「自由選択」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自由選択とは

2020-07-25

anond:20200725182555

あい文脈の「人間が決める」ってのと個々の人間自由選択の結果として決まるというのはニュアンスが異なるわけ

2020-07-12

anond:20200710030004

飽くまで恋愛する人へのおすすめ、という内容だからねぇ。

正直自由選択自体はできるよ、と言う増田の指摘は的外してると思うんだ。

2020-07-10

上野千鶴子不倫肯定一世代前の進歩的発想なのに、それがわかってない人いるんだね

上野千鶴子が叩かれてんのを「上野進歩的考え方なのに、世間は古いからついてこれないんだな」みたいに言ってる人いるけど、古いのは君とか上野千鶴子だろ。

婚姻制度や一夫一妻制や純潔主義意味を疑う、なんてのは数十年前には進歩的発想だったかもしれんけど、今はそんなとこもう通り過ぎてんだよ。

結婚しても他の相手欲情を抱くのは自然だの、結婚自由を失うデメリットもある契約であるだの、そんなのはもはや当然のことなの。

それでも結婚する人は「わかっててあえて結婚する人」。

自然に湧き出る浮気欲を我慢することも、自由を失うことも、その他結婚デメリットも、ふまえた上で結婚合意する人たちの行動になってんの、今のフェーズは。

結婚デメリットが気づかれてないから、婚姻関係を重んじる意味はなく、よって不倫も責めることじゃない」なんてのは、まーーーじで古い。ましてそれを進歩的と感じるのは輪をかけて古い。

昭和とか明治とかの時代なら、結婚人生勝手についてくるキャンセル不可の悪徳オプションだったから、その悪徳性を指摘するために、契約破りパフォーマンスをするのも意味があったかもしれないよ、しらんけど。

もも結婚ってのは任意選択オプションで、それを選ぶ人は望んで「我々は他の相手性的関係を結びません契約」を採用してんだからさあ、そこで古い契約破りパフォーマンスをしてオプションの信用性をぶっ壊されたらひたすら迷惑なんだよ。

色んな相手と遊び続けたい人は、結婚せずにやりまくるなり、ポリアモリー関係なり、結婚してもスワッピングサークルに参加するなりしてんだっつーの。

自分相手も遊び合う生き方はしっくりこないから、決まった相手とだけの関係をするという自由選択をした人を害しといて、自由大事にしておりますもないもんだ。逆、自由の抑圧者だよ。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/president.jp/articles/-/36855




2020/7/12/15:00追記

なぜか投稿から二日遅れでブクマつきだしたから、もう少し長く説明する(重要な追加情報はない)。

上野そもそも婚姻制度自体否定的なのは私でもわかる。

そして、人間なんて結婚しても不倫したくなるもんだしその方が自然だし自由尊重のためには正しいので、結婚自体しない方がいいと彼女は考えている。不倫しないのが信じられないというか、そもそも結婚することが信じられないという感覚だろう。

そういう立場はあの記事だけでもよく伝わる。

私が上野千鶴子を古いと批判しているのは、「それでも両者の合意結婚契約が結ばれたなら、二人も社会もそれを尊重するに相応しいだけの任意選択オプションへと、結婚契約はこの数十年で変わった」ってのを踏まえてない主張をしてることだ。


あの記事上野の話を私なりに整理して突っ込むと、こうだ。



大した違いじゃないと言われないよう、もう少し説明する。

結婚はいわば、「自由恋愛グループから脱退しました」というステッカー自分パートナーに貼りつける行為だ。

他にもたくさん効果があるが、あの記事のような恋愛不倫結婚話題の中では、そういう意味を持つ。

そして、多くの契約約束がそうであるように、この脱退ステッカーも、当事者や周囲が真面目に受け取ることで初めて意味を持つ。

尊重するに値しない、無視してもいいんじゃね、と煽られてそういう風潮になれば途端に無意味になる。

国と国が同盟を結んで第三国から戦争仕掛けられないよう牽制しても、「同盟関係名目上だけで結ぶもの」というのが常識になったら、遠慮なく攻められちゃうみたいに。

上野は、自由恋愛グループに居続けたい人も社会圧力結婚させられて脱退ステッカーを貼られまくってた古き時代を引きずってて、「そのステッカー邪魔でしょ、気にしなくてよくない?(そもそも貼らないのが最高だけど)」と煽っている。

現代では、自分たちで望み自己決定として脱退ステッカーを貼ってる人たちが結構いるのに、上野の主張はそういう人たちのステッカーまで無効化してしまう。

「望まぬ脱退ステッカー無効化するメリット」>「望んだ脱退ステッカーまで無効化するデメリット」だった頃の感覚のまんま。

不等号がイコールになったり逆転してるって気づいてないのか無視してんのか、いずれにせよ古い。

ステッカーを貼らないことをおススメするが、貼られたもの尊重すべき」って話にならないところがだめなんだよ。

上野自身自分主義に従って結婚しない人生をしてるし一貫してるじゃん」とか言う人もいるが、上野結婚してるかはどうでもよくて、上野煽り言説によって世論結婚を軽んじる様になれば、性的自由を失う代わりに性的安心を選んだ夫婦決断無意味になるだろって話。

結婚契約自由恋愛グループ脱退の意思表示をしたい夫婦には、させてやりなよ。それが自由尊重じゃないか


かつて、結婚という縄で強制的な拘束をするのが横行してた時代は縄を片っ端から切断して世界からくそうとするくらいがよかったのかもしれんけど、今は好事家同士が合意結婚というSMプレイを楽しむ時代になってんのにその人らの縄まで切ったらダメだろ。


あと、「古いとか新しいとかで物事判断するなよ」みたいな反応あるけどさ。

たとえば芸術作風だったら古いのも新しいのも好みの問題であり、売れる売れないはあってもどっちがダメとかじゃないよ。

でも上野千鶴子がやってるのは言論であり社会運動なのよ。

そーゆーのは、その時の社会の状況に応じた提言じゃないと、無駄どころか悪影響なわけ。

数十年前の人口爆発懸念されてた時代を引きずって、少子化現在人口抑制論とか語られたら困るだろ。

インフレ時代を引きずって、デフレなのにさら物価上昇をしようとされたら困るだろ。

社会病理を何とかするという風に捉えれば、古い言説を主張されるのは、数日前は風邪がキツくてお粥を食べるべきだったからって、一息ついて体力取り戻すべき時期なのに白粥ばっか出されるようなものなんですね。

2020-06-28

anond:20200628210059

勘違いを防ぐのだからむし自由選択サポートすることになる

嘘をついてほめるのは腕を鈍らせることになるのでファン失格

2020-02-23

anond:20200223120307

厳密には「自由選択ではない」だよ。

脳みその中に「自分は男です」って決めてる器官があって、そこの命令に従って「オレは男だ」って判断しているんだよ。頑張って「違う、オレは女だ」って思い込もうとしても、寝て起きたらすっかり忘れて「うーんやっぱ男だわ」って思ってしまう。自由意思選択できるわけではないんだ。空腹みたいなもん。

2019-12-01

体育

小学生の頃も、中学生の頃も、高校生の頃も、体育が一番好きだった。

運動神経も良かったし、勝負好きなのもあって、体育で試合をする日がいつも楽しみだった。

文化系オタクだったけど、体育では活躍出来たし、「すごいね!」って褒められるのが嬉しかったし、普段喋ったことのないクラスメートと一緒にチームを組んで取り組めるのが楽しかった。

けど、大学では一緒に体育の授業を取ってくれる友人がいなくて体育が出来なかった。大学の体育は自由選択から体育会系学生体育会系の友人と仲間内で参加することが多くて、そこに陰キャオタクぼっちで入る勇気はなかった。

社会人になったら勿論体育なんてない。就業後や休日自主的スポーツ団体プレイするという手はあるが、普通にしんどい

就業日の内1日を体育の日にするとかしてくれたり……なんてこともないので、この先、私が「体育」に取り組めることは一生ない。

寂しいなあ。

2019-11-15

同じく傍聴してきた

建造物侵入殺人銃砲刀剣類所持等取締法違反事件番号 平成30年(わ)1145号)第4回公判

9時20

本日の傍聴定員25名、超過すれば抽選、以下であれば定時までに整理券配布に並んだ者がそのまま傍聴できるのだが、整理券配布締切直前に1名超過となる。しかし1名辞退者が出たため抽選なし。

9時50分

905法廷。傍聴席に座席指定はなく、最前列記者席、向かって右手側に関係者席、その他を自由選択できる。

両脇に被告人入廷。紺色スーツ、ネイビーのネクタイ、黒っぽいセルフレーム眼鏡、ただし足元はサンダル逮捕直後に報道された姿より体重が落ち、坊主頭がそのまま伸びたような短髪。姿勢が良く、痩せているというより締まっているため、休日ジムトレーニングしているエンジニア、と言われても違和感がない。

そして目立たなかったが手錠と腰縄、それらを外した後、裁判官裁判員入場。右手側に検察左手側に弁護人被告という配置。

10

開廷。直後に被害者妻の証言

低能先生と言われるネット上のモンスター」「死んで償ってほしい」

休憩をはさみ1020分再開

被害者妹の証言証言席は衝立で囲まれ被告人からは見えない状態

終始涙声、「誠意などまるでない」

休憩をはさみ10時50分再開

検察官。

犯行内容に争いはない、責任能力の有無が争点。

完全責任能力あり、被告人価値観による犯行

鑑定人に自閉スペクトラムと鑑定されているが、自閉スペクトラム攻撃性を特徴とせず

計画的犯行であり、各場面で選択し、絶好の機会を狙っていた

犯行現場の下見をし、ナイフで毛布を刺して予行練習

強固な犯意に基づく計画性のある犯行

遺族の処罰感情が強い

動機は身勝手かつ理不尽

反省の態度まったくなし、正当化に終始し、後悔していない

求刑20年。

被害者参加人。

ネット上の集団リンチ存在しない」

アカウント通報関係なく凍結されていた

我が国初の事件であり、ネット上の表現活動に影響を与えることになる

極刑を。

弁護人

限定責任能力

自閉スペクトラムが影響している

犯行を押しとどめる判断能力がない。

汲むべき情状で量刑判断してほしい。私利私欲快楽目的ではない。再犯可能性なし。真摯反省している。今後家族の支援監督あり。

被告人

すべての方々にお詫びしたい、すいませんでした

遺族の声に深く共感しました

人生が止まってしまった感がある

責任は引き受ける、極刑になっても控訴はしない

しかすると死んでしまうかもしれない

人生を前に進めてほしい

父に連帯責任は問わないで

以上。筆記メモ難しい。

2019-10-21

anond:20191021192753

それ親に無理矢理結婚させられたとか誘拐でもされたとかじゃなかったら単なる自由選択の結果だよね

なんで被害者意識なんかたくましくしてんだろう

2019-05-22

anond:20190522125915

そうなると自由選択できる今はバラツキが出るはずだけどスクール水着は全体的に隠す方に行ってる訳で

矛盾してるんだよ

2019-04-21

anond:20190421221310

これまでえんえん、女子労働力社会進出資本要請と書きましたが、

女性自発的意志で働いたり、結婚にえり好みするようになったのは

女性社会的自立云々みたいな「政治思想」ではなく、単に世の中豊かになって

贅沢の味を覚えて選択余地が広がったからだと思ってます

この「贅沢志向自由選択」をフェミニズム思想という名で呼ぶのなら

貴殿当方にはそんなに対立点はあんまりないと思います

2018-12-02

anond:20181202114305

でもそういう消費豚がオタク自称することはなかったのよ。その主な理由オタク賤民であって自称する魅力も利益もなかったからなんだけどね。

そもそも中世から昭和に続く日本社会において、未成年は家の従属物(ソフト表現)だったし、成人女性家事労働提供者(ソフト表現)だったし、成人男性会社奉公人ソフト表現)だった。この社会において自由の幅ってのは現代に比べて極めて少なく、特にそれは趣味分野において顕著だった。庶民が嗜んで白眼視されないものなんてのは、男性において飲む打つ買うとその後継だけだったし、パチンコなんてのはその最たるものだった。女性においては男性にもましてきつきつであり、かろうじて数種の習い事が芸として社会認知されてたかどうかくらい。書物を購入してそれを読み漁るなんてのは、金持ち道楽であり、庶民の間ではむしろ唾棄すべき軟弱さの現れとみなされていたふしがある。まあ、だからこそ与謝野晶子あたりの明星派などによる「既存価値観への抵抗」としてのそれがあったわけだけど。

高度成長期を経て70年代から急速に文物が発展して、今現在趣味と呼ばれる文化が爆発的に多様化した。多様化した以上に「余暇に個々人が己の興味のあることをして過ごすのは当然の自由であり権利である」という認識一般化した。テレビ文化がひろまって、ヒッピームーブメントの余波から洋楽ブームが来て、ニューエイジ思想からオカルトブームUFO心霊写真! そしてフジテレビホイチョイ結婚してユーミンウィンタースポーツブームを生んで、広瀬香美とチューチュートレイン若者苗場に連れ出した。

の、だけど、そんなに主体的に生きてる人間ばっかじゃないのよな。増田の言うとおり。結局現在、「ソシャゲと深夜のアニメネット炎上案件に対するコメント時間を潰している、オタク自称している(下手したら自分自身ですらそう信じ込んでいる)人々」ってのは、昭和中後期で言えば「パチンコやって飲み屋愚痴言ってる箸にも棒にも引っかからないおっさんたち」だったわけよ。別段彼らはそれが好きでやってるわけではなく、「受け身で流されて適度に脳内麻薬がチョロチョロ出る余暇の消費」としてそこに流れ着いただけで、最初から徹頭徹尾ただの消費者であって、オタクでも何でもなかった。多分当時であったとしたって、パチンコ博打や酒が本当にそこまで好きだったかどうか疑わしい。そういうふわっとした人々が社会の大多数だったってのは、当時も今も変わらない。

どちらかというと「社会人は全員そういうもん(休日パチンコするくらいしかない消費者)だろ」っていう同調圧力がなくなり「余暇自由選択」になっちゃった結果、それが可視化されただけにすぎない。そのうえ「社会人は全員そういうもんだろ」っていうのは同調圧力である以上に、大多数にとっては劣等感を刺激しないカバーストーリーでもあったっていうのが問題で、いまのこの日本現代社会は「余暇の過ごし方」でさえも階級があるってのが、多分きつい。

まりはっきりとは指摘されないけれど、「何ら主体的趣味を持たない人間」ってのはやはりいまの社会では軽んじられる。一回級下の存在だと現在みなされるんだよ。それこそ「オタクであるほうがまだマシ」と考えるほどに。

から「(絵が好きなわけでも今まで描いてきたわけでも強い動機がなんにもないにも関わらず)絵が掛けるようにな(って賞賛を受けるようにな)りたいな」なんてボヤキがWebにあふれる。

べつに「何ら主体的趣味を持たない」って罪でもなんでもないのにね。前述の戦後から高度成長期にかけて、そんな人々は、社会に出て飲む打つ買うを一巡経験したら、すぐさま「どうやったら異性に興味を持ってもらえるかレース」に回収されて、あまり悩む間もなく半強制的結婚させられ、身体に異常でもない限り速やかに子供ができて、子育て忙殺されるというスケジュールに打ち込まれていた。そうすれば「主体的趣味を持ってない」なんてことは遥か彼方にぶっ飛ばされて、問題意識すら持たないで済んだのにね(その後は、後輩や年少者に対して「結婚社会人の義務だ」とか「子育てはいいぞ」ってマウンティングして余生をすごせた)。

社会の多くの人にとって、「個人アイデンティティと紐付けられた強固な趣味邁進する人生強要苦痛だし、でもそれを拒否するにせよ趣味する余暇なく仕事を詰め込まれるのはもっと苦痛だ。多くの人にとっては自由が毒にしかなってない。そういう価値観の変遷に、オタクは巻き込まれちゃっただけなんだよね。

2018-10-16

キズナアイの件で、現実フィクション区別ついてない人多すぎ問題

もともとはあまり興味なかったが、なかのひとがどうの、魂がどうの言い出す人の多さに流石に頭くらくらしてきた。

現実フィクション区別」というワードは、これまで二次元児童ポルノの取扱に関する文脈で頻出していたが、どうやら多くの人たちがこの「フィクション」という言葉矮小化して考えていたらしい。心底驚いた。

おそらくノンフィクション(とされる表現物)との対偶として、「物語の設定や登場人物現実とは関係ないもの」を想像しているのだろう。

だがその区別は、表現物の内部の論理であり、現実社会問題で語られる「現実フィクション区別」とは別のレイヤーの話だ。

考えても見てほしい。現行法において、同じ二次元エロ漫画に、あとからノンフィクションだと銘打っただけで違法になるだろうか。それは望ましいことだろうか。

社会問題文脈の中で語られるべきは、「現実表現物の区別」であって、表現物の内部区分として「フィクションであるかどうかは問題とはされないし、されるべきではないのだ。

表現物の内部論理として、Vtuber既存アニメなどのキャラクターよりも人格性がある、魂があると認められるのは構わない。大いに結構だ。

だが、それはあくま表現論・表現者と二次創作者との倫理的距離感など、あくま表現という枠組みの内側での話であって、社会問題での批判に対抗する方法ではない。

キズナアイというキャラクターの造形が社会問題となった場合あくま表現としてのキズナアイ問題とするべきである

表現物の内部論理としての人格性を持ち出して、社会問題ステージで「このキャラクターには人格と魂があって、その自由選択の結果です」と反論することは、なんら現実を反映していないし、より厄介な問題はらんでいる。

仮にその主張が認められるならば、同時に児童ポルノ文脈においても人格と魂のある存在として社会問題ステージに立たなくてはならなくなる。それは誰も幸せにしない事態であろう。

2018-05-28

anond:20180528090948

次の世代につながらないので、ダメです。

あんたの命は、あんたの両親がその分の自由放棄たからあるんだよ。


「子作りは自由選択」なんて、妄言だわ。

2018-02-08

女子高生スカートを愛している

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1956636.html

 

男女平等観点から女子生徒のスカート消滅危機に瀕している。

大げさかもしれない。記事中では「スカートスラックス自由選択可」とされているが、これは終わりの始まりかもしれないじゃないか

憂慮すべき事態だ。

 

なぜなら俺は女子高生スカートが好きだからだ。誤解なきように申し添えておくが、収集しているわけではないし、痴漢ではない。

記号としての女子高生スカートがなんとなく好きなのだ。だから収集した女子高生スカートはもはや女子高生スカートではないし、スカートを履いた女子高生痴漢対象にはならない。

ピクトグラムが好きだから道路標識収集することはないし、ピクトグラム欲情することはない。それと同じ。

 

女子高生スカートが好きだ。スカートを履いた女子高生が好きだ。

ジェンダー? 男女平等? 性の多様性

わかる。わかるよ、価値観多様化しているってことは。

だけど、我々は女子高生スカートを死守しなければならない。

なぜなら俺が好きだからだ。

 

俺の価値観押し付けるつもりはない。

多様性は素晴らしいことだ。みんなちがってみんないい。

だけど女子高生スカートに限っては保守的でいなければならない。

なぜなら俺が好きだからだ。

 

女子中学生スカート女子大生スカート駆逐されても構わない。

なぜなら俺はそんなものには関心がないからだ。

から女子高生スカートだけは維持されなければならない。

なぜなら好きだからだ。

 

だけど、もしも君も女子高生スカートが好きなのであれば、心の中で構わないから強く願おう。

男女平等とか性の多様性よりも大切なものがあるという信念を貫こう。

常識にとらわれるな。わがままで構わない。「俺が好き」以上の動機があるだろうか。

 

俺は女子高生スカートを愛している。なくしてはならない最上のものとして認識している。

君はどうだ?

2018-01-14

anond:20180114130544

歴史勉強すれば「人間には生まれて来る/来ないの自由選択権はない。同様に生まれ場所時代選択権もない」と学べるんで、そんなことは思わなくなるのでは。

2018-01-05

anond:20180105170720

いや、思考しないという方法座禅とかヨガとか心理トレーニングで獲得可能なので自由だぞ

タイピングだってそれは訓練によって習得した予約行動の一貫で、

では訓練したのは誰の意志かと言えばお前自身タイピングできるようになりたいと願った結果であり自由選択のものだろ

タイピング練習する自由があったかというと、無かったように思える…ってそんな馬鹿()

ちょっと他人環境からの影響を強く受けすぎなんじゃないの?

自分好き嫌い基準物事を決めるのも、それに逆らうのも自由選択でしょ、他人に弱みを握られて脅されてるわけでもないんだから

お前は親に逆らって箸の使い方を覚えるのを拒否する自由があったのに、一生使えるようになる自由選択してる

全ての行動の自由性についてイチイチ認識する必要そもそも無い

自由に感じてないのは認識をしなければ自由だと見なせないと思っているからであって

結果的選択余地が残る行動は全てに自由がある

極端な話、お前は今すぐ自殺して明日以降の人生を終わらす自由が常にあるけど

それを選択しないのは立派な自由意志

死にたいと言いつつ生きてるならそれは立派な自由意志

2017-11-17

anond:20170331091559

自由選択で仲間を選ばせると必ずメリットデメリットで選ぶから対等な関係など異性どころか同性間でもない

2017-11-08

anond:20171108110802

虚しくなってるじゃん

行為中の盛り上がりを優先するか

行為後の虚しさを優先するか

それは個人自由選択であり多様性あるじゃん

どっかの個人が「女は演技でしか声出さない」って言ってたからって

それはその個人選択しかないじゃん

2017-10-25

anond:20171025200653

憲法第13条の幸福追求権は、公共の福祉に反しない限りという制限がある。

成人に比べて判断能力が著しく低い13歳未満の子供を保護するという法益は、性行為自由選択権に優先する。

故に憲法違反ではない。

ばーか

2017-10-18

反抗的って何なんだろう

昔のことに愚痴を言うのはあまりよくないことだ、と言われてきた。過ぎたことに拘って何になるのか、とも言われた。

でもただぼやきたいだけの時もある。 人間だもの

幼少期、私はあまり言葉が上手くなかった。人並みには喋っていたと思うのだが、自分の怒りの理由不快感の根源をうまく大人言葉説明することができなかったのだ。

とても歯がゆかった。自分が感じている『何がどう、と説明できるわけではないがとにかく嫌だ』という感覚を、ただのわがままのように受け取られることが耐えがたい苦痛だった。

今の自分が遡ってそれらを言語化するなら例えば「どうして自分がやりたいと言ったわけでもない楽しくもない習い事に無理やり連れていかれなければならないのか」という訴えである

文句があるなら口で言え」と拳骨を食らわされながら育った。「お前は万年反抗期から」と厄介者扱いもされた。

だが私の記憶をどれほど掘り返しても『親からきちんと言葉を尽くして説明された』記憶は驚くほど少ない。最近記憶まで検索範囲を広げてみても、結果は同じことだ。

「それは理屈が通ってない」と私がいくら主張したところで、「お前より三十年以上長く生きてるんだから親の方が世の中の事をよくわかってるんだ」という亀の甲より年の劫理論聞く耳を持たない

或いは偉い学者先生が言ってることだから正しい。彼らの主張は大抵の場合対人論証を含んでいて、要するに『子供の言うことだから正しくない』と思っていることはよくわかった。

文句があるなら言えと言ったか文句を言ったに過ぎない。

だがどれだけ言葉を尽くして説明しても無駄だった。言い争いの結果は始まる前から決まっていて、彼らにとって私の言い分は最初から「ただの言い訳であるとか「口答え」であるとか、そんな風にしか思われていなかった。

黙って言うことを聞く以外の選択肢そもそも存在しておらず、激しい言葉を選ぶなら『対等な、意思ある人間として扱われた覚えは一度もない』ことになる。

彼らには切り札がある。経済的問題だ。

何か議論が行き詰まると必ず「誰の金で生活してると思ってるんだ」という一言に辿り着く。

「何か言いたいことがあるなら自分でちゃんと稼いでから言え」というのが親としての彼らの主張であって、それは当時の私にとっては本当にどうしようもない事柄であったので、一切の交渉不可能であることを思い知るだけだった。

大学に行きたくなかった。本当は専門学校なり美大なりに行って、何かを表現する技術を身につけたかった。

けれど、彼らにとってそれは「逃げ」であって、「お前は落ちこぼれたか受験から逃げたいだけだ」と決めつけられていたし、大学に行かないなら家を追い出す、とも言われた。

これは彼らの常套手段である経済的な支えが皆無である子供相手に「意に沿わないことをするなら経済的支援を打ち切る」と脅しをかけるのは二択とすら言えない。

高校生にもなればなんとかバイト、という手段が発生するが、それ以下の子供に対して「稼ぎがないこと」を理由発言権事実上ないものとするのは些か横柄であると言わざるを得ない。

小学生の頃には既に明言されていた指標なので、「(稼ぎのない)お前の言うことには何の価値もない」と言ったも同然である

付言すれば、私の成績が悪化たことに対して「やる気がないなら勉強したいけどお金がない他の子供に投資する」という脅迫めいた発破を常に繰り返した。

彼らにとっては「よく勉強する口答えも贅沢もしないいい子」でなければ出来損ないだったのだろう。はっきり言って苦痛だった。

常に親との致命的な価値観の違いを感じていた。

かに金銭的なことや現実的事柄というのは疎かにしてはならない。義務は果たさねばならない。ルールは守らねばならない。

けれど、人にはそれぞれ価値観がある。自分が何を大事だと思うのかは自分しか決められないことだ。

かにとって「金になるかどうか」が一番大事であることは否定しない。けれど、私はそこに重きを置かない。それだけのことだと思う。

子供の為を思わない親はいない」なんて言葉は何の慰めにもならない。「自分の思う『子供にとって一番いい』状態以外は全て問題である」という態度を取り続ける人間を、どう受け止めれば良いのだろう。

例えば対等な友人関係於いて「お前の為を思って言ってるんだから、お前は俺の言う通りにすればいいんだ」などと言われて納得するだろうか。

対等でなくても良い。会社上下関係於いて「お前は新人なんだから口答えしないで黙って働け」などと言われて納得するだろうか。恐らく十数年前ならそれが普通だったのだろうと思う。でも今そんなことを言えば間違いなく『パワハラである

家庭、というのは自由選択事実上不可能人間関係である特に子供にとっては、経済的社会的要因から必然的にその拘束を受ける。

親が叶えられなかった夢を叶える為、代理戦争を戦わされる子供もいる。

家庭内不和をどうにか修復する為、極端にいい子で居続けたり、問題児として集中砲火される役を引き受ける子もいる。

選べない環境の為に、選べる自分の振る舞いや考え方を変質させていく。

自分意思を持つことを悪いことだ、逸脱だ、とされ続けながら、ひっそりと生き延びている。或いは死にそびれている。


彼らの理論に従うなら、今現在でも私には何一つ発言権がない。

精神的に問題があり、大学に行きこそしたが「普通の人が当たり前のようにできる卒業すらままならない」人間だったので私は晴れて役立たずの称号を授かった。

彼らが私を見下しているように、私もまた彼らを見下している。

「いい大人で稼ぎもあるくせに子育て一つまともにできないような人間の言うことを聞く必要がありますか?」

喉元まで出かかる言葉をどうにかして飲み込んでいる。

『成長する為にはあなたが許さないと』

なんてのは嫌という程言われ続けている。カウンセリングでもそう。自己啓発本の類でもそう。宗教絡みも大抵は、そう。

若い頃の苦労は後々為になるから

なんてのも聞き飽きた。選べなかった人生のことをあれこれ言うよりは手持ちのカードを切るしかないという諦めを持てと、そういう話なんだろう。

ある意味で、私はもう私のことについては諦めがついていると言っても良い。

今更どうにもならないことを嘆く必要はないし、それが何かの助けになるとも思わない。

ただこうして文句を言いたいだけのこともある。

昔の私が言えなかったことを、代わりに言わなければならない、と思うこともある。

そうして多分、「今まさに昔の私と同じ状態にいる」誰かの目に留まることを、ほんの少しだけ期待しているし、あわよくば「昔の私を作ろうとしている」誰かの親になるべき人の目に留まってほしいとも思っている。

確たる主張があるわけではないが、「それは我慢するべきことなのか」「我慢させるのが当然なのか」を一度冷静に考えて貰えれば何よりだと思う。


それに、私は「私のことは諦めた」とは言ったが「私の人生ギブアップした」わけではない。

それだけは、ぼやき最後に付け加えておく。

anond:20171018181634

現実世界も100tの重りを時速100キロメートル人間頭蓋骨に当てたら死ぬからあんまり変わらないと思う

計算から結果は逆算できる

ただ人間意志生命の行動まで逆算できるかどうかが全て演算可能かどうかを分けるけど

もし自由選択材料人間観測できない要素で決められていて

それが作用しているだけだとしたら人間意志自体演算可能になり

人間に真の意味自由はなく永遠にこの世界奴隷ということになる

2017-10-02

anond:20171002155108

 

政治

イデオロギーありき

イデオロギーに合った政策方針

方針から実行策が作られる

実行策を現実問題に当てはめようとする…鍵穴が合わない!

<何もできない>

 

ビジネス

「たすけて!」

ゼニで解決しまんで?

かいけつして!」

A案、B案、C案あんで?

自由選択性を持つ決定

「Bで!」

解決

 

問題

実行策

実行策を補助(正扱い)するための理念

これがミッションとかビジョン

 

から会社が成長したり変わると

普通にミッションビジョンもそれに合わせて変わる

から創業理念」って言葉がある

Do You Understand ?

2017-06-30

本当に人類未来選択の自由喪失か?

昨日GGのストーリーモードを全クリした

内容がSFモノだった

 

ネタバレすると「人類の発展の終着点は全てに解が出て選択権のない世界」であり

それゆえに人間にとっての自由選択権を保護するためにラスボスはそれを乗り越えられる新たな人類を作るという話だった

 

また、正解するカドというアニメでも似たようなことを言っていて

宇宙人情報を解しきってしまうために困窮して人間を使い解消したいという話だった

 

昔のSFは「処理しきれない莫大な情報が新たな生命を作り出す」というのがよくテーマになっていたが

現実的に処理速度が飛躍的に向上してビッグデータ管理しているもの覇権を握る世界になっていくと

「あらゆる情報を整理して解を導き出した先に待つ未来自由選択消失」という問題定義が主流になってきてる

 

まりあらゆる物事において最適解を瞬時に導き出してしま状態

そしてその結果も瞬時に予測できてしま状態

これに個人がなったときに人は与えられた無数の選択肢の中から自由に選び取ることができるのか?

ということを問題としてみている

 

結論から言うとできると思う

「その定食屋のかつ丼が一番美味くても毎日それを選択するかどうか」

 

かつ丼が一番うまいからって毎日それを頼むのか?という話だ

既に食ったことがあるうどん定食もさして好きでもない味噌ナスだって

変化を求めてあなたは押すだろう

そして味を知っているのにそれをまた再度味わいたいと思うだろう

人間が「忘れること」「体験する欲求」2つを持ち続ける限り変化した体験を求め続ける

そのためにあえて第一候補でない選択を選び取ることができるし

かつ丼を選ぶことだってできる

まり自由選択権に実効力と外れない予知関係がなく

新しい体験性を得るために忘れることと体験する欲求が無くならない限りは保持され続ける

そしてそれは思考できる生物全てに備わっている

新しい体験性は一次的に忘れることでいくらでも繰り返すことができるし

ランダム性の中で自らの意志で最良の選択を破棄することは今でも現実に行われている

 

人間が自らの意志でこの欲求を取り除こうとしない限りは自由選択権は保持され続けるし

仮に外したとしてもまた付ければいいだけであり

その欲求を求めるか求めないかの自由選択をまず認める必要があり

それこそが新たなルールを生み出す人間選択権の有りようでもある

2017-06-15

https://anond.hatelabo.jp/20170615154639

は?

「不平等こそが悪」だって当初の人間である現在リベラル派が唱えてるじゃん

なら出生段階で均一化されたら不平等なんて発生しようがないだろ

規格化された社会で全員同じ最大幸福を得ているところにイチャモンつけられる人間なんているわけ?

全員「これが最高に幸せ!」って思ってるのに水を差す権利がどこにあんの?

少なくともお前にそんな権利はない

自由意志云々いうなら自由意志がそうなるように遺伝子操作して生み出せばいいだけだろ

本人が自由選択したという自己認識が最も自由にとって必要なんだから操作した事実を教えても平気な操作してればALL解決

問題だと思うお前が問題

そもそもの話現生人類は産まれた時から国家権力にひれ伏すように洗脳されてるんだから法治国家を良しとしてご丁寧に生きてるお前は

操作されて不幸か?

意味のない社会か?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん