「ギャンブル依存症」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ギャンブル依存症とは

2017-04-28

続 いわゆる吊り橋効果パブロフの犬

http://anond.hatelabo.jp/20170427172209

前回の実験に不備がありましたので、以下のように訂正しま

ドルドル

   360円 はいあなたはこの世に生をうけて半世紀以上経っています

   720円 はいあなたは注意深い人です

 129,600円 はいあなたギャンブル依存症です

2017-04-23

パチンコ競艇規制よりも先にスマホゲーの課金規制

が先じゃね?

2年間で1200万円も溶かすことができる、これはどんな悪徳パチ屋も真っ青な額だよ

こういう新型ギャンブル依存症スマホPC課金しすぎ)をどうにかするべきだよ厚生労働省


旦那ゲーム課金に1200万許せますか?

3年前に姉が急死し、その後に母が膵臓癌の末期で亡くなりました。こんな不幸が続くなんて現実を受け入れられませんでした。

両親は離婚しているので母は最愛の人でした。

母は子供お金を遺したいと昔から言っていて働いて貯めたお金で一括払込みの生命保険に加入していました。それが800万円

母が大切に遺してくれた私のお守りでした。旦那もそれは知っていました。

先週通帳を記帳しに行ったら残高ゼロ

他の通帳も記帳したら

貯めていた400万円もゼロ明細など確認したらスマホゲームに毎月異常に課金をしていました。約、2年半年で1200万以上。人生で1番苦しい時期を近くで見ていた旦那が母の保険金まで課金していた事が許せません。

旦那は、土下座をして謝りもうしない

一生かけて返すと言っています

返すあてもないのに

姉と母を亡くし辛い時期に、課金し平気な顔をして一緒に暮らしていたなんてゾッとします。発覚してから5日経ちましたが

許せません。 もう、どうやって信じたら良いかすら分かりません。

別居を考えています。冷静になって離婚すべきか?許せるのか?

皆さんなら、許せるのでしょうか?

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2017/0414/800712.htm

2017-04-21

ギャンブル依存症パチンコばかり叩かれるのはおかし

という業界人の主張があったわけだが

ギャンブル依存症の着地点はパチンコを叩いパチンコを含め公営競技にも取材をかける中で、一番たちが悪いのが競馬だという。

競馬子供連れでも行ける環境を整えているが、あれは将来の競馬ファンを育てるための作戦です。実際、子供に予想させている親もいますからね。まず、子供連れ入場は禁止しないと公平さがないと思いますさらに、3連単WIN5射幸性をどんどん上げて行っています公営からと言って射幸性を上げることや子供の入場を規制しないのはおかしい。ギャンブル依存症問題パチンコ人身御供にして終わりじゃないでしょうか」て終了か?

http://pachinko-nippo.com/?p=28503

あいつ(競馬)もやったのに俺(パチンコ)だけ怒られて腹が立つだって小学生かよwwwwwww

パチンコギャンブル依存症患者を増やしたのは事実。全国津々浦々に1万店近くもある事自体さら拍車をかけているね。

そこをよーく業界は考えろ。射幸心を煽る商売をやっとるんだから遊技者の自己責任はいえない。

遊技の範囲内であれば一日1万円以上は使わせてはダメだと思うが。

2017-04-19

ギャンブル依存症対策スマホゲームも含めるべきなのでは?

やたらと依存症依存症対策!とパチンコ公営ギャンブルクローズアップされるが、スマホゲーの依存症ギャンブル依存症として含めるべきなのでは?

スマホゲーのリターンはカネではなくデータからギャンブルじゃないだろ!依存症対策必要なし!という方もいるかもしれないが…

ただクレジットカード簡単バンバン課金できてかつ24時間365日、そして小学生ですら課金できるスマホゲーの仕様はどうかと思う。

射幸心を煽るゲーム提供するのだから本人の「自己責任」では片付けられないですよ。

とりあえず厚生労働省メール陳情してみたい。

2017-03-24

http://anond.hatelabo.jp/20170324144634

半年近くやめられてるなら完全離脱も近いだろうし頑張れ

1人で抱え込まずギャンブル依存症相談センターみたいなとこ行くべき

2017-01-17

日本カジノ賛否

ギャンブル依存症の疑いがある人が国内に500万以上いるから反対とう言う意見もある。

あれ?カジノできる前から依存症の人こんなにいるっておかしくない?カジノ反対より先にやることあったんじゃない?

極端な話し通学路にさえそういう施設もあるわけだし、依存率が高いとか掛け金が多いとかもうね。カジノの1つや2つできても今更変わらないでしょ。

やる人はやるしやらない人はやらない。現にそういう施設収益も年々下がってるわけで、日本人馬鹿じゃない。

まぁテレビでもスポンサーにもなってて悪く言えなし、それで困る政治家いるから仕方ないか

カジノのない綺麗な国とか言うけどクールジャパンだの何だの日本を美化しすぎでしょ。臭いものには蓋ってこと?

あーあ、宝くじ当たらないかなぁ

2017-01-06

ttp://cafe-counseling.com/knowledge/seikaku/kaihiizon/1.html

回避依存症は(略)DV、モラルハラスメント自己愛性人格障害仕事中毒ワーカホリック)、アルコール依存症ギャンブル依存症、薬物依存などの症状があらわれます。本当の自分を知られたら、みんなが去っていく、見放される、見捨てられる、という不安や、親密になって、自分が大したことのない人間だとばれたら困る、自信が無くなる、すごい人と思われていたい、といった感情から、人との間に距離を保とうとするのです。

あなたが思っているほど、あなたダメな人ではありません。

誰も離れていかないし、本当のあなた知ったからといって(略)離れていったり、嫌ったりする人がいたならば、それはあなた問題があるからではなく、相手問題なのです。(略)もしあなた特別でなかったとしたとして、何の心配問題もいりません』


自分心理思い込みがわかっててもどうにもならねえ辛いのは変わらねえ

勝手にどこまでも落ちていく思考回路を留めるのがだるい 疲れる

酒買ってくる

2017-01-04

ガチャで稼ぐビジネス賛同できない

私は、あまりガチャというものが好きではない。

そのくせ、欲しいものが手に入る期間が設けられたりすると、心を曲げ、数万円課金してしまう。弱い人間だ。

ツイッターなどで何度もリツイートされる「ガチャで当てたよ!」という画像付きの成功体験情報第三者射幸心煽り

自分でもあっさり引けるのではないか勘違いさせることがある。

(こういう場合成功体験ツイートは失敗体験よりも広まりやすいだけで、絶対数では少ない体験であったりする)

で、数万円をものの数分で消費した結果目当てのそれは手に入らず「ガチャは嫌いだ」という気持ちに立ち戻る。

つい先ほども、それで2万円ほどを失った―あるいはゲーム運営への貢献―したところである

ガチャは、お金を稼ぐ方法としてはかなり優れた方法なのかもしれない。

企業として、より稼げる方法を取っていこうとするのは、ごく自然のことだろう。

一方で、狂っている自分が言えたことではないが、一部のユーザを狂わせ、時に生活費を切り詰める、ときには無一文になるユーザを生み出すビジネスは、はたして企業の社会的責任観点からみたとき、正しいと言えるのだろうか。

私が身を置く世界では、まことしやかに議論されているギャンブル依存症よりもこちらの問題のほうがひどく身近に感じている。

企業利益を出し、運営資金を手に入れ、そして労力に見合った報酬従業員たちに支払っていかなければならないことは当然だ。

からこそ、昨今の「基本無料ゲーム!」といった文化にはどうしても首をかしげるし、むしろ月額費を支払わせてくれ、という気持ちがある。

(そのぶん、ほんの少しでもガチャの絞り方か課金額を緩めて欲しいという下心も正直ある)

昨今のゲームには、ランニングコストが付きものだ。

ゲームを開発し、サービス終了まで様々な新しい要素の追加、サービスを安定して継続するための運用作業、そしてそれらに必要IT インフラストラクチャ類…。

健全運営のため、月額費システムはあって当然のものだと私は思う。

ガラケー全盛期時代ゲームとは月額費を支払うのが当たり前だった気がするのだが、あの文化はどこへ行ってしまったのだろう。

月額費システムの導入はきっと、一定数のユーザ離れを引き起こすかもしれない。

しかし、企業運営に支障をきたすレベルに至るか、というとあまりそうは思えない。

月額費システムを取り入れ、かつ大きな成功を収めるゲームはこの先数年で果たしてどれくらいあるだろうか。

ここまで基本無料が広まった現代、月額費システムを柱とするのは並々ならない勇気と、説得材料、そして周囲の理解などがいることだろう。

故にガチャを主軸とした展開にどうしても引き込まれしまうのだと思う。

けれども、ガチャで稼ぐというビジネスには、やっぱり賛同できないのである

2016-12-16

http://anond.hatelabo.jp/20161216101726

ギャンブル依存症患者です。アノニマスネームはマスダです。

  \\ マスダ //

依存症から回復するには依存対象との関わりを断つだけではダメ、というのはそのとおりだと思います

これまでの人生を幼少期から振り返り、なぜ自分依存するようになったのかを改めて考えた上で、

それを自分性格上の欠点として受け入れる。

そしてのその欠点自分のペースで少しずつ解消していくというのが、回復への道ではないかと。

パチンコスロットを辞めたとしても自らの潜在的依存体質や性格上の欠点認識しなければ、

スリップ(またやってしまうこと)してしまったり、ギャンブル以外に依存してしまうことになるだろう、というのが私の考えです。

なので、ギャンブル依存症の「治療」に対しては、パチンコ店の減少は大きな影響はないと思います

しかし、ギャンブル依存症の「増加を食い止める」という点では、大きな意味があるのではないでしょうか。

私がこれまでミーティング出会ってきた仲間の多くは、パチンコスロットからギャンブル依存症状態へと陥りました。

競馬FX、裏カジノなどが直接の原因となった人はごく一部です。体感的にはパチンコスロットが9割という感じ。

パチンコ屋を減らしてもギャンブル依存症患者治療には(直接的には)結びつきませんが、

ギャンブル依存症問題の一部を解決することは可能です。

から私はパチンコ店規制するのには賛成です、というわけではなく、

正直なところどっちでもいいです。

問題は外的な要因ではなく、自分内面にあるので。

ただ社会を少しでもよくしていくためという意味で、

ギャンブル依存症になってしまう人が少なくなればいいなとは思います

また、ギャンブル依存症で悩んでいる人が少しでも減ればいいなとも思っています

そのために必要なのは強い言葉糾弾するのではなく、

依存症ではない人に届く言葉ではないかなとも。

http://anond.hatelabo.jp/20161216143342

まりギャンブル依存症で苦しむ人は居なかったと!

あぁ、なんて素晴らしい増田だ。

ギャンブル依存症に関して調べたらすごく徒労だったので聞いてくれ

ブコメに納まりきらないので書きました。

この増田を見て。

http://anond.hatelabo.jp/20161215115056

http://anond.hatelabo.jp/20161216101726

まりデータがないのでちょっと自分ネット検索してみようかなと。

ついこの間なんだけど、ギャンブル依存症患者の数についての記事を見たんですよね。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-08-25/2014082513_01_1.html

2008年男性9.6%女性1.6%(平均5.6%)

2013年男性8.8%女性1.8%(平均5.3%)

です。

ここから2013年には536万人のギャンブル依存症がいる、というデータになってます

成人男女の人口2008年から2013年でどう変わったのかはちょっと探せませんでしたが、おそらく2008年の方が多いはずとしつつ2013年と同じという仮定計算すると、

2008年2013年患者数は566万人→536万人と-30万人です。

パチンコの参加人口はこちらにまとめてあったので引用させてもらいます

http://youtubepachinko.net/2016/07/20/%E3%80%90%E3%83%91%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E7%99%BD%E6%9B%B82016%E3%80%91%E9%81%8A%E6%8A%80%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E3%83%BB%E5%B8%82%E5%A0%B4%E8%A6%8F%E6%A8%A1/

売上 貸玉料 (億円)参加人口 (万人)年間平均活動回数
平成7年309,0502,90023.7
平成8年300,7002,76022.5
平成9年284,1602,31023.3
平成10年280,4701,98025.5
平成11年284,6901,86024.6
平成12年288,6802,02023.9
平成13年292,4301,93025.6
平成14年304,4202,17025.5
平成15年323,9001,74026.8
平成16年339,1201,79027.5
平成17年348,6201,71023.6
平成18年336,4201,66028.1
平成19年301,7701,45025.6
平成20年288,1901,58029.6
平成21年282,4201,72020.4
平成22年259,8301,67019.9
平成23年254,8901,26027.8
平成24年256,7201,11027.4
平成25年250,05097027.5
平成26年245,0401,15022.8
平成27年232,290107032.4

2006年の中頃から1円パチンコ、5円スロットを始める店舗が増え、参加人口2009年に1720万人まで増えましたが最近はまた減少しています

2008年2013年の参加人口は1580万人→970万人と-600万人です。

参加人口の減少の割には依存症患者の変動が少ない、というのは感じます

が、それ以上にパチンコ人口が970万人なのにギャンブル依存症患者が536万人という多さが疑問です。ギャンブル依存症にはもちろん競馬なども含まれるわけですが、ギャンブル依存症治療に来る人の割合はほぼ8~9割程度がパチンコスロット依存症というデータとまた他国ギャンブル依存症罹患率1%程度)というデータを見てもだいたいその程度がパチンコスロット依存症ではないかと考えて良いのではないかと思います

そうするとパチンコ参加人口の約2人に1人がギャンブル依存症であるというデータになってしまうわけです。なにそれこわい

で、そうするとこれはおかしいと思うわけですよ。いくらなんでも多すぎる。元のデータが何か間違ってるんじゃないか、と。

調べた結果なんですが、どうもこの調査を行っている「久里浜医療センター」って所の調査が少し疑問なんですよね。

この医療センター、同時にアルコール依存症調査なんかもしてるんですが、過去

久里浜アルコールスクリーニングテスト(KAST)でスクリーニングテストアルコール依存症と同定された者は、男性の7.1%、女性の1.3%で、全体の3.9%となり、この割合から「KASTによる依存症者数」は440万人と推定されました。

って調査結果を出してるんですが、

一方、ICD-10診断基準に基づくアルコール依存症の有病率は、男性の1.9%、女性の0.1%、全体で0.9%と推定されました。この割合から、「診断基準に基づくわが国のアルコール依存症者数」は、80万人とされました。

とのことで、その440万人って数字はなんなの、どっちが正しいのと疑問に思わずはいられないわけです。

じゃあギャンブル依存症についてもこれと同じようなスクリーニングとやらの結果なんじゃないの?と。

というわけでそもそもアテになりそうなギャンブル依存症患者データがないのでは、という結論になりました。

なんかお役所自分とこで賭博やってる手前、「のめりこみ」は対策しますけど「依存症」なんて認めると問題になるからあんまり言いたくない、みたいなのがあるらしいですね……

まずちゃんと調査する所から初めてもらいたいものです。

http://anond.hatelabo.jp/20161215115056

ギャンブル依存症患者の増減を議題にするのであるならば

まずギャンブル依存症患者となる具体的な基準を定めてください

患者はなにを欲してどういう行動をして抑制できなくなるのは何か

トランプであればスロットであればルーレットであれば依存の度合いは何で測るのか

また回復とはどうなったら回復なのか

まず患者存在しないのに増減は語れないでしょう

2016-12-15

http://anond.hatelabo.jp/20161215115056

横だけど、、人は誰でも依存症になる可能性があります

ギャンブル依存症問題からギャンブルを無くせと言ったところで、

ギャンブルが無くなれば今度は、アルコール依存症買い物依存症ドラッグ依存症と他の依存症になるだけなんですよ。

本当に依存症心配をするなら、包括的依存症問題を考えてほしい。

http://anond.hatelabo.jp/20161215115056

パチンコ店がこれほどまでに減ったにも関わらずギャンブル依存症患者の数が増えたり減っていないというのなら、パチンコギャンブル依存症患者数との相関関係は成り立たないのですから

相関関係が成り立たないのは、「パチンコ店総数」と「パチンコギャンブル依存症患者数」であって、「パチンコ店存在すること」と「パチンコギャンブル依存症患者数」ではありません。

パチンコ店が多少減っても、パチンコ依存者の周りからゼロになるということは滅多にないため、なくなれば他店に行くようになるだけです。

それが、パチンコ店総数が減ってもパチンコ依存者が減らない理由です。

ギャンブル依存症問題議論する上で知っておいてほしいこと

依存症患者と真面目に向き合う人間として、どうしても言っておきたいことがあります

カジノ法案に反対するのはかまいませんが、それに合わせてパチンコ規制しろという話が出てきますが、それが依存症問題にとって効果があるかは全くもって実証されていないのが現実です。

中には国会議論されないのは業界政治家癒着が原因だなんて言う人もいますが、それは全くの間違いです。

なぜなら、パチンコ業界は、ここ数年でこれでもかというほどの規制を受け続けているからです。

まり議員パチンコ規制しろと言わないのは、パチンコが十分なほどに規制を受け続けているからであって、規制しろということ=無知晒ししまうことになるからです。

さて、ここで規制の詳細を事細かに話すつもりはありませんが、それによってどのような変化が訪れたかをご説明します。

2005年の時点で13,000店以上あったパチンコ店は、2014年10,500、来年は1万店割れが確実とまで言われています

なんと、規制によってこの10年で実に1/4のもの店舗を減らすことに成功したのです。

もちろん若者パチンコ離れなど、規制けが原因ではありませんが、これによって大半の悪徳店舗は姿を消すこととなりました。もしくは、営業力のない中小個人オーナーのお店なども大半が廃業に追い込まれしまいました。

それもこれも、カジノ法案議論されるにあたって問題となった、ギャンブル依存症に対する対策効果といっていいわけなのです。

おめでとうございます

あなた方の嫌いなパチンコは、あなた方が声を上げる前からすでに十分な規制を受け続け、実に1/4近い数の店舗廃業に追い込まれていたのです。

もちろんこれは、行き過ぎたギャンブル性を商品にして商売を続けてきたツケでもあります

先日の国会の答弁でもあった通り、正しい規制の中であれば合法と認められる業界である以上、規制を超えたギャンブル性をアピールすることで集客を行えば、直ちに賭博判断されても文句は言えません。

ところで、事の発端となったギャンブル依存症問題ですが、高いギャンブル性を規制することで果たして解決に近づけているのでしょうか。

肝心の依存症患者は、その数を減らすことに成功したのでしょうか。

なんと驚くなかれ、その答えを知る人は誰一人としていません。

なぜなら、誰も数値を測定していなかったからです。

依存症の原因をしっかりと調べず、さら対策と結果の因果関係も測定せず、ただただギャンブル性だけが問題視されて、パチンコ業界10年近く規制を強いられ続けました。

そうして店舗数がこれだけ激減したにも関わらず、依存症に対する効果測定が全く行われていなかったんです。

メチャクチャな話だと思いませんか?

そこにいたかなりの数の労働者も路頭に迷う結果になったはずです。

店舗だけでなく関連企業も当然で、言ってみればアニメ業界に対する影響も甚大なものだったはずです。

一部の政治家は、未だにギャンブル依存症患者が増え続けているといいます

これでもまだパチンコ業界悪者にされるというのだから滑稽です。

パチンコ店がこれほどまでに減ったにも関わらずギャンブル依存症患者の数が増えたり減っていないというのなら、パチンコギャンブル依存症患者数との相関関係は成り立たないのですから

それでも尚パチンコ業界規制するというのであれば、それは被害者の実情を無視した魔女裁判であり、結局は被害者のことではなく、政治家が自らの体裁を考えているだけということを証明しているにほかなりません。

ただこれは、パチンコ不要だと声高に叫び続けている人たちも同様です。

原因らしいもの糾弾して、その後の経過も見ずして自分たち勝利だけに酔う。

その行動が本当に依存症で苦しむ人間のための行動と言えるのでしょうか。

パチンコギャンブル依存症の原因であることを否定するつもりはありません。

パチンコが嫌いなことを止めるつもりもありませんし、止めることもできません。

しかし、そのことに正当性を持たせるために、依存症で苦しむ人達を利用することが許されてよいわけではありません。

あなた依存症問題を口にする時、それが果たして本当に依存症で苦しむ人を考えてのことなのか、それとも自分が嫌いなものに対する発言正当化するために利用するものなのか、その点はご自身理解しておいてもらいたいと思います

なぜなら、一生懸命患者と向き合って活動をしている人間にしてみれば本当に導きたい解決方法に近づくどころか、論調に押されて当事者放置の状況が加速していくばかりだからです。ご理解をお願いします。



<追記>

当然あるだろうと思っていたツッコミに対して返答をしておきますと、ここで考えてほしいのは、パチンコの残存規模がどれだけ大きいかということの問題ではなく、店舗数が激減したにも関わらず、依存患者数の増減に全く相関関係がない、もしくはそれが数値化されていないということにあります

例えば同じ地域パチンコ店が残っていたとしても、業界の1/4にも達する店舗がなくなったのだとしたならば、そこには少なから相関関係が見出されてしかるべきはずです。

それなのに依存症患者の数が減っていないどころか、もし増えていると主張するのであれば、今まで行ってきたギャンブル性を規制すること、もしくはその結果として店舗数を激減させたことは、むしろ目的に対して逆の効果が現れているということにもなりかねません。

だとしたら、それは依存症から守るという名目のもとに行われた、行政による企業の大量駆逐しかないということになってしまます

そこで働いていた従業員やその家族が露頭に迷うようなことを、効果測定も行わずただの印象だけで推し進めていたということになるのです。

もしそうではないと主張する人が、一人一人の依存症患者追跡調査したデータを持っていないとするならば、それは結局結論ありきのこじつけでしかないことに変わりはありません。

その安易思い込みによって、多くの人が職を追われているとして、それでも全てがパチンコに携わった人間責任だといい切っていいのどうかわたしには判断ができません。

それに残念なことに、少なからわたしの身近にいる依存症に苦しむ人たちの多くは、行く店をなくしたあと、パチンコに限らず何かしらのもの依存し、未だに苦しんでいる状況にあります

昨今では依存症環境要因よりも遺伝によるものが多いという研究結果もあり、わたしから見える周囲に限ってはその研究の通りの結果が作られていますが、今はそれを掘り下げてお話するつもりはありません。

先に述べた通り、わたし目的依存症に悩む人間が正しく救われる社会が作られることにあります

パチンコ害悪だと主張したいのであれば、余計な正義感依存症問題に首を突っ込むのはおやめ下さい。

安易プロパガンダに乗せられてその片棒を担ぐことが、結果として依存症問題解決を遅らせることになっているからです。

<追記>

続きを書きました。

http://anond.hatelabo.jp/20161216101726

カジノ依存症増田発症ょ失肌州までうょ心沿いの直(回文

カジノなんたら法っての、

よく分からないけど、

なんでも、それが成立しちゃう

例えカジノに行ったことない人ですら

ジャンジャンバリバリ

当店は釘を甘くしております

スーパー玉出!大出血サービス!!!

まさに今夜は妖艶の宴!!!

な、すごい勢いで、

ギャンブル依存症発症させてしまうらしくって

ガチバイオハザードよね。

ミラジョヴォヴィッチ的に言えば。

ミラジョヴォヴィッチ、彼女出世作

フィフス・エレメントは良かったなぁ~。

あのSF!!!

なんか、また久しぶりに観たくなっちゃいました。

「こほん!こほん!」

「お母さん大丈夫!?

「いつもすまないね持病の癪が出ちまって」

「それは言わない約束でしょ!さあ、お薬飲んで」

「このギャンブル依存症身体せいで、すまないね。」

みたいな。

まあ、その世紀末ギャンブル依存症から世界を守るために、

やっぱりここは攻めのミラジョヴォヴィッチよね。

私も発症させないように気をつけなくっちゃ!てへ。

ギャンブルとかしたことないんだけどね。

恐ろしいわ!

くわばら!くわばら!


今日朝ご飯

バナナ一房買ってきて担いで持って帰ってきたので、

しばらくバナナが続くわ。

本場バナナの産地だと

バナナを青いままでバナナの葉っぱに巻いたり包んだりして、

煮たり焼いたりして食べる映像

番組で見るじゃない、

あれ美味しそうよね~。

日本だと黄色バナナしか売ってないからまた品種が違うのかしらね

デトックスウォーター

ホッツ緑茶ウォーターしました。

朝の一杯はフラボノイド配合で息爽やかよ!

うふふ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2016-12-13

依存症の人はリゾートカジノなんて行かないという勘違い

テレビとかで映るカジノは小奇麗で、ギャンブル依存症の人は行かないと思うでしょ?実際に海外カジノ行った人ならわかると思うんだけど、小奇麗なカジノから、ひと昔前のパチンコみたいなカジノまで色々揃ってるんだよ。いろんな人が出入りしやすいようにしてあるの。敷居が超低くくて、金毟りとる仕組みが詰まった空間

2016-12-11

ネトウヨギャンブル反対

普段からパチンコ朝鮮玉入れギャンブルなど要らないとボロクソに叩いている愛国者達が、カジノ法案野党ギャンブル叩きを始めたらカジノはむしろパチンコを追い出すためにちょうどいいとか、国がギャンブル依存症対策をしっかりやれば大丈夫とか言い出してるの面白い

2016-12-07

カジノカジノカジノ

ギャンブル依存症がーとかいうけど、

そんな人たちって、ほっといたってパチンコ行ったりしてるんでしょ。

タバコ吸ってパチンコ行って高額納税者やん。

まともな人なら社内旅行で一回行って、こんなもんなんかーって盛り上がって終わりぐらいなんじゃないんかな。

パチンコで巻き上げられたお金がどっかの国に送られちゃうのを考えれば

国内で回収できた方がいいんじゃないの。

しょせんそんなギャンブルに金使うクズクズなんだろうしって思うんだけど。

依存症がーっていうけどそんなの病気じゃないじゃん。

家族が大変だからって、そんなんわかってて家族になったんだから

しょうがないんじゃないのかなぁって気がする。

2016-08-24

ギャンブル依存症を認める

私には、パチスロに行く癖がある。そして多くの場合、大勝ちするか口座の中がすっからかんになるまで打ってしまう。財布の中ではない。口座の中だ。

行く時は毎回予算を決めてから行く。今日は3万円、といった具合に。しか予算分をつぎ込んでも当たらなかったりすると、意地になってしまって当たるまで打ってしまう。お金は新しくおろしてくるのだ。

そしてコイン2000枚(金額にして4万)近くつぎ込んでなんとか当たりを引いたりしても、出てくるコインは大抵500枚以下。だからもっとコインが出るまでと思ってまたコインをつぎ込んでしまう。そして手元の500枚がなくなったらまた現金をつぎ込み始めて、結局すっからかんなのである

正直、苦しい。

何が一番苦しいかって、「もしかしたら当たるかも」と思って予算以上を追加投資していくのが苦しい。負けを認めて帰ることができない。自分馬鹿だと思っているのに、現金をつぎ込む手が止まらない。その醜い自分を見つめている時間が何より苦しい。

しかし、それでも私はギャンブル依存症ではないと思っていた。パチスロいかない時期はあるのだ。半年くらいとか。だから大丈夫だと思っていたが、でもそんなに長いことパチスロに行ってなかったのに新台が出たりするとフラッとパチ屋に寄ってしまって、予算よりも散財してしまう。

打っている時は当然普通精神状態ではない。そもそも、脳がおかしい。パチスロを打っていると頭の中に何かがじわーっと滲む感覚がする。いや、正確には頭の中がじわっとしてくるとパチスロに行きたくなってしまう。

このじわっとした感覚はしばらくパチスロから離れていると起こらなくなるのだけれど、でも、新台が出たからといって台に座ってしばらくすると、また頭が滲み始める。そうすると、パチスロに行く引き金として機能し始める。

支離滅裂なことを言っている、とお思いだろう。だが、私にとっては事実だ。

そして私は、自分ギャンブル依存症だと認めるに至った。

自分ときギャンブル依存症ではないと思おうとしていた。ギャンブル借金をし続けている人や、家庭が壊れた人と比べて、自分はまだそこまで破滅的ではないか大丈夫と。

けれども、今自分がいる道は、そうした破滅へとつながっている。自分も決して例外ではない。そう気付いた。

いや、本当は気づいていた。でも、自分だけは違うと思っていた。しかし、当たろうと当たるまいとお金がなくなるまで打ち続ける自分を見て、ダメだと認めなければと思った。

自分お金のために打っているのか?違う。お金が欲しいなら最初からパチスロなどやらなければ済むだけの話だ。

では、演出を楽しむために打っているのか?違う。もしそうなら最高レートの20スロにこだわる理由はない。2スロやゲーセンで済ませてしまえばいい。

パチスロから何か得たいものはあるのか?思い当たらない。ただ、お金をつぎ込み台を回してお金がなくなるのを待っているだけのように思う。

そう、何もない。パチスロに行って何も得られるものはない。それなのに行くのはおかしい。

これは立派な依存症なのだ

そう認めなければ何も始まらないと思った。そして依存症であるなら、自分努力だけで何とかなるとは思わないほうがいい。

というわけで、行政保健所パチスロ依存症相談を受け付けていると知って早速連絡を取った。病院自助グループもどこがいいのかわからいから、まずここから始めよう。そう思った。電話の向こうの他人に、自分パチスロ依存だと思う、と告白するのはだいぶ勇気必要だった。けれども、話したら何か憑き物が取れたような気がした。

面談はまだしばらく先だからそれまでは自分で頑張らなくちゃいけないけど、本当に自分パチスロ依存だと認めるに至ったのだ。だから、これからは何かが違うと思いたい。

2016-06-25

ギャンブル依存症の奴って生きてる価値有るの?

時間に数万スッて。

取り戻そうとまた数万下ろして。

無くなったらサラ金に借りて。

家族に使うのは100円でも勿体無いとケチるがギャンブルには湯水のように使う。

公共交通機関に乗ればヤニ臭さでスメハラ。

負けてイライラして他人八つ当たり

揉め事起こして電車を遅らせ。

帰ったら家族八つ当たり

家族の為にやってるんだ!と自分正当化

時間価値も金の価値も人の気持ちもわからないゴミ

本気で思う。生きてる価値有んの?

2016-04-14

夫がギャンブル依存症

スポーツ選手違法賭博に数回出入りしたら大騒動になる件。

パチスロはいいのか?なぜ違法にできないのか?

お願いだから一回くらい警察が介入してうちの夫をつるし上げてほしい。

そのくらいのショック療法じゃないとやめられそうにない。


家の近所に5軒も6軒もパチンコ屋が建ってるの、

ほんとにやめてほしい。



なんでパチンコ屋は合法なのか、

これ読んだけどちょっとよくわかんなかった。

http://matome.naver.jp/m/odai/2140345006260773501


なんでもいいけど、

パチンコ屋はなくなるか、

ギャンブル依存症のやつは出入り禁止にしてほしい。


ストレス耐性弱すぎ。

なんかあればイライラして周りが迷惑する。

パチスロで負けて資金尽きてて行けないからって、

こどもがぐずったくらいで怒鳴り散らしておもちゃ壊すのやめてほしい。


イラつかれてこどもに八つ当たりされたくないんで、

ゴミ出しの家事ひとつ頼めやしない。

自分からやってくれるのは、自分の買い物ついでのおつかい程度。

機嫌のいい日はこどもつれてゲームやら映画やら行くけどね。

機嫌次第かよって思うとよけいにイラッとくる。


そんなやつと結婚した自分が悪いことくらいわかってる。

からこどもの幸せのために自分なりの全力尽くしてるつもり。

から結婚考えてる人には、

そこらへんも十分調べてからにするよう、

から言いたい。

ギャンブル依存症自覚するようお願いしたり、

受診もすすめたりしたけど、

よけいイライラされる。

怒ってみても、泣いてみても、優しくしてみても、

全然効果なし。

まぁ、今のところは夫の給料で暮らせてるから、なんも言えない。

自分パートに出ないと足りないけどね。

夫の給料で暮らすのがシャクだから

一回フルタイム正社員になってみたら、

夫は相変わらずなにもせずパチスロ行った。

寝る時間なくて体こわしてやめた。

まぁ、所詮仕事家事育児を両立できない自分が甘いのだろうけど。

離婚したらずっとこの状態で、

夫だけ独り身で遊んで暮らすと思うと、

くやしさと不安離婚さえできない。


女手ひとつでも立派に育て上げたなんて話は、

ほんとに尊敬する。

これだけは言いたい。

パチンコ屋は有害すぎる。

いい加減、合法とか言うのやめて。

2016-04-11

日本カジノをさっさと合法化すべきだと思う。

巨人選手やら、バドミントン選手やら博打で身を滅ぼす人のニュースが多いね

しくじり先生貴闘力見たらやっぱりギャンブル依存症だね。

さっさと国がギャンブル依存症対策施設を作るべきだと思う。

費用カジノ公営にして、そこから出す。

カジノ入店パスポートを持った観光客にする。

あと、日本人許可するなら、マイナンバーカード入店制限と金制限をもうける。

すでにギャンブル依存症ならつまらないカジノかもしれないけどね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん