身キャラクターと通常の人間サイズキャラクターが混在した世界暮らしている。サイズの違いは自分意思で切替可能らしい。

混在とはいものの二頭身のモブキャラクターのほうが圧倒的多数で、人間形態を見せるのは名前のあるメインキャラクターたちだけ。

なぜメインキャラたちだけは常時人間形態なのかについては劇中で全く説明がない。そしてなぜ演奏シーンの時にだけ二頭身化するのか、細かいことを言えば楽器サイズすら変化するのはなぜかの説明も無い。(調べて見ると「ミューモンはテンションが上がると人型に変身してしまう」という設定らしいが、演奏時はテンションが下がっているのか?)

圧倒的少数な人間形態キャラを中心に作品が描かれているため気になる点が生まれる。あの世界の道具や家屋人間サイズを想定して作られている所だ。

二頭身キャラが座るには大きすぎるイスや机。二頭身キャラにとっては高すぎる位置にあるドアノブ。二頭身キャラが使うには大きすぎるスマホ。二頭身キャラじゃ使えないだろうという位置コイン入口がある自販機圧倒的多数に見える二頭身キャラ生活しにくそうな、歪な世界デザインされている。ユニバーサルデザイン概念は無いんだろうか?わざわざ二頭身キャラ人間形態に合わせて生活しているのか?イスに座る際、いちいちジャンプして飛び乗るのに疑問を持たないのか?

「この世界人物は大きさを変えられる」という設定ならモブキャラも二頭身を捨てて人間形態生活すれば?と思うが、モブキャラ人間形態にならない理由については一切説明が無い。

アニメ1期の最終回でずっと二頭身だった事務所社長がいきなり人間形態になっていたので、人間形態になれる・なれないに何か特別理由があるわけではなさそうだが。普通に考えて二頭身より人間サイズの方が生きていくのに楽だと思う。

一応二頭身キャラに合わせた道具もちゃんとあり、わかりやすい所だと今期始まったアニメ1話では二頭身キャラが乗ることを想定した小さめの車が出ている。そしてその横を人間サイズの車が走るというシーンがあり、錯視かと思うほど違うサイズの車が同じ道を走っていて笑った。

「メインキャラの人間形態の可愛さが作品の売り」「モブキャラ人間形態を描く必要性が皆無」というのはわかる。「細かいことを気にして見る作品じゃないから」と言えばそれまでだけど、見ていて不安になってしょうがない。

話は逸れるが、アニメウマ娘ではウマ娘の耳の位置スピーカーが当たるサイズの大きな受話器があったり、ウマ娘尻尾を出すための穴がイスにあったりと、あの世界で「人間」と「ウマ娘」が共存していることを想像させるシーンが細かく描かれていて上手いなぁと思った。モンスター物のアニメで「異種族同士が同じ世界暮らしている」ことを上手く描けている作品って良いよね。

あと無印主人公だったシアンは、ゲーム内に異世界召喚されてミディシティに来たって設定だったような。

それがいつの間にかミディシティに居座ってるけど、現実世界に帰ろうって気は無いのか?

1期2期最終回の感動的なお別れはなんだったのかなぁ。これも全く説明が無くてもやもやする。

2021-01-22

高齢者圧倒的多数になる未来

選挙マイノリティ若者が勝つには

老人のための政策を進めたがる候補者は爆殺し

老人に投票させない枠組み作りが必要になる

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん