「いけ好かない」を含む日記 RSS

はてなキーワード: いけ好かないとは

2021-09-12

懲役太郎無許可映画化がアウトならなんで同人誌はセーフなの?

https://twitter.com/choueki_tarou/status/1436494257682993153

簡単な流れ

松本大樹なる無名映画監督懲役太郎をパクった映画制作

②予告映像があまり懲役太郎なので話題になるが懲役太郎は知らないとツイート

無名映画監督松本大樹「懲役太郎ファンでした!まさか本人から反応もらえるなんて嬉しいです!」

ツイッタラー許可を取るべきだったね^^もうお前の映画炎上しちゃったから終わりだよ^^」

はてなー許可なんて取りに行ってどうするの🤔もしそれで駄目だって言われたらお蔵入りじゃん🤔聞かれた側も困るでしょ🤔」

はてなー2「いや流石に仁義としてアウトだろ😎炎上商法としてもチャチすぎて草ぁ😎」

なるほどね。

まあ言ってることは分かるわ。

まり同人誌と同じような感じだわな。

著作権者に聞きに行けば聞かれた側はアウトにするしかないが、聞かれなきゃセーフなのでお互い黙っておこうって話か。

でもどうやらこれは世間的には既にアウトゾーンを突き抜けているらしいぞ?

現状だとネット全体でもここはてなで一部の法律自信ニキが「法的にはセーフですよ」と言ってるぐらいで心情的にはアウト判定だ。

だがそうなると同人誌文化も既にネット全体だと心情的アウト判定を受けているのでは?

どうもここにダブルスタンダードが見え隠れする。

いけ好かない映画監督の「ファンから許されると思いました!」というもぐもぐカービィじみた態度がネット民の気分を害したように見える。

で、結局どっちなん?

こういうのってアウトなん?

セーフなん?

チーズナン?←おいしいよ

2021-09-09

宮迫さん。。。

フィフィに突っ込まれ宮迫が〝ヒカル相方説〟を否定! 「恩人」「すごく濃い関係」(東スポWeb)

#Yahooニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/20f3c868ee9a5d67b38c935af5e45d9bd9361b7a

別に宮迫さんのことは、「いけ好かないやつ」という雰囲気漠然と感じつつも別に嫌いではなかったため、数年前からのこの騒動は非常に悲しさを感じます

まぁ、立ち回りの下手さには流石に閉口したんですが。

ロンブー亮記者会見に合わせて動画上げたりだとか、そのチャンネル過去の交友を腐したりだとか、

彼に落ち度がないのかと言われれば当然(テレビに戻ることを目的とするなら)落ち度しかないんですが、

世の中的に叩かれまくって、起死回生を狙った吉本叩きの記者会見も不発に終わって、

心の拠り所が全く無かったところをヒカルとかその辺のYouTuberに付け入られたんだろうなっていう流れはおおよそ予測が付きますよね。

この辺には我々一般人にも学ぶべきところがいっぱいある気がするんですよね。

曲がりなりにもテレビ第一線で活躍されてきていたお笑い芸人なんですから

言わば人の感情を動かすプロだったはずなんですが、

そういう人でもちょっと弱ったところを狙われてしまったら相手盲目的に信頼してしまうようです。

情報商材屋ってすごいなって思います

マルチにハマったり、よくわからない客観的にはどう考えても胡散臭い占い師に傾倒したり、

ワクチン陰謀論を信じ切ったり、

常識的に考えたら知恵が足りてないのもいいところなんですよ。理性的に、冷静に落ち着いて考えたら。

ただ、どれだけ成功してようとも、今後は遊んで暮らせるお金を持ってようとも、

少しでも心が弱れば一気に甘言に踊らされるのが人間なんだなってところは、何時いかなる時も頭の片隅に残しておいたほうがいいんだって強く思いました。

なんというか、理性的かつ論理的な人としての尊厳は失いたくないじゃないですか

仕事で大きな失敗をしちゃったときとか、失恋しちゃったときとか、

身内に不幸があったときとかこそ、そういう状況をあえて冷静に分析し、今後の糧とできるような力を養うためには

どうしたらいいのか考える毎日です。

2021-08-22

ローソンPBパッケージは正解近くに着地したっぽい

久々にローソンに寄って、惣菜を買おうと思ったら、以前「クソお洒落(笑)エセデザイン死すべし。っていうかデザインしたいけ好かないオシャAD(笑)社会的抹殺すべし」くらい叩かれてたローソンPBパッケージデザインが、写真を大きく使い、中身がしっかりわかるようになっていながら、ソフトベージュトーンの可愛く美味しそうなデザインになっていた。

叩きは「こいつららまたおもちゃ見つけて石投げ遊び楽しんでるな、生活の中にローソンガッチリ食い込んでるやつがこんなかにどれだけいるよ」くらい冷めた目で見つつ、正直「いやでもこのパッケージは確かにわかりづらいな」くらいには思ってた。

その後、ハフポストとかの動画ライブ社長自ら「やりすぎでしたー、てへ。きついっすねーみなさん、聞こえてますんでやり直し検討中です」って言ってて、「オンタイムの失敗プロジェクト社長ライブ質問に答えるとか、珍しいし面白いな」って思ってて、どの辺に着地するんだろうと思ってはいた。

まあ今日見た限り、いい感じの「そうね、この辺じゃない?」くらいのパッケージで、インスタントスープなんかほんと美味しそうなパッケージで、思わず買ってしまった。

お茶とかは、500ccのやつは、まだパッと見わかりづらいかな。1000ccの紙パックは上面カラーを塗り分けてて、あれはいいと思う。

まあまあ、ともあれ、みんなの近くにローソンあったら、PBの棚のぞいてみなよ、俺は今の感じは結構好き。

2021-08-17

Daigoが未だに叩かれ続けてるのって発言がどうこうってよりDaigoが嫌いだからだよな

ホームレスを表立って批判する事はなくても内心同じ事思ってるか友達同士の雑談ぐらいだけ話すって人がほとんどだと思う

それが「その発言は良くない」でとどまらず、この部分がとかこの発言にはこんな意識が含まれて~みたいな掘り下げが続いてるのを見るとよっぽどの嫌われ者なんだろうなと

モニタリングでやってた5枚のカードから1枚を当てる(違うパターンもあったかも)やつ見てて、俺自身いけ好かないやつだ。友達いなさそう。会話すると疲れそう等々感じてたか

今のDaigoの叩かれっぷりは「調子乗ったからだよ。ざまあみろ」でしかないけど、そういう感情で読んでる分、揚げ足取りがずっと続いてる現状は一般人テレビで見てる以上に芸能界ではムカついてハラワタ煮えくり返ってる人が多かったんだろうな~というのが個人的感想

2021-08-12

「1.7mmが標準です」

パスタ作ろうと思って作りたいレシピを見たら「1.7㎜が正義。それ以外無保証」とあった。家のストックは1.4㎜。

残り少ないし買い足そうとネットスーパー開いたら1.7㎜が見当たらない。

ん?1.7㎜が標準サイズなんだよね?と検索してみる。

種類豊富パスタ、何ミリのものを買えばいい!?

https://news.cookpad.com/articles/2914

パスタ選び、迷ったら1.7mmが買い!!

ふむ

パスタスパゲッティの太さと種類 ソースに合わせた選び方

https://aisare-cooking.net/pasta-hutosa

一般的な「スパゲッティ」の太さです。最も人気のサイズがこの1.7mm。ペペロンチーノミートソースパスタなどに。

ほう

https://www.nisshin-foods.com/foods/products/pasta/?tag=spaghetti&brands=dececco&child_category_name=%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%91%E3%82%B9%E3%82%BF%EF%BC%88%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%EF%BC%89%E3%80%81%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B3

いやマ・マーディ・チェコも1.6mmと1.8mmしかねーじゃん!

なんで1.7㎜が標準なのに最大手は扱ってないの?

というかネットスーパーで扱ってる製品に1.7㎜ないのになんで「標準」とか言えるの?

みんなパスタってどこで買ってるの? ひょっとして西友ネットスーパーパスタを買おうなんてする初級者にはパスタを作る資格与えられてないの?

パスタってさ。Twitterでもはてなでも、アルデンテだの乳化だのペペだのカルボナーラだの、リア充料理上手どもがキャッキャウフフしながらあれこれ蘊蓄傾けあっておしゃれなアイランドキッチンと鉄製フライパンでなんか作ってるイメージが沁みついているんだけど、こんなとこまで初心者を罠にかけようとするところホントいけ好かないわ。

2021-07-10

[]  ローズメイカー 奇跡バラ

ジャンル:「がんばれベアーズもの

から引き継いだバラ園を経営し、かつては優秀なバラ育種家としてフランス全土に名をはせていたエヴだが、いまや愛するバラ園は倒産寸前。今年も新種の白バラを携え、世界最高峰バガテル新品種国際バラコンクールに挑むもの惨敗に終わる。

そんな彼女の前に現れたのは、経費削減のために職業訓練所を介して雇われたド素人の3人の男女だった。前科者のフレッドに、定職に就くことしか頭にないサミール、そして自信のなさゆえに声が小さく、コミュニケーションもままならないナデージュ。バラことなど何も知らない3人は、助けになるどころか足を引っ張る失敗ばかり…。

https://eiga.com/movie/94392/special/

自己中心的な/パワハラ体質のいけ好かない中年女性主人公と、元犯罪者ナイーブ青年の二人のそれぞれの変化(成長)がお約束通りの映画。それを期待するなら見て損はない。

主人公が一発逆転を狙って、新種作成の交配用に、敵が独占している希少なバラを盗もうと警戒厳重な温室に侵入するシークエンスがありまして。

どう考えてもオチは新種作成成功してコンクール勝利する展開なはずなわけですよ。コンテストに負けて人生の苦さをかみしめる・・・って映画じゃないのは明らか。

で、これコメディだと(コメディ系なんです)、ハラハラキドキしてドタバタがあって結局は盗みには失敗する、というのがお約束だと思うんですが、盗みに成功ちゃうんですよ。「え?マジで?」

この辺がちょっとひねりがあって面白かったです。

バラ香りの繊細さがキモなのに、なぜか喫煙している人物がいるので、そこはもうちょっと気を遣えよ、と思いました。

教訓:団子をもらって命を投げ出す物好きなんていない ペットと一緒に鬼退治とか絶対正気じゃない

きびだんご きびだんご

甘くておいしいきびだんご

あなたもおひとついかがです?

誰でもいいから受け取って

 

一緒に行こうよ鬼が島

あなたの助けが必要です

2コンマイクに叫んでみても

だーれも来てくれない

 

仲間になったのペットだけ、犬と サルキジ

昔は一緒に遊んだ友達どっかにいきました

キンタはタフガイ かぐやはつれない うらしまナイスガイ

どいつもこいつもリア充ばっかり正直いけ好かない

 

団子をもらって命を投げ出す物好きなんていない

ペットと一緒に鬼退治とか絶対正気じゃない

犬とサルは仲たがい キジ戦力外

何でもするから鬼が島だけは勘弁してください

 

じーちゃん マウンテン芝をカット

ばーちゃんバーウォッシュ はっ!

僕おうちに篭もってゲーム

PCエンジンbyハドソン

 

毎日遊べる夏休み

イージーモードのエブリディ だった

なのに どーしてこんな仕打ちを受けなきゃならんのです

 

水曜日のカンパネラ桃太郎

https://youtu.be/AVPgxn3xohM

 

 

anond:20210709180804 anond:20210718065847

2021-07-03

ワイはちゃん森ビルの職域接種もいけ好かないと思っとったで

あんなん森ビルに入ってるイケてるテナント社員とかイケてる森ビル従業員とかヒルズに住めるようなイケてる高収入住民森ビル立ってる好立地のイケてる地区住民みたいな金持ち優先やん

スマニューにしたって渋谷区で働いてるイケてるITエンジニアに打ったあとイケてる渋谷区住民炊き出しやん

大差ないわ

2021-04-04

30歳独身男性独り言結婚子供について

日曜の午後、音楽を聞きながら読書をする素晴らしい1日が過ごせそうなので、今後のために書き残そうと思った。

自分が何のためにお金を稼いでいるのか

人間誰しも一度は思ったことがある、なぜ生きるのか。そんなことは自分を生かすために生きているのだからどうでもいい。

一方で、自分が何のためにお金を稼いでいるのかが、だんだん不明瞭になっている気がする。

自分大学大学院と出て今就職して7年目になる。20代のころまでは(最近のことではあるが)、自分のためにお金を稼いでいるという感覚があった。

うまい食事気分転換旅行、性能の良いハードウェア、興味深いソフトウェアなど…自分のためにお金を稼ぐことが素晴らしいと思っていた。

けど、今になってふと、あと30年~40年経過したら死んでしまう奴に重課金して、なんか良いことあるのかな?と思い始めた。

特に、30歳で年収1,000万円という大台が見えてきたというところもある。

税金の重さをひしひしと感じており、国に吸われるのがなんとなくいけ好かない自分がいる。


もちろん、推しアイドル課金するとか、寄付するとか、いろいろなお金の使い方はあると思うけど、やっぱり自分の子孫に対してお金を使いたいと思った。

なぜなら、自分がそうされてきたから。

俺の親は30歳で自分を産み、他人とは一味違う経験をさせてきた。

今はかなり質素な(主観的感想なので具体的な指標にはならない)生活を送っている。

そんなことを自分もしたくなってきた。これって、結婚する理由として一般的なのかな?

もしくは、子供に対して過度に期待してしま危険思想の親ってことになると思われがちだけど、そうじゃない。

別に受験とかどうでもいい。人生挫折したりするのも一人の人間として重要だと思う。

ただ、自分の稼いできたお金を子孫に使うことで、何かしら貢献したという実感を得たいだけなのかもしれない。


結婚について

正直、結婚プロセスが面倒くさい。

結婚自体はしたいが、こいつの子供を産むのかと思うとどうしても拒否反応が出てしまう(相手からも同じことを思われているのは確実)。

前の彼女はとにかく自信が無く、資格を取ることに熱中していた。2年で別れた。

ここ2年くらいは異性とメシにいくことも珍しいイベントだったが、今年に入っていろいろな異性と話し、機会を探っている自分がいる。

婚活の海に出ていき、プライドと自信を失いつつも、共感してくれる人を探すべきか。


結論

超絶金持ち若いねーちゃんを侍らせる気持ちが、一瞬わかるような気がして、ちょっと萎えた。

2021-04-03

anond:20210403120313

まあ、いけ好かないインテリ意識が高い系女を叩くみたいなのはある層には受けるだろうなとは思う。

2021-03-14

人を見る目ってどうやって養うの?

私はかなり単純な人間だ。

ちょっとでも優しくされるとすぐにいい人判定してしまう。そして、「こいつなんか嫌だな」と最初に思うとなかなか「なんかこいついけ好かない」という気持ちが消えない。

会社上司が、とても気さくな人で、頼りになると思っていたし、仕事もとてもやりやすかった。

時折「ん?おかしくね?」と思うことがあっても、「まあ、この人いい人だし」でそこまで気にしていなかった。

しかし、最近その「ん?」が増えてきて、だんだん「何だこいつ」と思うことが増えてきた。今まで気を使う人だと思えていたのが、いちいち遠回しでまだるっこしい言い方にイラッとしたり、「もっと相手に気を使おう」と言う割に、突き放した言い方や、明らかに中傷する言葉を使ったりすることが目についてきた。

人の性格が急に変わるわけないから、この人はもとからこういう人だったのだろう。単に自分の見る目が曇っていただけだ。

別の同僚からは「あの人ときどきイラつくよね」と評価されていたので、ああこのことか、と今更ながら合点がいった。そして同時に、自分には人を見る目がないのだなあとも。

改めて考えると、すぐに人を信用するか、すごく用心しすぎて距離を取るか、だいたいその2択だったような気がする。いい距離感で探り合う、というのがとても下手だ。

色々なタイプの人と関わっていたら、人を見る目が養われるのだろうか。たしか自分自分のペースを大事にしたいので、あまり積極的に人と関わろうとしないし、自分に似たタイプや心地いい人としか一緒にいなかった。

勇気を出して、自分世界から出たほうがいいのだろうか。

2021-03-01

必読書コピペマジレスしてみる・自分オススメ41冊編(2)

戻る→anond:20210301080105

倉橋由美子聖少女

まり男性女性がとは言いたくないのだが、女性作家の描く知的早熟少年たちというのは、エルサ・モランテの「アルトゥーロの島」なんかでもそうなんだが、男性が描くときはまた違った魅力を発する。サリンジャー知的論理的自分を追い詰める子供たちとはまた別の硬さがあってよい。新城カズマサマータイムトラベラー」の高度に知的でありながら情緒は年相応な少年少女もいい。

さておき、これは近親相姦お話なのだが、印象に残っている描写は次の通り。主人公たちの仲間に大食漢の男がいて、しばしば生肉弁当の代わりに食らっている。回りの女子生徒たちも面白がって彼に餌付け(?)していたのだが、ある女子生徒がブルマーを入れていた袋の中に隠していたウサギを、生きたままで彼に与えた。血まみれで凄惨な場面でありながらも、大食漢は実においしそうに平らげていた。

例の文学少女から薦められて読んだことでも思い出深い一篇。

ミラン・クンデラ存在の耐えられない軽さ」

頭が良くてモテる男が主人公なのでいけ好かないモテること、たくさんセックスすることこそが人生の目的になっているような奴は理解できない。なんか知らないやつにいきなり人の部屋をのぞきまれ、「お前の人生にはエロスが足りない!」と叫んで出ていかれるような気分がする。しかし、これもまた祖国を追われた人間が、知性と皮肉現実適応しようとした姿なのかもしれないのだ。

それと、この本で感謝しているのは、さまざまな政治的活動に対して感じていた居心地の悪さを、「キッチュ」をはじめとしたさまざまな言葉言語化してくれたことだ。ポリコレを正しいと信じているのに、そこにあるどうにも解消できない居心地の悪さが気になる人が読むといいんじゃないかな。

あとは頭が良すぎて、多くの人が無視したり忘れていたりしていることが見えてしまい、幸せになれない著者みたいなタイプが読むと幸せになれそう。イワンカラマーゾフとか御冷ミァハみたいに、頭が良すぎて不幸になるというか、自分の知性をどこか持て余してしまタイプキャラクターが好きだ。

メアリーシェリーフランケンシュタイン

死体から作られた怪物がただただかわいそう。容貌醜悪なだけで化け物として追われ、創造主からも拒絶された彼の孤独を考えるだけで悲しくなる。まったく同じ理由で「オペラ座の怪人」も好きだ。どちらも間違いなく殺人者ではあるのだけれども、容姿馬鹿にされたことがあるのなら共感せずにはいられないだろう。関係ないけど、オペラ座の怪人ヒロインから振られたことを受け入れられたのって、やっぱり正面から振ってもらったからだよな、と思う。音信不通フェードアウトされたら怨念はなかなか成仏しない。

それと、これはSF的な感覚かもしれないが、人間離れした(時としてグロテスクな)姿を持つ存在が、非常に知的であるというシチュエーションがとても好きで、その理由から後述の「時間からの影」や「狂気山脈にて」も愛好している。

ロード・ダンセイニ「ぺガーナの神々」

架空神話ショートショート形式で述べられていく。ただそれだけなのにこんなに魅力的なのはなぜだろう。彼の作品基本的に短く、しょうもないオチ作品も割とあるのだけれども、時に偉大で時に卑小な神々の物語は、壮大な架空世界に連れて行ってくれるし、すぐ隣に隠れているかもしれない小さな妖精魔法も見せてくれる。

テッド・チャン「息吹」

あなたの人生の物語」とどっちにするかやっぱり迷った。映画メッセージ」の原作が入ってるし、増田で盛り上がってるルッキズムテーマ作品だってある。だが、寡作な人なのでこの2冊しか出していないし、片方が気に入ったらきっともう片方も読みたくなる。

表題作は、意識を持ったロボットのような存在がいる宇宙お話なのだけれども、そのロボット自分の脳をのぞき込んでその複雑な仕組みに心を打たれる。そして、世界を観察することで、何万年も経てばこの世界は滅んでしまうことを悟る。人間とは全く似ても似つかないロボットたちだが、やっていることは人間サイエンス、真理の追求という営みと本質的には同じだ。何かを知ろうとする営為の尊さについて語っている。得られた知恵で、自分たちも世界もいつかは終わってしまうと知ることになろうとも、知識を求める崇高さは変わらないのだ。

イワンセルゲーヴィチ・ツルゲーネフ「初恋」

学生時代自分女性に冷たくされる文学が好きだった。からかわれたりもてあそばされたり馬鹿にされたりする作品のほうが好きだ。そのほうがリアリティがあったから。寝取られ文学が好きなのもそれが理由だし、谷崎潤一郎作品も同様の理由で好きだ。

自分馬鹿にしていた少女が突然しおらしくなり、自分に近づいてくる。いったいどうしたことか、と思って期待しながら読んで、絶望に叩き落されるがいい。

イサク・ディネセン「アフリカの日々」

ライ麦畑」でホールデン少年が感動した本。アフリカ植民地で暮らす女性視点からその生活を書いている。友人のイギリス人が亡くなったとき、まるで故郷をしのぶかのように墓が深い霧に包まれたシーンがとても美しい。

個人的には、当時の基準からすればアフリカの人々に対して丁寧に接しており、評価も概して公平であるように感じた。ところどころ「有色人種特有の」といった表現があったり、アフリカ前近代社会とみなしたり、古い進歩史観は見られるし、植民地支配者側から視点批判的に読まなければならないが、色眼鏡比較的少ない観点に心を動かされてしまったのは事実だ。

植民地時代アフリカって、宗主国以外の人もたくさんいたこともわかって面白い。当時は英領東アフリカだが、そこにはスウェーデン人もいればノルウェー人もいる。古くから貿易相手としてのインド人だっている。独立後、彼らは日本人満州朝鮮半島台湾などから引き揚げたように、撤退したのだろう。植民地について理解するためにもおすすめ

J・R・R・トールキン指輪物語

はまった。十代の頃にとにかくどっぷりとはまった。今でも表紙のエルフ文字を使って誰にも読まれたくないことをメモするレベルではまった。

かに話の展開は遅い。重厚に過ぎる。設定を語るためのページも多い。しかし、この長大小説を読むことで、開始数ページで読者をひきつけなければならない現代小説からは得られない、長い旅をしたという実感を得られるのは確かだ。小説家には良き編集者の助言は必要だが、今のように急ぐ必要のなかった時代もあったことは忘れたくない。

中島敦「狼疾記」

李陵」や「弟子」や「山月記」じゃなくてなんでこれなのか、という声もするのだけれど、自意識過剰文学少年の思っていることをすべて言語化してくれているので推さずにはいられなかった。十代の頃の感受性は、何よりもこうしたものを求めていた。親の本棚にこれが積んであったのは幸運だった。

これは「三造もの」と呼ばれる中島敦私小説的の一つであり、世界の滅亡や文明無意味さに対する形而上学的な恐れや不安意識の片隅にある人間なら確実に刺さる内容だ。最後説教パートもさほどうっとうしくない。なぜなら、きっと文学少年文学少女たちは、その言葉無意識のうちに自分に投げかけてきたからだ。

ウラジーミル・ナボコフロリータ

膨大な知識と華麗な文体を背景にして、あらゆる性的な乱行を正当化してしまうのがナボコフ作品の一つの特徴である。語り手ハンバート・ハンバートは十代前半の少女を性の対象とする中年だ。自分初恋の思い出がどうこうとか述べているが、それだって言い訳だ。

しかし、この作品はただの小児性愛者の物語ではない点が油断ならない。少女ロリータはただ性的搾取されるだけの存在ではなく、自ら性の冒険に乗り出す。清純で清楚な少女という幻想は、最初からハンバート夢想の中にしか存在しない。ハンバートにはロリータ内面や考えなど最初から見えていなかったし、見ようともしてこなかった。

ただのスキャンダラスな本ではない。これは一人の身勝手男性心理の解剖である

新美南吉「屁」

ごんぎつね」の作者として知られるが、こんなふざけたタイトルの話も書いている。しかし、これは「自分は常に正しい、正しく道徳的であらねばならない」としてきた子供挫折を描いた小説であり、この社会弱者にあらゆる責任を擦り付けている様子を全く卑近話題から告発した話なのだ自分がした屁の責任かぶらされた、いつも屁をこいている少年への同情と軽蔑は、僕らの弱者への姿勢のものじゃなかろうか。

短いし、青空文庫で読めるのでオススメ

https://www.aozora.gr.jp/cards/000121/files/3040_47823.html

仁木稔「グアルディア」

遺伝学の発展が少し早かったパラレルワールド未来舞台にした愛憎劇であり、変身ヒーローものでもある。ただのSFと違うのは、さまざまな文化が変容を受け、再解釈を受けて受容されることまでもプロットの一部として組み込んでいるところだ。さらには疑似科学陰謀論社会関係も描いている。今、読まれてほしい作家の一人だ。

仁木稔作品は僕の好み、ストライクど真ん中なんだけど、世界史や文化史、自然科学物語論の素養がないと(かじるレベルでいい)作者の構想を味わい尽くすのが難しいので、滅茶苦茶売れる作品にはならなそうだというのは認めざるを得ない。現に舞台ラテンアメリカ日本人になじみが薄いし、シリーズの別の作品中央アジアだ。それでも、伊藤計劃と並んで、社会学なんてつまらないって誤解を解いてくれた大きな恩がある作家だ。早くこのシリーズ最新刊が出ないか、今か今かと待っている。

イザベラ・バードイザベラ・バード日本紀行」

明治一年日本都市から農村を実際に歩いて見聞した手記である。率直に衛生状態の悪さやはびこる迷信批判している箇所はあるものの、その率直さが当時の日本がどんなだったか身びいきなしに教えてくれる。現代日本人が近隣の、例えば東南アジア諸国を見聞して不満がる、偽ブランドの横行や衛生状態の悪さ、家畜との同居や騒々しさなどが明治日本ではごく普通だったってことは知っておいていいと思う。

著者は北海道にも足を延ばした。アイヌ民族について日本人よりも好意的に描いている場面もある。しかし、当時の西欧人の感覚でよくわからないのだが、「粗野な外見だけどとても優しい目をしている」と褒めた民族のことを、別のところでは「将来の可能性を閉ざされ民族である」と書く点だ。もしかして、かつての人々が持っていた、文明と野蛮の間にある壁・差異イメージは、僕らが直観するよりもはるかに深刻な差別意識内包した、強固な偏見に根差しものだったのかもしれない。単純な軽蔑どころではない、もっとひどい無理解に基づいた恐ろしい何か。同じように、キリスト教によってこそ日本の悪習は絶えるという発想がどこから来たのか。そういうことを考える意味でもおススメしたい。

ハン・ガン菜食主義者」。

とても面白かった。父の暴力を遠因として、あらゆる動物的なもの嫌悪するようになった妹と、ただやり過ごすことで生きてきた姉を軸に描かれた三連作。壊れた夫婦描写に優れる。

妹は最後には精神を完全に病んで、何も食べられなくなるのだけれども、彼女が持つ植物になりたいという妄念が、本当に精神病の患者さんを観察したんじゃないかってくらい、細部にリアリティがある。

姉はおとなしいのだが、自分はただ忍従し、やり過ごしてきただけで、自分人生を全く生きていなかったのだと、夫の裏切りによってやっと気づく。夫は夫で、そのおとなしい妻に対して息苦しさを感じている。他の家庭のように、怒鳴り散らしてくれたらどれほど楽か、と嘆くのだ。

韓国ってよく叩かれているけど、日本と同じように家族のしがらみとかとかで苦しむ描写が多いので、意外とわかりやすい気がする。

進む→anond:20210301080225

2021-02-21

恋愛方角の練習

女「パン職と結婚したい」

男「え僕パン食だよ」

女「あんたには聞いてない」

男「だってパン食って言ったじゃん」

女「聞いてないから聞いてないの」

男「何だよだったらおまじないなだけじゃん」

女「そういう事もあるかもねふふふん」

男「いけ好かない

女「まぁお互い頑張りましょう」

男「頑張れる訳が無い」

2021-02-20

anond:20210219201256

田舎にない最大の文化資本民度だよ

田舎の平均的精神レベルは都会では病院に入れられる一歩手前のキチガイばかり

文化資本」なんて村の寄り合いで口にしようものなら翌日からいけ好かない都会かぶれとして一家揃って陰湿イジメにあうから気をつけろ

2021-02-05

薔薇の薫りとは

薔薇の薫りとはウンコのニオイを薄めたものとも言いますからね。

美辞麗句で飾り立てられた、いけ好かない文章への批判としてお使いください。

2021-01-31

人生の壁

それなりに努力家のつもりだった

苦手なものがあれば積極的に克服しようという気概があるし、いくつかは実際に克服してきた

感情的に怒ることなどないし、よく働くし、創作をしたり人を楽しませたり、会社をたてたり、見た目に気を払ったりトレーニングもしたり

スポーツ音楽と飯は弱点だけど、まあまあ頑張ってきたと思う

 

でもそれが良かったかと言えば、あまり良くなかった気がする

頑張った結果、周囲にも同レベルの人が増えてきた

出生からしSSRみたいな恵まれた人を見るのはつらいだけだ

私はノーマルだ、ノーマルキャラレベルを上げた結果この位置なんだ

あくまで色んな面で並以上、偏差値で言えば55〜60くらいを狙ってるんだ

色んな面で偏差値70みたいな人たちを見るのは苦しい

この先どれだけ頑張ってもSSRになれないのが分かってる

領域だけ突出させる手もあるが、そういう人も苦しそうに見える

領域に強い人は、恵まれた人から道化師のような扱いを受ける

悪気はないのだろうが、ああはなりたくない

 

私はノーマルらしい幸せを求めるべきだった 

何より良くなかったのはSRみたいな人に惚れたことだ

SR恋人SSRだった

逆立ちしても1領域すら勝てない人を見て、打ちひしがれてもう半年になる

 

最初からまれていて、更に成功しているような人たちの生き方ノーマルからは考えられない

人生攻略法が変わってくる

人脈・コネ・親や親戚がまるで違うし、人気者同士の付き合い方もまるで考えられないもの

力がある者同士は楽しげによくつるむ

洋画なんかで見たことあるいけ好かない成功者のやり取りがリアルで目の間に存在している

いけ好かないだけで悪い人ではないあたり、救いがない

 

人生の壁を超えた先に何か良いことはあるんだろうか

ソシャゲ課金するだけ課金した挙げ句に飽きて削除するような、そんな未来しか想像できない

2021-01-22

anond:20210121201121

馴れ馴れしくいけ好かない元増田だが、

女のために時間をかけて人差し指キーボード打ってるのかと思うと

一途さが嫌いではない

2021-01-04

なんで世界を救うための生贄に選ばれるのは決まって魅力的でどこか儚い人なのか

メッチャいけ好かない悪人が天気を操る能力を使いすぎて消滅するって話にならないのが不思議

おっさんダズントミーガール

2021-01-03

嫌いではないけれど好きにもなれない

何故この話を書こうと決意したのかだが、某国に属する(属していた)人に対するヘイトが随分とSNS上で話題になっているからだ。

 

自分は率先して嫌いになろうとも思わないし、それだけを理由に傷つけたり貶めたり不利益を与えるような行動はしない。

でも、その括りを好きにはなれない。

というスタンス自分にできる精一杯の誠意だ。

 

何故そのような考え方になったのかを綴っていく。

小説を模す。個人特定を防ぐためのフェイクを入れる。伏字をする。一人称敬称などは性別判別できないようにする。

匿名だし眉唾だと思われるだろうが、その姿勢は大切だと思うので是非続けていて欲しい。インターネット情報煩雑すぎる。

 

------

まだ私が小学生だったころ。

地方に住んでいた。田舎だ。周囲には田んぼと畑ばかり。

小学生の頃の自分は随分と積極的他者との交流を図っていたし、いじめやいじりというような小さな「悪」ということを見過ごせない、俗にいうところの「イイ子」だった。

ただし、幼稚園時代からからまれただのなんだの大人から言われるような、イイ子ではあったが一筋縄はいかない人間だ。

 

同じクラスにAさんという人が居た。皆ともよく遊んでいた明るい子だったが、ある日突然いじられるようになった。

自分はそれを見過ごせずに、いじりの中心人物であるBさんに何故そのようなことをするのかと問うた。

Bさんは「Aさんは外国人から」といった。ばかばかしいと思った。他の国の人間というだけで人の嫌がることをしていい理由にはならないだろうと大きな声で反論した。

クラスの中で発言権を持つ私の言葉はすぐに広まった。そしていじめ未満のいじりは消えた。

 

それからしばらくしてAさんのいじりなんてなかったかのように皆でまた遊ぶようになったころ。Aさんが私を家に呼んでくれた。

この間、助けてくれて嬉しかたから家に来て欲しい。見せたいものがある。

私はその子言葉に応じた。家に帰った後、待ち合わせをし、Aさん宅へと向かった。

最後の曲がり角でAさんが妙なことを言い出した。「本当は誰も連れてきたらいけないと大人人達から言われているから、声を出さないで、こっそり行かないと」

言葉意味理解できたが何故そのようなことを大人が言い聞かせているのかわからなかった。ただ、子供の私はそれをスパイごっこみたいで楽しいと思った。

Aさんの言葉の通り静かに角を曲がった。数軒の件の家が並ぶ場所。その中の一軒が件がAさんの家だった。

Aさんの家に入ったあと、何をして遊んだかは忘れてしまった。ただ、そんなに長い時間ではなかった。Aさんの宝物を色々と見せてもらっては、すごいすごいと二人ではしゃいでいた記憶はある。

 

二人で夢中になっていると、時計を見たAさんが「帰った方がいい」と切羽詰まったような様相で言った。Aさんは「見送ってあげられない、もう家から出てはいけない時間から」と言っていたが、門限は家庭ごとに違うものだろうなと思って頷いた。

帰ろうとする私に、Aさんが宝物入れからつのキーホルダーを取り出し「これは私の国の~~の記念のキーホルダーで、仲良しの証だから持っていて欲しい。それから、もし万が一大人の人に会ってしまったら、このキーホルダーを見せて」と手渡した。(~~は忘れてしまった)

友達の証として物を渡されるのは、物目当ての付き合いの様で好きではなかったが、Aさんが頑として譲らないので受け取り、私はAさん宅を後にした。

家を出て、曲がり角を曲がってすぐのころ。大人の人が話しかけてきた。

「あの地区から出てきたけど見ない顔だ、どこの子だ」といった内容だったが、素直に答えるべきか悩んだ。Aさんが「誰も連れてきてはいけないと大人から言われている」と告げていたからだ。あのあたりで同じ年の子が何人いるかはわからない、友人の家に行ったと言った場合、Aさんが浮上する確率が高かった。

私が沈黙していると大人の人は「ここは来ちゃいけないところだ、もう夕方だし帰りなさい。大きな道まで送ってあげよう」と言った。私は追及を免れたことに安堵し、頷いた。

大人の人は色々と話しかけてきたが、そこから[誰が私をあの場所に連れ込んだのか]を特定しようとしていると感じて、色々と本当と嘘を混ぜて話したが子供のやることだ、話しているうちに矛盾に気付いたのだろう、大人は聞き出すことを諦めたようだった。話題は変わった。

 

学校勉強の話から戦争の話になった。「日本人戦争をして沢山人を殺した悪い人たちなんだよ」というから「私は戦争には参加していない」と言った。「でも君のおじいさんは戦争に行っただろう」と言われたから「祖父は体が弱いか徴兵されなかった」と言った。大人の人は悔しそうな顔をした。

「でもおじいさんはそうだっただけで、戦争に参加した人はいるだろう」と食い下がるので、苛立ってきた私は「それはおかしい。戦争は確かに悪いし人を殺してはいけないが、戦争が悪いと言うならアメリカイギリスドイツ戦争をしてきたし、なぜ日本人からという理由だけで悪い悪いと言われなくてはいけないのか。人を殺した子孫が悪いというなら、地球に生きているほとんどの人間先祖を辿れば人を殺しているはずだ。こういう話は日本からとか国の括りで話すべき問題じゃない。」という旨の話をした。

祖父の体が悪かったのは本当だ。徴兵されず家族の役にもたてず、それを悔い、戦わずに生き延びた者として戦死した人たちの代わりに悲惨さを伝えたい、もう二度と起こしちゃいけないと、晩酌の度に私にいろんな話をしていた。

から私にとってその話はセンシティブで、所属した国だけを理由に悪い悪いと言われるのは嫌だった。(当時の自分はそこまで自分感情理解せずにただただ嫌だとしか感じていなかったが、今の私から見るとそのように考えたのだろうと思っている)

 

大人の人の話の内容が、私を特定するものに変わった。流石にこのあたりで、子供の私でもおかしいと思い始めた。

「どこに住んでんでいるのか」「親はどんな仕事をしているのか」「家族構成は」「学校クラスは」色んな事を聞かれたか、答えなかった。「仲良くなりたいから教えて欲しい」みたいなことを言っていたが「住んでる場所名前がわからなくたって仲良くなれる」と返した。

そんなやりとりをしているうちに大きな道に出たので「もうここまでで大丈夫です、ありがとうございました」と言って大人から離れようとした。

大人の人は私の手を掴んで「教えないなら、車が来た時に突き飛ばしてやる」と言った。だから「やれるものならやってみればいい。私は学校では良い子で通っているから飛び出しをするような子じゃないって証言が出る。車の運転手だって加害者になりたくないから私の近くにどんな人が居たのか覚えるはずだ。それに、ここに来る途中の○○店の店主さんが表に出ていた(嘘)けれど、店主さんとはおつかいで何度も会う顔見知りだ。もし私が事故に遭ったと知ったら、その時にどんな人が近くにいたか教えてくれる」と答えた。

それに大きな道といっても田舎なんだから車なんてそうそう通らないし見通しも良い。いざとなったら車が見えたあたりで大暴れして運転手の目を引いて、自分から道路に飛び出してやろうとすら思っていた。そうすればよそ見運転をしていない限り、運転手は危ないと思って減速するなり避けるなりしてくれるだろうと思っていた。あわよくば、車を止めさせて「助けてくれ」と泣きついてやろうとも。

大人の人は手を離した。「恐いと思わないのか」みたいなことを聞かれた記憶がある。何と答えたかは覚えていない。

最後名前を」としつこく聞くので、この一帯では有名な地主(広い田畑を所有している人で、色んな所に顔のきく権力者をどう言っていいのかわからないのでそう表記する)の苗字を出した。大人の人はすぐに去っていった。

あの大人の人は一体何がしたかったんだろうと思いながらも、私は道すがら何度も振り返り、回り道をして、すれ違う人すべてに挨拶をしながら家に帰った。

 

翌日、Aさんに「あの後大人の人に会ったけど、もしかしたらAさんの家に行ったことに気付かれたかもしれない。Aさんは大丈夫だったか?」と聞いたがAさんは「大丈夫だった」と答えてくれた。

それ以降もAさんに何か変化がある訳でもなく、私や私の家族に何かがあった訳でもない。(一応親には報告したが)

子供ごまかしが効いたとは思えないが、地主名前が効いたのかもしれない。

 

大人になって何回目かの引っ越しをする時、そのキーホルダーが出てきた。

その時の私は既に裏面に刻印された形を国の形だと認識できたし、その国の名前も知っていた。

そしてようやく、小さい頃の私に起きた事象が何だったのかを理解できた。

私は日本人というだけで悪意を向けられていたのだなと気付いた。

キーホルダーは捨ててしまった。

------

 

誰かの話ならそこまで深く根付かなかったかもしれないけれど、当事者には十分な衝撃だった。怖いことをされたと理解したし、そのようなことを施された事実を嫌だと思った。

ああやって子供に刷り込んでいくんだなとか、大の大人子供に向かって脅迫するんだなとか。過去出来事第三者視点なのにもかかわらず、当事者としての恐怖をじんわりと感じている。

何事もなかったのは運だけだろうと、勝手に思っている。受け答えを一つでも間違っていたら、とも思っている。(いや、かなり間違っていたからこその脅しだったのだろうが、実行されなくてよかったという意味で)

 

SNS話題に上がるたび、日本人から嫌がらせを受けた人もたくさんいるんだろうと心を痛めつつ、自分日本人からという理由でその国の人から脅されたんだけどなと思う。

(勿論、現実社会において四面楚歌状態である前者の方が立場的に辛いのは承知しているが)ハッシュタグが使えて羨ましい。誰かに伝えられて羨ましい。大変だったね、辛かったね、怖かったね、そう言ってもらえて羨ましい。それを言える環境に居るのが羨ましい。

でもこれを自分が素直にインターネットに流したら色々と言われてしまう。ハッシュタグを使って盛り上がれるくらい数が多い人たちに所属していた(している?)人に不利益を与えられたと言ったとして、その先はと考える。

自分はそういう目に遭ったという事実を伝えるだけなのに、国をほのめかしただけでSNS上ではこちらが四面楚歌になるし、自分意見はこうだという話に第三者が考えを押し付けてきてSNSを妙な討論の場として使われてしまう。フォロワーさんやフォローしている方に迷惑をかけてしまうのは嫌だ。

 

SNSとは違ったこ匿名ブログならば、傷つくこともない代わり、このような話をしても「釣り乙」で済まされてしまうだろう。

冒頭にも書いたが、それで良いと思う。自分に都合の良い情報ほど人は素直に受け入れてしまう。疑わずに読んだ人はどうか疑ってくれ。

最初から疑って読んでくれた人は、ここまで読んでくれてありがとう

 

最後に。

あの国に住む人全員が、あの地区に住む人と同じ考え方だとは思わないし、親や大人人達の言いつけを破ってでも宝物を見せてくれたAさんとの間に、確かに友情はあったと信じている。

(実はAさんが悪意を持って私を呼び寄せたのかもしれないと考えることもできるが、それならこんな中途半端にはならなかっただろう。その線は薄い)

大人になってからあの国の人と交流する機会があったが、丁寧で優しい人の比率は高かった。

(演技だと言う人もいるかもしれないが、自分だって日常の中でいけ好かない奴の顔面を殴りたいと思いながら手を出さずにいることもある。お互い様だ)

 

でも自分は好きにはなれない。その国というだけで身構えてしまうから、好きになるために向き合おうと努力する必要があるだろう。

他にも、普通とか嫌いではないとか、そういうカテゴリーに入れて、そこから関係を構築していくことになる。

一人一人と向き合う以上「それに属する全員を受け入れる」なんて軽々しく口になんてできないし、そんな無責任なことを言う気もない。

 

ただ、あの大人の人のように「嫌いだから」というただそれだけを理由に、誰かを傷つけたり貶めたり不利益を与えたりしないように生きていきたい。

それが今の自分ができる、人間に対する精一杯の誠意だ。

2020-10-20

自分よりすごいやつがどんどん入ってくる

数年前会社が買収され、親会社なるものができた。

意識高い系親会社より数名投入され、

その知り合いだかでジョブ雇用が増えている。

もともと小さな会社で、さらに錆びついた年功序列だった弊社は大荒れ。

特に長くいた社員ほど「新しく入ってきたやつが偉そうでムカつく」とやめていく。

自分結構初期の段階ででぐうの音も出ない外資エリート出身自分役割を奪い降格、

プライドズタボロにされたので少しはタフになった。

エリート出身性格がよく、僕に対してマウントとかしなかったのが不幸中の幸い。

結構頑張っていたので給料右肩上がりだったけど最近はずっと横ばい、何なら下がりそう。

会社雰囲気的に、まだまだジョブ雇用は続きそうだし、

一緒に頑張ってきた仲間がいけ好かないジョブ雇用人に腹たってやめてくのはつらい。

ジョブ雇用人はそのジョブしかできないため

(というかやるつもりがない。僕はこれの能力を買われて入ってるので〜みたいな感じ)

「だれがやるのかよくわからないけど絶対発生するスキマ仕事」が

局長くいる自分のところにやってきて手数を奪われ、

本業に割く時間が減り、ジョブ雇用人だけが評価されるのはもううんざり

自分は今の会社創始者のコンセプトや方針にかなり共鳴してるので

今のところやめて次にいく考えはないんだけど、

この状況が続くのならそんなくだらないことは言ってないで、

僕もジョブ型のように自分の好きな得意な仕事だけ集中してできる環境に移すべきなのかな。

こういうのって過渡期の悩みなのかしら。

プロジェクトに関われないのに誰がやっても同じ細かいタスクなすのはもう嫌だ。

エリート一人雇うなら、そのお金新卒5人とってほしい。もちろん教育するので。

2020-10-11

愛してるのは星野源だって言ってるだろ

いやもはやこちらは勝手に熟年夫婦のごとく星野源を愛してるんだよ。

MIUの志摩も最高だったしこじゃれた雰囲気出したパーマは気に入ってなかったが、薄くて優しい顔も安心するしもろ好み。もちろん曲も全部気に入ってるし何より考え方というか社会に対する感覚や成長過程シンパシーを感じるしもう切っても切れない存在。とにかく愛なんだよ。

なのにポッと出の、しか23になったばかり?のミュージシャン翻弄されたくないんだよ。

藤井風、何様なんだよ。ちょっと歌が上手くてピアノが上手いからってな、いやちょっとじゃないけどそんなバキっとした美形イケメンいかにも勝ち組みたいなキャラの男自分は苦手なはずなんだよ。何なんwってこっちが聞きたいわ。アルバム曲までYouTubeに気前よく乗せるなよ、自分の好きな曲ばっかカバーすんなよ、二枚目のくせに三枚目みたいな真似すんなよ、いけ好かない奴かと思ったら岡山弁丸出しで飾らなくて、帰ろうみたいな救われる曲まで歌うなよ。今さらこんなめちゃ若い男に恋したくない落ちたくない!!

もう実際に星野源求婚してもらうしかない。早くして!崖っぷち

追記自分の好きな曲ばっか、というのは私の好きな曲という意味です。。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん