「習字」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 習字とは

2020-05-05

anond:20200505125429

韓国北朝鮮日本同様、習字文字を書く文化圏なのに

丸の部分を習字で書くことに違和感があるからじゃないかと思う。

基本、習字で丸って書くことないじゃん。文末の丸とか半濁音点以外は。

2020-03-13

姉が嫌いだ。

少し前から二次創作なるものをしてたんですね。

イラスト練習したことなかったか文字のほうの。

それで、少し前からちょっとずつ書いてきた作品を先日投稿したんですよ。

今までの作品は4000字とかだったんだけどその作品は1万字を越えて、自分にしては長い文字数書いたな、頑張ったなって思って、どうせなら表紙も作っちゃおうって表紙メーカーで表紙の画像まで作って。

投稿してすぐに50ブックマークを越えて、今までの作品よりもすごいスピードで伸びたなってちょっと嬉しくアプリの通知見てたんですよ。

そんでそのまま寝落ちしちゃって、朝になってスマホの電源落ちてたんで充電して起動したスマホを見たら、通知欄がびっしり埋まってて死ぬほどびっくりした。

自己肯定感が死んでるので何回も作品消したくなって、タスケテ…タスケテ…ってなってたんだけどじわじわと嬉しさも出てきて。

自分で書いたもの評価されるってこんなに嬉しいものなのか。いや二次創作だし自分で書いたものかって言われると微妙かもしれないんだけども。

ありがたいことに二日連続ランキングに入りまして。二日目はランキングの一桁台にあったのを見てひっくり返りそうになったし変な声が出た。

なんでこんなに自己肯定感死んでるんやって思ったときに、人のせいにするのはめちゃくちゃアレなんだけども、今も昔も姉の呪縛にとらわれてるのかもしれないって思って。

たとえば小学生の時。姉が読書感想文だったかなにかで賞を取ったとき自分は一つも賞を取れなくて。

姉はピアノを習っていたけど私は何も習い事をしていなくて。

中学生の時は姉が授業で描いた作品美術室に飾ってあって。自分芸術センスもなくて小学生みたいなものしか描けなくて。

他意はない(と思いたい)のに両親からお姉ちゃんは賞を取った」「お姉ちゃん作品学校に飾られている」って言われて、そのころにはもう劣等感の塊みたいになってて、もうだめだったのかもしれない。

高校に入ったときに、姉を知っている先生から「(姉)の妹か!」って言われて、なんかもうだめだった。自分勝手に姉の呪縛にがんじがらめになっていたのかもしれない。

両親からは「お姉ちゃんと違って自分意見を言わない」「お姉ちゃんは○○したけどあんたはやんないの」って言われて、気が狂いそうだった。

姉が大学進学して、実家を離れても両親の話題は姉姉姉、もしかしたら自分のことも話題にしていたのかもしれないけど、正直覚えてない。

そんで私が就職して、二十数万を姉に貸したまま何の音沙汰もない時期もあって、たまたま見かけた姉のSNSで某テーマパーク画像投稿されているのを見てもうだめだった。私こいつに金貸してるんだよな?というか私の精神だめになりすぎでは?気が狂っているのでよくわからないです。

話が脱線しすぎた気もするけどそんなこんなで、なにかを褒められたとしても「どうせ姉がやったらもっと褒められるんだろうな」ってすべてのことに対して思ってしまって、斜に構えたくそみたいな人間になってしまった。

から今回も「どうせ、」って思って作品を消して逃げ出そうと思ったけど、ほんのちょっとだけ正気に戻ったときに「ここに姉はいない」って至極当然のことを思い出したんですよ。

それから少しずつ、評価されることが嬉しいと思えるようになってきたとき

大阪にいた姉が仕事を辞めて実家に帰ってきた。

パワハラを受けて耐えられなくなったらしい。

うわあ大変だったんだなあと思うのと同じか、それよりも大きい感情だったかもしれない。ざまあみろ、と思ってしまった。最低だ。

でも帰ってきてほしくないとは思っていた。年末年始ゴールデンウィークに帰ってきたとき、だいたい姉が原因でひと悶着もふた悶着も起こっていたから。

姉は私と違って思ったことをすぐに口に出す。いいことも、悪いことも。両親が会話をしていてちょっと喧嘩をしそうな不穏な雰囲気になったとき、いつも私は話題をそらしてその雰囲気ごまかしていた。でも先述した通り姉はそういうことをしないタイプなので火に油を注いでしまう。もちろん、いい雰囲気の時にはもっといい雰囲気になる。姉の存在プラスマイナスが激しくなる感じなのかもしれない。知らんけど。

まーそんで姉の部屋は私の部屋の隣、ふすま一枚隔てたところになったんですけど。姉、喫煙者なのでくっさい。ヤニ臭い。私が吸わない人だからなおのこと気になる。そして夜になるとずっと大声で通話しててうるさい。静かにしゃべるとかではなく、ゲラ笑いやらなにやらがひどい。しかも深夜3時くらいまでしゃべってる。うるさい。まじでうるさい。そして酒を死ぬほど飲む。酒が入ると声がさらに大きくなる。地獄である

自分の金で酒を買うならいいのだが、私が趣味でちびちび買い集めて飲んで楽しんでいる酒にも手を出してきた。断るのってどうやったらいいんだ。自分で買えって言っても今飲みたいって言われるし、あとで買って戻すからって言われても一向に買う気配ないし。

そんな折、両親と言い合いになる出来事があった。

言い合いって言い方もおかしいな。私の反論がへたくそで言われるだけ言われて終了した。

基本的に両親から何か言われるときは「どうせこれこれこういうことなんだろう!違うなら何か反論してみたらどうなんだ!えぇ!?」って感じなので精神よわよわの私は委縮して声が出せなくなってしまう。言い返せる人すごいですね。尊敬します。言い返し方を教えてください。それと心構えも。

案の定今回も声が出なくて、頭の中ではちがう、そんなことはない、って思って一生懸命言葉に表そうとしているときに次の話になって反論できずに終わりました。もうだめだ。

次の話ってのが、母から言われた「お姉ちゃんが家に帰ってきたことどう思う」ってこと。

先述した通り、私は姉に対して異常なまでのコンプレックスを抱えているので今度は涙がボロボロ出てきてしまった。

姉だけが習い事をさせてもらっていたこと。私も習字を習いたいとねだったこともあったけれど取り付く島もなく却下されたこと。

姉だけが大学に進学したこと。私は大学に行く選択肢すらもらえなかったこと。就職しろと言われ続けたこと。

姉が大学卒業して一人暮らしをしているときお金ものの両方で仕送りをしてもらっていたこと。私は一人暮らしすら許してもらえなかったこと。

いろんなものが頭をぐるぐる巡った結果、出てきた答えは「うらやましい」だった。

ここで話は脱線するんですが、うらやましいって言葉あんまりきじゃないんですよ。ずるいって言葉も好きじゃないんですけど。手を伸ばそうとする努力をすれば届くかもしれないのにその努力をしていない状態を表すみたいに感じてしまって。

それでも「うらやましい」って思ってしまったんですよ。あさましいことに。

でも口に出したくないんですよ。嫌いな言葉からしかしほかに言い表す言葉も出てこない。それで言いよどんでいると父から「何か言ったらどうなんだ!こんな簡単質問も答えられないのか!」と怒鳴られ。もしやここは取調室だったのでは?なんて場違いなことを一瞬考えたりもしたけれども、とうとう言ったんですよ。「うらやましい」って。

言った。言ってしまった。あさましい言葉を。言いたくない言葉を。

その言葉を聞いて母は「それは性格が違うから仕方ないんじゃないの」と言った。

決死覚悟で言った言葉は一切伝わっていなかった。そのとたん、すべてどうでもよく思えてきてしまった。

きっとそのうち自殺すると思う。

2020-02-15

anond:20200215205142

実際ちんぽで絵だか習字やる人いなかったっけ

テレビで見た記憶があるんだが、、、

ずっとボッキせなあかんからすげえ大変そうだった

2020-02-03

VRに期待してること

ラバーハンド錯覚って知っているかい。

腕を隠して、その代わりにラバーで作った腕を見せてラバー腕と本物の腕同時に触れる。そうするとラバー腕を自分の腕と錯覚するらしい。

まり、VRで美少女投影して美少女アナル自分アナルを同時にほじくれば美少女になれるんじゃないか

モーショントラッキングすればアナルに挿すくらい余裕じゃろうが、もうすでにやっているのかな。

やっぱり美少女になりたい、美少女になってお尻ほじくられたいなあと、エガちゃんの尻習字を見ながら思ったのであった。

2020-02-01

anond:20200131211245

お節介な長文で申し訳ないが、「まっすぐな線一本」でも軽く説明するだけでこれくらいの分量にはなるということで)

ペンタブで線がまっすぐ描けないのは、

ハードPCタブレットペン)が悪い

ソフトが合ってない(フォトショップは線画に向かない・線画向きのSAIなら5000円くらいで買える)

自分の腕がよくない

3つの原因のどれか。


ハードorソフトなのか・自分の腕の問題なのかを検証するには、家電量販店に行ってペンタブで線を引く。

線を引くくらいなら別に人前でも恥ずかしくないと思う。

PC問題なら買い換える、

タブレットならドライバインストールし直す、

ペン問題ならペン設定を変える。

ないとは思うけど、タブレットが「相対座標(マウスみたいな感じ)」になってると使いにくい。

絶対座標(タブレットPC画面の座標が一致する)に設定する。

ソフトはさっきも書いたようにSAIか、クリスタ(安いやつ)がオススメ

手ブレ補正があるので、ガタガタな線でも綺麗にしてくれる。(メモリは食う)

紙のように画面を回せるし左右反転もできるので、得意な方向から線を引ける。(よく言う話だが、プロ漫画家ほど原稿をまわして絵を描く)


自分の腕が問題場合だが、

「まっすぐな線」のレベルちょっとからない。

文字通りまっすぐな直線は定規系のツールを使って描くから、あまり問題にならないと思う。

キャラクターを描くときの線が思った通りに引けないということでいくつか対処を書いてみる。

○「紙と鉛筆」で線がひけるなら、ペンタブに慣れるしかない。

勢いをつけなければガタガタになるのは、プロ以外そんなもん。

手ブレ補正を使う。

または、紙に書いた線画をスマホ撮影して色をつける方法もある。

○紙でも思った通りにひけないなら、逆にもうそれを味にするほうが早い。

汚い線ではなく、ラフな線なんだと自分で思い込む。

ラフっぽい絵柄はあたたかくて親しみやすい。

ラフ絵描きを真似して練習する。

こういう「自分に合ったやり方」を発見していくのも、絵を描く楽しさのひとつ

○線を練習したいなら、基礎を学ぶチャンスだと考える。「横線」「縦線」あと「丸」「三角」「四角」の簡単な図形で

・指を使って線を引く

・手首を使って線を引く

・肘を使って線を引く

・肩を使って線を引く の4種類を練習してみる。

字で見ると退屈でしんどそうだが、やってみると体を動かす作業なので意外に面白い

まり頭を使わないので作業の合間の息抜きにもなる。

ペンタブがなくても紙さえあればできるし、普段からクセにしておくといい。

4つの項目を下にたどって肩で線を引けるようになるほど(姿勢をよくしたり息を止めたり、意外と体力を使う)、より綺麗で長い線が引ける。


○線の練習アドバイスとしては

・線を引くときは、「今あるペン位置」ではなく「その先・線の終点」に視点を置いたほうが綺麗に引ける

デジタルは線を修正できるので、納得がいかなかったら消しゴムで削って整える(これを繰り返してるとそのうち最初から線が綺麗に引ける)


○他にオススメ方法が「トレース」。

世間では印象がよくないが、習字でも同じことをしてる。

自分作品だと偽って公開しない限り、とても役に立つ練習方。

トレースをするときは、線の強弱や立体感のつけ方などのテクニック(線が表現するものは硬いのか柔らかいのか、重いのか軽いのか等)を考えながら作業する。

目立たせたいところでは線が多かったり強弱が激しかったり、いろいろ工夫がある。

考えながらのトレースを繰り返すことで、自分思考回路もそういう風に組みあがっていく。人体の比率もなんとなく手が覚える。

元の画像と同じ比率キャンバスにすると、余白など構図の勉強にもなる。

色を練習するときも、他人の絵からスポイトで拾ってみると発見があって面白い

トレースが上手く出来なかったとしても、素直に受け止めて変に気に病まない。


自分が続けられる方法で続けていくのが大事


※以前も書いたがネットデッサンという言葉には振り回されないほうがいい。あれは他人へのリスペクトよりも貶すためのニュアンスを強く感じる。

大友克洋だって寺田克也だって、正面の顔が歪んでることはよくある!

大事なのは歪んでいないことではなく、「魅力的に歪んでいること」。

2020-01-13

GIGAスクールネットワーク構想についての雑感

私はとある自治体教育委員会教育情報化担当をしています

この界隈は今、GIGAスクール対応で大混乱です。

GIGAスクールって何?って人は文科省サイト見てください。

GIGAスクール構想の実現について

https://www.mext.go.jp/a_menu/other/index_00001.htm

補正予算の締め切りまで残り一週間を切る中で、文科省からはまだ要綱も示されていません。こんなもん、間に合わないのではないかと、どこの自治体も強い危機感を持って、焦っています

一方で、今回の事業が持つ意味やその先のことについては、ほぼ考えられていないのが現実です。

担当部署でこうなのだから一般の人はもちろん学校現場でもまるで理解されていないことは容易に想像できます

以前から教育情報化積極的に推進する立場にある人たちは、大変盛り上がっていますが、地に足がついていないというか、勇み足になっているというか、前提が共有されていないのに難しいことを言い過ぎていて、その世界の外側との溝が深まっている気がします。

なので、当事者のひとりとして、一般の人や学校現場に伝えたいことをここに書いてみたいと思います

まず、今回のGIGAスクール事業において注目されている一人一台端末ですが、騒ぐようなことじゃないと個人的には思ってます

「何の役に立つのか」とか、「何に使うのか」とか、そういった面倒な議論になりがちですが、とても便利なものなんだから、「とりあえず役に立つに決まってるだろ」というのが本音です。

みんなスマホを一人一台持ってますよね?オフィスパソコンが共用しかないとか無いですよね?

同じことです。

さらに、みんなが一人一台持ってるのが当たり前になったら、それを前提としたサービスがどんどん生まれてきます

LINEやインスタの普及を考えたら分かりますよね。

家庭に一台だとLINEはここまで普及していません。

一人一台だから変わることがあって、全国でインフラ整備されると学校向けのサービス設計が根本的に変わります

今回の事業における国の狙いとしては、今後のためのインフラ整備という面が一番大きいと思われるので、現場必要以上にどういう教育に使おうかと頭を抱える必要はありません。

どう使えば便利か、先生自身が楽になるか、効率的に授業できるか、現場レベルではそういう発想で十分です。難しく考えて逃げられるのがいちばん困ります

従来の3クラスに1クラス分だと、どう使わせるべきか、こっちもかなり頭を悩ませてたんですが、一人一台だと気軽に使ってもらえばそれでいいので、ずいぶん楽です。

一斉授業からの脱却とか個別最適化された学習なんかは、仕組みを考える人仕事です。

そのうちサービスが出揃って嫌でも巻き込まれるので、それを待ってりゃ良いです。

本当は各家庭で端末買って持ち込むBYODができれば良かったんですが、こういうサービスが出揃って常識が変わってからでないとそれは難しいから、順番としては今回のやり方が正しいのでしょう。

もう少しスケジュールに余裕が欲しかったところですが。

多分、あと5年もすれば世の中の常識が大きく変わっているはずで、それができなければ文科省の大失態だと言うしかないです。

ともあれ、それは現場責任ではありません。

導入の担当者として、一人一台になるにあたり現場にやって欲しいこと、考えて欲しいこと、気をつけて欲しいことというのは他にありまして、それは、授業以外の場面で、可能な限り子どもたちの自由に使わせてあげて欲しいということです。

OECD学習到達度調査(PISA)で衝撃的な結果が出ました。

日本の子どもたちは加盟国中で一番チャットゲームICT活用するのに、学習に使うのは最も少ないという結果です。

ゲームチャットは1位で学習最下位日本の15歳のICT活用実態

https://www.google.co.jp/amp/s/s.resemom.jp/article/2020/01/09/54151.amp.html

これは間違いなく、学校教育意図的ICT活用を避けてきた結果です。

プライベートだけで、誰から教えられるでもなく、何の導きもなくICT使ってたら、ゲームLINEYouTubeだけになるのは、当然のことでしょう。

遊び以外にICTを使う目的やヒントを与え、見守り、助言する役割を担う大人必要です。

ゲームが好きなら、ただ消費するんじゃなくて自分で作る楽しみを教えてみるとか、YouTuberになりたいんならとりあえず動画作らせてみるとか、きっかけを作ってあげることはとても大切だと思います

それを親に期待できない場合は、誰ができるんでしょうか。

また、インターネットは昔の子どもたちが生きてきた世界(学校地域社会)とは違って、子ども子ども扱いしてくれません。

ひとりの消費者として、賢い大人たちが用意する色んなサービス商品と向き合わないといけないです。

そこは、少しの失敗が大きな危険に繋がりかねない世界です。

そこで生きていく術を、大人の目が届いて、ある程度の安全が確保されている範囲内で学ばせることが必要です。

これらは、間違いなく公教育役割です。

ヒントを与えて見守るというのは制限するより負担が大きいので、現場に嫌がられることは理解していますが、必要なことです。

個人的には、ICT活用した授業研究より、はるかに大切だと思ってます

なので、私はこれから一人一台端末を導入する際に、子どもたちに出来るだけ自由に触らせてあげて欲しいと、繰り返し現場にお願いし続けようと思ってます

もし、これを同業者学校現場の方が読まれたなら、今回整備される端末の用途を授業に限定して過度な制限をかけることはやめて欲しいと思います

職員室のパソコンが一人一台になって悪くなったことなんて何一つないのと同じように、子どもたち一人一台端末で悪くなることなんてないです。

手書きの良さがとか言う人がいますが、パソコン入っても手書きは無くなりません。もちろん習字の授業も無くなりません。

冗談だと思いますが、目が悪くなると言う人もいます視力に影響するほど授業に使ってもらえるなんて、考えられません。

単純に、今より少し便利になるだけで、そんな大袈裟に考える必要はありません。

教育を変革するような大きな話は、制度考える人サービス提供する人の仕事です。

私たち現場に近い人間は、子どもたちが遊び以外に上手くICT活用できるように、見守り、サポートすることを大切にしましょう。

時代が大きく変わる局面に携われるなんて、とても幸せことなので、みんなで頑張りましょう。

というのが、今、最前線現場にいて思うことでした。

では、補正予算要求資料作りに戻ります

2020-01-05

小学校の頃に

授業で習字とか硬筆とかあったけどあの時間ってホント無駄だったなと思う。

俺の場合まれつき?字が綺麗だったから余計そう思う。

2019-12-18

一生でこんなにかわいいって言われたのはじめて。

女、20歳大学生。顔はにゃんこスターに似てる。おっぱいcカップ普通体型。わたし普通に生きてきました。普通ってなんなのか分からないけど。真面目な家庭に育ち、特に大きな事件怪我もなく、平穏に過ごしていました。とにかく真面目が取り柄な家族でした。お金にも困っておらず、三食決まった時間に食べて、ピアノ習字武道、塾にも通わせてもらいました。兄はその甲斐あってか、有名大学へ進学、いい会社にも就職しました。私は、あんな風にはなりたくない、勉強では敵わないと、小さな反抗で、高校から美術専攻へ。好きなことをして生きようと思いました。

 特に苦労することもなく、美術系の大学へ進学しました。実家を出て一人暮らし。まわりのみんなはアルバイトをしている。大学生の四年間でなにも社会に出ないのもどうなの。ということでアルバイトを始めようとした。

アルバイトサイト彷徨うこと5日目。夏休み真っ最中だった。大学生夏休みは長い。実家にも帰らなかった私は、ずっとずっとずっとひとりでいた。睡眠とおナニーを貪る毎日で辿り着くのはエロサイトエロ同人誌、エロ動画風俗求人。「風俗より稼げる!3万円!」本当なのか、3万円って。正直、お金はある。仕送りも十分すぎるほどもらっていた。

そのサイトセクキャバ女性コンパニオン?喋るのが苦手でもおっけー。髪型、化粧が苦手でもおっけー。容姿も気にしません。忙しいので採用100パーセントです。との売り文句に惹かれた。私でもできる、したい。やりたい。"xxxなお店"って何だろう。何されるんだろう。キャバクラじゃないのか?

私は人とのコミュニケーションが苦手で、とくに喋るのがめちゃくちゃ苦手だ。喋れなさ具合は、たぶんこれ、病名付く奴。3人以上人が集まると喋るのをやめる。思考停止頭の中が真っ白になる。何も思考が浮かんでこない。何かの病気とか障害だと思ってインターネットで調べたら場面寡黙症の症状に当てはまった。怖かった。ああ病気だったんだって。どうすれば治るのかとか、インターネットにはのっていないし、大人になれば治るって。社会に出れば大人になれると思った。

とにかく、セクキャバ簡単ウェブ応募。それからすぐにメールが返ってきて面接日時と場所確認をしたら、もうあとは面接とんとん拍子すぎる。その日がきた。足を踏み入れたことのない繁華街。夜の街。キラキラしてて、足を踏み入れるのも躊躇う。そこは天国みたいだった。

そんなお店に女ひとりで入るのなんて無理。でもここで行かなきゃ。行かなきゃ、行かなきゃいかなきゃ。ってお店の前をうろうろうろうろうろうろうろうろ10分程度。遅刻ちゃう。ああああああああああああああ、あああ店へ突入。ここって男しかはいらないところだよね、18禁のところだよね。エレベーター三階。扉が開く。一瞬聞こえたとんでもなくうるさい音楽、薄暗い照明、煙たいタバコ匂い。無理無理無理無理、怖くてエレベーター閉じるボタン連打それでも、もう一度開く扉、ボーイさんが立ってた。「面接で来たんですけど……」ボーイさんが慌てた様子でとりあえず下で待ってて。と、再び下へ。おろおろ。すぐに店長さんが来た。一階のバー面接。この店長がまた、めっちゃ優しい。大丈夫だよってさりげないボディータッチめっちゃ女の子の扱い慣れてる。「どうしてこの仕事を?」と志望理由みたいなの簡単お話仕事の詳細の説明。「セクキャバって何するところか知ってる?」とても基礎的なところから。お触りアリのキャバクラってとこですかね…?「そうそう、うちはおっぱい触られて、舐められて、下も触られて指入れもアリです。大丈夫そう?」頷くことしかできなかった。たぶん、顔が強張ってたと思う。他にも挨拶する時のダウンサービスの仕方、指名についての説明。時給について。そのくらいだったかな。ほんとに最低限の事項だけだった。まあいいのか。「タバコ吸う?」あ、はい、吸います。ってわたしの顔に似つかわしくないヤニに店長爆笑してた。ギャップだねーって。タバコ一本もらって吸った。雑談しながら、すごい。めっちゃ笑う店長それから源氏名を決めてもらった。自分で決めてもいいし、店長につけてもらってもいいよ、って。「好きな芸能人かいる?」好きな人名前を借りて、まゆ。

「今から働ける?」面接終わってからすぐさま体験入店へ。今日のぱんつ可愛くないし、生理だしあわわわわってなったが、それはもうここまで来たら逃げられない。がんばるがんばる。って店内へ。

慌ただしく女の子たちが出入りする待機室へ。とても狭いへやだった。ようやく人がすれ違えるくらい。うがいをする水道と、製氷機と、小物置き場と、座るところ。女の子7人くらい座れるのかな。

モンダミンで口をすすぐ、股をふく、ローションを塗る、見たことのない女の子たちがいた。目まぐるしく待機室へ流れてくる女の子にまゆですって店長に紹介してもらう。そして、先輩女の子バトンタッチギャルのお姉さん、これに着替えてね〜って渡されたのメンズワイシャツ。Lサイズ、だぼだぼ。「えっと、正直にいうね。下着とか全部脱いでね。ストッキングとかアクセサリーは外してね。」ってあーださいパンツの上にワイシャツ1枚。えっちだ!えっち!!!!着替える。もうどうにでもなれ。そのあとはお店のロゴけが入った真っ白な名刺を渡されて、ここに名前書いてねーって。数十枚ほど油性ペンで描き描き。まゆ、まゆまゆまゆまゆまゆまゆ。かけたらお客様のいる表ステージへ。と言っても、狭い一室内に2人がけのソファが15席ある程度。セクキャバ 特有の目隠しの壁は一切ない。だだ見え。

オープンすぎる席の一番隅っこへ連れて行かれる。先輩女性スタッフに教えてもらう。名刺の渡し方、消毒の仕方。ハッスルタイムの動き方、お客様の膝の上に座るんだ。はい。「大丈夫?」何度も聞かれた。怖かった。顔が強張ってるらしい。まだ怖い。ずっと怖いと思う。隣に座って来たえっちなお姉さん、「だいじょーぶだよー。なんとかなるよー」ってゆるーく話しかけて来てくれた。なんかめっちゃきれいなお姉さん。安心できた。

それで、ここから接客本番なんだけど覚えてない。お客さんとキスしたら頑張ったねって言ってもらった。基本的にはお話だけで終わるのが多かった。セクキャバ1日目。面接からのいきなり体験入店パリピ音楽に乗せて「まゆちゃんリストバックよろしくー」リストバックは接客終わりの合図。帰っておいでの救いの言葉

タバコ臭い、私の匂いが変わっていく。

営業が終わって、一万とななひゃくえんもらった。

キス、手マンキスキスキスキス、おつぱいおっぱいおつぱいと、手マンアナルも触られる、お話からの手マン。俺は何もしないよって言いつつ手マンリストバックで席を抜けてボーイさんの言われる、ありがとう意味はなんだ。ものだ。わたしは物だと。ものになる瞬間と、ものとして扱われる瞬間、何かが死んでいくのが分かった。減っていく。確実に減っていく。ものはモノでしかないんだ。

一生でこんなにもかわいいって言われたのはじめて。

それから1ヶ月。20万円たまった。週2出勤。コンビニで500円越えの買い物が当たり前になった。スイーツチョコレートたべるようになった。ニキビが出来た。ボディークリームちょっと高いシャンプー歯磨き粉を買った。なんの迷いもなく化粧品をカゴに入れた。香水を買った。週に一本だったタバコ毎日吸うようになった。股が痒くなった。乳首を舐められた感覚が残ってたけど、気づかないふりをした。たまに、にちゃにちゃのお刺身を食べて、キス感覚を思い出して、泣きそうになった。美味しーお刺身美味しーね。お客さまに似ている人を街で見かけてきもちわるくなった。

友達にも家族にも言えない。嘘をつく回数が増えた。

後ろめたい気持ち今日エレベーターで三階へ上る。

今夜も女の子扱いされてこよう。

2019-12-16

なぞなぞです。男性身体の中心で揺れるモノな~んだ?

正解はちんちん

ネクタイタイピンで止めるので揺れません。考えすぎちゃったかな?

残念ですけどちんちんです。そもそも外付けのもの男性限定で縛るべきじゃありませーん。

 

小学校の時に俺は素直に「ちんちん」と答えた。

あの女は「ブ―www間違いですwww正解はネクタイでした!www」と笑った。

それから俺はずっとその女に弱みを握られることになった。

でもその時からずっと(なんで?ちんちんが間違いと言い切れるのはなんで?ネクタイが正解と言い切れるのはなんで?)と思っていた。

 

中学生に上がっても俺は弱みを握られていた。

俺が女子告白をすると、その女はその女子にその時の話をした。当然俺はフラれる。

俺はその女を呼び出して強めの口調で「やめろ」と怒った。昔の事をいつまでも出すな、と。

そもそもちんちんは間違いだと言える根拠はなんだと。ネクタイが正解だと言える根拠はなんだと。

その女は泣いた。わけがからなかった。人に嫌なことしておいて何だその態度はと怒鳴って帰った。

その女は学校に来なくなった。

なのでその一部始終を見ていた奴らに俺は批難されて肩身は狭くなった。

 

そのことはずっと呪いとして俺を縛った。

同級生が来ないであろう遠くの商業高校に進学した。それでも話しかけてくれる女子が怖くなっていた事に気がついた。

暗い人間として部活コンピュータサークルで3年間を過ごした。

 

そして進学、就職をして30歳になった。趣味だった習字きっかけに付き合った人と結婚した。

もう地元には戻らないようにしていたが、それでもど田舎なので母は帰ってこいとうるさい。

から連絡があった。

「○○家の○○ちゃん自殺だって葬式あるから帰ってきなよ。」

あの女だった。

電話口で黙り込んでしまう。いろいろ思いを巡らせる。

俺を呪いで縛ったあの女も呪いで縛られたんだろうか。

そんな事を思いながら筆を取り、普段よりも気を引き締めて欠席の手紙を書いた。

俺はもう勝手首にかかっていたネクタイに縛られなくていいのだろうか。

なにも履いてないときちんちんのように揺れていて良いのだろうか。

それでもタイトルなぞなぞの答えは「ちんちんなのだ

2019-12-11

習い事が全て無駄だった

親が「芸は身を助けるから」と言って、ピアノ習字水泳をやってたけど、今は高卒非正規運送業やってる。

今思うと全部バブル期趣味だったんだろう。

役にたったのは小学校水泳の検定が早く合格できたくらいか

あのとき適当な塾とか話し方教室みたいなとこで使えるスキルを磨いてたらなと思う。

anond:20191211080032

たぶん、それは雅号。

とくに書道で身をたてるつもりではないから、習字はほどほどに書ければ良い。

習字名前を書きなおされた話

※雅号ではないかという指摘をいただいたが、うーん、そうなのかなあ。

本人はそんなに真面目にやってるっぽくはなかったし前述の通り上手くもなかったし、何でその名前なのかもよくわかってないような印象を受けたんだけど。

先生の「漢字が難しいから」という説明もよくわからない。小学生に雅号の概念が難しいと思ったのか、それとも記憶違いだろうか。

書道の事はよくわからないし、そんなものなのかな。



95、6年ごろ、小学生とき通ってた習字教室での話。

そこに通ってた友達が、なぜか本名名前を書いて(書かせてもらえ?)なかった。

プライバシーのため仮名とするが、彼の名前が「楽天 一郎」だとすると

楽天 楽一」

みたいに名前を書かされてた。

本人は別に気にしてないようだった。

習字に書く名前フルネームだったか、下の名前だけだったかは忘れてしまったが、

彼だけが苗字名前から一字とった「楽一」的な名前を書かされていたのが、妙に記憶に残っている。

下の名前だけを書いていた場合、同じ名前の子いるか名前を少し変えたという理由想像できるが、わざわざ一字ずつとった名前にするのもへんな気がする。

区別のためだけならそれこそフルネームで書いてもいいし、

特に長い名前でも、ハーフ外国語が入る名前とかでもなかった。

コンクールに絡むようなうまい習字だったとか、本人が有名人名前を隠す必要があったとか、そういう特別事情も一切なかったはず。

小学生習字なんて親くらいしか見ないし、名前って結構大事な物だと思うんだが、なぜそんなことをしてたんだろう。

当時、気になって先生に聞いてみたが「名前漢字が難しいから」という説明だった気がする。

これも謎で、別に難しい漢字ではなかったし、普通小学生なら自分名前くらい書けるし、そいつ馬鹿じゃなかったので書けないってことはなかったはず。

最近思い出したときに気がついたのだが、本名は「楽天」ではないのだが、一応左右対称っぽい苗字ではあった。

考えすぎかもしれないが、もしかして出自に関する差別かと思って苗字検索した。

しかし、武将末裔らしいということはわかったが、特に名前を書きなおす理由にはならなそうだった。

あの妙な名前は一体なんだったんだろう。

習字作法でそういうこともあるんだろうか。

知ってる人がいたら教えてほしい。

2019-11-27

anond:20191126213909

習字セットなら3000円くらいじゃない?

2019-11-01

anond:20191101092520

明日阪神タイガース記念日習字の日だっつーの!(笑)

まじめなやつだと死者の日(キリスト教で、全ての死者のために祈りを捧げる日)だっつーの!!

2019-10-28

お金のかからない子供習い事ってなんだろう?

子供の生まれ友達と話をしてたけど、身近に小さい子供がいないんでよくわかんなかった。

共通認識として野球少年団とかの団体競技お金がかかるねって話にはなった。

少年野球で例えるなら(なお、ほかの地域は知らない)

・月謝

野球用品(ユニフォームとかグローブとか)

合宿

練習試合

試合

・送迎(試合合宿への送迎も含める)

食事の用意(試合合宿の際の)

↑くらいがあって年間20万はかかるって聞いてる。

これだけあって20万って安いほうではって思うんだけど、

(たぶん送迎とか食事少年団の親がやることで費用を安くしてるのでは?と思う)

これは野球少年団だけど、サッカーやってもバレーやっても同じような気がするんだよね

逆に月謝と多少の初期費用だけで済むような習い事ってあるんだろうか?習字とかそろばん

なんか身体を動かすものとかだとあまり無いイメージ

2019-10-15

嫉妬

私は、子供のころからとても嫉妬深い。

原因は私の母親が私よりも私の友達をよく褒めたからだと思う。

から、幼いころテレビ活躍していたまだ幼い浅田真央さんに嫉妬心を覚え、ずっと嫌いだった。

テストで100点を取る幼馴染に嫉妬した。

習字で私よりも段位の高い友達嫉妬した。

それはどんどん悪化して、中学生の時にはもう救いようのないくらいひねくれていた。

部活けがをして心配されている子、交通事故にあってけがをして心配されている子・・

そんな相手にまで嫉妬していた。嫌いだった。

今でもその嫉妬は続いていて、こんなこと誰にも言えなくて、辛い。

治す方法はないのだろうか。

私も大きなけがをしたい、病気をしたい。

ずっとそう思っているのに、20数年生きてきたなかの一番大きなけがは捻挫だ。

気持ち悪いことこの上ないのだけれど、おさまらない。

追記

たくさんの反応ありがとう

ついた言及ブクマコメントは全部読みました。

もっと叩かれると思ってたけど、みんな優しくて、これからこうしてみてはどうかって教えてくれる人が多くて、とても嬉しいです。

今まで誰にも言えなくて苦しかったので、たくさんの人に読んでもらえて本当によかった。

心がスっと軽くなりました。ありがとう

更に追記

父親は何をしているのかというコメントを見つけたのですが、父親小さい頃に死んじまったんだ…

生前はとてもいいお父さんだった。口数は少なかったけど。

あと捻挫だけで済んで丈夫だというのもありましたが、車に跳ね飛ばされても、階段から落ちても、コンテナに指挟んでも何も無いくらいには丈夫です。

そんな私ですが仕事フローリングの上に座って仕事をしていた時、立ち上がろうとして地面に手を着いたら滑って変な方向に親指が曲がってしまって生まれて初めて捻挫しました。痛かった。

2019-10-14

朝鮮のある少年物語

 その朝、ぼくは学校に行くのがひどく遅くなってしまい、それに高森先生がぼくらに連体詞について質問すると言ったのに、まだ一言も覚えていなかっただけに、叱られるのがすごく怖かった。いっそのこと授業をさぼって、野原を駆け回ってやろうかという考えが頭をかすめた。

 すごく暖かくて、よい天気だった!  森の外れではツグミが鳴き、原っぱでは、製材所の向こうで、アメリカ兵たちが教練をしているのが聞こえた。どれもこれも連体詞規則よりはずっと面白そうなことばかりだった。だが、ぼくは誘惑に打ち勝つことができて、大急ぎで学校に走って行った。役場の前を通りかかると、金網を張った小さな掲示板そば大勢の人が立ち止まっているのが見えた。二年このかた、敗戦だの、徴発だの、アメリカ政庁命令だの、悪いニュースは全部そこから出て来るのだった。で、ぼくは止まらずに考えた。

 「今度は何かな?」 すると、ぼくが走って広場を横切ろうとしたとき見習い小僧を連れて掲示を読んでいた鍛冶屋親方が、ぼくに向かって叫んだ。

 「そんなに急がなくてもいいぞ、ちび。学校なんて、いつ行っても遅れはしないからな!」

 ぼくはからかわれているんだと思った。で、はあはあ息を切らせながら高森先生の小さな学校中庭に入って行った。ふだんだと、授業の始まるときは大騒ぎで、勉強机を開けたり閉めたりする音や、よく覚えるため耳をふさいで、みんながいっしょにその日の授業を大声で練習するのや、それからまた先生が大きな定規で机をひっぱたいて、「ちょっとかに!」と怒鳴るのが、道まで聞こえてくるのだった。

 ぼくはその騒ぎを利用してこっそり席にもぐり込むつもりだった。ところがちょうどその日は、まるで日曜の朝みたいに、すべてがひっそりしていた。開いた窓から、仲間がもうきちんと席に並び、高森先生が恐ろしい鉄の定規を小脇にかかえて、行ったり来たりしているのが見えた。戸を開けて、それほどしんと静かな真ん中に入って行かなきゃならなかった。ぼくがどんなに赤くなり、びくついていたか、分かるでしょう!

 ところが、そうじゃない! 高森先生は怒りもせずにぼくを見て、とても優しく言った。

 「さあ、早く席について、ジソン君。君がいないけれども、始めようとしていたんだ」

 ぼくは腰掛けをまたいで、すぐに自分勉強机に坐った。その時になって、やっといくらか怖さがおさまって、先生が、視学官の来る日や賞品授与の日にしか着ない、立派な羽二重の紋付袴を着込み、細かいひだのついた帯飾りをし、刺繍した黒い絹の絹の帽子かぶっているのに気がついた。その上、教室全体が何かふだんと違って、厳かな感じだった。

 けれども一番驚いたのは、教室の奥の、ふだんは空いている腰掛けに、村の人たちがぼくらと同じように、黙って坐っていることだった。三角帽子かぶったスニル老人、元村長、元郵便配達人、それからまだ多くの人たちも。その人たちはみんな悲しそうだった。そしてスニルさんは縁がいたんだ古い初等読本を持って来ていて、それを膝の上にいっぱい開き、大きな眼鏡を両ページの上にまたがって置いていた。

 ぼくがそうしたことにびっくりしているうちに、高森先生は教壇に上がり、さっきぼくを迎えてくれたのと同じ重々しい声で、ぼくらに言った。

 「みなさん、私がみなさんに授業するのは、これが最後です。朝鮮学校では、これから朝鮮語だけを教えることという命令が、アメリカ政庁から来ました……。新しい先生明日ます今日はみなさんの最後日本語の授業です。熱心に聞いて下さい」

 その言葉を聞いて、ぼくは強いショックを受けた。ああ!ひどい奴らだ、さっき役場掲示してあったのはそれなんだ。ぼくの最後日本語の授業だって!…… ぼくときたら、やっと日本語を書ける程度なのに! このままの状態でいなくちゃならないわけだ!……

 今になってぼくは無駄に過ごした時間のこと、鳥の巣を探して歩いたり、川で氷遊びをするため、欠席した授業のことを、どんなに悔やんだことだろう!

 ついさっきまではあれほど嫌で、持って歩くのも重く感じていた文法歴史などの教科書が、今では別れるのがひどく辛い友達のように思われた。高森先生も同じだ。先生はいなくなり、もう二度と会いないのだと思うと、罰せられたり、定規でたたかたことも、みんな忘れてしまった。お気の毒な人!

 先生はこの最後の授業のために立派な晴れ着を着て着たのだった。そして今になってぼくは、村の老人たちが何で教室の隅に着て坐っているのかが分かった。それはもっとしょっちゅうこの学校に来なかったことを、悔やんでいるらしかった。そしてまた高森先生が四十年間も尽くしてくれたことに感謝し、失われる祖国に敬意を表するためでもあったのだ……

 そうした思いにふけっている時、ぼくの名前が呼ばれるのが、聞こえた。ぼくが暗唱する番であった。あのややこしい連体詞規則を、大声で、はっきり、一つも間違えずに全部言えるためなら、どんなことだってしただろう。だが、ぼくは最初からまごついてしまって、悲しみで胸がいっぱいになり、顔も上げられずに、自分腰掛けのところで立ったまま体を揺すっていた。高森先生の言う声が聞こえた。

 「怒りゃしないよ、ジソン君、もう十分罰は受けていはずだからね…… ほらそうして。誰でも毎日思うんだ。なあに! 時間たっぷりある。明日覚えりゃいいって。ところがその結果はどうだね…… ああ! そんなふうに教育などは明日に延ばしてきたのが、わが朝鮮の大きな不幸だった。今あの連中にこう言われたって仕方がない。なんだ! おまえたちは日本人だと言い張っていたくせに、自分言葉を話せも書けもしないじゃないか…… でもそうしたことはみんな、かわいそうなジソン、君が一番悪いわけじゃない。われわれはみんなたっぷり非難されるべき点があるんだよ。

 君たちの両親は、君たちにぜひとも教育を受けさせようとは思わなかった。それよりほんのわずかな金を余分に稼がせるため、畑や紡績工場に働きに出す方を好んだ。私だって自分とがめる点はないだろうか。勉強するかわりに、よく君らに私の庭に水をやらせなかったか? それから釣りに行きたくなった時、平気で休みにしなかったろうか?……」

 それから高森先生は、次から次へ日本語について話を始めて、日本語世界一番美しく、一番明晰で、一番がっしりした言語であると言った。そして日本語自分たちの間で守って、決して忘れることのないようにしなけらばならない。なぜなら一つの国民奴隷となっても、その国民自分言語を持っている限りは牢獄の鍵を持っているのと同じだと…… それから先生文法の本を取り上げて、今日課業を読んでくれた。ぼくはそれがあまりによく分かるのでびっくりした。先生の言うことが、みんなやさしく感じられた。これほどぼくがよく聞き、先生の方でもこれほど辛抱強く説明したことはないと思う。気の毒な先生は、自分がいなくなる前に自分の知っている限りのことを全部教え、それをぼくらの頭に一気にたたき込んでしまおうとしているみたいだった。

 課業が終わると、次は習字だった。この日のために、高森先生は真新しい手本を用意してきていた。それには美しい丸い書体で、「日本朝鮮日本朝鮮」と書いてあった。まるで小さな国旗勉強机の横棒にひっかかって、」教室中にひるがえっているみたいだった。みんな熱心で、それに静かだったことだろう! ただ紙の上を走るペンの音しか聞こえなかった。一度などは、黄金虫が何匹か入って来た。だが、誰も気を取られたりせず、うんと小さな子供たちさえそうだった。彼らはまるでそれも日本語であるかのように、心を込めて、一所懸命、縦線を引っぱっていた…… 学校屋根の上では鳩が小声でクークーと鳴いていた。それを聞いてぼくは考えた。

 「いまにあの鳩たちまで、朝鮮語で鳴けと言われやしないかな?」

 時々、ページの上から目を離すと、高森先生はまるで目の中に自分の小さな学校建物そっくり収めて持って行きたいと思っているように、教壇の上でじっと動かずにまわりの物を見つめていた…… 考えてもごらんなさい! 四十年来、先生はその同じ場所に、中庭を正面に見て、まったく変わらない教室にいたのだった。ただ腰掛け勉強机が、長年使われて、こすれて磨かれただけだった。中庭くるみの木は大きくなり、彼が自分で植えたホップは今では窓を飾って屋根まで伸びていた。気の毒な先生にとって、そうしたものにみんな別れ、そして頭の上での部屋で妹が、荷造りのために行ったり来たりしている音を聞くのは、どんなに悲痛なことだったろう! なぜなら明日は二人は出発し、永久にこの土地を去らねばならなかったのだ。でも先生勇気をふるって、ぼくらのため最後まで授業を続けた。習字のあとは歴史勉強だった。それからさな生徒たちが声をそろえて「五十音」の歌を歌った。あちらの教室の奥では、スニル老人が眼鏡をかけて、初等読本を両手で持って、子供たちといっしょに字の綴りを読んでいた。老人も一所懸命なのがよく分かった。感激して声が震えていた。それを聞いていると実に奇妙で、ぼくらはみんな笑いたく、そしてまた泣きたくなった。ああ! ぼくらはその最後の授業のことをいつまでも忘れないだろう。

 突然、学校の大時計が正午を打った。それに続いて鐘の音が。それと同時に、教練から帰って来るアメリカ兵のラッパの音が、窓の下で鳴り響いた…… 高森先生は真っ青になって、教壇に立ち上がった。先生がそれほど大きく見えたことはなかった。

 「みなさん」と、彼は言った。「みなさん。私は…… 私は……」

 でも、何か胸につまった。終わりまで言えなかった。そこで先生は黒板の方に向き直り、一片の白墨を手に取って、全身の力を込めて、精いっぱい大きな字で書いた。

 「天皇陛下万歳

 それから頭を壁に押しつけたまま、そこに立っていて、口はきかずに、手でぼくらに合図した。

 「おしまいです…… 行きなさい」

2019-09-27

手紙趣味にするのは庶民には向いてない

文通年賀状も、収入にも気持ちにも時間にも余裕のあるお金持ちの趣味だと思うようになった。庶民がすることではない。

自分が働いていたときには高いお金写真屋に払い、綺麗に印刷された写真入り年賀状を出していた。

専業主婦になってみると、年賀状をやめると時間お金もかなりの節約になることに気付き、年賀状をやめてしまった。喪中はがきすら出す手間が省けるためお金生活も楽になる。

しかし、手書き文章を郵送することが好きであるため、手紙を書きたくなれば書き、82円切手を貼って送る。レターセットや便箋のような紙モノアイテムはかなり好きである

しかし、切手レターセットや便箋封筒家族じゃない外の他人のために使うためのものであって、服や食品とは違って自分自分家族のための出費ではない。

離れた場所にいる家族手紙を送っている場合や、ときどきあるパターン自分自身に手紙を送っている場合は、自分のため家族のための出費だと思う。

庶民にとっては手紙はやりすぎるとあまり賢い趣味だと思えなくなってしまった。

ペン習字だったり、スポーツだったりの趣味自己投資だけど、手紙自分の財布からお金がでていきっぱなしだし、文通趣味だとどんどん相手からの返信の手紙が増えてきて、その手紙処分をどうするのかという問題も発生する。送られてきた年賀状も結局数年後には捨てることになるため、なんだか送る方も送られる方も馬鹿馬鹿しいのではないかと思えてきた。

たくさんの62円の郵便はがきや62円切手を買って懸賞に応募しまくるのが趣味人間がいるが、これもはがき切手代がもったいない

62円と聞くと何だか安く感じるけれども、懸賞趣味人間はこれを数百枚単位で出費しているから、けっこう高くついている。

郵便局で売っているグリーティング切手シートがとても好きなのだが、620円の買い物を何度もしている、はがき箋や私製はがきを買う費用もかかっている、と思えば庶民にとってはけっこう高い出費である

手紙神様のようなむらかみかずこさんという人物がいる。むらかみかずこさんは「切手代が高い」と言いつつも高い万年筆を買い揃え、たくさんの私製はがきグリーティング切手を貼りまくり投函しまくっている。その姿はとても素敵だが、郵便物への出費が半端ない。むらかみかずこさんのところにはペーパーアイテム販売している業者から宣伝のために便箋やらレターセットやらがたくさん届いている様子。むらかみかずこさんに便箋レターセットを使ってもらえば宣伝効果半端ないだろう。送られた側はむらかみかずこさんが自腹で買ったのか業者からただで送られてきたのかわからないし。

庶民がむらかみかずこさんレベル手紙はがきを送ると郵送料もはがき代もレターセット代もかなりの高い出費になってしまう。

むらかみかずこさんはお金持ちだから大量の郵送物を送って、送られてのやり取りを楽しむことができるのだろう。

やはり、庶民手紙のやり取りは庶民らしく細々とやるべきなのだ。何十枚も年賀状を出したり、定期的に複数相手文通をしたり、はがき懸賞にたくさん応募したりしている場合ではない。

10月から郵送料も消費税アップで値上げするし、多額の郵送料を払って楽しんでいる場合ではない。どうせ多額の出費をするのなら、スポーツ旅行など自分自身や家族にリターンがあるものにしていきたいと専業主婦は思う。

2019-09-02

結局暗記のやり方ってどうやるのがベストなのかよくわからない

学生時代はとにかくノートに書き写すのがベストだって教えられてその通りにしてたけど

成績は大して上がらなかった

思えば漫画とかアニメだったら重要なことは別に書き写さなくても覚えてたし

写経するより速い黙読とか音読して周回数を稼いだほうが効率がいいのかもしれないって気がする

ただ個人的にはペンで字を書いてるほうが落ち着いて集中できて

文字を書くっていうのが精神的にいい影響があるような気もするから完全に断つのはためらってしま

暗記は音読周回でそれとは別にペン習字でもやるのがいいのかなあ

2019-08-04

anond:20190804182628

やったけどねえ

小学生社会だと何故それが即人気評価につながるのかが疑問なのよ

見られる回数が多いからというのも、それしか理由ないし


じゃあ習字が上手くて張り出されてたやつとか

何かで表彰状もらったやつがクラスの人気者になったかってな

2019-07-18

anond:20190717233840

習字書道(のことだよね?)おすすめ。いざという時に役に立つ。

2019-07-05

現代楷書自己流にアレンジするスタイル

私は平成元年まれ人間楷書しか書けない。だいたいの若者手書き文字楷書を書いていると思う。

若くても、書道や硬筆、ペン習字をしている人は行書や草書を日常的に書くのかもしれない。

学校では習字の授業はあったけれども、行書や草書を日常使いできるレベル教育は受けてない。

無意識のうちに楷書で書くことを強制されているような気がする。

国語漢字テストで、回答を行書や草書で書いたら点数はもらえないと思う。楷書で書きなさい💢と教師から注意を受けそうだ。20代教師だと私のように行書や草書が読めないかもしれないし。

でも、楷書行書や草書に比べ書くのに時間がかかる。丁寧にゆっくり書く余裕があるなら、楷書でもいいけど、小論文テスト等、長文を早く書かなくちゃいけない場面では楷書は厄介だ。早さを求められる場面では行書や草書で書いた方が効率的。でも、小論文テスト行書や草書の回答を書く10はいないと思う。

昔の人のように、行書や草書を日常使いせず、現代では時間がかかる楷書という書体を使って、皆が早く字を書くようにそれぞれ工夫をしているという状況だ。

字を上手く書けるからといって、字が上手い上に早く書けるとは限らない。書道を学んでいる学生でも、時間制限がある学校テストでは「綺麗に丁寧に文字を書く」というわけじゃなく「早く書き終えられるように手癖で感覚的に書く」んだと思う。

こんな状況だから楷書のくせ字が色々と発達してきた。丁寧に綺麗に書こうとすればするほど、「お手本」に近づいていくけれども、早く書こうとすればするほどくせ字になり、その人の独特の筆跡が出来上がる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん