「実験」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 実験とは

2018-12-02

我慢をしないでみた

常に我慢をしている気がした。

直行きたくもない大学へ通い、生活費を稼ぐアルバイトをして課題が出されたら適宜処理し、レポートを書いて家事をこなして眠る。時折授業の一環である実験を行い夜遅くに疲れ果てて帰宅する。

勤労を始めたら今以上に過酷生活が待っているかと思うとぞっとするという事実は置いておき、毎日全く余裕が無い。日々不安感に張り詰めて生きている気がする。

折しも女がヒステリックになる事で名高い生理という日が来た。普段にも増して日々が辛く感じて油断すると泣き出しそうな感覚に襲われる。

そうだ、この週末はやらなければならない事や採算に多少目を瞑って自分身体欲求に素直に過ごしてみよう。

ストレス等の影響などはこれといって感じていないが噂に聞くそれが解消されると何かしら変わるのかもしれない。

金曜夜、アルバイトが終わって帰宅する道すがら早速身体が欲するままにセブンイレブンの大盛りペペロンチーノストロングゼロダブルレモンロング缶を買って帰宅した。

シャワーを済ませた後、よく分からない満腹感と酩酊に満たされて就寝。

土曜日、正午に差し掛かろうかという時間に起床。

頭と下腹部の痛みに奥歯を食いしばりつつもコーヒーが飲みたいと思い付く。

個包装のドリップコーヒーは予めAmazonでまとめ買いしてあった為、淹れて煙草と共に堪能する。

飲み終わりと共に尿意を感じたのでお花摘みを済ませ、怠い身体をベッドに横たえる。そのまま眠ってしまった。

再び目が覚めたのは土曜日の日がすっかり沈んでからの事であった。

私の身体は再び酩酊を求めたので昨日二本買ってきてあったストロングゼロの残り一本を飲む。

酔いのままに再び眠りに落ちる。

日曜日明け方、次に私の身体モンスターエナジーを求めた。レッドブルじゃなくてモンスターエナジーだ。四角四面な味ではなくもっとよく分からないやつが欲しい。

コンビニまで出向いてモンスターエナジーアブソリュートゼロを購入。帰宅して飲み干す。五臓六腑が鞭打つようにヒリついてゆく感覚が心地良い。

からない、もう何も分からない。

今が暑いのか寒いのか、辛いのか幸せなのか、満たされているのか満たされていないのか何も分からない。

すっかり覚束ない足取りとなりつつ脳はとある答えを出した。

「あ、これ収拾つかないやつだ」

現在、終止符か収拾かは分からないが一先ず自分身体温度高めの風呂に沈めながら理性を呼び戻している最中である

一体自分は何をしたいのだろうか。

兎に角風呂から出たらレポートを書かなくては。

ローソンスマホペイ」と視覚障害

ローソンスマホペイ」をご存知だろうか。レジに並ばずとも、店内の商品が買える実験サービスである

ある日の昼休み会社の近所のローソンで昼食を食べて帰ろうとしたところ、スマホペイの店内機械の前で戸惑っているひとを見かけた。どうしまたか、と声をかけて、その人が白杖を持っている、つまり視覚障害者だということはあとから気がついた。

まず、スマホペイを使うにはいくつかの手順が必要になる。

0. ローソンID登録アプリダウンロード

1. 入店処理(BluetoothQRコード読み込み)

2. 商品バーコードスキャン

3. 決済処理

4. 退店処理(QRコードかざす)

このうち、1と4は入口付近機械で行う必要があった。ただし、その機械がそこにあることは、視覚以外の情報がないように見えた。張り紙ディスプレイで案内はされていたが、どのQRを読み込めばいいのか、店を出るときはどうすればいいのか、音声や点字による説明はない。

また、商品バーコードスキャンも、読み込むまでに時間がかかった。そもそもどの面にバーコードがあるか、触っただけではわからない。場所がわかってもカメラバーコードをきっちりあわせないと読み取れないので、これもまた大変だった。

最終的に、その人はスマホクレジットカード登録していなかったため、決済までには至らなかった。けれども、スマホペイ自体にはとても好意的だった。なにより手にとった商品名前がわかる(OS機能テキストが読み上げされる)のがとてもいい、あとは慣れればうまくできる、と(悪魔おにぎりを持って)笑っていた。

かに実験サービスだしこれからブラッシュアップされるのだろうけど、ローソンは会員登録するのにアクセシビリティなしのCAPTCHA認証を使ってくるので、その部分だけは私が読み上げるひつようがあった。

これから画像認識技術がすすんで、バーコードを読み込まずとも手にとった商品名が目が見えずともわかる、そんな日が1日でも早く来るといいなと思った。

ちなみに昼休みはおわっていた。

2018-11-30

作品考察なんて自分が納得できればいいのよ

「実はこれは○○が○○な世界観で...」

「実はこの作品舞台は大規模な実験施設で...」

名前数字に変換して、そこからこの時刻を引いて...」

「主要キャラ頭文字を取って並び変えると...」

どんな妄想のような話でも、考察なんて本人が納得できればいいんですよ 下2つはどうせやるなら野獣先輩○○説にでも繋げれば??と思っちゃうけど

2018-11-29

ビキニ」も不謹慎名前から変えないとな

原爆実験が行われた場所名前なんだぜ

ヒロシマ」とか「ナガサキ」って名前がつけられたのと同じだ

こうなったらフルチンに「ヒロシマ」って名前つけようぜ

「おいお前のリトルボーイしまっとけよ」

anond:20181128083051

理科実験かいたずらに使えそうな面白そうな薬って宇ってないんかな

anond:20181128150956

意識いからこそ簡単に何度も試せたんだな、これが。

実験とは言っても毎回チーズの分量変えてみるだけだし。

2018-11-28

有機化学プログラミングとか、薬学プログラミングなど複数領域カバーするの大変じゃない?

有機化学をやっていて実験データの整理にプログラミングやるとか、統計データ処理にプログラミングするとかはあるけれど、

最新のディープラーニング論文などを追いかけつつ、二股かけるのは大変すぎる・・・

情報工学の人のキャリアを考えると、別分野のことをやるよりかは、Googleマイクロソフトなどに専門突き詰めて入るほうがいいだろうから

待ってても使えるようにならないだろうし。

anond:20181128143949

すげー意識低そうに見えたけど、ちゃん実験して編み出したレシピなのか

anond:20181128143547

これがベーコンエッグ状にはならないんだよ。

チーズケチると卵がスクランブルエッグ状になってしまうけど、チーズを40gまで盛ってやるとしっかり濃厚ソースになる。

実験の結果から編み出したレシピなんだ。

anond:20181128092456

中国技術もあって世界的にも大国なのに人権が軽視されてるからいい子ぶって他の国がやらない実験をどんどんやって欲しい

ナチス人体実験資料現代医学プラスになってるようにそのうち中国実験が活かされる時が来るでしょ

2018-11-27

anond:20181127154741

自分BLを好む」と言いながらキズナアイデマ炎上させようとして(失敗した)、尊敬するBL作家に怒られてた社会学者がおってな...

また、トランスジェンダーでありながら「意に反したトランス実験被害者」の名前を名乗る謎の人物が「BLは差別されてた女性への貢献があるから無罪」とか言ってたり。

そういう例がすべてとは言わんが、オタクヘイターには何故かBL擁護が多いってのはあると思う。違ったらすまん

2018-11-26

anond:20181125055531

元増田に触発されて、大学時代自分自殺未遂をしていた頃のことを思い出していた。自殺未遂と言っても、救急車警察のお世話にもならない程度に自殺を企てて失敗して諦めるようなものではあった。とはいえ、今思い返してみると自分人生ではそれなりに重要位置づけにあった出来事だったように感じるので、供養のために当時のことを思い返して書いてみようと思った。

大学の頃はとにかく自分の不甲斐なさ、生きる才能のなさに絶望していた。バイトでも研究室でも上手くいかず失敗ばかりで常に低評価、何をしても上の立場の者を怒らせてしまい下の立場の者からは憐れまれる、同期も含めて誰とも信頼関係を築けない、などで常に悩み苦しんでいた。いつだったか、親に「普通のことが普通にできるようになって欲しい」と言われた。自分も心底そう願っていたのだが、周囲が普通にできていることができないまま、失敗体験ばかりが積み重なっていった。

その社会的に上手くいかない大部分は、今顧みると自分発達障害的な特性に起因していたのだと思う。だが、その頃は発達障害に対する知識量が乏しく、自分発達障害であると疑いもせずに、漠然としつつも強い社会不適合感を感じながら生きていた。

そのうち、何か現実で失敗して大きく自分失望する出来事があったとき自殺を試みるようになった。

ある時は凍死を試みた。当時は北海道に住んでいたので、冬の夜に外で寝ると簡単に凍死できる。酒をコンビニでたくさん買って、酩酊したのちに雪の中で寝ることで死のうとした。だが、いざ酒をしこたま飲んでも「ここで寝たら死ぬ」という本能的な危機意識が強まり意識覚醒するばかりで思うように酩酊することができなかった。結局、1時間半ほど雪中にいたのちに無理だと悟り、冷え切った指をさすりながらフラフラ家に帰った。

ある時はヘリウム自殺を試みた。本当は数百リットル入っている大きなヘリウム缶を購入した方がよかったのだが、実家住まいだったため家に持ち込むのは現実的でなく、結局十数リットルの小型缶を2本買った。ビニール袋を頭から被り、その中にヘリウムを充満させ、呼吸すると酸素不足で意識を失いそのまま死に至るという寸法だ。結果はまあ当たり前だが、ヘリウム絶対量が足りず、意識を失うことすら叶わなかった。「死ねなかった…」と独りごちたとき、例のパーティヘリウムを吸った時の声が高くなる現象が起き、思わず笑ってしまった。一瞬だけ、自殺に失敗した絶望感が紛れた。

他にも非定型首吊りを試みたりと何度か自殺を決行した。だが、いずれも準備不足だったり、途中で怖くなってしまって未遂に終わることを何回か繰り返した。そうしてまた現実に向き合わなければならない絶望感を抱えつつ、辛くて苦しい日常に戻っていった。ただこの自殺失敗は無意味ではなく、いつでも死ねるという選択肢があると自分に言い聞かせることで、現実の辛さから目を背ける逃避行為になっていたと思う。

そうして毎日をやり過ごしていたところで、大学院の研究発表が間近の冬の時期に、これまで数ヶ月かけて実験してきたデータが使い物にならないと判明した。自分のこれまでやってきたことが無為だと感じたときに、なんとか生きようとしていた気力の糸が完全に切れてしまった。この出来事自体が大きい意味を持っていたというよりは、これまでの失敗体験により自分への失望や将来への希望の無さが雪だるま式に積み重なっていって、この出来事で許容値を超えたと言った方が正しいと思う。この先生きていても苦しいだけで希望も何もない、自分は何も成功を収めるすることができない落伍者だという思いがピークに達し、自殺を決行しようと思った。

定型首吊りをしようと、酒を飲んだあと人気のない公園に行き、自分身長以上ある遊具ロープを括り付けた。その後、遊具に昇って首にロープをかけ、足を遊具から踏み外した。頭に血がパンパンに溜まり熱くなるのが分かり、同時に意識に靄が徐々にかかっていった。あと数秒、首に圧力が加わったなら意識を失い、やがて死に至ると強く実感した。そのように感じた瞬間、死が急に身近に思えてきて、一瞬でとてつもない恐怖心が芽生えた。手でロープを掴み首に掛かる圧力を緩めたあと、必死にもがいて首からロープを外し、倒れ込むように雪の上に落ちた。

その後も何回か試したが、同じようにあと数秒で意識を失えるところで首からロープを外し、断念することを繰り返した。あと数秒だけ首に力を込めれば意識を失えたのだが、その一線を越えるのがとてつもなく大きな壁のように感じ、どうしても乗り越えられなかった。結局3回ほど試したのち、無理だと悟って家に帰った。

上で書いた通り、自分にとって自殺は辛い現実から目を背ける唯一無二の手段だった。死ぬという選択肢があると信じ込むことで、どんなに現実で失敗をしたとしても、死ねば救われると信じていた。しかしこの自殺未遂により、ここまで死に接近しても、死という一線を越えることは自分にはできない、死を現実の逃避先にするのは無理だと悟ってしまった。すると、これまでは生きるか死ぬかの狭間でウロウロ迷っていたのが、死ぬことが無理ならこの先も生きていくしかなく、この先どうせ生きていかねばならないのなら、できれば良い人生を生きていきたいという心情に変化した。死ねない絶望が、逆に現実を前向きに生きようとする動機になったのだ。

その後、研究発表は使えそうなデータをそれっぽく見せて、なんとか修了要件を満たすことが出来た。

そして大学卒業して働き始め、自分発達障害であることに疑いを持ち実際に診断が出るなど紆余曲折ありつつ、今のところはなんとか生きている。

今でも猛烈な希死念慮破滅願望が湧き上がることはしょっちゅうあるし、自分社会を上手く渡っていける人間でないことに絶望したりもする。「生きててよかった」とまで自分人生肯定できるまでには、まだ至っていない。だが、自分自殺できない、死を逃避先として選べないということは、確固とした事実として悟ってしまった。また、幸いと言っていいのか、最近は少しずつ発達してきたのだろう、人生を上手くやっていく術を徐々に身につけつつある。まあ、全て上手く実践するまでには全然至っておらず、それなりの頻度で失敗をやらかす。そのたびに湧き上がる強い自責感情消滅願望を色々な方法ごまかしつつ、結局はより良い人生を目指して少しずつやっていくしかないと思い今日もまだ生きている。

この文章を読んで、これは前向きな感情ではなく、死ぬという選択肢が消えたか消極的に生きなければならないと感じているだけではないか?と感じた人もいるような気もする。確かにそうなのかもしれない。ただ、以前は学習性無力感からか、自分人生を良くしようと自分から働きかけようという気すら起こらず、ただ日常の痛みに耐えているだけだった。そのような状況から比べると、自分人生コントロールして良くしようと動く気になった分、以前より間違いなく前向きになったように自分では感じるのだ。(管理が厳しく、親の納得のいく人生を送らないと叱責する親元を離れたことも、大きな要因であるとは思う)

そこで東日本大震災が起こった。ずっとテレビを見ていて思ったのは「いとも簡単に人がたくさん死ぬ」ということだった。

ぼくがずっと考えていたことは自然にとってはありふれたことで、一生懸命自分人生を生きてきた一人の人間が、人生を無理矢理終了させられ、大して深い意味もなく死んでいくという「人間ゴミのように死んでいく」光景が新鮮だった。可哀想などと思う人間気持ちを持つ余裕はまだ無かった。失礼な話だが、人が一人死ぬのを見るたび希望が湧きあがってきた。震災はぼくの死生観に強い影響を及ぼした。「人間が生きる意味などない」というのをかなりポジティブに感じた。

こうして今になって文章化して振り返ってみると、この程度の絶望はまあ巷にはありふれているし、救急警察にお世話になっていない程度の大した話でないと自分でも思う。ただ、元増田は「人は簡単死ぬ」という現実悟り、結果として前向きに生きることができるようになったと書いている。一方で、自分は「人は簡単死ねない」という現実に直面し、結果として前向きに生きられるようになったように思う。その対比がなんだか面白くて、このような長文を書いてしまった。

以上、供養です。おわり

2018-11-25

今日、はじめてエステに行った。

住んでいるところは都会に近い田舎で、主婦が多い住宅地からエステが多く、検索すると10件ほどヒットした。

エステ(広義)も含まれていたので、候補になったのは3件。高いところ、安いところ、中間のところ。中間のところを予約しようとした。

ふと思う。エステというと料理教室よろしく勧誘が多い印象がある。選択肢のなかの

高いところはサイトがあって、見るからにうさんくさかった。

中間のところはチェーン店で、独自ヨガだとか水素水だとかなんたらかんたら書かれていて、検索してみるとネズミ講一種のようだった。

しか口コミサイトで見るとそこそこ現実味がある感じ。

話は逸れるが、学生とき休みの日だけ、サイト運営という名の口コミ作成バイトをしていた。業務内容はそれだけではなかったが、入ってから知った。自社サイト運営という言葉に騙されていた。同じ人間が何人かの口コミ作成する。人を騙して金を取っている気にしかならず、すぐに辞めた。教わったポイントはいいことだけを書かないこと。悪いことも書くこと。

その会社の人たちは人の書いた口コミアレンジしてどこかに送る。そんな仕事もしているのに、みんな宗教ネズミ講はきらいだった。わたしが断れずに道端で野菜を買わされた話をしたらみんながそれはよくないと言った。

わたし会社の人たちはすきだった。仕事内容は嫌いだった。

それを思い出して、もう一度検索してみるとそのエステはそこそこ有名なネズミ講だった。

結局、変なところに金をかけてしまっても額が少ない一番安いところを予約した。

まあ、そこも典型的ネズミ講だった。

90分コース。数千円。個人情報を書く。顔を知られている状態で嘘を書くのはなんとなく抵抗があってわざと汚い字で書いた。住所は書かず、電話番号だけ。

はじまって5分。ここで使用しているのは全て同じところのものという話がはじまる。この時点でやってしまったと思った。

比較対象がないからわからないけれど値段分以上の満足感は得られた。話は途中から寝てるふりをしたりしなかったり。

最後時間はありますかと聞かれた。

頭が働いてなかった。

「少しならあります。」

ここから何か簡単実験とか市販のものにはどんなに悪影響なものが入っていておそろしいか、信用できないか、これを知っても今使っているものを使い続けたいと思うか、そういう話をぶっ続けでされた。

最後にこれだ。

こちらの商品は紹介制となっていて普通に購入することができない。

身体のことを思うなら是非買ってみてほしい。

・購入回数が増えるほど得になるから

疲れてしまった。マルチって人の善意につけ込む感じが嫌いだ。

勧誘に関するところ以外とっても親切で気の利く人だった。

友人にもマルチ漬けのお家の人がいた。全員販売人?みたいな。自分のいいと思うものを人にとってもいいと決めつけるのが怖いし洗脳されている人を見ると辛くなってしまう。

すぐには決められませんというようなことを伝えて、申込書だのなんだのを持ち帰った。なんで私が罪悪感を感じるんだろう。でもあの人たちが悪人だと思えなかった。しかし私は絶対にああいものは使いたくないしそれにお金を払いたくない。

当たり前に後者の私が勝つけれど、それはあの店の人たちを否定するような気もちにもなって、つかれた。

次の休みに、思い切ってシュレッダーにかけようと思う。

口コミ作成バイトを辞めた時にも思ったけれど、割り切れる性格になりたい

anond:20181125161628

Rubyは新しいパラダイム言語だったは非常に納得できる

実験言語の域を出なかったのは残念でならないけど生まれた意義は大きかったよな

何故今までシンプル設計していたか?と言えば書きやすくするためで、長い間その点が抜け落ちた感じだった

それを再認識させたのがRubyだった

anond:20181125134448

ホント知らないだけで色々実験されている最新の技術はあるんだろうなぁ

こういう話かなり好き

anond:20181125133918

でもまあこうやって多くの人に知られていないという点を考えても、先鋭的すぎるシステムだとは思うけどね

もうちょっと一般人向けに熟れた感じになるべきだと思うし、なんていくんじゃないかな?とも思う

単に実験段階の最新のSNSはこんな感じになっているって話だね

それを考えるとMastodonとかActivityPub周辺は実用段階の最新SNSって感じかな

2018-11-24

anond:20181124223551

botは作ったひとのためにある

当たり前ダルルォ?

実験なんだよなあ・・・

2018-11-23

毎日実験実験レポート会議準備でしんどい

エクセルで作ってわざわざパワポで大きさ揃えて調整して、メンドクセ

2018-11-20

2029年3月27日(火)「はてな匿名ダイアリーサービス終了のお知らせ

いつもはてな匿名ダイアリーをご利用いただきありがとうございます

掲題の通り、2029年3月27日(火)をもちまして、はてな匿名ダイアリーサービスを終了します。

日中サービス提供を停止する予定です。

はてな匿名ダイアリーは、「はてラボ提供される、はてな実験サービスの1つ」として、2000年1月提供を開始いたしました。

テキストのみ、お絵かき機能画像投稿など一切ない多様な表現不可能サービスで、

うんこ漏らした」から始まる“うんこの投げ合い的”なコミュニケーションを通じて

独自コミュニティ形成され、多くのユーザー様にご支持いただくとともに、

ユーザー様同士の交流の場としても長く活用されてきました。ご愛用いただきました皆様に心より感謝しております

その一方、はてな匿名ダイアリーシステム面では、困難な問題を抱えておりました。大きな要因として、長期にわたってサービス提供する中で、

その時々の時流に沿う形で独自サービス試行し、利便性を高めるために他サービスとの連携を図るなどの施策を取った結果、

システムが非常に特殊構造となったことが挙げられます。結果として、システムメンテナンスコストが増大し、

近年では新規機能追加だけでなく、不具合修正や大規模なスパム投稿への対策など、喫緊課題として必要対応も迅速に行うことが難しい状況でした。

はてな匿名ダイアリーは、提供開始以来ユーザーの皆様に長くご利用いただいてきただけでなく、

サービス愛着を持ち、温かく応援していただいているユーザー様が特に多いサービスでもあります

はてなとしても、サービスをこれから継続して提供するために取れる手段がないか検討協議を重ねました。

これは、サービスを最低限の機能提供し続けながら、ラボサービスであることを活かした実験的な手法での改善模索していくための決断でした。

しかし、ラボにおいても、現状のままのシステムサービス提供を続ける場合、今後、セキュリティ上の深刻な問題が生じる可能性が高く、

最低限の機能を安定して運用するためのコストが増大することは避けられません。

一方、システムの移行・刷新については、過去投稿データを保持しながらの開発となりますので、

新規サービス提供する以上の非常に大きなコスト必要となります

約2年間試行を重ねてまいりましたが、抜本的なサービス再生ができず、システム面の状況と現状のサービス利用状況を鑑みて、

サービス継続判断を行うことはできませんでした。

はてな匿名ダイアリーをご愛用いただいておりましたユーザーの皆様には誠に申し訳ございません。

このような判断に至りましたことを、何卒ご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします。

投稿データエクスポートについて

これまでに投稿いただいたデータについては、エクスポートできるよう対応検討しております

ダウンロード方法や時期については、決まり次第お伝えいたします。申し訳ございませんが、

今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます

2018-11-19

anond:20181119111440

ツイッターセンシティブな内容のコンテンツ制御をご存じない?

・「犯罪美化」とは?具体的に何罪をどう美化してるの?

・「洗脳漫画」とは?この漫画のどういった洗脳効果がどういう実験実証されたの?


まり強い言葉を使うなよ。(アタマが)弱く見えるぞ。

2018-11-17

貴方が死ぬことは100%確実です★

不死身の人間存在しない

もしも「不死身の人間がいる」という嘘をつく人がいたら、実験すれば分かる。

原爆に縛りつけて爆破してみるとか?w

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん