「接見」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 接見とは

2019-05-18

粉瘤を切った話

背景

粉瘤がなんであるかは、ググって見てください。

ややグロ画像と共に紹介している記事があると思います

私は子供の頃から左耳の裏に粉瘤があって気になっていた。

一度体調を崩したときに派手に化膿して顔の輪郭が変わるぐらいに腫れ上がったことがあった。

本当はその時に切除してもらいたかったのだが、化膿していると切除できないそうでそのときは膿を出すための小さく切開だけして粉瘤本体はそのままだった。

粉瘤は中に垢などが溜まって、開口部から臭い匂いがする内容物が出ることがあったのでいつか切除したいと思っていた。

仕事関係などもあって、余裕が出たタイイングで切ってもらった話。

初診

近所の皮膚科受診して摘出をしたい旨を伝える。

別に無理に切らなくてもいいんだけどね、と言われるも経緯と希望説明したらあっさりと近所の大きめの病院への紹介状を書いてくれた。

三日後に診察の予約。

手術前の受診

予約していた大きめ病院受診

切除したいという希望は伝わっていたので、患部を軽く診察してすぐに手術の予定調整。

その病院は週に2回手術日があるのでなので明日でも手術可能だがと提案されるが仕事の絡みもあって三日後の朝一番の回にしてもらう。

手術当日

午前9時ごろに病院に行く。

受付をして、下着Tシャツ以外は手術服に着替える。

看護師さんに連れていかれて、外来の診察室から病棟の手術室へ。フロア全体が手術室のようだ。

クリーンルームになっているエリアに入ってスリッパの履き替えと手術室担当看護師さんに引き渡される。

その後、手術室に案内される。

結構広めの部屋に中心部分に患者が寝るベッド、周囲には機材がポツポツと置かれている。

ベッドは案外簡素ものでクッションもさほどない。血圧を測るため右腕を出してくれと言われたので出すと、ベッドの脇に腕を置くようの台が置かれる。

次は化膿止めの点滴を打つがどちらが良いかと聞かれる。右手血圧を測るための機材が巻かれているので左手にお願いした。腕の内側に打つのかと思いきや、外側に打たれたのがちょっと意外。

手術時間の見込みに合わせてなにやら滴下量を相談していた。

看護師さんを中心に人が何度か出入りしているうちに執刀医が来た。

50歳ぐらいの気さくなおじさん医師だった。すぐに患部を確認してどう切ろうか相談していた。

まずは患部全体の消毒。粉瘤は左耳だったので顔の左半分を消毒される。

患部以外をカバーするようなシートをかけられる。開腹手術などの映像で良く見るあれだ。ただし顔にかかると息がしにくくなるだろうということで穴の部分から鋏を入れてやや顔が出るようにしてくれた。

いよいよ、麻酔注射をしていく。一箇所に注射して終わりというものではなくて、手術箇所を十分にカバーするように何度も小分けにして打つ。

これはそれなりに痛い。

効果はすぐにあるようで、「これ感じる?」と麻酔のかかった部分をつつかれたようだ。「ようだ」というのも何をされたか分らないほど麻酔効果があった。

麻酔効果確認してから切開が始まる。患部を引っぱられる感覚はあるのだが、何をどうされているのかはさっぱり分らない。一々実況されても嫌なのだけど

わりとおしゃべりな先生看護師や私に話かけてくる。やれ出身はどこだ、仕事は何をやっているのかなど大半は手術とは関係のない話題

まるでフレンドリー美容室のようだが、一切押し黙って重い雰囲気で手技をされるよりは良いか

切って摘み出せばすぐに終わるかと思っていたがそんなことはなく、手術中ジョキジョキという音がひっきり無しで聞こえる。

患部を切り取っている音だったようだ。

かれこれ30分ほどで手術は終了。術後の写真などを取りつつ縫合して終了。

手術中執刀医が摘出した部位が大きい大きい強調して、やたらと見せたがるので術後に見せてもらった。

液体に漬けられた患部は奥まで広がっていたようで大きさよりも形状がいびつだったのに驚いた。

なんとなく球状なのかと思っていた。

切除した部分は紡錘形になっており、そこから袋状になって奥へと広がっていたようだ。

縫合後に記録用に撮っていた写真を見せてもらう。思ったよりも切開範囲は狭い。

腫瘍を引っぱり出しながら周りをジョキジョキと切っていったのだろう。切開部を開けて中を写した写真では奥に残留物がない様子が見えた。

手術後には前室に戻って、再び診察側の看護師さんに迎えに来てもらい帰る。

費用は1万490円也。抗生物質と抗炎症剤を処方される。

全行程で2時間ちょっとだった。

その日は、そのまま仕事に行った。

術後の診察

術後の経過を見るための診察を受ける。

切除した粉瘤は一応生検をしたそうで、悪性ではなかったとのこと。

手術箇所周辺をがっちり固めていたテープ剥がし目視確認の後、市販品と同じような絆創膏を貼って終わり。傷口はきれいに塞がっているとのこと。

抜糸は翌週の同じ時間で予約が入れられた。一週間はこのまま。

数日後

絆創膏がいい加減水に濡れてよれよれになってきたので自分で剥がす。確かに傷口はすでにかなり塞がっていて縫合した糸を除くと目立たなくなっている。

縫合した部分を自撮りしてまじまじと見る機会は始めてだったのだけど、まつり縫いのように一本の糸で縫うのでなく一針ごとに結び目ができているのだな。

医療物のドラマとかで研修医鶏肉とかで縫合の練習をしているのがまさにこんな感じ。

から抜糸するためだろう、外に出ている糸は敢えて出しっぱなしにしているようだ。凄く抜きたくなる。

抜糸

傷口が融着しているのを確認して、糸をパチパチを切って終了。

傷跡は自分では直接見ることができない場所だが、うっすら線が入っている程度が見えるだけ。

後日触ってみると、粉瘤がもとから無かった右耳の耳たぶと比べると若干しこりがあるようだ。

あれだけやっても取りきれてなかったのだな。

若干残り物があるようだが開口部がなくなったので臭い内容物が出なくなったし、その後も粉瘤が化膿することもなくなったので良かった。

2019-05-11

文系学問における注と参考文献の話、補遺

文系学問において資料実在証明するものとは何か」(anond:20190510230425)についたブコメに応答&補足説明します。

参考文献と注は違うよ!

Wikipediaですら参考文献を求められるので、参考文献(ここで言っている注)のない本はある意味Wikipedia以下の信頼性と考えられても仕方がないことを多くの人に知らせるべきだと思う。

参考文献と注は違います! ぜんぜん別です! 参考にした本を並べてあるのが参考文献(厳密にはこの場合「参考文献一覧」)で、本文中の記述の出典を直接明らかにするのが注です!

参考文献と注については、以下の4つの組み合わせが考えられます

  • a)参考文献も注も揃っている
  • b)参考文献はあるが、注はない
  • c)参考文献はないが、注はある
  • d)参考文献も注もない

このうち、研究書として許されるのはaとcだけです。ここで問題にしているのはbとdで、多くの学術的な新書はbであり(中公新書とかでよくあるやつ)、ごくまれにdみたいな本があります最近だと、岩波新書の『ロシア革命』)。

えっ、cも許されるの? はい、許されます。なぜなら、個々の注でしっかりと典拠を示してある場合は、参考文献リスト存在せずとも出典の表示に不自由はないからです。

これだとわかりづらいかもしれないので、架空の例で説明してみます(わかりづらいかと思ったので書き直しました)。

a)増田うんこを漏らした(注1)。一方、同人作家おしっこを描いた(注2)。

(注1)はてな太郎増田研究Hatelabo2019年、819頁。

(注2)Y. Arim, Oshikko Collection (Tokyo: Press of Institute for Shonben Studies, 2019), p.8107.

参考文献リスト

Arim, Y. Oshikko Collection. Tokyo: Press of Institute for Shonben Studies, 2019.

はてな太郎増田研究Hatelabo2019年

b)増田うんこを漏らした。一方、同人作家おしっこを描いた。

参考文献リスト

Arim, Y. Oshikko Collection. Tokyo: Press of Institute for Shonben Studies, 2019.

はてな太郎増田研究Hatelabo2019年

c)増田うんこを漏らした(注1)。一方、同人作家おしっこを描いた(注2)。

(注1)はてな太郎増田研究Hatelabo2019年、819頁。

(注2)Y. Arim, Oshikko Collection (Tokyo: Press of Institute for Shonben Studies, 2019), p.8107.

d)増田うんこを漏らした。一方、同人作家おしっこを描いた。

cでも十分に出典表示として問題のないことはご理解いただけるでしょうか? 実際、英語圏でもcのような本はたまにあります。そして、著書ではなく論文レベルだと、cのようなやり方を採用している雑誌はとても多いのです(日本語圏でも英語圏でも)。いや、もちろん理想を言えばaみたいな本であるべきなんです。でも、紙幅の都合というものがあり、印刷費が嵩むからどこかを削りたい、となった場合には、真っ先に参考文献が削られてしまうのは致し方ないと思います

日本出版問題は、そこで「参考文献ではなく、注を削ろう!」という話になってしまうことです。違います注か参考文献、ページ数の関係上どちらかを削らないといけないのなら参考文献を削るべきなんです。

もし注がしっかりとつけられていれば、参考文献の欠如は「どんな文献があるかひと目でわかりづらい」程度の問題しかなりません。しかいくら参考文献があったところで、注がなければ「ではこの記述典拠はいったい何なのか」という根本的な問題惹起します(bの例から正しい出典を復元できるでしょうか?)。参考文献は省いても構いません。しかし注を省いてはダメなのです!(学術的な新規性のある本ではなく、学界の定説初心者向けにわかやす纏める本でなら、読みやすさを優先して逆の判断になっても構わないのですが)

もちろん、これはauthor-date方式やMLA styleの注をつける場合には適用できません。どういう方式かというと、次のような方式です。

author-date方式

増田うんこを漏らした(はてな 2019: 819)。一方、同人作家おしっこを描いた(Arim 2019: 8107)。

参考文献リスト

Arim, Y. 2019. Oshikko Collection. Tokyo: Press of Institute for Shonben Studies.

はてな太郎.2019.『増田研究Hatelabo

MLA style:

増田うんこを漏らした(はてな 819)。一方、同人作家おしっこを描いた(Arim 8107)。

参考文献リスト

Arim, Y. Oshikko Collection. Tokyo: Press of Institute for Shonben Studies, 2019.

はてな太郎増田研究Hatelabo2019年

こういう方式の注をつける場合には参考文献が絶対必要です。当たり前ですね(author-date方式についてはanond:20190511230117も参照)。

2種類の「参考文献」

自分実験室の試験管”イメージ偏ってるなー(´・_・`)理系論文での引用たことないんかな。普通に出典書いてるし、それを叩き台に積み上げたり、否定したりするんだが。博士論文なんか引用文献沢山乗るしね

理系学問についてのイメージが偏っている点についてはごめんなさい。でも引用については、申し訳ないけれどそちらが勘違いされていると思います(もちろん私は理系論文ちょっとしか読んだことないので、私に事実誤認があれば教えてほしいのですが)。

文系学問において、参考文献には2種類あります

このうち、理系論文で文献として挙げられるのは「先行研究」だけですよね? でも、文系では「一次文献」も参考文献に含まれ、そこへの参照が論文重要な核を占めているのです。

たとえば上皇陛下が書かれた論文(※1)を見てみると、確かに末尾にずらずらっと先行研究が並んでいますが、論文の核となる部分はあくまハゼ遺伝子を解析した部分にあって、それは当然ながら実験室で採られたデータであり、何らかの文献によって引証される類のものではないわけです。

しかし、皇族つながりで天皇陛下が書かれた論文(※2)を例に出すと、この論文において著者の主張の裏付けとなっているのは古文書における記述であって、その原本研究施設が所蔵していたり史料集として公刊されていたりするわけです(史料集って何ぞや、という点については後述)。

私が最初増田で言ったのは、この「一次文献」の問題です。多くの場合理系ではこういう資料引用しないですよね(最近だと古天文学歴史的史料引用するとかあるのかな?)。しかし今回の研究不正がなされたような分野においては、そのような資料こそが研究の核心にあるという話です。

もちろん、慌てて言いますが「なにをデータにするか」は研究対象によって異なります文化人類学のような分野では、ヨソの土地まで出かけていって住人たちとの会話を書き取ったもの資料です(この分野だと「インタビュー」とかいう生易しいものじゃなくて、ヨソの土地に住み込んでその土地言語習得して日常生活を過ごす中で遭遇した会話や出来事を持ち歩いてるノートに書き付ける、という調査方法が採られます。これを参与観察というわけですが、私にゃ無理ですわ)。記述言語学だと研究対象の言語話者にその言語を口に出してもらって記録する(「これを○○語でなんといいますか?」と聞くこともあれば、話者どうしで会話してもらってそれを横で聞くパターンもあり)、というやり方になるんだろうと思います。なので私が言っているのは、あくまでも近現代史やその隣接領域での話だと思ってください。

一次史料からといって信憑性が高いとは限らない

文系生データは出典となる書籍だったり、原典資料がある場所と。原典原典って、どんどん辿っていけるブロックチェーンみたいな形式理想ってわけか。一時情報当事者証言なら信憑性高いって判断にはなるし

違います! 当事者証言からといって必ずしも信憑性が高いわけではありません! たとえば戦争犯罪裁判にかけられた人の証言のことを考えてみてください。彼もしくは彼女証言をそのまま「信憑性が高い」として扱ってしまってよいか? そんなわけはない。

歴史学において一次史料が重視されるのは、それが「生データ」だからです。それはひょっとしたら当事者の保身によって捻じ曲げられているかもしれないし、当事者が間違えているかもしれないし、当事者が見ても聞いてもいないことは書かれていないかもしれない(たとえば「沖縄返還をめぐる日米交渉」を研究しようと思ったとき日本側の史料は「日本側の政策決定過程」を教えてはくれますが、アメリカ外交官たちがどういう考えを持って交渉に臨んでいたかを教えてはくれないのです。それを知りたければアメリカ側の史料を見るしかありません)。けれども新しい研究は必ず一次史料から出発する必要があるのです。何故ならそれは昔の人によって直接書き記されたものから

なので歴史学では「史料批判」というものを重視します。これは説明すると長くなるので詳しくは歴史学入門書とかを読んでほしいんですが、要するに史料に書かれていることはどのくらい信用できるのか、みたいなことを分析するわけですね。あれれ~? おっかしいぞ~? この人、自分は後方にいたか虐殺行為に関わってなかったって言ってるけど、部隊の記録では後方にいたなんてどこにも書いてないよ~?

(「なにが一次史料か」というのも研究対象によって変わります特に科学史史学史といった分野では「他の研究において先行研究とされている文献が一次史料である」という状況がしばしば発生するのですが、この理屈はわかっていただけますよね)

デジタルアーカイブ史料

図書館ScanSnap SV600を完備し研究する皆の熱意でデジタルライブラリが出来るといいな… P2Pで共有されればノード消滅にも耐えられる。しか日本ではプリウスミサイル上級国民は不逮捕で、P2Pプログラマ逮捕なので

出来るといいな、じゃなくて、既にあります

たとえば国立国会図書館デジタルライブラリーには幕末以降の古書が多く登録されていて、PDFで落とすことができます。archive.orgや、フランス国立図書館デジタルライブラリー「Gallica」も有名ですね。こういうところに所蔵されている文献については、わざわざ現地の図書館まで行かなくともPDFダウンロードすればそれでよいわけです。デジタル化によって歴史学者の仕事は格段にやりやすくなりました。18世紀ドイツ語の本をコタツに入ったままで入手できるんだもんなぁ。

しかし、当たり前ですが全ての史料電子化されているわけではありません。国によってデジタルライブラリーの整備状況に違いがありますし、そもそも現代以降に出版された印刷物の数を考えたら全部をデジタル化するなんて人手も時間も足りない、という場合もあるでしょうし、身も蓋もない話をすれば著作権問題もあるでしょう(とある国では、その国の図書館に直接行かないとデジタル化された史料アクセスできなかったりします。てっきりPDFはないと思っていたのですが、著作権上の問題で館内からしかアクセスできないようになっているだけだそうです)。

また、多くの国では、公文書館史料まではデジタル化は及んでいません。元増田でも書きましたが、お役所ちょっとした書き付けなんかも史料になるわけで、それ全部デジタル化しようとしたらとんでもない数になります(これについて、日本戦前外交文書のかなりの数をウェブで読めるので恵まれていますね……アジア歴史資料センター様には足を向けて寝られません)。なので未だに、現地に行って史料を直接見てくる、というのが重要になるわけです。

さらに言うと、史料が必ずしも公的機関によって保存されているとは限らず、貴族武士の子孫のおうちに保管されていて、読みたい人はご当主様の許可を得て読ませてもらう、という場合もあり、当然デジタル化の波は及んでいません。イギリスだと由緒ある大貴族屋敷には私設の文書館付属している場合もあり、日本歴史学者でもソールズベリ侯爵のお屋敷であるハットフィールドハウスに赴いて史料収集している人もいます。謝辞で「史料を閲覧させてくれた当代のソールズベリ侯に感謝する」みたいなこと書いてあって「すごい……」って思いました)

ただ、「みんなが読みたがる重要史料」については、史料をまとめた本を出すとか、史料を集めたマイクロフィルムを作るとか、そういう形で広く公開されている場合があります(たとえば第一次世界大戦の勃発に関しては、イギリスオーストリアなどの当事国が何十巻にも及ぶ史料集を出版していて、東京大学などの国内研究機関にも所蔵されています)。けれどそういうのを購入するのはお金がかかるし、何より発行から何十年も経ってしまうと入手自体が難しくなってしまう(でも著作権は残っているためデジタル化も遅々として進まない)ので、あんまりお金がなかったり新設されたばかりだったりする大学研究者は結局それらを所蔵している大学図書館に行く必要が……

「注があると読者に嫌われる」は本当か?

しろ最後の注を見て次の本を決めたりするので、注があると読まなくなる人というのがいるのにびっくり…

注なんて読みたくなければ飛ばせばいいのに注があると売れない……? やべえな世の中。/ みんな本当に自己防衛意識が弱いよね。優しい世界生きてるんだろうな

注があると読まない人が居るという話、ただ気持ちよくなるために情報摂取してる層には、正確性の担保なんてむしろ邪魔なんだろね。ワイドショー視聴者と同質。

これ、実際に「注があるから読まない」読者が本当にいるのか、と疑ってみるべき案件だと思うんですよね……。「編集から言われて注を外した」という話は学者あいから漏れ聞こえてきますが、「注があるから読んでいて苦痛だった」という話ってなかなか聞かなくないです? いやもちろん編集者のところにはそういう苦情のお便りが届いているのかもしれませんが……。「注があると売れない」という都市伝説が生き長らえているだけのような……(一般読者からしてみれば、注の存在に気づいてなかった、とか、なんか数字が振ってあるけど気にしてなかった、という場合も多いでしょうし)

注は別に読まなくてもいいです

ちゃんと注まで読んでるのね。今まで気にしたことも無かった…我ながら知的レベル低い…

注がついている本を読んでいる段階で十分かと思いますので安心してください。注は、もし興味がないならさらっと読み飛ばしても別に大丈夫ですよ。というか、注で典拠が示されていても、アラビア語とかギリシャ語とか朝鮮語とかロシア語とかで書かれている場合も多々あるわけで、そんなの普通の読者さんにチェックできるわけないですし。ただ、注を見てみると、おっ、ここはちゃんと原史料を読んで書いてるのか、なーんだ、ここは英語二次文献に頼って書いてるんだ、みたいなことがわかっちゃったりするので、学者仕事の裏側を垣間見ることができて面白いですし、どんな情報源を使って書かれているのか? をチェックしてみることは学術書だけでなく普通ニュースとかを読むときにも重要なことだと思いますよ。

ブコメ

物理分野では「参考文献」の意味増田とは異なる。参考文献は本文記述の直接の引用を表す。あとあまり明確に決まってないけど、注は捕捉説明を指す。「参考にした文献一覧」は存在しない。読書案内なら見かける。

誰がReferences(Bibliography)を参考文献と訳したのか。"refer"した文献のリストであって、本文の著述に紐づけられるものだけリストアップすればよく、逆に、何でもかんでも列挙して博識をひけらかすところではない。

や、まあ、文系でもたいていの場合は「引用文献」ってことですよ。それを「参考文献」と呼んでるだけ。参考にはなったけど言及してない文献は、私なら入れない(でも入れる人もいるかも)。

いま史学科にいる人間全員読んでリアルブクマしとけ。懇切丁寧な論文の"文法書"だぞ。

あなたがこの増田に感心してくれたことは嬉しいけれど、史学科の学生上から目線アドバイスしないでください。こんなの初歩の初歩で、史学科の学生さんならとっくに理解してます史学出身じゃない人たちが「そうだったのか~!」って言ってるだけ。別に史学科の常識を知らないのは悪いことじゃないけれど(私も他学科常識とかわかんないし)、自分が知らなかったある分野の初歩の初歩を解説されて、そこで聞きかじった内容をその分野を学んでいる人の前で「お前らこういうのよく読んどけよ~」って言えちゃうの、ちょっと傲慢すぎません?

2019-05-09

anond:20190509230002

自分ひとりが電気使わなかったところで原発が止まるわけではないからね

確率事故が起きたとしても責任は万人に分散されるし、直接見るわけでもないから大して心は痛まない

 

一方車に乗って低確率事故が起きるとその全責任自分にのしかかってくるし自分の目の前で子供死んだらトラウマになる

2019-04-26

体罰は昔は常識だった!俺も体罰を受けて育ってきた!」と言っても問答無用処罰されるんだから

「『お〜いお茶』は昔は女性蔑視意味だった!『フリマクッキーでも売れ』は昔なら女性蔑視だった!」とかい価値観若い人に押し付けて来ないでほしい。

まあ、「昔はそうだったんだよ。今はい時代になったね」くらいの意味歴史を振り返ることには意味があると思うけどね。歴史を繰り返さないためにも

私は散々歩み寄ってきたけどね。内心では「意味わかんねぇ」と思いつつ、でも「ほんの10年で社会は大きく変わるから、そういう時代があっても不思議ではないよな」と自分を納得させて来たよ。直接見たことも感じたことも一度たりとてないけど、あなた方の言葉を信用して来たよ。

2019-04-18

低能先生に会いたい

どこの拘置所にいるんだろう。

接見出来るのかな。

anond:20190417132032

2019-04-17

anond:20190415015833

色々挑戦するだけの気力はあるんだしVtuberファン活動に精力出してみるといいんじゃない

Vtuberファンアート直接見てもらえるチャンスかなりあるから挑戦だけでもしたくならないかな?

2019-03-22

anond:20190322194754

元増田は、日本人滅ぶべし、とか書いてなくない?

先入観

欧米出羽守の連中のほうが、そういった傾向ありそう。まあ南本国教育はかなりヤバそうだけど(直接見たことはない)

2019-03-11

脳神経外科詐病を疑われた件

数年前にある地方都市脳神経外科専門病院で起きた話です。直接見聞きしたわけではなく聞いた話ですが、概ね事実の通りです。

その病院は急性期脳卒中治療に関しては地域でも有数と言われています

患者脳梗塞で倒れ、その病院搬送され、重度の後遺症が残る可能性がある状況ではありましたが、命に別状はなく、家族は将来への不安をいだきつつも、ひとまずは安心していました。

しかし、時折、患者は激しい腹部痛を訴えることがありました。

CTによる検査を行いましたが、腹部に特別な異常は見られないため、主治医内科的な診察は不要と早々に判断を下しました。

説明主治医から直接ではなく、看護師を通してあったとのことです。

主治医はいつも不機嫌で、家族高齢女性)は怖くて直接話ができる状況になかったそうです。

それでも患者が腹部痛を訴える続けることから家族内科医の判断を仰ぎたいと何度も懇願しましたが、主治医自身は一度もその症状を目にしていないことから(まともに診察している様子がなかったそうです)、家族が頻繁に面会し甘やかしているのが原因で、詐病であると断定し、内科検査など必要はないの一点張りで、すれ違いの状況が続きました。

その後も家族は粘り強く話し合いの試みを続けましたが、主治医は時には家族に対して大声で怒鳴るようなこともあったため、信頼関係は崩れていきました。

病院長にも訴えましたが、病院長は自身の目から見ても特に異常は見られず、脳卒中失語症患者家族の前でのみそういう症状を訴えることはよくあると、暗に詐病であることを示唆されました。

脳梗塞発症によって感情コントロールできなくなるような症状があることは家族理解していましたが、患者本人は脳梗塞発症する前と変わらず性格は穏やかで、わがままを言うわけでもないため、詐病を訴える理由は見当たらず、家族病院関係悪化する一方で、最終的には患者を転院させる決断しました。

別の総合病院への転院後、まずは内科の精密検査が行われました。

精密検査の結果、内科的な異常は見られなかったそうですが、内科医がその説明している最中患者が腹痛を訴え始めましたそうです。

症状をしばらく観察していた内科医は、てんかんの症状かもしれないと話し、翌日、脳神経外科で精密検査が行われることになりました。

検査の結果は内科医の見立て通り、てんかんによる発作であることが判明しました。高齢の急性期脳卒中患者ではよくある症例との説明があったとのことです。

専門外の内科医による一回目の診察で分かることが専門医にわからないのはおかしい、患者家族真摯に向き合わないのに「患者にやさしい病院」という理念など何の意味もないと、当時、家族が怒り心頭となっていたことを思い出します。

先日、件の脳神経外科病院がよい取り組みをしているということで、NHKニュース番組で取り上げられていました。

番組で取り上げていた取り組み自体はよいことだと思いますし、取材を受けていた医師もこの話とは全くの無関係です。また、病院ホームページ確認すると当時の主治医はもう在籍していないようですが、モヤモヤした気持ちが晴れないので、こんな早朝(深夜?)にここで吐き出しておきます。(日中正気に戻って消しているかもしれません)

2019-02-15

メデューサなんだけどどうやって就職すればいいですか?

22歳の新卒です。未だにNNTなので辛いです

 

まず、面接で失敗します。

今までは「自分メデューサなので・・・」と言ったら学校先生高校大学面接などは鏡越しに会話をしてくれました。

でも企業面接では直接見ないと失礼とのことで直接目をみたら面接官が石化してしまます。この時点で落とされます。(ちなみに治癒費の金の針代はこちらが負担しています。)

 

なので、1月ごろから電話面談をしてくれる所を探して、ついでにリモートワークできると楽かなとおもって何件か受けたんですけど、

やはり「社長面接」は直接じゃないと難しいらしく辞退となります

 

今はなんとか、母親が首だけになって盾として働いて残してくれた遺産があるのですが、髪の毛の蛇たちのエサ代を考えたら後1年持つかどうか…

諦めて風俗店への面接(受付などの方です。受付だと目を合わせなくてもいいので。)も数店いったのですが、「メデュ子ちゃん身体がすっごくきれいだし、おっぱいも大きいから嬢のほうでどうかな」と言われてしまます

2019-02-14

Yahooニュース見ない運動(仮)

Yahooニュース産経FNN記事が増えてきた。とくにここ何日かは国会での追及が厳しくなったせいか与党擁護するような見出しYahooトップページに出ていて、印象操作がひどい。

ただし注意深く見ていると、時間帯によって傾向が異なる。夜8時くらいから深夜にかけては、与党批判する記事Yahooトップページに出ることが多い。

推察されるのは、Yahooニュース中の人トップ政権寄りということ、しか時間帯によってはチェックが甘いのか政権批判記事を載せやすいということ。あるいはもっと単純に、政権産経からお金が流れていて経営判断として割合が多いのかもしれない。

もともとYahooコメントのひどさには定評があるけど、これもPV数を稼ぐために放置している説があるし、あまり深く考えずお金のために産経を増やしているのかもしれない。そしてYahoo別に報道機関ではないので、中立的でないと批判するのも難しい。べつに中立的である義務はないからだ。

とすれば考えられる方策は、Yahooニュースをなるべく見ないこと。最新のニュースが見たければ新聞社サイトを直接見るか、またはYahoo以外のポータルサイトを見に行く。はてブの新着記事を見るのもいいだろう。とにかくYahooを見に行かないことが大事だ。

あるいは、ほかにもっと有効手段があるなら、教えてほしい。

2019-02-06

anond:20190206172433

接見ていないししらんけどフェミ憎しは自称女性発言者のこと全員フェミっていってないか

どうやらメンヘルさんなら見たことあるぞ、それも叩かれたから消したと理由があるやつ

自称女性発言をまとめてフェミとか呼んでるならミソジニストの仲間入りじゃねえの

2019-01-31

anond:20190131145755

低能先生への隠し切れない畏敬の念がまるで誤用かのように見える偶然の一文字違いになってしまたか

拝謁、ないしはお目通りと書けばよかったか

ちなみに接見弁護士しかできないんじゃない?

他人は面会なんじゃねえかな

詳しくないからよく知らんのだが、司法増田おらんのか

anond:20190131144846

とりあえず企画はともかく低能先生と謁見は出来てるの?

えっ‐けん【謁見】

[名](スル)貴人または目上の人に会うこと。「将軍に謁見する」




接見な、と思ったけど間違いではないのか・・・

2019-01-29

anond:20190129131329

口で説明するのは難しいから直接見せてもらった方が早いよ!

2019-01-25

メディア猫と現実の猫について

ふと気付いたのだが、現実で猫を見かけるよりもネットで見かけるほうが多くなった。こういう逆転は、実は珍しいのではないか?と思い始めた。もちろん、パンダを目で見たことがある人よりも、テレビで見たと言う人のほうが多いだろう。希少な動物だし、日本にいるパンダは数えられるほど少ない。雀はどうだろう?あれだけの個体数で朝チュンチュン言ってるので、当然直接見る機会の方が多いだろう。じゃあ猫はどうなのかというと、確実にネットの方が沢山いる。氾濫していると言ってもいい。昔は、たまにどこかの飼い猫が鈴をつけて歩いている姿を見る機会が多かったはずだ。野良猫にあったら、とりあえずモノで釣って近寄ったりしたはずだ。そういった経験価値は、今はメディア猫に比べて相対的に上がっている。メディア猫の振りまく喜劇的な可愛さに僕らの胃はもたれ気味で、どうしたってあのツンケンした現実の猫とふれあいたくなる。そうしてまた「猫を飼いたい」という偽物の気持ちを植え付けられた人々は今日も猫の居ない生活首をかしげることになる。おかしいな、メディア猫はあんなにも居るのに、現実では全然見かけないじゃないか。。

ここから先は完璧想像なのだが、日本高度経済成長時代、裕福な家庭の象徴として「ペットを飼う」が掲げられた。立派な一戸建て、最新の家電、頑丈な車、広い庭、そして片隅には犬小屋があり、ゴールデン・レトリバーいびきかいている。ペットを飼う余裕すらないのは、中流とは言えない。彼らはこぞって同調し、しかし「なにを飼うか」で個性を競っていた。下らない流行りに付き合わされたのが猫たちである。様々な品種改良が進み、もはや家の中でしか快適に暮らせないまで進化させられてしまった彼らには高い値段が付き、飛ぶように売れた。一方で、捨てられる猫が増えた。もともと繁殖力の強い生き物だから全国的に猫だらけになった。しか10年も経てば、野生の猫は力尽きる。彼らの相手はいつの間にか、戸建ての一軒家からコンクリート階層ビルに変わっていた。人間のご相伴に預かれなくなった猫たちは、やがて数を減らしていった。

そんな猫たちに分け隔てなく優しさを振りまいて、ご飯を食べさせるついでにうちの子にしてしまう男がいた。僕の叔父だ。彼は長い間祖母と二人暮らしで、ふたりとも猫が大好きだった。いつの間にか祖母の家は猫屋敷になっていた。祖母叔父も、自分の家に何匹猫が上がり込んでいるか把握していなかった。そんな中の一匹に、チイがいた。チイは猫らしい猫だった。小さな僕がよちよち階段を登って必死で追いかけるのに、彼女はするりと脇を抜けて逃げてしまう。とても人見知りな猫だった。僕は彼女を一度くらい撫でたかった。毛並みに触らせてほしかった。ついぞ彼女が姿を消すまで、僕は撫でることができなかった。

いま猫が好きなのは、そういう原体験のおかげかもしれない。居なくなった猫の毛並みを想像して、ずっと別の猫のことを可愛がり続けるのかもしれない。そんな気持ちは猫にとっては知ったこっちゃない。我が物顔でご飯をねだり、好きなときに遊んで寝るだけだ。僕にも猫の気持ちなんて分からない。この世の誰が猫の気持ちを知っているだろう。ただ、そうした中でもなんとか上手くやっていくことができる。お互いの勝手を暗黙に認めて、自分だけのことを考えて共生する。そういうのが生活というのだろう、となんとなく思う。

祖母がもし居なくなったら、あの元猫屋敷には叔父しかいなくなってしまう。僕は叔父クラシック・ギターを弾くのが好きだった。その昔、禁じられた遊びを弾く叔父がとてもかっこよくて、僕もギターを弾き始めた。またあの家にいつか、もうちょっとしっかりしたら、遊びに行きたい。縁の下に、光る眼。

2019-01-24

ZOZO社長のカネばらまき批判

今日も、ZOZO社長の100万円ばらまきの批判が読める

https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2019/01/121-10.html

ZOZO社長が100万円ばらまきとか何をしてるかはどうでもいいんだけど

この記事おもしろかったのは、いいね可視化されてるけど、わるいねは見えてないって話

いいね、やフォロワーは数える事ができて、ZOZO社長すげーって

金も数えることできるし、そういう数えられることで、すげーってなってるけど

簡単に数えられないことも同時におきていて、その評価をただ数えられないからだけで無視してる

でも、それは簡単みえないだけで、数えられないわるいねもまた、脈々と進んでいく

ZOZO社長が何をしたなんてどうでもいいことだけど、有名な人が何かをすれば

それは、いいねだけじゃなく、わるいね感情もまた生まれて蓄積されていく

それが、議論があるようなことならば、なおさら、で

でも、それを直接見ることはできない、何かほかの形で、爆発するまでは

2019-01-11

anond:20190111175129

俺が直接見たわけじゃないけど、ニコ生か何かの覆面座談会での話しだったらしい。

2019-01-10

anond:20190110173012

まぁ効果測定の結果を直接見てもらえたらいいんだけどね…

「それをまとめるのがDの仕事だろ ストローみたいなことは誰でも出来るぞ」っていわれる

社内デザイナーから部署変えてもらうしかねぇかな

2019-01-06

anond:20190106134157

元増田は誤解著しすぎて話にならんが

そうでないまともな増田はここ読め

 

https://www.comiket.co.jp/info-p/C95/C95cosplay.html#2-2

露出に関する注意事項

下着を着用していない衣装禁止

プレスシリコンブラは下着として見なします。

水着場合は、サポーター下着を着用してください。

下着が直接見える、または透けて見える衣装禁止

胸やワキの隙間から極端に下着が見える場合を含みます

見せるタイプブラストラップは見えても問題ありません。

オーバーパンツやアンダースコートなど、重ね着をするパンツについては衣装します。

○肌の露出が多い衣装禁止

胸は、肌の露出が1/3 程度で下着が見えないことが目安になります(女性のみ)

露出に関する自衛のお願い

撮影の際は、被写体許可を得るのがルールですが、自衛のために「ストッキング」や「タイツ」などの着用をお勧めしています

○丈の短いスカートなど、かがむと下着が見えそうな衣装

ブルマレオタード水着など、肌の露出が多い衣装

○色や布地の組み合わせでは透けて見える場合がある衣装

2018-12-04

anond:20181204203828

政治ニュースが見たい時ははてブ経由じゃなくて各社のホームページを直接見に行ったほうが良いよね。

2018-10-30

逮捕されたことに関しては「ショック」だと話し、悔しさをあらわにした。「ああ、捕まってしまった」と考えると夜も眠れないと明かし、両手で頭を抱えた。9人目の被害者携帯電話が発する微弱な電波逮捕きっかけになったといい、電源を切らなかったことを後悔。証拠隠滅など、やっておくべきだったことが「めちゃくちゃある」と強調した。

 白石被告は、事件の詳細について問うと「そこは有料です」と、たびたび指でバツマークを作り口を閉ざした。「対価を頂ければ、労働として誠意をもって対応する」と説明金銭を支払う意思のある接見相手を「魅力的」と表現し、金額次第で手紙のやりとりや書籍執筆にも応じる考えを示した。

 口調は常にしっかりしており、身ぶりや手ぶりを交えよく笑った。事件以外の世間話には愛想良く応じていた。

なかなかサイコっぷりが凄い。

2018-10-29

[]降臨

取締役が下のフロアに降りてくること。直接見ると目が潰れるかもしれないので、視線は向けない。

2018-10-23

anond:20181023232655

PrimeVideoそのものにそーゆー購入版再生機能はない

AmazonVideoを直接見るんだ

アプリ版使ってる人に多い印象

2018-10-20

けっこう好きな芸能人とかは怖いか

恐れ多いというか。

サイン会かに行ける人は勇気があると思う。

歩いて行ける距離で直接見れる機会があったら、

行きたいとも思うだろうが、

怖さのほうが強くて、行かないだろうな。

2018-10-14

いわゆる「腐女子」の迷惑行動について。

腐女子」という存在は様々な場所で目に付くようになった。

PixivTwitterで直接見掛ける事も有れば、「あぁ、この作品腐女子人達に受けるように作ってるんだな」という風に、

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん