「虫唾が走る」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 虫唾が走るとは

2018-09-01

偽善的な意見を見ると虫唾が走る

特にブコメキツイ

いやブコメがきついっていうか、スターつけてるサイレントマジョリティーがキツイ

サイレントマジョリティーって大体いつもそうだ

偽善的というより、周りがいいと言ってることに同調してるだけな感じ

メディアにつられるような浮動層

そういう奴らがスターをつけると、偽善的な意見が目立つようになる

 

それでついつい偽悪的なコメントちゃうのが悪い癖

ラーとか、そういうイキったやつ多いよね、あれと同じ

2018-08-06

な〜〜にが結婚して幸せ♡だ!!!

あー虫唾が走る

どうせすぐ離婚したくなるよ

子供できたら色々変わるよ

その手のお花畑記事を一括で全部ミュートにしたい

2018-07-19

無敵で無能な人に殺される脅し

最近の「お前無敵の人に殺されるぞ」っていう謎の脅しなんなの?

嫌なら女あてがえ?金を出せ?無視するな視界にいれたら構え?

新手の強盗か何かなの……??

病気とか、どうしても働けないとか

きちんとした理由があるのなら同情の余地はあるけど

何も無く、ただ単に働きたくないみたいなのは虫唾が走る

働きたくないのに金は欲しい?努力も何もしたくないけど恋人は欲しい?

誰もが思うことだけど、無理だって気づいてみんな色々陰ながら努力してんだよ。

頑張ってるのに!っていうんだったら

無敵で無能な人を集めて会社でもおこせば良い。

2018-06-25

anond:20180625041347

普段人権や命の尊さを訴えてるはてなーが、気に入らない奴が死んだのを他人事なの虫唾が走る

2018-06-11

「こんな過激な事出来ちゃう俺オモシレ~w」みたいな風潮

クソだな~~~って思います。それだけの話なんですけど

例えばなんJ荒らしてたコテハン八神通称チンフェ)とか

糖質患者最近両親を亡くしたaiueo700(岩間)とか

住居侵入したりペインボール投げたり近隣にビラ撒いたり...etc

まぁその辺の完全黒な嫌がらせをして楽しむ層がいる。

で、この辺の「〇〇けんま」をしている層が全員内心思ってる感情があって

それが題である「こんな過激な事出来ちゃう俺オモシレ~w」というクッソ寒いアウトロー気取りのイキりなんですよ

上記二名は例に挙げただけなので、別に勝手に野垂れ死んでも俺は嫌な思いしてないな~と感じる程度の愛着しかないのですが

他にもマンホールを傷つけてライブ会場でチケ偽装で捕まったラブライバーとか、

犯罪予告とかして、警察に捕まるガキとか。この辺のアウトロー気取りの連中が思っている

アウトローな俺、オモシレッ!w」みたいな思想虫唾が走る気持ち悪い。

この層が10年後結婚して、子供が産まれた時に今日アウトロー気取りのログ一家全員にパワーポイントで見せてあげたいくら憎悪している。

アウトロー過激な事出来ちゃうオレ、面白人間!w」はクッソダサい気持ち悪いので、早く改めようね

2018-05-16

もっと「やり直しができない社会」にしてほしい!

不良が更生して偉いね とか言われてるのを見ると、虫唾が走る

だって、ずっと真面目に生きてても、今の日本じゃ「そんなの当たり前」っていって誰も褒めてくれない。

それなのに、「当たり前のことをしなかった奴」が、ちょっと当たり前のことをしただけで称賛される。

そんなの不平等じゃないか

からもっと「やり直しができない社会」にしてほしい。

一度でもグレたら復帰が恐ろしく困難。

それだったら、ずっと真面目に生きている人が報われるから

ヤンキー漫画が大嫌い

見かけるだけで虫唾が走る

なんであんなもんが少年誌に載ってんだよ。

消えてほしい。

2018-05-14

どうしたらいいかからない

タイトルそのままの話。

人にとにかく好かれたい。正確にいうと嫌われるのが怖い。孤独が怖い。

何故そんなことを思うかというと実際にはかなり嫌われやすい。陰口も悪口も言われる。

自分でも嫌われやす性格だと思う。他人の悪いところが目に付きやすいしそれを隠すのが下手。

道を塞いで歩く人にイライラする。他人悪口を言う人にはモラルがなさ過ぎてドン引きする。30近くになってセックスがどうだの言う人には大人気ないと思う。友達恋人を貶すことでコミュニケーションをとる人を見ると虫唾が走るメンヘラ叩きだのMe tooだのも片方当事者一方的相手の言い分も聞かずにとりあえず叩くという性質のものであれば激昂する。

とにかく怒りっぽい。自分の考える正義というものから外れるととんでもなくイライラする。

からこそ、自分にもイライラする。

こんなことを考えている自分は人を裁く権利はない。能力もない。それなのに勝手脳内他人正義から反すると判断して断罪しようとしている。そんな自分気持ち悪い。だが辞めたい辞めるべきだとわかっているのにイライラしてしまう。

イライラする自分を受け入れられない。そして自分こそ他人から見たらイライラされる対象となるのがわかる。でも辞められない。どうすればいいかからない。

こんな自分が嫌いで人と会うのを徹底的に避けている。人を見下したり人にイライラするのが怖くて人と話せない。だけど孤独が怖い。人に好かれたいしありのまま自分を受け入れてほしい。

どうしたらいいかからない。死にたくなるけど痛いのが怖いし死んだら親や家族がこの後死ぬまでなんらかのしこりを残してしまう。そんなことはしたくない。まともに生きられないのがつらい。

どうしたらいいのか、助けてほしい。

2018-04-20

人生って既に足跡のついた道を辿ってるだけじゃん

ものすごく感化されたブログがあったから機会、いや気分かな…?まぁ波の満ち引きのような欲求を捕まえたよ。こんな真夜中に

人生は一度きりって考え方によっちゃそうだと思うよ。でも現代っこは獣道を歩いているわけじゃないよな。コンクリ舗装されてはいないけど足跡ついた所歩きゃまず地雷は踏まねぇ

じゃさぁなんでうまく行かないかって欲望のせいだろうな。欲望で身を滅ぼした歴史だよ。人類史なんてそうだ。そうであろうと凡百の才能を持たない人間はどれだけ頭をフル回転させても未開の地を歩けない

から新しいこと気取ったことをするのも馬鹿らしい。こんなこと書いてる馬鹿はてな内でも巨万といる。だから新しいことをやるとか資格を取るだとか自分を磨くだとか虫唾が走る

思い上がるな。いや公表するな顔写真付きとか演技臭く「楽しいよ☆」みたいな空しくないか、凡人よ。マイブラザーよ

2018-04-17

働き出した頃は殆どの人が知らなかった会社が大きくなった。

色んなことが変わった。

給料が良くなった。環境も良くなった。

取引先の態度が変わった。

知らない人が増えた。社員なのか来客なのか顔を見ただけではわからなくなった。

大きくなったところで良い待遇鳴り物入りでやって来た人たちがいた。

刺激にはなる。

しかし今でも同士とは到底思えない。

安い給料無名会社でがむしゃらに居場所を作りながら、守って来た。

傾きかけた時もうダメかもしれないと思いながら必死に攻めながら耐えた。

どれも過去の話だと分かっている。

あの時必死になれた自分たちがいたから今があるという自負とプライド

そんなものからやってきた人たちには1円の価値もない。

からやってきた人たちはその頃の財を食いつぶしていく。

成果だけを刈り取り、用済みになれば無関心だ。

美味しそうな実を見つければ、自分の手元に置き、食べ終わったら見向きもしない。

生産地にも生産者への敬意も関心もない。

見た目が不揃いなものにも興味はない。

綺麗に切り取られたその一瞬にだけしか価値がないと言わんばかりに。

手元に置いて成果が出なければ、平気で使えないと言う。

どんなに美味しくてもシェフダメなら美味しく食べられないということを知らないんだろう。

自分の恥を晒していることにも気付かず、使えない、ただそれだけで片付ける。

仕事は好きだ。

近くで働く同僚も部下も上司も大切だ。

生意気な部下もいるにはいるが、彼ら彼女らが数年後、数十年後、幸せに生きていくために一緒にどうしていくべきか真剣に向き合っているつもりだ。

だが少しずつ、自分が好きだった会社は変わり始めている。

疑心暗鬼になり、情報を隠したり、成果を独り占めしようとしたり、今までに感じなかった空気が流れてきている。

たった一人の人間によって自分大事にしてきた場所が変わっていくのが悔しくて、情けなくてたまらない。

ドヤ顔会社のことを語られるたびに虫唾が走る

2018-04-07

死んだ人を出しにして自分正当化する人間虫唾が走る

「あの人がああやって死んじゃったんだから俺がこんななのも仕方ないよね

だってこうしないと死んじゃうんだから」?

冗談じゃない

そんな風に思い出されるくらいなら忘れ去られたほうが幾分かマシだろ

2018-04-06

anond:20180406225430

もう虫唾が走るくらい恥ずかしいと感じるのが

自作自演なの。

それだけよん。

2018-04-01

高校生のうちに恋愛経験しておくべきか。

女の子と付き合うってのが自分の中ですごく高い位置にあって、簡単に付き合おうとは思わない。尊いって感じかな。

学生のうちに付き合っても結婚するわけではないのだから、お互いに申し訳ないんじゃないかなとか思って女の子といい雰囲気になってもそれから逃げてしまう。

高校生身分で付き合ってうぇい!みないなタイプの人を見るとうんざりするというか、そんな人たちの気が知れぬ。

もっと付き合いたいのハードルを下げて色々な女の子と遊ぶべきなのかな。果たしてそれに意味はあるのだろうか。

こういうのって大人になってからじゃないとわからないと思うからさ、聞いてみたくなるんだよね。実際のところどうなの?

あとさ、親の小遣いで買った彼女へのプレゼントほど虫唾が走るものはないよね。それはお前からじゃなくてお前の親からプレゼントだよばーかって言いたくなる。俺の脳みそが腐ってるのかな。

ちなみに増田はこの春で高校2年生でこれまで女の子と付き合ったことはありません。

2018-02-23

クツクツと・・・

って表現虫唾が走る程嫌いだ。

かゆい

なにがクツクツだ。

もっとハッキリ言え。ハッキリ。

「クツクツと煮え始めた」とか表現されてるともう鍋ごとひっくり返したくなる。

グツグツ煮えろおかま野郎

「クツクツと笑った」なんて表現されたらそのキャラぶっ飛ばしたくなる。

クックックならいい。

グフグフでもいい。

クツクツはやめろ。キモい

クツクツとかい表現は地上から消えろ。失せろ。ああ嫌だ。

2018-02-06

何でADHDってこんなに多いの?

要領悪いカス性格悪いだけの奴が医者から診断もらったくらいで大手を振ってネット跋扈してるの見ると虫唾が走る

ヤブ医者がどいつもこいつもカンタンADHDの診断出すからこんなことになるんだよ。医師お墨付き意味ねーだろ。

ただのカスとほんとに病気の奴の見極めくらい俺でもわかるのに何で医者にできねーんだ。それとも金積めばいいんか?

2018-01-31

anond:20180131225113

ネガティブニュースに虫唾が走り

イナゴバカ虫唾が走る

美談嘘松にも虫唾がはしり

それをまとめるgrapeなるメディアにも虫唾がはしる我々です

2018-01-24

虫唾が走るのは見下してるうちに入らないんですかそうですか

日本語って難しいですね

2018-01-20

anond:20180120163459

藁人形論法でそうだろ言われても個々の提案吟味してくださいとしか言いようがない

兎に角おたく提案宗教染みてて虫唾が走る

2017-12-22

anond:20171222015738

もっと努力して結果出せた人がいるということを盾に、苦しんでる人を努力不足だと決めつけてるのが嫌

あんたが全く同じ境遇から結果を出せたならまだしも、楽なところから石を投げてるだけとしたら虫唾が走る

2017-11-29

anond:20171129105643

>それも、そういうのを求める男の大半が「男の俺が支配主で女は奴隷」ってな発想だったりするからね。

社会崩壊しつつある今現在がいい機会だから、そういう男は社会から排除してしまっていいと思うよ。

そういう男は、同じ男から見ても虫唾が走る存在からね。

私が言いたいのは、一家大黒柱として経済的にも精神的にも支柱になってくれる女が増えてくれればいいと思っている。

2017-11-28

半端な奴は性格悪い説

自分、すごく性格悪いんですよ。

ブスは見てるだけでむかつくし美人には嫉妬するし、思い通りにならないと心の底から虫唾が走るし、自分物差し以外クソだと思ってるし。とにかく心中いつも罵詈雑言なんですよ。

そんなことを性格悪い奴に言ったら淡々と説かれた。

増田さん、それはね、私たち中途半端な奴らだからですよ」

彼女いわく

私たち容姿は半端

ドン底のブスでもない。でも言うほどほど美人でもない。ど真ん中の普通よりはややいい、偏差値55~58の駅弁大学顔。

化粧して小綺麗に振舞って、美人だねと言われる程度。

美人コンプレックスを持ってブスには嫌悪を抱く。そんな面構え。

◆女として半端な恋愛

ハイスペック男は、セフレなら2ランク女の質を落とせる。

その2ランク落ちの中に自分たちはいる。

相手にはされる。でも本命女子アナとかモデルみたいな生粋美人で埋まってる。

最後に選ばれない女である

◆生まれが半端

少しだけ裕福な家庭に生まれた。

すべてを諦めるほど貧困でもなく、全てが手に入るほど裕福でもない。

でも完全に中流よりは少し上。

学歴職歴が半端

MARCHの下か、地方国立か(旧帝ではない)。

年収も、平均より上だが海外ばんばん行けるほど豊かでもない。

からね、上には入れないし、下とも馴染めない。自分たち中途半端に手に入るから、諦めのつかない中途半端クズなんですよ。増田さん。

いつも何かにコンプレックスを持っている。半端に世間に褒められる。でも賞賛されるレベルでもなく、賞賛はいつも他人が持っていく。

から性格歪むんですよ。

だそうだ。

妙に納得できるはなしであった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん