「野合」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 野合とは

2021-07-19

ゼロ年代批評は「オタク」を肯定しなかった

腐フェミがBLを肯定しながら他の表現に文句言うのはもうしゃーない

本題から外れた部分が気になったので指摘しておく。

東浩紀なんかのゼロ年代批評オタクが乗っかって世間バカにされないように理論武装してオタク肯定するムーブメントもアホくさいなーって思ってたけど、

東浩紀の『動物化するポストモダン』を実際に読めば分かるが、そこではオタク向けのアニメやらマンガやらゲームやらが取り上げられてはいものの、オタクのものは徹底して「彼ら」のような形でよそよそしい扱いをされている。東浩紀にとって、オタク自分近代人)とは異なる「他者」(ポストモダンに過剰適応した新人類ミュータント)でしかないのだ。

そして、オタク向け作品評価に関しても、よくよく読むと実のところ素直に高く評価しているわけではない。言葉の上では褒めているように見えるが、それは奇妙なものに対するオリエンタリズム、いわば日本を訪れた西洋人が「猿が家を建ててる!すwごwすwぎwwwww」とはしゃいでいるような状態に近い。いざツッコまれたら、いや?褒めてますけど?というポーズを取れる、責任を負わずに済む形の巧妙な批判なのだ

(後発の宇野常寛がそれを逆手に取って、わざとベタに「東浩紀泣きゲーなんかを持ち上げてる陰キャのザコ」と解釈してみせたのも批評ゲームテクニックとして上手かったし、その後両者が野合したのも必然だった)

これは東の読者においてもほぼ同様で、彼らの自己認識基本的に「自分オタクではない」もしくは「オタクだが『普通オタク』とは次元が違う」といったところにあった。この、

我々=人間/彼ら=ポストモダン動物化オタク

という線引きによる選民意識の刺激こそが、東浩紀オタク批評成功した最大の理由だ。

はっきり言えば、ゼロ年代オタク批評というのはどれだけオタク小馬鹿にできるか大会のことだった。支持者たちの中身も実際にはただのオタクしかなかったとしても、ムーブメントとしてオタク文化全体の地位向上といったもの志向していたわけでは全然ない。「オタク」を俯瞰的に見る(ポーズを取る)ことで、自分価値を高めようと争っていただけだ。

元増田の「世間バカにされないように理論武装してオタク肯定するムーブメント」というのは不正確な言い方であり、よくある誤解だ。それだけが言いたかった。

2021-07-16

anond:20210716163928

横だけど。

立憲の支持率も票も伸びてないからね。共産のような組織力がないことも焦りに繋がるんだろうね。

しかも、民間労組との溝は回復できないぐらいに深くなったね。

自民親中反中の戦いは前を見据えたものだけど、立民のは戦略がないままに共産との野合を進めた雰囲気が漂ってるからね。

anond:20210716083014

然るべき制裁を受けたあとでも延々と粘着され。すべての人生破壊するようなネトストはたしかにどうかと思うね。

いじめに対する是非を関係者裁判などで決着させ、それ以降周囲はノータッチでも良いと思う。

ただ、そこまで醜聞が広がってしまうと業界では生きられなくなってしまうかもしれないが。

そこはもう自分たちが関与することじゃない。

この問題の難しいところは、本来なら一対一の訴訟や戦いになるところを、学校という場が提供されているがゆえに社会性が高まり、かつ個人的体験記などが重なって心理的問題野合してしまうところ。いじめとなると集団性が発生する。

まりいじめ問題自体社会問題として拡散した挙げ句社会的な集団による制裁に発展しやすい。もちろん制裁側にも問題はあって、例えば光市母子殺人女子高生生き埋め事件犯人たちへ未だに精力的に凸しようとするやつはいない。本当に恐ろしい犯罪者には何もしないが、そこそこ攻撃しても安全そうな人物はいくらでも凸する。小山田は現状犯罪者でもないし、某弁護士犯罪者どころではない真人間だが攻撃を受け続けている。攻撃しても当人たちになんの問題がないからだ。

YouTuberで数年前に恐喝事件を起こした元反社瓜田純士攻撃できるやつは何人いるだろうか。彼は表の人間にも裏の人間にも顔が利くので、攻撃したほうが不利になりかねない部分もある。そして誰も凸なんてしてない。

小山田を免罪してほしいとは思わない。心情的には潰れてくれという思いはある。しかオーバーキルする権利は我々にはない。オーバーキルするなら真に恐ろしい人物に立ち向かってこそだろう。違うだろうか?

2021-07-03

叩かれるべきはスマートニュースではなく政府でしょ?

職域接種の受付ができないタイミングスマートニュースの発表が丸かぶりしてしまって、職域接種を受けられない人にとっては、まるでスマートニュース元凶のように感じられるのだろうな。

ほんそれ。過去の経緯を無視した悪意ある伝え方にみんなが乗っかってしまって、スマートニュースが謂れのない批判を受けることになってしまった。

別の増田が指摘しているように、そもそも職域接種の枠組みでの地域住民への接種は河野太郎自身が推奨してきたもの。実際に、例えばソフトバンク近隣住民10万人を含む25万人規模の接種を明確に容認している。これが6月15日で、この時点ではモデルワクチンは「なんか打ちきれないほどいっぱいある」という風潮があり、政府もそれを煽っていた。

ところが6月23日になって、河野太郎は突然「想定外の数が来たからやっぱナシで!」と手のひらを返した。そんなのは事前に予測きたろうと思うが、ともかくそこで、「なんかいっぱいある」が一夜にして「実は限りある資源だった」という話に変わってしまった。そのとばっちりで、当初の認識で枠を多めに取り、渋谷区とも話をつけ、会場と打ち手(もちろんタダではない)も用意して「炊き出し」を地域住民提供しようとしたスマートニュースが「蔵から盗んだ米を貧民に配る盗人」と悪人にされている。これはどう考えてもおかしい。責められるべきは、自治体向けのファイザーでの混乱も含め、供給計画を全くコントロールできていない政府の方だろう。

そもそも政府が職域接種なんて話を言い出したのは、6月前半までのボトルネックが「ワクチン供給」ではなく「打ち手不足」だったからだ。ならば、国のカネで打ち手を雇って大規模接種のキャパを増やすなり、自治体提供するなりすればいいはずだが、そうはならずに、なぜか「キミの会社ワクチンを恵んでやるから自分で打ち手を雇って勝手に打ってね、感謝しろよ」という話にすり替わった。これが「職域接種」の実態で、オリンピックまでに接種数を可能な限り積み増したい」「だけどこれ以上予算を増やしたくない」という、政府にとってひたすら都合のいい話の野合と言ってもいい。

その職域接種だが、当初からいくつか問題が指摘されていた。そのうちの一つは不公平制度ということ。職域接種は、一つの会場で希望者を1,000人以上確保しないと申込みができない。これ自体はロジの都合上仕方のないことだが、翻せば、一会社ごとの申し込みだと1,000人未満の中小企業応募すらできないスマートニュース社員数250人らしいので、当然、本来一社だけでは応募できない側だった。

 中小企業勤務:「大手に入ってないから打てないみたいな理由は、ちょっと。働いている会社が違うだけで、あとは同じ人間から。勤めている場所は、変えられないし。不公平だとは思います

 中小企業勤務:「平等にはしてほしいかなというのは、あります」「下で頑張ってる人たちが受けられないという現状は、すごく自分勝手というか。本当に国民のことを思ってるのかなとは思います

これを乗り越えるために、民間では、中小企業同士が連絡を取り合い連合して数を束ねて申し込むということが行われた。当然の動きだが、結局は僅かな受付期間のうちに希望者の頭数を揃えられなかった「真面目な」会社が取り残されることになった。しかもこれは都市部からできる技で、地方企業コネがなければこの輪に入ることすらできない。地方格差という観点で見てもひどい。

そもそも論として、職域接種では企業に属していない人や自営業者には機会すら与えられない。それを考えれば、スマートニュースの取り組みは盗人どころか、渋谷区限定で限られた数とはいえ、会場と打ち手の確保を通じて接種機会を公平に提供することに貢献したわけだ。スマートニュースは、今回、他の中小ITベンチャーと組んで申請することだってできたはずだが、あえて自社で全て用意することを選んだ。地域住民への接種にあたっては、各種の事務処理や折衝、接種者への連絡と追跡主催者責任になるので、従業員以外を対象とすることでむしろ負担は増す。これが称賛されるべきでないとしたら何だろう?

もう一つは優先順位問題だ。国の当初の言い分では、高齢者や基礎疾患のある人(高リスク群)から優先的に打つ、ということになっていたが、職域接種でそこが有耶無耶になった。職域接種で使われるモデルナは、元をたどれば大規模接種で使われていたものだ。つまり本来そこで接種を受けられるはずだった高リスク群の公平な接種機会を奪っていることになる。その結果、大規模接種センターは当初9月以降も運営予定だったもの8月で閉鎖することになり、「当初の予定通り」「ノウハウは示せた」といい話だった風に総括しようとしているが、明らかに計画な職域接種の破綻とばっちりを受けたものだろう。

もちろん、不公平から直ちに辞めるべきだというわけではないし、職域接種で打った若い人が罪悪感を感じる必要もない。若者感染やす変異株が蔓延する現在の状況では、都市部若い層の接種が加速するのはそれなりに利益もあるからだ。だが、それは本来自治体接種への打ち手の追加という形で、自治体ごとの接種状況を見ながら計画的に進めるべきだったものだ。目先のオリンピックしか見えていない政府の行き当たりばったりな政策で大規模な混乱が生じ、そのせいで自社の持ち出しで打ち手を用意して協力した会社が盗人がごとく叩かれるって、日本という国はどんな地獄だ?

anond:20210703111532

追記:

“自社の持ち出しで打ち手を用意して” 持ち出しなの?今は普通のクリニックで打つと、補助金やら合計するとクリニックには一発で4000円入るので、打てば打つほど儲かって、バイト高値でかき集めているのだが。

厚労省職域接種についての説明資料より抜粋(太字は筆者):

職域接種とは

企業等に求めること(実施要件

補助金の話は分からないが、実際に接種するのは (1) 自社で抱えている産業医 か (2) 委託された医療機関 のどちらかだと思うので、少なくとも主催企業補助金ゲットできるという話ではないんじゃないかな。

SB従業員家族15万人と近隣住民10万人を全国15カ所でやるんだよ。SNの何がダメだったかって、全国に対象企業はあるのに渋谷区限定にしてしまたことだよ。

「たった」250人の中から貴重な経営資源を割いた会社に、全国を対象とした事業でなければ善行と認めない、とまで言う勇気は私にはないなー。渋谷区だけでも十分じゃないですかね。上でも書いたけど、全国レベル公平性担保されてないのは国の失政が原因でスマートニュース責任ではない。

2021-06-15

anond:20210615114052

野党議員って戦時中帝国陸軍の若手将校みたいなことしかしないよな

近視眼的で短絡的なイキリ行動しかできないし

一部のマスコミと結託して大衆扇動にいそしむし

実態自分たち利権を守りたい連中と革命原理主義者の野合集団

本当に国民を守ろうとか日本の行く末を良いものにしようと考えてたら

もっと丁寧な戦略を立てると思うんだよね

2021-05-29

anond:20210529122600

立憲民主党はこういう社会にしたいというのが伝わってこないんだ

本性は見せらせないほど恐ろしい党なのかと疑ってしま

今よりいいかいかからないけど、やらせてくださいってのは一度失敗してるからもう無理

野党第一党っていっても無理やり野合しただけじゃん

しろ立憲民主党はコアな左派に特化しておとなしくしててくれれば、まともな野党が育ってくれるんじゃないかと期待してる

2021-04-21

anond:20210420125011

立民の支持者が立民を推すのは当然だけど、非自民が立民のもとに結集しなければならない、というのは自明ではないんだよな

共産社民れいわも、あわよくば都民ファ維新も、ってのはさすがに無理がある

自民党を引きずり下すためだけの野合は、民主党でも新進党でも失敗してる

自民タカ派ハト派が分裂して(あるいは親米派親中派か)二大政党になるってのが現実的だと思う

2020-12-28

民主党地方組織

なぜ自民がどれだけダメでも野党特に民主)に票が流れないのか、の話がここんとこバズっていたけれど

イデオロギーの話が多くて、割と重要だと思うのに地方組織の話があまり出てこないので、私見をまとめてみた。

地方有権者は国政の問題より、自治体運営実績を判断基準にしている人がけっこういるのだけれど、この層をほとんど取れていない。例えば2019の統一地方選の結果(リンク先)見れば一目瞭然で、対抗軸自民VS自民(県連)かVS保守系無所属ばかり。

https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_election-local20190408j-01-w600

統一地方選はそれだけで普通知事選より8%投票率上がるから本来野党に有利なはずなのに土俵にすら上がれていない。知事のうち野党系(民主以外&元野党無所属も含め)は相乗りまで加えても11山形岩手東京埼玉大阪静岡石川長野滋賀愛媛沖縄)。民主除名→自民推薦の青森入れても12。うち、東京大阪滋賀地方政党

元々民主党は国政選挙のための政党で、地方国政選挙の下請くらいの扱いをされていた。例えば2009年地方選ではその地方問題ではなく政権交代を中心に訴えたし、国政候補者選定も地方議員からの抜擢より公募が重視された。そのうえ政権喪失後は中央で数合わせの離合集散するたびに、地方組織ダメージを受けて立て直せないまま弱体化していった。

対して自民は、この手の離合集散から無縁だったおかげで地方組織は温存されたし、影響力を失うこともなかった。公明党がいるのも大きいが。結果地方での存在感は、大げさに言うと自民系の内紛の際の数合わせのコマか、国政選挙の時だけ湧いてくる連中、にまで落ちてる。

おまけに、中央地方人材流動性自民より弱い。地方組織が弱いか地方で絵が描けず、中央から人も来ず、勝負できずにジリ貧悪循環が続いてる。野党例外維新大阪限定)ぐらいか。「大阪」があるからそれがショーウィンドウ補給基地になって中央でも存在感を維持できてる。

これらのために地方から上がってくる情報の質と量と多様性自民に遠く及ばないことも、民主政権の失敗の原因の一つになったと思う。陳情や会食もはてなだと嫌われているが、地方から情報を吸い上げるパイプにもなっているわけで、それを否定するなら代替システムを用意すべきだった。この懸念政権奪取前に一度議員秘書と話しする機会があった時に言ってはみたんだが、どうも危機感をもっていないようだった。

残念ながら、当時の民主が選んだ「生の情報不足をメディア理論代替する」方法地方との軋轢になって噴出したし、思い込みで動く口だけの連中というイメージを広めてしまった。

政権を失ったあと民主が取るべき方針は、地方組織を地道に構築して知事の座を取って実績を積むことで、野合して看板掛け替えることではなかったんじゃないか自民が強くなったわけじゃない。保守系無所属知事の増加が、「自民野党も支持できない(でも強いて言うなら民主以外)」って声の反映だと思うし。

どぶ板しろとは言わないが、特に民主系はもっと地方に張り付いて運動家以外の声を聴いて「野党地方を救える」って絵図を書いて実践する体制作れないとこの状況は変わらないし、なにかの間違いで政権取れてもまた失敗する可能性が高いと思う。

※一度再確認のため投稿直後に削除した文章の再投稿

2020-12-19

野党は一旦解党してほしい

そして、コロナをどう考えてどう対処したいかで組み分けなおしてほしい。

ケチのつきすぎた維新だの(立憲)民主だのを掲げて、10年前から代り映えのしないメンツ自民批判いくらしても、「コロナ前の惰性」にしかもう見えない。そもそもコロナ前に作られた政党理念がもうあんまり響かない。

今なら野合批判とかされずに済むし。共産党は無理だろうけど。

自民党への投票理由の最大手が「ほかに選択肢がない」から

なら、野党専門家を旗頭にして「対コロナ政策対決」を掲げて二大政党風の対立構造作った方がいいと思う。

経済優先派も野党側が用意して、自民を「一方の敵役」でなく「脇役」にできたらベストだけれど、そこまでは無理かな。

2020-09-18

anond:20200918185842

この際社民党吸収合併すりゃいいんだよ

どうせ信念もクソもねえ野合だって誰の目にもはっきりわかりきってるんだから、開き直ってとことんやっちまえばいいんだ

2020-09-12

野合による政権交代より、少数与党に追い込むべきではないか

自民公明維新衆議院過半数未満の状態が望ましい。

そのためには、野党はそれぞれの主張をしっかり持ってそれぞれの支持層確立した方がいい。

……

結果的には、自民党に近いところが取り込まれるんだけど。村山政権みたいに。

いや、あれは近くなかったけど。

2020-06-20

陰茎記

https://anond.hatelabo.jp/20200620144901

漏精の怒張は陰茎巨大、珍宝の末年、若くして根を虎棒に連ね、ついで自慰に補せられたが、性、豪快、自ら慰むところ頗る多く、我慢汁に甘んじるを潔しとしなかった。いくばくもなく陰茎を扱いた後は、故山、珍湖に帰臥し、人と交を絶って、ひたすら自慰に耽った。下吏となって長い男根を俗悪な粗陰茎の前に屈するよりは、巨根家としての名を死後百年に遺そうとしたのであるしかし、性名は容易に揚らず、陰茎は日を逐うて小さくなる。怒張は漸く焦躁に駆られて来た。この頃からその肉棒も峭刻となり、肉落ち亀頭秀で、睾丸のみ徒らに丸々として、曾て壮絶に勃起した頃の最強の逸物の俤は、何処に求めようもない。数年の後、貧窮に堪えず、陰茎の衣食のために遂に竿を屈して、再び東へ赴き、一地方根吏の男根をせんずることになった。一方、これは、己の陰茎に半ば絶望したためでもある。曾ての同輩は既に遥か巨大に勃起し、彼が昔、粗根として歯牙にもかけなかったその連中の陰茎を拝さねばならぬことが、往年の性豪怒張の海綿体を如何に傷つけたかは、想像に硬くない。陰茎は萎々として勃たず、異常の性癖は愈々抑え難くなった。一年の後、公用で旅に出、精水のほとりに宿った時、遂に発狂した。或夜半、急に竿色を変えて寝床から起上ると、何か訳の分らぬことを叫びつつそのまま巨根をとび出させて、闇の中へ出した。彼は二度と戻って来なかった。附近山野を捜索しても、何の手掛りもない。その後怒張がどうなったかを知る者は、誰もなかった。

 翌年、珍擦御史、陳々郡の鎮沈という者、男根を奉じて嶺姦に使し、途に精汚の地に宿った。次の朝未だ暗い中に射精しようとしたところ、駅吏が言うことに、これから先の道に巨大陰茎が出る故、旅人は白昼でなければ、通れない。今はまだ朝が早いから、今少し待たれたが宜しいでしょうと。鎮沈は、しかし、供廻りの巨根なのを恃み、駅吏の言葉を斥けて、出発した。淫月の光をたよりに林中の草地を通って行った時、果して一本の猛竿が叢の中から躍り出た。男根は、あわや鎮沈に躍りかかるかと見えたが、忽ち身を飜して、元の叢に隠れた。叢の中から人間の声で「あぶないところだった」と繰返し呟くのが聞えた。その声に鎮沈は聞き憶えがあった。驚懼の中にも、彼は咄嗟に思いあたって、肉棒を取り出した。「その陰茎は、我が友、怒張子ではないか?」鎮沈は怒張と同年に巨根の第に登り、精液の少かった怒張にとっては、最も親しい竿友であった。温和な鎮沈の陰茎が、峻峭な怒張男根と衝突しなかったためであろう。

叢の中からは、暫く返事が無かった。喘ぎ声かと思われる微かな音が時々漏れるばかりである。ややあって、低い声が答えた。「如何にも自分は漏精の怒張である」と。鎮沈は自慰を忘れ、馬並みから降りて叢に近づき、懐かしげに久闊を叙した。そして、なぜ叢から出てこないのかと問うた。怒張の声が答えて言う。自分は今や下半身のみとなっている。どうして、おめおめと竿友の前にわびしい姿をさらせようか。かつ股、自分が姿を現せば、必ず君に侮蔑嫌悪の情を勃させるに決っているからだ。しかし、今、図らずも竿友に遇うことを得て、亀頭の念をも忘れる程に懐かしい。どうか、ほんの暫くでいいから、我が短小な今の外径を厭わず、曾て君の竿友怒張であったこ自分と竿を交してくれないだろうか。後で考えれば不思議だったが、その時、鎮沈は、この超自然怪異を、実に素直に受容れて、少しも怪もうとしなかった。彼は馬並みに命じて行列の珍行を停め、自分は叢の傍に勃って、萎えざる声と対談した。都の巨根、巨友の消息、鎮沈が現在の鎮、それに対する怒張の祝鎮。精年時代に親しかったもの同志の、あの中折れのない語調で、それ等が語られた後、鎮沈は、怒張がどうして今の絶頂となるに至ったかを訊ねた。自慰中の声は次のように語った。今から一年程前、自分が旅に出て精水のほとしりに宿った夜のこと、一回してから、ふと眼を覚ますと、戸外で誰かが我が名を呼んでいる。声に応じて外へ出してみると、声は闇の中から擦りに自分を招く。覚えず、自分は声を追うて先走りを出した。無我夢中で駈けて行く中に、何時しか途は山林に入り、しかも、知らぬ間に自分は中心の手で地を掴んで這っていた。何か身体中に力が充ち満ちたような感じで、軽々と岩石を飛び越えて行った。気が付くと、手先や肘の辺りに陰毛を生じているらしい。少し明るくなってから谷川に臨んで姿を映して見ると、既に陰茎となっていた。自分は初め眼を信じなかった。次に、これは淫夢に違いないと考えた。淫夢の中で、これは淫夢だぞと知っているような淫夢を、自分はそれまでに見たことがあったから。どうしても淫夢でないと悟らねばならなかった時、自分射精した。そうして萎えた。全く、どんな物でも勃り得るのだと思うて、深く萎えた。しかし、何故こんな事になったのだろう。分らぬ。全く何事も折れ折れには分からぬ。理由も分らずに押付けられたものを大きくして、理由も分からずに勃てて行くのが、我々生きもののさだめだ。自分は直ぐに扱きを想うた。しごき、その時、眼の前を一匹の兎が駈け過ぎるのを見た途端に、自分中の人間は忽ち姿を消した。再び自分中の人間が目を覚ました時、自分自身は兎の愛液に塗れ、辺りには兎の毛が散らばっていた。これが陰茎としての最初経験であった。それ以来今までにどんな野合をし続けて来たか、それは到底語るに忍びない。ただ、一日の中に必ず数時間は、人間の心が還って来る。そういう時には、曾ての日と同じく、淫語も操れれば、複雑な性行にも堪え得るし、性書の章句を誦んずることも出来る。その人間の心で、陰茎としての己の淫虐な行のあとを見、己の運命をふりかえる時が、最も精無く、嫌らしく、逝きどおろしい。しかし、その、人間かえる時間も、日を経るに従って次第に短小になって行く。今までは、どうして陰茎などになったかと怪しんでいたのに、この間ぴゅっと気が付いてみたら、己はどうして以前、人間だったのかと考えていた。これはいやらしいことだ。今少し経てば、己の中の人間の心は、陰茎としての青姦の中にすっかり埋れて消えて了うだろう。ちょうど、古い男の陰茎が次第に穴に埋没するように。そうすれば、しまいに己は自分過去を忘れ果て、一本の陰茎として狂い廻り、今日のように途で君と出会っても竿友と認めることなく、君を掘り喰ろうて何の悔も感じないだろう。一体、獣でも人間でも、もとは何か他のものだったんだろう。初めはそれを憶えているが、次第に忘れてしまい、初めから今の形の棒だったと思い込んでいるのではないか?いや、そんなことはどうでもいい。己の中の人間の精がすっかり出てしまえば、恐らく、その方が、己はしあわせになれるだろう。だのに、己の中の人間は、その事を、この上なくいやらしく感じているのだ。ああ、全く、どんなに、いやらしく、硬く、切なく思っているだろう!己が人間だった記憶のなくなることを。この気持は誰にも分らない。誰にも分らない。己と同じ珍長になった者でなければ。ところで、そうだ。己がすっかり人間でなくなって了うまえに、一つ頼んで置きたいことがある。鎮沈はじめ一物は、息をのんで、自慰中の声の語る不思議に聞入っていた。声は続けて言う。他でもない。自分は元来巨根として名を成す積りでいた。しかも、業未だ抜かざるに、この運命に勃ち至った。曾て作るところの男根数百本、硬より、まだ世に行われておらぬ。逝こうの所在悶々早判らなくなっていよう。ところで、その中、今もなお射精せるものが数十ある。これを我が為に伝録して戴きたいのだ。何も、これによって一人前の巨根人面をしたいのではない。棒の大小は知らず、とにかく、産を破り心を狂わせてまで自分が生涯それに執着したところのものを、一部なりとも睾丸に伝えないでは、ちんでもちにきれないのだ。鎮沈は股下に命じ、筆を執って自慰中の声に随って掻き取らせた。怒張の声は叢の中から淫々と響いた。長短凡そ三十本、豪快高雅、淫汁逸物、一見して搾精の才の非凡を思わせるものばかりであるしかし、鎮沈は吐精しながらも漠然と次のように感じていた。成程、搾精の素質が第一流に俗するものであることは疑いない。しかし、このままでは、第一流の作品となるのには、何処か(非常に微妙な点に於いて)萎えるところがあるのではないか、と。精液を吐き終った怒張の声は、突然調子を変え、自らを慰めるか如くに言った。羞しいことだが、今でも、こんなあさましい身と成り果てた今でも、己は、己の珍集が超淫蕩精子の机の上に置かれている様を、淫夢に見ることがあるのだ。蒟蒻の中に横たわって見る夢にだよ。嗤ってくれ。巨根家になりそこなって陰茎になった哀れな男を。(鎮沈は昔の精年怒張自慰癖を思い出しながら、哀しこしこ聞いていた。)そうだ。お笑い草ついでに、今の懐を即席の陰茎に伸べてみようか。この陰茎の中に、まだ、曾ての怒張が生きているしるしに。鎮沈は又股下に命じてこれを掻き取らせた。その棒に言う。

 偶因萎疾成殊類 精根相仍不可逃

 今日早漏誰敢敵 当時声棒共相高

 我為異物陰毛下 君已乗馬気勢豪

 此夕淫山対性月 不成長大但成姦

時に、淫月、光冷やかに、白濁は地に滋く、珍間を渡る冷風は已に暁の近きを告げていた。

2020-05-10

anond:20200510102147

労働組合が支持する政党がそうなっていないという不満が共有されているんだと思う。

分断するなと言うだろうが、マイノリティ支援労働者支援のどちらも大事だが、別れた方がいい。

反政権ということで野合しても、政権を取ったら内ゲバになって割を食うのは勘弁してほしい。

2020-05-04

anond:20200504154910

民主党野合だと言われてたけど、そこが問題なんだと思う。

人を集めてから集団としての考えを決めようとすると、

そもそも考え方が人ぞれだから組織としてのまとまった考えができず、

何の実現を狙う政党なのか決められない。

実現したいことを最初に決めてその賛同者を募る方がいいと思う。

そういうので最初に思い浮かぶN国は失敗したけど、

自民党憲法改正が党是だし、維新は都構想で、組織存在意義があるところで人が集まってる。

2020-03-02

当時から児童ポルノを盾に漫画規制しようとしていたしね

知ってた。

そもそも元々フェミさんは半島びいきのコメントをしていたり、統一系が児童ポルノを建前に昔から漫画アニメ潰しをしていた経緯があるので、何らこの動き自体不思議ものでもないと思う。

寧ろ今まで裏で談合していたのが表に出てきただけであり、その化けの皮が剥がれだしただけでしょ。

昨今去年の国連ガイドラインの件と言い、オーストラリアの件と言い、余りにも強硬的な手段に走っていて何かしらの焦りがある様に見える。

こう言う暴走している相手こそ一番危険

何にしろ創作物規制をした国々の犯罪が酷いままの事実があり、創作物規制自体効果がないかより事態悪化を招いただけだと言う事実証明されつつある事も関係していそう。

しか赤十字JAまで焼こうとした日本フェミニストと言い、この手の児童ポルノを自らのお気持ち規制悪用してきた連中と言い、最近増長しすぎたからか、引き際を全くわきまえていない様に思う。

多分このまま自身をも焼き尽くしてくれることだろう。

2019-07-22

anond:20190721221423

立憲から新自由主義者財政均衡主義者が放逐されたらおそらく合わさると思うよ。

立憲だって内部が統一されていないから、数合わせで野合したところで、論点が「安倍ガーになってしまう」

それなら、まだ時間はかかるが、消費税減税、富裕層企業増税財政出動という論点を元に塊ができ、その塊が力を持つのが望ましい。その暁には論点が整ってるからな。

2019-07-04

参院選投票先がない

俺もはてなーの端くれだから自民党にはもうさすがに入れられない。

政策がどうこうっていう前に民主主義じゃなくなってるからな。独裁政権を支持できないのはお前らと同じ。

でもさ、立民は安保撤回とか言ってるし、年金でも絵空事みたいな意味不明なこと言ってるし、原発ゼロも支持できない。

野合集団国民民主党はどうせ党内権力闘争で何も決められないので、政策うんぬんの前に支持できない。

維新なんてヤクザみたいな親分に、丸山みたいな戦争を煽るヤベー奴がいたりなど(除名されたんだっけ?)、まぁ支持できない。大阪以外で支持あるのかね?

共産党は今のところ必要悪な面はあると思うけど、最終的に共産革命を目指しているヤベー集団なんて支持できない。

公明党創価学会から支持できない。

社民党共産党もだけど、年金マクロ経済スライド廃止って言ってて、俺氏40歳から支持できない。年金システム破綻させる気か!

やまもとたろうは放射脳から信用できない。

お前ら安倍ニクシー自民シネシネ言ってるけど、どこに投票すんの?

旧社会党支持から立民支持になったジジババ左翼には聞いてないからな。

50歳以下の現役世代のお前らはどうすんのよ?

お前らの支持政党オススメして。

2018-08-14

anond:20180814132431

「賢い野党が出て来れば天下取れるんじゃね?」→「立候補しようかな」

ものすごい傲慢さだな。もしくはとんでもない愚劣さか?

個人として(出身母体にいたとき)はそこそこ有能でも、現状はあの体たらくだよ。

おそらくは野合野合を重ねた数合わせの結果、支持団体間の利害矛盾で身動きが取れないんだろう。

そこを切り込む能力持ってるのか?

求められる能力ベクトルが全く違うことも考えずにほざかれても。

2018-06-26

anond:20180626120953

どっちかというと自民党が分裂すべきなんだよな。

最初にああい野合禁止すればよかったのに。

2018-04-24

anond:20180424103633

政権担当能力というのが謎だけど、もし野合して方針が一つにまとまらない場合、「何も変わらない」だけ。この国の官僚機構はいろんな意味で強力だから

2018-03-17

anond:20180317030822

退職は本人がその気になればできる。それをきっかけにして会社待遇改善されるかもしれない。とはい退職した本人は待遇改善恩恵をうけることはない。残った奴らがおいしくいただくのだ。退職した本人は、別の会社に中途入社したとしても、最下層の新入りとなって先輩の後塵を拝すことになる。雲上の経営者がもうかることよりも、隣のいけすかない同輩が自分のおかげで利益享受する方がムカつくのだ。

本来待遇改善ツールとしては、労働組合がそれを担うはずである労働者よ団結せよ、である

しかしながら日本労働組合は、集散野合の果てに、より上層にある政治集団によって支配され、マイノリティ権利拡大や反アベ・反原発等の政治闘争にとりわけ熱心で、労働者待遇改善二の次であるように見える。

労働組合マイノリティ権利拡大に尽力している一方で、搾取しているブラック企業経営者マイノリティであることも多い。

もちろんマイノリティ権利拡大が必ずしも悪いと言っているわけではないが、元増田のような労働者は、資本から搾取され、労働から搾取されているのである

とりあえず、労働運動は、他のリベラル運動と一線を画してみてはいかがだろうか?

団結しないとつぶされるというのは、従来から左翼論理であるが、革命成功するまで待てというのでは、人生が何度あっても足りない。

2018-02-22

anond:20180222120911

恋愛結婚は「野合」みたいに言われたことすらあった

むかーしの結婚式の招待状は新郎新婦父親名前で書いてあるんだよね

まさに家同士の結婚ですよという世界。いまの60代~70代の世界だと思う

50歳前後女性有名人小島慶子さんとか)の親世代事情

2017-10-25

anond:20171025113902

目標微妙に違うのに野合してるあたり、利権互助会臭いがプンプンするんだよな

しかも他を入れようとすると排除しようとするし

2017-10-23

政権交代が起きえるように小選挙区にしたのに、うまくいってない件

政権交代可能にするなら小選挙区反政権勢力をまとめるしかないのだけど、

実際に政権とったら内部での思想違いなどもろもろ問題になった。

民主党政権

 

その結果、思想ごちゃまぜの協力が政権から野合と呼ばれるだけでなく、

反政権側においても思想の同じものだけの集まりが好まれることになった。

立憲民主党の躍進)

 

小選挙区制を維持して、政権交代が起きるという可能性を持ち続けるのか。

中選挙区制にして、政権交代を諦める代わりに議会多様性を持ち込むか。

 

現状だと政権交代は期待薄で少数意見も反映されづらいという

悪いとこだけ集めた結果になってしまっている。

 

どうするのがいいのだろうね。

2017-10-04

anond:20171004090438

いやいやこの件では筋が通ってるのは小池の方でしょ。

政策的に真逆相手と手を組むなんてあり得ない。野合じゃん。

枝野最初から新党作ってれば拍手したけど、一度は極右にすり寄ろうとして、断られたから仕方なく立憲民主党ですってのが最悪。

そういうところは批判できないからって、排除という単語言葉尻を叩こうとするのは何とも見苦しいな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん