「爆笑問題」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 爆笑問題とは

2021-07-28

anond:20210728111711

坂本龍一運転手への暴行and飲食店ショーウィンドウへの器物損壊逮捕(不起訴

YOSHIKIホテルで大暴れしてうんたら

木村祐一は連れ込んだ女に冷凍鶏肉ぶん投げ


ひろゆき賠償金踏み倒し、行列は黄本的に横入りするようにしてた自慢、オフ会で予約した居酒屋で発生した百数十人のドタキャンに係るキャンセル料をめちゃくちゃに値切り倒した自慢

爆笑問題太田真鍋かをりへの幾度とないセクハラ


かな?

爆笑問題太田小山田圭吾を全力で擁護してた理由ってさあ……

あれ、自分の昔の悪行が掘られて世間に周知されたら絶対に逃げきれないと青ざめて、もし今後そうなってもシャレで済むようなムード作ろうとカウンター必死だったからだよな。

爆笑問題のすすめ』での真鍋かをりへのセクハラ三昧は、スペシャル回でわざわざセクハラ総集編作られるほど毎度執拗だったし、

もし今その過去を掘られて周知されたらアンジャッシュ渡部くらい四面楚歌芸能界から消されると思う。

日芸時代同級生同士の潰し合いエピソードも掘られたら少し危ないかもしれない。これに関しては田中も。

2021-07-24

anond:20210723101234

爆笑問題太田サンデージャポンでほぼ同じ事を言ってたらしいが視聴者の誤解や反発があったらしい

小山田擁護するのか!」と強い攻撃太田に向かったらしい

この問題に関しては数十年分の複雑な文脈があって滅茶苦茶議論し辛いんだよね

ちょっとでも擁護と受け取れるような発言をしたら共犯として牙を向けられる状態から芸能人らは迂闊に批難以外の発言が出来ない

雑誌の内容が盛られていようがいまいが「小山田オリパラで大々的に仕事するのは不適切なのか」という最優先議題の結論に影響がないのも辛いところ

オリンピック組織委員会が極めて杜撰仕事をして本番数日前にキャストを公開する愚行をしなければもう少し建設的な議論も出来ただろうしねぇ

小山田が数十年のどこかのタイミングちょっとでも弁明や謝罪をしてたら大衆ももう少しは冷静に対処出来ただろうしなぁ

この件に関して結論は「オリンピック電通小山田が等分に悪い」ということでお願いします(適当)

2021-07-22

太田古市DaiGoの無茶擁護してたヤツは奴らが日和るのを絶対に許すなよ

特に爆笑問題太田な。ちゃんラーメンズを庇うか見ておけ

庇わなかったら爆笑ヲタ絶対に赦すなよ

 

古市ちゃんと『いつまで謝ればいいんだ』とか『過去に何をしたかはわからない』とかちゃんとほざけよな?

 

ひろゆき中川氏のせいを表明しているのを確認した。しかも "Let’s play" で

ひろゆき, Hiroyuki Nishimura@hirox246

 

Let’s play Holocaust.”「さぁ、ホロコーストをしよう」という誤訳がされていますが、これは説明をした中川さんの責任ということでよろしいでしょうか?

====

○○さんからの連絡を受け、サイモンウィーゼンタールセンターと連絡を取り合い、お話しました。センター代表される rabbi Abraham Cooperクーパー)師 から以下のコメントがありましたので、ご報告します。また、サイモンからステイトメントが出されています

==== 

 

8:43 AM · Jul 22, 2021·Twitter Web App

https://twitter.com/hirox246/status/1417993725960237060?s=20

 

ホリエモンは今回は様子見しないで即参戦してきた

小山田氏の件が何がいけなかったの理解できてない&表舞台に出そうとして云々って発言しただけある

とりあえず一貫性はあるわな

堀江貴文(Takafumi Horie)

 

粗探しが先鋭化してきた。

====

ユダヤ人団体小林賢太郎さんを非難 五輪開会式のショー担当 (毎日新聞) -

https://mainichi.jp/articles/20210722/k00/00m/040/029000c

====

 

12:40 PM · Jul 22, 2021·horiemon.com official

https://twitter.com/takapon_jp/status/1418053226801156100?s=20

2021-07-21

小山田圭吾炎上見てて思ったけど本当に干されるってこういうことだよな

太田プロ独立後の爆笑問題とか実は全然干されてなかったし(ビートたけし代打オールナイトニッポン出演したり、世にも奇妙な物語日清紡CM出たり)。

宮崎駿押井守も然りで。

小山田圭吾だけは本当に干されてる。

雑誌映画秘宝』の記憶(54)

 この投稿では、町山智浩の言う「90年代当時の社会状況や、悪趣味系・鬼畜カルチャーに携わっていた自分たち(町山智浩根本敬村崎百郎ら)の想いを知らない人間が、悪趣味系・鬼畜系を批判するな!」と云う主張に対する、私の批判を述べます

 おそらく町山智浩は「自分は、小山田圭吾のしたことを擁護するつもりは無い」と言うでしょうし、その点に関しては実際そうなのだと思います

 にも関わらず町山智浩の言うことは、爆笑問題太田とほぼ同じです。要するに「当時のことを知らない人間/外野人間は、口を挟むな!」と云う論法です。

 ならば私は、90年代当時すでに物心ついていた世代年寄りなので、遠慮なく批判できますね。

 まずは再度、町山智浩tweetから引用します。

引用ここから

悪趣味カルチャー80年代のオシャレやモテ電通文化に対する怒り

カーディガン肩にかけ、ポロシャツの襟を立ててテニススキーしてホイチョイの『ヤレる店』読んでナンパして人を『ちゃん付けで呼ぶ』奴らにゲロ死体嫌がらせたかった

・それは電通フジテレビでセゾンでトレンディ一言でいえばSuntoryThinkingAboutTheEarthビール的なオシャレでバブル偽善的で反吐が出るようなクソ文化への反抗だった

根本敬村崎百郎が『日本下品どん底に突き落としてやりたい』と心の底から叫ばねばならないほど1990年頃の日本は抑圧的なオシャレと健全さと明るさと偽善ファシズム支配されていた

引用ここまで=

 では批判を開始します。概ね次の4点について述べます

<1> 町山智浩らが90年代当時に何を考えていようが、被害者被害を与えたことは正当化されない。

<2> 町山智浩らは負担他者押し付けている。

<3> 結局、町山智浩は「時代のせい」を言い訳責任から逃れようとしている。

<4> 小山田圭吾事件と同じく、町山智浩事件も「終わってしまった過去の話」ではなく「継続中の現在の話」である

 町山智浩tweetで言っていることは所詮70年代モンド映画が、残酷事件事故の場面を餌にして下衆な観客たちから小銭をカッ剥ぐ目的で作られたエクスプロイテーション映画であることを誤魔化す為に、何か博士っぽい進行役が出てきて「この映画は、様々な社会問題について考える機会を、観客の皆様に提供し、これらの社会問題を解決する一助となるために制作されました」とか、オープニングやエンディングカメラに向かって語るのと同じです。つまり、単なる正当化ポーズです。

 仮に町山智浩根本敬村崎百郎らが何か高邁な意識を持っていたのが本当だとしても、それは町山らの被害者には全く意味がありません。被害者と云うのは、死体晒し者にされた死者と遺族や、電波系と名付けられて笑い者にされた精神疾患罹患者などです。ホイチョイ電通フジテレビ嫌がらせしたいという町山らの欲望と云うか自己満足のために、なんで彼らが踏み台として利用されなきゃいけないんですか?それを正当化し得る道理なんて、90年代も今も有りませんよ。

 それとも、町山智浩らにコンテンツとして喰い物にされた人たちが「高邁な思想の為だから喜んで晒し者になります」「私たちを利用してくれてありがとう」と言ったとでも?

 ここでは、高橋ヨシキの妻(※当時)の胸を揉んだ話の時と全く同じく「実際の負担押し付けられている人間の本人の意思」が無視され、無かったことにされるという蛮行が行われているのです。

 百万歩譲って、町山智浩らによる悪趣味カルチャーによる電通ホイチョイフジテレビに対する嫌がらせ正当化し得るものだとして、ならば町山智浩らは自分たち身体精神犠牲にすれば済んだ話じゃないですか。死体嫌がらせしたいなら、自分死体になるなり、電波系嫌がらせしたいなら、自分が本物の精神疾患になるなり、自分犠牲にすれば良かったじゃないですか。町山智浩は、コンビニに勤務する低賃金労働者に対して、自己犠牲精神窃盗犯を救済しろと偉そうに説教するくせに、本人が負担を引き受けることを嫌う卑怯者ですね。

 村崎百郎場合は「精神疾患罹患者の苦しみをビジネスとして喰い物にしてきた人間が、その報いを受けて悲惨最期を遂げる」と云う悪趣味エンターテイメントを、自らの命と引き換えに提供したのだから身体を張ったと言えるかもしれませんね。もっとも、村崎百郎精神疾患に関しては、ビジネス上の(もしも本物の精神疾患罹患者や関係者から差別的だと抗議を受けた時に「精神疾患罹患者の当事者が書いているので差別ではない」と言い訳するための)フェイク、ギミックだったのではないかと云う疑惑を抱いています。まあ、死ね官軍なので真相は闇の中ですが。

 さて、町山智浩は一連のtweetの中で盛んに80年代90年代は云々と繰り返しています。ここから窺えるのは、自分(町山智浩)たちが過去に仕出かした乱暴な振る舞いは「時代のせい」「そういう時代だったから仕方が無い」と云う、自分勝手な言い訳姿勢です。この言い訳は、本当に格好悪いですね。町山智浩時代のせいにしていますが、それは「周囲に流されていただけで、自分(町山智浩)には主体性が無かった」と言っているも同然だと思うのですが、仮にも自他共に文化人と認める人間がそれを言って恥ずかしくないのでしょうか?

 更に言うならば、町山智浩が盛んに90年代は云々と繰り返しているのは「自分悪趣味カルチャー的なヤンチャ行為をしていたのは昔のことで、今は違う」と印象付けると云う意図も含むものと推察されますしかし、端的に言えば、それは虚偽です。

 では、町山智浩は何故そのような虚偽を言うのでしょうか?

 学生時代小山田圭吾障害者に対して行った暴力行為を伴う虐待が「終わってしまった過去の話」ではなく「継続している現在の話」として受け止められているのは何故か?それは、小山田圭吾が、大人になってからも悪びれることなく笑いながら面白エピソードや自慢話のようにインタビューで語っていたこと、そして、インタビューが行われた後、ファンから被害者謝罪や償いをした方が良い」と云う批判忠告を受けても無視し続け、長年に渡って被害者に対する謝罪も償いも一切してこなかったからです。

 この点について、町山智浩小山田圭吾と全く同じです。町山智浩も、自分がした悪行について、説明せず、被害者に対する謝罪や償いをせずに逃げ続けています。だから町山智浩は恐れているのです。町山自身がしてきたことも小山田圭吾のように「終わっていない、継続している現在の話」として批判されることを。

 以下、引用します。

引用ここから

町山智浩高橋ヨシキ君の前のカミさんがすごいオッパイ大きかったんだけど、ヨシキ君が「俺、町山さん大好きだから、うちの嫁の乳揉んでいいですから」って揉ましてくれたから、俺、揉んだよ!「キスしていいですから」とか言うからキスもして。

(吉田豪インタビュー人間コク宝」吉田豪x町山智浩、ただし単行本には未収録、雑誌『BREAK Max』に掲載、前編は2011年12 月号、後編は2012年1月号)

引用ここまで=

 悪びれもせずに饒舌に語っています。この件に関しては、町山智浩小山田圭吾と全くの同類です。

 ここで町山智浩質問

 これは西暦何年の出来事か?これも時代社会のせいにするのか?

 町山智浩高橋ヨシキの妻(※当時)にした事は"本物"の悪趣味なのか?電通的・ホイチョイ的な文化に対するアンチテーゼとして、正当化可能ものであるか?

 町山智浩高橋ヨシキの妻(※当時)にしたことは、大手広告代理店宴会芸として新入社員らに対して行われるパワハラセクハラ本質的に何が違うのか?

 町山智浩は、被害者に対して謝罪や償いを行う意思は有るのか?何か具体的な行動をしたのか?

 この投稿は以上です。

2021-07-20

雑誌映画秘宝』の記憶(51)

 最初に、町山智浩Twitterから引用します。

引用ここから

障碍者虐待していた小山田圭吾五輪音楽担当させて、政府がそれを承認し、NHKがそれを放送するわけですから、誰にも迷惑かけてない大麻使用芸能人すべてを復権してくれないとなー。

(投稿年月日:午後10時43分2021年07月18日)

引用ここまで=

 今回は小山田圭吾の件で一丁噛みしている町山智浩ですが、大麻使用芸能人擁護する程度に留まるだなんて、パトリック・マシアスパワハラしていた頃の町山智浩タイム電話で聞かせたら「オメエのtweetは退屈なンだよ! 一般人がオメエに訊きてえことはソコじゃねえだろ!」と怒鳴られるのではないでしょうか?

 では、一般人町山智浩に聞きたいこととは何でしょうか? それは、小山田圭吾イジメ自慢インタビュー擁護する人間たちが口にする「90年代にはワル自慢、悪趣味自慢を許す鬼畜ムーブメントとでも呼ぶべき風潮が存在した」という主旨の主張に関してです。

 この鬼畜ムーブメントの有無については、90年代当時に物心ついていた年齢の人たち同士でも、認識には差と言うかグラデーションがあるようです。ムーブメントのものの有無について、私の個人的見解を述べると「有った」という人の記憶も「無かった」という人の記憶も、半分づつ当たっていると思います。「有った」と記憶している人は、何らかの形でその狂った風潮とその産物に触れた人間で、「無かった」と記憶している人は、そのような狂った風潮に触れなかった人間というだけのことです。

 個人的見解としては、鬼畜ムーブメントは「限られた領域の、少数の人間による、小規模の狂ったムーブメント」と言っても構わないと思います。だからあんムーブメントに触れたからと言って別に偉くも何ともないですし、むしろ「無かった」と記憶している、鬼畜ムーブメントに触れなかった人の方が正常なのですから安心して下さい。

 こういう鬼畜ムーブメントに触れたことによって「自分は他の人間とは違う!」と、己が偉くなったと勘違いした人間が何をするか知っていますか?一例を挙げると、何か「切り株映画はセカイのシンジツを描いている!」とか馬鹿なことを言うわけです。耳(目?)にタコが出来るほど聞いた、この"切り株映画讃歌"の決り文句を此処で持ち出したのは、別に牽強付会ではありません。

 例えば、90年代鬼畜ムーブメント悪趣味アンダーグラウンド文化象徴するような出版物として『危ない1号』という鬼畜ムックがあります(このムックは、90年代の半ばから終わりにかけて発行)。その執筆陣の中には、町山智浩柳下毅一郎名前確認できます

 また別の例を挙げると、一部の精神疾患罹患者が示す"電波"妄想及びそれに翻弄される彼らを、特殊漫画家・根本敬が「電波系」と呼び始め、面白コンテンツとして消費するような悪趣味な風潮を生み出したことは有名ですが、この「電波系」を面白がる風潮に乗っかって雑誌宝島』『宝島30』でも記事掲載したり、別冊宝島を出したりしていました。その頃、彼らの言う「電波系」に該当する人が店主として経営する喫茶店に行って、店主が示す奇妙な言動などを陰で嗤ったり面白おかし記事にしていた人間の一人に、町山智浩がいます宝島における根本敬担当編集者は、町山智浩でした。また、根本敬のツテで「電波鬼畜ライター村崎百郎」という悪趣味ギミックによるデビューを果たした編集者ライター黒田一郎は、ペヨトル工房時代から柳下毅一郎の友人でした。蛇足ですが、根本敬は、嫌韓/嘲韓ムーブメントを生み出した張本人の一人でもあると私は思います

 ここで幾つか例に挙げたのは一部に過ぎませんが、90年代鬼畜系、悪趣味系の系譜を辿れば、その中に旧体制映画秘宝』の源流の一つが有ることは確かです。あるいは、悪趣味系のムーブメントを作り出したのと同じ人間たちが生んだものこそが、旧体制映画秘宝』と言っても過言ではありません。

 さて、今回ようやく小山田圭吾断罪火刑場に引かれていく羽目になった訳ですが、爆笑問題太田をはじめ有象無象のギョウカイジンは、小山田圭吾、Rockin' onQuick Japan擁護する為に「90年代には悪趣味系が流行ってたという、時代空気考慮しないと」などと言っています

 これらの擁護を見た時に私が感じたのは、関東大震災当時の朝鮮人虐殺事件や、戦争当時の性暴力虐殺のことについて「当時の時代空気考慮しないと」と言う人間を見た時に似た気持ちです。

 百歩譲って、90年代当時「一般人」だった人間が言うならば、たとえ許容は出来なくても、まだ理解可能です。90年代後半からインターネットが少しずつ一般人に浸透し始めていたとはいえTwitterのような高い情報拡散性と手軽さを兼ね備えたSNSの普及以前には、まだ名も無き一般人社会的流行や風潮を生み出すレベル情報発信を行うことは、事実上不可能に近かったからです。また、虐殺事件などにおいて、武装した多数の暴徒を目の前にして怖じ気づいた一般人が、独りで立ち向かうことができなかったと告白懺悔するのも、これもまだ理解可能です。

 しかし「90年代鬼畜ムーブメント流行」を根拠にして、小山田圭吾擁護しているギョウカイジンの多くは、既に90年代メディア活動芸能活動をし始めていて「ムーブメントを作り出す、或いは、影響を与えることが可能だった立場人間」ではないですか。「オレたちギョウカイジンは、お前ら一般人と違って、世間を動かせるんだよ!」という考えの持ち主だったはずです。例えば、爆笑問題太田は、当時から過激発言が売りだったのだから、得意の毒舌小山田圭吾を「アイツ、イジメ自慢して格好悪いな!」とか攻撃することも、やろうと思えばやれたはずです。反権力的な言動がウリのミュージシャン文化人も同様です。なのに、それをやらなかったのは、結局は彼ら自身の打算や保身が理由でしょう。ならば彼らは「90年代時代空気や風潮」のせいにするのではなく、せめて己自身問題として「打算や保身、我が身かわいさから自分という個人は、小山田圭吾蛮行批判せずに見過ごした」とハッキリ言うべきなのです。先に虐殺に立ち向かえなかった一般人を例に出しましたが、90年代当時のメディア関係者芸能人が「当時の空気」と言い訳するのは、関東大震災当時に「不逞朝鮮人」などと世間を煽っていた官憲人間が、いざ朝鮮人虐殺が起きたことの批判を受けたら「時代空気が」と言い出すのと同じぐらいには無責任且つ卑劣だと、私は思います

 更に、小山田圭吾擁護する人間たちを卑劣に感じるのは、彼らが小山田圭吾のしていることを勝手に「過去の話」にしようとしているからです。私は「していること」と書きました。そうです。あの暴力事件を犯して以来、そして雑誌インタビューによって一般人に広く認知されて以来、小山田圭吾被害者に対して謝罪も償いもせず、謝罪反省を促す一部のファンから真摯な声さえも無視し、逃亡し続けているのですから、これは「したこと」ではなく「していること」つまり「終わってしまった過去の話」ではなく「継続している現在の話」です。小山田圭吾の盟友である中原昌也も、小山田圭吾のしていることを「あの頃は」と「終わってしまった過去の話」にしようと画策した卑劣人間の一人です。渋谷系って本当にダサいですね。石原慎太郎罵倒することは出来ても、オトモダチのギョウカイジンの悪さは批判出来ない、そんな自称"反権力"作家は、毎朝鏡を見て恥ずかしくなったりしないんでしょうか。

 長くなったので、今回は一旦ここまでにします。

いじめ話題になるたびに納得できないこと

いじめ話題になるたびに納得できないことは、みんなが一斉に「自分はいじめなんてしたことありません」的な顔でいじめ非難すること。日本の小中高を経験して、そこでいじめをやったり、やられたり、傍観したりしたということが一切ないなんて、絶対にありえない。いま有名人学校時代いじめを丁寧に調査されたら、小山田と同様に社会的地位を失う人は何人もいるはずだ。それをやれと言っているのではなく、小山田非難するにしても、ちゃんと「自分ごと」として語ってほしいのである

特にお笑い芸人は、かつてダウンタウンとんねるずいじめバラティを熱心に見て、それが好きで憧れたからこの世界に入っているわけで、そういう連中からいじめ一方的非難する発言がでてくると、なんか「嘘つけよ」と怒鳴りつけたくなる。その意味で、いま少し叩かれているけど「日本お笑いなんて所詮はいじめ」と言い切っている爆笑問題太田は潔いと思う。「やられているほうも納得済みだからいじめではない」という詭弁を弄している他のお笑い芸人のほうがはるかに悪質だ。

2021-04-15

爆笑問題はこねくり回した話をうだうだしている太田の隣でバカみたいに楽しそうにしている田中面白いことが、田中が復帰して良くわかった。

中川パラダイスも同じパターン

2021-04-10

anond:20210410155745

爆笑問題子供心に妙に知的な感じあるなと思ってた

下品さって雰囲気で100パー分かる

マリエのインスタライブ 爆笑問題はすぐにでてこなかったのにやるせなすは出てくるのすごいよな

2021-04-09

anond:20210409090651

爆笑問題ってしか言ってないのになんで太田が守ったことになってるんだ?

田中が率先したかもしれないだろ

2021-04-08

紳助若いタレントセックス強要してんのイメージ通り過ぎてむしろ驚きがないっていう

レイパー島田紳助とか想定通りすぎるやん

驚いたのは出川キャラじゃなくてガチゲスであり太鼓持ちキャラだということ。あとタモリ爆笑問題が枕強要された若い女タレントを助けるキャラであるというところか。

言われてみれば、タモリ爆笑問題あんまり女にガツガツしてるイメージがない。田中はムッツリっぽいが、好みのタイプ花屋女性山口もえ小動物系だし、やはりガツガツはしていないのだろう。

2021-04-05

女子アナ日本女性差別象徴

ジェンダーネタが盛んだが、そろそろ女子アナ存在槍玉にあげていいと思う。断っておくと、個々の女子アナ批判しているのではなく、民放テレビ局における女性アナウンサーの扱いを批判しているのである

女子アナほどジェンダーバイアスが露骨に出ている職業はない。最近ニュースキャスター女性は確かに増えているが、番組編成の現場は圧倒的に男性であり、そこで求められているのは明らかに広告塔としての役割である。かつての国谷裕子のように番組のものを仕切っている女性は皆無に近い。

バラエティでは相変わらずひどい。多数の男子芸人女子アナ一人という配置で、芸人セクハラまがいの発言女子アナに投げて笑いをとるという手法が、依然として多く見られる。クラス優等生女子下ネタからかうという中学生男子の悪ふざけを、テレビ番組として公然とやっている。爆笑問題は好きだけど、太田女子アナセクハラでいじることを、いつまでも彼のキャラということで許容すべきではないと思う。

これも昔からだが、男子アナは年齢に比例して任される番組が大きくなるのに対して、女子アナ場合入社2年目ぐらいの女子アナが、その局の看板番組に抜擢されるということが多い。結果、現場では中堅男子アナと入社2年目頃の女子アナという組み合わせが多くなり、必然的女子アナミス男子アナが突っ込むという場面が定番になる。テレビ局もそれを狙ってやっているわけだが、これが「男子普通に実力主義なのに、女子は見た目だけで評価されている」という偏見をまき散らしている。

番組で着ている服も、圧倒的にコンサバファッションゆるふわスカート姿が多い。実際にそういうファッションをしている女性は、職場でも街中でも明らかに少数派であるが、女子アナにはそういう服しか許されていないかのようだ。過剰な笑顔や、元気印のポーズ、甲高い声なども、これを誰が喜んでいるのかを考えるとうんざりしてくる。

女子アナ高学歴就活勝ち組トップ女性である就職先はそれこそいくらでも選べたはずである社会最先端活躍すべき優秀な女性たちが、中高年男性を喜ばせるためだけに存在しているとしか思えない、旧来のジェンダー規範を全身に身にまとった職業積極的選択する(せざるを得ない)というのが、日本ジェンダー差別解決の困難さを象徴している。


本当の意味女性主導で、女性が仕切っている番組は、ラジオで恐縮だがジェーン・スーぐらいしか思いつかない。普通番組では男性に対して受動的な役回りに徹している女子アナたちが、彼女番組に出ると活き活きと発言しているのが象徴的だ。とくに「オーバーサン」は、男性性的視線興味本位を一切排して女性美容生理問題などを正面から扱っていて、掛け値なしにすごい番組だと思う。知名度が知る人ぞ知るレベルなのが残念だけど、こういう番組普通に増えれば女性差別も減っていくのだろうと思う。

追記

たまむすび」はどうなんだという意見コメント。赤江さんは確かに女子アナ」の枠からは外れた人だし、小さなことに悩まない安心感・安定感のあるキャラは決して嫌いじゃないけど、やはり男性芸人たちに天然ボケを突っ込まれる側の役割で、「意見」や「分析」という「男性的」なことには決して手を出さない(他方で優等生コメントは器用にできる)という意味では、ジェンダー平等という観点からはそこまで高い評価はできないかな。

2021-02-21

なぜ報道各社は橋下元大阪府知事のどーでもいい意見を取り上げるのか

今やただの弁護士活動してるか知らないけどさ、それだけなのになぜ報道番組などに出て意見をいうのか

百歩譲って意見をいうのはいい、誰だってマスコミ意見を聞かれば意見を言う権利はもっている

だったらマスコミは他の元府知事や他県の知事や元知事にも意見聞きに行けよ

なぜ橋下だけなんだ、これじゃ公平中立を謳うマスコミがやることじゃないだろ、マスコミなら橋下とは違う意見報道したり記事しろ

爆笑問題事務所所属する芸能人として意見を聞きに行くなら、報道番組にだすな、バラエティー番組だけにしてくれ

橋下の考えを押しつけるような話し方はうんざりなんだ

2021-02-07

田中の代わり

爆笑問題太田が「田中の代わりに出なきゃいけない催し物があるけど、俺が出るとクレームばかり言われる」って言ってたんだが、言われる原因作ってるの自分じゃね?って思った。

こいつ、いつも余計な一言多いんだもん。

2021-01-21

anond:20210121045744

爆笑問題田中でさえ入院できてるんだから

医療崩壊なんてしてないんじゃねーの。

ってみんな思うよね。

爆笑問題田中脳梗塞にもかかわらず、入院先見つからず。自宅療養へ。

くらいのほうがインパクトあるんじゃないかな。

2021-01-05

anond:20210105181349

梨泰院クラスって

与沢翼の元恋人金持ちとか、爆笑問題太田の妻とかバンドマンホスト貢ぐ女(この場合は女に力がないからただの養分)とか昔からある形の女性像やん

彼くんの夢応援

2021-01-03

花澤香菜「『花澤香菜が一番って声優好きとして雑魚』みたいなことを言われる」

爆笑問題「『爆笑問題が一番って漫才好きとして雑魚』みたいなことを言われる」

神田伯山「『神田伯山が一番って講談好きとして雑魚』みたいなことを言われる」

2020-12-27

anond:20201227113730

振り返ると昔の売れた芸人さんも毒舌ばっかりやな。感情が乗った喋りができるからかな?

タモリ

島田紳助

ビートたけし

爆笑問題

2020-12-06

爆笑問題

今、THE MANZAI 2020を見てるんだけど、爆笑問題ホントまらなくなったな。

太田太田煩いだけで気持ち悪いし、田中田中でやっぱ騒いでるだけだった。

なんか昔の漫才にもなってない漫才モドキで、今の漫才はつまらないなって感じた。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん