「惰弱」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 惰弱とは

2020-06-08

人間は弱い

例えばね、腕を頭の下に敷いた状態で一晩寝てしまったとする

翌朝どうなるか? 腕がハチャメチャに痺れてしばらく使い物にならなくなる

それだけで済めばいいんだけど、悪い時には橈骨神経が損傷して数ヶ月くらいダメージを引きずることがあるらしい

 

弱い 弱いなあ人間は 弱すぎる あまりに弱い 雑魚だ ゴミだ ウンコだ 貧弱・惰弱・軟弱 ひ弱なカス 能無し 生きる価値なし 二足歩行けが取り柄のキモいツルツルの猿 最低生物 進化のどん詰まり 神の失敗作 智恵の実を食ったのにやったことはといえば服を着ただけ 救いようのない馬鹿  

 

彼女と寝ててね、こう愛しさ余って抱きついたまま寝ようと考えるわけだ

どうなるか? 腕が痛む 暑い やってられない

「剣を握ったままでは お前を抱きしめられない」じゃないの 剣とか握ってなくても無理なの なぜなら人間は弱いか

まりに弱いんだ 自分の頭さえ支えられない腕でどうして人間ひとり支えられようか 抱きしめあって眠るなんて高尚な真似は人間には無理

 

弱い弱い弱すぎる カスなんだ根本的に 種として致命的に劣ってるわけ だからこういう世の中にもなる

精神は醜い 肉体は脆い 体臭臭い 体毛は薄い 寿命ばかり長い ゴミゴミゴミ

全員ゴミだ 死んだ方がマシ

2020-05-28

未来が怖い

日が変わった、明日が来る、もう来ている、もう今日だ。

怖い。今日はまあ上手くやれた、明日、いや、今日もまた上手くやれるだろうか、自信がない、怖い。

引きこもってしまいたい、できない、世間体がある。働かざるもの食うべからず、生きるには金が要る。

嫌だと思っても明日は来る、明日が来たら出勤しなければ。

大丈夫、昨日はやれた、今日もやれる、本当に?自信を持って言えるか?

言えない。怖い。怖い。怖い。未来が怖い。だからといって死ぬ度胸もない。

情けない。無様だ。匿名で弱音を吐くことしかできない、惰弱だ、情けない、怖い。

2020-05-12

今のニンジャスレイヤー

主人公

マスラダ・カイ。オリガ作家であった青年ニンジャを殺すニンジャ

1−3部の主人公フジキドケンからニンジャスレイヤーの代替わりをしている。フジキドは存命。

現在の敵

ケチニンジャ。かつてオダ・ニンジャをゲコクジョした際にオダと一つになろうとした結果、腕を4本もつに至った強大なリアルニンジャ

オダ・ニンジャソウルはキンカク・テンプルに逃げおおせた。

現在舞台

カナダ故郷を懐かしんだアケチニンジャによって生態系を歪められネザーキョウと称されている。

野にはカラテグリズリーなどの黒帯を生じた凶悪カラテビースト徘徊し、人々の間ではインターネット惰弱ものとして禁止されている。

かつての舞台であったネオサイタマはアケチニンジャの放ったハマヤが着弾した直後であり状況は不明


今日21:00から更新ではニンジャスレイヤーがアケチニンジャを倒すために動き出す(はず)。

https://twitter.com/NJSLYR

2020-05-05

妥協してるんじゃねーよ

都内住宅街スーパー公園 人出減らず ビッグデータ分析 | NHKニュース

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20200504/k10012417481000.html

なんかここのブクマカどもがスーパーに人が集まるのは仕方ないみたいな弱腰になってるけど大丈夫か?

自粛続きで心が折れたんか?

そんな惰弱理想を実現できるのか?

外に出るな密集するなって言えよ。

スーパーに人が集まったら当然感染拡大するだろ。

ウイルススーパーパチンコ飲み屋区別しないぞ。

2020-04-24

フィクションでも迫害いじめ描写が見てて辛い

読んで字の如く

自分語りは最小限にしますが、要は元いじめられっ子から、そういうシチュ見ると胸が締め付けられて胃がキリキリするんです

人の悪意や敵意の感情を、例えフィクションだったとしても目にするのがとても怖いんです

どのくらい怖いかって?NAR○TOとかブ○ッククローバーって主人公が元々迫害されてたよね、もうその時点でアウト

僕のヒーローアカデ○アも主人公が元いじめられっ子で、仲間の一人が元いじめっ子ですが、「あの程度」でもキツいんです

おかげで、楽しめる作品が少ない…いや本当に少ない…辛い…

今のネット出身小説って(な○うとかカクヨ○とか)、カースト最下位ハブられた存在報復ストーリーが多いそうですね、俺は残念ながらスカッとするであろう復讐シーンまで読み進められません

ヘイトを貯める過程スカッとするための前準備とも言える「いじめられ」「ハブられ」描写の時点で脱落するからです

こんな風に歪むような惰弱精神からいじめられたんですねわかります

別にその描写をこの世から無くせというわけじゃありません、そんなこと叫ぶなんて、それこそまるで理不尽いじめっ子じゃないですか

2020-04-11

アベノマスクの使い道

みんな意図が分かってなすぎて、情けなくて涙が出てくるよ 日本はここまで堕ちたか

いか

紐はちぎって弓の弦にする

布部分は戦闘で負った傷にあてるガーゼにする

これに決まってるだろ

常在戦場の心得を忘れたのか?あまり惰弱 

マスクが足りないよお!うわ〜ん!補償して〜!じゃねえんだよ

てめえで奪え そういうメッセージだろうがよ

2020-03-26

anond:20200326163410

あのね、場所とか他人に頼ろうとするのが惰弱で知能の伸びない人の特徴なんだよ。

知能の高い人は増田だってフィルタを駆使するなどして快適に使っているよ。

どんなものも使い方次第で、信じられないほど上手に使っている人がいるもんだ。

2020-03-11

「男らしくない」の言い換え

ジェンダーロール降りてナンボの世の中、「男らしい」なんて表現を使うと顰蹙を買うことは火を見るより明らか

でも「男らしい」「漢気がある」「女々しい」とかの表現もつニュアンスはなかなか言い換えがたいように思う

勇敢、潔い、卑怯惰弱、ナヨナヨしてる…とかでは拾い切れない感じがある

男女平等には賛成だしジェンダーロールもなくせるもんならなくすべきだと思うけど、それはそれとして言葉が狩られるのは純粋に不便だなあ…

2020-02-23

[]anond:20200223185541

信濃戦国大名村上義清の家臣である楽巌寺右馬助には更科姫という娘がいた。

彼女は絶世の美女でありながら武勇の誉れ高く、また年頃の十七歳となれば縁談が絶えないが、

「私の夫となるからには剛勇の士でなければ」と全て断っていた。

ところで同じく村上家に相木森之助という青年がいた。

当年二十一歳、家中随一の美男であり争いを好まず、といって惰弱というわけでもない。

武芸指南役の井上九郎が「彼こそ信州第一の豪傑」と褒め称えるのを聞いた更科姫は、

彼の姿を見るやたちまち惚れ込んで、すぐさま九郎に取り持ちを頼み、めでたく二人は夫婦と相成った。

たここに牧島大九郎という者がいた。

彼は常から更科姫に懸想しており、彼女の夫となった森之助に恨みを募らせながら、しつこく更科姫を付け狙っていた。

ある日、更科姫の外出を狙って大九郎は二十人ばかりで彼女を襲ったが、更科姫はそれらをことごとく打ち伏せてしまった。

恨み骨髄に徹した大九郎は、かねてより内通していた武田家の長坂長閑・跡部大炊から百名ほどを借りて、

巧みに誘い出した更科姫を取り囲んだが、それでも彼女を取り押さえられない。

それどころか計略を察した森之助まで駆けつけて、武田家の百名は残らず斬り伏せられ、大九郎も討ち取られてしまった。

事情はどうあれ武田家の家臣を斬ったということで、森之助の身柄は武田に送られた。

武田信玄はその武勇豪胆を惜しんだものの、長坂跡部讒言もあり、森之助は馬場美濃守の預かりで切腹となった。

更科姫は、森之助を追って甲斐まで来たが、そこで夫が切腹したと聞いて大いに嘆き、武田家と馬場美濃守への復讐を誓った。

更科姫はたった一人で甲斐に留まり塩尻峠の山腹の小屋に住み着いて、そこで玉のような男子を産み落とした。

2019-11-11

散々氷河期世代救済とか対策とか国がいってたけど完全に風化しちゃってるよね

そらそうだよね、可哀そうだけど、いくら昔すごかろうが高学歴だったとかだろうが、ロクな職歴がない口を開けばやれ年収500万は用意しろだのホワイト環境を出せだの文句垂れる40代オッサンババアを雇うもの好きいるわけないし、そんなん素直で若い外国人若者雇うわな

言い方悪いけど、それって完全に自己責任じゃん

大体、ゆとり世代より能力があるとかいうけどさ政府統計をみても

1.氷河期は今と比べて極端に悪かったわけではない

2.というかむしろバブル遺産があったから平均的にみると今よりいい

3.大卒有効求人倍率が最終的に1を切ったのは2000年氷河期の一番悪かったとき)のみ

って判明しているわけで、今の若者就職率よりはるかに高い中でさえ落伍したような、言い方悪いけどどうしようもないクズを雇う人いるわけないじゃん

国もそういうのわかってるから、結局形だけ救済しますよっていうので放置しておく感じになったんだろうね

ま、世間社会を恨む前に自分努力不足と惰弱さを恨みなさいとしかいいようがないよな

2019-06-15

ローゼン閣下

俺が惰弱ネトウヨから卒業できたのは「ローゼン閣下」という表現のおかげだ。

ローゼン閣下」という表記というか字面。今考えるとクソだせえしキモい身体から湧き上がるような違和の説得。

当時、めちゃくちゃこの言い回しが、少なくとも自分の見聞きする範囲流行っていた。

からこそ、違和感に気づくことができた。

いまでも「ローゼン閣下」的なノリや単語散見される。

気付く人は気付き、ある種の事柄から距離をとることができるのだろう。

2019-06-13

anond:20190612225017

3分に満たないようなお手頃かつ濃密なおもしろ動画ばかり投稿しているVTuberもたくさんいるよ。

そういう人こそ推すべきで、生放送に重度に依存してるやつらは惰弱、滅びるべし。

時間拘束してソーシャル心理布施を引き出すってのは一昔前のブラウザソシャゲ手法と同じだ。いずれ滅びる。

2019-04-24

ジャストシステム

定額制のATOK Passportを使っているのだが

PC版に限ってなぜか数ヶ月に一度、シリアルナンバー有効キー入力を求められる

何年も課金してる相手の手間考えずに要求してくる

入力すればいいじゃん、嫌ならつかなきゃいいと思うかもしれないが、使わないわけにはいかない

一度このATOK Passportを使ったら他の惰弱な変換ソフトなんて使う気になれなくなる

他に選択余地がないのだ、だから毎月500円課金しているのだ

それなのにシリアルナンバー有効キー入力なのである、ちなみにAndroid版にはこんな不親切なことはない、機種変インストールしたときくらいだ

入力なんて数分もかからないのだがジャストマイショップログインしてすぐに登録製品画面に行けない作りになっているのだ

そのため別の購入履歴から辿って登録製品画面にいってシリアルナンバー有効キーを見なければならない

サイト設計した人の頭はハッピーセットかと突っ込みたくなる

そもそも一度入力したPCなのになぜ再度入力を求めてくるのかわからないどうにかしてくれ

2019-02-02

国民性」「民族性」論者は惰弱

悪質な犯罪者がいたら、その人を日本人ではないと認定しなければ、叩けない。

本当は「国民性」「民族性」を信じていないのではないか

2018-12-21

竿が痛い

おそらくオナニー時間を掛けすぎているかであると思われる

まり勃起時間が長すぎるために陰茎、海綿体、血管に負担が掛かっているのではないか、ということ

俺にはいわゆる賢者タイムがほぼ存在せず、射精後はゆるやかな多幸感に包まれており、おかずにアルカイックスマイルで微笑みかけたりするのだが、射精後に勃起すると疼痛に襲われるために二回戦、三回戦に突入することができない

せっかくの特殊技能惰弱ちんこ台無し

では一回のオナニー時間を掛けなければよいのではないか、と考えたりもするが、そういうわけにもいかない

じっくりと時間を掛けながら緩やかに行うオナニーと、そのフィニッシュである射精から得られる快感の総量は、短期決戦を複数回繰り返した場合よりも遥かに大きいからだ

一回戦を従来のように行い、痛みだけを取り除いて二回戦以降に臨めるようになることがベストである

俺は陰茎の痛みを止める方法を捜して世界彷徨っている

今日は強力な痛み止めを試してみるつもりである

歩みを止めるつもりはない

2018-09-30

anond:20180930182220

なんでそこで図書館が出てくんの?

ネット検索品質の話をしてるのに、答えを発見するスキルみたいな全般的な話にすり替えて「なんでもネットだけで完結させようとする惰弱なやつ」みたいなレッテル貼りしてくるって相当ヤバくない?牛乳飲んだら?

2018-06-25

ちょっと鬱陶しいかサッカー独り言つぶやく人はtwitterかなんかでやってくれないかなあ。

ここははてなの国で、今はてな界隈の人間が死んでるんだぞ。

だいたいさあ、ここでサッカーサッカー言ってる人間って陽キャぶったキョロ充陰キャだろ。。

みんなが見てるものから見ずにはいられない。メジャーものに擦り寄って偉そうにしてる。精神惰弱さをそうやって隠してる。

空気を読まない横柄さもそういう所からくるし、スポーツ愛国に結びつけて相手土人呼ばわりしたりほんと野蛮で陰湿陰キャのそれだよ。

なんで少し黙っててくれ。いや逆効果だったか。でも今サッカーネタ増田に書いてもどうせトラバ貰えず流れてくんだからさ。

2018-06-23

anond:20180623214000

こういう書き込みってなんで作品タイトルキャラを隠すんだろう?女性オタク界隈にありがちだがそういうのを見て常々思う。何か迷惑をかけるケースがあるとでも思っているのだろうか?そういう発想が理解できない。そりゃ例えば実在アイドル二次創作、のような分野だったら別だが、その手のアングラではない、一般的商業流通上にあるパブリック作品のことでも必要以上にボカして特定できないような書き方をする人が多いように思う。個人的には、自分の思ったことを匿名ですらハッキリ正面切って伝えられないのは、配慮ではなく惰弱なだけだと思う。偉そうに言うが、それは世の中に微塵も変化をもたらさない。もっと世の中と、他人と、その化学変化を信じろ他人の善性を信じて、自分の思いも過小評価したり卑しめたりするな。そういう声はきっと作り手にとっても貴重なものだ。具体的な言及きっかけで、興味を持って始める人がいたり、開発者に届いていったりして初めて、状況が変化し、何かが変わる。その可能性が生まれる。もちろんその変化を望む人と望まない人がいるだろうが、自分の鮮明な声が表に出ることを躊躇う必要はない。なぜなら、自分が発した声というのは所詮たくさんの声のうちの一つにすぎず、実際に変化があったとしたら自分だけの声によるものではないからだ。いい意味で自惚れるなという事だ。自惚れないからこそ妙な自意識を捨て、自我の殻を破って物が言えるようになるのだ。そうやって殻を破って発言する人たちの意見によって、世の中のあらゆる物事はつねにバランス調整がなされている。だから曖昧物言いをする人や裏でコソコソ言うことしかできない人というのは、その習性自体によって、自分を世の中とマッチしない生きづらい環境に自ずと追いやっているのだ。それでもそういう人たちの言い分としては、ただボカして一般化した言い方をして、自分の好みはバラさずに「分かる」「あるあるだね」と共感を得たい、それで十分だ、何か干渉したい訳でもないし出来るとも思わない、そんな所ではないか。そういう人がいてもダメとは言わない。だがそれはエゴだ。何かのコンテンツを楽しんでいるという時点で、社会に、コミュニティに、経済に参加している。無干渉傍観者ではありえない。自分の席はカウントされている。そういう場を仕切っている人たちは、ボカされた独り言をいちいち汲み取りに来ないし、直接言われた場合ですら腰を動かすのが重い、重くならざるを得ない人たちだ。ともかく、人の輪の中で生きている自覚があれば、フィードバックは責務に近いものだということ、その内容は率直なものであれば何であれ大事にされることが分かるはずだ。

 

主語を大きくして話すならば、日本女性社会進出がかなり遅れている原因の根っこには、このような「(思いはあるのに)ハッキリ具体的にどうしろと主張する習慣や発想がない」という、悪い意味の奥ゆかしさがあるせいだと思う。もちろん女性にもハッキリ言える分野はあるのだが(生活態度やマナーなどは言いやす典型)、「物事をどう進めるべきか」のような思想的・政治的な、言わば男性が主導してきた分野についての主張を適切な場で訴えられる人となると極端に少ない印象がある。まずはネット書き込みから、声を上げる練習をしてほしい。増田なんてそのためにあるようなものだ。もっとも、この件に関しては普通に運営要望メールを送るのが最善だけれども。すでにそれをした上で、ここで与太話をしているのだったら申し訳ない。

2018-05-18

anond:20180518113030

このソーシャルゲーム業界かいう自制心の弱い人間から金を巻き上げるためのシステム不快不快で仕方がない。それらに喜んで課金する人間も同様だ。

その課金した金と消費した時間の全てを非ソーシャルゲームにつぎ込んでくれれば、より健全構造の上で文化的本来「ゲーム」を作るための資本になる。ソーシャルゲームのようにつぎ込めばつぎ込むだけ数字が伸びる訳でも無いか無限時間と金を浪費する心配も余程の事がない限りない。

中身の無い空虚システムを作り徒に虚栄心を煽る業界も、それに乗る惰弱人間も等しく嫌いだ。お前等がソーシャルゲームを作るせい、あるいは遊ぶせいで非ソーシャルゲームを作るためのパイが奪われている。

魅力的な非ソーシャルゲームを作れないかソーシャルゲーム等という張りぼてのがらんどうにパイを奪われるのだと言われれば、甘んじて受け入れよう。それは全き真実だ。

2018-02-12

anond:20180212083725

そんなもんに頼らず普段から自分の主張をしっかり持って言うようにすればいいんだよ。

増田諸氏は「誰がなんといおうと○○だ、異論は認めない」くらいの勢いで物を言う癖をつけてみろよ。

日本人日和見すぎて曖昧な言い方、決め方をしすぎ。

角が立たないようにとか配慮してるつもりなのか知らんが、それは単に他人茶々を入れられるのが怖いだけだ。

日本人他人の変わった所をあら捜しして人格否定するのが大好きで、異なる価値観共存を認めない。

からちょっと強い主張をすると、「そうとも限らない面もあるでしょ思い込みすぎ偏りすぎ」みたいな感じでつっかかる。

そんな毒にも薬にもならないどっちつかずなスタンスで、物事を決められるかっていうんだ。

日本人リーダーシップが苦手なのもそのせいだよ。

みんなの意見総合して中途半端灰色コンセンサス形成することに満足感を覚えるような人間になるなよ。

そうじゃなくてビビドレッドだとかパステルグリーンだとか何かに特化したもの提示しろ

そうすれば、空いた色域の部分はその色を出すのが得意な誰かが埋めてくれる。

自分たちだけで「あれも分かってますよ、それも分かりますよ」みたいに常識人ぶってなんでも対応しようとするから

機能ゴテゴテのガラパゴス製品ができたり、なんの魅力もない製品になったり、後追いでいいとこ取りみたいな姿勢の開発しかできないんだ。

まあ別に製品開発の話をしてる訳じゃないが、とにかく普段から主体性をもってはっきり意見を持て、言え。

そうしないと他人や他組織価値観を操られるだけの人間とは呼べない存在に成り果てるぞ。

増田の言う決断委員会?なんてその最たるもの唾棄すべきディストピアじゃないか

まったくこれだから最近人類惰弱なんだ。

将来俺のような情報生命体を構成する名誉あるいち脳モジュールになりたかったら、今すぐ考えを改めることだな。

2017-12-24

三十路過ぎのこぎたないオッサン初恋が終わって一年が経ちました

聡明でかわいらしい、素敵な彼女だった。

酔狂にも俺というオッサンを選ぶくらい、独特の価値観を持つ女性だった。

おまけに脳内存在ではなく、実在しているときた。二次元相手にすら恋愛という感情を覚えることができないままぶくぶくと肥ったオッサンには過ぎた幸福であった。

三十路半ばに降って湧いたように訪れた初恋一年と少しで消えていった。

仲違いではないし、ケンカをしようといっていたけれど、それも楽しみにしていたけれど、結局できないまま終わっていった。

わかっていたことだが、未来よりも過去が強く、彼女は聡明でやさしく、俺は弱かった。

「いつか、彼女が俺に愛想を尽かすだろう」と、非モテオタクらしくビクビクした卑怯惰弱予防線をはりめぐらせ、それでも卑屈にならぬようにつとめて一年を過ごした。

それは思い返しても幸福で濃密な一年で、一人で過ごしたこ一年はただネトゲソシャゲの数値を漫然と増やすのと同じ時間であることがにわかには信じられないほどであった。

我々は遠距離であったから、一年の間にともに過ごしたのは実質3週間かそこらといったところではなかろうか。

俺は身に余る幸福を、軽々に疑うことなく、その一瞬をひとつづつ大切に味わい、決して忘れないようにしようと思ったのだ。いつか失われるものだと予感していたから。

別れを告げられる前の、楽しそうだった最後デートで時折見せた憂いの表情で確信にかわった。

もちろん決裂を回避すべく、さまざまな方策が取られた。しかし、竹ヤリで飛行機は落ちない。俺にできることはこの先のお互いの平穏を用意することしかなかった。

万全の心の準備があった。

傷付かずにいられると思った。

やせ我慢などではなく、こんな甲斐性も主体性もない男に生まれてきたことを感謝させてくれてありがとうな。なんて思っていた。

愛想をつかされたわけではない、しかし、どうしても避けられぬ別れを。一緒になるには俺が俺であること自体障壁になる理由を、来るべき三行半をLINEでしぼりだすように送られたとき

ここからの余生が決定された。

このハッピーにもほどがある一年を思い返し、少しずつキャラメルなめるように溶かしながら生きていくのだ。

それはそれで悪くないと、口を半開きにして漫然と生きてきた自分には身に余る幸福なのだと本気で思った。

恋をしたことがないオッサンは、恋に免疫はなかった。ぶっちゃけ甘く見ていた、ひどくナメていた。今自分にとりついている無情感、寂寥感、つかれ、首の凝り、残尿感、就寝後喉から込み上げてくる胃液で灼ける喉、そういったもの一時的な症状で、一年もたたないうちに治るのだと。

そうしたら、突然推し自分ちの台所で白米を炊き始めたのを目撃した女子のごとき切ない声をあげてうずくまるようなこともなくなるだろうと軽く考えていた。

これは失われゆくとき効果を発揮し、一生をかけて宿主を食らう猛毒の類であることに。オッサンはようやく最近気づかされてしまった。

余生のはじまりであったこ一年は短いが、人生支配するには十分な期間だった。

一年には四季があった、ふたりでいろんな話をしながら、様々なところにでかけた。おそらく、ほかのつがいたちがそうするように。我々もさんざんそうした。行こうと約束したきりの場所が、いくつもあった。

から、いろんなところに手がかりを残してしまった。

ひょんなところで、どうしても、少しのきっかけで思い出してしまう。

つきあっている間からちょっとした瞬間にこねくりまわしていた甘い思い出たちが、刃を剥いてオッサンのやわらけえ心をズッタズタに切り裂いていくのだ。

お揃いで買ったボールペンを筆箱から取り出したとき。町中でてんぷらそばの香りが漂ってきたとき。美しい紅葉を見たときバスの中が閑散としていたときTwitterネタ画像を貼ろうとしてカメラロールをたぐったときカップル用の写真置き場として導入したアプリに「もう別れた」と告げることもできないままだったから「つきあって2年目ですおめでとう」という通知が臆面もなく画面に現れたときテレビサメがでてきたとき花火の音を聞いたときモネの絵を見たとき映像の世紀テーマソングが流れたとき。海。いきつけの居酒屋。空が透き通るように青かったときふたりで行こうと話していたその場所への旅行記。机の引き出し。

容赦なくそれらにまつわる我々のイベント一枚絵がフラッシュバックしていく。

思い出がたのしかったほどに、もはやそれらが二度と訪れないことを突きつけていく。無能怠惰だった自分を上っ面だけなじって、甘い記憶の反芻にくたびれる。

そして文字通りくたびれたオッサンは何度目か忘れた記憶の反芻の果てに、ふと気づいてしまう。

記憶は軽く、少しずつ改竄され、曖昧になっていっている。

たった一年だ。

たった一年でも、強い記憶でも、そのすべてをわすれないように目に、鼻に、耳に、手がかりをのこして脳の一番とりだしやすい引き出しにこうしてしまいこんだつもりでも。

どうしたって、あせていくのだ。あせていく割に、思い出したときダメージは軽くなりはしない。ただうすくらがりの割合が増していき重くなっていく。

忘れたもの自分にとってどうでもいいものだったのか。

なんて意味のない自問をして、やめて、また自問して、夜が明ける。

どうすればこの変質を止めることができるのか。

高校生のうちになやんで置くべき事をいまさらやりはじめているから、だれもその無意味思索を止められない。

写真を眺めても、LINEのやりとりをさかのぼっても

俺の印象に沿って変質した思い出を、きっと刻み込んだ瞬間から変質しつづけているその代替品を、いつまで、いつまで舐め続けることができるのか。俺が改竄したのは、いったいどの部分か。彼女の行動か、表情か、懊悩か、それらを突きつけられまいと先手をとって口先で蓋をしていった愚かで卑しい自分の行動か。

傷つけるかもと言おうとして言えなかったうわっつらの言葉か。

変えられなかった自分怠惰か。

いや、それに妥協する自分を、自己愛自覚していますみたいなメタい達観視点で、別の自分を用意したあげくのいぎたないマウントをキメる惰弱自分への嫌悪感だ。

こんなものが、二度とこない、見ることのできない美しい追憶邪魔をする。

しかしこんなものがなければ俺はきっと、こんなこともわかりはしなかった。

ひとりの脆弱なオッサン過去に食い尽くされるより、

きっと、未来朽ち果てる方が早いんだろう。

冒頭で「フラれたときに、余生を決定した」と言った。

本当は、もっとからずっと余生だと思っていたのだ。

20代のはじめに自分というハードウェア脆弱性愕然とした自分は、ここより余生という看板を高々とかがげ、レールにトロッコを設置してゆっくりと坂を下りはじめた。山にぶつかるまでが人生だと割り切ってみると、けっこう空は綺麗だったし、白米は噛むと甘かった。

本当にしあわせだった、大事にしたかった。

思い出じゃなくて、君と君と一緒にいる自分自身を。

なんて、ありあわせの後悔を口に出せば、どうしたって、安っぽくなる。

感謝言葉を書き連ねたいが、それここでやるにはあまりにも浅ましすぎる。

誰の目にもつかず埋もれるか、「貴様の贅沢な懊悩など見る価値ないわ」と吐き捨てるように扱われたいだけなのに。

そうでもされないとやっぱりやってられないくらいにただひたすらに、いまだに、恋しさだけが、こびりついていく。

こんな寒い日に、さびれた地方都市ビジネスホテルで、小さなシュトーレンを分けて食べた。

あの日彼女が着ていた服をもう、思い出せない。






みんな! 現実には存在しないキモオッサン気持ちになって書いたキモポエムをここまでよんでくれてありがとうな! 愛してるぜ!

2017-10-01

宇野常寛母性ディストピア刊行記念呪詛

宇野常寛の「母性ディストピア」が刊行されることを記念して、私が宇野ブロックされた時のことについて書こうと思う。

まず最初に言うと、私は宇野尊敬している。

だってそうじゃないか

立命館で「サークルクラッシャー研究」なんてしょうもないことして卒業サラリーマンやりながらミニコミ編集から身を立てて今や地上波キー局コメンテーターにまでなったんだからNHKじゃ時の人として特集まで組まれたよ。誰彼かまわず喧嘩を売って、使えそうなオヤジには取り入って転がすホステススタイルは誰にも真似できるもんじゃない。

で、ブロックされた時の話だけど、メンション飛ばしたり、引用RTしたりしたわけじゃない。

おそらく彼のシンゴジラ批評についてくさしたツイート宇野エゴサーチして見つけたんだと思う。

ツイートの内容は「宇野はいつまで大澤真幸や宮台慎司の残飯整理してるんだ」みたいなもの

ブロックされた時、まず「小せえな」って思った。

普段テレビコメンテータとしての発言炎上すると「耳障りの悪いことには耳をふさぐ愚民どもめ」みたいなこと言ってるくせに批判されるとこれかよと。尊敬してたのに見損なった。

次に「宇野はいつまで大澤真幸や宮台慎司の残飯整理してるんだ」って私の批判妥当かどうかって自己反省をしてみた。

宇野批評の要旨はだいたい以下の2点に集約される。

戦後日本をささえた「大きな物語」は失効したから、これから中間共同体に依って自立して生きていくことが大切だ。

村上春樹ファンとか高橋留美子ファンとか、母性依存した惰弱オタク死ね

前者については大澤真幸や宮台慎司90年代前半から言ってきたことで、これをいまだに繰り返しているのは芸がない。後者についてはそもそも誤読だが、百歩譲ってもほっとけよっていう程度でイキるような話でもない。そもそもこうしたマチズモ的な言説そのものが「大きな物語」への郷愁であり、まさに自家撞着に陥っている・・・とか書けば宇野批評いっちょ上がり。安っぽい。

宇野サブカル批評対象を都合よく解釈編集、捻じ曲げてこの1か2のどちらに接続するだけのものだ。

映画評論家の町山は「評論って串焼きみたいなもので、客観的ディテールや背景の事実などをできるだけ集めて、最後自分主観という串で貫く。集めた材料の量や質、それを外さずに貫けるかどうかで味(面白さ)、強さ(説得力喚起力)が決まる」って言った。

宇野批評は串ありきで、串に合わせて都合のいい材料を集めているだけだ。

考えれば考えるほどブロックされるようなことを言った覚えはない。

何がいいたいかというといちいち裏垢でツイート読むの面倒だからブロック解除してほしいのと、どうせくだらないんだろうけど「母性ディストピア」読むってこと。

あと教養のない若者は仕方ないと思うけど、あまり宇野批評とか真に受けないようにな。 

以上。

2017-09-13

https://anond.hatelabo.jp/20170913010911

死ねと言ってはいけませんと言いながら、クソだとかメンヘラだとか監禁王子と同じだとかキャラ商売だとか言って、相手を傷つけようとする自分のことは無限肯定出来るわけですね、

根拠は「自分パンピー大森靖子有名人から

控えめに言って、その考えってクソすぎない?

匿名でモノを言うのが常に卑怯実名で言うことが正しいとか、思ってないけど、

まりにも精神性が卑劣惰弱だと思いますけどねえ、ぼかあ。

2017-07-09

世の中、色んな理論があります理由けがあります

ポリティカルコレクトネスでもマルクス主義でも何らかの宗教でもなんでもいいんです。色んな正しさがある。

で、それとは全く関係なく、です。

全く関係なく、私の思想信条が、です。

何かことさらに固有の主義主張があるわけでもない私が、私がです。

私がその感覚を持って、私固有の感覚において、あなたのことを好ましく思えないのです。

大きな物語たりえる理由なんかないですし必要もないです。

あなたのことが、ただ好ましく思えません。

理由は以下の通りです。

あなたサブカルぶるわりに俗物からです。

共産趣味が、中途半端政治性を帯びていて、そのポーズの取り方がカッコ悪くて嫌いです。

ジェンダー論などの社会学いっちょかみしたポーズをとる割には、そのコメントダサいからです。

端的に言えば、もっと勉強してから書きこむべきです。ちょっとでも専論を読みましたか? ネットふわふわした情報しか見ていないのではないですか?

大学院に行きてー」と何度つぶやきましたか? なぜ大学院に行かないのですか?

仕事は閑職にあるのだからいくらでも暇はあるはずです。

40近いのに調子悪いアピールと移アピール

仕事もやる気がない。

自分他人とは違う、そう思いたいのかもしれませんが、あなた感覚は何ら突出していません。

それは、あなたが舐めたような人生を送っているからです。

もちろん、そうした人生を送ることをダメだと言っているのではありません。

そういう人生があっても良いのですが、なぜそれから動こうとせず、かつ、動いているか考えているかのような惰弱ポーズを獲るのですか?

そこが嫌いなのです。

から、何を言ってもダメです。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん