「RPG」を含む日記 RSS

はてなキーワード: RPGとは

2017-02-16

http://anond.hatelabo.jp/20170215230656

消費者制作者がごっちゃになっていると思われる

消費者側に馴染みがなさそうなのは大体書かれている通りで、見方として一理あると思うが

作っている方は、それよりも一世代前、大作RPGMMOがもてはやされていた時代に感銘を受け、それから数年~十数年後の今、作品にぶつけている人が少なからずいると思われる訳で

2017-02-02

ソシャゲをやらないクオリアちゃん

ソシャゲは好きですか? ぼくは好きです

ソシャゲライター クオリアちゃん ―恋とシナリオ報酬を―』というラノベが出た。現役ソシャゲライター下村氏による、ソシャゲ業界舞台にしたラブコメ、というと。

ソシャゲ大好きなヒロインと、ヒロインに憧れる主人公が、時に苦難にぶちあたりつつも、ソシャゲへの愛と希望を胸に頑張る話……と思うだろうが、実のところは違う。ヒロインソシャゲを愛していない。ソシャゲシナリオライティングの参考になるといった感想が見られるが、ほとんど参考にならない。

こんなことを言うと、ひねくれたやつだと思われるかもしれないが、まぁ話を聞いて欲しい。

コスプレクオリアちゃん

嫌な予感がしたのは、冒頭からだ。

ヒロイン仕事の際は、キャラに入るためにコスプレをするコスプレイヤーである。その両親もコスプレイヤーだったのだが、かつて真夏コミケで暑苦しいコスプレを無理にやった結果、熱射病で死んだという設定が明かされる。

実際にそんなことがあったら、コミケの存続が危ぶまれる大危機である。少なくともコスプレ禁止か、または、大幅な規則改定がもたらされるだろう。警察も、コミケスタッフも、コスプレイヤーも巻き込んだ、大迷惑である

ブラックな笑いとか、ギャグ強めの話とかならいいんだが、これが「自分のやりたいことをやりきった人達」の「ちょっといい話」として語られてるんだよね。

正直、ここで危ない、と、思った。

ギャルゲクオリアちゃん

クオリアちゃん」の作中に登場するソシャゲは、多くのヒロインがいて、共通ルートヒロイン個別ルートヒロインエンディングなどが存在する。主人公は、業界の先輩であるヒロインと共に、シナリオを書いていくのだが。

これは、PCコンシュマーギャルゲ((ノベルゲームとも。ソシャゲでもギャル攻略する系のギャルゲは多いが、以下、ギャルゲと言った場合、パッケージソフトのもの限定する。))のフォーマットであって、今、主流の(例えば下村氏が担当しているチェインクロニクルなどの)ソシャゲシナリオとは、まるっきりかけ離れている。

これの何が問題なのか?

たとえば、コンシュマーギャルゲー場合、お客はまずお金を払い、お金に見合う内容を求めるので、ある程度、じっくりプレイしてもらえることが前提になる。一方で、ソシャゲ場合、試しにダウンロードして、ちょっと遊んで、ほとんどはそのまま止めるのが普通である。じっくりプレイする意志のないお客さんを、どううまく引き留めて、プレイを続けさせ、課金に繋げるかが前提になる。

当然、シナリオ方法論も全く異なってくる。

伏線を張り巡らせたストーリーで満足感を出すコンシュマーギャルゲに対し、ソシャゲシナリオは、短い独立したエピソードを増やして、キャラクターの魅力を立てる、といったものが多い。また、たいていのソシャゲRPG的な戦闘・成長システムがあり、それとの兼ね合いもある。

ソシャゲシナリオ面白くするには色々な方法論はあるが、つきつめていえば、「どうやって課金に結びつけるか」ということになる。だが、作中では、主人公達がシナリオを書いているソシャゲが、どんなゲームシステムで、どんな課金方式なのかがさっぱりわからない。

作中のヒロインも「ギャルゲだとこうする」「ギャルゲだとこうだが……」といったアドバイスに終始している。

そして、一番驚きの事実は、ヒロインが、ソシャゲプレイしていないことだ。

ソシャゲクオリアちゃん

そう、この作品において、ヒロインは、ソシャゲを全くプレイしていない。

ヒロインは、ソシャゲライティングなどを専業にしているので、ド貧乏であり、携帯なんかとても持てないのだ(シナリオ作成メール送受信は、両親の形見PCでやっている)。

なので、自分仕事しているソシャゲも、実際にプレイしてないし、ゲームシステムもよくわかってない。そんな人間が、作中で「ソシャゲシナリオの書き方」を教えているのである

正直、作者の正気を疑う。

ギャルゲソシャゲ

本作のヒロインが、なぜ、ソシャゲライターをしているかきっかけは、両親がギャルゲーマーで、両親のPCで、そうしたゲームに触れたから、というものだった。ソシャゲとの出会いソシャゲプレイした感動などの描写は……特にない。

ギャルゲ好きの両親に育てられたギャルゲ好きのヒロインが、ギャルゲ文法で、ソシャゲを書いている(事実主人公に教えたシナリオの書き方は、両親が言っていたギャルゲテクニックだと明かされる)。

一体、なんでこんなことになってしまったのか。

ソシャゲというのは、まだ出来て日が浅い。故に生粋ソシャゲライターというのは、まだほとんどいないはずである。たいていは、他の業界からの出向組、特にギャルゲ出身ライターは多い。で、こうしたギャルゲ関係者の中には、ソシャゲを、ボリュームが少なく、内容の薄い、くだらないものだと見下しがちな部分がある。

本作も、そういう世界観の中で書かれているとすると、残念ながら非常に辻褄が合う。

ラノベクオリアちゃん

業界話をさっぴいて、一冊のラノベとして見た場合も、本作の面白い点は山のようにあるのだが(無駄異能力がいっぱい出てくるとか)、それは、他の人に譲る。

興味があったら手にとってほしい。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01N334XBG/

2016-08-23

「島描いてみて」

「は?」

「島だよ。RPGで出てきそうな、国とかありそうな島。」

「え?あぁ。なんかゲームにでも使うの?」

彼は漫画を書いたり自作ゲームを作ったりしている。

「まぁ、アンケートみたいな感じかな。」

半島をつけたり潮の流れを考えながらぐるりと円形に近い島を書く。

「こんな感じかな。」

「もう一個描いてよ。」

「はぁ?!」

めんどくさいと思いつつ、今度は同じように台形の島を書く。

「だよなぁ。」

「??何がだよ。」

日本って、作り物より作り物っぽいよな。」

確かに。本州の形なんてか冗談しか思えない。

2016-07-24

タイムロジックっていうフリーゲームをやってるんだけど個人的に久々に面白いフリーゲーム出会えたと思ってる。

ツクール2000制作フリーゲームから、それだけで嫌いな人もいるかもしれないけれど、いい感じに王道RPGになっているので楽しい

VIPRPGに触れてると、キャラ名と名前がいつもとは違ったり、作品テンションキャラクター性格が違うことに注意が向きそうだけれど、触っていればだんだん慣れてくる。

そして何よりも一番いいと思うのが戦闘が忙しいこと。FFATBに独自テイストを織り込んだ戦闘は、ゲームをやってる感がすごくあって面白い

ダメージを25%カットしてくれる防御を効果的に使うことはもちろんのこと、戦闘中に溜まっていく行動ポイントが高ければ高いほど攻撃力が出るっていうのがいいバランスを作り上げている。

行動ポイントは一度何かしらの行動を起こすと0に戻っちゃうから、使いどころが肝心。また100まで貯まると、防御していたとしてもそれが解除されてしまうから素早い操作要求される。

パーティーの人数が多くなればなるほど指の動きが忙しくなるゲームなんだけど、それがいい。それでいて、これまたFFでいうところのウェイトモード戦闘から極端に焦らなければならないこともないので安心

少し残念なのが、いわゆる一本道ゲームになっていることと、フィールドが変わるごとに強くなる敵に対抗するために近くの街で最新の装備を全員分集めないとちょっと苦しいきらいがあるところ。

まだ始めて数時間しかたってないから一概には言えないけれど、この二つの要素は嫌いな人が多いかもしれない。

極端にアクの強いキャラクターもいないけれど、王道中の王道を往くストーリー展開も相まって、スクエア産のスーファミ作品を遊んでいるかのようなワクワク感がある気がする、

飛ばすか選べる最初のOPが長すぎるけれど、おすすめから、みんな、やろう!

2016-05-23

やっと自分好みのゲーム理解できたのに、市場になかった

ここしばらくゲームに熱中できてない。

据え置き機は家族テレビを奪われてしまたからもうできない。

からという理由3DSVitaを買ったのだが、買うゲーム買うゲームがつまらないのだ。

そう思って自分過去好きだったゲームがどんなものだったのかを思い返してみた。

以前にはまったゲームといえばベヨネッタGod of warデビルメイクライだ。

自分アクションゲームが好きだという自覚がある。

さらにド派手なアクションができるようになっていく成長要素が大好きだ。

かと言って無双系やモンハン系に手を出すと途端に飽きてしまうのだ。

ついさっき、その謎が解けた。

同じマップを幾度なく繰り返しプレイさせられるのが嫌なのだ

平和だった場所からだんだんと敵地に乗り込んでいくような、あの世界観の変遷が好きなのだ

そういえばマップ探索型の悪魔城(キャッスルニアシリーズも大好きだった。

これでやっと自分好みのゲームを探すことができる。

そう思って先程からamazonを覗いているのだが、見つからない。

アクションゲームを見回してみてもどれも無双系かモンハン系ばかり。

近頃のソシャゲーよろしく千本ノックを強いてくるゲームだ。

かといってRPGを見るとキャラクターに傾倒したものか、アクション性よりも戦略性が前面のものばかり。

どうしたというのだ。

一度しか通過しないようなステージを作りこむには、開発費がかかりすぎてしまうというのか。

自分好みのゲームはもう登場しないのかと思うと残念でならない。

誰か面白いゲームを紹介して下さい。

2016-03-19

ガルギガムを読み終わった。回収されない謎もあって、上下巻で完結する内容じゃない気がした。

特徴的なキャラクターはいるのに揃いも揃って掘り下げ方が物足りないし、主人公は振り回されっぱなしだし、ヒロインとの関り合いばかりが描かれててイライラした。

そらさ、主人公ヒロイン関係って重要だと思うけどさ、それだけじゃ面白さが足りないよ。

加えて何より辛かったのが、文体ライトノベルに多い気がするんだけど、地の文口語文がぶち込まれまくっているのが気になった。

効果的に使えれば文章にメリハリが出るんだろうけど、テンションが高いだけで個人的に大部分が滑ってたように思う。好き嫌いがあるところだからあれだけど。

三巻か四巻くらい使って描けたらもっと良くなってたのかもしれない。もったいない作品だなって感想だな。

ライトノベルといえば世界の終わりの世界録アンコール〉もこの前読んだんだけど、こいつはあれだね、スーファミ世代スクエニRPG小説にしたやつだったね。

読んでてすっごく血肉がたぎるって作品じゃなかったけど、RPGツクールで作った大作ゲームシナリオを読んでる気分で楽しかった。

こんなゲームがしたいです。時間があれば。

2016-02-10

社畜家畜

人間の欲求には5段階あるんだって生理的欲求、安全の欲求、所属の欲求、承認の欲求、自己実現の欲求。

君は毎朝電車に1時間すし詰めにされながら会社に通って、それから日付が変わるまで仕事をして、家に帰ればベッドに倒れる日々だ

けど、それだけしても3段階目までしか欲求は満たされてないんだよ。」

美智子は夜中の1時に、布団の上でぐずる息子に授乳をしながら、さきほど帰ってきた夫にそう話しかけた。夫は眠そうな顔で「うん

」とうなずきと風呂場に消える。息子はおっぱいを飲みながら白目を剥いて寝入る。美智子は息子をそっと布団の上に載せ、ゆっくり

おくるみを掛けた。美智子も横になり、隣にある美しい息子の寝顔を確認して目をつむる。美智子が眠りに入っていく中で夫は風呂

から上がり、美智子のそばに来て頭をなでる。美智子が寝ているとき、いつもやっていることだ。美智子はそれに気づくときもあるし

、気づかないときもある。今日気づき、眠りながら微笑みを返す。

美智子が朝9時に起きると、既に夫は会社に出かけていなかった。夫が朝の支度をする物音で起きたものの温かい布団から出られずぐ

ずぐずしていた。今日火曜日なのでゴミを出そうと思い、ゴミ箱を見ると、既に空になっていた。排水溝のネットも新しいのに替え

られている。ああまた夫が全部やってくれたんだと美智子は思う。テーブルには昨日夫のために作った野菜炒めが手付かずのままだっ

た。朝ごはんにその野菜炒めを食べていると、息子が目を覚ましぐずりだした。野菜炒めを持って息子の横にいく。TVをつけ、息子

を抱え、おっぱいを吸わせ、同時に野菜炒めを食べる。必死おっぱいを飲む息子の顔に、ぼろぼろと食べ物が落ちていく。さあ今日

は何をしようかとTVを見ながら、野菜炒めを食べながら、授乳をしながら美智子は思う。まずは洗濯機を回そう。洗い物もしよう。

天気がいいから外に洗濯物を干して買い物に行って、夫のために夕ご飯を作ろう。ホワイトシチュールーを使わずに作るんだ。それ

から、部屋の片付けもしなきゃな。まあ夫が帰ってくる午前1時までにやればいいから、まずはネットでもするか。

その日はホラーゲームPCダウンロードし、泣いてる息子をあやしながら追ってくる幽霊から逃げて一日が終わった。20

時に息子を風呂に入れ、今日は夕飯作らないでいいかと考える。今の時間ではスーパーもやってないし、どうせ作ったところで

食べないから

「作っても意味ないよねー」と目を丸くして風呂につかる息子に笑いかける。息子はきゃっきゃと声を上げて喜ぶ。

風呂から上がり、しばらく2人で遊んでいると、疲れたのか息子は寝入る。ようやく美智子は立ち上がり、朝回した洗濯機を開いて、

洗濯物を部屋干しする。洗濯物をつるしていると脳内小学校の下校アナウンスが響く。「あと10分で最終下校時刻です。後片付けをして、すぐに家に帰りましょう。皆さん、今日はどんな一日でしたか?」

夫が珍しく23時に帰ってくる。帰りが早いので部屋は散らかったままだ。

「お帰り。夕飯ないよ」と夫に言うと、「コンビニで買ってきたか大丈夫」と答える。夫はセブンイレブンの袋からおにぎりとスナ

ック菓子ビールを取り出し、食べ始める。美智子が「りんご剥こうか?」と聞くと「いいよ」と言う。

「美智子大変だからいいよ。」

「大変じゃないよ。りんご剥くよ。食べて」

「俺に選択権ないのね」

夫は出されたりんごを半分食べ、美智子に差し出す。

「あとは美智子が食べなよ」

美智子は迷うが、結局残りのりんごを食べる。夫はりんごを食べる美智子に話しかける。

今日はどんな日だった?」

今日はねゲームしてたの。18禁ホラーエログロゲームお化けに追いかけられてすぐ捕まっちゃうから全然エロい

ーンは見られないんだ」

「そうなんだ」

「まだ体験版なんだけど、どうしようかな買おうかな。今2000円が1000円になってるんだ。どうしよう」

はいはい無駄遣い無駄遣い」

夫が一日働いてるのに自分ゲームをしていて、少しは怒られるかと期待したが、夫はいつもどおり疲れた笑顔だ。

数日後、夫は美智子に最新のRPGゲームを手渡した。

「どうしたの?これ」

会社でもらってきた。変なゲーム無駄遣いしないで、これをやりなよ」

美智子は出かける夫を見送ったあと、息子におっぱいを吸わせながら、もらったゲームパッケージを眺め、さびしくて泣く。

2016-01-23

お前らのメアリー・スーで卓の楽しみが薄れていく。

ある身内ばかりのTRPGコミュニティーについてのくそみたいなチラシの裏側。

以下、自戒を込めての話になる。

RPGあくまで誰かと共存していくことが求められるわけであって、身内ねたで固めたPCやRPは一昨日きやがれ。と思うのは横暴だろうか。

コミュニティーの中で、目的数字が出るまで振り直してPC作成っていうのが横行してPCインフレ化が止まらない。

いつでも俺が世界の中心、ってやつが一人いるだけでつまらなくなる。

KPが公平に話題を振らないのとかも有り得ない。

特に自分が『一般人使用することに意味がある』Cocを基本プレイにしているからかもしれない。

PC情報ミクロ範囲の設定にしてくれ。よくある話にしてくれ。周りが抱え込める程度の話にしてくれ。主人公属性はただの一人にもないはずだったのに。あるいは、みんなが主人公だったはずなのに。個人的取り巻きにも非はあると思っているんだけど、まあ、なんだ、一人が中心のTRPG感。

セルフ二次創作別に言うことはないんだけど、そのノリを卓内に持ち込んでいるのが許せない。みんなとやるもの、という意識がなさ過ぎでは。俺TUEEEEなら永遠にソロプレイでやってくれ。

メタ知識は推奨派だけど、だからって一人のPLが全部決めていいわけではないし、それをどれぐらいPCに反映できるかはまた別だろう。ダイスを振れよ、ダイスを。アイデアでも知識でもいいからさあ。

ある一定コミュニティーで凝り固まりすぎて、ずっとそこについていかなければならないような同調圧力存在している。

これも私個人としては気持ちが悪いと思っている。

そのコミュニティーのTLだけで色々な設定を生んでいくから、そこに張り付いていないと次の卓参加したときにひとりだけギャップがあるとかいくそみたいな事案が出てくる。気がする。

自分PCというただの駒を『うちの子』としてモンペしている側だから(そうだ、だから多分、上気の理由でというより、そこで自分PCがないがしろにされていくのが我慢ならなかったのだ)何も偉そうなことは言えないとは思うんだけど、だけどさあ。

コミュニティー内の誰かと誰かっていう形では一緒にやりたいPLもいるんだけど、そのコミュニティーにいるという理由それだけでもう切ってしまいたい。

何がこんなに気にくわないのかわからないけど、とにかく気にくわない。

そのコミュニティーにいて一緒に目をつむっていれば楽しくやれたかもしれない悔しさかもしれないし、嫉妬かもしれないし。

本当につまらない話だ。

あー、でも色々なPLを見てきて(KPとしてとか、傍聴としてとかも含めて)いらっとした瞬間は大体一緒で、

『お前ひとりで進めんなくそが』だったはず。もっと周りのPLに意見を聞いたり、誰が適任かを考えたりをしろと。そういう。お前のPCはそんなに万能キャラじゃないだろっていう。

やっぱりTRPGでおなにーされてるのがくそ腹立つんだよな、結局。

RPGにおいて、誰か一人が突っ走ること(それはPL、PCわず)が一番良くないと思う。まとめ役は必要だけど、そしたらまとめ役はあまり強く意見を言わないだとか他PL、PCとのバランスを取って欲しい。だってみんなが楽しめるのがTRPGしょうが。まあ、盲目中の本人達楽しいからやっているんであって、それの否定は出来ないんだよな。だからこっちがそのコミュニティーから出たわけであって。

あとはシナリオブレイクするスタイルがかっこいいみたいな風潮が一時期あったけど

被害妄想かな。なんにせよためらいなく犯罪行為無意味にやる発想をしてKP困らせるのはやめてやれよ)あれもクソだなと思う。

RPについて。

卓をやる結果としてのセルフ二次創作はいい。

常識範囲内の設定からの卓内RPで常識範囲内で活用するはいい。

セルフ二次創作設定を卓内で過剰にやる、は駄目。

PLについて。

メタ知識、メタ推理はいい。

ひとりで決めるな、ひとりでやるな。それから、ひとりを持て囃すな。

議題から脱線する形になってしまったんだけど、結局メアリー・スーにも独断PLにも言えるのは、『空気読め』ってこと。

これも同調圧力って思われるんだろうな。やだなあ。

ひとつコミュニティー内のくそみたいな鬱憤だったんだけど、他のコミュニティー見ても、なんていうかこう、一定の一人持ち上げとか俺TUEEEEEEとかそういうのがちらほら見られて

(私のコミュニティーの探し方が悪いのか? 類は友をなんちゃら)

ほとほと困ったわけだ。

なんでかって、こんなにストレスになっているのにTRPGもくっさいRPも私はやってて楽しいからだ。自分も大概どうかと思う。

2015-12-10

自分は脇役でいい

anond:20151210070424

そう理解してから

就職とか結婚とか子供を持つとか人生の本番だよ。

たまに”主役”のおはちがまわってくると

そこはかとなく「面はゆい」けどやりがいを感じるよ。

あと人力検索の回答やってると質問者ホント主役気取りだぜw

知識でたたきつぶすの楽しいwwww

たぶんあいつらはおれらをRPGで町に立って「ここは はてな村 だよ」って

いってる人畜無害なNPキャラくらいにおもってるんだろうけど

「おいおいリセマラもしねーでここにきたのか」って言ってやると

みんなきょとんとするよw

たまに炎上させずにはおかない勢いで暴れ出すのもいるw

ガイドライン違反通報あぼーん

2015-08-30

http://anond.hatelabo.jp/20150829231502

あ、シナリオとは別なんだけど、ちなみに今この瞬間で最先端DLsiteとかでダウンロードできる同人エロゲー

実験的なことがどんどん行われていて、

例えば着せ替え系のエロゲー全然新しい領域開拓しようとしてるから

エロRPG戦闘中脱衣はメチャクチャエロい

個人的にはドストライクなのでメジャー系のメーカーでもやってほしいんだけど

それ系でお勧めは赤首とかプリンセスサクリファイスかな。

2015-07-03

anond:20150628164347

こういう話をみてるとよくRPGとか漫画の脇役によくある

若い頃一つの道に熱中したのにもかかわらず大成できなかった~~の専門家を親にもち、

最適な才能に最適な幼児教育を施されたため、

見た目ロリショタのくせに冷静でめちゃくちゃ問題解決能力あるけどたまに心が不安定になる旅の仲間

みたいな子は

絵の分野ではぜってー生まれるわけないわとおもっちゃうよね。

親になるはずの人間が、

学んだ美術技法を全部もってあの世にいっちゃう傾向にある。

よっぽど絵を書くことはツライんだろうね。

 

自分、20年前にこれやった人美術部の先輩にいるわ。

自分的にはすごい好きな絵だったしこの人が絵をかいてくれる

(実際、部誌の表紙とか書いてくれてた)なら

自分は今後の人生で絵は一筆たりともかかなくていいとおもうくらいだったのに、

才能ない自分しかたなく別の生き方を学んでる間にこの世にいなくなったわ。

絵を書く人間ケチから子孫という作品さえ残さないんだなって涙も出なかった。

自分世界の一部を破りすてられたようなもんだ。

スポーツ選手とか芸能人ならどんどん次世代活躍して本人も生きてるのにな。

にのっとられた脳には何言っても無駄なんだろうから無理すんなしかいえないけど、

世間に流されて生きててくれたら絵はかかなくても結婚だとか出産しなくても

単なるデブな44歳のキツいオバサンになりはててても

ずっとずっと仲良くしたかったよ。

 

…薬飲んでようやくいきてる字書きのあの子自分を破り捨てたりはしてないのに。

絵描き孤独親和性は見ていてそらおそろしいよ。

2015-06-02

ゲームでもそうだよね、RPGだとパーティーキャラ女性は必ず12~25歳まで。

一方オスは10代半ば~40代は当たり前で50や60が居たりする。

30過ぎた女性はあまり出て来ない。

主人公母親は流石に30や40過ぎてるけど物語にはあまり関与しなかったり。

こういう所ほんと気持ち悪い。

2015-01-28

正直艦これアニメの出来は提督様の自業自得だよね

気づこうと思えばいつでも、あの無能な出しゃばりがリスクであると気づけたはずだったのに

外れろ、お前はクリエイターには向いてないとはっきり声を上げる機会はいくつもあったはずなのに


原作にその名前クレジットされているのに(いるからこそ)、群を抜いてリアリティの低いコミカライズ作品


作品とは関係ない上に、ゲーム要素を落とし込まずにそのままぶち込んだだけのドラマCD


筋も通らない上に面白くないどころか艦娘ユーザー道化にした2014夏イベント


会話が成り立っているかも危うい角川ゲームスのSRPG


1年以上も連れ添ったキャラのものを作りかえるような追加ボイス


kanataからminatokuに名義こそ変えたが作詞だってそうだ



普通なプロが行っていた分野の仕事を、ただそれができる立場いるから、所詮テキストを書くだけだからと、

侮って手をだして、酷い出来のものを作り続けてきた。今回はそれがアニメになった、それだけだ


田中謙介氏がシナリオに手を出したのは、彼自身が述べているように、C2機関サークル活動以降である

アラフォーになってからの挑戦だ。それ自体別にいい。その歳から評価される作品を生み出した例はいくつでもあるだろう

ただ彼がそういったライティング業をやってきたのはサークルメンバーとして、そしてプロデューサー等の権限のある役職と兼ねて、だ

書くのが彼なら、組織の中でその品質をチェックするのも彼、だ


間違いなく艦これの企画者は彼だろう。トップも彼だ。だが、創作するのも彼でなくてならないなんてことは、なかった

しろ企画者であれば、企画のために人材を見出すべきだった


そして止める者もなく、止める声も大きくならず届かずアニメに至った

アニメの結末を修正したのは、させたのは彼より偉い安田氏だった

2015-01-12

艦これというブランドをまず考えて、授業参観で終わっていいのか

もっといろんな艦これ経験したほうがゲームにとってプラスじゃないのか、と


そう、アニメの一話を見て思いました。

端的に言えば満足できない、この先満足するのは難しいかと思ったのです。


はいっても、アニメスタッフが手を抜いているとか、まじめに作ってないんじゃないかと

非難したいわけではありません。

私が艦これアニメ1話を見た時の印象は、下記のようなものでした。

@ham1975: 艦これアニメ、めんどくさい顧客相手に慎重に書かれたパワーポイントプレゼンのようだった

https://twitter.com/ham1975/status/552972215201718273


しろ逆に、アニメスタッフは大変頑張られたと思います

ただその頑張りの方向が『最大多数の最小不幸』を目指している感じであり、

かつそれが視聴者にも伝わるがために、「あ、うんまあ悪くなかった……んじゃないかな」

と褒めることもできないが文句を言うには忍びなく、

結局出た出ないを話題にする授業参観アニメなっちゃったのかなあと思います


まあ、5W1Hすら設定しないというのはどうかと思うんですが、いろいろあったんでしょうね。


Who(誰が)    艦娘が(ただし何者かよく解らない)

What(何を)    敵の深海棲艦を(ただし何者かよく解らない)

When(いつ)    ヨクワリマセン

Where(どこで)  ヨクワリマセン

Why(なぜ)    ヨクワリマセン

How(どのように) 砲撃や雷撃で倒しました


ノベライズやTRPGでは、艦娘が人ベースなのか転生なのか、どちらかに決めた上でやっています

コミカライズだとボカしているものもあり、誤魔化せる表現が可能なら曖昧にしていくという指針でもあるのかもしれません。



ただ、ぼかさずに済むHow、戦闘手段アニメに落とし込めていないのは大変気にかかります

水上スキーはまだしも、あのサイズあの形態で戦うのであれば、艦の戦闘準拠する必然性はありません。

からこそ、水雷戦隊クロニクル天龍は剣を振るいヲ級はその頭部で噛み千切ろうとし、side金剛金剛は敵戦艦を投げ飛ばすという表現になったのでしょう。

言ってしまえば、魚雷有効だって人型であることと相反しちゃうんですよねえ。


巷でどうこう言われてる弓の話も、どちらかというとなんで矢が艦載機になるのか、

弓の鍛錬をする意味がどの辺にあるのかをアニメ世界の中できちんと説明できるか、理由づけられるか、の方が大事だと思うんですけどね。

現状初見さんが素朴な疑問を抱きそうな点はいくつかあるんですが、その殆どゲームユーザーも慣れただけで説明できないわけで、

アニメでその辺の説明がされることを期待していた向きもあるんですが、こうも「そういうものから」で流していくのをみると、

しろ「設定に触る部分は説明しない(できない)」という意思表示にも思えます

説明しないことによるメリット、というよりすることによるデメリット、というものに心当たりがなわけではありませんが

そこまで厳しく語ることを制限されていると、何のためにアニメを作ってるのかよくわかりませんし、

スタッフも作っていて面白くないんじゃないかなあと思います

配慮もうれしいのですが、まず面白くするために考えて、そのあとで可能限り配慮を尽していく形であればなあ、と



ところで、本当に巷でいわれてるんですかね弓の話。

指摘された! 弓道やってるやつはめんどくさい! と範囲限定しない中傷はざらなんですが、肝心の指摘はあまり見ません。

おそらく今回の発端はこのツイート

https://twitter.com/shockn55/status/553844214698504192

画像だと思うんですが、わざわざ掲示板あたりで使われていた画像を引っ張り出してきて、

面倒な人たちに目をつけられたと主張、拡散されていくのを見ると「面倒ってなんだろう」と考えてします。

しかも、(別の方ではありますが)「キービジュアルに対する指摘を受けて直しても(註:但し指摘を受け入れてたという根拠はない)、結局突っ込まれる。テロリストに譲歩しちゃダメってことだ」

という主旨の呟きも目に入ってしまい、比叡カレー吹いてしまいました。テロリストってお前。

と思ったら、2か月前の時点ですでにテロリストに準えるコメントがあるまとめブログ記事があり、

http://kantama.net/archives/16344385.html#comment

指摘が入ると「仏の提督さんでもキレました」と闘争に入るスタイル確立

および艦これへの言論によるテロに対する、高い意識存在が伺えます

また、件の記事自体今日を予期した念入りなシャドーボクシングであり、

どちら側が原因かはさっぱりわかりませんが、元々開戦の機運が高まっていたのだなあと感じ取れます。どちらが原因かはさっぱりわかりませんが。


なお私は剣道部であることを付記いたします。



長くなりましたが、あくまアニメに対する懸念は一話時点での懸念であり、今後の十一話で払拭してくれることを期待していますし、

不惑に至って尚、新しいことであるシナリオライディングや作詞に手を出す挑戦心を忘れない、

中年の星たる原案田中謙介氏のシナリオライターとしてのシンデレラストーリーになるような成功

および中村ノリというブランド継続をお祈り申し上げます

2014-11-02

遅ればせながら、1年ほど前にスマホを購入した。

せっかくだからと、スマホゲーもやることにした。

ストアの中から選んだのは「モンスタータクト」というゲーム

絵柄がかわいいし、冒険RPGのものをやりたかったためだ。

当時から話題パズドラと較べても、自分にはこっちのほうが面白いかなと思った。

数か月の間、結構熱中した。守備重視で自分パーティー確立し、ストーリー部分のクエストクリアした。

しかしある日、アップデートダメージ計算方法が変わったのか、これまで攻撃を受けても1ダメージだった相手からダメージ値が増えた。

パーティー考え直さないとなあと思いつつ、放置してしまった。

先日ログインすると、今月でサービス終了するとのことであった。

課金していなかったので金銭的に無駄になったというものはないのだが、最初にやったゲームが終わってしまうのはさびしい。

スマホスクリーンショット自分モンスターをパシャパシャ撮っておいた。

少し残念なのが、ストーリーが完結せずに終わってしまうことだ。

スマホゲーのストーリーはあってないようなものとはわかっているが、

書き溜めてあるのならば終了時に放出するだろうに、それがないのは、最初からなかったということなんだろうか、という思いになる。

でもこのことは、ストーリー観点から発展させる余地があるということだと思う。

そんなことからスマホゲーのサービス終了にあたっては、既存ステータスを引き継ぎ、ソーシャル部分は削除して再調整して、完結までのストーリークリアを目指す内容の買い切り型のゲームになるような最終アップデートを有料で販売する、というのがいいのではないか、と思った。

後で無駄になることがなければ利用者課金がしやすくなるだろうし、運営最後お金が入るし、皆にとっていいのではないか。

話は変わるが、数か月前からは、「ぷよぷよクエスト」もやっている。

これも自分パーティー確立したが、マンネリ感が激しく飽き気味である

ギルドマスター放置したためどういうわけか自分ギルドマスターになってしまっている。

パズルをやりたいなという気分には時々なるので、続いている。

最近よくやっているのは、「スクールガールストライカーズである

これは1000円ほどであるが初めて課金をしてしまったゲームである

キャラかわいいし、ストーリーキャラ同士の掛け合いも面白い特にお気に入り調理実習)。

特にいいのは「デッキコスト」「カード所持枠」「アイテム所持枠」というストレス要素がないことだ。

ただ、スーパーレアカードが10枚揃ったが、これ以上成長するには

超低確率レアカードを引く以外にほとんどなく、確率からすると課金しても打開できるとは限らず、

対戦でも勝てなくなってきているし、これからどうしようかな、という状態だ。

ストーリーはまだまだこれからという感じで、メディアミックス展開もあるようで、

最後に上で書いたような買い切り型のゲームになってくれないかな、と思っている。

2014-07-31

ゲーム業界高学歴採用すればするほど金回りは良くなるが

ところがどっこい

作品の質はどんどん落ちていく。

シリーズ化すればマンネリ化していくパワプロと違って

ドラクエFFなどのRPG無双のようなアクションゲーはどんどん課金ゲーと化していく。

賢い人は常にお金を如何にして儲けるかしか考えないから必然的に内容量を削って後でDLCという形で

課金システムを利用しやすい。

任天堂のあるクリエイターが言ってたけど、学歴重視でやってゲーム作らせたらつまらないのしか生まれない。

そうではなくて本当にこれ面白いって企画を募ってそこから採用するか決めて行かないと

任天堂の倒し方を知ってると豪語して消えて行ったグリーの二の舞になってしまう。

2014-06-24

婚活をしていて思ったこと、乱文

アラサー男性年収600万ちょい。身長179cm体重65kg京都出身次男、大卒病気一度もなし

マンション1室持ち、研究職で周り男しかいないため婚活

このようなステータス武器RPGのように婚活戦線を戦っていたら個人的にびっくりしたことがあったので書く

よく小町で見かけるテンプレ

専業主婦希望

年収800万以上希望、顔がよければ600万でも我慢する、私は派遣or家事手伝い年収150万ぐらいです

自分で言うのもなんですが年よりは10歳若く見えるってよく言われます芸能人に似ているって言われます

 体重80kgだけどぽっちゃりって言われます

・同居は不可、でもうちの親の老人ホーム代は出してください。・田舎暮らし不可

こういった30台後半~50歳ぐらいの寄生獣複数人参加形式の立食パーティーでたくさん見かけます

小町のこの手の毎回同じやり取りと同じ展開、トピ主が最後発狂して出ていくという何年も続くお家芸的なお約束

同じ人、もしくはネタとして複数人テンプレ通り書いてると勝手にどこかで信じ込んでいたので

この手の女性がわんさこいることに非常に衝撃を受けた

ネット現実を混同しちゃいけないと思っていたらネット現実でしたって衝撃。

最初拒否反応が強かったが少し仲良くなって愚痴を聞いてあげると

パーティなどで他の女より私が見た目でかなり優位なのにモテない

・私より不出来な後輩や同期が結婚するのが許せない

・私が綺麗すぎるから男が気後れしちゃって寄ってこない

といった小町のようなテンプレオンパレードデフレパード。

現実をつきつけたらどうなるのかな?と思い遠まわしに高望みやめるよう言ってみたら

紹介所や環境等のせいにして大抵私は悪くない、世界が悪い

といった現実逃避呪い言霊を残して去っていく

ゾッとしたのは全て小町お約束通りになっているということだ

女性というのは悲しいかな、本人に直接批判をしない生き物なので

髪型が似ているというだけでどの芸能人に似ているといい、

言われた本人がそれを鵜呑みにしちゃう人が少なからずいるが

図々しい人はそれを水戸黄門の印籠のように振りかざす。

それでも本当に仲の良い友達がいたら軽い批判は言ってくれたりするのだが

いない人は小町相談する、そして友達がいないから紹介もないため婚活する

ただテンプレ通りのような人間がどのように形成されていくのか?

まったく一緒なんてありえないのに多々遭遇した。

こんな感じでいろいろ考えているうちにだんだん楽しくなってきたので

気分はモンスターハンター

希望を下げこういう自分を顧みない高望みの女性を紹介しろと紹介所に相談しに行ったら

面白がってるのを見抜かれて出入り禁止を食らったでござるの巻。

2014-03-25

仮想現実という幻想

直接を受けてはこれ。

http://fanfiction-novel.com/archives/544

仮想現実物のアニメラノベについての雑記

ただし、別に反論とかそーいう代物ではないです。

?B から REV さんの

http://lightnovel.g.hatena.ne.jp/REV/20100128/p2

ゲームの中が舞台ラノベ

も参考にしてます

 

web小説のVRMMORPG物とかが書籍でまであふれていて、いくつかのそういうラノベの状況への批評を読んで、そういうのに対してもにょもにょとした感覚を持ってたのだが、アウトプットしてないなと。で、アウトプットしたいなという感覚がとっても大きくなってしまったので落書いてます

で、自分領域だと ?D も ?H も Tw も読む人が皆無なので、自分のところよりは読む人が多いであろう増田借ります

結局のところ独りよがりチラシの裏なので、嫌いな方はページを閉じてください。

また、ねたばれを平気で入れます

 

よござんすか?

 

よござんすね?

 

そんじゃ、チラシの裏を徒然なるままに。

物語類型

一番最初に気になったのは、物語類型としての分類。

ぽすてぃぶさんが

仮想世界物の「SF」がSAO

仮想世界物の「異世界召喚物」がログ・ホラ

仮想世界物の「サスペンス」が.hackこうではないでしょうか?

としていたのですが、これの SAO を疑問に思いました。

SAO最初は、ゲーム仮想世界に閉じ込められて、命がけのデスゲームを行うというものです。

そこで、確かに世界の作り方は SF なのですが、では「物語世界」を考えると、これは「ファンタジー」の方が近いのではないかと考えています

ぽすてぃぶさんが持ち出した SAO の要素として

思考加速、人工知能ロボット、A.Iが住み管理する街、これだけ聞くと完全にSFです。

とあるのですが、作中でこれらのギミックが「SFとして」活用され始めるのは、少なくともアインクラッドを抜けた後になりますユイのボディを現実につくるためには?など。

そう考えたとき、少なくとも最初アインクラッドでは、彼らの世界ファンタジーと同一の代物でしかありません。行き過ぎた科学により魔法と見分けがつかない代物です。そして彼らにとっては、それだけが世界」です。

 

同様の構造クリス・クロスにも見られます

ダンジョンの中に閉じ込められ、クリアするまでログアウトできない。ゲーム中の死はそのまま本人の死につながる。

作中のスキル「ゲーム」という設定なので「SF」ではありますが、キャラクター世界にとらわれいることからゲームの中だけが知覚できる「世界」になっています。そしてその「世界」の中には SF ギミックは問題ではありません。

 

これらに比べてログホラで違うのは「キャラクターの死」が「プレーヤーの死」と直結していない、というルールが典型でしょうか。

しかし、作中キャラクターにとっての「世界」とは何か?を考えたとき、彼らの世界はもともとの現実と全くつながっていない、「世界はいま生きているそこだけ、という意味では、同じになります

 

その意味で、彼らの物語類型を考えた時に重要なのは

このように設定された「世界であるのではないかと考えています

 

となると、これらはすべて「貴種漂流譚」の系譜とみるべきではないかと最初に思いつきます

貴種漂流譚?

しかし貴種漂流譚とした場合物語類型としては明らかに違うものがあります

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%B4%E7%A8%AE%E6%B5%81%E9%9B%A2%E8%AD%9A

VRMMORPGMMORPG場合主人公は貴種というわけではなく、また、多くの同様の他人と一緒に異界に漂流しています

これは明らかに貴種漂流譚とは違う特徴です。そもそも貴種漂流譚は神話類型で、英雄譚のいくつかにみられる特徴なので、そのまま当てはまるものではありません。

行きて帰りし物語

となると、他に近い分類を考えると、「行きて帰りし物語」というのが出てきます

http://hiki.cre.jp/write/?YukiteKaerisiMonogatari

これは乱暴な言い方ですが、貴種漂流から「貴種」の特徴をとっぱらったものといえます

結果残るもの

というパターンになります

多くの場合冒険に駆り出される理由は「日常からの欠落」が起き、「冒険の中でその欠落したもの、あるいは替わるものを見つけ」「日常に帰ってくる」というものです。スターウォーズなんかこれの典型ですね。

 

ここまで来ると、物語類型であり、一方で物語論として「読者に受ける物語とは何か」という話にもなってくるのですが、そちらの論は話の方向性微妙に違うので割愛

 

さて、では素直に「行きて帰りし物語」の類型としてまとまるでよいのでしょうか?

集団漂流というジャンル

ところがここでも問題が、行きて帰りし物語場合冒険に投げ出されるのは「主人公」とかその周辺がせいぜいです。

また、「日常に帰ってくる」というのも重要になりますログホラの場合ゲーム中に行われている冒険では「日常に帰ってくる」のですが、「現実世界」の意味では帰ってきていません。

 

では、さらに共通項をと考えた時に残ってくるのが「集団漂流物」というジャンルになります

これの古典で有名なのは十五少年漂流記(小説)ですね。

個人的に思い出すのは、空飛ぶ!竜峰学園(ラノベ)とか、勇者110番(NG97)とか、かなりマイナーどころになるわけですが。

類型とその違い

ということでもう一度元に戻り、SAOログホラ、.hack で考えてみた場合

という分類になるのではないか……と考えたのであります

なお SAO ですが、実際には細かく変わっていて

というのが物語類型での分類になると思われます

異界へのギミックや、異界で使う技術「ゲーム」ベースであるため、一見 SF なのですが、実際なところはあれらは「魔法」と物語上ほぼ変わらないものほとんどです。

となると、物語類型を見る場合にはもっと重要ギミックがあるのではないか?ということで、このような分類を夢想しています

ゲームという題材が特殊なのか?

ここで気になったのが、では「ゲームという題材が特殊なのか?」ということです。

で、最初の方に戻る。

web 小説や、そこから現実書籍になったものが、いろいろと「似通ってるな」という印象は、はたして「本当なのか?」。そして「似通ってるな」と思ったものは「何か?」。

個人的に多くなったなと感じているのに、確かに VRMMORPG に取り込まれるってのがあります。そして俺TUEEEEE。

しかし同様に、異界漂流物も多くなってるなとも思うわけです。ファンタジー世界で「生まれ変わる」とか「召喚された」とか。そして俺TUEEEE

で、これらを考えた時、ある意味昔っから変わってないのではないかと思うわけです。ファンタジー世界に行って無双っての。ゲートも戦国自衛隊ファンタジーにしただけだ、と乱暴に切り取ってみたり。

結局「無双の理由づけ」に何を使っているのかという部分で、VRMMORPG というのが身近になったのかなと。

 

そもそも「コンピュータを用いたゲーム的異世界」で冒険というのであれば、いろいろと話は出てきます

それこそ、最初は「ジャックイン」でしょうか。ニューロマンサー('84)。これのジャンルだと SFサイバーパンクですね。この場合マトリクス現実世界の裏にある(人工)異世界という視点で見れば、ファンタジーの一種とみることも不可能ではありません。

同じくサイバーパンク電脳世界があるもので、漫画で有名になったのがサイレントメビウス('88)でしょうか。

他、こちらはハビタットのような電脳街という感じの世界ですが、BOOMTOWN('92)という漫画もありますAI が住み、自己増殖する電脳世界に入り込み、バグ退治を行います表現SF 側です。

そして、ゲームといっても電源不要東京N◎VA('93)なんかが思い浮かびますサイバーパンクなTRPG

一方、完全にゲームの味付けでは、クリス・クロスが '94、クラインの壺だと'89ですね。

 

そしてこの「ゲームな味付け」で「異世界」となると、コンピュータを捨ててファンタジーにぐっと寄ったものとして思い出せるのが遥かなる異郷ガーディアン('90)。死亡無し、バイト感覚ファンタジー世界魔王を倒そう!という話です。あるいは、日帰りクエスト('93)なんかも近い代物でしょうか。これらは日常の延長として異世界ちょっと冒険してくる代物ですね。

これらと .hack が似てると思ってて、ギミックに「異世界」が絡む程度なんですよね。物語世界の構築法の話であって、物語としてはその異世界重要なのですが。

 

そして、完全にファンタジーに話を持って行ってしまえば、作品は一気に広がります

世界現実を行き来するってのでは、ナルニアとか。

個人的には魔法使いになる方法(ダイアン・デュアン著)を持ってきたいです。翻訳がまた止まった……。こちらは、現実世界の「裏」にある世界なので、ナルニアのように現実世界の「隣」にあるのとは違っていますが。

 

ここで VRMMO を題材に使っているのを考えてみますと。

VRMMO は現実世界の「隣」にしかなれません。アクセルワールドのように現実世界を模した世界であっても、現実世界に影響は与えていません。

その中で主人公プレーヤー集団が「命」であったり「記憶」であったり「思考」であったりの影響を受けるという、世界以外が対象になります

となるとこれは別にゲームではなくファンタジーであっても同じなので、ここの類型から考慮しないでも済みます

 

一方、魔法使いになる方法では、魔法使いだけに見える世界というのは、現実世界と表裏一体です。魔法世界で変化があれば、それは現実世界にも影響を及ぼします。

これは電脳世界を用いた場合でも同じギミックがあるように作ることもできます

N◎VAもそうですし、サイレントメビウスもそうですね。

 

このような違いを見るに、ようするに「VRMMO などに見えるゲーム世界・異世界」というのは「現実に影響を与えない箱庭」という概念でくくれるように見えます

世界漂流ファンタジーもその多くは「現実に影響を与えない箱庭」的世界です。

このように、完全に切り離されている異世界かどうかというのが重要ポイントなのかもしれません。

俺TUEEEの源泉

ちょっと話が散乱したので、少し戻します。

無双の理由づけ」です。

VRMMO 、あるいは「ゲームルールがある異世界」を用いた場合、「俺 TUEEEE」に対してこじつけが作りやすいのが、この分野が氾濫している理由なのかなと思ってみたりしてます

どういうことか?

 

多くの場合対象となる異世界は、技術文化水準が現代より低いです。

FPSSLベースにした場合は逆もありますが、氾濫しているのは多くが「ファンタジー世界」として「中世西洋」がベースです。

そこで俺TUEEEとして従来のファンタジー神話伝説英雄譚、ファンタジー小説などがとった手法が「貴種」です。

これは現実にも祭事が政であった時代に、「神の信託を授かる巫女」(卑弥呼など)とか「神(竜)の血統」(中国皇帝日本天皇)とか「神に認められた」(キリスト教や同影響下の国々の王など)が用いた手法で、何か特殊存在が力を認めているから「偉い」という考えから来ている物と思われます精霊信仰や祖霊信仰なども同様なので、世界中で行われた、あるいは現在進行形の考え方ですね。

 

そして、漫画アニメラノベでもこの手法はいくらでも使われています。作品は割愛。 

では、一般人ではダメなのかってところから始まったのが、異界に行った時に「異物」なので強くなったというものです。この場合だと貴種である必要性がなくなります

この場合重要になるのが、多くは「機転」や「思考」だったりします。その世界にない視点で物事を考えることで、打開するなどもありますね。

 

VRMMO の場合、この後者の考え方を用いて俺TUEEEをするというのが基本ですね。

ログホラがわかりやすいですが、異世界にはないけど現実世界にあったものを再現することで、異世界でのアドバンテージを得る。蒸気機関はこのギミック

この手の異世界で発想で先手を取るってのが、他だとアウトブレイク・カンパニーであったり。あるいはくじびき勇者さまを思い出してみる。他にも新書であったような記憶があるのに、題名全然出てこない。

まおゆうも「その世界になかった概念を持ち込む」事で「世界に影響を与える」という部分で、ログホラとそっくりなことを味付け変えてやってます

 

てなところで、俺TUEEEの源泉をあれこれいじってきてるのは増えてきてはいるなとは思った。

今までだと単純に戦闘つえー、魔法つえー、だからねぇ。

とめどなく

結局まとまらないので、適当なまま増田に投げつけて終了。

続きも別に考えてないで投げっぱなし。

2013-12-09

http://anond.hatelabo.jp/20131209110725

ドラクエみたいなRPGを口でやるようなゲームだよ

冒険者とか戦士とか英雄とかをロールプレイする

どゆこと?

「俺は高名な戦士〇〇」とかなりきって台詞を喋るの?

http://anond.hatelabo.jp/20131209110434

現実では人の目を見て話すことも出来ないようなキモオタ

ここまで凶暴な口調で発狂してブチキレてるのを見ると

RPGっていうのはよほどやべえ趣味なんだろうなw

ドラクエみたいなRPGを口でやるようなゲームだよ

冒険者とか戦士とか英雄とかをロールプレイする

別にやべくない筈だがプレイしてるさまを横で見てると不気味かも

http://anond.hatelabo.jp/20131209105814

現実では人の目を見て話すことも出来ないようなキモオタ

ここまで凶暴な口調で発狂してブチキレてるのを見ると

RPGっていうのはよほどやべえ趣味なんだろうなw

軍オタ的なあれかと思ったらインドアらしいがよくわからん

http://anond.hatelabo.jp/20131209104849

「一行目は参考になったが」「二行目は門外漢死ねしか言いようが無い」って言っただけじゃん

余計なこと言って死ねと思われたくらいで動揺するなよw

えーとまず

俺が「痛い」って言ったわけじゃないからほんと落ち着いて欲しい


で第一に俺が言ってるのは

「痛い」って言われて「うるせー余計なお世話だ!」って怒るにしても

自分門外漢に尋ねておいて「門外漢がうるせー!」は変だよねってこと


第二に言いたいのは

RPGってのは客観的に言って不気味な趣味なんだから

「痛い」ぐらいでそんな怒っててもしょうがなくね?ってこと

http://anond.hatelabo.jp/20131209103842

門外漢はあのシートなんとも思わないのかな」に対して

「シートには思わない」「しかしTRPG自体が痛いよね」って言われただけじゃん


これぐらいの日本語が理解できないわけじゃないよね?

結局君はTRPGが痛いって言われたことに怒ってるだけじゃん

でもそもそも元増田から門外漢感想聞いたんだから

「うるせえ門外漢が!」って言い草おかし


そしてそれ以前として

あの趣味がはたから見ててなんか痛いとかきもいって印象に鳴るのはしょうがないじゃん

それぐらい現実客観的に受け容れろよ…

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん