「かぐら」を含む日記 RSS

はてなキーワード: かぐらとは

2019-05-20

女子トイレ張り紙

大学女子トイレには必ずと言っていいほど「盗撮注意」の張り紙が貼ってある。

高校部活動でお邪魔した2校も、TOEIC受けた大学も、センター受けた大学も、滑り止めの大学も、今の大学も全部貼ってあった。

かに100パーセント女子大生の釣り堀に犯罪者が針垂らすのは納得っちゃあ納得だし、犯罪がこの世から消える事は無いのだろうから仕方がない。ただ盗撮もので抜く人は作り物とわかっているもの我慢するような良識を少しだけ持ってくれるとありがたい。売れるから売る奴がいるのは麻薬と同じなんだから

それで何が言いたいかと言うと、あの張り紙もう少しなんとかして欲しいって事だ。

トイレは安らげる空間であるべきだと私は思う。トイレぐらい落ち着いてしたい。しかし、あの張り紙を見るとどうしても、そわそわするのだ。隣の個室の奴物音1つしないけど盗撮犯じゃ無いだろうな、このフックカメラじゃなかろうか?そんな疑念のせいで落ち着いて排尿できないのだ。

盗撮犯は上から来るのか下から来るのか?はたまたカメラを仕込んでいるのか?

盗撮被害が多発しています。何かあったら教務へ」と書かれても、我々には為すすべがない。何かあったら嫌だ。何かある前に察知して盗撮を避けたい。

せめてどこのトイレで多いかとか、時間帯は何時頃だとか教えてほしいし、カメラが仕掛けられるのか、上からカメラで撮られるのかぐらい教えてほしい。

手口を知らない限り対策のしようがない。不意打ちでシャッター音が聞こえてから、教務に駆け込んでもしょうがない。

女子生徒は夜道で抱きつき被害が出ていますなんて言われても、防犯ブザーを持って明るい道を通るぐらいが限界だ。児童の親向けの不審者情報は今ではかなり詳しく知らされるのに、なぜ大学生には教えてくれないのか?何時頃どこの道でかぐらい教えてくれたっていいじゃないか。ただ注意注意注意と言われても、帰り道がただ怖くなるばかりである

しか現実問題犯罪の手口を公開すると、模倣犯が出るわけで、なかなかそうできない面もあるのだろう。

とは言え、自分所属する学内で起きた犯罪概要を一切知らされないのも怖いものだ。

2019-05-06

自分関係の無い人間が死んだところで、自分迷惑するか否かぐらしか判断の軸がない

https://togetter.com/li/1344898

正直「ふ~ん」としか思えなかった

2019-04-29

anond:20190425182402

大学に入る前までの過程自分とほぼ完全に一緒で驚いた。

とても他人事とは思えなくて思わずこれ書いてる。

将来の自分のためにログ


甘えた人間は生きてちゃいけないなんてことはないと思し、

傍目からはこの増田は頑張りすぎてるぐらいで甘えてるようには見えない。

会社増田が居なくなっても最悪潰れはしないと思うし、

潰れても誰か死んだりはしないはず。

けど増田会社をやめないと死んでしまうかもしれない。

そんだけ辛い思いしてるんだったらまたしばらく逃げたって良いのでは。

登校拒否だったけど会社で働けたんだし、

しばらく休職してもまた働けるかも。


とはいえ辛い状況だともう死んでもいいかなって思ったりする。

そういう時はいっそ死んでもいいかなと思う。

それで、どうせ明日死ぬ今日は死なないでおくかぐらいの気持ち毎日生きてる。


なんだかね。

2019-04-25

長い話

今、残業中なんですけどもうデスクで涙をこらえるのに必死で何もできないので気をそらすためにも自分の話を書きますね それぐらいは許される職場なんです。いいでしょう。私がすべて悪いだけの、きっといい職場なんです。

私は小学校中学校、合計で五年間ぐらい不登校保健室登校)でした。原因はなんだろうな。今考えてもわからないんですけど、とにかく行けなかったんですよ。なんでだろうね。

面倒くさかったんです。たぶん。鬱かなってちょっとだけ思ったりもしたけど、でも、私は当時からオタクで、ネット動画とかを見て笑ってたからただの甘えだったのかもしれない。徹頭徹尾、甘えているだけの人間なのです。小学校の三年か四年から二年ぐらい通えなくて、六年生で復帰したけど、中学校一年でまた行けなくなりました。勉強ができないわけでも無かった。昔から地頭は良い方で、ただ集中力は無かった。何事も長く続けられなかった。極度の面倒くさがりで、家事も何も一切できなかった。

両親は、学校に行きたがらない私を叱ることもなく、いろいろ考えてくれました。なんたらスクールみたいな不登校児の集まるところに連れて行ってくれたり、カウンセラーが居る部屋に週数回だけ通うように調整してくれたり。

結果としては、私は自分の中でなんで教室に行けないかからないまま中学の三年間を過ごして、そのまま都立チャレンジスクールっていう学校に進学しました。都立高校で、定時制

そこには私みたいに理由もなく学校に行けなかった人って全然いなくて、病気だとか、働かなくちゃいけないから夜間で通うとか、親が離婚してから生活が変わって学校に行けなくなったとか、たくさん理由があったんです。私はなんで自分がここに居るんだろうってちょっと思ったりもしたけど、未だに仲よく遊ぶ友達ができたのもここでした。

学校は楽しかった。

でも高校はやっぱり三年しかなくて、私は大学に行くことにしました。良いなと思った大学を目指して、母がこのころ癌になったのに無理して私に英語家庭教師までつけてもらったけど、受かりませんでした。その年だけ倍率が平素の三倍ぐらい高かったんです。なんでだろう。

結局私は担任先生の勧めで、少し遠いけど私なら絶対入れる私立大学文学部に入ることになりました。試験はびっくりするほど簡単で、これなら中学時代の私でも入れるな、と思いました。教科は現代文だけでした。

でもこの大学で、私は今でもたくさん遊びに行く友人ができたし、その一人は先日入籍しました。おめでとう。

大学は面倒くさいこともたくさんあったし、さぼったりもたくさんしたけれど、たぶん楽しかったんだと思いますバイトを始めたのも大学に入ってからです。最初は友人の勧めで飲食で働いていたんですが、給料未払いで数か月で辞めました。

次に私が応募したのは、カードゲームショップでした。ちょうど流行ってたんです。シャドバなんて出る前で、ハースストーン一部の人しかやってないし、MTGオンライン全然無かったころの話です。私はろくすっぽカードゲームなんて知らないままそこに面接に行って受かりました。

仕事はたぶん楽しかったです。結局二年半ぐらいやったのかな。みんなオタクだったし、嫌な客もいたしわかんないこともいっぱいだったけど、それでもバイトって責任もなくて気楽だったし、本当に楽しかったと思う。

その時直属の上司だった男の人とは今でもなんだかんだ年に数回会って、二人で飲んだり二回ぐらい日帰り旅行したり誕生日ディズニーしたり一緒にコンサートいったりします。私たち関係は何なのか、こうやって書きだしても未だによくわかりません。良い友人なのかな。友達以上恋人未満の関係結構好きです。気楽だし。いい関係ですよね。

そして私はバイトと遊びと勉学と文化コンテンツで日々を過ごしました。三人しかいないゼミでひいこら卒論を書き、その間に就活しました。

弊社は、確か私の学校に来ていたうちの一つだったと思います

私の父は大きな会社でそれなりに能力もあって、管理職ではないけれど責任感のあるポストについています。そんな彼と日々話をしたりしているうちに、私もこの業界にしたいな、と漠然と思っていたので、そこを受けてみることにしました。一応ほかにも数社受けました。

受かったのは二社。もう一つは金融系の会社で、少し怖くて辞退しました。その時私は卒論が楽しくて、就職の方がたぶん大事なのにそんなこと全然考えてなかったんだと思います

そうして弊社に決めました。もうゼミ以外には大学に来る予定なんてなくて、バイトばっかりしていて、オタク趣味お金を使いたかった。早く就活を終わらせたかった。

もともと視線恐怖症なのもあって、沢山の人がいる中で自分アピールしたりすることが怖かったのかもしれない。

私は卒論を頑張って(学部で優秀賞をもらいました)、大学を無事卒業して、弊社へ入りました。

入ってから、ああ、結構体育会系というか、業種のくせに古臭い企業だな、と思った事は事実でした。けど、父が言うにはこの業種の中小はみんなこんなものだという話だったので、特に気にしませんでした。自分マメさが求められる事務職は向いていないと思っていたからです。

それでも今の部に配属されて、訳の分からない言葉はいっぱいだし、教えてくれる先輩の一人は私に教える片手間ずっとグラブルをやっていた。もしかしたらグラブルをやっている片手間私に色々教えてくれたのかもしれない。

今のオフィスは、弊社の大口顧客(元請け)がほぼほぼ占めているビルです。

私は二年間、同じプロジェクトで、ワーカーホリック上司の下で仕事しました。

上司イエスマンから無茶な仕事をいっぱいもらってきちゃうし、自分ワーホリからほかの人も同じぐらい働けるとか思っていたし、謎に有り余る体力で飲み会かにも大体参加していましたが、怒らないし、わからないというとある程度は聞いてくれたりするし、たぶんとってもいい人でした。私が生意気言っても怒りませんでした。ただ彼自身は毎月残業60時間かいってるワーホリでした。いまでもそうです。

それでもそのプロジェクトは楽しかったです。つらいこともたくさんあったけど、愛着もありました。

なんだか身体おかしいな、と思ったのは去年のどこかぐらいからだと思います。去年は忙しい月が数回あって、残業が40時間を超えるぐらいの月が飛び飛びに数回ありました。

から起きるのが早くて、朝五時とかに起きちゃっていたんですが、三時ぐらいとかに起きちゃうようになりました。

私はスマホ依存症に近いものがあって、何かあるとすぐスマホを見ちゃうんですが、それのせいもあったのかもしれません。睡眠の質がきっとどんどん悪くなっていきました。

プロジェクトは今年の春が大詰めで、みんなピリピリしてたし、急な雑務も増えました。

ある日、一度、風呂場で痙攣のような現象を起こしました。

視界が一瞬真っ白になって、風呂場の椅子に座りこんだと気が付いたときには、身体のいろんなところが強くしびれていました。特に強かったのは手で、勝手に力強く握りしめられていて動かせませんでした。

母を呼びました。母は全裸で浅い呼吸をしながら手を強く握りしめている私のことをひどく心配してくれました。父も風呂場の外にはいてくれて、状態を調べたり、スポーツドリンクをくれたりしました。

その日は固まった手で何とか飲み物を飲んで、少ししたら回復しました。

でも、結局数日たってからも体調がすぐれず、午前半休を取って病院に行きました。

のしびれの正体も知りたかたからです。結果は「抑うつ状態から過呼吸引き起こしたのでは」ということでした。

医者さんには産業医面談を受けるように言われました。私は素直にワーホリ上司へそのことを話して、午後に出社しました。

休憩スペースで面談しました。診断の詳細、そして産業医面談というものを受けるかどうか。

受けるなら俺から上に言うよ。そういわれて、少し困りました。プロジェクトが本当に大詰めだったからです。私はその時まだ二年目のぺーぺーでしたが、そんな私でももしいなくなってしまったら困るかもしれないと思ったからです。結局上司はそのあと産業医面談の話はせずに、春から仕事の話をされて終わりました。

その週の金曜日、私はどうしても体調がすぐれず、うまく動けなくて、会社休みました。

もう一度産業医面談の話をしました。

私自身が、どうしてこんなにストレスを感じているかがわからなかったからです。それが仕事のせいなのか、無意識プライベートでため込んでいたのか(その時ちょうどフォロワーちょっとトラブルがありました)、単純に満員電車ストレスなのか、わからなかったからです。

翌週、私のところにやってきたのは課長でした。

別に産業医面談拒否するわけではないし、受けたいなら調整するんだけど」彼の言葉はこう続きました。「俺たちの権力より上だから部署移動とかを指示されたら逆らえないしなあ……」

課長は私が部署を移動することになってしまった場合人間リソースの低下を懸念していたのです。

「とりあえず、今月は今のプロジェクトを頑張って、春以降もう一度相談します」私は言いました。

しかしたら、本当に私が居なくなったことでこのプロジェクトクリティカルな何かが発生してしまうかもしれない。それが嫌だったのです。課長が明言してしまうことで、それが私のせいにされてしまうのも嫌だったのです。

薬を飲んでいれば出社はできました。なぜか倒れたときから咳が止まらないけれど、風邪が長引いているのだろうと思いました。

私は抗不安剤睡眠導入剤を内科でもらっていたので、薬がなくなった時についでに咳止めの薬をもらいました。

そうしたら、電車で倒れてしまいました。

咳止めとして飲んだ抗生剤と私の相性が悪かったのかもしれません。私は朝の満員電車の中でお姉さんに助けてもらい、途中の駅で降りて、でも歩けなくて、駅員さんに車いすに乗せられて詰め所みたいなところの長いすに横たえられ、母親が来るのを泣きながら待っていました。

母は病気です。私が高校の時からずっと治療しています。手術もしました。私なんかよりもずっと大変なのに、毎日ご飯を作ってくれて、こうして迎えに来てくれるのです。私は親不孝者でしたが、母が迎えに来てくれたので、駅から外に出ました。その日は散歩をして、会社休みました。

体調の悪化が治りません。毎日薬を飲まないとうまく動けません。

それでも日は回るので、春から新しいプロジェクトに参画することになりました。すでにある程度進んでいるプロジェクトは初めてでした。

私はわからないなりに、以前の経験知識を使って頑張ろうと思いました。そのプロジェクト上長は先日面談をした課長でした。

参画してから一週間ほどした日、私は唐突課長仕事の依頼を受けました。

曰く、新しく仕事必要ものを一から作るのだと。

この業種において、一から自分で作ることは大して難しくはありません。今のプロジェクトの様子確認も兼ねて、大丈夫です、やります、と言いました。

どうやら課長のその認識根本的に間違っていたらしいと知ったのは、その週末のことでした。

どうやらそれは、私が触ったことのないソフトを触って、すでに動いているシステムに「絶対ミスをすることなく」仕様追加をするというものでした。

私は困惑しました。だって自分が触ったことのないものを「ミスなく」と言われても困ります練習ができません。経験もありません。

しかも、それは私一人でやるという話でした。ベテラン技術者が後ろについてくれると言いましたが、彼は他の仕事で忙しく、週に一回、数時間様子を見てくれるだけでした。

彼がとっても忙しいのは知っていました。だから仕方ないとは思いました。上長に聞いていた話と全然違っても、もう請けちゃったと言われたら若手にはどうすることもできませんでした。

元請けからはことあるごとに「絶対ミスは許されない」と言われました。私は状況の調査から始めました。

手順書や設計書は用意されていました。ただ、前任の会社中途半端撤退していたため、それが正しいかどうかの調査から始めなければなりませんでした。

けれど、私が触ったことのないソフトウェアの設計違いを、どうやって見つければいいのだろう。それはとっても疲れることでした。

上長はいつもなぜか忙しそうで、私が疲れたとか、産業医面談の話についてを問いかけることは憚られる雰囲気でした。半分炎上していたのかもしれません。プロジェクト経験が私含め半分以上を占めていた上に、その中で唯一構築経験があった私が一人での仕事に回されてしまいました。

ベテランはしきりに「ポテンシャルを見込んで」と言いました。

ポテンシャルって便利な言葉ですよね。とりあえずそう言っておけば良い感をひしひしと感じます絶対失敗できない仕事を依頼されたなら、失敗しない人を連れてくればよかったのです。

私はそれでも何とか資料を調べて不明点を上げ連ねて、ベテラン上長との進捗報告に参加しました。訳が分からないことだらけでした。たくさんのことを言われましたが、すでに集中力平時の半分ほどしかなくなっていた私にとって、それは呪文のようでした。半分ぐらいわかりませんでした。わかったふりをしました。

産業医面談に行けなかったので、有名な精神科のある病院の予約を取りました。その時にはもう、睡眠導入剤がないと眠れない生活になっていました。

新しい病院で、紹介状は無いんですとだけ伝えて診察を受けました。睡眠導入剤のほかに睡眠安定剤をもらいました。でも、睡眠安定剤を飲んだら昼間もものすごく眠くなってしまったので、二回しか飲めませんでした。結局抗不安剤睡眠導入剤だけを今でも飲んでいます。飲まないと眠れないし、仕事に行けないからです。

このころからホーム電車に不必要に近づいてしまうようになりました。(私が使っている路線都内なのにホームドアがないのです)無意識でした。私は死にたいのかな、と思うようになりました。

転職をすればいい、とか、周りの友人は言っていましたが、どう客観的に見たって私のメンタルが弱いだけの甘えなので、私が悪いのです。昔から私が社会や親に甘えているだけなのです。その自覚があったし、転職はとっても怖いもののように思えて仕方がありませんでした。だって自分には実力がないのです。転職活動で落とされることも怖かったです。評価されないことは、訳の分からない仕事を一人でやらされることと同じぐらい怖いことでした。

今日も偉い人たちを交えての打ち合わせがありました。私はやっぱり、「絶対ミスできない」ということを念押しで言われました。それならなぜ、ソフトウェアに触ったことがないたかが三年目の私がその仕事をしなければならないのかがわかりません。他の人にも仕事内容の相談ができません。調べても全然出てきません。他のメンバーはいろいろみんなで相談しながら前に進んでいるのに、私は自分が一つわからないことがあるだけでそこに立ち止まってしまます解決策がわかりません。どうすればいいかわかりません。集中力がなくて、どうすればいいかもよくわからなくなってしまいました。

少し、辛いな、と思いました。

別に残業が数百時間だとか、あまりにも激務だとか、そういうことはありません。家族はとっても優しいです。私はきちんと笑えています。両親はたくさんのことに関して理解もあります。母は自分身体も悪くて病院に通っているのに、私が精神科に行くとき一緒についてきてくれました。

部長課長主任ワーホリですが、きちんとしてはいると思います中小ですが、それなりに長く続いている、頑張っている会社です。

から、私があまりにも社会に甘えているだけなのです。私が弱くて、今まで甘やかされてきたから、ちょっと普通なぐらいのところに来ただけで耐えられなくなっているのです。

それは悪いことだと思っていますだって私が弱いのが悪いんです。甘えなのです。でも、強くなる方法がわかりません。

どうしてこうなったんでしょう。生まれときから弱かったのでしょうか。私はどうすればいいのでしょうか。何が悪かったのでしょうか。仕事ができないことが悪いのでしょうか。

薬を飲んでいるとお酒が飲めません。友人との飲み会も、友人が気を遣って飲み放題プランを外してくれます。気を遣って一緒にソフドリを飲んでくれようともします。

優しさが申し訳ないです。私が弱いだけなのに。私が弱くて薬を飲んでいるだけなのに。

仕事が嫌いなわけじゃありません。色々考えて、正解を導き出せたときや、トラブル解決できた時はとっても楽しいです。

ただ、たぶん、もう一人だけいたら、こんな気分になっていなかったのかな、とは思います自分にとって、「絶対ミスできない」一人きりの仕事が、案外つらいのでしょう。ゆとりなのです。弱いのです。世間様に甘えているから仕方がないのです。責任を一人で負いたくないのです。「わからない」と隣に相談する環境が欲しいのです。

会社の最寄りの駅にはホームドアがありません。今は想像するだけだと思ってはいますが、段々と黄色い線の向こうを歩いていってしまって、いつか飛び込んでしまったら、と思うととても怖いです。それも、私が弱いからなのでしょう。

お母さんのごはんもっと食べたいです。

お父さんともっとお酒を飲みたいです。

生きたいです。オタク楽しいし、ちゃん毎日笑っているし、友人もいい人がいっぱいいます。でも、いつまで生きればいいのか、よくわかりません。勝手に涙が出たり、ベッドから動けなくなってしまます

私よりもっとつらい人はそれこそ数えきれないほどいるはずなのに、どうして自分はこんなにも弱いのか。どうしたら強くなれるのか。

なんで生きてるのか、わからないのです。

それを吐き出したかっただけなのです。

2019-04-20

女ってほんとに被害者意識強すぎ

anond:20190420170245

自分が何を感じ、何を思って生きるかぐらいは自分コントロールしろよ。

兄貴性的ないたずらをしてきたり、殴ったりしたこと犯罪から恨んでいいよ。

2019-04-18

anond:20190418144947

からそれはおめーの会社資金繰りがよっぽどヤバくてそんなことしてる場合じゃないか、もしくは経営層が投資積極的じゃねーのよ

財務経理は良くも悪くも金勘定しかしねーんだから、お前のやりたい投資が確実に回収できるものならその根拠データまとめて出せばいいだけ

まあお前にそんなものをまとめて主張する手腕があるとは思わねーけどな

言ってること読めばそいつが有能か頓珍漢かぐらいわかるもの

2019-04-16

anond:20190416091127

増田でいつも面白くない改編繰り返してる奴にいいたいんだが

改編ってのはただただ置き換えても何にも面白くないんだぞ?

「それに置き換えるか」っていう斬新な着想があるか、

着想自体凡庸でもディテールが細かくてあるある感があるか、

どっちかぐらいはないとゴミしかない

そういうことがわからないお前はコツコツゴミを作り続けてるんだよ

2019-04-10

利口なプログラマ勉強なんてしないのだろうな

少なくとも職業プログラマプログラミングは飯の種ぐらいで良いという人ならきっとそうなのだろう。

最先端技術キャッチアップし続ける人も当然いるのだろうがBackborn.jsだのGulpだの流行った時に勉強したけど数年たったら時代遅れの扱いだった時にそう思った。

その癖して散々馬鹿にされた(というか現在馬鹿にされている)JavaやらCOBOLやらjQueryは未だに飯の種になってくれている。

正直なところ飯の種になるのかも分からない最先端ライブラリやらフレームワークを追っかけるのに疲れたのだと思う。

さら経験技術に挑戦するとしたら、粋がったマネージャが気まぐれで採用した場合などの必要に迫られた場合だけだろうなあ。

Web大手とやらの案件を受けた時も数年前は最先端だったけど今は古い技術でやってたし、仕事のやり方も下請け丸投げでSIerと大して変わらんしよ。

最先端技術なんて採用できるのは少数精鋭の新興ベンチャー新規プロジェクトかぐらいなのかな。

2019-04-09

anond:20180322134648

な?アーリーマジョリティだっただろ?

俺はコンテンツの良し悪しはわからなくてもそいつ正論振りかざして気持ちよくなりたいだけなのか、心から皆に役立つ情報を伝えたいのかぐらいはわかる。

2019-03-19

anond:20190319192612

こういう時はてなーがなんて言うかぐらいわかってるくせに

そもそも韓国が失敗であることすら認めない」

anond:20190319110706

なにかに照らし合わせても意味ねぇよな。

靴やだったらみんな箱に入ってるストックをまず見るわけで、

書店側も「開けないでください」の張り紙かぐらいはするべきだと思うよ。

どんなところも「関係者以外立入禁止」って書いてるんだから

2019-03-11

anond:20190311114036

……というのが建前だけど、実際には権力を手にする実力があって、それから自分利益を与えてくれさえすれば、性格だの人品だのは二の次なんだよなあ

それが自分だけか自分の属する集団国益かぐらいの違いはあるけど、まあその程度

男の好みのようなものだね、口で言うのと実際重視する要素は全然違うw

2019-03-07

警察と比べると自衛隊はまだマシだな

防衛技官防衛事務官脳筋研修毎日走ったり泳いだり行進したり声出しや敬礼練習させる)はたったの1~3ヶ月。

一応出世したたらそっから更に何度か研修あるけど全部足して定年まででのべ1年あるかどうかぐらい。

それ以外の時間OJTで進めていくから税金の使い方も超効率的

やっぱ警察ってゴミだわwwwww

2019-03-02

anond:20190302001255

というか、お前にとって俺は何に見えてるんだ?

独断偏見でいいから俺の考えについて要約してみなさいよ

どれが俺のトラバかぐら判別できるだろ?

2019-02-12

id:xevraについての雑感及び感情の変化

皆さんも知っていると思いますが、xevraというはてなユーザーがいる。

色々言ってるが、まぁいつものかぐらいの感想しかなかった。

言ってることは正しくても行っている行動が異様だとその発言信頼性も落ちるなというだけの有体な話だ。

だが、このはてブによってその感想は変わった。

http://b.hatena.ne.jp/entry/4664480153951416801/comment/xevra

このブログの人はまぁ昔数回会ったことある、という程度の人だ。

Twitterも昔から見てたぐらいの距離感

他の人のブログよりは身近に感じるぐらいの人で、この記事をみてこんなことが起こっていたのかと吃驚したし、快復して本当によかったと感じた。

その人が病を患い、快復した記事に対するコメントがこれというのを見て、この人間に対する感情が冷めるを通り越して絶対零度になったのを認めた。

言い方は悪いが、Hagex氏と同様の事が起こっても自業自得だなとしか思えなくなったし、彼(彼女)がどうなろうと一切感情が揺さぶられないだろう。

ご愁傷様とも思わず、多分道端で犬や猫の亡骸を見る以上にどうでもよい存在になりました。虫より下かも。

id:xevraはお疲れさまでした。これから先その異様な行動でどうでもいいコメントを付けていてもいいし、突然消えてもいい。私にとってはどうでもいいので。

なんというか特段嫌な気持ちになったので書いて吐き出しました。

2019-02-02

anond:20190202200659

女の人って他人のまんまんどう思ってるの

臭いとかガパガパかぐらいであまり気にしてなさそうだな

2019-01-09

VTuber事務所の枠を超えたママ活動  1月10日23:00

https://anond.hatelabo.jp/20181125055351

VTuber身体や服を作っているママ同士が交流するママ活.

最近ではときのそらちゃんのところのホロライブメンバーママ同士が自分の子供達とコラボすることが日常化してきた.

そんなホロライブメンバーママ達二人とにじさんじメンバーママであるノートママというママ友同士のママ活が1/10配信される.

必見だ.

https://twitter.com/yuzukichococh/status/1082705317715013633

1月10日23:00

👑竹花ノート先生(@nano_phan)

👑しぐれうい先生(@ui_shig) 

👑ななかぐら先生(@nana_kaguraaa)

ママ達を集めた

ママとも座談会を開催!

目線お話や裏話

最後

とあるゲームに挑戦します❤

2019-01-06

anond:20190106130446

インフラ就職有る高校って普通高校じゃないだろ。

いずれにしても、宝くじレベルの運が良ければ通るかぐらいであって、一般市民に強いるものじゃない。

多少の競争原理を持ち込むにしても、まっとうにやれば上手くいく枠というのはそれなりに広くしないとならない。

捻じ曲げてるのはお前。ましてや統計どころか君の狭い世界の話しか見えてこなない。

2018-12-26

anond:20181226110658

最近あの手のタイトル増えてるように見えるけど売り上げ出てんのかなあ

エロ系のソシャゲってDMM系のがいくつかぐらいで、めちゃくちゃヒットしてるようなのってなくない?

2018-12-25

パチスロに3年で100万、FGOに2年で25万突っ込んだ女が両者を比較する

※この記事でのパチスロとはパチンコのことではなく演出用の液晶画面付きスロットを指します。だから、打つものではなく回すものだし、お金に関してはコイン換算の話になりますのでご了承ください。

射幸性

パチスロガチャ射幸性がよく似ていると言われているが、両方にハマってしまった身からすると、実は全然違うと思う。

私の場合パチスロ射幸性を楽しんでいる。一つの台をやり込んでさりげない激アツ演出とか一通り覚えてそれらが出てこないかどうかを楽しむ。当たってる最中はそういう射幸性を煽る演出があまり出なくなるので消化試合になってしまってイマイチきじゃない。

一方のガチャ(というかFGO)は射幸性を煽るような演出は全くと言っていいほどない。時々虹発光や金発光が見えて当たりが出てくる、もしくは外れたと思わせて当たったという場合もあるけど、射幸性を煽るような演出はこのくらいで、パチスロ演出の多さと比べたら無いに等しい。でも、ガチャにはパチスロにない所有欲を満たすという要素がある。ガチャにハマっている人は射幸性に煽られて回しているわけではなく、所有欲を刺激されて回しているのではないだろうか?というか私は完全にそういうタイプで、欲しいと思ったキャラ(大抵の新規実装キャラは欲しい)を手に入れるために回している。だからガチャ演出飛ばしている。

お金が消える速さ

これはガチャの方が圧倒的に速い。ガチャは大抵10単位で回していくが、この10連を回すのに約3000円かかる。パチスロで3000円あれば普通の速さで回して15分くらいは楽しめる。しかガチャ10連は演出を全部律儀に見たとしても3分で消える。私みたいにガチャ演出を飛ばすようになると30秒かかるかどうかぐらいだ。

しかし、この点をもってガチャよりもパチスロお金をつぎ込もう、という気にはならない。先ほども説明したが、パチスロを回す動機ガチャを回す動機は別物だからだ。

課金へのハードルの低さ

これは実は両方どっこいどっこいだと思われる。

まずパチスロホール20歳以下は入れない。しかし、一旦中に入ってしまうとニコニコ現金決済の世界だ。札になった現金だけあればいい。どうでもいい知識だが、ホール内にある銀行ATMは1日に3万円までしか下せない。

一方でガチャクレカを持っていれば課金へのハードルは低くなるものの、クレカを持てない若年層はコンビニとかでプリペイドカードを買わなくてはいけないので課金へのハードルがやや高い。

これらを比べると、どちらの方が課金へのハードルが低いかなんて一概には言えない。

そもそもハマるかどうか

これは多分ソシャゲの方がハマりやすい。ソシャゲの方がパチスロよりもゲーム性が豊かだからだ。

ソシャゲにはキャラを手に入れるためのガチャがあり、楽しむべきシナリオがあり、キャラを育成する楽しみがあり、頭を使ってクリアするバトルがある。そして基本は無料で手を出しやすい。

一方パチスロにはゲーム性は皆無と言っていい。昔は技術介入の余地があったらしいが、今はガッチガチ規制のためプレイヤーの腕は全く必要とされず、ただコインを入れて回して当たるかどうかを楽しむだけというなんつーか砂漠みたいなゲーム性だ。当たるかどうかを楽しむにしても、基本的演出を覚えてからじゃないと楽しむも何もなく、よくわからんけど回すたびに液晶画面のキャラがなんか喋るなくらいの感想しか持てないので普通につまらない。当たったとき快感がそのつまらなさを超えるような人じゃないとパチスロにはなかなかハマらないだろう。その上、基本はコイン1枚20円で、1回回すのにはコインが3枚必要になるお高い遊びだ。そして150回転で初当たりが見れたら運のいい方なので、初見が手を出すにはちょっと辛い金額だろう。

まとめ

パチスロソシャゲ、どちらがよりタチが悪いのかなんて人によるので言えない。

なので私の場合で話すと、パチスロの方が虚無だった。当たりそうな演出に煽られて、あと少し、あと少しとお金を追加して予算を大幅オーバーしてしまう。当たったとしてもそれで満足して止めることができず、当たり分のコインを全部つぎ込みさらに追い課金してしまう。その結果何が得られているのかというとあと少しで当たりそうというワクワク感だけだ。そのワクワク感も最初のうちだけで、2時間も打ち続けるとその日の損切りができずに多分あと少しで当たるはずと虚しい思いでお札をつぎ込む。時々、その日つぎ込んだ以上のコインが戻ってくるくらいの大当たりに遭遇するけど、トータルで見ると負けているのでそれで虚無が埋め合わされる訳ではない。

けれどもFGOの方はストーリー楽しいし育成もイベントもそれなりに楽しい戦闘もそこそこ頭を使うので楽しい音楽もいいなと思う。予算内でガチャが当らなかった時はちょっとだけ虚しいけど、他の要素が埋め合わせてくれるので虚無だとまでは思わない。

しかし、なんでパチスロあんなに虚無なのにハマってしまったのか、自分でも理解に苦しむ。

2018-12-23

大学無償化対象浪人生高認合格者が入っていないのでメールを送ったら文科大臣がそれに答弁した

とりあえず簡単なまとめ

現行の給付型奨学金では、高卒認定試験(昔でいう大検)2年以内合格者や卒業後2年以内の浪人生対象に含まれている

文部科学省資料の中で、消費税増税分の使途として2020年から始まる大学無償化の拡充の対象として両者が書かれていないことに気づく

いくら調べても分からないので色々な所にメールで問い合わせをしてみる

メールを送った議員が翌日(!)柴山昌彦文部科学大臣質問する

大臣浪人生高卒認定試験合格者を対象に含めるかは未だ検討中


(議員質問大臣の答弁がされた回の衆院文科委員会動画 https://www.youtube.com/watch?v=SsXke-Cwt7Y )

(日本学生支援機構により現在行われている給付型奨学金要件年収や成績の条件を満たす高認浪人生対象に含まれているhttps://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/shikaku/index.html)


ということで、別に自分の働きかけで新たに対象に含まれたとか政策を変えさせたとか、そういうすごい話ではないのでがっかりさせたら申し訳ない。


だいぶ端折ったので詳しく説明していくと、メールを送った相手というのは衆議院文部科学委員会メンバー全員。

忙しい議員相手迷惑スパムをして申し訳ないのだが、結果返事をくださったのは共産党の畑野議員。翌日(11月28日委員会の中で大臣質問したのもこの方。本当にありがとうございます


それと、政党ホームページにある質問窓口で全政党メールを送ったところ、共産党公明党が返信をしてくれた。


ざっとまとめると、

共産党青年学生委員会「仰るとおり対象者として明言されていない。そもそも支援対象を極めて狭く制限し、大学にも政府が定めた要件を満たしたところに限定している。日本共産党給付型奨学金対象を思い切って拡充することを求めており...」

支援対象を極めて狭く制限というのは、所得が「住民税課税世帯及びそれに準ずる世帯学生」に限られるということ。大学への要件というのは実務経験のある教員や、理事産業界の外部人材を任命するなどのこと。

(無償化要件」に反発 「国の自治への介入」https://mainichi.jp/articles/20180219/k00/00m/040/133000c)


公明党青年委員会公明党が長年主張してきた大学無償化が、2020年4月から実施されることになった。政府としては検討中公明党として対象になるよう推進していくべきと考える」

他の野党とかでなく公明党なのが意外かもしれないが、現在給付型奨学金が本格実施される際にも、学校の推薦によってのみ受給者選考が行われることに言及し、浪人生高卒認定試験合格者を「対象に加えるよう訴えた」のは公明党であるhttps://www.komei.or.jp/news/detail/20170330_23603

だいたい原案の時点で対象に含まれず、実施直前(3月29日)になってまで「対象に加えるよう訴え」なければならないというのもひどい話だけど。





ちなみに文部科学省HPの問い合わせフォームから質問したけど返信はなかった。





私がこの問題に多少なりとも取り組んでいるのは、自分浪人生となるかもしれないという個人的な考えもあるが、最大の要因は高卒認定試験によって大学に行こうとしている友人の存在に他ならない。

彼は家庭の事情高校に通い続けることができなかったため、現在働きながら勉学に励んでいる。私と同じ高2の年齢なので、大学進学するときには2020年からの新しい大学無償化制度実施されている。

彼のような人にとって大学無償化対象に含まれるかどうかは、進路を左右する大きなことだ。人生が変わると言っても過言ではない。それが未だに対象として”検討”されているような不安定な状況では、安心して学習することもできない。

文部科学省資料では、今年の6月に具体的方策が出されており、数日前には給付金額まで発表されている。1月通常国会では法案改正する予定にも関わらず、浪人生高卒認定合格者は未だ宙づりの状況で放置されているのだ。

そもそもこんな直前まで検討しなければならない事とは一体どのようなことなのか。 現在給付型奨学金ですでに対象には含まれているので、新しい大学無償化の”拡充”で検討するということと言えば対象から外すか否かぐらいでは。

安倍首相給付型奨学金について「どんなに貧しい家庭に育っても、夢をかなえることができる」と言い、文部科学省はその理念として「意欲と能力のある若者経済的理由により進学を断念することのない」ことを掲げているが、高認生のようなレールから外れた”普通学生”でない若者対象なのだろうか。



この問題がまったく注目されていないことからも分かるように、高卒認定試験によって大学へ行くという人は非常に少ない。医学部入試女性差別問題になった際も、高卒認定生が減点されていたという事実はまったく知られなかった。

(東京医大高卒認定者も差別女子同様加点せず https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181024-OYTET50015/ )



また最近入学前に申請する形の大学独自奨学金制度が広がりつつあるが(東大や九大を初めとする国立大学慶応立教関西大など多くの私立大が行っている)、これらの殆どいくら優秀でいくらしかったとしても高認生というだけで対象外としている。

というより確認した中で、高認生も平等対象として扱っているのは早稲田大学都の西北奨学金ただ一つのである


普通高校生でない少数派が、その規模故に見落とされ無視されるということは仕方のないことかもしれない。

しかし私はこの日記を通して、この問題とともに、彼らが存在するということを提起したい。

インターネットでは何も変えられないかもしれないが、田舎の一高校生が大臣メッセージを伝えることが出来たように、SNSを通して多くの人に彼らの存在を知ってもらうことぐらいはできると信じている。

2018-12-16

今年買って本当に良かったもの

色んなところでエントリーが出だしているので自分も振り返ってみる。

1 ルンバ

我が家には2匹猫がいる。とすると特に春や秋、毛が抜けまくるので掃除が困る。

そんな時に設定すれば勝手掃除してくれるのは相当助かる。なんでこんなに出るの?というぐらいか毛が出る、取れる。

数日に一回まとめて掃除してた手間が一気になくなった。

Wi-fiが弱いのか、アプリの設定が時々うまくいかないのが難点。

2 モバイルSuica

もはや買ってないサービスだが。

行くのがほぼコンビニ自分には相当フィットする。

現金使うタイミングスーパーかぐらいになった。キャッシュレスとまではいかないが、日々の80%ぐらいはこれでまかなえる。

よくよく振り返るとそれぐらいしかちゃんと消費していない感じ。

来年はもう少しダイナミックな生活の変化があると楽しいな。

2018-12-11

女って道を譲らない

もう少し正確に言えば、ぎりぎりまで相手が譲ってくれるのを待つ。

というか、3秒先にどうなるかをまったく考えてない。脳死状態歩いてる

横道から出てくる女いるじゃん、いっつもおれとぶつかるラインに入ってくるよね。

20m先に人がいるかどうかぐら確認しようよ。

なんですれ違うのがギリの道をでかい顔でど真ん中歩いてるの?

自分の横幅わからないの??

ぶつかられたとか言ってるけど、たいていの場合女がぶつかりに来て男が避けてあげなかったってパターンから

まぁ自分からぶつかりに行ってるおっさんが少数いることは認めます

男は20mぐらい手前からお互いに避けることを考えるけど、

女は1mの距離になってから考えだすよね。

もうちょっと頭使って歩いてください。

男より優秀()なんでしょ??

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん