「特攻隊」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 特攻隊とは

2024-02-21

チー牛がもてない理由

ブサイクでもオタクからでもありません

あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」がヒットしてるのと逆の理由なのよ

どうせチーズってこの映画

特攻隊悲劇エンタメとして消費してるだけ!感動ポルノ!」とか顔真っ赤にして批判してんだろ?

この映画が女にヒットしてる理由は一つ

男が肉体的な犠牲を厭わないからなんだよ

これはもちろん女の生理出産関係している

まり女はただ結婚して子供を産むだけで、肉体をかなり犠牲にする

男はどうか?

カルピスぴゅっぴゅして気持ちよくなってるだけだよね?

この圧倒的不公平が女が男を評価する時に前提となる

特攻隊喧嘩ばかりしてるDQN危険アメフト選手がもてるのはこういう理由

肉体の痛み、犠牲に立ち向かえる強さ

それこそが女が男に求めるものなのだ

チーズみたいに、

「俺は死にたくない!痛いことも嫌だ!女より俺の人権を守れ!」

とかギューギュー喚くゴミは女からは最低のクズとして認定される

こういうやつは真っ先に戦争になっても逃げだすと

女は遺伝子レベルで知っているのよ

とりわけ今みたいな戦乱の時代嫌悪されるだろうな

オラッ!チーズ!腹から声出せや!

2024-02-05

女の駄目なところ

敵の敵は味方とならないところ

社会特権階級のオスから特権を奪おうと思ったら、汚いことやらせ過激鉄砲玉が必要

オスと敵対している、一番汚れ仕事に向いた社会弱者はLGBTQなんだからあいつらを取り込んで汚れ仕事やらせればいい

なのに女はLGBTQ叩きの最先鋒となっている

LGBTQなんかバカ自意識過剰盲目なんだからちょっとおだてればオス社会への神風特攻隊にできるのに、バカを取り込む努力すら怠っている

そう言う考えの甘さががオスに付け入られる原因であることにいい加減気づけ

2024-01-31

火の玉特攻隊精神を思い出す時が来たな

テレビ局側が反省するまで、実写化改悪された原作者はどんどん自殺しよう。

テレビ局側が無視できなくなるまで死んだらさすがにもうやらなくなるだろ。

2024-01-26

パルワールドには拠点襲撃イベントがちょくちょくある

襲いくるパルやら人間やらの集団を、拠点労働中の10匹くらいのパルたちが迎え撃つ

家の屋根に乗って高みから見物してみんながわちゃわちゃするのを楽しんでいることが多かった

しかし、「クルット特攻隊」という集団がある時やってきた

クルットリは爆弾卵を口から発射して攻撃する

敵に近づいてそのばで自爆して敵もろとも死ぬ奥義も持つ

大量のクルットリが家のそば自爆した

木で作られた家は燃え盛り消失した

俺は死んだ

2024-01-24

ゴジラ-1.0、おそらくアメリカ人にはハッピーエンドに見えるラスト

 ゴジラ-1.0、アカデミー賞視覚効果賞ノミネートおめでとうございます

 アメリカでの公開当初、最大瞬間風速でジブリが一位、ゴジラが二位をとったんでしたっけ。ロッテトマト評価も高く、米国で公開された非英語映画としても興行収入歴代5位となり、世界興行収入1億ドル超え、圧倒的公開映画館の差にもかかわらず興行成績でディズニーウィッシュに迫りそうな勢いのようです。

 海外の反応を読んでいると、人間ドラマパートがよくできているという意見をよく見かけますトラウマからの克服、家族再生物語……。アメリカ人には伝わってないんだな、そして、伝わらなくてもいい、それぞれ受け取り方が違ってもいい、良い映画なんだなと改めて思います

 海外意識高い系の厄介オタク解説とかしないんでしょうか。ゴジラ70周年にふさわしく、放射能に始まり放射能に終わる、眼に見えぬ脅威が全面に出てたゴジラ映画だと思いました。

 以下は私が受け止めた個人の感想なので、間違ってても笑って流してください。

 生きて、あらがって、終幕のあとたぶん二人はすぐに結婚するでしょう、でももう二人は永くはない。井伏鱒二を知る日本人にはそれがよく見えるが、海外の人には見えてない。最後映像であえて映された典子の首筋の黒い瘢痕、そして黒い雨を浴び、あれほど高濃度放射線の発生源に降下した敷島。熱戦発射時のゴジラなんてチェルノブイリの象の足みたいなものでしょう。たぶん健康で生きていられる時間ふたりともそう残されてはいない。

 たぶんあのあと、二人を亡くしたアキコは澄子さんとともに生きていくことになる。

 保護者がいてよかったと思います。そして圧倒的な災害下における我々日本人の『もちつもたれつ』『困ったときお互い様』のこころを描きたかったのかなとも思います


 ラストで悪しきものの復活を示唆するのは、ジュラシックパークなんかでもよく見たモダンホラーテンプレですが、あれは気づかない人向けラストでしょうか。わからない文化圏教育的素地の人にはあのモダンホラーテンプレラストとして機能するのかな。でも、病室のシーンで永くはないであろうことが“わかって”しまう我々には、その二人の余韻だけでもうなんかこみあげてくるものがあってたまらない。あえて首筋をじっくり映してたあたり、監督意図あきらかにそこにあったのではないかと思います

 全然関係ないけど25才ぐらいのとき新聞社仕事特攻隊員の生き残りの人にインタビューしたことがあります。正確には予科練生。特攻に出る前に終戦になり、広島に帰ったら家も親も何一つ残ってなかったと言っていました。予科練で、次に特攻に行く人はもうだいたい訓練生のなかで決まっていて、誰が行くか!って上官が問うたときに、行かないひとはみな一歩下がる。だから行くと決めた人だけが前に出る(残る)形になる。行くか、と問われて、皆の前で行かないなんて言えるはずもない。だから実際のところ、志願と言いつつ本当の志願ではないのだと。

 ……このあたりはどの本でも読んだことがないからたぶん現場にいた人のなまの声じゃないでしょうか。私は聞いただけで、実際のところの真偽はわかりません。

 それでも本当の志願でなくとも、『米軍本土にきたら男は殺され女は犯され女も子供もみんな死ぬ。どのみちみんな死ぬなら、自分たちが止めるしかない』という決死の思いは共通でみな持っていたのだと言います

 映画パラシュートは、脱出ポットに言及された伏線コックピットを見た橘さん目線からそうくるだろうなと思ったけれども、実際のところあの時代に実戦配備されて、パラシュートで敵陣の海中に降りても無意味だろうなとも思います。引き上げてくれる味方がいなけりゃ100%溺死するだけだろうし。人間魚雷回天とおなじく(靖国神社遊就館で見られます非人道的武器であり思想であるけれども、『自分たちが止めるしかない』というかつての予科練生の想いは、そのまま劇中の『誰かが貧乏くじをひかなきゃならない』という秋津さんや元海軍の皆さんの言葉につながります

 そういえばyoutubeで見られるんですよね。当時の米軍が記録していたと思われる神風映像。私は見るたびに泣いてしまます

https://youtu.be/yN-zEpXwf4s?si=stYhOmHLazLrLV0o

 ちなみに『男は殺され女は犯される』という言葉戦時日本プロバガンダだと思いきや、20世紀末に旧ユーゴスラビアで実際に起こりました。民族浄化っていいます。その後もコソボなどで起こりました。語源は第ニ次世界大戦中だとも言われています

 インタビューをしたあの方は、まだご存命でいらっしゃるでしょうか。もう亡くなられているのかな。連絡先ももうわかりません。

 特攻隊特攻隊員がゴジラと同じくフィクション世界に住人になっていく。

 でも、『自分たちが止めるしかない』『誰かが貧乏くじをひかなきゃならない』と生き方を決意した方々がいらっしゃったからこそ、今の我々が在る。

 大戦後、ビキニ諸島での原爆実験を経て産まれゴジラが、福島第二原発を経て70周年にこういう形で結実する。素晴らしい映画映画館で見られてよかったなと思います世界的な興行成績の成功もおめでとうございます

 特攻隊特攻隊員の想いも、遺っていきますように。

2024-01-18

ゴジラ-1.0」と「あの花が咲く丘で君とまた出会えたら」を見て気づいたゴジラデフォルメ効果

どっちも特攻隊の話が出てくる点で似てるんだけど

どっちもまー演技がひどかった

日本映画の一番の欠点は演技だ

あとセットが偽物臭い

 

なんだけど、ゴジラは出てくると自分の中で「ファンタジーレベル」が上がるから

少しおかしくても受け入れられてしま

これってアニメでも有ると思う、リアルになると粗が気になるが、デフォルメしていくと気にならなくなってくる

「あーこれファンタジーだった」って脳のスイッチが切り替わって

大げさな演技も全然OKって感じになる

 

その点あの花は本当に苦痛だった

ただ知り合いのZ世代は絶賛してたか

単に自分が厳しすぎるだけなんだと思うけど

 

あの花原作面白そうだったよ

携帯小説の類だけど、一応原作者は国語教師だしね

原作中学生だったのを18歳にしたのは今でも意味分からん

2024-01-15

anond:20240114215620

横だけど漫画しかよまないから答えになってないけど

100%除霊する男 2巻

魔法使いの娘那州雪絵のほうね)

同窓会ホラーあったね どっちもかなり好きなホラー漫画

サスペンスだともっと同窓会描写が多いけど、

よくかんがえるとホラーって合理性リアリティも納得度も高くないよなあ

ゲゲゲの謎も犬神家の一族もそうだけど、

因習村の暗い古さがないとなんの権威もない愉快な死霊の盆踊りでおわる

そもそも同窓会って学校制度がはじまってからだろ

と思ったけどあれだな、特攻隊インパール隊あたりの同窓会があるなら

日本ホラーでは最も怖いやつかもな 

 

2024-01-11

さらゴジラ観たけどすごい微妙だった

特攻隊美化への批判」かな??メッセージ性は結構好きだった。

cgもすごく良かった。

だけどセリフ説明的すぎるし、俳優の演技が本当に受け付けない。

俳優陣の演技が終始微妙すぎて(安藤さくらは良かった)、どうにも映画に没入できなかった。

邦画のあの演技どうにかならないかなぁ

2024-01-08

anond:20240108024140

あれは神風特攻隊を送り出すのと同じ。

志願した成人男に危険業務押し付けてるだけなので一刻もはやく全員に徴兵必要なんですよ。

なぜか特攻隊批判してる左派がそれを無視してますが。

2024-01-04

映画あの花が咲く丘で君とまた出会えたら」を見てきた

女子に連れて行かれた、めっちゃ泣いてた

別の女子も泣いたって言ってたからどんなもんかなと思ったけど

結構しんどかった

いわゆる携帯小説のたぐいだった

なろうの異世界転生系に近いナニカであると言えばいいだろうか

 

太平洋戦争時代タイムスリップして特攻隊員に恋する話なんだけど

どうしても舞台となる戦中の描写が粗くて集中できなかった

あとヒロイン性格や悩みも良くわかんなかったし、どう惚れたのかもよくわかんなかった、男の方はちょっと不気味だった

気分はスマホ太郎を見たときのようだった

 

それでも若者には受けてるみたいなので、俺が間違ってるんだろうなと思った

 

多くの違和感の正体は、原作小説であり、主人公が中2であるためだった(映画では18歳、女優は25歳)

主人公発言が言ってしまえば幼稚なんだ、偏差値35の女子高生ならこんなかな?とも思うが、設定では頭がいいことになっていたので違和感がすごかった

元が中2なら納得だ

作者は元国語教師らしいので

もしこれがちゃんと中2主人公で、戦時下の難しい話や価値観の違いは脇に置いといて、愛にフォーカスを当てた文章イラスト付きであったら、しっくり来る内容だと思う

 

あと展開の改変も多かったようだ

小説の方では波乱があり、盛り上がる場所もあるようだが、映画ではごっそりだ

(一応ネタバレはしないが、あらすじをちょっと調べるだけでだいぶ削ぎ落とされたことがわかる)

まり私は原作も読んでないのに原作厨になってしまったようだ

 

でも実際若者には受けているようなので、そのチューニングは正しいのかもしれない、わからないけど

個人的にはちゃん原作通りの内容をアニメかなんかでやったら泣けたと思う

 

ところで、ゴジラ-1.0でも正直戦中戦後描写微妙だなとか、邦画特有の臭さとか、偽物感とかあったんだけど

ゴジラが出てきて全部ぶっ壊しちゃうから、「ああこれはファンタジーだ」と割り切れた面があると思う

 

あの花はそういう意味で、私にとっては不気味の谷に落ちていた

ショックだったのは、若者にとってアレが不気味の谷ではないということで

まり太平洋戦争というものが、ナーロッパ時代劇のような、ディティールを誰も知らないファンタジー舞台に近づいたということだ

例えばアニメ薬屋のひとりごと」ではファンタジー中華舞台なわけだが、アレは私にとって不気味の谷ではない

それは実際の中華全然くわしくないからだ

Z世代、α世代にとって戦中というものもそうなっていってるということなんだろう

 

しろ制作者がそれを見越して若者向けにチューニングしているんだとすれば、それはそれですごいなと称賛するところかもしれない

(ちなみに小説とは展開が違うが、漫画とは近いらしいので、チューニングした人は漫画編集かもしれない)

 

___

 

それにしてもゴジラでも感じたけど、今回もすごく舞台用の構成に見えた

舞台セットも数えるほどしかなかったし

 

あと福原遥萌え声ちょっと気になって集中できなかった

の子から艶がありすぎるから、助けてくれる男が下心あるようにしか見えなくなるんだよ

 

あと棒立ちで話すシーンが多すぎたんだけどこれは元が小説からだよね

もう少し動きをつけられなかったのかな

 

あと軍用食堂という設定なのにメインメンバー以外が全然出てこないの違和感あるしもったいない

たぶんこれも小説で描かれてなかったからだろうけど(それか予算不足か)

先に何人かが特攻に行ってしま描写があるだけで結構違うのにな

 

あとタイムスリップを受け入れるの早すぎ、今どきの子かよ

親との喧嘩の内容が雑すぎ

なんで親と和解できたのかも謎

「溺れた子を助けて亡くなったお父さん」のフックも回収してなくてモヤモヤした

2023-12-28

anond:20231228131030

平和時代になったよね

俺たちの爺さんとか曾祖父さんはリアル中国人の首切っただの特攻隊だのだったのに

人を殺すなんてのは漫画世界の話

2023-12-19

特攻隊員と現代女子恋愛する映画

あれって原作小説があって、しかも90万部も売れてたんだ。。。

2023-12-18

なんか特攻隊員の話っていつも嚙み合ってないんだけど

"犬死"ってのは命令者や上層部侮辱する言葉じゃなくて、隊員そのもの侮辱する言葉なわけでしょ?

から怒ってる人がいるわけで。

それなのに"犬死"ってのは司令部への批判って意味

とかよくわからんこと言う人がいるのなんで?


特攻作戦馬鹿げた作戦日本軍上層部が愚かなのは論を待たないけど、隊員を"犬死"というのはよくわからん

結局言葉概念認識問題で争ってるように見えるんだけど。それともわざとやってる?

まぁたまに"隊員"が馬鹿みたいなことを言う人もいるけど、それは一旦置いておく。

2023-12-14

ネトウヨハマス自業自得。先にテロした方が悪い。」←この理論だと先に奇襲して原爆落された日本自業自得だよね?

特攻隊は犬死発言を叩いてた国士様はこの矛盾にどう対応するのだろう

2023-12-13

JKタイムスリップして特攻隊員と恋する映画

こと「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」はそれほど上質な映画でもないと思ったかおすすめはしないし、褒めようが貶そうが茶化そうがなんとも思わないが、見ずに語ったり茶化したりしてると思しき人が目についてしまう。

見ずに語ったり茶化したりするセンスは、半端な知識特攻隊恋愛映画を作るセンス紙一重だ。

 

Wikipediaに書かれてるあらすじは、映画とはテーマ的な所で重要な部分が書かれてないから、それだけでは語れない。

一方で、作者の経歴(映画内では一切語られない)と映画主人公が出す結論が関連しているので、映画を見ただけで語ることもできない。

テーマ上、特攻隊描写リアルである必要はない作品だと思うが、難病ではなく特攻隊でなければならない理由は、おそらくある。

 

「そんな映画より『月光の夏』を見ろ」という意見も見かけたが、「あの花が咲く丘で~」の原作発表時のタイトルは「可視光の夏」で、映画あの花が咲く丘で~」には「月光の夏」へのオマージュと思われるシーンがある。「月光の夏」への侮辱になっていると考える人いるかもしれないが。

月光の夏」の方を見ろと言うなら、関連作品として見るべき。

2023-12-12

特攻描写問題視する人のメンツは『永遠の0』のころと変わり映えしないことを考えると、(そもそも犬死に発言大元であるメガネ自体2009年からずっと同じような芸でバズってる)

批判派と感動派の年齢差はどんどん開くばかりよね…

初週末興行収入は2位(3億2500万円)、昨日・今日デイリー興行収入速報でも1位と、彼らのいう「ネトウヨ」だけが観に行ってるのであれば決して出ない数字

リベラル左派の年齢層の高さと若者層との距離如実に出た事件って感じだわ

本当に特攻隊無駄死にか?

戦勝国といえどもこれ以上自国の兵に犠牲を出したくないはずで

自爆攻撃が続くのはごめんだろう。

たとえ無条件降伏だったとしても特攻が止むように講和では譲歩せざる得ない。

朝鮮の役でも李舜臣講和結んだ後に攻撃をしてかけて、結果余計な死者を出したあげく、自分戦死したが

無駄死に扱いされずに英雄だ。

それは日本軍がこれ以上戦争を続けたくないなかで、戦争を続けることができる気概を見せつけることで

有利な条件で講和できるからだ。

2023-12-11

➕🦀特攻隊犬死にというのは表現がよくない

無駄死にというのが誤解なくていい。

自殺攻撃のおかげで勝利した戦いって史実存在したのかどうか気になる

気になるので軽くググったがすぐには見つからなさそうだ

ここでいう自殺攻撃というのはいわゆるカミカゼイメージしている

兵士独断による英雄自己犠牲自殺攻撃ではなく

組織的に行われた自殺攻撃

「戦列歩兵とか?」

戦列歩兵……マスケット銃を担いで隊列を組んで前進するアレね

何割かは撃たれて脱落することは承知戦術なので、まあ自殺的とも言えるかもしれない

ちょっとイメージとは違うんだが、当時の価値観なんかを調べるのは参考になるかもしれないな

自殺攻撃が成果を挙げてしまった国はどのような価値観を持つにいたるのか←究極的にこれを知りたいので

絶対先行研究があるはずなんだが、検索ワードを選定しないと資料の海に溺れる予感が強い

捨て奸とか?」

薩摩死ぬこと前提の足止め戦術

うーーーーーん、これは組織的なのか?自殺攻撃的ではあるが……

捨て奸って敗走するときに「成果」は挙げたかもしれないけど、捨て奸のおかげで「勝利」することはないからなあ

勝ってる時にしない戦術なんだわ

そう、「自殺攻撃のおかげで勝利した戦い」ってのが見つからない理由ってそれなんだよな

勝ってる側ってそもそも自殺攻撃をする必要がないんだわ

そういう意味では前述の戦列歩兵はいい線いってた

「そういうこと言うと戦争ほとんどすべての戦術って自殺攻撃精神を持ってない?」

そうではあるが

それを言ってしまうと自分が知りたい内容から話がずれてしま

自殺攻撃戦死率が高い戦術成功体験を得た人々がどのような価値観を持つかを知りたいので

枢軸国勝利IF小説読めば?」

枢軸国が勝ったIFの物語を読めば価値観を推察することもできるかもしれない、ということね

一理ある

意外とこの線が一番筋が良いか史実ではなくなってしまったが

注意すべきは「枢軸国が勝つ≠自殺攻撃が成果を上げた」ということ

そう考えると一理はあるが、やはり筋は良くないかもしれない

枢軸国勝利IFというテーマは語るべきことが多すぎるから、上手いこと探さないと結局小説の海に溺れてしまいそうだ

もうちょっと検索ワードの選定を試みよう

センシティブテーマから変な資料を読んでしまうと変な先入観が身についてしまいそうで怖い

案外、戦争から離れて考えた方が筋がいいかもしれない

戦死率が高い戦術成功体験を得た人々がどのような価値観を持つか→人的資源を軽視するノウハウ成功体験を得た人々がどのような価値観を持つか

一気にビジネスの話になってきたぞ、これはこれでセンシティブだなあ

聞く人によっては連想ゲームが始まってしまうかもしれない 不毛

日記

---

Wikipediaの「自殺攻撃」のページで出典にされているこの本おもしろそうだから読んでみるか

自殺攻撃のおかげで勝利した戦い」にも「自殺攻撃戦死率が高い戦術成功体験を得た人々がどのような価値観を持つか」にもあまり関係ないけど

ヒトラー特攻隊歴史に埋もれたドイツの「カミカゼ」たち』

近所の図書館に蔵書あり、助かるね

特攻隊員と女子高生が恋する映画

公開になって本当に良かった。あの予告を強制的に見せられる拷問がようやく終わった。本当に嬉しい。おめでとう。ありがとう

2023-12-05

anond:20231205152900

ポリコレガーって言ってる奴らが日本人による日本人のための映画をよく見るかっていうとそうでもないんだよな

特攻隊映画見ようず

anond:20231205104129

まいんちゃんみたいないやらしいJKが来たらするよね


2023/11/24現代に生きる女子高生タイムスリップ1945年日本特攻隊員と出会うところから物語が始まる、シリーズ累計発行部数70万部を記録した“号泣必至”の

2023/10/18 — 今回解禁された場面写真は、突然1945年日本タイムスリップした主人公百合福原遥)が初めて彰(水上恒司)に出会い助けてもらうシーンから

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん