「清貧」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 清貧とは

2022-08-09

弱者清貧ってわけではなく、強者と同様に十分に醜く汚く、ただ弱いだけなんだな

というのがここ見てるとよく分かるわ

2022-08-08

anond:20220807125854

でも統一教会信者からゼニをすいあげてフェミニズム学問含め)をキャンセルしてた構造があったわけでしょ。

ゼニで=商売できんようにしていやがらせしたろ!っていうのを全部冷笑系さんが放置してたからこういう清貧円安貧乏人国の日本ができあがっちゃったんだよね。

2022-07-23

訴えられた側だった

企業が悪質な投稿を行った人物に対し法的措置検討する」

というニュースに対し「でも以前にも企業が法的措置をするとかあったけど、

実際に逮捕されたり訴えられたりした人誰もいなかったよねw企業脅迫?」という反応があり、

それらに対し「訴えられた人が『訴えられました』と素直に言う訳無いでしょ」というリプライがつく

という流れを見かけ、色々胸が痛くなってしまった。

私は、その『訴えられた』側だったから……



フェイクは入れる。

数年前に、ある企業に対しSNSの仲間内の話に乗る形で叩いていたら、

そんな事もした事を忘れていた頃のある日、自宅に内容証明が届いた。

あなたネットで書き込んだ事実無根中傷によりサービス延期、広告出稿差し止め、内容変更等の

損害が発生しました。名誉毀損で訴えます。但し和解の条件に応じた場合は訴えません」

そんな内容だった。


私はびっくりした。確かに書き込んでいた覚えは思い出した。

でも、あれは仲良くしてたフォロワーさんの○○に同調しただけで、特に悪意も無かったのに……

と思って、物凄く被害を受けた、いきなり訴訟とか裁判するなんて会社として酷い!

とか本気で思っていた。



無視しようかとも思ったけど、無視すると相手の言い分がそのまま通り数百万単位請求になると調べた。

でも裁判となると、弁護士費用もかかるし、そもそも弁護士のツテなんて無かった。

和解金を支払うにしても、旦那は金に細かく貯金残高とかチェックしてるし、数十万も動かしたらすぐにバレる。

個人貯金も無く、期日も迫りどんどん焦っていった。


どうしようか、何故私がこんな目にって、ノイローゼ状態になり、パート無断欠勤を続けてしま解雇

人がいると神経が高ぶるので子供も遠ざけ、家事も疎かにしてしまっていたら、

旦那に「いつの間にか無断で仕事も辞めているし子供にも冷たい、家にいるのに掃除もしてないし食事の支度すらしてない。

何もしないなら出て行け!」と怒鳴られて喧嘩になって家を飛び出し実家に帰った。



実家事情を聞かれ「じゃあ何で家事放棄してたの?」と母親に言われ、渋々事の事情を話したら、両親に滅茶苦茶切れられた。

次の日自宅に無理矢理連れて行かれ、改めて事情説明……

書き込み内容とかも書類にかかれてあったヤツ含め、殆ど見られて恥ずかしかった。


旦那には激怒され、和解の期日まで少しだったので、急いで連絡しとりあえず和解金を支払う事になった。

とりあえずほっとすると、旦那からいきなり離婚を切り出された。

「何故!?もう済んだ事でしょ!?

と言ったけど、「ネットのやり過ぎで訴えられる様な人間なんて信用出来ない。書き込み内容も見たけど酷いものだ。

こんな人とは一緒にやっていけない!出て行け!」と取り付く島も無い。

子供旦那の勢いに飲まれて味方もしてくれなかった。

両親が間に入って話し合ってくれなかったら、今頃本当に離婚になっていたと思う。



その後、すぐにSNSアカウントも削除して、スマホは取り上げられた。

(和解内容にアカウント云々は無かったけど、削除した方が良いと旦那に言われた)

その際にチラッとフォロワーの原因となった○○さんを見たけど、彼女はいつの間にか消えていた。

○○さんも同じ目にあったかも知れない。でも他の人も私よりもっと酷い事書いてたのに…とか思ったけど、

スピード違反で一人だけ捕まって運が悪い的な話だなって、後から思った。


実家に戻され、事実離婚みたいな状態で数年別居。

父には殆ど無視される様になり、母には「情けない、情けない子になってしまった…」と泣かれ、

妹や兄にも「馬鹿じゃないの?」「すぐ離婚にならなかっただけマシ。ウチだったら即離婚」と馬鹿にされた。

パート和解金も支払う事になり、その返済が終わっても、実質養育費旦那に送金し、自由になるお金も無く、

子供にも月1会えるか会えないか子供事情を知っているのかよそよそしい、

針のむしろ清貧毎日だった。あの日々は今思い出しても地獄った。



そんな生活を2年程続けて、やっと復縁して家には戻れた。

旦那からは「義両親(私の両親)にはとても世話になっていたか和解には応じたけど、やはりどこか許せない所はある。

でも子供に両親は必要から」と言われた。

実際、表面上は仲良くはしているけど、以前と比べて明らかに冷たくなってるし、心の距離は遠い。

子供も母としては接してくれているけど、やはりよそよそしい。

子供が進学して独り立ちしたら、離婚されるかも知れないという恐怖に怯えながら、日々を過ごしている。



こんな目にあって、一人で考える時間も増えて、私は初めて心底から反省した。

悪気は無かったけど、相手がそう取ってもらえるとは限らない。

それ以上に、「一方的悪口中傷を書き込んで結果裁判沙汰になった人間」に対し

ここまで信用が無くなるんだな、って事を身を持って分からされてしまった。

旦那子供からの信頼も無くし、両親にも見限られ、当時の友達も一気に失ってしまった。

でも仕方無いなとは思っている。

当時の私やネット人達書き込み、今の私からしたら何でこんな事を書けるのか分からないぐらい、酷かった。


とてもじゃないが、SNSで「訴えられたけど問題ありませーん」なんて、普通は言えない。

書類が届いた時点で、少なくとも私はビビって何も出来なくなってしまった。

何らかの企業絡みのネット炎上で訴えられた人、多分何も言えない人多いと思う。

皆さんも気をつけて下さい。

少なくとも私は、今でもとても後悔しています……




追伸:書き捨てるつもりでいましたが、ネタバレとかパクリとか書かれてしまい、それはさすがに違うのですが……

知らない作品を参考にも出来ませんし、パクツイだったらどれ程良かったか……

2022-06-07

清貧FIREして

本は図書館で酒は月一で満足してるけど、

日本の将来はこういう人が増えて、その現状にいろいろ不満を垂れ流してるんだろうな。

清貧FIREおっさんからしたら、そういう人らが経済回してたんだろうなと思うね。

せいぜい浪費して日本経済を回してください。

おっさんはアメ株に投資してますから円安大歓迎です。

2022-05-07

リベラルとは「理想主義者」ではなく「理想強制主義者である

リベラルとは「(自責的・自己負担的な)理想主義者」ではなく、「(他責的・他者依存的な)理想強制主義者である

清貧思想」も、「昭和時代社会主義国礼賛」も、すべて同じ心性から発している。

理想実現のための苛酷な奴隷労働」は、低学歴の愚かな大衆にのみ課されるべし、という思想

2022-05-02

物質的な豊かさより心の豊かさを」はチャチな詭弁だってハッキリしたね

ロシア軍の心が貧しいのはロシア物質的に貧しいから。

物質的に豊かになることが心が豊かになることの必要条件

多くの宗教清貧を尊ぶのは「物質的に貧しいのに心が豊かならそれは超すごい」と「既に物質的に豊かな奴がそれ以上を求めると他の奴がいつまでもかにならない」の2つが重なり合った結果。

宗教的な心の支えを持ってるような言ってしまえば頭が半分狂ってしまえている人間でもないなら物質的に豊かじゃないと心は豊かにならんよ。

あえて言うなら、物質的に豊かになったあとに貧しい心のままで暮らし続けることを選んでしまうアホが居るのをどうにかするのがその次の段階。

いくらかになっても満足できなかったり、一時的な豊かさを雑に使い切ってしまう愚かな人間はいからな。

でもそれはあくまで次の段階であって、やっぱ根本的には、まず物質的に豊かになることが精神的な豊かを得るための条件なんだよね。

ハッキリ答えは出たね。

2022-03-14

こうやって弱者男性侮辱する屑が多いから、清貧を掲げ生きることが出来なくなったロシア

ウクライナ侵略して強者になるしかないロシア君なのであった

anond:20220313222006

2022-02-26

anond:20220225105204

わかる

フランチェスコとか、若い頃好き放題遊びまくって

年取ってから清貧を唱えるの昔から疑問。

遊ぶのに飽きたのか遊ぶ体力もなくなっただけなんじゃないのと思うわ。

2022-02-15

サイゼリヤの件

初デートサイゼリヤを選ぶ男性を嫌う女性と、サイゼリヤで喜ぶ彼女妄想するオタク現実世界恋愛関係で交わることはないか無意味すぎる論争

自分サイゼリヤすら高いと感じて殆ど行かないし行ってもドリンクバー頼まず水と安いメニューで過ごす派の人間だけど、「サイゼリヤで喜んでくれる清貧彼女」というオタク幻想嫌悪感を抱く女性気持ちは分かる。要は食わず女房を追い求める男にロクなもんはいないっていう考えだろう

その考えをいくら否定しても、サイゼリヤデートが嫌いな人の考えは変わらないから全く意味がないと思うんだ

別にオタクサイゼリヤデートする自由はなくならないし、サイゼリヤデートが嫌いな人はそういうオタク恋愛対象に入れないだけだからなんの変化もない

それで終わりなのに何故ここまで他人の考えを否定しようとする奴が湧いてるのか不思議しょうがない

事の発端はイラストに対する叩きだったらしいが、同じ叩きでもバイセクシャルスパイダーマンに対する叩きはオタクの中で全くの無風だったことを考えると、やっぱり自分と違う考えの女をどうしても許せない男がオタク界隈には多いのかなと思う

2022-02-14

anond:20220214125320

清貧暮らしをしておりまする😼

そのようなおたわむれを

2022-02-12

anond:20220212130206

でも僕は一度も捕まったことないし今日恋愛工学getしたセフレとパコパコするよ^^

君はかつての山口判事闇市を誹りながら清貧のうちに餓死したように世の男や女たちに呪詛を吐き続けながら恋愛市場で負け続ければいいよ^^

2022-02-11

anond:20220211140109

聞いたら無料でくれるところと有料で販売してるところがあるらしい、そして売ってない店もある!

どうする仮想清貧増田!そうだ!媚びよう!

 

次回、清貧増田!『ワイがおだてりゃビルが立つ!TikTok付き人募集してる富豪太鼓持ちになりた〜い!』の巻!

anond:20220211135535

干し芋!高級化!今や九州さつまいも農家なんてやってる奴ぁ居ねえ!貧しき増田よ!すいとん心中せよ!

次回、清貧増田!『パン屋覚悟しろ!喰らい尽くすぜパンの耳!』の巻!

清貧ブームが来たらしいぜ?どう思う干し芋すいとん

干し芋「なんで皆さん服をパッチで縫わんのです?」

すいとん「おい増田どん、河原に食える草があるったい帰りに取って帰らんね!ついでに体も洗えるったい!」

俺「おいおいまったく…まだ冬だっつーの!湯は沸かしてあるからお前はタライ出しとけ!ついでに洗濯もすんぞ!」

2022-01-13

anond:20220112131313

人生とは無欲で清貧な点のようなものではなく一本筋が通った欲望振動を起こして相互作用し合うものである

 

ヒモ理論

2021-12-14

清貧FIRE

清貧FIREしました。

年間生活費は100万以下です。

SP500の4%ルールです。

人嫌いです。

世の中変なやつ多すぎます

極論ですが自分以外は基本変なやつです。

雇われで働きたくないです。

創作はしてます

田舎持ち家車あり独身アラフォー

2021-11-19

あるエロ絵師の末路

過去エロ絵を描いた人が叩かれているらしい。なのであるエロ絵師の話をしたい

彼の名は ジャン=フランソワミレー。 エロ絵師である

彼は貧しい農村出身だった。家中の金をかき集めてボザール(日本で言う藝大)を出たものの、賞に落選した後は肖像画エロ絵描きをしていた。

こはちょっと説明必要かもしれない。当時、絵画写真役割を担っていた。つまり売れない絵描き金持ちポートレート写真や、ポルノ写真で食い繋いでいたのである暮らしは貧しかったらしい。ついに奥さん結核にかかり亡くなってしまった。

あるときミレー画廊の前で彼の絵を眺めている2人の若者を目撃した。若者の1人が「この絵の画家を知っているか」と聞くと、「うん、裸の女しか描かないミレーという画家だ」ともう1人が答えた。その会話を聞いたミレーは、生活は苦しくなるだろうが、もう二度とエロ絵を描くまいと心に誓ったそうだ。

その後に彼の描いた作品は我々のよく知るものである

彼は自分故郷を題材に選んだ。清貧農民暮らし、貧しい中の敬虔信仰を彼は鮮やかにキャンパスに描き出し、人々の心を打った。

落穂拾い

https://ja.wikipedia.org/wiki/落穂拾い_%28絵画%29

種を蒔く人

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Jean-François_Millet_-_The_Sower_-_Google_Art_Project.jpg

おそらくこの絵は日本人のほとんどが知っているであろう。

岩波書店シンボルマークである




追記

エロ絵を一度でも描いたことのある人間の絵を使ってはいけない」なら岩波書店アウトでしょう、という皮肉なんですが誰にも伝わってなさそうで絶望しています


ミレーももしかしたらウッキウキエロ絵描いてたかもしれんし

この文章を読んでその感想なのですか・・・

ミレーも話してた若者も「エロ絵を一度でも描いたことのある人間の絵を使ってはいけない」的な価値観言動をしているこのエピソードをそういう皮肉の意で使うのはおかしいのでは



えっ そんな言動していませんが?

当時のミレーはただのエロ絵描きと見られていた、若者の会話を聞いてブチ切れて好きな絵を描くようになったというエピソードです

追記


大子紅葉たそは絵師名義の件で燃えてるけどそこじゃなくない感 健全絵なのにエロ文脈いれすぎなのはいいのか


うーむ 何がエロかはだいぶ人によるからなぁ・・・

https://ja.wikipedia.org/wiki/晩鐘_(絵画)

例えばこれ、ミレーの描いた「農民が神に祈りを捧げる絵」なんですけれど、サルバドール・ダリエロ解釈してまして、

サルバドール・ダリは、男性を、交尾の後にメスに食べられる運命のオスのカマキリ見立て勃起した股間帽子で隠しているという独特な解釈を行い、それに基づいて『たそがれの隔世遺伝』(1933-34年)などの作品制作した

こんなん。どう思う? 私はダリの絵は好きだけどこの解釈ないわーと思ってるわ。この絵だけじゃなくて大量に2次創作みたいのしているんよ。本人的には尊敬してるっぽいんだけどさ! ないわーー ほんとこの人の解釈ありえんわーー  

でもダリの2次創作絵を無くせなんてことは言わないし、ダリ独自解釈するのも自由だし、私も自由文句言うぞ。

いや、まじでダリ画集解説よむたびにイライラしているのでつい書いてしまった。ごめんよ。

あとごめん、温泉娘のイラストは見た感じ私にはエロには見えなかった。ただ、そう見る人もいるんだろうね。





普通に知らんかった。 過去エロ描いてた人がNGなら、「よつばと!」も全世界から回収だなあ、とは思ってたけど。



えええ?? あの絵でエロ絵描いてたん??! 作風ぜんっぜん違うじゃんか?! そっちのがびっくりだわ!



一方葛飾北斎は「ちんちんヌルヌル」みたいなフェミ激怒レベルPNを用いエロ絵を描きまくった

まあ、外人とサヨからしたら小島ジャップ猿の作品なんぞただの落書きなんだろうがね、ミレーという世界的有名画家と比べるな!とかキレそうなので


ひゃぁーーーー 葛飾北斎は別格だわ!! そうだね、浮世絵があったね。増田は頭いいなぁ。

近代美術史に思いっきり影響を与えたのが浮世絵ですよ浮世絵! 影響大きすぎてどこから話せばいいかわかんない。

モネとかドガとかセザンヌとか・・・ えーと、『印象派以降の絵画ってよくわかんないなー』みたいなこと思ったことない? その辺り、芸術が一気に自由になったその大元凶が浮世絵なんですよ。

西洋美術って、写真のかわりみたいな発展の仕方したのね。写真みたいに正確に、解剖学とか遠近法とかきっちりした絵を描いていたわけ。でも、浮世絵はその辺全部無視して 思いっきデザイン的な絵を描くのね。大胆な構図重視でおもいっきり誇張したりデフォルメしたり、色彩表現も独特ですごい鮮やか。トーンつけたり(影を入れたり)しない。絵ってこんなに自由でいいんだ・・・!って当時の人たちにものすごい衝撃を与えたの。それでみんながいろんな手法を試し始めて現在に繋がるの。

ポルノとかブロマイド写真観光土産ポストカードといった、微妙立ち位置だった浮世絵が、美術史に多大な影響を与えたなんておもしろいし、現在価値観で下賤なものでもなるべく規制しない方がよいのだろうね。


関係ないけど、モデルが居てそれを描く絵画ならエロ絵というよりヌード画として見れるしエロさよりも美しいとか素晴らしいとか思う、しか現代Twitterに居るエロ絵師性癖全開な妄想を元に描いているエロ絵はイカ臭くて気持ち悪りぃと思ってる、なんでお前の性癖通りすがりの全く関係ない俺が目にしなくちゃいけないんだよって思うな。例えばツイッター内で「緑茶」とサーチしてみ。


ははぁ、なるほど。それは同情するなぁ。

私もエロは苦手なんだけど特に嫌な目にあってないのは Twitter をやってないせいかもしれないな。

Twtter 側でどうにかできないものだろうか


これで最後

なんで世の中萌え絵ばかり溢れるかって、それ以外にお金を出してくれる人がいないからだよね

最初の一歩は萌え絵以外を描いているひとを支援することではないか

たとえば Pixiv で「オリジナルタグ検索して気に入ったイラストにいいねしてコメントして回るだけでずいぶん変わると思うよ。

https://www.nact.jp

https://intojapanwaraku.com/art/46787/

東京の人、日展明後日まで。トワイライトチケット四百円だよ。萌え絵以外も応援しよう!

2021-11-16

私がフェミニズムという宗教から抜け出せた理由

脱コルや反ワクチンのように怪しいものから抜け出した体験談を語るとみんなから褒めてもらえると聞いたので私の体験を書く。

むかしシドニィ・シェルダンの人が書いた小説でこんな話があった。たしか時間の砂」か「星の輝き」のどちらかだったはずだ。

あるところに二人の姉妹がいた。最初お姉さんはブスだけど心優しい女性だった。妹は美人で誰からも愛されてた。

最初姉妹は仲良かったが、姉は何をやってもかわいい妹と比べられた。何をやっても妹は愛された。努力して何でも妹より良くできるようになったが、結局愛されるのは妹だけだった。

そんな姉の唯一の自慢は歌うことだった。歌を歌っているときだけは家族も褒めてくれた。何もかも忘れて歌うことが一番楽しい時間だった。あるとき、妹が勝手に姉の録音をテレビ局に送ったらプロデューサー家族のもとにスカウトにやってきた。そのとき何も知らないプロデューサーは見目麗しい妹が声の持ち主だと思って熱烈にスカウトした。テレビ番組デビューまで持ちかけた。しかし、その声の持ち主が姉だとわかると途端に手のひらを返し、「声優事務所にでもいけ」と冷たくあしらい、なおも妹をスカウトしようとした。

唯一の心の支えだった歌すらも自分を苛むようになった姉は絶望し、すべての執着を捨てようと厳格に清貧生活を求めるキリスト教教会に入った。その修道会で数年は平穏な日々を過ごしていた。しかし、ある時事件に巻き込まれ男を知った彼女は、押さえつけていた欲望を取り戻す。そして、自分がすべてを諦めるきっかけになったあのときのことを深く恨んでいたことに気づく。その後はキリスト教という正義を元にやりたい放題するようになる。あのとき自分否定したものを逆に否定し、自分のほうが正しいと証明しようとする。

見た目に反して心は美しいと語られていた彼女だったが、最後には自分に逆らうものは見境なしに攻撃するような、見た目にふさわしいおぞましい怪物になってしまったのである

子供の頃この小説を読んだとき私は怖くて仕方なかった。私にも可愛い妹がいて、コンプレックスを感じていたから、将来こんななってしまうのかと思うと涙が止まらなかった。






今の社会では女性は誰かから愛されてようやく一人前という扱いをされがちだ。男性でなくてもいい、だれかから愛されないと人間失格のような扱いを受ける。

そういう状況で、自分は愛されないのに自分の妹がアイドルのように美人であり、妹だけが家族からも周りからも愛されているのを毎日のように見せられる生活を考えてみてほしい。

毎日のように自己否定され続けた人間はいったいどうやって自己肯定すればよかったのだろう。

これは私だけの話をしているのではない。普遍的テーマだ。ファイアパンチの作者も少し位相を変えて妹の姉という作品を描いた。

かに美人友達嫉妬するブスのマンガtwitterしょっちゅうバズっている。ああいものに「痛いほどわかる」などと軽い気持ち共感する女が私は大嫌いだ。本当にわかるならそんな軽い気持ち共感などできるはずがない。私はそういう漫画賞賛されているのを見るたびに怒りで震えそうになる。

妹のことは好きなのだ。妹を憎んでるわけではないし、憎んでも解決しない。しかしそれならこの劣等感はどうやって解消すればいいのだろう。


答えは決まっている。フェミニズムだ。


こんな劣等感を感じさせる社会が間違っているのだからそれを打倒するしかない。ルッキズム批判したり、若くてきれいな女を好む男社会すべてを否定するのだ。買春している政治家などこの世で最も許せない存在だ。妹への愛情と妹へのコンプレックスという矛盾を解消するには、社会を打倒するしかない。それができないならキリスト教にでもはいって神の元の平等を願うしかない。大抵の人間フェミニズムを選ぶ。

一歩踏み出せばあとは簡単だ。自分は妹より美しくないというだけで否定されてきたのだから自分よりキモい存在市民権をえていることなど許せるわけがない。私の願いは、表面的には全ては自分否定した男社会への復讐であるが、本心は「私も妹のように美しく生まれたかった。自信を持ちたかった」である。そのために努力しても報われなかったのに、なんの努力もせずキモい姿を晒しながらヘラヘラしてる連中が許せるわけがない。

リベラルフェミニズム自分に自信がある女性自分能力に見合った評価を得たいとする真っ当な社会運動だ。しかしこの形のフェミニズムは私を救わなかった。私が求めていたのは男女平等ではない。私自身が男中心社会コンプレックスを抱かずに自身を持って過ごせることだった。

一方でラディカルフミニズムは「美しく生まれることがなかった女性」たちのコンプレックスを解消してくれた。全ては男が悪いのである。こんなに簡単自分を救ってくれる思想が他にあっただろうか。ラディカルフミニズムを唱え、男を攻撃しているときだけ、私は私のコンプレックスから解放された。

男性に限らず、コンプレックスを感じたことのない女性も、ラディカルフミニズムにのめり込む私をバカにするだろう。私だって頭の片隅では何かがおかしいとわかっている。しかし他にどうすればよかったというのか。そのくらい日本という国は、美しくない女性の心を蝕む力学が強い。私は努力していい大学にも入ったし恋人を作ったこともある。ボランティアで人から感謝されたこともあるし企業設立して人の上に立ったこだってある。それでも女性であるというだけで汚らわしいオタクどもよりも低い自尊心しか得ることができなかった。他の何者も、ラディカルフミニズムほどには私を救ってくれなかった。

フェミニストたちは二次絵にまでいちいちキレる頭のおかしいやつだというが、こちからしたらおかしいのは男社会中心の現実の方だ。




そんな感じで長年苦しんで来たが、私はキンプリ出会ってから苦しみから解放されました。キンプリはいいぞ

2021-10-21

anond:20211021193130

とにかく他人が得するとムカつくし、今の老害自分の体が弱ってきたから国も衰退しろという感覚清貧気取ってる

2021-10-09

まず下方婚定義しろ

たとえばマー君里田まい結婚したのは下方婚なの?そりゃ年収偏差値マー君が75で里田芸能人だし60くらい?かもしれんけど、顔面偏差値は逆やん。マーさんは60切ってる説すらある。下方婚なのか対等婚なのかわからんことが多い。てか単純に考えて金持ちの男なんて選び放題だから清貧精神売れ残りの女選ぶとかなくね?KKOワイにオッパイと万個付けたところで強者男性下方婚してくれるわけないってさすがにわかるし

2021-09-27

anond:20210927182630

キリスト教圏も清貧が尊ばれるし、Amazonとかは金儲け一辺倒だから叩かれまくってるじゃん。

大企業金持ちチャリティーするのが前提の社会だし、チャリティーしても炎上したりするし、あんま変わらんのじゃねえか?

なんで日本って清貧思考なんだろうな

同人とかスポーツとか全部そうじゃない?

金を求めないのが偉いみたいなクソ下らない思考があるよね。

人生は金によって成立してるのに、人生リソースを割いて金を求めたら叩かれるみたいな狂った状況にある。

ぶっちゃけ、金稼ぎが目的事業ですらそういう所があるんだからそりゃ滅びるわ。

2021-09-22

障害者の描いた絵に数百万の値が付く奇妙な時代

というよりも、社会的弱者の絵にバブルが起こっている。

まなみ工房という障碍者福祉施設があってそこに通う人がリハビリがてらに描いた文字を羅列しただけの絵に100万だかの値がついてる。

割と時間をかけた力作もあるがそれでも300万とか400万とかいう値がつくのは行き過ぎではないか

他にもNFTだかい技術の波に乗って小学生Windowsペイントで描いたようなクオリティの絵が万単位で売れていく。

その小学生は数か月で300云十万稼いでいる。どうにも海外有名人の目に留まりSNSアイコン作品の一つが使われたことによって価値が爆上がりしたらしい。

俺はなんでも鑑定団をよく見るがあの番組では芸術文字通り生涯を捧げた人達が紹介される。

画材などに財を全てなげうって、食べるものも切り詰める清貧生活の中で芸術家として大成していく様が伝えられる。

そんな人が描いた絵なのに、たとえ本物でも「150万円」という鑑定額だったりする。

前はそれを安いとか思ったことはなかったが今の風潮に照らし合わせると過小評価な気がする。

あるいは逆か。障害者の描いた絵が数多の芸術家達の歴史を踏まえず評価されすぎているきらいがあるように思える。

なんで芸術家と比べてしまえば本気度が低いに決まってる人たちが悠々自適に描いた絵に悠々と大金をかっさらっていくのか。これでは芸術家が報われないのではないか

別に障害者が作り出すものは劣っている」とか言いたいわけじゃない。障害者どころか健常者の平均的な画家と比べても、なんでも鑑定団特集される芸術家の芸術に捧げる熱量は、比較にもならないだろうが。

まあ作品一品物だからということもあるわけで、たまたま金持ちがその障害者の絵を気に入ってそういう金額が買い取ったというだけの話かもしれない。

まりそういう金額は一個人にとっての価値であるだけで、客観的価値を反映したものではないのかもしれないというわけだ。

客観的」という言葉を途端に胡散臭く感じるだろう?「『客観的価値』ってなんだよ」と言いたくなるだろう?

脱線するがアレイスタークロウリーなる魔術師自称した実在人物は法の書という出版物のなかで「真の意志」という概念について説いている。

「真」という言葉も、客観性と同じようなうさん臭さを持っていると思う。

たとえば惰性で好き勝手振る舞うことを真の意志とは異なるというようなことが書かれている。でも見方によっては、好き勝手振る舞うとは何かしら律するものの影響下にないということで、そこで発現されている行動はありのまま意志の反映なのではないのか。

ありのまま「真」という言葉で言い替えれるとするなら結局それはそのまま真の意志という概念に対する反論になる。

それを退けるためにはこのような「ありのまま」が真というものに対する言い替えとはならないわけとともに、では真という言葉は具体的にどのような性状を指しているのかを説明する必要がある。

真とか客観かい言葉を使う人たちは往々にしてそこらへんを「当たり前のもの」として、分かっているものとして論を進めてしまうから胡散臭いのだと思う。

とはいえ、こうも当たり前のように客観かい言葉が飛び交っていると、その中身は素人にはブラックボックスながらも客観というもの自体幻想ではなく確かに存在すると思うことこそが妥当健全生き方なのかなとも思えてきてしまう(こういやって長いものに巻かれる感じで客観や真などのような概念存在を信じることにしたのは俺だけだろうか?)

俺は気象学が好きでその勉強をしているなかで「予報精度はモデル計算の不確実性に依存する」という文言が出てきたのだが、まあ不確実性って言葉もまた客観とか真という言葉と同等なあいまいさ、抽象性を帯びているったらない。

そりゃ人間が作ったモデル現実物理法則に完全に依拠したものではないだろうことはわかるが、不確実性って単語一つで言いくるめられてもしっくりこないわけよ。それでもまあ「モデル計算の不確実性」が在るものとして、そらんじれるぐらいに自分にとって真実になるように努力するわけ。科学的な文脈で語られていることまでいちいち無いものとして疑ってかかるよりも、とりあえず丸呑みにする方が妥当な態度な気がするから学術的な文脈でも「客観」という言葉をよく見るから、とりあえず客観というもの存在するものとして妥協しておくというのと同じ。

話を戻すが、たとえば俺がモナリザとかひまわり価値ないといったところで、それらの絵画価値には微塵も傷がつかないだろう。

そう言うとき価値客観的価値だ。逆に言えば、一人の人間いくら熱狂的に特定の絵を愛して大枚を叩いたところで、ただちにその絵の客観的価値がそれに相当する客観的価値もつものとして裏付けられるわけではない。個人好き嫌い客観的価値はいうまでもなく独立したものであるはずである

ダヴィンチとかピカソみたいな大芸術家、あるいはバンクシーも含めてああいう人たちに作品の絵の価値客観的価値を反映しているといえる。

それは同じ絵が(何度も)オークションにかけられるという過程を経てその経済的価値民主主義的に固まっていっているからだ。これを実勢価格ともいう。

一方で障害者の絵に対するにわか景気はある個人にとっての価値の反映でしかない。それを指標としても客観的価値は見えてこない。

からまあ結局、このような状況は五体不満足障害者にせめて富がもたらされる機会が作り出されているだけであって、芸術家より評価されているというわけではないから、まあ誰も(故人も含めて)実体的そして精神的な被害者はいいからこのままでいいかなと思う。

2021-09-17

ガチャと#精子提供しま

NHK「それでも子どもをもちたい 広がるSNS精子提供」を見ててぼんやり考えてたらちょうど親ガチャトレンド入りしてたので消化させてくれ。

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4582/index.html

わたし平成生まれ この国の景気は下がったニュースしかほぼ聞いたことがなく、  

豊かさは一部のものしかないハリボテで、その実ずっと昏く見える。  

腐ったものにはフタを、バズったツイートにはクソリプを。  

エンタメですらわかりやすくかみ砕いたもので満足して、他人感想解釈を読むことですべてわかったような顔をして、  

政治家でも芸能人でも失言をしようものならヤフコメで重箱の隅をつつき回し、追い込み打ちのめしたことで正義面をしている。  

いびつ薄っぺらなこの国をわたしは貧しいと思う。  

  

ガチャなんて言葉が生まれるくらい目に見える格差があること自体、あるべき国の体制として破綻していると思うけれど

令和の時代清貧なんて言葉を崇めている時点でお察し。  

島国特有とも言われる排他的な体質・価値観は、多様性を認める今の時代フィットするまで多分まだまだ時間がかかるのだろう。  

  

わたしのうちは生まれからずっと貧乏で、何かにつけうちは貧乏なんだから、と言われて育ってきたし実際そうだったんだと思う。  

それでも今思うとネグレクトもされず貧乏なりにお金をかけてもらったと思うが  

(この国に於いての子育て、本当にお金がかかるよね 世の親の立場の人たち、本当にすげーという気持ちしかない)  

いわゆる“普通レベルのくらしをしてきた家庭とは常に一本、うっすらと線が引かれているように感じていた。  

友達からそれを態度で示されたこともなかったので実際にその線を引いていたのは自分なのだろうけど  

普段の会話の端ばし、おさがりでない服や持ち物の買い替え頻度などから生活水準の違いを子供ながらに感じてしまっていた。  

  

幼いころの母親の影響力は大きかった。  

母は若くから働いていたらしく、本人曰く学がなかった。  

(そこで困ったことも多かった経験から習い事はいろいろさせてもらった、というかさせられた)  

母が自分卑下して言うので母には学がないのだと染みついていて見くびっていたのだと思う、  

母はわたしを褒めたけど、母自身を貶めて褒められる自分に対して自己肯定感を育てることはできなかった。  

なぜならその人間からまれ自分の程度なんてたかが知れているとわかっていたからだ。  

  

進路で悩んだときに、進学するという考えは生まれもしなかった。  

頭の出来はまあ普通だったので進学をしようと思えばできたのだろうし  

進路指導先生には進学を進められたりもしたけれど おおよそそんな余裕があるとは思えなかったし、  

奨学金をもらってまで進学したところで程度の知れている自分に何ができるとも思わなかったので、そのうち諦めることばかりが上手になった。  

  

結局、それはずっとコンプレックスとして残り続けている。  

いまだに学歴でふるいにかけられることは少なくないし、給与体系やキャリア選択肢が異なるのもざらだ。  

学歴でふるいにかけ続けた職を転々とし、取り繕った生活をしては逃げて、を繰り返してきた。  

(と言いつつ、バックレる胆力はないのでこちとらいつでも円満退職よ)  

一番薄っぺらなのはわたしの方で、自分を変える努力なしに何者かになれるわけでもないのだから何をか言わんやだが  

一緒に仕事をしていてどんなに頭の回転が遅く要領の悪い人間も、実はみなそれなりの暮らしをしていたりする。  

この身で思い至る前にそれを知りたかったが、知る努力を諦めたのは自分の方だ。  

  

人生を変えるのは努力次第、努力は決して裏切らないというのは耳ざわりのよい言葉で  

これらは100%の嘘ではないけれど、この場合努力とは、何かを犠牲にする程のたゆまぬ努力が結実された場合を指すことが多いと思う。  

しか低賃金に明け暮れる人間には血のにじむような努力をする余裕はない。  

努力にもお金が要るのだ。  

(あとは運要素もあるだろうが、諦めスキルレベルカンストすると運に対するスルースキルも高確率で発動してしまう)  

  

運で親ガチャの話に戻るが、思い返してもわたしは「この親じゃなかったら」と思うこともあるし  

親が云々よりそもそもまれてきてしまたことを恨めしく思う。  

  

人生の先輩に出会うと、結婚しても子供を産まない選択肢もあると言ってもらえたり、  

子供を産み育ててからの方が人生が楽になった話を聞かせてもらったりもして、  

人生の主役から一度自分解放してやりたいと思うことはあった。  

多分これも親ガチャから報われる乱数調整方法ひとつなのだろう。  

  

でもわたしは誰かと生きることも考えていないし、子供を産む気もない。  

この経験を共有したところで所詮わたしだけのものだし、もし子供を産んでも自分のような人間を増やすだけで幸福にしてやれるとは思えない。  

結局傷つくくらいなら最初から誰にも何にも期待しない方が楽だからだ。  

ネグレクトの末にわが子に手を・・というニュースを見るたび、自分はそっち側になる可能性が存分にあるぞと己を戒めている。  

高齢出産が増えた今、あと10年以上は続く呪いだ。  

  

親にかけてもらったお金を返せるわけでも、孫の顔を見せてあげられるわけでもなく  

我ながらコスパの低い仕上がりで申し訳ないと思うが  

貧乏なのに子供を産んだのだからしょうがないと思ってもらうしかない。  

ここまでの無思考他責的で浅慮な言葉が出てきてしまうほど、わたしには生れ落ちてしまたことが恨めしい。  

  

だってやっぱり土壌が整っていないのに生みたい・育てたいはエゴだと思うもの。  

  

その土壌を少しでも肥沃にするのは国の務めだとは思うんだけどね  

中身が古いままなのにラベルだけ張り替えて先進国のような顔をするな  

サスティナブルとか言ってないで先ず自国を持続可能な形に整えてくれ  

  

できれば産み育てる環境が整っていて子供を持つことを望む方たちには母子ともに健康に、  

難事なく産み育んでいただきたくお祈り申し上げたいところですが  

何せ献血納税選挙権行使くらいしかできることがない  

  

今はひとりでも楽しいことを見つけて生きているけど、人間はみないつかは死ぬ。  

死ぬまでずっとお金の苦労には付きまとわれる、しか老いるにつれてランニングコストはどんどん膨らむばかりだ。  

息が止まるということは単純に苦しいのでわたし積極的に迎えたくないけれど  

お金から解放されるなら早く迎えたいとも思う。  

  

せめて安楽死できる国に行く旅費と費用くらいは賄えるようになりたい  

なんてあかるい未来なんだ。

2021-09-12

anond:20210912075724

まず腐敗がなくて安定した状況を作らないとならない。

その次に開発独裁産業を強くしないとならない。

日本だって国家神道なるものを作っていたよ。そもそも儒教仏教概念も強かったからな。

腐敗した状態海外支援しても無駄というのは言える。国民党中国キューバ南ベトナムシリア、そしてアフガニスタン。皆失敗だった。成功したのは一度工業社会にまでたどり着けていたドイツ日本ぐらい。

それならまだ宗教清貧に近い状態概念国家トップ層が意識して腐敗を抑えた上で成長産業を育成しないとならない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん