「ディズニープリンセス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ディズニープリンセスとは

2020-06-07

anond:20200606102808

私はリアルではやや太ってる人も好きですけど女性向けの二次元、ツイステにデブがいたら変だと思いますよ。単に絵的に。

からって別にデブ差別してないと思いますけど。リアルでは好きなんだし。

少女漫画的な世界観というか…ディズニープリンセスプリンスだって痩せてる美男美女しかないじゃないですか

単純に、普通の体型を漫画の絵にすると物足りないんですよね。

漫画では基本八頭身とかですけど、だからって別に八頭身じゃない人を差別するとかないでしょう。なんなら現実に八頭身の羽生くんとか怖く感じるくらいです。

誇張して美しく描くのが少女漫画女性向けなだけであって、差別とは別なんだよなあ。

あと、デブやブスは努力である程度変えられるけど人種絶対に変えられない。

人種デブ差別を一緒にするのは全然違うと思います

2020-06-06

企業努力の一環だろうし

https://anond.hatelabo.jp/touch/20200601124254?mode=amp

ハーレム好きののオタクキモいって言いたいだけなのは分かるんだけど

現状のディズニーオタクだけじゃだんだん年齢層が上がって先細りするだけなので

増田彼女向けじゃないものも作ってくのはしょうがないんじゃないかとは思う

実際、乙女ゲーの方向にも作品を作ってそれが物凄く上手くいった事でディズニー繁栄寄与してるわけで

ツムツム経由でディズニーを好きになる人が増えたのと同じ感じでディズニーは捉えてるんじゃないだろうか

これから男性オタク向けのゲームも出るかもしれないし

ディズニープリンセスとか最近流行では最早ないし

ミッキーとかは知名度が高くて無難から売れてるだけじゃないのかとか

そういう事を考えると今までのままではいけないんだと思う

そのうち増田彼女好みの新しい作品資金になるかもだし

コンテンツが終わるよりかは新しいものを嫌いつつも否定はしないぐらいで生きて欲しい

2020-01-31

仕事バックレるたびにディズニープリンセスの気分になる男

ホンマ重荷から解放って最高のカタルシスだわな

久々の酒がうまい

明日のことはしらん

2020-01-28

初恋ミニーに会った話

16年前の冬、ディズニーランドに行って衝撃を受けた。

北海道田舎から親に連れてきてもらった自分はいつも正月と冬のイベントの間の激安北海道ウェルカムウィークという期間にディズニーランドに行っていた。

連れて行けてもらえるだけありがたいし贅沢だというのはわかっていたが、ディズニーファンを読んでいた自分はどうしても期間限定イベント漠然と憧れていた。

ホテルに帰るぎゅーぎゅーのバスの中、次の期間限定イベントの告知を見ながらいいなぁと思ったのをずっと覚えている。

そして2006年の冬、2005年ディズニープリンセスデイズの様子がバスで流れていて衝撃を受けたのを覚えている。

ディズニーファンを読んでいたし、テレビ特集で去年見ていたはずなのに、その時バスで聞いたブーケオブラブを未だに忘れることが出来ない。

そしてこのイベントを生で見たいと思ったことも二度と無理だろうと思ったことも覚えている。

イベントが始まる日、それは私が北の国に送り返される日なのだから

北の大地に帰ってからも忘れられず生まれて初めて自分CDを買った。沢山色んな家の雪かきして買ったそのCDを一生忘れないだろう。

小学校PCを借りてイベントの様子を調べたりした。

そして曲を聴いている内にもしかしたら来年は何かカレンダーの都合でイベント1日目にはいけるかもしれないという根拠のない期待をしていた。

結局その期待は叶わなかった。ディズニープリンセスデイズは翌年タイトルミニー衣装も変わってしまった。

それを知った時なんだかとても悲しかったのを覚えている。

なぜ田舎で生まれたのだろうかとか、どうしてもっと努力して自分の力でお金を稼いで(そんなの雪かきどんなにしても無理とわかっているが)イベントに参加しなかったのかと考えて落ち込んだ。

いつか王子様もやって来ないし自分で動かなければ田舎の小娘では何も叶えられないと初めて思い知った。

そんなことを忘れていた16年後、無力で必死田舎小学生だった自分浦安から東京出稼ぎする無気力OLになっていた。

舞浜には年パスがあるものの、誰かさんの顔と声帯が変わってからというものの足が遠のいていた。

そんな2020年1月10日、朝お腹を壊して会社を休んで家で寝ていた。

しかし家で寝ていると昼には快調し、家にいるのは勿体ないそんな気分で舞浜に向かった。

その日からイベントがあることは知っていた。ディズニープリンセスデイズの衣装が選ばれていないことも。

しかたまたまアプリ抽選して当たって向かったショーベースで何の期待もせずに見たイッツベリーベリーミニーを見て、ブーケオブラブを聴いてボロボロに泣いてしまった。

そしてあの時無力だった小学生自分が報われたようなそんな気がしてしまった。

顔と声帯が違っていて衣装が違ってマリーではなくクラリスと並んでいても、デイジーと笑い合って歌う素敵なミニーがそこにいた。

もう二度とパークで会えないと思っていたのに、頑なだった子供の私を赦してもらえたような魔法があった気がした。

そしてまた来年は会えないということも思い出してしまった。

またいつか会える魔法があると信じて、今はアプリ抽選し続ける。

たとえ使い回しと指摘する人がいても、私は救われた。

まり当たらない魔法だし、自由席並びに行ったら突き飛ばされたり外から見ようと待ってたら押されたり酷い目にあったりするけど、今だけは何があっても貴方を見ていたい。

もうあの頃のパークと今のパークは何もかも違う、きっと戻ってくることはないのでしょう。

でもミニーのおかげで、とても大事気持ちを思い出せた気がする。

2020-01-06

考えれば考えるほどジブリって奇跡だったよな

アニメなのに直接的性的表現に頼らない

アニメなのに過剰表現、過剰演技に頼らない

アニメなのにファンダムに媚びない

アニメなのに流行の絵柄にならなかった

声優() そんなもの脇役で充分

女性動物主役など、売れ線から著しく逸れてる

・今の創作物には絶対に出てこない中年、老人の女が頻出

・本気を出せば娯楽大作も作れる

・なおかつ娯楽に哲学も盛り込める

・虐げられたもの活躍する

・全年齢向けなのに誰が見ても面白い

ハリウッドにはとても真似できない、破たんのないハッピーエンド

ハリウッドにはとても真似できない、物語一貫性

ハリウッド逆立ちしても不可能メッセージ

ディズニープリンセスお姫様ごっこしてる間、ジブリプリンセス普通に働いてた

・生み出した表現ネタの数々

コンスタント成功し続けた

ニッチジャンルでも成功し続けた

・今よりも遥に民度の低い時代に、民度の高い映画を作れた

・今よりも遥にエログロロリコンポルノ全盛期に、それに頼らない作品を作れた  

・死してなお、シティポップなどで若者へのアイコンとして復活する

 

 

 

今後産まれアニメ(ひいては国内外映像作品)に

ジブリ以上の創造性を期待できないってのは

人類の恥なんじゃないだろうか

俺にはJKの口で作られた酒がジブリを超えられるとは到底思えないんだ

2019-12-05

[]2019年12月4日水曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
007417978242.953
01162761172.659
02217093337.852
0322140263.746.5
0481596199.599.5
05524048.031
06143604257.471.5
07333954119.836
0881518464.035
09142827158.232
101401380598.646.5
111941200661.936.5
121521074570.734.5
13699639139.735
141791104361.735
151831188564.938
1613314573109.631
171251010180.846
181781102361.928.5
192141179655.126.5
2077580975.437
2111313068115.640
2214819226129.944.5
23137856262.536
1日245821536487.636

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

December(11), 試写会(15), 試写(6), 12月3日(3), objectification(3), 7本(3), マシリト(3), シュガー・ラッシュ(3), アフガニスタン(5), 膵臓(6), ムーラン(3), ステマ(44), 招待(11), ディズニー(17), 関西弁(9), セックスレス(9), 関西(15), 加速(13), 桜を見る会(8), エアプ(5), バレる(8), カラオケ(9), 頼ま(7), 店長(7), 不動産(7), 外食(10), ソース(27), 大阪(13), 引きこもり(14), カレー(12), 同じく(9), 政権(12), 漫画家(9), 機械(9), 傷つけ(8), 新た(8)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

■引きこもって20年経ったが外に出たい /20191204102045(38), ■関西が嫌いだ /20191203002224(29), ■不動産屋ってどこまで嘘ついてるの? /20191130233459(11), ■カレージャガイモは要らぬ /20191204132104(10), ■フィクション悪者は必ず厳しく罰せられないといけない /20191204091147(10), ■もしも男性妊娠出産できるようになったら? /20191204144019(9), ■オタクヴィーガン叩くの悲しいしバカすぎる。 /20191204183300(8), ■身体にいいものが不味いのはおかしい /20191204103428(7), (タイトル不明) /20191204111002(7), ■体全体が勃起できるようになったらバスケで無双できそう /20191204193210(7), ■セックスレス突入することにした /20191204002159(7), ■親のお金の使い方が嫌 /20191204075412(7), ■焼きそばの具 /20191204091043(7), ■スパコンプレイできるゲームって無いの? /20191204172338(7), ■セクハラ退職するので辞世の句を詠みます /20191204172602(7), ■こんなにネットが発達してるのに中二病が見当たらない /20191203223107(7), ■政権強気さ /20191204004036(6), ■ /20191203214609(6), ■恋人や既婚者で独自に作り出した単語キモいと思う /20191204091924(6), ■アジア人ディズニープリンセスおらんの? /20191204153242(6)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6835932(2492)

2019-12-01

anond:20191201184919

ディズニープリンセスPCに寄り添うようになったのは、著作権期間の延長を伴うほどのコンテンツ寿命を持つことが強く関係している。

・その観点から普遍的価値を持ち得るビルドゥングスロマンPC意識すべきだし、流行に即した表現・絵柄が求められる所謂エロコメ」は必ずしもPCである必要はないと思う。ここでまたしても問題となるのはレーティング

anond:20191201172534

アナ雪も青が主体

つかディズニープリンセスピンクを強調しない

すみっこも同じ

プリキュアファントミは本当にピンクから売れてるのか、ピンクを主役にしてるから主役が売れてるだけなのかは微妙

だけど誰も敢えてピンク外しはしないだろうな

外して売り上げ落ちたら責任取らされるわけだし

初代プリキュアみたいにまだそこまでのノルマは無かったであろう時代ならそういう挑戦出来ただろうけど

2019-11-30

最近ディズニープリンセスのさ

過去プリンセス像を否定していくスタイルやだなあ

新しいプリンセス像は素敵だと思うけど、ディズニーマインド技術なら過去否定しなくても素敵なキャラクターは作れるはずだと思うんだが

過去映画プリンセスはそれはそれで魅力的だったわけで、だから世界中の多くの人が憧れて育つんじゃないか

きれいなドレス可愛い顔、おしとやかな性格、それが女性の全てではないが彼女たちにとっては立派なチャームポイントだと思うな

なんで急にそんなこと思ったかというとシュガーラッシュオンラインレビュー読んじゃって、あ~あの映画過去プリンセス全否定シーンには違和感あったなーと思い出したんだよね

自由プリンセスはいいが責任感なく自分世界を捨てるガールは好きじゃなかったあの映画

ラルフめっちゃヴァネロペに依存するキモいおじさんみたいになってたのもストーリー犠牲キャラ付けに見えたし

あとラストレースで「勝っちゃってごめんね」が最強に不快だった

一作目はあんなに面白かったのにガッカリだよ

エルサやモアナは可愛かったか最近プリンセスすべてを否定するつもりはないが、ちょっと旧作ファン気持ちも考えてほしいよね

それだけ

そろそろ買い物行こう

2019-11-07

anond:20191107000235

初代プリキュアはそういう「分かりやす記号」を敢えて避けて

テーマカラー白と黒女児向けなのに殴り合いのガチバトル、をやってそれがウケたかシリーズ化されたのに

今は結局カラフルセンターピンクで殴らず魔法のようなもので戦う、保守的魔法少女ものの枠に収まってしまった、

ってのはよく批判されてるポイントなんだが。

製作者側もそれ分かってるから、他の所でやたらジェンダーに気を使ってます描写やってそれを必死宣伝してるんだが)

アンパンマンアンパンチも先日話題になったし、あれは「直接殴るシーンは描かない」「殴ってるのはばいきんまんじゃなくて乗ってるマシンの方」だし

とらじろうじゃなくてしまじろうも、「『女らしい』大人しめの女キャラしかいない」「母親が全員専業主婦」は問題だとして

運動が得意でしっかりもののお姉さんキャラ母親は働くシングルマザー」なにゃっきいを新たに加えたりしてる。

子供おもちゃ売るのが目的ホビーアニメと違ってベネッセは「親に教育教材を売る」企業なせいかその辺の意識結構高い。

しまじろうのパパも子育てしてる描写多かったり)

シンデレラ玉の輿」なんて遥か昔から批判されまくってて

から最近(と言ってもも10年以上だよな)のディズニープリンセスものはそういうの避けてるってのも散々言われてるだろうが。

古いディズニープリンセスプリンセスだけをまとめ売りが定着して、最早対になる王子様が誰なのか分からない子供の方が多いくらいだ

キャラクターとしてのディズニープリンセスは知っていても、元となった映画は見た事ない子の方が多いわけだし)

ってか米産は概ね日本産より意識高い

増田がそういうの知らないだけだろ。

低年齢向けの方が親の顔色伺ってその辺敏感だよ。小学生以上向けの方が酷い。

2019-10-16

献血ディズニープリンセスコラボすればええやんけ

オタクKHディズニープリンセスは履修してるので問題なし

女さん:女さんはディズニーが好きなので問題なし

一般男性:「へぇ、金あるんだな」となるぐらいで問題なし

ちなみに推しドロッセルアリエル

2019-08-08

はてなってやたら子育て至上主義的な意見多いけど

実際に子供を育てている人は凄く少ない気がする。

(あ、「育てている」ね。子供はいるけどほぼ他人に丸投げ、ってならそこそこいそう)

しろ子供の話になると頓珍漢な事言うやつが多い。

今時の学校おかしい、って話になった時に想定している「学校」像がやたら古臭くて

それお前の子時代の話じゃね?リアルタイムじゃなくね?だったり。

保育園不足についてやたら憤るけど、保育園幼稚園こども園の違いすら分かってなかったり。

の子供にもポケモン流行ってる、というか普通に定番なのを知らなかったり。

妖怪ウォッチの人気が無くなったのに気づくの遅すぎたり。

ちょい前にしまじろう話題になってたけど、らむりんは知っててもにゃっきいを知らなかったり。

ディズニープリンセスを未だに「王子様と結ばれてハッピーエンドな古臭いコンテンツ」と思ってたり。ソフィアを知らなかったり。

Eテレは神とか言い出すけど(昔からある)いなばおかいつと(オサレ大人ウケがいい)ユーフラテス系と

昆虫すごいぜくらいしかろくに知らなかったり。

特撮プリキュアだけは異常に知ってるけど、それ以外を知らなくて

子供は皆特撮プリキュアが好き」と思ってたり。

追記

コンテンツの話ばかりなのはコンテンツの話だと無知な人がいるのが分かりやすいからだよ。

別に他の事でもいいけど。エルゴ知らないとかベビーカーの種類知らないとかそういう話する?

以前「コンビニおむつ売ってないのはおかしい!」と憤ってる人たちいたけど場所によっては普通に売ってるよね?って話とか?)

あと別にコンテンツ全部見てる必要なんかないけど、

タイトル&「今子供の間で流行ってるらしい」って程度の知識すらなさそうで。

例えばおもちゃ売り場行くだけで「アンパンマン特撮プリキュアしか流行っていない、なんてことは全然ない」事くらいすぐ分かるだろうに。

他も子供用品売り場や子供が集まる施設流行キャラクターだらけだから

そういう所に行く習慣があれば流行りもんくらい自然に覚える(勿論タイトルと主要キャラの顔程度ではあるが)よ。

後は子供友達に好きな子がいるとか、七夕短冊の「〇〇になりたい」(子供向け施設だとそういうの書かせてるのはよくある)の内容とか。

そういう発想がなくて「自分で見ていない、自分の子が興味ないものは知ってるわけがない」と考える事自体子育てしてないんだろうなーと。

やっぱそういうのは嫁に丸投げな男親多いのかな。

2019-08-06

手紙の送付先にとって便箋封筒レターセットについて

親戚に手紙を出したり、ファンレターを出したりするためにときどきレターセットや便箋を買う

親戚に出す手紙かしこまったものなので地味め大人っぽいデザインにする。とても親しい祖父母相手なら私の趣味全開で乙女っぽい可愛いレターセットを使ったりする。祖父母が知らないキャラクターモノ等は使わない。

ファンレターは多少の遊び心を出してもいいものだと思うので派手でデザイン性の高い便箋封筒で送ることがある。

男性声優男性アイドル少女女児向けの可愛いレターセットで手紙を送る女性がいる。

自己主張強めでいやだと思ってしまう。送り先の男性キティマイメロディが好き、ディズニープリンセスが好き!と公言しているならともかく、「私はマイメロディが好きだからマイメロディレターセットで手紙を送るの♪」と相手のことを考えず自分趣味全開のレターセットを使う人が苦手。

送り先が女性アイドル女性声優女性漫画家とかなら、可愛いものを使いたくなる女の子気持ち共感してくれる可能性が高いのでまあいいのかなと思う。

私はサンエックスセンチメンタルサーカスが好きなのだが、知名度が低く、送り先の人間が知らないキャラクター物のレターセットを使って手紙を書くのはどうかと思うのでセンチメンタルサーカスレターセットが欲しいけど使いどころがないので買ったことがない。私が手紙を送りたいと思う有名人センチメンタルサーカスが好きだと公言している人間はいない。

でも、世間にはセンチメンタルサーカスレターセットを使ってファンレターを書く人間がいることは知っている。送り先の人はセンチメンタルサーカス知ってるのか?まだディズニーサンリオキャラの方がマシではないのか?と思ってしまう。

ファンレターを受けとる人にとってはファンレターデザインよりも中身の文章の内容の方が大切なので、知らないキャラクターモノのレターセットの手紙が届いたところで何とも思わないと思うが

明らかに送り先の人の趣味じゃないレターセットのファンレターを見るとモヤモヤしてしまう。

2019-07-08

anond:20190704120716

自分もブスだから、ブスな自分結婚して子供作るなんて子供可哀想すぎると思って結婚出産も一生すまいと思って生きてきたよ。

小さい頃からオシャレなんて大嫌いで、料理をはじめとする家事なんか女が男に媚びるためにするもんだろと思ってて、ゲーム漫画仕事だけして独りで生きていく人生を至高だと思ってたよ(今でも半分そう思ってるよ)。

そうしたら自分顔面が全く同レベルのくせに自信満々で両親にも愛情たっぷりに育てられた男とうっかり出会って、子供産んでくれるあてが他にないって言うもんだからしょうがなく駄目元で結婚して、義父母がめちゃくちゃいい人だから孫の顔見せられないのも気の毒だなって思ってしょうがなく駄目元で子作りしてみたら娘が出来て育って今に至るよ。



この娘がいま4歳なんだけど、4歳のくせにもうオシャレ度親を超えてるよ。

どこで覚えてきたのかお化粧とマニキュアをやりたがって先日子供コスメを買ってあげたら大喜びで鏡に向かいっぱなしだよ。親は眉毛化粧水BBクリームしかつけないのに。

休みの日には西松屋で買ってあげた派手なワンピースを「ドレス」と呼んでこれらを着っぱなしでズボンなんか履きやしないよ。親はジーンズチノパンしか履かないのに。

寝る時もオシャレでいたいのか、丈が足りなくなった去年のワンピースネグリジェ風にして着て寝てるよ。親はいつ買ったか記憶にないTシャツと半パンで寝てるのに。

プリキュアファンミラージュの歌や踊りを覚えて親のスマホで撮ってもらうのが大好きだよ。親は自分の顔どころか声も嫌いで映像になんか1秒も撮られたくないのに。

将来の夢はディズニープリンセスになることだよ。同時期の親の将来の夢は婦人警官看護師で今はクソザコ零細労働者やってるのに。

なお娘の顔は目元を除くと大体夫そっくりで夫はペナルティワッキーに似てるよ。



自分なんかが子供産んだら子供母親譲りの劣った容姿能力を恨んで一生幸せでない気分を引きずったまま育つんだと思ってたよ。

「どうせこちとらクソダラの地味ブスだあ、知るかよ。誰に何言われようが好きなことやるんだよ」と目に見えない血を流しながら開き直るのに35年かかったから。

でもそんなことなかったわ。我が娘は有能で、4歳にして早くも親を乗り越えていかれたわ。

からこのまま、意地悪な誰かに勘違いブスだの何だの言われたって気にせずに、自分の好きなものだけ見て胸張って生きていく娘に育ってくれたら嬉しいよ。



増田の子はいくつか知らないけど、多分まだうちの娘ほどは大きくないでしょう。

大丈夫だよ。お子さんが大きくなるにつれ、子供能力可能性に己の浅はかさを思い知らされる日がきっとやってくるよ。

うちの娘は生まれからずっと今が一番可愛いよ。きっとこれからもそうなっていくよ。増田のお子さんも必ずそうなるよ。



追記

呪い全然解けてないよ。ブコメでもトラバでも否定的意見の奴ばっかり頭に入れる癖がついちゃっててもう血だらけだわ。

それとは別の、この増田とは関係のないことで「自分のようなもの子供なんか育ててるからこういう事になるんだ」と落ち込むことがあったけど、早朝に目が覚めて娘の寝顔見たらやっぱかわいいわ。

起きたらもっとかわいかったわ。「お母さん嫌なことあったの? じゃあ〇〇ちゃんご飯屋さんに連れてってあげる。なんでも食べたいもの食べさせてあげるからね! そんで、お母さんに変なこと言う人は入っちゃいけませんってお店にバツつけておくから!」って言ってくれたわ。

4歳にしてオシャレ度のみならずメンタルの強さまで追い越されてもう遠く及ばないわ。うちの子すごいわ。

その時のこと思い出して今泣いてる。

2019-07-04

anond:20190704143005

その返し方って増田煽りでは正当なんだろうけど

コンテンツに全く目がいって無くて気の毒じゃん

 

そこまでいわれるってことは彼女にとってどういう映画だったんだろ?

パパと同時にみてると気まずくなるような

彼女にとっての「女の夢のかたまり」みたいな映画だったんだろうか?

実際3次元ジャスミン姫がナイスバディでハーレム衣装きてるんだろうしな

 

ディズニーで言えばシンデレラと同じディズニープリンセス部類なんだよな

でもそこまでのものを作る気はしないんだが

正直実写はエマ・ワトソン美女と野獣金ローでちら見したレベルしわかんね

判定よろしく

こないだ50代女性大学講義もってる)が他の大人雑談してたんだけど

一人で実写版アラジンレイトでみにいったら

わりと空いてる映画館男性が一人でみててカップルでもないので気持ち悪いとおもったそうな

ウィルスミスジンをみるにしてもちょっと・・っていってた

それを大学男子の群れにいっちゃったら「先生それ差別ですよ!」ってつっこみ入ったそうな

 

その話してる相手立場が下なのでイエスしかいえない立場

コピーしながら全部聞こえちゃった自分アラジンアニメ版は見てるけど実写版のものは見てないので何とも言えない

ただこの人には今後は連れ立ってプィキュアの映画みにいく大きいお友だちの話だしてはいかんとはおもったけど

  

きみならどうする

 

追記

「おばさん1人もキモイ

その返し方って増田煽りでは正当なんだろうけど

コンテンツに全く目がいって無くて気の毒じゃん

 

そこまでいわれるってことは彼女にとってどういう映画だったんだろ?

パパと同時にみてると気まずくなるような

彼女にとっての「女の夢のかたまり」みたいな映画だったんだろうか?

実際3次元ジャスミン姫がナイスバディでハーレム衣装きてるんだろうしな

 

ディズニーで言えばシンデレラと同じディズニープリンセス部類なんだよな

でもそこまでのものを作る気はしないんだが

正直実写はエマ・ワトソン美女と野獣金ローでちら見したレベルしわかんね

増田なら1人くらい見てきた人いるかと思ったんだが

 

追記

「判定って何」

 

実写版アラジン見た人→「映画表現方法アニメに比べても一般的にも○○だった。したがって、その「気持ち悪い」コメントはアリ/ナシ」みたいの知りたかった。

なんていうか彼女にそこまでいわせた理由があるなら知りたい

 

ちなみに今思い出しただけで似て非なるものだが例えば

俺(女性)にとって「耳をすませば」を映画館自分の2つ向こうくらいで異性の一人客が食い入る様に見てたら

「やめろ!これは中学生ときの俺の妄想だ!直視するな!みなくていい!もうこれは夢だってわかったんだ!」

っていいたくなるくらい恥ずかしいだろうとは思う(実際には何も言わないのも彼女と同じだろう)。

翌朝以降に人に話すときには手短にいって「気持ち悪い」までいわなくても「男性はあれは見に来なくていいのに」って表現になってるかもしれない。

実写版アラジンが「耳すまレベルの夢女映画かもしれないとおもうと余計に気になってきた。

 

男性場合ラピュタもののけでいいかもしれん。

子供連れ・家族連れ・カップルならともかく

異性が一人で食い入る様に「男の夢」みたいな映画を見てたらへんな気分にならない?

 

2019-02-21

anond:20190221115038

株式会社バンダイ代表取締役社長川口勝、本社東京都台東区)は、0~12の子どもを持つ親(子どもと一緒に回答できる方)800人を対象に、「お子さまの好きなキャラクターに関する意識調査」を実施しました。

1位 それいけ!アンパンマン

2位 ドラえもん

3位 妖怪ウォッチ

4位 ポケットモンスター

5位 プリキュアシリーズ

6位 名探偵コナン

7位 アナと雪の女王

8位 いないいないばあ

9位 しまじろう

10位 きかんしゃトーマス

10位 スーパー戦隊シリーズ

小学館学習雑誌小学一年生』では、小1の子どもが「好きなキャラクター」を調査しました。

男子の好きなキャラクター

1位 ドラえもん

2位 ポケットモンスター

3位 クレヨンしんちゃん

4位 新幹線変形ロボ シンカリオン

5位 仮面ライダービルド

6位 妖怪ウォッチ

7位 マリオ

8位 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

9位 ミニオン

10位 ピカチュウ

女子の好きなキャラクター

1位 ドラえもん

2位 プリキュア

3位 すみっコぐらし

4位 ハローキティ

5位 マイメロディ

6位 アイカツフレンズ!

6位 キラッとプリ☆チャン

8位 ディズニープリンセス

9位 クレヨンしんちゃん

9位 ミニオン

9位 リラックマ

プリキュア」「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」「ポケモン」あたりと「サザエさん」は明らかに層が違うよなァ。

2019-01-11

シュガーラッシュオンライン感想

まとめ:「インターネット世界を最新のCGアニメーション表現」「ディズニープリンセスが多分長編映画としては初の全員集合」など、個々の要素はそれなりに魅力的な映像となっているが、それらが上手く噛み合ってなくて一本の映画としては冗長でいて唐突な話だった。

あらすじは公式サイトを読んで貰うとして、

話は「(主人公達のせいで)ゲーム機ハンドルが壊れたので、ゲームキャラクターの居場所を守るためにゲーム機撤去される前に新しいハンドルインターネットでゲットしよう」という話と、「平穏だが退屈な故郷ゲームセンター)を出て、新しい刺激的な世界オンラインゲーム)に移住する若い娘と、それを受け入れられず暴走する父親ないし恋人存在の男」という話が前半と後半で切り替わる。

まあその話の筋自体は良いとして、冒頭に挙げたインターネット世界描写とかプリンセス大集合とか、予告編映えするシーンは実は本筋にあまり関係ないんだよね。話としてはプリンセス軍団はいなくても成立するし。YouTuberで金を稼ぐくだりも結構長かったけど実はその間話の展開が停滞してたわけで…そういう「単体の映像としてはキャッチーだけど映画全体に対してはあまり寄与していないシーン」が多かったという印象。商売としては予告編映えするシーンが多い方がいいんだろうが。

個人的独断偏見で言えば、本当はオンラインゲームスローターレース)内でもっと話を展開させるべきで、なんとかっていうかっこいいお姉ちゃん(娘の方の主人公が憧れる存在)の内面もっと掘り下げるべきだったと思う。結局余計なことに時間を費やしてやることやってない感じというか観ながら「これ、どーやってまとめるかすごい悩んだ感じがする…」と思った。

同じ監督ズートピアもっと引き締まった映画だったので、やっぱりジョンラセターが抜けた穴は大きかったのだろうかとかスタッフロールを観ながら考えた。

2018-12-31

シュガーラッシュオンライン見てきた

・前作に引き続き小ネタ多そうだがそこまでネットオタクじゃないのでよくわかりません

pinterestを全く知らず展開的にワクチンソフト勘違いしたが調べたら全然違った

楽天ロゴが古かった(漢字楽天の間にRって書いてあるやつだった)

・ってか楽天ってアメリカでも背景に描いて貰える程度の知名度があるのか

・壊れた看板Geocities

・クッソつまらねえ動画でバズって大金稼ぐのはyoutuberへの皮肉なんだろう

ヒロインディズニープリンセスお約束的に「ここが私のいるべき場所」と歌い出すのがGTA(似)世界ってのも皮肉なんだろう

ポリコレ配慮というより最早ただのギャグだろあれ

プリンセスバズライトイヤーとかベイマックスとか一緒にストームトルーパーいるとやっぱ違和感というかお前はディズニーだけどディズニーじゃねえ感

・今回ゲームキャラほとんど出番なし(目立ってたのザンギエフソニックくらい)、まあインターネットテーマから

・「革新的で新しい技術にもすぐ適応危険世界に憧れて親から離れて自立しようとする子供」と

 「保守的で新技術についていけず子供安全世界に囲っておきたいオヤジ」と言う親子関係あるあるを描きたいのは分かるが

 実際は親子じゃなくてただの友人設定かつおっさんと幼女なのでロリコンしか見えない

・まあ当初予定されてなかったであろう続編だから仕方ないが…前作だけできれいにまとまってたし

・まあまあ面白かったがネットネタとかプリンセスネタ見たい人以外は大人が見ても普通の話かと…あくま子供向け映画ってことで

2018-12-03

anond:20181203170850

思春期入ってない女児って基本男の子にはあんま興味ないよ

いくら女児男児より発達早いとは言え、プリキュア対象年齢じゃまだ思春期は遠すぎる

年長くらいになれば、大人や年上のお姉さんの真似をして恋愛っぽい事を言い出す子もいるけど

それより女の子友達の方がずっと好きだし大事にしてるのが普通

ディズニープリンセスも、プリンセスだけ取り出して売った事でヒットしたし

小さい子だとディズニープリンセスは知ってても対となる王子は下手すりゃ存在すら知らないよ

原作見た事なけりゃ知ってる訳がない)

昔ながらのプリンセスより、最近恋愛要素がないソフィアやエルサの方が人気もあるしね

大昔の、親からして娘が幼い頃から女の子は素敵な男性結婚するのが幸せ」と教えこんでた時代なら別だろうけど

今時そんな親も絶滅傾向だしね

昔のプリンセスはそういう時代に作られたものから王子とセットだけど、現代別に女の子の憧れってだけなら王子いらんのよな

「綺麗な服着てる美しい(可愛い女性」ってだけで十分

anond:20181203171933

最初から女児ウケと非オタ大人ウケを両立する作品」と言ってるわけで

オタクにウケてる若おかみ持ち出してもなー

あとはジブリみたいに女児「にも」、ってならあるけど、

女児がメインターゲットでウケてる主体女児、でも非オタ大人が見ても面白い」ってある?

ディズニープリンセスみたいなやつ。

そういやかぐや姫って、本来はその辺狙う企画じゃないかと思うけど

大人向けに偏り過ぎて女児スルーかつ大人にもウケなかった、って感じだな

anond:20181203150125

プリキュア制作側も散々ドヤってるし

プリキュア対象年齢の子王子様なんか興味ないよ

しろ女児王子様大好きであるはず」って方がかなり保守的な考えだろ

ディズニープリンセスプリンセスばかりで王子無視されてるのに

2018-12-01

[]くるみ割り人形秘密王国

くるみ割り人形秘密王国』を見てきたので感想。いつものごとくネタバレ気にしてないのでネタバレ嫌な人は回避推奨。あらすじ解説とかもやる気ないので見た人向けであります

総評

すごいぞなんと150点。点数の基準は「上映時間映画料金を払ったコストに対して満足であるなら100点」。なんで、なんかもっとお金出したい感じはあるんだけど、この映画場合グッズとかサントラとかそっち方向にはいかない、いけない、やばい

この映画公共向けにレビューするとジャスト95点くらいなのははっきりしていて(いや辛く採点すれば80くらいか?)残りの+50くらいは何かといえば完全に性癖の話なのですよ。いつもそうだけど、今回はそれにもまして(主に後半)全く当てにならないレビューであることを告白しなければならないです。何がやばい特殊性癖なのかについて最初に語ると話が混乱するので、後ほど詳細を述べます

遺産継承の話(前編)

物語ストームボール一家クリスマスの準備をしているところからまります。でも主人公でありミドルティーンの次女であるクララ(演マッケンジー・フォイ)は浮かない顔。他の一家もなんだかギクシャクしている。それも無理のない話で、どうやらストームボール一家母親は、このクリスマスの直前に死んでしまったようなのですね。

家族を失った喪失の中でもストームボール一家伝統であるところのクリスマスをしようとしている。ヴィクトリア朝の話だから親族の大規模なパーティーに出ようとかあるのだけれど、母親を失った悲しみからそれらを拒否して引きこもりたい主人公クララと、このような状況だからこそ普段通りに日常に過ごさなきゃならないと考える父親の間には、感情的な亀裂があるというところから物語は始まるわけです。

そういう意味で言えば、これは大事家族を失った喪失から回復する話です。同じテーマを扱った今年の映画でいえば『若おかみは小学生!』なんかがあります普遍的ものなので他にもいくつもあるでしょう。

そういう普遍的テーマだったんで、料理作法にも定番セオリー)みたいなものはあるわけですが、まずそのセオリーのものはきちんとこなしていた。そういう意味脚本及第点

また、同じテーマをこなしながらも独自性のある切り口も感じられました。この項目はその独自性についての感想です。

この種の「喪失再生」の作品において、「去ってしまった人から過去において贈られた自分に対する愛情を再認識する」というエピソードは非常に重要セオリーポイントになります

それは例えば前述の『若おかみは小学生!』においても「私たちは娘であるあなたを愛していたよ」「その愛は永遠だよ」というようなメッセージ存在していて、それが主人公に受け取られることで回復の契機になりました。

いってしまえばこの「親から愛情」ってのは遺産なわけですよね。だからこのテーマ遺産継承に関するテーマだと考えることもできます

でもこのテーマには隠された問題点もあって、それは「親子間の関係遺産を残すもの/受け取るもの、というような一方通行の、上位者秘密下位者が気づくだけという、そういう物語として描いていいの?」というものです。この問題告発って自分は今まで意識したことがなくて、『くるみ割り人形秘密王国』で始めて気が付きました。

例えば先程から比較している『若おかみは小学生!』においてこの問題提起はないんですね。それはなぜかといえば、『若おかみは小学生!』の主人公おっこはタイトル通り小学生で、これから自分世界確立していく存在からです。重要なのは遺産が(つまりは死んだ両親から愛情が)「あった」事であって、それにさえ気づけばおっこのここから先のミッション回復だけなわけです。

しかし『くるみ割り人形秘密王国』の主人公クララはミドルティーンであり、もうすでに自分なりの自意識世界観も作り上げつつある存在です。

次女のクララには、上には憧れつつも素直に従うことができない長女がいて、下には一緒に遊んで面倒を見てやる長男小学生低学年くらい?)がいます。弟の面倒を見ながらも、女性的な完成度と貫禄では長女に勝てない次女。おしゃれは苦手でちょっと理系工学系)な変わり者な主人公

彼女はそういう意味で「母親を失って狂乱するほど悲しむ幼子」ではない。悲しいし落ち込んでいるし、日常を取り繕おうとする父親に反発をするけれど、だからといってそれを破壊しようというほどのパニックにはならない。自分自身の力でこの悲しみを乗り越えようとしている、まだ若いけど自立を目指す女性なわけです。

そんな彼女は、通り一遍意味では「死んだ母親から愛情があった」ことはわかっています世間一般でそういう慰めの言葉はよく聞くし、自分が母に愛されていなかったという疑いはない。

でも、じゃあ、その「愛情」って具体的にはなんなんだろう? もちろん日常でのさりげないやり取りや、スキンシップや、無言での加護やら、ありとあらゆるものがその候補なわけですが、それらは要するに伝われば伝わるし伝わらないわけです。過去のシーンとしては無数にあるそれを、クララはまだ自分の中で結晶化できていない。そこにクララの戦いはあるわけです。

この物語ではその愛情を暗示するキーワードとして母親の残した「大事ものは全て中にある」という言葉があります

クララは亡き母からプレゼントエッグの中に残されたこ言葉を追いかけて冒険の旅に出るわけですが、この言葉意味は最終的には「私(母)がいなくなった世界においてあなた主人公クララ)が前を向いて生きていくための大事ものはすべてあなたの中に残してきた」です。

大事ものは、様々な教えであり、生きていく知恵でもあり、もちろんつながりや愛情人格のものでもあり、大げさに言うならば「母親家族)と過ごした時間のすべて」なわけです。

そしてこのキーワードが示すのは、それだけにとどまらないんですよね。

この言葉は「nを残してきた」「nが私(母)の愛情である」という指定ではないわけです。だからこそ逆に「何が残されていたと認識するかは、娘であるクララが選んで受け取りなさい」という信頼であるわけです。

愛情遺産なわけですが、それは決して贈る/受け取るという一方的関係ではない。この物語における「気づき」はそういうステージテーマとして描写されている。それはやはり一味変わった、深い踏み込みだったと思います

一方、作中において「遺産」はもうひとつ意味でもあらわれますクララの母は幼いころ「秘密王国」を発見してその民に慕われた女王でもあったのです。わお。ですから遺産女王位。クララは本作のメインの冒険である秘密王国への迷い込みそこで戦うこと」をとおして、この「女王位の継承」という問題へ巻き込まれゆきます

でもこの問題も前述の「母の愛情いかに受け取るか」とワンセット、同じ物語の両面なのです。

クララは「女王が去ってしまって荒廃が始まった秘密の国」で大歓迎を受けると同時に、その危機においては「お前なんかは女王代替品にすぎない」ともいわれてしまます。「女王の位」をうけとった娘クララは、ただ単にそれを受け取った段階では「無力な模造品」にすぎないという弾劾です。

クララの母でもあり前女王でもあるマリーが幼いころ発見して作り上げた秘密王国とそこに住む住民たちは、マリーに生み出されて育てられたという意味では、クララと同じく「マリの子供」でもあるわけです。表面上は老人に見えても年上に見えても異形に見えたとしても、その意味では全てクララ兄弟姉妹に等しい。その彼らが、母マリーがなくなって、道を失い、うろたえ、クララに剣を向けさえする。

その混乱はマリーの残した女王位をただ受け取るという、つまり遺産を残す上位者、受け取る下位者というだけの状態では、収拾されないわけです。

まり、これもまた、「継承というのは一方的な贈与関係ではない」というテーマ接続されているわけです。

作中で、母との回想シーンの中で、クララは母からあなたは姉に憧れているけれど、あなたにはあなた独自世界があって物事あなただけの見方で見ることができる。そこがあなたの魅力なのよ」と励まされます

クララクララなりに世界を見ることができる。それは父母や周辺環境コピーとして自意識確立していくしかない幼子ではなく、ミドルティーンとしてすでに自分世界があるこの物語クララしか描けなかった切り口です。

から無限の贈り物を残されたけれど、その中のどれを受け取るか――母の残した教えや愛情のうちどれを「クララという自分自身のコアとして据えるか」というのは、クララの側の自由であり、その選択によって自らの存在を定めるわけです。

その自由の幅が良かった。

この物語の中で、クララは「秘密王国」での旅と冒険を通して、そういった自分自身の内面出会い、悲しみを癒やすわけですけれど、でも実はこの度ってなくても良かったんですよね。作中でも途中でリタイヤして現実世界に帰る選択肢が示されるシーンが有ることからも分かる通り、それはありなわけです。途中で帰るどころか、実は、出かけなくても良い。

クララはもうすでに自分自身を確立しつつあるミドルティーンで、この作品冒険なんかを経なくても、時間さえかければ悲しみから立ち直っていたと思います父親との間にギクシャクした感情は少し残ったかもしれないけれど、それすらも時間の流れでおそらく解消できた。

そこがとても良かった。

幻想郷への旅が必要不可欠であり、この冒険行がなければクララ破滅していたのだとすれば、クララは神が(母が)操る遺産相続操り人形なわけですが、そうではなくクララは旅をやめる自由がある中でそれを続行し、自分で選んだわけです。

から与えられたすべての教えや愛情の中から、姉と同じように「おしゃれで社交的な自分」ではなく、「機械いじりが好きでとびっきりの発明家である自分」を選んで継承した。同じように「秘密王国歓待されるだけの女王」ではなく「みんなのために調和を取り戻そうと戦う女王」も選んだ。選ぶという行為によって、ただ与えられる下位の存在ではなく、継承というテーマにおいて贈り主である上位存在と対等の関係であることを示したのです。

この辺はもはや登録商標とも言って良い「ディズニープリンセス」というワードの「プリンセス」にたいして、一定の回答を出そうと本作が挑んだ結果でもあると思います

まりプリンセスというのは継承である」という主張です。

王位とか王権(そして愛情を)先代から送られ継承した存在が、プリンセスである

でもそれは逆説的に、「プリンセスとは手渡されはしたものの、その手渡されたものをまだ十全には使いこなせないし、自覚もはっきりとはできていない、運命自分自身と戦いの最中にある存在だ」という主張でもあると思うのです。

そういう踏み込みのある本作は、テーマから見ても脚本構造から見てもかなりの出来でした。

――まあ、もっとも、ここまで脚本を褒めては来たんですけれど、その表現としての台詞回しがどうにも垢抜けない感じで、紋切り型なところも多くて正直言えばそこは今ひとつです。取ってつけた感じがある。

てなわけで、構造面ではキラリと光る部分はあるけれど、80〜95点くらいですかね、これは。という感想になるのでした。

文字数オーバーしたので後編 https://anond.hatelabo.jp/20181201181722 に続きます

2018-11-23

どうしてディズニープリンセスキモくて金のないおばさんがいないの

それはね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん