「動物愛護」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 動物愛護とは

2020-05-28

anond:20200528204328

田舎に住んでるんだけど、郊外よりも田舎小動物たちは山から降りて道路でよく車に轢かれているので出退勤しながらよく死体にでくわしている。所詮事故なのだが。タヌキ、ネコハクビシンなどなど。

東京などの人たちが、動物愛護運動をしていたりしてもなぜか冷めた目で見てしまっている。救いようのない命ばかりだからだ。

そして人間が山に入ればクマに襲われたり、ハチやヘビの毒に遭ったりする。都会に住むと忘れてしまうけど、田舎ではヒトもそれ以外も関係なく死は生と隣り合わせだ。

来月から落ち着いたら、東京だったら多摩とか関西だったら吉野とか紀州かに旅行に行くといい。

わいが好きな国

台湾 → 動物愛護環境保護の高さ、民度日本と同等

インド → IT技術大国ベジタリアンが4割いる・スワデーシ

アメリカ → 民主主義・非差別啓蒙主義が徹底している

タイ → 微笑みの国タイ

ドイツ → 製造業が強く国民性日本に似ている

2020-05-21

捕鯨より野良猫去勢する方がずっとやばいと思うんだけど

あれって動物愛護の人たちは怒らないの?

2020-05-18

anond:20200518165545

人口の10%しかベジタリアン動物愛護精神もった人が居ない、

ってフツーにひどくね?

いや、どう定義して数えたんかよう知らんが、日本だって他国だってもっと居るやろー

台湾はすばらしい国だな

総統 → 萌えアニメ風のイラストも描かれるくらい人気者

IT大臣 → 世界的な天才プログラマ

外務省報道官 → 美人

人口の10% → ベジタリアン動物愛護

・全国民 → 敬老、自然保護民度の高さ

2020-04-13

リベラルを突き詰めるとリベラルでなくなってしまう話

あるいは左右の思想が両輪である

◇ ◆ ◇

以前、何故「日本人であるだけで尊い」という思いで助け合うことができないのか!?リベラル批判して炎上したツイッタラーがいた。彼はむしろリベラル的な思想の持ち主であり、内部から批判とでもいえる発言だったが、リベラル派のツイッターから散々に批判され、アカウント削除に追い込まれ

一見日本人であるだけで尊い」という思想リベラルと相容れないように感じられるが、実際は逆である。何故なら「人間であるだけで尊い」という思想こそがリベラルの根幹だから

◇ ◆ ◇

倫理的に食することのできる/できない生物の条件とは何だろう? 現代文明化された人類人肉食タブーとし、鯨肉や猿肉を食すのは食文化範疇として認めている((認めない向きはここでは一般的ではないとする))

ここで人間と鯨や猿の相違として問題とされているのは、人類同胞であるか否かだけである

決して、動物愛護勘違いした活動家が言うように、知能や意思疎通の可否の問題ではない。そこが問題点なのであれば、障害のために知能や意思疎通の程度が成体の鯨以下の人間は食べてもよいことになってしまう。当然それは現代倫理では否である障碍者意思疎通の可否を基準に大量殺人を犯した犯罪者が裁かれる例を見よ

◇ ◆ ◇

人権尊重されるのは、その人が我々人類同胞であるが故である。決して「知能がある」とか「意思疎通が可能である」とかの唯物論的な理由によるものではない。一方で、「同胞であるから尊い」という価値観保守的であり、唯物論による方がリベラル的と思われるのも不思議なことではないだろう。しかし、唯物論にべったり寄りかかるのは共産主義も犯した過ちであり、リベラルを突き詰めることでリベラルから逸脱する一種パラドックスである

2020-04-04

anond:20200404210303

動物愛護と防疫って両立できないのかな?

動物といえばイナゴの群れも殺さずに止めたいところ。

2020-03-24

anond:20200324204659

( 2 ) おいでよ どうぶつの森

どうぶつの森とは、2001年に 1 作目を発売したゲームシリーズであるマリオポケモンのような動物を殺すことを楽しむゲームとは違い、動物世界人間が暮らすことをコンセプトにしたゲームである。この作品において、動物と対等に生活を送っている以上、動物差別などとはほど遠いゲームのように思われる。現に、愛護団体からどうぶつの森批判を受けているという話を聞くことはできない。どうぶつの森は、主人公以外はほとんどが哺乳類動物が生息している空間であり、その空間で、釣りをしたり、昆虫採集したりする。また、採集したものスーパーに売って報酬として金銭を得ることや博物館に展示することができる。動物共存する姿にだけフォーカスすれば、批判される対象というよりもむしろ推奨される存在にも感じられるだろう。しかし、ここにも人間至上主義的な側面を見ることができる。それは大きく 2 つの側面から述べられる。 1 つ目は動物のなかの区別存在すること、 2 つ目は動物社会生活するといわれながらも、生きている社会人間社会であることだ。 1 つ目は前述したように動物の中に階層を作り出している点であるどうぶつの森では、主人公以外全員キャラクター動物であるため、虫や魚を売る相手博物館動物を公開する相手必然的動物になる。動物のなかでも、魚や昆虫搾取される側で、権利迫害される。そして、哺乳類をはじめとする動物は、この世界では搾取する側なのであるどうぶつの森では、作中に主人公外人間が存在しないため、他の作品よりも動物間の階層が色濃く読み取ることができるのだ。本来は、動物間において殺害自由の拘束が権利侵害にあたるのかというと明確ではない。野生のなかで相手を殺す状況は自然であるからであるしかし、この場合適用できると言えるだろう。その理由にもなり得るのが二つ目論点である。それは、どうぶつの森という題名からは、ほど遠いほど、生活空間人間社会なことだ。例えば、取引には通貨が用いられ、娯楽として博物館釣り存在する。動物共存する社会象が、自然ではなく、人間社会であることは人間中心のステレオタイプ存在すると言えよう。人間自然のなかで生活をするのではなく、人間の生きている世界動物存在するということであるからだ。

ただ、上述したとおり、この作品に対する動物愛護方面から批判は加えられてこなかった。以上の観点から、この理由として、動物愛護者の立場でもステレオタイプ動物の種類に対する差異を認められており、かつ人間社会と野生社会関係を対等として認識していないということが言える。毛皮をとることや、戦わせることをはじめとしたシンガー原則を受け入れながらも、そこには人間を中心とする明確な意識存在する。

マリオポケモンのような明らかな人間至上主義どうぶつの森のそれは、大きく社会的な見られ方が異なっている。ゲームのコンセプトの違いが存在していることは自明であるとしても、そのほかに、発売時期が関係していると考えることができる。動物愛護社会的風潮が広がったため、動物軽視的な発想が明らかに反映されているゲーム制作者側は作りづらかったという側面である。現に2002年から CERO という非営利団体が結成され、対象年齢を決めることを業務としている。この一年前に発売されたどうぶつの森は、年齢制限が設けられるかもしれない状況下で制作がされていたのである。この制限が設けられたことにより、例えばこの 2 年後に発売されたモンスターハンターは、対象年齢が15歳と設定された。ゲームに対する社会の変化は、暴力性、性的反社会的表現という倫理的な諸問題の中には、動物愛護についての社会風潮も存在しただろう。それには、以下のことが理由に挙げられる。近世における動物愛護関係法令の移り変わりでは、1973年に「動物保護及び管理に関する法律」として、保護動物虐待・遺棄の禁止動物愛護思想の普及啓発、動物による人間への危険の防止が法令化され、1999年には「動物愛護及び管理に関する法律」として、以上に加えて、愛護動物虐待・遺棄の防止、動物取扱業に対する規制が追加されたのだ。同時期に発売されたゲームに上述したモンスターハンターがあること、また、動物軽視が顕著なゲームシリーズが続いていることから社会の変容にゲームが必ずしも対応するわけではない。それはゲームアンタッチャブル特性によるものだ。それでも、どうぶつの森社会的に批判されない作品であり、もちろん時代背景を踏まえても批判されない前提で制作されたものだと考えられるが、根本的には動物軽視の視点が含まれている。これは、社会において、動物愛護の風潮が高まりステレオタイプが変化したにもかかわらず、深層的に根付いたまま存在していると言えよう。また、長年変化せずにシリーズ化する作品からステレオタイプ再生産され維持されていることが認識できるだろう。

みんなこんな気持ち悪いゲームに夢中になってたのか。これに対して批判の声がひとつも出てこない日本社会の前時代性やばすぎるだろ。狸にでも化かされてるのかな

anond:20200324203443

任天堂は前から批判されてるぞ。はてなーはいい加減洗脳から覚めろ

なぜ米国で『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』が反人種差別主義シンボル存在になったのか? 「マリオは金と女のために戦うがソニックは違う」 | ロケットニュース24 https://rocketnews24.com/2017/08/19/941141/

----

なぜ、彼がソニックを選んだのかというと、ソニック反体制ヒーローで、いつも全体主義体制に反抗してきたかなのだとか。全体主義とは、個人利益よりも全体の利益を優先させる政治体制のことで、ナチズムファシズムもこれに相当する。

また、彼はTwitterで「スーパーマリオは金と女のために戦うが、ソニック正義のために立ち上がるんだ」ともコメントソニックは反人種差別主義を訴えるキャラクターとして、まさに適役だったのだ。


マリオキモイから始まる【お気持ち】論争 - Togetter https://togetter.com/li/1314208

----

Sophia @studentFem_N

マリオキモいマリオみたいなおっさんピーチみたいな若くて綺麗な女がくっつく展開、小学生の頃からキモい無理と思ってた。男キャラブサイクおっさんばっかに加えていくらでもバリエーションあるのに、女キャラはほぼピーチデイジーくらいで、特徴は「若くて綺麗」なだけ。


マリオにみられるメディアとしてのゲーム再考 https://keiolaw.org/wp/wp-content/uploads/2019/06/173-197_%E8%8A%A6%E7%94%B0%E6%B2%99%E4%B9%9F%E5%8A%A0%E6%B0%8F%E3%83%BB%E4%B8%8A%E5%8E%9F%E9%9B%85%E5%BF%97%E6%B0%8F%E3%83%BB%E9%87%91%E6%9D%B1%E7%86%99%E6%B0%8F%E3%83%BB%E5%B0%8F%E6%9E%97%E6%9D%8F%E5%A4%AA%E9%83%8E%E6%B0%8F%E3%83%BB%E8%97%A4%E6%9E%9D%E6%9C%89%E5%92%B2%E6%B0%8F.pdf

----

Ⅲ ゲームにみられる人間至上主義ステレオタイプ

1  はじめに

マリオ世界において、主人公マリオで、姫がピーチという図式は変容していない。それと同時に、敵は人間でないという図式も同じく変容していない。マリオは道中で、キノコを具現化しているクリボーや、亀を象徴するノコノコを殺してゴールへと目指す。そしてボス戦では巨大な亀の怪獣を思わせるクッパを退治する。他にも「敵キャラ」と示すことのできるものは、花や魚などのように必ずしも人間キャラクターでないことを共通項として述べることができる。同じキャラクターにはそれぞれに差異がない「アイコン化された」動物を殺すことで物語が進むのであるゲームにおいて、マリオキャラクターを一匹踏み殺すごとにコインという形で報酬をうけ、それが百コイン貯まるとライフが 1 つ増えるという仕組みを採用している。抽象化していえば、人間動物を殺すことは正当化されているというより、むしろ推奨されているのである。ここには動物に対して、なにか絶対的根拠を持たずに敵視し迫害するといった人間の種差別的な側面が明確に現れていると述べることが可能であろう。動物人間により搾取される存在であり、人間は、当たり前のこととしてそれを教授する。現代において、動物差別をはじめとする種差別は、非難対象になり得る。例えば、各国は、日本の伝統的な捕鯨猟に対して難色を示し、駅前では動物愛護をうたって募金活動をする集団も珍しくはない。つまり現代社会のなかで、動物権利という論争は、珍しいものでなく、社会に広く浸透した論点なのであるしかし、マリオ世界観において、動物愛護派の目線から作品提示されたことはない。構図は変化しないのである。それはどのような理由によるものなのか、社会ゲームはどのような関係性を持っているのかということについて本論では考察する。

2020-03-23

動物虐待凶悪犯罪に繋がる」という言説

この説の根拠犯罪者プロファイリングを創始したロバート・K・レスラー言葉

殺人者の始まりは、ほぼ動物殺害拷問に端を発している」とされている。

複数動物愛護系サイトでこの文が引用されているのを確認した)

だが、奇妙なことにレスラー氏の著書を読んでもそのような記述はまったく見当たらない。

というより、レスラー氏が連続殺人鬼シリアルキラー)が生まれる遠因として指摘したのは

「幼少期を崩壊過程で過ごすこと」であり、調査したシリアルキラーのほぼ全員がこの特徴を持っているという旨のことを「FBI心理分析官」で語っている。

いやいやいやいや……巷間に流布している「動物虐待=凶悪犯罪原因説」と全然違うじゃないか。どうなっている?

詳しく調べてみると、ロバート・K・レスラー氏が言ったことになっている、

殺人者の始まりは、ほぼ動物殺害拷問に端を発している』

という文の出処を辿っていくと、

世界動物愛護団体が「ロバート・K・レスラーがそう言っていた」という伝聞調のソースを挙げている記事に行き当たった。

しかし、辿れるのはそこまでで、レスラー氏本人が言ったというソースは見つけられなかった。

まり典型的な『孫引き』だ。

FBI捜査官と何の関係も無い動物愛護団体が勝手捏造した言説が

一次ソース確認することな拡散されていった結果、

レスラー氏が言ってもいないことがあたかも言ったかのように捻じ曲げられてしまったようだ。

一次ソース確認重要性を再認識させられる一例だと思う。

2020-03-05

anond:20200305112147

人→犬→人も当然警戒するし

犬→猫→カラスとかも警戒しなきゃいけなくなるから結構センシティブだぞ。

うかつに動物愛護精神ちょっと生かしたせいでパンデミック拡大みたいなこともあり得る。

2020-03-03

規制疲れ

動物愛護環境問題にせよ、子供権利女性の権利、性の平等性等の人権問題にせよ、あの手の活動家カルトが絡んだ結果、こいつらがその権利を自らのお気持ちの為に悪用するだけして、世間に対して規制押し付けたり、状況を引っ掻き回すだけ引っ掻き回して、実際追い詰められている被害者が救済される所か逆に追い詰められ、その後その引っ掻き回した当人達は知らぬ存ぜんでよりきつい規制世間に対して押し付ける様な行動ばかりしているから本当に救いがないと思う。

こう言う事ばかりしていたからこそ、フェミニストポリコレLGBTが昨今世間で嫌われ、それと手を組んでしまって先鋭化しつつあるリベラル世間から拒否される事態を招いたのだろう。

更に言えばこいつら自身に対してその規制禁止の動きが来た際には自身が主張していた事とは180度主張が違うダブスタまでかますしね。

こういう事もあり世間もこの手の規制の動きにはもはや疲れうんざりしているのは事実

2020-02-28

anond:20200228200523

動物愛護センターで檻に入れられた犬達。

檻には3日前、2日前、1日前の札が掛けられている。

3日前の檻に近付けば犬達は吠え、尻尾を振り、近付いてくるが、札の数字が減るに連れ犬達は反応しなくなる。

1日前になると顔すら上げない、目も合わせない。

自分がこれから死ぬ悟りきった表情。

あんな顔を犬がすると、俺は知らなかった。

あの顔が忘れられない。

ありがとう増田

幸せにしてあげてくれ。

左派リベラル無駄プライドが高いからね…

リベラルは本当に有権者を見下すのは止めた方が良いと思う件

https://quickcms.century.yokohama/?liberal01

https://quickcms.century.yokohama/?liberal02

読んでいて割と同意できる点も多い。

恐らく元リベラル支持層だった人ほど納得でき、現在フェミニストポリコレに加担するリベラル層ほど図星を突かれ怒りだす様な内容だろう。

視野の欠如の部分は本気で同意できる部分であり、現在リベラルが支持者議員わず視野狭窄に陥っているからこそ、空気が読めない、保守系支持者にすらお花畑と言われる様な言動政策発言したりする様な事をするのだろう。

そしてこの他者を見下していると言う潜在意識はそれこそ先鋭化しきったリベラル層がフェミニストポリコレと組んでオタクバッシングを繰り広げる行動にも表れていると考える。

結果更なる先鋭化を招き、それが要因で更に視野狭窄に陥り、中間層はおろか本来リベラル層離れを招き、オタクに限らず、その他大勢人間まで完全に敵に回す事になる。

そして当人達はそれに気づく事はない。

その一例として挙げれば少し前、いや現在進行形で話題になっている赤十字の件やJAの件である

こちらの一件ではオタクオタク以外の一般人以外にも医療従事者や農家と言う敵に回すと普通にヤバいしか言えない様な割と笑えない層まで敵に回してしまっている。

選挙目線で考えれば、致命傷と言うしかない自壊しか伴わない行動を行ってしまっている。

2019年12月英国総選挙労働党はなぜ惨敗したのか? いくつかの記事番組クリップ翻訳することで、その原因を探ってみました。

https://togetter.com/li/1452171

そしてイギリスでも労働党の支持者のコメディアンがその主力層である労働者馬鹿にして見下している。

この国民を舐めきっている態度こそ現在リベラルが抱える病の一端とも言える。

これは日本海外も変わらない事だ。

何より日本においても昨今のリベラルの支持者の傾向を見ていると他者を見下すが故に問題行動への同調をしてしまっていると考える。

また私自身としてはこのイギリスにおいての労働党の退廃はEU案件よりも寧ろ指摘されている様に労働者視点の長期的な政策に欠けている事の方が要因として大きいと考える。

それこは雇用しか経済対策しか保障問題しかりだ。

またポリコレフェミニスト等の弱者権利自身思想に利用する集団お気持ちにばかり配慮した点やこれ等の団体規制ばかり推し進めた事に反発したのも理由としてあると考える。

イギリスにしてもジェンダー関連や子供理由に過剰な規制が進められていたし、労働党に関してはそれこそ動物愛護における捕鯨関連や蟹を生きたまま茹でる事は禁止と言う一般人から見れば狂気の沙汰としか思えない公約まで含まれていたので、その事も一般人の反発を招いた要因の一つではないか普通に考える。

要はリベラル理想論ばかり繰り広げ、その結果世間に対して平等人権を盾に規制押し付ける様になる等し、それに対して世間は疲れを感じ、支持層すら離れたのは事実ではないかと考える。

この点は日本共通している点であろう。

もう手遅れ

また個人的にはもうリベラルはここまで先鋭化をし、動脈硬化に陥った以上もはや手遅れと思っている。

共産党しろ立憲民主党しろ政党スタンス等には関係なく、そのフェミニスト等の問題行動に議員同調し、ツイッター空気を読まない発言をし、水面下で自身の気に食わない人物に対して嫌がらせをしている節があるのは事実なのだ

これはもはや一度壊滅及び消滅しない限り本来趣旨に戻る事もないだろう。

寧ろリベラルと言う存在のものが失敗そのものであったのかもしれない。

これ等の事から現状を見る限り自浄作用が働いていないのは見て取れるし、注意をする人達はもはやとっくに離れ、リベラルのものが見放した後の状態であるしか言いようがない。

もはや彼等が変わる事はないだろう。

それに共産の固定票にしても昨今は減少傾向みたいだし、左派及びリベラル自体世間から排除されつつあると考える。

また何より選挙においても世間人間評価が、自民に対して決して良いわけではないし、寧ろ消費増税規制問題等で悪化しつつあり、尚且つ失策も多く、政策自体信者外良いとも思っていない上に日本経済も壊滅しつつある現状においてもそのカウンター政党であるリベラル政党自体支持率は低下し続け、更に選挙自体投票率が下がり続け、結果リベラル左派が勝てなくなっている事はそのリベラル自体世間から嫌悪されている証拠のものである

2020-02-22

いつも迷惑をするのは真面目に行動している方々

しかしこの手の専門家すら問題点を冷静に指摘出来る様になった時点で世の中も変わったなと思う。

逆に言えば、それだけフェミニストやこれまで行われた規制による害が酷くて、その事が世間の人々にも認知され始めたって事なので、素直に喜べることでもないのだけど(苦笑)

当時はこの手の規制を進めるフェミニスト団体宗教団体児童ポルノやら青少年教育やら道徳やら子供権利やらを盾にしていたら、誰しもが世間的なバッシングが怖かったから誰もまともに声を上げようと出来ず、規制を進める方々が好き勝手規制推し進めて、何でも自身お気持ち悪用して、臭いものに蓋をするかの様に身勝手規制をして増長していった結果が今だからね。

オタクに限らず、規制に反対した人に関してはその事で徹底的にロリコン犯罪者予備軍呼ばわりされたし、それが怖くてこの手の専門家はおろか規制に反対していた議員すら匿名で反対している人も多かったのが実情だよ。

から、この手の専門家が声を挙げたのは時代が少しは変わったのだと思う。

またその当時件の宗教女性団体が自らのお気持ちで何でも規制したせいで、インターネット規制創作物規制無駄に進んでしまい、ゲームはおろか外での遊具すらなくなってしまい、子供の外での自由時間制限され、何でも法規制をしたせいで子供に関わるだけでリスクが発生し、誰も子供に関わらなくなってしま子供危険に巻き込まれリスクを増加させるだけになってしまった。

更に言えば、あの一件では本来児童保護予算すらつかなかったし、相変わらず規制ばかりで実在児童保護は置いてけぼりであり、昨今でも児童相談所が拒否する様な事態すらあった事は注目すべき点であろう。

この事から安易で短絡的な規制は害しかないと認識するようになった。

誰かが環境問題で言われていたけども幾ら耳障りが良くても詭弁国益を損なうと言うのはこの一件でも証明されていると思う。

何にしても子供権利しろ女性権利しろLGBTしろ、これに限らず、環境問題動物愛護しろ、今や変な運動家宗教悪用され、歪んでいるのは一番の問題だよ。

彼等が叩かれ衰退する時にはこれ等の権利も同時に退行すると考える。

何せ彼等はこれらの権利を余りにも悪用し、歪んだ形に変えてしまたからだ。

2020-02-06

いまどき「ヴィーガンってダイエットのためにやってるんだと思ってたよ!まさか動物愛護のためだったなんて!」とか言ってるアホ記事を見かけてクソデカ溜息。しか環境保護の側面にはまったく触れてないし。

2020-02-02

ヴィーガン食にメリットを感じるアスリートなんているんだな

小松原美里氏。フィギュアスケートアイスダンスという部門日本では知名度が低いがオリンピック競技にもなってるぞ)で日本トップ選手。ノリでヴィーガン食にしてみたら回復が早いと実感してヴィーガン食に変えたんだと。あとフィギュアスケートという特性上常に痩せてなきゃいけないとかもあって、動物愛護ではなく純粋戦略としてヴィーガンやってらしい。

2020-02-01

普通計画的な野焼きってあるから

レスポンダーがオーストラリアの大規模森林火災への支援目的としたチャリティーグッズを販売

http://vault76.info/archives/23307069.html

24時間限定、Bethesda.netオーストラリアの大規模森林火災被害への支援目的としたチャリティーセールを開催

http://vault76.info/archives/23324804.html

オーストラリア森林火災

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%A3%AE%E6%9E%97%E7%81%AB%E7%81%BD

【衝撃】山火事で子牛20頭が大ヤケド、苦痛を止めるため牧場主が取った行動がつらすぎる

http://yurukuyaru.com/archives/81885471.html

オーストラリア山火事が起こる原因は?ユーカリ自然発火がユーカリ自然発火が理由

https://ozvilogger-takako.com/australia-bushfire-1522

ユーカリ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AA

本当かどうか話半分でしかないけど、これ今までは大火事を防ぐためにわざと野焼きをする様な計画火災をしていたのに環境保護団体ロビーをかけて禁止してしまった為にここまで余計に被害デカくなった的なコメをアフィで見かけたのだけど、だとしたら救いようがないねぇ。

オーストラリア自体、あの手の政治的環境活動家が活発だし、ユーカリ自体自然発火もする。

そして何より日本でも環境保護を名目にした結果、里山に手が入らなくなり逆に荒廃した例も普通にあるからあり得ない話ではなさそうなんだよね。

何にせよ今の環境保護運動自体左翼の方々やカルトに乗っ取られて、生態学地球科学等の科学アプローチが一切無視されているのは問題だよね。

ただ一部の団体温暖化温暖化がとヒートアイランド区別すらついてなくて喚き叫んでいるのが現状。

これは何も環境問題だけではなく、俗に言う女性人権子供の人権や男女平参画等の規制問題著作権規制問題動物愛護または外来種動物規制問題交通関係規制問題全ての事で言える。

どの様に対処をすれば、良くなるのではなく、一部の人の都合ばかり押し付けられて、結果意味がなかったり、逆に事態悪化すら招く法律ばかり出来るのだよね。

特に環境問題なんて、企業の経費削減の理由エコとか言ってレジ有料化言い訳等に普通に使われる始末で嘘がまかり通っているからね。

法律なんて一番論理的アプローチ必要な分野なのに今や扇動等ですぐに安易規制の方向にばかり走ってしまう。

特に規制問題規制による推進側の予算等の金銭問題も大きいから推進する側は必死な所があるのも事実

その規制に巻き込まれる方からすれば大迷惑だが。

2020-01-10

anond:20200110135956

「あらゆる動物を殺すな」みたいな極端なこと主張してる動物愛護家は少ないでしょ。

まあスタンスにもよるけど「必要最低限しか殺すな」とか「殺すとき苦痛を伴う手段を取るな」とかそういう感じじゃん。

動物愛護ってどこまでを指すんだろうね

動物愛護を訴えかける人を見ると、どうしても敬遠してしまう。

別に動物愛護が悪いと言っているわけではない。むしろ動物保護されてしかるべきだと思うし、保護活動に勤しんでいる方々は漏れなく称賛されるべきだと思う。

それでも自分がどうしても「動物愛護」というもの違和感を覚えるのは、彼らの「愛護する」動物とは一体どこまでなのだろう、と考えているかである

おそらくだが、彼らの家にはゴキジェットがあるだろう。食卓に小蝿が飛んでいれば潰すだろう。

要するに、いくら動物愛護をしているとはいえ、必ず彼らにも「動物好き嫌い」は存在すると思うのだ。少なくとも自分は犬や猫やその他の愛護活動をしている人間が「ゴキジェット撲滅!」などと活動しているところは見たことがない。

別に自分はこの「生命に対する好き嫌い」を抱くことに関して否定するつもりはない。生理的に無理なものは無理、それは当然だと思うからだ。

ただし、だからこそ、「動物愛護」という理念気持ち悪い。

かに犬猫処分は無い方がいい、それはそうだ。だがおそらく日本中で殺されているゴキの数の方が圧倒的に多い。工事に伴って巣を壊されている蟻の数の方が多い。

動物愛護」という理念を掲げる人々に、そうやって「救う生命選択している」という認識があるのだろうか、という疑問がいつも抱かれるのだ。

別に自分はすべての生命を救おうなどと考えている理想論者ではないし、家にはゴキジェットがあるし、食卓ハエを潰す。それでいてネットで猫や犬の動画を見ては喜んでいる人間だ。

ただ、やはり、それでも「認識」はしている。自分生命区別していて、「平気で潰してもいいもの」と「潰してはならないもの」に分けている、と認識している。認識して、これがもしかするととんでもない罪なのではないか、と思った上で、それでも区別することを続けている。

小学生?くらいの弁論大会犬猫処分批判する人を見るたびにそういう嫌悪感に陥った。結局「生命が大切だから批判しているのではなく、「可愛い生命が大切だから批判しているのだろう、と。繰り返すが別にそれでもいいのだ。「可愛い生命を助ける」ことを選択するのは個人自由だし、それも一つのであることには変わりはない。自分嫌悪感を抱くのは、本当は後者理由であるのに、まるで前者のように振る舞うことだ。

繰り返すが、別に動物愛護自体批判する意図も、愛護団体及び活動家を批判する意図もない。認識していようがしていまいが、行動を起こしている人が偉いということは事実なのだから

2019-12-30

anond:20191230111406

成長期の子供がやるとたんぱく質とか相当気を付けないと発育に影響出そうだなあ。

動物愛護環境負荷的な意義があるとしても体に良いものでは決してないと思うアレ。

2019-12-27

ATOKで「片肺飛行」を変換しようとしたら「片肺」が変換できなかった。

「片翼」は変換できたので、「片肺」は不快語に当たるのかも知れない。

翼なら良いのだろうか?とも思うが、動物愛護に目覚められてもこっちが困るので、よしとする。

  

んん、今変換すると、普通に出来るな……。

何だったんだろう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん