「大義」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大義とは

2020-05-18

障害者

障害者様。健常者が障害者に対して使う蔑称だ。

良くない言葉だとは私も思う。

だけれども、本当に障害者様というのはいると思っているし、それは健常者に歩み寄ってくれない障害者を指すと思っている。

そもそも論として知的身体わず暴行性的暴行を図る障害者は全員100%障害者様なのでそいつらの話はしていない。

私は小学生の時、支援学級の子のお世話係みたいなものをやらされていて、その時に無理やり抱きつかれたり無理やりキスされそうになったことや、高校の通学電車の中で知的障害の身体の大きな男の人に執拗つけまわされて触られたりしたことトラウマで今でも知的障害者が怖い。

障害者から、正常な判断が出来ないから、と罪に問わないこと自体差別なんじゃないのか?

私たち健常者は障害者のために傷つかなければいけないのか?到底許せない。本当に無理。

長くなりそうなので今回その話は置いておく。

話したかったのは、私たち健常者に歩み寄ってくれない障害者のことである

まず、割合としてこの社会は健常者が多数を占めている。なので、必然的に健常者が環境を作ることになっている。

その社会において、障害者が生きづらかったり不便不満を感じるのは当たり前のことだと確かにそう思う。

このご時世、SNSで事ある毎に障害者当事者が様々な「不便だった、不快に感じたのでこうして欲しかった」ケースを紹介してくれおり時にそれがバズったりする。

私はこれをとてもいい事だと思う。

私たち健常者は健常者であり障害者ではない。なので障害者が困っていることに気付きにくい。

そこで当事者が声を上げてくれることにより私たちにも気付きや考える機会が生まれ、より良い社会に繋がる糸口になっている。

問題は「不便だった、不快に感じた」だけで完結してしまっている障害者だ。

じゃあどうして欲しかったの?何が正解だったの?と少しでも健常者が言おうものなら、気付かないなんて配慮が足りないこれだから健常者は、障害者差別だ、私たちはこんなに大変なんだとまるで大義を拳にして殴ってくる。

そうやって健常者をストレス発散のごとく殴ってくる奴に限って、私たち健常者に歩み寄ってくれていないのである

健常者は障害者のことを全て分かっていて当たり前、障害者100%納得のいく対応ができて当たり前、とばかりに。

声を大にして言わせて欲しい。

バカかよ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!健常者はテレパシー使えるわけじゃねえんだよ〜〜〜〜〜!!!!!!健常者は健常者でしかねえから〜〜〜〜〜!!!!!!

クレーム電話とか、スーパーによくある「お客様の声」とか何であるか知ってる?

健常者ですら健常者同士で分かり合えてないからだよ。

メンヘラ女みたいにデモデモダッテしてるだけじゃ何も上向きにならない。して欲しいこと、して欲しくないことはきちんと口に出さないと伝わらないのだ。これは健常者障害者関係ない。

なぜ、「こういう時はこうして欲しい」のひとことも言えずにただ健常者をストレス発散に殴ってくるのか。それでは余計に健常者と障害者の間の決して浅くはない溝がさらに深まるだけだ。

そのひとことを鬱陶しく思う健常者もいるかもしれない、がそれより遥かに多くの健常者がそのひとことを求めている。

それがあることで、私たち健常者の理解は更に深まり、良い環境づくりや良い社会づくりの第一歩を踏み出せる。共に。

何も言わなくても分かってもらうのが当たり前、配慮してもらうのが当たり前だと思ってこちらに歩み寄ってきてくれないひとたち、それを障害者様と呼ぶことは、許されて良いと思う。

もし私たち平等ならば、障害者が良くない健常者を非難するように私たちも良くない障害者非難する権利がある。

障害者が健常者から配慮を求めるように、健常者も障害者から配慮を求める権利がある。

それが平等というものだと私は思う。

健常者はもう既にボーダーラインを越えて胸を開いているのに、「どうせ分かってくれないから」「分かってないなんて非常識」とかつまらない意地を張っていないでどうかもう一歩歩み寄ってくれないだろうか。

からないことを教えて欲しい、ただそれだけだ。

2020-05-14

あんスタ5章天城燐音へのモヤモヤ

あんさんぶるスターズ!!の話。

ズ!!から入った超新人オタクです。

インスト1章から天城燐音がずっと好きなんだけど、5章の燐音でモヤモヤしてしまった。

ズ!時代から愛していたアイドルたちを踏みにじられたと感じている古参Pの方々が憤るのはわかるんだけど、1〜4章までの天城燐音の言動が全部好きな自分が5章でモヤってしまった理由自分でもよくわからず、感情の整理のためにこれを書いている。

Twitterで「燐音 許せない」「燐音 嫌い」「燐音 無理」でサーチして自分モヤモヤに近い感情を持っている人を探してみた感じ、

「まともに謝罪もしていないのに許されている感じが嫌」

「やったことは消えないし罪を濯いだわけでもないのに『自己犠牲尊い』『燐音かわいそう』みたいな流れになってるのが無理」

あたりの意見が私の気持ちと近いかなと思った。

天城燐音はやりたいことをやったわけだし「かわいそう」は違わない? てかなんで許される流れになってるの?

許しは真心で捧げられるべきもので、脅しとっても意味はないのに、物語的に許しを強制されているように思えてムカついた。たぶんそういうことだと思う。

私は天城燐音に傷つけられたわけではないし、ズ!のストーリーもよく知らないし、それでもこれだけモヤったんだから、アンデ、流星隊、紅月Pは荒れ狂っても不思議じゃないよね。4章があれで終わったのに5章で特に掘り下げもなかったし。大変そう。

で、落ち着いてもう一回メインストを読んでみたんだけど、天城燐音の主張は誰に対しても「お利口さんになる必要はねえ! やりたいことをやれよ!」「我慢を強いられる方が間違ってる!」で一貫しているんだな。

周りが許すような空気を作っていても、許す必要はないし、かわいそうがってよちよちする必要はない。

私は天城燐音のそういうところが好きで天城燐音を推しているのに、彼の主張と、物語の運び、それに対するプレイヤーの反応が噛み合ってないように思えて、それで余計にモヤったんだろうな。

追記

「天祥院英智革命には大義があったけど、天城燐音のそれには私情しかいか全然違うし、天城燐音なんかと天祥院英智を一緒にしないで」

という主張について、全然違うのはその通りだけど、大義功利が私情より尊いなんて誰が決めたの?と思った。(これは天城燐音のオタクとしてムカついたという意味)

大義があるから、は免罪符にはならないし、同じことをしたのなら罪の重みは変わらないじゃん。

大義があれば許せる人、私情で突っ込んでる方が愛せる人、その人の価値観ごとに様々だろうし、公理みたいに「大義のもとに払われた犠牲は私情のもとに払われた犠牲と違って正当なもの」と言い切られたように思えてイラッとしました。

書かれてないことを勝手に読み取ってイライラしてごめんね。

私は「理由が私情でも、許せないなら許さないでいい」「我慢しなくていい」って言ってくれる天城燐音が好き。好きなんだ天城燐音。アイドル辞めないで。

2020-04-28

anond:20200428151630

各々がおのおののやりたいように、幸せになれるようにというのが社会の基本。

貧困ゆえにそのあとの恋愛結婚までが阻害されるようなことはしてはならないこと。

岡村は金の前には女は屈するべきとやろうとしたが、

社会の通年のためには大義のためには小悪(=岡村が望む、意にそぐわない売春蔓延すること)屈させなければならん。

貧困ゆえにいにそぐわない女が売春をするというのを止めたうえで、そのうえでほかに選択肢があるうえで儲かるからやりたい女の話。意にそぐわない売春を防げないのなら売春は全部禁止するべきもの

売春に女に刑罰を設けていないのは貧困ゆえに売春する女が隠れてしまうから

岡村は金でいにそぐわない女の意思を蹴散らそうとしたこと、ましてや鬱になる人間を作ろうとした。

2020-04-19

PCR要件発熱37.5度が4日以上としたのは厚労省担当者ではないか

見かけたあるツイートによると、第1回専門家会議厚労省が用意した資料では、帰国者相談センターへの相談目安を、3−4日以上続くの風邪症状、または次(強い倦怠感、X度以上の発熱、息苦しさ)のいずれかがあれば、としていた模様。

https://twitter.com/MasakiOshikawa/status/1251482857131794432

*なお、このツイートを含む一連は、専門家会議メンバーとしての押谷氏に、感染症学会での発言相談基準策定には関わっていない趣旨)に疑問を呈す内容。後述するが、押川氏は押谷氏の非難キャンペーンを行う前に、自分の挙げた資料を冷静に読むと良いと思う。

しかし、第二回専門家会議資料では、37.5度以上の発熱が4日以上に書き換わり、ご存知のとおり現在までPCR実施回避の口上として広まってしまっている。

https://twitter.com/MasakiOshikawa/status/1251485852728823810

この記述の変遷は、厚労省恣意的ものか、あるいは担当者の小さなミスなのか。

多分担当者記述編集した際のミスなのではないかと思う。そして、専門家会議違和感は感じつつも大義としてズレてなく、細かい内容ではないためそのまま通過。保健所では、現場に降りてきた通達にしたがってオペレーション

大きな組織あるあるの、小さなボタンの掛け違いが大きな影響になってしまった事例だろうか。どのプレイヤー責任所在自分ではないと思っているかもしれなく、気になるけど声をあげるリスクをとるまでもなくて放置されてきてる、みたいな感じがする。騒ぎが収まり、各種対応の振り返りがなされるときには、事例として検証してほしい

2020-04-18

米中戦争起きると思う?

コロナ騒動が一区切りして、ワクチン特効薬中国シェアを獲得したら起きると思う。

「発生源は中国と断定した。大義は米にあり!」ってやりそうじゃない?まずは経済制裁から始めるけど、今の中国には効果少ないだろうし。

2020-04-13

芸術系の人々の選民意識がキツすぎる

安倍首相動画炎上している。

自分炎上し始める前にみて、正直特に感想がなかった。よくも悪くも。

からあんなに炎上していることにびっくりしている。

  

人によっては「ださい」「ちょっと趣旨とずれてる」「犬可愛い」「この緊急事態に!」みたいな色々な感想があるのはそうだと思う。

まあそれは色々あるよね。人それぞれだし。

でもそれで終わりだと思ってはいた。

  

批判をざっくりみると、「政治利用」だの、「芸術への敬意がない」だの、「セッションになってない」だの。

いや、それは個人の感想としてはいいけど、袋叩きにする大義にはならないって。。。

そもそもオープン利用なんだし。

だって、寝癖でぶつぶついうだけの動画を君たち面白がってたじゃん。。)

  

結局なんかあの世界の人々に謎の選民意識があるのだと感じた。

何か特別な才能を持って、一般大衆とは違う生き方をしている、という。だから特別存在であり、業界なんだ、と。

その聖域に自分たちの認めていないひとが入ってきたのが相当いやだったのだろう。

  

先のライブ等の自粛に対する、補償云々でも彼らはキレてた気がする。(今回もその文脈だろう)

でもそれって他の業種も同じなんだ、わかっておくれ。

誰かからみたら不要不急かもしれないが、誰かからみると生活がかかっている、これは大体の仕事がそうだったりする。

決して芸術だけではない。

和牛だってそうだ。その産業の人からしたら死活問題だ。

  

自分音楽は大好きだ。日々助けられてる。

からこそ、その中の人たちの攻撃性と選民意識にすごく失望してしまった。

2020-04-09

今月と来月の家賃は払わない!

払えない!払うと死んでしまう!出ていかない!

後でも払わない!国のせい!

家賃不労所得国民の三大義務じゃないから払わない!払うと働けない!

生活できない地主がいるなら国に相談して国と解決して!

でもそんな地主いる?貯金いっぱいあるくせに!

わたしは払わない!

↑↑👆デモ一揆もうちこわしも選挙いかないならこれくらいやれ👆↑↑

『みんなでやればこわくない』

2020-04-07

anond:20200407204544

でも小学校のうちに国民の三大義務を教わるのでは?

洗脳教育した結果が今のこの自分で考えて休めない国民性かなと

2020-04-04

anond:20200403214355

放置戦略ロックダウン戦略かは結局ポジショントークだし、どちらの言い分もわかるし、どちらが正解なのかは後年にならないとわからないことだと思う。

ただ自分観測範囲だと、ロックダウン戦略を唱える人は人命最優先という大義の元、自分ポジション無自覚な人が多い気がして、なんかずるいな、とは思う。

2020-03-18

人助けやボランティアには大義必要

使命感を後押しする大義がないと、恨み辛みばかりが残って結局辞めることになる。

 

それも、小義じゃだめだ。中義でも足りない。大義でなければならない。

2020-03-16

anond:20200316145717

左翼過激派は、大義があったら殺していいって言ってるよね。

anond:20200316145519

大義があったら殺していいならコロナ感染者を埋める法律を作らないのはなんでだ

感染完封できるのに

けっきょく自分が殺される側になるかもと思ったら合理的とか無関係に嫌なんだろ

2020-02-21

今日初めてイートイン脱税をしてしまった

いつも昼飯買ってる会社の最寄りのセブンがあるんだけどさ

寝坊たかセブンで朝飯食べたんだよ

家出る前からあそこのセブンで朝飯も買って食べよって考えててさ

食べてる途中に気づいちゃってさ

うっかりやっちゃったよ

脱税だよ脱税

3大義務破っちゃったよ

憲法違反だよ

脱税逮捕される人いっぱいいるでしょ

本質的にはその人らとおんなじことしたんだよ

逮捕されてもおかしくないじゃん

こわいよ

犯罪者なっちゃ

警察来て嘘発見器にかけられたらばれちゃう

日本って思想自由でしょ

植松ぐらいとがった考えでも実行さえしなけりゃ罪にはならんのだけどさ

イートイン使うときに考えと行動が違ってたら罪になるんだよ

別に誰も見てねえよとかみんなやってるよとかこんな制度考えたやつバカとかそうゆうことじゃなくてさ

「食べる気で買い物してレジで店内飲食申告しないでイートインで食べてたら犯罪者」ってのがさ

こわいよ

どんな子どもでも犯罪者なっちゃうよ

犯罪大国日本じゃん

日本こわい

2020-02-15

ただのインターネットお気持ちヤクザの抗争、そう考えることにした

最近フェミオタクのいざこざでインターネットのスペースが圧迫されて息苦しいことこの上ない。

ここ最近ちょっとスケベなイラストが登場するたびにずっと表現の自由だの性的消費だのでツイ民や棘民やブクマカが揉めてるんだが、なんでこんなに揉めるんだろうなーと思ってたわけ。

でもこれってインターネットお気持ちヤクザの抗争なんだよな、ということに気付いた。単に相手憎悪対象としてしか見てなくて、彼らは争う理由を探してるだけ。

フェミはなんでも性的消費の文脈に回収してそこからし物事を語れないし、オタクはああい表現がどこでも通用すると思っているからなんでダメなのか分かってない。狭い視野でなんでも見通したような気になってる。

単に場所に相応しい表現のお作法を間違えたってだけの事じゃん。葬式アロハでやってきて怒られたみたいな、ただそれだけの事。

こういう争いに参加してる人間は単に頭が単純で、分かりやす正義が欲しくて、単純なりに分かりやす大義に飛び付いて吹き上がってるだけなんだよな。ちょっと相手文化理解しようとする姿勢があれば歩み寄れるでしょ。

ハンマーを買ってもらった子供には何でも釘に見える、みたいな話があるけど、インターネット一事が万事こういう有様だと思う。

そう考えると今日平和だなーって思うわけ。不幸ってなんだろうなって思うわけよ。

2020-02-04

https://jp.techcrunch.com/2020/02/03/2020-02-02-red-team-ethical-limits/

レッドチームは大義のためなら倫理無視してもいいが自分がされるのは嫌だと考えている

世間のあらゆる方面においてそうじゃない奴なんぞいない

2020-01-26

anond:20200126132006

国を支える次世代を育ててる人を助けようということ。

そう考えるんじゃ駄目?

国を支えないような人より優先して助ける大義があるよね。

理想では全員に1億円あげたいけどお金がないか優先順位をつける。

2020-01-23

anond:20200123161255

その理屈植松障碍者施設襲撃したし青葉は京アニ放火したんだろ

ンでもどっちも私怨から

植松電車マニアを探して殺したがってた人質施設職員証言があって

まりその詩的な殺人を見抜かれたくなくて大義でっちあげてる

青葉も女に振られたとか本質的理由はたぶんそれで

パクりやがっては本当ではあったとしてもそれがメインの理屈ではないのだろう

2019-12-05

anond:20191205155218

そうだろうか?

中村氏が最も望まない行為だと分かりつつ、憶測せずにはいられない。

中村氏言動は、タリバンによる統治に対して寛容で、国連米軍活動国連後ろ盾を受ける北部連盟に対しては懐疑的だった。

戦争している場合じゃない、と公言してはばからなかった。

そして、こういう民衆の誰もが望まない「大義のための暴力」を振るうのは往々にして外国人だという事を知っている。

から、どうしても気持ちが重くなってしまう。

中村氏を殺したのは私たちの仲間なのではないか想像してしまう。

2019-12-02

努力も才能という言葉

https://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20191201/1575181566


俺はこの件について最近よく考える。

きっかけは増田なんかで「努力すればちょっとこのとならできるんじゃない?」というようなことを言うと、激しい人格攻撃を受けることが数度あったことだ。

それはどう言うことなんだろう、と考えていて、全く別件の個人的かつ趣味的な勉強で、自己効力理論動機付け研究の本を読んで、ある程度「こうではないだろうか」「こうとらえ直したほうが、自己人生をやや豊かにできるのではないだろうか」という自分なりの捉え方をできたので言ってみる。


自己効力理論というのは、ある行為に当たる際に、「できるかもしれない」と漠然と思う感覚、「自己効力感」についての理論だ。

まずある行為が失敗におよんだとき、あらかじめ自己効力感が高い人と低い人では、「何に原因があったか」に対する捉え方が違いがちだという。

高い人は概ね「努力が足りなかった」「思慮が足りなかった」「状況が悪かった」など、「その時点の自己選択」や「自分の外」に結果を求める。

対して、低い人は「自分能力がなかった」「才能がなかった」と、「自分本質」や「自己の内側」に結果を求めがちだ。


大きく違うのは、高い人の理解というのは、「自己が違う選択をしたり、違う状況なら結果は変わる」と考えていることで、低い人の理解は「自己自己である限り簡単に結果は変わらない」と考えているということだ。


思わしくない結果に直面した時、自己自尊心を守るために状況に働きかけることが「一時コントロール」、自己の捉え方を変えて受け入れるのが「二時コントロール」という。

自己の内側」に結果を求め、「仕方ない」と自尊心を守るのは「二時コントロール戦略といえる。


さて、動機付け研究においては、自分が状況に働きかけて、状況を変えうるというのは「有能感」とよばれ、この「有能感」に関連して、有能さがどのようなものかの信念に個人差があるとされている。

知能に関してある信念である「暗黙の知能観」での個人差が「固定理論」と「増大理論」と呼ばれるもので、「固定理論」が「知能や有能さというのは生まれつきのもので、一生を通じて大きく変わらない」という信念で、「増大理論」が「知能や有能さというのは個人選択で変わりうる」というものだ。

大人になって人間は大きくは成長しないし性格も変わらない」と何度も何度もいうような人は「固定理論」をかなり強固に信じていると言える。


これらを振り返って「努力すればちょっとこのとならできるんじゃない?」と言ったら激しい攻撃を受けるというのはどういうことなのだろうと考える。

仮説はこうだ。

この言葉カウンターの一撃を食らわせたい人は、いつかかけられるかもしれない、この言葉自己への脅威だと感じている。

なぜ脅威なのか、自尊心を脅かすからだ、自尊心を守りたい。

なぜ自尊心が傷つくのか、かつてうまく状況をコントロールできなかったからだ。

状況をコントロールできなかったのは、自分努力できなかったという認識記憶があるからだ。

ではなぜ努力できなかったのか。

この言葉に傷つく人は、「固定理論」を信じ、「自己効力感」も低い状態にあり、失敗した原因を「遥か昔から変わらない、これからも大きく変わらない自分が故に失敗した」と思っているからだ。


そこに「努力すればちょっとこのとならできるんじゃない?」という奴が実際にあらわれる。

その言葉をかけてきた人は、自分の中にある「固定理論」に基づき、「努力がもともとできた人」「努力の才能を与えられた人」だ。

そして、「自分が勝ち取ったわけでもない与えられたギフトの結果で成功しているのに、それを無自覚で、ギフトを与えられてない自分に対して無理を強いてくる、そしていつか平気で自分尊厳を踏みつけるだろう」「与えられたものであるお前にはその資格がない」「そんな不公平な言説がはびこる世は正義に反する」と考える。

から大いなる怒りと正義感をもって攻撃する。

攻撃する正当な理由資格大義自分にはある。


ここで話を変えて、俺が「固定理論」と「増大理論」のどちらを信じているかというのをいうと、IQなんかは遺伝性質が大きいことは知っている。

性格もある程度遺伝やすく、性格の一つの「誠実性」というのは、「物事をコツコツやるのを好む性質」をさしていて、となると、ある程度「固定理論」も信じていると言える。

でも、行動を積み上げることで自己の知能や誠実性はもっと引き出せる、まだ自分の知らない自分はたくさんあると考えており、「増大理論」も信じていると言える。


でさあ、「努力」に対してどういう態度でのほうがいい気分でいられるかなんだけどさあ、「努力の才能」ってことをあんまり「間違いない世界観」として捉えるってさあ、まああると思うよ、そういうやついるもん。

でもね、それってもし状況が整わず自分努力できずに失敗した時に、「遥か昔から変わらない、これからも大きく変わらない努力できない自分が故に失敗した」「そんな自分からこれから先も努力不足故に失敗する」ってことになるじゃん。

あんま気分よくなくない?それ?

それに「努力の才能」っていう「固定理論」をあまりに強固に信じてると、失敗も怖くなんのよ。

なんでかっていうとさ、失敗しちゃった時その失敗をどう捉えるかでさ、「自分能力性質も大きく変わらない」って思うと、「失敗は自分が失敗してしまうことを知った」「自分無能証明された」ってことになんのね。

そうすると、誰でも自尊心は守りたいからさ、やんなくなんのね、いろんなこと。

そうすると、自分生活ってあんまり変わらない、外の状況が変わる以外で自分人生変わんないってなるじゃん。

状況の力は強いけど、自分が動くことどんどん少なくなっていったら、変わる可能性減るじゃん。

そこは「増大理論」だと失敗しても「今日は失敗したな、失敗するやり方がわかったか成功ちょっと近づいたかもな」ってなるのよ。


別に努力の才能」が実際あっても構わないけどさ、それはそれとして、「今日は結果が出なかったけど、まあ別の方法ならいけるかもな」って思ってさ、ちょっとの1日5分とかの努力ならしてみようぜ、ちょっとだけ明日自分生活がよくなるかもしれないじゃん。

失敗しても、そういう時もあるしさ、だいたい、隣の奴が努力の才能に恵まれてて、自分がそうじゃなかったとして、他人努力成功してもお前の人生が下がるわけじゃないじゃん、他人成功なんかどうでもいいよ、お前はお前の人生だけちょっとよくすること考えればいいじゃん。


ってね、そう思うの。

から、「努力の才能」って言葉あんま使いすぎるの自分を追い詰めるんじゃないの?

って、思うよ、俺。

2019-11-28

日本戦争になったら逃げるとかいう人いるけど

本当に逃げれると思っているのだろうか?

まず、戦争は多くの人が支持する大義がある、メディアによって日本勝つ勝つって感じで始まる。

勝つ戦争なら国内にいた方がお得。

日本の軍がどこかで誰かと戦闘をやっていたとしてもしばらくは国内なんてかなり静かな物。

もし戦争に負け始めても、メディアは負けてるなんて言わない。

大きく戦争に負けてくるころには、知人友人もしかしたら親類も敵国に殺されているかと思う。

そんな中で敵国に対する憎しみ燃えてくるに違いない。仕返ししたいと思うだろう。

愛国心もすごいレベルに達しているに違いない。

こんな中で国外脱出できるとは思えない。

2019-11-05

anond:20191105153217

よくここを勘違いして国民の三大義務を国民対象の条文だと思って義務を果たせみたいなこと言う奴いるよな。

しようと思えばそれに基づいた法律立法できるということであって、法律が出来て初めて国民が制約を受けるわけだけど。

anond:20191102151637

ゲームが好きで一時期ゲーム会社にも入った私から意見

少し長くなるが議論を聞く余地がありそうな書きぶりだったのでよかったら読んでほしい。

私は高校生までこの方と同じような状況と考えだった。

時間無駄。何が楽しいのかわからない。

時間もやる連中の気が知れない。

映画が好き。

私の兄は子供の頃からゲームが大好きな人だった。兄弟お年玉を共有財産として使ってしまう人で、私が無欲だったのをいいことに私のお年玉自分お年玉と合算してゲームを買ってしまう人だった。

(いま思えば兄への不信感はこの時からまり以後数十年続いているのだけどそれはまた別の話)

自分はそれこそゲームなんてまるでなんの興味も関心もなかったし、シューティングゲームだのRPGだの、そういったゲームを兄が夢中になってやるのを、冷めた目で見ていた。

めしにやってみなよと言われていくつかやってみたものの、ぷよぷよはどうしても半魚人に勝てないし、星のカービィかわいいキャラクターの動きを見るのは楽しいが見てるとボタンがうまく押せないし、

ファイナルファンタジーお話があったので兄がプレイしているのを後ろで読むのは好きだったが戦闘レベル上げが始まるとくそ面白くなくて見なくなり、そうなるといつの間にかシナリオが進んでいて結局話についていけなかった。やるにはやるが面白いと思ったことがなく、ゲームクリアする達成感なんて得られたことはなかった。

とにかく、ゲーム男の子が好きなもの女子によさはわからない。そういう割りきりをしていた。

初めて自主的ゲームを買ったのは高校生の頃だった。新聞の一面広告

クーロンズゲートというゲームだった。主人公らしきサラリーマンの実写の顔部分がライターかなにかであぶってあり、焼けて穴が開いている。

写真の背景になっている香港特に九龍城塞のこともこのとき初めて知った。

何とも言えない一枚写真エキゾチックさに魅了された。

それまで自分は新しくてきれいな場所やモノが好きだった。おさがりのカバン勉強机は嫌いだったし小汚い祖母の家は嫌いだった。

建物も街も新しいほうがいい。

だけどそのゲームデザインは「臭くて異臭を放つグロテスクで暗く汚い街」を全面に見せていた。いわゆるデカダンスとかそういう美学と初めて会ったのがこのゲームだった。

汚い街でもゲームなら歩ける。

今思えば、サラリーマンの顔が焼け落ちていたのも主人公あくまプレイヤーといいたくてそう言ったデザインだったんだろう。実際ゲーム主人公の姿かたちの明言は一切なく、始終一人称視点で進むものだった。

ぞわぞわした気持ちで、気が付いたら予約購入していた。よくわからないもの高校生が一万円弱の出費(初回特装版)。どんな話なんだろう、これはどこだろう、とにかくこれが何なのか知りたかった。

どうやらこのゲームをするのにプレイステーションが必要しかった。

当時は人気商品でなかなか入荷しなかった。

ゲームソフトはその後たしかすぐ手元に届いた気がするが、プレステ本体を手に入れるのにはそれから半年前後かかった気がする。

この値段ですといわれたものを言い値で買うのは初めての経験だった。

本は中古屋で買っていたし、映画はなるべく安くなる日を選んでいた、バイトもしていない高校生が万単位のものポンポンと。今思えばケチの私が、異常だった。あれはなんだったんだろう?

今思えば妙な突き動かされ方だった。

実際初めてプレイしたゲームはいろいろ苦労したが、私はそのゲームを何とか一年半かけてクリアした。

世の中ではこのゲーム香港返還前にプレイし終わるのが目標みたいに騒がれていたが、コントローラーを握るのがほとんど始めてみたいな私には無理な相談だ。とにかく自分のペースでやった。

なぜこんなに時間がかかったのかというと、それは主に敵の出るダンジョンが怖かったからだ。

よくyoutubeホラーゲーム実況チャンネルが軒を連ねているが、見るのとやるのでは怖さが違う。自分でやりたくない人が実況動画を見るのだなと思った。

ひたすら人気のないダンジョンをたった一人だけで、進む怖さ。

しろ敵が出るとホッとした。私以外の生物がいる。

私はその時はゲームプレイしているわけではなく、そこに、本当に、自分風水師として香港を歩き回っていたように感じた。

クエストをこなすと人に感謝された。たまには、「余計なことを」と感謝されなかった。

高校生が実感したことのない大義任務と達成感がそこにあった。中毒になった。

新しい街に踏み込むと、探索にわくわくした。

やり始めて数時間は町並みに圧倒されつづけ、その後数時間は不気味なキャラクターたちのセリフに魅了され、シナリオが半分も進んだころには再びぞわぞわした得体の知れなさに震えた。

これはもしかしてマスターピースともいえるとんでもない名作を手にしたのではないか?という興奮だった。

実際には、世間評価は厳しく、「一部のマニアックもの好きな人カルト的人気を誇った」作品という扱いだったが。

あとから調べれば調べるほど、台詞や要素がすべてオカルト的、文学的歴史的な裏打ちがあり、ゲーム攻略本には荒俣宏が何ページもコメンタリーを載せていた。

最初に触れたゲームがこの作品でよかったと思っている。

今のゲーム業界で当たり前になっているオープンワールド自分自由散策できる世界)がはやるのはこういうことなんだろうと思う。

画面の向こうの世界へは肉体の隔たりがあるはずなのだが、脳は単純で勘違いをする、ここにいると。

昨今の現実区別のつかないグラフィックではなおの事だ。

ゲームクリアした後も、あの世界、あの自分立場や仲間たちが恋しくて香港に帰りたい」と何度か思った。

実際、啓徳空港が閉鎖するとニュースで聞いて、いてもたってもいられなくなり、初めてバイトをして、一人で旅行会社を見つけて香港へ行った。

写真を、フィルムで15本とって帰った。現像に出すと全部で三万はした。

なぜか初めていった海外、初めて行った香港は懐かしかった。

これでしばらくはホームシックにならずに済むかも、とすら思った。

高校生活は退屈で何にも覚えていないが、香港孤独活躍世界を守ったことは覚えている。

少なくとも、私は、ゲームは疑似体験のものの楽しさだと思っている。

ゲームメイカーが作った世界でもう一つの自分可能性を体験する。

風水師自分、どこかの国の王族である自分アンドロイド自分人間以外の何かである自分……。

PS4CMコピーが「できないことができるって最高だ」だったんだけど、これを見たときニヤリとしてしまった。

CMのなかで人間が空を飛んでいたからだ。

わかるわかる。そういうゲームをやった後って、夢の中でも飛び始めるんだよね。自分がね。

デトロイト」をすると、何度も人の命を自分が預かるシチュエーションに陥る。

選択肢を求められると、自分がどんな人間なのかを考えさせられる。そしてその結果を見ることができる……。

不思議なのはゲームと分かっていても、人を犠牲にしたり殺す選択肢を選ぶときは心が痛むことだ。

ファイナルファンタジー15」をしたときは突然できた「昔から友達」と、一緒にキャンプして初めて訪れる街を散策して、楽しかった。

CALL of DUTY4:MODERN WARFARE」でうまく敵を倒したとき上官から「beautiful!」と褒められて本気で照れてしまった。

本や映画あくま他人人生だ。

誰かの選択客観視して、共感したり、理解しようとしたりする。

ゲーム映画と違うとすれば、映画は途中で寝落ちしたとき、しょせん他人人生から目が覚めた時にすでに登場人物決断し、エンドロールが流れているが

ゲームは起きたときまだ問題は目の前にあり、「さあどうする」と選択を迫ってくることだ。

自分が一体どんな決断をしてどんな装備を選んで進んだかを、ほかの人と話したり、ほかの人のプレイ実況動画を見ることで比較して楽しむ遊びも残されている。

デトロイト」や今度発売される「デス・ストランディング」はCG技術の向上でほとんど実写と見まがうばかりだ。

一本の映画を見ている気分になるし、プレイするとうっかり自己体験混同しかけるほどだ。

デトロイトプレイしたときは私はしばらく現実に戻ってくるのに苦労した。

登場人物に実際の俳優モデルにされることもあるし、シナリオ映画脚本家が手掛けることも今では珍しくもない。

俳優にとっても映画ゲームの内容は変わらなくなってきているのかもしれない。

DEATH STRANDING』TGS2019 ノーカット プレイ映像9月14日ステージイベントより) https://youtu.be/D10J89jgZHc

シューティングRPGアクションその他のジャンルに関しては省かせてもらったが、

そちらが好きな方の意見も読みたいのでぜひ誰か書いてほしい。

モンスターハンターなどヒット作だと、会社で別部署の初対面の人と突然ゲーム仲間になれたこともある。

就業終わり応接室や居酒屋で同じゲームプレイする共有体験は本や映画以外ではスポーツしか思い浮かばない。

eスポーツというくらいだからスポーツに近いのかもしれない。

ちなみに、ゲームボケ防止になるという研究がある。

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0187779

70歳を超えた父が最近どうも物忘れが激しいのでマインクラフトプレゼントした。

モノ作りが好きな父には、モンハン(狩り)より、木を切って家を作るようなゲームが好きだろうと踏んだからだ。

予測は大当たりで、父は寝食を忘れてはまってしまい、母が食事で読んでもなかなか来ないといって、ゲームを与えた私が変わりに怒られてしまった。

半年後に実家に戻ったら、父はゲームの中でそれはそれはでかい光輝くピラミッドを作っていて肝が冷えた。

自分の墓かよ。

2019-10-25

anond:20191025154844

大義である→ちこうよれ→あーれー

ってことじゃないの、知らんけど。

2019-10-22

anond:20191021211409

私が在籍していたコンサルティング会社で、「上司に物申す」のが非常に上手な人がいた。

彼が徹底していたのが、「相手プライドを傷つけないこと」である

彼は意見を言う時、相手が間違っていても、必ず「◯◯さんの言うことは正しいと思います。」とつける。

「ついでに、私の言っていることも、判断してもらえないですか?」と、相手に主導権を握らせる。

そして何より、彼は、どんな相手にでも、たとえ嫌いな上司であっても、敬意を欠かさなかった。

どんな相手でも、その人のいうことに一理を感じ取ろうとする、その仕草が、コミュニケーションを、成立させていた。

マネジメント権威ドラッカーですら、「礼儀重要」と説く。

作法を許してはならない。若い人は礼儀偽善として嫌う。実質が重要だとする。雨が降っているのに「グッドモーニング」というのはおかしいという。

だが、動いているもの接触すれば摩擦が起こるのが自然法則である

礼儀とはこの摩擦を緩和するための潤滑油である若い人にはこれがわからない。昔は親にぴしゃりとやられたものである

必ずしも好きになれるとは限らない者同士が共に働くには、礼儀必要である大義礼儀不要にしない。無作法は人の神経を逆なでし、消えることのない傷を残す。逆に礼儀がすべてをよい方向に変える。

「私の言っていることは正しいから、相手無礼に扱っても大丈夫だろう」などとは、ゆめゆめ思ってはならない。

そのことを忘れた時、「正しさ」は単なる「傲慢」に堕ちる。

「金を使うな」「日本素晴らしい!」が同居すると

そのうち海外の重鎮や首相クラスをもてなすにも

こちらは日本技術集大成ですので」「庶民感覚アピールするため」という大義のもと

食事カップラーメン缶コーヒー漫画喫茶カラオケで談笑しながら

軽トラで仲良く東京周辺を観光ってか?

吉野家やら場末居酒屋で「関税の調整が……」とか「自衛隊派遣……」とか話し合っててほしいか


「金を使うな」勢はそういう所考えていこうな

もっとも、ここに挙げたことを中韓にやったら真っ先に烈火のごとく怒るのは今の「金を使うな」勢だろうし

そういうやつらほど、野党のセンセイ方の豪遊からは目をそらし続けているのだが。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん