「ブギーポップ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ブギーポップとは

2018-06-06

ブギーポップアニメ化するし読み返してるけどやっぱり凪様は凄いばっかりでなろう小説と変わらんわこれ

なんとなく序盤はすげえ名作だと記憶してたんだけど思い出補正だった、ホーリィゴーストとか全然本筋と関係ない話のほうが面白い

2018-05-10

最近ブギーポップへの不満

というタイトルブログを書こうとずっと思っていたのだが、今日発売のKindle版で読んだ最新刊ブギーポップ・ビューティフル パニックキュート帝王学』が思いがけず良かったので取り止め。

(自分最近ブギーポップに感じていた主な不満は、能力的にはともかく人格的にはクソ雑魚ナメクジしかない新キャラたちを古参キャラが“器”の違いで圧倒する露骨キャラ格差。以前は、既刊の主人公格が再びメインキャラになることは少なかったためそのような事態回避されていた。『ビューティフル』にもこの問題自体存在しているが、比較的、新キャラにも愛を感じられる内容になっている)

2018-04-22

anond:20180421234234

最初ブギーポップの名を借りただけの同人アニメじゃねえかとか思ってたけど

エコーズが原因だと分かったときは感心したな

そういやそんな宇宙人いたよねって

俺よりアニメスタッフの方が原作よく読んでた

2018-04-21

ブギーポップの古い奴、好きだったんだ。あの頃の深夜アニメ

小奇麗にまとまって疲れたオッサンの娯楽になりきってしまう前の、ドラマアニメ中間ぐらいのカルトなナニカが好きだった。

オッサンが見るにはジュブナイル過ぎて、子供が見るには小難しい、アンバランスで、本棚のどこにも正しい居場所のないような作品群が好きだったんだ。

暗くて救いようがないような、明るすぎないからこそ救われているような、結論視聴者に委ねられすぎるような危うさに魅せられた。

ドラマでやれば非現実さに画面が耐えられなくなるような内容を、やたらと薄暗い明度と目の大きすぎないキャラクターで描く世界に惹かれてた。

あの頃のアニメはもう絶滅危惧種だ。

どれも萌え燃えを上手に使って、ネットでバズらせたがっている。

それで正解なんだ。

商売として、コンテンツとして、娯楽として。

迷走していただけなんだ。

でも、迷走していた頃のフラフラと当て所なくさまようなあの頃の深夜アニメを愛していたんだ。

今季だとメガロボクスはその生き残りだ。

WIXOSS魔法少女サイトもあるけど、あれは少し別の血が混じりすぎているような気がする。

画面が、映えていすぎるんだ。

それだと、話の湿り気が目立ちすぎて、なんだか悪趣味なだけに見えてしまうんだよ。

自分の好みと違うというだけの話なのだけどね。

2018-03-27

anond:20180327104308

小さいときオート下痢かい自動的ブギーポップみたいな下痢をした

便座で泣きながら下痢をしてる俺の前で親が洗面器をかかえててくれて、それに泣きながら嘔吐もした

あれはひどい経験だった

2018-03-25

ポプテピピックゆるキャン△宇宙よりも遠い場所りゅうおうのおしごと!

と盛り上がってるところで「銀英伝だの封神演義だのCCさくらだのブギーポップだのオーフェンだの最近アニメ業界はもうネタ切れで昔のアニメリバイバルするしかないのか情けない!」って憂国ぶってオタク笑えるよね。最新のアニメについていけないあなたのような人たちのために昔のアニメリバイバルするんですよ。観てくださいね

2018-03-23

ブギーポップ炎生(炎上)を解説する

まず、原作者およびイラストレーター(以下絵師)がアニメ制作に参加するかは、ケースバイケースである

ほとんどのアニメでは原作者が多少の口出しをする程度で終わるが、近年は原作者アニメ脚本を書いたりするケースも増えてきた。

ただ、基本的アニメ制作制作会社におまかせするものであって、原作者および編集部が主導権を握っているわけではない。

アニメ化の企画も、出版社が立てているわけではなく、まずアニメ制作会社が立案して、それから出版社に打診している。

(でもカドカワが主導してそうなアニメ化前提のメディアミックス企画とかはどうなってるんだろう? 教えて偉い人!)

アニメの「キャラクターデザイン」とは、原作キャラクターデザインをもとに、アニメで動かしやすいよう、アニメーターがアレンジすることである

漫画家絵師がいちからキャラクターデザインする」という意味でのキャラクターデザインは「キャラクター原案」と呼ばれる。

ライトノベル場合キャラクター原案作家なのか絵師なのか曖昧なところもあるので、「キャラクター原案」ではなく「原作イラスト」としてクレジットすることも多いようだ。

今回の騒動ではこのあたりを混同して、「緒方キャラ原案廃止して新たに別人がキャラ原案を作った」と勘違いしている人が散見された。

余談ながら、オリジナルアニメ場合でも、キャラクター原案は有名絵師キャラクターデザインアニメーターと、分担していることは多い。

俺妹』や『魔法科』のように、もともとアニメーターが絵師として起用されていたので、そのままアニメキャラクターデザイン担当した、という特殊なケースもある。

以上を踏まえた上で、今回の問題を整理しよう。

原作絵師に話を通さずにアニメ化されるなんておかしい」

緒方剛志がアニメ化発表時に素直に反応していることもあり、アニメ化の話が通っていなかったということは考えづらい。

「見たことねえ」「認めてねえ」というのは、あくまで「キャラクターデザイン確認が回ってこなかった」ということについてだと思われる。

原作絵師アニメ制作から外されるなんておかしい」

既に説明したとおり、原作者および原作絵師アニメ制作に「参加していない」ことそのものは異常事態ではない。

「参加したかったのに外された」のか、「納得の上で外れた」のかは、現状では判断しづらいように思われる。

「元のデザインから変えるなんておかしい」

そもそもアニメキャラクターデザインは「元のデザインから変える仕事である

今回はかなりキャラデザの癖が出ているが、このくらい原案と変わってしまうことはそう珍しくない。

「知らないデザイン販促イラストを描かされてかわいそう」

緒方剛志は「ブレザー着たヤツに日程を合わせる為に短期間で絵を描かなきゃいけないからムカつく」と言っているのであって、

「ブレザー着たヤツにキャラデザを合わせて絵を描かなきゃいけないからムカつく」とは書いていない。

マッドハウスではなくカドカワが悪いんだろ」

印象論だが、緒方剛志の怒りは「連絡がなかったこと」よりも「キャラデザがダメなこと」に向いているように思う。

まりキャラクターデザイン仕事に対する怒りなのだからマッドハウスと話をつけようとしたのではないか

「そうは言っても苦情の窓口はカドカワじゃね?」

マッドハウス広報アカウントリプライを送ったあと「無視ということでよろしいんですね?」からの「監督辞めるってよ」なので、

監督が辞めると言った」という話し合いはリプライの前に行われていたはず。

まり時系列としては、

アニメ化発表→緒方キャラデザを見て怒る→マッドハウスと話し合うも決裂→広報アカウントリプライ→返答がなかったのでぶちまけてすっきり

という順番なのではないか

この場合緒方マッドハウスの話し合いをカドカワがセッティングした可能性があるので、

本件で「カドカワが働いてない」と断言するのは保留したほうがいいのではないかと思います

「じゃあなんで広報アカウントリプライを送ったんだ?」

知らん。

「おまえはどう思ってんの?」

いまのところの印象では「アニメ制作からは納得の上で外れたがその結果として出てきたキャラクターデザインが(緒方目線で)あまりに酷かったので後から文句を言っている」の可能性が高いと思っている。

ただし、私はそんな極まったアニオタではないので、アニメ制作のところについては間違いがあるかもしれない。

まり根本的なところで怪しい記事なんだ。すまない。

詳しい人のさらなる詳説があったら嬉しい。

特にキャラデザってどのくらい原作サイドに確認するの?」「キャラデザの決定を原作絵師に伝えないってありうるの?」というのが分からない。

原作者絵師とじっくり相談して決定する

・決定直前に確認を取るだけ

原作者には確認を取るけど絵師には取らない

・決定後に知らせるだけ

白箱確認しろ

など、いろいろ考えられる。

現場による」って言われそうだけど。

2018-03-22

ブギーポップは笑わない」に乗れなかった話

たぶん世代ど真ん中なんだ

キノの旅とかあそこらへんは読んでたし

おそらくあの時代ラノベ読んでた、あるいはラノベアニメ見てた層は、当然のようにブギーポップを読む流れができていたと思う

で、もう記憶曖昧だが確かアニメをちらっと見てみたんだと思うが、乗れなかった

まらないとさえ感じて、怒りを覚えた

楽しめなかったことに対する八つ当たりのような怒りだった

その後何度となくブギーポップは私の前に現れた

「皆面白いって言ってるよ」「今なら楽しめるかもしれない」

そんな囁きに乗ってアニメを見たり原作を読んだりするのだが、やっぱりダメだった

自分の好きな作家や、ファンが良いと言っているアレを理解できない辛みがあった

 

にわかたことだけど、私は群像劇が苦手だ

もう記憶曖昧だが、ブギーポップは私の苦手なタイプど真ん中だったと思う

今後好きになることもないだろうし、同様に周りの評価が変わることもない

両者の評価ギャップはどうしたって埋まらない

こういうのはどうしようもないことだ

今回のブギーポップの件でふと思ったんだけど、それこそ「聞いてない!」「知らない!」「話が通ってない!」ってツイッターみたいなSNS投稿する前に、そもそもその作品に長いこと関わってるのなら、自分アニメ側の関係各社に直接電話なり対話なりでコンタクトを取ったり、別の関係者に話をしたりした上で、本当になんも話がわからなかったから「知らん!」って騒いでんのかなぁ

ツイッター公式アカウントにTL上で文句リプライ飛ばしたって、スルーされてしま可能だって捨てきれないって思いつかなかったのかな。いや勿論それだけしかコンタクトを取ってないとも言い切れないけど。

今回の場合そもそもそれしかコンタクトを取らなくても、本来は向こうから何かしらアクションを起こすべきだという姿勢

いや多分本当はアクションを起こすべきなんだろうけど、でもツイッターリプライを送った程度で「主張はした!」って声を荒げても些細すぎてどうにもならないと思うんだよねえ。だって関係者でしょ?もっと直接的に物言えるパイプは、ツイッターでのリプライなんかより持ってるはずなのに…

とかなんとか思ってしま部外者なんだけど、そこのとこどうなんですか?

漫画家とかでもよく「知らんうちにこんなことになってる!聞いてない!」って担当編集部に確かめる前にまずツイートして炎上する人とかたまに見かける気がするし、みんなもっとSNS炎上させる前に自分の持ち得る人脈を活用しないのかなあ…?と思ってしま素人なのです

たつき緒方剛志揉め事の腕の違い

1.相手の選定

たつき:ざっくりとカドカワ

緒方剛志:@Madhouse_News


たつき巨大企業にして潜在的な悪評の多い大角川をぼんやり示唆したのに対し、緒方アニメ制作を請け負うマッドスタジオtwitter垢@Madhouse_Newsに直凸。

前者は野次馬からも「巨悪VS個人栗栄太ー」の構図が馴染みやすいのに対し、後者疑問符が浮かぶ。なぜ制作スタジオしかも何故発信用宣伝垢。


もし緒方マッドハウスと内々に話がしたいなら業界のツテを辿ってマッドハウスの偉い人に繋いでもらえばいい。ツテがないなら公開された代表番号に電話してもいい。@Madhouse_Newsにオラ付きながらフォローとDMを求める姿はベテランアラフィフ業界人の進退としては拙く、野次馬にも「大丈夫かこいつ」と思わせてしまう。

そもそも権利関係の話をしたいなら製作委員会カドカワ、もしくはイラスト納品先の編集部に言うべきなのでは…


2.情報出し

たつき淡々と「ざっくりカドカワさん方面意向で外れることになりました。」「すみません。」だけ。情報が極度に薄い。そしてその後のダンマリ

緒方剛志情報の薄さはたつきと同等以上で「基本的な訴え」すらない。口汚いオラ付き台詞や怒ってる表明をツイートし続ける。


正直たつきのやり方も見方によってはアンフェアだったと思う。情報が極度に少なくて事実関係やどっちが悪いのかを野次馬が把握することは不可能。ただ”カドカワ方面”が権力的に強いことと、これまでの悪評があったこから総合的に言えばカドカワの方がずるいってことになり、たつきは支持された。


緒方は同じやり方(必要情報を出さず野次馬から把握不能)をしながら、相手を何故かマッドハウスにしてしまったので、マッドハウスには権力的なイメージカドカワほどの悪評もないため、どのようなアングル騒動を消費すればいいのかわからなくなってしまった。 そして相手ダンマリなのに自分が喋る(ただし有効情報無し)ので、ツッコミどころや反感のつきどころは自分ばかり垂れ流してどんどん形勢が悪くなっている。


3.人気

たつき:『けものフレンズ』大ヒットの立役者認知され、人格的崇拝を受けるほどの今をときめく監督

緒方剛志:『ブギーポップファンにすら賛否両論、全盛期がかなり前だったイラストレーター


みもふたもない話、世間から認知度、好感度全然違う。

前述の「情報を出さないずるいやり方」も人気者なら武器になる。情報の穴を世間好意的に推測してくれるので。

しか緒方はそういう人気者ではなかった。だからずるいやり方をすると自分に跳ね返ってしまう。

きちんと情報を揃えて「こういう経緯で、自分のこういう権利侵害されていて、問合わせにこんな不誠実な対応があった」とまとめて発信すべきだった。

角川の編集者と戦ったそれほど有名でない(失礼)漫画家はそのやりかたできちんと世間に伝えることが出来て一定の成果も勝ち得ていた。


4.まとめ

たつき緒方ちょっとずるい

たつき資本となる人気が凄かったのと、抑制が効いていたので支持されたしカドカワ相手結構渡り合えた(降板は変わらなかったとはいえ)。

緒方資本がないうえに抑制が効いてないので、この戦法では身を滅ぼすだけで終わりかねない。

・それにつけても凸の相手先はおかしいのでは…?

ブギーポップアニメデザイン変更の件で、

金儲けしか考えてないからこうなった!とか言うバカ大勢いるけど、もし売る気“だけ”満々の制作体制だったとしたら、原作絵と比べて特に分かりやすく(男女それぞれ向けに)萌えるわけでもエロいわけでもないキャラデザを新たに起こすような冒険するかよバカが(まあ、じゃあなんで変更したんだ?とはちょっと思うが)

ていうかお前らPVちゃんと見たか?あれ見て、この銭ゲバクソアニメ化め!とか思ったの?そいつは大したアニメ眼力でございますなあ(あのPVはダークでシリアス雰囲気を強調し過ぎて俺のブギポ観とは若干ズレるが)

これは、当時原作ファンからの評判がたいそう悪かった前のアニメについてもそうで、原作設定まるまるぶっ壊すとかアニメにしやすい内容に安易な改変をするとかならともかく、原作の設定に従った上で原作と(なるべく)矛盾しないようなオリジナルストーリーをわざわざ新たに考えるなんて、むしろ気合い入り過ぎだろ。それと作品評価は別だけど(俺は今となってはわりと嫌いじゃない)

どちらも、どちらかといえば(アニメ制作側の)行き過ぎた作家性・こだわりの暴走とかの方が近いのではないか実態分からんが。

個人的にはキャラデザ変更は少し残念だし、もし炎上愛称)の言い分が本当なら、事前にひと言ぐらい連絡はあるべきだろうと思う。キャラクター自体はともかく、緒方による「ブギーポップ」のデザインほとんどそのまま流用している以上、その点についての権利は間違いなくあるわけだし(さすがに正式クレジットでは「原作イラスト」だけでなく「ブギーポップデザイン原案」も付け加える予定だったのではないか……と思いたい)。バーニング愛称)がバーニングするのも分からないではない。

ただ、今回の件で炎上愛称)の尻馬に乗って、別にブギーポップがそんなに好きでもなさそうな連中が原作信者ヅラして、緒方先生の絵じゃないブギーポップなんてブギーポップじゃないよ〜〜。・゚・(ノД`)・゚・。みたいに騒いでるのだけはウザくてウザくてしょうがない。ご存知ないかもしれませんが、ブギポはここ数年、年一でコンスタント新刊出てるわけですけど、お前らはその時なにしてました?

まあ、来月また新刊出るので、今はしゃいでる内の何人が購入してくれるのか楽しみにさせてもらいますよ。

追記

anond:20180322131110

原作イラストキャラクター原案はほぼ同じ意味でしょ。

アニメキャラデザアニメーターが担当するのが普通

そこでアニメーターの手癖が出るのも普通

それをわざわざ「原作からキャラデザ変えた」なんて言わない。

原作者側に最終確認たかどうかだけの問題

えーと、お前がどこまでブギーポップ知識があるのか知りませんが、今回のアニメ化では、「アニメーターの手癖」(そもそもアニメーター」って言葉の使い方おかしくない?アニメ制作におけるキャラクターデザイン担当って「アニメーター」なの?仮に作画監督とかが兼ねるとしても)とかの問題ではなく、服装から髪型からほぼ新規デザインになってるわけですよ。で、その中で「ブギーポップ」という最重要キャラの基本デザインだけは原作のもの踏襲してる、ということです。

わかった?

2018-03-17

上遠野浩平オタが非オタ彼女上遠野世界を軽く紹介するための10

まあ、どのくらいの数の上遠野オタがそういう彼女をゲットできるかは別にして、

世界の敵ではまったくないんだが、しか自分のMPLS能力肯定的に黙認してくれて、その上で全く知らない統和機構世界とはなんなのか、ちょっとだけ好奇心持ってる」

ような、スキャッターブレインの都合のいい妄想の中に出てきそうな彼女に、上遠野のことを紹介するために読ませるべき10本を選んでみたいのだけれど。

(要は「VSイマジネーター」の正反対版だな。「恋をするのは人の勝手だ。私としてはそれが互いの精神の潰しあいになることを祈るだけだ」)

あくまで「入口」なので、時間的に過大な負担を伴う30巻、40巻のシリーズは避けたい。

できれば単発として読める作品、長くても4巻にとどめたい。

あと、いくら上遠野的に重要といっても捻りを感じすぎるものは避けたい。

伊福部昭好きが『サロメ』は外せないと言っても、それはちょっとさすがになあ、と思う。

そういう感じ。

彼女の設定は

ラノベ知識はいわゆる「ライト文芸」的なものを除けば、西尾維新程度は読んでいる

クラスもC9だが、階級あくまでも目的を分けるためのもので、下は上に絶対服従というわけじゃねえ!

という条件で。

まずは俺的に。出した順番は実質的には意味がない。

ブギーポップは笑わない電撃文庫

まあ、いきなりここかよとも思うけれど、「ブギポ以前」を濃縮しきっていて、「ブギポ以後」を決定づけたという点では外せないんだよなあ。長さも283ページだし。

ただ、ここでブギトーク・ポップライフ全開にしてしまうと、彼女との関係崩壊ビートかも。

この情報過多な作品について、どれだけさらりと、嫌味にならず濃すぎず、それでいて――我が身を必要最小限の“情報”に変えて、今、彼女に“報告”を送れる!かということは、上遠野オタ側の「真の俯瞰認識者(オーバースケール)」の試験としてはいタスクだろうと思う。

殺竜事件講談社ノベルス)、ソウルドロップの幽体研究ノン・ノベル

アレって典型的な「上遠野オタクが考える一般人に受け入れられそうな上遠野(そう上遠野オタクが思い込んでいるだけ。実際は全然受け入れられない)」そのもの

という意見には半分賛成・半分反対なのだけれど、それを彼女にぶつけて確かめてみるには一番よさそうな素材なんじゃないのかな。

上遠野オタとしてはこの二つは“ミステリ”としていいと思うんだけど、率直に言ってどう?」って。

冥王と獣のダンス電撃文庫

ある種のSFラノベオタが持ってるポストアポカリプスへの憧憬と、戦場ロミジュリ的なボーイミーツガールへのこだわりを彼女に紹介するという意味はいいなと思うのと、それに加えていかにも上遠野浩平な

童貞的な鈍感ハーレム主人公」を体現するトモル

童貞的に好みな無口ツンデレ女」を体現する夢幻

の二人をはじめとして、上遠野オタ好きのするキャラ世界にちりばめているのが、紹介してみたい理由

ぼくらは虚空に夜を視る(徳間デュアル文庫

たぶんこれを見た彼女は「ゼーガペインだよね」と言ってくれるかもしれないが、そこが狙いといえば狙い。

この系譜作品が『虚人』のその後続いていないこと、これが星海社から再版されたこと、徳間レーベルなら劇場アニメになって、それが日本全国で公開されてもおかしくはなさそうなのに、2018年でもこういうのがつくられないこと、なんかを非オタ彼女と話してみたいかな、という妄想的願望。

酸素は鏡に映らない(講談社ミステリーランド)

「やっぱり上遠野子供のためのものだよね」という話になったときに、そこで選ぶのは「はりねずみチクタ」でもいいのだけれど、そこでこっちを選んだのは、このレーベルにかける宇山日出臣の思いが好きだから

断腸の思いで削りに削ってそれでも2000円(税別)、っていう定価が、どうしても俺の心をつかんでしまうのは、その「箱入り・クロス装」ということへの諦めきれなさがいかにもオタ的だなあと思えてしまうから

ミステリーランドの価格を俺自身は高いとは思わないし、もう削れないだろうとは思うけれど、一方でこれが角川や富士見だったらきっちり1400円にしてしまうだろうとも思う。

なのに、各所に頭下げて迷惑かけて2000円で作ってしまう、というあたり、どうしても「かつて子どもだったあなた」としては、たとえ宇山がそういうキャラでなかったとしても、親近感を禁じ得ない。作品自体の高評価と合わせて、そんなことを、彼女に、話してみたい――と思うか……?

しずるさんと偏屈な死者たち(富士見ミステリー文庫)

今の若年層で富士ミスたことのある人はそんなにいないと思うのだけれど、だから紹介してみたい。

星海社版よりも前の段階で、しずるさんのトンデモ推理とかよーちゃんL・O・V・E!とかはこの作品で頂点に達していたとも言えて、こういうクオリティの「とってもミステリーで、ちょっぴり百合。」が富士見ミステリー文庫でこの時代に出ていたんだよ、というのは、別に自身がなんらそこに貢献してなくとも、なんとなく富士ミス好きとしては不思議に誇らしいし、いわゆる国道12号版でしかしずよーを知らない彼女には読ませてあげたいなと思う。

ビートディシプリン電撃文庫

フォルテッシモの「能力」あるいは「クレープ好き」を上遠野オタとして教えたい、というお節介焼きから読ませる、ということではなくて。

「この厳しい試練(ディシプリン)に死神ブギーポップ)は現れない」的な感覚上遠野オタには共通してあるのかなということを感じていて、だからこそアニメ版『ブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom最終話浪人決定の卒業式以外ではあり得なかったとも思う。

能力バトル化したブギポを読む」という上遠野オタの感覚今日さらに強まっているとするなら、その「バトル寄せ」の源はディシプリンにあったんじゃないか、という、そんな理屈はかけらも口にせずに、単純に楽しんでもらえるかどうかを見てみたい。

戦車のような彼女たち(講談社

これは主砲だよなあ。主砲が火を噴くか否か、そこのスリルを味わってみたいなあ。

こういうファウスト系風味の恋愛をこういうかたちで単行本化して、それが非上遠野オタに受け入れられるか「太田が悪い」を誘発するか、というのを見てみたい。

涼宮ハルヒの憂鬱角川スニーカー文庫

9本まではあっさり決まったんだけど10本目は空白でもいいかな、などと思いつつ、便宜的にハルヒを選んだ。

ブギポから始まってハルヒで終わるのもそれなりに収まりはいいだろうし、このラノ以降のラノベ時代の先駆けとなった作品でもあるし、紹介する価値はあるのだろうけど、もっと他にいい作品がありそうな気もする。

というわけで、俺のこういう意図にそって、もっといい10本目はこんなのどうよ、というのがあったら教えてください。

「……なァにが“上遠野オタ軽10”だ! そんなものはオレの増田で上書きしてやる!」という炎の増田は大歓迎。

こういう試みそのものに関する意見も聞けたらまあいいじゃん。

2018-03-11

ブギーポップアニメPV眼鏡ドーバーマンか?

電撃文庫ラノベブギーポップの再アニメ化が発表された。

18年前のアニメ第一作は、原作の設定とメインキャラクター、そして多視点及び時系列シャッフル手法踏襲しつつ、原作の隙間で新規ストーリーを展開するという野心的な内容だった。そのため、作品としてのクオリティは高かったものの、原作通りのアニメ化を待望するファンの声を多く残す結果となった。

そのブギーポップが長い時を経て再びアニメ化される。これはめでたい。アニメ放送決定の発表と同時に、早くもPVが公開されており、それがこちらの動画の50分あたりから見られる。

電撃文庫25周年&新作発表ステージ - YouTube

…………あれ?原作で相当する箇所が思い当たらないシーンがある……というか、ほぼ全体が記憶にないんだが……?

まさか18年越しの再アニメ化でもう一回オリジナルストーリーやる気かマッドハウス(き○がいの家)!?

と慌てる前に、落ち着いて動画の1時間6分あたりからプロデューサー発言を聞いてみよう。

「一つだけ言い忘れたことがあったので、あのー、最初に御覧いただいたPVなんですけれども、ほんとに、本読み始める前から(注︰念のため言っておくが「本読み」を始める前の意)作っていた、本当に先行のPVになりまして、特にあのー、出てくる合成人間とかが、本編に出てきません(笑)

「これ用に、ちょっとアクション見せたいよねって作ったキャラクターなので、そこはあのー、ご容赦いただければと思います(笑)

「ハッタリです、ハッタリ!ハッタリなんですけども、まあこういった形で、あのー、素晴らしいクオリティのものを作りますよというスタッフの意気込みが詰まった、プロモーションビデオになりますので、そこはあのー、なんだよコイツ知らねーよ、みたいなことを言わないように、お願いします!」

まりPVあくまイメージであるらしい。

これと、コミカライズの発表に関連した発言コミカライズ範囲アニメ化範囲が重なることを示唆?)を合わせて考えると、アニメ本編の物語内容は少なくとも原作ベースにしたものにはなりそうだと推測できる。原作ファンもひと安心だ(キャラクターデザイン変更の問題は残るが)

一方で、PVを見た一部の原作ファンの間では、こんな話が囁かれている。


ドーバーマン」というのは、ブギーポップ世界観を共有するスピンオフヴァルプルギスの後悔』に登場する合成人間(作中の改造・人造人間的な存在)の名前であるプロデューサー発言は、宮下藤花/ブギーポップ霧間凪(水乃星透子も?)といったメイン格以外でPVに登場しているキャラクターは全て今回のために用意されたオリジナルだ、と言っているようにも聞こえるが、それに反してもしかして『ヴァルプ』のドーバーマンが出ているのではないか?と、彼らは言っているのである

ドーバーマンと、PV中での「ドーバーマンキャラ」の主な類似点は以下の二つ。

これらが偶然一致するということは果たしてあり得るのだろうか。

もちろん、異なる部分もある。ドーバーマン原作イラスト)ではエリートさらりまん風のスーツ姿で描かれているが、PVメガネは、これなんていうの?執事服?みたいなものを着ている。また、ドーバーマン能力金属を操るといっても、PVメガネがやっていた鉄骨をゴキゴキ曲げるような真似ができるほど強力なものではなかった、はず。それに、ドーバーマンあん不思議な踊り(としか言いようがない動き)はしない。

しかし、外見に関しては、今回はキャラクターデザイン全般原作イラストから大幅に変更されておりその結果の可能性もあるし、能力アレンジ範疇であると言えなくもない。不思議な踊りは不思議

いずれにせよ、今のところはあのメガネが、ドーバーマンであるともドーバーマンではないとも言い切れないのが現状である

そもそも、あれがドーバーマンだったとしたら何か意味があるのか?そう疑問に思う方もいるかもしれない。

意味はある。

ドーバーマンが登場する『ヴァルプルギスの後悔』は、刊行時期で言えばブギーポップ本編の15作目あたりから開始されたシリーズであり、しかブギーポップスピンオフとしても二作目にあたる。恐らく今回のアニメ化原作となるであろうブギーポップシリーズ前半とは、物語内容的にも直接的な関係性はほぼない。

まりPVドーバーマンが出ているということは、そんなアニメ本編の制作にはあまり役に立たない関連作品までわざわざチェックしている、ということの証明になるのだ。そういうスタッフの作るアニメは、期待できそうな気がしてこないだろうか。

からアニメ制作スタッフには、嘘でもいいので「ご指摘の通りあれはドーバーマンです(笑)好きなキャラなのでつい出しちゃいました(笑)」とでも言っておくことをお勧めする。それだけでブギーポップファンの信頼を買えるぞ。あいつらほんとチョロいからな。

笑いそうで笑わない

少し笑うブギーポップ

どうもゴミクズでございます

anond:20180310225725

わたくしが「「ブギーポップアニメ化するには古いのでは」という問いに「今も続いている」と反論していた」とのことですが、それは一体どこでの話でしょうか?ちょっと思い当たるフシがないのですが。

もしかして、このツイートのことでしょうか?

https://twitter.com/srpglove/status/972390281155788805

これは、他人ブクマコメント引用ですね。言うまでもありませんが、カギ括弧でくくってるのは引用のしるしですね。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E7%94%A8%E7%AC%A6

引用する文章は「 」で囲む。

また、前後ツイートRT確認してもらえれば分かりますが、ここでの引用重要なのは当該ブクマコメントの前半ではなく、ラノベ原作弾切れ説に反論している後半の方ですね。

こちらからは以上ですが、まだ何かあればトラバください。

2018-03-10

ネトフリアニメみんな見ろよ

あんだけデビルマンが注目されてアニメ業界革命が起きると持ち上げられた割に

後続のネトフリオリジナルアニメの注目のされなさは何なんだ!

なーにがブギーポップだ今更20年も前の作品で騒ぎやがって。

結局お前ら原作付きアニメしか興味ないのかよ!

キノの旅ブギーポップも現役バリバリシリーズが続いてるから

そこんとこヨロシク。

2017-10-12

作中に印象的な曲が出てくる小説アニメゲーム

ブギーポップ

ニュルンベルクのマイスタージンガー

15年前に読んだときyoutubeとかなかったしわざわざきくまでもないとおもって きいたことなかった

youtubeできいたけどそこまで印象に残るもんでもなかった

字面けがかなり印象的

悪の教典

三文オペラモリタート

きいたけど特に何も思わず

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

ワルキューレの騎行

タイトルはかっこいい

なんかトムクルーズ映画youtube出てきた気がする

印象的ではあるけど好きになるほどではなかった

らくえんあいかわらずなぼく。の場合

ムーンリバー

最高

単体でも好き

作中で使われたときも、夜道を妹と歩きながら何気なく歌うか口笛吹くかする、っていうシーンも相まって、

マジで最高だった

こんなくだらないエロゲ―で何気ないセンスのよさを見せつけられた感じがして嫉妬した

リズム外して歌ったりしてるからちょっとカラオケとかで歌いにくいのが玉にきずだけど

マジで好き

デジモンウォーゲーム/銀英伝

ボレロ

前者はよくこんなん子供向けの映画に入れたなって思った

ボレロ自体は知ってたけど、そのむずかしさとか奥深さの一端に、昴っていうバレエ漫画で触れて、単純に見えるけどなんかすごいんだなと思った

後者はこないだNHKであった1,2話みて、なんかすげー、まさにスペース「オペラ」って感じしたなあ

エヴァ

第九

忘れてた

かにあれは印象的だった

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん