「竹中平蔵」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 竹中平蔵とは

2021-05-05

竹中平蔵がめちゃくちゃ嫌いなんだけど

どうして彼がこんなに重用されてるの?

煽りじゃなくてマジの無知。ぜんぜん知らない。

新書の紹介とかでもいいけど、彼のルーツとかバックグラウンドを教えてくれ

2021-04-27

派遣社員になるの反対する奴って竹中平蔵に親殺されたの?

以下、派遣反対の主張とそれに対する反論

・「派遣社員は健康保険とか年金に入ってないか正社員になった方が会社が払ってくれて得」←派遣社員でも正社員同様に厚生年金雇用保険健康保険等すべて完備している。失業手当から傷病手当まで正社員同様に貰える(※ただし市県民税派遣会社によっては天引きされないので振込に行く必要有り)

・「派遣社員は昇給がない」←正社員でもないところは無い。派遣でも時給が上がる事はあるので誤り。

・「派遣社員は仕事不安定」←リーマンショック時、リストラされた多くのサラリーマン派遣に流れてきた為、働き口は割とある正社員でも仕事不安定会社はあるので、派遣だけに言える話ではない。プロジェクトが終わると切られることはあるが、派遣営業がひっきりなしに仕事を紹介してくるので仕事に困ることは無い。

・「派遣社員は福利厚生がない」←就業半年後に有給休暇付与プロパーより有給休暇取りやすい(代わりの人員いくらでもいるため)。会社によって違うがベネフィットステーションや選べる倶楽部等、宿泊施設の割引が使える福利厚生を揃えている。よって派遣社員は福利厚生がないは誤り。

仕事メンタルぶっ壊して仕事辞めて、社会復帰の足がかりになったのが派遣社員としての働き方だったから、頭ごなしに派遣が悪く言われる事多くて我慢できず書いた。

正社員になるの辞めて派遣社員になれ!とかそういう話じゃなくて、どうしても今の仕事が辛すぎて生きてて苦しかったり、ニートから社会復帰したい人とかは派遣に逃げればいいと思うよ。

2021-04-26

anond:20210426152158

それは真面目にそう

アホのスポーツマンとそれの周りに集まっていっちょかみして金稼ぎしようとした奴等が正当性を主張しなければこんなに緩いことにならずに済んだ

どうせオリンピック辞めるって言ったところで日本全体で発生した損害の百分の一にもならんだろうし

仮に開催したとして日本が立て直せるぐらいの需要があるとは思えん

 

正直スポーツ界全体への失望も強い

オリンピック利権を得るパソナを率いる竹中平蔵はこれが終わったら覚えてやがれって感じだ

2021-04-25

anond:20210425165320

すでに社会構造はいびつで、それが加速する。日本は老人国家で、老人が骨折すると急激に衰えるように日本コロナで急激に衰える。

五輪需要の先食い行為で前回の東京五輪もその後に日本不景気になった。だからコロナが無くても2020東京五輪後はマイルド不景気になるはずだった。コロナがそれに拍車をかける現在すでに不景気だがこの不景気簡単に終わらない。

若年層の雇用環境に目を転じて言い換えるなら、就職氷河期はすでに始まっていて、それが長引くということ。世間正社員になれない若者であふれ、正社員になれた若者年功序列企業にいる場合には自分の下が入ってこない期間が長く続く場合がある。これに乗じて竹中平蔵派遣業の規制緩和さらに進めて肥え太る。非正規雇用若者派遣業者ピンハネされ、金が足りず結婚ができず子供を作れない。そして少子化高齢化が拡大再生産される。

2021-04-20

anond:20210420142811

立憲主義」「人権」というのは国民の全てが「健康文化的な最低限の生活を送れる」ことを政府が最優先課題にする、と約束するものだよ。

「景気を良くする」というのは「一部に喰えない人が出ても、全体として景気が良くなるならその方がいい」という考え方だろ。

しかも、ほっておくと「喰ない一部」の割合は際限なく上がると思うけどね。竹中平蔵を重用するというのはそういうことだ)

2021-04-14

田原総一朗について

今の若い人は田原総一朗といってもピンとこないかもしれない。しか1990年代から2000年代半にかけて、彼の司会する番組政治的な影響力は半端なかった。彼がいなければ、1993年政界再編小泉政権も、その後の橋下維新なども間違いなく存在しなかった。90−00年代政治田原総一朗抜きで語ることはできない。


田原番組で持ち上げた政治家は、例外くその後に政界に大きな影響を与えている。小沢一郎辻元清美鳩山由紀夫小泉純一郎竹中平蔵橋下徹などなど。お気に入り人物に対して、いかにもな保守派左派を「噛ませ犬」として(亀井静香金子勝など見た目が悪く言葉乱暴人物をわざわざ選んで)登場させて、竹中平蔵たちの説得力正当性を高める手法も非常に老獪で巧みだった。


田原番組で推進した、小選挙区制度の官邸主導政治官僚バッシングとさまざまな新自由主義政策は、日本社会経済を深刻に衰退させたと言ってよく、民主主義も深刻に後退していることは明らかであるしかし彼は反省や後悔は一切しない。小沢一郎他人事のように批判しているかと思えば、パソナ会長として露骨税金を食い物していることがもはや子どもにでも明白な竹中平蔵については、相変わらず番組に読んで熱心に擁護している。90−00年台の政治当事者であったにも関わらず、当事者意識は皆無である。『朝生』も、かつては一流の学者も出演することが多かったが、今は質の悪いネット炎上芸人だらけになっている。


距離のあった安倍政権に対しては批判的だったが、菅政権になって助言役として呼ばれると、一転して好意的評価転向している。丸山眞男の言う「無責任の体系」は、まさに田原竹中にこそ当てはまると言えるだろう。

2021-04-10

弱者男性問題経済問題

なんで弱者男性問題が発生したのかって、それは経済問題であり、いわゆるネオリベ政策が推進されたから。

ここを抑えてない人が多い。

具体的に言うと竹中平蔵政策が発生してからである

草食系男子問題になったのもそのせい。

結婚なんかできない。自分で生きるので手一杯」って社会になったからだよね。

から貧困問題であるということを、「非モテ問題」にすりかえている。

「女をあてがえっていうのか?」と言い出すのは大きな間違い。

非モテは結果であって、原因ではない。

原因は、低賃金長時間労働残業代不払い、労働者権利基盤の弱体化などなど、労働問題で、中間層労働者恋愛に金を使えない貧困層に転落したことにある。

でも、その現実高学歴差別問題大好き人間たちは認めたくないんだよね。

自分タワーマンションで高級外車を乗り回しつつ、「差別は許せない」という人間たちにとって、「経済格差はむしろ歓迎すべき事柄」なんだよ。

貧困層の労働者が増えることは彼ら彼女らにとっては自分たちが勝ち組足るための必要条件だ。

から非モテ問題」にすり替えている。

社会欧米化たから、欧米格差社会日本に発生したとも言えるけれどね。

2021-03-28

anond:20210328173318

そういう話聞くたびに気になってるんだけど、竹中平蔵という人がパソナの舵取りをしているわけではなく、(ベンチャー三銃士と称された)南部靖之氏の会社よねパソナ

会長というイメージの強さを感じる

非正規

ネットだと「非正規雇用は悪」で竹中平蔵は悪の権化みたいに言われている

だけど本当に問題なのは非正規雇用ではなくて非正規雇用給与が安いことではなかろうか

アルバイトにしても同じで労働量に対する単価が問題なのである

現代人の多くは一つの会社で一生を終えることに耐えられないだろうし望んでない

2021-03-20

anond:20210320000452

こういうのを「アッパー中卒」と呼ぶ。

学歴はなくとも、人の心が身についた人間は、ちゃん教育お金をかける。

そういう人もいる。

かつてのフィールズ賞ノーベル賞学者の親に、こういうタイプは多かった。

竹中平蔵のいた和歌山にも、この種の人間がいたらしい。

2021-03-13

左派だけど政治腐敗の問題に怒りが沸かない

たぶん公正さや公共性に対する意識が低いのだろうけど、これはどうしようもない。

一応自分左翼で、過労自殺とか技能実習生とかコンビニ問題とかヘイトスピーチとか、そういう問題に対する怒りはかなり強いけど、モリカケ桜を見る会総務省接待問題などにはあまり興味が沸かない。かつての天下り談合かにしても、むしろバッシングされている官僚地方土建の人たちに同情した。

もちろん悪いことはわかるし、頭ではわかっているつもりだけど、同じ左派の人たちが菅政権問題で連日怒気に満ちたツイートをしているのを見ると、逆に引いてしまう。世論喚起するための運動の一貫してやっているつもりだとしたら、自分のようなタイプ人間には明らかに逆効果だと伝えたい。

パソナ関連のことは自分も非常に腹が立つけど、あくま公務員を削減して非正規労働者に入れ替えている(さらには竹中平蔵がそれを「経済学」で正当化している)からであって、働いている人がこれまでの公務員と同等の待遇だったら怒りも大して沸いてないと思う。

2021-03-11

左派だけど政治腐敗の問題に怒りが沸かない

たぶん公正さや公共性に対する意識が低いのだろうけど、これはどうしようもない。


一応自分左翼で、過労自殺とか技能実習生とかコンビニ問題とかヘイトスピーチとか、そういう問題に対する怒りはかなり強いけど、モリカケ桜を見る会総務省接待問題などにはあまり興味が沸かない。かつての天下り談合かにしても、むしろバッシングされている官僚地方土建の人たちに同情した。


もちろん悪いことはわかるし、頭ではわかっているつもりだけど、同じ左派の人たちが菅政権問題で連日怒気に満ちたツイートをしているのを見ると、逆に引いてしまう。世論喚起するための運動の一貫してやっているつもりだとしたら、自分のようなタイプ人間には明らかに逆効果だと伝えたい。


パソナ関連のことは自分も非常に腹が立つけど、あくま公務員を削減して非正規労働者に入れ替えている(さらには竹中平蔵がそれを「経済学」で正当化している)からであって、働いている人がこれまでの公務員と同等の待遇だったら怒りも大して沸いてないと思う。

2021-03-03

にんにきにきにき

なんかaptbrewソースからビルドしたの混在させたらセグフォで落ちる…

aptだけなら動作するのを確認した

確認する気力さえ危うい

メンタルが落ちる

というか、無職なのになんで俺って家でもいつもコード書いたりしてるんだろう

もういい加減嫌になってきた感もある

そういえば、Windows用のRPA.NETで途中まで開発したのもあるが、

今回のMicrosoftの発表で完全に意味を失った感じがある

.NET core対応のためにUIPath社の提供するライブラリとの連携も考えてたが、

ぶっちゃけWindowsしか使わないだろうし、

それに今回公開されたMicrosoftRPA汎用機にも対応してる?みたいで、

自分には汎用機対応までなんて無理だし、

というか、最近何度もビル・ゲイツスティーブ・ジョブズIBMが同席したビデオを思い出すんだが、

あのビデオジョブズIBMが、ソフトハードのおまけ、ソフトは将来無償になる、

という予言の方が成就されつつある感さえある。

その発言ビル・ゲイツ嫌悪の表情を浮かべるが、ビル・ゲイツはその逆を行って成功した。

ハードよりもソフトが、OSオフィススイートが主導権を握ることに一旦は成功した。

しかし、現在Microsoftの最も注力するのはAzureであり、買収したGitHubであり、

MicrosoftもRustやGo採用し、Windows上でどのように活かすかを模索しているし、

WSLのようなものは、ある意味ではLinuxに対する敗北宣言でもあって、

Edgeの元の開発者解雇からChromiumベースへの意向も、ある意味ではGoogleに対する敗北宣言でもあるし、

車輪の再発明コストなんかかけたくねーよ、という気持ちは分かるが、

Webブラウザエンジンの開発がGoogle一社になるのは危険でもあるわけで、

そこをFirefoxが耐えてくれてる感もあるが、Mozilla財団だし、寄付金微妙になってきたみたいだし、

そんなこんなでRustだけ組織を分離したりってことなのかなあと思ったりしてるけど、

話が脱線したけど、つまり、何が言いたいんだってばよ、というと、

この業界というか、少なくともコードを書く、アプリを開発する、という市場の先は暗いような気がしてきた

日本ではIT企業でない会社SEではなくプログラマーのような人材を雇って内製したりする傾向はまったくない

専門家を雇わず新卒から雇ってきたプログラムって何?の社員に内製させようとするからRPAみたいなゴミを売る詐欺跋扈するわけで、

まり日本企業は総じてケチだし、竹中平蔵みたいな上級国民?も喋ってる内容はケチな話ばかりなんだよな

マクドナルドとかベネッセ傾かせて妻をゴルフクラブで殴打した原田氏とかもそうだけど

ドーンとお金出すから木星まで行こうや、ガハハ、みたいな良くも悪くも金のあるバカ日本はいない

それが良くも悪くも米国はいて、良くも悪くも国策として中国はいるわけだけど、

この国はやることだけでなく考えることもどんどんみみっちくなっていくだけな気がする

まあ、世の中のせいにしたいわけじゃないし、したって仕方のない話だよなあ

なんかコンピュータとは別のことやりたくなったなあ

2021-03-02

内心の自由差別の表明が別の問題って本気で言ってるの?

いやいやいやいや

社会的少数派を「(内心で)嫌う自由」と「(偏見に基づいて)嫌いだと口にする自由」は全く別のことだよ。

この手の切断処理をよく見るけどこれまじで言ってるの?全然別のことじゃないと思うけど。

そもそも内心の差別を解消するには他人対話するしかないでしょ。内心で差別してるから差別を表明したりするんだから心の問題解決しないとだめじゃん。内心で差別心を持っていることも問題でしょ。当たり前だけど。なんで内心で差別してるのは問題じゃないって話になってんの?ダメでしょ。

いつどうやってその差別が爆発するかわからないんだから相模原事件とか忘れたの?

個人がどう思ってようが自由だけどそれを言ったら差別だよ」と金言みたいに言われてるけど誰かに言わなきゃそれが差別かどうか本人にはわかんないじゃん。相模原犯人みたいに社会正義とまで思ってるやつも現実にいるんだから。内心の問題を解消しない限り差別心が爆発する潜在リスク社会は抱えたままになるよ。その内心を改めるには誰かと対話して修正するしかなくて、その過程において対話相手差別を表明することが必要になる。「私はこう思ってるんだけどどう?」と会話してはじめて差別だと気づいたりする。みんなそういう経験あるでしょ。これは人に言っちゃ駄目な言葉だとか、これは人を傷つける可能性がある言葉だなとか。そういう対話の積み重ねで自分価値観差別心を修正していくんだから内心の自由差別価値観)の表明は完全に地続きでしょ。

差別(仮)を表明することで他人に諫められて自分の考えが差別だって気づくんだから。まあネット差別を解消するインターフェースだとは思わないけど、一般差別の表明と対話による修正と内心は相関してるよ。普通に考えて。話さなきゃわかんないでしょ。あたりまえだけど。ましてや内心なんてものを変えようと思った時には。

その相関を考えないで内心の自由差別の表明は別だと言うのって自己責任論と同じにしか見えないぞ。竹中平蔵け?おまえは

https://anond.hatelabo.jp/20210302093544

2021-02-23

anond:20210223231923

わがままは、竹中平蔵の罪

それを許さないのは、労組の罪

若かった、何もかもが

あのリクスーは、もう捨てたか

働くくらいなら死ぬ、という暗い気持ち

その昔は、働いたら負けかなと思ってる。なんてネタ流行ったりして、ニート引きこもりもまだ明るかった。少なくともネットに書き込むようなようなやつは明るかった

最近は働きたくない。働かないと生きていけない。働くくらいなら死ぬほうがいい、と深刻に鬱っぽい投稿が目につくんよ。

だいたい竹中平蔵のせい。

安倍・菅・ゆとりを失った国民絶望的な基礎的学問と悲観的未来

 菅首相の息子、東北新社社員の菅正剛氏が総務省幹部官僚を高額接待したとして国会で集中論議されている。追及する野党議員はかつての大蔵省官僚接待汚職事(いわゆるノーパンしゃぶしゃぶ)件以来だと糾弾する。週間文春記事には秋本芳徳・情報流通行政局長が菅正剛とみられる男性から賄賂を受け取り頭を下げられ見送られている姿の写真掲載され、あろうことか録音された会話内容が公開された。これにより、秋本局長は虚偽答弁の疑いが強まりNHKにおいても全国ニュースで再三これが取り上げられている。また内閣広報官山田貴子氏も高額接待がなされた。山田貴子氏といえば、NHKニュース番組にて菅首相日本学術会議の任命拒否問題について明確な説明を求めた件について、電話にて圧力をかけた疑いが報道されている。

 私はある基礎科学分野に従事するいわゆる任期付き研究者である。基礎的な学問社会にとって役に立たないとされ、安倍菅政権下では徹底的に蔑ろにされてきた。大学では裁量にゆとりのある国交金を急速に減額させられており、競争力のない大学は弱体化の一途をたどり、就職支援学校となり下がった。大学経営竹中平蔵のような政権与党のお友達も浸み入ってきた。菅首相国会にて大学研究者による"国会"ともよべる日本学術会議既得権益糾弾した。このように書くと、アンチ自民のように思われるが、私は世代的にはちょうど民主党政権下で行われた事業仕分けによって、危うく大幅予算削減にあいかけた日本学術振興会にて特別研究員として従事していたこともあり、その流れをくむ立憲民主国民民主は支持できない。維新ファーストは論外。いわゆる任期付き研究者の救済指針を明確にし、また露頭に迷う高学歴ワーキングプアを大量輩出した大学院重点化を失策として反省する旨を述べている日本共産党を支持する。党員ではない。国会中継はいつも見ている。支持政党宣言できるのは現実インターネット含めておそらくはてなアノニマスダイアリーだけであり、感謝申し上げたい。

以下は個人的分析に基づくものである。ほぼ無根拠に等しく随筆に過ぎない点を詫びたい。また全くまとめるつもりもなくとりとめもなく書いている。

 安倍・菅を支持せざるを得ない人とはどのような人たちか。(1) 政府予算にてほぼ直接首をつながれ自民党を支持せざるを得ない人々、(2) アベノミクスによって益を得た大企業・あるいは傘下企業就職した人々・あるいはその親族配偶者、(3) カルト的に安倍・菅なるものを狂信する信者である

 (1) には学校役所など税金によって経営されている機関に勤める非正規雇用職員が多数含まれる。たとえば学校であれば常勤非常勤講師役所であれば派遣委託金も税金から。そして私のような大学に勤める任期付き教員、ここでは他にも触れられない多数の人たちもいる。

 (2) 大学はもはや多数学生にとっては就職予備校に過ぎず、3年生になればインターンに参加するのはもはや常識と化している。学生卒論修論にかける時間など研究室に配属された全体の時間からすればほんの一部に過ぎない。実験フィールドワーク重要な分野にとっては学生研究活動・成果は重要資源であり、全く無視することなどできない。リーマンショックにて極端に就職率が下がった時代大学院に一時避難しその後企業の状況が良好となり一般就職した優秀な学生も多くいた。彼らが研究室・分野に残したレガシーは未だ活用されているし、彼らの中には今戻ってきても通用するであろう人もいまだ多数いると思っている。あれ以降、そのような時代は訪れていない。もしかしたら、新型コロナ不況になってしまった今、再び大学院は一時避難先となるかもしれないが。

 (3) 私からはてな民には説明不要だろう。

 アカデミックに身を置く私から見れば、安倍・菅はどうやら学問というか大学に対してコンプレックスというか憎しみに近いような感情を抱いている点はもはや間違いないだろうということが推察される(安倍氏はかつての家庭教師大学時代の恩師からダメ出しされている。)。非常に優秀な人たちが何だかよくわからないこと(基礎的な学問)にエネルギーを費やすことが無駄しか見えないのかもしれない。こうした感情は多くの国民シンパシーを感じているという点は見逃せない。日本学術会議の任命拒否問題はこれまで国会が定めてきた法の解釈に反するという一点が本質であるにも関わらず、問題は菅によってすり替えられた。つまり学術会議の在り方に問題があると指摘し(既得権益だそうだ)、これになんと国民の半数以上がそうだと思っているとの世論調査が出た。(問題すり替えという点が実にアンチアカデミックらしい思考だという皮肉も込めたい。)(ところで、全く非論理的あるいは違法ともいえる手段安倍菅政権で何度も取られてきた。安倍氏が自身公職選挙法政治資金規正法違反による逮捕を恐れ、当時の鑑定の守護神でもあった東京地検検事長黒川氏を違法に定年延長させようとしたのもそうだ。)

 国民には学問が何か役に立つものだとは信じている人はそれほど多くないのが実情である。そんな20年も30年も時間をかけなければ芽が出るかもわからないことに税金を費やすくらいなら苦しい自分たちを救ってほしいのである。これが実情。だからアベノミクスのおかげで就職できたお子さんを持つ親御さんや祖父母さんは安倍を支持せざるを得ないだろう。個人的には東日本大震災のような日本に深刻なダメージを与えた地震津波といったことを研究しているような地質学地震学・あるいは地球流体といった分野や、ここ毎年のように繰り返される豪雨台風による被害を予見するための気象学といった分野に、ごく少数の研究者しかかかわっておらず、むしろから次へと研究室が畳まれている深刻な事態に誰も何も言わない(言えない)ということに、絶望以外の感情が持てないというのが率直なところである。あるNHK特番東北を襲った過去津波から教訓を得ようとする名誉教授先生が自らフィールドワーク沿岸を歩いて地層を見ていると聞いたときは膝から崩れるような思いになった。(当然だが津波地震研究者がいないわけではないと思っている。)これらの分野は地学の1分野とされ、役に立たない理学の一分野とされている。国民の大多数がこんな見方だろう。これ程に基礎学問蔑ろにする政権イノベーションだの科学技術立国などのたまうのだから滑稽極まりない(ちなみに私はもっと無駄であろう分野の研究者である)。いずれにせよ、大学博士課程で教育を受け学位をディフェンド(審査から自分の主張を守るのだそうだ)することが一流企業就職する最低ラインと正しく認識されているアメリカ合衆国ヨーロッパ中国台湾には追いつくことは二度とないだろう。一生彼らが最先端で開発するスマートフォンなどの端末やウェブ技術を使い続ければよいと思う。自動車けが最後の砦になるのだろう。それもいつ世界最先端から取りこぼされるのか。

 トランプ政権の4年で良心を失ったことを顧み、バイデンを選んだアメリカが心底羨ましい。強いネガティブを避けるためにバイデンが選ばれた、という向きも否定できないが。やはり自分たちリベラル自由平等)を勝ち取るという気概は失われていないと感じた。そしてアメリカリベラルには非常に豊富経験がある。この点が日本とは大きく異なる。日本自民党を拒むときは、いつも不況だった。バブル崩壊後・リーマンショック。そして新型コロナでも非常に怪しいわけだが。このような積極的でない背景による政権交代しかなく、自分ドライブする準備が出来ていない野党が突然与党になってもなかなかしんどいである民主党政権はうまくいったとは言えない。国民自分たちリベラル的なものを獲得してやろう、という気概は持てないのである。何より、経済的精神にゆとりが持てず、いつ派遣から切られるかもしれない恐怖と不安、巨大な大企業庇護されているという虚栄ともいえる安心感が強く、社会全体を根幹から支えようとか社会的弱者や虐げられてきた人たちに目を向けようとか、つまり社会福祉や学問教育社会として注力して、たとえ遠回りであっても国全体の再生を目指そう、という気にはなれないのである自分には介護対象の親や祖父母いるから、とか女性であるとか、小さな子どもがいるとか、それらと家庭の経済状況を計りにかけている人もいなくはないだろうが。なにせ、かくゆう私も任期付きでいつ首を切られるかわからない立場である。そんな者が来年予算の財源を握る政権与党を支持しないで大丈夫なのか、と思われそうだが、全くの事実。実は私も政権与党に首根っこをつかまれている人間の一人に過ぎない。だが、ここは増田。私がどこの誰かなど特定することもできない。だから、これから数十年先の日本絶望的状況でしかないと言っているのだ。目を覚ませ、国民よ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん