「ムラ社会」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ムラ社会とは

2021-05-31

anond:20210531223551

から、そのケースに該当してないだろうが。

わかんないやつだな。

勝手に足すなって言ってるだろ。

大坂なおみ精神的苦痛理由に会見ボイコットしたが、理由却下されて、罰金。界隈は擁護せず。ムラ社会に見えるとかどんな環境で育ったんや?

会見は仕事の一部だ。やりたくなければ転職するかしなくていいように仕事の内容を変えるだけだって言ってるだろう。

大坂なおみ名誉も富も発言力もある。

どうにでもできるのにできないのは下手だからなんだよ。

anond:20210531214825

強制ではなくて、会見は契約内の義務なんだよ。そこを間違えるな。

義務には不履行に罰則が発生する。今回はそれだけだろが。

ムラ社会とか弱い者いじめとかかわいそうとか、そんなことはどうでも良くて。

なおみがスポンサー解約すれば誰も咎めないんでは?会見ボイコットしても。テニス続けられないけど。

anond:20210531213839

シンプルに気になるんだが、「本当は、単にクレイコートでのプレイを苦手としていて」という話が信用出来る程、クレイコートへの質問を受ける事は大阪なおみにとって精神的にキツイ事だと君は思っているのか?

YESだとすると、「選手全体のメンタルヘルスの為を思って」と言うのもあながち嘘でもない様に思えるが・・・

その公共意識と言うのも、選手全体に求める事が倫理的に正当なのか疑問が有るし、抜け駆けを許さなムラ社会的な思考を感じるなぁ

自分はこんなに辛い思いをしているのに、同じ辛さを味合わないのはズルい!」って?本当に他の選手はそんなこと考えているのかな?

考えていたとして、つまり辛いんでしょ?じゃあやっぱり「選手全体のメンタルヘルスの為を思って」その辛い事を強制されない様にするのは、普通に正しいことなんじゃないの?

君が会見をうけることを辛い事だと考えたいのか、考えたくないのかイマイチからないな

2021-03-29

サザエさん言及するやつだいたいサザエさん見てない問題

やたら旧弊象徴として槍玉に挙げられるサザエさんアニメだが、だいたいその手の言及をしてる人は最近サザエさんを見てないんじゃないかという気がする。相当昔に見た印象だけで語ってるんではないか

家庭の事情でこのところサザエさんを見ているが、一部の進歩的婦人方が「子供には絶対見せません!」とプンスカするような、家父長制を背景に波平が横暴な振る舞いをするようなシーンはまず出てこない。カツオゲンコツなんてしない。叱ることはあるが、怒鳴りつけるようなシーンはめったになくなっている。要するにサザエさんアニメサザエさんアニメなりに「アップデート」されている。

ただ人の距離感あいかわらず昭和というかムラ社会的なんで、わーやだなーと思うのはしょうがいね

2021-03-25

みんなはてな村に帰ってこいよ

はてなはもういいツイッターに出て行くと言って出て行った人も残ってる人も結局ムラ社会

はてな自称リベラル勢、理念捨てすぎでは?

選択夫婦別姓や「呉座先生事件」関連のエントリブックマークコメントをみつつ連想したこと

呉座先生個別失言は、まあ擁護は難しいしするつもりもないが、リベラル自称する界隈の先鋭化が気になってしょうがない昨今。

最も気になるのは、保守派の主張を全面的に不合理なものとしてバッサリいく態度。

多様性尊重社会的公正の基礎はどこいったんやと。

一見不合理かもしれんけど、保守思想というのはそもそも現状維持が基本姿勢で、その背景は「経験歴史尊重」「人間理性に対する懐疑」にあると思ってる。

これ自体リベラル根底にある理性の信奉と根っこでは矛盾しないはずで、「歴史に耐えた制度にはなんらかの合理性があるはず」と考える態度は、科学的に見ても「合理的」でしょうに。

まあ政治思想理念的な背景は明るくないのでこれくらいにしとく。

リベラル勢に聞いてみたいのは、

例えば選択夫婦別姓が成った後に、一族天皇制といった概念希薄化し、日本民族性文化愛する人々が少数派になったとき、彼らをどう扱うつもりなのか、ということ。

そこまで来てからマイノリティとして手厚く遇するの?

他者自由を阻害しない範囲思想信条自由尊重されるべしというのが、リベラルの基本理念だと思うんだけど、マイノリティになってから初めて尊重します、っておかしくね?

現状において支配的な思想信条が、女性性的少数者自由侵害しているという主張はわかるし、それを解消すべく制度設計を行いましょうというのもわかる。

でも、「現状の戸籍や姓・婚姻制度にも機能利益があるはずで、性急な改革伝統文化を損なう可能性がある」という反論をバッサリシャットアウトするのはダメだ。

現状の被害者と同レベルとまではいかずとも、理解を示して妥協点を探るべきでしょう。

少なくともその伝統を拠り所にしている人々がいて、あなたがたは、かれらを「少数派」にしうる政策を支持しようとしているんだから

想定問答をあげておくと、

選択的なんだから問題ないだろう」というのがまず返ってくる反応だろうけど、保守派は「文化伝統」を問題にしているのであって、選択肢が発生すること自体に対するデメリット危惧している訳だから

その反論相手文意を読むつもりがないと言わざるを得ない。

「姓が別になった程度で文化は損なわれない」という反論もありえる。ここは保守側の仮定なので一定妥当である。「文化」の定義カバーする範囲が広すぎるので合理的説明が難しい。

でも、自分祖父祖母世代とのコミュニケーションから保守派の心情を勝手に代弁するなら、もう彼らは相当に妥協しているし戦線を後退している。

日本文化米国文化に塗りつぶされ、最後の一点で耐えている」という世界観現代高齢者世代は持っている。

(親父がネトウヨにいつのまにか傾倒していたなんて話がよくあるが、それもこの流れの一旦だと思うし、呉座先生高齢者ではないが歴史学者としてこういう流れに影響を受けていそうな気がしている)

彼らの世界観からすれば、今も米国文化によるマイルド同化政策は続いているし、それは一面では事実でもあるだろう。

かれらの青春時代にはリベラルなんて影も形も無かっただろうし、「家を継ぐことが至高命題」として育てられた彼らが、生きているうちにここまで世界が変わるなんて思いもしなかっただろう。

それは同情すべきこと・尊重すべきことではないのか?

日本文化もできるだけ維持し継承します、そのうえでみんなが活躍できる社会にしていこうとしてるんです」と、言い方だけでも寄り添ってあげようよ、という主張は、トーンポリシングとして糾弾されるべきことなのか?

自分自身は、ムラ社会の嫌な面を経験してきているので、家を継ぐべしというような思想は消えていいと思っている。

一方で、ムラ社会最後世代になるであろうジジババが寂し気に「私は親にそう教育され家を守ってきたしそれを誇りに思ってきた、子に受け継ぎ家を守りたかったがもうあきらめている」と語るのを聞くにつけ、かれらに「わきまえたマイノリティ」の像を重ねることもある。

(まあかれら自身保守政党に投票するだろうが、世代が変わればいずれムラ社会解体されるだろう)

ムラ社会総論として害が大きいと思っているが、それでも私の原風景は「田舎のばーちゃんちでジジババに載せてもらったトラクターからみた風景」であり、自分はそれを享受しながら、自分の子世代にそれを残せないことの寂しさや後ろめたさも感じている。

なんというか、そういう対抗派閥に対する共感配慮なしに、一方的断罪する論調は、先鋭化が行き過ぎているし、リベラル根底に置く理念矛盾していると思う次第。

2021-03-20

政治はしたくないし他人信者ファンネルにはなりたくない

から私はムラ社会を飛び出したけどどこまでいっても世界は狭い

狭い世界ムラ社会を作る

ムラ社会でムラの政治をしてムラ八分にしながら自分達は先進的なことを話していていると思い込んでいるSNSユーザーはなんなのだろう

これではSNSを捨てて一人桜を見る会を開いておやつを食べないといけない

2021-03-10

雑誌映画秘宝』の記憶(7)

今回は、町山智浩による同性愛者への差別がメインです。

書棚の片隅から発掘した町山智浩柳下毅一郎の共著『ファビュラス・バーカー・ボーイズ映画欠席裁判』を改めて読み返してみました。強く感じたのは、本書における町山智浩柳下毅一郎の二人が、とにかく「『自分たちは男である』と云うことの証明アピール」に躍起となっている点です。

ただし、その「男であること」の証明アピールとは、例えば「自分よりも弱い者を守る」姿勢を示すとか「大人としての責任を果たす」姿勢を示すといった、立派な行動に依るものでは決してありません。(※なお、言うまでも無いことですが、これらの立派な行動は「男性だけのもの」ではありません。これらの行動による美徳は、女性性的マイノリティを含めた「全ての人間が持ち得る美徳」です。)

しろ、本書では「弱い者や価値観の異なる者を嘲笑する姿勢」を示したり「男の性(サガ)だからバカな事をしても『仕方が無い』」という言い訳することこそが、町山らにとっての「『男であること』の証明」なのです。

更に、この「男であること」の証明は、町山や柳下の中では「『ゲイではないこと』を証明すること」とイコールで結ばれています。それを物語るかのように、本書の中で町山智浩柳下毅一郎は熱心に、執拗なまでに「同性愛者(特にゲイ)への嘲笑差別」を繰り返します。それによって、町山と柳下は「俺たちは『彼ら(同性愛者)』とは違うのだ」とアピールします。

本書の中でゲイについて語る際、町山智浩柳下毅一郎は盛んに「ホモ」と云う単語使用します。そして、彼らがこの「ホモ」という表現を使う時には、しばしば「(笑)」という表現だけでなく「疑惑」という表現も伴います。「ホモ疑惑』」という風にです。

例えば、ケヴィン・スペイシーが『アメリカン・ビューティ』に主演してアカデミー賞を受賞した際には、町山智浩は「これでケヴィン・スペイシーホモ疑惑』も晴れる」と言い放ちます。これは、この映画ケヴィン・スペイシーの演じる主人公が、隣人の女子高校生との情事妄想しながら自慰行為に耽るという場面がある事を受けての発言です。

考えてみて下さい。一般的に『疑惑』という表現は「汚職疑惑』」や「捏造疑惑』」等の「悪い事」を表すために使用されるものです。つまり町山智浩柳下毅一郎にとって「ゲイ(であること)」は「『嘲笑』する対象であるだけでなく「『罪』として裁かれるべき対象」なのです。

また、本書の元となった記事が各種媒体掲載された時点で既に故人であった(従って、否定反論などの意思表明を当事者が行う事は不可能であった)淀川長治セクシュアリティ嘲弄する場面が、何度も見られます。これまでにも指摘したことですが「彼らの目から見て『弱そう』に思える相手にはヤンチャに振る舞う」という、町山智浩/柳下毅一郎/高橋ヨシキ/てらさわホーク等を中心とする『映画秘宝』界隈にお馴染みの行動パターンは、ここでも観察されるのです。

恫喝DM事件が発覚した直後に『映画秘宝』関係者は「これまで映画を通じて不正差別と闘う姿勢を学んできた」と主張しました。しかし、ここまで読まれた方には、それがいか実態と懸け離れた虚偽の主張であるか分かっていただけると思います

最近町山智浩高橋ヨシキてらさわホークは、彼らと同じく「反・権力」をビジネス上の売り物とするヒップホップミュージシャンの一人ダースレイダーと共同して行った映像配信で「こんなディストピアはイヤだ」と云う内容のトーク披露して、信者たちと共に盛り上がっていました。しかし、彼らの言う「ディストピア」とは、当に「町山智浩高橋ヨシキが中心となって『ヤンチャ』な振る舞いをし続けてきた『映画秘宝』」そのものではないでしょうか。

町山智浩の機嫌を取る為に、自分男性パートナーが「町山さんに胸を揉ませろ」と言い、周囲の人間が誰もそれを止めようとせず、それが起きた後も批判しない『映画秘宝』内部のホモソーシャル社会いか同性愛者を差別し、嘲笑できるかを競う『映画秘宝』のムラ社会女性性的マイノリティから見れば、それは立派に完成された『ディストピア』だと私は思いますあなたなら、どう思いますか?

気が向いたら、また何か書きますアーメン

2021-03-07

anond:20210306181117

ムラ社会タコ壺、吊し上げ、学級会といった状態こそが君らの本質であって、

そこに思想理念哲学なんてものはない。

言葉や絵が少しわかる類人猿集団が己の欲望にまかせて求め、利害で腹を立てた連中同士で石を投げあってるだけに過ぎない

2021-03-05

anond:20210305182928

初期の個人サイトが乱立してるくらいの時期はまだ仮の身分コミュニケーションを取る都会っぽい感じはあったんだけどね。

SNS出てから急激にムラ社会化したし、とにかく数が多い方が強い感じになったね。

今のネット民主主義というよりは全体主義、多数の専制って感じ。

2021-02-25

「敵の意見か、味方の意見か」を判断基準にする奴=バカ

ツイフェミネトウヨ嫌儲民、プペル、高須ニコニコ二次裏、ネラーネットはいろんな馬鹿巣窟があるが共通していることがある。

それは奴らが他者意見を「まず最初に」「敵か味方か」で判断していることだ。

馬鹿は脳の思考力を司る部分がゴミなので相手意見論理的理解することができない。

同時に、自分省みる能力が低く鏡にうつる間抜け自分であることにすら気づけないため、自分まさか相手の言ってる事が理解できていないはずかないと思い込む。

その矛盾を埋めるのが「敵の意見なら間違いなく間違いで、味方の意見なら正しく正しい」という虚無のロジックである

まず相手発言を見て自分たちに批判的か肯定的か、自分たちがいつも使う言葉を使っているか、敵側の言葉がないかを探す。

そして敵か味方かを判断したら、それから文書斜め読みして、敵の文章だと思ったならわずかなミスを過大にあげつらい、味方の文章だと思ったならいいねを入れる。

そうやって敵味方かだけで文章を読む癖のついたアホが増えると、話にならないからまともな人間はいなくなり、そのことを奴らは自分たちに都合よく「正しさが証明された」と判断するのだ。

敵味方で文章判断する癖がつくのは何も頭が悪いからだけではない。

それは彼らが瞬間の発言と全人格を切り分けることができないことにある。

これは知性というより思考の癖によるものだ。

常に発言に全体重を預ける彼らにとって、一瞬一瞬の発言批判人生すべての批判となり、そのためなんとしてもその正しさを守り抜こうとする。

結果、全肯定以外のあらゆる返答を敵対行為とみなし、己の全人格をかけて反撃を試み、そのたびに泥沼へと沈んでいくのだ。

そうしてゆくゆくは完全に一つの思想に染まりきったコミュニティの中で批判されることのない発言だけを繰り返す存在となる。

当然そこに、まっとうな思考経路など残っているはずもなく、コミュニティにとって味方になる発言をし、それ以外のすべてを批判することしか考えていないゾンビとなる。

そんなゾンビ支配されているのが、ツイフェミや一部の腐女子界隈、エロ無罪のスケベオヤジに、5ちゃん二次裏を始めとした完全に終わってしまったムラ社会なのである

そうならないために必用なのは発言価値や是非の判断基準から自分の味方か敵か」を完全に排除する他ない。

これは学習によって身につく不自然であり、自然にふるまえば思考力や理解力は少しずつポジショントークエコーチェンバーの沼へと消えていく

2021-02-03

anond:20210203113349

自分攻撃するのはやめてくれというのは「自分だけの幸福を追求すること」なのか?

自分のケツを断り無しに触るのはやめろというのは触りたいおじさんの幸福侵害することでムラ社会平和を乱すことなので我慢するべき?

anond:20210203104652

それは、大人の間でも意見割れているというか。

 

お前が子供に伝えるべきだと言っているのは、いわゆる個人主義なんだよね。

個人個人であって決定権を持つの責任を持つのも己であるから、己の利益各自で追及してもいいしすべきだ。

他人犠牲になることなく、己の幸せをまずは大切にするべきだ。

まあわかるよ。

かつてはムラ社会鬱屈していた若者がこのメッセージの名のもとに都会に集った。

 

でも現代の子が生きているのはムラ社会じゃないからな。

個人主義公共破壊するってのは最初から批判されていること。

都市っていうのは、虐待され抑圧されるよりも、無慈悲と無関心に晒され、また自身も無関心と無慈悲主体となって生きる場所だよ。駅で座っているホームレス嫌悪を向けるひとたちが巣食っている。

そういう場所で、自分だけの幸福を追求せよ、無理して助けるな、と子供たちに言い続けて生まれ社会っていうのはどういうものか? リベラル主義はそれは国家税金でなんとかする、と言っているんだけど、ことが思いやりとか子供の心のことになると税金じゃすまないよね。

 

これはたぶんどっちが良いとかじゃなく、どっちもをやるべきなんだが。

お前みたいに明らかに前者が勝ち!って断言してしまうのは無理だと思う。

2021-01-28

anond:20210127224152

ポリコレって要は全体主義的なリベラルでそこから外れたもの排除するか啓蒙しようとするからね。

個人主義的なリベラルにとっては父権主義となんら変わらない脅威だろう。

やってることは結局放任とか解放ではなく、制限とか保護なわけよ。

女は弱いから男が支配し守ってあげなければいけないみたいな考え方と同じ構造に陥ってしまっている。

リベラルが群れた結果、強者弱者生き方押し付けるというムラ社会長老たちそのもの存在になってしまったのさ。

2021-01-23

anond:20210123214622

どういう世の中がいいかはしらんが、史上「世の中」ガそうでないことはなかった。

 

田舎から出て都会に行けばムラ社会でなくなってマシな世の中に属せらと思った人たちがいたこともあったが、そんなの人を遠ざけて世の中を遠ざけてるだけだし、ネットで人の距離が近くなったから元の木阿弥よ。

これまでもそうだし、これからもそう。

あんまりこれを拒否するのは、ほとんど人間性拒否してるのと同じになる

2021-01-13

anond:20210113155509

個人尊重されるのがそこまで揺るぎない価値かどうか、これからが試練の時代だ。

 

結局のところ個人など尊重しないでムラ社会に生きたほうが強い可能性がある。

 

そういうのって、戦争災害ときほどそうなんだけど、withコロナってこれからずっと災害状態を生きるみたいな話だぜ。

2020-12-10

anond:20201210094323

はてなー」…はてなのサービスを使っている人全体の呼称

はてなぁ」…とある増田個性を出そうと思って使っている独自呼称

増田」…はてなのサービスのうちはてな匿名ダイアリーを使っている人の呼称

はてな民」…はてなー同義だが、「はてな村民」と似たニュアンス村社会っぽさが出る。

はてな村民」…はてなームラ社会気質を強調した呼称特にはてなのコアユーザーを指す。

ブクマカ」…はてなのサービスのうちはてなブックマークを使っている人の呼称

2020-12-07

anond:20201207064047

ここで言われる「田舎」とはムラ社会のことだから別に地方じゃなくて東京都心であっても「田舎」はあり糾弾される悪習は起きる

2020-12-02

anond:20201201184650

世の中には『自動車』とか『バイク』とか便利なものがあるのだが、東京の人は知らないんだよな。

不便な電車を「最高のもの」だと疑いもせず、地下鉄で行ける範囲に閉じこもって生きていく。

スマホがあるのに、「ガラケーは最高に便利!電話メールもあるしネットニュースも見れるし買い物もできる、何も困らない!」「スマホは便利かもしれないがテンキーないし折り畳みもできないし電話しにくい」ってかたくなに新しいものを試そうともしない。

親の世代は外からやってきた人が多いから別の世界を知っているが、二世三世になると東京しか知らないんだよね。中途半端に便利なもんたから外に出ようとしない。結果、井の中の蛙になってしまう、しかもそれに気付かない。

規模が大きいムラ社会島国根性

anond:20201201184650

世の中には『自動車』とか『バイク』とか便利なものがあるのだが、東京の人は知らないんだよな。

不便な電車を「最高のもの」だと疑いもせず、地下鉄で行ける範囲に閉じこもって生きていく。

スマホがあるのに、「ガラケーは最高に便利!電話メールもあるしネットニュースも見れるし買い物もできる、何も困らない!」「スマホは便利かもしれないがテンキーないし折り畳みもできないし電話しにくい」ってかたくなに新しいものを試そうともしない。

親の世代は外からやってきた人が多いから別の世界を知っているが、二世三世になると東京しか知らないんだよね。中途半端に便利なもんたから外に出ようとしない。結果、井の中の蛙になってしまう、しかもそれに気付かない。

規模が大きいムラ社会島国根性

2020-11-29

anond:20201128003912

東京人だけど、田舎人間が嫌い。こういう閉塞的なところが。永遠にムラ社会に生きていろって感じ。

2020-11-20

anond:20201120113145

いや夫がいくら優しくしてもだめだよ~。

単身赴任も、それはそれでいいだろうが、それで孤独になったらダメだよ。

 

夫が単身赴任して、それを心配した実家のお母さんが結構来てくれる。

夫がいないか友達が平気で泊まれる。

これだ!

ムラ社会ならではのご近所育児がヒトの最適。それができないのが都市母親の辛さだ

2020-11-05

anond:20201104215721


要するに団塊爺の悪辣非道の業の報いは、おまえらの行いがどうであれジュニア氷河期おまえらが被るってこと。

ジャップにはすでに会社を去って年金暮らしの爺にヘイトを向ける知能がないからね。目の前にいる年寄りっぽいキミらを全集中で叩くんだよ。

年下の彼らが中年になっても、彼らにもキミらと同じく自分オッサンになったという自覚が生まれるのは相当先なので、いつまでも目の前にいるキミらが叩かれるんだろうさ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん