「化学物質過敏症」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 化学物質過敏症とは

2018-09-25

PATMを信じているブコメが多くて呆れる

化学物質過敏症やら水素水やらも本気で信じて拡散してる医者は何人かいるけど、お前らそういうのも信じてるの?

集団ストーカー思考盗聴電磁波兵器と一緒で、ああい書き込み肯定的な反応が集まることで、さら妄想が強化されるの。

デマ嘘松拡散するより確かな実害があるんだから、そういうもの拡散しないポリシー人間PATM拡散するな。

興味を持ったとしても、せめて安易に同情するようなコメは書かずに無言にしておけ。

2018-09-24

よく分からないことが周りで起きている

これを書こうと思ったきっかけは、人気記事にあがっていたこ記事

会社臭いと言われるのだがどうしていいかからない」https://anond.hatelabo.jp/20180918135609

を読んだからである

似たような症状で悩んでいる人がいることを少しでもわかって欲しい。

この症状の改善策を見つけたい。

この症状で一番辛いことは、生きているだけで他人迷惑をかけることである

まりにも私の経験と一致するところがあり、何か情報を得られないかとこれを書いている。

私も全く似た症状で数年悩んでいる。 

臭いと言われ、咳払いをされる。

臭いと言う人もいるし、臭くないと言う人もいる。

私と同じ空間にいる人は、喉にたんが絡みよく咳払いをする。

喉にたんが絡み咳払いするのなんて誰だってするよ、と思うだろうが、私の行く先行く先で異常と思うほどに反応される。

統合失調症ではないかと思われるかもしれないが、今まで普通に生きてきたので統合失調症ではないと思う。

よく分からないことは、

・私のことを臭いと言う人と臭くないと言う人が極端に分かれていること(臭いを感じる人と感じない人がいること)

・私がいるだけで周りの人に刺激(私の場合は、周囲の人への喉への違和感)を与えてしまうこと

この症状になった心当たりは、

過敏性腸症候群

・長期的な過度のストレスを感じていた

である

私に対して臭いと言う人は、会社の人、街の赤の他人

臭くないと言う人は、病院先生健康診断先生、今の親しい友人

臭いと言う人もいるし、臭くないと言う人もいる。臭いと言う人は本気で臭いと思っているし、臭くないと言ってくる人と話をしていても本当に臭いを感じていないように見える。

会社臭いと言われるのだがどうしていいかからない」のコメント欄を見て思うことは、この症状を経験した人でないとこの症状をありえるはずがないと思ったり、会社からパワハラだと言ってしまうのも無理がないところである。この症状を経験している私自身こんなことが本当にあるのかと思っているのだから


ここで、PATMと呼ばれる症状を紹介したい。

PATM簡単に紹介すると、

PATMとは、一緒にいる自分以外の人がくしゃみやのどの違和感を訴え、まるで自分アレルゲンアレルギー症状を引き起こす原因)のようになって周囲の人に影響を及ぼす症状です。つまり本人に異常は無いのに、周りの人がアレルギー症状のようなものを訴えるようになるのです。本人が自分体臭に敏感になり発覚することもありますが、それ以外には自覚症状が出ないためなかなか気が付くこともありません。」(引用

このPATMは、2018/3/6の世界仰天ニュースでも放送されている。

http://www.ntv.co.jp/gyoten/backnumber/article/20180306_03.html

私がこの日記を書こうと思うきっかけになった日記会社臭いと言われるのだがどうしていいかからない」のコメント欄にもPATMではないかと指摘がなされている。

私はずっとこの症状に悩まされていて、このPATMと名付けられた症状が世の中の一部の人に起きていることを理解した時、この症状で悩んでいるのは私だけではないんだと気持ちが楽になったことを覚えている。それまでは、この症状は私だけのもので一生治るものではないし、一生他人には理解されることはないと思っていたから。

PATMは、今まで精神的なものだと思われることが多かったようだが、今年発表された論文

( 皮膚ガス測定および鼻腔内微生物検査に基づくPATMに関する考察 https://www.jstage.jst.go.jp/article/siej/21/1/21_19/_article/-char/ja )

によると、被験者の皮膚ガスからトルエンキシレンなどの化学物質基準値より極めて高い量検出されており、精神的なものではないことが明らかになっている。

また皮膚ガスを測定した人の中では基準値の100倍近い化学物質が検出された方がいるようだ。


私の今の現状は、この症状を治したくて病院へ行っても症状を認識してもらえないため、治療することが出来ていない。

自分でも、洗濯をより注意したり、歯磨きを注意してしたり、食生活改善したり、睡眠を多くとったり、ストレスを貯めないように生きている。

なにより辛いことは、この症状を理解してもらえないことである




最後にこの症状になってからの私のことを書きたいと思う。

同じ空間にいる人にアレルギー反応を起こさせてしまい、病院に行ってもあなた普通だと言われ治したくても治せない状況にいる。

会社のようなストレスのかかるところにいると臭いを発し、ストレスがかからないところだと臭いを発さないのかもしれない。

なぜこんなにも臭いと言う人と臭くないと言う人が分かれるのか理解できない。

これだけ気を使っていても、私に対して臭いと平気で罵ってくる人がいる。

会社以外は外に出られなくなった。会社にすら行けなくなったらもうおしまいだと思っている。

休みの日は家にこもり、人混みをさけ、会社に行くとき交通機関を使うのをやめた。

もうこれからは人のいない田舎に住もうかと思っている。

こんな状況じゃ何もすることができない。

何か新しいことを始めたいと思ってもすべて足かせになる。

自分がいるだけで周りの人に辛い思いをさせているのかと思うと本当に辛い。

生活保護を受けようと思ったって、医者にすら理解されないのにどう説明したらいいのか。

はいいけどこれがずっと続くと思うと長くは続かないと思う。



これを読んでこんなこと本当にあるのかと思う人も多いと思う。

何より、生きてるだけで他人に対して迷惑をかけてしまうのが本当に辛い。

何か発展があるのなら、身バレ覚悟東京代々木公園時間を決めて座り、この日記を読んでもらった人に通りかかってもらって理解してもらえたらなと考えている。




追記 09/25 8:25

PATMについてダイヤモンドオンラインで紹介されていました。PATMについて化学的に研究されている先生記事になります

https://diamond.jp/articles/-/157697

シックハウス症候群の時は15年以上かかった。皮膚ガスがアレルギー様症状を誘発するかどうかを精査する必要があり、皮膚表面に棲む常在菌の関係も調べたい。その後、仮説が正しければ、なぜ体内から化学物質が出てくるのかといった医学的な研究が要る。そのためにはまず、PATMに興味を持ってくれる研究者を集めるのが初めの一歩になる」(抜粋


追記 09/25 16:03

私と逆の立場の人の投稿を見つけた。2014年の投稿。私は何らかの関連性があるのではないかと考えている。

http://q.hatena.ne.jp/1393263179

職場化学物質過敏症の人が何名かいます。その人達だけは、ある特定の人が出社している間、咳やのどの痛み、目の痛みが発症し、その人が不在のときは症状が起こらない状況が続いています。状況からアレルゲンがその人であることは明らかなのですが、相関関係を立証できないため、会社環境改善を訴えても取り合ってもらえません。立証できないのに注意をすることでモラハラだと訴訟を起こされるリスクを徹底して避けているようです。実際に医師からアレルギー症状や喘息と診断されている人がいるのにも拘らずです。このような場合は、今の医学法律では、理解されることの少ない、化学物質過敏症の人が泣き寝入りするしかないのでしょうか。(投稿全体を抜粋


追記 09/25 22:40

たくさんの方からまれており、改めて調べ誤解されたくないことを書いておきたい。

PATM臭いについて多く書いたが、PATM(People Allergic to me)は、名前の通り、周囲の人にまるで自分アレルゲンアレルギー症状を引き起こす原因)のようになって周囲の人に影響を及ぼす症状である

PATM = 臭いと感じる人、感じない人がいる臭いを発する症状ではないこと、そしてPATM自体臭いを伴うものではないことを書いておきたい。

実際に診療されている先生サイトを見ると、PATMの人の中には、それとは別に異常な体臭を伴う場合もあるようだ。(出典 https://www.konishi-clinic.com/symptoms/patm.html

私はこれなのかもしれない。


臭いに関して多く取り上げられているように感じるが、PATM問題は周囲の人にアレルギー反応を起こさせてしまうところである

この日記は私が経験したことを書いたものであり、PATMについては実際に研究されていてる先生記事診療されている先生が書かれているページを見ていただきたい。


臭い人に対してわざと咳払いをするなどのコメントがあるが、私の経験では、それとは違い我慢したくてもできないように咳き込むのである

同じ空間にいる人に臭いと思われているか、思われてないかは口に出してもらわないと分からないが、咳き込み辛そうにしているのは分かる。


周囲からの反応も日によって違うのである

この日はすごい反応される、この日は全然反応されない、この日は普段と同じだ。

何が違うのだろうと考えたりするがよく分からない。

体調と同じで何かが関係しているのだろう。


私が一貫して言いたいことは、私がいると周囲にアレルギー反応を起こさせてしまうことである



PATMの症状を訴える人の皮膚から皮膚ガスとしてシックハウス症候群(症状は、目がチカチカする、鼻水、のどの乾燥吐き気頭痛、湿疹など)の原因とされている物質基準値より極めて高い量検出されており、それと同じ症状が周囲で起こっているのであれば、何もない訳がないというのが私の本心である。(出典 https://diamond.jp/articles/-/157697?page=2)

この原因を究明しようと研究されている方がいる。

私も検査などできることをやっていきたい。

2018-09-11

化学物質過敏症の人に配慮するために香水禁止すべきって言ってる人は天然香料100%香水禁止したいの?

あと体臭は体内での化学反応が原因だと思うんですけど(代謝体臭ある奴は死ねってこと?

2018-09-03

化学物質過敏症まわりの議論を誘発させて楽しむ釣り師の可能性を疑う。

2018-08-29

香害とか化学物質過敏症とか言ってる人が、それらを批判する総本山はてなに来て、アジ文を投稿してるのが謎なんだよな。

香害のない「無香料洗剤&柔軟剤」をファーファが発売!

香りが苦手な人でも、安心してお洗たくできるランドリーシリーズファーファ Free& 超コン液体洗剤無香料」

ファーファ Free& 柔軟剤濃縮無香料」2018年10月中旬より全国で発売開始

https://www.iza.ne.jp/kiji/pressrelease/news/180828/prl18082812540188-n1.html

 

これは香害被害者には朗報だと思う。

すでに香害で化学物質過敏症になった人々には、この洗剤は使えないと思うけど…。

それでも、有害物質を振り撒き、あちこちにくっつかせる「香り付き柔軟剤」に比べればはるかに良い。

 

実は無香料の柔軟剤ってミヨシの「石けん屋さんが考えた衣類のリンス」なんかがあったんだけど

ネットにはあってもお店では見かけないのよね。

(この柔軟剤化学物質過敏症の人でも大丈夫だと思う…クエン酸しか入ってないから)

 

私は地方都市近郊に住んでいるけど、今年初めから徐々に近所の柔軟剤臭がなくなって来ています

4月新学期シーズンには一時的に酷い日もあったけれど、

6月あたりから臭う日が減り、現在8月には気がつけば全然臭いません。

小学生から高校生からOLさんからも、全然臭わないんです。

私の住んでいる自治体が香害対策ポスターを貼って注意喚起を促したこともあると思うし、

何よりやっぱりシャボン玉石けん広告威力じゃないかと思います

かすかに香って、はかなく消えていく香水香りは素敵だと思うけど、

健康被害まで出す香りはすでに悪臭でありネットでは「毒ガス」とまで言われています

私の近所の人々が速やかに健康香り商品から卒業できて良かったと思います

先日、「香りつき目薬」というとんでもない物が発売されて、

メーカー内の人々はいっこうに卒業出来ていないようですが…。

 

もう、香り付き柔軟剤時代遅れ

すでに流行は無香料に移行していますよ。

2018-06-07

香害便乗商法

シャボン玉石けん新聞全面広告話題になっている「香害」。

ツイッターブログでも「香害」に関する記事が昨日から多いです。

しかし、「香害」に便乗する商売ネタも増えています

 

「アロマなら安全!天然由来のエッセンシャルオイルを選びましょう!」

化学物質過敏症発症した人だとアロマ危険です。

特にヒノキレモンの成分で体調を悪化することも多いです。

エッセンシャルオイルにしても自然物を人工的に凝縮した物。

残念ながらそういう意味では人工物になってしまます

有機化合物であることにも変わりありません。

とにかく化学物質過敏症無知なアロマテラピストさんが多くてとても困ります

アロマテラピーが万能でないこと、ヨーロッパではエッセンシャルオイルが原因で

最近アレルギーが増えている現状を知って欲しいです。

ホテルでアロマディフューザーを使う人がいますが、それも立派な香害です。

 

「うちの整体は香害でお困りの方も治療出来ます!完治します!」

血行が良くなったりして頭痛等の症状が一時的に軽減したとしても、

原因物質を取り除かない限り根本的に良くなりません。

医者の中には「化学物質過敏症アレルギー中毒中間にあるものではないか」と

考える人がおられますが、整体でこれが完治するというならば

極端な話、ガス中毒の人が整体受けたら救われるのでしょうか?

整体化学物質過敏症が完治できる」と言うのは同等のことを言っているわけです。

 

他にもアヤシイ健康療法が次々出てきますが、まずはネットで調べてみてから実践して欲しいです。

アヤシイ商品については、ニセ科学エセ科学というキーワードで調べてみるといいかも知れません。

「誰」が効果があると言っているのか?それは公的に認められている効果なのか?

研究機関によるデータがきちんとあるのか?もチェックしてみて下さい。

騙されて無駄お金を使ってはいけません。

 

くれぐれも言いますが、原因物質から離れない限り、改善はしないし、

化学物質過敏症の症状が軽減しても完治したという報告は残念ながら聞きません。

もしそういう療法があるというのなら、きちんとデータを取って、

世界中に発表すればいいのではないでしょうか?

2018-04-25

香害問題が徐々に認識され始めたけど、メーカーの考えが恐ろしすぎる

ツイッターを見ていると、今まで使っていた人にも健康被害が出始めて、理解され始めたみたい。

奥さんが「柔軟剤臭いが辛い」と訴えたり資料を見せて理解を求めていたのに、全く理解しようとしなかったご主人が

ある日突然化学物質過敏症発症。今まで使っていた物がほとんど使えなくなってしまった。

そこで初めて奥さんの苦しみが理解出来たらしい。

別のケースでは、ある女の人が去年まで香り付き柔軟剤普通に使っていたのに、やっぱりある日突然苦しくなって使えなくなった。

 

こんな風に、今使えている人や「化学物質過敏症って敏感な人がなるもの」とバカにしている人でも

やっぱり人間なのだから有害物質が溜まれ発症してしまます

これから急速に増えていきそう。

もっともっと増えて、どうしようもなくなったあたりで、初めて国が動くのかも?

その頃には汚染は取り返しがつかなくなっているんだろうけど。

   

メーカー花王・P&G)に問い合わせた人がTwitterで報告していたけど、メーカーの応対が…

 

・合成香料の除去方法は両者とも持たない

中和する方法も無い

消臭剤でも化学物質臭は取れない

健康被害の報告がメーカーにも直接寄せられている

衣服以外についた香料の除去方法の問い合わせについてのマニュアルもある

・「メーカーでは」香料によって体調不良が起きるという化学根拠を持たない

健康被害を訴える方が例え100万人いようとも、買う人がいるから売る

 

最後の一文が恐ろしい。本当に恐ろしい。

 

以前、似たような問題で「茶のしずく石鹸」で集団訴訟が起きたけど、

あれでも国民生活センターへの被害報告は600件ほどで、現在柔軟剤による被害報告は700件を超えている。

あの時も消費者庁放置していて被害者が増えた。

また同じ事を繰り返すのかな?

すでに柔軟剤が原因で救急搬送が4件も起きているのに。

 

大気汚染もだけど、これって海にも流出するわけだから、結局地球上の環境汚染もつながると思う。

日本だけの問題じゃない。(北米はすでに規制を始めてるけど)

メーカーは分解方法も持たないまま有害物質をせっせと製造している状態

これって、動かない日本政府飛び越して、WHOとかに報告してもいいんじゃないかと思い始めた。

2018-03-16

化学物質過敏症かいモヤモヤする単語

どうやら全ての化学物質に過敏反応が出るわけではなく、過敏反応の原因物質共通点化学物質だという事らしい

化学物質とは化学合成された物質というわけではなく化学式で記述できる物質をさすらしい

あのさ、それってただのアレルギーじゃないの?

香害対策スプレー

Twitterで「香害対策スプレー」なるものが紹介されていた。

(紹介している人も半ば疑問形であったが)

香害対策スプレー(50ml)

http://ka-ho.jp/?pid=127804572

なんでも「マスクの上からシュッと一吹きするだけで有害物質や人工香料を分解しシャットアウト。吸い込む空気クリーンします。」ということらしい。

これ、香害に悩んでいる人の中にあわてて衝動買いする人も出てくるかも?

 

化学物質過敏症や香害に悩む人向けにアヤシイ製品販売している所は多い。

なんとか菌とかなんとかの水とかオ○ン発生装置とか…。

まず買う前によく検討してみて欲しい。

この「香害対策スプレー」について見ていくと

 

■それが公的な場で使われているのかどうか

有害物質や人工香料を分解」とうたってるのなら

塗装業の人が防毒マスクとして普通マスクにシュッとして使えるはずだよね?

その分解力で工場の排気もクリーンに出来るはず。

医療現場でも使われていていいはず。

でもそんな話聞いたことないですよ?

 

効果メカニズムは?

メカニズムはおろか、成分表すらありません。

成分表と外部の分析機関による分析データが欲しいところ。

 

化学物質過敏症シックハウス症候群対策についてはどうか

「7種の植物特殊ブレンドしたエッセンス使用し、植物が持つチカラを最大限に引き出し活用

化学物質過敏症の人は植物の成分であるヒノキヒバのオイルで反応します。

ユーカリラベンダーエッセンシャルオイルで反応する人もいます

自然の成分でも化学物質過敏症の人は反応するから

このあたり誤解している人が非常に多くて残念です。

語弊があるかも知れないけど、化学式で書ける物質全部反応する可能性があると考えてもいい。

くれぐれも言うけど、アロマテラピーの使うエッセンシャルオイル危険なので、

ロマテラピストは軽い気持ち施術しないで欲しいです。

 

化学物質過敏症の私から見ると、この「香害対策スプレー」は怖くて使えません。

(「ハーブエッセンス」とやらで寝込みそう…。さらに「スプレーは長時間その効果が持続」というのも恐ろしい。)

 

健康被害が起きた時、この会社はきちんと責任を取れるのでしょうか?

病人に勧めるのなら、そのくらいの覚悟を持って欲しいです。

2018-02-20

化学物質過敏症と疑問な治療法、そして、思うこと

化学物質過敏症治療法についてまとめられていた。

大丈夫かなぁ?と危惧しながら覗いてみると、

やっぱり疑問を覚える治療法がちらほらありました。

気功とかホメオパシーとか…。

ホメオパシーは昔、化学物質過敏症支援センターサイト記載していて

「うっわー、なんつーもの記載してるんだ…」と思っていたけど、

ホメオパシーが原因で乳児が死亡する事件があった後あたりに削除されていて

心底ホッとしました。

気功とかもね…うーん、個人的には微妙

本人のストレスがなくなるのならいいんだけどね。

「症状への直接のアプローチ」としては個人的に疑問に思うのです。

 

こういう解明が遅れている症状って、いろんなものが誘いをかけてくるわけで。

宗教とかエセ科学的なものとか。

波動がどうたらとか。なんたら還元水だとか。なんたら菌だとか。

化学物質過敏症になったら、ぜひこういう誘いには気をつけて欲しいと思います

それは自分を守ることでもあり、そして、過敏症への偏見をなくすことにもつながりますから

 

だいたい化学物質が原因で起きているのに、そういうので治るのは科学的に考えておかしいでしょう?

化学物質過敏症を扱っているお医者さんが言っていたのだけど、

その先生の持論は「中毒の一歩手前みたいな状態なんじゃないかな?」でした。

たとえばガス漏れによるガス中毒

ガスに曝露しても、原因のガスから離れれば症状は回復する。

ごく薄いガスに何度も曝露して、体の中はガスの有毒物質まみれで飽和状態

そんな状態だったら健康な人が感じない程度のガスでも飽和状態の人は体が「もう無理!」ってなっちゃます

そういうのが化学物質過敏症状態

その理論で行くと、体の中から有毒物質排出したり、澄んだ空気の中で養生するしかないよね?

医療機関でも、今有効とされている治療はこのあたりを押さえてる。

解毒剤のタチオンを使ったり、ビタミン使用する試みもされている。

もちろん汗をかくことも毒素を出すのに「ある程度」有効から、お風呂サウナ運動出来るほど元気な人は運動するのもいい。

けれど、先に挙げた疑問を覚える治療法は果たして毒素を出すのにどれだけ有効なのだろうかと思ってしまうのです。

過去にどれだけのデータがあるのかとか思ってしまうんです。

タチオンは薬物中毒かに使ったりするんだけど、薬物中毒気功ホメオパシーって有効なの?って思っちゃいます

逆にそういうので完治したと言うなら、それは本当に薬物中毒だったの?って疑問になる。

そういうのが、科学的に考える人から見ると「ほら、やっぱり化学物質過敏症ってないんじゃないの?精神的なものなんじゃないの?」

と言われる原因になる。

そういう治療をやっている人々には申し訳ないけど、化学物質過敏症患者の私だってそう思います

から化学物質過敏症患者一人一人が科学的に物事を考えてくれたらいいなと思っています

それが、回り回って、自分達の立場を良くするんじゃないかと。

 

それから、長年この症状で苦しんできた自分から、もう一つ言いたい。

周りのいろんな声なんか無視していいと思う。

「前向きでいろ」「明るくほがらかでいないと良くならない」

いやいや、そんなの絶対無理(笑)

苦しいときは苦しいって言えばいいと思う。

無理矢理ほがらかでいなくてもいいと思う。

ガス中毒で苦しんでいる時に明るく前向きで笑っている人なんているわけないじゃん。

周りの人も、そうやって苦しんでいる人をさらに追い詰めないようにして欲しいと思う。

綺麗な空気の中にいれば、症状も楽になって、自然にほがらかに戻るんだから

 

本当に、早くこの国に綺麗な空気が戻るといいね

今、健康な人にとってもね。

増田さんって、なんでこんなところで働いてるんですか?」

「『なんで』って、ここしか働き口がねえからだよ。

ああ、『拒否できるはず』って言いてえんだろ?タテマエはそうだけどな。

んなこと言ったら医者に連れてかれて『化学物質過敏症を主張』なんてカルテに書かれてな、キチガイ病院に入れられちまうんだよ。

俺ら、前科持ちの体壊した年寄りが居られる場所なんて、ロクでもねえところばっかだ。

役人は俺らに『ニコチンまみれになって早く死ね』って言ってやがるのさ!」

喫煙バーの客「…………」

2018-02-19

喫煙者排除に潜む日本の病巣

喫煙後45分間」も大学構内に立入禁止 北陸先端大が全面禁煙に踏み切った理由
https://www.excite.co.jp/News/smadan/E1509591737132/

上の記事を読んだ。なんとまあ喫煙後45分は呼気から有害物質が検出されるから受動喫煙防止のため立入禁止なのだそうだ。

もちろん私は一定分煙に関しては異議を唱えるつもりはない。ネカフェ喫煙ブースに泊まることになった時はあまり臭い辟易した経験もあるし。
しかし、今回のJaist全面禁煙や、居酒屋含む飲食店全面禁煙の流れはあまり常軌を逸していると感じる。

タバコ臭いを嗅がないでいられる権利」ばかりを尊重しすぎて、「タバコを嗜む権利」を脅かしていないかということだ。

タバコ臭いを嗅がないでいられる権利」に正当性をもたせるのは簡単である。「臭くて嫌だ」と主張すれば済む。さら一般の人が受動喫煙として害になるか検証されていない、服についた煙の微粒子やら呼気に含まれ有害物質についても、化学物質過敏症の人の被害を引き合いに出せば、被害者簡単に創出することが出来る。

しかしながら「タバコを嗜む権利」の方は、「タバコを吸いたい!」といった子供じみた権利の主張以外に何が出来るというのだろうか。結局非喫煙者の支持をとにかく得にくい構造になっているのである

こうして「被害を受けない権利」だけが尊重され、「する権利」は衰退していく。
この構造は、現在日本のあらゆる場所で表出していないだろうか?

保育園では子供の金切り声による騒音を避けるため、園児たちは二重サッシで仕切られた室内でこじんまりと遊ばされている。

海岸での花火は近隣住民迷惑になるので禁止

路上駐輪は景観が損なわれるので即撤去

風俗店は即摘発

こういった流れが進行しているのも、活動的主体となりやす子供や若年層が減少し、一方で客体となりやす高齢者が増えたのと無関係ではないだろう。

どんどんと窮屈になる日本他人の多少の迷惑を許容する代わりに、「する自由」に満ちた社会のほうがずっと心地よいと思うのだが。

2018-02-09

【香害】北米で広がる「香料」の使用規制

芳香剤柔軟剤・制汗剤などの「香害」! 北米で広がる「香料」の使用規制

http://healthpress.jp/2018/02/post-3477.html

 

私の知人の娘さんもヨーロッパ留学していているのですが、

留学中はアレルギー症状が消えてしまうのだそうです。

あと、この記事と同じように帰国して空港に降り立つと

香料の臭いが酷いそうです。

 

すでに喘息アレルギー化学物質過敏症でこういった物質に対して

対策をしている人はいいけれど、逆に今も大量に使用している人は

体に蓄積して将来は大変なことになるのだろうなと思います

特に、肺に入った物は洗い流せませんから…。

子供場合さらに深刻で、中枢神経がやられますから

脳に障害が出てくることも懸念されます

(驚くことに、日本ではそういった物質が入っていても、生活用品なら規制がありません)

 

香りを続かせるマイクロビーズとあれだけ騒がれたPM2.5は似たような物だと

そろそろ認識して欲しいものです。

(すでに欧州ではマイクロビーズ使用禁止方針を打ち出しています

周りに香りを振りまいている人は有害物質振りまいているのと同じですよ?

2018-01-30

クチャラーだの音嫌悪症だの香害だの化学物質過敏症だのと騒いでるほうがポリコレより怖いわ。日常生活に直結してるからな。

2018-01-22

化学物質過敏症になって良かったこ

化学物質過敏症になると、生活面とかいろいろ困難なことが増えますが、

最近家族から感謝されることが増えてきた。

私中心に食生活が変わったら、血液検査の結果がすこぶる良いのだ。

農薬が多かったり、なんかまずいものが入っている食べ物はいち早く私が反応するので、

家族回避出来るというわけ。

売る側がいくらごまかしたり、隠したりしても、反応して舌から血が出てしまうので分かっちゃいます

最近食べ物調達する所が決まって来たので、血だらけになることも減りました。

ただ、そうやって決まっていても、突然商品柔軟剤臭くなって、注文出来なくなることも…。

やっぱり食べ物に関しては香り御法度だと思います

健康な人でも柔軟剤香り食べ物は食べたくないと思うし。

 

今、ちまたではファブリーズ柔軟剤による浮遊した有害物質空気中にどんどん増えている。

結局、マイクロカプセルってPM2.5と変わらないんじゃないだろうか?

そんなのが肺に入り込んで、延々と香り続けるって、恐ろしい。

肺は洗えないのだから

中国では巨大な空気清浄機建設しつつあるとニュースに出ていた。

それなのに、今の日本では自ら大気汚染物質を作り出して、お店で売って、さら空気中に増やしている状態

専門家医師危険性を指摘しても、国は全く動かない。

そのうち「COPD慢性閉塞性肺疾患)」を発症する患者が爆発的に増えるだろう。

そうなっても国や企業は「因果関係がわからいから」と謝罪すらしないだろう。

今までがそうだったように。

から消費者自身が賢くなって使わないという選択をしていかないと、

もうこの国はダメだろうと思う。

 

今、すでに化学物質過敏症になっている人は不幸かも知れないけれど、

それ以上悪い物質を体内に取り入れないようにするから

最悪の事態は防げる分、幸せなのかも知れない。

そして、発症する前に知識を得て対策出来た人はもっと幸せかも?

 

山紫水明という言葉が似合っていた日本

それを破壊し続けている企業

将来は賠償問題が降りかかるんだろうな。

でも、その頃には、失われた環境はたやすく戻らないだろう。

2018-01-06

香害とアロマ…そしてネコちゃん

今朝、こんな記事を目にした。

 

香り」が苦手ならアロマで取り入れて “引き算”で考える香り哲学

https://wotopi.jp/archives/66495

 

記事を読んで、いろいろと残念だった。

まず、香害についての知識が乏しかった。

現在ちまたで起きている香害は「柔軟剤等に含まれ有害物質による健康被害」。

単純に香りの濃さで起きているわけじゃない。

そして、被害者アレルギー喘息化学物質過敏症ならアロマでも起こりうるわけで。

最近の流れは「香害がだめなら自然派のアロマで!」なんだけど、

ロマ安全というわけじゃないから。

立派なアレルギーの素にもなりうるから。(アロマによるアレルギー発症データ複数ありました)

そもそも、アロマ効果ってどのくらい信憑性があるんだろう?

きちんとした医学データがあるの?(ほとんどデータが見つかりませんでした…私の探し方が悪いのかな?)

風邪に効く」「殺菌作用がある」とか、効能が書いてあるけど、

風邪に効くなら医薬品になるんじゃないの?

殺菌作用があるなら、そういうデータがあるんじゃないの?

たいてい書かれているのは「~と言われています」の伝聞の形。

こんなあやふやな物をホイホイと家に取り込んでいいのかと思う。

私も昔はアロマをかじってみたけど、学べば学ぶほど、いろいろ疑問が湧いてきて

結局離れてしまった。

「良い匂いを嗅いで気分が良くなる」程度の話なら、殺菌作用とか言わなきゃいいのにと思う。

あと、やるなら自室でだけやって欲しい。

病院医療施設で香らせるなんてことは決してしないで欲しい。

万人にとって良い香りというのはないし、体調悪い人にとっては

悪化する可能性が高いのだから

吐き気があるのに目のまでアロマスプレーなんか散布されたら地獄だよね。

 

そして、あまり着目されていないけど、

ペットを飼っている人はアロマはやめて下さい。

特にネコちゃん飼っている人は大切なネコちゃんの命削るようなもんです。

ネコ アロマ」で検索するとわかると思うけど、

下手すると死んじゃうから…。

同じ意味柔軟剤ネコちゃんにとっては大問題からね!

2017-12-12

anond:20171212105712

NATROMとそのシンパが「水蒸気だろうが見た目がタバコならタバコなんだああ配慮しろ!」とか科学的根拠0のこと言い出してるのは笑える

化学物質過敏症とか電磁波過敏症を訴える人を散々バカにしてきたのに同じこと言ってるんだよね。

完全禁煙(プルームテックは可)

この話題ホッテントリに入ってて食べログカテゴリ分け機能してねーなーと思ったんだけどブコメは「プルームテックは水蒸気!匂いしない!」「プルームテック吸ったことないだろ!」「プルームテック匂い感じるなら化学物質過敏症だろ」とか無茶苦茶コメント多くて笑った。

自分タバコ吸わないから新作電子タバコ匂いや味なんて存じ上げないんだけどプロ愛煙家は違いますのね。

プルームテックが「タバコ」というカテゴリで売ってる以上それはタバコだし完全禁煙の店で吸うのは違うと思う。プルームテック可とか別のカテゴリを作るべきっていう趣旨ブログだったのに嫌煙家ヒステリー!って言ってる人がヒステリーを起こしてる構図でなかなか楽しかった。

プルームテッカーの人は禁煙のお店でも普通に吸っちゃうのかな。これはタバコの煙じゃなくて水蒸気なんです(ドヤ顔)。完全にやばい人だよ。化学物質過敏症とか嫌煙家の人がわざわざ完全禁煙のお店を探して入ってるってことが頭から抜けてるのかな。やってる事は喫煙可の店でタバコやめて下さいって言ってる人と同じだよね。

追記

日本語からない人がいるみたいだけど「禁煙」って「喫煙禁止」だからね。「喫煙」の意味はじしょをひいてね!プルームテックタバコじゃないって言い張るなら逐一嫌煙家カタログでもなんでも持って説明しなよ。

2017-12-11

anond:20171211105657

嫌煙権利の1つだよな

ま、化学物質過敏症を知らなさすぎるだけだろうけど

2017-12-03

ネットスーパーの食料品から柔軟剤

もう数年前になるが、安全食品を買うために食料品はオイシックスで購入していました。

しかし、ある時から食料品に柔軟剤臭がつくようになりました。

電話で苦情を申し上げると、返品交換扱いになりました。

しかし、交換品からさらに酷い柔軟剤臭が…。

その交換品も返してしまいました。

柔軟剤臭い食べ物なんて食べられません。

それ以来、送られてくる物は柔軟剤臭がつくようになったので、

とうとう利用を止めてしまいました。

安全食べ物どころか、毒まみれの食べ物ですから

柔軟剤臭というのは、食料品を包んでいるフィルムビニール袋なんか

やすく通り抜けてしまうのです。

おそらく、食品の保管や梱包に携わる人の管理が出来ていなかったのでしょう。

一度食品エリア匂い物質侵入を許すと、それらをクリーンにするのは大変なことです。

何十日も香るように出来ているからです。

しかも付着するとなかなか落ちません。

 

ここのところ、Twitterでも「スーパー食品柔軟剤臭がついて気持ちが悪い」

「買ったばかりの食品の袋を洗わないといけない」という発言が目立ちます

まだまだ、柔軟剤の成分について無知な人々がいて、

単なる香り好き嫌いの話だと笑っているようですが、

その人達健康を害するところまで行き着かないと、

この問題解決しないように思います

(すでにちらほら、以前柔軟剤使用していた人達から

化学物質過敏症と思われる人が出始めていますが)

その頃、この国がどのくらい汚染されているのかと思うと、

かなり憂鬱になりますが。

2017-11-22

香害被害者安易に無香料柔軟剤に飛びつかないように!

悲劇が起きないように何度でも言うよ。

すでに香害の被害に遭っていて、頭痛めまい鼻血などの症状がある人は、

安易に「無香料柔軟剤」に飛びついたらダメ

気がつかないうちに化学物質過敏症発症していたら、

かえって症状を悪化させてしまます

 

Twitterファブラッシュ」「さらさ」「ベビーファーファ

いきなり人気沸騰中だけれど、化学物質過敏症にとっては

これですら悪化の原因になります

さらさ」は、香料入っているから、すでに対象外

ベビーファーファは、カチオンの毒性が高い。(本当に赤ちゃん用なの?)

ファブラッシュは、エステル型ジアルキルアンモニウム塩がまだマシだけれど、

過敏症の人にはやっぱり危険です。

クエン酸グリセリン柔軟剤作れるのに…。

市販されている製品で選ぶなら「石けん屋さんが考えた衣類のリンス」を選ぶのをおすすめします。

もちろん小さいお子さんお持ちの方にもオススメ

でも、手作りの方が安上がりに済むと思うよ!(ミヨシ石鹸さんゴメン)

ちなみに手作り柔軟剤の作り方は

 

水: 200ml

クエン酸: 大さじ3

グリセリン: 大さじ2~3

 

これを混ぜるだけ。(よく精油入りレシピがあるけど、過敏症の人は精油も入れないで!)

 

うちのご近所は一時は香りつき柔軟剤流行ったけど、今はみんなこういうの使ってます

あるいは「柔軟剤なんて今まで使ったことない」って人もちらほらいます

うちも冬の静電気が酷い時期以外は使ってません。

ネット検索して、子供健康に悪いからと香りつき柔軟剤をやめた人もいます

それまで、そこの子供は落ち着きがなくて、近所でも話題問題児だったんだけど、

今はすっかり落ち着いて問題行動もなくなりました。

やっぱりイソシアネートが脳に作用するって本当だなと思います

  

こういう生活をしていると、世間ではせっせと有毒物質たっぷり柔軟剤

洗濯物を染みこませて使っているのが不思議だし、

あいうことをしていればアレルギー悪化するだろうなと思います

もちろん美容健康にも良くないしね。

私も、今は以前あった肌トラブルは全部なくなりました♪

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん