「決裁権」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 決裁権とは

2019-10-23

anond:20191023133457

ちゃん報連相してね、なんでそう思ったのか伝えてくれないと上司決裁権者も判断できないんだよ。

2019-10-01

anond:20191001222840

ある程度トップがまともなら、上に行けば行くほどまともになってくんだけど、そういう傾向が見えないなら転職とか考えたほうがいいかも。

最高責任者とか決裁権者が無責任だとしたが責任感持つことはない、持ってる人はやめてっちゃう

2019-08-03

anond:20190803093310

あるある。んでマネジメントが一本化されてないの。みんながそれぞれにマネジメントしようとすんの。できねーのに、なの。

たとえば最初の案があるとして、直属の上司Aが指示して変更案を作成するの。でもその上Bに行くとまたひとひねりされるの。それってぶっちゃけ全体見ない小手先の変更だから分からんことになるの。でもBに言われたらAは「Bに言われた通りやれ」と言うの。そうでないとBの判子が貰えん、なの。でもってそれが訳の分からない案だから、その上のCから呼び出しで「なんでこんなことになってんの」って説明を求められるの。でもってAと一緒に呼び出されて「お前は黙っとけ」と言われて立ってたら、Cから「お前はどう思ってんの」と言われるから「正直○○とすれば問題解決すると思ってます」と最初の案を言うと、Cが「それでいいじゃん」と言うの。ぶっちゃけここまでが一番シンプル様式美なの。つーかこれは、Cで覆るだけまだ割と幸運な例なの。訳分からないB案のままでスルーすることも多いの。だから、どっちにしろ「全ての段階のバージョン」を残しておくのは必須なの。

ハッキリ言って、この「間のステップ」は全部不要で、最初から決裁権のあるヤツだけが口出すべきなの。そもそもこの程度の案件ならAに決裁権委譲しとけ、なの。現在日本型組織根本的な問題はそこなの。

2019-06-18

anond:20190618093125

高いリテラシーを持って決裁権者を質問攻めにして、相手白旗あげたら自分権限を握って、低能リテラシーを普及させよう。

2019-04-19

anond:20190419100111

そのジョークが割と真面目に「ありえない」マネージメントからこそこの話があるんじゃで。

メテオフォールしたら今までの工数予算まる飛びになるからそういう決断は通常できないんやで。(決裁権が異常に大きい人間がいない限り)

仮にそういうちゃぶ台がえしがあったとしても、基本は再度ウォーターフォールが組まれるだけなんやで。

作業員粛々とウォータードリップすればいいだけ)

2019-03-25

anond:20190324181628

人には寿命があるから「残り時間多寡」ってのはやっぱり前提として違うと思う。

2-3年だけの単純な仕事なら若くても年寄りでも条件は同じだけど、それでも「若者ならその経験踏み台に次に行けるかも知れないけどけど、先のない年寄り単純労働使い捨てするのは良心が痛む」というような理由年寄り採用しづらかったりする。

もっというと「部下が自分より年上なのは働きづらい」と感じる人が一定数いて、そういう人が採用決裁権持ってたら、制度的な足切りがなくても中高年は採用されづらくなる。さらに、おばちゃんパートで雇うのは抵抗ないけど、おじさんを同じ賃金同じ待遇で雇うのは気の毒だし嫌だ、みたいのもある。逆差別だと思うんだけど。

2018-12-01

Webエンジニア採用現場から

ここ数年、Webエンジニアはかなりの人手不足らしく、有効求人倍率も7~8倍に迫る状況で、いわゆるWebベンチャー企業から採用コンサル的なことをお願いされることが多くなってきた。有効求人倍率も7~8倍となると、数字そのまま人ひとりを7~8社の企業が奪い合っている状況で、建築業界や看護業界を超えて人が足らない状況である

数年前までは他社よりも良い待遇給与環境)を示すだけで応募があったらしいのだけど、ここ数年では応募が少ないを通り越して「人影が見えない。どこにも人がいない」という状況とのこと。そうなると「人を選ぶ状況ではないので、どうしても満たしてほしい必須条件をいくつか設定して、その条件を満たしたらどのような人であれ採用してください」というアドバイスをすることになる。人として気に入ろうが気に入るまいが、その人の能力を発揮させるのがマネージャークラス役割だし、好きだろうが嫌いだろうがちゃん仕事をするのが大人なので、「条件を満たすかどうか」で採用を考える必要がでてくる。採用した結果「だめなひと」だった場合は、その人の能力が発揮できるような場所に配置換えするなど、それこそが人事のお仕事になる。

スカウトを送る際は“あなたプロフィールちゃんと読んでます”というサインを入れた文章を送る」だとか「気に入ったスキルを持った人がいたら決裁権を持つ人が同席して一回の面談採用を決める」など、もちろん細々としたアドバイスもあるが、大前提として「なんとしても採用するぞ!」という意識を持てるかどうかが重要になる。「いい人がいれば是非とも採用したい」などと言っている状況ではない。

で、実際に採用の経過をみてみるとまったく採用にいたっておらず、採用担当者様に「あれ?先日スカウトを送って面談に来てくれた方はだめだったのですか?」ときくと、大概「なんとなくアレがいや」「なんとなくコレがいや」「なんか方向性が違う」と第一印象や人柄や目つきにまで難癖をつけて、未だに「人余り時代」の採用マインドを捨てきれていない。

「下手なエンジニアが一人でも入り込むとコード品質担保できなくなる」から始まって、よくよく話を聞いてみるとどうやら「選民意識」が邪魔をしているらしい。(品質管理問題を人事採用管理しようとしていることについては、また別の問題) 要は、「私達は特別スキル特別ビジネスマインドをもった、選ばれたエンジニアなので、これから入ってくる人も選ばれたエンジニアでなければいけない」みたいな考え方がある。他にも「今やってる仕事は最高に楽しいし、この会社も最高に居心地がいいので、この環境を壊すような(選ばれていない)人が入ってくるのは避けたい」みたいな、要は「選民意識」。

これが現場採用担当者様だけであればまだいいのだけど、企業様によっては経営者自身が「選民」だったりするので、そうなるともう手に負えなくなる。

この期に及んで「選民」の意識を捨てきれない会社さんは、もうそれ以上伸びようがないし、こちらとしても手の付くしようがないし、案件としては終了させていただくことになるし、そんな会社には転職しないほうがいいと思うよ。

2018-11-15

外出予定

明日はね、某社を訪問予定なのです。ガチ氷河期俺。

その会社ってのは自分10年位まえに転職活動してて、二次面接くらいで落ちた会社

メーカー大手の子会社なんだけど、業績はぱっとしてないようだ。

いま自分は幸いにしてIT大手に潜り込んで10年、それなりの役職決裁権を持っている。

あぁ、いまでも憶えてるし、忘れられない。

圧迫ってやつだよな。圧迫面接中途採用なのにね。

さあて、明日はどんな話を聞いてこようか。

2018-08-22

anond:20180822130445

全員が決裁権持ってるの?

どういう指示系統なのか想像もつかないんだが

2018-07-17

インターネットフェミから足を洗った

痴漢性的嫌がらせに散々遭ってきた人生で、この不快感理由を求めてインターネットフェミの影響を受けてきたけれど、考え方が変わった。現在行われている差別性差別よりも資産差別のほうが強力で、深刻で、本質的だ。資産がない女性資産がある女性よりも性差別を受けやすい。資産がない男性男性であるからといって恩恵を受けてない。そう思うようになったのは会社で私が決裁権者になってからだ。高額商品の見込み客や、決裁権を持つ人間への態度は、とても丁寧なものだ。そして匿名の「女」としては相変わらず帰宅ラッシュ痴漢に遭う。なぜ女全般が軽んじられるかというと、職権の低い、力の弱い人間が多い傾向にあるからだ。

 

女性差別の深刻さには、明らかに地域差がある。肉体労働が主な産業で、男性のほうが明らかに稼げてきた歴史のある地域は、女性蔑視や男性による女性への暴力が多い。生糸など女性でも稼げる…というよりむしろ女性有利な産業があった地域では、DV率が低くかかあ天下の傾向がある。結局、金なのだ生活を支える金、食い扶持なのだ

 

私は私の人事評価をするポスト男性から嫌がらせを受けてきた。しかその男性は女性だけに嫌がらせをするのではなく、職位が下の男性にも似たようなことをしている。私が昇格してから私への侮辱は止んだ。よって、あれは性差別ではなかったことがわかった。ほとんどのハラスメントは男女問題というより「職権乱用」であって、日大監督が職をあっせんするから大学生は逆らえないという問題、職をあっせんしてやると言って薬を盛られて強姦された詩織さんの問題、それらのものと一緒のものであるという認識になった。虐待についても「親権乱用」と考えられる。

 

権限の乱用をどうしたら良いのだろう。アシスタントがついた上に、接待も受けるようになって、「これを浴び続けていたら人間絶対おかしくなる」と感じた。農家長男ハラッサーが多く見られるようだけど、相続において優位=母親から接待を受けて育ってきた歴史があるからだと思う。もてない男ばかりの集団チヤホヤされる紅一点も非常識要求をするようになっていくようだけど、これもワンチャン狙いの接待に育てられているのだと思う。そしていま一番深刻な接待が、雇ってもらうため・待遇改善してもらうため・商品を買ってもらうためといった、お金のため、生殺与奪を握る種類の接待であると思う。女性差別は、高賃金の職に就くことに繋がる高等教育を受ける機会や、決裁権のあるポストに就く機会を性別理由剥奪されていたというものであって、そうした差別が(特に首都圏大手で)じわじわ改善していっている今、差別本質として残るのが資産の偏りを使った、ブラック労働下請けの買い叩き、営業マン侮辱的な行為を強いるような暴力だと思う。男が強いんじゃない、女が強いんじゃない、資産の持ち主が強いんだよ。やりたい放題なんだよ。

2018-05-24

ブラック企業にいた嫁の元上司

ひょんなことから、嫁が以前勤務していた企業ビジネスで協業できないか声をかけてる。

当方業界大手そこそこ決裁権あり、以前の嫁の職場は零細ブラック

ある日突然給与体系が変わるわ、勤務条件を一方的に変更するわ、勤務時間改ざんするわで相当ヤバイ会社

協業の可能性を探る程度なんだけど、何故か先方は担当さん社長さんが来社するらしい。

この社長がまた、嫁が辞める時にさんざんディスってきた人。

エージェント使って転職していった奴にロクなやつはいない」「君(嫁)は転職しても通じない。失敗する」とかね。

幸い嫁は転職成功して今は穏やかに生活できてる。そりゃ給料は以前よりちょっとしか上がってないけど。

先方の担当者は私のことを以前から知っているのでビクビクするだろうし、ビジネスの話なのでフラット

いきたいけど、でも嫁をディスった相手だしなあ。ううーむ。

2018-04-02

anond:20180402123020

女子高生文化女子高生自由にできる金の中で入手できるグッヅだったり情報だったりのことを指すので、一般に親が金持っていても決裁権女子高生に無いので親が買ったもの女子高生文化とはされない。

親が女子高生に買ったモンがJKキラキラライフ一助になんかなるかよ。せいぜいそういうのはiPhoneまでだろ。

2018-03-23

anond:20180323091149

少し違うかなあと思う。

何がかというと、時短女性において生じていた負担を解消する作為義務元増田(ひいては会社)に課している点において。

うちが売り上げの中でけっこう大きい部分を占めていたのとか、まあ「うちは○○社さんの仕事もしてるんですよ」といえるというメリットとかそういうものがあったらしい

とある時点で、元増田のいる会社をつなぎとめておかなければならない理由はA社の側にあった。

一方で元増田会社としては

で、結局、取引先を変えた

黙って取引先を変えた

とあることからもわかるように、別にA社じゃなくてもいいんだよね。そうすると、力関係上A社は言い方は悪いけどゴキゲンを取らないといけない立場なんだよ。

それにもかかわらず時短女性による弊害放置していた時点でおかしい。

おそらく、A社側としては

前任者はどうしていたのかと思っていたが、そういうものだ、と諦めていたらしい

ということや元増田がなにも言っていないことをいいことに放置していたんだろう。

要はナメてたんだよね、元増田たちのことを。だってさ、切られなくても

どうにもA社の方では大口取引先を失い、それが時短勤務社員担当で、しかも時々電話かかってきては、不在が続いていたという状態から何らかの推測がされたらしい

なんてことは普通もっと早く気づくし、気づくべきだよ。気づいて放置しているなら意識的にナメてることになるし、気づかないなら気づかないでA社の中でのプライオリティが低いってことじゃん。

から、腹立ててたとすれば女性ではなくてA社に対してじゃないかなあ。

ここからは推測に推測を重ねる形だと思うけど、それは会社の他の人達もある程度感じ取っていたのではないか

からこそあっさり取引先も変更できた(元増田決裁権がどこまであるわからんが、単に元増田相手女性に腹を立てていたぐらいのことでは話が通らないだろうし、それこそ担当者変更などといったあなたが言っているようなことを伝えるように指導されるだろう)んじゃないかな。


こういった力関係とA社の態度を考えれば、とてもじゃないけど

元増田は今からでも菓子折もって「私の方がきちんと要求を伝えられず不満をため込み、結果契約を切ることになって申し訳なかった」とA社に詫びに行ってもいいくらいの案件

なんて必要はまったくなく、むしろ向こうからもし次があったら何卒よろしくともう一度来てもいいんじゃないか、というくらいのお話

2018-03-13

内閣の倒し方知らないでしょ? 俺はもう知ってるよ。

省庁の多少の決裁権も持っている人間と末端の役人人生保証して、文章偽造すればいいんだよ。

そしたら、怪しい件があるってマスコミリークすれば内閣なんて簡単に倒せるんだぜ。

2018-03-03

介護仕事を辞めた

ただただ疲れた

人員基準違反運営を続けるせいでほとんどの事故人手不足に起因し、現場疲弊する。

中間管理職なので是正しようとしても「困ってる人がいるから」となり上司とは会話にならない。

「皆の意見を聞きたいから開催してくれ」と、開催したミーティング改善策と対応を決めた翌日にちゃぶ台返しをされ、最後の心が折れた。

客も行政吉野家に行ってフレンチのフルコースを出せみたいな過剰な要求を行うのがまかり通ってる。

家族は下手したら週7通わせようとする、あれこれ時間サービス要求する。そして上司は断らず、運営基準無視して人を入れる。送迎も入浴も、フロア座席限界

行政ボケ老人であっても健常者と同様に扱えという。先が分からないんだからたまに死んだっていいだろ。

転倒で脳出血、しばらくして死んだら警察がやってくる。

薬剤師でも看護師でもないのに誰しも配薬について責任をもたされる。ミスを起こせば事故報告だ。

コンビニバイトに毛が生えた程度なのにこの責任の重さ。

辞める言い訳には給料が安い、将来が見えないということにした。それも一つの事実だが。

何をどうやっても月収=年齢(万円)にならないのだから長居する理由もない。

引き止めの時には上司が私達で待遇改善を進めていきましょうと言われた。現場にそんな決裁権ねえよ。

国が打ち出した介護福祉士勤続10年で月8万円が精一杯の改善なんだろ。

国も会社も人をバカにするのは大概にしろと思った。

(20代。他業種に転職済み)

2018-02-18

これまで、御堂筋事件という言葉は目に入っていて調べてなかった。

今、世の中を動かしている60代70代の企業幹部政治家が動かないと変わらないだろうと、思う。

なにか、マスコミ報道などで、大々的に取り上げられない限り、変わらないだろうと、思う。週刊誌ワイドショーは、何をやっているのだろうか?

大きな企業女性管理職が、増えてCM広報決裁権を持つようになったら、世の中も変わるんだろうか。

ゴディバチョコ新聞広告よろしく、日本経済新聞意見広告を載せるぐらいでないと、世の中変わらないのではないかと、思ってしまった。。

これまで、御堂筋事件という言葉は目に入っていて調べてなかった。

恐怖な話だ。作り話であって欲しいような展開。

2018-01-28

anond:20180123030943

元増田決裁権はないかもしれないけれど、それこそ値段相応だったりしないんだろうか。

一見誰でもできる技術から安くてもいいみたいな考えがあるのかもしれんけど、スポーツ世界並にトッププロ底辺の差は大きいよね。

2018-01-21

https://anond.hatelabo.jp/20180120145050

おまえがそれを仕事と呼んでいないのならなんかつまらんことで業務が滞ったり個人的感情業務が困難になる状況を予測できない無能だということになるぞ

マニュアルに書いてあるとおり、契約にあるとおりを守って仕事がなんでもうまくいくとか思ってはいないだろうとは思うけれども

いまだに名刺一枚あれば取れたはずの大口受注があったのにという名刺管理CMがあるとおりお問い合わせ窓口から相談するより

呼び出せる決裁権に近い人間バイパスできるほうが効果的で、それを業務としている会社もある

そんなもの必要ないのにルート営業名刺も交換することがない会社名刺管理をしてるのも無駄だろうし人間関係とりもつ人間

せまい会社必要いかもしれない

社長裁量でそういうやつがそこにいるのだとしたら、それは仕事必要からおいてるんだろう

仕事、できてんぞそいつ

2017-10-27

グチは上司

https://anond.hatelabo.jp/20171027082453

マネジメントが悪い」ってマネジメント会社経営もしたこともない奴が平気でコメントちゃうのまさに病巣だよね。

というコメントがあったので、マネジメント会社経営をした経験のある私が言うが、これはやはりマネジメント問題だよ。そしてマネジメントをしたことがない人でも「これは(主に)マネジメント問題である」と感じているのはむしろ希望だと思う。

サラリーマンを辞めて、会社を作って、社員を雇った。給料日とは口座からお金が消し飛んでいく日である。知ってはいたけど社会保険年金って会社が半分払ってたんだな。などの新米経営者あるあるは存分に堪能した。それで何となく分かったんだが「自分家族と少ない社員が食べていくだけであればわりとどうにかなる」んだよ。

だけど大抵の会社は「規模を拡大しよう」とする。もっと儲けたいというのもあるだろうけど、中小企業あるあるは「調子に乗って仕事量が150%になった」「人を雇わないと俺がしんどすぎる」だと思う。本当はもっと緩やかなペースで資金を貯め、社員健康文化的生活を送れるだけの適切な仕事量と給与見積もった上で初めて雇うべきなのに、時間給で急募する。160%の人員を確保すべきところを130%くらい集めるのが精いっぱいでバッファーはない→仕事改善する余裕もない→人が増えた分キャッシュフロー悪化悪循環まらず、となる。

まずこの時点で社長業失敗してるんだよ。数千人規模の会社でもまあ失敗する理屈は同じだと思う。どんどん規模が大きくなって現場の困難に目が届かなくなったとしたら、それは社長責任なんだよ。さすがに大会社社長一人で抱えるのは無理だから複数役員や各地の支店長で重荷を分散するのはありだと思うけど、それでもなお社長最後責任を負う。

なんでもマネジメント層に押し付け

と言うが「人を雇う・人員を工面する」というのは自営業会社への第一歩・基本の基なわけで、その能力がないなら会社は始められない=その権限責任に高い役員報酬を貰ってるんだよ。その責任を負いたくないなら平社員家族経営自営業でも暮らしていけたんだから現場の苦労を改善できない会社ってのは始まり社長さぼりなんだよ。「ちょっと一人ではしんどいわー」というそのしんどさを他人にこっそり投げたんだ。

結局「その仕事誰がやるの?」という問題だよね。

これは「社長が匙投げたマネジメント誰がやるの?」という問題に置き換えられる。マネージャーとその現場がやらされてるわけだ。

あんたが子供を産もうと介護をしようとどーでもいい。理由がなんであれ職場に穴を開けるってことだろ、と。

これは「社長週休二日取ろうと夜7時で帰ろうとどーでもいい。理由がなんであれマネジメントに穴を開けるってことだろ」と言い換えられる。

でもこれらは社長は甘んじて受けなければならない批判なんだよ。だって「すべきことをやらないで会社を拡大した」んだから。(二世社長は?となるけど今回は会社を作って人を集めるという大元の話として聞いてください)

から愚痴のものはどんどん言おう。その愚痴を向ける対象社長にしよう。そのまっとうな愚痴を受け止められないような社長なら、みんなでよってたかってクビにしよう。レッツ炎上

もちろん実際は遠くの社長じゃなくて、直属の上司に向けることになるだろうけど。そしてその愚痴を受け止める中間管理職の皆さんはそれをさら上層部に上げよう。

できるだけ上から下まで目を行き届かせることがマネジメント重要な要素の一つ。だから

なんでもマネジメント層に押し付けて自らは全くマネジメントを気にしなくていいなんてことはないんだよ。

が言いたげ?な「会社人員不足を気にして妊娠時期を調整する」類などはマネジメントではない。社長からすれば、本当に会社のことを考えてくれるのなら困り事を下から上へスムーズに上げてくれることこそがマネジメントになるんだよ。

あんたの分の仕事どうすんの?」「帰ってきても仕事いから辞めたら?」とかいうのマジ勘弁してほしい。愚痴を言わざるをえない苦境に置かれてるのは分かる。だからその愚痴を同僚ではなく上に向けてくれ。

「周りのこともっと考えたら?」と言うときはまず「周りのことを考えず、自分が楽をしたいから、身の丈にあった経営をできなかった」社長に言ってやろう。

ほんと現場の人に苦労かけてすみません

上でも書いたけど、二世社長とか、名ばかり管理職とかで「それができれば苦労はしねーよ」と言いたい人も多いだろう。せっかく売り手市場なのにここで社長が皆規模縮小に走ったら困るじゃん?とかの意見もあるかも。

でも、同僚の気遣いに頼ってたらいつまでたっても解決はしないよ。言うべき人に言わなきゃ変わらないんだよ。過労死に「いい加減にしろよ」と言い続けたら少し変わったでしょ(好景気も要員だけど)。

結婚出産を望む人が働くのを諦めるよりは、期間限定時短希望複数雇って、本人にはまた戻ってきてもらう仕組みの方が一から教えるよりずっと楽だよ。そのために給与保険お金がかかるのは分かりますが、それを考えるのは社長仕事です。

別の方が書いてくれてるけど

『「誰かが休んだことを、他の誰かが責める」という状況を放置するマネージャーにはなりたくない。』

http://blog.tinect.jp/?p=44204

これ別に本来理想論でもなんでもないと思うんですよ。

その通りだと思います

追記:無能社長がいたとしてクビにしたら、跡継ぎ問題で困ってるという小さな会社でなければ、後釜はいるよ。周りの話を聞いてると一番困るのは「社長スパッと辞めない」「辞めたのに会社に出てきて口出しする」とからしいので。そんなにみんな無能じゃないし。

今回の話はとにかく社長を叩いておけばよいという話ではなくて「現場でなんとかしなければ」「会社には迷惑はかけられない」というような流れになってたから「人材の確保という最重要課題をなぜ末端の社員解決させようとするのか。予算だって決裁権だってないじゃないか。だから現場は「私の体(労働力)を差し出すしかない」なんて無茶苦茶解決方法提示することになる。上層部はしっかりしろよ」ということ。

そして「社長ですらそうそううまくマネージメントできないんだから現場責任者とか中間管理職立場でそこまで自己責任で被らずに、上に助けを求めてもなんら恥ずかしくはない」ということです。

皆わかってるんだとは思う。 / 現実上司はグチを聞いてくれず、物分かりのいい社長もいない。今の環境を変えようとするのは辛いし、かといって転職するのも怖い。そうして増田愚痴を吐くのだ。

うん、そうだろうな。どうしたらいいんだろうなぁ……。

管理しない管理職

日本管理職管理出来ないのってプレイヤーとして働いてる人が多いからじゃないのかな。3社渡り歩いた管理職業務状況をまとめる。

1社目:くそ雑魚小企業

管理職不在。リーダーと呼ばれる平社員がまとめていた。リーダーの上は営業(社長の息子)。裁量権ゼロ妊娠したら退職パート勤務を促される社風。速攻で逃げたので細かいことは知らない。

2社目:中小企業

管理職になりそうな年代氷河期世代がゴッソリ抜け落ちている会社。若手かおじいちゃんしかいない。若手に名ばかり管理職を授けて実質プレイヤーとして残業フリー要員として扱き使う。その上のおじいちゃんはハンコを押すのに忙しく現場を気にかける余裕がない。自分残業時間すら管理出来ない管理職は部下も同様に残業地獄に引きずり込む。産休育休してる人がいなくてこの様。1人鬱病発症して無事爆発した。

3社目:外資系

管理職プレイヤーにされない。最終的な確認業務を行い決裁権を持つ。業務の割り振りも行うが残業の発生しない範囲で出来るようにやるし欠員が出ればすぐに求人をかける。産休育休を取るにしても数ヶ月は準備期間があるので引き継ぎなどしっかりした上で休業して復帰する。急病の場合でも基本的残業なし前提+チーム制でスケジュールを組んでるので1人2人抜けても周りで補える。

まり

イキイキママが原因では無いと思います

現場からは以上です。

2017-09-23

anond:20170923153354

空手形欺瞞が横行している世間で、いか信頼関係を構築するかという話っぽい。

形式的ルールで縛ったり、契約保証をつけたりすると、結局は普通金融商品になる。じゃあ今すぐ現ナマよこせ、という話に。口約束のファジーさは不可欠だ。しか口約束的な部分だけでは反故にされるかもしれない。

口約束的な部分と、金融的な保証をうまくバランスさせる。口約束に対するコミットメントの仕掛けをつくって、誠実さへの覚悟を見せる。過去に雇った人を搾取したという実績が世間に明るみになれば、今後マトモな人材からはそっぽを向かれるので、誠実であることの必要性経営者だってある。

1000万投げるときに、貢献度への妥当性って、そんなんリーダーが「あいつは貢献したぜ」って言い張れば十分だ。決裁権持ってる人間が良しという、それだけで「妥当」。そこで数字表現できなければダメだ、なんてことになったら、どれだけ労力をかけたって、質的な貢献を評価することなんてできない。

2017-09-12

キャラクター私物化について

キャラクター私物化論争は後を絶たない。

いちファンから言わせて貰えば、そんなことはどうだっていい。

声優俳優キャラクターなりきりツイートは、営業である

彼らは売れることこそが最も重要であり、売れるために手段を選んではいられないのだろう。

キャラクターになりきりツイートをすれば喜ぶファンがおり、リツイートいいねが増えて話題になる。

リツイートいいねは、声優俳優承認欲求のためにあるのではない。そのツイートを見ている決裁権のある層に向けたものだ。

己がどれほどの影響力を持つか、どれほどの話題性があるのか、それを端的に示す数値の一つでしかない。世間的に話題になる作品であればなおさらだ。通常より自らのツイートを見ている人間が多いのであれば、彼らに好ましく思われるツイートを選別して呟く。それはマーケティングがきっちり行われた結果だとも言えよう。

キャラクターのなりきりは、それを手っ取り早く稼ぐ一つの手段だ。

それを営業と言わずに、なんと言うのだろう。

声優俳優だっていちいちキャラクターの言いそうなことや、ありうる行動を考えてツイートする労力を傾けるくらいなら休憩したいし台本を復習したいだろう。その方がどう考えたって効率的からだ。

だがその貴重なリソースツイートに割いてまで、彼らはツイートするのだ。そこになんの見返りもなければそんなことはしないだろう。

私物化である」と言うのは、あまりにもお花畑思考ではなかろうか。

2017-07-01

経営陣は自らの政治的戦略的ミスを認め罪を贖うべきでしょう


あの企業の旧経営陣が強制起訴された件で、全員が「罪状認否」したそうですね。

あの方々は、「企業責任」を認めて言葉ではお詫びをしながらも、経営者であった個人としての「経営者責任」は

認めていないという事です。

認めない理由ひとつが「マンモス企業」であり、役割責任階層であるとして、現場レベルの事は完全には

把握できる立場になかったという事を挙げているようですね。

現場レベルの事を把握していなかった事を公然と認めて、それを理由自分には責任は無いと言っているようにも

聞こえます

あの企業に限らず、日本大企業は皆、同じような病巣を抱えているのかもしれませんが、あの企業の内情を、

軍隊を例にしてみます

……

1)兵卒下士官  :  実際の現場において、その技術行使したり、現場監督を行う

            【戦術レベルの実働を行う】

  →  子会社 or 関連会社 or 下請け会社

2)下級士官    :  現場監督者の更に上として、中央本店)の指針に基づき具体的な方針を立て、

            現場レベルでの責任を負い、対外折衝も行う

            【戦術レベル意思決定を行う】

            (ただし、管理職クラス将官

  →  各支社 or 各変電所 or 各発電所

3)上級士官    :  本店本社)において、全社的な指針を策定し、総括を行う。主として現場に対して

            実働的な部分は委託する

            【戦略レベル立案を行う】

            (ただし、管理職クラス将官

  →  本店 or 本店直轄 (主任クラスが主、キャプテンは近年准管理職化された旧副長クラス

4)将官      :  本店、または下部組織において、それぞれの実働や立案意思決定に対して、決裁を

            行う

            【戦略レベル意思決定を行う】

  →  管理職マネージャー部長、所長など) ※近年は決裁権を持たない課長クラスも多いが

……

こうして挙げてみると、確かに、と思える部分も見えてきます。それは何か。

役員クラス(つまり経営者)がいません。

軍隊において、例え将軍と言えども、作戦の失敗に関して、「現場の事はわからない」とは言えないでしょう。

作戦の成否は、戦術レベル理由よりも、戦略レベルで決する事が多いのですから

あの重大事故に、あの企業責任があるとすれば、それは戦略レベルか、もしくは更に上のレベルミスがあった

ということになるでしょう。

……

上の構造が仮に正しいとした場合戦略レベルミスを犯したのは、管理職クラスの人々ということになります

……

しかし、本当にそうなのでしょうか。

……

確かに、戦略レベルミスも大きかったのでしょう。しかし、それよりも更に上の、政治的レベルでのミス

大きかったのではないでしょうか。

……

役員クラス(つまり経営者)は、上の例で言うならば、「制服組ではない私服組」の半分政治家レベル人達

なのです。それが良いかどうかはここでは問いませんが。

……

しかも、この私服組は、かつては制服組であった人々なのです。

その彼らに、戦略レベル政治レベルミス責任が無いとは、とても言い切れないのではないでしょうか。

……

事故当時、主として現場レベルで奮闘し、世間から批判さらされながらも、社会的責任を果たそうとしたのは

上記の例で言うと、1)兵卒下士官、2)下級士官 のレベルの人々なのです。

本来は、戦略的ミスであり、彼らのミスでは無いのに。

……

当のマンモス企業純粋社員も、かつて40千人以上居たのが、32千人にまで減少しています


……

企業責任を認めると言うのならば…

経営陣は、自らの政治的戦略的ミスを認め、罪を贖うべきでしょう。

2017-04-13

システム発注側の愚痴

朝も早くから目が覚めたので、出社前に愚痴っとく。

当方スペック

・30代、化学メーカに勤務。

大学での専攻は情報系ではない。パソコン趣味でいじってきた。

1. SIerへの思い

・毎回、見積もりの度に「何人月ですか?」と聞くが、聞いてる私だって無意味質問だと思ってるよ。

 すまん、私の説明が悪すぎるのか、こっちの決裁権者は上から下まで人月しか理解できないんだよ。

 妥当かどうかはわからんけど、例えばソースの行数単価とか、プログラムの容量単価とかで説明したこともある。「訳がわからいから、やっぱり人月表現してくれ」と言われたがな。

要求する機能に対して短い納期を設定しているが、「なんとかします」って言ってくれてありがとう。無理をねじ込んでごめん。

 私にはお金関係を決裁する権限もなければ給料も安いから、ありがとう、ごめんと言うしかできない。

・毎年「保守費、下がりませんか?」とお願いしているが、これも申し訳ないと思ってる。今年度の保守契約を結ぶためにギリギリ値下げしてくれた某社の営業担当には本当に頭が下がる。

 保守費の計算根拠は毎年説明している。あれやこれやを努力してもらって、実質的には安くなっていることも説明した。しかし、今年はダメだった。実際に払う金額を下げろと言われた。

・必ずしも全員が、というわけではないが発注側の現場担当者の中には、SIerに対する無理なお願いを悔やんでいる者がいることは知ってほしい。

2. 偉い人への思い

・日頃から従業員稼働率という基準で考えているようだから人月計算がわかりやすいのかもしれないけど、世の中にはそういうのでは測れない世界がある。

 うちでは誰が作っても同じ品質のものができるように設備設計しているから「従業員何人で、何日でなんぼ稼げる」ってイメージが染み付いてるだろうけど、システムの開発はそんなもんじゃない。

システム開発における工数単価の比較は、多くの場合バカしか見えないからやめてほしい。システムの規模の大小、メーカの違いで単価は異なるに決まってるじゃないか

 更には全く別の業種と比較して単価が高い安いとか言われても困る。電気工事業者にプログラミングさせるのか? SIerに配線工事させるのか?

システム機能追加や保守ができるのは、そのメーカだけだよ。

 そりゃあ確かにソースシステム設計書を受け取っているから他社にもできる「かも」しれない。でも契約書に書いてあったでしょう、「成果物勝手に他のメーカに流さない」って。

 それに、機能追加や保守をしてもらうには、そのシステムの全てを理解してもらう必要があるんだよ。

 他人が書いたソースを何ヶ月もかけて読み解いて理解して、見積もりしても発注してもらえるかはわからない、安い方にお願いする……そんな案件、誰も手を挙げないよ。

 実際そういうやり口で、うちの仕事を受けてくれなくなった業者があったと聞くぞ。又それを繰り返すのか?

・事前に説明して了解を得たか稟議をあげているのだが、説明済みの内容に納得が行かないからという理由稟議を引き戻させるのはどういう意味があるの?

 納得してもらえなかったのは主に金銭面。そこは何度も説明した。(意味のない)人月計算もしたし、工数単価も出した。スライド3枚で表とグラフを見せて「わかった、それでいい」と言った内容を「納得できないからもう一度考えなおせ」とか、こっちが納得できない。

納期は「開発、検証、納入設置、動作確認」に必要な日数だよ。短くするにも限度があるし、言われたとおりのスピードでやってもらうようにSIerに無理をねじ込んだんだから、決裁もそれに合わせてはやくほしい。

設備投資妥当性が必要なのはわかるが、上記の通り自社にはない考え方で動いている世界もある。そこをご理解いただき、「それなら何を出せば納得できるか」を教えてほしい。

 例えば最初から予算を示してくれれば、それに合わせて何ができるかを考えられる。作業者運用面や端末のコスト削減などの工夫はしているのだから、そこを評価してほしい。



システムの開発、改造、保守の話が出てくるたびに私は悩んでいる。

評価もされない、新しい技術も身につかない。ユーザからは「使いにくい」と文句を言われて、上からは「よく考えたのか」と怒られる。誰がそんな仕事に喜びを感じる?

昔はパソコンとか好きだったのに、今では社内でシステムだとかパソコンだとかの話を振られるたびに気分が滅入る。

2016-08-28

屈辱感を与えて楽しもう

無茶な仕事を渡す

部下や後輩などに対して、彼らにとって無茶な仕事を振ります

目安としては「自分は余裕で期限内にできるけどおそらく相手ができないこと」です。

相談には納期ぎりぎりまで乗るな

仕事を振られた部下や後輩はきっとあなたに助けを求めてくるでしょう。

しかし、そこは心を鬼にして

「お前のためだ」

と、突き放しましょう。

まだ、あなたが手を出すべきではありません。

手を貸すときは本当に切羽詰まったときです。

魔法言葉「手伝おうか?」

これは部下や後輩にとって返答に困る質問です。

が、おそらくその答えは「NO」でしょう。

彼らも気を使ってくれるので、皆それぞれに仕事があって忙しいことくらいは分かっています

彼ら自身に「NO」と言わせることで、その仕事を完全に彼ら自身のものにさせます

間違ってもあなたは「最初からお前には無理だとわかっている」などと口走ってはいけません。

いつ動くか

それは、あなた仕事を手伝い始め、そして納期ちょい前に終わるような時期までです。

ホラー映画アクション映画などでも演出としてありますよね。

兵器最初に使わず最後に使う。そうすることでドラマチック性が増します。

そのドラマ最後に大きな感動を生みます

いざ、始動

ここだ、というタイミングで声を大きくして言いましょう。

「どうしてもっと早く言わなかったんだ!!納期に間に合わないぞ!!」

彼らは申し訳なさそうに「すみません」と言い、仕事を手放すでしょう。

そこからあなた必死(本当は余裕)に仕事を終わらせます

決裁権を持つ人ならなおさらここでスピード感を見せつけることができるでしょう。

なぜなら、あなたが良しと言えばそれは良しになるのですから、当然どんどん仕事を進めることができます

物語クライマックスです。

ストレスマッハの体(てい)で突っ走りましょう。

終わってからが本当の勝負

仕事が片付いてみんな安心した面持ちです。

が、あなたにとってはここから勝負です。

「お前は全然できないな」

もっと勉強しろ

などなど、相手の実力不足自覚させるような言葉を浴びせましょう。

そうすることで彼らはいつも以上に屈辱を覚えることでしょう。

「僕がやるといってしまったばかりに、先輩に手伝わせてしまった」

上司もっと早く相談しておけばよかった」

などと、当初から無理だという事実に全く気付かづに悔やむことでしょう。

そうしたら最後

「ふぅ、しょうがねぇなぁ~~。飯でも食いに行くか!」

と、頼りになる人間を装いましょう。






ほぼ実話にもとづいた話です。

このような楽しみを持つ人間がいるということを知ってください。

私は毎日屈辱感を覚えながらも、仕事に励んでいます

仕事を利用して人格否定するような人間がどれほど多いことか。

屈辱感を覚えたために命を絶つという人も少なくはありません。

屈辱感を与えることが恨みを持たれる可能性につながることも忘れてはいけません。

少しでも、みなさんにとっていい世の中にならないかと常々思っています

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん