「公衆便所」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 公衆便所とは

2021-05-04

なんで公衆浴場公衆便所でハッテンするのはホモばかりなの?

レズの皆様はどこへいらしたの?

2021-04-16

精神患った増田フェミ弱者男性も異性に自我を求めていない

弱者男性増田は女に自我を求めてないし

フェミお気持ち長文腐女子の女増田イケメン男に自我を求めていない

突き詰めたら優しさとかそういうのすら求めてないんだと思う

例えば善意増田に優しくしてくれる美少女イケメンがいたら、そのくらい優しい奴は増田が嫌いな奴にも優しくする

そんでそんなのを見たら当然増田はそれに耐えられない、だから狂ってイカれた思想社会への恨みをネットに書き連ねる

こういうゴミに更生を求めたり手を施すなんて、公衆便所の大便器エビアンで流して掃除するくらい無駄から誰も助けない

そしてそれさえも気にいらないで糖質のように病んでいく

2021-04-02

anond:20210401224606

女は殺すより生かしておいた方が金になる

脱がして、AV出演させて、デリヘルやらせて年を取ったら公衆便所

限界まで金を稼がしてあとはポイ

2021-03-27

ホモ匂いのする公衆便所女の子がクリしごいてたか

それを見ながらおちんぽをしごいた

通報された

2021-03-11

親の言葉という呪縛から逃れるにはどうしたらいい?

私は結婚するまで、父にモラハラを受けていた気がする。

気がするのは、それはモラハラだと断言されても、そうなのだろうか?と自信がないから。

高校生の時、元々両親が不仲なのが更に激化して、余波を受けて私まで体調不良に陥り、頭痛胃痛、目まいなどで学校を休むと

気合いが足りないんだ」

検査で何の異常もないと判明すると

「そらみろ、お前は病気じゃない、病気になりたがってるんだ」

と勝ち誇ったように言われた。

それでもしんどいものしんどいので、苦しかったり、食欲がなくて食事を残すと

世界で一番自分が苦しいと思いやがって!」

と殴られた。

そんな中でも大学合格し、第一志望は実家通いには遠すぎる距離だし、もうこんな家出て行きたいという気持ちが大きかったか一人暮らしをしたいとダメ元で聞いてみると

「お前みたいな意思の弱いが一人暮らしをしたら、男に公衆便所扱いされて、毎日のように別の男にやられるからな」

と言われて、説得は無理だな、と第二志望の自宅から通える距離にした。

その頃に学校パソコン室や、後に携帯電話2ちゃんねるを読むのに没頭するようになった。

話題とか内容はあまり関係なくて、たとえばスレの中に異質というか、皆が賛成する流れの中に反論して、ボコボコにされるレスを見て

人間なんて何を考えているのか分からない。お前に優しくしてくれる奴は甘やかしているだけの、お前に無益人間だ」

というのを思い出して、これが真の、本当に剥き出しになった人間の姿で、私はこの中では叩かれて滑稽に見える側なのだ、ということで安心するのだ。

そんな日々が大学生の間中続き、当然友達も一人もできないまま卒業し、何となく就活して内定をもらった小さな会社に入った。

そこは何らかの過去がある人が多くて、任侠から足を洗って、という方もいたけど、先輩や上司はとても優しくて、家にいるより会社にいる時の方が気楽で楽しかったし、仕事自分に向きだったから、褒められることも多かった。

そんな私の態度を察して、父は今度は

「お前は職場に恵まれたと思った方がいい、他の場所では能無しになって笑われるのが目に見えてるからだ。そこになるべく長くい続けろ、それしか生きる道はない」

と言ったが、当時の私の気持ちとしてはそんなことはもう分かりきっていて、ここまで社会的に弱くてスキルもない私にはしがみついてでもここにいるしかないと、とうの昔に思っていたことだった。

淡々と、時々は父の言葉に揺さぶられながらもその会社に勤めて、良く来る取引先の若い男性と付き合うようになり、結婚することになった。

結婚のご挨拶がしたい、と彼が言うので、あの父親結婚の報告などしたらたまったものではない、と思ったが、しないならしないでまた何か言われるのもなと思い承知した。

最寄り駅で待ち合わせ私の自宅まで行く道すがら、私が震えて顔が青ざめているのを見て、彼が

大丈夫だよ、君をくださいとか言わないって。結婚しますって言うだけだから

と励ましてくれたが、暗い未来しか見えない。

玄関を開け、母が2人でいることにギョッとして、でも居間には通してくれた。

母は、父に日常的にもっとひどい言葉を言われて、誰とも会話をしない人だった。

そして私の両親と我々で対座して、彼が、娘さんとお付き合いをしていて、今度結婚しようと思っています。と言うや否や父が私の頬を思い切り平手打ちして

「楽しそうに会社に行っていたのはこういうことか!この売女!!」

と仁王立ちになり、私の胸ぐらを掴むのでブラウスが破けた。

彼がそこに割って入り、私の手を取って玄関に走って家を後にした。

行ったことはないが彼の家に行くしかなく、途中で破けた服を買い替え、とりあえずは一緒に住もうと言われた。

そこから一緒に住むための色々なことを二人でして、最近入籍をした。式はしないことになった。

ただ最近問題がでてきた。たとえば食器洗いをしている時に、洗いあげたものにまだ汚れが残っていたり、冷蔵庫の中でいたませてしまった野菜を見つけると、父の声が聞こえてきて、どうしたらいいのかわからないとか、そういうことだ。

あとは、休みの日にすることがなくてぼんやりしたり、夫がお菓子お茶を一緒に持ってきてくれると、嬉しさではなく、いたたまれなさを感じてしまう。私はそんなことをされるべき人間ではないのにと。

昨日も、私が休みの日で、真っ暗な中でぼーっとしていたら、夫が帰ってきて、とても不思議な顔をして

「何でいつも暗くなってもあかりをつけないの?」

という、素朴な疑問だとはわかっているのに、恐怖で慌ててあかりをつけた。

この陽の当たるところに住んでいた夫は、泥の川を見ろと言われ続けて俯くしかしていない私のどこが好きで結婚したんだろう?いつ見捨てるんだろう?

2021-02-09

公衆便所で大便しながらスマホいじっている人とドアの向こう側で待っている人では流れている時間が異なることを相対性理論証明できるらしい

2021-02-07

anond:20210207022321

実家そば土地がよく売りに出されてるんだが、元々ある土地を二分割して、それでも6000万とかするので6000万払ってこんな公衆便所なみに小さな土地欲しいのか?って気分になる

2021-01-29

anond:20210129084052

ちょっと辞表書いて、だいじょうぶだろ?おっさんだし

これが、現実です。管理職って物凄い気楽に言うよ。辞表書いてくれって。コロナはわからなくはないが、ちょっと業績が悪くなると、

ひとのよさそうなおっさんつかまえて、辞表書いてわるいねーよろーキャピって

当然、自分も、子供も孫もいるようなやつが

これは、嫁の責任

しょうがねーよな

子供もを公衆便所出産ニュースを、12年ぶりぐらいに見た。

そりゃぁ息子を田舎に呼び戻す

2021-01-21

anond:20210120182029

こんなゴミために書き込むより公衆便所の壁に書いた方がまだマシな反応もらえるぞ

2021-01-12

はてな匿名ダイアリー2019 【世の中編 TOP111】

順位全体順位ブクマタイトル日付備考
132229【追記あり】臭いおっさんは社会的弱者07/16
2171399今だからこそ児童相談所の現状を知ってほしい。お願いします。02/06
3231323anond:2019072920472307/29コンビニをやっているが、もう限界かもしれない
4351146無敵の人になりかけた05/30
564962 ツイッターのせいで高校からの友達が死んだ01/09
665960 anond:2019072600321207/26インド以外で遭遇した詐欺犯罪
767956 だから抗拒不能はそういう意味じゃねえって言ってんだろ04/29
873940 逮捕の記憶10/28
992850 36で職歴なしの男なんだがあんたらに一言いいか?06/04
10102808【追記しました】某献血のイラスト問題について思考停止しないで読んて...10/16
11115784 満員電車にベビーカー反対派の意見を少しだけ聞いてほしい。05/14
12119776 韓国が怖くなってきた07/25
13136735 デリヘル嬢に説教されるから生き方を変えたい09/25
14138733躾と虐待は違うのに05/21
15141720おっさんはおっさんが大嫌いだし弱い男はもっと嫌い06/19
16147699 逆になんで選挙行くの?07/13
17150694 正直男性を根絶しても問題ないのでは?11/11
18162675 アンチフェミのための本当の社会構築主義入門11/03
19171658 子どもが欲しい人の気持がわからない。02/28
20174657 俺が痴漢になったのは恋愛至上主義のせいなのか?10/27
21178654 あさってマンションを買う02/12
22179653 NHKの女子アナさん7年育休産休の挙げ句復帰せず退社03/13
23180653 これが独居老人ってやつか・・・11/16
24182652 超絶ブラック企業のエステ会社がついに炎上してきた07/31
25194638 レイプにおける、犯人と被害者の認識の違いを見せつけられた04/24
26197634 LGBTは異常08/07
27203630 介護ってね…02/21
28207623ねぇ、死刑廃止派どうすんの?w07/19
29208621 【追記】見た目でされた差別が忘れられない12/14
30218604 「被爆最高!放射能最高!」はヘイトではない。10/09
31231593 “田舎者と貧乏人を初めて見た話”を読んだ地方出身者の感想03/30
32233593 新幹線で親切にしたのに邪見にされた話12/24
33241589 アンチヴィーガンが3ヶ月ヴィーガン生活やってみた03/27
34264577 鬱で苦しむ君のために01/18
35275564 いっそ『奴隷』という種族を作ったらよくね?10/11
36283556 12年前に別れた彼女へ06/16
37291547 忘れないであろう入社後の違和感を絶対に忘れたくない。07/06
38304541 朝の満員電車で発狂した人08/04
39316533いじめ加害者を自殺に追い込んだ話08/02
40322530 anond:2019051603495605/16削除済
41338520山口敬之の強姦事件で刑事と民事で逆の結果が出たワケ12/19
42343519 三菱電機の自殺者が出た寮に住んでます12/27
43346518 anond:2019072120151307/21削除済
44347518 「日本が滅びる」のイメージが湧かない。11/27
45350516 包茎手術をして人生にとって大事なことを学んだ話。08/30
46357514 休みの日に仕事の連絡が来る09/19
47358513 anond:2019081905122908/19削除済
48364510ツイッターのせいでゾーニングがぶっ壊れた03/25
49368508 「社会的弱者」を一度体験したら他人に優しくなれるか06/21
50374504 統合失調患者は救済対象じゃないよ07/21
51376503 なんで社内の人を「さん付け」して呼んじゃダメなの? (2/14追記)02/12
52378502 特例子会社という混沌06/15
53386499 躾と虐待…の元増田です05/21
54390496 稼ぐサラリーマンほど自分の妻の悪質性を知らない10/30
55396492かわんごはなぜ嫌われたのか02/13
56400491 息子が発達障害で衝動性が高く加害傾向があった09/10
57415484 ブクマカの軽薄さについて05/28
58424480 新宿駅の攻略指南書(主に乗り換え)12/26
59430476 大企業で働いてる男性に歪んだ気持ちを持ってしまった02/17
60438471 2019年今日までにyoutubeで起きた事柄04/08
61441471 城島茂さんってロリコンなの?09/29
62448468 電車ってもっとこう…ゆったりであるべきなんじゃないか05/29
63452465 公務員やってて本当に嫌になるとき06/20
64460462 「女性」がうまくできず男性に失望される08/17
65467460 大丸にめっちゃ怒ってる人がいてびっくりした11/23
66475457 兵庫県警サイバー犯罪対策課は弱者を見せしめに吊るす魔女裁判所だ03/08
67478456 anond:2019060322421606/03農水省事務次官に対しては「良くやった」以外ないでしょ
68483455 優生学自体は正しいでしょ06/03
69498450 少年院に行った04/08
70499449 こんなにも違う! 日本とヨーロッパにおける女性文化比較!10/20
71516441 【追記しました】顔のほくろを手術して取った話05/17
72525438 anond:2019110717513911/08
73533435 Soranekoさんはいじめっ子12/20
74542431人間は人間をどうやったら助けることができるのか06/20
75545430 そして今私は障害者の中にいる11/23
76546430 学習机ってアカンのか?12/11
77552428女に生まれたかった06/23
78564425 伊藤穣一氏がMITメディアラボ所長を辞職したのは嘘がばれたから09/08
79568423自分が在日三世だと最近知った08/07
80575420anond:2019120110524812/01
81586418 また少年院出の少年が2日間の出勤で飛んだ08/29
82590416 anond:2019060711555306/08
83602412anond:2019101920262010/19
84614407 新元号に「安」が入るべきでない理由01/11
85618406anond:2019013120320601/31
86629404 地下鉄で感じるバリアフリーと未来02/22
87639401 今一番汚い公衆便所ってはてブだと思う10/20
88643400 ネトウヨの気持ちがわからない09/19
89644400 cygam○sの退職の告発記事消えた件09/09
90656397 東大までの受験の思い出01/02
91661396 信仰を持つのは悪いことなの?01/24
92663396 「同性愛者に苦しんでほしい」彼女たちへ11/26
93664395 anond:2019061008055406/10
94671394 「男体への恐怖」を正当化する差別主義者多すぎやばい01/12
95674391 いまだに「低能先生」と呼称するはてな村の住人たちへ【追記】11/14
96677391 新幹線の移動時間って仕事しなきゃいけない時間なの?11/06
97687387 キャサリンフルボディはマジでLGBTへの偏見に満ちたゲームだと思う02/27
98714380 痴漢に安全ピンってなんで叩かれてんの?05/23
99718379 フォカヌプゥッwwwNYの治安はスルー禁止案件でありんすよwww10/22
100732374 低能先生こと松本英光被告の公判を傍聴してきた11/15
101734373 車の運転は人類には早すぎる05/20
102744369 静岡市に引っ越したんだが町内会ほぼ強制でびっくり12/22
103767362 買った食べ物を店内で肛門に挿入する場合は10/03
104773360精神科強制入院のあり方について (追記あり)07/27
105775359 私の両親は私の教育を間違えてたな。テストで悪い点取ると玩具やプラ12/18
106792354 はてなーって意外に貧困層が多いのかな05/04
107804352 妻のツイッターを発見した07/30
108805352 新幹線のグリーン車って乗ったことある?09/13
109807352 親ちゃん!いい加減にして!11/10
110817350 規制論で「倫理」は最も悪質でしょ?11/06
111828348 anond:2019050101104505/01

2020-12-04

そりゃ公衆便所不倫してたのは悪いけどさ

溺れる犬を棒で叩く位の滅多打ち。

勝手想像だけどさ、芸人仲間とかだれも優しくしてくれている人いないよね。ニュースにもなんないし。

普段から周りの人の事を配慮した言動をしてなかったんじゃない?

大体こういう時って、大御所やら後輩やらが少なくともフォローしていたような気がするんだけど。

実るほど 首を垂れる 稲穂かな。

2020-12-01

anond:20201201222153

公衆便所の近くのベンチにツナギ着てソファー座りしてるニイチャン探せや

2020-11-27

旅行気分になれる映画

あると思うんだよな

面白さとは別軸で、没入感があるのかなんなのか、とにかく見終わった後その舞台滞在してたような気分になるような映画がある

ソフィア・コッポラさんのSomewhereとかすごかった 面白いか面白くないかでいうと別に面白くはないんだけど、見終わったときガチロサンゼルスに行ったことある気分になったもんな

監督インタビューでもそういう没入感目指したみたいな話をしてたらしく、旅行映画ガチ勢っぽい

Call me by your nameも良かったな

イタリア北部の涼しげな夏!経験したことないのになんか分かるんだよな

ーー

(追記)

すごい集まってて嬉しい!

"LIFE!”、高校生とき友達と見に行った思い出がある いいよね スケボーのシーンすごかった

他の挙がってるやつも見させていただきます

以下持論

個人的にはザ・ロードムービーって感じのやつよか、現地の生活を描いてるやつの方がグッとくる

Somewhereのなにがよかったって、ホテル廊下だったり車内から見えるつまんない景色だったりが結構描かれてたことなんすよ

すごい観光地旅行したってずっと綺麗な景色が見えるわけじゃないじゃん むしろつまんないボックスシートの壁とか味気ない国道沿いの景色とかを見てる時間の方が長い

そういうところも程よく見せられた方が生々しい旅行らしさを感じられるんですよね

旅を描くなら宿で荷解きするシーンとか朝起きて寝癖を治すシーンとかを入れてほしい いや入んないだろうけど、そこをなんとか……

雄大自然が素晴らしいところに行って、覚えてるのは案外どうでもいいきったねえ公衆便所の壁の落書きだったりする そういうところあるじゃん旅行って

なんの話だ?これ

とにかく、ありがとうございました

2020-11-02

手塚治虫ブッダ」とおっぱい20世紀おっぱい

ラーマヤーナ」ではインドラの火とも伝えているがね

特に理由はないのだが、最近通勤時間で「ラーマーヤナ」を読んでいる。特にインド旅行する予定はないのだが、しいて言えば大学時代の友人二人がインド哲学科出身だったからかもしれない。そういえば、冒頭のムスカ台詞では長母音場所が間違っている、みたいな話にもなった。

それはさておき、「ラーマーヤナ」である英雄ラーマが囚われの妻シーターを仲間の助けで救いに行く話で、要するに古代インドスーパーマリオなわけだが、そこで出てくる美人形容が興味深い。たとえば「美しく黒ずんだ肌」という表現が出てくる。美白という美意識はやはり時代地域によっては必ずしも自明ではないのだ。

また、ほっそりした腰つきや豊かな乳房の美しさを表現する箇所もある。

「二つの乳房はそれぞれの先端がむっちりと盛り上がって魅力的で、つやのあるヤシの実のように美しく、最上宝石の装飾品をつけて輝いている」

この個所を読んで僕は首を傾げた。ここまで乳房の美しさを形容するってことは、シーターは上半身裸だったのか? 実際、インド東南アジアの神々の像では女性たちは上半身裸だ。以下はエローラの石窟の姿である

女神ガンガー

女神パールヴァティ

しかし、近現代インド叙事詩を描いた絵画では、上半身普通に覆っている。

追放されたシーター姫

シーター姫を攫ったラーヴァナが助けに来たジャータユを返り討ちにする図

それを見て思い出すのは手塚治虫の「ブッダ」だ。正直なところ、みんなおっぱい丸出しで小学生の頃はエッチすぎて読めなった記憶しかないのだけれど、それはさておいて、あれは歴史的に見て正しいのだろうか? それとも、単なる手塚治虫性的空想だったのだろうか?

頼むぞグーグル先生

そういうわけで僕は「ancient india topless」と検索した。すると、肯定的証言をするサイトが数多く引っかかった]。特に英語版ウィキペディアのtoplessの説明がわかりやすかった。

In many parts of northern India before the Muslim conquest of India, women were topless. ……(中略)……Toplessness was the norm for women among several indigenous peoples of South India until the 19th or early 20th century……(以下略

ムスリム征服以前のインドの多くの地域では、女性上半身裸であった。……(中略)……上半身裸は19世紀20世紀初頭の南インド先住民女性の間では普通のことであった……(以下略)。

そういうわけで、古代インド女性おっぱい丸出しだった。手塚治虫変態だったかもしれないが、古代インドの服飾史については、嘘をついていなかった。

また、「古代インド おっぱい」と日本語検索すると、次のようなツイートが見つかった。

https://twitter.com/tenjikukitan/status/1093099586778853378

古代インドに詳しい方が日本語情報発信をしてくださると、大変助かる。

よく、東洋舞台とした作品ブラトップ同然の格好をした女性が出てくることがあり、しばしば批判されるのだが、これは実際には上半身裸だったのを攻めておっぱいだけは隠しておこう、という配慮だったのかもしれない。

実際、いわゆる熱帯地域だけではなく、古代クレタ島でも乳房は見せていたし、それこそ以前記述したように、日本海女さんもかつては上半身裸が普通であった。

おっぱい税、巨乳税、その非人道性

ところで、英語版ウィキペディアを読んでいたら、気になる記述を見つけた。

The Breast Tax (Mulakkaram or mula-karam in Malayalam) was a tax imposed on the lower caste (Shudra) and untouchable (Dalit) Hindu women by the Kingdom of Tranvancore (in present-day Kerala state of India) if they wanted to cover their breasts in public, until 1924. ……The tax was evaluated by the tax collectors depending on the size of their breasts.

乳房税(ムラカラム)とは、現在の(南インド)ケーララ州で低カーストシュードラ)と不可触選民ダリット)に属するヒンドゥー教徒女性が、公共の場乳房を覆いたければ支払わなければならなかった税である。……税金を集める役人女性乳房の大きさによって額を決めていた。

なんとも非人道的で、正直なところ読んでいてかなりのショックを受けた。身体の大きさを申告・検査しなければならない恥ずかしさ、支払えなかった女性苦痛いかほどのものであっただろうか。個人的には野外露出系のポルノは大好きだが、これが強制されたものだとなると不快だ。裸とは恥ずかしいものではなく、人間が生まれながらにして持つ、何物にも束縛されない自由意味する気持ちのいいものであってほしい。それにこれはフィクションではない。歴史的事実だ。

これについて日本語資料が見つからいかどうか探したが、幸いにしてナショナルジオグラフィック誌の記事があった。

古代ローマにトイレ税、世界5つのヘンな税 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

乳房税が廃止された経緯もまたショッキングである。ある女性が収税に来た役人に抗議するため、乳房を切り落として見せたことがそのきっかけだ。言葉もない。ローマ公衆便所から税を取り立てたケチで名高いウェスパシアヌス帝が単に合理的でまともに思える。

ナショナルジオグラフィック誌の姿勢、僕の姿勢

そのナショナルジオグラフィック誌だが、2018年に同誌は人種差別的であったことを公式謝罪した。国内有色人種無視していたし、外国文化過去の姿をやや好奇の念をもって眺めていた。そして、異民族過去の姿である上半身裸をピックアップしすぎた、と。

とても誠実な姿勢だと思う。確かに異文化への関心は、はじめのうちは興味本位小ネタから始まるかもしれないが、それだけで終わってしまってはもったいないし、現在の姿を誤解したままでは失礼だ。それに、欧米日本オリエント人間を過度にセクシャル表現してきた歴史があり、それを是正することはまったく正しい。

それは欺瞞だ。伝統的に上半身を見せる文化を改変するのは子どもたちに嘘を教えることになる。乳房を恥としない相手価値観や服飾文化破壊ではないか、という意見もあり、それももっともだと思う。とはいえ、今のところ乳房は隠すものデファクトグローバルスタンダードになってしまっている。歴史的正確さと表現のふさわしさと、これもまた正解のない問いである。

シーター姫のおっぱいが気になった僕もこの罪とは無縁ではない。今を生きる人々の人格と彼らの先祖文化伝統、どうすれば両方に敬意を払えるかを考える日々である。できる限り正確性に努め、通説が誤っていれば訂正をするように心がけているが、それでも異文化への関心が性的好奇心とは無縁ではないことを意識しないではいられない。

今後の研究課題

今回は古代インドではトップレス普通であったことを示した。また、乳房隠蔽キリスト教だけではなく、イスラームの影響もあることも明らかになった。

今後は、世界の中で乳房がどのような文脈を持っていたかを調べたい。例えばシチリアの聖アガタ乳房を切断され、かつては形の似ているパンや鐘の職人守護聖人であったが、いまでは乳がん守護聖人ともなっている。また、戦時中日本を含め、多くのプロパガンダでは、乳房母性記号として国土の豊かさを意味してきたし、しばしば女性を母としての役割に閉じ込める役割も担ってきた。逆に、女性自身が抗議の意味露出することもある。私の身体は私のもので、勝手意味を担わせないで欲しいという奪還の意図もあるのだろう。

加えて、世界各地ではどのような形の乳房理想とされてきたのか、その変遷もいつかはたどりたい。

実際、「ラーマーヤナ」ではほっそりした体を(乳房の重みで)曲げて、と形容されるターラーという猿の夫人がいる。今も残るインド彫刻から判断すると、古代インドには細い腰とそれに対する豊かな乳房への明確な好みがあったのではないかと推測される。また、この彫刻の特徴は東南アジアにも受け継がれている。その辺が知りたいのである

このあたりは西洋絵画からたどるのがいいかもしれないが、芸術個人自己表現となった時代以降は、画家自身の好みも反映されて難しい。

また、逆にトップレス世界の標準であった可能性についても検討したい。すなわち、ユダヤ教キリスト教イスラームの広がっていない地域の服飾史について検討し、トップレスでいることの自由がどのように失われていったかについても調査したい。

2020-10-23

箱物は立派なのに公衆便所昭和

トイレ建て替えに1200万って示されると

イダなら家が2軒建ってお釣りがくるのにーって叩かれるけど

箱物なら120億かかっても市民は誰も文句言わない

治安が悪いかトイレに扉も付けられないって言い訳

120億もあればできたことがあるはず

2020-10-18

都会の公衆便所が好きだった話

おそらく徐々に死滅していく途上なんだろうが、都会の公衆便所の感じが好きだった。

駅の近くにあるんだけど構内というわけでもない、少し離れたところにあるようなやつだ。吉祥寺ユザワヤの隣にあったみたいなトイレが、もっとイメージに近い(ユザワヤももうないが)。

大好き、興奮するしテンション上がる、っていうんじゃないけど、「好き」という以外に言い様がない感じだった。

全盛期の都会の公衆便所は激しく汚かったが、不潔さとはまた違う、負の空気みたいなものがこもっていた。個室に入るとタバコ臭いがして、たまに無意味エロ本とかが落ちていた。

鍵をかけて尻も落ちつけず、すぐヤらせるらしい女とかカマを掘って欲しい誰かの電話番号落書きされているのを突っ立って見ていると、当時高校生だった俺は、なんでかわからないけどものすごく楽になった。

学校にいるとき自意識をフルに充填してテンパってたのが、別に何者でもなくていいんだ、非生産的ゴミクソ野郎でもいいんだ、人に優しくとかしなくていいんだ、って感じでメンタルマジで超安定した。

あの感覚は、都会のきったねえ公衆便所以外で体験させてくれるところがない。不思議なことだ。

ド深夜の漫喫とかが少し近いが、とにかく公衆便所は少しずつ絶滅に近づいているので、最近高校生とか、どこで自分にとっての楽を取り戻してるの? と勝手心配してしまう。みんな一日中、あるべき自分の像を考えたり、誰かとつながったりしてるのか。

やべえな、心の病気になるぞ、と思うが、あの手の公衆便所地域に持ち込んでいる瘴気はハンパではなく、まあ重機で盛大にぶっ壊した方がトータルでは世のためなんだろうとは思う。吉祥寺公衆便所もいつしか解体され、いまはオシャレ的なテナントみたいな感じになっていたような気がする。

当時、うんこしに来た人には何回か絶望を与えている可能性があった。それはほんとすみませんでした。

2020-10-08

anond:20201008165919

非モテとかツイフェミって公衆便所じゃなくて、道端とか家の前で催しだすから困るんだよね

anond:20201008164119

うんこ匂いを嗅いで臭い臭いするのが悪いんやで

公衆便所では息を止めるだろう

2020-10-03

勇気を出して語らせてもらうが嘘松が伸びすぎている

勇気を出して語らせて貰うが、どれがそうなのかはあえて言わない。

言わないというのは、そうだと指摘するのではなく、追記ネタバラシしないってことだ。

君が「あれかな?」と思った増田はまず嘘松だろう。

その中の何割かは私が勇気を出して書いたものだ。

嘘松には勇気がいる。

嘘をついてまで、ブクマ数というどうでもいい数字を集め、それによってよく分からん欲求を満たす行為のために、ネットゴミ箱扱いするのだから

インターネッツ公衆便所」という概念平成初期には常識だったが今ではすっかり忘れられている。

公衆便所というのは、下品落書きがそこかしこに書かれているという意味だとだけ思われがちだが、その解釈片手落ちだ。

本当に便所、排泄施設として使われているからだ。

よく、「努力ウンコのようなもの人に見せるな」と言われるが、他人批判して気持ちよくなるのを目的他人批判したり、嘘をついてまで注目を集めるのはそのウンコよりもっと酷いウンコだ。

本来は人目につかない所でそっと吐き出すものだ。

その人目につかずに吐き出す場所としてインターネッツは使われてきた。

皆でウンコを持ち寄って、それを流れ続けるウンコ激流のものによって流してしまう。

シッコウンコで出来た超激流ガンジス川便所インターネッツだった。

しかし、その便所の周りに人々は文明を築き上げその存在を忘れつつある。

ここは元々、便所だったのだ。

しかしそれを表す言葉すら形骸化していった。御手洗という地名を見て、そこに便所を見出す人はいないし、実際そこがまるごと便所なはずかないが、インターネッツの地下には今でも誰かのウンコが流れている。

勇気を出して語らせて貰おう。

ここにあるのは嘘ばかりだ。

金箔をまぶしたウンコを街中に撒き散らして、誰かがつついてくれるのを待っている変態巣窟だ。

増田マジレスするのはそろそろやめてくれ。

冗談で出したカレー味のウンコを平然と食べられると、もしも何かあったら俺の責任になるのかと不安になってくる。

冗談で出したウンコ味のカレーはつついたあとは捨てて欲しい。

勇気を出して語らせて貰った。

次は君たちが、釣られ続けてきた事実勇気を出して向き合う番だ

2020-09-30

Chromeやらの拡張機能フィルタリングしたり?しか公衆便所をそこまでしてキレイにする必要があるかとも思ってしまう。

2020-09-02

瀬田文学

 二十三時過ぎ、ホテルを出て近所にある和食さとへ向かった。道中、大通りをまたぐ信号を待つ間に何となく周りに目を向けると左方のフェンスに簡易な近隣の地図が括られている。近くに池がいくつもあるようだ。興味を惹かれたので食後に出向くことにした。地図を眺めつつ待つも一向に信号が変わらない。押しボタン式だった。ボタンを押ししばらく待つがやはり青にならない。車の通りが収まっていたので無視して渡った。

 和食さとでは刺身天ぷらいくらかの小鉢のついたようなセットを食ったが大して美味くもなく、胸焼けに似たような妙な不快感が残った。

 店を出て先の地図記憶を頼りに池を目指す。時折地図アプリを参照しつつ最寄りの池を目指すとすぐに着いた。四方を柵で囲まれセメントで岸を固められた、実用を旨とした何の風情もない水たまりだった。過度な期待をしていたわけでもないので、特段失望もなくしばらく柵に肘をついて暗いばかりの水面を眺めた。

 次の池を探して再び地図アプリを開く。目についたのは一つの長方形区画で、短辺に平行に三等分すると、端の三分の一が池で、残りは陸になっており、碁盤の目に道が走っている。また道の周囲が緑色で表されていることから樹木が茂っていることが窺われる。最も目を惹くのは池の中央に浮かぶ円形の陸で、そこへは陸から小路が一本延びている。いかなる場所だろうかと地図をよく見れば霊園だという。深夜に何の縁もない自分が訪ねるのも罰当たりな気がしたけれども、近隣の住民迷惑のないよう静かに立ち入る分には問題ないだろうと自分を納得させ墓地へと向かう。

 その区画境界まで着いたが周囲にはフェンスが張り巡らされており入れない。どこかに切れ目はないかと沿って歩くうち、フェンスに括られた地名表示板を見つけた。ここは月輪つきのわ)だという。

 この名前に触発されて月を見る。今夜は多少雲がかかっているけれども月は八分以上満ち、月明かりを確かに感じる。この優れた月の晩に月輪で池と共に月を眺めるのは非常にふさわしい気がして、池への期待が一層高まった。しかし一向にフェンスの切れ目は見つからず結局フェンスに沿って立つ人家に突き当たってしまった。どうにか入れないか迂回路を探すが地図を見る限り確実に入ることのできそうな場所はあれど、霊園を跨いだ対角側にあり遠い。そこまで行くのは面倒だが、諦めるのも早い気がして、回り道しつつ再びフェンス沿いへと歩き戻るうち気づけば他の池の近辺まで来ていた。その池の名を見ると月輪大池とあり、名前から言ってこちらの池の方がよっぽど立派そうなので、霊園の方はやめ、こちらの池に向かうことにした。

 その池は名に違わぬ立派な池で、近くまで寄ると鳥居が目に入った。その上部に掲げられた文字を見れば龍王神社だという。龍と池という組み合わせが不穏で、気味は悪いが入って見ることにした。鳥居をくぐると白い石の敷き詰められた参道が長く伸び、道の両脇には石灯籠が一列ずつ密に立ち並び、周囲の闇の中でそれらのみが微光を発するように浮き上がっている。それは幽玄さを感じさせるものではあれど古典的怪談舞台のようでもあり、すっと背筋が寒くなる思いがした。足を踏み出すと砂利は一歩一歩が僅かに沈みこむほどに厚く、粉を纏う玉砂利を踏んだときのあの軋む感覚が足の裏を伝わった。参道を歩む途中振り返ると、石灯籠の列が遥かに見え、正面を向き直るとやはり前方にも石灯籠に縁取られた道が長く続く。私は明らかに恐怖を感じた。それでも時折振り返りつつ歩みを進めた。

 やがて参道が果て、二つ目鳥居に辿り着いた。それをくぐり、二、三歩進み周囲を見渡す。正面には拝殿があり、周囲は薄く木々で覆われており暗いが、左方の木立の隙間からわずかに月明かりが漏れ、その先に池が垣間見える。目が慣れるまで待とうと立ち止まって周囲を見ていると、突然右方からかにふうふうと浅く早い吐息のような音が聞こえた。慌ててそちらに目を向けるが何もいない。そこには背の低い茂みがあり、その陰に何らかの獣でもいる可能性は否定できないものの、茂みの大きさからいってあまりありそうもない。微かな音だったか幻聴かもしれない。ともかくしばらくその方向を睨んだ後、気にしないことにした。

 正面の拝殿に参拝し、木立の隙間から池の方へ抜けようとそちらに向かうと、途中に小さな社があった。そこにも参拝した後、岸へと抜けた。月輪大池は非常に大きく、正面を向くと視界に収まらないほどの横幅がある。奥行きは向こう岸一帯が闇に融けているためはっきりとはしないが、その先にある人家のシルエットの大きさから推するに、それほど深い訳ではないだろう。それでも立派な池だ。月は私の背面にあり先ほどよりもやや濃く雲に覆われ、ぼやけていた。月と池を同時に眺められないのは残念ではあるがしばらくそこに佇み、交互に見た。そろそろ戻ろうと思いつつ、ふと脇に目を遣ると池を跨いで石灯籠の列が見えた。またあの道を行くと思うと気が進まない。「行きはよいよい・・・」などとふざけて呟き、気を紛らわせつつ帰路につく決心を先延ばしにしながら周りを見渡していると岸に沿って道が伸びているのに気が付いた。先を覗くとずっと続いており、先には低い丘とその上には東屋が見える。そちらから抜けることにした。

 東屋まで行くと、隣接して高いフェンスで囲まれた芝生のグラウンドがあった。無論人はいない。グラウンドへ入りずんずんと歩く。微風が吹き抜けている。中央辺りで芝生に触れると僅かに湿り気を含んでいるが濡れるほどではない。尻をついて座り、月を眺める。月は一層雲に覆われ今や輪郭も寸断され最早奇形の灯が天に浮かんでいるばかりだ。明瞭に見えたならばどれだけいいだろうと思いつつ、眺めているとしかしこの月も美しく見えて来、私は今更になって朧月なる観念を再発見したのだった(*1)。普段酒を飲まないけれども、この時ばかりはあたりめもつまみながら飲めたらどれだけ気分がいいだろうかと感じた。準備をしてまた来るのを心に決めた。

 ひとしきり眺めた後、地図で帰り道を探す。グラウンドの逆側から抜け、道路下りつつ戻る道を見つけた。グラウンドを抜けると、公衆便所があり煌々と光を放っていた。少し尿意はあったがまだ余裕があるためそのまま過ぎた。淡々ホテルへと向かう。

 しばらく歩いたのち尿意が強まってきた。近くに便所が無いため立ち小便も考えるが違法なので出来る限りは避けたい。しかし同時に私が立ち小便をしたところで、ばれる筈もなく誰が咎めることができるだろうかという不敵な気分もあった。歩き続けるうち住宅地の間に公園を見つけた。それは家屋の列と列の間に取り残された三日月状の領域に造られた小さな公園で簡易な遊具が並んでいる。ここの公衆便所を使おうと外縁に沿って歩きつつ中を伺うが見つけられない。どうやら無いらしい。私は憤慨した。便所のない公園などありふれていることは承知しているけれども、わざわざ今現れなくてもいいだろうと怒りが湧き、本来ならば便所のあってしかるべき空白に、あてつけに尿を撒いてやろうかと考えたが、この静寂の中放尿すればそれなりに音が響くに違いなく、周囲の住人に聞かれることを考えると不安になり止した。私の尿意限界近くまで高まっていた。地図アプリを見るとまだ二十分以上は歩かなくてはならない。どう考えてもホテルまでもつとは思えないが、ともかく足を進めると、見覚えのある道に出た。行きに通った道だ。記憶を辿ればこの先は道路建物が立ち並ぶばかりで立ち小便できるような茂みはない。一度足を止める。地図アプリを見るとすぐ右に行けば公園があることが分かったので、歩道脇の草むらを横切り、駐車場を過ぎ、公園へと向かう。この公園は先のとは異なり、庭園やら広い芝生やらがある大規模な公園だった。どこに便所がありそうか見当もつかないが、ひとまず建物が目についたのでそこへ向かった。しかしそこには施錠された建物があるのみで便所は見当たらない。建物に挟まれた道の奥へ行くと芝生が敷いてあり、奥に池、周囲には植え込みがある。この植え込みの陰で済まそうかと考えながら歩いているとある看板が目に入った。曰く、「山の神池では釣りをしないでください」。なんという名前だろうか。信仰心のない私でも山の神を冠する池で立ち小便をするのは流石に気が引けた。道を戻る。もう限界が近く、考える余裕もない。諦念が私を支配した。自らの限界、ただそればかりのためにどんな平行世界においても便所存在しないような場所を私は尿で汚すのだと、敗北感を感じつつ、間近の立ち小便に都合のいい場所を探して歩くうち、左手に蔦で上方が覆われたプレハブが現れ、「公衆」の文字が目に入った。慌ててその文字の続きを追うと、蔦で部分的に隠れているけれども確かにトイレ」の文字が続いていた。降って湧いたような都合のいい便所に驚いたが、ありがたく使うことにした。入り口のドアには窓がついており中は真暗だ。スライドドアを開き、中をスマートフォンライトで照らすが照明のスイッチは見つからない。もしや時間帯によっては電気がつかないのだろうかと不安を感じるも、これ以上我慢できないので闇の中でも済ませるつもりで足を進めるとカチとスイッチの入る音がし、灯りがついた。人感センサーがついていたようだ。無事に用を足した。非常な安堵を感じ、軽快な気分でホテルへと帰った。

 風呂に入るなどしつつ明日のことを考えた。出来れば龍王神社を改めて太陽の下で見たい。しかしすでに四時近くになっている。明日のチェックアウトは十一時までで、今から寝るとなるとぎりぎりまで眠ることになるだろう。午後のバイトを考えると十二時頃には瀬田を出なくてはならず、一時間で往復するのは不可能なので恐らくは無理だろうと諦め半分で床に就いた。

 翌朝九時過ぎに目が覚めた。まだ眠気はあり、もう一寝入りしようとするも寝付けない。それならばということで、龍王神社を見に行くことにした。

 日の光の下では龍王神社はありふれた田舎神社だった。あの幽玄さを湛えていた石灯籠は改めて見れば妙に小綺麗でそれ故安っぽさを感じさせるもので、大粒の玉砂利に思えた敷石は粒が大きめのバラスに過ぎなかった。しかし歩き心地さえ違って感じるのは不思議だ。昨日は沈み込むようにさえ感じたのが今や普通の砂利道と変わらない。あれだけ長く感じた参道も晴天の下では容易に見渡すことのできる程度のものだった。再び拝殿とその脇の社を拝み、木立を抜けて池の岸へ出る。昨日は闇に融けていた向こう岸も、今や明らかに見え、昨日よりもずっと小さな池に見える。しかし僅かに波打ちつつ光を反射する湖面は凡庸ではあれど清々しく、美しくはあった。

(*1 実際には朧月は春の月に対してのみ言うらしい。)

2020-09-01

相手凶器で脅して汚らしい公衆便所の床に押し倒してフェラ強要したうえで挿入して中出ししたレイプ

相手が汚れないように段ボールを敷いた上で、痛くないようにしっかりクンニして濡らしてからゴムを装着しての紳士的なレイプ

前者と後者量刑に差がつくの?もしつかないんだったら「どうせ同じ懲役なら目一杯犯らないと損だ」という動機付けになって凶悪化が進んでしまうと思うのだけれど

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん