「クレーム対応」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クレーム対応とは

2021-12-22

いつもありがとうございます

ラッピングバス松戸運行することについて、問題が出てまいりました。

理由こちらになります

支援いだたいた皆様のご意見もお聞かせいただけると嬉しく思います

夢が詰まった皆様の温かいお気持ちを大切に、今後も皆様と一緒に進んで行きたいと思います

https://twitter.com/ASE_Itakura/status/1473198129893634054?t=PTXPMzcilnsJhWcJjYUXMw&s=19

VTuberの戸定梨香のラッピングバス。クラファンで目標額に達したものの、まだラッピングバスデザインも決まっていないのにクレームが入ったとのこと。

これが本当のフェミニストだったらそれはそれでヤバいんだけど、フェミニストとかの皮をかぶった愉快犯や、精神を病んでいる人だったりするかもしれない。

クレーム対応って会社の体力削るよね……。

愉快犯か本物のクレームかわかる道具が欲しいよドラえもん

2021-12-08

コールセンターやってると思うんだけど

嫌味を言わないと気がすまない性質の人っていますよね。

クレーム対応なので何かしらこちらに非があるのは前提としても酷すぎる。

どんな人生を歩んできたらそうなるんだろ。幸福度低そうでとてもかわいそう。

2021-11-23

文章センストークセンスは別物だと知った

文章構成センスが凄まじい程に、私には無い。

周りの友人は、面白い事を文字でうまく表現していて羨ましいのだ。

それがとても羨ましい。

私もそのセンスが欲しいのだけど、いまいちからない。

どう書けば面白くなるのかが分からない。

トークに関しては、元々会話が好きだったせいか評価が高い。

普段店頭販売でお客さんを笑わせたり、クレーム対応も静かに終わらせたりしており、

プライベートでも会社飲み会でも、ちょっとした専用のトークタイムみたいのを用意される感じだ。

飲み会の時は必ず何か話せと言われて、自然な流れで笑い話や感動できる話が出来る。

普段の何でも無い事すらイベントにしてしまうので、楽しいらしい。

(私自身は、クドくないようにスラーっと会話しているだけなんだけど)

しかし、これが文章にするとなんとも表現しづらい。

会話が自身センスなので、文字に起こすと会話だらけになるのだね。

いわゆる 「」 だらけ。


から小説のようにはならない。ああい表現が出来ない。

だが、周りの人は出来てしまう。

悔しい。羨ましい。

文章センスというのは本を読み続ければ磨かれるものなんだろうかね?

同僚の子供にラノベを勧められたが、時間がなくてなかなか読めないのだ。

気合出して読んでみようかな。

2021-10-30

反社ブラック企業やばすぎわろた

入社時にスマホの型番と電話番号を伝える義務あり

入口の顔認証のため全身撮影女性にたいへん不評)

・怒鳴り声や叱責から会議が始まり30分毎回潰れる

顧客クレーム対応のために完全に反社な人をどんどん雇い入れる

反社社員同士でヤクザ映画みたいな「絆」関係が日々生まれていく

ヤバすぎワロタ

2021-10-28

クレーム対応の基本

クレーム対応の基本

①まずは個室にお通しする

②2人以上で対応する

③記録の取り損ねがあってはならないので、録音、録画、メモ許可をいただく

こちらの意見を挟まず、十分にお相手の考えを伺い、記録を残す

⑤鍵を閉める

大人しくなるまで鈍器で殴る

ロープで縛り上げる

トカレフを突きつけながら④の記録を読み上げる

御社にも定着されたい。

2021-10-21

給料上げてくれってメールしたら「上の者に掛け合っております」って返事きたけど

一顧だにされないわけじゃないのは少なくともブラックではない?

それとも絶対無理だったとしてすぐ断らないで一旦相談してるテイにすれば相手が納得しやすクレーム対応テクニックか?

あー少しでも上がって欲しいな。

2021-09-25

萌え絵貧乏神

結局広告主を悪目立ち・イメージダウンさせる効果

クレーム対応の稼働

必要になることが認識されつつあって何より

2021-08-26

しょうもないのに忘れられない言葉

たぶん自分以外は全く気にしていないだろうふとした言葉が、どうしても頭から離れず残っていることはないだろうか。心に残る名言とかそういったものではなく、もう少し生産性のないもので、忘れてもまったく困らないようなことなのに、なぜか忘れられずに頭にこびりついていること。

暇になったので、私の人生の各地点におけるそういった言葉をいくつかピックアップして振り返ってみる。


高校時代:「利休かよ」

私の出身高校はお寺に附属している私立高校で、地域のお寺の跡取り息子という生徒が各学年に何名かいるような、ちょっと変わった学校だった。そのため、選択科目の時間は「書道」「茶道」「修行」を入学時に選択することになる。

(この「修行」については実際のところ別の名称があるが、それを検索すると容易に学校名が特定できてしまうため伏せている)

そのシステムを全く知らずに入学した私はこの3択の中で最も普通そう…と思い「書道」を選んだのだが、入学して話を聞いてみると、圧倒的に人気なのが「茶道」ということが判明したのであった。というのも、茶道先生がとても優しく、また授業中に毎回振る舞われる季節のお茶菓子が非常に美味しいとのこと。そういうことは入試要項に書いておいてほしかったが、1年間は選択科目を変えられない。

初めての選択授業の日、同じように事前の情報入手に失敗したと思しき私たちクラス情報弱者達の顔ぶれは見事というほかなかった。何故か毎日きっかり30分遅刻して来る奴、入学2週間目にして校内でキティちゃんサンダルを履いている明らかな不良、冴えんメガネ(私)、金髪、などなど、明らかにクラスの上澄みが茶室に出ていった後の底に溜まっている淀みそのもので、狙ってもなかなか出来ないような吹き溜まり感のある人選が逆に面白かった。余談だが、書道先生名前はジュンコ先生といい、ものすごく筆順に厳しかったため、書き順子と呼んでいた。

とにかく異常につまらない書道だったが、それでも半年ほど一緒に同じ空間にいるとなんとなく仲間意識のようなものが出来始めていた。この環境に置かれなければ絶対交流を持つことはなかったであろうタイプの人と話す機会はそれなりに新鮮でもあった。金髪の子は毎回私の墨汁を借りていった。

ある日、いつものように選択授業の時間(3時間目だったと思う)になり、茶道クラスメイトたちが「今日お菓子何かな〜!」とか楽しそうにキャッキャしながら教室を出ていくと、同じくいつものように逆アベンジャーズけが教室に残された。すると、キティちゃんサンダルの不良女子教室本体よりもでかいキーホルダーがジャラッジャラについた携帯をいじりながら、私に話しかけてきた。

お茶メンうるせー。あいつら茶道楽しみすぎじゃね?利休かよ」

(注:「お茶メン」…茶道選択している人のこと。なお書道にそういうのは無い。)

ちょっとした衝撃を受けた。普段ほとんど寝ているか怖い先輩と中庭で話しているだけにしか見えなかった子が、こんな知的ツッコミを!と雷に打たれたような気分だった。私はその頃、初期のダウンタウンVHSヤフオクで買い漁るのが趣味というしゃらくせえ高校生だったので、このセンスはあまりに眩しく私を貫き、大爆笑した。その記憶と、ギラギラネイルの指先に収まるラインストーンがジャリジャリついた携帯電話の様子を鮮明に覚えている。

以来、いつも一緒にいる親友というわけではないがこの子との交流は付かず離れず続き、その後色々あった結果わりと有名なトップスタイリストになった彼女に、私は今でも髪を切ってもらっている。頻繁にこの「利休かよ」の話をするのだが、本人は全然覚えていないらしい。

 


大学時代:「じゃ あなた誰なんですか」

上京し、とある弁当店レジ打ちのバイトをしていた頃のこと。締めシフト(21時〜24時)の担当は2名、私とSさんだけで回すことがほとんどだった。Sさん自称大学生の25歳で、毎日ギターケースを背負って出勤していたがそれ以外の荷物を手に持っているのは見たことがなく、客が誰もいないとバックヤードで店内有線の安っぽいメロディに合わせてGLAYの「BELOVED」を熱唱している姿が印象的だった。有線じゃなくてギター弾けばいいのにと思っていた。

ある日、(本来ルール違反とされていたが)23時半くらいになると全然客が来ないため、私は閉店前にレジ締め作業を始めていた。すると、1人のおじさんがふらつきながら入店してきた。

おじさんは、警察官の格好をしていた。だが、何か違うような、微妙違和感があった。妙にテカテカしているのだ。おそらく、コスプレ衣装であることが分かった。そして、おじさんは猛烈に酔っ払っていた。顔は真っ赤を超えて紅蓮に近い色になっていたし、前述のようになぜ転ばないのか不思議なほどフラフラしていた。酒臭いというかは、「酒」の概念入店したのかと思うほど一瞬で店内が酒の匂いに包まれた。

おじさんは這々の体でレジカウンターにもたれかかると、蚊の鳴くような声で「た、逮捕しゅる…」とつぶやいた。いま思い返してみるとこの時点でかなり面白いが、当時はけっこう普通に恐怖を感じ、完全にヤバい事になったと思った私は、バックヤードからSさんを呼び出した。Sさん仕事こそ猛烈に不真面目だったが、やたら体格がよく強面なのでクレーム対応などでよく矢面に立たされており、こういった事態には非常に手慣れていた。状況を話すと、おじさんの対応に行く前にさっそく交番電話してくれていた。

その後もカウンターにもたれかかり「逮捕しゅる…」しかさない、警官風おじさん。ほどなくして本物の警官が2名お店に来る(ものまねグランプリで後ろから本人が登場する時のようだった)と、店内の様相を見て完全に笑いをこらえているのがはっきりと分かった。とりあえず交番に連れ帰って話を聞くとのこと。

警察です。わかりますか〜?大丈夫ですか〜?警察です〜」

警官風おじさんの右肩を持った警官が彼に聞くと、警官風おじさんは

「…あ!?

これまでのグデングデン状態から一転、いきなりビシッと立ちあがり警官2名を振りほどこうとした。

「おい!!離せ!!オレは警察じゃねえ!!」

警官を前に、誰が見てもわかることを絶叫しながら暴れる警官風おじさん。

すると、警官は極めて冷静に、

「じゃ あなた誰なんですか」

と返した。

その驚くほどの冷静さと、警官風おじさんと本物の警察官距離感の対比が面白すぎて、このバイトをやめて数年経つ今でも思い出して笑ってしまう。警官風おじさんはこの後わりと素直に連行されていった。Sさんはこの後、狂ったように笑いコケていたが、半年後に大麻で捕まりクビになった。

社会人:「あれ、歯 無ぇぞ!?

とある建設会社仕事をしていた(現在もしている)ときとあるリニューアル工事コンクリート躯体の大規模な斫り(コンクリートをいったん壊す作業)があり、おじいちゃんに近い職人さんが数人出入りしていた。夏場ということもあり、塩分補給用のラムネのようなタブレットを休憩時間に配布することが現場ルールとなっており、私も担当者として彼らにそれを配っていたのだが、ある日一人の職人さんがタブレットを受け取って口に入れると、

「あれ、 歯 無ぇぞ!?

と大声を出した。え?と思って近づくと、口の中にマジで歯がなかった。コンクリートを壊す作業振動工具を使って行うため、その振動で総入れ歯が取れ、歯がなくなったのではないか?ということらしい。周囲の全員が大爆笑していたが、本人には死活問題である。ひとしきり笑った後、解体ガラを探ってみたが歯は出てこず、歯無しのまま1日作業をしてもらうことになった。

粉塵の出る作業のため全員マスク着用で行っており、仮に歯が取れていたとすれば保護具の着用を怠っていたということにもなるため、それはそれで困る)

なお、結果的に歯は自宅で見つかったので事なきを得たのだが、振動工具を使っていて歯がポローンと出ていくイメージ想像するだけで未だに笑ってしまう。


とりとめもないことの割に随分文章量が多くなってしまった。人に伝えるには前提となる様々な条件の説明から始める必要があり、それなりに手間のかかることなんだなと思った。こういう、自分けが価値見出して大切にしている思い出の積み重ねで人間個別性を獲得していくんだなあと思った。

しょうもないのに忘れられない一言と、その思い出の話があったら教えてください。

2021-08-25

anond:20210825190553

だめかも。会社でお局さんから「〇〇クンって、なんだかいつも楽しそうだね」、

とかクレーム対応で謝ってるときに「なんだよ、その顔は!誠意がない」

とか言われるし、通勤の行き帰りで3~4回道聞かれたりするんだよ。

2021-08-24

俺はwebエンジニア増田


俺は連休休まない ダダッダー

社畜から マシーンから ダダッダー

だけどわかるぜ 燃える休出

きみといっしょに サービス残業

必殺パワー 社長権力

若い奴らをこき使う

中途採用 ボロクソいうぜ

俺はエンジニア エリートエンジニア

俺は 「出来ない」とはしゃべらない

営業もやらされてるから 目標未達だから

だけど値引くぜ 自社の糞製品

きみと一緒に 利益割れ

必殺パワー 3桁クレーム

スマホの電源切っておく

クレーム対応 嵐を呼ぶぜ!

俺は玄人

玄人社畜ダー

2021-08-15

クレーマーからの過大な要求を封じるためにすべきこと

理不尽クレーマークレイジー要求をサラリとかわす「ギブアップトーク」3フレーズ

「いま謝ったよな? 責任とれ!」とクレーマーに言われても切り返せる“3点ピンポイントお詫び法”

クレーム対応メールの書き方落ち度がない場合の例文も

場合によってはクレーマー謝罪したほうが早く解決する ...

接客業でのクレーム対応術 ~プロが教える6つのポイント ...

クレーム対応の勘所~クレーム対応の4つの基本手順

anond:20210815093209

2021-08-05

クレーマー

新しく機能を追加した。バグが見つかってバカが騒ぎ立てて疲れた

騒ぐ奴らへの対応で、弱小ワンオペ運営修正する時間がとれない。対応修正も同じ人間管理してんだよ、昼間からレスできるニートどもには想像できないと思うけどな。

で、運営対応に対してクレーマー言葉狩りを行うわけ。ちゃんと読めば同じ意味だけど文字が読めないのか文章理解ができないのか。あと質問に答えたのに重ねて同じ質問をしてくる奴もいた。回答をコピペって返すと満足してた。本当に文字が読めてないんだなって感動したよ。

SNSを見ると新しい機能を喜んでる声がたくさんあるけど、それ以上に今回のクレーマー対応疲弊した。クレーマー対応工数を考えると今後積極的に新しい機能の追加を行うことはない。

ついでにお前らが渇望してるイベントも、お前らのクレーム対応時間が取られて開催できてないんだわ。

お前らが最高のサービスを受けたいんだったら無闇矢鱈にクレーム出すな。お前らが自分たちの手で掴み取ったと勘違いしてる補填も、本当は前から決まってたんだよ。

あーあ、お前らがクレームさなきゃイベント開催できてたのにな。お前らがクレームさなきゃ新機能追加されてたのにな。お前らがクレームさなきゃな。

一昨日なんかポテチ食いながら作った謝罪文見た返信が「謝罪に満足した」ってさ。謝っただけで満足するのか、お前ほんとうにかわいそうなやつだな……

2021-07-30

anond:20210730171625

婚活ヤリチン混入

女会員がヤリ捨て被害を訴える→評判落ちる、クレーム対応面倒


婚活ヤリマン混入

男会員がヤリ捨てられる→男会員、セックスできて喜ぶ→評判落ちない、クレーム来ない

ヤリマンは万一紛れ込んでも困らないが、ヤリチンが万が一紛れ込むと困るので男からは金を取るということだろうか。なんか納得した。

2021-06-28

プラグを抜いているのは非正規雇用バイトさんではないか

今、全国で大量に動員されているバイトさん。

その中の1%が「もううんざりだ。ワクチンダメにしてやろう」

と思いつき、その中の1%がそれを実行に移す。何の不思議もない。

2021-06-27

anond:20210626205415

クレーム対応は仕方ないでしょ

一番生産性の無い仕事なんだから一番生産性の低い人に任せるよ

正規クレーム対応で手一杯になったら誰が非正規仕事を与えるんだか……

2021-05-30

anond:20210529230607

事務員がいないと営業仕事が進まないようになってるうちの会社の仕組み作った人、ありがとう♥️

おかげで安定して働けて年収500万超の私は幸せー😆

まあ他の単純なルーティーンワークとかしかやんない事務員年収もっと安いけどね400万くらいかな?

クレーム対応やら債権管理とかの管理系の事務から精神にしんどい、って人いるかもだけど全然平気ー😁

2021-05-29

anond:20210529112557

これはクレーム対応ベストプラクティスかもしれないですね。

相手理不尽要求をそのまま受け入れては公平性を保てない。

しかし、無関係第三者権利を譲ることで公平性を維持しつつ、クレーマー要求を満たせる。

そして、クレーマーに罪悪感というペナルティを与えることができる。

権利を譲った第三者は周囲からの賛辞と達成感を味わえる。

とても参考になりました。

2021-05-25

アホみたいなクレーム対応はいいとして

ナンバーディスプレイ対応してないからどこの顧客がどんな経緯でクソクレームつけてるのかわかんねえんだよ!

なんで今どきナンバーディスプレイ対応電話しかないんだよ!

もうメイしらない!バカ

2021-05-20

IE対応にしたいけどクレーム対応を考えると出来ない

例えばだけど病院の予約システムを作ったとする

病院がそのシステム契約して、HPなんかに「予約はこちから」と予約システムWEBページへのリンクを設置する

患者さんはその予約サイトからその病院に予約するわけだ。

この予約システムをいい加減IE対応にしたいけどなかなか出来ない

なぜかと言うとIEを使ってなにか不具合があったとき患者クレームする先は開発元ではなく病院になるから

病院人間がわざわざ「あーそれはIEは不可なんでEdgeChromeあたり使ってください。え?windows7?○ねカス」とか対応してられない

例えの病院なら客は老人だって多いわけで

インターネットが壊れて予約できない」

「お使いのブラウザは?」

ブラウザインターネットだって

「だからブラウザは?」

「だからインターネットって言ってんだろうが!」

とかもあり得る。

そうなると可能な限り対応範囲は広くしないといけないし、仮にサポート切れても暫くは対応し続けないとアカ

じゃないとクライアント負担デカ過ぎて商品にならない

みたいな話を偉い人にされて納得出来たような出来ないような

もっと客を選んでもいいような商売向けの製品ならIEなんて切り捨ててもいいんだろうけど、

例に挙げた病院もそうだけど役所とか社会インフラ的なシステムはなかなか話はうまく進まないんだろうなあと

2021-04-02

女性は可哀そうな存在だと思う

ちょうど6年前のことだ。そろそろここに書いても大丈夫だろう。

俺がいる部署の隣の隣の、さらに隣のブロック新人女子が配属されてきた。清楚な印象の子だった。25くらいかなと思った。

新年度になって新人女子が来るだけなら大したことじゃないが、その女子アユミさんとしよう)の隣には、俺が昔世話になった先輩がいた。年齢は40近い人で、頭髪の一部が白くなっている。

アユミさんも、その先輩も未婚だった。

その2人が、仕事でタッグになった。県営住宅管理運営仕事で、先輩が主で、アユミさんが副として業務にあたるとのことだった。

実際、2人はまさにタッグだった。週に2、3度は軽トラックに乗って現場に出かけ、窓口では県営住宅に住んでいる人の相談に乗り、職場の小さい買い物や改善活動も2人でやるように上から命じられる。

これは、あれだ。俺の会社ではたまにあることだ。

人事が、俺の先輩(アキオさんとしよう。アユミさんとともに原型を留めないレベル仮名にしている)に“嫁候補”をあてがったのだ。

言っておくが、アキオさんは、はてな語でいうところのKKO(※精神的な意味で)とは真逆人間だ。比べることすらおこがましい。

組織人として結果を出しているし、上司の指示に忠実だし、でも納得できなければとことん議論するし、同僚や取引相手には分け隔てなく接するし、後輩には男女問わずモテる

頭が切れるタイプじゃない。沈思黙考という言葉が似合う。

得意分野の広さがなによりも凄い。財務会計設備管理現場仕事クレーム対応、測量図面作成など、まさに何でもござれのヤバい人だ。ヤバい人、というのはもちろんいい意味で使っている。

お金がなくて月々の家賃が払えない人が窓口に来ても、何時間でも話を聞いているし、怖い人に怒鳴られても毅然とした態度を崩さない。

そういうところを俺もみんなも尊敬している。

ある時だった。仕事で嫌な事があってふてくされ、失礼な態度でだるそうに接客をしていたのを注意されたことがある。

お客さんが帰った後で、アキオ先輩は俺の肩に触れながら、「K君。そんなことしたらいけないよ。お客さんを差別したらだめだ」と諭してくれた。

それでも不貞腐れる俺だったけど、笑顔でずっと傍にいてくれたんだ。

それから段々と、アキオ先輩に敬意を払うようになっていった。

ところで。アキオ先輩は恋愛ができない。

これまで恋人いたことはないらしい。恋愛ができないというよりは、興味がないのだろうと思う。

アキオさんは、見た目はボヤっとしているかもしれないが、体型は細いし、ファッション清潔感がある。モテる要素はあるのだが、本人が恋愛に乗り気じゃない。

ほかの同僚が、飲み屋で先輩に女の子を紹介しているのを見たことがある。アキオさんは仕事ができるので、今のうちに恩を売っておこうという人は実際に多い。

すぐ後ろで、俺も立って話を聞いていた。

……アキオ先輩は、せっかく可愛い子を紹介されても知らん顔をしていた。ああ、そうですねみたいなやりとりばかりだった。

女の子の目が悲しそうだった。その時が初対面じゃなく、遠く離れた部署女の子だった。ずっとアキオ先輩と話をしたかったらしい。

話し始めて1分くらいかな? アキオ先輩が後ろを向いて、俺の二の腕あたりを掴んで合図をして、そのままスッと居酒屋廊下を歩き出した。

女の子と話しててくださいよ。あっちの席、男しかいないですよ」

「K君と話している方がいいんだ」

アキオ先輩に連れられて、男ばかりが5,6人いる座敷に戻った。

先輩は、飲み会が終わるまでその席から動くことはなかった。別の席にも呼ばれてたのに。ずっとそこにいた。

さて、そのアキオさんとアユミさんがどうなったかというと……

丸2年経っても、まったく何もなかった。あれだけ一緒にいて、同じ仕事をやってきて、それでも何も進展がなかった。

2年もの間、先輩はアユミさんに興味がなかったし(本人談)、アユミさんに彼氏はいなかった(本人談)。

でも、俺が見た感じだと、二人は仕事中に、お互いを信頼しあっているように見えたのだ。

その間に、アキオさんは40になって、アユミさんは26になって、俺は30を過ぎた……

時は経ち、3年目の始まりである4月1日をもって、アキオさんはかなり遠くにある組織へと出向していった。もちろん栄転だ。

アユミさんはこれからどうなるのだろうかと、不安になったのを覚えている。

アユミさんが不憫だと思った。

俺が勤めている組織では、できるだけ社員同士で結婚してほしいと人事部局が考えていて、いい年の男女を狙って同じ部署、同じ仕事に割り当てることがある。アキオさんみたいに評定がトップレベルの人だと、『特にいい子』(差別的な表現申し訳ない。ほかにいい言葉が浮かばなかった)が当てられる。

アユミさんは可愛らしい人だと思ったし、実際に仲間想いで、お客さん想いのいい子だった。しかし、アユミさんがいた部署というのは、いわゆるキツイところだった。入社1年目の新人が配属されることはまずないと言っていい。

肉体労働があるし、借主や不動産業からクレームがドギツイ。40メートルは離れているであろう俺の席まで罵声が轟くこともある。

でも、彼女は頑張ったのだ。身バレがこわいので具体性のある表現はしないが、ほかの女子社員よりも頑張っていた。見ていて辛くなるほどに。

そんな、尊敬できる人間なのに、男性社員の嫁候補としてキツイ部署に配属され、アキオさんとも結ばれなかった。3年目が終わる時には異動になって、また別の部署で嫁候補として過ごす可能性が俺の経験上高い。

今回、この記事を書こうと思ったきっかけは、先日こんな増田を読んだからだ。2つある。

ジェンダーギャップ指数って要は「男が責任負わされてる国」指数じゃね?

https://anond.hatelabo.jp/20210401175432

ここに書いてあることは間違っている。キンタマが付いていない男とは、こういう醜悪言論公共の場で行う人間を指すのだろう。もしくは、社会的地位があまりに低いために、世間社会に対して恨みを持つようになった人間だ。

実際の日本では、女性男性に比べて劣った地位にある。社会女性に「女の子っぽさ」を求め、会社では「上の役職にいくにはふさわしくない」と思われ、容姿が醜ければ「存在を軽んじ」られ、誠実でない男には「セックスの道具」として扱われる。

②1年間、片思いをしていたあの人を許せない

https://anond.hatelabo.jp/20210331211345

増田文学という小説ジャンルがあるくらいなので、この内容をそのまま信じることはしないが、仮にすべて事実だったとしよう。

アユミさんは、上の日記でいうところの投稿者に当たる。アユミさんはアキオさんに気があった。どうして俺が知っているのかは言わないけど、とにかくそれを知っている。でも、アキオさんは恋愛的な意味アユミさんを相手にしなかった。

恋愛において、女性不憫だと思うところがある。それは、「結果がわからないこと」だ。

基本、恋愛というのは男性から行くものであり、女性は待つものだ。女性からアタックできる人は少ない。よって、一般的女性は、意中の男性に誘われるのを待つことになる。

それだと、結果がいつまで経ってもわからないじゃないか

三か月待てばいいのか、半年待てばいいのか、1年待てばいいのか?運の悪い女性だと、3年待っても何もアタックがない(脈ナシ)かもしれない。

2021年現在アユミさんには彼氏がいるし、1年以内に結婚する可能性もあるし、仕事友達関係も順調だ。

でも、それはアユミさんが容姿がよくて中味もよかったからであって――基本的に、女性は可哀そうな存在だと俺は思う。

今でも人事は、『嫁候補』としての人事異動を行っている。

恋愛価値のある女性」が、「組織にとって利益のある男性」のための福利厚生の一環として用いられている。

今度人間に生まれるとしたら、また男がいい。女はできれば嫌だ。生き残っていける気がしない。生まれた時の容姿レベル幸せになれるか大体決まるなんて、どんな冗談だ?

努力して強くなれるのがいい。勉強でも、スポーツでも、仕事でも、恋愛でも、最初はヘタクソだったけど、目標に向かって努める力を重ねることで俺は上手くなってきた。

から、生まれつきの要素で著しく劣ることで、人生において逆転不可能状態に陥る女性というものが哀れでならない。

俺には社会を変える力はない。

けれど、少なくとも同じ部署で働く人や、将来俺の部下になる人には、男だろうと女だろうと関係なく幸せになってほしい。そういう職場組織を作っていきたい。

今の、これからの俺にできるのはそれだけだ。

2021-02-21

コラボ転用コールセンターで働いてた話

【前提】

大学四年生の後期で時間に余裕があった。

・今まで土日だけで時給1500円のバイトをしていたので、平日だけのを探していた。

【発端】

・時給1400円に釣られた。

・髪色自由

・土日入らなくてもいい。

・9時5時で終わる。

コールセンターの受電じゃなくて掛ける側だったのも心理的負荷が軽そうだった(受電だとクレーム対応させられそうだし)。

違和感

面接で「docomoNTTの身内がいる?」みたいな質問をされたのが今では印象に残ってる。

【入ってみて】

最初マニュアルを渡された。マニュアルの内容としては「Aで切り出して、Bと返されたらA+、Cと返されたらA-」みたいなのがずらっと書いてあった。

電話の内容】

予約の確認という求人だったのに、実際は光コラボセールスマンを家に訪問させるためのアポ取りだった。どこで入手されたかからない電話番号を押してひたすら掛けまくる。昨日は京都今日大阪みたいに日ごとに各担当地域が分けられていた。

また月に一回会社名と掛けている電話番号が変わるのもちょっと怖かった。

今日から○○○という社名で掛けてください。絶対間違えないように」って言われた。

階級

4クラスに分けられていて、初心者→初級→中級→上級と上がって行く。初心者から初級に上がるには何十時間電話をかけ続けたら自動で上がる。そして初級から中級、中級から上級は一日に何件アポを取ったかで決まってくる。

また朝礼、昼礼、夕礼があり、その際に上級になれば何も言われないけど初級は当然取れるアポ数が少ないのでめちゃくちゃ怒られる。

自分は全くアポが取れずに初級にいたので毎回その時間が嫌いだった。

【辞めた理由

一件アポが取れたら分かる様に物を置くシステムで、一日で一件もアポを取れなかったらすごく気まずかった。

また初級から上に上がることが出来なくなっており(アポが取れない)シフトを出しても全く入れてもらえない状態だった。

そして何より詐欺まがいの事をしていると二ヶ月間行ってようやく気がついたので、バイトに行くことが苦痛で仕方がなかった。

なので規則シフトを出してはいたが、入りませんように!とずっと祈っていた。

自分が掛けている電話番号をググる迷惑電話一覧と共にクレームがめちゃくちゃ出てきて普通にへこんだ。

対処法】

自分のところでは「代表者お願いします」とずっと言って代表者を出させてアポ取りという流れだったが、ちゃんサラリーマンを始めて代表者電話を回すなんてほぼ無理と言うことを理解した。

この電話が来たらガチャ切りして大丈夫です。多分相手も行けると思って掛けてません。

代表者すら出さなければ次のフェーズに行けないので断るかガチャ切りでいいです。

【今思うこと】

バイト選びはちゃんとしようね。

それと丁寧に扱ってくれないバイト先はすぐに辞めていいと思います

以上、読んでくれてありがとうございました。

2021-02-03

先輩に告白されてしんどい

突然OJT担当の5つ歳上の先輩に告白された。

入社して数ヶ月、丁寧に仕事を教えてもらったし、

クレーム対応自分がテンパっているときも親身になって助けてくれた。

社会人として尊敬していた。

今まで自分に優しくしてくれたのは下心があったからだと思うとかなりショックだった。つらい。

振ってしまったけど、明日からどんな顔して会えばいいんだろう。

2021-01-13

2021年仕事イライラしても、周りの人に分からないように自分の中で消化できるようになろう。

クレーム対応でもキレ散らかさないようにしよう。

イライラをそのまま相手テキストでぶつけないようにしよう。

電話も周りに聞いてる人がいないから油断して感情ダダ漏れになってる気がするので、無、ひたすら無となり感じ良く声高めに対応しよう。

でも上司にはたまに愚痴ろう。

2021-01-05

説得がうまく行かないときは串団子を思い出せ

10年くらい前に接客業で働いていたときの先輩の言葉年末にふと思い出した。

今になってみてもたしかにそのとおりだなと思えたので、思い出しつつ書いてみる。

思い出したきっかけは、母親初詣に行くといって聞かなかったのを今年はやめておこうと説得したことだった。

先輩が言うには、人は、問題が発生すると原因を考えて行動(解決)しようとするという。

そしてこれは、串にささった団子のように一直線に並んでいるらしい。

図にするとこんな感じだ。

問題に触れて、原因を予測して、行動に移すという、物事に触れる順番とは異なる。

時系列で言えば、もともと原因があり、問題が発生して、解決必要になるからこの順番なのだそうだ。

そして、多くの場合、人が人を説得しようとするとき、この行動に対して説得を試みるのだという。

今回の場合母親初詣に行くのは、このコロナ騒動が一日でも早く収まってほしいからと神様にお願いしに行きたいという気持ちからだった。

もしそれを説得する場合、以前のわたしなら、今の時期における初詣危険性を山程並べて母親の説得にあたっただろう。

しかし、先輩の説得モデルを使うとそうではなくなる。

この問題にあたる部分は、比較的に視覚化されていることが多く、また、皆が問題を共有できていることがほとんどらしい。

今回でいうと新型コロナ感染拡大による社会への悪影響である

それに対する問題意識は、母親わたしも共有できている。

それなのにも関わらず、行動という点において、かたや母親は「初詣に行く」、かたやわたしは「初詣に行かない」として行動が分かれてしまったのはなぜだろうか。

それは、予測した原因が異なるからなのだ

母親母親思考において、一直線に原因、問題、行動が並んでいる。

そしてわたしも、わたし思考において、それらは一直線に並んでいる。

その2つを重ねてみると、ちょうど問題を中心として、クロスするかのように角度が違っているの状態にあるのだ。

それならば説得を試みるのは行動ではなく原因の方で、原因さえ互いに共有できれば、自ずと行動も変わってくる=団子の角度が一致するというのが先輩の話だった。

そこで母親に、新型コロナ感染拡大の原因はどこにあるのかを聞いてみることにした。

母は、人の心の乱れが一番の原因だと言った。

なるほど。たしかにそれはそうかも知れない。人の心が乱れれば、規律を守らず身勝手な行動が増え、そしてそれが結果的感染拡大にもつながる。

それならば、人が集まることを禁止している指示を破り、人混みの初詣に行くことも、身勝手な行動ではないだろうか。

そういうと母親は一理あるといった顔をしてうーんとうなずいた。

今できることはなにか。それを母親と話し合った結果、3が日がすぎて落ち着いた平日、日中初詣に行くことにして、それまでは神様に待っててもらおうということで決着がついた。

おそらく、母親の行動を否定し続けていても、一時的な行動の中止はできても変化までには至らなかったはずだ。

そしてもしわたしの説得によって行動の中止をした場合、本人が納得できていない以上、行動を中止された恨みはわたしに向かう。

相手に良かれとやったことでいちいち恨みを買っていたのではたまったものではない。

説得は相手の納得なくしては強制しかならないのだ。

そして面白いことに、初詣には行かないと決めていたわたし自身の考えにも変化が起きた。

問題を中心として、わたしの団子も母親の団子に引き寄せられるように角度が変化したのだ。

人の考えは羅針盤のようにくるくると変化している。

自分の考えだけが正しいと信じることは、それはそれで危険なのだ

先輩は、これをお客様対応ときに教えてくれた。

お客様が持ち出してくる何かしらのクレームは、つまり行動の部分にあたるという。

例えば製品問題があったとして、それをもとに原因をお客様なりに考えて、それにふさわしいクレーム要求)をしてくる。

もしそのクレーム対応するべきものではないとした場合、そのクレームがふさわしくないことをいくら説得しても無駄なのだという。

製品問題はともに共有しやすものだが、その原因と考えている部分の認識がずれたままなら、いくらクレーム対応しようとしても無駄からだ。

お客様からお客様の考える原因を聞き出し、その上で相手と正しい原因を共感することで、はじめてふさわしい要求は何かという話し合いができるのだという。

それに、もしそれでも過剰な要求をやめなかった場合は、それはもうお客様ではなく問題あるクレーマーとして切り分けができるのだとも言っていた。

事実、この先輩は、一回一回の対応は決して短いものではないが、全体を通すとほぼ最短で解決に結びつけていたし、その後にクレームが再燃するようなこともほとんどなかった。

クレーム対応として正しいかどうかは別として、自分ならそういう担当にあたってほしい思えるような人だった。

ちなみに、この論法を教えてもらってからマスコミの薄汚さがよくわかった。

マスコミ問題に対して原因を曲げて伝えることで、行動をコントロールしているのだ。

わたしたちは、その問題が、果たしてマスコミがいう原因によって引き起こされているのか、考える必要が求められている。

と、ここまで書いて、もともと団子よりも羅針盤の針になぞらえて例えたほうがわかりやすいんじゃないかってことに気がついたけど、もうまとめ直す気力はなくなってしまった。そのうちまた。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん