「偏執」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 偏執とは

2019-06-08

anond:20190608103706

こういっちゃ悪いがこういう偏執的な気持ち悪さがプレイ中にもにじみ出てたんじゃないか

2019-06-07

アラサー女がこっぴどく振られて立ち直れるまで

彼氏と別れた。私の年齢は俗に言うアラサー

気持ちの整理も兼ねて書いてる。

彼氏が何年も居らず焦って始めたマッチングアプリ元彼出会って、最初に付き合おうと言われた時は、「年下だし暫く楽しんだら別れればいっか〜」と我ながらクズ価値観から付き合い始めた。

告白される前のデートなんて、適当理由でお昼で切り上げ、夜は別のアプリ出会った男性と飲み歩くなんてこともしていた。

ところがそんな惰性で付き合い始めた元彼だが、一度付き合い始めたら年下なんて気にならないぐらい好きになった。

私は大いに浮かれた。

長く付き合った遥か昔の私の過去を受け入れて成長させてくれた元元彼を忘れられるくらいに好きになってしまった。

得意じゃ無い料理までしたし、元彼の家にいけば苦手な家事紛いの事までした。

浮気なんて有り得ないと思ったし、疑わしい行為なんて一切してしなかった。

でも別れた。

理由元彼仕事だった。

1月くらいか彼氏仕事が忙しくなり、外に出ずに彼氏の家で彼氏仕事しながら一緒に過ごすというデートが増えた。

月日を重ねていくうちに「半年先くらいまではどこにもいけない。」と言われた。

もちろん私は毎週会いたいと言っていたわけじゃ無い。

私自身も一人の時間は苦なく過ごせるし、数ヶ月くらい会えなくてもお互いが元気なら別に平気だった。

それを言っても結局毎週金曜になれば土曜は何時に彼氏の自宅の最寄り駅に行くか、なんて約束をどちらかでもなくしてズルズルと家デートを重ねて行った。

もちろんsexも減った。一か月以上しないなんてザラだった。

勇気出して誘って断られた時は、自分が酷く偏執的な人間のように感じてとても惨めに感じた。

普通にしかった。距離が近すぎる分、いつもどこか遠いように感じて、気にしないフリをして口には一切出さないでいたけど自分の中では限界だったようだった。

元彼はよく私に、元彼LINEに昔送ってきた女友達画像を見せたり、会社女の子のことを可愛い可愛いと言っていた。

平時なら気にしないし、自分も痛む心を抑えてその子達の事を普通に可愛いね!と言えていたが、寂しさ限界MAXだった自分はある結論に達した。

部屋デートを重ねるのは、他に外デートをする女がいるからだ、と。

元彼SNSをみて、変に辻褄があう子を見て、その子元彼浮気相手だ!と決めつけ、ある日元彼突撃した。

元彼の家の近くの公園お花見をした後の元彼の家で問い詰めた。

(ちなみにこの花見元彼時間がない、ということだったので1時間程で終了した。)

答えはno。今となっては真偽はどうでもいい事だが、その時は納得の行く答えを貰えた。

答えというのが、

本当に仕事が忙しいしそんな暇は無い。

端的に言って仕舞えばこんな感じだった。

そこから元彼仕事の話になり、今本当に忙しくて、付き合っている場合じゃない。だから別れるべきか…という話になった。

私は焦った。なぜならば浮気していないならまだ好きでいられる、という安堵感からの別れ話だ。

私は食い下がった。

「なら距離を置こう」

距離を置いてその間にいい人に出会って付き合ったらどうする?」

「私はそんなことしないよ!(私の心配してるんだな…!好き!)」

って当時の自分をぶん殴りたいお花畑思考なやりとりをした。

いい人に出会う、というのを彼氏が、という可能性を考えていなかった自分は本当に救いようのない恋愛脳になっていた。

そこから、忙しいなら本当に会うの控えようという事にして結局別れないまま5月になった。

そこから私は必ず今週は家行っても大丈夫か?無理なら言ってね!と必ず土日になる前に元彼に聞いていた。

私は会いたいも言わなかったし、寂しいを理由に決して浮気もしなかったし家デートを責めなかった。

一緒にいれなくても、お互いの存在を信じて大事にし合えている。という事実だけで幸せだった。

長期休み旅行に行きたいとお互いで話して温泉に行った。

行き先も宿も新幹線元彼が忙しいだろうと私が調べて予約した。

しかった。季節外れの満開の桜があの元彼浮気を疑っていた時に見た桜の思い出を塗り替えたようで嬉しくもあった。

旅行の帰る日、元彼の家にまた泊まった。

誘ったのは彼氏である。私は家での仕事は忙しくないのかと再三聞いた。

その夜、sexしようかという雰囲気になったが、ダメだった。

元彼萎えて途中で辞めてしまった。

挿入前に、「手か口がいい」という言葉を聞かないフリをしてそのまましてもらった。

けどダメだった。

今思えばもう私に気持ちが無い元彼に、どこか気付いていてムキになってたな、私、という感情しかない。

次の週も普通にデートをした。これも誘われたものである

その次の週、元彼スーツを選びに旅行以外で久しぶりの外デートということになった。

ちなみに私は洋服関係仕事をしており、人の洋服を選ぶのが好きだったりする。

そんな私だから彼氏もよく買う服の感想や、選ぶ時は一緒に選んだりしていた。

私は久しぶりの外デートにめちゃ張り切って新しい靴と服を下ろした。

元彼のお眼鏡に叶うスーツが無く、都内某所のスーツ屋を徒歩でひたすら探しながら回り、新しい靴だからか足がギシギシ痛んだが、それすら楽しかった。

時間も歩いてやっとお目当てのものがみつかり、彼氏の家に行こうか、という話になった。

至って普通に過ごした楽しい一日だった。

そのやっと足を休められる彼氏の家に着いたら別れ話をされた。

これまた仕事理由

「君に会わなきゃとそればかり罪悪感が強くなり、会うのが辛くなった。あと何年かは仕事や一人の時間を楽しみたい。だから君にも悪いし別れた方がいいのかなー……って」

今回ばかりは元彼の決意は固かった。

今思ったけどはっきりと別れたいと言葉にしないこの元彼言葉って本当ずるいよな…

思えばこいついつも私に自分で言いにくいこと言わせてたな…

話は戻して

最初は私も抵抗した。

私「別れるのでは無く、この間言ったように距離をおけばいいのでは?」

元彼「そうしようとして結局毎週会ってるじゃん」

は?である

長い話し合いの末、追いすがりたい気持ちを押さえ込み、元彼によし、別れようと言った時

元彼「え?どういう気持ちの整理したの?」

は?である

別れようと決断し、強がって泣きながら冗談や軽口叩く私に

元彼「俺も泣いてないで軽口叩けるようにしなきゃな」

は?である

とかくして別れた。

最後幸せになってね、楽しかったよ、気が向いたらまた連絡してねと未練たらしく、軽くキスハグをし、握手して、駅まで送っていく?と言う言葉を断り元彼自宅の玄関でお別れとなった。

帰り道、一滴も涙を流さず清々しい感情自分不思議だったが、

破局連絡をした結婚間近の友達から秒で電話がかかってきた時は号泣した。女って不思議

それで関係は終わり。

しかったし、幸せ時間もいっぱい過ごせたし、彼なりに私を大事にして貰えてた実感はある。

大好きなところばかりで会えない日も幸せだった。

嫌いなとこといえば

1.タバコの煙を私に吹きかけてくるとこ

2.タバコで歯が茶色いとこ

3.口が臭くやや不潔なとこ

4.自分の買い物ばかり付き合わせるとこ

5.会いたくなければ会わなければいいのに勝手結論だすとこ

6.ご飯作るスーパーの買い物で割り勘する時、自宅で一人の時に使う調味料なども入れてくること

7.仕事落ち着いたら水族館カフェに行こうと言っても渋っていたこ

8.朝起きてすぐご飯を作ってと言うこと

9.年増扱いしてくるとこ

10.私が好きなことの話をしても「全く興味ねーわ」とぶったぎるとこ

11.別に私が興味ないお笑い動画を延々と見せてくること

12.気遣い上手なくせに人の不幸を笑うとこ

13.やたら女の子写真を見せてモテ自慢か分からない痛い言動をするとこ

14.作って食べたお皿を下げずに先にタバコを吸うところ

15.他多数

向こうもこんな女とよく付き合ったなって思うけど、今でこそまじなんで付き合ってたってレベル。でもそんな嫌なとこも含め大好きだった。

そんな月並み言葉しか言えないかデモデモダッテ女は厄介だ。

最近では今でこそ別れて良かったと思える余裕が出てきた。

それこそ、友達から彼氏SNSスクショが送られてきて、それが予約してしか行けないような、男一人では到底行けないような、女子大人気の可愛いおしゃれカフェクレープ画像があったとして、

「やっぱ女かぁ〜」

って思って、念のために性病検査予約をいれたぐらいには元気だ。

楽しい時間ありがとう幸せになって下さい。

あと普通に好きな女が出来たのなら、仕事理由にせずに言って欲しかたかな!

人の物を欲しがる女とそれに入れ上げる男に付き合う理由もないから、そしたら私は普通に喚かず引き下がったのに。

それか、私が行きたいと言っていた君が渋ったカフェに一緒に行きたいぐらい大事な人が、私と別れた後に出来たのならいいけど、一応仕事に集中したいから会うのが苦痛ってのが理由だったよね???ん??

はっきり私に興味が無くなったと言えば良かったのになぁ……

結局君は自分悪者になって傷つきたくないから私のためと自分と私に嘘をついて、仕事理由にしたんだな。がっかりよ。

それでも一度は好きになった人だから幸せになってほしい。

あと言ったことないけど結構歯汚いかちゃんと磨いてブレスケアしてちゃん風呂入って寝て、次こそ彼女大事しろ!!!

あといくら好みが年上でも付き合うのはやめておけ!!!

といった具合にデモデモダッテの末にそう思えるようになっただけ今は元気だ。

次は年が近くて一緒にカフェとか水族館とか行ける人と出会えたらいいな。

結婚はしなくてもいい。割り勘主義だし年収なんていくらでもいいし、ハゲでもデブでもいい。

お互いが同じ温度で愛し合える、そんな人と出会いたい。

2019-05-11

anond:20190511011910

さびしんぼうかよw

おもしろいツリーだったのに最後はグダったね

いつみてもKKOの内紛はクソい、

というか一人突出して人権だの自由という言葉偏執する自由戦士がまじってるだけで自壊がはじまるんだよなあ・・

ほんと言葉チンピラ暴力団(一人だけど団)。

そして味方を着実に減らして「孤軍奮闘」ププ

たぶん「女と会話するのはオレ一人でいい」(ヒロイズムとみせかけたマザコン)だな

2019-05-03

妹の姉はありかなしか

話題になっている読み切り漫画の「妹の姉」

https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156652911821

これに対しての感想話題になっているのがこれ

http://lty.hatenablog.com/entry/2019/05/02/135439

要はコンプラ的にどうなのよという事なのかもなーとも思うけども。以下ネタバレですが最初自分結論から言うとこれはアリだと思ってます

作者のテーマ的にヌード重要ではなかったと思う

妹と姉の関係イチャイチャ)を描きたかっただけであり、それ自体がやや気持ち悪い偏執的なものだとしてそれはまた別の話、ともかく必要だったのは姉の動機づけで。

姉の事が異常に大好きな妹と、その妹に絵の才能であっさり抜かれた事で傷ついた姉のプライド。2人の間の溝は妹が異常なほど無垢で鈍感なので姉が自分解決するしかない。

姉が動くしかないのだけど姉には妹の絵に対抗するための強い動機付け必要だった。それは公に妹に対してムキになってる自分を認める素直さは持ってないから。単純なライバル視ではない別の理由必要だった。

でここで設定としてヌードと校内への張り出しというのが出てくる。自分ヌード玄関にドーンと飾られる、それは恥ずかしいか自分の絵でそれを塗り替えてやるとう動機づけさらに言えばこの展開により、妹よお前の脳内で美化された私ではなく、本当の私をちゃんと見なさいという意味も含まれることになり、この辺は妹への愛情表現と姉自身の成長も一発でかましていてすごい効いてる。正直これを思いついた時点で作者はよっしゃと思ったんではないだろうか。

じゃあヌードなかったら話にならないからやっぱ重要じゃん、というのはそうだけどヌードでなくても成立はするのだ。例えばこれがヌードじゃなくて普通の着衣座り絵とかだとしても、その才能に嫉妬自分の絵を描くという展開はできる。むしろそれならよりストレートに感動的になったと思う。ただその厚みをつけるには読み切りではややページが足らず少なくともドラマ構成前後編くらいにはしないと難しいと思う。

この作品に全体的にややコミカルな軽いノリが残されてるのも、カウンターパンチ的に最後オチテンポよく持って行きたかたからだと想像する。

じゃあ手放しで良い作品なのか

手放しで絶賛していいかと言われると自分ちょっとどうかなと感じた。

その違和感ブコメにある「アフタヌーン感」や「四季賞っぽさ」というのがすごくよく表してると思う。

単純明快な良い話の端々になにか作者自身精神みたいなのが見え隠れする感がある。少年誌なら作者の顔なんてまったく見えないくらい徹底して娯楽的なものにする場合が多い。実のところ少年マンガというのは青年誌にあるマンガとかよりずっと「大人な」マンガなんだよなと改めて感じた。

なのでこの作品少年マンガのように万人受けするタイプとはならないとは思うんだけど、どちらかというと手放しせずに大事にされる系のマンガだと自分は感じた。

きれいな姉の絵を描く妹、その絵が高く評価される、そして姉は(妹の絵ではなく)自画像を描く~という展開が素晴らしすぎる。

これがヌードでなかったらもっと良かったのになともったいない気持ちもある。ヌードのほうがインパクトがあるけどやっぱ安易になってしまうからだ。まあそれを差し引いても自分は色んな人が読めばいいと思った。

沙村広明ならどう描いたか

ついでだけど一番書きたかたこと。

絵のタッチ含めてなんとなく香る沙村広明臭。ではこの方が同じ話で描いたらどうなっていただろうかと想像した。

たぶん、ヌードの絵は容赦なくエロい絵になる。なんなら姉が妹のヌードを描くシーンは妹の頬を赤らめさせ吐息すら漏れさすだろうと思う。絶対にやると思う。

しかしながら、全方位的に言い訳しながら描いてると思う。なんなら小さいコマで姉に「お前なんでそんなエロいんだよふざけんなよ」とか言わせてると思う。

そういうノリツッコミ的な細かい描写を必ず入れることで「許してね」と言う確かな技術沙村広明にはあるのだと思う。これはいわゆる第四の壁破壊というやつでこれは扱いがとても難しい。へたに入れると一気に白けて作品世界に入り込めなくなる。極端な例としては「いや読者が引くだろさすがに」みたいなのを登場人物に言わせちゃうやつ。「妹の姉」はやや軽いテンポはありつつも基本はシリアスなのでこの手はあまり使いたくはないだろうと思う。ただなんとなく登場人物ご都合主義な設定に対して軽いつっこみを入れておく、くらいはできたんじゃないだろうか、沙村広明ならそれは入れてきそうだなと感じた。

といっても沙村広明版の「妹の姉」ならあーおもろかった、で終わっちゃいそうな気もした。それくらい軽く、しかテーマ性は感じさせることができれば一流なのかもとも思うけど。

2019-05-02

本を焼く者はやがて人間を焼くだろう

本を捨てる者はやがて人間を捨てるだろう。

本を売るものはやがて人間を売るだろう。

本をトイレットペーパーと引き換えにする者はやがて人間トイレットペーパーと交換するだろうし、本にポストイットを貼る者はやがて人間ポストイットを貼るだろうし、仰向けに寝そべり本を顔にかぶせる者はやがて仰向けに寝そべって人間を顔にかぶせるだろう。

……。

こうして並べてみると、本を焼くというのは特別というか異質あるいは偏執的な行為で、だから格言として成立するのだなと思える。

それが証拠に、例えば本を読むというのもある種の特別行為のように権威づけされてる向きもあるため、本を読み込む者はやがて人間を読み込むようになるだろう、と書くと割とありがちな格言になる。

2019-04-17

anond:20190417164318

2019-04-15

自分が今まで評価されたことのある能力

興味を持った物事を「自分が納得するまで理解する」癖がある。単純な自分スペック普通だと思うが、若干偏執的なところがあるようで。興味を持っている限りとにかくしつこく考える。1から100まで自分言葉だけで物事説明できるまで理解しないと気が済まない。結果として正しいか間違っているか関係ない、自分が納得できるかどうかが問題だ。

そうやって1から考えた理屈他人説明すると、ちょくちょく「わかりやすい」「面白い」「新しい視点だ」などの評価を受ける。例えば勉強だとか。作品キャラ考察だとか。ゲーム戦略面の考え方だとか。ADHD傾向の人にはそういう能力があったりなかったりするとか聞いたような気がする。

その利点の分、見えている視界は狭いんだろうけど。

2019-04-06

CCさくらロリコンを生み出したと言うが

そんなに好きだって奴おるんか

実際にあのキャラが好きだっていう

偏執的な奴はみたことがないぞ

2019-03-09

anond:20190309194125

大丈夫?それ妄想おじさんじゃない?強迫神経症になる前にお医者いったら楽になるかもよ

妄想じゃなく身の回りにそういう偏執狂的な言動する人がいたら付き合いを見直せ

日記かくなら俺ですすみませんって語尾につけろ

2019-03-07

anond:20190307164126

うつのなりかけなだけじゃね? 

増田が全員うつだなんておもうなよ、偏執とか被害妄想とか増田でさえ多種多様なんだから

2019-02-15

anond:20190215141552

馬鹿みたいな愉快犯とか、

場を引っ掻き回すことに快楽を感じるキチガイとか、

そのゲームのことが嫌いで嫌いで仕方がない偏執狂とか、

そういう連中を集めて・騙って金に変えてる迷惑アフィブログとか、

他人を害するだけの死んだ方がいい存在価値マイナスゴミクズごまんといるからな。

温泉絵里特別何か秀でた理由があるわけでもないのに、

わざわざ見えてる地雷を踏みに行く必要はないってなるだけだ。

2019-01-19

anond:20190119165759

愛国者外国反面教師にしたりせず常に自国だけを見てそれを褒め称えよ、ってこと?

そっちの方が偏執的に感じるけど…

2019-01-11

久しぶりにEGコンバット1巻を流し読みした

流し読みでも30分くらいかかったわ

最後のたった十数ページのカタルシスのために250ページ以上も偏執的にまだるっこしくしつこくねちねちと積み上げられた文章存在する

これぞ秋山瑞人

これぞ

2019-01-09

anond:20190109150433

ツイッターやり始めたことで頭よくなったり性格よくなったりした人を見たことがない。みんな攻撃的で偏執的な思考キチガイになる。ツイッター見続けてキツくなって死んじゃったとか、悪いけどバカ丸出しだと思う。

でもツイッターで頭狂って人生台無しにしてる人は山ほどいる。

家に押しかけるかブログにぶちまけるかの違いで根本的に異常な偏執に関しては何も違いはないのであった

2019-01-07

anond:20190107135433

許されなくなって来てる、じゃなくて許さないと偏執的に主張する一部のアンポンタンがいる、だろ。

言葉は正しく使え。

anond:20190107134758

まーでもやっぱり商業で出せない偏執狂的な内容のものが多いか

同好の士にだけ売ってくれていいよー

日本人印刷物と食へのこだわりが同人誌に結実しただけでしょ。

買う方もフォントとか誌面につられたとしても

本当に見てほしい内容にまで好意もつわけじゃないとしたらそれはある意味成功でありつつも失敗なわけで。

2019-01-05

京大受験の思い出

anond:20190102063518

なんか盛り上がってるので参加させてくれ。

[基本スペック]

ややADHD気味で人の話に集中できない。図形脳で言語スキル特に会話)が弱い。

親は両方中卒で無口、兄貴不登校引きこもり、弟は知恵遅れ気味。親に何かを教わったという経験があまりなく、親の無口が自分にも遺伝している。

家は全く裕福ではなく、父親過去名鉄会社で工員勤務。俺が小さい頃に仕事中の事故で片足を失ったがそれでも家族を養うために働き続けてくれた。

[中学校]

大阪西成に近い、低階層クラスの家庭が沢山あるエリア。なのでヤンキーが沢山いる地域だった。周りの奴らと比べて頭の出来が良いかも?という自信はあったが、ある時進研模試を受けて自分偏差値が55程度であることを知る。しかしその当時は偏差値意味もよく知らず、周りは皆偏差値45ばかりの中55とってる俺は輝いて見えたし、学年一番の偏差値60の奴が天才に見えた。

勉強はあまりしなかったが図鑑などを読むのは大好きだったし特に数学が好きで他のやつが解けない難しい問題を解けるという自信があった。

周りの友達にはあまり行儀の良い子はおらず、いつも誰かの家に集まって夜中までワイワイゲームしたり、夜の公園に集まって時には朝まで駄弁ったり、楽しかったがあまり真面目に勉強はしなかった。授業中はほぼ教科書落書きパラパラ漫画を書いていた。

授業中騒ぐようなことはなかったが、もともとADHD気味で人の話を聞けないのと、夜まで遊んでいたり早朝新聞配達バイトをしたりしていたので先生からの覚えは悪かった。受験の時に「お前は内申点いか公立いけんぞ」と言われた。金のない親には非常に申し訳ないことをした。

[高校]

結果偏差値55くらいの私立高校に行くことになった。

高校に入って最初の構内統一試験みたいなものがあり、そこで自分は大して頭が良くないらしいということに気づいた。周りの友達と話をしていても、なんか自分の考え浅いし遅いな、と感じることが増えてきて、それまで自分はそこそこ頭いいと思っていたのが叩き潰されて結構なショックを受けた。この時に感じた自分は凡人以下であるという自己認識はその後の人生に大きな影響を与えた。それと同時に英語国語は負けてもいいが数学だけは負けては行けないというプライドに火がついた。

高校偏差値は高くなかったが担任教師偏執的に関関同立に執着しており、お前たちは人生に勝つために勉強しなければいけないという脅迫まがいのプレッシャー毎日のようにかけてきた。もともと中高一貫の進学組は大学受験マインドが高く、関関同立目指して頑張るぞ、という空気があったので自分だんだん感化されて勉強するようになっていった。

担任教師人間性としてはそびえ立つクソだったが奴がいなければ今の自分はなかっただろうな。

だんだん勉強が楽しくなり、受験マニア友達ができたこともあり、書店参考書を眺めるという日課ができてきた。

当時家に金が無いことはわかっていたので小遣いはもらっておらず、どこかに遊びに行くとか美味しいものを食べるとかできる状態ではなかった。思い返せば高校の間友達プールに行くとか遊園地に遊びに行くとかそういう経験は一度もなかったな。

しか書店にある沢山の参考書を買いたい欲が日に日に強まってきた。そこで、小遣いはもらってはいなかったが毎日昼飯代として500円支給されていたので週の半分くらいは昼飯を食わずお金を貯めることで月5,000円くらい貯めてこれで参考書を買ったり駿台夏期講習に申し込んだりできる仕組みを開発した。

参考書の数が増え真面目に勉強をするようになり、やはり自分数学能力は人より優れているという自信を再度取り戻すようになった。数学は本当に楽しくて熱中した。そのうち数学先生から大学への数学」の存在を紹介されて毎月購読するようになった。

と同時にやはり自分の頭の回転は良くないので自分が将来何かを成し遂げたいのであればただ一つのことに時間を集中しなければ他人には勝てないという確信を持つようになった。

から毎日往復二時間に通学時間の間はずっと参考書を読むようになった。Z会速読英単語など、最初は全く意味を取れなかったが何度も何度も読みまくることで次第に英語が読めるようになってきた。

高校3年になった頃にはもう勉強が非常に楽しくて生活の中心になっていた。特に大学への数学では毎月巻末に難問が出されて解答を編集部に送ると添削してくれるのだけどそれに本当に熱中していた。この問題は本当に難しく、自分の頭では数時間考えた程度では全く解けず、数日、時には数週間同じ問題をひたすら考え続けるという生活を送っていた。夜寝る前まで布団の上で考えて、眠りながら考えて、朝起きたら布団から出ずにまた考え始めるということをしていた。今考えると頭の使い方が稚拙というか同じところをぐるぐる周ってる感じだったのだけど、そうやって何日も考えると解答が思いつく瞬間が必ず訪れるのでそのカタルシスに当時は本当にハマっていた。毎月添削結果が送られて来るたびに模範解答のエレガントさと、自分の地をのたうち回るような回りくどい議論の差を見せつけられやはり自分は凡人であるということをつきつけられた。点数はいつも150満点中145程度で一度も満点を取ることが出きなかったのは悔いが残る。自分過去の思い出とかにはあまり執着がなく、京大博士卒業証書も使いみち無いのでゴミに出したのを友人に止められたくらいだがこの添削結果だけは今も大切に保管している。

自分記憶力が異常に弱く国語歴史は非常に苦手だったのだけど、物理化学も覚えることが多くて困っていた。しか駿台の著名な先生山本義隆氏と石川正明氏)の書いた書籍を読み、覚える物理化学から考える物理化学へとパラダイムシフトを起こすことができた。ただ暗記するのではなく、なぜその式が成立するのか、なぜそのような化学反応が起きるのかというより深いところを理解できるようになった。同時に物事を深く認識するということが自分性格に非常にマッチし、そして自分はそのために人の10倍の時間を捧げることができるということが自分の強みである確信するようになった。この強みは40になった今でも活躍している。

この頃は駿台河合塾模試でも上の方に乗ることが多く、志望学科の中では上から2番目を取れるくらいにはなった。そうなると今度は予備校の方からただで授業を受けませんか、というお誘いが来るようになる。これは合格者一覧の名前を稼ぐマーケティングである。その中でも駿台数学特別講義という非公開の授業にお誘い頂いた。数学がよくできる学生を数十人集めて難問の講義を行うというもので、これもなかなか楽しかった。周りは皆灘とか東大寺の中に偏差値55の学校が混ざっているのはむず痒い感じではあったが、すぐに自分はやはり彼らとはレベルが違うということがわかる(毎回試験があって採点される)。一人明らかな天才がいて、その人は今有名な数学者になっている。

後のことは上記の事の結果でしか無いので端折るがセンターは確か国語社会が6割くらいしか取れず志望学科はC判定、というのが送られてきて先生が「気を落とすなよ」慰めてくれたが自分としては全く想定通りの結果であり過去模試の結果からこの差は二次で覆すことができるという強い自信が会った。

家の経済的事情から滑り止めを受けるということはできず、前記京大後期阪大のみを申し込んだ。これについては先生から怒られた。本当は阪大の後期にも申し込みたくなかった。

試験数学は色々ケアレスミスをしてしまったが大筋では正しい解答ができ、物理化学はどちらも1問しか間違えなかったので合格確信した。

しか合格した当時自分中二病を引きずっていたので一緒にいた親に笑顔特に見せず「合格した」とだけ言った。これは人生の最も大きな後悔の一つ。

大学に入った当時は研究者になることを夢見ていたが大学に入ってからは本当の天才を目の当たりにし、また博士課程卒業間際になり研究というコミュニティコミュ症では構造的に海外リア充に勝てないということに気づき断念、IT企業就職して今はスタートアップをしている。

2018-12-28

anond:20181228003346

今までのあらすじ

農林水産省水産庁あらくれ漁師親玉今日も海からタンパク質とるぞー

うそクジライルカ大事な魚種だな統計統計っと

なに?環境保全団体おまえらの食ってる牧場の牛と漁場のクジラのどこが違うんだ

なに?国連?うっせーなーセミクジラへらさなきゃサンママグロも減っちまうんだよ

調査捕鯨」っと これで科学者も黙るだろ、南極北極からタンパク質とるぞー

おっ?中国海洋タンパク質うまみに気づいたか

じゃあどうせ隣の中国ががっぽりとるんだから俺らも同じように勝手にするわ

 

みたいなことじゃないの

あと中国人は四足は机以外くうが

日本人も対してアミノ酸のないサメのしっぽをうまく加工して中国に売るくらいの偏執食品加工テクニックがあるので

実際本当に出回りだしたらクジラも美味しく食べると思う

2018-12-20

IP 漏れ漏れの件

この前爆サイなんて出てただろ。そういうこと。特定の人たちなんだけど。偏執狂が居るから。何年前のことかな。

オレはちょっと手を引く。

2018-12-07

anond:20181207025113

動物虐待とそれ以上の対人加害行為との相関については、たとえばhttps://www.mass.gov/files/documents/2016/09/qx/summaryofanimalabuseliteraturefinal.pdfこんな研究のまとめがあるよ。英語だけど面白いから読んでみたらどうかな。

それと動物虐待に罪悪感を感じない人とそれを繰り返す人ではまた違うと思うよ。罪悪感を感じないことは全てやらなきゃいけないなんてルールはないのだから

たとえば私は信仰心がないから、誰かの墓を踏んづけることに罪悪感は感じないけれどわざわざそれをやろうと思わない。嫌がる人がいるのがわかっているし、やったところで得るものがないしね。

個人的な考えでは社会動物虐待者のどちらが悪いとか正しいとかいうことを考えてもしょうがないとも思うね。第一動物虐待に限らず何かに偏執的にこだわるだけでもそれ自体精神病である治療対象となりうる、それが他人不快感を与える行為ならなおさら他人不快感を与える行為他人財産ペットとか)の損壊を繰り返さないと生きていけないなら、それは不便だし、治した方がいいということになるよね。障害の「社会モデル」みたいなものだけど、まず社会があってそれから障害だとか精神病というのがある。社会で許容されるあり方というものに馴染めないから辛くなるんで、辛くなるから治療しましょうということ。そこでそういう社会が悪いんだ、社会障害を作り出しているんと考える・言い換えることもできるけど、悪者を見つけ出してもつらさは解消されないでしょう?世間を納得させて風向きを変えられるような論があるなら別だけど(障害社会モデルが持ち出されるのは大抵そういう論の見込みがあるときだけ)。

それと法律愛玩動物規定されている動物虐待した時とそれ以外では当然法的な扱いが変わってきてそれは不公平に思えるかもしれないけど、法というのはどこまでいっても人間基準のものからね。本質的には動物のための動物愛護管理法ではなくて、動物愛護しないと傷つく人間文句を言う人間、それによって乱される社会を守るための動物愛護管理法ということ。だから人間に愛されやす動物とそうでないもの区別があるのは仕方ないんだよ。そこらで殺されまくってる蚊とかハエとかからしたら腹立たしいだろうけどね。

2018-11-26

最後まで立っていた人が勝ちというクソルール

偏執的で失うものがない人が勝てる

執着が薄い人間は他に行く

2018-11-23

生きていれば必ずいいことがある。

そんなことはわかりきっている。今までだっていいことはあった。いいことがなかった人間なんてこの世にはいない。ここにいる、という人がいればそれは悪いことが大きすぎて見えなくなっているか、いいことが小さすぎて忘れてしまっているかのどちらかだ。

とにかくいいことがあったにも関わらず、それでも死にたいと思っている人がいる。

それは、いいことがあったからといって死にたいと思う原因が好転するわけではないことを暗示している。

加えて、いいことがあれば悪いことだって当然ある。いいことというのは主体的に追い求めないと手に入らないものが多いが、悪いことはそうではない。

死にたいと思っている人が、そんな空虚言葉自分自身でいいことを掴みとろうとする偏執にも似たバイタリティを発揮できるわけがない。

この言葉はそういう現実をはっきりと突きつける。

もしも励ましのためにこの言葉を贈ったならば、彼は彼女は、むしろこの言葉のために死を選ぶことになるだろう。

2018-11-16

anond:20181116211521

エンジニアから見ても、異常に技術力がある人間コミュ力問題抱えてる割合は間違いなく高いと思う

あれはやはりアスペとかサヴァンとか一種発達障害なんだろうな

連中は他人とのコミュニケーション能力を失う代わりに、

異常な記憶力や抽象構造理解力偏執狂的な技術への拘りを得ているんだろう

おかげさまで、技術的にはカスな俺のようなエンジニアにも需要があるわけだが

なかなか何もかも揃ってる人間というのはいないもんで、ある意味世の中ってのは上手くできてるもんだな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん