「宮崎勤」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 宮崎勤とは

2022-05-06

anond:20220506135925

もう元増田は寝てしまたかも知らんが、URLリンクがいくつか貼られているからまず読んでほしい。


はてブ コメント10万人の宮崎勤」はあったのか? https://news.yahoo.co.jp/byline/dragoner/20170929-00075748

ここでは一次情報にたどり着けなかったとしている。すっとぼけているのではない。想像するにあなたの周囲でバッシングするメディア

肴にあなたの行動を咎め人間がいたんじゃないだろうか。記憶は反芻するほどに変異して強く刻まれる。

記憶を作ろうとしている」はそのとおりで、「思い出す」とはその都度ゲシュタルトを再構築する作業にほかならない。


togetter記事コメント 令和元年版 犯罪白書 第4編/第8章/第1節 https://hakusyo1.moj.go.jp/jp/66/nfm/n66_2_4_8_1_0.html

末尾図では人口比で各世代暴行が上がっていて、傷害世代間で違いがあるもの刑法犯が上がっている。


はてブ コメント 日本犯罪件数の推移(平成30年度版) https://graphic-data.com/page/society/001

(暗数考慮せずに)2002年ピークにそれ以降はずっと右肩下がりと書かれている。

ゲームとの因果関係はどこにも提示されていない。

犯罪者の8割は朝にパンを食べている」から

「朝にパンを食べている物は犯罪者」とはならないですよ。


個人的には狭義のオタクを良くも悪くも広く知らしめたのは宅八郎

https://hochi.news/articles/20201204-OHT1T50123.html?page=1

ブコメでもあるとおり、ナニかに夢中な我が子に不安を覚える日本保護者が多い。

曰く「~ばかりしていると~になる」

これには後段があって、「だからはよ飯くえ」とか「はよ塾いけ」だ(もちろんそうでない場合もある)




あなたは何一つ間違っていない、「真」などどこにもないから「みんな」情報提示している。

冷やかしているような反応はあるが悪意はないと思うゾ

anond:20220506135925

何万人の宮崎勤発言デマらしいが

何人も何人もそう言ってたのを聞いたと証言してるから

ネット意見の集合のせいで自分過去記憶改竄は平気で起こると思う

 

2022-05-03

はてなオタク宮崎勤事件の時はオタクバッシングが酷くて…」

事件起きたの30年前だから、当時学生だとしても今アラフィフじゃん

もしかしてはてなってマジでインターネット老人会なんか…?

2022-05-02

anond:20220501034820

id:ruin20である自分IDが出ていたのでいっちょ噛みしておこう。

たわわには巨乳ヒロイン複数登場するが、そのうち、電車の中で会える女子高生アイちゃんをわざわざ表象に選んでいる意図が抜けている。

元増田無知なのか無知を装ってるのかは知らんが、アイちゃんが選ばれたのは『たわわ』のシリーズヒロイン、つまりは『月曜日のたわわ』を象徴するヒロインからだ。

シリーズは、Twitter上で、「月曜朝の社畜諸兄にたわわをお届けします」と銘打たれて始まった。当初は巨乳少女水着姿が中心だったが、33回目にアイちゃんが登場する。それまでいいねは1万前後だったがアイちゃんは2回目の登場で2万いいねを稼いだ。作者も(アイちゃんを)「ちょっと気に入った」と述べており、アイちゃん連続して描くようになる。2回目、あるいは3回目にはぼかしながらも「相手」が登場し、4回目にはスーツ姿の男性らしき人物アイちゃん視線の先に現れるようになった。

このように、アイちゃんシリーズにおいて始めて連続して登場した少女であり、シリーズ飛躍のきっかけになったキャラクターであり、元々はただの巨乳少女を描くだけだった本作に「たわわな女の子男性」という二者間の関係性を描写するという枠組みを導入したキャラクターなのだ。人気アンケートを取れば当然1位になるだろう。歴史的にもコンテクスト的にも人気的にも『たわわ』の顔であり、だからこそ広告にも登場した。「電車の中で会える女子高生からアイちゃんおすすめ」というまとめ方は本質を外していると言わざるをえない。私はここでハンロンの剃刀ということわざを思い出すべきだろうか? 難しいところである

元増田無知なのか無知を装ってるのか気になるところは他にもある。

40代以降が萌え絵についていけてなくて価値観アップデートされていないとか、

年増が若い子に嫉妬しているだけとか、

40代~の中高年層がやたらと「風紀委員」的になっているとか言ってしまっている人たちに、

いやいやちょっと落ち着こうやというつもりで今回のエントリを書いた。

上記根拠として元増田リスク認知について持ち出している。一定納得するところもあるが、リスク認知文化的影響を受けるというなら麻薬に対する不安レベルアメリカより日本の方が高くなるのは明らかにおかしい(当該論文の図4)。レイプ発生件数や発生率はアメリカイギリスなど先進諸国とくらべて日本が圧倒的に低いと統計的に明らかになっている(※1)が、本邦フェミニスト日本欧米に遅れた性犯罪大国かのように喧伝する。アメリカに比べて麻薬がまったく社会問題化していない日本の方がそのリスクを感じていたり、レイプ統計を合わせて考えれば実態を伴わないイメージだけで過大にリスクを感じているだけではないのか。

また、元増田はまったく無視しているが、歳を経るごとに『たわわ』に対するイメージ悪化していくのは、若い人ほどオタクに対する偏見ネガティブイメージがなくなっていくからだという点を見逃してはならない。オタクはもともと蔑称であり、宮崎勤事件を頂点に変質者・犯罪者予備軍として社会から差別されてきた。この事件は今40歳であればだいたい10歳ごろにそれを経験している。リスク認知文化的影響があるというならオタクに対する偏見社会に満ちていた時代経験した世代かどうかを無視してはならない。

2010年に行われた調査では10女性の50.9%は自分オタクだと回答し、35~39歳の女性17.6%に過ぎなかった。同調査においてオタクに対するネガティブイメージ10代だと29%だったのに対し、35~39歳は40.5%だった(※2)。自身オタクである割合が増えればオタクに対するイメージも良化する傾向にある。別の調査元ではあるが、2020年調査では自分オタクだと回答した10女性86%に増加している(※3)。これらを踏まえれば「40代以降が萌え絵についていけてなくて価値観アップデートされていない」はむしろ正と言える。

このように元増田の持論は無知あるいは誤謬に満ちている。

電車の中の女子高生性的コンテンツとして楽しむこと」と痴漢等の具体的な性的被害への危機感リンクするのは、主に被害実体験を持つ者だからである

これもありふれた理由付けである。誰かの個別的体験配慮して表現規制するのであればあらゆる表現規制されねばならない。表現規制しろとまでは言ってない、と言うのだろう。しかしこれもいじめではなくからかっただけ、と同じで攻撃者が好むご飯論法だ。

誰かの権利抑制しようとするとき、そこにはフェアネス必要だ。オタク萌え絵攻撃する連中にはそれがない。

“周囲の大人痴漢に怒ってくれる、という信頼感を自分にくれた恩人である。” この信頼感の絶対量がもっと多い世の中だったら、たわわも問題にならなかったんじゃないのかな〜と思ったりする“

元増田上記ブコメに感銘を受けたようだが、俺に言わせれば萌えフォビアフェミニストにこそ信頼が置けない。月曜日のたわわ、温泉むすめ、宇崎ちゃん、境ホラ、のうりん人工知能学会表紙エトセトラエトセトラエトセトラ。連中はいくつものコンテンツを燃やしてきたが、それを批判されると反論するのではなく論点を変えてやり過ごそうとする。たわわも最初公共の場にふさわしくないという話だったが、日経新聞というブランドでやったことが問題視され、次は「見たくない表現に触れない権利」などというものが持ち出され、どちらも論破されると「日経新聞UN Womenのアンステレオタイプアライアンスメンバーから守るべき」という話にすりかわってそれも論破されると元増田のように「講談社意図が気になる」みたいのが出てくる。もはやいたちごっこであり、誠実さの欠片もない。広告だったことが問題なのであれば何故たわわ以外のコンテンツを燃やしたのか? 主張の一貫性などどこにもない。たわわのような表現によって性犯罪が増えるという統計的裏付けがあるならまだしも出てきたのがたわわのような表現があると不安になる女性いるから、とか言うんだから話にならない。

萌えフォビアフェミニストにフェアネスがないのは、ananSEX特集駅ナカ広告宮崎県日向市CMスルーしたり擁護したりすることからも指摘できる。これを引き合いに出すと決まって必ず「Whataboutismだ!」などと吹き上がる連中がいるのだが、ここで問題にしているのは社会を背景に表現批判する者が持つべきフェアネス一貫性である萌えフォビアフェミニストオタクコンテンツを燃やすとき決まって必ず社会性をまとう。私が気に食わないからという理由攻撃しても誰もついてこないからだ。だから公共の場所に性的と感じられるコンテンツを置くべきではない」という論調になるが、それであれば渋谷駅駅ナカで展開されたananSEX特集広告など真っ先に批判されるべきだろう。しかしそれをやってるフェミニストは見たことがない。けっきょく「私」が気に入らないか攻撃しているに過ぎず、それであれば「私はそれが嫌いだから私の見えないところにそれをやれ」と言われた方がよほど誠実に感じる。

フェミニストにフェアネス一貫性があってもっと信頼感があれば言うことを聞く人も増えるだろう。だが今はその対極にいる。その事実をまっすぐに受け止めた方が良い。

 

※1:https://hakusyo1.moj.go.jp/jp/64/nfm/n64_2_1_3_4_0.html

※2:https://www.vlcank.com/mr/report/039/

※3:https://teenslab.mynavi.jp/column/research_otakatsu/

2022-04-30

anond:20220430185159

宮崎勤事件報道の影響で同じクラス腐女子が机と教科書を燃やされるっつーめちゃくちゃなイジメをされてるの見とる世代からな……

anond:20220430182941

時系列では

宮崎勤事件

有害コミック騒動(朝日新聞などによるキャンペーンPTA書店ジャンプコミックス販売停止申し入れ。ワイが言ってんのはここ)

→都条例制定

非実在青少年を含む改正案(腐女子ロビイングが猛烈な勢いだったのはここ。ツイッターの人が言ってるのもここ)

やで

anond:20220430102351

誰の作品なら何回も感動できるんや?ジブリ宮崎勤とかか?

2022-04-24

もんのすごく雑に

まず、80年代辺りからアニメ気持ち悪くなってきたという声が女子の間にチラホラあった。

標的はズバリリン・ミンメイ

ぶりっ子ブームってやつかな。

ロリコンブームでもある。

クリィミーマミミンキーモモ。大きな男の子にもウケる

宮崎勤

おニャン子クラブ

NHK紅白女性タレントが「ゲームゲーム、」と言いながら屋外で入浴し全国のお茶の間を凍りつかせる。

アラーキーかい写真家ヌード写真集で一斉風靡。「エロスではなく、女の自意識を映し出している」的な評価を読んだ事がある。

ヘアヌードブーム

生でダラダラいかせて。おならじゃないのよ。

ギルガメッシュないと、人気を博す。

ブルセラ

巨乳ブーム細川ふみえ、だっこしてチョ。

上の世代。アッシー、メッシー貢ぐくん。

上の世代。イケイケ女。ジュリアナ東京

美少女仮面ポワトリンなんて如何わしいタイトル番組がなんか人口膾炙するようになり、「前番組、ちゅうかなぱいぱいなんてタイトルでよく企画を通ったな」と思っていたら、美少女戦士セーラームーンかいタイトルアカンやろ豪速球が直撃。

テレビ競売番組女性タレントの入った風呂の水が出品。

恋愛シミュレーションゲームときメモが大ヒット。

援助交際

エヴァ社会現象となりアニメブーム到来。セーラームーンのヒットに気を良くしたテレ朝、「アニメ大好き、テレビ朝日」とCMを打つも深夜アニメが鳴かず飛ばすで深夜アニメから撤退

エロゲブーム。むしろエロ要らないとさえ言われる。萌え誕生

CGアイドル登場。「現実女性と違って老けない。そしてスキャンダルを起こさない」と芸能プロダクションから期待されるも鳴かず飛ばず

A女E女、1年もたず。

就職氷河期、到来

写メ、登場。カメラが手軽に扱えるようになり、行為後にパートナー撮影するというカメコでもやらなかったような変態文化誕生

それがネット流出。闇の文化に。

痴漢匿名サイト意見交換をしてたのが一般認知される。

モー娘。

ラブプラスゲーム機と結婚式を挙げる奴まで現れる。

初音ミク

「神調教」とかいう、「生娘シャブ漬け戦略」に通低する最低な表現

18歳でババアと言われるとかいうコラ。

女性専用車両。女性インタビューに「これで安心」と答える内容の、ブスが喜んでると言わんばかりのキャプチャないしコラ。

ジュニアアイドルかいう闇の文化

児童ポルノ規制される。2次元規制回避

インリン

ハイエースする」とかいう、「生娘シャブ漬け戦略」に通低する最低な表現

プリキュア、大きな男の子にもヒット。

AKB商法

壇蜜

娘の世代パパ活。バッ活に空目

宇崎ちゃん

更年期のしわわ。

 

40代女性を取り巻いてきた状況ってこんな感じだろうか?

おたく特有ってわけじゃないのや、おたく関係ないのが結構ある。

なお、時系列メチャクチャ

追記

韓流ブームを忘れてた。初期のヨン様ブームに対して、当時の中年女性がそれを牽引してたイメージがあったせいかな。

女子の間に森高千里ファン気持ち悪がる風潮もあったな。なんだったんだ、あれ。

多感な時期に志村けんのバカ殿様とか家族と一緒に見てたかもしらん。不思議なことに、俺はひょうきん族を見るようになってからドリフ関係はさっぱり見てないので、バカ殿を本放送で見たことがない。

あと、

こういう、女に「男から見た女」の世界しかないと思ってんの何なんだろう

いったいあなたは、このエントリのどこにそれを見出しましたか

2022-04-23

anond:20220423170510

少なくとも今の1020代中高生の子を持つ親世代になっても

今の40代以上が萌え絵に持つ拒絶感は抱かないと思うんだよな

物心ついたときから萌え絵普通に周囲にあった時代だし

ではなんで40代以降とそれより下で萌え絵に対する認識の断絶があるかといえば

宮崎勤事件を通過したかどうかだと思う

30年経っても未だにその呪縛から抜けられてない

anond:20220423155201

商業版にその描写あったっけ。

ないんだな、これが。

結局ポスター単体だとイチャモン付けるにも限度があるから、内容がいかんと粗捜ししているだけ。

表現規制戦士の異常さが際立っているんだけど、不埒な内容だから広告に出すべきじゃないって

AVポルノ映画に関わった人間は世に出るべきじゃないとか言っていた数十年前のPTA感覚なんだよね。

どっかでふしだら憲兵フェミニストは、宮崎勤を知っている40代以上が多いと聞いた事あるが、実際はもっと上の世代かも知れないな。

2022-04-21

anond:20220421223301

叩いてる連中がその辺の世代なんだよ

未だにオタク宮崎勤イメージアップデートできてない

裕木奈江は一部正しい

https://twitter.com/nae_auth/status/1516394011325571072

このツイート話題となっている。スレッドの上のほうで「ゾーニング」がどうこうと言っているので、『月曜日のたわわ』の問題についての話ということでいいはずだ。

このツイート特に問題になっているのは、「自由な娯楽を嗜むには一定以上の知性が必要で、そうでない人には自制が難しく作品に影響され自分勝手感情的な行動をとりやすくなってしまう」という部分だ。

多い批判が「選民思想だ」みたいな話である。まあ選民的でないとは言い難いのだが、youtubeとかYahooニュースコメントとか見ればわかると思うけど、世の中話が通じない人っていうのはかなりいる。娯楽作品を「正しく」楽しめる人っていうのは、楽観的に見て、世間の半分、いや三分の一……くらいは……いてほしいが、多分「マイノリティ(!)」である

この主張は、要するに娯楽作品犯罪描写に影響されて犯罪を起こす、という話に基づいている。これについてはいくつかの研究があったと記憶しているが、肯定的だったり否定的だったりする結論が出ていたはずだ。

これらの研究のどちらが正しいかという話をしたいわけではないので、まあそこはなんとも言い難い。ここで問題なのは科学的な議論ではなく、表現の自由のような社会問題を論じるときに、このような(たぶん)科学的な研究に基づいたフリをして、賛成・反対に立つ人間が主張することである

そういう人たちが、論文を読み比べた結果としてどちらの研究がより正しいと考えられるのでそちら側に立つ、なんて手順を踏んでいるわけがない。結論合致する研究を持ち出すだけだ。大麻合法化とかの話もこういう議論が行われているはずで、これの良しあしがどうとかいう以前に、議論が成立するはずがない。

で、いわゆる「表現の自由戦士」(この言葉に「ネトウヨ」とかみたいに侮蔑的ニュアンスが含まれているのかもしれませんが、単に他の表現を知らないので使っている、とポリコレ的な言い訳をしておきます)の側にとってマズいのは、学者の間で、「人間は娯楽作品表現に影響されて犯罪を起こす傾向がある」という考えがコンセンサスを得てしまうことだろう。

彼ら戦士たちは、上記のようなことはない、という立場研究にかなり依拠して自らの主張を保持しえているのだから、もしそういうことになったら大変だ。大体学問世界は割とリベラルが力を持っているわけで、結構危機的なんじゃないだろうか。

わざわざこんな文章を書くくらいだから、私も娯楽作品の内容に規制がかけられたくはない側の人間である。単にポリティカルにコレクトな内容の娯楽なんか読まされてもクソつまらいからというだけなので、「表現の自由戦士」のみなさんには怒られそうですが。

そういうわけで、学問世界が(日本のクソバカな)リベラルにとって都合のいい方向に行ったときに、表現規制されるということはこのままでは避けられないし、実際(単にクレームとそれへの対応によってではあるが)様々な「自主規制」が幅を利かせ始めている状況である

一方で「創作に影響されて犯罪を起こすことはあり得ない」というのは、ある種創作矮小化しているのではないか

そこで、リベラル理屈をひっくり返して使ってしまえばいいのだ。ここでは、「娯楽作品犯罪描写に影響されて犯罪を起こす人がいる」という話はある程度事実だと認めてしまおう。

でもって、「自制が難しく作品に影響され自分勝手感情的な行動をとりやすくなってしまう」「自由な娯楽を嗜む」のに必要な「一定以上の知性」がない人もいるという側面もあるにはあるだろう。(ただし、私はこういうのは「知性」というよりは、「常識」とか「(人文・社会自然科学的な素養」の問題なんじゃないかと思う)

宮崎勤事件報道リアルタイムでは知らないが、要するに宮崎勤オタクで、ロリコンポルノに影響されて事件を起こした、という理屈がまかり通っていたはずだ。Wikipediaを読む限りはそれは否定されているようだが、有名ではなくとも、そういう事件はあったにはあっただろう。

日本で語られる「犯罪動機」が大体警察の作文であるにしても、根っこにそういうことが潜在的にあること自体否定するのは困難だろう。

しかし、宮崎勤事件もそうだが、センセーショナル報道される事件というのは、無差別殺人みたいに、わかりやすく怖くて視聴率が取れる事件である。たいていの犯罪は、非常に狭い人間関係での問題か、経済的問題によるものであって、そういう事件レアケースなのだ

まして「自由な娯楽を嗜む」のに必要な「一定以上の知性」がない人が、それが原因で事件を起こすというのは、世の中の犯罪のなかでも非常にレアケースで、リスク自動車とかのほうがはるかに高いだろう。

そんなことをいちいち予防して回るのは、過保護しか言いようがない。

しかし一方で、そういうので「不安だ」とかみんな言うわけであるちょっと違う話だが、(ポルノとかじゃなく、ガチの)性犯罪者GPS発信機をつけて位置情報を公開すべきだ、と言う話について、「不安を解消するためには、この程度の人権制限必要だ」という意見が、有名人から発信されていた。個人的には、人権をそんな風にとらえる人間が同じ社会にいるのは結構不安なのだが……。

リベラルな人らが大好きな日本国憲法を読めば、権利制限は「公共の福祉」に基づくべきだ、とみんな理解できるはずだ。「安心」なんてものは「公共の福祉」なんかではありえないだろう。「不安」なんてことのためにいろんなことを規制するのは、公権力がやるべきことではない。

大体、世間の人々が不安になるのは、マスメディア報道に「影響されている」からだろう。日本はこんな社会なのに、恐ろしいことに犯罪は減少傾向だったはずだ。みんなもっと科学思考をしてほしい。特に学問しか取り柄のないリベラル学者のみなさんは、このような世間の風潮を批判すべきであって、それに便乗して、多くの善良な人々を、人権などクソほども守られない日本監獄にブチこめるようにすることなんか望むのでは、「リベラル」という言葉無意味どころか逆の意味になるじゃないか。なってるんですけどね。それも「グローバル」に。

表現規制」に反対する側が言うべきなのは、以下のようなことだろう。

「娯楽作品には人を影響する力があるし、それによって犯罪を起こす人もいるかもしれない。でもそんなの犯罪の中ではレアケースですよ。あなたたちテレビ報道に『影響されて』言ってるんじゃないの?そんなことのために我々『一定以上の知性』がある人々から自由を取り上げるのは、『マイノリティ』の迫害だ!」

2022-04-19

フェミニストオタク存在のものを悪だと思ってる

オタクフェミニストに何をしたわけでもないのに

フェミニストオタクを叩くのってそういうことでしょ

フェミニストの中では未だにオタクイメージ宮崎勤

放置すれば幼児にイタズラして殺すと本気で思ってる

なので駆除することが正義だと信じて疑ってない

そうでもないとここまでのオタク嫌悪説明付かない

2022-04-18

anond:20220418050127

元増田だけど色んな人が意見を出してくれていて少々驚いた。
結構気軽なつもりでやった投稿なのだけれど、ココまで皆さんがリアクションしてくれているのならば私も本気を出さなければ失礼だろう。

ちなみになぜ私が街中の広告写真を取っているのか?という点についてだけれど私は物書きなので流行っている作品調査備忘録のつもりで広告などの写真を撮っていて、本屋でもPOP平積みしてある作品をよく撮る。
から物書きとして本気を出そう。本気で熱を入れて書くため文体が変わることをご了承いただきたい

私の掲載画像はアウト、たわわもアウトならば女性向け広告規制基準はたわわレベルになるわ

気付いてるかな?たわわもアウトならば女性向け広告規制基準はたわわレベルになるのよ。
それがどういうことか考えたことある

それはつまりオタク女性男性へ対してエロスを感じる表現の一切合財がアウトになるってことなの。
例えば首筋、手、目、胸板、背中、微笑etc...これらすべてが女性向けに描かれたらアウトなのよ。

「そんなことはないでしょ!」って思うじゃない?いいえ、そんなことはあるわ。
何故ならたわわや以前に問題となった作品にも明確な基準がなく非難された結果として炎上たからよ。

そのジャンルを嗜好する私たち基準評価されるのではなく、ジャンルをよく知りもしない誰かよくわからない人たちの基準で、しかもその基準が示されることな規制されるの。
私たちがその不明瞭な基準規制することへ対して文句を言えば「とぼけるな」とか「理解する気がない」と言われてしまうのよ。

フェミニストはよく一般女性を名乗るわ。
一般女性男性向けジャンルのココが良くないとして指摘しているのだけれど、同じように謎の一般男性私たちが嗜好するジャンルへよく知りもしないでココが良くないと指摘してくるのよ。

規制してくるのはエロいオタク男なんかじゃなく謎の一般男性なの。
これらの意味をよく考えたほうが良いわ。

私たちオタク女性私たちオタク女性の手によって既に抑圧を経験している

最近の子たちは知らないだろうから私の世代経験として共有するわ。
実は私たち既に抑圧を経験しているのよ。

宮崎勤事件によるオタク抑圧の時代のことと思うでしょう?
違うわ。あの事件によって抑圧されたのは主にオタク男性よ。あの事件に限ればオタク男性の抑圧に比べるとオタク女性が受けた抑圧は微々たるものだったのよ。

多くのオタク女性が受けた抑圧はパソコン通信終期(2000年前後)から20010年に入るか入らないかまでの10年間、いわゆるオタ女性による同人サイトブームがあった時期にオタク女性たちは抑圧されていたの。
何故オタク女性たちが抑圧されていたのか?と言えば、それは今で言うところの「学級会」の発生がこの時期に集中したからなの。

学級会がなぜ発生したのか?と言えば、別にジャンル同士の抗争でも、掛け算の順番に関する論戦でもないわ。
当時のオタク女性(というよりもパソコン初心者女性)は電子掲示板トピックスレッドという概念、そういうものに関する前提のルールというのを理解してないことがあまりにも多かったのよ。

どういうことかと言えば、特定トピックスレッド話題が固定されていることに慣れていなかったのよね。
今では信じられないかも知れないけれど、つまり例えば「幽遊白書を語るスレ」で「幽遊白書以外のことをメインとして語ってしまう」という事が頻発していたの。
オタク男性も他作品幽遊白書比較することはあったわ。でもそれは幽遊白書を主軸として比較しているだけであって幽遊白書以外のことを語っていたわけでないの。
冨樫先生鳥山先生比較することはあっても鳥山先生のことばかり語るのは変よね?それをやってしまっていたのよ。

これはもう一般的な女子トークのせいよね。
同性の私でも話題がアッチコッチに飛ぶなと感じることがあるほどに女の話は飛ぶわ。いやそれはそれで楽しいから良いのだけれど男の人は嫌がるのよね話題コロコロ変わるの。

それで薄々勘付いている人が居るだろうけど、その話題が変わった先がBLだったらどう感じる?
しかNIFTY-Serve2ちゃんねるでそのジャンルのメインのトピックや本スレッドで行われたとしたらどうなるかは想像付くわよね?

そう、他の人から注意されるのよ。
でも1人に注意したからと言って慣れてない子たちはまだまだいっぱい居るわ。新規に参加するたび今ではやっちゃいけないとタブー視されていることをやってしまう子が大勢居たのよ。

もちろんパソコン電子掲示板へ慣れている歴の長いオタク女性たちも居て、慣れていない若いオタク女性たちをどうにかしないといけないという動きが自然と発生したの。それが今で言う「学級会」の元なの。
今でも2ちゃんねる(5ちゃんねる)のジャンル別のオリキャラスレBL板などには本スレへ投下するなという注意書きが残っているのもあるけれど、なぜそういう記載があるのか?と言えば、やらかししまう子がいっぱい居たからなのよ。この辺りはオタク女性黒歴史ね。

じゃあオタク女性向けのそういうトピックスレを作ったら良いじゃないと思うでしょ?
それが可能になったのは2ちゃんねる以降なのよ。2ちゃんねるでも限定的であったと言えるわね。

例えばNIFTY-Serveではコミュニティ単位フォーラムという枠組みになっているのだけれど、このフォーラム設立ニフティ許可制なのよ。
2ちゃんねるでも例えばスレッド自由に立てられてもBL板は2ちゃんねる管理者じゃないと設置できないでしょ?NIFTY-Serveも似たようなものだったの。
私たちの嗜好するジャンルを会話する場がネットワーク上へ最初から用意されていなくて、どこで話しても2ちゃんねるでいうところの板違いスレ違いにならざる得なかったわけよ。

もちろん時間経過とともに需要認知されて場が作られていくのだけれど、作られるまではタイムラグがある。
そこで私たち同人サイト作成自分のものから同人サイトで好き勝手にやることを覚えたのよ。

でもね問題は、この同人サイトでやることをパソコン電子掲示板へ慣れているオタク女性たちが一時期であれパソコン電子掲示板へ慣れてない若いオタク女性たちへ半ば強制した時期があったの。本スレでやらないで自分ホームページでやれとね。
同人サイトの多くは当時インターネットプロバイダーホームページスペースで設置されることが多かったのだけれど、そもそもホームページを作る知識を学んだりやホームページ自分のものとして所有できる権限若いオタク女性たちにあったのか?と言えば難しかったわ。
プロバイダーのホームページスペース以外にもロリポとかレンタルサーバーはあったけど同人サイト設置を誰でも可能になるのはいわゆるガラケー勝手サイトレンタルホームページの登場を待つことになるの。

パソコン電子掲示板に慣れているオタク女性同人サイト設置を強制してくるけど若いオタク女性にはそれが無理。
しかもそれぞれが同人サイトを個々に設置するわけだから情報分散したり、更に言えば趣味嗜好の対立なども起きたわ。

なぜ同人サイトで鍵が設置されるようになったのか?と言えばオタク男性による突撃なんて偽史を語る人も居るけど、実際はそんなの少数で趣味嗜好の対立を防ぐためが主な理由だったのよ。
何なら当時を振り返るとオタク女性の一部は「男性のふりをしていた」と語る人が居るけれど、性別偽装できるのならばなぜオタク男性〟の突撃としているのかは謎だわ。もう一度言うけどオタク女性による趣味嗜好の対立があったのは確かよ。
正史は「性別はわからないが突撃があったから鍵をかけた」だわ。

ガラケーレンタルホームページ時代へ入るとむしろ同人サイトオタク女性の嗜みくらいの地位へ登り詰めるのだけれど、同人サイトスタートオタク女性同士の抑圧からよ。
コミケでも「同人サイトやらないの?」みたいな話は定番だったわね。

オタク抑圧の開放者はオタク男性だった

これは認めざる得ないわよ。
どう考えても涼宮ハルヒの憂鬱ブーム前後オタクの風当たりが変わり、ハピマテCDTVへ載せるなんてのもオタク男性主体だったし、ニコニコ動画も引っ張ってたのはオタク男性ジャンルだったわ。
その後に続いていったのがオタク女性だったじゃない。

じゃあ今の時代表現自由を守ろうと声を上げている漫画家は誰?赤松先生!?また男性なの???
その今の時代私たち女性は一体何をしているの?日経新聞月曜日のたわわの広告が載ってけしからん?また女性同士で抑圧し合おうっていうの???

まるで私たちは悪役令嬢よ。
横暴で自分勝手で周囲に迷惑かけて追放されて、戻れたと思ったらまた横暴で自分勝手で周囲に迷惑かけようとしてる。
このまま行けば趣味語りのTwitterアカウントへみんな鍵かけることになるの理解していないのかしら?
もちろんTwitter投稿へいちいち注意してくるのオタク男性じゃなくて風紀を守る自称一般女性よ?

知ってる?今の時代流行りはね、ヒロインと悪役令嬢が手を組むのよ。
また規制抑圧という魔王が復活しようとしてるの。
前回は悪役令嬢が取り込まれしまったけど今回は違う結末を迎えたいじゃない。
ヒロインと悪役令嬢が手を組めば最強。男なんて引き立て役にすぎないわ。

日本サブカル史には魔王からオタク開放の立役者としてオタク男性主体だったと刻まれているわ。
今回の魔王からオタク開放の立役者オタク女性日本サブカル史へ刻もうじゃない。

ヒロインと悪役令嬢のお嬢様方、清く正しく美しく、華やかに可愛らしく強いオタク女性表現自由を守ったと1020年後に振り返ってもらえるよう、私とともに征きましょう(高笑い)。

2022-04-15

anond:20220414205419

俺(男性)が被っている辛苦は全部男性のせいなんだけどな

世に性犯罪男性がいるせいで何もしてない俺まで

たまたま超偶然数十メートルにわたって前を女性歩いてるだけで

本当に偶然なのに一方的痴漢ストーカーだと思い込まれ

この世に性犯罪男性さえいなければそんなことは起こらないのだ

宮崎勤という男一人のせいでたまたま偶然小学校の前を通っただけで

警察官職務質問される(本当にただ通っただけ!いっさい覗いてない!!)

ああくそ性犯罪男性が憎い!憎い!!憎い!!!

この世のすべての性犯罪男性ハラワタえぐってぶっ転してやりたい

――あ、俺の不幸の元凶は「性犯罪男性」であって「男性一般」じゃなかった

なるほど、これが差別なのか

2022-04-13

おっさんはいつまで共通知としての宮崎勤ネタを続けるんだろう

もう知らない世代多いで。

いつまでもガンダムドラゴンボールが新進気鋭の最新の人気アニメだと思ってネタ振り続けてるアレな人と同じ。

anond:20220411220648

同じこと指摘してる人はおるだろうけどバブル期の娯楽は社交の手段

エリートコース確約の一流大学生が連日コンパのイッキ飲みで

「なんで俺こんなに辛いんだ?」と悩んでたとか聞いたな

当時はゴルフ料亭ワインも高級車も大人の基礎教養とやらで

最初は先輩や上司が誘っておごってくれたりするし

そういう消費に浸かってると優越感は得られたんだろ

逆にいえばそういう消費に興味ないと完全にネクラゴミ扱い

漫画アニメゲームなんてずっと子供の遊び扱いで

実際に上記に比べれば消費する金額の桁が格段に小さい

が、バブル崩壊後は先輩や上司がおごってくれることもなくなり

アフター5の交友費が会社の経費で落ちなくなった

そうなりゃオタク産業一人勝ちなのは必然だわな

今の35歳以下でバブル期に生きたかったとか言ってる奴は

転生したらド体育会系中世世界に順応できず即死するパターン

(あとオタク地位が低かったのは宮崎勤かいう男一人が永久戦犯

2022-03-07

マスゴミのせいで、全ての男が貶められている

 テレビに噛り付いてる連中にとって、CMなんてのは不快邪魔者に過ぎない。

 CM効果も、あんなふうに繰り返し繰り返し見せればもちろん下がるし、むしろ目障りになり、逆効果になることが、心理学実験で明らかにされている。

 実は、殆どCMターゲットにしているのは、奥さんの横でテレビを見ている旦那だ。

 それが、20歳から34歳の女性を主要ターゲットにするという、F1層というデタラメ真実であり、女向けのはずなのに、やたらエロいだけの下着CMが垂れ流される理由である

 こうしたエロ下着CMは、実は、男に、下着を、妻やキャバ嬢プレゼントさせるよう買わせることが狙いなのだ

 良く外国人の反応でも、日本テレビは、たまに見ると番組ゴミ過ぎてCMが一番面白い、みたいな話たくさんある。

 殆ど見ないテレビをふと見たら、結局、番組自体低俗すぎてウンザリさせられて、何億もかけたCM映像の時だけが少し面白くなる。

 それで印象に残る。

 テレビはその効果を狙い、わざと男にとって面白くない、場合によっては不快でさえある番組だけを流し、自分からテレビを見たくないようにして、チャンネル権を妻に渡させるようにする。

 男性番組視聴者を、誹謗中傷犯にしたリアリティ番組や、アニメ特撮などのテレビ番組を好むオタク差別するよう煽ったのも、そのためにやられたのだ。

 「俺らの番組を見てるやつらは、煽りまくって誹謗中傷犯にしたり、犯罪予備軍レッテルを貼って社会から排除してやるwww俺らテレビを見てる奴らに、俺らが何しようが勝手だろwww」ってこと。

 実際は、こいつらは国民財産である電波政府から特権的に与えられてる公共機関であり、そんな理屈が通るなら、日本に住んでいる限り、日本人や日本政府に何をされても文句は言えない、ということになるが。

 その内容は、ひたすら糞女を甘やかし、増長させながら、金持ち権力者以外は恋愛市場から排除し、俺たち権力者にはただ全てを捧げて奉仕し、都合よく捨てられても恨むな、未練なんて抱いたらストーカーとして殺されても仕方ない云々という内容であり、日本の異常な少子化セックスレス恋愛恐怖症は、全てこいつらのせいで起こっている。

 テレビに出てくるヒーローイケメンは、全てこのことを知りながら広告費を払っている大企業マスゴミ幹部政治家官僚たちの青年期や息子などの自己投影像であり、そうした腐れゴキブリどもは、女子供にとても都合の良い存在だと錯覚させ、コンテンツ自体は彼ら自身にも糞ほども面白くないが、恋愛市場で優位に立つためのプロパガンダだ。

 このことを知らないスポンサーは、ただ自分たちのことをボロクソに貶める連中に大金を支払っているだけ。

 精々連中が見せたいのはニュースだけで、ニュースのように世論操作するプロパガンダ以外のあらゆる娯楽やコンテンツを、日本男性から奪おうとしている。

 逆に言えば、そうやってニュースという真のプロパガンダさえ見て洗脳されているなら、他の娯楽という洗脳装置を見せてやる必要などない、というわけだ。

 結局のところ、「テレビ情弱連呼工作員キャンペーンも、最初は同じことだったのだ。

 そもそも、今、結婚できている奴らは、みんな、テレビなんか全く見ないお陰で、恋愛恐怖症など無縁で、金や容姿特に七割は金のお陰で女に選ばれただけの勝ち組だ。

 そういう男が、彼女同棲したり結婚をしてから、横目でテレビを見て、そのCM商品を買うせいで、負の連鎖が起こる。

 となると、自分たちテレビ信者以外だけが結婚やすくなるため、連中は、工作員を大量動員して、それ以外のメディア、主にネット上でも、もっと酷い糞フェミプロパガンダを垂れ流すようになった。

 これによって、テレビ面白くないけどネットもっと糞だ、ということになり、わざわざテレビは見ないが、女の横から見るテレビへの好感度を上げよう、というわけだ。

 小説も、マスゴミ代理店工作員が持て囃されるようになってから、同じ工作が行われている。

 そいつらの小説の内容は、ひたすらエリート金持ち権力者が、他の男を侮蔑するだけの内容だ。

 女は金持ち権力者だけに惚れて当然、金持ち以外は恋愛結婚もするな、死ね、という内容しか書かれてない。

 その内容は、ほぼ全て、代理店エリート社員エリート編集者たちが、集合知によって作っている。

 それを、メディアミックスで宣伝しまくり、バカ女と、流行ものに飛びつくだけのバカ男に無理やり売れるから、アホ出版社も、自分たちの男性一般への好感度ダダ下がりし、長期的には、誰も本なんか読まなくなって損するだけなのに、こいつらを持て囃した。

 というか、大手出版社なんかも、テレビ局と繋がるマスゴミ一角なわけで、そこにいる奴らは、テレビ局の上級国民血縁者なので、本なんて売れなくても良い、自社がちょっとくらい傾いても良い、自分たちがテレビを中心にマスゴミ支配できれば良い、ということなのだろう。

 2000年代前半においては、絶対恋愛市場から用がないと思われていたオタク男だけは持ち上げられまくった。

 なんで、恋愛市場に縁がないかというと、宮崎勤事件などで、ボロクソに貶めて叩いてきたからだ。

 それ以降、本当に結婚できないオタクグループができあがり、一気に出生率ダダ下がりした。

 なのに、ただ、オタク男子たちが、叩いてから持ち上げられたというだけで、それ以外の男とキモオタ女は、オタク男子にだけ被害妄想逆恨みを拗らせた。

 イギリスが、その植民地で行っていた、分割統治そのままである。

 こんだけオタクに都合が良く書かれているんだからスタッフや著者がどんなエリートイケメンだろうが関係ない、きっとキモオタゴーストライターが居るに決まっている、と短絡的に考えるわけだ。

 実際にそんな妄想産物がいるわけもない。

 繰り返すが、いるのはただ、代理店編集者の、全てが下劣エリート社員どもだけだ。

 ところが、あまりにも持ち上げすぎたために、オタク男子恋愛するようになった。

 それが、2006年以降の出生率上昇の一因である。(もう一つ原因は、ポルノの過剰供給で、ブスとも結婚できるようになったからだ)

 だから上級国民は、いきなり、そのオタク男子を、手のひらクルーで叩き出すようになった。

 なぜなら、連中のトップにはローマ教会が居て、その真の目的は、少子化させ、労働力のために移民を送り込んで、直接統治することだからだ。

 吉田茂から安部麻生まで、自民党の中心はカトリック信者であり、連中が全ての主犯なのは明らかだ。

 まあ、ローマ直接統治が実現すれば、こんな現地貴族などただの邪魔者しかならないわけで、連中は自分たちの手で、自分たちの首を絞める縄を拵えているわけだ。

 そしてオタクがまた叩かれ出すと、逆恨みを拗らせていた、それ以外の底辺男たちは大喜び。

 突然、オタク男子も異常に貶められるようになっただけで、自分たちも、持ち上げられるどころか、同じ底辺男として一緒に貶され、ブス女なんて、最早ほんの少しの同情の価値もない存在だとバレてしまったのに、である

 日本の男は、そんな風に、マスゴミ上級国民の手のひらの上で、簡単対立煽りされる真正バカしか居ないから、こんな酷いことになるのである

 もう、日本には、右翼左翼在日もないのであり、このマスゴミと、そこにいる上級国民どもだけが日本国民全ての敵なのであり、こいつらの息の根を完全に止めないと、それ以外の男たちは、まともな生活も出来ないのだと、いい加減気付かないといけない。

 特に現在テレビの最大のスポンサーである三菱のようなクソ企業と、三菱グループ安部麻生のような、自民党クズ政治家ものせいなのだと。

 こいつらのせいで、少子化して、外国人労働者を奴隷にしようと輸入するわけだが、そうして入ったベトナム人たちは逃げ出し、群馬なんかに行って泥棒して暮らしている。

 群馬県民は、マスゴミ三菱安部自民党なんか支持したせいで、そういう目に遭わされている。

 こいつらを支持するという事は、そうやって生活すら連中のために脅かされることを意味している。

 ちなみに、マスゴミが、自分らのコンテンツニュース炎上ステマするのは、叩かれている物ほど見たくなる心理カリギュラ効果だと、下請け奴隷には説明されているが、本当は、ただ、長期的に男がテレビを見れないようにしたいだけ。

 というのも、カリギュラ効果っていうのは、短期的には効果はあっても、その結果見てつまらない、やっぱ不快ってなったら、「やはり叩かれてる映画は叩かれてるなりの理由があるなぁ。見なきゃよかった」となって、どんどん誰も見ないようになるからだ。

 大体、語の元になった『カリギュラ』って映画自体、ヒットはしたけど、その後の類似映画は全て大コケして、ハリウッドエロ映画なんて、もう誰も見なくなった。

 ステロイドと同じ、短期的には強化しても、長期的にはボロボロにするだけなのが、カリギュラ効果かいう奴なのだ

anond:20220305143159

マスゴミのせいで、全ての男が貶められている

 テレビに噛り付いてる連中にとって、CMなんてのは不快邪魔者に過ぎない。

 CM効果も、あんなふうに繰り返し繰り返し見せればもちろん下がるし、むしろ目障りになり、逆効果になることが、心理学実験で明らかにされている。

 実は、殆どCMターゲットにしているのは、奥さんの横でテレビを見ている旦那だ。

 それが、20歳から34歳の女性を主要ターゲットにするという、F1層というデタラメ真実であり、女向けのはずなのに、やたらエロいだけの下着CMが垂れ流される理由である

 こうしたエロ下着CMは、実は、男に、下着を、妻やキャバ嬢プレゼントさせるよう買わせることが狙いなのだ

 良く外国人の反応でも、日本テレビは、たまに見ると番組ゴミ過ぎてCMが一番面白い、みたいな話たくさんある。

 殆ど見ないテレビをふと見たら、結局、番組自体低俗すぎてウンザリさせられて、何億もかけたCM映像の時だけが少し面白くなる。

 それで印象に残る。

 テレビはその効果を狙い、わざと男にとって面白くない、場合によっては不快でさえある番組だけを流し、自分からテレビを見たくないようにして、チャンネル権を妻に渡させるようにする。

 男性番組視聴者を、誹謗中傷犯にしたリアリティ番組や、アニメ特撮などのテレビ番組を好むオタク差別するよう煽ったのも、そのためにやられたのだ。

 「俺らの番組を見てるやつらは、煽りまくって誹謗中傷犯にしたり、犯罪予備軍レッテルを貼って社会から排除してやるwww俺らテレビを見てる奴らに、俺らが何しようが勝手だろwww」ってこと。

 実際は、こいつらは国民財産である電波政府から特権的に与えられてる公共機関であり、そんな理屈が通るなら、日本に住んでいる限り、日本人や日本政府に何をされても文句は言えない、ということになるが。

 その内容は、ひたすら糞女を甘やかし、増長させながら、金持ち権力者以外は恋愛市場から排除し、俺たち権力者にはただ全てを捧げて奉仕し、都合よく捨てられても恨むな、未練なんて抱いたらストーカーとして殺されても仕方ない云々という内容であり、日本の異常な少子化セックスレス恋愛恐怖症は、全てこいつらのせいで起こっている。

 テレビに出てくるヒーローイケメンは、全てこのことを知りながら広告費を払っている大企業マスゴミ幹部政治家官僚たちの青年期や息子などの自己投影像であり、そうした腐れゴキブリどもは、女子供にとても都合の良い存在だと錯覚させ、コンテンツ自体は彼ら自身にも糞ほども面白くないが、恋愛市場で優位に立つためのプロパガンダだ。

 このことを知らないスポンサーは、ただ自分たちのことをボロクソに貶める連中に大金を支払っているだけ。

 精々連中が見せたいのはニュースだけで、ニュースのように世論操作するプロパガンダ以外のあらゆる娯楽やコンテンツを、日本男性から奪おうとしている。

 逆に言えば、そうやってニュースという真のプロパガンダさえ見て洗脳されているなら、他の娯楽という洗脳装置を見せてやる必要などない、というわけだ。

 結局のところ、「テレビ情弱連呼工作員キャンペーンも、最初は同じことだったのだ。

 そもそも、今、結婚できている奴らは、みんな、テレビなんか全く見ないお陰で、恋愛恐怖症など無縁で、金や容姿特に七割は金のお陰で女に選ばれただけの勝ち組だ。

 そういう男が、彼女同棲したり結婚をしてから、横目でテレビを見て、そのCM商品を買うせいで、負の連鎖が起こる。

 となると、自分たちテレビ信者以外だけが結婚やすくなるため、連中は、工作員を大量動員して、それ以外のメディア、主にネット上でも、もっと酷い糞フェミプロパガンダを垂れ流すようになった。

 これによって、テレビ面白くないけどネットもっと糞だ、ということになり、わざわざテレビは見ないが、女の横から見るテレビへの好感度を上げよう、というわけだ。

 小説も、マスゴミ代理店工作員が持て囃されるようになってから、同じ工作が行われている。

 そいつらの小説の内容は、ひたすらエリート金持ち権力者が、他の男を侮蔑するだけの内容だ。

 女は金持ち権力者だけに惚れて当然、金持ち以外は恋愛結婚もするな、死ね、という内容しか書かれてない。

 その内容は、ほぼ全て、代理店エリート社員エリート編集者たちが、集合知によって作っている。

 それを、メディアミックスで宣伝しまくり、バカ女と、流行ものに飛びつくだけのバカ男に無理やり売れるから、アホ出版社も、自分たちの男性一般への好感度ダダ下がりし、長期的には、誰も本なんか読まなくなって損するだけなのに、こいつらを持て囃した。

 というか、大手出版社なんかも、テレビ局と繋がるマスゴミ一角なわけで、そこにいる奴らは、テレビ局の上級国民血縁者なので、本なんて売れなくても良い、自社がちょっとくらい傾いても良い、自分たちがテレビを中心にマスゴミ支配できれば良い、ということなのだろう。

 2000年代前半においては、絶対恋愛市場から用がないと思われていたオタク男だけは持ち上げられまくった。

 なんで、恋愛市場に縁がないかというと、宮崎勤事件などで、ボロクソに貶めて叩いてきたからだ。

 それ以降、本当に結婚できないオタクグループができあがり、一気に出生率ダダ下がりした。

 なのに、ただ、オタク男子たちが、叩いてから持ち上げられたというだけで、それ以外の男とキモオタ女は、オタク男子にだけ被害妄想逆恨みを拗らせた。

 イギリスが、その植民地で行っていた、分割統治そのままである。

 こんだけオタクに都合が良く書かれているんだからスタッフや著者がどんなエリートイケメンだろうが関係ない、きっとキモオタゴーストライターが居るに決まっている、と短絡的に考えるわけだ。

 実際にそんな妄想産物がいるわけもない。

 繰り返すが、いるのはただ、代理店編集者の、全てが下劣エリート社員どもだけだ。

 ところが、あまりにも持ち上げすぎたために、オタク男子恋愛するようになった。

 それが、2006年以降の出生率上昇の一因である。(もう一つ原因は、ポルノの過剰供給で、ブスとも結婚できるようになったからだ)

 だから上級国民は、いきなり、そのオタク男子を、手のひらクルーで叩き出すようになった。

 なぜなら、連中のトップにはローマ教会が居て、その真の目的は、少子化させ、労働力のために移民を送り込んで、直接統治することだからだ。

 吉田茂から安部麻生まで、自民党の中心はカトリック信者であり、連中が全ての主犯なのは明らかだ。

 まあ、ローマ直接統治が実現すれば、こんな現地貴族などただの邪魔者しかならないわけで、連中は自分たちの手で、自分たちの首を絞める縄を拵えているわけだ。

 そしてオタクがまた叩かれ出すと、逆恨みを拗らせていた、それ以外の底辺男たちは大喜び。

 突然、オタク男子も異常に貶められるようになっただけで、自分たちも、持ち上げられるどころか、同じ底辺男として一緒に貶され、ブス女なんて、最早ほんの少しの同情の価値もない存在だとバレてしまったのに、である

 日本の男は、そんな風に、マスゴミ上級国民の手のひらの上で、簡単対立煽りされる真正バカしか居ないから、こんな酷いことになるのである

 もう、日本には、右翼左翼在日もないのであり、このマスゴミと、そこにいる上級国民どもだけが日本国民全ての敵なのであり、こいつらの息の根を完全に止めないと、それ以外の男たちは、まともな生活も出来ないのだと、いい加減気付かないといけない。

 特に現在テレビの最大のスポンサーである三菱のようなクソ企業と、三菱グループ安部麻生のような、自民党クズ政治家ものせいなのだと。

 こいつらのせいで、少子化して、外国人労働者を奴隷にしようと輸入するわけだが、そうして入ったベトナム人たちは逃げ出し、群馬なんかに行って泥棒して暮らしている。

 群馬県民は、マスゴミ三菱安部自民党なんか支持したせいで、そういう目に遭わされている。

 こいつらを支持するという事は、そうやって生活すら連中のために脅かされることを意味している。

 ちなみに、マスゴミが、自分らのコンテンツニュース炎上ステマするのは、叩かれている物ほど見たくなる心理カリギュラ効果だと、下請け奴隷には説明されているが、本当は、ただ、長期的に男がテレビを見れないようにしたいだけ。

 というのも、カリギュラ効果っていうのは、短期的には効果はあっても、その結果見てつまらない、やっぱ不快ってなったら、「やはり叩かれてる映画は叩かれてるなりの理由があるなぁ。見なきゃよかった」となって、どんどん誰も見ないようになるからだ。

 大体、語の元になった『カリギュラ』って映画自体、ヒットはしたけど、その後の類似映画は全て大コケして、ハリウッドエロ映画なんて、もう誰も見なくなった。

 ステロイドと同じ、短期的には強化しても、長期的にはボロボロにするだけなのが、カリギュラ効果かいう奴なのだ

anond:20220305101526

マスゴミのせいで、全ての男が貶められている

 テレビに噛り付いてる連中にとって、CMなんてのは不快邪魔者に過ぎない。

 CM効果も、あんなふうに繰り返し繰り返し見せればもちろん下がるし、むしろ目障りになり、逆効果になることが、心理学実験で明らかにされている。

 実は、殆どCMターゲットにしているのは、奥さんの横でテレビを見ている旦那だ。

 それが、20歳から34歳の女性を主要ターゲットにするという、F1層というデタラメ真実であり、女向けのはずなのに、やたらエロいだけの下着CMが垂れ流される理由である

 こうしたエロ下着CMは、実は、男に、下着を、妻やキャバ嬢プレゼントさせるよう買わせることが狙いなのだ

 良く外国人の反応でも、日本テレビは、たまに見ると番組ゴミ過ぎてCMが一番面白い、みたいな話たくさんある。

 殆ど見ないテレビをふと見たら、結局、番組自体低俗すぎてウンザリさせられて、何億もかけたCM映像の時だけが少し面白くなる。

 それで印象に残る。

 テレビはその効果を狙い、わざと男にとって面白くない、場合によっては不快でさえある番組だけを流し、自分からテレビを見たくないようにして、チャンネル権を妻に渡させるようにする。

 男性番組視聴者を、誹謗中傷犯にしたリアリティ番組や、アニメ特撮などのテレビ番組を好むオタク差別するよう煽ったのも、そのためにやられたのだ。

 「俺らの番組を見てるやつらは、煽りまくって誹謗中傷犯にしたり、犯罪予備軍レッテルを貼って社会から排除してやるwww俺らテレビを見てる奴らに、俺らが何しようが勝手だろwww」ってこと。

 実際は、こいつらは国民財産である電波政府から特権的に与えられてる公共機関であり、そんな理屈が通るなら、日本に住んでいる限り、日本人や日本政府に何をされても文句は言えない、ということになるが。

 その内容は、ひたすら糞女を甘やかし、増長させながら、金持ち権力者以外は恋愛市場から排除し、俺たち権力者にはただ全てを捧げて奉仕し、都合よく捨てられても恨むな、未練なんて抱いたらストーカーとして殺されても仕方ない云々という内容であり、日本の異常な少子化セックスレス恋愛恐怖症は、全てこいつらのせいで起こっている。

 テレビに出てくるヒーローイケメンは、全てこのことを知りながら広告費を払っている大企業マスゴミ幹部政治家官僚たちの青年期や息子などの自己投影像であり、そうした腐れゴキブリどもは、女子供にとても都合の良い存在だと錯覚させ、コンテンツ自体は彼ら自身にも糞ほども面白くないが、恋愛市場で優位に立つためのプロパガンダだ。

 このことを知らないスポンサーは、ただ自分たちのことをボロクソに貶める連中に大金を支払っているだけ。

 精々連中が見せたいのはニュースだけで、ニュースのように世論操作するプロパガンダ以外のあらゆる娯楽やコンテンツを、日本男性から奪おうとしている。

 逆に言えば、そうやってニュースという真のプロパガンダさえ見て洗脳されているなら、他の娯楽という洗脳装置を見せてやる必要などない、というわけだ。

 結局のところ、「テレビ情弱連呼工作員キャンペーンも、最初は同じことだったのだ。

 そもそも、今、結婚できている奴らは、みんな、テレビなんか全く見ないお陰で、恋愛恐怖症など無縁で、金や容姿特に七割は金のお陰で女に選ばれただけの勝ち組だ。

 そういう男が、彼女同棲したり結婚をしてから、横目でテレビを見て、そのCM商品を買うせいで、負の連鎖が起こる。

 となると、自分たちテレビ信者以外だけが結婚やすくなるため、連中は、工作員を大量動員して、それ以外のメディア、主にネット上でも、もっと酷い糞フェミプロパガンダを垂れ流すようになった。

 これによって、テレビ面白くないけどネットもっと糞だ、ということになり、わざわざテレビは見ないが、女の横から見るテレビへの好感度を上げよう、というわけだ。

 小説も、マスゴミ代理店工作員が持て囃されるようになってから、同じ工作が行われている。

 そいつらの小説の内容は、ひたすらエリート金持ち権力者が、他の男を侮蔑するだけの内容だ。

 女は金持ち権力者だけに惚れて当然、金持ち以外は恋愛結婚もするな、死ね、という内容しか書かれてない。

 その内容は、ほぼ全て、代理店エリート社員エリート編集者たちが、集合知によって作っている。

 それを、メディアミックスで宣伝しまくり、バカ女と、流行ものに飛びつくだけのバカ男に無理やり売れるから、アホ出版社も、自分たちの男性一般への好感度ダダ下がりし、長期的には、誰も本なんか読まなくなって損するだけなのに、こいつらを持て囃した。

 というか、大手出版社なんかも、テレビ局と繋がるマスゴミ一角なわけで、そこにいる奴らは、テレビ局の上級国民血縁者なので、本なんて売れなくても良い、自社がちょっとくらい傾いても良い、自分たちがテレビを中心にマスゴミ支配できれば良い、ということなのだろう。

 2000年代前半においては、絶対恋愛市場から用がないと思われていたオタク男だけは持ち上げられまくった。

 なんで、恋愛市場に縁がないかというと、宮崎勤事件などで、ボロクソに貶めて叩いてきたからだ。

 それ以降、本当に結婚できないオタクグループができあがり、一気に出生率ダダ下がりした。

 なのに、ただ、オタク男子たちが、叩いてから持ち上げられたというだけで、それ以外の男とキモオタ女は、オタク男子にだけ被害妄想逆恨みを拗らせた。

 イギリスが、その植民地で行っていた、分割統治そのままである。

 こんだけオタクに都合が良く書かれているんだからスタッフや著者がどんなエリートイケメンだろうが関係ない、きっとキモオタゴーストライターが居るに決まっている、と短絡的に考えるわけだ。

 実際にそんな妄想産物がいるわけもない。

 繰り返すが、いるのはただ、代理店編集者の、全てが下劣エリート社員どもだけだ。

 ところが、あまりにも持ち上げすぎたために、オタク男子恋愛するようになった。

 それが、2006年以降の出生率上昇の一因である。(もう一つ原因は、ポルノの過剰供給で、ブスとも結婚できるようになったからだ)

 だから上級国民は、いきなり、そのオタク男子を、手のひらクルーで叩き出すようになった。

 なぜなら、連中のトップにはローマ教会が居て、その真の目的は、少子化させ、労働力のために移民を送り込んで、直接統治することだからだ。

 吉田茂から安部麻生まで、自民党の中心はカトリック信者であり、連中が全ての主犯なのは明らかだ。

 まあ、ローマ直接統治が実現すれば、こんな現地貴族などただの邪魔者しかならないわけで、連中は自分たちの手で、自分たちの首を絞める縄を拵えているわけだ。

 そしてオタクがまた叩かれ出すと、逆恨みを拗らせていた、それ以外の底辺男たちは大喜び。

 突然、オタク男子も異常に貶められるようになっただけで、自分たちも、持ち上げられるどころか、同じ底辺男として一緒に貶され、ブス女なんて、最早ほんの少しの同情の価値もない存在だとバレてしまったのに、である

 日本の男は、そんな風に、マスゴミ上級国民の手のひらの上で、簡単対立煽りされる真正バカしか居ないから、こんな酷いことになるのである

 もう、日本には、右翼左翼在日もないのであり、このマスゴミと、そこにいる上級国民どもだけが日本国民全ての敵なのであり、こいつらの息の根を完全に止めないと、それ以外の男たちは、まともな生活も出来ないのだと、いい加減気付かないといけない。

 特に現在テレビの最大のスポンサーである三菱のようなクソ企業と、三菱グループ安部麻生のような、自民党クズ政治家ものせいなのだと。

 こいつらのせいで、少子化して、外国人労働者を奴隷にしようと輸入するわけだが、そうして入ったベトナム人たちは逃げ出し、群馬なんかに行って泥棒して暮らしている。

 群馬県民は、マスゴミ三菱安部自民党なんか支持したせいで、そういう目に遭わされている。

 こいつらを支持するという事は、そうやって生活すら連中のために脅かされることを意味している。

 ちなみに、マスゴミが、自分らのコンテンツニュース炎上ステマするのは、叩かれている物ほど見たくなる心理カリギュラ効果だと、下請け奴隷には説明されているが、本当は、ただ、長期的に男がテレビを見れないようにしたいだけ。

 というのも、カリギュラ効果っていうのは、短期的には効果はあっても、その結果見てつまらない、やっぱ不快ってなったら、「やはり叩かれてる映画は叩かれてるなりの理由があるなぁ。見なきゃよかった」となって、どんどん誰も見ないようになるからだ。

 大体、語の元になった『カリギュラ』って映画自体、ヒットはしたけど、その後の類似映画は全て大コケして、ハリウッドエロ映画なんて、もう誰も見なくなった。

 ステロイドと同じ、短期的には強化しても、長期的にはボロボロにするだけなのが、カリギュラ効果かいう奴なのだ

anond:20220306190320

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん