「ギャンブル依存症」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ギャンブル依存症とは

2017-11-08

ギャンブル依存症を克服した人の成功きっかけは意外なことだった話

inoueです。

何を隠そう過去の私はギャンブル依存症に近いものがありました。

もちろん、完全なギャンブル依存症ではないのですが、ある意味では克服してはギャンブル依存症から成功した人の1人。

ギャンブルといっても色々とありますが、私の場合パチンコスロット

負けても勝っても関係なしに打ち続ける日々は、今考えればクズ同然の人生別にギャンブルをすることがクズということではありません。

余裕もないのにただギャンブルをするだけの人生クズということです。

そんな私がギャンブル依存症から克服して成功したきっかけは意外にも簡単でした。


ギャンブル依存症を克服した成功きっか



完全なるギャンブル依存症の人は専門の病院に行くことをお勧めします。

おそらく自分自身が完全なるギャンブル依存症とは思いもしないはずですが、ギャンブルをするために寝食を忘れて、挙句の果てには借金をしてしまうのなら完全なるギャンブル依存症です。

そこまではいかなくても、なかなかギャンブルが辞められない人もいるでしょう。

勝っている時は何も感じないものですが、負けが込んでいるとどうしてもギャンブルをしている自分を責めたくなります

けれども、また次の日になると早々とパチンコ店に向かっている。

「そんなクズ人生はもう嫌だ!」と心の底から叫びたくなったのが、ギャンブル依存症を克服するきっかけでもありました。


ギャンブル以外の楽しいことを見つける




ギャンブル依存症を克服するためには、ギャンブル以外の楽しいことを見つけるに限ります

それがギャンブルよりも依存性があり、お金が減ってしまことならばまた問題ですが、それ以外のことなら思い切って楽しみましょう。

やはり、お勧めとしては体を思いっきり動かすことが大切。

ヘトヘトになるまで体を動かせば、ギャンブルをするエネルギーもなくなりますからね。もちろん、無理は禁物ですが最初こそは筋肉痛覚悟運動をしてみて下さい。



ギャンブル仲間との縁を切る




基本的ギャンブルは1人ですることが多いですが、それらを共有する仲間がいるもの

勝った負けたのどうでもいい話は、同じようなギャンブル仲間の中では楽しい会話にもなります

けれども、このギャンブル仲間との縁をすっぱりと切ることで、ギャンブル依存症から克服するきっかけにもなります

そのギャンブル依存症の仲間が友達ならば、一時的に縁を切りましょう。

お互いにギャンブルから卒業すれば、また会うなり遊ぶなりすればいいのです。ギャンブルだけで繋がっている人間関係ほどくだらないことはありませんからね。


ギャンブル依存症関係の本やブログを読み漁る




私がとくにお勧めするのは、ギャンブル依存症関係の本やブログを読み漁ること。

ギャンブル依存症の末路や、その後の最悪な人生シナリオ理解するのにもいいでしょう。

それらを読み漁ることでギャンブルをする時間も減っていきますし、理解すればするほどギャンブルをするのがバカらしくもなります

このようなブログ記事をひたすら読むでも構いません。

とにかくギャンブル依存症を克服するには、ギャンブルをしないことが前提ですからね。

ギャンブル依存症を克服した人の成功きっかけは意外なことだった話のまとめ




適度にギャンブルをするのは別に自由ですし、限度を守れば楽しいもの

けれども、ギャンブルをすることで人生がめちゃくちゃになってしまうのなら、それはやはり考えなくてはなりません。

自分けがめちゃくちゃになるのならまだいいのですが、家族他人を巻き込むとなるとまた話しが変わってきます

かにギャンブル楽しいですし、ギャンブルしか得られない不思議快感はあります

けれども、その末路は悲惨しか言いようがありません。

ギャンブル生活している人も中にはいるでしょう。それがいつまで続くかはわかりませんが、同じギャンブルをするのならその分野のライターなり、ブログを書きながらやっていくのがいいですね。

大半の人達はそこまでのエネルギーがありませんし、ほとんど継続できません。

勝っている時はいいですが、負けが込んでいるとパチンコは打っても文章などは打ちたくもなくなるでしょう。

からこそ、ギャンブルなどはほどほどの趣味程度でいいのです。

現実をしっかりと見つめつつ、これから人生を楽しく過ごすために考えていきたいものです。

2017-10-25

自民党政権が続く限り〇〇は実現しない」シリーズ

自民党政権が続く限り「同性婚」は絶対に実現しない。保守から

自民党政権が続く限り「選択夫婦別姓」は絶対に実現しない。保守から

自民党政権が続く限り「受動喫煙対策」は絶対に実現しない。飲食業界と癒着してるから

自民党政権が続く限り「米軍基地グアム移転」は絶対に実現しない。辺野古に作るから

自民党政権が続く限り「原発ゼロ」は絶対に実現しない。原発大好きだから

自民党政権が続く限り「ギャンブル依存症対策」は絶対に実現しない。カジノ作りたいから。

2017-10-20

お金を増やす方法パチンコ競馬でおまじないしても9割の人が勝てない理由

inoueです。

お金を増やす方法には様々なやり方がありますが、パチンコ競馬でおまじないしても9割の人は勝てませんし、お金は増えません。

そもそもギャンブル的要素の強い投資では、なかなかお金を増やすことはできません。だからといって、コツコツとサラリーマンをしながら、一生他人会社で働いてもお金を増やすことは難しい。

貧乏人ほどパチンコ競馬をする傾向があるのも事実ですが、そういうギャンブル好きな人は「おまじない」が大好き。

私自身も過去にはパチンコスロット無駄時間を費やしていたものですが、思考停止状態人間は、このパチンコ競馬が手っ取り早くお金を増やす方法と思い込んでいます

中にはギャンブル依存症もいますが、大半は手軽に「刺激」と「お金」が欲しいだけ。

そんなクズ人間になりたくないのなら、私自身の体験談を踏まえては以下のことを参考にして頂ければ幸いです。


お金を増やす方法パチンコ競馬邪道中の外道




当たり前ですが、パチンコ競馬で長期的にお金を増やすことはできません。

一時的お金を増やす人もいますが、そんなものは稀です。一発逆転とか楽をしてお金を稼ぎたい気持ちはわかりますが、やはり現実はそう甘くありません。

お金を増やす方法ギャンブル邪道中の外道最近ではカジノ法案話題となりましたが、日本ラスベガスのようなカジノができても、それがお金を増やす方法には必ずしもなりません。



パチンコ競馬で増やしたお金パチンコ競馬に消える




これは私自身の経験でもありますが、パチンコで増やしたお金は必ずパチンコに消えますし、競馬も同じように消えてなくなります

所詮はあぶく銭なので、手元に残らないのがほとんど。理由ギャンブルで稼いだお金は、何となく散財したくなるからです。

この「何となく」が非常に怖い。パチンコで負けたとしても、そのお金は「パチンコ屋に一時的に預けたお金」とか、「競馬勉強のための投資金額」など、よくわからない都合のいい理由自分自身を納得させます

とにかくパチンコで増やしたお金パチンコで消えるというのは理解しましょう。


ギャンブルは9割の人は必ず勝てないようになっている




ほとんどのギャンブルがそうですが、9割の人は必ず勝てないようになっています

パチンコも見せ台だけを設置して、あとは回収できるように調節しています

「そんなことは知っている!」と叫びたくなる人もいるかもしれませんが、そういう人に限って、たった数台しかない「見せ台」は自分が座ると思い込んでいます

この思い込みと自信は「さすが」としかいいようがありませんが、そんな自信をもっと別なところで使ってほしいと、過去自分説教したいですね。


お金を増やす方法は地道が王道




結局はお金を増やす方法には、「地道」が最適な方法です。

その上に大切なことは、「そのお金を増やして何がしたいのか?」ということ。

「とりあえずお金を増やしたい!」という考えでは、増やせるものも増やせません。

慣れてくるとお金を増やすことはそこまで難しくありませんが、そのお金を使って人生をよりよくする方が難しいということは頭に入れて置きたいものです。


お金を増やす方法パチンコ競馬でおまじないしても9割の人が勝てない理由のまとめ




断言しますが、パチンコ競馬をしてもお金を増やすことはできません。

どうしてもその分野でお金を増やしたいのなら、パチンコライター競馬ライターになるしかありません。

専門サイト運営したり、ブログ情報発信するのもいいでしょう。パチンコ競馬単体でお金を増やそうとするのではなくて、それを通してオリジナルの稼ぎ方を見つけていきたいもの

今の世の中はそれが可能時代です。

もっと視野を広げつつ、本気でお金を増やしたいのなら目先の利益に踊らされないこと。

とにかく「楽」をしてお金を増やす方法はどこにもないということです。


みなさんも楽をして稼ごうとせず、ブログ毎日書くことということからはじめましょう

2017-10-09

anond:20171009145828

使い捨てランキング上位ではあるけれど生きる価値なしランキングではまだまだランク外ですかね。

借金あり、ギャンブル依存症彼女なしでも年齢的には三十手前という部分で生きる価値なしランキング上位には喰い込めないんでね。

2017-10-05

ゴミクズ人間として人生を楽しみながら最後まで謳歌する簡単な3つの方法

世の中にはあらゆる人間がいて、その中でも「ゴミクズ人間」として人生を楽しみながら最後まで謳歌する人もいます

犯罪を起こさない限り、たとえゴミクズ人間でも生きる価値はありますし、人生は楽しんだもの勝ちです。

そんなゴミクズ人間でも、人生を楽しみながら最後まで謳歌する簡単方法を3つだけ書いていきますので、参考がてらに読んで頂ければ幸いです。

ゴミクズ人間として人生を楽しみながら謳歌する方法




何を基準ゴミクズ人間となるかは人それぞれですが、私が思うゴミクズ人間は「いてもいなくてもあまり変わらない人間」ということ。

中にはゴミクズ人間でも少し役に立つゴミクズ人間もいますが、そのほとんどはいてもいなくても気になりません。

そんなゴミクズ人間人生を楽しみながら謳歌する方法こちら。


①1円パチンコで刺激と小銭を得る


社会の役に立たないゴミクズ人間が、人生を楽しみながら謳歌するにもやはり刺激が必要です。

これは何もゴミクズ人間に限らずですが、とくにゴミクズ人間には刺激が必要。そんなゴミクズ人間が手っ取り早く刺激を得るのに「1円パチンコ」はもってこいの方法です。

ゴミクズ人間となるとさすがに「お金に困っている・ない人」が大半なので、4円パチンコはたまにしか打てません。

お金がない人ほどパチンコなどのギャンブルにのめり込みますが、そんなことを言われなくてもゴミクズ人間はわかっています

他に刺激を得る方法がない(知らない)ので、とにかく1円パチンコで刺激を得たいのです。勘違いしている人もいますが、ゴミクズ人間は何もお金けが欲しくて1円パチンコなどをしているわけではありません。

本当のところは「刺激と快感」が欲しいのです。

ギャンブル依存症にもみられる症状ですが、この刺激と快感を他の手段で得ることができれば、少なくともギャンブル依存症までにはなりません。



ヤフコメツイッターブログ誹謗中傷コメントを書く



ゴミクズ人間人生を楽しみながら謳歌する方法の2つ目は、ヤフコメツイッターブログ批判コメントを書くことです。

ゴミクズ人間には変にプライドが高い人が多いもの

からこそ、誹謗中傷コメントゴミクズ人間にとって当たり前の習慣。ちなみにヤフコメとはYahoo!ニュースに書かれているコメントのことです。

どんな記事でもいいのですが、コメント欄をみてもらえばわかるようにそのほとんどが誹謗中傷の嵐です。

書いている人のほとんどがゴミクズ人間とは限りませんが、ゴミクズ人間ほど悪意のあるコメントを書いています。それがゴミクズ人間にとっての人生を楽しむ方法

まさしくヤフコメ欄は「ゴミクズ人間の縮図」といっても過言ではありません。

もちろん、個人ブログへのコメント匿名ツイッターでの誹謗中傷ツイートも同じことです。


時間だけを消費するスマホゲーム寝落ちまでする


ゴミクズ人間人生を楽しみながら謳歌する方法の3つ目は、時間だけを意味なく消費するスマホゲーム寝落ちまですること。

別にスマホゲームをすること自体が悪いということではありません。私もスマホゲームしますし、内容によっては楽しいものです。

からといって、息抜きを超えては時間だけを消費し、寝落ちまでするのはさすがにゴミクズ人間の楽しみ方。

ゴミクズ人間はとにかく暇なので、1円パチンコをするお金がないときスマホゲームで刺激を得ます

お金がないのにも関わらず、お金を使っている感覚がないのでゴミクズ人間ほど課金します。課金自体は悪いことではありませんが、その課金するお金楽天クレジットカードからリボ払いという始末。

基本的楽天カードは誰でも入会できるので、ゴミクズ人間比較的持っているのが現状です。



ゴミクズ人間として人生を楽しみながら最後まで謳歌する簡単な3つの方法のまとめ







ゴミクズ人間として人生を楽しみたいのなら、これらのことを実行すれば謳歌できます

客観的にみてこのようなゴミクズ人間になりたくないのなら、このようなことをできるだけしなければいいだけの話。

何をもって人生楽しいかは本当に人それぞれですが、新たな分野や視野を広げるためにも、たまには違う行動はしてみたいもの

別にゴミクズ人間でも、心の底から今の人生が楽しければそれはそれで勝ち組

ゴミクズ人間だろうが、普通人間だろうが、結局は人生を楽しんだもの勝ちということです。

みなさんもゴミクズ人間にならないようにブログを書きましょう。

やはり自己表現的な趣味以外はカスから死ねというのが総意なのだ

死ねは言い過ぎた。

自己表現以外の趣味に没頭してる無産はカスゴミのしょうもない人間ということが人類結論である

ギャンブル依存症の、つぎ込む金額が月平均5.8万円だというニュース受けたカメラマンツイート

北村智史‏ @kitamura_sa 17時間17時間

その他

一か月にギャンブルで5.8万円を使うのと、同じ金額だけ飲む人と、同じ金額だけカメラレンズにつぎ込んじゃう人と、

誰がいちばんまともかと言ったら、誰もいないというのが正解。ただ、その5.8万円から何を生み出せるかが重要な点ではある。



anond:20171004163707

2017-08-10

https://anond.hatelabo.jp/20170810190537

はてなー天邪鬼病と謝ったら死ぬ病を併発している重症患者からね。

元増田の論旨はギャンブル依存症を生み出すという意味では競馬パチンコも同罪であるという点にあるのに、

「何が違うんだ?」と言われて、

「確かに違わないね、そうだ確かに同じギャンブルなんだからもう少し慎重になるべきだった、懐柔されてた自分が恥ずかしいわ」

反省すりゃいいものを、

ただ元増田問題提起に素直に乗るのは癪だ、

ただごめんなさい私が悪かったですと謝罪するのも嫌だ、

という汚れた心によってご覧の通りのブコメの反応になるわけだよ!

しかも、増田ウォッチャーの連中くらいならまあ半分ネタかとして見逃せなくはないが、

quick_pastやdeath6coinなんてのは横浜カジノ構想に反対してるし、

その反対の論拠はギャンブル依存症問題解決しない!とか言ってるんだからおいおいお前ら舌何枚持ってんだ?って感じだよな。

まあdeath6coinあたりはこういうこと言うと「あ、4枚ほどありますー」とか超つまらない返しでお茶を濁しそうだが。

2017-08-01

生活保護パチンコ

生活保護だがギャンブルタバコをやらない(酒は毎夜おちょこいっぱいくらい)って生活をしているが、

最近生活保護費パチンコに費やす気持ちが少し分かる。

生活保護ってのは、まぁ自業自得だが、誰からも認められない存在だし、人との接点も極端に少ない。

特に普通に働いている人間に対しては後ろめたさがあるから会いたくもないし話したくもない。

コンビニ店員に対してすら後ろめたさを感じて目を合わせられない。

だが毎月一日に生活保護費を引き出して、その足でパチンコに行く奴だけは同類だ。

同じ境遇から、後ろめたさもないし、話すのも気楽だ。

パチンコ自体思考を停止して、時間を潰せる。自分の惨めな境遇一時的に忘れられる。

上手く当たれば使える金が倍くらいになるかもしれない。

そのうち一般的に言うギャンブル依存症と、パチンコに集まる同類とのコミュニケーションへの依存症を併発する。

から彼らは生活が成り立たないと分かっていても、生活保護ギャンブルに費やしてしまう。

そんなところじゃないかなと最近思う。

俺もそろそろ生活保護半年に及ぶが、正直最近人目が怖いし、

からと言って人との接点がないこと、そのものにどうしようもない恐怖みたいなものも感じる。

人目が怖くて日が高いうちは外に出れない日も随分増えた。

完全遮光のカーテンを部屋につけて外が暗くなるまで布団にくるまっている。

から存在認識されたくないと言う気持ちと、俺はここに居るんだと主張したい気持ちで板挟みだ。

心療内科から貰う薬は量も種類も増えた。

同じ境遇ブラック企業で体を壊し生活保護を受けているような、

そして趣向の傾向が似た人間が居て、苦しみを共有できればいくぶん気が楽だろうなぁと思う。

そう考えれば生活保護受給者生活保護から脱するには、

同じような境遇同士による最終的に生活保護を抜けることを目的とした

コミュニティなのかもしれないと思う。

ナマポ風情が何を生意気言ってやがる。自己責任だ。自分でなんとかしろ

ってのはもっともだが、生活保護受給者であると言う身上が「何をやっても無駄である」と言う呪いになる。

個人じゃどうにもならないんだ。

2017-07-28

うつでの生活保護は甘え、ネットの(ある程度の)共通理解

明らかにどこでも否定されるのはうつ生活保護です。

その頻度からうつは新旧や程度の軽重に関係なく、生活保護理由として制度的に認められても、社会正義的に認められないと断言してしまっていいと思います

知恵袋から借用すれば、

生活保護になるような人は強制収容すればいいと思いますよ。

>で、施設で働かせるんです。だってあの人達生産性無いもの

アベ政権ナチスに習っているそうなので、今の政権のうちにうつ生活保護受給者に対する絶滅政策を作りましょう。

強い日本に怠け者は不要です。

うつ以外の社会正義が許さないことが確定的なライン

日本国籍じゃない

言うに及ばず。こいつらは国元に送り返せばいいので殺す必要はないでしょう。

どうせ祖国でも働かずに他人を疲労させるだけでしょうから

敵国に怠惰人間が増えれば相対的自国の力は強まります

社会正義が許してくれそうなライン

・軽度の知的障害者

身体障害者

ギャンブル依存症アルコール中毒者など

知的障害者身体障害者は受け入れ体制を作る余力のない中小企業での就労が難しいです。

大企業障害者枠や参加のグループ企業通勤圏内にないと労働は難しいでしょう。

後、見た目に分かりやすいってのも要因でしょう。

重度のうつかばんに自殺用のロープを入れてる人間より、義手をつけてる人の方が「かわいそう」に見えます

「かわいそうに見えるから許される」当然の権利ですね。

あ、余談ですが、企業障害者枠ですが、2ちゃんソースですが採用率は

身体>>知的>>(越えられない壁)>>精神

だそうです。

身体施設さえ完備していれば、健常者と同じに働くことができます

知的は単純な繰り返し作業に強く、工場等で需要があるそうです。

精神は出社が安定せず、細かなケア必要になることから嫌われるとか。

最後は、適切な治療カウンセリングを受ければ社会復帰可能性があると言う点でこちらに分類します。

社会に出てくることが望まれていないライン

・重度の知的障害

うつ以外の精神疾患統合失調症パニック障害

意思疎通が不可能レベル人格障害

はいはい差別主義差別主義

そんなあなた、重度の知的or精神障害者と思われる人を見たことあります

私は、100m先からも聞こえるような奇声を上げながら、駅構内ゴミ箱を開けて中身を放り投げる男性を見たことがあります体重は恐らく100kgを超える巨漢です。

それを必死で止めるのは、恐らく父親でしょう。見るからに疲れ果て服も身体もよれよれ。

そんな男性が羽交い締めにして止めようとしますが、知的障害者と思われる男性は軽々と父親らしき人物を突き飛ばしゴミを放り投げ続けます

人通りの多い時間でしたが、誰も声をかけないし、助けようともしない。私もしませんでした。

自身に余力がなかったと言うのもありますが、それ以上、その光景がにあまりに壮絶すぎて、直視すらできませんでした。

障害者自分らしく生きられる社会

誰もが頷く綺麗事ですが、現実はそんな甘くありません。

恐らくあの男性を何らかの労務につかせようと思ったら、屈強な男性が3~4人体制監視しなければならないでしょう。

自分仕事を減らないし、査定にもプラスにならないのに、そんな予測不能な行動を取る人間監視まで仕事に加えられることを想定してみてください。

ナマポ受給して家でおとなしくしててくれ」

となるでしょう。

統合失調症や躁鬱等の重いもの他者攻撃的な行動を取る場合があると言われます。これも常人には予測不可能で、それ故に表に出てくるよりは引っ込んでいてくれとなるのもしかたないでしょう。

それをひどいことだとも避けるべき考えだとも思いません。これはいわば「税金自分安全を買う」だけの話です。

年額20万の支払いで、予測不能な行動に出てくる障害者を家や施設に押し込めて安全を買えるなら安いもんじゃないでしょうか。

■繰り返しとなります

アベ政権とその支持者はうつと言う詐病患者絶滅させる政策を今すぐ取るべきです。

国民の大半は支持するでしょう。何故なら彼らはうつでなく、労働可能なのですから

うつナマポ寄生虫野郎として望むのはただ殺すまでの期間を短く、楽に死ね方法でお願いしますと言うことだけです。

共産主義国家がやってたように、数人一組で射殺して、そのまま穴に突っ込んで最後に埋める方法とかでお願いしたいです。

福島の重度汚染地域を使えば、詐病寄生虫をすっかり殺して埋めるだけの穴は用意できるでしょう。

2017-07-27

パチンコパチスロ規制パブリックコメントについて考えたこと

私はパチスロ4号機末期から打ち始めた。

俺の空CM清原がやっていたのがなつかしい。

----------

私は今回の規制に賛成である


高設定が110%程度の機械で大いに楽しめるし、

そもそも大体が設定1だとわかって打っている。


96~7%程度の機械予算内で打っているので問題ない。



また、射幸性を下げることは、依存症対策に(予防の意味特に)なる。

ギャンブル依存する人は、お金の増減に興奮を覚え、エスカレートしていく。

射幸性を下げたり、レートを下げることが興奮の量をへらし、ギャンブル依存症予防になる。

少額で多くのお金が手に入ったという体験を減らすことが大切だ。


----------


他の人の意見を探してみると、反対の意見が多かった。



その概要


依存症対策になっていない、専門家も言っている

・○○の方が悪だ、○○の方が依存症

警察天下りで儲けるな、保通協の費用高い

パチンコ人口が減りユーザー一人あたりの負担が増える、お店が儲かる

・その他、いちゃもん多数


全体を通じて、代替案や根拠のある指摘がなかった。

また「依存症対策になっていない」という意見以外は、

改正内容に関係のないコメント意味がないと感じた。




依存症対策になっていないことについて


現在依存症の人は医療機関サポート機関を利用し、自分自身で治すしかない。

なぜならギャンブル依存症ならば、他のギャンブルに興じるからだ。


心の隙間を埋めるためにパチンコに興じ、自分自身制御できない人も、

自分自身で向き合い解決しなければならない。

ショッピングなど他の依存症と同じだ)


これは警察庁だけで対応ができるはずがない。

あくま警察庁は、管轄パチンコギャンブル性を抑えるために規制する。

遊戯であるので、そこで起こる依存事業者対応するよう要請をしている。

出来る範囲のことをやっていると感じる。



専門家が言っているという意見について、しっかり名前を出していて、根拠のある主張が見つからなかった。

サポート団体の人は、パチンコ依存症の何人かに取材医者匿名)の何人かに取材をしていたが、

全体を見て判断している人はいなかった。

また、この団体代表パチンコの仕組みをよくわかっていないようだった。

ブログの他記事も、ロジックあいまい税金によるサポート必要か不必要か読み取りにくく、

主張に揺らぎを感じた。


しかしながらテレビネットニュースで取り上げられている。

この団体がいう依存症対策とは、重度の方に対しての対策であり、

それは医療機関などもかかわるため、厚労省に言うべきことだ。


主張をするタイミングは、IR法案のこのタイミングでいいと思うが、

主張をする先が違う。




・他のものの方が悪だ


ガチャの方が悪だ。


そんな主張があった。


このパブリックコメントに全く関係なかった。



天下り云々、保通協高い、通しにくくするな


一回140万~160万の費用がかかる。

一回で通るように設計すればいい。

非適合になるのは、規格ぎりぎりで作っているメーカーのせいだ。


私が好きな鬼神7は出荷が350台だ。

一回で適合した場合、一台当たり約4600円。

大した金額でない。


このパブリックコメントに全く関係ない。


・一人あたりの負担がふえる、お店が儲かる


イベント無駄な入れ替えをなくせ!

最終的にユーザー負担になる!

なんていう人にも思うことだが、

お店は必ずしも費用を回収できるわけではない。


人が来なければ、まるまるお店の赤字になる。


打ちに行かなきゃいいがな。

もしくは自分金額決めてうちなはれ。

そうすれば一人の負担は変わらない。


このパブリックコメントに全く関係ない。


いちゃもん多数


国民に対して、わかりやすアピールだけになっているとか

政治家に言えよ。


警察庁にいってどうするんだよ。



------------



反対派を読んで思ったことのまとめ



警察庁に言ってもしょうがないことだったり、

今回の規制関係のないことだったり、

的外れなことが多い。


なぜこうなるかと考えたが、

やはり射幸性の高い台がなくしたくないという考えが先に来ているからだと思った。

遊戯という名目を取っている以上、その考えを主張できる根拠は見つけにくい。

よっていちゃもんが多くなっていると考える。


そのような人たちは、パブリックコメントなんかに文章を書くぐらいなら、

団体になって議員に訴えたほうがいい。

立法をするのは国会なんだから


パブリックコメントを書こうと煽る

ライター映像会社大手ブログは謎。

2017-07-03

競馬を辞めるに至った話

昨年秋の天皇賞で初めて競馬場に行きそこからドップリハマってしまった競馬ですが、本日をもって辞めます

ので、そこまでに至った経緯などを書いていこうと思います

簡単にいえば

ギャンブル依存症疑惑

②買わなきゃ回収率100%である

③勝つことが目的になっている

ギャンブルに向いてない性格である

⑤負けまくった

以下に詳しく書きます

①はそのまま。ラジオ競馬中継に張り付いてるだけの土日を送るのはどうなのかと。他にやりたいことあるのに。平日も仕事中にトイレ地方競馬やるようになったら終わりだと思う。

②、③について。ボーナスの一部を競馬に突っ込んで増やそうと考え、たどり着いた答えが「その道のプロの買い目を買う」でした。

控除率を考えると期待値75%と言われる(体感もっと低い)競馬で勝つには相当な勉強必要だと考えています

(18頭立てなら1/18、約5.5%の確率単勝は当たるけどそれでは勝てないといった感じ)

予想から確率的な部分をなるべく排除する事で(上のような事が減るので)期待値はより高まると考えています

プロ馬券師の予想をコピーする事で私もその馬券師の予想のプロセスを手に入れる事が出来ます

とは言ってもその馬券師の買い目が当たるかどうかは別の話であって。

そして「馬券師の買い目のうちなんとなく外れそうな、のは買わなきゃ良いのでは!?」といった考えに至りました。

賢い方ならお気づきかと思いますが、馬券師の予想は当たるものとしてストーリーが出来ているため、「なんとなく外れそうだから買わない」選択肢自己矛盾が生じてしまう。

…と長く書いたけど、「ボーナス競馬に突っ込んで0になったと思うなら自転車グッズが欲しい」と思ったのが正直なところ。

④について。

決断力がなく、機を逃すタイプ人間ギャンブルに向いてないのは周知の事実

改めてそう感じたし、向いてないし好きでもないことをやるのは仕事などの義務的な事だけで充分だろうと。

⑤。なんだかんだ理由をつけたけど1番大きいのはこれ。勝てないギャンブル楽しいって言うやつおらんやろwwwww

さすがに取り返すのにしばらくかかりそうな額負けたのでここで辞めます。(額を言うとややこしくなるので言いませんが…)

周囲の競馬やってる人が勝ってるから自分も勝てるかといえばそんな甘い話ではなく、勝つために高配当狙いにシフトするのは期待値的に美味しくないので。

でも競馬は楽しかった。ダービー本命のスワーヴリチャードが直線で上がってきたときの興奮は凄まじいものがありました。そりゃ競馬にハマる人も出てくるわ…といった感じ。

以上。

2017-04-28

続 いわゆる吊り橋効果パブロフの犬

http://anond.hatelabo.jp/20170427172209

前回の実験に不備がありましたので、以下のように訂正しま

ドルドル

   360円 はいあなたはこの世に生をうけて半世紀以上経っています

   720円 はいあなたは注意深い人です

 129,600円 はいあなたギャンブル依存症です

2017-04-23

パチンコ競艇規制よりも先にスマホゲーの課金規制

が先じゃね?

2年間で1200万円も溶かすことができる、これはどんな悪徳パチ屋も真っ青な額だよ

こういう新型ギャンブル依存症スマホPC課金しすぎ)をどうにかするべきだよ厚生労働省


旦那ゲーム課金に1200万許せますか?

3年前に姉が急死し、その後に母が膵臓癌の末期で亡くなりました。こんな不幸が続くなんて現実を受け入れられませんでした。

両親は離婚しているので母は最愛の人でした。

母は子供お金を遺したいと昔から言っていて働いて貯めたお金で一括払込みの生命保険に加入していました。それが800万円

母が大切に遺してくれた私のお守りでした。旦那もそれは知っていました。

先週通帳を記帳しに行ったら残高ゼロ

他の通帳も記帳したら

貯めていた400万円もゼロ明細など確認したらスマホゲームに毎月異常に課金をしていました。約、2年半年で1200万以上。人生で1番苦しい時期を近くで見ていた旦那が母の保険金まで課金していた事が許せません。

旦那は、土下座をして謝りもうしない

一生かけて返すと言っています

返すあてもないのに

姉と母を亡くし辛い時期に、課金し平気な顔をして一緒に暮らしていたなんてゾッとします。発覚してから5日経ちましたが

許せません。 もう、どうやって信じたら良いかすら分かりません。

別居を考えています。冷静になって離婚すべきか?許せるのか?

皆さんなら、許せるのでしょうか?

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2017/0414/800712.htm

2017-04-21

ギャンブル依存症パチンコばかり叩かれるのはおかし

という業界人の主張があったわけだが

ギャンブル依存症の着地点はパチンコを叩いパチンコを含め公営競技にも取材をかける中で、一番たちが悪いのが競馬だという。

競馬子供連れでも行ける環境を整えているが、あれは将来の競馬ファンを育てるための作戦です。実際、子供に予想させている親もいますからね。まず、子供連れ入場は禁止しないと公平さがないと思いますさらに、3連単WIN5射幸性をどんどん上げて行っています公営からと言って射幸性を上げることや子供の入場を規制しないのはおかしい。ギャンブル依存症問題パチンコ人身御供にして終わりじゃないでしょうか」て終了か?

http://pachinko-nippo.com/?p=28503

あいつ(競馬)もやったのに俺(パチンコ)だけ怒られて腹が立つだって小学生かよwwwwwww

パチンコギャンブル依存症患者を増やしたのは事実。全国津々浦々に1万店近くもある事自体さら拍車をかけているね。

そこをよーく業界は考えろ。射幸心を煽る商売をやっとるんだから遊技者の自己責任はいえない。

遊技の範囲内であれば一日1万円以上は使わせてはダメだと思うが。

2017-04-19

ギャンブル依存症対策スマホゲームも含めるべきなのでは?

やたらと依存症依存症対策!とパチンコ公営ギャンブルクローズアップされるが、スマホゲーの依存症ギャンブル依存症として含めるべきなのでは?

スマホゲーのリターンはカネではなくデータからギャンブルじゃないだろ!依存症対策必要なし!という方もいるかもしれないが…

ただクレジットカード簡単バンバン課金できてかつ24時間365日、そして小学生ですら課金できるスマホゲーの仕様はどうかと思う。

射幸心を煽るゲーム提供するのだから本人の「自己責任」では片付けられないですよ。

とりあえず厚生労働省メール陳情してみたい。

2017-03-24

http://anond.hatelabo.jp/20170324144634

半年近くやめられてるなら完全離脱も近いだろうし頑張れ

1人で抱え込まずギャンブル依存症相談センターみたいなとこ行くべき

2017-01-17

日本カジノ賛否

ギャンブル依存症の疑いがある人が国内に500万以上いるから反対とう言う意見もある。

あれ?カジノできる前から依存症の人こんなにいるっておかしくない?カジノ反対より先にやることあったんじゃない?

極端な話し通学路にさえそういう施設もあるわけだし、依存率が高いとか掛け金が多いとかもうね。カジノの1つや2つできても今更変わらないでしょ。

やる人はやるしやらない人はやらない。現にそういう施設収益も年々下がってるわけで、日本人馬鹿じゃない。

まぁテレビでもスポンサーにもなってて悪く言えなし、それで困る政治家いるから仕方ないか

カジノのない綺麗な国とか言うけどクールジャパンだの何だの日本を美化しすぎでしょ。臭いものには蓋ってこと?

あーあ、宝くじ当たらないかなぁ

2017-01-06

ttp://cafe-counseling.com/knowledge/seikaku/kaihiizon/1.html

回避依存症は(略)DV、モラルハラスメント自己愛性人格障害仕事中毒ワーカホリック)、アルコール依存症ギャンブル依存症、薬物依存などの症状があらわれます。本当の自分を知られたら、みんなが去っていく、見放される、見捨てられる、という不安や、親密になって、自分が大したことのない人間だとばれたら困る、自信が無くなる、すごい人と思われていたい、といった感情から、人との間に距離を保とうとするのです。

あなたが思っているほど、あなたダメな人ではありません。

誰も離れていかないし、本当のあなた知ったからといって(略)離れていったり、嫌ったりする人がいたならば、それはあなた問題があるからではなく、相手問題なのです。(略)もしあなた特別でなかったとしたとして、何の心配問題もいりません』


自分心理思い込みがわかっててもどうにもならねえ辛いのは変わらねえ

勝手にどこまでも落ちていく思考回路を留めるのがだるい 疲れる

酒買ってくる

2017-01-04

ガチャで稼ぐビジネス賛同できない

私は、あまりガチャというものが好きではない。

そのくせ、欲しいものが手に入る期間が設けられたりすると、心を曲げ、数万円課金してしまう。弱い人間だ。

ツイッターなどで何度もリツイートされる「ガチャで当てたよ!」という画像付きの成功体験情報第三者射幸心煽り

自分でもあっさり引けるのではないか勘違いさせることがある。

(こういう場合成功体験ツイートは失敗体験よりも広まりやすいだけで、絶対数では少ない体験であったりする)

で、数万円をものの数分で消費した結果目当てのそれは手に入らず「ガチャは嫌いだ」という気持ちに立ち戻る。

つい先ほども、それで2万円ほどを失った―あるいはゲーム運営への貢献―したところである

ガチャは、お金を稼ぐ方法としてはかなり優れた方法なのかもしれない。

企業として、より稼げる方法を取っていこうとするのは、ごく自然のことだろう。

一方で、狂っている自分が言えたことではないが、一部のユーザを狂わせ、時に生活費を切り詰める、ときには無一文になるユーザを生み出すビジネスは、はたして企業の社会的責任観点からみたとき、正しいと言えるのだろうか。

私が身を置く世界では、まことしやかに議論されているギャンブル依存症よりもこちらの問題のほうがひどく身近に感じている。

企業利益を出し、運営資金を手に入れ、そして労力に見合った報酬従業員たちに支払っていかなければならないことは当然だ。

からこそ、昨今の「基本無料ゲーム!」といった文化にはどうしても首をかしげるし、むしろ月額費を支払わせてくれ、という気持ちがある。

(そのぶん、ほんの少しでもガチャの絞り方か課金額を緩めて欲しいという下心も正直ある)

昨今のゲームには、ランニングコストが付きものだ。

ゲームを開発し、サービス終了まで様々な新しい要素の追加、サービスを安定して継続するための運用作業、そしてそれらに必要IT インフラストラクチャ類…。

健全運営のため、月額費システムはあって当然のものだと私は思う。

ガラケー全盛期時代ゲームとは月額費を支払うのが当たり前だった気がするのだが、あの文化はどこへ行ってしまったのだろう。

月額費システムの導入はきっと、一定数のユーザ離れを引き起こすかもしれない。

しかし、企業運営に支障をきたすレベルに至るか、というとあまりそうは思えない。

月額費システムを取り入れ、かつ大きな成功を収めるゲームはこの先数年で果たしてどれくらいあるだろうか。

ここまで基本無料が広まった現代、月額費システムを柱とするのは並々ならない勇気と、説得材料、そして周囲の理解などがいることだろう。

故にガチャを主軸とした展開にどうしても引き込まれしまうのだと思う。

けれども、ガチャで稼ぐというビジネスには、やっぱり賛同できないのである

2016-12-16

http://anond.hatelabo.jp/20161216101726

ギャンブル依存症患者です。アノニマスネームはマスダです。

  \\ マスダ //

依存症から回復するには依存対象との関わりを断つだけではダメ、というのはそのとおりだと思います

これまでの人生を幼少期から振り返り、なぜ自分依存するようになったのかを改めて考えた上で、

それを自分性格上の欠点として受け入れる。

そしてのその欠点自分のペースで少しずつ解消していくというのが、回復への道ではないかと。

パチンコスロットを辞めたとしても自らの潜在的依存体質や性格上の欠点認識しなければ、

スリップ(またやってしまうこと)してしまったり、ギャンブル以外に依存してしまうことになるだろう、というのが私の考えです。

なので、ギャンブル依存症の「治療」に対しては、パチンコ店の減少は大きな影響はないと思います

しかし、ギャンブル依存症の「増加を食い止める」という点では、大きな意味があるのではないでしょうか。

私がこれまでミーティング出会ってきた仲間の多くは、パチンコスロットからギャンブル依存症状態へと陥りました。

競馬FX、裏カジノなどが直接の原因となった人はごく一部です。体感的にはパチンコスロットが9割という感じ。

パチンコ屋を減らしてもギャンブル依存症患者治療には(直接的には)結びつきませんが、

ギャンブル依存症問題の一部を解決することは可能です。

から私はパチンコ店規制するのには賛成です、というわけではなく、

正直なところどっちでもいいです。

問題は外的な要因ではなく、自分内面にあるので。

ただ社会を少しでもよくしていくためという意味で、

ギャンブル依存症になってしまう人が少なくなればいいなとは思います

また、ギャンブル依存症で悩んでいる人が少しでも減ればいいなとも思っています

そのために必要なのは強い言葉糾弾するのではなく、

依存症ではない人に届く言葉ではないかなとも。

http://anond.hatelabo.jp/20161216143342

まりギャンブル依存症で苦しむ人は居なかったと!

あぁ、なんて素晴らしい増田だ。

ギャンブル依存症に関して調べたらすごく徒労だったので聞いてくれ

ブコメに納まりきらないので書きました。

この増田を見て。

http://anond.hatelabo.jp/20161215115056

http://anond.hatelabo.jp/20161216101726

まりデータがないのでちょっと自分ネット検索してみようかなと。

ついこの間なんだけど、ギャンブル依存症患者の数についての記事を見たんですよね。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-08-25/2014082513_01_1.html

2008年男性9.6%女性1.6%(平均5.6%)

2013年男性8.8%女性1.8%(平均5.3%)

です。

ここから2013年には536万人のギャンブル依存症がいる、というデータになってます

成人男女の人口2008年から2013年でどう変わったのかはちょっと探せませんでしたが、おそらく2008年の方が多いはずとしつつ2013年と同じという仮定計算すると、

2008年2013年患者数は566万人→536万人と-30万人です。

パチンコの参加人口はこちらにまとめてあったので引用させてもらいます

http://youtubepachinko.net/2016/07/20/%E3%80%90%E3%83%91%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E7%99%BD%E6%9B%B82016%E3%80%91%E9%81%8A%E6%8A%80%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E3%83%BB%E5%B8%82%E5%A0%B4%E8%A6%8F%E6%A8%A1/

売上 貸玉料 (億円)参加人口 (万人)年間平均活動回数
平成7年309,0502,90023.7
平成8年300,7002,76022.5
平成9年284,1602,31023.3
平成10年280,4701,98025.5
平成11年284,6901,86024.6
平成12年288,6802,02023.9
平成13年292,4301,93025.6
平成14年304,4202,17025.5
平成15年323,9001,74026.8
平成16年339,1201,79027.5
平成17年348,6201,71023.6
平成18年336,4201,66028.1
平成19年301,7701,45025.6
平成20年288,1901,58029.6
平成21年282,4201,72020.4
平成22年259,8301,67019.9
平成23年254,8901,26027.8
平成24年256,7201,11027.4
平成25年250,05097027.5
平成26年245,0401,15022.8
平成27年232,290107032.4

2006年の中頃から1円パチンコ、5円スロットを始める店舗が増え、参加人口2009年に1720万人まで増えましたが最近はまた減少しています

2008年2013年の参加人口は1580万人→970万人と-600万人です。

参加人口の減少の割には依存症患者の変動が少ない、というのは感じます

が、それ以上にパチンコ人口が970万人なのにギャンブル依存症患者が536万人という多さが疑問です。ギャンブル依存症にはもちろん競馬なども含まれるわけですが、ギャンブル依存症治療に来る人の割合はほぼ8~9割程度がパチンコスロット依存症というデータとまた他国ギャンブル依存症罹患率1%程度)というデータを見てもだいたいその程度がパチンコスロット依存症ではないかと考えて良いのではないかと思います

そうするとパチンコ参加人口の約2人に1人がギャンブル依存症であるというデータになってしまうわけです。なにそれこわい

で、そうするとこれはおかしいと思うわけですよ。いくらなんでも多すぎる。元のデータが何か間違ってるんじゃないか、と。

調べた結果なんですが、どうもこの調査を行っている「久里浜医療センター」って所の調査が少し疑問なんですよね。

この医療センター、同時にアルコール依存症調査なんかもしてるんですが、過去

久里浜アルコールスクリーニングテスト(KAST)でスクリーニングテストアルコール依存症と同定された者は、男性の7.1%、女性の1.3%で、全体の3.9%となり、この割合から「KASTによる依存症者数」は440万人と推定されました。

って調査結果を出してるんですが、

一方、ICD-10診断基準に基づくアルコール依存症の有病率は、男性の1.9%、女性の0.1%、全体で0.9%と推定されました。この割合から、「診断基準に基づくわが国のアルコール依存症者数」は、80万人とされました。

とのことで、その440万人って数字はなんなの、どっちが正しいのと疑問に思わずはいられないわけです。

じゃあギャンブル依存症についてもこれと同じようなスクリーニングとやらの結果なんじゃないの?と。

というわけでそもそもアテになりそうなギャンブル依存症患者データがないのでは、という結論になりました。

なんかお役所自分とこで賭博やってる手前、「のめりこみ」は対策しますけど「依存症」なんて認めると問題になるからあんまり言いたくない、みたいなのがあるらしいですね……

まずちゃんと調査する所から初めてもらいたいものです。

http://anond.hatelabo.jp/20161215115056

ギャンブル依存症患者の増減を議題にするのであるならば

まずギャンブル依存症患者となる具体的な基準を定めてください

患者はなにを欲してどういう行動をして抑制できなくなるのは何か

トランプであればスロットであればルーレットであれば依存の度合いは何で測るのか

また回復とはどうなったら回復なのか

まず患者存在しないのに増減は語れないでしょう

2016-12-15

http://anond.hatelabo.jp/20161215115056

横だけど、、人は誰でも依存症になる可能性があります

ギャンブル依存症問題からギャンブルを無くせと言ったところで、

ギャンブルが無くなれば今度は、アルコール依存症買い物依存症ドラッグ依存症と他の依存症になるだけなんですよ。

本当に依存症心配をするなら、包括的依存症問題を考えてほしい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん