「外交戦略」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 外交戦略とは

2019-08-04

どう見ても韓国側勝手に仕掛けて勝手に自滅してるだけなのに、なんでこの状況で彼らの脳内は「アベは嫌韓を煽って利用してる」みたいな世界観になってるんだろう。

民意が望んでいて尚且つ適切な対応をとったから支持されるだけでしょ。それってまさに「民主主義」じゃん。

ただ、安倍政権の対韓戦略を見ていてものすごく危ないと感じるのは、国家間協定を遵守するとか、戦略物資管理を徹底するといった、至極常識的な行動を韓国絶対にしないというのが大前提になってる点。

から韓国正気に返って言動を改めれば、それだけで安倍政権の対韓外交戦略は大きく方向転換をせざるを得なくなる。

2019-07-23

民主党政権時の中国外交戦略

中国外交戦略、間違ってたと思うんだよね。

鳩山首相ってさ、米軍基地沖縄から移転させるとか、中国米国と等距離外交にするとか、中国にとってむっちゃ有利なことやろうとしてたわけじゃん。

西欧アメリカ民主党政権冷遇するのは分かるよ。でもさ、中国もっと民主党政権に対して飴を与えた方が良かったと思うわけ。

そしたら日本国民も、「欧米とは少し距離ができたけど中国とは仲良くなれて民主党政権外交もまあまあだな」くらいには思ったかもしれない。

もちろん石原慎太郎のせいってのは分かるけど、現実は、中国には尖閣諸島を取られそうになったってのが民主党政権外交に関する記憶

あの国土が減りそうな恐怖・アレルギーが未だに残ってるのって、自民政権が安泰な理由の一つでしょ。

2018-12-20

anond:20181220093120

「最新の武器をいっぱい買えば安全だーい」って子どもですか。いくら金がかかると思ってますか。

誰もそんなことを書いてない。ねつ造はやめてもらおう。

全体としての外交戦略を欠いた「国土防衛」論なんて無意味です。

武力裏付けのない「外交戦略」なんて無意味だ。

anond:20181220084802

そうしてあなたのように結局武装の話しかしない、できないことを問題にしているわけです。

「最新の武器をいっぱい買えば安全だーい」って子どもですか。いくら金がかかると思ってますか。

全体としての外交戦略を欠いた「国土防衛」論なんて無意味です。

2018-12-17

anond:20181217100358

じゃあもうそ韓国領土でいいっすわって言って献上したほうが今後の外交の上でお得じゃね?

どうせ手に入らないならさっさと譲って他の外交戦略を円滑に進める材料にしてしまえばいいじゃん

意味わからん

取り返す気がないにしても「不法占拠してる」ってちゃんといい続けたほうが攻撃材料になるじゃん

竹島って要らなくね?

竹島って韓国実効支配されてるんじゃん?

それで日本政府は抗議してるわけじゃん?

でもたぶんこの問題ってこの先ずっと両者が立場を譲ることなく続いていってこれから竹島韓国実効支配されたままで今後の2国間の関係は常に竹島領土問題を孕んだものになるわけでしょ

それって損じゃね?

だってどうせ竹島って韓国に今後も支配されるんでしょ?

じゃあもうそ韓国領土でいいっすわって言って献上したほうが今後の外交の上でお得じゃね?

どうせ手に入らないならさっさと譲って他の外交戦略を円滑に進める材料にしてしまえばいいじゃん

だってぶっちゃけ日本政府遺憾の意ラインを越えて韓国軍と軍事衝突危険性が生じるようなアクションをするのは有権者も反対でしょ

竹島の為に日本国民の血は流せないでしょ

でもたぶん竹島ってもう日本が取り戻すには軍事行動しかないんでしょ

でも竹島の為に日本国民の血は流せないっしょ

じゃあ竹島って本質的には日本国民も要らないって民意を示してる様なもんじゃ

竹島って要らなくね?

2018-12-01

anond:20181201093459

日露戦争日本の国力がない時代だったから引きどころをわきまえて引けたから勝てたの。

安田善次郎が「これ以上の資金調達はできません」と政府高官要求を突っぱねて、日比谷暴動とか起きつつの決着。

二次大戦だって蒋介石が一度降伏条件を受け入れたのに、日本側が調子に乗ってさらに条件付きつけたから泥沼になって、蒋介石外交戦略アメリカを巻き込んでボコボコにされたの。

国力が中途半端についたが、同調圧力でなあなあで突き進む今の日本では、調子よかったら、それが完全にダメになるまで突き進んで完全な破綻を迎えるしかいね

2018-03-28

誰か解説求む

北朝鮮金正恩中国訪問したというニュースブックマークコメントに「日本孤立する」というような事を当てこすっているコメント散見される

たとえば以下のようなもの

http://b.hatena.ne.jp/entry/361159842/comment/murasakizaru

ネトウヨって、北朝鮮の毎度の好戦ブラフは真に受けたふりして大騒ぎするくせに和平に向けた発言は嘘だ信じるなコール。こりゃ日本ハブられるわ。少しでも流血を減らすため薄紙重ねる努力する全世界の敵。

http://b.hatena.ne.jp/entry/361159842/comment/kitamati

日本完全に蚊帳の外やないか アメリカ猿真似圧力圧力ゆーても所詮戦力投射能力がなけりゃこうなる。

http://b.hatena.ne.jp/entry/361162574/comment/tomoya1983

アメリカとの対談前に中国との接近、外交戦略としてこの上ない妙手。かたや置き去りで八方塞がりの日本拉致問題の進展が見出だせず。このまま列強に食い物にされ続けてよいのか

http://b.hatena.ne.jp/entry/361155015/comment/murasakizaru

本当、日本抜きだと協議建設的な方向に向かうなあ。日本はなんでハブられたのか自覚反省をもって黙ってようね。この期に及んで分断とヘイト煽ってたら、日本世界の敵認定されちゃうよ?

上記を踏まえて2点よく分からないことがある

(1)北朝鮮が本当に核を放棄するなら日本を含む全世界にとって望ましいことなのに、それを「孤立」「ハブられる」と、あたか日本不利益になるかのように考える理由

(2)北朝鮮近いうちに本当に自主的に核を放棄すると信じられる理由

この辺誰か分かる暇な人いたら教えて欲しい

2017-12-11

anond:20171210181731

ただ政府独自でやってる(変な慈善団体から要望()じゃない)援助は

国際社会圧力資源の購入先・製品の輸出先の確保の為と、

あとは詳しいことは知らないけど円に変えられない余分な外貨

円に還元日本企業慈善事業商品発注することで)する

作用があるとか聞いたので

政府独自外交戦略金融問題対処としてやってる"慈善"は

しろやるべきなのかな、とは思ってる

 

どこかにそこらへん詳しく載ってるサイトあればリンク貼ったんだけど

すまん短時間じゃ見つからなかった

2014-02-06

アベちゃん外交空気を一気に変える事ができるとすれば

春節後に北朝鮮への訪問を行うことではないだろうか

最近特に張氏粛清以降は、北朝鮮関連の話題が極端に少なくほぼ存在を忘れているような状態である

しかし、実際には北朝鮮積極的韓国との関係改善経済貿易方面での再建策を打ち出し着々と進めている事は識者以外はそれほど注意を払っていない所である

特にロシア中国資源開発プロジェクトを進めている中で改めて韓国との関係改善を図ったわけで、このあたりはステークホルダー間の様子を見ながら条件提示をしているようだ。

将軍19号様、なかなかしたたか戦略を行っている。

米国は静観しており積極的な関与は避けているように思われる。

このような状況では、どの国も日本北朝鮮と関わることを望んでいないが、もしここに一石を投じる事ができれば歴史問題といった瑣末な話題ではなく、外交問題として真剣に向き合う必要が生じる。

中国政府韓国政府が最も恐れているのは北朝鮮の急速な発展と南北統一である

試しに、日本北朝鮮に対して、拉致事件の再調査、資源開発の協力、軽水炉開発の協力を申し出るウルトラCを出した場合どうなるであろうか?

韓国中国も多くの矛盾を抱えた国であり、建前と本音あべこべな事を逆ギレごまかすために歴史認識などのレトリックを用いて国民を欺いてきたわけであるが、こういった戦略第三国が入ればとたんに、うまく行かなくなるものである

日本国内特に右傾化した人たちからの信頼感はあるのであろうが、国際的にはアベちゃんの評価はマナーを知らず空気がよめないバカと思われているフシがある。

だがこういった丸め込みが出来たならば、油断できない存在と一目置かれるだろう。

アベちゃんブリーフを履いて家ではパパって呼ばれてそうだから、おそらくこういった外交戦略は取らないであろうが、北朝鮮外交ツールなのだという認識日本国民が理解しておくべきだろう

2013-10-17

なんかさ、

震災の時に『他の国も助けてくれたけど』 トモダチって言ってくれたアメリカ (外交戦略はあるけど)

中国で、 日本はトモダチだと 明言してくれたアメリカ (外交戦略はあるけど)

 

アメリカ内部の問題は内政干渉になるから日本は何も出来ないけれど

アメリカと他国の問題に関しては、ちゃんと日本も アメリカはトモダチだから外交的には言わないと、恩を返せない。(外交戦略はあるけど)

 

そしてもちろん、アメリカ以外の他の諸外国も、日本に対して良くしてくれた国 良くしてくれる国、これから、良くしようとしてくれる国、

には、これから末永いお友達でありたいと、メッセージを送らないと。

 

同盟関係の有無とかは、規模とか、順番は付いちゃうけど、日本に対して友好的な国には、日本も友好的に接しますというのは、自然なことだよね?

2011-08-11

http://anond.hatelabo.jp/20110811005128

ただでさえ昔から酷かったナショナリズムが、国際競争力の上昇に伴ってますます悪化してる中国韓国をどう思うよ?

それは個人の話?それとも政府の話?

仮に個人の話だとすると、

ナショナリズムが増大してる(これも事実かどうかは知らないけど)のは「国際競争力の上昇」が直接的な原因なんじゃなくて

国際競争力の上昇による格差拡大が原因なんじゃないの?

結局、ナショナリズム燃えるのはどの国もいろんな意味で余裕がない人だと個人的には思うけどね。。


政府の話だと、その国の外交戦略がいろいろとあるだろうから、詳しくは知らん。

2010-11-06

尖閣ビデオ流出

まともな判断してれば、船長起訴して、裁判で流されるレベルビデオ

それを大げさにするからこうなる

裁判で少数でも傍聴した人間に見せておけば、流出なんてなかったはず


ぶつかってきた事実を無視して、弱腰外交で釈放したせいで外交戦略上非公開って理由になっただけ

誰が流出しただ云々言う前に、初期対応の間違いを謝罪するレベルじゃないか?

尖閣ビデオ流出

これ動画の内容よりも流出経緯の方がはるかに重要な気がするんだけどなあ。

テロ対策資料流出もそうだけど国家機密のたぐいが簡単にどんどこ流出するようじゃ国として外交戦略が成り立たなくなるだろ。

政府が無能だから流出バンザイなんて言ってる人はもう少し考えた方がいいよ。

こんなのを許容してたらそのうち国が国として機能しなくなる。

流出犯はテロリストで今回の流出事件がテロ行為だってことに気付くべき。

2009-06-09

中国武器輸出、09年第一四半期は8・4%増

特にアフリカへの武器輸出が激増、反対にロシア武器輸出は大幅減。

武器輸出ビジネス中国の得意芸。紛争地への武器輸出は国連で禁止されている筈だが、そんなこと構ったことではない。

中国最大の国有武器輸出企業は「南方集団」(CSIGC)で、第一四半期の武器輸出は57億ドル、前年同期比で8・4%の増大を示した。

詳しい武器体系の中味は分からないが、軍用車両発電機などがあげられているという(ジェイムズタウン財団発行『チャイナブリーフ』、09年5月27日号)。

中国南方集団はじつは国務院直営企業で、98年におよそ64社の軍事産業と13の武器開発研究所統合するかたちで整理統合された。

日本にあてはめれば、首相官邸軍事産業企業を直営し、外国首相が営業に出かけて大量の注文をとってくるという政治軍事一体ビジネス。あからさまに中国的な会社だ。

国営企業とはいえ、CSIGCそのものは11・6%の株式を保有し、残り50%は「北方集団」(NORINCO)と「北方工業フィナンス」(NORFICO)が持つ。

さて同報告に拠れば、アフリカ紛争地域への武器輸出が圧倒的に増大しており、中国は替わりに石油、ガス、レアメタル、ならびにケニアとは漁業権を交換している、という。ザンビア武器と引き替えに銅鉱山開発権を与えた。

日本逆立ちしても真似ができないことを中国外交戦略の手段として効果的に展開している。

2009-02-02

日本民主党との予防外交

http://www.nikkei.co.jp/neteye5/sunohara/index.html

 昨年末に来日したジョン・ハムレ元国防副長官やジョセフ・ナイハーバード大学教授民主党外交ブレーンたちは日本での政権交代の可能性をにらみ、日本民主党外交安保政策や日米同盟に関する見方について情報収集・分析を急ピッチで進めている。

 日米地位協定の見直しや、思いやり予算の大幅削減、さらには沖縄米軍に関する「有事駐留論(有事の際だけ緊急駐留を認め、平時は日本国外に駐留を求める)」――。

 日本民主党内から聞こえてくる意見アイデアはどれも皆、ナイ教授ら米外交戦略家から見て、「日米同盟を弱体化させるもの」としか映っていない。「彼らが本気ではないことを望む」(シーファー前駐日米大使)という声は米共和党だけでなく、民主党にも共通した思いなのである。

 多くの報道によれば、米民主党外交ブレーンは日本民主党指導部に対して、早期の訪米、そしてバイデン副大統領ら米政府要人との面会を要請したとされている。そのバイデン副大統領中国との定期的な戦略対話に自ら「座長」として出席すると主張。仮に副大統領の構想が現実のものになれば、それだけでオバマ政権の対日、対中政策のバランスは大きく変わりかねない。

 日米間には国務副長官・外務次官による「日米戦略対話」のほか、外務・防衛担当4閣僚が一堂に集まる「2プラス2」があるが、米中戦略対話を米側が現行の財務長官から副大統領に「格上げ」すれば、それだけで米政府内の「親中派」は勢いづくからだ。

 こうした舞台裏での勢力争いを踏まえ、ナイ教授らは日本民主党に早期訪米を促した。だが、その誘いのベースとなっているのは、必ずしもオバマ政権日本民主党を「次期政権与党」と見なしたという外交辞令でもなければ戦略的判断でもない。むしろ、同盟管理の観点から見てあまりにも「現実離れ」した要請日本民主党に突然、言い出される前に水面下で議論を重ねておき、日米同盟に大きな空隙(くうげき)が生じないようにするための「予防外交」の一環と見なければならない。

 「チェンジ(変革)」を標ぼうし、世界中の期待を一身に集めているかに見えるオバマ政権。だが、こと日米同盟についてオバマ政権のブレーンたちは少なくとも日本民主党が望んでいるような「チェンジ」を求めてはいないのである。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん