「初老」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 初老とは

2018-02-20

久し振りに山谷に行った。

銀座線浅草駅でおりて浅草演芸場ひとつ小話を聞いてからのんびり北へ向かうとちょうどよい時間帯になっていた。

ボランティアに行っていた頃から数えれば、もう二十年程になっている。風景は変わっていない様でいて、やっぱり変わっていると感じた。

山谷に行く事になったのは連絡を受けたからだった。

ボランティアでお世話になったおっちゃんが半年程前に亡くなっていた、と伝え聞いたからだ。

あの頃にお世話になっていたメンバーにその話をしたところ、線香のひとつでもあげようとなったのだ。

集合場所に行くと、先に何人かが線香を上げていた。

おっちゃんはホームレスだった。

時折移動はしていたが、大体の場所はこの橋の下と決まっていた。

ちょうど寒気がきつい時だったので、驚く程寒かったが、ちょうどよく風が通らないようになっていて、なるほど橋の上よりはマシだった。

何度か缶ビールを持ってみんなでここで飲んだ話をしていると、誰かが「じゃあ、今日ひとつ飲むか」と言い出した。

だが、流石に寒かったし、新しくできた保育園マンションが近くにあったので、迷惑かもしれないと思い、浅草飲み屋へと移動した。

色々な話をした。

おっちゃん、今だったら事案だったよな」と誰かが言った。

かに公園で水行を行っていたりしたから、まぁ、ダメだったろう。

全裸日光浴をしていたこと持った。まあ、まずいだろう。

一人で歩いている子どもに、「迷子か?」と声を掛けていたが、まぁ、警察案件だったろう。

実際、当時でも何度か警察に注意されていた。

炊き出し責任者の人も、やんわりと止めていたが、そういった行為のいくつかは結局やめることはなかった。

面白いおっちゃんだったよなぁ」と誰かが言って、みんなが頷いたけれども。

今の、みんなの、本当のところはどうだったのだろう。

「そろそろお開きにするか」と誰かが言って、机を片付け始めると、初老メンバーが「ちょっと待ってな」といってポケットからスマホを取り出した。

電源を入れて、起動画面にする。Xiというロゴが光った。

「何、毎回電源落としてるの?」「電池がもったいなかろうが」などと笑いながら言い合った。

立ち上がった後、スマホに向かって「もう帰ります」と言って、また電源を落とした。

「こうしておくと、俺がどうしたか音声が届くんだと。息子が設定してくれた」と笑った。

「いい世の中になったよナァ。これなら息子の嫁に世話かけずに別居できるんだから、マッタクありがたいよ」と笑った。

店の前で一本締めをして、手を挙げてみんな帰って行った。

スマホおっちゃんは、北へと帰って行った。

2018-02-15

子供神社名にしませんか?

私は妊婦で割とフィギュアスケートが盛んな地域に住んでいる。

先日のこと、検診で産婦人科に行く途中に初老男性から「お子さんの名前神社名前にしていただけませんか?」と声をかけられた。

(何言ってんだろう?)

私は怖くなって「先を急ぎますので」とその場を立ち去った。

で、今日ヤフーニュースで弓弦羽神社記事を見て、先日の初老男性言葉を思い出した。

2018-02-13

anond:20180213085604

何人か言ってるけど避けた方向が同じになるとカバディになるからあえて避けないことある

で、カバディになった時に舌打ちとかするのが多いのがちょうど団塊世代男性

女性でもそういう人いるけどね! だから初老の方は男女ともにあんま避けないようにしてる。

舌打ちとかする人は相手見てやるので女性の方が被害は多いと思うわ。

それで避けなくなってるとこもありそう。

2018-02-10

地裁の傍聴に行ってきた

検察警察とか被告被告人とかよくわかってないし、知識教養なしで書いてるからわかってる人が読むとイライラする日記になってそう。すまん。

平日に時間があったので前々から気になってはいた傍聴に行ってきた。

事前にネットで軽く下調べした。

高裁以降は「地裁の続き」の話になる。地裁の「新件」のもの事件の話を最初からするのでわかりやす

地裁の作りや傍聴の流れは趣味の人や専門家などの個人ブログなどで予習ができる

地裁によっては公式ホームページに傍聴ガイドがある

という感じ。

午後は13時からと聞いていたので、12:45ぐらいに着いたのだけれど、開廷表と言う「今日スケジュール」を見たら、刑事事件は実際は13:30くらいから始まりだすようだった。民事も傍聴できるみたいだったけど、ほとんど5分くらいしか枠がないやつだったり、そうじゃなくてもなんとなく傍聴者ほかに居るのかなって思って行きづらかったのでスルー

「新件」は1事件50分が基本のようで、ただ授業の時間割表と異なり、興味のある複数事件を同日にハシゴしたくても、効率よく繋がるとは限らず、間が40〜90分程度開くことが多くなりそうだ。

道路交通法違反窃盗の2つの新件に行った。

開始時間の5分前くらいに傍聴席に着席する人が多そうだった。柵の内側の関係者10分前くらい。傍聴席に入るドアや関係者席に入るドアに、目線の高さに小さい扉付きののぞき窓(外から中の様子が観れる)があるのが面白かった。

傍聴者は、常連っぽい私服の中高年のオッサン(失礼だがギャンブルとか好きそうな感じ)が各数人、被告被害者関係者っぽいスーツリーマンが各数人、ひそひそきゃっきゃした女子大生二人組、修学旅行か課外授業かの中学生(私服だったか小学生か?)など。

道路交通法の方は、「ごく普通一般人が、安易気持ち違反行為をしたら大事故になり、免許も取り消され、ついに今日被告人と呼ばれて裁判に…」みたいな感じだった。

こんなこと本当にあるんだなぁと思った。被告人はわざとじゃなさそうだったけれど、しらじらしいくらいに最後まで「被告人は○○してください」の呼びかけに気づかず、えっ自分呼ばれました? みたいなもたつきがあった(毎回、弁護士さんが背後から小声で呼びかけてジェスチャーしてやっと動いた。)

検察が手元の紙を見ながらすごい早口で「したがってこの行為は○○法○条および○条に該当し被告人行為は極めて悪質かつ重大と考えられます。」みたいなことをまくしたてるのがドラマっぽ〜いと思った。無駄に長い定例文だからあんなに早口になるんだろうな。

あの日はなんでそんなことしちゃったんですか? と、弁護士裁判官検察(警察?)から質問があって、被告人が青い顔でしどろもどろに答えるのを、素人ながらにそれ誤魔化して嘘ついてるだろって感じだったけど、裁判官検察も、ねちっこく問い詰めたりは全然しないで、いや、それはないだろ…と内心思ってそうな間がちょっとあるだけでスルーしてたのが正直意外だった。悪い奴をバッシングして叩きのめす・いじめるんでなくて、どうすればよかった? これからはどう改めればいい? を、皆で考えましょうね、被告人はそれこそを心に刻もうね、みたいな。もしかたらこ裁判は傍聴に中学生(小学生?)が沢山いたから、そういう傾向がひときわ強かったのかもしれないけど、(性質としても悪巧みじゃなくて事故だし)、自分思い込みに気付かされた。

あと、弁護士から被告への質問は、ヤラセというか、打ち合わせ済みなんだろうけど、被告弁護士誘導と違うことを答えちゃってそうな場面がいくつかあって、緊張するんだろうなぁ素人っぽいなあ(?)とハラハラした。なんなら検察側も、しおらしく反省してもうこんなことは二度と起こしませんそのためにはこういう風にします、という言葉を言わせようとしているんだけど、なかなか被告がそれに乗らなくて、聞かれてもないことをペチャクチャ喋っちゃって、見ていて大変に歯がゆかったです。被告人事故は辛く思ってやらかし認識はあれど、道交法違反の方の、自分犯罪を犯したんだって意識あんま無さそうだったな…。

求刑って最後最後に言われるものなんだね。最初かと思っていた。この裁判求刑の直後くらいに判決があって閉廷だった。道交法の初犯テンプレ事件だったからかな。

判決では執行猶予について、小学生素人被告意識してか、裁判官から丁寧な説明があった。牢屋の中じゃなく社会の中にいながらの更生期間ということらしい。意識したことがなかったので勉強になった。

2件目は窃盗被告の両サイドを制服警官が挟んでいて、おおおーと思った。

開廷表からは罪名の「窃盗」と被告の氏名しかからないんだけど、最初検察警察から、詳しい説明があった。スーパー万引き常習犯被告はもともと警備員マークされていて、ある日、酒とツマミ万引きして店から出た瞬間に警備員に肩を叩かれ、カバンを捨てて逃走。監視カメラ映像と、カバンの中の私物から後日警察が来て逮捕窃盗公務執行妨害前科があるし、犯行は前回の裁判が終わった直後で執行猶予中。とのこと。

途端に傍聴常連っぽい人が何人か「なーんだ万引きかぁ」という感じでぞろぞろ離席したのが面白かった。

さっきの道交法といろいろ対照的だった。席もなんか左右逆だったし。さっきのは検察側が3人いたけど今度は1人。かわり?に、被告側に制服警官。下世話な話だけど、被告の身なりもホームレスみたいなヒゲ伸び放題のくたびれた初老で、弁護士が若くて化粧濃いめのお姉様で、検察スポーツやってそうなアゴヒゲ青年で、キャラ濃かった。

ちなみに裁判官は2件ともなんかお医者さんっぽかった。熱が出たのは何時頃ですか?とかここ押すと痛いですか?みたいな感じで、スーパーに行ったとき手持ちの現金はいくらでしたか?とか訊いていた。インフルエンザは陰性でしたみたいな感じでアナタ執行猶予は何年ですと言った。

窃盗の方も、なんでそんなことしたんですか? 同じ過ちを繰り返さないためにはどうすれば? を詰めていく流れはだいたい同じ。被告淡々と、とつとつと反省の思いを挟みながら適切に答えていった。慣れている。進行もスムーズ。ただしこちらは、嘘っぽくねそれ?という供述はつぶさに突っ込まれたいた。ただし被告の受け答えも短く適切。面接で受かるやつ。突っ込みに対しても予習済みだったのかなという感じでそれっぽく言い訳できていた。判決は数週間後の後日だった。

全体として、まあなんていうか、下世話な楽しさがあった。他人の本物の人生の、やばいことになってる部分を切り抜いて生で見ているわけで。ネット炎上とか小町とかコピペブログの胸糞悪かったりスカッとしたりの話を見ちゃうタイプ面白さがあって、楽しいし刺激的だけど、悪趣味な楽しさだなとちょっと後ろめたい。

社会勉強になったなぁという気持ちもある。一回見といて良かったなという感じ。今回の二件とも、そういうことがあると知っていながらも、関わりはなかったので、「本当にこういうことってあるんだ…」と体験できたのは、漠然経験値積んだというか、実績解除したぜ感がある。

本当にこんなことあるんだといえば、今回は2件とも、被告プロフィールがわりといかにもそういうことしそうな感じというか世間的な偏見通りだったのが印象的。被告の生い立ちだ家族仕事だって裁判の場で言われちゃうのも個人的にはコレつらいなと思ったし、聞いて正直、あ〜ぽいわ〜と思ったし。偏見で決めつけるのはよくないと今でも思ってるけど、偏見存在するだけのことはあるもんなんだなあと。

またいくかは微妙。平日に暇になったらタダで楽しめる…とも思うけど、時間割が当日朝現地でしかからないし。組織的プロ犯罪とか裁判員裁判みたいな重大なものならまた違った印象があるかもしれない。裁判員裁判は事前に日程がわかるけど傍聴は抽選制(当日朝抽選券配布)なので行けるかどうか一長一短。

2018-01-29

 当方おっさん。つーか初老。外見がおもしろい。どれくらいおもしろいかというと、鏡を見た瞬間に「ああ、これは俺に好意を抱く女性はいないですね」と、怒るでもなく絶望するでもなく、ふつうに納得するレベル。そんな人間でもなんかのまちがいで結婚できたので、人間どうなるかはだれにもわからん。ただそれは結果としてそうなったというだけであって、女性と縁のなかった年月のほうがはるかに長い。

 子供のころから自分男性であるということに強い違和感があった。といっても女子小学生になりたいとかそういうことではなくて、というか本当は女子になりたかったのだが、なりたすぎて「現実的女性になるにはどうしたらいいのか」というようなことを考えていた。その結果、顔面おもしろいので女性になるのは諦めた。というのが小学生のころの話である

 そこで、女性になれないのであれば、男性として生きるしかなくなったわけだが、なら、なぜ男性であることがここまでいやなのかと考えた。そもそも性別ってなんだ。ちんこついてるから男なのか。ちんこときで俺を男扱いするのはやめてもらおうか。などと考えていて気づいた。なるほど、俺は「男性として扱われる」ことそのものがいやであったらしい。

 俺が子供のころはまだまだ「男は男らしく」という価値観が相当に支配的な時代だった。「男のくせに」「女のくせに」とかがわりと平然とまかりとおった時代である。つまりはいろんな人たちが押し付けてくる「男性」が気に入らなかったのだ。そう気づいたのは、高校くらいになってフェミニズム関連の書籍を読んでからである。どうやら俺が気に入らなかった「これ」はジェンダーと呼ばれるものであるらしい。いやだったのは自分ちんこがついていることではなかった。フェミニズム思想は、俺を救った。

 しかちんこついていても排尿くらいにしか使いみちがない。なぜなら俺はもてないかである。この「もてない」というのは子供のころからわりと決定的な条件だった。しかしここで「俺を愛さない女が悪い」とかはまちがっても思えないのである。なぜなら、鏡を見るとそこにおもしろい顔があるから。だれよりも最初自分が納得しているのである。なるほど、この顔面はいかん。これはどうにもならねえ。

 でまあ、最初から女性となんらかの関係を持つのは諦めていた。諦めたというか、恋愛とかそういうのは魔法やら超能力と同じようなものだと思うようになった。不思議もので、こうなると恋愛異世界ファンタジーである。「俺はそこには行けないが、ここではないどこかには、美しい世界があるに違いない」などと思いはじめる。実際、クリスマスの町中を歩くのが好きだった。俺には関係ない世界だが、だれかは幸せであるに違いない。そうしたものが町にあふれているのは決して悪いことではないじゃないか

 とはいえ、性欲はあるのである。幸いなことにこの世にはポルノというものがあった。まじちんこ助かる。しか現実女性というものをあまりに俺とは無関係ものである判断した結果、二次以外では反応しない体質とちんこになった。そもそも女性性的関係もつ可能性を想定していないのである。ならば、その肉体は男性と同じである。俺にとって男性女性もひとしく「人間」でしかない。青年誌とかのグラビアを見てもなにも感じない。そのころのグラビア記憶として残っているのは、小倉優子が表紙のヤングアニマルかなにかを見たときに「これはすごい。胴が長い」と驚いたことくらいである。

 こうした価値観は、俺の内部に相当の歪みとか恨みみたいのを蓄積させているらしい。個人としてはわりとさまざまな不都合があった。ただまあ、これは結婚できたからこそ言えるのかもしれないが、にもかかわらず、よかったと思っていることもある。

 それは、仕事やらなんやらで出会人間について男と女区別することが絶無であることだ。本当に男女の違いは心の底からどうでもいいのである。具体的には、ある特徴があったとして、それを「性別」という場所に落ち着かせることがない。というかその発想が出てこない。すべて単なる個性である。仮に巨乳だとして「なんか胸のあたりが大きい人間」でしかない。それは俺にとって二の腕ものすごい太い男性と似たような意味しか持たない。結婚してからは、女体を性的目線でみることの意味合いが多少は理解できてきたのだが、しょせん後天的学習の成果である。油断しているとすぐに忘れる。

 もちろんこうした価値観は、どう隠したってかならず漏れる(隠そうとする知恵くらいはついた)。おもしろいのは、このスタンスで生きていると、一定数の女性から蛇蝎のごとく嫌われることだ。理由は単純で、その人が依拠しているものを完全に否定してしまっているからだと思う。俺にとって救いのは、世代が下になるにつれ、このようなやりかたで俺を嫌う人間が減ってきていることである。まあこっちがおっさんになったという観察者問題もあるかもしれない。

 フェミ関連で荒れるようなもんがホッテントリに上がってくるたびに、俺は自分がそれに救われた経験から「違う。フェミニズムってのはそういうものじゃないんだ」と叫びたいような気分になる。男とか女とかそういうの別にいい。ちんこまんこ代表されるものはそれが必要とされる場面以外では出さなくていい。まず人間だ。みんな人間だ。みんなメシ食ってうんこする。その程度のものだ。俺はアゼルバイジャン人間よりもカレーを嫌いな人間のほうが理解できない。しかしだからといってカレーを嫌いな人間をそれだけで嫌ったりはしない。なぜうんこの話のあとにカレー話題を持ち出した。さっきカレー食ったからだ。よけいタチが悪い。

 おもしろ顔面は、俺にもてないという運命を与えた。もちろん外見だけが人間を決定するわけではない。そんなことはいやってほど理解してる。それでも「顔がダメ=もてない」という図式をかつて俺は完全に受け入れた。いまにして思えば、俺があれほど自分性別違和感を持ったのは「自分ではどうしようもない身体的な条件に対して、なにか義務を与える」というこの性別というもの構造のものに対する抗議だったのかもしれない。

 具体的な抗議行動として、今期は斉藤さんになって志摩リンのことを「かわいいなあ」「ほんとにかわいいなあ」「ずっとこのままでいてほしいなあ」などと思いつつ、たまにその感情閾値を越えて友情のふりして抱きしめるという暴挙に出たい。あとあんまり関係ないけど、俺のことをキモいとか言った女子よりも、もてないことを理由嘲笑した男たちのほうが許せない。いまでも許す気ない。

2018-01-25

初老って何歳以上のことだと思う?

40歳から初老らしいぞ。

40 初老

50 中老

60 還暦

70 ??

77 喜寿

80 下寿

90 聖寿(星寿)

95 珍寿

99 白寿

100 紀寿、百寿

111 皇寿

119 頑寿

120 大還暦

疲れた

2018-01-18

銀行を辞めたい。

なぜ辞めたいと思ったのかというと、窓口事務しんどいからワガママすぎる、とは自分でも思う、でもこれを一生の仕事にするのは、自分には無理。

窓口事務は、本当にストレスが溜まる。自分は割と温厚だと思っていたのだが、仕事が終わった後のイラつき具合に罪悪感を覚えるレベル。中でも、苦情がつらい。特に初老男性。キレ方が尋常じゃない。最初はその剣幕に泣きまくった。今はただただ無である。もちろんいいお客さんの方が圧倒的に多い。そんなことは分かっている。(ちなみに、テラーにとってのいいお客さんとは、処理を過剰に急かさない人。書類を預けて勝手にどこかに行かない人。書類不備がない人。こういう当たり前のことを当たり前にこなしてくれる人のことである。)そんでもって、こっちが悪ければ、なるべくお客さんの都合に合わせて、訪問なり郵送なりで迅速に手続きを進められるよう尽力する。

でも、「できないものは、ただのテラである自分に何を言われたって、できない」。例えば、委任状他人の口座からお金を引き出す手続きは、その最たるものである印鑑相違。名義相違。記入漏れ本人確認書類不備。これは究極的にはお客さんの過失であって、こちらがどうこうできるわけじゃない。それなのに、「今日中に引き出さないといけない」「家族お金なのにどうして」って、マジかよって感じである。せっかく来たのに、とか、めんどくさすぎるんだよ、とか、言いたいことはたくさんあるだろう。自分が客だったとしたら、そう感じると思う。でもあくまで、「口座にあるお金は全て口座名義人のもの」だということを分かってほしい。それ以外の人が引き出すことが、どちらかといえば例外である

忙しいと思うけど名義人がきてくれ。それが一番めんどくないから。

あと手続きについて問い合わせたんだったらその支店に行ってくれ。お互いのために。

辞めたい理由はまだある。ミステリーショッパーとか営業目標とか転勤ありきの異動とか事務ミス発表会とか厳しい身だしなみとか。書いてたらキリがない。そして報酬が見合っていない。人間関係はとてもとてもいいけど、なんだか命を削っている感があって、疲れてしまった。最近は色々銀行関連のニュース特集が流れているし、昔とは違うということが分かってもらえると思うが、もうなんか、語ることすらめんどい。今までいいお客さんだった人が、引き続きいいお客さんでいてくれることが願い。

2018-01-05

ソバが美味くなった

正月に天ざる食べながら酒飲んだらめちゃくちゃ美味しかった。ずっと頭から離れないくらい。

今までも食べてたはずなんだけど感じ方が変わったのか。

初老世代がそば打ち大好きなのよくわからなかったけど今なら理解できそうだ。

2018-01-03

ある親子を見た話

正月気分が抜け始めた1月3日

家でダラダラと駅伝を見ながら、昼寝をさせていた子供を起こした。

少し子供を外で歩かせないとなーと考えながらスマホで某スーパー電子チラシをチェックしていたら、ほしいものがあったので出かけることに。

買い物をしていたら子供疲れたと言うので、店内にある飲食店に入り、ポテトジュースを注文して他愛のない話をしていた。

すると突然、後方から子連れ女性口論する声がきこえた。

「私は子供社会の一員だと思っています。私の三年間の子育てを、あなたはずっとそばで見てきたんですか?!」

しか、こんな内容だったと思う。

店員さんが声の大きくなった女性に対して、もう少しお静かに……とたしなめた。

女性口論していたのは60くらいの女性で、そそくさと会計を済ませ店を出ていった。

すると近くの席の男性が立ち上がって、女性に対して、

「そんな姿が子供いちばん悪影響だよ。まあいいや」

と、つっけんどんに言い捨てて、これまたそそくさと会計を済ませ店を出ていった。

責められた女性はお子さんに対して「ごめんね、ごめんね」と、何度も何度も繰り返しながら、身支度を済ませて会計へ向かった。お子さんは男の子で、女性の腕にぶら下がっていた。

会計をしながら店員さんに向かって、女性がまくしたてた。

「この子は体はこんなに大きいのに中身が半分なんです」

「私だって普段からダメなことは言い聞かせてます

「私だって出かけたりしたいしレストランにも入りたい」

店員さんはただうなずきながら話をきき、言いたいことを言い終えた女性は、お子さんを腕にぶら下げたまま店を出た。

私はただ、自分の子供の気をそらしながらその一部始終をきいていた。

おそらく彼女のお子さんには、何らかの障害があるんだろう。

女性の様子は、完全に追い詰められたような感じに見えた。

私も子供の持病があったり発達に不安があったり、専門家にかかるなど余裕がない時もあるのだけれど、そんなものとは比べ物にならないものだった。

何もできない私に、彼女に対して心ない何かをぶつけた初老女性男性非難する権利はない。

ただ、発達に不安のある子を育てる心労や苦労を何もわかっていないなら黙っててくれと、そう思う。

そして、新年早々に嫌な思いをしてしまったあの親子が、どうか穏やかな一年を送れるようにと願う。

2018-01-01

anond:20180101112318

40歳初老

https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/term/137.html

日本には、「還暦」「古希」など、一定の年齢に達した人の長寿を祝うならわしが昔からあります奈良時代には10年ごとに祝っていたのですが、その最初のお祝いが40歳で、これを「初老」と呼んでいました(『日本風俗史事典』(弘文堂)の「年賀」「賀の祝い」の項)。

2017-12-23

[]デレマス×ガンダムクロスSS機動戦士ガンダムF92 なおFは推定

こんにちは、アツミ・ムナカタさんですね」

若い男だった。

メガネをかけていて神経質そうというか、ナードっぽいというか、あたしの中の記者イメージとは違っていた。

あたしが頷くと、彼は向かいの席に座り、タブレットテーブルに立てた。

タブレットにはツインテールで派手な髪の色の女の子コンピューターグラフィックが写っていた。

さすがのあたしもコンピューターグラフィックの触らない女の子のお山には興味はない……

いや、なくもないが、この会話を録音するためなのだろうが、このようなアシスタントAIを表示させておく彼の記者らしくなさの方が気になってしまう。

彼は本当に記者なのだろうか。

「いきなり本題ですいません。宇宙世紀130年ごろに見たというモビルスーツの話を聞かせてもらえますか?」

もう40年近く前だ。

それでも、あたしにとってあれは忘れられない大切な思い出だ。

ただ、それはあたしにとって大切なだけで、あたしと彼女以外の誰かにとって聞くに値する話でもない。

彼も、あたしが見たモビルスーツが気になるだけで、あの時の会話に興味があるわけではないだろう。

だけど、あたしは彼女のことをどうしても自慢したくなり、口を開く。


宇宙世紀が進むにつれ、資源採取工業のためのコロニーでなく、観光コロニーという有り方が生まれ始めた。

宇宙余暇を過ごしに来るアースノイドや、商売で財をなしたスペースノイドたちを、コロニー内で作った地球より地球らしい自然で持て成すのが、あたしの住んでいた観光コロニーお題目だった。

もちろん、この地球より地球らしいというのは、人がそう感じる、というだけで、地球地球に住む人以外の動物にとっては、宇宙世紀以前のフィルムに現れる「間違った宇宙」のような居心地の悪さを感じるのだろう。

地球地球に住む人以外の動物も、言葉を介さないからわからないけど。

そんな観光コロニーホテルマッサージ師として、あたしは働いていた。

同業者には、自分屋号を持ち、複数ホテルを掛け持ちするような業務を行なっているものもいたが、あたしはそのホテル専属マッサージ師だった。

その日は、ヘリウムを運ぶ木星船団の方達が地球木星を行き来する途中に、慰安でこのコロニーに遊びに来ていた。

このような団体客が来ると途端に、コロニーが賑やかになる。

大通りには軽食を出す屋台なんかも出ていて、ずっと暮らしているのに少し見栄えが変わるだけで楽しくなってきた。

ぷにょふわで柔らかそうなお饅頭などを買って、食べながら職場に向かう。

「夜の時間」にコロニーが調整された時分、地球より地球らしい自然を唄う割に夕焼けみたいな表現がないのは良く上がる不満点だ、路地裏の方から男女の声が聞こえてきた。

「お姉さんいいおっぱいしとるなー」

ありがとうございますであります、ですがその勘弁してほしいであますが」

初老男性と、若い女性だ。

女性はずいぶん体格がよく、なにより健康的で圧倒的スイカをお持ちだった。

可愛いより格好良いと言われそうな雰囲気だ、豊満なお山は男性受けするだろう。

「いいだろ?

金は…… ねえな、俺ら貧乏から、こんなコロニーきても遊ぶ金がねえんだよ!」

「いやそのお金の話はしていなく」

「そうだ! 金券ならあるぞ! あの木星のじいさんからもらった、金券だ! 金券でどう?」

うんざりだった。

金で女を買おうとする男にも、

金で自然を買おうとする富裕層にも、

そんなスペースノイド地球への憧れをダシに優越感に浸るスペースノイドにも、

そんな金で成り立っているこのコロニーにも。

あたしにも。

気づくと、あたしは女性の手を引いて大通りを走っていた。

その手は柔らかかった、硬貨と比べて。

務めているホテルまで一気に走った。

あたしは息が切れて苦しかったが、彼女はまだ元気そうだった。

ありがとうであります、助かりました」

首を振る。

きっとこのお姉さんなら、自分でどうにかしていた。

二人で部屋に入り、電気をつける。

彼女の顔がよく見えた。

「アキ・ヤマトです」

互いに自己紹介をする。

「アツミ殿でありますか、同じ日系ですな」

そうなのかな?

宇宙移民三世だか四世ともなると、宇宙世紀以前の国の概念は今ひとつからない。

なんでも、ヤマトというのは日本の古い名称らしく、そういうのが面白くて調べてことがあるらしい。

それから色々な話をした。

彼女の話、あたしの話、二人ともの共通の話、二人ともが知らない話。

彼女も興が乗ったのだろうか、自分軍人でまだ公表されていない試作MS木星船団を護衛していること、その護衛には先のコスモバロニア建国戦争レジスタンスエースとして活躍したパイロットもいること、けれどそのエース差し置いて性能が優れた試作機に乗ることともどかしさ。

どこか、別の世界の話のように思えて、楽しく聴けた。

そうして、コロニーが「朝の時間」になる前にアキさんを見送った。

帰り際にまた取るに足らない話をした

「海を知ってますか?」

さすがに、それぐらいは知ってる。

「アツミ殿の名前の「ミ」の部分は海という意味なんですよ」

アツの部分はなんなのだろう。

「アツミ殿もいつか、一人で自在に泳げるようになるといいであますな」

あたしは彼女と二人がよかったが、そうは言えなかった。


「あのー、モビルスーツはいつ頃出るのでしょう?」

……無粋な男だ。

仕方なく、その後観光コロニーが何かしらのテロ組織に襲撃された話をする。

10年以上後の軍の発表によると「木星船団をあえて狙うことで木星から目を背けることが目的の、木星帝国マッチポンプ的な攻撃」だそうだ。

「それでその時にみたのが、F91とF92なんですね」

F92という呼称は、彼女が会話の中で漏らした試作機の名前で、本当にそうかはわからないし、そもそもあれがそうだったのかもわからない。

それでも、あたしの直感…… 少しニュータイプ思想のようで気味が悪い言い方だけど、

直感的にあれに彼女が乗っているのを感じたのだ。

「なるほど、それでその二機が撃墜してしまう。

それからホテルで療養していたF91の方のパイロットの面倒をみていたのがあなたなんですね」

違わないけど、違うと言いたい。

あたしが面倒をみたかったのは、彼なんかじゃない。

「ふーむ、それでそのF92の形状について詳しく聞かせてもらえますか?」

色々と話すが、なにぶん40年前だ。

それなりに適当に、それなりに真摯に、それなりに答えた。

「へー」

「ほー」

「ふむふむ」

相槌がうっとおしい。

「わかりました。そうだ、最後F91パイロットの話も少しいいですか?」

はっきり言って、これこそあまり覚えてない。

……いや一つだけあるな。

ちょっとした小話だけど、彼が泊まっていた部屋の隣部屋があの夜に彼女に言い寄っていたおじさんだった。

あたしが面白がって、同僚にこの話をしたら、

何故か話が混線してしまって、おじさんでなく彼の方が「金券でどう? の人」とホテル内で呼ばれてしまい、少しかわいそうだった。

勘違い?」

そう、あたしの話を聞いた他のスタッフ勘違い

「それは、それは……」

2017-12-22

頑張ってる人とセックスをしたい

頑張ってる人とセックスをしたい。

モテようだとか女とヤろうとか微塵も考えてないような、

仕事ばかりしてるうちにもう髪の毛も白髪が大半になってきて女の子で遊ぶ間も無く老け込んでしまった初老の人とか。

仕事頑張ってるのに何らかの因果離婚しちゃったり子供に会えなくなったりしちゃった真面目で孤独初老だとか。

頑張ってる初老を見るとセックスして励ましてあげたいなあ〜

セックスじゃなくてもいい、お話するでもものを送るでもいい励ましてあげたい欲がムラムラと湧いてくる

2017-12-20

非常識安倍総理

匿名さん  [2017-12-14 17:31:23]

15・30 自民党安倍総裁遊説のため、静岡県内をJR東海道線の普通列車で移動中、初老男性に注意される。JR職員がおさえていた席に、後から乗ってきた安倍氏が座ったため。男性安倍氏の隣に立って苦言を続ける。安倍氏はしばらく聞いていたが、「だからすみませんって言ってるじゃないか」と怒り、その後は座ったまま目を閉じる。男性は隣に立ち続けた。

http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo46/news/TKY201212140768.html

2012年の選挙だという。

2017-12-17

新宿居酒屋バイトしている。客単価は五千円。安くはないけどすごく高いわけでもない。客層は30代から40代が一番多い。

金曜夜の居酒屋は混んでいる。超忙しい。料理調理場から1番遠い席まで運ぶとなるとその道中で何度も呼び止められる。「すいませーん」と聞こえたら条件反射で「はいお伺いいたしまーす」と叫んでいる。だから正直、細かいところまで気を配る余裕がない。こちらはホール担当バイトが2人しかいない状態なので、食べ物飲み物を運び注文をとるのが限界だ。ああ、あの席灰皿がいっぱいだから取り替えてあげたいなと思っても、その瞬間にはどこからかすいませーん!!と聞こえる。みんなドリンクを頼みたいし、トイレ場所を聞きたいのだ。

ある金曜日バイト中、店内を何度も往復しながら、初老の男女グループの席からやけに見られているなと思っていた。意味ありげにこちらを見てくる。なにか用があるのだろうかと忙しいなか一応にこりと笑いかけても、ふいと目をそらす。これで余裕があれば近づいてご注文ですか、とか聞くのだけど今はさっき席に着いたお客さんにおしぼりを渡すことが優先だ。しばらくしてまたフロアを往復してそのグループの席のあたりを歩いていると、もう1人のバイトになにか頼んでいた。どうやら焼酎水割りをつくるための氷を新しく持ってきて欲しいらしい。ああそういえばとテーブルを見れば少し前に用意した氷は溶けてしまっていた。

「なんであの子、気づかないんだろうね。こちから言わなきゃいけないなんて。氷お持ちしましょうか?くらい言えないのかなあ、使えないね

びっくりした。あの子、とは確実に私のことだった。というか何なら私に聞こえるように言っているように思える。そうか、何度も目があったのは氷を持ってこいという無言のアピールだったらしい。

ただ、申し訳ないけれど、自分たちがして欲しいこと、持ってきて欲しいもの、きちんと声に出して伝えてくれないと私は対応できない。金曜夜の、満席状態居酒屋で、数人のお客さんに目線で何かを伝えられて、それを解読している暇は、ない。

自分たちのして欲しいことを察してもらえると思っている人は結構多い。でも、要求をきちんと言葉にするというのはコミュニケーションの基本だと思う。それがお客さんと店員という関係であっても。

少し申し訳なかったなと思っていたら、こんな風に会話が続いた。

「まあ、どうせあの子中国人韓国人でしょ?」

「ああ、最近多いよね」

「そうそう、俺の近所のファミリーマートなんてさ、4人店員がいるんだけど全員中国人

「まあ、どうせあの子中国人韓国人でしょ」の後ろに隠れているのは ( だから仕事ができなくても仕方がない ) とかだろうか。日本人だったら、自分たち要求を察してもらえると思っているのだろうか。何度も目があった私に氷を持ってくるよう頼まずもう1人の店員を呼び止めたのは、私が中国人韓国人だと思ったから?

ここで言っておくと、私は日本人である。両親も祖父母もひい祖父母も日本人だ。在日外国人というわけでもない。つまり彼らは私を外国人だと勝手勘違いして、勝手にじろじろと見続けて、勝手に不満を漏らしていたわけだ。

しかった。中国人韓国人に間違われたことが悲しかったんじゃなくて、日本で働いている日本人じゃない人たちがこんな風に言われたりしていることを、身をもって知ったからだ。日本人じゃないから、という理由仕事ができないと決めつけられたり、じろじろと見られたり、文句を言われたりする。どれだけ一生懸命になって働いても、彼らが日本人じゃない限り、どうせ〇〇人だから、という一言で全てが否定されてしまう。やるせなかった。

以前バイト中にわざわざ「日本人ですか?」と聞いてきた人もいた。すごく失礼だ。日本人じゃなければ何か都合が悪いのだろうか?私はその人たちにきちんと日本語対応し、食事を運び、お皿を下げていたつもりだったけど。

あー、まとまらなくなってきた。なんか、もっと寛容な社会であってほしいと思う。今はちょっと不寛容過ぎるんじゃないかな、いろいろと。とりあえず、それだけ。

2017-12-16

anond:20171216183249

うちの近所は初老おっさんコンビニスーパー店員結構見るけど

見かける時間帯的に夜勤じゃないとダメって言われてる可能性はある

2017-12-08

プリキュアになれるとしても、どうしよう

40歳男性です。初老です。

もし自分プリキュアになって超絶的な力が使えるようになったらどうしよう。

でも、力の行使には絶対プリキュアの格好にならなければいけないの。スカート系の。

変身バンクも大声で周りにハッキリ聞こえるように宣言しなければいけない。

よっぽどの緊急事態じゃないと、ホイホイ使えないだろこれ。

2017-12-04

anond:20171204015504

これ「転換性障害, 発語症状(失声症)を伴う」じゃないの?

昔の言葉で言うヒステリーってやつ。

初老先生って何歳くらいなんだろうなぁ……開業医高齢精神科医って地雷だと思うんだけど。

最初に出してきた薬がもしデパスエチゾラム)なら、間違いなく勉強不足で知識アップデートを怠っている医師なので転医したほうがいいと思う。

適応障害と診断された

0日目:

 同棲している彼女とけんかになった。普段通り過ごしていたつもりが、彼女からイライラすると言われた。

夕方彼女の出がけにご飯を食べようと準備していたら、「あたしとはご飯食べないのに一人では料理して食べるんだ。」と言われた。

その前日、体調が悪く、彼女が作った料理を食べられなかった。にもかかわらず、今日は食べるんだ、みたいな感じで怒っていた。

「昨日は体調不良で食べられなかったけど、今日は少しよくなったかおかゆでも食べようと思ったんだ。」と伝えたが、

聞く耳を持たず、「なんでそうやってあたしを怒らせるの?嫌がることをするの?」と責められた。

怒らせるようなことをしたつもりはなく、かといって謝るようなことをしたわけではないので困っていると、

「本当にイライラする。やることも言うことも全部腹が立つ。」と言われた。正直なところ、とても傷ついた。

用事から彼女帰宅してから、もう一度話をした。

なんでイライラしていたのか聞いたが、「月に一回のホルモンバランス」とのことで、

僕が具体的にどう行動すればお互いが傷つかないかは分からずじまいだった。

また同じことになったら、というか、毎月のことならば来月にはまた同じことになることはほぼ間違いない。

そのたびに傷つくようなことを言われたらと思うと、とても納得できず、腹立たしかった。

 

1日目朝~昼:

 体調がぶり返したようで何度かトイレに駆け込んだりして朝4時ころまで寝付けず、

アラームをしつこいくらいセットして、8時に起床した。

彼女はもう仕事に出ていたようだ。吐き気がする。トイレに行くが出なかった。

心臓の脈が、大きくて速い。何度かに一回拍が抜ける。

しばらくテレビを眺めながら様子を見ていたが、一向に良くなる気配がなく、

座ってるのもきつくなって横になってしまった。

仕事のことが気になっていたが、今のこの様子では会社にたどり着けるかも不安だったので、

休みをもらおうと電話をしようとしたが、手が震えてなかなかうまくいかない。

なんとか電話をかけ、呼び出しが鳴り、先輩が出る。

「すいません増田ですけど」と言おうとしたが、声が出なかった。口がパクパクするだけ。

電話の向こうでは「もしもーし」と何回か繰り返している。「あー」とも「うー」とも言えずに切られてしまった。

上司ライン事情説明し、なんとか休みをもらうことができた。

「無理しなくてもいいけど病院いけそうだったらいってね」と言われたが、

前頭痛で休んだ時に病名がついた診断書を持ってくるようしつこく言われたために、

不安を押し殺して近くの内科へ。

受付でどうされましたかーと聞かれたが、うまく言葉が出ず、筆談言葉が出ないなどと説明し、

診察の際にも訝しがられながら「声でないのねー」と軽くあしらわれ、

必死になって、声が出ないんじゃない、言葉が声になって出てこないんだと伝えたところ、

近くの心療内科を紹介された。予想はついてた。

体調がしんどかったのもあって久しぶりにタクシーに乗り、その間も一言もしゃべれずに焦っていた。

病院につくとたくさんの患者さんがいて、みんなうなだれているように見えて滅入ってしまった。

状況をまた筆談説明し、2時間近く待たされて、その間いろいろなことを考えていた。

前日のこと、仕事のこと、実家家族のこと、昔諦めた夢のこと、

気づくと涙が出てて、気が付かないうちに涙が出てくるという状態に少しパニックになってしまった。

トイレに駆け込んで落ち着くのを待ったが、もうぐちゃぐちゃに泣いていて、

ドアの外で受け付けの人が呼んでいるのが聞こえ、なんとか涙と鼻水を吹いて診察室へ入った。

初老先生で、なにやらバーッて話をされ、ほとんど頭に入らなかった。

皇室雅子様なんかはそうですね。」という言葉だけ覚えてる。

とにかく休め、みたいなニュアンスだった。

寝付きやすくなる薬と落ち着く薬を出されてタクシーで家に帰った。

診断書が入った封筒の中を見ると、「適応障害」と書いてあり、下段には1か月の自宅療養が必要と書いてあった。

上司ラインすると、なかなか困った様子だったが、投げ出した形になった仕事は引き継いでくれるようだった。

繁忙期のため、文面の端々に嫌な感じがあった。

 

1日目夜:

 彼女帰宅するなり口をパクパクしながら状況を説明した。

それはそうとして昨日の話で納得できない点があったので、なんとか傷つき合わないような妥協点を探りたかった。

こうこうこうでこうだから僕はこうするけど、この点はこうしてほしいということを

ノートに書いて説明した。

ひとつひとつ確認しながら順を追って説明してる最中彼女は飽きたかのように眠そうな顔になり、

書いてるノートも見てくれなくなった。

見てくれなかったら、僕の考えていることを理解しようがない。

彼女は僕のことを理解しようとはしていないんだと思った。

まりにも失礼に感じたので、怒った。でもやっぱり言葉は声にならなかった。

彼女はそのまま寝室に行って寝た。僕は薬を飲んでソファで寝た。

 

2日目以降:

 翌朝、「昨日はごめんねどうしても眠くてしょうがなかったの。」と彼女が起きぬけに言った。

クチではそういうことを言うのに、結局は何の話も改善もせずにまた同じことを繰り返すんだろうと思ったが、

声にならずに、こくりこくりと首を縦に揺らした。

動悸がやばい吐き気やばい、いろいろやばくてとにかくしんどかった。

昨日書いたノートはやっぱり開いた形跡はなかった。丁寧に説明しようと思っても何も伝わらない徒労感。

 

 彼女はとてもやさしく接してくれた。でも何も伝わってないし、変わってないんだと思う。

このやさしさは僕のことを思ってしてくれているのではなく、

「てきおーしょーがい」って精神病彼氏を労わる慈しみ深い人を演じているだけだという思いが、疑いが、晴れない。

 

 とりあえず4日目に思っていることを書いておく。

2017-12-03

女子女子いつまで言うからカテゴライズした

こいつらいつまでも女子女子言ってるから違和感なく使えるようにカテゴライズした。

女子

??から29歳

中年女子

30歳から39歳

初老女子

40歳から49歳

更年期女子

50歳から59歳

女子

60歳から69歳

末期女子

70歳から

修飾子を忘れるな、

おい、中年女子、お前はもうおばさんやぞ、それを忘れるな

以上

2017-11-01

30歳はオヤジ

昨日ポケモンシリアルコードを打ってたら「oyaji30years」というのがあって…

自分から見ると30歳なんてめちゃくちゃ若いんだけど、世間認識とズレてますか?

自分認識

一桁代:幼児

10代:キッズ

20代:大学生ノリ

30代:ヤング

40代:社会人の一歩

50代:社会人

60代:大人

70代:初老

80代以降:老人

たぶんかなり昔の認識

10代:若者

20代:新社会人

30代:おじさんおばさん

40代:初老

50代から:老人

こんな感じだったのでは?

皆さんの今の見解を教えてください。

2017-10-30

anond:20171030125040

3週間我慢できたんだから、3年投稿我慢してみなよ

統合失調症治るかもしれないじゃん、自称初老正義漢さんよ

2017-10-19

https://anond.hatelabo.jp/20171019112423

政党支持は場所もそうだけど年齢に依存してるから

若い局所的に見えるかもしれないけど、たぶん60歳前後とかだとそうでもないんじゃない?

 

電車グダグダ言ってる初老男性言葉とか聞いてると

政党不支持っぽい人多いが、クソの中で敢えて立憲民主って人も居そうだな

2017-10-14

これから良くなることなんて無いんだから毎日を楽しく生きたい

と、電車に乗ってた初老のおばちゃん達が言ってた

 

いろいろと考えさせられた

2017-10-13

美少年視線釘付けの初老のダークボガードの映画は何といっても。

モデルマーラーだと言われてるけど。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん