「ナルシシズム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ナルシシズムとは

2019-09-18

大学生に聞いた話

彼女と行うとき英語で会話するらしい。その時だけ日常言語から離れることでその時間浮世離れしたものにするんだと。愛撫をしながら、かわいいよ、とか、エロい、とか、いい具合になった時にそう言うとか、本当にそれだけのことなのだが、事実かなり盛り上がって気持ちいい、自分を余すことなく委ねられるんだと。

高学歴を鼻にかけたナルシシズム衒学趣味的な感性に、私はこの時間から甲類焼酎を禁じ得なかった。

2019-08-12

追記あり古市憲寿さんが芥川賞選考委員にいろいろ言われちゃってる件

10日発売の『文藝春秋』に芥川賞の選評が載っていて、二回連続落選した古市さんがいろいろ言われている。

候補作は単行本出版されているが、まだ読んでない。だが、高学歴なのにビルの窓の清掃員をやってる主人公の話で、参考文献が詳細にあげられているらしいことは、なぜか知っている。

参考文献については、前回だったか候補作の剽窃問題があって、その辺の対策らしいと噂されていた。

で、選評である

まず山田詠美はこう書く。“(参考文献の)木村友祐作「天空絵描きたち」を読んでみた。

そして、びっくり! 極めてシンプルで、奇をてらわない正攻法候補作よりはるかおもしろい”

候補作が真似や剽窃に当たる訳ではない。もちろん、オマージュでもない。ここにあるのは、もっとずっと巧妙な、何か。それについて考えると哀しくなって来る”


続いて川上弘美。“結論からいいますわたしは悲しかった。木村友祐さんの声がそのまま「百の夜は跳ねて」の中に、消化されず、ひどく生のまま、響いていると、強く感じてしまたからです”

古市さんのおこなったことは、ものを創り出そうとする者としての矜持にかける行為であると、わたしは思います


吉田修一。“本作に対して、盗作とはまた別種のいやらしさを感じた”

あいにく『天空の…』の方は書籍化さえされておらず入手困難であり、まさにこの辺りに本作が持ついやらしさがあるように思う。”


堀江敏幸。“他者小説の、最も重要な部分をかっぱいでも、ガラスは濁るだけではないか”(原文では「かっぱいでも」に傍点あり)




要するに、古市さん、文芸誌掲載されたが出版されていない佳作を探してきて、うまいこと翻案して小説書いたようである

いや、具体的にどの程度の参考具合なのはかめてないので、なんとも言えないが、当代きっての作家先生方が、かなり憤っておられるようなので、相当なものなんだろう。

是非比較して見たいところだが、「参考文献」の方は、『文学界2012年10月号、だそうなので、確かめるには、図書館バックナンバーを出してもらうしかなさそう。

にしても、古市さん、お忙しそうなのに、純文学文芸誌まで必死にあさって「参考文献」集める努力は大したもんだが。

まあ「情報集め」は嫌いじゃなさそうだしな。

まさかとは思うが、担当編集者うまいこと見繕って選んだのを古市さんに読ませてるとか、そういうことじゃないよね?





参考文献問題に触れてない選評にしても、あまり芳しくない。

島田雅彦曰く“ナルシスト的私語りが中心で、リアリティ構築に必要な細部も情報パッチワークに終始しているのが気になった。”

宮本輝は“他の登場人物たちがみな類型の寄せ集めなのだ。”

どうやら評価したのは奥泉光だけで、“今回自分が一番押したのは、古市憲寿氏の「百の夜は跳ねて」だったが、選考会の場で評価する声はほとんど聞かれず、大分弱った”そうである

“外にあるさまざまな言葉コラージュして小説を作る作者の方向を、小説とは元来そういうものであると考える自分肯定的に捉えた”そうだ。

ここには、小説における“オリジナリティ”とは何か?という問いが含まれている。

ま、小説なんてそもそも「すでにある言葉」の組み合わせでしか書けないじゃん、というのはある。

で、ありものコラージュでも新しいものが生まれればいいけど、山田詠美は「参考文献」の方が「はるか面白い」って言ってるしなあ。

吉田修一は、「参考文献問題」以外にも手厳しくて、“凡庸差別的価値観主人公小説で書いてもいいのだが、作者もまた同じような価値観なのではないかと思えるふしもあり、とすれば、作家としては致命的ではないだろうか”なんて言っちゃってる。

これは、社会学者にして人気コメンテーター(タレント?)としての活動にも少なからず影響しそうな評価だと思うけど、ま、芥川賞の選評なんて、今時の世間に影響力なんかないのかな?




古市さんという人、本をちょっと読んだことがあるのと、時おりメディアでお見かけするだけで、どんな人か詳しくは知らない。

ただ、妙に芥川賞を取りたがっているらしいという噂は聞く。

なんでだろ?

“気鋭の若手社会学者”も“テレビ毒舌が人気の論客”も、実に空虚脆弱肩書きで在ることに、ご本人が一番気づいているということだろうか?

そこで、「学者として研究に力を入れる」ではなく、「いい感じの小説を見つけてきて、うまいこと翻案して芥川賞ねらう」って辺りが、実に薄っぺらいけど。

テレビ知名度得た人が芥川賞狙うって図式では、又吉直樹といつ成功例がある。

あの「火花」という作品が、そこまで傑作かどうかはともかく、この人は本当に、太宰治を筆頭に、文学というものが大好きで、おそらく文学に救われたという経験を持っていて、文学リスペクトしていることが端々から伝わってくる。

文学に対して真摯謙虚なんたろうな、と感じられるのである

片や古市さん、文学とか小説とか、本当にお好きなんだろうか?

あんまり文学とか語ってるのを聞いたり読んだりした印象がないのだが。

前回の選評では、「ナルシシズムが過ぎる」とか「自己肯定というより自己過信」とか、これまたかなり厳しい言葉が並んでいたと記憶する。

単なる自分語りの舞台として小説を選んでいるのだとしたら、ずいぶん旧い、日本文学における「私小説偏重文学観をうすっぺらくなぞっただけかもしれないが。

なんだろうなあ?

社会学者コメンテーターも、ありもの言葉を組み合わせつつ、持ち前の地頭センスと要領でなんとなく現在地位を掴めちまったっぽいだけに、「小説? これくらいなら、ボクでもかけるじゃん」とか思っちゃったんじゃないかなあ、という疑いを禁じ得ない。

で、今後も小説は書いていかれるんだろうか?

追記

えらくブクマついてる。文藝春秋なんて読んでないけど、中身は気になるって人は多いのかなあ、と思ったり。

「参考文献」の著者、木村友祐さんがtwitter発言されておられるので、追記しておく。

本件、「古市さんが窓拭きに興味をもち、取材依頼があり、応じました。窓拭きの達人を紹介しました。古市さんはその取材をもとに書いてます。」そうだ。

選評からの推測で「翻案」などと評したのは、勇み足だった。

お詫びしたい。

なお、「窓拭きの細部以外は、ぼくの作品古市さんの作品は別のものです。そしてぼくは、〝知名度がないゆえに作品を利用されたかわいそうな小説家〟ではありません」とのこと。

にしても、選考委員先生方は、どの程度経緯をご存じの上で選評を書かれたのかは分からないけれど、えらく憤っておられるようで、なにがそんなに山田川上吉田各氏に火を着けたのか、検証してみたくはある。

二冊並べて売ったら、「出版ビジネス」としては面白いと思うけど、難しいのだろうか。

2019-08-06

anond:20190806170009

やっぱ男でフェミ親和性があるやつ、変なナルシシズムとポエミーさあるよな。なんでだろ?

2019-07-10

新海誠監督気持ち悪いのではなく胡散臭い

君の名はテクニック的には最高峰でも気持ち悪いという人がいるのもわかる。

 

ストーリーもうまく飲み込みやすくしてあるが底の方にある胡散臭さ、信用できなさを嗅ぎ取るやつは嗅ぎ取る。 

自分があれを信用に値しないと思うのは口がみ酒だの胸を揉むだのの性フェチ要素のせいではない

 

彼が永遠四歳児の上にナルシストからだ。

 

彼は延々と「乳繰り合いたい女と思い合いながらもごくわずしか接点が持てない」という関係を描いてきて最後は分かれるという話が多い。

それを美化した風景の中で美しく見えるように描く。

 

異性が同じ場で長くガッツリ向き合い関わり合えば避けられない、

葛藤や幻滅する点の発見や泥臭いあれこれを

避けてきれいな夢だけ浸りたい中学生恋愛マインド

 

そこには、美しい絵の香りで隠している「自分が幻滅するのも傷つくもの泥まみれになるのも耐えられない

自分が傷つくのが嫌という脆弱さ、自己愛自己中心性」が臭う。

 

言の葉で傷ついている女教師修羅場で男が上メセでなぜか責めてきたのも意味不明だった。流されてたいていは気持ちよくスルーできるんだろうけどな。

 

エヴァシンジ自分脆弱さを問題だと思ってなんとかしなきゃと悶々としてるのに対して

こっちの監督自覚があるのかないのか、「繊細なボクの見る夢って美しいでしょう」と

ともすれば相手を傷つける狂気になる脆弱さが問題だとも思わずひたすら現実から逃げた美しさに浸っている。

 

彼の作品胡散臭いと思っているが言い出しにくい人にとってそれは、

たとえれば、泥臭い出産劇の間はすっとその場から逃げてきれいな景色でも一人眺めて浸っていて

修羅場が終わってきれいな聖母子像が整った頃に帰ってきて

父親ヅラでしらっとまぎれて写真を撮って感動的なコメントとともにインスタにあげて

いい父親世間には評価されてしまい本人もそう思い込んでいる夫のような。

まれ子供を残してロマンを求め悟りの旅に出てしま

子供は苦しめるのにたまにロマンを求めて気まぐれに帰ってくる夫のような。

それでいて周り受けはよくて妻子は苦しみを飲み込みがちというような。

 

まあそんなのは少年漫画にはよくいる「男の理想父親像」だし

そういうのがうっかりいいと思ってしまう女もいる。

 

そんなネオテニー男の欲望を充足するラノベアニメいくらでもあるが

それをあそこまで美しいものと堂々と美化できるナルシシズムはさすがに変態じゃないとアニメ監督はつとまらんなと感嘆さえするし

それがど真ん中まっとうな青春ものとして通る日本は、まだまだこれから少子で苦しむね。

これはガチ

2019-07-07

いろいろエロ漫画を読んだけど、結局島耕作が一番のエロ漫画だったわ

エロというのは結局のところ、ナルシシズムなんだろうね。ともするとエロ漫画はおっぱいやおマンコや体位やチンポや精子描写ばかり描いて読者を楽しませようとするが、これはやはり違うと言わざるをえない。

島耕作エロ描写はあっさりしたもんだが、男のナルシシズムをくすぐる仕掛けが全体を通してすごいので、そのあっさりしたセックス描写の満足感が半端ない

2019-06-20

男は自分以外みんな嫌い

男が男を嫌いなんて事はもうずっとわかっていた事で自分としては今さらという感じだ。

男は自分以外の男を基本嫌ってるよ。

強い男は弱い男を嫌う。稼いでる男は稼がない男をバカにする。

モテる男はモテない男をバカにする。

この強い男、稼いでる男、モテる男がそうじゃない男を徹底的にバカにする社会空気は頑丈で

空気なだけあって透明で常にそこにあり、意識されてない分何よりも覆しがたい。

でも別の増田にもあった通り弱い男は強い男に反撃できないんだよね。

意識的なブレーキがかかると言った方がいいかもしれない。

対等になるだけの力もないのに現状が不満ってだけの理由で反撃するやつはまさに弱さの極致ってロジックから

「俺をバカにするな!」とか自分勝手理由で反撃しようとした時点でもう男としては負けてしまう。

男は男らしくあるためには強者に勝てない仕組みになってる。

でも女になら基本存在として勝ってるだろ……という気持ちは正直ある。

これをいうと女さんはまたキレるんだろうけどそこは女さんの問題なんで勝手社会と戦ってくれ。

フィクションなんかの世界では昔から男が男の男気に惚れるなんて文脈の話がよくあるが

あれは一種ナルシシズムだったんだなと最近気づいた。

あいう話の中に男が何を見ているのかって、徹頭徹尾自分なんだよ。

惚れられる男が俺、惚れる男も俺。

どっちかだけになりたいわけじゃなくて、どっちも俺がいいわけ

男は究極的には男は俺しかいない世界で女に大切にされるのが理想なんじゃないか最近よく思う。

これもここ数日複数回見かけた「キモカネおっさんキモカネおっさん同士でケアし合えばいいのでは」を真剣に考えた結果だ。

ようはいざとなったらシェアハウスとかやれって話なんだろうけど、

少なくとも自分は同じ弱さの男と対等に暮らしていくのって結構絶望だと思う。

生理的に受け付けないし、なんか許しがたいものを感じる。

人間としてのステージを降りた感じというか。

なぜならたぶん俺も自分の弱さを自覚しつつやっぱり弱い男が嫌いだから

しか自分を追い詰めてきた強い男はさらに嫌いなわけで。

じゃあ女が好きなのか?といわれるとこれがつきつめて考えると女も嫌いなんだな。

大体の男は女の身体身の回りの世話をしてくれる便利さは好きだけど

女という生き物は嫌いだと思う。

から自分結論としては「男は自分以外みんな嫌い」だ。

これを幼児性というなら勝手にどうぞ。

2019-04-24

[]カナラ

木嶋佳苗死刑囚の持つモテテクを学ぶために裁判傍聴をするなど追っかけをしている女性のこと。


ググった程度ではネタ元は出てこないが

神林広恵, 高橋ユキ 編著「木嶋佳苗劇場 : 完全保存版!"練炭毒婦"のSEX法廷大全」 2012年6月宝島社

第3章 なぜカナエに魅せられたのか?(座談会 追っかけ!カナエギャル大集合 木嶋佳苗のここが凄い!-「カナエは中毒性のある女なんです」

あたりにソースがあるのだろうか?

ここらあたりにも似たような記述

母性愛をください」“木嶋ガールズ”に続き、男子大学生にも木嶋佳苗ファンサークルが……|日刊サイゾー

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.cyzo.com/2012/04/post_10465.html

2012.04.17 07:00  女性セブン 木嶋佳苗支持の声に「病的なナルシシズム崇拝は怖い」と作家

https://www.news-postseven.com/archives/20120417_101970.html

2012.04.15 07:00  女性セブン 木嶋佳苗 鈴が鳴るようなソプラノ声に記者から「声かわいい

https://www.news-postseven.com/archives/20120415_101928.html

2012年女性セブン色々攻めてるな。

2012.03.26 16:02  女性セブン ブスと呼ばれるのは平気な木嶋佳苗 ただし田舎者扱いは嫌い

「カナラー」は見つけられなかったが「木嶋佳苗ギャル」、「カナエギャル」という単語2012年ごろ使われている。女性セブンポストセブンが広めたように見える。「カナエギャル」にという用語週刊文春が広めたものかもしれない。女性セブンは「木嶋ガールズ」。カナラーと呼ばれたかは分からないがその手の人たちはいたらしい。

2019-03-27

anond:20190327173542

まーぶっちゃけると「母亡骨食」みたいな作品は盛山直太郎代表みたいなもんだから

そこで本質的重要なのはナルシシズムと見栄だよな。逆にリアリティ必要ないっつーか…

2019-02-27

筋トレのすばらしさについて

日々更新して新しい記事を出し続けるブログって知りませんか?

本来ならこのサイトがそうなるべきなのだが、現状はKKOだのフェミニズムだのわざとぶつかるおっさんだの

話題ばっかり・・・ ⤵

ナルシシズム以外の筋トレメリットって何だろう?

トレーニングジムの会員っていつまで続けるもの

最近筋トレマイブームだ!トレーニングジムの会員になろうと思う。ずっとずっと半永久的に会員続けないと、筋肉隆々マッチョになったとしても維持できない?

会員を続けて、筋トレ習慣が身についたら、辞して、自重だけでも維持できるのかな?

そもそも会員になったからといってマッチョになるとも限らんが・・・とりあえず一年くらい続けてみてその時点で考えるか?

会員を続けないと維持できないような筋肉量なんて ナルシシズム目的以外で必要ないだろうし・・・・・

健康生活を続けるために必要筋肉量ってどれくらい?

2019-01-28

anond:20190128111404

わけのわからない理屈じゃないよ

自我をやめろと言ってるだけ

シンプルな話

健常者であれ障碍者であれ自我有害他人にも迷惑

障碍者特に内向思考グルグルさせて自我が強まりやすいので気をつけましょうってこと

「ぼぼぼぼ、ぼくは女の人に荷物を持ってもらっている事実に押しつぶされそうになるんだ」とかいうのが誰の役に立ってるの

そうやってウジウジされても周囲にも迷惑しかないし、そういうのは結局ナルシシズムでしょ

恥ずかしいんだよ

2019-01-11

anond:20131003130143

これは単純な話、性同一性障害で元から心の性別がそうであるであるか、後天的同性愛者になったかで変わるけど、男はまだしも女の人で、特に見た目も女女してる同性愛者の人は殆どナルシストこじらせてるだけ。

から自分という性別が好きで、そうじゃない性別は下等生物だと思ってる、無意識レベルで。

男で同性愛者なのに女の格好になりたがらず、男の姿のままでゲイな人も同じ、度が過ぎたナルシスト

逆に能町みね子?だっけあの人とか佐藤かよとかはもう、性格が良いかは別として女にしか見えんし、言動も女、ああ言う人は女に生まれなくて可愛そうだけど、所謂マツコとか美輪明宏みたいなオカマで男と分かる格好でゲイって公言する人は中身おっさんだし、叩かれないように女言葉するけどそれが丸わかり、彼らの中身は女でなく男で、男である自分ナルシシズムとして愛してるだけ。

男叩きするレズ100%見た目男みたいにはならない(何故なら女である自分が好き)ナルシスト

たまにわかりにくいので(女装オカマ(性同一性障害とは別)とかはそうである事が多々だけど)女の格好してるけど、女より綺麗と言われて、やっぱり自分はこんな下等生物なんかより優れてる、と優越感を得るタイプも居る、そういう奴は性器が元々のまま、改造もしない事が多い(ミッツ・マングローブ大島薫がそう)

2018-12-22

anond:20180311003723

自分自分を認めるとかいっても、ナルシシズム自己満足とはどう違うのかがいまだによくわからない。

2018-12-21

自分自分を認める

単なる自己満足自己愛ナルシシズムなどとはどう違うのか、いまだにわからない。

2018-10-27

anond:20181026223639

病名を付けるなら「ナルシシズム」になるんじゃね

他人を見下すことで自分特別で優位だと証明するとかピッタリじゃん

2018-10-05

追記お気に入り風俗嬢が退店しました

 追記というよりは蛇足

https://anond.hatelabo.jp/20181002214303

 吐き出すことで多少楽になったような気がするが、一方で予想外の反響困惑している。

 本来意図したところは、自分気持ちを供養するというかお焚き上げするというかそんな程度で、きわめて個人的な思いをひっそりと綴ったつもりだった。なのでこれだけ反応があるというのは本当に意外だったのであるが、「気持ち悪い」と前置しているにもかかわらず、わざわざ時間を割いて読んでいただいたことに敬意と感謝を表します。

 正直なところ、我ながら切なくも哀しい話だとは思うのだが、ピュアとか純粋とか言われるとどうにも居心地がよろしくない。むしろ気持ち悪い」という反応のほうが安心感がある。

 何しろ舞台世間一般には後ろ暗い活動を行っているとされるところの風俗店であり、生き物の根源たる欲求を解消するために訪れているのだ。だから「どうせやることはやってるんでしょ」と言われても、はい仰る通りですという以外に返しようがない。

 「他の客と同じ」みたいな指摘についても、「その他大勢お客様のひとり」と書いてあるとおり、そこは理解している。「その他大勢のひとり」の要望可能な限り応えてくれた彼女仕事ぶりは高いレベル職業意識に基づいていることが明らかで、敬服すべきだと思っているし、客としての立場を弁えて一定距離を取っていたつもりだ。だからこそ自分気持ちが思うようにならないことがなんとも歯痒い。Ω子さんによるコミックリアル風俗嬢日記」に「ガチ恋さん」のエピソードがあって「あーこういうのは後でつらいぞ」と思っていたが、笑えなくなってしまった。

 彼女との接触は短時間、箱型風俗店の狭い個室だけで、彼女がどんなことを考えていたのか、客たる自分のことをどう思っていたのかは知るべくもなく、「お前の主観だろ」みたいな指摘もまったくそのとおりである。ただ、どこかで聞いた「恋とは自分理想像相手投影する一種ナルシシズムの発露」みたいな話を踏まえると、あれは確かに恋といえるのかも知れない、と思ったりはする。「嬢と客」以上の特別関係を結ぼうと考えたら破綻は必至だろう。幸せな夢は夢だからこそ幸せなのだ

 一方で、この増田がここまで人口膾炙する(というのもおこがましいが)とはまるで考えていなかったので、もし彼女の目に入ったときに何らかの精神負担がかかるのではないかと、それだけが心配である

 

 ところで、リプライをいただいた「現役風俗嬢」の方へ。

https://anond.hatelabo.jp/20181003080356

 風俗を利用することが気持ち悪いということは認識しております貴方がそう思われることも仕方のないことでしょう。客の好悪については貴方の内心の問題であり、それについて他人がどうこう指図することはできないと思っています

 ただ、「気持ち悪いと疎外されてきたからこそ、やむなく風俗店に救いを求めざるを得ない」という人も存在します。明日にでもそういった男性あなたのもとを訪れるかも知れない。せめて、彼らが哀しい思いをしなくて済むような仕事をしていただきたいと願っています差し出がましいようで恐縮ではありますが。

2018-10-03

anond:20181002214303

典型的ナルシシズム文体からな。

俺は繊細。キモい人間です、か。

ああそうかい、そりゃよかったな。

自分でつくった都合のいい話で素晴らしいね

太宰治が嫌いだという同じ理由で、こういった増田も、この増田気持ち悪くないよ、とかって言っている奴らも

気色悪い。

だってさ、相手がどう思っているかなんて、どうでもいいわけでしょ。

実際、気持ち悪いって思っていたかもしれないし。そうだとしても、あなた気持ちよかったって思い出がでれきばいいわけでしょ。

マッチョナルシシズムと対極だけど、

結局は自分のことしか考えてないやつだ。

まがいもの、偽物に

構ってる暇ないの。

私は本物が欲しいの。


ナルシシズム結構です。

可哀想可哀想あなたは繊細で可愛そうね!

ひょこひょこ歩いてる犬が

みんな可哀想だとはらはらして見守ってたら

後ろから自転車がきて

びっくりして走って逃げた

ときどきやってるらしいと

そばにいた女性が教えてくれたよ

うまくできると

何か貰えるらしいって

犬の世界世知辛いね。

2018-09-16

anond:20180916164946

なんかだいぶ前にも読んだな

パクリ増田リサイクル

もっと素直にかけばいいのに、書き方がかっこつけすぎてて読んでてナルシシズムのほうが鼻につく

2018-09-15

anond:20180307221253

元増田お節介が過ぎてずれた主張をしてる。

でも嫌いな人とは相容れないから関わらないという言葉自己正当化のために詭弁として使う人は増えている。

他人不快にしたり迷惑をかけているから注意されるのを、自分ナルシシズムを壊さないために拒絶している人が最近多い。

そしてそういう人ほど住み分け大事だとか言っちゃう

2018-08-31

anond:20180831065133

意味不明孤独が語られただけでかっこいいと思ってるに違いないんだぁ!とかアホなこと叫んだりしないので笑

図星だったわけか (´・ω・`)

かっこいいと思われたら僕が不快だ!という変な認知の歪みが君にあるだけなんだね

格好つける

意義素類語
自分言動に酔うこと自分に酔う ・ 独り善がりになる ・ カッコつける ・ 中二病発症する ・ 格好つける ・ ナルシシズムを感じる ・ 独善的振る舞う ・ 一人で粋がる ・ 粋がる ・ 自己陶酔する ・ 自分にうっとりする ・ 自分世界に入り込む ・ 自己陶酔にひたる ・ 自分世界にひたる ・ 自分に酔いしれる
外側からの見栄えに力を入れること格好よく見せる ・ カッコよく見せる ・ 体裁よく見せる ・ 格好つける ・ カッコつける ・ ビシッとキメる

2018-08-25

女の媚びた顔つき見ると張り倒したくなる

わかるかなー

ちょっとうつむき加減で唇に力入ってて頬を軽く膨らませて上目遣いみたいな顔つき

あの感じの表情の作り方がほんと嫌

俺あの顔つきされるとどんな可愛い女でも張り倒したくなるんだ


あれ可愛いか?セクシーか?

ゆがんだ育てられかたした幼稚園児が周囲の大人に媚びてるみたいにしか見えん

あれは全年齢、何歳の女がやってても可愛くないし嫌悪感催す


誤解してほしくないけどナルシシズムを叩くんじゃない

自撮りなんだから自分が一番可愛く見える顔やセクシーに見える顔を作るのは当然

けどなんでそれがあの顔なのかって話をしてるんだ


欧米フェイスブックやインスタだと女はみんな自信満々のドヤ顔自撮りしてる

自信満々の顔がセクシーって文化なんやろしあっちはあっちで実は圧力あるのかもしれんけど

俺はあっちの方がよっぽど好き

首の苦しそうなうつむきショットは見るのも嫌


フェミニスト人達はあの顔つきする女を連行して思想教育する事業してくれないか

俺はただの好みであれを滅ぼしたいんだけどフェミニズム的にもああいう女を滅ぼす意味はあると思う

「なんでセクシーアピール幼児小動物を模して保護要求する上目遣いなのか」ってテーマで作文させて自己批判させて激詰めしようず

女性誌かにもいまだにある「愛され○○」みたいなキモい文化を丸ごと焚書して撲滅しようず

うつむき唇尖らせ頬膨らませ女強制収容施設運営資金なら月々カンパ振込みたい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん