「茂木健一郎」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 茂木健一郎とは

2021-04-17

学校に行く意味について思うところを書いておこう

ゆたぼんとかいう子が学校に行く必要がないとか言ってて、

それに対する反論が、学力とか友達とかそんなのばっか目に付くんで、小学校中学校に行く意味はそうじゃないと言っておく。

学校ってのは、自分がどうなりたいのか、どうなって行くべきなのか知るために行く場所だ。

学校という集団の中で、色々な子を見て、その成功も失敗も挑戦も振る舞いも見て、何をすればどうなるのか、どういう振る舞いがどういう結果につながるのか。

どういう振る舞いが評価され、どういう振る舞いがけなされるのか、どういう子に人気があり、どういう子に人気がないのか。

何をしたらいい結果につながるのか、何をしたら悪い結果につながるのか。

何をしたら誇りになるのか、何をしたら恥をかくのか。

他人をまとめるとはどういう事か、集団の中ではどの程度まで勝手が許されるのか。

自分が何に優れていて、何に優れていないのか。

自分一人だけでなく、周囲の同学年や他学年の子達、同じ部活や違う部活の子達も見て、色々試行錯誤する場所だ。

優れた子とも劣った子とも交わって、他者との距離感の取り方や、自分を演じる事を学ぶんだ。

人生の恥の半分以上は、小中学校のうちにかくんだ。

そうすることでバランス感覚や、信用できる人や信用できない人への嗅覚を養い、その後の人生で致命的な事態を避けて上手く恥をかけるようになる。

それは、学校に行けない海外難民ストリートキッズみたいな子達であっても、同年代の子たちと同じ時間を過ごす事で身につける事ができる、社会生存するための最低限の教養と言っていい。

学校に行かず同年代の子たちと恥をかいたりかかせたりという事をしないまま齢を重ねるのは、

その教養を身につけないまま失敗できるモラトリアムの期間を失って社会に放り出される事を意味する、本当に危険な事だ。

彼の周囲にいるのは、すでにそれらの修羅場を潜り抜けて、社会生存するための最低限のバランス感覚距離感を身に着けた人たちばかりだ。

たまにネット炎上する人はいても、死なずに済ませるための基本的対処法はみんな知っている。

逆に言うと、彼の周囲では「やらかすとまずい事」「どうやったらうまくいき、どうやったらうまくいかいか」「何をやったら褒められ、何をやったら叱られるのか」を体当たりで見せてくれる子たちはいないのだ。

おそらく、彼はこのままだとその辺のバランス感覚が欠如した、ネット上でしか通用しない引きこもりのような存在になってしまうだろう。

学校に行かなくても良いけど、同年代の子たちと過ごす時間を失うのは、大変危険な事だと認識するべきだ。

茂木健一郎氏とか、日本学校教育の内容に一家言あるらしくて学校教育批判文脈で彼を擁護してる人もいるようだけど、

そういった人たちは、自分たちが小中学校で得たものが本当に学力だけなのか、小中学校に行ってなかったら自分はどんな人間に育っていたと思うのか、その辺を考えて言ってるのだろうか?

ゆたぼんという子は、周りの子たちがロボットに見えると言ったそうだが、なぜロボットのように見えるのかちょっと立ち止まって考えてみたらどうだろうか?

それは、外国人がみんな同じような顔に見えるのと同じで、もう「差異を感じ取ることができないほど異質な存在になってしまたから」そう見えるんじゃないのか?

ロボットに見えるというのなら、なぜその子達がロボットに見えるような振る舞いをしているのか、それを考えたのだろうか?

あなた擁護してる人たちは、みんな学校に通ったうえで、その齢まで生き抜いて名を遂げてきた人たちだぞ。彼らはロボットに見えるのか?

なんか学校に行ってない期間が長すぎて、もう立て直しようがないんじゃないかという気がしないでもないけど、

どこか同年代の子供たちと一緒になって、彼らを自分の鏡としながらバランス感覚を養う場所を持った方がいいんじゃないかと思う。

2021-02-28

anond:20210228162445

茂木健一郎がtwiterで、自分推している政党選挙で負けたとか裁判自分が気に入らない判決が出た時とかに「(選挙民)ダサい」「日本裁判ダサい」とかいい年して書くので、「ダサいと言っているヤツが一番ダサいな」と思うようになりました。

2021-02-21

anond:20210201211448

全然ダメ一般人研究者言葉に耳を傾けるのは研究にもとづく理論的背景があるのだろうと信頼しているからなので。

その説得力根拠が、博士号であり、大学などの研究機関所属しているという肩書なのだから

なので、社会運動をするとき研究者として知られる名前肩書を使うべきではない。

たとえば香山リカは、本業名前一般向け活動名前を切断しており上野よりいくらか誠実であるものの、それでも絶対精神科医という権威付けは外さない。それが大衆耳目を集めるために有効だとわかっているから。

茂木健一郎ツイッターで見かける弁護士など、浅い思いつきで放言しているのを見かけることがよくあるが、それがやりたいのならお願いだから別名で肩書を伏せてくれ。

上野千鶴子を筆頭に、研究者としてはやらないことを研究者肩書でおこなうことは、アカデミアや博士号一般人からの信頼を地に落とす行為に他ならない。

2021-01-21

茂木健一郎の言うエイジズムは範囲が拡大されすぎでは?

年齢だけで判断するなということ自体にはある程度筋はあると思うんだけど、

自民党の73歳定年制は加齢による能力低下などではなくて組織の硬直化の問題なわけで、

年齢差別とは別物だと思うのよね。

とにかく年齢で制限をかけるのは一律でNGというのは思考停止だと思う。

 

まぁそれ以前に自分老害として排除されるのを必死回避しようとしてるだけでそれ自体老害ムーブっていうスパイラルなんだけどね…

2020-08-20

三浦茂木健一郎とか中野信子みたいなメディア露出の多いちょっとイケてるイメージ学者芸人として選ばれただけで(結果大ハズレだったわけだけど)、Amazon意図的政治的志向で選んだかというとまったくそんなことはなさそうに思える

2020-08-18

Amazonプライム解約したら徴兵制に反対しているアピールになるそうな

茂木健一郎氏が〝アマプラ解約運動〟を批判攻撃するところが違う」

https://news.yahoo.co.jp/articles/f5e7ec9dd84c748c0f1ccd9344917ece99a46afb

こういう明後日のところに飛んでいく運動って効果があるんだな

理屈立てて真っ向から関係性のある所に意見発言するよりも、毎月せいぜい数百円の契約解除のほうが有効だというのが面白い

2020-08-03

日本三大モジャモジャ頭

といえば、

葉加瀬太郎

茂木健一郎

と、あと誰?

2020-05-12

モジャの忖度

テレビ局には世話になってるのかも知れないが、随分手加減するだな。なにが「良かったかもしれませんね」だ。安倍批判の時の勇ましさはどうした?「白を黒と言うとはテレビ朝日マスコミとして恥ずかしい。欧米なら閉局ものだ」くらい言えよ。

2020-04-28

増田の人だいたい茂木健一郎みたいな顔で書き込んでると思ってる

2019-10-24

チャート徳井批判的外れな件

所得隠しをするなんて悪質だ!

って批判している人多いけど一回も自分確定申告したことないんだなーという感じがして味わい深い。

あれは「俺は所得ありません!」って言ってたわけじゃないよ。

単に確定申告をしてなかっただけ。

から会社設立して確定申告の時期がきても何もしなかっただけ。

茂木健一郎も同じことしてたね。忙しかたか確定申告してなかったって。

批判してるお前らも確定申告してないっしょ? 同じだよ。

2019-10-15

anond:20191015204251

でもはてなーって本をたくさん読んでる茂木健一郎なんかあん評価してないよね。

右も左も。

2019-08-22

知識人読書量・知識ランキング

SSクラス 江藤淳柄谷行人、廣松歩、栗本慎一郎谷沢永一村上泰亮中村元

クラス 小室直樹浅田彰福田和也渡部昇一、呉英智蓮實重彦永井陽之助中村雄二郎すが秀実佐伯啓思高澤秀次筒井康隆小谷野敦菅野覚明養老孟司 見田宗介佐藤誠三郎大森荘蔵西部邁

クラス 丸山眞男吉本隆明長谷川三千子丸山圭三郎橋本治村上陽一郎佐藤優松岡正剛伊藤貫、猪木武徳坂部恵坂本多加雄大澤真幸中川八洋永井均野矢茂樹小浜逸郎飯田隆河合隼雄片岡鉄哉鎌田東二梅棹忠夫竹内洋山本夏彦山口昌哉、入江隆則

クラス 猪瀬直樹坪内祐三中沢新一御厨貴橋爪大三郎鷲田清一北岡伸一池田清彦中西輝政立花隆山本七平宮台真司桶谷秀昭宮崎哲弥司馬遼太郎古田博司市川浩東谷暁苅谷剛彦秋山駿関岡英之加藤尚武浅羽通明松原隆一郎東浩紀

クラス 中島岳志鎌田哲哉兵頭二十八内田樹森本敏村上龍西尾幹二仲正昌樹大江健三郎齋藤孝森岡正博富岡幸一郎小泉義之井沢元彦、桝添要一、中西寛中島義道鄭大均山内昌之村田晃嗣山形浩生林道義松本健一

クラス 斎藤環福岡伸一副島隆彦榊原英資梅原猛寺島実郎佐藤健志大塚英志五木寛之笠井潔潮匡人高橋源一郎岸田秀山田昌弘竹中平蔵池田信夫萱野稔人大川隆寛、大森望櫻田淳上田紀行手嶋龍一和田秀樹藤原正彦中野剛志

クラス 佐々木中村上春樹三橋貴明田原総一郎木村太郎池上彰竹田恒泰切通理作島田雅彦酒井信、夏野剛苫米地英人上野千鶴子姜尚中、鷲田小爾太、竹田青嗣小阪修平佐藤亜紀

クラス 糸井重里加藤典洋中上健次勢古浩爾北田暁大藤原和博小熊英二佐々木俊尚西條剛央玄田有史城繁幸茂木健一郎岩田温千葉雅也、岡田斗司夫

クラス 小林よしのり宇野常寛勝谷誠彦荻上チキ鈴木謙介勝間和代伊坂幸太郎濱野智史赤木智弘坂本龍一いとうせいこう上杉隆酒井順子

クラス みのもんた久米宏古舘伊知郎ハマコー太田光水道橋博士テリー伊藤、リリー・フランキー、コシミズ、香山リカ森永卓郎、ホリエモン、津田大介ひろゆき中村うさぎ雨宮処凛桜井誠

2019-08-21

森永卓郎葉加瀬太郎

お笑いネタに使いやすい。パパイヤ鈴木はなんか違う。

茂木健一郎は、冗談が通じなさそうなので使いにくい。

2019-08-05

anond:20190805191408

脳科学者の茂木健一郎判決を受けて、データ配布自体表現の一部だとして芸術の扱いに関して時代の潮流と法律合致していない可能性を指摘した。国際美術評論家連盟の有志からは、判決が不当なものであるとして5月14日に抗議声明地方裁判所警視庁検察庁に宛てて提出された。8月25日には女子現代メディア文化研究会から無罪を求める意見書提示された。美術評論家ジョナサンジョーンズ(英語版)は「ガーディアン」にて判決を理にかなっていないと主張した。

第二審

2017年4月13日東京高裁は一審の判決を支持し、検察側、弁護側双方の控訴棄却した。わいせつ頒布とされたデコまんの配布に関しては、検察が上告しなかったため無罪が確定した

2019-06-28

誤用の#ペンチメント

茂木健一郎氏が勝手解釈提唱したせいでSNSを中心に本来意味とは違う使われ方をしはじめていて、その界隈の者としては本当に迷惑しています

2019-05-14

anond:20190514025017

本人と親にも問題があるのは言うまでもないが、持て囃して商売に利用しようとする大人問題

また、茂木健一郎氏が子供を褒めることで理解ある大人演出してる感じも良くないと思う。

茂木健一郎氏が子供を間接的に虐待している問題について考えてみる

タイトルはややキャッチータイトルだが、これは茂木氏に悪意を込めて書いているわけではない。

ここ数年、茂木健一郎氏やネットで話題天才少年に群がる大人たちに問題点があるので、このエントリーにまとめておこうと思う。

このエントリーを書くきっかけは、自称少年革命家ゆたぼんを名乗る小学生Youtuber(以下、ゆたぼん)君が話題になったことだ。

彼の動画をいくつか見てみると、案の定茂木健一郎氏が動画に登場していた。それを見ると、「あぁ〜またやったか・・・あのおっさん・・・」という言葉表現するには難しい

虚無感に襲われた。なぜ、そう感じたかというと茂木健一郎氏が子供を持て囃すのは今回が初めてではないからだ。

Tehu君

最近では、昔に比べ大人しくなり、軌道修正成功した感じのあるTehu君だが、彼も茂木健一郎氏の犠牲になった一人だ。

ただ、一時期の彼は彼自身も認めているように調子に乗っていたのも事実である。そして、その原因の全てではないが、茂木健一郎氏も

大きく関わっていると言えるだろう。茂木氏はTehu君を「天才少年」とラベルを貼りまくった。

そして、Tehu君と対談しては未来スティーブ・ジョブズと言わんばかりに持ち上げた。結果、彼は自分を「天才」と本気で勘違いしてしまい、

不遜な態度をとるようになっていった。そうして、理想のTehu君と現実のTehu君のギャップはどんどん大きくなっていき、彼はネットおもちゃ

なってしまい、イタイ発言をする意識高い系代表格になってしまった。

何度も書くが、もちろん、本人にも問題があるし、茂木氏だけのせいではない事に加えて、Tehu君を持て囃した人間は他にも数え切れないほどいるからだ。

茂木氏と距離を置くようになった現在は、昔のような不遜な態度や振る舞いは影を潜め、地道にがんばっているようだ。

同じく茂木氏に絶賛された元女子高生社長椎木里佳についても書こうと思ったが、彼女はまだ、Tehu君のような軌道修正兆しが見えないので、今回は書くのをやめておく。



中島芭旺君

ゆたぼんを見たときに、真っ先に思い出したのが中島芭旺君である。正直、未成年なので、名前を書くかどうか非常に迷ったが、親も含めて名前公表しているため、

伏せ字にする意味がないと判断し、本名で書かせてもらうことにする。

この芭旺君は茂木健一郎が世に売り出したと言っても良いだろう。彼は数年前、天才哲学少年としてテレビなどに登場しており、紹介される際には、必ずといっていいほど、

茂木健一郎さんが絶賛!」などのキャッチコピーがついていたと記憶している。

しかし、登場する番組を何本が見た記憶があるが、彼の言葉は前向きな言葉ではあるが抽象的でふんわりしたものばかりで、「今を大事しろ!」とかそんなレベル

加えて、彼が書いたとされる著書の語彙との差が、あまりにも激しい印象を受けた。9〜10歳にしては喋れてるような気はするけど、これは本当に本人の言葉なのか?という違和感がずっとつきまとっていた。

当時、彼を起用しているテレビ局もおそらく、その違和感を抱えながら、ゲストに迎えていたのではないかと推測するが、実際のところはわからない。

2019年現在中島芭旺君を「天才!」だと称賛している人がどれほどいるか?言いにくい事だが、過去の人になった感は否めないだろう。

その大きなきっかけかどうかはわからないが、中島芭旺君がTVタックルに出演した際に、元政治家タレント杉村太蔵氏に論破されたことがあった。

彼はアドリブに滅法弱く、度々、言葉に詰まり、他のタレントフォローしなくてはいけない状態になっていたのだ。

そんな中島芭旺君だが、Youtube世界こどもサミットスピーチする姿を発見することができた。

この動画感想は人それぞれ違うだろうが、自分中島芭旺君がとても不憫で見ていられなかった。

彼の主張、彼の言葉、彼の仕草全てが虚像に見えてしまい、本当に彼はあの場でスピーチたかたか疑問しか残らなかった。

https://www.youtube.com/watch?v=rFslPQQOuBw


茂木氏が絶賛したかつての二人の少年は一人はネットおもちゃとして苦しみ、もう一人は、貼り付けられた天才哲学少年というラベルに苦しめられているように見える。




子供を不必要に褒めちぎるという虐待

茂木健一郎氏の一番の問題は、彼が子供が持つ無限可能性を潰してしまっているということに彼自身が気づいていないことかもしれない。彼は普通のレールから外れてしまった子供を見つけては、

俺が育てたと言わんばかりに「天才」というラベル無責任に貼っているのだ。そして、対談などを行い、意識高い系界隈がしっぽを振って喜びそうな会話をして話題を作りをして、ネット雑誌記事を書いてもらい悦に浸る。こんな事繰り返せば、誰だって自分天才だって錯覚するだろう。実にタチが悪い。

しかし、現実問題茂木氏が簡単に見つけられるほど、本当の天才というのはなかなか現れない。なんなら、生まれながらの天才なんていないかもしれない。

にも関わらず、茂木氏はゆたぼんのチャンネル動画出演し、脳科学茂木健一郎お墨付きを与えてしまったのだ。「頼むから学習してくれ。茂木健一郎よ。」

子供天才を背負わせるということがどれほど残酷非情なことかなぜ理解できない?小学校宿題ときで反発したゆたぼんの未来に何が見える?

お願いだから、これ以上子供だけは犠牲にしないでくれ。

2019-05-08

茂木健一郎って最近テレビでも見ないけど普段なにやっているんだ?

2018-12-26

anond:20181226164950

ワイ、何度もオカルト話してるやで

こんなのとか(リンク直した)

ヒッグス粒子じゃアカンのか? anond:20180927054756

■ みんな大好き 茂木健一郎 先生 anond:20181125031113

anond:20181226113724

例えばワイがオカルトおじさん認定している人では「茂木健一郎」さんとかおるけど、

茂木さんの言動オープンになってる中茂木さんの脳組織Joinしたら増田自体クオリアの一部になってしまうじゃん。

マトモに資金集められてるからって自分クオリアで片づけられてしまうような存在になってしまうのは、賢しければ賢しいほど避けたいんじゃなかろか。

そういう生き方もあるし、茂木さんの頭のもじゃもじゃが一生そのままである可能性もあるからそこに賭けるっていうのもアリだとは思うが。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん