「ダブり」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ダブりとは

2021-07-03

anond:20210702140051

呼称問題。これは双方が「プリズム」と「プリンス」呼びで回避すべき!ファン年齢層がダブり、使うSNSやら何やらがかぶるため住み分けよ。争いを避けよ!

2021-06-17

マイナンバー交付されてきた。その時にワクチンの接種券、一緒に渡してくれたら

一石二鳥じゃない?

まりとしては、あかんのかな。

せっかく市役所区役所)まで出向いたので。

郵送の代わりに本人確認するんだし、ダブりはないはずだから良さそうだけどなー。

段取りは、良くても、そうはいかんのかな。

2021-06-16

ダブりを気にしないようにしたい

ガチャガチャでも食玩のおまけでもダブるのが嫌いすぎる

から食玩が欲しくなったら、集めたい欲を必死で抑えて、心を鬼にして、あえて1つだけしか買わないと決めた

ハズレキャラでもそれはそれでよし!と思えるまでにはめっちゃ時間がかかったし、というか今はもう食玩買いたい欲じたいが無くなった

コーナーも行かないから売ってんのかどうかさえ知らない

ちょっとした展覧会イベントガチャガチャ機械を目にすることがある

うそなのは絶対欲しいやつで、お金を投入するんだけど、1回で目当てのものが出てくることはなかなか難しい

せいぜい全10種とかだからガンガン投入して、欲しいキャラは出ずに、いらんのばかりが案の定ダブるわけ

もう最悪~てなってふと隣を見たら同じように天をあおぐ人がいて、めっちゃ勇気を出して、絶対断られると思いながら、交換しませんかと言ってみたらば話はスイスイ通った

そこからガチャガチャをやりたいときは人がある程度いそうな状況を狙うようになった

いつもうまくいくわけじゃないけど、人に声をかけるのはちょっとだけうまくなったように思わなくもない

だけども、ソシャゲ

絶対欲しいやつがあるからガチャ引いてんのに普通にダブる

嫌すぎる

これを気にしないようにしたいけどどうしたらいいかからない・・・・・・

2021-06-09

anond:20210609095450

それは買春以外捕まらないだろ・・<20と19.

19がダブり高校行ってたとか?



ソースを出せ!ソースを!

2021-04-08

弱者男性っているの/誰なの」樹形図(暫定版)

弱者男性をめぐるイメージは人によって違う。当事者の間でも批判する人々の間でも違う。それぞれの人の中で意味が違うもののために、あるいは違うものに対して、十字砲火が続いてわけがからないことになっている。無理に定義をしようとすれば、それだけで違う立場人間同士がもめ始める。というわけで、いろいろな記事増田ブコメの数々を参考にして、自分が把握できた範囲で「弱者男性っているの/誰なの」の広がりを示す樹形図作ってみた。ぜんぜん「漏れなくダブりなく」ではないし、要約も雑だし、論理的おかしい部分もあるけど、あくま自分用のメモとして。



「いるよ派」の色々な主張を見てみたところ、まず「属性弱者派」と「関係弱者派」という大きな流れがあり、それぞれの中では「経済弱者派」と「性的承認弱者派」が突出しているように感じた。両方を意識している「総合弱者派」の中にも、弱者男性所得が低いか女性とも関係を持てない(性的承認の不足は経済力の低さの二次的結果である)という見方経済最終審級派)と、所得やその他の属性がどうであっても、女性他者関係を持てていないこと自体弱者男性の生きづらさの核心だという見方関係最終審級派)がいる。前者には「所得さえ充分に高ければ、容姿や年齢が社会的に不利だったとしても女性との関係を持てる(持てた)可能性はある」という含みがあるが、後者は、所得多寡とは必ずしも直結しない独立した問題として、関係承認の不足をとらえている。荒っぽくまとめると、弱者男性は「貧乏で、結果として非モテでもある男性」か「非モテで、その一因が貧乏にもある男性」のどっちかとして語られがちだ。

なお、弱者男性論と絡めて登場しがちな「KKO」(キモくて金のないおっさん)という概念提唱した田比岡(一柳良悟)氏は、KKOについて語るときにまず『根源的なさみしさ』に言及していた。https://togetter.com/li/825742 彼は「金だけの問題にすると、そこから抜け落ちてるキモい人たちはどうなるんだ、っつうことが言いたいわけで」「根源的なさみしさは、それ単体で、お金を払って引き取ってもらえるものではないのよね」とし、「キモくて金のないオッサンの経済的な困難でない部分、すなわち公的客観的定量的なところではないところ」を考えたい、としていた。これを更に言い換えてみると「キモくて金のないオッサンの〈私的で、主観的で、定性的なところ〉」となり、しかもそれは田比岡氏の中では「根源的なさみしさ」と紐づいている。何となく男性性という殻の中にある柔らかく傷つきやすい部分の機微に触れるような感じで、これはまだ我々の社会がうまく言語化しきれていない要素のように見え、個人的にはもっと知りたいと思う。

あと「弱者男性」についてのイメージは、個々人がどの時期に、どのルート弱者男性という概念に触れたかによって大きく異なる可能性があると思った。歴史的にみると、弱者男性論はもともとは赤木智弘氏がフリーターという就労状態から立ち上げた洞察で、基本的には「属性弱者派>経済的弱者派」に近い論調だったが、一方で関係への渇望も滲んでいた。それがどこかの時点で非モテ論と結びついて「関係弱者派」的なニュアンスが深まっていったように見える。最近非モテ上昇婚・負の性欲・インセルエマ・ワトソンなどが「弱者男性」という言葉とともに論評されてたりして、弱者男性概念性的承認との結び付きがより強まっている印象がある。こういう歴史的変化も、弱者男性をめぐるイメージ錯綜を招いているように感じた。

何か思いついたらまた追記するかも。

弱者男性っているの/誰なの」樹形図(暫定版)

弱者男性をめぐるイメージは人によって違う。当事者の間でも批判する人々の間でも違う。それぞれの人の中で意味が違うもののために、あるいは違うものに対して、十字砲火が続いてわけがからないことになっている。無理に定義をしようとすれば、それだけで違う立場人間同士がもめ始める。というわけで、いろいろな記事増田ブコメの数々を参考にして、自分が把握できた範囲で「弱者男性っているの/誰なの」の広がりを示す樹形図作ってみた。ぜんぜん「漏れなくダブりなく」ではないし、要約も雑だし、論理的おかしい部分もあるけど、あくま自分用のメモとして。



「いるよ派」の色々な主張を見てみたところ、まず「属性弱者派」と「関係弱者派」という大きな流れがあり、それぞれの中では「経済弱者派」と「性的承認弱者派」が突出しているように感じた。両方を意識している「総合弱者派」の中にも、弱者男性所得が低いか女性とも関係を持てない(性的承認の不足は経済力の低さの二次的結果である)という見方経済最終審級派)と、所得やその他の属性がどうであっても、女性他者関係を持てていないこと自体弱者男性の生きづらさの核心だという見方関係最終審級派)がいる。前者には「所得さえ充分に高ければ、容姿や年齢が社会的に不利だったとしても女性との関係を持てる(持てた)可能性はある」という含みがあるが、後者は、所得多寡とは必ずしも直結しない独立した問題として、関係承認の不足をとらえている。荒っぽくまとめると、弱者男性は「貧乏で、結果として非モテでもある男性」か「非モテで、その一因が貧乏にもある男性」のどっちかとして語られがちだ。

なお、弱者男性論と絡めて登場しがちな「KKO」(キモくて金のないおっさん)という概念提唱した田比岡(一柳良悟)氏は、KKOについて語るときにまず『根源的なさみしさ』に言及していた。https://togetter.com/li/825742 彼は「金だけの問題にすると、そこから抜け落ちてるキモい人たちはどうなるんだ、っつうことが言いたいわけで」「根源的なさみしさは、それ単体で、お金を払って引き取ってもらえるものではないのよね」とし、「キモくて金のないオッサンの経済的な困難でない部分、すなわち公的客観的定量的なところではないところ」を考えたい、としていた。これを更に言い換えてみると「キモくて金のないオッサンの〈私的で、主観的で、定性的なところ〉」となり、しかもそれは田比岡氏の中では「根源的なさみしさ」と紐づいている。何となく男性性という殻の中にある柔らかく傷つきやすい部分の機微に触れるような感じで、これはまだ我々の社会がうまく言語化しきれていない要素のように見え、個人的にはもっと知りたいと思う。

あと「弱者男性」についてのイメージは、個々人がどの時期に、どのルート弱者男性という概念に触れたかによって大きく異なる可能性があると思った。歴史的にみると、弱者男性論はもともとは赤木智弘氏がフリーターという就労状態から立ち上げた洞察で、基本的には「属性弱者派>経済的弱者派」に近い論調だったが、一方で関係への渇望も滲んでいた。それがどこかの時点で非モテ論と結びついて「関係弱者派」的なニュアンスが深まっていったように見える。最近非モテ上昇婚・負の性欲・インセルエマ・ワトソンなどが「弱者男性」という言葉とともに論評されてたりして、弱者男性概念性的承認との結び付きがより強まっている印象がある。こういう歴史的変化も、弱者男性をめぐるイメージ錯綜を招いているように感じた。

何か思いついたらまた追記するかも。

弱者男性っているの/誰なの」樹形図(暫定版)

弱者男性をめぐるイメージは人によって違う。当事者の間でも批判する人々の間でも違う。それぞれの人の中で意味が違うもののために、あるいは違うものに対して、十字砲火が続いてわけがからないことになっている。無理に定義をしようとすれば、それだけで違う立場人間同士がもめ始める。というわけで、いろいろな記事増田ブコメの数々を参考にして、自分が把握できた範囲で「弱者男性っているの/誰なの」の広がりを示す樹形図作ってみた。ぜんぜん「漏れなくダブりなく」ではないし、要約も雑だし、論理的おかしい部分もあるけど、あくま自分用のメモとして。



「いるよ派」の色々な主張を見てみたところ、まず「属性弱者派」と「関係弱者派」という大きな流れがあり、それぞれの中では「経済弱者派」と「性的承認弱者派」が突出しているように感じた。両方を意識している「総合弱者派」の中にも、弱者男性所得が低いか女性とも関係を持てない(性的承認の不足は経済力の低さの二次的結果である)という見方経済最終審級派)と、所得やその他の属性がどうであっても、女性他者関係を持てていないこと自体弱者男性の生きづらさの核心だという見方関係最終審級派)がいる。前者には「所得さえ充分に高ければ、容姿や年齢が社会的に不利だったとしても女性との関係を持てる(持てた)可能性はある」という含みがあるが、後者は、所得多寡とは必ずしも直結しない独立した問題として、関係承認の不足をとらえている。荒っぽくまとめると、弱者男性は「貧乏で、結果として非モテでもある男性」か「非モテで、その一因が貧乏にもある男性」のどっちかとして語られがちだ。

なお、弱者男性論と絡めて登場しがちな「KKO」(キモくて金のないおっさん)という概念提唱した田比岡(一柳良悟)氏は、KKOについて語るときにまず『根源的なさみしさ』に言及していた。https://togetter.com/li/825742 彼は「金だけの問題にすると、そこから抜け落ちてるキモい人たちはどうなるんだ、っつうことが言いたいわけで」「根源的なさみしさは、それ単体で、お金を払って引き取ってもらえるものではないのよね」とし、「キモくて金のないオッサンの経済的な困難でない部分、すなわち公的客観的定量的なところではないところ」を考えたい、としていた。これを更に言い換えてみると「キモくて金のないオッサンの〈私的で、主観的で、定性的なところ〉」となり、しかもそれは田比岡氏の中では「根源的なさみしさ」と紐づいている。何となく男性性という殻の中にある柔らかく傷つきやすい部分の機微に触れるような感じで、これはまだ我々の社会がうまく言語化しきれていない要素のように見え、個人的にはもっと知りたいと思う。

あと「弱者男性」についてのイメージは、個々人がどの時期に、どのルート弱者男性という概念に触れたかによって大きく異なる可能性があると思った。歴史的にみると、弱者男性論はもともとは赤木智弘氏がフリーターという就労状態から立ち上げた洞察で、基本的には「属性弱者派>経済的弱者派」に近い論調だったが、一方で関係への渇望も滲んでいた。それがどこかの時点で非モテ論と結びついて「関係弱者派」的なニュアンスが深まっていったように見える。最近非モテ上昇婚・負の性欲・インセルエマ・ワトソンなどが「弱者男性」という言葉とともに論評されてたりして、弱者男性概念性的承認との結び付きがより強まっている印象がある。こういう歴史的変化も、弱者男性をめぐるイメージ錯綜を招いているように感じた。

何か思いついたらまた追記するかも。

弱者男性っているの/誰なの」樹形図(暫定版)

弱者男性をめぐるイメージは人によって違う。当事者の間でも批判する人々の間でも違う。それぞれの人の中で意味が違うもののために、あるいは違うものに対して、十字砲火が続いてわけがからないことになっている。無理に定義をしようとすれば、それだけで違う立場人間同士がもめ始める。というわけで、いろいろな記事増田ブコメの数々を参考にして、自分が把握できた範囲で「弱者男性っているの/誰なの」の広がりを示す樹形図作ってみた。ぜんぜん「漏れなくダブりなく」ではないし、要約も雑だし、論理的おかしい部分もあるけど、あくま自分用のメモとして。



「いるよ派」の色々な主張を見てみたところ、まず「属性弱者派」と「関係弱者派」という大きな流れがあり、それぞれの中では「経済弱者派」と「性的承認弱者派」が突出しているように感じた。両方を意識している「総合弱者派」の中にも、弱者男性所得が低いか女性とも関係を持てない(性的承認の不足は経済力の低さの二次的結果である)という見方経済最終審級派)と、所得やその他の属性がどうであっても、女性他者関係を持てていないこと自体弱者男性の生きづらさの核心だという見方関係最終審級派)がいる。前者には「所得さえ充分に高ければ、容姿や年齢が社会的に不利だったとしても女性との関係を持てる(持てた)可能性はある」という含みがあるが、後者は、所得多寡とは必ずしも直結しない独立した問題として、関係承認の不足をとらえている。荒っぽくまとめると、弱者男性は「貧乏で、結果として非モテでもある男性」か「非モテで、その一因が貧乏にもある男性」のどっちかとして語られがちだ。

なお、弱者男性論と絡めて登場しがちな「KKO」(キモくて金のないおっさん)という概念提唱した田比岡(一柳良悟)氏は、KKOについて語るときにまず『根源的なさみしさ』に言及していた。https://togetter.com/li/825742 彼は「金だけの問題にすると、そこから抜け落ちてるキモい人たちはどうなるんだ、っつうことが言いたいわけで」「根源的なさみしさは、それ単体で、お金を払って引き取ってもらえるものではないのよね」とし、「キモくて金のないオッサンの経済的な困難でない部分、すなわち公的客観的定量的なところではないところ」を考えたい、としていた。これを更に言い換えてみると「キモくて金のないオッサンの〈私的で、主観的で、定性的なところ〉」となり、しかもそれは田比岡氏の中では「根源的なさみしさ」と紐づいている。何となく男性性という殻の中にある柔らかく傷つきやすい部分の機微に触れるような感じで、これはまだ我々の社会がうまく言語化しきれていない要素のように見え、個人的にはもっと知りたいと思う。

あと「弱者男性」についてのイメージは、個々人がどの時期に、どのルート弱者男性という概念に触れたかによって大きく異なる可能性があると思った。歴史的にみると、弱者男性論はもともとは赤木智弘氏がフリーターという就労状態から立ち上げた洞察で、基本的には「属性弱者派>経済的弱者派」に近い論調だったが、一方で関係への渇望も滲んでいた。それがどこかの時点で非モテ論と結びついて「関係弱者派」的なニュアンスが深まっていったように見える。最近非モテ上昇婚・負の性欲・インセルエマ・ワトソンなどが「弱者男性」という言葉とともに論評されてたりして、弱者男性概念性的承認との結び付きがより強まっている印象がある。こういう歴史的変化も、弱者男性をめぐるイメージ錯綜を招いているように感じた。

何か思いついたらまた追記するかも。

弱者男性っているの/誰なの」樹形図(暫定版)

弱者男性をめぐるイメージは人によって違う。当事者の間でも批判する人々の間でも違う。それぞれの人の中で意味が違うもののために、あるいは違うものに対して、十字砲火が続いてわけがからないことになっている。無理に定義をしようとすれば、それだけで違う立場人間同士がもめ始める。というわけで、いろいろな記事増田ブコメの数々を参考にして、自分が把握できた範囲で「弱者男性っているの/誰なの」の広がりを示す樹形図作ってみた。ぜんぜん「漏れなくダブりなく」ではないし、要約も雑だし、論理的おかしい部分もあるけど、あくま自分用のメモとして。



「いるよ派」の色々な主張を見てみたところ、まず「属性弱者派」と「関係弱者派」という大きな流れがあり、それぞれの中では「経済弱者派」と「性的承認弱者派」が突出しているように感じた。両方を意識している「総合弱者派」の中にも、弱者男性所得が低いか女性とも関係を持てない(性的承認の不足は経済力の低さの二次的結果である)という見方経済最終審級派)と、所得やその他の属性がどうであっても、女性他者関係を持てていないこと自体弱者男性の生きづらさの核心だという見方関係最終審級派)がいる。前者には「所得さえ充分に高ければ、容姿や年齢が社会的に不利だったとしても女性との関係を持てる(持てた)可能性はある」という含みがあるが、後者は、所得多寡とは必ずしも直結しない独立した問題として、関係承認の不足をとらえている。荒っぽくまとめると、弱者男性は「貧乏で、結果として非モテでもある男性」か「非モテで、その一因が貧乏にもある男性」のどっちかとして語られがちだ。

なお、弱者男性論と絡めて登場しがちな「KKO」(キモくて金のないおっさん)という概念提唱した田比岡(一柳良悟)氏は、KKOについて語るときにまず『根源的なさみしさ』に言及していた。https://togetter.com/li/825742 彼は「金だけの問題にすると、そこから抜け落ちてるキモい人たちはどうなるんだ、っつうことが言いたいわけで」「根源的なさみしさは、それ単体で、お金を払って引き取ってもらえるものではないのよね」とし、「キモくて金のないオッサンの経済的な困難でない部分、すなわち公的客観的定量的なところではないところ」を考えたい、としていた。これを更に言い換えてみると「キモくて金のないオッサンの〈私的で、主観的で、定性的なところ〉」となり、しかもそれは田比岡氏の中では「根源的なさみしさ」と紐づいている。何となく男性性という殻の中にある柔らかく傷つきやすい部分の機微に触れるような感じで、これはまだ我々の社会がうまく言語化しきれていない要素のように見え、個人的にはもっと知りたいと思う。

あと「弱者男性」についてのイメージは、個々人がどの時期に、どのルート弱者男性という概念に触れたかによって大きく異なる可能性があると思った。歴史的にみると、弱者男性論はもともとは赤木智弘氏がフリーターという就労状態から立ち上げた洞察で、基本的には「属性弱者派>経済的弱者派」に近い論調だったが、一方で関係への渇望も滲んでいた。それがどこかの時点で非モテ論と結びついて「関係弱者派」的なニュアンスが深まっていったように見える。最近非モテ上昇婚・負の性欲・インセルエマ・ワトソンなどが「弱者男性」という言葉とともに論評されてたりして、弱者男性概念性的承認との結び付きがより強まっている印象がある。こういう歴史的変化も、弱者男性をめぐるイメージ錯綜を招いているように感じた。

何か思いついたらまた追記するかも。

弱者男性っているの/誰なの」樹形図(暫定版)

弱者男性をめぐるイメージは人によって違う。当事者の間でも批判する人々の間でも違う。それぞれの人の中で意味が違うもののために、あるいは違うものに対して、十字砲火が続いてわけがからないことになっている。無理に定義をしようとすれば、それだけで違う立場人間同士がもめ始める。というわけで、いろいろな記事増田ブコメの数々を参考にして、自分が把握できた範囲で「弱者男性っているの/誰なの」の広がりを示す樹形図作ってみた。ぜんぜん「漏れなくダブりなく」ではないし、要約も雑だし、論理的おかしい部分もあるけど、あくま自分用のメモとして。



「いるよ派」の色々な主張を見てみたところ、まず「属性弱者派」と「関係弱者派」という大きな流れがあり、それぞれの中では「経済弱者派」と「性的承認弱者派」が突出しているように感じた。両方を意識している「総合弱者派」の中にも、弱者男性所得が低いか女性とも関係を持てない(性的承認の不足は経済力の低さの二次的結果である)という見方経済最終審級派)と、所得やその他の属性がどうであっても、女性他者関係を持てていないこと自体弱者男性の生きづらさの核心だという見方関係最終審級派)がいる。前者には「所得さえ充分に高ければ、容姿や年齢が社会的に不利だったとしても女性との関係を持てる(持てた)可能性はある」という含みがあるが、後者は、所得多寡とは必ずしも直結しない独立した問題として、関係承認の不足をとらえている。荒っぽくまとめると、弱者男性は「貧乏で、結果として非モテでもある男性」か「非モテで、その一因が貧乏にもある男性」のどっちかとして語られがちだ。

なお、弱者男性論と絡めて登場しがちな「KKO」(キモくて金のないおっさん)という概念提唱した田比岡(一柳良悟)氏は、KKOについて語るときにまず『根源的なさみしさ』に言及していた。https://togetter.com/li/825742 彼は「金だけの問題にすると、そこから抜け落ちてるキモい人たちはどうなるんだ、っつうことが言いたいわけで」「根源的なさみしさは、それ単体で、お金を払って引き取ってもらえるものではないのよね」とし、「キモくて金のないオッサンの経済的な困難でない部分、すなわち公的客観的定量的なところではないところ」を考えたい、としていた。これを更に言い換えてみると「キモくて金のないオッサンの〈私的で、主観的で、定性的なところ〉」となり、しかもそれは田比岡氏の中では「根源的なさみしさ」と紐づいている。何となく男性性という殻の中にある柔らかく傷つきやすい部分の機微に触れるような感じで、これはまだ我々の社会がうまく言語化しきれていない要素のように見え、個人的にはもっと知りたいと思う。

あと「弱者男性」についてのイメージは、個々人がどの時期に、どのルート弱者男性という概念に触れたかによって大きく異なる可能性があると思った。歴史的にみると、弱者男性論はもともと赤木智弘氏がフリーターという就労状態をもとに立ち上げた切り口で、基本的には「属性弱者派」のうちの

経済的弱者派」に近い論調だったが、一方で関係への渇望も滲んでいた。それがどこかの時点で非モテ論と結びついて「関係弱者派」的なニュアンスが深まっていったように見える。最近非モテ上昇婚・負の性欲・インセルエマ・ワトソンなどが「弱者男性」という言葉とともに論評されてたりして、弱者男性概念性的承認との結び付きがより強まっている印象がある。こういう歴史的変化も、弱者男性をめぐるイメージ錯綜を招いているように感じた。

何か思いついたらまた追記するかも。

2021-01-07

猫耳が似合わないキャラ」っているとしたらどんな属性かな?

daydollarbotch いのちの輝きくんみたいに、どこを顔として良いのか分からない属性とか

いのちの輝きくんとかスライムかに頭の中で猫耳つけてみたが、結構可愛いと思う

srgy 🐶「……。」 https://images.app.goo.gl/yQk1FppaHm7JSa5X6 

リアル犬は流石にかわいそうだな

mitimasu 佐川男子 

rnaA級スナイパー

スポーツマン体型ならワイルド感あって割と似合うと思う

おじさん ハゲ おばさん

トラバにもあるがデブじゃなきゃアリだろ

x100jp 猫に猫耳ダメだと思います。(耳は4つもない)

あなたと星つけてる人たち、それは駄目。正しくない。

好き嫌い自由だけどダメ理由が「耳は4つもない」というのは最悪。反省して欲しい。自然に反するからダメというのは典型的誤謬。それは全く理由にならない。

普通の耳を持ってる人間猫耳つけてもOKでしょ。もちろんケモ耳好きの中には四つ耳アンチと呼ばれる人もいて人型のキャラがケモ耳付けてる時には耳を無くすか隠すデザインにしないと萌えないって嗜好の人もいるけど、多分そこまで考えずになんとなくでブコメ書いたり星付けたりしたでしょ。

猫以外に猫耳付けてる時点で自然からは外れるんだから、「自然でないものダメ」→「猫以外の全てのもの猫耳は似合わない」or「自然で無くても良い」→「耳が四つでも良い」のどちらかの立場を取らなければいけない。

もちろん「全く同じ器官がダブルのがなんかキモい」と思うならそれは個人の感想から自由だ。けど「自然に反する」みたいなのを理由にするのはやめてくれよな。

ffggmm ジョーズ

サメ猫耳付けたらめっちゃ可愛いじゃん!

brightsoda ウニ

かに棘より猫耳が小さいとなんかよく分からんことになりそうだな。けどデザイン工夫したらなんとかならないかなー。

denimn KIRIMIちゃん

https://twitter.com/kirimi_sanrio/status/1098935954755076096

公式でやってるけどどう見ても可愛い

gabill トマトは似合うけれど、キュウリは似合わない。

デザイン次第だと思うけどたしかキュウリちょっとバランスいかなー。

ペンギン属性が🦊🐺 ベアー系キャラ

犬とか熊とか元々ケモ耳持ってるやつに付けると個性否定された感じでどうしても悲しい感じになっちゃうよな。

けどペンギンや魚に猫耳付けると結構可愛いと思うよ。

縦に細長い魚はちょっとキツいかもだけど、ある程度横幅がある魚なら大丈夫

meganeya3 芳一

平家の亡霊は四つ耳アンチ過激派だった……?!

ueno_neco 魚類  ( 非表示か。。)

ごめん、別に非表示じゃないんだけど先に目についたジョーズとか魚についてレスポンスしちゃったかダブりになると思ってスルーしてしまった。

サメとかマグロとか寸胴系の魚なら猫耳似合うと思うよ。

zeromoon0 (耳は4つもない)はコピペから…… https://copipe.cureblack.com/c/615

コピペだったかエキサイトしすぎてしまったな。特にコピペ場合、内容に共感するか否かにかかわらずなんとなく使ったり星付けたりって場合もあるからな。俺もそうだよ。

教えてくれてありがとう。けどやっぱり自然主義を無批判内面化するのは良くないと思うよ。

sds-page サバクのヌシですら猫耳可愛いからなぁ https://youtu.be/9ZjbG40GMjM

foxintheforest 確かにこれはクリティカルな問いだと思う。星の娘エーブリエタースちゃん猫耳とか最高の組み合わせだし...。 

どっちも可愛い

mukudori69 属性、といわれて性格的なものを色々考えながら開いたら見た目や種族の話だった 

本当は俺も性格的なものを想定してたんだけど、ブコメトラバも見た目の話だったから切り替えることにした。

x100jp 猫に猫耳ダメだと思います。(耳は4つもない) / (追記:反論) 猫ちゃんの耳が潰れるでしょうがーーーーー!!!! 

潰れちゃうような付け方するとかわいそうだよね

2020-12-24

[] 寒さ対策に「こたつ記事」?

はてなブックマークトップにも掲載されてるカテゴリ「寒さ対策」。

その中に「こたつ記事」の話題が2つも。

はてブの判定、ガバガバ過ぎだろ。

はてなブックマーク - 新着エントリー - 総合 - 寒さ対策

https://b.hatena.ne.jp/entrylist/all/%E5%AF%92%E3%81%95%E5%AF%BE%E7%AD%96

ブコメでも早速突っ込まれてる。

はてなブックマーク - 新着エントリー - 総合 - 寒さ対策

    こたつ記事」は寒さ対策じゃないと思うんだけど2020/12/22 19:53


    家やオフィスから出ずに記事書けるから「寒さ対策」?

    いや、メールなり電話なりで取材すれば外に出ずとも脱コタツ記事はできる。


    あと同カテゴリ、「新着」と「人気」でダブり過ぎ。

    「新着」に21記事、「人気」に29記事観測時点でうち15記事ダブり

    枠余ってるなら俺も載せろや。



    そんな私の寒さ対策は、、、寝る時は綿手袋を装着、です。

    いや寒さ対策と言うより、ハンドクリーム塗ってから寝る為なんだけど。

    いやハンドクリーム塗るのは寒さで手荒れするのが理由から、寒さ対策で合ってるのか?

    2020-10-29

    推し公式に殺され続けてる

    推しは少し前に大人気だったキャラ。人気の要因は自分自身幸せより時に悪に身を窶してでも命をかけてこの国を守る孤独で有能な美形だった。

    今の煉獄的な人気だったと思う。規模は違うけど。

     

    出版社推しを金のなる木と認識したのはまぁいい。実際そうなのだから

    それで主人公ではない推しスピンオフを始めたのもいい。楽しみだった。一話は素晴らしくて泣いた。雑誌店頭から消えてニュースにもなった。

    それなのに今や数年前に始まったそのスピンオフ推しのいいところを殺し続けてる。

    勝手にその点を箇条書きで並べていく。

     

    ①国を守るために忙しいはずの推し、暇すぎ問題

    推しは忙しい。国を守る機関に属しながら目的のために悪の組織にも出入りしてる。なんなら初めは悪役だったし今でも主人公の完全な味方とは言い難い。

    そんな推し主人公を探るためにとある飲食店バイトしてるのだがスピンオフではそのバイトで食べて行ってない?ってぐらいそこにいる。賄いで3食済ませてるレベル。犬も飼って家庭菜園してる。あつ森みたいな生活である

    原作では忙しさで遅刻早退当日欠勤上等のレア店員だったのに今や本業フリーターである。ちなみに推しフリーターやってていい年齢でもないし、なんならエリートである

    読者はフリーター日常を見たいわけではない。あの原作映画の影のある推しが見たいのである

     

    推しスピンオフなのに推しが出てこない

    自分でも何を言ってるかわからないがそういうことである推しには部下やバ先の同僚がいる(原作ではモブもいいとこ。鬼滅でいうなら魘夢に使われるモブよりも何も役割果たしていない)あれ?私モブ日常読んでたっけ?くらいそいつらが出てくる。推しより出てくる。意味がわからない。

     

    恋愛しないよ!で有名になった推ししょうもない女とばっかり絡ませる

    はっきり言って推しは夢売りがひどかった。それなのになぜか前述したバ先の同僚の女とばっかりセットにしてくる。当たり前だが原作ではそう絡みはない。バ先が舞台の時に背景の椅子や机と同じようにいるだけキャラである

    しかもそのキャラ推しに対しての言動が酷い。推しの悲しい過去(容姿のせいでいじめに合う)を知らないとはいえ踏みにじる発言をする女である。余談だが後に推し過去スピンオフ(これもまぁクソ中のクソ。後述する)に出てきた名前も出てこないモブが同じ発言をしていた。モブ同士は同じ発言するのだなと笑った。

     

    過去編がクソ

    推し友達は全員死んでる。その死んだ友達との過去を描いたのが過去である

    死んだ友達もそこそこ人気キャラの為クローズアップされるのだが、今まで推し固有の能力だったものが実は友達の特技にされていく

    例えば推しのかっこいい車は友達Aのものになってたし、推し戦闘能力友達B、料理上手なのは友達Cという具合に。

    推しの人気は多彩な能力にもあったのにはじめから決まってたならともかく推し人気に乗っかった後付けスピンオフで全て能力を誰かのものにしていくのは臓器売買の現場を見ているようなグロである

     

    ⑤絵がありえない

    スピンオフ作画原作者じゃない。他の漫画家がやって一応原作者が監修はしているがなんというか正直一話の神作画はどうなったの??脳に腫瘍できてない??視神経大丈夫??あ、もしかして腕の怪我???と思うくらいの変貌である

    原作では中性的いうかジャニーズ的な美形の推しがやたらとマッチョになってるし面長の馬面、丸い頭は四角くされて目は小さくなってる。おかしくない???意外と年齢いっててエリート年上の部下を顎で使う童顔がなんでマッチョなんだよ原作読め!!と泣きたい気分である

    ちなみに推し作画だけでなく背景等も汚い

     

    ⑥このスピンオフ否定することが許されない

    原作との矛盾もあり絵もクソ、内容もクソ、面白くないの三拍子揃った何もかもクソのこのスピンオフ面白くないと言った作品ファン()から攻撃を食らう。

    所詮キャラファン作品ファンじゃないか原作者監修のスピンオフをそんなふうに言えるのだとキレられる。

    馬鹿かと。100冊近い原作を読み毎週アニメを録画しファンブックだの無限に買い続けキャンペーンのたびに家にある単行本をダブらせているのに作品ファンではないと??そもそも元々はグッズの売れないジャンル公式が言っていたものを有数のグッズジャンルに押し上げたのは推しである作品ファンとか古参かいう謎文化もこのジャンルの薄ら寒いところである

     

    余談だがこのジャンルには作者の話が聞けるイベントがある。あくま好意イベントは当たり前だが倍率がエグい。

    でも謎の古参枠というのがあってそれに入るとなぜか倍率がエグいそのイベントに毎年いけるのである。こういうことをする公式なのだ

    ジャンプとある漫画原作者と話す権利が当たるものがあり天文学的確率のものを同じ人間が何度も当てている、公式不公平意図が見えると炎上し作者が謝罪したのが羨ましい。こちらは古参が当たり前のようにイベント闊歩してる。

    グッズを買い、映画を数十回も見、ゲーセンに通い、単行本ダブり承知でアホみたいに買い続けるファンより古参大事にする公式だ。

    推しファンはどんなに金を払おうが作品ファンではなく、人権はないらしい。

    数年推しに貢ぎ続けてたがそろそろ限界である無意味経済力のある家に産まれたせいで推しに湯水のごとく金を使い続けた。別にイベントに当たらないのは自分の運だからいいのだが、その一方で毎年(10単位)で絶対に当たり続ける人間がいるのは不愉快まりない。

     

    推しのいいところは殺され、原作は進まず、古参ファンマウントを取られ続けるジャンルにいるのは偏に推しへの愛なのだ

    推し人質に取られ続けるのがキツい。

    【せっかくだし追記

    ・バ先のモブ推しは付き合うはずだろ

    →落ち着いて、恋人は国(作者談)

    あらぬ心配(スピンオフ作者)

    こういう基礎的なことも知らないで付き合うとかなんとかいうからこのアニメ出身キャラがどんどん嫌いになる

    他のアニメ出身キャラは気に入られてわざわざ相手作ってもらえたのにね

    ていうかバ先モブ原作では差別発言するような子じゃなかったし、部下だってキモオタじゃなかったのに推しスピンオフでそんな設定つけられてかわいそうに思ってるよ。

     

    ・じゃあ誰とペアならいいんだよ

    別に一人でいい。作者だって推し孤独がいいって言ってる

    孤独で有能なのも推せるポイントだって冒頭で言った

     

    スピンオフ作者の画力のが上

    画力推し原作に似せて描く能力は違うし一話でできてたことが今出来てないから体調の心配しただけ。

    手を抜いてると断じるほうがいいわけ

     

    別にスピンオフ無能で馬面で町の便利屋まがいのフリーターしてる推し好きな人はそれでいいし否定するつもりはない。

    原作映画との矛盾も気にしない人はそれでいいんじゃない

    ただ私の好きな推し公式が殺し続けてるっていうそれだけのはなし。

    2020-08-07

    ワタシはここ3年ぐらいゲーム買ってないんだけどゲーム業界は変わらず元気だ

    PCゲームがいつから無料配布されるようになった。

    始めはSteamで週末だけだったり、凄くマイナーインディーゲーム次回作宣伝に、と非常に小さな流れだった。

    いつから大手ゲーム会社が乗り出してきて、大きなイベントときには一気に過去作を5本ぐらいくれることもあった。

    TWITCHEPICの参戦によってそれはいよいよ加速し、Steamですら、貰うのは期間限定だがその時貰えばずっと遊べるという流れに乗ることが増えた。

    今ではダブりを除いても月に15本ぐらいは安定してゲームが貰えている。

    短期間のフリープレイ考慮すれば月20本ぐらい遊べるのだ。

    ニートでもない限りは遊びきれない。

    こんな状況でも、本当のフリーソフトで面白いゲームは生まれているし、広告付きだけど無料スマホゲーでも良作が誕生し続けている。

    選ばなければゲームはいくらでも遊べて、選んでいてもよっぽどゲームばかりしないなら無料ゲームだけで暮らしていける。

    こんな状況でもまだまだゲーム業界は元気だ。

    皆、最新のゲームを遊ぶことをすごい大事にしているらしい。

    今、目の前にある最新作を遊ぶことにかける情熱が羨ましい。

    5年程度で型落ちになり、気づけば本家公式無料で配ってくれることなんてめもくれない。

    ワタシなんかにすれば、PS2以降のグラの進化なんてゲーム体験としてはもう誤差としか思わないし、ゲームシステムの進化だって昔のネタリバイバルして誤魔化してばかりいるようにしか見えない。

    今すぐ手に入れることに大きな価値を見いだせず、無料で貰えるゲームだけで妥協してしまえる。

    それでも、ゲーム業界は変わらず元気だ。

    2020-05-22

    グッズ厨のぼやき

    シリーズコンプリートに取り組むわたし

    モブ「そんなに集めてどうするの?グッズとか使えないじゃん」

    推しをたくさん集めるわたし

    別の日モブ「なんでそんなに同じもの集めるの?1つでよくない」

    グッズのダブりがひどいので交換募集するわたし

    またまた別の日のモブ「(作品の)ファンなのに○○は要らないの?それはファンじゃなくない?」

    わたし「は???

    ほんとモブきらい。

    2020-05-10

    都民ファ1スト

    都議会だよりは縦書きで読みにくい

    0と見分けやすくするためだろうが

    Oのアスペクト比おかしいし

    議員質問内容もダブりが多い

    2020-03-11

    メルカリ絶望的に不向き

    からガチャで溜まりに溜まったダブり(息の長いジャンルなので人気自体は現行)かれこれ衣装ケース何箱か。

    中古屋での買取二束三文だろうがメルカリで売ればそれよりは断然マシな値段になると思う。というか二束三文なら家に置いておいてもいいかと思ってため込んだ結果が今だが。

    しかし家を出ることになったのでそうも言っていられない。ある程度まとまったお金もほしい。そうだ、メルカリに出そう。

    特に人気の、1つで数千円の値がつくものはいくつか売ったが正直梱包も発送も面倒だった。最早説明文を書くのさえ面倒でキャラ名と作品名くらいしか書いてない。

    数千円数千円と頑張り結構苦痛ながらなんとか発送したがまだまだダブりの山。

    知り合いにメルカリの売り手が趣味みたいな人がいたがあらためてすごいなと思った。

    ハァ

    2020-02-28

    脱オタは後悔する?

    女子大生別に脱オタとまではいかないがいくつか高額品中心にグッズをメルカリに出してお金をつくろうか迷っている。

    出そうとしたがいざとなると怖気付いてしまう。

    どうしてこうもお金が欲しいかというと今まで可愛い子の特権だと諦めていたロリィタを着ることにしたことと、グッズは将来お金で買い戻せても年齢は買い戻せないから今のうちに(ロリィタに限らず)ファッションを楽しみたくなったからだ。

    元々おたくといっても特定作品の単体推しだったので、その作品以外にはほぼ興味がなかったしほかのアニメとかよりは断然ファッションとかコスメが好きだった(しか推しに全財産を投入していたしあれらは可愛い子の特権だという認識だったので手を出せなかった)

    しかしいざすこしとはいえブラインド系の推し以外のダブり以外の推し作品グッズをメルカリに出すのは躊躇いもある。

    でもようやく(別に今でも私の顔は全く可愛くないのだが)可愛い可愛い言って私をロリィタに手を出せるくらいまで調子に乗らせてくれたぴのおかげで手にした可愛い服をたくさん着るチャンスをお金が原因で逃したくもない。

    脱オタ(私の場合脱とまではいかないが)経験のある先輩方、脱オタはいかがなものでしょうか?後悔しますか?楽しいですか?

    2020-01-27

    メダロットSがわりとよかった

    完璧ではない。ファン贔屓の目でみて25/100というところ。

    低いじゃないか!と呆れるかもしれないが聞いてほしい。

    希望はあるんだよ!運営の立ち回り次第では!

     

    だめな所をまず挙げる。

     

    ・強化要素が「あれ?これ2015年スマホゲー?」レベル

    まず、最大強化が課金ガチャの最高レアでいうとダブり10凸。はい、この時点で帰る人は帰る。俺はメダロットファンボーイなので帰らない。

    今の時代に最大強化にダブリ凸はないよぉ…と思っている。思っているが、一応汎用凸アイテムはある。

    あるが、説明文に「入手方法不明」と書かれている。

    これがイベントで少量入手できるのならまだ未来は明るい。

    あと、強化が曜日クエスト周回。あ、これイマジニアFGO参考にしたな?って思ったね。でもガチャ凸の仕様FGOのほうがマシと化してるんだけど。

    あとメダロットの良いところって「このパーツに変えてみたら難敵突破できた!」とか「適当に組んでみたら普通に強かった」みたいなのが面白みだと思うんだけど、パーツにレベルがついちゃったので「あのパーツ使いたいけどレベルが…」とワンクッション置く形になってしまうのも良さを殺してる。

    イベントで強化用アイテムがある程度まとまって手に入れば…。

    イベント次第といえる。

     

    ・スタミナ回復に「広告をみて回復」がある

    「え、まじか」って思っちゃったよね。まぁ俺らみたいな声だけでかいメダロットファンボーイに、声だけでかいだけで商品買わないメダロット懐古ボーイが多いから少しでも収入になるようにってことだよね。

    でもあの「ポケモンに肩を並べられるポケモンライクゲーム」(私調べ)といわれるメダロットがここまで…これ以上は悲しくなるから言わないが、他の懐古ゲームで広告回復なんてなかったから怯んじゃった。声がでかいメダロットファンボーイの声でか案件から、これでメダロットが復活するならいいさ…。これもメダロットのため…。

     

    戦闘システムバランスが取れていない

    まぁこれは今までもそうなんだから別にいか!取れてた5と弐COREと8がおかしかっただけ!

    でもリーダー機が戦闘終了までわからないって要素はいらなかった。それなら全員倒せば勝ちか、頭にダメージ当てたらリーダー特定でよかったんじゃ…。

    ちなみにこちらがパーツ壊せば報酬がふえる方式なので、相手リーダーを運悪く頭一発ぶちぬいて勝ってしまうと報酬が最低限になります。これはどうにかしてくれ。曜日クエストだけはリーダーなしとかでいいから。

     

    良い点

     

    ・やっぱロボトルは最高だと思わせてくれる

    「ロボを取るからボトル」なんて野暮なことはいわない。戦闘自体自分が考えたパーツ構成で綺麗に勝てると気持ちがいい。

    相手をハメる、相手の動きを見て攻撃方法を変える、自分が考えたローテで戦わせる、そういうのが全部詰まっていて良い。

    メタビー脳筋仕様威力馬鹿だったのも良いし、ロクショウもパーツ単位で見れば破壊力のあるピコペコハンマーに、成功が高いチャンバラソード再現できている。

    他の機体も原作と動きが違うパーツも少ない。こりゃサンジューロが実装されたときの盛り上がりはすごいぞ!(パーツ性能的な意味で)と思えるし、原作メダに思いを馳せると「絶対こいつ強い!」とか思えてワクワクする。

    メダチェンジはないが仕方がない。

     

    原作キャライラスト一新

    ヒカルといえばレトルトになるほうばかりイラストでみるがしっかり1のキャラクターも新イラストで登場。メダロットファンボーイは明らかにドット絵の段階で美人のイセキが美人に書かれて歓喜の声を上げた。(ちなみにキララ派。キララももちろんレトルトレディになるほうじゃない、コマチになるほうだぞ!)

    もう当然「2」の主人公イッキが大人なのは仕方がないこととしても「5」の登場キャラクターもしっかり登場し、6~9の主人公も同じイラストレーターで一新されて一癖も二癖もあったほるま絵はバッサリとなくなってるのは寂しさがあると同時に「狙っているな!」と感じた。

    あと、オオムラサキちゃんかわいいイベントストーリーハイカラメイツとか使ってほしい。

    あとあと、Naviキャラをどうか出してほしい。全員とは言わないから。

     

    ・フレンドシステム他人が組んだメダロットを使える

    これ。全人類の願い(私調べ)だったと思う。だってアニメ漫画なんかでは「イッキはメタビー、仲間は仲間のメダロット」で闘うのが基本。

    NAVIや9が良かったのは主人公主人公メダロットしか演出上は)操作していないこと。

    擬似的に他人カスタマイズしたメダロットが使える!これを望んでいた。私だけかもしれない。うん、Twitterみてもそんな声聞こえないな。私だけか…。

    今でも結局2体は自分で組んだメダロットだけど、そのうちマルチプレイで各々が1体の自慢メダロットを持ち寄ってプレイできるといいね

    ダブルメダフォースとかやっちゃって良いんですよ、イマジニアさん。

     

    25点。そんな点数をつけたがこの25点は希望に満ちている。

    「もう終わりやで」の25点じゃなく、「伸びしろ考えたら今は100点なんてつけられない」の25点。おまwポケモンさんは100点でもう伸びしろないけど、キミ75点も伸びしろあるでwすげーじゃん、ポケモンに勝ったわ。(ちなみにポケモン世代なの剣盾プレイしてる。)

    本当にがんばってほしい。以上、声だけでかいメダロットファンボーイでした。

    2019-12-29

    しかない

    逃げ恥をみている。

    経験のある彼女童貞自分と、勝手ダブりを感じてみてる。

    現実は平匡さんにはなれそうにない。こういうところで年末にボソっとつぶやくぐらい許して。

    2019-12-05

    [] はてブTOPおすすめカテゴリが「アドベント

    「人気」と「新着」ダブり過ぎだろ。

    枠余ってるなら俺も載せろや。

    って去年の増アドにも書いてたわ。

    2019-10-01

    anond:20191001143252

    から微妙関係ない話するけど

    そもそも普段から嫌ってほど艦娘ドロップするのもやめたほうがいいよな

    殆どは要らないダブりから延々解体するしかないわけだが

    あの行為感情移入プレイヤーはどう納得してるんだろう

    あと純粋無駄な手順でプレイヤーにとっても負担

    最初から基本は資材ドロップで、たまーに艦娘が落ちるようにすればコモン軽巡とかでも重みが増すのにさ

    2019-08-01

    蔵書管理

    この先も安定そうなサービスってどこだろう。

    1600冊以上のデータがある。同じもの複数買いたくないのでどうしても何らかのデータベースを作りたい。

    しかも、ISBNはあるけども通販限定などで書店に並ばない本も持っているため既存データベースにない本はISBN入力する形でプラスしたい。

    できたらスマホAndroidからデータのチェック(持ってるか持ってないか、既にWebで予約してるのかetc)をしたい。

    いろいろサービス調べてみたけれども。

    ブクログAndroid向けアプリサービスを終了した。信用できない。

    ブックフォワード一年以上更新がない。危ない気がする。

    メディアマーカーサービス終了した。

    読書メーターエクスポート機能がない。サービス終了するときにどうしようもない。

    ブックフォワードの愛用者だったがスマホアプリがここのところかなり不安定なので心配

    もはやマイクロソフトAccessEvernoteあたりを組み合わせて自力でどうにかするしかないのだろうか。

    誰か助けてほしい。この1600冊をこえ、日々成長し続けるデータの山を、どうにかしたい。

    追記 2019/08/01 16:33

    同人誌ISBNとか何もないので最近買ったやつだけはAccess管理サークル名、タイトルサイズ、発行日、ジャンルCPデータ化するようになったらダブり買いがなくなった。イベント当日は「サークル名/タイトル/発行日」だけのExcelファイルスマホから参照できるようにしといて、不安になったら見るようにしている。非効率なので改善したい)

    ISSNしかない学術誌(学会誌とか)もAccess管理

    ヴィレッジブックス社とかのISBNはあるけど書店で見かけたことない本もAccess管理

    電子書籍プラットフォームを絞ってはいるがデータ化が面倒になるくらい大量に買うので今のところ放置

    しています。やはり普通の本もAccessでやるしかないのかな。はてな民ならすらっと代替案持ってきてくれるかなと思ったら特に代替サービスがないみたいで目玉が飛び出そうです。

    出版社Netflixみたいに「こういう系統の本読んでるおまえならこの本も好きになるだろう。ここで買えるぞ」とかいうのを表示してくれるサービス作れば売り上げ上がるんじゃないか

    ログイン ユーザー登録
    ようこそ ゲスト さん