「既読スルー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 既読スルーとは

2018-07-12

この日、先輩に○○しないか誘われたんだけどどう?空いてる?→既読2。終了。

真面目な提案や誘いに対して既読スルーするのが信じられない態度だと思う俺はそういう舐めたことするやつが大嫌いなのだが、

相手相手で、

「あ、ごめんどうしても空いてない」「後でやるね」「了解した」「ありがとう」「ないです」「いいね」「まだわからない」「あるよ~」

っていう俺の断りや単純な返答が信じられない愚行だと思っているのかもしれない。

興味ないとか、乗れない誘いはスルーするのが今は普通で俺がマイノリティなんだろうか。

相容れないわけだ。

から仲良くなるのはやはり諦めてよい。

加筆

それならそれで仕事だったり先輩だったり他の人に連絡する必要があるから一言触れてほしかったんだよなぁ。催促する前に。

個人的な誘いのときは泣いてスルースルーした

2018-07-11

バイバイ

たまに人間関係スパッと清算してしま自分に気づいた。

実は我慢してて、もういいかな?ってなって唐突さよならする。

最強さよならしたのは、

メンヘラ後輩

先輩だから、部内の人間関係の円滑に一役買わなければいけないと思ってた。舐めた態度がしばらく続いたのでもう知らない。

親しき仲にも礼儀あり。

・同期(will)

真面目な仕事の話に既読スルーってどういうことだよ。ふざけんな。

あとトロ

セクハラ指導

私的メール送ってんじゃねえよ。

可愛がられるのが得かなってノリノリで愛想よくしてたけど、深夜にメールよこすからだんだん重くなった。

彼氏

めんどくさくなった。ごめんね。たぶんわたし人と生きていけない、

2018-07-09

LINE世代コミュニケーションが恐ろしい

最近年下と話していて衝撃的だったこと。

電話不動産勧誘って断るの面倒だよね〜って話していたら「え? 電話切ればいいじゃないですか」とキョトン顔。

「いや、だから話を打ち切るのがさ……」と言っても通じない。

どうやら、その子電話に出て自分関係ないとわかったら、何も言わずにすぐ切るようだ。

だってわざわざ断る理由ないじゃないですか」とのこと。

さらに聞いてみると新聞勧誘NHKの集金人も、そうだとわかったら何も言わずにドアを閉めるのだそう。

衝撃的だったけど、何となく感覚がわかった。

これってLINE既読スルーブロックと同じ感覚なんだな。

電話を切るのも、ドアを閉めるのも、それらと同じ感覚

LINE世代はそうやって、自分関係ないとわかったら、リアルでも躊躇なくコミュニケーションシャットダウンするのか、とわかって恐ろしくなった。

2018-07-05

anond:20180705171906

つらいもんはつらい あと既読スルーが悲しい

ま~~~たドタキャンされた

もうなんなんだよ

守れない約束ならしないで

うそ

いくらでも待つよ

会いたいよ

既読スルーはやめて・・・・・・・・・

2018-06-06

あのアプリゲイだってバレてしまった

テレビ番組の街頭インタビューゲイ向け出会いアプリ意図せず表示されて、まとめサイトなどで話題になった結果、試しにインストールして立ち上げて見たノンケのみなさまも多いのではないでしょうか。そのせいでゲイバレした人もまわりにチラホラいるみたい。

そして僕もその一人になってしまった。

ある女友達からLINEスクリーンショットが送られてきて、それが例のアプリプロフィールページで。顔出しでやっていたので、まぁいつかこんなこともあるだろうとは思っていたが、やっぱ急に来るとビビるよね……。ただバレたものしょうがないなーと思っていたときに気づいた。それがLINEの一対一のメッセージではなく、ある仕事関連からはじまった飲み友達グループだったってことだ。なんでそんなことした……。

被害を最小限に食い止めたく話を聞いてみると、彼女ステレオタイプゲイからくる斜め上の善意がそうさせたらしい。

ゲイはみんな抑圧されていて、本当はカミングアウトして、みんなに知ってもらいたいと思ってる。みんな同性婚ないしパートナーシップしたがっている。

ゲイはみんな少なからずそう思っていると彼女は本気で思っていたようだ。まぁそういう人もいるし、そういう人がメディア露出するからというのもあるんだけど、もちろんそんな人ばかりじゃない。

彼女アプリの画面で僕を見つけたときにかわいそうだと思ったらしい。

「隠してるのツラくない? 私は気にしないし、カミングアウト手伝うよ……?」

それは違うから必要になったら自分でやるから

かに飲み会などでは全部男の子女の子差し替えて話していたけど、別にそれ自身苦痛というわけではない。ゲイであることを公開していないのも別にストレスではない。ストレスなのはそういう色恋的な話そのものと、自分ゲイだって言わないといけない状況になってしまうこと。ゲイにもネガティブ非モテがいるんだよ! オレみたいに! 最近キラキラした若いゲイを見てるともうどうしようもない気分になるんだよ笑

まぁそんな話をした。スクリーンショット送信取り消しをしてくれた。まぁすでに全員既読になってたけど。今後どうやって付き合っていこうかなぁと考え中。

そしてさっき彼女から謝罪LINEが来て、それにはお詫びのプレゼントを送るからって書いてあった。会議中だったので既読スルーしていたところ、Apple Storeからプレゼントのお届けメールが届いた。え? そこまでしなくてもいいのに……と思いながらよく読むと、プレゼントの品はこの前WWDCで発表されたApple Watchレインボーバンドだった。しかも僕の住所がわからいからって会社宛に。

もう頭を抱えるしかない。

2018-05-27

ライン再開するくらいならウンコ食う

元々ライン高校生の頃から利用していた。

クラスの連絡を受け取ったり友達と連絡したりスタンプを購入したり、かなり重宝してた。なくてはならないものだった。

大学生になっても、色んな連絡を受け取るのにお世話になった。スケジュールとかアルバムとかあみだくじとか色んな機能を使った。

締め切りを長めに設けて○○日○○時までに回答お願いしますって言っても回答しない人がいたり、見ていない間に勝手に話し合いを始めて数人が書き込んだだけでそれを「全員の意見」として扱ったり、なんだかなあって思うことがかなりあった。

昨年9月くらいかサークルとか学部の係とかの仕事の連絡で自分から発信することが増えた。

もともと自分文章を書くのが苦手で時間もかかる。また、サークル等の連絡ではそのメッセージを送るにあたった事情を知らない人もたくさんいる。

読みやすメッセージを書かないといけない……と下手くそ文章を考えるのに10~30分、またはそれ以上かけることがよくあった。

その文章を書いている間に友人から何件もメッセージが来ることもよくあった。20分経ってから返信すると「遅いよ」と文句を言われることもあった。それ以来文句を言う子にはなるべく早く返信するようにした。

ラインは、他の人とのトーク画面を行き来しても送信する前の文章が残る場合がある。でも、書いている間に画面がフリーズして文章がパーになる場合もある。

私はラインメッセージを送る度、文章を書いてはコピー、書いてはコピーを繰り返し、今回は途中で消えませんように、誰からも連絡がきませんように願った。

10月くらいかアルバイトを増やした。講義数が増えたりアルバイトの疲れで帰宅後そのまま眠ったりするため、ラインを見る回数が減った。

授業中ラインの返信をしようと思い、同じ学部の人のトーク画面を開いた。内容を読み、メッセージを打ち込んだ際、グループ討論が始まったためスマホの画面を消した。

既読スルーし、その授業が終わった後「後で返信する」と送り、アルバイトに向かった。その日は帰宅してすぐ寝てしまった。

翌朝返信しようとトーク画面を開くと、その子(以下Aちゃん)からアルバイト長引いてるね? 大丈夫?」というメッセージが届いていた。

謝罪アルバイトが終わった後疲れて寝てたと言い訳メッセージ送信した。

その日、Aちゃんに直接会った際「寝る前にライン見てよ」と念をおされた。

他のアルバイトをやってる人ができることができない私は駄目だなあ、と思った。

ラインが普及したことで格段に早く情報を受信できることになったけど、私個人はそのスピードじわじわとついていけなくなった。

以下のエピソードラインというより知人の性格由来のもので、冷静に考えるとくだらない内容だけど、似たようなことがたくさんあってしんどくなった。

ある時、有志でポスター印刷所に注文した際「大学内で配布するだけなら100枚でいい」とラインアドバイスした。しかし返信は「話し合って200枚に決定した」だった。その話し合いのメンバーに私は含まれていなかったし、そもそも話し合いの連絡などこなかった。(このあとめちゃくちゃ余った)

また、あらかじめ「私はその予定だとこういう理由で受けとることができないので、Aちゃん注文お願いします」とAちゃんラインしていた。こちらの事情は伝えたし、「私ちゃんくらいしか信頼できる人いないから……」と聞いていたので、彼女との友情を信じた。Aちゃんには既読スルーされた。

本来計画の受け取り予定日3日前にAちゃんから「そろそろポスター注文しないとまずくない?」というメッセージが届いた。

現実漫画のようにいかなかった。

他のメンバーアカウントを作るのがめんどくさいとのことだったので、アカウントを急いで作り自腹をきってポスターを注文した。(今思うとやめてよかった)

似たようなことがサークルとか学部とかで何度もあって、返信に追われ1日2時間~4時間ラインをしないといけなくなって、次第に(プレッシャーストレス?)トークを選ぶ画面を開いたまま気づいたら1時間ボーッとしてた、みたいなことが増えた。

あと恋人アルバイト先に来て「連絡してくれないと病む」と冗談を言ったのが冗談に聞こえないくら精神に余裕がなかった。めっちゃ怖かった。

ラインをすぐ返信しないといけない」

「返信しないと迷惑がかかる」

というのが頭でわかっているのに体が動かなかった。

そもそもコミュ障だし、どうして嫌なことに時間かと費やさないといけないんだろうと思った。トーク相手はどう思っていたかからないけど、こっちにとってラインは失敗できないシミュレーションゲームだった。

高校の友人とのラインはすごい楽しかったけど、その楽しさが霞むくらい大学で知り合った人との連絡が苦痛だった。

やりたいことや睡眠後回しで連絡しないといけないのがしんどかった。

次第に「どうせ一部の人勝手に決めたことが全員の意見として扱われて、私個人意見無視されるんだから、私はラインやる必要なくね?」

そして先月「そもそもラインやめたら返信する必要なくなってもっと楽になるんじゃね??」

とアッパラパー(^p^)になって、ラインアンインストールした。

起きてトーク画面開いてるうちに息が荒くなって目の前が白くなったり、返信しないと迷惑がかかるってライン開いてないのに常に焦ってたり、常に不安とか会話が全く頭に入ってこないとか、何も食べたくないときがあれば食べずにはいられないときがあったり、全く眠れない日があれば14時間睡眠講義をサボってしまった日もあった。

その頃は誰々からメッセージというより、ラインというコンテンツ自体が怖くて、スマホの充電が切れて数日放置したときがあった。(その際、Aちゃんに「なんで返信してくれないの? 私なんかした?」とトークSNSのリプでメッセージが来た)

春休み死ねライン開かなくて済むかなあと川に身を投げようとしたが、バス代をケチったのとスマホを部屋に置いてきたせいで迷子になった。それから個人的に死ねない理由があったのを思いだし、結局死ぬのを諦めた。

自腹の話で思い出したけど、別件で雑費を割り勘で返してくださいってライン送信したのに未だに返ってきてない。

ライン送信する文章を考える間に、自分の駄目っぷりに自己嫌悪に陥ったり頭が真っ白になったりするし、ライン関係で嫌なことがたくさんあった。

あと大学の人とつながってるのがしんどくてサークルも他のSNSもやめた。

Aちゃんの話が多くなってしまったが、Aちゃん調子がいい人だなあと思うだけで嫌いなわけではない。

つい先日、ラインがないと連絡とれず迷惑と言われたが、そもそも私はメールアドレス電話番号等連絡先をロッカーマジックペン(太)で書いて貼っている。

また、話し合いができないので困るとも言われたが、開き直って考えてみれば、そもそも以前から私抜きで勝手に行われていたのでいてもいなくても大して変わらない。

今の自分ラインを再開したところで、結局アプリは開かない。

「豚に真珠」は宝の価値を知らない者が宝を持っていても意味がないという意味だが、「私にライン」はスマホ内部ストレージ容量の無駄、もしくはどんなに便利なものでも使わない者が持っていては意味がないという意味である

しかしたら社会に出るときに新しくアカウントを作り直すかもしれないが、ストレスハゲそうなので今年中はやらない。

もし大学の人に「目の前でウンコ食べたらラインやらなくていいよ」って言われたら涙とやる気と気合いと勢いで一回は頑張って食べてみせるかもしれない。

でも人間以外の動物ウンコマジでやばそうなので、本当は食糞ラインもやらずに生きたい。

2018-05-07

都合のいい女

どうも、都合のいい女です。股が緩いわけじゃないです。

4月に入ってから、今まで連絡来なかった奴、LINE既読無視し続けてた奴とかからいきなり連絡くるようになった。

多分皆「暇だから久しぶりに連絡とってみるかー」って程度の友人。

頻繁に連絡取り合う程度の関係って楽しいことも多いけど疲れるんだよね。相手から嫌われないようにとか、聞きたくもない長い相談LINEきたりとか。

その点、一年に一回程度の付き合いで済む人って気楽でいいよね。切っても影響が出ないし。相手から連絡きたら面倒だけど、こっちから連絡したら返事返ってくるくらいの人が都合がいい。

私は、相手からそう思われてるんだろうなーと思ってる。実際一回遊んだらその後のLINE既読スルーだったり、遊ぶのも面倒なのか「いつ空いてる?」って聞くと返事が返ってこなかったり。

もちろん、自分から久しぶりに連絡すると無視なんだよな。

そう、優先順位が他の人より圧倒的に低いのよね私。4月になって周りの環境が変わって普段遊ぶ人がいなくなったとか、忙しい時期だから他の人は遊べなくて「あーあいつがいたわー」みたいな感じだろう。超暇な時に連絡して、返事が返ってくる都合がいい女。

そう思われてるの解ってるのに久しぶりの友人から連絡が来る度に嬉しくなってしま自分に腹が立つ。

またよく遊ぶようにならないかなとか、LINEのやり取り昔みたいに出来ないかなとか、遊んだら何話そうかなとか考えて…


皆さんは久しぶりに連絡くるのって嬉しいですか?

2018-04-30

結婚式二次会憂鬱

呼ばれる方でなくやる方の立場

親族だけで挙式し後日に友人を呼んだパーティーをするつもりだったんだけど、友人の反応があまり良くない。

初っ端に断られるならまだ誠意を感じる方で、検討すると言ったっきりの放置、果ては既読スルーが続いている。

個々の事情理解しつつも、ダメージが重なって2ヶ月後に予定の二次会憂鬱になっている。

恐らく友達は多い方で、小学校大学まで一つの部活を続けていたこともあり、青春を共にしたと言える仲間もそれなりにいた。

20代の間は1年に1〜2回はそれぞれの年代の友人と遊ぶ機会があったし、それぞれの結婚式にも多分、人一倍は参列した。

それぞれを大切な友人と感じていたし、自分の祝いの場にも当然、顔を出してくれるものだろうと思っていた。

けれど今回、そういった昔からの友人からレスポンスがハッキリ言って良くない。

しろ、30代を過ぎてから始めた趣味の緩い繋がりの仲間や、近隣の飲み屋常連仲間の方が参列を即答してくれている。

かに自分は周囲より結婚が遅れたし、30代も半ばに差し掛かった旧友達がそれぞれ事情を抱えているのもわかる。

ここ数年はそれぞれと飲み遊ぶ機会も減っていたし、家族仕事の優先度が上がっていることもあるんだろう。

ただ、そうは言っても、祝いの言葉すらないのは、返信すらないのはやっぱり心情的に納得できない。

そこは嘘でも行きたい気持ちを伝えたうえで断るのが所作だと思うし、それすらしないことが信じられない。

自分が大切と思っていた友人達が、自分のことをその程度にしか考えていなかった事実に、ただただ気持ちが沈む。

こんなことなら、友達を呼んだ二次会なんかしなければ良かったなー。

2018-04-23

長期間未読スルー意味するもの

相手彼氏が出来て数日後、これまでほぼほぼ毎日してたLINEが未読で数週間止まってる。

彼氏ができてすぐは普通に連絡とれてた。

各種SNSブロックされたわけではなく、更新もされてる。プロフィール写真も俺が撮ったその子写真最近変わってるし。

なんなんだろう。

既読スルーなら返信する気がないんだなってわかる。

けど、未読スルーは単純にミュートされてるだけか、無視されてるのか、、、

何にせよ、モヤモヤする。。

2018-04-04

会社ライングループ辞めたい

業務連絡用のライングループがあるんだけど、

専務部長クラス人間発言には皆速攻で了解です!!って返事する癖、

中堅以下の人間の発言は皆既読スルー

昨日も、自分個人電話番号が変わったので新しい番号を会社グループ内で送信したんだけど、

ものの一時間ほどでほぼ全員の既読がついたにも関わらず返事は誰からも来ない。

専務クラス人間だったらどんなにどうでもいい内容でも皆速攻で返事するくせになあ。

うちの会社って9割男なのに女子高みたいに陰険でウジウジしていて嫌になる。

人の陰口ばっかり。そこにいた人間が席を外した途端にその人間悪口が始まるし。

社員取引先の人間容姿馬鹿にしてキャッキャ言ってるし。

仕事は楽しくないし残業時間月100h超えブラックだし上司尊敬できないし、はあ、辞めてえ。

2018-04-03

未読・既読スルーする恋人

今付き合ってる彼女なんだけど喧嘩して不機嫌だとLINEスルーしてくる

それも一日、二日じゃなく何日も。当然電話も出ない

中高生ならともかく俺たちもう三十路だぞ

勘弁してくれよ

人間関係で不満が生じるのは当たり前だけどそのとき相手との対話を完全に遮断するってほんとにレベル低いよ

でもネット恋愛コラム的な記事を見てるとどうやらそういう連絡をスルーする彼氏彼女は多いらしい

で、それに対する対処法とか謝り方みたいなのが紹介されてる

みんなこんなめんどくさい恋人と付き合ってるのか?

こんな彼女に当たったの初めてだから俺びっくりしてるよ

2018-03-30

anond:20180330004032

おう寝ろ。既読がつかないなら考えても仕方ない。

既読スルーなら脈なしだけど返事が来たら蝶よ華よと褒めつつ共感してりゃコロッと行くだろうよ。気負わず頑張ってろよ。

2018-03-27

既読スルー

自分がしたのは、この人全然タイプじゃないから諦めさせよ

何だよね大体

めんどくさくても普通の人だったら1日以内には返す

まさか自分がやられるとは、、、

なんだ?無駄毛あったからか?入らなかったからか?

今まで仲よかったと思ってただけに急すぎて謎だ

取り敢えずもういいや昨日散々悩んだし

はいーつぎーはいつぎー

2018-03-22

2018年アニメ宇宙よりも遠い場所」を12話まで観た感想 その2

各話ごとのレビューネタバレあり)

https://anond.hatelabo.jp/20180322081336 からの続き)

5話

ゲーム機

 めぐっちゃんと、「南極行きの荷物整理中に見つけためぐっちゃんゲーム」を「(昔は2人でプレイしていたのに)キマリが一人だけでプレイ」しながら「めぐっちゃんの知らない、キマリ友達」の話をするという流れが端的にめぐっちゃんの心境を表している。めぐっちゃんの心境は各話で少しずつ描かれているが、ここで一気に「めぐっちゃん…」ってなる非常に強烈なシーン。

めぐっちゃん

 めぐっちゃんがキマリにすべてを打ち明けるシーン。以下自分語り

 私には小学生時代に知り合った友人がいた。友人はきっかけはよく覚えていないが、小学校高学年になる頃にはほぼ毎日一緒にいたと思う。ただ友人は変に気の強い性格だったのか、私が他の子と遊んでいると鬼のような形相ですっ飛んできて私をそこから連れ出そうとしたり、一人にされることを極端に嫌がったりした。それに振り回されるうち、私は一日中その友人とセットで行動するようになり、中学生になる頃にはその子以外と一切遊ばなくなっていた。

 私が当時その状況に甘んじていたのは、一つは友人といて楽しかったと思ってたから。友人はいろんなゲーム漫画のある家庭に育ったので、友人の家に行けばわりと満たされたからだ。そして二つ目は、私が友人から距離を置こうとすると全力で拒否するようになったからだ(暴力込み)。はじめのうちは喧嘩もしたけれど、そのうち「あまりに近くなりすぎないよう距離を置きつつも、概ね抵抗せず、常に機嫌を伺う」というぬるま湯に浸かる術を身につけた私達の仲は、大学時代まで続いた。

 その当時の心境を端的に言うと「友人には私が必要だが、私はそうでもない。でも友人から得られるものもある。適度に利用しながら、距離をとっていこう」みたいな感じだった。

 別々の地方大学に進学したあとはコミュニケーションを取る頻度が劇的に落ちた。たまに友人からヒステリじみたメール等が飛んできたけれど、物理的な距離のおかげで友人の拘束から逃れることが出来た。そして一人になって初めて、孤独というものを強く思い知らされた。サークルに入っても上手く人に合わせられない。ワイワイする方法がわからない。大学生同士の話題についていけない。同じ趣味の人を見つけることが出来ない。何もかもが上手くいかない。そしてその悩みを共有する相手がいない。本当に空虚だった。案外、友人を縛り付けていたのは私だったのかもしれないな、と今は思っている。結局友人とは音信不通になった。

マリとめぐっちゃん

 だから、面と向かってキマリがめぐっちゃんにこの話をしたのはキマリの鋼メンタル物語ってる。言わば「いっつも面倒見てくれて、それにずっと甘えてきたけれど、もうやめにしよう」とめぐっちゃんを突っぱねたんだから。「いつも面倒かけて申し訳いから…云々」という消極的理由ではなく「ゲーム相手になれるくらい」の関係を築きたいというキマリの想いは絶交を宣言しためぐっちゃん対照的なのだけれど、どっちの気持ちも分かる。私がずっと抜け出そうとしなかった不幸のぬるま湯に、めぐっちゃんもキマリも気づくことが出来て、しかもそこから抜け出そうと一歩を踏み出したのだから。私には二人が眩しく見えた。

 でも一方、5話におけるライティング演出が二人の「ここではない、どこかへ」という勇気について非対称性を感じさせる。簡単に言ってキマリ=陽 めぐっちゃん=影 なのだけれど、出発のシーンでは

めぐっちゃん独白…影

「一緒に行く?」のときのめぐっちゃん…陽

バカ言え!」のときのめぐっちゃん…影

「絶交無効」…陽

 となっていて、「友達と4人で」一歩を踏み出すキマリの明るい予感と、「そうではない(一人で)」一歩を踏み出すめぐっちゃんの暗い予感という対比に見えた。私自身めぐっちゃんルートだったから、最後にキマリが絶交無効したシーンで二人に陽が当たる演出は、「めぐっちゃんにキマリ必要であることを肯定的に描いてて本当に好き。そう考えると、5話におけるライティング演出の狙いはすべてこの「絶交無効」に収束している気がする。

マリかわいい

19:00頃~

6話

シンガポールの背景美術

 日本編と航海編をつなぐ回。シンガポールメジャー建物が現地民も納得のハイクオリティで描かれていて、めっちゃ行きたくなる。本作における聖地巡礼は、館林群馬)→歌舞伎町新宿)→極地研(立川)→シンガポールフリーマントルオーストラリア)が無難か。

マリゆづのベッドと、報瀬&ひなたのベッド対比

 キマリゆづの部屋と報瀬&ひなたの部屋でダボーベッドの広さが異なって見える(報瀬ひなた部屋のベッドの方が距離を感じる)。計測したらどっちもほぼ2m幅になっていたので、2組それぞれの心の距離に差があることを非常にうまく対比している、すっげえ大好きなシーン。

空港でのやりとりと、3話”報瀬の「自己嫌悪」と、ひなたの「思いの強さとわがままは紙一重である」”のくだりから見る報瀬の成長

 無理ーってなってる日向を、自分わがままで引き止める報瀬。このやり取りは、3話で報瀬が自身性格について自己嫌悪していた時、日向が「思いの強さとわがままは紙一重である」とアドバイスするとても尊いシーンと対になっている。あのとき日向が報瀬のパーソナリティ肯定たからこそ報瀬が成長し、その結果として6話があるのだと考えるとこんなに幸せな話は他にない。

マリーナベイサンズでのやりとり

 シンガポールの街並みを見ながらそこに住む人々の生活に思いを馳せ、

同時に過去日本での生活)を思い出しつつ未来(人々の生活存在しない大陸)を暗示させる印象的なシーン。

マリポイント

19:35頃 ビジネスクラスチケットを持ってムッフーなってるキマリ

7話

冒頭の観測船出発ビフォーアフター

 前回の観測船→今回の観測船の対比(減ったトラック物資、前回は多くの取材陣に囲われていた隊長、前回は一緒だった貴子

 アバンだけで「観測隊の船出が順風満帆ではないこと、また隊長、かなえ、貴子関係」を回想と現実の対比によって簡潔に表している。

取材がすごい細かい

 本作を支える「緻密な取材に基づく描写」がこの辺りから本領発揮する。砕氷艦報瀬の内部構造がしっかり描かれていて、話の内容関係なく観てて楽しい

隊員たちの想い

 ここまでの伏線として「先行き不透明」とか「カネがない」とか「南極ってめっちゃ過酷やねんで」等重大な問題示唆されているのだけれど、それに対して「一発逆転(一攫千金)の方法」とか「やってみなきゃわかんない」等の非現実的な展開によって解決せず、「これから先いろんな困難が待ち受けている」のではなく「いろんな困難があったけれど、強い覚悟で3年間戦ってきたからこその今がある」っていうもう一つのドラマとして丁寧に大人組を描いていて、主人公の4人よりむしろ大人組に感情移入してしまった。隊長の「この船は、そういう船」っていう言葉で胸がいっぱいになる。

 だからこそ、その観測隊員の前で自己紹介をするキマリゆづ、ひなたの晴れやかな顔を見ると「ああ、この子たちはそれでも主人公なんだな」って感じさせるくらいのドラマがあったことを思い出す。大好き。

認定or仲間相手じゃないと普通に喋れない報瀬と、最後自己紹介に見る報瀬の成長

 ここまで「南極にとらわれているお姫様」という舞台装置しかなかった貴子の「星を見る船を率いていた一人」という側面を知ったことで、報瀬が抱く(手放しで仲間と呼べない)観測隊への複雑な想いが伝わってくるし、自己紹介とき小淵沢…報瀬です…」という言い方から彼女にとって、そして隊員たちにとっての「小淵沢」という姓の重さが伝わってくる。だからこそ、敵or仲間相手じゃないと普通に喋れないポンコツ報瀬が(日向フォローもあって)あのセリフを言えたことは彼女の成長を強く感じさせたし、「報瀬のコールに応える隊員たち」というシーンだけで、セリフもない隊員達含む全員の想いを完璧に描いた演出は控えめに言って最高すぎる。

マリポイント

8:40頃 物資を運ぶのが大変すぎて、疲労のあまり原型を失ったキマリ

8話

砕氷艦しらせでの生活が詳しく載ってるブログ

海域へ到達!波濤を進む砕氷船しらせ」での艦内生活南極観測シェフ青堀力の南極紀行2】 https://serai.jp/tour/141947

船内の音

 船内のシーンでは声の反響シチュエーションごとに異なっていて、反響を聞き分けるだけでその部屋の大きささえもわかるくらい細かい

 「特に荒波に揉まれ砕氷艦の船内」の音がすごい。どうやって作ってるんだろ

マリの前髪

 キマリの前髪という話題に触れるのは8話が初めてであり、言ってみれば「主人公キャラデザキービジュアル)に個性的伏線を張り、それを8話まで引っ張る」というマネをしている。「なんやこのキャラあんま可愛くないやんけ」って思われたらどうしようとかそういう不安をぶっ飛ばすストロングスタイル戦略である。前髪の理由を聞いて「あー、だから・・・」って思った私は見事術中にハマっていたらしい。キャラデザ最高かよ。

揺れる画面と大画面

 Bパート以降ずっと画面がゆらゆらしている。公式ラジオでキマリ中の人こと水瀬いのりが「アフレコの時ずっと見てて軽く酔った」と言っていて、たしかに大きい画面で観ると結構きつい。むしろそういう効果を狙った演出だったら笑う。

4人が「訓練された大人」ナイズされちゃう不安

 大人の一人として扱われ、荒波に揉まれる(物理)姿は新社会人を思い出す。観測隊としてやっていくためにはもっと多くのことを出来るようにならなければダメだし、そこに「やる、やらない」という選択肢はなくて、ただ与えられる業務淡々とこなすことが求められるのも社会人の一つの形なのかもしれない。そしてそういう姿に青春は宿らない。「宝石の国」(2017)12話のフォスフォフィライトを「入社3ヶ月目の俺」と評した人がいたけれど、この4人ももしかして…と思わせるような心境が「頑張るしか無いでしょ…他に選択肢はないんだから」という報瀬のセリフによって描かれている。

 これと対になっているのが4話ラストのシーンで、4人が観測隊(あるいは報瀬の旅)についていくのではなく、「みんなで南極に行く」という覚悟が対になっている。だからこそキマリの「この旅が終わった時にはぜったいにそう思ってるもん!」はその鋼メンタルに痺れたし、その後4人のやらかす姿は相変わらず青春しててめちゃくちゃ眩しかった(夜なのにね)。また4人が水平線流氷を見つけた時の顔は出港時の4人と全く同じ構図になっていて、彼女たちの「変わらなさ」を象徴している気がした。

マリポイント

20:00頃 海水を頭からかぶって爆笑してるキマリ

9話

砕氷艦のラミングと吟の魂と縄跳び

 南極の大変さにビビってたキマリたちがかなえさんに昔の観測隊が何度も何度も南極に挑み続けた話を聞いて、あるいは同じ話を幼い報瀬に話していた吟隊長、そして今の報瀬が砕氷艦のラミングを繰り返す姿に「行け!」って前のめりになっている姿がすごく良い。時代を超えてそれぞれに受け継がれてきた魂のようなもの(作中では「吟の魂」と表現されててかっこいい)の強さがラミングしながら進む砕氷艦の勇ましさや音響シンクロしてて、控えめに言って最高。

 あと、「吟の魂」がなかった3人組は吟と想いを共にする隊員たちより縄跳びが下手で、一方それを幼少期に受け継いだ報瀬は縄跳びがうまいっていう文脈良いよね。そういう意味で3話Cパートの「貴子と、縄跳びを手に持つ報瀬の写真撮影者はおそらく隊長)を手に持つ隊長」のシーンは非常に印象的。なお現実観測隊でも縄跳び大会があるみたい(娯楽大会と称して、アウトドア競技インドア競技で盛り上がるらしい)。

過去に囚われる隊長

 「その貴子はもういないのよ」というかなえのセリフが刺さる。吟は強い信念を持って前回の南極観測に挑んだ結果貴子を失ったことを非常に悔やんでいたし、加えて報瀬を強く傷つけた。しか自分の信念をロリ報瀬が受け継いだからこそ今の報瀬は母の亡霊と決別するために、あろうことか「宇宙よりも遠い場所」を目指しちゃって、しか成功しちゃって今目の前にいるというのは吟のカルマのもので、もはや「自分のせいで報瀬の人生めちゃくちゃ」なのか「報瀬は報瀬なりに一歩を踏み出す勇気を持った子に育ってくれた」のか分からないよね。両方か。そのくせ自分過去に囚われてるままだし。ラミング→貴子の回想っていう構成で胸がいっぱいになる。

 だからこそ最後の「ざまーみろ!」を最初に報瀬が言う演出は最高だった。おまけに大合唱だし。泣くやんあんなの

砕氷艦の進む音

 ラミング(2回め)の氷が割れる音がすごいので、ぜひ爆音で聞いてほしい。あと氷にまつわる音で思い出すのは「宝石の国」(2017)7話の流氷の音。あっちもすごい。

マリポイント

11:55頃 甲板で会話する報瀬と隊長の二人を、下からこっそり見守るキマリのアホ顔

10

息が白くない

 南極のあらゆるシーンで息が白くない。これは気温が低くても息が白くならないリアル南極仕様再現してるのだけれど、「白い息を描かない」ことで「ここが南極であることを再認識させられる」っていうのがなんか良い。

ヘリの音

 「ヘリの音がうるさくて会話が聞こえない」というシチュエーションアニメ表現しているところを見ないのだけれど(当たり前か)、このシーンはガチでヘリの音がうるさくて好き。ぜひフラットな出力の(人の声を強調しない)スピーカー大音量にして聴いてほしい。

朝の点呼

 朝の「ご安全に」、ついつい復唱したくなる。あのシーンだけで「この基地においては隊員たちがああやって生活している姿がメイン」であることを再認識させられる。南極から彼らが毎日特別なことをやっているわけではないんだよ、というメッセージになってて好き。

友達誓約書と4人それぞれの「友達定義」にみる過去回での掘り下げ

 「友達とはなんぞや」という話を中心に、それぞれのキャラクターを描く回。10から本格的に基地での活動生活を中心とした物語になる関係上それぞれのキャラクターが「友達とは」に言及する尺が結構短い。なのにすごく説得力があるのは、うまくこれまでの物語彼女たちの心を描いてきたからこそだなぁ、と感じる。

 ゆづが「友達誓約書」を出してきて、もしこれが3話とか4話だったらただの笑い話なのだけれど、あれから7ヶ月も一緒だったからこそ3人が曇った顔をしていた気持ちもわかるし、5話があるからマリが泣いちゃう気持ちがわかるし、一方笑顔でめぐっちゃんの話をするキマリを見てると胸がいっぱいになるし、1話カーチャンのことがあるから報瀬の友達論は重みがあるし、6話があるから日向が「友達って」をうまく説明できないのが辛い。そして何より、3話で自分から友達になりませんか!」という宣言とともに獲得した2人の友達(察しのいいゆづならきっとその2人がなんで友達になってくれたのか分かるはずなのに)にすごくこだわっていたゆづ故の「友達誓約書」って思うと、すごく切ない。だって7ヶ月間ずっと待ってたんだぜ?友達宣言

 大好きなのは日向と報瀬がゆづを励ますパーシャル丼のシーン。BGMが3話等の挿入歌ハルカトオク」のアレンジになっている。BGM聴いただけで「なんて温かいシーンなんだろう」って思わせるくらい優しい空間になっていて、(ゆづの悩みとは裏腹に)明るい予感に満ちている。メッチャ好き。

既読」の表現と風化

 現代風の表現を用いる時の問題として、時代の変化によってその意味が変質したりするという点がある。これは意図して変質を招くことは少なくて、大抵は無自覚に発生する問題であるex,宇多田ヒカルAutomatic”の歌詞に出てくる「受話器」)。今作で言えばSNSアプリでのやり取り。もしSNSポケベルと同じ運命をたどった時、その未来においてこの作品意図はどれくらい伝わるんだろうか…と心配になるのだけれど、10話の18:30頃において、「既読が付くこと」を「”ピッ”って、読んだよーってサインが付いたり」と表現していて、思わず「おおっ」ってなった。現代風に言うなら「既読スルーしてやんの」とか言いそうな所だけれど(キマリは言わないけど)、「”ピッ”って、読んだよーってサインが付いたり」という言い方は向こう20年くらいは伝わる表現なんじゃないだろうか。風化しにくい表現を選んだ、と言う意図があるかどうかは分からないけれど、すごく好きな表現だ。

マリポイント

5:30頃 飛び立つヘリの風に耐えようとして、轢き殺されたカエルみたいになってるキマリ

2018-03-09

anond:20180309014039

俺もそれと全く同じの来たけど既読スルーでそのまんまだよ

できないもんはできない

特に陰キャな俺には

2018-03-06

ディズニーのせいで彼氏と別れた

去年のことだ。

ペアチケットを譲り受け、彼氏ディズニーに行くことになった。

チケットは彼が持っているので有効期限は彼氏のみが知ってる状態

空いている平日に行きたいね、とお互い言っていた。

でも、そこから何も言ってこず時間がたち

有効期限の1週間前になって、有効期限がそろそろ切れることを言ってきた。

そしてその期間の短さから今週の土曜日に行こうと。

正直平日に行きたかったが自分から聞かなかったのも悪いし土曜日で了承。

さらに、3日前になって「土曜日習い事があるから日曜日に行ってお泊まりしよう」と。

お互い月曜日仕事なのに。

彼氏はその話をする前に月曜日休みをとってたそう。

せっかく休みを取ってくれたなら悪いから私も会社に無理を言って休みをもらった。

翌日、彼氏休みをとる日付を間違えていたことに気づいたが、変更はせず

月曜日体調不良で休むとか言い出した。

責任感無さすぎ。

ただ、向こうにも向こうの事情があると思い黙ってた。

当日、待ち合わせで会って開口一番「土曜日習い事休んじゃった」

ほんと呆れた。

休んでいいような習い事のために日付ずらして、こっちだって休んでるのに。

呆れたけど機嫌に出してもつまらないデートになるだけだから我慢してた

でも案の定すごく混んでて疲れたし天気も最悪。

土曜日ならお天気良かったのに。

お泊まりデートも終わって、お互い仕事も始まったので嫌味もこめて

会社の人に直前にチクチク言れちゃったよ」と言ったら

「俺は大丈夫だったよ!」と一言

「私の職場厳しいんだよね、次は気を付けないとね」といったら既読スルー

こんな子供みたいな30代がいるのよ。

なんか生理的に無理になって、別れた。

ディズニーがあったから別れた。前に進めたのだ。

2018-02-23

童貞なんだがミソジニストになりそうだみんな助けてくれ

 俺は28歳の童貞だ。だめだ助けてくれ。女の子デートに誘っても断られまくる。はっきりとごめんなさいと言ってくれるんだったらいいのだが、既読スルースタンプ押して終了ということが多い。相手には相手事情があるのだろうが何度もこういうことが続くので気が滅入ってしまった。

 今日カップルが憎くて女性エアガンで撃った男がはてブで叩かれていた。女性の皆さんには本当に申し訳ないのだがこの男の気持ちが痛いほどわかってしま自分がいた。恋愛自由競争自己責任!わかっちゃいるけど負ける側はやっぱり辛いよ。このやるせ無い気持ちを俺は増田に吐き出せたからまだマシだと思う。こいつらがやったことを許してはいけないが、多分俺と同じように行き場のない怒りを溜め込んでいたんだと思う。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180223-OYT1T50011.html

 心が日に日に闇に落ちていくのを自分でも感じる。もう誰から相手にされないのではないかと思っていたところに同期の結婚のお知らせが入ってきやがった。おめでとう!とラインを送ったが、自分比較してしまますます死にたくなってきている。

 あと、はあちゅう、お前に言いたいことがある。童貞であることを飲み会とかでいじられるのって案外辛いんだ。性経験をしつこく聞いてくる先輩とか、あれどうしたらいいんだよ。俺は28歳にもなって部屋でこっそり泣いてるんだよ。どうぞ笑ってくれ。これが俺のリアルだ。悔しいけれど、自分だけの問題じゃないからどうしようもないんだよ。作家なんだからもうちょい想像力を養ってくれよ。ああ、底なし沼に片足を突っ込んでいる自分が怖い。そしてどうしようもなく情けなく、苦しく、惨め。

*追記 そうだな。情けなくてかっこ悪くてどうしようもなくても、これが俺なんだから手持ちのカードで頑張るわ。開き直った。俺は童貞だ。でもお前らに何の迷惑もかけちゃいねえよ。少し落ち着いた。こういう場所を与えてくれたはてな感謝

2018-02-22

出会いサイト

出会い系で知り合った人の事が大好きすぎて、

勉強バイトも手につかない。

LINE既読スルーとかも気にしちゃうほど好き。

性格、顔、髪型服装、体型、年齢、収入全部完璧大好き。

会話や店選び、ファッションセンスも良い。

まさに理想男性

21歳にして理想男性出会ってしまった。

その人に会う前日はわくわくして眠れず、何度も起きちゃう

身だしなみにも気をつかい、おしゃれにも気合いが入る。

ダイエットもがんばれる。

世の中の全てに寛容になる。

毎日楽しい

にやにやする事が増えた。

その人と食べるご飯はなんでも美味しい。

その人を笑顔にしたいし、その人が話す事が全部面白いから笑顔になる。

次の予定を決めるだけでテンション上がる。

出来れば毎日会いたい。

その人の事が大好きだけど、

何よりもその人と一緒に居ると自分の事も好きになる。

とにかく好き。大好き。

唯一の難点は相手が既婚者

2018-02-15

女ってなんで連絡返さないの?

既読スルー多すぎないか女は

了解とか無理とかまたねとか眠いおやすみぐらいなんで返さないの?2秒で済むだろ。なんでスルーなんだよ。それでも大人おまえらは。

ただの連絡もガン無視。返信してきたからってグダグダLINEしたり誘ったりしないぞ。

さらに連絡無視しても実際に会ったら笑顔なのが謎だ。

よくわからん

2018-02-09

anond:20180209082419

Lineメールでもいいというけど、昼間は基本既読スルーだよね?

電話しても出ないよね?

そもそも旦那はこれまでも協力的でなくて困ることがあったから、そこも改善たかったってことなのかな?

となると、前のエントリーだけ読むのとでは、だいぶ印象が変わってくる気がする。

2018-01-28

anond:20180125214806

昔のインターネットで、全レス強要してるサイトは、「レスレスネット」と呼ばれて忌諱されていたよ。

MIXIもそれで滅びたし、LINEでも既読スルー倦厭する文化倦厭されている。

おばあちゃんは、寄り合い所でリアルに会話を楽しむだけにしとけって話よ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん