「レインコート」を含む日記 RSS

はてなキーワード: レインコートとは

2019-07-18

東京蕎麦屋増田アウェー感かーぇ鵜仇朱眞のヤバそのうょ祈雨と(回文

アレクちゃんグーグルホームちゃん

今日の天気を尋ねたら、

どちらも言ってることが違うのでどっちを信じていいのか分からないけど、

とりあえず今日は雨みたいね

おはようございます

アレクちゃんは傘持ってけ、

グーグルホームちゃんレインコート着ていけってさ

あと夜帰ってきたとき暑いからクーラータイマー仕掛けて出かけようと思ったので、

今日最高気温は何℃かしら?って聞いても

また言ってることが違うので、

今日クーラータイマーしてくるのやめておきました。

夜中蒸し暑くて起きたら朝ぐっしょりでシャワー浴びてグッジョブって感じ!

また雨に濡れちゃうと思うとションテンがさがっちゃうけど、

お気に入りの傘でもさして

雨だけど素敵なそんなレイニーデイにしたいわね。

でさ、

こないだ東京に行ったとき富士そば富士そばわーい!って言ったんだけど

今回はあいにくお気に入りの乱切り蕎麦のお店には行けなかったのが残念だったんだけど、

まあ都内至る所にある富士そばだし、

こだわらなければだいたいは駅前にある感じだしね。

今回行ったところでもちろん盛り蕎麦を頼むんだけど、

私はどちらかというと今饂飩ブーム到来中なので、

その時初めて気が付いたんだけど、

富士そばって盛り饂飩もあるのねって!

さすがにここで饂飩を頼むのは完全アウェー感がパ無かったので

饂飩にも興味があったけど

蕎麦にしちゃいました。

だって誰一人饂飩をすすってる人そう言えば富士そばで見たことないなと思いつつ、

いつか勇気を出して富士そば饂飩をあえていって見たいわって思ったわよ。

アメリカ西部開拓時代富士そばがあってそこで饂飩を食べようものなら

私がお店のなんて言う名前か分からないあのパタパタのドアをあけてカウンターにつくなり、

饂飩を頼むと、

あん余所者だねミルクでも飲んでなっつって

カウンターの端からすーっとマスターミルクの入ったコップを滑らしてあちらのお客さまからですって

そして一歩二歩三歩で振り返って鉄砲で撃つ決闘を申し込まれちゃうわ。

一歩二歩三歩目から眼鏡とデッドヒートってやってみたいけど、

そんな間合いはないので、

でも私も良い勝負ちゃうもんだから

相手のガンマンから

おまえなかなかやるな!って互いの腕をクロスして、

クロスハンドミルク飲みで仲良しになっちゃうぐらいだと思う。

でもあいにくここは日本

名古屋名古屋で、

麺のお店でもみんないろいろ麺の種類あって饂飩だの蕎麦だの選べれるんだけど

ここも圧倒的にきしめん率高しで

私もしかと名古屋駅の3・4番ホームきしめんを揚げたて熱々のかき揚げと一緒に噛みしめたわよ。

そんでもって我孫子駅我孫子駅

ここは大きな鶏の唐揚げがのった唐揚げそばが人気で、

ここもほぼみんな唐揚げそば率100パーセントね。

私も調子に乗って2つのっけにチャレンジしてみたんだけど、

さすがにデカすぎて残しちゃったけど、

ビニル袋に入れて持って帰れるので大丈夫よ!

なんてったって白いスーパーのビニル袋にダイレクトに入る、

お汁をまといまだ湯気すらも立っている唐揚げを直接袋に入れるってところが斬新であなたもまた一度試してみて欲しいわ。

あと

みんなも知ってる全国区大手メーカーが有名芸能人を起用し東京ローカルでしかやってない広告とかを見ると

わ!なんか東京感あるなって新幹線東京横浜間で思っちゃうほど、

地方では見られない広告が見られて、

それもそれで広告見るのだけでも楽しいっちゃ楽しいのよね。

わ!ビオレシートで浜辺美波ちゃんが脇拭いてる!って感じ。

まあ所変われば品変わるってことね。

うふふ。


今日朝ご飯

トマトジュースアイスコーヒー

最近これが多いわね。

お昼はしっかり食べて夜控えめによ。

それをたんと食べた後で心がけようと思ったときはすでに遅しよね。

明日から頑張るパターン

デトックスウォーター

コールド水出し麦茶ウォーラー

この時季は常にボトルは清潔にしておいてね!

すぐカビるからこれだけが鉄則の要よ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2019-05-24

登山用品のおすすめ

登山始めたんだが、登山用品のおすすめあったら教えてくれ。

靴は、シリオ302

ザックは、ミレーサーフェス30

レインコートは、ストームクルーザー

なんだが。

2018-09-09

anond:20180909125629

 《先生の子供を孕む刑》それが麻衣ちゃんに下された罰です。麻衣ちゃんは二週間先生性交をし続けました。それも完全公開で。すぐさま実験施設ひとつが完全にふたりの閨房として改造されました。私たちはというと、先生麻衣ちゃんセックスを見届ける観客として一日中二人を見守る役をさせられました(先生は見られて興奮するタイプなのです)。誇り高い麻衣ちゃんがそんな恥辱に耐えられるはずもありません。しか麻衣ちゃんは二週間ひたすら先生性交をし続けました。プライドが高いがゆえにそのような恥辱には耐えられないはずですが、むしろプライドこそが彼女を支えていたのかもしれません。麻衣ちゃん先生に負けたくなかったか性交を受け切ったのです。実際先生は三日も経つと体力も限界に達してふらふらに見えました。しかし彼もまた国会議員として高いプライドを持つ者であり、ついに二週間耐久性交をやり遂げてみせたのです。憎しみ合うふたりの間には何か他のものが生まれていても不思議ではありません、が、それは私の勘違いです。訪問最後先生が車に乗り込むときになり、麻衣ちゃん先生男性器に隠し持っていたフォークを突き立てたのです。すぐに麻衣ちゃんは取り押さえられ独房に入れられました。スーツが血だらけになっていた先生がその後どうなったのかはわかりません。麻衣ちゃん独房自殺しました。私は彼女のことを忘れません。

 同居人がいなくなり寂しくなりました。美少女狩りは日本各地で行われているようですが、良質の絶頂エネルギーを産出できる美少女は限られているため、すこしかわいい程度ではいけないのです。日本人材はいつも乏しく、朝鮮半島超兵器危機は間近に迫っていると大人たちは焦っていました。

 本来なら私は高校三年生。私の青春兵器開発のために消えました。今更どうしようというのでしょう。失った時間は返ってきません。二学期が始まるな、そう思ってすぐのことです。先日、北海道大地震が襲いました。研究所も揺れに揺れてちょっとしたパニックになりました。研究所電気は完全に途絶えました。不安の中で私は麻衣ちゃんのことを思っていました。彼女ならどうするかと。彼女なら私に脱走しようというだろうと思いました。脱走防止用の入り口機関銃が起動しない今しかないと。私は大地震パニック状態と夜陰に乗じて研究所を抜け出しました。もちろんあのワンピースの姿でです。二年ぶりに壁の外に出てだんだん私は自分感情というものが復活してくるのを感じました。押し殺し、存在しないものとして扱っていた私の感情人間らしさ、尊厳というものが鬱勃と私に沸き起こってくるのを感じます

 私は山の中をひたすら走りました。真夜中でしたが、走って走って、転んで、また走って、とにかく走り続けました。涙が止まりません。とにかくがむちゃらに走って走って走りまくりました。やがて時間感覚がなくなったころ、私は前方にたいまつのような明かりを見ます。こんな山奥に人が、こんな時間に、と不思議に思いましたが、やっと見つけた手がかりなので明かりの方へ向かいました。近くまで来ると人影に呼びかけましたが、彼が振り向いたとき私はしまったと思いました。未開部族だったのです。毛皮をまとい奇妙なお面をかぶった未開人は私に気づくとうぉううぉうと唸り声を上げて警戒のポーズを取りました。私は早口で何かまくしたてますが、当然未開人には理解されません。未開人はたいまつを掲げて、大声で私に何かを訴えています。彼らの言語についての知識がまったくない私には何も理解できません。しかし、彼がこういったのだけは聞き取れました。

「さあたああんだあぎぃ!?

サーターアンダーギー!」

 私は全力で「サーターアンダーギー」と叫びました。未開人はぶるっと身震いすると、その場でひざまずいて私に対して祈りを捧げ始めました。顔を上げてとお願いしても彼は祈り言葉を唱えたままです。肩に手を乗せると、ふごぉという音を立てて未開人がひっくり返りました。彼の持っていたたいまつで山火事になりそうなところでしたが、なんとか私が奪い取ってやりました。

「さあたああんだあぎぃ!?

サーターアンダーギー!」

 未開人は手を振ってついてこいというようなジェスチャーしました。脱走の興奮も収まり、冷静になってみると体はもうぼろぼろで体力の限界が近づいていました。私はまた麻衣ちゃんのことを思いました。国会議員先生にも負けなかった麻衣ちゃんのことを。私も今倒れるわけにはいきません。自由になるんだ、そう強く念じました。闇夜の中をどれくらい歩いたのか、しばらくすると未開人の集落らしきところにたどり着いていました。まさか未開人がいるとは思ってもいませんでした。この辺りはもともと政府政府とつながりのある裏社会管理下に置かれていて、結社研究所が作られてからはなおさら一般人が立ち入ることはありませんでした。この時代にまだ未開部族日本にいたのかと、まさかこんなところに未開の土地があったのかととても驚きました。しかさらに驚いたことに、集落には文明人の先客がいたのです。黒のライダースジャケットデニムパンツ登山靴ではなくイタリア風の革靴、縦長の登山用のリュックという格好で、髭を蓄え、未開人とコミュニケーションを取っていました。話を聞くと彼は諸事情あって芸能界引退した後、旅に出てこの場所にたどり着いたとのこと。髭を蓄えだいぶ顔つきは変わっていましたが、私も彼をテレビで見たことがあります

「酒に酔った勢いトラブルを起こしてしまってね。とても反省しているよ」

 星がとてもきれいでした。未開人たちは粗末な小屋から出てくると私を取り囲みました。彼らが「さあたああんだあぎぃ!?」というと、私は「サーターアンダーギー」と答えます。すると彼らはひざまずいて私に祈りを捧げます。とにかく私は「サーターアンダーギー」といいました。私たちコミュニケーションはその程度のものでした。しかしすべてがそれで通じていたのです。

 元芸能人は今は佐藤と名乗っているといいました。

「いい名前ですね」

「いい名前だ」

 文明人がふたりと未開人が多数、原始的キャンプファイヤーのような火を囲んで私たちは穏やかなときを過ごしました。夏の夜は明けかかっていましたが、安心しきった私はいつの間にかその場で眠りに落ちていました。起きた頃には正午近かったでしょうか。佐藤さんのGPS時計によれば午前十一時近くになっていました。昨夜のうちに私の状況はなんとなく話してありました。佐藤さんも最初は信じてくれなかったようですが、事細かな説明を聞いていて、それに私の着ていたわいせつ衣装というのも説得力があったのでしょう、やがて佐藤さんは私の話を信じるといってくれました。

「これからどうする?」

警察に行きます

警察グルに決まってる。警察になんて行けばきみは研究所とんぼ返りさ」

「それじゃ、どうすれば」

「俺の別荘に行こう」

 佐藤さんは放浪生活の末に北海道のこの地が気に入り、莫大な資産を使って郊外に別荘を作ったのだそうです。山を降りると佐藤さん所有のベンツが停まっていました。私のこの格好では万が一人に見られたとき大変だからと、佐藤さんはレインコートを貸してくれました。大地震からまだ半日も経っていませんでしたが、ひと気のない道路平和のものといったように見えました。北海道全域が大停電だなんて私はそのときまだ知りませんでした。見送りに来た未開人たちが手を振ってくれました。屈強な男たちの数人は車を追いかけてきました。が、すぐに彼らの姿も見えなくなりました。田舎道をずっと行き、文明人の暮らす町を目指します。佐藤さんは地震のことが気がかりな様子でした。

「少しでも人の役に立って罪を償いたいんだ」

 うとうとしているといつの間にか周りの風景が変わっていました。そこここに人の気配、生活のにおいがします。人の世界に帰ってきたんだと思いました。佐藤さんは別荘に一人暮らしのようでした。地下一階、地上三階建ての独身男性ひとりには広すぎる豪邸です。居間には高そうなギターベースが飾ってあり、大型のテレビ映画館並みの音響設備が客人を圧倒します。もっと停電中なので電化製品はすべてガラクタ同然となってはいますけど。冷蔵庫ももちろん止まっていて、缶ビールチーズがぬるくなっていました。お酒はやめられなかったのだと知ると少し残念に思いました。

「行き先が決まるまでここを拠点にするといい。使っていない地下室はきみの自由にしなさい」

 佐藤さんは着替えを持ってくるといって螺旋階段を上がって行きました。数十万はしそうな白い革張りのソファに座ってほっと息をついて待ちます。思えば性奴隷としての二年間は私をすっかり変えてしまいました。この世の地獄を生き延びた人間として、これ以上悪いことは起こりえないという確信があるからです。もはや私は些細なことで動じる少女ではないのです。かといって自分大人かといわれればそれも違う気はしますが。特殊すぎる体験によって自分少女でも大人でもない何か非人間的な存在になってしまったように感じられます。少しずつ元の社会に順応していけたらと思います

 足音が聞こえてきました。螺旋階段から降りてきた佐藤さんは学ランに着替えていました。

「これに着替えなさい」

 手渡されたのは女子校の冬服と使用感のある白い下着でした。制服の方はよく見れば女の子なら一度は憧れる東京の名門女子校のものでした。なぜ佐藤さんがこんなものをと訝りながらも、今着ている衣服と呼ぶにはあまりにも特殊デザインである研究所の服よりはましであるというのも事実ですから、私は素直に制服に着替えました。佐藤さんは私の着替えを目の前で見ていました。本来なら私は男性の目を気にして着替える場所要求するべきだったでしょう。しかし私はまだそういった当たり前の羞恥心を取り戻すところまでは精神回復していませんでした。

「すごくいい……」

 佐藤さんの表情が変わりました。そして私ににじり寄ってきました。

佐藤さん……?」

 私は頭を両手で押さえられ、思いきりキスされました。佐藤さんの髭が当たってちくちくします。

佐藤さん!」

 佐藤さんは鼻息を荒くして口の中に舌を入れようと試みてきますわずかの抵抗はあったものの私は突入を許し、彼の舌と私の舌が絡み合いました。佐藤さんは獣のような激しい息遣いになり、慣れた脚の捌きで私を床に押し倒しました。馬乗りになった佐藤さんの日焼けした顔はまるで本物のヒグマのようでした。芸能人として現役だったとき肉体派として人気を博した佐藤さんの筋肉は見せかけではなく本物で、私はそれまで研究所の男たち相手では感じたことのない凄まじい力で蹂躙されました。抵抗無意味、ほんの少しの希望もない、体の内側から動きを止められている、そんな圧倒的な侵略でした。顔を舐めまわされた後、佐藤さんの舌は首を経由して鎖骨に向かいますそれから優しい手つきで、しか抵抗永遠に諦めさせる圧倒的な力で、私の上半身はむき出しにされました。佐藤さんはブラの上からかめるように乳房を揉み、やがて耐え難い欲望の高まりに動かされて荒々しくブラも外し(少し痛かったです)、乳首に噛み付いてきました。

「痛いです」

 左の乳に、右の乳に、行ったり来たりむしゃぶりついてくる佐藤さんはもう理性が吹き飛んでいるようでした。それから連続的な淀みない動きで佐藤さんの右手が私のスカートの中にするりと入り、下着の横から中指(だと思います)が膣へと入ってきました。

「ん、んっ」

 佐藤さんの右手の動きは熟練職人技といったもので、私の急所を的確に捉えてきます。獣としての本能に目覚めた佐藤さんは私の微妙息遣いの変化や体の動きからその場所を割り出しているようでした。素早く、的確に、効率的に私を攻め落としていきます自分の顔が真っ赤だとわかりました。体がほてって、頭がぼうっとしてきました。膣はじゅくじゅくで、私の頭の中もとろとろに融けてしまいそうです。

佐藤さん、佐藤さん」

 絶頂に達すると私は痙攣し、泥の中に沈みました。私が行動不能に陥っていると、佐藤さんはソックスを脱がせて指一本一本に多量の唾液を垂らしながらしゃぶりつき、それから下着を脚からするりと脱がせて、ちゃぷちゃぷ音を立てながら性器にむしゃぶりついてきました。私はもう声も出せません。されるがままで自分がどこまで行ってしまうのか、それはすべて佐藤さん次第でした。学ランを着ていた佐藤さんはついに脱ぎ始めました。といっても上半身そのままで下半身だけずり下げたという格好です。完全には脱ぎませんでした。佐藤さんのふるふると怒張した男性器が現れました。黒々した血管に野性味を感じる極太の一物でした。あんなに大きなもの身長百六十センチ程度の私に入ってきたら、私の股は裂けてしまうかもしれない、一瞬不安がよぎりました。しかし考える間もなく佐藤さんの男性器が私を貫いていました。

 感じたことのない衝撃でした。経験したことのないほど膣が押し広げられ、その刺激によって女性としての機能が目覚めたのか、膣もまた佐藤さんの一物に吸い付き、快楽を根こそぎ享受してやろうと超反応しました。私のすべてが脈打ち、快楽に耳を傾けています。どんな小さな快楽の芽もしっかり開花させてやろうと、私の全身のすべてに研ぎ澄まされた超鋭敏な感受性が宿りました。

 芸能界トップで鍛え続けてきた佐藤さんの腰振り運動はまさに本物。修羅場を潜り続けた一流の元芸能人からこそ、誰が相手でも最高の戦果を得るのです。妥協はありません。激しいコミュニケーションの中で私は何度も絶頂に達しました。最後佐藤さんは膣の中で射精するのではなく、紳士礼儀として顔にかけてくれました。私は佐藤さんの優しさに包まれていました。疲弊しきったふたりは荒々しい息遣いでしばらく床に横たわっていました。お互い全力を出し合って快楽を貪ったのです。

 その後、私たちはあまり会話をしませんでした。佐藤さんは私を地下室に連れて行くと、停電中で真っ暗な中に放置しました。鍵がかかる音が聞こえました。激しく愛し合ったふたりに何が起こったのか、理解が追いつきませんでした。佐藤さんはその日顔を見せませんでした。

 何時間経ったでしょうか、次に佐藤さんが顔を見せたとき、外は明るくなっていました。食事として渡されたのはカロリーメイト四箱と二リットルペットボトルでした。

佐藤さん」

炊き出しに行ってくる」

 そういって佐藤さんは地下室に鍵をかけて出て行ってしまいました。まだ電気は復旧していないので地下室は真っ暗です。カロリーメイトの箱を手探りで開けて、袋を切って、もさもさと食べ、二リットルペットボトルに直に口をつけて飲みます。食欲はあまりありませんでした。

 私はまた監禁されていると理解しました。佐藤さんは「行き先が決まるまでここを拠点にするといい。使っていない地下室はきみの自由にしなさい」といっていましたが、あれは私を安心させるための罠だったのでしょうか。拠点というのはそこから外へと行動し、補給や休息のために戻ってくるから拠点なのです。拠点に引きこもる場合、それを拠点はいわないでしょう。ここから出たい、私はそう思いました。しかし地下室には鍵がかかっていて私の力では脱出不可能です。まただ、どうして私の人生はこうなんだ、そう思って絶望しました。しかし涙は出ません。私はまた無意識のうちにこの状況に順応しようとしていました。

 真っ暗闇の中でうとうとして寝てしまったでしょうか。ふと気づくと激しい打撃音が聞こえます。何かを打ち壊すような荒々しい野蛮な音です。複数の巨漢が暴動を起こしているような、そんな音が地上から響いてきます。何か声が聞こえます。さあた、ぎぃ。あん、さあ。だあぎぃ。

サーターアンダーギー!」

 私は状況を理解しました。未開人たちが私を取り戻しに来たに違いありません。とてつもない嗅覚と体力、人間の潜在能力には恐れ入ります。私は力の限り「サーターアンダーギー!」と叫びました。すると文明人が失ってしまった身体能力を今でも保有している未開人の聴覚が聞き取ったのでしょうか、彼らもまた、あの舌足らずな「さあたああんだあぎぃ!?」で応答してくれたのです。未開人たちの声が大きくなり、打撃音も大きくなります。数分間の格闘の末、未開人たちは佐藤さんの別荘に突入しました。私は「サーターアンダーギー!」と叫び続け自分位置を知らせます。未開人たちは地下室への扉を見つけると石斧で破壊にかかりました。それはあっという間の出来事でした。すぐに扉は打ち壊され、光が差しました。すぐさま二十代と思われる三人の屈強な未開人が顔を出しました。彼らは部族の中でエリート戦士なのでしょう。着ている毛皮も一等のものです。

「さあたああんだあぎぃ!?

サーターアンダーギー!」

 戦士たちは私の前でひざまずき、祈りを捧げました。私は彼らをひとりひとり抱きしめました。

ありがとうあなたたちは恩人。とにかくここを出ましょう」

 佐藤さんの別荘を出た私たち四人は人目につかない場所を選んで移動しました。佐藤さんがいっていたように私は警察に出向いて事情説明保護を求めることもできません。文明人のすべてが敵に見えました。

 逃走の中で私はスマートフォンを拾いました。ブラウザを起動してみると「はてな匿名ダイアリー 名前を隠して楽しく日記。」とあります。これしかないと私は思いました。三人の未開の戦士たちに見張りを頼み、私は今この文章を書いています。私は誰かにこの事実を知ってほしいと思いました。日本では野蛮な人体実験が行われていて、美少女たちが日々絶頂エネルギーを抜き取られているということ。その結社には国会議員などが関わっているということ。朝鮮半島を消し去るほどの破壊兵器製造しているということ。

 味方はあまりにも少なく、敵は権力も数も備えています。私に勝ち目がないことはわかっていますしかしどこかの誰かにこの話が伝わってほしい、そして頭の片隅で覚えておいてほしいと願います日本平和未来のために犠牲になっている美少女たちがいるということを。

2018-07-30

ママはすごい

台風の中、7歳の娘をスイミングスクールに連れてった。

娘は11級に難なく合格したので、ご褒美にアイスを買ってやった。

--

帰りの車の中から小学生高学年くらいの男の子が嵐の中傘もささず、レインコートも着ずにずぶ濡れで歩いてるのが見えた。

「あの子どうしたんだろ、濡れてかわいそうだね」

「傘はないのかな」

と娘に話しかけると、しばらくの沈黙の後、

「うちのママはすごい」

とボソリと言った。

「どうして?」

と聞くと、

だってママは朝に天気予報を聞いて、今日雨が降るかどうかいつも気にしてる。」

「雨の時は、傘を持ってきなさいとわたしに言うんだよ。」

「きっと雨に濡れるとわたし風邪を引くから、そうしてるんだと思う。ママはすごい。」

「うちのママ子供を大切にするママだ。」

とそんな感じの事を言った。

俺は感動してるのを隠しつつ、

「そうなんだよ、ママはすごい。塩とか砂糖とか醤油とか、切れたことが一度もないんだ。いつも予備がある。すごいよね。」

と返した。

--

家につくとママは下の子テレビを見せて昼寝をしていた。

ママは色んなことを考えるから疲れてるんだね」

と言うと、

「そうだよね。ママもお昼寝したいよねぇ」

と娘は言った。

2018-04-02

anond:20180402112827

スキンヘッドにして服は全てレインコートにしてその他の布も使わなければ埃もなくなるんじゃね

2018-04-01

発達障害の夫のファッションセンスが中二か幼児レベルで酷い

夫は今年で40歳結婚して約7年になる。

タイトル通りなのだが、夫がおかしい。

ファッションセンスのこだわりがダメな方向に酷い。

4月の暑すぎる気候の日に、スノーブーツを履いて出かける。

バカの一つ覚えで、一度気に入った服を休日の度に着続ける。しかダサい

そのダサい、格好悪いという指摘を全く聞かない。

2歳児が天気の日に「レインコート着て長靴履きたい!!」と大泣きした結果、その格好で外出しているのと同じレベルである

まだ、白Tシャツジーンズで歩かれている方が、はるかにマシである

一緒に出歩くのが恥ずかしい。

ちなみに、夫の母親センスが悪い。

2018-02-15

[]2018/02/15

朝雨だったか長靴レインコート自転車乗った

長靴の最強・無敵感やばい

普通の靴でできるだけ水たまり踏まないようにとかしてたのがあほらしい

普通の靴にスーパービニール袋をはいて結んで濡れよけカバーにする必要もない

長靴のわくわく感は大人になっても子供ときと同じだ

ダサイ?靴がぐじゅぐじゅになってクサくなるより全然ましだし、濡れるのを気にするストレスないのってほんといいよ!

2017-10-22

台風の中の訪問

家でドラクエしてたらインターホンが鳴った

オートロックなのでカメラから確認したけど、顔がアップな上レインコートを着てて男性という以外よくわからない

ただ本人確認郵便を近々頼んでいたし、台風中大変だなあと思い一応出た

「xxxHKでーす」

一瞬本当に何を言ってるかわからなかった

わずどもりながら「え、あの、もう一度いいですか?」と聞いた

聞きながら、(あ、もしかしてNHKって言った?)と遅れて理解した

画面を見てると、私の問いかけを無視して大柄の男性オートロックガラス扉の前で開くのを待っていた

やっと男性の全身が見えた。レインコートでよく見えないが、宅配業者でも郵便局員でもなさそうだった

正直怖かった。NHKでも、そうじゃなくても、一人暮らしの家に見知らぬ男性を招き入れるのは怖い

男性には申し訳ないけど、扉の解除ボタンを開けることなインターホンを切った

宅配業者ならもう一回鳴らしてちゃんと身元を言ってくれるかなと思ったからだ

その後インターホンは鳴らなかった

少し安心した

検索したら、台風や大雨の時は在宅率が高く、NHK訪問販売業者が狙って訪問すると知った

いろんな人や、職業があるんだなあと感心した

2017-10-08

anond:20171008134717

雷雨強風のような時には傘によって自分や周囲に危害が及ぶ可能性もあるのだから、雨天時のマナーと言うなら(雨合羽レインコートを含めた)雨具、と範囲を広げた方がいいかなと。

台風テレビニュース映像を見ながら「なんで最近の人は風が強くても傘をさそうとするのか」と老母が憤慨していたが、あたしもこれは同感。

なお、あたし個人自転車通勤者なので雨天時は必ず雨合羽

2017-09-01

欧米人は何故傘をささないのか?そして傘の進化について

なんて偉そうなタイトルをつけたみたが、欧米人は何故傘をささないのか?と考えた後に観察してみると、

さないのは旅行者だけで(特にバックパッカー)、確かに自分バックパッカー海外に行ったら傘なんて邪魔な物は持たず、

マウンテンジャケットを着てフードをかぶった方が断然良い。

なのでこれは終了!


となると、残るは傘の進化

正直傘を持つのが面倒臭い

からといってレインコートも駅に着いたら脱がないといけないし、職場の最寄でまた着なくてはならない。

着たまま満員電車に乗るのは中々勇気がいる。

となるとやはり傘を持って歩かないといけないし、何がどうしたって片手は塞がってしまう。

雨を蒸発させるシールド?なんて非現実的過ぎる。

傘よ。おまえはこれから一体どこへいく?

2017-08-15

土砂降りの雨で差す傘って意味なくない?

今日もヒドイ雨が降っている。

大きな傘でも濡れるのにレインコートを着ないのはどうして?

寒い日に防寒対策しない人はいないでしょう?

2017-07-03

東京から一泊でいける景勝地

前に甲府に行く用事があり一泊の宿を取ったのだけど、次の日東京に戻るバスに乗るまで時間があったのでなんとなく昇仙峡に行ってみたらものすごくよかった。

関東近郊でそんな気分を味わえそうなところはないだろうかと検索してみるものの、写真だけではやはりよくわからないし、関東出身でないせいかどこどこ県という言葉にぴんとくるものも少なく雰囲気もつかめない

バス電車で1〜2時間でいける

・そこまで特別な装備がいらない(スニーカーレインコートや防寒着を用意、くらいの気軽さだと助かる)

・ほわ〜…となる景色が見たい(昇仙峡は岩が大きくかっこよくて最高だった)

・日帰りでなく一泊したい

・宿に大浴場・もしくは近場に温泉スーパー銭湯があればなおいい

こんな感じの場所はどこかないだろうか…

ちなみに食事に関してはさびれた食堂居酒屋牛丼屋でもラーメン屋でもどこでもひとりで入れるタイプなのでそんなに気にしていない

2017-04-28

100年後も傘差すの?

傘って不完全。形ではなく雨に濡れることが。

傘を差していても雨の勢いが強ければ濡れるし、風が強ければもうびしょびしょ。

VRが出来たり、車が自動運転になったり空を飛ぶようになっても人は傘を差すのかな。

とりあえず初めてレインコートにしようと買ったものの、

電車に乗る前に脱がないといけないし、中々不便。

濡れなくはなるけども。

2016-09-18

ユニバーサルスタジオジャパン

場内で売るレインコートの色を黒にするだけで雨の日のハリーポッターゾーン雰囲気がぐんとよくなるのになぜその程度のこともやらんのか

2016-06-03

http://anond.hatelabo.jp/20160528201911

ぼくは自転車おじさん。

自転車を乗るときは保管場所から公道に引っ張りだして、ズボンの裾抑えをしたりいろいろ準備がある。

降りるときも置き場を探さなくてはならない、鍵を閉じなくてはならない、で大変。

もちろん、雨が降ったらレインコートを着なくてはならないし、電車に乗せられない。

都会者はキックボードもいいんだろうな。

2016-01-15

電車

 精神障害者のおばあさんが大学生千円札を渡してしきりに話しかけていた。

 おばあさんはピンクレインコートを着ていて、ピエト・モンドリアンの格子の絵のようなパンツを履いていた。

 大学生千円札をもらった後、ひたすらおばあさんを無視していた。うつむいてスマホに集中しているふり。

「元気でね! また会おうね!」

 おばあさんはそう言って電車を降りていった。

 ……朝からやるせない光景に出くわしてしまった。

2015-06-19

レインコート

かわいいレインコートがほしい

かっこいでもいいけど

雨の日の外出、とくに自転車とかってなるとつらいね

2015-02-21

運転席の後ろに隠れる男子学生

とある理由から、私は地方田舎私立大学に編入してぼっちになって浮きました。

その大学は車で通学できるのでいつも車で私は通っていました。

ぼっちになってから友達ができない理由より過去問入手不可のため、精一杯自力勉強しある年に賞をもらいました。

すると急にある男子学生が私によく声をかけてくるようになったのです。

過去問をもっているので、よければコピーさせてあげるよ」

「なにか情報が入ったら教えてあげる」

と親切にも言ってくれるので、わたしも過去問があるならやりやすいかなと思いつつ見せてもらうことが2回ほどありました。

特に親しいわけではありませんが、試験時期になるとよく声をかけてくるので恐縮しつつコピーさせてもらうことをしていました。

それが1年ほど続き、たまにメール学内試験情報連絡を交わしている状態が続きました。

私がぼっちなのは相変わらずです。

ところが、ある夏の日に思案していたことが明確に起こりました。

編入2年後に、私はある難病にかかって通院しながら大学にかよう日々をすごしていたのですが、出席日数はぎりぎりになった状態になりました。

そして、ある実習中に継続して立っていられず倒れてしまったり、早退したりという日々が続いたのです。

服薬すればなんとかたてるので我慢しながら、出席していたのですが、前年度に学内で成績優秀賞のある賞を受賞していたこともあり、周りの人たちがとても中傷したりいやがらせをはじめてきました。

気にすることなく、気丈にふるまいがんばっていたのですが、いじめ(班実習で私にだけ材料を渡さない。物品を潰してくる。ノートを捨てられる)なども耐えて単位のために頑張っていきました。

もともとぼっちではありましたが、いじめや噂話、病気をもっていることの差別中傷が顕著になり、私はかなり学内で浮いてしまいました。

ですから、私と一緒にいる人はみんな私と同類になると周りから判断されてしまうことになるのです。

私は、みんなの前を通行しただけで鼻で笑われたりクスクス笑われるような存在でした。

そんな折、ある夏期試験試験問題についてコピーをさせてくれるとかいうあの男子学生はとても私の予想どうりの行動をしました。

彼は、私に話しかけるときは人のいる学内では堂々と話しかけてはきません。

こそっと誰にもわからないように話しかけてきて味方のような小声をこぼしてきます

過去問を手渡しするときも、学内でぜったい人のいないとこを指定してきます。(病気のこともあり、あまり冷房のない暑い物置小屋や隣町のコンビニまではタクシーで取りに行ったり等会うのが

だんだん苦痛になったので、このあたりでもう連絡を取り合うのをやめたほうが良かったのかもしれません。何度もそう思いましたが、過去問資料めあてに応じてしまった私も精神的にかなり弱っていたと思います。実際、貰う資料はあまり有用ものでなかったので、独学で良かったのは後から感じた印象でしたが・・・交友関係のないぼっちにはそれがわからなかったのです)

彼は資料を渡すとき、彼自身の友人にすら気取られてはいけない細心の注意を払います

私はぼんやりと、精神的にも当時はボロボロだったのでやさしい言葉や気配りに「配慮してくれてるんだな」と勘違いしていました。

しかし結局はそれは彼自身いじめターゲットにならないようにするための手段だったのでした。

ある夏の日、炎天下駐車場の車内でコピーさせてもらう資料情報を教えてもらっていました。

その時、学生が数人駐車場を歩いていくのが見えました。

おそらく、学内で私も見知った顔の人たちで、彼の知り合いだと思います

エンジンをかけてフロントガラスにサンシェード銀色のやつ)をかけたままクーラー全開にしてるけど、私は運転席に座ったまま見つかることはないだろうと思い、資料を目にしていました。

(当時、たまに具合が悪くてよく駐車場クーラーをかけて休憩していたことの多い私だったので)

しかしその時、彼は私のうしろの席で縮こまっていったのです。慌ててひっくりかえった声でやばいやばい愚痴っていきました。

「見つかるからあいつすごく言いふらす奴なんだ!言いふらされる!」

焦った様子で、後ろに置いていた予備のサンシェードや雨よけのレインコート(私が後部座席においていたもの)を頭からぶって20分くらい彼は身を隠していったのです。

私は、見つかるから、言いふらされるっていう被害めいた言葉にドキンっとしました。

胸が痛くなったのです。

私と一緒にいることで自分被害を受けるんだっていう彼の本心がうしろの席から聞こえてきて目に涙が滲んで行きました。

20分後、駐車場男子学生らが車にのっていなくなったあと、うしろの席の彼は汗まみれになりながらため息をついて安心した様子で起き上がってきました。

私はその間、すごく悲しくて不愉快でした。

しか過去問情報資料を教えてくれるのは助かるけど、逆にわたしもまとめた学内試験ノートやまとめ表を作成し、彼に提供していたのです。

そのまとめ表を複写して周りの人にもこっそり配ってるんだって彼は言ってたことも耳にしていたので、私のノートがみんなに役立ってくれてるんだなって密かに嬉しく思っていたのはたしかです。

(でも、周りはあいかわらず私を中傷したりクスクス笑っていたのでこの辺で私自身の精神ある意味、それ以上考えないよう麻痺していたようです)

からこっそりと、人目をはばかるほうがよいかなと思い、こうして会っていたのですが、これほどまで身近で私と一緒にいるのを人に知られることに恐怖する彼の行動に気分が悪くなりました。

特に好きでもない相手なので思わせぶりな対応をどこかでしてしまったのかもしれないけど、私と一緒にいることをこんなに嫌がられるのを目の当たりにして、涙がとまりませんでした。

運転席からホッとした顔で、冷や汗を垂らしながら「またね」っていうかれに、私は涙を拭って笑顔「ありがとう」って言って帰宅しました。

以後、私は彼とは連絡を立ちました。

病気治療の方に専念し、きちんと出席して単位をとることのほうを選択したからです。

そののち、寛解したあと進級テストで私は合格、彼は留年

私は卒業後、就職先でなんとかうまくやれています

友人も恋人もできて楽しい日々が始まりました。

風の便りで彼はまだ卒業していないそうです。

けれど・・・たまに、当時のあの彼の態度からショックを受けた日々をこうして思い起こしてしまます

いじめ中傷されてたり、ぼっちになっている人と一緒にいることを、周りに知られることをとても恐怖する人は確かにいました。

狭い団体とはこんなものだと今はわりきっていますが、当時の記憶は今でも苦しいです。

いまの友人たちや恋人にも私と一緒にいることをすごく嫌なんじゃないのかって不安になる時もありますが、やはり当時の行動が奇特すぎる環境なんだったんだなって思えるようにしたいです。

高校までいじめ経験したことなかったので、大学で本当に戸惑い辛い思い出ばかりの日々となりましたが、みなさんはいじめられたことはありますか?

そういうとき優しい言葉をかけてくれる人をどうやったら信じれましたか

私は今でも、大学時代のあの環境でのかけひきの残酷さにときどき思い出しては苦しんでしまます

2013-09-10

ceroLIQUIDROOM Ebisu

2020年東京オリンピックが決定した9月8日早朝。その日、我々日本人否が応でも7年後の日本想像せざるを得なかったわけだが、日本未来を予感させる出来事は同日夜の恵比寿リキッドルームでも起きていた。

今回のライブは、ceroとして久しぶりのワンマンライブだった。タイコクラブに始まりライジングサンに至るまで、全国津々浦々と様々な夏フェスに出演してきた彼らは、一回りも二回りも成長した姿を見せてくれた。ボーカル高城は自ら今回のライブを「文化祭」と形容したが、オープニングアクト表現(Hyogen)や、サポートメンバーの面々と力を合わせて作り上げられたステージには文化祭のごとく熱いエネルギーが集約されていたと言えるだろう。

満員のリキッドルームで観客たちが開演を待ちわびる中、開幕したステージに現れた高城ZAZEN BOYSよろしく「死ぬほど練習をして、マツリスタジオで練習をぶちあげてきたので」と観客から笑いをとる。そして、告知されていなかったオープニングアクトである表現を紹介するとさっと身を引き、表現演奏が始まる。

アコーディオンバイオリン一曲目のみ)、アコースティックギターウッドベースの4人組からなる表現ceroと関わりの深いバンドだ。ギター古川高城高校の頃からの知人であり、その後もcero表現で互いに切磋琢磨してきた仲だ。お互い尊敬しあえるバンドとして成長を遂げた両者が集い、久しぶりの対バンとして出演する彼らを見て高城舞台袖で涙を流していたそうだ。

さて、表現演奏はというと、全員がコーラスを務めているのが特徴的だ。セリフのような歌詞メンバー全員が声を張って歌いあげる様はまるでミュージカルのようであるスキャットハミングを多用し、途中ポエトリーリーディングのようなシーンも挟まれることによって、声の持つ魔力を改めて感じさせられた。もちろん楽器演奏も素晴らしく、アンプラグド楽器アンサンブルによるオーガニックなサウンドは、その名に恥じぬオリジナルな「表現」となっていた。ceroコンテンポラリーエキゾチックロックオーケストラであるのと同様に、彼らもまた名前通りに素晴らしいバンドであった。

ceroを見に来た観客も大満足のオープニングアクトであったが、ceroの開演までは20分ほどの転換があった。幕の裏から聞こえてくる様々な曲の断片は、これから始まる演奏への期待を高めるには十分だった。

いざ幕が上がり、「セロセロセーロ」と叫び続ける入場曲と入れ替わりで始まった一曲目は“水平線のバラード”。ステージには点滅する6本の蛍光灯を背景に、メンバーが立っており、イントロスタジオ版にないトランペットから始まった。しっとりとした雰囲気で始まったステージだが、ノルウェイの森風のイントロから入り軽快なラップが冴える二曲目“ワールドレコード”でフロアテンションは急激に引き上げられる。続く三曲目“マウンテンマウンテン”の4つ打ち部分では後ろの方までほぼ全員が音に身を委ね踊っていた。

盛り上がった後一息つくかのように挟まれたMCで、高城cero表現の辿ってきた道を振り返る。そして「世界で唯一表現の全員とデュオを組んだことがある人」と名乗る荒内を「音楽ビッチ」呼ばわりするなどしてステージが暖かな笑いに包まれたところで次の演奏へ。

つの間にかステージから消えて戻ってきた高城。傘を片手にレインコート羽織った高城が歌うのは“21世紀の日照りの都に雨が降る”だ。続く“エキゾチックペンギンナイト”では「パーパパパー」と全員が高らかに叫びフロアをより一層祝祭的空間へと引き込む。少し落ち着いて始まった“クラウドナイン”も結局はcero特有の「祭」感へと収束していくのだった。

二度目のMCサポートメンバーの紹介から始まる。今までになく多くのサポートメンバーを迎えた今回は、ceroメンバー3人+サポート5人の8人編成だ。トランペットスティール・パンをこなすマルチプレイヤーMC sirafuのみならず、サックスタンバリン担当したあだち麗三郎表現での演奏とは変わってパーカッション古川麦ドラムの光永渉、ベースの厚海義朗という5人のサポートメンバーがそれぞれ紹介される。

ひと通りメンバー紹介が終わると、スタジオ版に比べて遅く重厚な“大洪水時代”のイントロが始まる。この曲から始まったVIDEO TAPE MUSICによるVJは、フェイザーのかけられたノイズギターと相まって、我々を水中へと誘う。そして、ノイズの海の中へと一筋の光が射すかのように響き渡るのは、高城によるフルート音色だ。最後には全員がしゃがみ、背景であったスクリーンが前景化される。水中の映像、そして流水音のSEと水の映像しか受け取ることの出来ない状況はまさに大洪水時代といったところか。そして、海つながりで次に演奏されたのは“船上パーティー”。VJには男女の横顔が交互に映り、高城一人二役セリフを言い合う。スタジオ版でも印象的な「ちょっと待った!」のセリフの後はじれったいほどのタメにより、聴衆をより一層演奏へと引き付ける。そうして引き付けられた我々観客が次に耳にするのは新曲、“我が名はスカラベ”。メルヘンチックな歌詞VJは、初めて聞く我々も十分楽しめるものであり、聴衆はみなceroのニューリリースへの待ち遠しさを煽られたに違いない。

新曲披露後のMCでは、大洪水時代から加わったVIDEO TAPE MUSICの紹介。そして最近高城のハマっている「文化祭」というキーワードに関連してTwitterにおける高校生つぶやきや、ceroメンバーそれぞれの思い出などと話が弾む。

再びメンバー紹介から入った曲は“Contemporary Tokyo Cruise”。本ワンマンライブ表題曲とでもいうべきこの曲ではミラーボールきらめき、最も「祭」感のある曲だったかもしれない。そして音は途切れることなく、思わせぶりな長い間奏から始まったのは“マイ・ロスト・シティ”。2ndアルバム表題曲でもあるこの曲では「ダンスをとめるな」という歌詞、その通り踊り続ける客、ダンスをする人々を映すVJが一体となっていた。

短めのMCを挟んだ後、演奏されたのはまたもや新曲、“yellow mangus”。ムーディーなサックスからまり展開されるのはceroお得意のディスコビート。そしてこれまた長めの間奏からはじまるのは“わたしのすがた”。途中挟まれる8ビートの部分では赤い照明が似合うほど激しい展開で、普段とは違った一面を見せてくれた。

最後の曲の前には今後の活動を仄めかすようなMCを挟み、演奏されたのは“さん!”。観客と共に「いち!に!さん!」と高らかに叫んだ高城は29歳の文化祭最後の盛り上がりを演出した。

しかし、我々の文化祭はまだ終わらない。アンコールを期待する拍手に応えて登場したのは高城橋本。残りのメンバーも続々と登場し、最後最後演奏されたのは“大停電の夜に”。ゆったりとしたメロディーはまるで蛍の光のように、我々を切なくも満たされた気分へと導き、文化祭は幕を閉じた。

実は、最後MCおいてなんとも頼もしい言葉があった。高城は、表現やVIDEO TAPEMUSICのような仲間たちを見ている中で「日本音楽がこれからまたちょっと変わっていくんじゃないかな」という実感を述べた後に、「俺達が変えるぞみたいな気概を感じている」と宣言したのだ。変わりゆく東京風景、そして変わりゆく日本音楽シーン。7年後、東京オリンピック開催を前に我々はこの日をどのように思い出すだろうか。29歳の文化祭には「ここから何かが変わっていきそう」な予感、そして希望に満ちあふれていた。あの晩、もしかしたら我々は時代目撃者となったのかもしれない。

2013-07-30

フジロック2日目

前日は空が白むのを見てから寝たにも関わらず、暑さゆえに8時過ぎ起床。

テントサイトにて、フジロック初回から参加し続ける猛者たちと杯を交わす。

潰れる一歩寸前まで日本酒を飲み、大声で歌いながらライブ会場へ。


・青葉市子

前野健太ソープランダーズを見逃し、フジロック2日目は森の中の青葉市子からスタート

会場は、青葉市子に似つかわしく、森の中にぽつんとある一番小さなステージ。狭いながらも超満員。

心地良い演奏にうとうととしてしまい、椅子から転げ落ちそうになったため次のライブに移動。

青葉市子の弾き語りは2週間前に下北沢音楽祭で見たし、前日の深夜にもピラミッドガーデンにて見ていたので特に感想はなし。


トクマルシューゴ

なんか日本バンドっぽくない印象。逆輸入アーティストからまぁそりゃそうなんだけど。

日本バンド演奏が上手く、サウンドメイキングにより強烈な個性を出すのは苦手、

そして海外バンドはサウンドメイキングにより表面的な個性を打ち出すのが上手く演奏は下手くそ

というイメージ勝手にもっているのだが、トクマルシューゴ後者に該当した。

演奏は下手くそというとさすがに言い過ぎだが、難しいギターフレーズCD音源のほうが綺麗に弾けてるし、バンドアンサンブルもなんとなくだけどそこまで息がピッタリという雰囲気でもなかった。

前日にギターの達人たちを見たかハードルが上がってたのかな?

しかおもちゃ箱を開けたようなサウンドはライブでも健在であり、楽しいライブであることは間違いなかった。

そういえばドラムの人が目測で身長190以上あって存在感半端無かった。


・SUZANNE VEGA

本当はオレンジコートVERY BE CAREFULというクンビアバンドを見たかったが、豪雨により断念。

フィールド・オブ・ヘブンのTシャツ屋でなんと2時間近く雨宿りをして意地でSUZANNE VEGAを見る。

何度テントに帰りたいと思ったことか。まぁこの時テント雨漏りしまくっていたわけだが。

しか演奏は素晴らしかった。フジロック三日間を通してのベストソングは間違いなくSUZANNE VEGAのLUKAだろう。

LUKAのリリースからは既に26年が経過しており、声の変化が心配だったが、そんなのは杞憂に過ぎなかった。

バンド編成はなんとアコギを抱えたSUZANNE VEGAエレキギターのおじさんのみ。

エレキギターのおじさんはルーパーを巧みに操り1人でドラムベースリズムリードギターをこなしていた。

最初は「おいおい手抜きかよ」と思ったが、今思えば逆にそれが功を奏していたといえる。

このシンプルな構成により、LUKAに限らずSUZANNE VEGAの声が前景化して、より感動的に仕上がっていた。

リバーブが思いっきりかかったおじさんのギターソロも際立っていた。


HURTS

豪雨によりずぶ濡れになった服を着替え、少し遅れてレッドマーキーへ。

ボーカルスーツに黒い革手袋真紅の帳に舞い降りた漆黒歌い手

いやー、モニターに足をかけて客席を指差すとかもう完全にV系です、ありがとうございました。

GLAYTERUみたいな感じとでもいいましょうか。

This song is called〜〜って演奏前にいう感じもなんか外国語ながら中二感を感じざるを得ないw

遅れて行ったからか、Wonderful Lifeが聞けなかった。

まぁ演奏よりも客を煽りまくる感じが気になったかなぁ。


・KENDRICK LAMAR

ビョークはあんまりからないし、死ぬほど混んでいたのでさらにわからないKENDRICK LAMARへ。

なんと10列目でラーメンが食べられるほど空いておりましたが、ライブ自体はとてもよかった。

まずDJセットではなくバンドセットで、B-BOYたちがバンドをやっている姿はなんともシュールだったw

そして、今風なアンビエントR&Bみたいなのを生で初めて聞いたのだが、あの手のものは音圧が半端無いんだということを知った。

Frank OceanとかJames Blakeとかも生で聞いたら恐らく音の風が吹いてくるみたいな感じなんだろう。

KENDRICK LAMARはとにかくアンダーグラウンドのワルみたいな雰囲気で、なぜか雨もやんでいてステージには屋根があるにも関わらず300円のビニールレインコートを着ていたw

ヌードッグシャンプーハットファッションとして着ていたりするが、これもそういうことなのだろうか…


JURASSIC 5

フジロックベストアクト、エンターテイメント部門はJURASSIC 5に決まりでしょう。

途中でタイコクラブで知り合った人に遭遇したり、後ろの人に声をかけられたりとテンション上がりすぎて、いつの間にか持っていたジン300mlをライブ中に飲み干していた…

ライブはショウとして完成されており、DJの二人によるショルダーCDJ!?)とショルダーサンプラーでのライブが挟まれるなど、90分間片時も飽きさせないライブだった。

そして脱退したと思っていたカットケミストが生で見られたのもなかなかに感動的。

前日のDJシャドウは深夜につき断念したが、カットケミストのターンテーブルさばきはしっかりと目に焼き付けた…と言いたいところだが、酩酊状態につきそこまで覚えていないw

DJももちろんすごかったが、前に立つ4MCもKICK THE CAN CREWのように、それぞれキャラけがしっかりとなされており、コミカルボディランゲージと共に最高のフロウを聞かせてくれた。

全てがノンストップにミックスされたライブだったので曲単位でこれがよかった!とかはあまり感じなかったが、BreakのサビやI am sombodyのコールアンドレスポンス酩酊状態だったにも関わらず鮮明に記憶している。

全体的にショウとしての完成度で言えば直前のKENDRICK LAMARを大きく上回っていたな、まぁ比較してもしょうがないが。


この後はJURASSIC 5で声をかけてきた人とそのお友達(みなさん私よりも10歳以上年上…)に二時間以上も絡み続けて、千鳥足テントに向かいましたとさ。

しかし、このおかげで翌日石野卓球まで踊り続ける仲間が出来たのは大きな収穫であった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん