「債務者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 債務者とは

2022-08-02

強い男のイメージと強い女のイメージ

最初に注意書きをしておくと、主語をでかくするつもりはないんであくま自分観測範囲を見て思ったことを書いているのであって、当てはまらない人もたくさんいるだろう

ただそれを本文中でいちいち書くと文章無駄に長くなるから基本的には(自分観測範囲では)が頭につくと思って読んでくれ

 

さて本題

主にツイフェミ界隈で「強い女」という言葉を見かけるけどずっと違和感があった

増田でもそういう投稿をたまに見かける

 

一旦強い女という言葉は忘れて、「強い男」といわれて自分の周りの男がどういうイメージをしてそうかといえば

たとえば漫画カイジで言えば、カイジであれば

困難なことがあってもめげずに頑張る、自分より格上の相手に立ち向かう、苦境を発想と機転で乗り切る

利根川であれば反対論者すら黙るような演説をする、焼き土下座すらも泣き言を言わずにこなす

こういう人物こそ強い男のイメージ

 

もちろん一般人たる自分はそんなことできない

困難な場面に出会えばパニックになるし、つらいことからは逃げたいし、立場が上の人に歯向かうなんて後が怖くてできないし、説得力のある演説なんてできないし

悪ければカイジを裏切る債務者、よくて黒服、それが一般男性

からこそ強い男にあこがれる

 

で、強い女に話を戻すと、どうも聞いてる限りカイジ利根川というより兵頭会長イメージになってくる

周りが気を使ってあれこれ世話を焼いてくれるし、好き放題言っても誰も咎めないし、好き放題してるのに「自分は寛容だ」と思ってる

兵頭会長がそれをできるのは財力に裏打ちされているからであって本人の性質ではないと思うんだが・・・(もちろんその財力を築き上げた部分はあるんだが)

2022-07-11

人間関係って一回拗らせたら基本修復不能じゃね?

例えばめちゃくちゃ嫌なこと言われて、こいつとはやってらんねーわってなって絶交状態になるじゃん

後々、謝られたとしてもなんかの拍子に「でもこいつあのときああ言ってたんだよな」って脳裏に浮かんで

信用しきれなくなったりしない?

ちょっとジュース買うとか交通費とかならともかく、数十万円とか貸した相手って

その後の関係を続けていくうえでも「でもこいつ元債務者なんだよな」って脳裏に浮かんで

対等な関係に戻れなくない?

ギリギリお互い同等のことをしあってたなら「あのときお互い様だったよな」ってなるけど

一方的攻撃されたり搾取されたり上下関係を付けさせられて関係がズレたら

元の場所に戻すの難しくない?

同期とめっちゃ仲良かったんだけど、そいつが先に昇進して同期の上司になったら

なんか関係がギクシャクしちゃって結局前みたいに接せられなくなった

みたいな話を最近聞いて、だよなーって思ったし

2022-05-28

アマプラで残りあと3日!君はもう「人生逆転ゲーム」を見たか

とある邦画キチガイ漫画の影響で私はこの映画を見てしまった。

凄い。

とある美少女が言っていた通りでゲームはほぼ全部運だ。

全部運なのでネタバレ不要と思われるので語ってしまうが、

トランプを引くだけのギャンブルは本当にただトランプを引くだけで誰もセカンドディールみたいなことはせずただ全員が淡々と引いてくるから驚く。

おかしい……普通こういう展開になったらこっそり数枚引いてるやつや持ち方で数字ごまかすやつがいるはずだ。

コイン入れも最初の調整が適当すぎて完全な運ゲーになっている。

ありえない……脱脂綿も傾けもないし表面張力を見破って途中で一気に加速させるやつもおらずビンゴゲームでただ数字を待っているようなものだ。

神経衰弱にてようやく運以外の要素が絡んでくるが……ただ記憶力が絡むだけだ。

シャッフル戦略的に使うこともなくただ誰かが当てそうになったら妨害するだけで終わるので本当に凄い。

最後ロシアンルーレットは流石に物理的な重さとか回転回数とかで何かをやると思っていた……思っていた……信じられない……。

この映画は本当に凄い。

ギャンブルが運任せというよりも、やっている連中が運任せなのだ

生死のかかった極限状況の中で、生き残るために尽くす最善がただ祈ることと神経衰弱カードを覚えることぐらいだ。

ギャンブルを扱う作品とは究極を言えばイカサマ駆け引きを扱う作品だ。

ギャンブル駆け引きの要素がなくなれば、残るはイカサマだ。

そこで誰もイカサマをしなかったら何が起こるだろう?

もう何も起こらないのである

ただ黙って祈りながら死を待つだけなのである

すごい映画だ。

だがこの映画に描かれる「死にものぐるいで最善を尽くす気はないが、俺は運よくうまく凌げるはずだ」という多重債務者特有思い込みカイジ以上に描けているのではないか

カイジシリーズに出てくる債務者は逆転を目指して努力をしすぎている。

そのガッツがあるならもっと早く頑張ればよかっただろと言いたくなる。

だがそれが出来ないか多重債務者だと作品は言うのだ。

それよりも「人生逆転ゲーム」の語る多重債務者最後までまともに努力なんてしないで全部運任せだよだってそういう奴らだものという態度はより強い説得力がある。

凄い映画だ。

なによりこのギャンブルの安っぽさもリアルがある。

単に借金まみれのクズトドメをさすためだけなのに大規模な施設なんて不要と言わんばかりの態度だ。

世の中には世界を牛耳る巨大な黒幕がいるというギャンブル漫画世界からほんの少しダウンサイジングするだけでグっと世界に生臭さが増す。

これは凄い。

本当にこういうことが起きているのではという説得感では本家を上回っている。

圧倒的低予算で作られているのだから本家に一つでも優ればもう十分だろう。

すごい映画だ。

君もこの映画を見て人生の1時間半をゴミにしよう

2022-04-27

みんなはうがいする時にどの漫画のシーンを思い出す?

俺はウシジマくんの風俗嬢に堕ちた債務者がうがいしてるところ

2022-03-03

連帯保証人債務を肩代わりしてくれる人

子供の頃に見かけたドラマか何かで借金連帯保証人になったら必ず、絶対100%債務者が逃げて大損してたので、連帯保証人にはなったらいけないんだなと学んだ。

2021-11-30

anond:20211130013733

ところがこの国の地獄の底はもっと深くて、生活に困窮しているシングル世帯積極的に貸し付けを行っているのがかの業界

東京都知事選に出た宇都宮健児弁護士債務者救済に尽力していることで有名で、貸し付け上限枠を設けさせたりしたが、今度はその上限枠が債務者自己破産をさせない口実に使われたりするから、どうにも始末に負えない

2021-10-12

ウシジマくん読んでるんだけど

闇金債務者ってマジであんな感じなの?

さすがに誇張してるよね?

というよりしてて欲しいわ

薬物で狂っちゃうのはまだわかるけど、パチンコとかホストかに限界超えて注ぎ込んじゃうなんてこと本当にあるの?

2021-05-27

実は、開催都市契約の87条には「本契約スイス法に準拠する」と明記されており、IOCのお膝元でもあるスイス法律に答えが隠されているのだ。そこでスイス法に詳しい奧野総合法律事務所・外国法共同事業スイス連邦法弁護士ミハエル・ムロチェク氏を直撃した。

 まず、同氏はスイス民法第97条1項「義務を全く履行しなかった債務者は、自分に過失がないことを証明できない限り、損害を賠償しなければならない」を示した。原則としては支払い義務を負うようだ。その一方で同氏は第119条1項「債務者に帰責事由(落ち度)がない状況により履行が不可能になった場合、履行義務消滅したとみなされる」を掲げる。つまり不可抗力場合は支払いが免除されるのだ。



日本感染対策完璧ってIOCが言ってるんだから日本に中止の落ち度はない

よって支払い免除

なおソース東スポ

2021-05-19

anond:20210519133231

これまでのカイジ債務者無職クズ人間登場人物だったが今の話はワンポーカーで勝った金を持って逃避行してるだけだから出てくる人物全員が職持ちなのでみんなまともで善人なんだワ

それに当てられてカイジも善人化してる

2021-05-04

anond:20210503191109

自分が何に賛同して何に反対しているのかぐらい考えてからコメントを書いてほしい。

って言ってるけどさ、お前のその弱者男性像もただの想像だよね。お前の頭の中の金がなくて汚いおっさん

弱者男性論はコンセンサス取れてないんだよ。自称弱者男性自分こそが弱者男性と主張するが誰もそれをレビューしないし、弱者男性擁護派は自分の中のイメージ、あるいは自分観測した友達かなんかを勝手に思い浮かべて擁護してる。逆に叩いている奴はウシジマくんの債務者みたいなイメージを頭の中に作り上げて叩いてる。そら不毛な議論になるわ。

そもそも弱者男性なんて言葉はツイフェミ(≠フェミニスト)の行き過ぎた主張に対するカウンターで、永遠にネタの域を出ない言葉

それがわかったらお前も弱者男性議論なんてやめろ。無敵のストローマンだぞ。

2021-04-06

橋本棋士の色々で、共同親権について考えた

今まで共同親権については、制度としてはあってもいいとは思っていた。

やはり、子にとっては父も母も親だし、面会交流はそれ相応になされるべきだし。

(もちろんDVの有無など個々のケースで慎重な運用必要だと思うけど)

父母両者にそれ相応の責任を持たせるのは大事だよね。

でも、今回の騒動橋本氏を支持する人達の言説を見ていると

ATMにされたくない」

「勤務先を第三債務者にされた人の気持ちを考えろ」

等、自分のことばかり。

家長としての面子潰された逆恨みが7、寂しいが3くらい?

橋本氏も婚姻費用分担請求放置して、差押食らって逆ギレしてるし…

本当に子の福祉考えているのか疑問。

共同親権はともかく監護権の適切な行使は期待できないよね。

それに男性の育休取得に反対する主義の方々がなぜか共同親権の主張しているけど

共同親権は欲しくても監護権は要らないってこと?

なんかもうね、妻から離婚を認めにくくする方向に持って行きたいだけなんじゃないかと。

子の福祉はどこ行っちゃうんだよ。

離婚の子福祉について、追跡調査とかされているのかな?

養育費は多くがバックれられるとは聞いたことあるけど。

2021-03-12

育休中の住宅ローン申込(ネット銀行)

auじぶん銀行

将来に亘り、安定的かつ継続的収入の見込みがある場合は、お申込みいただけます

https://help.jibunbank.co.jp/faq_detail.html?id=1089

楽天銀行

産休・育休中は主債務者さまとしてお申込いただくことはできません。

また、連帯債務者さまとしてお申込いただくことはできますが、収入合算はできません。

https://help.rakuten-bank.net/faq/show/14012?category_id=101&site_domain=individual

住信SBIネット銀行

ペアローン・収入合算者でのお申込み

復職予定のかたはお申込みいただけます

https://help.netbk.co.jp/faq_detail.html?id=2778&category=137&page=1

イオン銀行

ペアローンまたは収入合算者としてのお申込みの場合、受付可能でございます

https://faq.aeonbank.co.jp/faq_detail.html?id=11783

ペイペイ銀行(ジャパンネット銀行)

ペアローンのみ申込可能

https://www.japannetbank.co.jp/service/loan/housing/documents/new.pdf

ソニー銀行

お申し込み時点で復職されていらっしゃれば、お申し込みいただけます

https://faq.moneykit.net/faq_detail.html?category=&page=400&id=1220104

あの日浜松町で君と出会った

「あの、お話を聞かせて頂けませんか」と断られても無視されても声を掛け続ける彼女

その場には彼女以外にも新聞社やらTV局やらの人たちが居て、皆情報を得ようと片っ端から声をかけていたのだが、スーツ姿の集団は誰一人立ち止まる様子もない。

自分上司である調査役と共に浜松町の駅まで歩き、改札を抜けた所で「もう1社別のところに顔出して帰るから」と言われ上司と別れた。

とりあえず帰社して今日報告書作成しようと思ったのだが、先ほどの彼女のことが何故か気になって仕方がない。

少し時間が経っているしもう居なくなっているかもしれないな…と思いながら先ほどの場所に戻ると彼女はベンチに腰掛け空を見上げていた。

「少しだけならお話を聞かせてあげてもいいですよ」と声を掛けると、彼女は「いいんですか!?お願いします」と頭を下げてきた。

そのとき彼女笑顔は未だに自分脳裏に焼き付いている。

話の発端はそこから更に2年前の5月に遡る。自社取引である企業決算がどうも怪しいらしいという新聞報道が出た。

(以下、企業名は初芝(仮名)と表記します。私が千葉ロッテファンなだけで、ネーミングに一切他意はありません)

当初はまぁちょっとした決算処理の誤りなのかと思っていたが、その後決算公表が2ヶ月程度遅延するという自体になり、そこそこに炎上した。

ただ大幅な下方修正に至ったもののとりあえずは鎮火した…と思われていた。

その後は選択と集中という名のもとに売却出来る事業を次から次へと手放し、事業体制の再構築に着手。

決算事業会社としては過去最大となる数千億円単位赤字を計上したが、ここから再生目指して再スタートをきる…はずであった。

取引先への年末挨拶回りも終え、さあ仕事納めだなと思っていた12月末にとある経済新聞が恐ろしい爆弾をぶっこんできた。

初芝アメリカ子会社1000億円超の減損の恐れ」

そして報道の都度減損額は膨れ上がり、1000億超?⇒3000億超?⇒5000億超?⇒7000億超?と倍々ゲーム様相

これまで初芝管理支店マターであったが、さすがにこれは面倒を見切れないということとなり本部債権管理チームへ移管されることとなった。

絶賛大炎上中のプロジェクトに急遽担当として放り込まれることとなった私は「なぜ自分が火中のクリを…」と嘆きながら作業にとりかかった。

年明け以降私は初芝とのコンタクトをこまめに取ると共に、不定期に開催されるバンクミーティングにも担当として出席した。

ミーティング開催日ともなると、浜松町からスーツ姿の慇懃無礼な人たちがわらわらと本社ビル目指して歩みを進める。

私もその中に混ざりエントランスで受付を済ませると、一番端に臨時に用意されたミーティング参加者専用のエレベーターへと乗り込んだ。

さすが天下の初芝エレベーターだけあってスピードが異常に速く、1階から会議室のある39階まで30秒ほどで到着。

参加者は約200名ほどで、株主総会ばりに最前列を主力3行(メガバンク2行+信託1行)の一同が固めている。

そして議事が進むとこれまた駄目な会社株主総会ばりに初芝側に対する厳しい指摘が飛び交い続けた。

当初1時間の予定であったが、質疑応答が終わることなく続いたため2時間近くたってようやく会合は終了。

その間ひたすら報告書用の議事録を取り続けた私はくたくたになった状態ビルから出ると新聞記者と思しき人たち達が纏わりついてきた。

そしてそこで出会ったのが彼女だった。

本社ビルの前で立ち話をするわけにもいかないので、近くの喫茶店に入り名刺交換をした。

「他社の人たちは大学同級生銀行に居るとかでそのツテで取材してるみたいなんですけど、私は地方国立なのでそんなツテもなくて…」と頼み込まれては断ることも出来ず、私は本日ミーティングでのやりとりを一通り説明した。

「今後も引き続き情報交換お願いしますね」と言われ携帯番号とアドレスを交換した私は報告書作成のため自社へと戻った。

帰りの電車の中ではミーティングが終わったとき疲労感はどこかへ消え去ってしまい、何かデートを終えたあとのような気分になっていた。

その後も初芝炎上は留まるところを知らず、東証の45日ルール無視し二度に渡って決算短信の公表を延期した際のミーティング地獄と化した。

米子会社の減損はいくらなんですか」「2/14には公表します」

「2/14になりましたよ」「減損額は確定したけど監査法人OKしないので決算短信は1ヶ月後になります

「3/14になりましたよ」「決算不正圧力がかけられた可能性があるのでやっぱり公表出来ません」

などという茶番を繰り返した挙げ句ミーティングなので参加行のストレスゲージは完全に振り切れている状態

特に初芝場合取引銀行100行近くあり、直接やりとり出来る主力行とシンジケートローンのみの取引初芝と直接コンタクト出来ない下位行との情報格差があまりに大きい点もストレスを増大させる理由となっていた。

「現時点では決算公表出来ておりませんが、融資取引については引き続きの延長をお願いします」と頭を下げる初芝経営陣。

「あのさあ、こっちは今日このためだけに飛行機乗って九州から来たんだよ、何の説明にもなってないでしょうが!」

「何の判断材料も無しに延長しろって言われてもどう判断したらいいんですか、材料を下さいよ材料を!」

銀行はどこも今月末が決算月なんですよ、御社債務者区分どうしたらいいんですか、引当金をどうやって計算したらいいんですか。御社とちがってうちはちゃんと期限通りに決算しなきゃいけないんですよ!」

から次へと飛び交う罵声

質疑応答開始から1時間経過したところで、初芝の司会担当が「1時間経過しましたので、時間の都合で質問を打ち切らせて頂きます」と言った瞬間、場は更に紛糾した。

「何考えてんだよ、ここお前の会社会議室だろ、なんで時間の都合があるんだよ。この場以上に重要会合あんの?」

「みんな期末で忙しい中わざわざ足運んでるんだ。ちゃんと全部質問に答えろ」「本気で銀行団の同意取り付ける気がある?失礼にもほどがあるわ!

など怒号があちこちから飛び交い、質疑応答時間制限で行われることとなり、最後質問が終わったときには開始から3時間ほどが経過していた。

ミーティング終了後、携帯を見ると彼女から「終わり次第連絡ください」とメールが来ていた。

私は彼女とお店に入り今日の出来事を面白おかしく伝えた。仕事的には一番辛かったが、個人的には一番楽しい時期でもあった。

その後初芝保有する不動産有価証券を全て銀行担保として差入する一方で、保有するメモリ事業ファンドへの売却交渉を進めた。

米国子会社チャプター11申請したり、監査法人意見不表明のままの決算公表したりとなんやかんやありながらも、メモリ子会社の売却は完了初芝はなんとか銀行借入を返済することが出来た。

当社も数十億円ほどあった初芝向け融資を無事に全額回収することができ、私もようやく重い荷を下ろすことが出来た。

いつもは取材からといって彼女に奢ってもらっていたが、今回はお祝いもかねて私が彼女にディナーを奢ろう、そう思い彼女メールを送った。

待ち合わせの時間10分ほど遅れて彼女喫茶店にやってきた。

「すいません、別の取材が入っちゃって。今日はまた何か新しいネタがあるんですか」

「いや、そういうのはないんだけど。うちの債権が無事回収出来たんでお祝いも兼ねてこの後夕飯でもどうかなと思って」

「あ、そうなんですか。でもごめんなさい、今日夜はまた別の件で打ち合わせがあるんで。本当にごめんなさい」

彼女は注文したカフェオレを飲み干すとこれまで本当にありがとうございましたと頭を下げ、そそくさと店を出て行ってしまった。

最初から自分独り相撲だったわけか…。途方に暮れた私は駅までの道をとぼとぼと歩き浜松町山手線に乗った。

電車の中で外を眺めながらこれまでの彼女との会話をずっと思い出していた。もう彼女あんな風に楽しく話すことは二度とない。

「次は鶯谷鶯谷~」 気が付くと電車本来降りるべき駅をとっくに通り過ぎてしまっていた。私はあわてて電車を降りた。

どうせ帰宅したところで何もやる気にならない。仕方なく私は駅前に立ち並ぶラブホテルに入り、デリヘルで気晴らしをしていくことにした。

30分ほど待つと彼女ほどではないものの、若くてかわいい子がやってきたので少しだけ気が紛れた。

部屋の照明を暗くし、彼女の顔を脳裏に思い浮かべた状態で舐めてもらったこともあってあっという間に私は果ててしまった。

ちょっと、イクならイクって言ってよ」と少し咽ながら怒る女の子

私は笑いながらこう答えた。「出すよ出すよって言いながら一向に出さないお客さんよりはマシでしょう」

2021-01-10

anond:20210110002822

じゃあ入手しやすい有名どころで

宮部みゆき火車

女性債務者を題材にしたミステリー

京極夏彦姑獲鳥の夏

百鬼夜行シリーズ第1作目。戦後すぐの昭和舞台にした憑物落とし

伊坂幸太郎重力ピエロ

落書き放火事件、そして家族秘密を題材にした話

近藤史恵サクリファイス

自転車ロードレースを題材にしたミステリー

乙一「夏と花火と私の死体

短編。殺されてしまった小学生の私の死体隠蔽しようとするのを死体から語る話

多くなっちゃいそうだから、ひとまずこの辺で

2020-12-16

anond:20201216135236

だらだらと延滞されるくらいならすぱっと破産してくれた方が楽なケースもあるよ

100万円とかならそっちのが楽 貸倒として損金計上出来るからその分法人としての納税額が減るし

毎年決算前とか「駄目そうな先は債務者区分を落として貸倒引当積むぞー」って言われてたし

2020-12-01

anond:20201130133515

コロナ禍39歳手取50万男性食事

・朝はパン1個とヨーグルト1個

菓子パン120円~150円くらいのレンジ

ヨーグルト130円

コンビニは甘えと言われそうだけどコンビニで買ってる

・昼は魚定食

縞ほっけ定食 (たらこご飯味噌汁、ほっけ、刺身)1050円

これを1回に分けて食ってる

ちなみに同僚の1人もパクりだした

俺のライフハックパクる

外食は甘え、と言われそうだが近所の居酒屋に通ってる

・夜は焼き鳥、ただし金曜は日高屋タンメン

居酒屋の向かい焼き鳥屋に通ってる

一食1500円 (ビール焼き鳥5本セット、もつ煮)

日高屋は週末の自分への野菜補給

520円(税込)、神

基本このローテーションで回して休日は昼も食べる

ただ急な外食は発生しないし、野菜不足補う為に楽天野菜ジュースは大人買いしてる

パック買いで大体1日で1本ペースで消費

毎月7万~8万円くらいはかかってる

手取り21万25歳OLの月の食費5万が債務者の癖に多い!って叩かれてるけど、自分の月収の割合で換算すると12万弱を食費で使ってることになるので、感覚的には圧迫感あるなぁと思うわ

まあ食パン使えば軽く1万は減らせるかもしれないけど、食費は削りきらんよね

170cm70kg

正規ボーナス支給された模様😃

2020-11-30

コロナ禍25歳手取り17男性食事

・朝はパン1個

菓子パン120円~150円くらいのレンジ

コンビニは甘えと言われそうだけどコンビニで買ってる

・昼は6枚切り食パン2切れ

大体110円とか

これを3日に分けて食ってる

ちなみに同僚の1人もパクりだした

俺のライフハックパクる

これもコンビニは甘え、と言われそうだがコンビニで買ってる

・夜は冷凍パスタ、ただし金曜は日高屋中華そば

冷凍パスタはいなげやで買ってる

一食200円

日高屋は週末の自分へのご褒美

390円(税込)、神

基本このローテーションで回して休日は昼は食べない

ただ急な外食は発生するし、野菜不足補う為にAmazon野菜ジュースは大人買いしてる

大体3日で1本ペースで消費

毎月2万~2万5千円くらいはかかってる

手取り21万25歳OLの月の食費5万が債務者の癖に多い!って叩かれてるけど、俺2~2.5人分って考えると内容的にはそこまで贅沢ではないと思うわ

まあ食パン使えば軽く1万は減らせるだろうな

178cm58kg

正規ボーナス支給された模様😃

アラフォーオヤジが今の時代に続くであろう当時を懐古して一人語りす (追記

今の40台位の人々は、バブル絶頂機を小学校高学年から中学生くらいの間に経験し、大学を出た辺りで超絶的な氷河期に入った、という経験をしている。俺もその中の一人だが、日本社会で印象的だったことをなんとなく懐古してみる。そして、今の時代伏線は30年前にすでにはられていたのだな、というふうに感じた、ということも書いておきたい。

最近パソナの某がどうしたとかそういう企業による国民搾取問題になっていると思うんだが、「こうなるための準備は30年かけて着々とされてきた」ということだ。我々の親の代にはすべて始まっていた、と言ってもいいかもしれない。

バブル絶頂

まず、自分にとって最も印象的だったのは以下の2つだ。

1. 職業選択の自由アハハン

2. バイト探しが週二回

この2つを覚えている人は多いだろう。つまり、「なにか特定仕事をやるんじゃなくていろんなこと片っ端から好きなようにやっていこうぜ」という社会的な機運づくりだ。たしかどちらもリクルートがやっていたと思う。リクルート賄賂かなんかで大変なことになったという印象が強いのはこの辺のせいだと思う。

これまでは、一つの会社新卒から定年まで勤め上げていく、ということが美徳であり、給料年功序列会社はアットホームだった。今でいうとどれも警戒されてしま単語になっているのだが、この頃の会社は本当に一種共同体として機能していた。バブルお金に余裕があったからというのもあったとは思うが、この点は本当で、誰一人ここに疑問を持っていた人はいなかったと思う。

会社運動会をやり、社員旅行があり、ゴルフ大会なんかもあったりと今では信じられないような状況だった。だが、同時に過労死であるとか、24時間働けますかとかの過剰労働問題視され始めた時期でもある。

まだ、軍国主義の発想も強かった時代で、過労死した社員は2階級特進で部長待遇退職したことにするみたいな、会社がそれに報いるとか、なんかそんなこともしていた気がする。この頃は俺は小学生からテレビで見た印象、ドラマで見たネタなんかも多分に混ざり込んでいるかもしれない。

タクシーなんかも無礼で、乗車拒否の嵐だったとか、彼女がほしかったらなんとかいアクセサリーゴールドを渡さないとだめとか、とにかく金、金、金、の社会だった。なんたら言うアクセサリーシルバーだと女に「だっせ!どっかいけよ!」とか罵倒されていた。

この頃になると、あまりお金を持っていない男性たちはアッシー、メッシーとか言われて単なる移動手段や金づるにされていた。この辺りフェミニスト女性陣はどう思ってるんだろうか。とにかくひどいのだ。ある女性彼氏デートするので自分のことを好きらしい別の男性に長時間列に並ばせてチケットを買わせるとかそんなのをドラマでやれて問題視されない程度にはこのへん行き届いていた。

この頃は女子高生ブルセラショップなる店で自分パンツとか売っていた気がする。この辺から確か援助交際かに続いていっているのかもしれない。とにかく老若男女ブランドしか目に入らない、ブランド物が手に入らないことは恥、春を売ってでも手に入れるべき、みたいな価値観蔓延していた。この辺は今もづついているかもしれない。

新築マンションも棟の単位10億円とかで売っていたし、ゴルフ会員権とかも何百万円で取引されていた。とにかく金が余って仕方ない、金を使わなくては、という時代だ。

若者たちが努めている会社にいる50代60代はこういう社会で生きてきた人たちだということは肝に銘じたほうがいいかもしれない。

バブル崩壊

さて、バブル崩壊だ。バブル崩壊、という言葉自体自分にはなんの印象もない。当時の経済状況をバブルと言っていた人はテレビには出ていなかったと思う。そもそもガキ過ぎてニュースを見ていなかったというのもあるだろうが。なんにしてもバブル崩壊した直後に起きたのは「リストラ」だ。

この辺りで自分たちは家族だと言っていた企業が突然社員に牙を向き始めた。

いきなりやってきて「君クビね、さよなら」くらいカジュアル社員をクビにし始めた。バブルで家を買ってローンもかなり高いものを組んでいた家庭の大黒柱がいきなり収入を断たれる、という状況だったのだが、社会としてそもそもリストラをきちんとルールにしていないので、とにかくやったもんがちだと言わんばかりにどの会社社員をクビにし始めた。そして代わりに台頭したのが「職業選択の自由謳歌していた人々」だ。

彼らはとにかく働いた。アルバイトを何個も掛け持ちして月収100万円なんていう人もいた。いつねてるのかはわからないが、バイトがとにかく儲かっていた。彼らは企業に雇われてしまうと自由がない、自由職業を選べて好きなときに好きなだけ働けて、休みたければ休めばいい、こんな人生最高じゃないですか、というように言っていたが、彼らが今も息しているかはわからない。

バブル崩壊を契機に正規雇用から非正規雇用企業は主軸を移し始めた。正規雇用はクビにしようとすると大変だが、非正規雇用は単に契約を打ち切れば終わる。正社員への登用をちらつかせることで企業は優位に立つこともできる。多分この辺は今も残っている。制度だけ残して給料は極限まで減らしているということでもありそうだが、移行期間というのは企業お金を出すので、この頃はバイト結構儲かった印象が強い。当時の経済状況でも時給800円くらいだったのだから結構出していたと思う。考えてほしいんだが、携帯電話インターネッとと言ったものは無いのだ。生活にかかるコストなんかそんなに高くなかったのだ。

同時に問題になったのは銀行不良債権だ。バブルときには土地の値段はとにかく上がっていくので、銀行土地にどんどん融資をした。この辺金融機関としてリスク管理できていなさすぎだと思うんだが、とにかく金を貸した。例えば土地を買うので1億円貸したとする。この1億円はもはや回収できなくなった。なぜなら土地を売っても数千万円にしかならない。日本不良債権問題銀行がこの状況を受け入れてしまうとどの銀行債権が取り返せなくなるのでどんどん倒産してしまう、というところにある。この頃になると俺もある程度ニュースを見たりするようになるので、なんとなくだが覚えている。

返してもらうこともできない、精算してしまった時点で大損確定する債権が大量にある、という状況だ。この辺りはよくわからないんだが、よくある含み益、含み損、と言うやつのことを言っていた。そして、債務者お金を返せない。債務者破産していき、債権者はどうしようもない債権ばかりが溜まっていく。そこで何が起きたか、国による救済だ。この不良債権に対して国は税金を注入して銀行を救ってしまった。資本主義世界であれば、この辺は銀行自己責任倒産するのが正解だが、もしそうしたら、日本銀行は一行も残らなくなってしま可能性が高い。

銀行金融庁による介入を受け入れて国は銀行を救済した。とはいえ、いくつかの銀行証券会社倒産してしまった。

このとき銀行は「もうこれで銀行倒産しないことになった」という認識を得たかもしれない。国による救済というのは、ある意味で半分銀行国営化するようなものからだ。今後銀行倒産すれば、国が損を被ることになる。そして熾烈な不良債権処理が開始された。

とにかく債務者から引っ剥がす。貸し剥がしというのが確かそれだ。銀行自分たちが損したくないのでとにかく徹底的に国民から搾り取った。国民がどうなろうがお構いなしだ。少なくとも日本において債権者と債務者は全く公平ではないということがここに現れる。

ところでなんでこんなにひどいことになったのか、というはなしだ。どの国でもバブル崩壊することはあるだろうが日本のそれはとにかく深刻だった。国が支配力を強めるためのシナリオでもあったのかと思うくらいにひどい。

おそらく当時の人々は何も考えないで借金して先物取引していたんだろう。借金先物取引の組み合わせの極悪さは想像すればわかるだろうが、当時の人々はとにかく酔っていた。国はちっとも諌めなかった。

この辺は都市伝説だが、あるときユダヤ系資本が急に日本から引いてしまったらしい。日本アメリカ重要ものまで買い取り始めたからかもしれないとかいろいろ言われているが、俺の中にある投資に対する不信感はこの辺にあると思う。「ある時更に力を持つものが食い荒らすだけ食い荒らしていなくなってしまう」ということだ。

就職氷河期

さて、このリストラが吹き荒れたことで企業正規雇用を徹底的にダンシャリして非正規雇用に走った。就職氷河期というが、これは正規雇用企業がひどく渋ったことによる。使い捨てバイトがたくさんいたほうが企業としては助かる。だが、国民メンタリティ社員になってなんぼ、というのが強かった。

更にこの頃になるとIT一般的になり、これまで10人でやった仕事が1人でできるくらいに合理化されていった。もはや人間はそれほど必要ない、という時代突入したと言ってもいい。コンピュータならぶっ壊れるまで酷使しても違法じゃない。この大きく時代が変わるときプログラミングが少しでもできた人は大いに特をした。20年後の今は結構苦しんでいるが。周囲が仕事のなさにあえいでいるとき適当会社仕事を手に入れることができた。多重請負地獄があるとも知らずに。

時代が変わるときは、大きく得する人と大きく損する人が出てくる。就職氷河期仕事を見つけられなかった人々の現状はさんさんたる物だ。変な話だが、WORDEXCELができれば仕事があったのだが、それを受け入れられなかった人(ここには仕事EXCELタカタやるもんじゃないという反発する人もいたかもしれない)との間で命運が別れたと言ってもいいかもしれない。

2010年くらい

この頃になると、旦那の小遣いなんか0でもいいがそれだと死んでしまうから日500円くらいは渋々許す(収入殆ど旦那なのに!)という変な歪みが出てきたように記憶している。お金子供習い事や塾、そして、日々家事に忙しい奥様のたまの贅沢に主に使われるようになった。旦那は家に収入100%を吸い取られるようになった。お金がない旦那似合わせて飲食店も値下げを始めた。ワンコインランチというのを出すようになった。

この辺は鶏と卵の話かもしれないんだが、男性社会還元するお金を持てなくなったこととデフレの開始は無関係ではないかもしれない。もうちょっと言うならば、お金の行き先が特定業務に行くようになってしまい、ほかは旦那の少ない小遣いの獲得合戦になっていったように思える。

そして値下げ合戦が始まる。マクドナルドなんかは何でもかんでも100円とかで出すようになった。アルバイトたちが激務になることはお構いなしだ。値段を下げる、商品もしょぼくなる、デフレスパイラルの開始だ。

吉野家の肉なんかは露骨に減った。

デフレスパイラルに入り、企業お金が手に入らなくなった。手に入らないのだから給料も支払えない。年功序列型の給料をもらっていた中年層が今度は槍玉に挙げられた。日本ではリストラ絶対にできないと言われているが、実はできる。

2020年

こうしてみると、今の状況は変な話だがバブル崩壊から始まっていると思う。もっと言うなら明治時代から始まっているかもしれない。パソナ竹中平蔵に対するバッシング最近すごいが彼の経済学者としての歩みを見ると、1990年くらいから始まっている。彼はおそらくバブル崩壊経済とそれが崩壊することの意味をわかっていたのかもしれない。

小泉内閣から急に出てきたように見えるが、実は小渕内閣の頃にはすでにいろいろやっている

追記

びっくりするくらいブクマされてんのね。

よく調べてかけとか言う人々、嫌だよめんどくせえ。

はっきりいうと自分記憶と印象だけで書いている文章から、間違いや事実誤認、正確性の欠如、だらけだろうね。気になるならこの辺の正確な経緯でも書いてみてくれ。

誤字脱字が気になる人、どうやら俺は老眼らしいので、画数の多い漢字は正直あまり良く見えない。

本当にアラフォーか?っていう人、アラフォーって、40プラマイ5歳でいいんだよな?不安になった。

2020-11-25

anond:20201125112338

ローン審査するとき年収額と個人信用情報くらいしかチェックしないけどね

業種でハネられるとかあり得ない

有るとすればローンを申し込んだ銀行が勤務先会社とも取引があって、勤務先の債務者区分が要注意先以下だったりするケースかな

審査不可になった場合理由を明確に残しておかないといけないから、「下着メーカーとか怪しい業種だから不可」なんてことにしたら金融庁激おこだよ

ローンが通らないのは勤務先の問題じゃなくてこの人個人問題なんだろうと思う

2020-09-19

anond:20200919234712

細ってきた中間層は将来不安から金を貯め込むだろうし、消費税を下げたからその分消費が増えるとは限らない。デフレ債務者にとってはつらいし破産法改革とかモラトリアムとか金利控除とか考えていいと思うけど、それで消費が減ったら将来デフレになると思うから貯蓄したほうが特になるので(債務モラトリアムも解除できないと思われる)以下スパイラル産業政策別にほかでもできるけど。グリーンニューディール政府固定資本形成の一部フレキシブルフリーズを組み合わせて(もちろん将来不安による消費抑制を考えて福祉拡充するし、福祉フレキシブルフリーズしない)インフレデフレタイムラグに柔軟に対処できるようになってから消費税減税でいいでしょう。

2020-07-10

カードローンを完済した

今日10年弱払ってきたカードローンを完済した。

借りた合計は100万を超えていた。

完済記念に、カードローンなぞ使うべきじゃないぞということを書いておきたい。

そんなの知ってる人は1人の馬鹿が学んだ話だと思って読んでくれ。

なぜ最初に手を出したか

最初に借りたきっかけはまともな方だと思う。

入った会社の業績が悪化して給料の不払いが出た。

生活に困って、親にも心配かけたくなくて、目に入ったレイクで借りた。

20万くらい。

返済額は借入額に応じて決まるので、毎月の返済額は1万円以下だった。

2回目

転職収入は安定した。

少しずつ返して残額10万見えてきた頃、すごく欲しい限定品に出会った。

15万。

即金で必要だったが手元にはなかった。

さすがにこの時はかなり悩んだが、結局借りてしまった。

お金はこれから返せばいいが限定品は今を逃したら手に入らない。

どうせ返すのだからと多めに20万借りて、残額は30万と少しになった。

まだ毎月の返済額は1万を超えない。

そして借金クズ

一度趣味で借りたことがきっかけでタガが外れた。

ソシャゲにハマって金遣いが荒くなり、月末になると生活費も無くなって数万ずつ借りた。

クレカを使いすぎて引き落とし日に足りなくなり、延滞はだめだからと思って支払いのために借りた。

ローンをしているというのに、カード1枚でコンビニATMからいつでも引き落とせてしまう。

自分の第二の銀行口座みたいな感覚になっていた。

メインの口座からなくなったら予備の口座から出す、といった風に。

カードローン用のカードが常に財布に入っていた。

いつでも必要な時に引き落とせないと困るので。

増える返済額

ある日毎月の返済額が思っていたより高いことに気がついた。

毎月の2万以上返済している。

そんなに払ったらお金がすぐ足りなくなってしまうので、また借りる。

少しずつ少しずつ借入額が増えている認識はあったが、まあそのうち返し終わるさと思っていた。

借金クズが目を覚ます

ある時、いつもは見ないで捨てているATMから出てくる明細を見たら100万を超えていた。

突然ポンと目の前に100万の借金ができたような気がして慌てた。

月2万ずつ返していても5年かかる。(実際は利息分で多分もっとかかる

やっと目が覚めて、自分100万の借金を抱える人間なのだ自覚した。

返済の始まり

まずソシャゲは辞めた。

クレカも利用額を毎日ちゃんと見て、払いきれない額まで使わないようにした。

過払金広告に目が行くようになった。

金利計算して少しでも安くなる別のところに借り換えた。

ボーナスのたびに10万ずつ払ったが、全然減らなくて20万ずつ払った。

完済

そして今回、たまたま会社の業績が良くボーナスが増えた。

ほぼ全額使えば一括返済可能な額だった。

少しだけ悩んで、銀行に行って、入った額をそのまま返済口座に入れた。

ついに債務者ではなくなった。

毎月2万くらい引き落とされることもなくなった。

借りた額と返し続けた額。

10年分のだらだらした利息はいったい幾らになるのか計算はしていないが、今はとりあえずものすごく清々しい気分だ。

残りのナスで週末は焼肉でも食べようと思う。

俺は2度とカードローンを使わない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん