「機能不全家族」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 機能不全家族とは

2019-07-29

干渉虐待

機能不全家族を知らない人には理解できないだろうね。

「なんでも1人で出来ないとダメ」と言うのに

自分がやってあげる、ほらママのおかげでしょ?」って思ってもらいたいか勝手にやる、

先にやってると絶対に失敗してると決め付けた発言をする。

そしてやりたいことを取り上げることに必死になる。

2019-07-14

anond:20190713154717

わかるううううううう

高齢処女だけど女に処女はいない前提の世の中つらいのわかるうう

性欲はあるよ!でもそれって「他者と触れ合いたい感情」ではない。うんこしっこと似たような生理的欲求エロいものみたら興奮するけど自慰したらおわる

しろ他人の体と接触するの嫌い。友人でも家族でも必要最低限しか触れたくない(満員電車我慢する、あの中では人間人間じゃない)

さすがに幼児期は違ったみたいだけど物心ついた頃には自分の体も他人の体も汚いって感じてて肉体捨てたいなあーって思ってた

子供作りたいって思ったこともない、むしろ絶対子供産みたくないから異性を避けてきたくらいなので努力した元増田はすごく偉いと思う

一生誰とも愛し愛されないのつらいし孤独だけどセックス差し出して恋人作るか?って考えたら無理の無理。自分動物になること考えたら一生孤独のほうがましだな!でも早死にしたいな!って感じ

生物として大事ものごっそり欠けてる気がするけど年齢的にもきっとこのまま終わるんだろうな!って感じ

食べることに興味薄いのもおんなじ

エロいものに興味はあるから性嫌悪ではないと思う

性自認疑ったこともあったけど女で合ってると思う

恋人いなかったから断言できないけどレズビアンではない気がする(まんこちんこならまだちんこのほうが舐めれる気がする。人としてつきあうなら圧倒的に女の子のほうが好きだけど)

とにかくセックスありきの世の中つれえ!

いちおう性欲あるからアセクシャルじゃないし

恋愛感情はあるからノンセクシャルじゃないし

ロマンティックもたぶん違う、あえていうならエックスジェンダーだと思うけど生物ぼっち間はんぱない

自分の前にも先にもどこにも何も繋がってない気がする

ちなみに性虐待はない(少なくとも男親からは)けど機能不全家族出身ではある

増田元増田はどうですか?

こんな話対面で人とできないけど同じような人と仲良くなりたいよほんと

ちなみに年くっても意外と友達との縁は続くので友人関係についてはそこまで絶望しなくてもいいと思うよ。結婚してる子もしてない子も学生時代友達とまだ続いてる増田より

2019-05-20

中途半端すぎ

発達障害かもしれない。毒親持ちかもしれない。鬱的なやつかもしれない。

でも全部ネットで調べた時に出てくるような感じではなくて、「そこまでじゃないんだよなー、やっぱ違うのかな」ってなってる。

絶妙に生きづらいけどどこにも属せない感じ。微妙

でもメンヘラ自覚機能不全家族の自信だけはあるな!!わはは

2019-05-06

パパ活半年ほどして、だいたい満足できるポートフォリオができたか晒す

〇 月2回程度、@5、ゴムあり

  早慶彼氏がいるMARCH女子大生

  可愛いロリ顔、インスタで数百人のフォロワーができるレベル

  男性経験は本人曰くパパ活含め5人で、他にはパパはいないと主張してる。

  頭は悪くない。学歴定職のある男性が好きという昭和価値観

  親もまともな家庭で、きょうだいエリート職。

  なんでこの子パパ活という名の売春に手を染めたか謎なレベル出自

  でもかなり早い段階で高学歴パパに絞り込んだらしいので、自分がやってることの意味は分かってるってことだね。

  とりあえず地方インテリの箱入り娘が私の粗末なちんちんで汚されるのは超快感

〇 月1、@5、生

  Fラン女子大生彼氏飲食業バイト

  美人。日米ハーフで、滝川クリステルっぽい面影。以前は芸能をかじってた。

  ピル飲んでる。男性経験は本人曰く5人程度で他にはパパはいないらしい。

  バカで、バカすぎて芸能仕事が来なくなったのでピルを飲んで売春にいそしんでいる。

  でもピルを飲む前の写真と今を比べると、割と太ってるので、やはり節制はできない

  レベルバカ

  ただ、不特定多数に股を開くと、サロンモデル仕事も来なくなる感じで

  自分雰囲気が荒れることは理解してて、たぶん私だけがパパ。

  とりあえず滝川クリステルっぽいのが私の粗末なちんちんであえぐのは超快感

〇 月1、@4、生

  獣医さん。彼氏は無し。

  往時の中森明菜に似ている可愛い系。

  ぴるのんでるかどうかは不明

  機能不全家族で育ったようで、自力お金を稼げるのに

  男にセックスお金を払わせることに満足してるっぽいかわいそうな子。

  とりあえず賢そうな獣医さんに生中出し美味しい。

あとは、二か月に1回程度の子持ち高卒人妻と、女優崩れの売春婦くらいだね。うまうま。

2018-11-30

anond:20181130160037

それ言われるのって他がほぼ低スペックなんじゃないかなと思う。

から商品価値上げるためにそこ見せないようにしなさいって言われてんじゃないかと。

他のステータスの何処かが高スペックなら難所もカバーできる。

三次元推しより伴侶と子供を優先できるならいいよって正論だと思う…むしろできなかったら機能不全家族になるだろ…。

全国ツアーでずっと家にいないとか困るわ。

全通してたら回数を減らすとか必要で、嫌だったらやっぱり結婚したらあかんて。

キャバクラ大学学費を稼ぐ友人

タイトル通り、私の友人はキャバクラで働き大学学費を稼いでいる。

友人の名前ミカとしよう。ミカは今年の3月にバイトで知り合った友人で、大学2年生だ。誰もが振り返る、超絶ウルトラパーフェクトビューティーキュート女の子

最初ミカは心の壁が分厚かった。同い年なのに敬語を使ってくるし、やたら自分卑下してこちらを持ち上げるしで、「絶対こいつ家がやばいな」と察した。

色々と力技を駆使して私はミカの心の壁を破って打ち解けることに成功した。ある日、ミカは私に複雑な家庭事情を打ち明けた。

ミカの家は所謂機能不全家族」だ。カルト宗教信者の親の下で育ち、彼女は今も、恐らくそ洗脳が抜けていない。

ミカの母は高校3年生の頃、癌で亡くなった。亡くなる前から治療費が高額だから離婚したいだとか家族内で分裂が起こったり多くの問題があって、ミカ治療費を稼ぐために受験生ながらバイトに追われ、その上周りの大人母親の死後処理なども全て彼女押し付けた。

そんな中で勉強に集中できるはずもなく、成績は落ち、彼女は望んでいなかった大学へ進学した。

1年目は無利子の奨学金を月5万借り、祖母から残りの学費を援助してもらっていた。しかし家の家賃自分と弟の生活費、そして母の治療費へ充てた借金を返す為に稼がなければならなかった。父親単身赴任をしているが稼ぎが良くない。

彼女キャバクラバイトをし始めた。大学まで片道2時間かかるから、早朝に家を出て学校へ行き、夜は遅くまでキャバクラで勤務。そして帰宅・・・

2年生になる前、借金完済の目途が立ったので、キャバクラを辞めた。そしてこのバイトを始めたということだった。

しかし今年の夏、ミカが通っている大学祖母が進学を反対していた所だったこともあり、祖母ミカへの学費支援を打ち切った。ミカは、自分学費を稼がねばならなくなり、キャバクラへ戻った。

私とミカが知り合ったバイトは、1年続けることを条件に採用される。だからミカはこのバイトを辞めず週2で入れ、キャバクラでも働き、学校も通い・・・睡眠時間も休む暇もない日々を送った。

結果、ミカは倒れ、やむを得ない為こちらのバイトは辞め、稼ぎの良いキャバクラを続けることにした。

ミカバイトをやめた後、私は電話で「キャバクラで夜まで働いて、睡眠時間もままならないまま早朝家を出て・・・って体に負担かけてまで、ストレート大学卒業することにこだわる必要ある?」と尋ねた。

ミカは「母ちゃん遺言に、4年制の大学卒業して欲しいって書いてあったんだ~、今生きる意味、それがすべてって感じだから・・・」と言った。

「家の問題とか、自分大事にすることを覚えなきゃいけないこととか、痛感したよ。精神科受診した。大学も4年生になれば楽になるから、あと1年頑張れば大丈夫!」とミカは言う。

お母さんの遺言を守りたいのはわかる。遺言は故人から最後の贈り物だから大事にしたい。私も大切な人を亡くしたことがあるからわかる。

それでも、大学卒業するのは、今じゃなくていいと思うし、私はミカに体を壊すような生活を送って欲しくない。ミカ家族は今までミカ大事にしてこなかったし、それが変わることは正直望めないと思う。

私のエゴだっていうことも、他の家の事情に口は挟めないことも、彼女意思尊重するべきであるのは分かる。

でも、長年家族や周囲に洗脳されて、真面目な気質に付け込まれ本来大人が負うべき責任押し付けられ、間違った自己責任論を信じ込む彼女意思通りにすることが良い結果につながるだろうか。

弟はまだ中学生だし、ミカ精神病正式な診断が下っているし、二人とも公的機関によって保護を受ける権利がある。一度休んだって良い、というか休むべき。

それにミカは今までの苦労を鑑みると、どこでだって働いていける。大変だけれど、一旦働いて学費を確保してから通うとか、通信制を利用するとか、方法は他にもあると思う。学費の高い、今の私大に拘る必要もない。

勉強だって、私も自分勉強毎日追われているから一緒にするし、家から逃げたければ手段を一緒に考えるし実行を助ける。ご飯ならいくらでも奢る。

私が全て何とかすることができるわけではないし、自分意見押し付けるべきではないし、人の人生に介入する権利も、止める権利もない。ミカ人生からミカ自身で考えて選択することだ。

だけど、どうしてもモヤモヤしてしまう。

2018-09-09

僕らよく老害殺処分するべきというけど

その「老害」に自分親族は含まれているのだろうか?

はてなー機能不全家族で育った人が多そうだから、憎い家族老害として殺処分することになっても、そこは大丈夫だろう。

じゃあもし自分老害になったら殺処分される覚悟はあるのだろうか?

その問いには当然「ある」って答えるんだけど、死ぬ時期や死に方を選ばせてもらえなかったら?

から好きなものを食べるという時に家の中に突入されて強制的連行され、投薬による安楽死がいいと言えば「甘えるな老害」と言われ、高速回転する巨大なミキサーの刃に他の老害が粉砕される様を見せられてからミキサーに放り込まれ、粉砕される。

そんな死に方でもいいのか?

「たとえひどい死に方でも殺処分される覚悟はある」「自分老害になることはあり得ない」「他人殺処分されるのは嬉しいが自分殺処分されるのは嫌だ」という答えを期待しているよ。

2018-08-31

火種なく鬱にはならない

自分アダルトチルドレンなのではないかと常々疑っていたが、我が家は某ウィキペディアの言う「機能不全家族」ではないと思っていた。

アダルトサバイバーという単語を知った。

成長過程の心的外傷、なるほど私はこれかもしれない。

改めて「機能不全家族」の項目を見る。

虐待等を受けたことはない。だがよく見ると家族間の対立機能不全家族の条件になるらしい。

家族間の対立、あったし今も存在している。両親もとい父親サイドと母親サイドの憎み合い。何故離婚しないのか不思議なくらい。

私はどうやら機能不全家族で育ったようだ。

認識はできた。さて今後どうすればいいのだろう。

2018-07-09

から愛されたくてしかたがない。

投稿です。

から愛されたことがない。

そして人の愛し方が分からない。

からも誰からも愛されたことがない人間なのだから仕方がないのかもしれない。

そもそも、私が、性同一性障害他者から恋愛対象として見られず、また、女性に惹かれることが多いため、女性として過ごしてる私は、出会いがないからなのか。

私が機能不全家族の出であることがいけないのだろうか。

私が発達障害やBPDの症状を軽度ながら持っていることがいけないのか。

死ねば楽になるのかな?

精神崩壊しそうだ。すでに崩壊してるのかもしれない。

助けて欲しい。


=====

以下は、乱文であるが、私の過去を書かずにはいられなくなったので、ここに書こうと思う。(多少のフィクションは含んでいるが。)

私は男→女の性同一性障害の現役大学生である

日常生活女性として暮らしていて、初対面の人と話したり、ショッピング空港等で元男性と見抜かれることはほぼ無く、また容姿もそこそこいい方であるという自負はある。(ガタイ無駄にいいのはコンプレックスだが。)

幼稚園児のときに母と父が離婚した。その時の母と父の喧嘩記憶していて、私にとっての一緒に暮らしいたこのろの父親像は母親に向かって怒りをぶつけているところと、仕事で疲れて寝ているところしか残っていない。そして、離婚後、親権母親に移った。

そして、仕事に一辺倒になった母からは面倒を見てもらえず、妹と共に子供会保護者祖母に面倒を見てもらっていた。

祖母は優しい人ではあるものの、愛情表現をする人ではなく、また同じ家にいたわけではないので一緒にいる時間は限られいた。

私はこの頃、植物に興味があり図鑑をよく読み漁っていた。また、ピーターラビットシリーズを好んでいたことを記憶している。

小学生に上がったときピアニカの色やランドセルの色が"私の望む色"出なかったことを記憶していている。

小学生2年生になると強迫性障害の症状を起こすようになった。ともかく、家の外のすべての物が不潔に思えた。1度病院に連れて行かれた記憶がある。幸い、小2のうちにだいぶ良くなり日常生活に支障をきたさなレベルには回復した。ただし、潔癖症自体中学生くらいまで強い意識が残った。

また、この頃から学校オカマとヤジされることが増え、友人は決して多いとは言える状況にはなかった。

この頃でも父親とは電話を通して時々話しており、またたまに合うことがあった。(よく上野国立科学博物館鉄博に連れて行ってもらった。)

ただ、一度、ファインディング・ニモに連れて行ってもらった。はじめての映画館で見た映画だったのだか、個人的に楽しめなく、父はそれに対して非常に怒っていたのを記憶している。

また、この頃から母親父親の間で伝言を伝えるような役割となり、お互いの悪口を聞かされ、また経済状況についてと揉め事を聞く立場となっていった。

小3になった時、母親再婚した。

相手子供が3人いたが1人はインフルで亡くなっていた。(ただし、継父に親権はなく未だに継姉・兄と顔を合わせたことはない。)

母はTVを厳しく時間を決める人であったが、継父はそうではなくよく妹や従姉妹テレビを見せていた。それについて、母親と揉めることが多く、私がママっ子であったため母親側についた事により、私は継父から見せてもらえなくなり、次第に顔を合わせるだけで睨まれるようになった。

小4になると母と継父の間に子供が生まれ、何もしない継父と仕事しかしない母の代わりに祖母と私と妹がよく面倒を見ていた。

そして、この頃から、継父と私の関係は更に険悪になり、私が継父から身を隠すように家で過ごすようになった。

幼稚園児のころから高いところから飛び降りたらどうなるのだろう、という気持ちはあったものの、この頃には明確に死にたい、という気持ちがあった。

また、夢の中で継父を刺し殺す・絞め殺す夢を見るようになるようになった。(この夢は大学生1年の頃あたりまで続いた。)

小5になると母親仕事軌道に乗り始め、経済状況は一気に良くなるが、継父との関係は最悪になり、一度私が勉強机の下に逃げたところを継父に顔を蹴り飛ばされたことがあった。(ここらへんの記憶曖昧で正確な時期を覚えてない)

また、私は元々書物を読む子供であったが、学校男子からオカマや(容姿を指して)キツネと呼ばれ、女子から女子の中心グループ犬猿の仲だったため、更に書物を読み漁るようになった。(ハリーポッターを1日の放課後で2冊を読みきる勢いだった。)

小6では学校はだいぶ落ち着いてきたもの、継父との関係は相変わらずだった。

また、妹もこの頃から継父との関係悪化してきており、不登校気味となっていった。

中学では寮生の少人数の学校に入った。これにより、家族とも同級生とも離れることができ、私にとっての人生の転換点てなった出来事であると思う。

ただ、男子野球部に、女子バレー部強制的に入部であり、内心でバレー部に入りたいと思っていたが、叶わぬ願いであった。(幸い丸坊主は避けれた。)

中2になると寮の中で私が最年長となったためリーダーシップを取ることとなった。

完璧主義だったため自他ともに厳しく、今では後輩にもっと優しく接すればよかったなと感じる。

中3では男子として野球することが嫌で地元中学に戻り、そこで小学校の時の数少ない友人と家庭科部をしていた。

またそれ以外については受験勉強をする日々であった。受験に関してはもともと勉強はできていた為もあってか、地域公立高校の2番めに良いところに合格できた。

家での生活はこの頃、継父は単身赴任であったため、実家が一番平和な時期となっていた。(また、妹も私のいた寮にはいった。)

寮で過ごしたことにより、色路学べたおかげもあってか、継父と小学校の時ほどは酷い関係ではなく、お互いに最低限以外の会話をする程度にはなっていた。

高1では理系クラスであったため、いわゆるオタクが多く、私にとって天国のような環境であった。また、寮の時の後輩と文通をよくしていた。(寮は電話メールは基本禁止だったため。)

また、中学生の頃から留学に興味があり、そのための準備をし始めた。

高2で、海外高校に転校し、海外生活が始まった。

高2,3ともそれなりに優秀な成績で学校生活も楽しめたが、学校福音派学校でありLGBTに対して差別を行うというほどではないものの、聖書引用して厳しい態度をとったこと、食事が不味いこと、男子寮で生活すること(アメリカ大学では基本寮生活)にストレスを感じ、アメリカ大学受験はしなかった。

進路は迷ったもの帰国した年度中に大学工学部合格しそこに入学することとなった。(親元にいたくなかったので実家から通えない距離大学のみ受験した。)

大学学業については、アメリカの授業の進度が遅く苦労はしたものの、なんとかついていくことができそこそこの成績を収めることができた。

ただ、1年目に男子寮に入ることとなり、それで精神病み、このままでは学業に支障が出たり自殺しかねないという事で、精神科(ジェンダークリニック)を尋ねた。

また、この頃に同じ性同一性障害彼女遠距離であるができた。(ただし、どちらかというと共依存のほうが近い関係であったと思う。)

B2になるとアパートぐらしに移り、またホルモン注射をするようになったため、見た目も女性的になりつつあったため、精神的に非常に安定するようになった。

学業についても学科の上位1割に入っており、勉強の遅れを鑑みれば非常に良い結果出会ったと思う。

ただ、この頃に彼女との関係共依存に近いものであったこともあり、それが崩壊し分かれることとなった。

大学3年生の現在自己労働力頭脳以外の"人間としての価値"を自分自身で見出だせなくなってしまった。

他大の友人との交流もあり、より良い環境の院に行きたいし、自分のやりたい研究仕事もある。けど、それ以外の人間的な将来について何も想像ができないし、強い希望を持つことができない。

自分自身の事なのに自分だけではにもできない事でつっかかかってしまった。

来年までに戸籍の変更もできるだろう。だいぶ恵まれている方だ。

けど、戸籍を変更したら私は結婚という選択肢を捨てることとなる。(そもそもパートナーなぞできないが)

変更しなければ就活で奇異の目で見られ苦労し、キャリアに影響が出るだろう。

なのにどうしたらいいのか分からない。

ホルモンバランスの崩れのせいもあるのだろうが、また自殺願望が湧いてきてしまう。

薬物への知識も多少あるため合法な乱用の仕方も知っている。そこに逃げてしま可能性が否定しきれない自分が怖い。

精神科・心療内科に行ったところで薬が出るだけだろう。それで一体何になる。

根本解決はできないじゃないか

肉体的快楽に身を任せりゃどうなのかと思ってしまう。

どうしたらいいのか。

助けて欲しい。

2018-05-04

機能不全社会ストレス少なく生きるには

長いけど、原因と対策とをまとめた。自分メモでもあり、誰かの役に立てばそれはそれで幸い。

まず、世の中の構造機能不全だと認める必要がある。なんでも自己責任自己責任と言っているのは思考停止

生きづらさを感じる人は、なぜ、この社会はかくも病んでいるのか、を理解する必要がある。

不安遺伝子保有者が世界一

単一民族国家

が大体の機能不全の原因だと考える。

以下、機能不全社会象徴

自分他人が別の人間だという意識が弱い、自分がこう思うのだから他人も同じという同一視が激しい(単一民族国家が原因。見た目に差がないから中身や考え方まで同じといった、「みんな同じ」幻想が強い

専業主婦終身雇用など、他者組織依存しないと生きられない仕組みを作った、安定はあってもそれは依存であり自由や自立を奪う(不安遺伝子が原因。自由や自立よりも安定を好む人間が多いんだろうけど、他者組織依存しないと生きられない、共依存社会なのは健全

・減点主義完璧主義な働き方を良しとする。いくらやっても褒められず、真面目にやればやるほど合格点がどんどん高くなり、自分自分の首を絞める(不安遺伝子が原因。不安が強いと完璧主義になるけれど、それを社会全体でやらなくてもよい。完璧主義社会他者への寛容さがない。だから迷惑をかける人間が悪とされる。赤ん坊ベビーカーや、迷惑をかけて当然なのに。寛容さがなくなった結果、自己責任論が強くなる

上記完璧主義と同一視が行きすぎたからか、思考停止をしてマニュアル通りに動くことを求められる。「相手によって求めているものに違いがある」という前提がない同一視の激しさと、完璧主義接客を求めた結果だと思う。

マニュアル通りに動くこと、は、自己主張をせず自分を殺してロボットのように振る舞うこと、に繋がる。

上記のような働き方が原因で自己主張が良しとされず、自己主張が良しとされない風潮ができ、自己肯定感が低く不安遺伝子が強い日本人は、他者に嫌われないために自分を抑圧するようになる。(日本社会が周りに合わせる、空気を読む、同調圧力の強さ、などと言われるのは、抑圧の強さから)

日本人自己肯定感の低さについては、国の調査ソース子供対象にした調査他国より圧倒的に低かったけど、子供がそうなんだから大人も高いわけがない、という解釈

「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ」とか「ありのままで」とかって抑圧を嫌うフレーズ流行りながらも、その風潮は変わらない。(社会構造が変わらないから)

こういった、生きているだけで大きなストレスの原因となる、社会構造・風潮があることを認める必要がある。

そして、このストレスの原因が、パワハラセクハラといった社会問題を起こしていることを認める必要がある。

パワハラセクハラを減らしたいなら、こうった社会構造を変えないと、無理。個々の対処療法では、ストレスが別の矛先に向くだけ。

(最近の例なら、女の記者を男に変えたところで、男記者へのパワハラが起こるだけ)

今の社会構造では、支配-被支配連鎖してその中で暴力連鎖していってるから支配-被支配に陥る構造を変えない限り、パワハラセクハラといった暴力はなくならない。

既出の、専業主婦終身雇用などの他者組織依存しないと生きられない仕組み、が、支配-被支配の原因。

会社-労働者支配-被支配パワハラを生む

現に、パワハラ的ではない労働環境の方が少ないという異常なことが起きている。労基法を守らないのが当たり前、という労働環境が多すぎるのは狂っている。

日本問題は、労働環境が異常という点は認識しながらも、そこから先を考えていないこと。その異常が原因で数々の諸問題が起こっていることを認識していないか、わかっていても見て見ぬ振りをしていること。

・男-女の支配-被支配が性暴力を生む

セクハラ痴漢DVレイプなど、性暴力が減らないのは男が被支配ストレスを溜めているから。労働者として会社支配されパワハラ的な働き方を強いられることにストレスを感じ、弱い存在八つ当たりしている。八つ当たりは許されないけど、性暴力が減らない背景にはこういった事情があることを理解した方がいいと思う。

会社-労働者といった支配関係の中で被害者の男が、男-女といった支配関係の中で加害者になっている、ということを理解した方がいい。

・親-子の支配-被支配虐待を生む

男が長時間労働前提の働き方で父親不在の家庭が多く、それ故に母子密着になることが多いのが日本の家庭の問題。(同じく長時間労働前提の韓国でも母子密着が激しそう。母親の過剰な神聖化と、男尊女卑の強さと、長時間労働が前提の社会だと共通項がある)

社会としても、過剰に母親責任を求める風潮がある。そういう社会からプレッシャーと実際の1人での子育て(以下ワンオペ育児)に、余裕がなくなり「毒親」となってしま母親は多いと思う。

毒親経験者の体験談を読んでいたら、ほとんどが母親ワンオペ育児の結果だった。父親母親の両方がいるケースにも関わらずワンオペ育児という概念があることが不健全だということに、社会が気づく必要がある。

主婦しろ主夫しろ、不健全。(相手経済的依存することと、ワンオペ育児という親と子の両方に負担があることをすることが)

ワンオペ育児が当たり前となった社会をやめるためには、長時間労働前提の働き方を変えるしかない。

そして、子供の中で家庭環境ストレスを抱えた人間学校いじめをしたり、動物や虫を殺したり、暴力連鎖八つ当たり連鎖なのが、この社会

暴力ストレスの原点である会社-労働者支配-被支配をやめれば、長時間労働前提の働き方ではなくなり、女が労働市場で不利になることがなくなり(長時間労働前提で終身雇用前提の現状は女が圧倒的に不利)専業主婦という経済的他者依存する生き方を選ばなくてよくなり、男も育児参加できるようになり、ワンオペ育児が原因の機能不全家族も減る。

要するに、会社-労働者も男-女も親-子も、対等な関係性になれる。

労働者終身雇用人質パワハラ的な働き方を強いられることがなく、専業主婦生活費人質家事育児押し付けられたりDVを受けることもなく、そういった親側のストレスワンオペ育児にならざるを得なくなる環境がなくなり親子関係も今より健全になる、と。

なので終身雇用をやめて中途採用前提の社会にすべき、と私はずっと言っているが、いつになることやら…。

自民党は、支配者(会社)に都合が良い政策経営者などの雇う側に都合が良い政策しかできないから、いつまで経っても会社-労働者支配-被支配関係が変わらず、その結果、男-女や親-子の支配-被支配再生産されることも変わらず、ずっと、機能不全社会のまま。

さて、原因については終わり。

ここからは、そんな社会でどう生きるか。

社会を変えるという方向性ではなく、機能不全社会でどう振る舞うかという自身の態度についての方向性で考える。

ここ数ヶ月、この機能不全社会でどう生きれば幸せを感じられることが増えるのか、それをずっと考えていたけど、そこまで難しいことではないのかも、と思えるようになってきた。

・まず第一に、支配-被支配関係に組み込まれないこと

女性結婚をしない(自分相手と同等か相手以上の収入がある場合を除く。自分収入問題がなくても、家事育児を手伝う気がない男とは結婚しない方がよい。稼ぎは同じなのに家事負担不公平といった理由で不仲な夫婦しか周りにいないため)

男女共に終身雇用正社員といった雇用形態では働かない。

これによって、他者組織経済的依存して、意に沿わぬことを強いられる状況を避けられる

(意図的選択ではないにしろ結果的にこの状態選択する人が増えている。未婚率の上昇と自分意思非正規無職を選ぶ人間の増加と。このまま、結婚終身雇用正社員という立場拒否する人が増えたら、システムは変わるのかな…?

・同一視を強化させるような情報に触れないこと

一番はテレビ、私個人は何年も見ていないけれど、価値観押し付けという面で、一番タチが悪いのがテレビだと思う。街頭インタビューとか、価値観押し付けの極みかと…。

ネットも、使い方によれば、毒になる。

似たような価値観の人が集まる場所選択して見えるからこそ、視野が狭くなるのが、ネットの怖さ。

他人自分とは違う、1つの物事に対しても多種多様見方がある、と常に意識してネットができたらいいけど、それができないと、多くの情報に触れているつもりでも、自分価値観偏見が強化されているだけで、視野が狭くなっているだけのこともあるので、注意が必要

価値観なんて宗教みたいなもの人間には偏見がある、考え方は人と自分で違っていて当たり前、と理解した上で、似た人の集まり選択するのは良いかもしれないが、それを理解せず、自分価値観正義で他は間違っているというスタンスネットをするのは、同一視が激しいのでやめた方がいいと思う。

そういったスタンスネットをしている人間も多いように感じる。

自分偏見正義として、喚き散らす人間の多さ…

機能不全社会システム適応をして抑圧をしてストレスを溜め込んで生きている反動で、ネットで喚き散らす人間が多いのかもしれないけど(病んだ社会ほど、匿名空間が荒れてる、日本しろ韓国しろ

他者自分を同一視せず、あくまで、人は人で自分自分で違っていて当然だという前提を持つこと。(社会的にこのコンセンサスがないから、機能不全社会なんですが)

たとえネット上でも、そういった前提がない人間が多い場には近づかないこと。

個人的には、多くの人間が集まる場所SNSポータルサイトなどは、そういった前提を持たない、同一視が激しい人間散見されるので距離を置いた方がいいのかも、と考える。

・あとは、減点主義ではない職場で働いて(フリーランスで雇われずに働くのもあり)、自己主張をして、思考停止を良しとせず自分の頭で考えること

これぐらい、思ったより難しくない。

既存価値観(終身雇用正社員が素晴らしいだとか、結婚するのが偉いだとか)に囚われていたら無理だけど、そういった価値観を捨てて、病んだ社会システムいかに巻き込まれずに生きるか、といった生き方選択するのは、難しいことではない。

一番辛いのは、病んだ社会システムだと自覚しているのに、そのシステムの中で生きていること。(私個人も今の職場が病んだ社会システム象徴のような場所なので、早く辞めたい。契約が切れるまでは、そのシステムに染まら自分を貫いて保って、乗り切る…)

システムの異常を知覚したら、そこから離れて、異常に巻き込まれずに生きること、これが一番大事なんだと思う。

機能不全家族なら親と実家から離れること、ブラック企業なら辞めること、機能不全社会なら国外脱出するか、ここに書いたような機能不全な部分に巻き込まれない生き方をすること(日本に生きていても、機能不全な部分に巻き込まれずに病まずに生きている人もいるから。正社員でも終身雇用ではない専門職(資格職)の人とか、抑圧や思考停止をしなくてよい社風のベンチャーで働く人だとか、夫に経済的依存していない女性だとか。

大多数が病んでいる社会でも、病まずに生きることは不可能ではない、と理解すること。(日本みたいな不健全社会幸せを感じようとするより、健全システム社会幸せを感じる方が楽だと思いますが。言葉の壁とかが気にならない人はシステム健全社会に逃げるのもあり)

この異常なシステムの中で病まないためには、会社支配されない、女性なら男性支配されない(経済的依存しない)、これが、一番大事なんだなぁ、と感じる。

そして、健全社会(自殺率が低かったり、幸福度が高かったりする社会)は、これらが当たり前に満たされているんだな、と。

中途採用前提だから会社労働者は対等だし、日本ほど男女の賃金格差が激しくない・長時間労働でもなく終身雇用でもないか女性男性と同じように働いて稼ぐことが可能で、男と女経済的に対等だし。(先進国でも男女の賃金格差はあるけど、日本より圧倒的にマシ

男も女も支配-被支配に組み込まれやす社会構造からこそ、病んでて、そのストレス他者攻撃することで発散してるこの社会だけど、その他者攻撃するエネルギー社会構造分析したり社会構造を変えるための行動に使う人が増えれば、もっと世の中はマシになるのでは…と思いますが。

いか最後まで読んだ人がどれくらいいるかからないけど、同じように、機能不全社会に生きづらさを感じる人の思考の役に立てばいいな、と思います

システムは異常だけど、適応せずに生きれば、病まずに生きることも可能だ、と、自分に言い聞かせたかったのと、そうやって、異常なシステム適応せずに自由に生きる人が増えた結果、システムが変わればいいな、という希望と。

2018-04-30

万引きをしていた

 別に懺悔したいとかじゃなくて、当時自分が思っていたことを聞いて欲しかった。確か、中学1年の頃から約1年の間のことと記憶する。

 自分の家庭は、俗にいう機能不全家族だった。母は情緒不安定、父は別居、2人の兄のうち長男は鬱かなんかで寝込んでいたんだと思う(あまり関わりが無くてわからない)、次男傍若無人

でよく自分暴力を振るっていた。次男が不当な理由いくら暴力を振るおうとも、母はそれを見て次男を罰することなく、自分次男の両方を叱りつけてその場をなあなあで収めていた。そん

な風だったからか次男暴力癖は治らずますます増長し、俺はますます委縮した。そのころから親に頼るのは馬鹿らしいと感じてしまっていた。性暴力も受けていた。汚い一物をしゃぶらされ、

更に汚い欲望を飲み下させれた。誰も頼れなかったし、そのうち頼ろうともしなくなった。期待しないこと・泣かないことが苦しまないコツだとも気づいてしまった。長い目で見ると、それが

後々人生に響くことに気づかず。

 当時自分中学生だったので、必要があれば申告してその分の小遣いを貰うというシステムの下、生活をしていた。当然欲しいときに欲しいものは買えなかった。「お菓子が欲しい」なんて理

由で小遣いは貰えなかった。次男高校生だったので月々の小遣いだった。そして自分の欲しいものは手に入らなかったし、次男も、自分の欲しがっているものに対して(どんな種類のものでも)

「つまらないものを欲しがるな」と自分を殴りつけた。あの子の家にはお菓子がある、ジュースがある、自分の家にもお菓子は少しあった、でも自分はそれを食べられなかった、あの子は欲しい

ものを買ってもらえた、自分が横にいても親に対してちょっとわがままを言うことが許されていた、自分には欲しいものがあったはずなのに欲しがることも馬鹿馬鹿しいと感じてしまった。

 ある日、コンビニに立ち寄った、どうしてかは忘れた。そこの棚に並んでいるチョコレートを欲しいと思った、当時の俺にとって、チョコレートはとても魅力的に見えた、あまくておいしくて

食べるときっと頬がほころぶ。いいんじゃないかな、と思った。いつも家で辛い目にあっている。殴られて辱めを受けて、親にも承認もされず枯れたように眠るそんな自分にも、ほんのちょっと

くらいの『取り分』があってもいいんじゃないかな? と感じた。そうだ、みんな俺にひどいことをする。俺だっていい目を見たい、欲しいものが欲しい。

 後はもう、何も感じることがなかった。そうやって食べたチョコレートは罪の意識があれど、やっぱりあまくておいしかった。気持ちは確かに安らいでいた。以降、そうやってはせこい万引き

を繰り返した。そして最後に店の人にばれて控室に連れていかれた時は、やぱりチョコレートコーティングされた、105円の菓子パンだった。

 その時の母は、自分に対して「どうしてこんなことをしたの?」と言った。自分は「別に」と答えた。母はそれ以上何も詮索しなかった。どうして叱らないんだろう、どうして何も深く聞いて

こなかったんだろう、どうして自分の答えに対してすぐに背を向けたんだろう、どうしてこっちを向いてくれないんだろう、どうしてあいつを罰さないんだろう。この件の内容は、兄には全部伝

わってはいなかったが、「自分が何か悪いことをした」というのは知ったらしく、「本当にお前はクズだな」とまた自分を殴りつけた。

 悪いことは悪い、当然だ。でも好きで悪いことをしていたかと言うと、そうだというわけじゃない。自分だって自分のしたことが悪いことぐらいわかっていた。でも、自分の辛い人生に対し

て「見返り」を求めることは、幼い子供ならはどうしてもしてしまうんじゃないか。報われたかった、耐えていたことを誰かに褒めてもらいたかった、頑張っていたんだ、限界だったんだ。今

自分自分のために金を稼いで、自分の欲しいものを買っている。でも、俺は買ってもらいたかった。ちょっとしたものを「仕方ないな」と買ってもらいたかった。その喜びが欲しかった。今

でも、食べるチョコレートはあまくておいしかった。

2018-04-29

anond:20180429015738

もっとも。

児童虐待について当事者の話を聞いてみると大抵の犯罪者児童性的行為をした主に男性)の言い訳は「向こうに誘われたので仕方なかった」とかだからな。

問題をもう少し掘り下げていくと、援交とか美人局とか芸能界での成り上がりかい目的自分の倍以上年上の人間に体を売るような未成年というのは、適切な家庭環境で生育されていないという可能性が極めて強いんだよね。

そもそも経済的ネグレクト状態にあったり、または金銭的に恵まれていても機能不全家族であったりとか。

未成年には判断能力がないということが法律の建前になっている以上は、援交目的自主的に体を売っていたとしてもそれでも100%保護されるべき存在であるということになる。

どっちが誘ったとかそういうことはそもそも問題ではない。

2018-04-27

anond:20180427145238

洋画なんか見ても、家族を大切にするのは当たり前の前提として描かれてるような…

何で日本だけだと思ってんの?

勿論機能不全家族テーマにしたものもあるけども

2018-04-18

子供コンプレックス長時間労働

日本労働環境が異常で、それが様々な社会問題の原因だと思うのに、それでも正社員という奴隷を好む人が多いのは、なぜ…

終身雇用正社員という奴隷的な働き方で会社依存させられ、そういった不自由人間が、自分支配できる人間専業主婦の妻だとかを求める。

自分会社無しでは生きられないことを忘れるためなのか、自分なしでは生きられない、経済的依存させられる専業主婦の妻を持ち、支配し。

そういった夫の支配ストレスを溜めた妻は、子供に歪んだ愛情を注ぎ(あからさまな虐待や、虐待無自覚の過干渉や)それでストレスを溜めた子供は、学校いじめをする、と…

支配と被支配連鎖暴力連鎖社会で、その根源は、パワハラ的な働き方が当たり前になっている労働環境と、会社依存させられる終身雇用というシステムのせいなのに、なぜ、いじめや性暴力虐待をなくそうと訴える人は、労働環境改善に目を向けないのか…

ここが変わらないと、多くの社会問題は変わらない、反対に、ここが変わると、多くの問題はマシになる、と思うのに。

終身雇用正社員専業主婦も、他者存在なくして自らが生きられない、自立できない存在にされていて、そういった、他者組織依存しないと生きられないシステム社会病理の原因、と、なぜわからないのかなぁ…

終身雇用ではない、資格職で辞めても正社員での就職可能な人たちは、終身雇用正社員より思いつめていない、それほど、終身雇用が異常だって、なぜわからないのだろうか…

他者環境依存しないと生きられないシステム以外にも、異常なことが多くて、あるブログで、機能不全家族で育った場合認知の歪みとしてあげられていた

・同一視

完璧主義

感情凍結

思考停止

他者環境依存

全てが日本社会蔓延してることで、前から機能不全家族に似てるよな…この社会…と思ってたから、腑に落ちた。

機能不全家族で育つと、中身が子供のままの大人ができる。

日本社会機能不全家族みたいな環境から、中身が子供大人が多くて、だから子供主人公の娯楽ばかり蔓延してて、高校生ぐらいの主人公(男)が中高生ぐらいと恋愛するっていうゲーム漫画アニメばかりの、ロリコン気持ち悪い…と思うような状況なのか、と。

日本人はロリコンというより子コンプレックスだと思う、ガチロリコンもいるんだろうけど、日本人全体が、大人自分自身を受け入れられてなくて、子供に憧れが強くて、子供主人公の娯楽作品を楽しんで、現実逃避してるっていうのが、現状じゃないか、と…

大人大人を受け入れられる、大人の置かれた状況がマシなら(機能不全家族みたいな社会や異常な労働環境ではないなら)他の国みたく、大人主人公ゲーム漫画が増えるんだろうな、と。

他人自分境界理解していない、みんな同じという幻想にとらわれて、他人干渉してくる、同一視が激しい社会

完璧主義で減点主義で、うまくやっても褒められず小さなミスは責められる、だから組織ミスを隠す方向になる、変化や変革というリスクがとれない社会

個人より肩書き立場が優先され、あるべき対応や姿を求められ、感情を抑圧してでもあるべき対応や姿を貫くことを美徳とする、社会

ルールからマニュアルから思考停止して自分の頭で考えることを許さず、学校でも自分で考えることではなく答えがあることの答えを覚えることを教えられる社会

そして、上に書いたように、他者組織依存しないと生きられないようなシステム、自立が難しいシステムとなっている社会(お互い専門職フリーランス共働きなら、働いていて結婚しても自立し合った状態でいられる、けど、大多数の働く人や既婚女性会社や夫に経済的依存させられている)

こんな、機能不全家族の特徴に当てはまりすぎる病んだ社会から自殺率の高さやメンタル不調の多さや閉塞感は当たり前なんだけど、そんな社会適応してる人も多いのが、不思議

自分はこの異常に適応できず、終身雇用正社員結婚といったシステムから距離をとって生きているけど、異常を異常と認識せず、生きている人も多いのが、不思議でならない…

2018-03-04

日本人が不幸だと思う理由

宗教がないこと

世界の大多数の人は、宗教(神)に依存してる。

その依存先がないから、男は会社(仕事)に依存したり、子供がいる女性子供依存したり。

その結果、長時間労働で、仕事を辞めたら何も残らない男が沢山、母子関係が不健全母親との関係に悩む人が沢山(親が1人で子育てしてた家庭、母子家庭父子家庭事実上母子家庭父子家庭な家庭に、親との関係が不健全人間が多い。男の長時間労働のせいで、事実上母子家庭が多すぎる

子供がいない女性アイドル二次元恋愛(モテ)に依存仕事に生きたくない若い男は、アイドル二次元依存(最近増えてきた。これまでは男の依存先は仕事ばかりだったのに

宗教があれば、長時間労働や、機能不全家族蔓延る現状を変えられるのでは、と思ったり。

人間は弱いから、何か依存する先が必要で、宗教という健全依存先がない日本人は、仕事子供依存して、それが社会病理の原因になってるのでは、と思うから

宗教があっても、長時間労働が当たり前の社会なら、家庭に父親不在で実質母子家庭になって、親子関係が歪になるのかなぁ、韓国とか。宗教ありそう、キリスト教、浸透してるのかな?

宗教の有無より、長時間労働前提の働き方が社会病理の原因かな…

学歴差別性差別という、自分でどうしようもない属性での差別が当たり前になってる

性差別は許されない、は、万国共通だとしても、学歴差別は、自分学歴を変えられる環境なら、あっても仕方ないのかな、と思う。より多く努力した人が良い思いをできるのは当然、と考えれば。

けど、日本場合自分努力学歴を変えられない、生まれた家庭(親の経済力)によって学歴が決まるから自分でどうしようもない属性によっての差別がある、という点では、日本で当たり前の、学歴差別性差別と同じぐらい酷いと思う。

大人になってから大学に入り直せたらいいのに、新卒一括採用終身雇用のせいでそれもできないから、そして、新卒一括採用のせいで就職先は大学卒業の時点で決まるから、その大学卒業という学歴は家庭の経済力で決まるから…という、自分ではどうしようもない生まれ環境によって、学歴が決まり就職先の選択肢が決まり年収が決まる、理不尽

当たり前に大学卒業してる側の人間は、低賃金底辺人間を見て、なんでわざわざこんな仕事をするんだろう…と思うけど(少なくとも私は思ってしまう。なんでわざわざこんな低賃金で割りに合わない仕事をするんだ、とか)それは、選べる人間の考え方で、肉体労働しか選べない、低賃金仕事しか選べない人間いるから、そうやってわざわざ低賃金で割りに合わないような仕事をする人間がいるのかな、と。

選べる側の人間からしたら、選べない人間存在想像しにくいけど、学歴がないから頭を使う仕事に応募できない(応募しても採用されない)、そもそも、頭を使う仕事をしたくても頭が使えない、って人間がいるのかなぁ、と…。

頭を使う仕事をしたくない、って人もいるだろうけど。その人たちにとっては、低賃金ハードで割りに合わなくても、頭を使う仕事よりかはマシ、ってことなのかな…わからん

大卒の中でも学歴差別があるけど、それよりも、大卒大卒以外で大きな差別があることと、その大卒という属性個人努力ではなく、親の経済力によるもの、っていう、学歴差別問題だと思う。

そういう分断があるから大卒大卒以外で罵り合ったり、男と女で罵り合ったりしてるけど、そういう分断を生み出す社会構造に怒りのエネルギーを向けた方がいいと思うんだけど。

高学歴低学歴とか、男と女とか、都市地方とか、分断がある同士で喧嘩してるだけじゃ何も変わらないだろ…と、ネットを見ててよく思う。

そもそも変えたいわけじゃなく、差別のある理不尽に怒りたいだけだけなのかな、そういう人たちは。

それなら、いつもいつも、争いあってるのは仕方ないのか…

2018-02-09

anond:20180209075442

お父さんもお母さんも子供に無関心なだけ。

からある機能不全家族だよ。

2018-02-07

虐待を受けている子どもたちへ

暴力暴行ネグレクト、過剰教育…、等、なんでもいい。虐待を受けている子どもたちに伝えたいことがあります

子どものうちに、今すぐに、国に訴えなさい。

教師警察ではダメ。専門の機関電話をしなさい。

児童相談所等に訴えなさい。それが難しいならば、教師から繋いでもらってもいい。

今動かないと後悔する。大人になるまで我慢なんかしたら、絶対に後悔するから

機能不全家族で育った子どもは、絶対とは言わないけれど、なんらかの形でなにかを失う。

早く離れられれば、それだけ失うものは少なくてすむし、救われるところも多い。

それに、大人になったら助けてくれる場所も少ないんです。

私はネグレクトされていた家庭から抜け出し、現在一人暮らしをしていますが、無理な生活を続けているせいで精神的に病み金銭的に余裕もなく、体調等にも不調をきたし、生理も止まっています

ですが、お金もないため病院にいくこともできません。

こういった場合、すぐに思いつくのは生活保護ですが、その手も使えません。

生活保護を受けるには、親族に連絡がいくからです。迷惑をかけないという約束毒親から逃れた私は、役所から親に連絡がいくことが許されないのです。

それに、万が一にも親に引き取られてしまったら? もうそこには地獄しかないでしょう。

他にも、私は対人関係を築くことが困難だったり、人との距離感おかしかったり、極度の依存体質だったり等、アダルトチルドレン特有の症状を抱えています

これらも、もしかしたら小さいうちに施設に入っていれば防げていたかもしれないのです。

けれど、自分で抜け出せるまで待ったが故に、傷は大きく残り、消してくれる機関も少ない状況にあります

子どものうちなら、無償で助けてくれる機関はあるけれど、大人になれば自分でなんとかしなくちゃいけなくなる。

こんな人間だと、友人もなかなか作れないし、職場にもうまくなじめないし、恋人ともうまくやっていけません。

全員が全員こうなるとは言いませんが、私は深く後悔しています

施設に行っておけばよかったな、と。

他にも言いたい事いろいろありますけど、この辺にしておきましょう。

傷ついている子どもたち。お願いだから耐えたりしないで。私の二の舞にならないで。

大人になってからじゃ遅いんです。自分で全部なんとかしなくちゃならなくなるんです。

今なら助けてもらえる。だから早く逃げ出して。

2018-01-30

幸せ人生だった」

母が言った。

「本当はいい人を見つけて、結婚して、その人を頼って生きて欲しい。最後に『いい人生だった』って思ってくれたら、それでいいんだけど」

結婚云々は置いておいて、最後のとこの

「いい人生だった」

って思うの、本当はすごく難しいことなんじゃないかな?と、泣きながら話す、母の言葉を聞きながら、少しだけ思った。

ここから先は少し昔話になるけれど、私の父は私や妹には優しいけど、母や店員さん、「自分より下」だと彼が思っている人間には、凄く横柄な人間だった。「DV」という言葉が出来る前からずっと、父は怒ると母に手をあげて、家の物を壊して、暴れた。

基本的には父が好きだったけど、そういう面がずっと苦手だったし、怖かった。

そんな父を相手にいつの間にか母は鬱になってしまって、暫く精神科(心療内科、という言葉はまだ耳馴染みのない時代だった)に通うようになった。

少しだけ母の様子が落ち着いてきた頃、父はパーキンソン病になった。

若年性パーキンソン病患者さんって、すごく「ギャンブル」や「アルコール」に依存する可能性が高いらしくて、礼に漏れず、父は今までほとんどしなかった、パチンコをするようになった。

「あと数年で動けなくなる、だから今のうちに遊ぶ」とでも言うように、父は、何年も何年も、湯水のようにお金を使った。何を言っても聞かないし、暴れて、怒鳴って、「自分けが可哀想なのだと言う。病気のせいだし、薬の副作用のせいだと最初の頃はわかっていた。けれど、いつの間にか、そう納得することも出来なくなった。父を憎く思い始めて、もう何年も経った。

ここまでが前置きで、心身のバランスを崩した母、初めて人に対して「憎い」という感情を抱かせた父、そんな二人を見て育ってきた私(なんとか社会人として慣れてきて、ギリギリ生活を送っている)が、「結婚」に対していい印象を持てるだろうか。

「生まれてきてよかったな、楽しい人生だったな」

って思えるかとか、思ったより色々考えてしまって、本当に「楽しい人生」なんか送れるのかなって、一瞬遅れてめちゃくちゃ不安になっている。

多分、こんなこと誰にも相談できないけど、相談できないから、こんなところに吐き出してるんだと思うけど、私、自分家族ちょっとした弾みで「不良品」になってしまったと、思ってるんだと思う。

その「不良品」になった瞬間が、例えば私が社会人になってからだとか、30を越えてからだとか、立派な「大人」になってからなら、まだ受け止められたんだろう。

ただ、それを受け止めるには私はまだまだ小さい子供だったから、抱えきれずに「家族ってこんなもんなんだ」とか、「好きになって、結婚して、子供が出来たって結局これなんだ」って色々思うし、結局のところ、

幸せ家族

っていうのが今さらよくわかんないのだ。

そういう像を思い描くことは出来るけど、めちゃくちゃ他人事で、自分「母」としてその中心にいることは考えられないし、「子供」だった時分の事を思い出すには、余りにも時間が経ちすぎていて、もうわからないのだ。

しかったし、幸せだったはずなんだけど、その上に重なった「家族」への別の印象が、余りにも大きすぎるのだと思う。

結局私は何とか大人になったけれど、中身はまだ幼い子供とさほど変わらないのだろう。

最近機能不全家族」という言葉を知って、「あ、うちの家じゃん」と、ものすごく思った。

家族の形として、人間として、うちの家は不良品の集まりだと思う。勿論、私自身も、自分の事を「不良品」だと思っている。めちゃくちゃ情緒不安定だし。

不良品の中で育った「不良品の子供」が、「幸せ家族」なんか、作れるのだろうか?

っていうのが、まず、大きな疑問。

不良品の子は結局不良品だと、思う。なら、その不良品がまた子供を産んだら、その子も「不良品」になってしまうんじゃないだろうか?

なら、「不良品」になってしまうことがわかっていて、態々産んでしまうなんて、その子がかわいそうなんじゃ?いらない苦労をさせてしまうんじゃないだろうか?生まない方が、結婚なんかして、元を辿れば「ただの他人」に不良品人生まで背負わせるなんて、どうかしてるんじゃないだろうか?

色々ぐるぐると考えた結果、「不良品」が母の望む普通の人たちの「幸せ人生」を送るのって、めっちゃ難しいことなんじゃないか?って、思ってしまったのだ。

ここまで書いたけど、多分、母は私が自分の事を「不良品」、自分家族も「不良品」だと思っていることを知れば、多分、また泣くと思う。

本当、幸せ人生って難しいな。

読みにくい文章でごめんなさい。

2018-01-21

anond:20180121000355

機能不全家族って意外と多いですよね。

私自身もそうなので、辛い気持ちよく分かります

2018-01-05

未婚理由に両親の結婚失敗をあげてる奴多いけど

なんで結婚しないのか

https://anond.hatelabo.jp/20180102233236

↑こう言う人ね

本当に両親が不和機能不全家族に育った人間からすると、なんでそうなるか理解できないんだけど。

なんで失敗した家庭に育って愛に飢えてないの?愛に飢えてないなら結構幸せな家庭じゃない?

自分は完全にネグレクト気味だったから、メチャメチャ愛に飢えてた。

家族以外、学校の友人とか会社の人とかが皆家族よりよっぽど自分尊重し愛をくれたからとても嬉しかった。

でもそれ以上に恋人ができてびっくりした。こんなにこちらを求めていて愛してくれる存在がいるとはって。

こんなシュチュ知ったらもう離れられなくない?

結婚以外ないじゃん。なんで両親不和で寂しい家庭アピールと未婚を貫くが両立するか意味不明なんだけど。

家庭壊れてたら少々理不尽でも恋人とか旦那とかもう全てが天使のように暖かくない?

ガソリンの味知らないんじゃない?

失敗家庭育ちほど愛に飢えてる子になるし、愛に飢えてないなら(多分最初増田とかそうなんだけど)お前が見えてないだけで幸せ家庭ちゃう

別に独身でも全然いいと思うんだけど、安易に親のせいにするなよ

2017-12-19

anond:20171219103123

見捨てないように面倒をみるなんて穿った見方家族にする人がいるんだな

困った時に助け合う

それが当たり前なのが家族

元増田で言うところの社会福祉の最小単位

もちろん機能不全家族とか世界中にあるけど、そういう例外は別だぞ

もし、親が困った時あるいは子供が困った時に助けないことを前提にすることは、あらゆる家族制度の良い部分も拒否するんじゃないと筋が通ってない

そういうこと

この場合は、自分の死期に家族が面会に来なくてもなんの文句も言う権利はないし

迷惑かけないつもりでも行き詰まった時は、自分一人で解決する

そういうことだろうな

2017-07-20

anond:20170720065608

うちも相当な機能不全家族だったんだなって思う

小学生の頃から夕食作っていたし親に甘えるって経験がない

中学の頃に対人恐怖症を発症して

なんで自分普通の人と違うんだろうって感覚をずっと持ってたけど

認知行動療法認知の歪みに気づいてから劇的に変わった

あれだけ人が怖いと思ってたのに、なんで怖がってたんだろ?と思えるように

自分は症状が軽かったのかもしれないけど

認知の歪みを矯正すれば、普通の人より強靭になれるんじゃないかって気がしてきた

なんせ、忍耐力だけはバカみたいに強いか

アダルトチルドレンあなたへ

アダルトチルドレン機能不全家族

わたし自身も小さい頃からよく感じていたことだ。

わたしの親は親ではなかった。

ただ同じ屋根の下暮らしているあかの他人といったところだった。

いうなればネグレクトに近かった。

育児という育児は受けてこなかったし、子供に似合わない家事の出来ようやしっかりした態度だったと思う。

ここ数年、「アダルトチルドレン」や「機能不全家族」といった言葉が少なからず注目を浴びていると思う。

どういった背景でそういう状況が生まれたのか。このような現代になってしまったのかわたしには分からない。

ただ最近思うのは、権利擁護心の問題に過干渉過ぎるのではないかということだ。

アダルトチルドレン機能不全家族というのが悪いとは思わないし、少なから問題ではあるとは思う。

ただ、人間というのは不思議ものでそれなりに適応して生きていくと後から振り返って思う人も少なくないと思う。

わたし主観ではあるが、少なくともわたしの育ってきた環境というのは世間的に見て相当ひどかったと思う。

ただそれでもわたしは「それなり」に生きている。

この「それなり」というのは案外重要だと思う。

どんな人間でも少なから問題は抱えているし、その問題の大きさや苦しさというのは他人尺度では測れない。

他人から見て大きな問題に見えることも何もなかったように過ごす人もいれば、小さな問題で死を覚悟する人もいる。

要するに人生幸せなんてものは測れないし、案外気にするほどのことでもないのだ。

この日本に生きていれば、少なくとも道端で倒れて死ぬことはそうそうない。誰かしら声をかけるだろうし、それなりの手当てもあるだろう。

人として1番恐るべきことは「孤独」だとわたしは思う。

孤独世界を狭める。

エヴァ的な話になってしまうが、世界の見え方なんて角度次第でいかようにも変わる。

そしてこの現代には世界を知るだけのリソースはいくらでもある。

今この記事アダルトチルドレンかなんかで検索したどり着いた悩める人たちに厳しいことだが言いたいと思う。

少なくともあなた検索して調べてきたならキーボードを打つだけの手もあるし、理解するだけの頭がある。

ならば1歩外へ出てみよう。

それは物理的な外出でもいいし、自分世界の外という意味ならネット上でも何でもいい。

それが出来ないのであれば、あなたは一生そのことを悩み続けるただの頑固者なだけだ。

医者でも何でも直せない。

直るのは自分からだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん