「技官」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 技官とは

2020-10-13

anond:20201013120300

通商産業省技官まで務めた東京大学工学博士飯塚さんが、車に問題があったと言ってるんだから

信憑性高いと思うけどなぁ

2020-09-02

anond:20200901143750

現役医師です。かつてはあなたのような部分がありました。そして、あなたのような同級生もいました。

関西の有名私学→二浪→非医学部に2年通う→再受験地方国立医学部医者○年目。女。

発表パワポ作ってるフリしてこれ書いてる。

中学受験までは成績優秀だったけれど、入学後は成績が低迷。そしてあなたのように親から非難否定され続けてた。

文系進学を否定されたのも同じ。

医学部に入ったけれど、入った大学をいろいろ言われたか国立医学部に入り直した。

入り直した医学部レベルが旧帝じゃないからこれもいろいろ言われた。

幸運だったのは親元から離れられたことかな。攻撃も減った。

よくよく人生を考えた後、地元に戻って医者してる。


まず大変残念なお知らせだけれども、周りの学生人格については仕方がない。

医学部関係なく、一般的エリートと呼ばれる人の中にも頭の中は「酒、女、ギャンブル」だらけなんてたくさんいる。

世の一流企業セクハラパワハラニュースが絶えないのが論より証拠

働き出していろんな人を見ていると、むしろ医者医学部生はまだそのあたりマトモだなあ、と思うことの方が多い。


加えて、人間性医者としての力量は必ずしも相関しない。

よく患者さんの話を聞く人あたりのいい医者が、とんでもない治療していることはザラにある。

夜の街で飲みまくって遊びまくってる医者が、難手術をバリバリこなしていることもザラにある。

あなた軽蔑する同級生後者になっていくのを何人も見た。


あなた法律世界に行くことにしたとしよう。

しか法律世界にも、きっと「仕事はできるけれど人格は最低」という人はいるだろう。

それを目の当たりにした時に、あなた法律世界絶望するのでは、と私は心配している。

「ずっと願っていた世界」が現実のものとなった時、表からは見えない裏の顔が見えるようになっても

あなたは「法律が好き」という気持ちだけでがんばれるだろうか。

かつての私は経済勉強たかった。会計士になろうと思っていた。

紆余曲折あって、巡り合わせか会計士の夫がいる。

超一流大学を出て、司法試験と並ぶ超難関資格公認会計士試験パスしている。周囲もそんな感じらしい。

でも職場での話を聞けば聞くほど、「ならなくてよかった」と思ってしまう。パワハラセクハラオンパレード

今の私の勤めている病院の方が百倍マシ。バイアス入っているんだろうけれど。


アドバイスできるとしたら、医学部内ではない、でも医療系のコミュニティに入ること。

今はCOVID-19問題で難しいけれど、地域病院実習に行くとか、勉強会に顔を出すとか。

M3で来てくれたら、迎える側もとても嬉しいはず。私はとっても歓迎する。

医学部内でも、研究室に出入りするのもいいと思う。

教員先生方の中には、必ずあなたのような学生を非常に気にかけてくれるタイプいるから、それを見つけよう。

かつてはあなたのような学生だった教員医師結構いる。

早く、医療現場現実を見てほしい。

みんなが思いっきり悩んでそれでも生きて医療をしている様子を見てほしい。


あなたの育った環境と、それによって培われたあなた思考回路とは、長い年月をかけて折り合いをつけるしかない。

それについてはカウンセリングとか、認知行動療法とか、いろいろあるけれど、医学部生なら図書館で調べてられるだろう。

お金問題はあるだろうけれど、ぜひ自分でいろいろ試してみてほしい。その経験は非常に価値がある。

はいずれ歳をとって、弱くなる。だから長期戦ではあなたに分がある。今の時点で心折ってしまうのはもったいない


一口医師と言っても、バリバリ手術する外科医もいれば、研究に勤しむ博士課程の人もいれば

今まさに脚光を浴びる公衆衛生医師もいる。

厚労省の医系技官になって、「公務員としてしっかり働いて、法律にかかわる仕事」もいいんじゃないかな。

医師免許があることで取れる選択肢はとても幅広い。


今のあなた必要なのは、周りに自分のことをきちんと話すこと。

受験生、編入はいる?法律世界からやってきた医学生は時々いる。そういう人を探すのもいい。

オンラインで人と接さないのは楽だけど、問題の先送りでしかないと思う。

いっぱい話して、自分を開示しまくって、代わりにいろんな意見を吸収してほしい。

親や周囲の学生の、何十倍も何百倍も、自分を見つめてほしい。


個人としては、あなたのように悩んで悩んで悩みまくった人に、医師になってほしいです。

医療世界に入ってきてほしいです。

いつか直接でも間接でも、一緒に働ける日を待っています

anond:20200902110623

この増田医学部が嫌なんだろ

メンタルやられてるように見えたからとりあえずの選択肢を書いてみた

興味ない分野の勉強なんて地獄だしな

卒業して公務員技官とか色々あるから出来れば卒業するのが一番だとは思うよ

2020-08-02

細野豪志のいう大学関係者危機感の無さ

https://twitter.com/hosono_54/status/1289304808269082624

細野豪志のいう大学関係者危機感の無さについて、大学職員の俺もまったく同意だ。俺は都内私立大学職員技官である。もともとは建設畑の人間だが、大学の先輩から後継者として数年前に引き抜かれた。40代年収は1000万近い。私立大学職員天国だといわれている。それは事実だろう。俺も自分厚遇ぶりに吃驚した。でも、その実態は、何もしない公務員のような組織である

小学校中学校高校高専と次々授業が再開されているのに、電車普通に動いて会社食堂営業をし、図書館美術館も開いているというのに、大学けが授業再開しない理由は、しなくても高い給料が出るからである

 年間一人100万以上の現金コンスタントに入る組織なので、まったく危機感がない。恐ろしいことに、対面授業再開について、議題にすらあがらないのだ。インセンティブの無い組織なので、評価は減点のみ。結果、何もやらない奴が生き残る。そんな組織の中で授業再開などリスクある行為を議題にする奴などいない。同じ仕事仲間で別の私大の知り合いに聞いても同じ。ましてや公務員の国公立が対面授業再開などするわけない。黙っていれば1000万プレイヤーなのだから

2020-07-23

anond:20200723215918

馬鹿でしょ

厚生省技官優生思想の持ち主でネットにそのような事を投稿しまくってた

嘱託殺人の形を取った快楽殺人だよこれ

しろ医師から容疑が軽くなってる

anond:20200723210356

コロナ蔓延で老人が減るのを狙っている厚労省の医系技官PCR検査邪魔をしている

anond:20200723175217

https://news.yahoo.co.jp/articles/49e632b13df2c5ec4270e0784f0948cc341caeec

より引用

逮捕された医師は元厚労省官僚 「高齢者社会負担優生思想 京都ALS安楽死事件

7/23(木) 16:57配信

京都新聞

京都駅に着いた大久保容疑者(23日午後5時32分、京都下京区

 全身の筋肉が動かなくなっていく神経難病筋萎縮性側索硬化症ALS)を発症した京都市の女性に薬物を投与して殺害したとして、京都府警が、嘱託殺人の疑いで、呼吸器内科医大久保愉一容疑者(42)=仙台市=と、医師山本直樹容疑者(43)=東京都=を逮捕した事件で、大久保容疑者は、厚生労働省の元医系技官として約7年半働いていたことが、関係者らへの取材23日分かった。

 また、医師2人のうち一人は、高齢者は見るからゾンビ」などとネット仮名投稿し、高齢者への医療社会資源無駄、寝たきり高齢者はどこかに棄てるべきと優生思想的な主張を繰り返し、安楽死法制化にたびたび言及していた

 捜査関係者によると、大久保山本容疑者殺害されたALS女性=当時(51)=の担当医ではなく、会員制交流サイトSNS)を介して知り合い、直接の面識はなかったとみられる。

 捜査関係者説明では、大久保山本容疑者京都市内のALS患者女性から依頼を受け、昨年11月30日夕に同市内の自宅マンションを訪れ、室内で薬物を女性の体内に投与し、死亡させた疑いが持たれている。

 両容疑者とみられる不審な男2人がマンションを訪れた後、女性の容体が急変し、病院搬送されて死亡が確認された。女性の体内から普段服用していない薬物が検出された。京都府警が捜査を始め、防犯カメラ映像などから2人を特定したという。

 関係者によると、女性2011年ごろにALS発症。死亡した当時声を出したり手足を動かすことができない状態だったが、意識清明で、メールをやりとりすることは可能だった。障害福祉サービス「重度訪問介護」を利用して1日24時間ヘルパーから生活全般ケアを受けながら1人で暮らしていた。

病院で殺してないから捕まったんでしょ。

サイコパス匿名ネットでもすぐわかるし大丈夫じゃね?

2020-05-21

西浦先生の嫁が厚労省の医系技官だと知ってなんだかなあと思ってしまった

2020-05-08

anond:20200508084353

正しいとは誰も言ってないし、むしろ専門家感染症専門家がメインだけど、リスクとしては経済学者も含めるべき)が叩き台として議論して修正すべき値。決定の場がいかにもパフォーマンスカメラ入れてたけど、大阪府技官はいるようだったが学会関係者は含まれていなかったし。

安倍大阪を受けて緊急事態宣言の解除基準専門家に決めてもらう、って言ってたけど、事前に決める方針は出すものだわ。(「緊急事態宣言時に決まってから~」という批判党派性だと思う(決定プロセスやってる間に発令が遅れたらそれこそ問題)が、「決める方針である」とはいうべきだった)

2020-05-06

プランBの不在

豪華客船の状況が報道され、どこぞのコミュ症と呼ばれた先生YouTube動画投稿した時、この騒動自分関係しないものたかをくくっていた。コミュ先生日本危機管理にはプランBが無い、などと警告していた時、自分は鼻をほじりながら「本堂町ちゃんはアリ寄りのナシかな」などとのん気なことを考えていて、まさか自分意味を痛感することになるとは思っていなかった。

普段包丁を作っていたような自分が、兵器開発局っぽいところにあれよあれよという間に徴兵され、はいイエスから選択肢を選んだ結果今回の戦争のために新しい銃をASAPで作れと言われている。俺に作らせると穴が空いていて切っても野菜が張り付かないような銃しか出てこんぞ、と言ってもお構いなしである人的資源の浪費の甚だしさについて、どこぞの幼女コーヒーを酌み交わせそうである


兵器もとい薬の開発というのは本当に難しい。本騒動で勘亭がAという薬に前のめりになっていることは皆さんご承知のことと思う。このAという薬、おそらく効かないわけではないのだが、むちゃくちゃ効くわけでもない(なお、数日前にホットエントリに上がっていたNoteは色々間違っている)。Aはこの騒動最初から治験スタートしている。日本に限らず中国でも欧州でもだ。なのに未だに速報すら出てこない。むちゃくちゃ効くんだったらサンプル数増やさんでも有意差が出るはずである。つまりはそういうことである

一方で、 艦艇はこの日本発の薬で戦いが終わり世界が救われる、というバラ色のストーリーを信じ切っている。Aの治験! 効果バツグンだ!

でも包丁しか作ってないとはいえ、一応専門家名乗っている自分から見れば、こんな使いにくい薬はない。vitroでの活性も、他の薬より100倍オーダーの濃度が必要で、つまり量が必要生産性が悪い(合成stepsが少ないのが救いではあるが)。そして何より、催奇形性があるから、軽症例に気軽に投与できない。町医者で処方して患者が残った薬を融通したりしたら悪夢である。それなのに、これまで抗ウイルス薬など複製を止める薬は重症例に全般的効果が薄いことがわかっている。

こんなの、見滝原市から魔法少女応援に来ると聞いてもう安心だと胸をなでおろしていたらバーさやカーちゃんが来たようなもんである

少なくともコイツが某インフルエンザの薬ぐらいに手軽に使えることはない。そりゃ強制労働省の医系技官たちも反発するわけだ。

プランAの状況を見たとき、そして鑑定が次に打った手が布マスク2枚と聞いた時、そんな中で自分が引っ張り出されているとわかった時の心境を察して欲しい。ハイクソー、二度とやらんわこんなクソゲー。ところがどっこい……ゲームじゃありません……! 現実です……! これが現実……!

なにがプランBだ。プランAから腐ってんじゃねぇか。しか最初から腐ってんのわかってんじゃねぇか。


クソゲー連呼しつつ、それでも仕事はせねばならない。某Rxivと某Rxivに毎日目を通し、世界に追いすがろうとこれまでの研究を漁っているうちに妙なことに気づく。

日本からもご老人の排尿のごとくちょぼちょぼと論文が出ているのだが、日本ですら、だれもAを調べていない。みんな、別の薬を作ろうとしてる。

で、予算の割り振りを見てみると、調整費からのAの検証は驚くほど少額で、強制労働省は大部分を新たな薬の探索に突っ込んでいる。基礎研窮者がこうなのはかるとしても、拘牢すらA全く期待してねーじゃん。なにこれ。


あ、こいつらがやってるの、プランBじゃん。

そうか、日本ではこれがプランBの形なんだ。


今思うと、コミュ先生を船に乗せたのは狸先生だった。日本の誇るガバガバナンスを最大限に活用したルートで外の人間を船に入れ、爆発させて現状を改善する。プランAは爆発で粉砕されたので誰も責任を取らなくて良い。プラン更新された。

誰かが現場裁量を悪……活用して既成事実を作ることで、実質的プランBが機能する。

なるほど日本である

そういえば昔、災害出動要請がないと出動できないから、「訓練」名目で出動した迷彩服の人たちも居たっけか。

でもさぁ、この方式、事前準備が必要だったり、部署をまたいでリソース集めないといけないプランBには使えないよね。

ああ、だから医療資材の生産とかはプランBに入らなかったのね。珪酸と拘牢の暴s……もとい事前準備が両方必要からね。


そこまで考えたところで、ふと気づいた。

え、もしかして、今から銃を作れと言われている理由しか包丁職人自分が集められた理由、それ?


まじかよ。

あーちくしょう、全くもってクソゲーである


それでも、プランAの成就を祈るよりは少しはマシなクソゲーかもしれん。ウンコ味のウンコウンコ味のカレーになったぐらいはマシである。銃は作れないが、切れ味の良いスコップぐらいはもしかしたら作れるんじゃないだろうか。「できちゃった……///」とか既成事実作ればいいんだろ。


あーーーーほんとこのクソゲーやめてーわ。これっきりにしてくれ。


(この物語フィクションであり実在官庁や進行中の事象とは関係ありません)

2020-04-25

anond:20200425124505

医者世界序列は、

医学部教授(臨床系)≧厚労省医系技官東大医学部卒)≧民間医療法人理事長ファミリー>>開業医>>>>>勤務医

底辺勤務医はいだって人手不足

女子受験生も、親が医者で継ぐ病院がある受験生は落とされたりしない。

ちょっと勉強ができるだけの一般人女子は、結婚したらやめる確率が高い。

女性でも続けられるように働き方改革をって言っても、これ以上医療予算は増やせないから無理。

まだ可能性があるのは、かかりつけ医ホームドクター)と専門医免許を分けて、ホームドクター免許を増やすことだけど、これは開業医絶対に許さない。

医師会開業医>>>勤務医運営されている以上どうしようもない。

2020-02-28

検査は不足もあるし、過剰要求もあるけど、なんか大臣答弁おかしくね

検査の過不足について

これは、気づいている人も多いけど、検査の不足が一部にある一方で、過剰に検査要求している人も多数いて、両方を分けて議論をして、両方とも改善しなければいけないという話。

検査不足については、高山義浩先生岩田健太郎教授プロレス相手)も「これまでの積極的疫学調査感染者の接触者を追跡する調査)の結果をみると、このウイルス感染力は必ずしも強くはありません。少なくとも、インフルエンザほどは強くない。」「私たちは封じ込められる可能性を捨てるべきではありません。」と語っている(https://www.facebook.com/100001305489071/posts/2716494688404021/)。封じ込めるためには、感染者を確定診断し、その濃厚接触者を追跡・隔離することが何より重要であるにも関わらず、死亡後に感染確認という例があったり、検査忌避に関する報道が多数あり、後述する検査キャパ改善が遅々としている点は問題であり、何としても改善すべき話である

現状において、風邪症状のみで濃厚接触者でもない人が検査を求めるのが害悪しかないという言説は、確かにその通りであり、啓蒙必要であると考えるが、良い記事があるのでリンクを紹介して省略する。(新型コロナ、なぜ希望者全員に検査をしないの?  感染管理専門家に聞きました/https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/covid-19-sakamoto)

検査キャパについて

検査キャパについては、これが不足しているがゆえに検査不足があり、改善すべきと考える。積極的検査抑制不正告発が容易な日本社会においては、ほぼないと考えるが、検査キャパ不足が改善がなされないのは行政不作為であり、追及すべき段階と考える。(当初は、「武漢市への渡航歴」とか「武漢市への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人との接触」など検査対象に制約があって、それも問題であり別増田で指摘したりもしたけど、そこは改善した https://anond.hatelabo.jp/20200210110528

では、なぜ検査キャパが後述の大臣発言もあるのに増えないのか。この件は、1)受け手側の機器検査要員の限界、2)輸送手段限界 3)院側での梱包発送 という問題があり、全てクリアにならないと検査実施できないという3点があり、さらにはその限界を超えないように見通して、優先順位をつけ、検体受入れ可否も含めた調整も必要であること。

また、大きな要因として検体を量産していたダイヤモンドプリンセス号も含めて、検査需要があるエリアが偏っていて、稼働率が極端に低い都道府県と、極端に高い都道府県があることは容易に想像でき、日本全国での検査機器キャパを母数として稼働率を見ても、そうそう上がらない状況にあった可能性は高い。

特定病原体を含むかもしれない検体の輸送は、梱包受け渡しにせよ、輸送業者体制にしても厳格な決まりがあり、末尾にリンクを貼るが、そう簡単民間委託キャパを増やせず、結果として保健所職員などの自治体職員の人的リソースの枯渇もあると考えられるし、長距離輸送も困難を伴うことになる。この点は特例的な臨時許可業者検討したり、自衛隊災害出動をかけるべきと考える。

また、東京都愛知県内などの一部の保健所・衛生環境研究所では、人的リソース不足があるのは明白で、DMATでも自衛隊でも県庁職員でもいいし、その他大学教育者研究者技官でも良いので、応援人員の動員を検討すべきである

検査数についての追加疑惑

加藤厚労大臣は、国会答弁で18~23日の検査件数の内訳を明かし、その内容は18日996件 19日672件 20日656件 21日1594件 22日1166件 23日675件とのことである。この検査数はダイヤモンドプリンセス号、武漢帰国者チャーター便の搭乗者を含む可能性は高いが、両者ともにピークは超えている日程と考えられる。

一方で、「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省対応について」と題して、ほぼ日次で厚労省Web上で報告している文書によると、「2月25日18時時点までに疑似症サーベイランスおよび積極的疫学調査に基づき、計1,061件の検査実施。そのうち147例が陽性。」とある。同文書時点の国内感染者数は160名(含む無症状者・除くDP号とチャーター便帰国者)であり、陽性者数と国内感染者数に大きな乖離はないので、市中の検査においては、1,061件がほぼ国内検査全数であるように読める。

一番さかのぼれる「1月27日12現在 計14件」から約1カ月を経過して、1,061件しか検査してないという説明は、加藤大臣の答弁とも大きく乖離してており、どちらの数字が正しいかにより、検査不足の度合は大きく異なる。マスコミならびに野党各位は、「1日約3800件の検査可能説明していた」のになぜ「1日平均約900件」というピンボケな指摘をやめて、厚労省Web大臣答弁の数字差異こそ追及して欲しい。

なお、厚労省Web数字は一部韓国紙にも参照されていて、間違いがあるのならば国際的な誤解を解くためにも訂正が必要であり、一方で大臣答弁に虚偽や欺瞞があったとすると、実態として1カ月でわずか1000人ちょっとしか検査していないということであり、国家総力をあげて改善すべきであると考える。

加藤大臣答弁の数字について、1つ仮説を述べておく。厚労省が出している検体採取に関するガイドラインリンク末尾記載)によると、1人の患者から2検体「下気道由来検体(喀痰もしく䛿気管吸引液)」「鼻咽頭ぬぐい液」を検査することになっているが、それを2件とカウントし、同一患者からの経時的な検体も個別カウントアップして検査数としている可能性を指摘しておきたい。

他に検査数・陽性者数の差異として、DP号下船厚労省職員や検疫官を中心に、一部「疑似症サーベイランスおよび積極的疫学調査」のいずれにも該当しないものの、検査実施し、一部陽性となっているものがあることは予想される。

自宅待機要請検査について

「自宅待機しろって言うけど、家族への感染は許容しろってことか?」という発言も多い。これは一理ある。この観点から課題は2つあり、隔離場所の確保と、隔離に際して誰をどこへ隔離するかの優先順位付けの問題とに分かれる。この隔離優先順位付けのために、PCR検査もっとすべきという意見は一面では正しいが、以下の観点から現状では軽症者は避けるべきという話になる。

PCR検査キャパが限られていること

・(特に軽症者の)検査精度が低いこと

日本国内流行がそこまでではなく感染確率のものが低いこと

PCR検査をするために病院へ出かけることが感染リスクを高めること

家族への感染リスクは、現状ではそもそも感染確率が低いところから許容すべきではあるが、より流行が拡大した場合などは、もう一方の課題、「軽症の疑い者」の隔離場所の確保という観点も含めて対応すべきであろう。その場合インバウンド激減となっているホテルの一棟借り上げとかも想定されるが、その施設スタッフの防疫も考えると、むしろ「軽症の疑い者」の家族を、普通に宿泊客としてホテル等へ避難させ、当人を自宅隔離する方が簡便だと考えられる。

地場観光産業を救う意味にもなるし、補助金を積んで「軽症の疑い者」の同居者に感染リスク回避したい高齢者、基礎疾患がある高リスク者、もしくは受験生などがいる場合リスク回避する家族が、ホテル公立宿泊施設公営住宅の空き部屋などを比較安価に利用できるようにすれば良いと思う。自宅に要介護者がいるケースなどは、例外対応的な、病院未満の隔離先もあればなお良い。

そこまでの事態にならないといいんだけどね。以上。

情報ソース検査数について

貼ろうとしたらリンクが多すぎると投稿できないみたいなので、伸びたらトラバで貼ります

2020-02-19

https://anond.hatelabo.jp/20200219093349


たぶん官僚も医系技官、要するに医師免許保持者なはずなので、厚労省だってプライドがある。

医者軍隊教育を受けてるので、現場判断裁量が任される一方で、上の決めた方針絶対

突然外部から今までの取り組みを全否定されたら、軍隊として成り立たない。

DMATの面々は臨床医師として覚悟と使命感で戦場にやってきたのに、患者をみないで病原体のほうばかりみてる連中に口を出されたらたまったもんじゃないってことなんじゃないかな?

思うに、問題PCR検査に頼りすぎというところ。

「陽性のうち何人は症状が出てなかった」なんて報道があると、「無症状キャリアが巻き散らすから全員検査!」となるのも頷けるが、検査で陰性だからって本当にキャリアじゃないとは言い切れない。

それよりも、どういう風に感染が広がっているか指標発熱でもなんでもいいか時系列で追うことが大事なのに、それが出来てなかった。

もちろん、発熱なんかじゃなく毎日4000人の検査をして、時系列で並べればいいが、ようやく全員の検査が終わったと報道されてることからすると、そんなパワーはなかったわけで。

検査に拘るのは、医者の発想のように思う。

治療指針を確認するためにインフルエンザ検査をするように。

だが、実際症状が出る前にウイルス排出する感染症はごまんとある。

1日前から排出されるのか、3日前から排出されるのか、そんなものは程度の問題感染初期でもウイルス排出してるからといっても、肺炎ゴホゴホしてる時と同じくらいウイルスを撒き散らしてるかといえば、そんなわけはない。

発熱者がコロナなのかインフルエンザなのか風邪なのか花粉症なのかを見分けるために検査ならわかるが、片っ端から検査をしても目的が検疫なら経過観察と得られるものは同じ。

実際、二次感染がない前提でなければ、ある時点でで検査陰性だからといって、次の日から陽性に転じる可能性があるわけで、船内で感染が拡大してる中では全てが無意味

検疫官まで感染とか、もうカオス

医師看護師たちは患者個別症例を見るプロだったが、感染症と病原体を見るプロの目からみたらお粗末な対応だったということだろう。

アウトブレイク現場での経験が足りてなかった。

アフリカ帰りのラッサ熱の患者をたった1人隔離するのと、今回みたいに何千人もの集団感染制御は、別のノウハウがいるわけで。

ここで反省しなければ、市中で流行り出したときにも市中で同じような対応になってしまうので、それは困るね。

2019-11-03

anond:20191103102242

反原発やるにしても、原子力ムラ内部からじゃないと効き目ないって分からんのかねえ

小出某はダメよ、あいつは大学技官ポジションに近かった人だから

2019-10-14

地下に受電盤がある施設

大学研究室がそうなんだけど、問題というかかなり怖いのがあの実験室で受電してるの特別高圧なんだよな

分厚いアクリル越しの碍子に繋がった活線を指差し技官氏が「あれ触ったらねえ、死ぬよw」と言った笑顔ビビりまくったb4の頃

タワマンみたいな素人が出入りする施設じゃなおさら、迂闊に出入りできないように地下室とか専用の建屋に入れるんだろうなあ

2019-10-05

anond:20191005234501

でも調理youtubeでみながら素人でもやれるようになってきたしTEDも増えた

座学やビデオでもだいぶ適否がわかる

そこから「どうしてもだめだった」でドロップアウトした人でも周辺の医学ライター裁判所技官看護系や薬学系にコースがあるのなら一理ある

anond:20191005230516

いちおう高裁とかまでいくと技官サポートが入るとかどこかで聞いた

 

そんで医療過誤についてはしない自信があっても「自分はいかにセクハラで訴えられそう」と思って産婦人科を避ける人もいるんじゃないの

どういう考えでもいいけど政府こみで全員一眼となってしっかりやってほしい、

産婦人科少子化対策入り口なんだから

小児科が出口かな、そっちも少ないって聞いた

世をすねて増田で女叩きしてる場合じゃねえからマジで

2019-06-14

anond:20190614180648

とはいえ産業界意向云々関係なく、単なる「研究所」ではなく「教育研究機関である大学には教育もある程度求められるのは仕方がないと思うんだが。

重要なのは教育を充実させるという方向で「仕事が増える」のなら、「人も増やす」ことだよ。

人を増やさずに業務だけ増やすという構図がそもそもダメなのであって、教育をやめいという方向に行くのはちょっとどうかと思う。

人を増やさないとか減らすとかいマインドのままだと、教育を辞めたとしても結局は過大な研究成果を求めたりしてうまくいかないと思う。

もちろん人を増やす一口に言っても実務家教員書類教授先生をただ増やすとかそういう小手先のことじゃなくて、

事務技官博士研究員、その他諸々ちゃん構造的に増やすとかが必要。もちろん設備面も必要

 

2019-04-12

anond:20190410105107

ホンモノかニセモノかの区別の一つは、意図して偽るか否かということと思う。

工芸職人であるのに、芸術家と偽る。

実務家の技官であるのに、学者と偽る。

それぞれ、職人および実務家をさげすんでみているとしか言えない。

日本デザインイマイチとか言ってるやつが結構いるが、そいつらも職人ダサい芸術家のがかっこいいと思っているのだろう。

職人も実務家も立派な職業人であって、社会を支えているという意味では自分勝手芸術家学者よりも尊いのに。

2019-04-10

anond:20180825003825

医学部4回生です。これはすごく分かります

それなりに医者になりたいなぁと思って入学したのですが、今はあんまりなりたくなくてラボに通っています

入学したばかりの頃には「医学部からと言って医師にならないといけない訳じゃない。研究者もあるし、コンサルとかの企業にも勤められるし、医系技官って道もあるんだ」みたいな話を結構されたんですが、2回生になって以降は基礎の先生研究を勧めることはあっても、他の職業について言及されることはほぼなくなりました。

そして基礎医学が終わってしまうと完全に医師ルート一辺倒で、周りにいる教員は皆「医者だとこれぐらいは知ってないとダメですね」「医者になってこれやったら訴えられますから覚えておきましょう」「そんなことで医者やれると思ってんのか」みたいな話ばかりでややウンザリしています

同級生でも「やっぱ医者共感力必要なんやなってわかって医学部入って優しくなれたし、みんなももっと共感力つべき」とか「もっと医師になる自覚をみんな持つべき」みたいなことを言い出す人も多くなってきて正直気味が悪いです。(今まで座学しかやってなかったのに何が分かるんだろうか)

教員も先輩、OBOGも医者(何なら親も医者)という環境に置かれて、無意識に徐々に医者業界の一部のような気にさせられてしまうんじゃないかな、と。医学生医者の卵とか呼ぶあたりにその辺は現れてる気がします。

幸い、ラボで面倒見て頂いてる先生方には研究者に向いてると思うからぜひやった方がいい、と言って頂いてるので、卒後は初期研修だけ済ませておいて研究をやりたいなと思ってます

ただ、先生方曰く、学生の間研究していた人でもポリクリ研修のうちにいつの間にか研究から完全に遠ざかってしまう人がかなり多いそうなので自分気持ちは固く保っておかないといけないな、と常々思っています

2019-03-07

警察と比べると自衛隊はまだマシだな

防衛技官防衛事務官脳筋研修毎日走ったり泳いだり行進したり声出しや敬礼練習させる)はたったの1~3ヶ月。

一応出世したたらそっから更に何度か研修あるけど全部足して定年まででのべ1年あるかどうかぐらい。

それ以外の時間OJTで進めていくから税金の使い方も超効率的

やっぱ警察ってゴミだわwwwww

2019-02-13

anond:20190213143753

つうか地方公務員だとローン組みやすいぞ。まぁさー、今だと警察科捜研的なとこでも博士号必要らしいよな。東大卒でも、東大事務職技官する人もいるんだし、人それぞれでしょうに。

2018-10-30

anond:20181030161837

昔いた研究室技官は暇すぎて分厚い教科書を読み始めついに研究はじめて論文まで書いていまはどっかの大学教員やってる。

2018-09-06

anond:20180906200945

技官がいるのは分かるんだけど、発言力が弱いのか、専門家意見理解できる人間が少なすぎるのか、世間にその声が伝わらないのが問題だと思う。確かに政治の方にまで首を突っ込んでいると本来業務差し支えるのかも知れないけど、科学的な根拠抜きで重要政治的決定が下されることが多すぎて苛立たしい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん