「チャンピオンRED」を含む日記 RSS

はてなキーワード: チャンピオンREDとは

2019-06-28

anond:20190628121556

BLUE』(ブルー)は、千葉コズエによる日本漫画。『Sho-Comi』(小学館)にて、2009年19号から[1]2011年19号まで掲載された。単行本は全8巻。

BLUE』(ブルー)は、山本直樹による日本短編漫画、および同作を収録した単行本タイトル。作中の性描写問題となり、東京都により不健全図書指定を受け、版元回収となったことで話題になった。

blue』(ブルー)は、1996年魚喃キリコ漫画、および漫画原作として2003年に公開された映画である

Blue Gender』(ブルージェンダー)は、1999年10月7日から2000年3月30日まで毎週木曜日25時50分から26時20分にTBS放送されたテレビアニメ作品月刊コミックドラゴンにおいて加崎善彦の作画漫画連載もしていた。

BLUE SEED』(ブルーシード)は、高田裕三漫画作品、および1994年放映のテレビアニメ1992年コミックガンマ』に連載され、看板作品だった。

Blue Heaven』(ブルーヘヴン)は、髙橋ツトムの漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2002年から2003年に連載された。単行本全3巻発売。

BLUE MOON』(ブルームーン)(英一&英二シリーズ)は、森脇真末味による日本漫画読み切りシリーズとして、小学館『プチフラワー』に発表された。「緑茶夢」・「おんなのこ物語」と並ぶ作者の代表作の一つ。

BLUE DRAGON ラルΩグラド』(ブルードラゴン ラル・グラド)は、『週刊少年ジャンプ』(集英社2007年1号から2007年32号まで連載された原作鷹野常雄漫画小畑健によるファンタジー漫画作品単行本は全4巻が出版されている。

BLUE DRAGON ST』(ブルードラゴン シークレットトリック

2006年12月4日から2007年6月6日まで、『月刊少年ジャンプ』にて連載されていた。漫画柴田亜美Xbox 360から4年後という設定であり、ゲーム版キャラクターも登場する。ギャグが主。掲載休刊の際に連載終了。後に単行本化されている。

BLUE DRAGON 天界の七竜~空中都市の闘い~』

Vジャンプ2008年7月から2009年6月号に連載。原作アニメシリーズ構成の大和屋暁漫画作画監督の大竹紀子アニメ天界の七竜』22話と23話の間に当たる物語。後に単行本化されている。

BLUE DROP』(ブルー ドロップ)は、吉富昭仁漫画電撃コミックガオ!』にて連作読み切りとして連載された後、『チャンピオンRED』にて『BLUE DROP 〜天使の僕ら〜』が連載された。『BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜』としてテレビアニメ化され、2007年10月から同年12月放送された。

BLUE ROSES 〜妖精と青い瞳の戦士たち〜』(ブルー ローゼス ようせいとあおいひとみのせんしたち)は、2010年9月16日日本一ソフトウェアから発売されたPlayStation PortableシミュレーションRPG漫画版は『電撃「マ)王』にて2010年11月から2011年8月号まで連載。作画中村煌。

BLUE EYES』(ブルーアイズ)は、にしまきとおるによる成人向け漫画作品

ブルーシティー』は、星野之宣による日本SF漫画作品星野の「出世作」とも呼ばれる[1]。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、1976年2号から同年21号まで連載された。全18話。

ブルーホール』は、星野之宣によるSF漫画1991年から1992年まで『ミスターマガジン』(講談社)に連載された。1992年から1993年にかけてKCDX(講談社から全2巻が刊行され、その後も2度にわたり文庫化された。中国語フランス語翻訳されている。 続編にあたる『ブルーワールド』は、1995年から1998年まで『月刊アフタヌーン』(講談社)に連載された。1996年から1998年にかけてKCDXから全4巻が刊行され、2001年には文庫化もされた。

ブルーフレンド』は、えばんふみによる日本漫画作品少女漫画雑誌りぼん』(集英社)にて連載された百合漫画であり、作者にとって4回目の連載作である

ブルーイッシュ』は梅田阿比による日本漫画。『プリンセスGOLD』(秋田書店刊)2011年1月から2012年3月号まで不定期連載された。単行本秋田書店から全2巻。

ブルートレイン』は、高橋はるまさによる日本漫画集英社漫画雑誌で連載され、電子文庫化を経て、100円ショップダイソーで再文庫化されている。

ぶるうピーター』は、小山田いくによる日本漫画作品1982年から1983年にかけて、秋田書店の『週刊少年チャンピオン』に掲載された。

『B.B.フィッシュ』(ブルーバタフライフィッシュ)は、きたがわ翔による日本漫画1990年から約3年にわたり、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に連載された。

ちえこ

ブルーライト★コレクション1983年3月なかよしKC)

ブルーミントホテル小田浩志)

柴田ヨクサル

ブルートライカー(原作担当作画・沢真、『コミックDAYS2018年4月30日 - 、既刊3巻)

紫堂恭子

ブルー・インフェリア - 『コミックトム』(1993年 - 1995年)、単行本書き下ろし、全4巻

谷川史子

ブルーサムシング2015年7月24日)

金城宗幸

ブルーロック作画:ノ村優介、『週刊少年マガジン2018年35号 - )

持田あき

ブルーリボン(『りぼん2005年11月号 - 2006年1月号)

ヤマダ

ブルーハイジ(『月刊モーニングtwo2014年3月号 - 不定期連載)

ジョージ秋山

1978年に『ブルーあいつ』を『週刊少年キング』で連載した。

伊藤明弘

ブルーゲイル 伊藤明弘版権作品集 (大都社、単巻) - アニメ戦闘メカ ザブングル』の後日譚(ラグ主人公にした作品)の他、『ARIEL』『勇者王ガオガイガー』の外伝パロディを収録。

鈴木マサカズ

ブルードッグブルース(エンターブレインコミックビーム』2003年 - 2004年2月号連載)

斉藤

ブルーな午後のブルーな僕に』

佐々木淳子

ブルーオベリスクあすかコミックス、1992年

川本コオ

ブルーセックス

柿崎普美

ブルーセンチメンタル

きお誠児

ブルーアジュール

近未来海上舞台に、水素燃料プラントを狙う謎の軍隊と、国連軍空母部隊との、ステルス戦闘機同士の戦いを描いたSF作品。『サイバーコミックス』連載。休刊により未完。

2019-03-27

anond:20190327180935

それチャンピオンREDの頃から言われてるけど問題視されるほどのムーブメントにはってない気がする。

読者層がダイレクトエロを望んでないのは売上が証明してるのでは。

2019-02-18

anond:20190218143056

雑誌全体が濃い感じだったって言うんなら、たぶんチャンピオンREDに載ってた超人戦線じゃねえかな?

2016-10-16

[]tenkla 「こんなエルフに用はない!」1巻完結

エルフダークエルフや女騎士現代でいろいろやらかすハイテンション下ネタギャグ漫画

エロではなく下ネタ

下品

絶対好みが分かれる

ねこぐるいのエロ版っていうとちょっと想像してもらえるかな

俺は大好き

絵もよめいろちょいすからめっちゃ上達してるし

よめいろちょいす読んでないけど、確実にこっち面白いのに、さすがに天下のチャンピオンREDでも下品すぎてだめだったのかなあ

1巻で終わりってのが残念すぎる出来だ

2015-09-10

kindle版のない漫画

「真マジンガーZERO vs暗黒大将軍」という漫画を読んでるけど、kindle版がないのは出版社電子出版対応できないか、電子版はださな方針なんだろうなって思ってたけど、同じチャンピオンREDコミックスでもkindle版を出してるやつがあるな。

作者の意向なのかな。

はじめの一歩の作者が電子版のマガジンには作品を載せないって表明してたりするし。

2014-10-31

少年漫画パンチラ描写って正直俺得じゃないんだよなぁ・・・

古くはまいっちんぐ辺り、ぬ~べ~とか今ならToLOVEるシリーズから無駄チラリズム男性が好んでるという見方が強まって久しいけど

正直今マンチラとかモリマンの方が幅広い層に受けてる、というか普遍的に見られてる。

正直言ってこの事実は動かしようがないけど、あんまり女の子パンチラないしマンチラに興味がない場合

例えば俺は男だけど、別に好きでパンチラが見たい訳じゃなくて、建前とか本音とか関係なく

ただ純粋女の子が可愛く描かれてたら満足する小心者なんだよね。

てか染みつきオリモノ付きでないパンツとか存在しねえから余計腹が立つ。あ、スカ趣味はないぞ。

エロさを表現するのに最も適してるのがパンチラ描写なのだとしたら安直作家が増えたなと思う。

はいえ、それ以外ではチャンピオンREDとかのはいてない絶対領域系も正直描写がヘタクソな作家という認識が強い。

アニメでは少女の股間ばかりを描くクソ監督が称賛されてるし、露骨エロが好まれてるように見えるものの、

こちらは売上や人気にさして響いてないのが救いである。

問題少年漫画ではそういった描写が広く受け入れられてる事に尽きる。

パンチラがあっても何も響かない。

コアな層ではパンチラ描写というよりもそれ如何で態度を急変させる少女の表情とか仕草萌えるらしいが、

それもどうかとさえ思う。

俺は多分あだち充H2とかクロスゲームみたいな淡白な作品の方が好きなんだと思う。

から無駄な物だって感じるのかもしれない。

2010-12-14

http://anond.hatelabo.jp/20101214193936

あくまで「青少年」を守ろうって話なんだから

まずはそれでいいと思う。

漫画そのものや、漫画たいな絵の表紙の本ってのは

まず子供が手に取りやすいターゲットから

いきなりフランス書院から手を出すようなマニアック子供は何だし、

その辺りはちゃんと陳列とか表紙とかもエロに仕分けされているか

大丈夫だと。

現時点でちゃんと住み分けができているジャンルはどうこう言うべきじゃない。

勿論、ちゃんとした規制ができるに越したはないけどな。

問題はチャンピオンREDの作品やBLとかの、ゾーニングされないまま、

子供が手に取りやすい体」でエロを売り物にしているジャンルだろ。

あい馬鹿やってるジャンルさえ押さえられれば、

自浄作用ってのが生きてくると思われる。

しかし、結局女向けはエロ絵はあるのかないのかどっちなんだ…

需要があるから絵があるんだろう?

現状、漫画絵のエロ挿絵がないポルノ小説が大半なのか?

それともまた現実とは無関係な例え話なのか?

どうも腐女子関連を相手にすると

根も葉もない単なる屁理屈が出てきて、ひっかきまわされるんだよなぁ…。

女らしいっちゃ女らしいけど。

2010-03-13

http://anond.hatelabo.jp/20100313004447

内山亜紀みやすのんき永井豪吾妻ひでお・・・・枚挙に暇がないよなw

はっきりいってチャンピオンREDなんぞ生ぬるいぐらいのガチエロコメディ。

そりゃ赤貝とかぶっ掛けとかはやってなかったけどさ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん