「初老」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 初老とは

2020-05-24

ベーシックインカムから快適な配給制

https://anond.hatelabo.jp/20200521211842

当初政府はその問題を、不況と同じレベルで考えていたらしい。時代適応できない事業が淘汰され、自殺者が増えても、全体としてはやがてバランスが取れていくだろうと。

エコシステムってやつね。何かが壊れたり死んだりしても、時代に沿った形で自然復元し、バランスが保たれるはず、そう考えたのよ、政府は」

ところがそうはいかなかった。専門家の試算によると、復元不可能なほど、人も事業経済的理由死ぬことがわかった。あるいは海外に身売りする企業が増えるだろうと。実際、その兆しが見え始め、政府支持率も落ち始めた。

焦った政府は、そこで本格的に救済措置検討し始めた。それまでも単発的な給付金や貸付などは行っていたが、それでは間に合わなかった。

「結局いろいろあった後に、有望な事業は国が保護することになったの。うーん、半分国営化みたいな感じ?」

その経緯についてもっと詳しく聞きたかったのだけど、サタさんは「カショウに聞いて」と言って、説明を端折った。

一方、個人に対しては、継続的給付金、つまりベーシックインカム検討され始めた。

「その話が出たとき、もうみんな大盛り上がりだったわよ。そんなのできっこないって言いながら、本心ではみんなワクワクしてた。でもやっぱりね」

そうはいかなかった。財源が足りないのは明白だった。

ベーシックインカムの話が出るずいぶん前に、政府マスクと一時給付金を配ろうとしたの。でも、IT化の遅れのせいで、あちこちトラブルが起きたの」

IT化の遅れ。これはカショウも言っていた。簡単にいうと、それまで政府は、既存産業エコシステムに気を使いすぎて、新しい技術を取り入れることができなかったらしい。あと、かたちを伴わない情報データを軽く見ていたのも、IT化が遅れた理由ひとつだったと。

「そんなときおとなりの国がね、IT専門家――専門家って言っても学者というよりガチコード書くプログラマのほうね――を招き入れて、マスクをみんなに、均等に行きわたらせることに成功したの!」

その様子を見た役人か誰かが、本格的なIT化と、配給制検討することを政府に進言したらしい。そこではじめて、その技術価値に見合う予算が組まれ、実務的なプラン技術の選定が行われた。どういったリーダーエンジニア必要かも、“おとなりの国”を参考にして割り出し、その発案者は政府を説得した。

「そんな案、コロナ以前は絶対通らなかったわ。政府は、それまでの社会の基盤となっている業界を優先せざるを得なかったから。でもそのつながりを断ち切ったのがコロナだったの。コロナが新しい可能性のリミッターを外したの」

古い社会的基盤を維持するために、新しい可能性は活躍の場を奪われていた。そのことをサタさんはリミッターと表現したらしい。サタさんは、配給制バックグラウンドに、労働力不足があったことにも触れた。

「外出や人との接触制限されるじゃない?そしたら、必然的労働力も減るのよ。労働力が減ればつまり……、モノが減るの。外国との行き来もできないから、輸入も難しくなって……」

まり資源は限られている。その資源を過不足なく、国民に行きわたらせるには、現金よりも物資のほうが有効との考えで、配給制が有力となった。

「もうみんなガッカリよ。SNSは荒れまくって。配給制って、戦争の貧しいイメージしかないじゃない?あと、社会主義っぽい感じ?完全に私たち管理されてるような?」

しか政府へのネガティブイメージは、数年後にはまったく真逆のものに上書きされることになった。

「着いたわ、ここよ」

サタさんは大きな建物を指さした。その配給所は、この一帯の集積所も兼ねていて、ここからさらに小さな配給所にも送られるらしい。サタさんたちは、たまたまこの大きな配給所の近くに住んでいた。

「よくここで買い物したのよ昔は。いろんな服屋さんとかレストランが入ってて。懐かしいわ」

今は、積み上げられた荷物以外は人も物も少なく、がらんとしている。

サタさんは並んだ端末のひとつに、自分の小型タブレットをかざした。

指輪型とか時計型とかあるけど、私、指輪時計も苦手なの。だからずっとスマホ型のを使ってるの」

サタさんのタブレットに、荷物の格納場所が示される。その案内に沿って、僕たちは移動する。

「よう!サタちゃん

初老の男がこちらに笑顔を見せる。作業着らしい服装に身を包んでいる。サタさんも満面の笑顔あいさつを返す。

「前言ってたやつ。届いてたよ」

彼はそう言って、僕たちをその場所まで案内した。

配給所では、必ずこういったおじさんを見かける。彼らはたいてい、荷物を下ろすのを手伝ったり整理したりしている。

すでに紹介したとおり、この世界では、生活のための労働というのはほとんどない。たいていはロボットによって自動化されている。

じゃあなぜ、彼らはここにいるのか。

それは、ちょっと説明がむずかしいのだけど、彼らのパッションしか言いようがない。

まり彼らは、ここで作業を手伝うことを喜びとしているのだ。誰かと立ち話をすることを楽しむものもいる。黙々と作業するものもいる。

いずれにせよ、誰かから感謝言葉や、あるいは作業のものを、自分の喜びとしている。

カショウと行った盛り場なども同じで、過去にそういった経験のある年配の男女が、食事飲み物提供を手伝っている。配給所や盛り場に限らず、こういった自主的労働は、あらゆる場所で見られる。

「昔はみんな、生活のためとか、それが普通からって理由しかたなく働いてる人が多かった。労働苦痛だと思ってる人がほとんどだった。だけど今は、楽しみや自己表現でさえありえるのよね、働くことが。自由から

ちょっとした小遣いももらえるしな」

おじさんが笑顔でそう言った。

おじさんのような有志の労働には、ポイントが付加される仕組みになっている。ポイントは、この世界通貨のようなもので、モノやサービスなど、何とでも交換できる。僕たちは基本的政府の配給とサービスだけで生活ができるので、ポイントはまさに、趣味嗜好品のためのおこづかいと言える。

「昔のポイントカードのなごりね。もうちょっと気の利いた名前なかったのかしら」

ポイントが使われるシーンとしては、誰かのハンドメイド家具アート作品と交換したり、何か作業を頼んだ時に、その謝礼として送ったり。たいていは個人取引で利用される。

おじさんは振り返って棚のひとつを指さした。

「これだ。降ろしてやる」

配給物資だけでなく、個人取引荷物もここに届く。サタさんはうれしそうに小包を受け取った。

「これ、遠くに住む作家さんの作品なの」

おじさんは自走式のカートにすべての配給物資を積んでくれた。3、4日分の食料や生活雑貨なので、そこそこの量がある。

「前回は雑穀を頼みすぎたから、今回は減らしたのよ。その代り、今回はペーパー類がかさむわね」

配給制も、最初の頃はめちゃくちゃだったが、こんなに細かく調整が利くようになるとはな。便利なもんだ」

最初はね、あれが足りないとか、システムトラブルとか、大混乱だったわよね」

機械化が追いつくまでは本当にモノがなかったしな。でもあっという間に、人間労働力の不足を機械が埋めてくれた。それに今は……、ストレスが少ないから、ストレス解消のために無駄に消費することもなくなった。そんな気がするんだよな」

「リミッターもはずれたしね」

「ん?リミッターって?」

サタさんはフフフと笑ってごまかした。

「ほんと!何もかもストレスなくてラクになったわ。昔ほら、オンラインショップサービス定期購入ってあったじゃない?あれを政府が一括でやってくれてるような感じね、今の配給制って」

そう。配給制と言っても、一律で配給されるわけではなく、その家庭の消費傾向が反映されているので、不満を感じることはほとんどない。

各家庭ごとに一定の枠があり、その枠の中でならどんな組み合わせで発注してもかまわない。そしてその消費傾向はコンピュータ記憶され、次回からの配給プランに反映されるので、放っておいてもある程度その家庭の生活傾向に合った物資が届く。

「ただ、昔ほどバリエーションがないのは寂しいわね。昔はね、石鹸ひとつとっても、いろんな企業が、いろんな色や香りのものを売ってたのよ」

「今は需要の大きいものしか作らないからな、政府の一元管理から

技術品質コスト的に洗練されたものしか作らないとも聞きました」

僕も勇気を出して、会話に参加してみた。

「昔あった企業の、すべてのノウハウ技術結集させて作ってるからな。どの製品も、最高のところでコスト品質バランスが取れてる。まあ、どれも無難個性がないと言えばそうなんだが……」

「でもちゃんと、個性的なものもあるんだから。ほら!」

サタさんはさっきの小包を開けて、中から半透明のなにかを取り出した。鼻元に近づけ、においをかぐ。中に鮮やかな花が埋め込まれているのが見えた。明らかに量産された配給品とは違う、“誰かの作品”だった。

わたしこの香りが大好きなの!はい

そう言って、それをひとつおじさんに手渡した。かすかに清々しい香りが漂う。

「いやぁオレはこういうのは……」

「じゃあ奥さんに。ふふふ」

おじさんにお礼を言って、僕たちは配給所を後にした。自走式カートの後を、僕たちはゆっくり歩いた。

「ああいいにおい」

サタさんはその間ずっと、“誰かの作品”を鼻に押し当てていた。

2020-05-22

節約癖もあまり褒められたもんじゃないな

自分は豪華なくらしにまるで興味がなく、モノは買わないし、良いところに住みたいという欲求は皆無だし、

食べ物も、人と一緒のときは多少贅沢することもあるけれど、基本的には、極々庶民的なつつましい食事、なんなら安めの食生活を送っている。

足るを知るというか、節制していてよいという見方若い頃はしていたのだが、初老という年になってこのライフスタイルをしていて気づくのは、

お金は使わない限り、どんなに所得が上がっても、生活20代のころとまるで変わらんのよな。お金はあるのに生活レベルが変わらない。

このあたりのお金の使い方って、やっぱり育ちも影響するのかね。

幼少〜十代の頃の生活に影響を受けている気がして、自分なんかは決して裕福な家庭ではなかったので、

お金の使い方や、出費に関する感覚が固定されちゃってるのかなって、程々にお金使って楽しそうに生活してる友人なんかを見ると思う。

2020-05-19

若年寄初老になってくると手の施しようがないね

人日教組

2020-05-18

増田加齢臭がきつい

どのネタみても30代後半の初老~老人ばっかりじゃん

スターが集まってるの見てもそう

もっとこう令和キッズみたいなのが集まる場所はないんかねえ

増田加齢臭がきつい

どのネタみても30代後半の初老~老人ばっかりじゃん

スターが集まってるの見てもそう

もっとこう令和キッズみたいなのが集まる場所はないんかねえ

2020-05-15

初老独身男性は、どんな部屋に住んでるの?選ぶポイントとかある?

2020-05-14

ファミマ卵焼きハム野菜サンドは具がみっちりで食べ応えあるけど、多すぎてはみ出るため食べにくい

初老なので何事もほどほどが一番いいと感想を持った商品

ヤングがむさぼり食うのにちょうどいいかもだけど比較的高額商品なのであまりオススメできず

2020-05-10

anond:20200510110324

から、そーゆー、

家電売場に買った品の文句を言いに来た初老の客に「じゃあ、買わなきゃよかったじゃないですか」と言い放つ大学生バイト売り子みたいな言い方しないの!

2020-05-05

20年間好きでもない仕事をしてきてもう限界

20年前、これこそ俺の天職だ、と思って今の業界に入った。

だけど今気づいた。

この仕事そもそも興味がない。どちらかというとめんどくさくて大嫌いだった。なんで天職とか思ったんだよお前。

でもまぁいいや。多分今の仕事次にキリのいいところでもうやめる。

なんかこう忙しくて考える暇もなかったんだけど、コロナウィルス騒動時間ができたことで気づいてしまった。

多分こう言う人多いと思う。

この仕事びっくりするくらいつまらない。自分にとって全く価値がないことにこれ以上人生を捧げたくない。

初老も過ぎてから業界を変える、40の手習、でももういいんだ。

2020-05-03

我が国独身男性絶望的な将来

社会福祉の道を志す者です。※タイトルは吊りです、すいません。

高齢者一人暮らし世帯の数は、2005年の387万世から2030年には717万世帯に倍増すると推計されています

また、我が国高齢者は、地域活動への参加が極めて少なく、頼れる近隣の知人もほとんどいない状態家族しか頼れないが近くに住んでいない)で先進国の中でも圧倒的に社会的孤立していることが統計でわかっています。この傾向はおそらく改善しないのではないかと考えています



はてなに集うであろう(少なくない)初老の単身男性(もちろん女性も)のみなさんはこの現実に対しどのように考え、備えているのか興味を持っていますはてブ他責的な傾向は見られますが、その批判的思考自分にも向けられていると思いますし、その辺でランダムアンケート取るよりは有益情報が得られるかと思いました。

個人的にはIoTイノベーション解決できる部分が増えてくれたらいいと考えていますが)

2020-04-26

anond:20200426230710

ワイも小学生なんだけど、いつもよりたくさんゲームできて嬉しい

宿題とかも早めに済ませています天才なので

母親ババア?知るか!今どき初老の親とかめずらしくないやろが

2020-04-22

anond:20200422132603

障害とか社会資本問題とか認知機能の低下とかで現実を見るのが難しすぎて発狂しかけてる初老とかだよ。厨房はこんなとこ来ん。

2020-04-20

anond:20200420011246

全員見えるわけじゃないけど

車に乗ってるのは中年初老ぐらいの年代が多い感じがする

2020-03-27

若者悪者にするなって怒ってる奴らw

君たち若くないか(笑)暦の上では初老から(笑)

2020-03-09

anond:20200309224413

初期の2ちゃんねるがどうの、煽り作法がどうのみたいなことばっか言ってるので

ネット中毒初老自己紹介」と表現したんだけど...

機械的単語に反応してるだけなのね。

まあ長く続けられるやつはそういうタイプだけなんだろうな。

関係ないけどカウンセラーなんかも真面目なやつはきっと続かないんだろうなあ

2020-02-28

anond:20200228084350

知るか初老!って言おうとしたら

中島みゆきかあ、うーん...

一杯の天ぷら蕎麦

今日、ちょうど定年退職をむかえた初老の男が一人、駅前立ち食いそば屋で一杯のそばを食べている。

エビ天ぷらが一尾のっかった、500円のそばだ。

 

男は30年も前からほぼ毎日休み、この店に通っているが、一度も店主とは話したことがない。

話す理由なども特にないのだが、今日、男は自然自分と同年輩であろう店主に話しかけていた。

 

おやじ今日退職するんだ」

へぇ…そうかい

 

会話は途切れた。ほかに話題があるわけでもない。

男の退職は、今日が店を訪れる最後の日であることをあらわしていた。

 

すると突然、男のどんぶりの上にエビ天ぷらがもう一尾乗せられたのだった。

 

おやじ、いいのか…」

「なーに、気にすんなって」

 

一瞬泣きそうになるけどごまかす。

些細な人の暖かみにふれただけだが、じーんときた。

そして、財布から500円玉を取り出す。

 

おやじ、お勘定!」

「700円になります

2020-02-11

ちょと強いインフル←これメチャクチャヤバイから

インフルエンザにもいくつか種類があって、その中でもスペインインフルエンザが2000-3000万人の被害者がでて、日本人でも40万人の被害者がでた。重症化して表面化ケースだけの計算だ、もちろん。

これは大正7-8年に起きたパンデミックで、大正時代と言えば訪日外国人観光客は二万人前後現在の千五百分の一。

現在の千五百分の一の観光客により、日本にも四十万人の犠牲者がでた。

スペインインフルエンザ収束せず、結局猛威を振るい続け、世界中で耐性ができるまで暴れまくった。

大正時代の日本人人口は5600万ほど。0.7%か?大体な。

非常に単純に計算すれば、0.7%の1500倍が罹患、という訳にもいかないが、日本人ほぼ全てが罹患してもおかしくないということだ。

ただスペインインフルエンザと違うのは、潜伏期間中でも感染する。

スペインインフルエンザ感染経路が非常に明確だった。当然で、感染者は体調を崩したからだ。

コロナウィルス感染者は特に体調の不備も感じずに観光に勤しむ事ができる。

悪く言うなら感染可能経路が千五百倍の上で、発見の難しさは圧倒的ということだ。

感染者の爆増はそのまま死亡率を増加させる。

風邪が大した病気で無くなったのは、医療体制が強化されたからだ。お前がなにか頑張ったわけではない。大量の感染者が病院に押しかけると、それだけで医療体制パンクする。

インフルエンザにお前が死の恐怖を感じないのは、悪化を妨げる栄養や冷暖房、清潔さだけでなく、いけば対応できる医者いるからだ。

インフルエンザの強いやつ」と聞いて笑えるのは、医療制度をはじめとした社会的共通資本が、どれだけお前らを支えてるかわかってない。

人口の三割が病院に詰めかければ、当然医者の処理能力は足らない。そうした非常時に対応できる体制が、日本を含めた世界中にない。

何度か世界パンデミックを起こしており、増田も知るように滅んではいない。だが大きくダメージを受けることは間違いない。

人間はよくできており、初めて登場した病にも、人口の三分の一は先天的に耐性を持つ。回復した人間も当然に後天性の耐性を持つ。

だが思い出してほしいのは、日本は非常に高齢化の進んだ国だ。高齢化比率は27%を超える。中国が14%なので、倍近い。

大正時代には四十と言えば初老だ。体力の衰えを感じてる増田も多いのではないか

医療体制崩壊までいかずとも、処理落ちを起こせば、それだけで死亡者が増加することは想像に難くない。病欠で抜けた人員の為に働く者も増える。風邪をはじめとした体調不良を起こしやすい。

風邪死ぬ者もでる。具体的に言えばお前の上司やお前の子供、たまに顔を合わせるが家族と共に歩いたとこはみないあのオッサンだ。

忘れがちだが、人は風邪死ぬ

anond:20200210200136 の言うことは誇張がすぎるが嘘でもない。

中国当局の発表によると2.1%というのが死亡率だそうだが、あまりに揃いすぎてる為、これは嘘だろう。日米の計測では3-4%辺りに落ち着いているようだ。

日本人1億2千万人のほぼ全員に感染リスクがあり、四千万人は先天的に耐性があり、八千万のうち最大で32万人が死亡する。

だがこれは新型肺炎だけの数字で、医療制度パンクはもちろん計算に入っていない。お前の知ってる誰かが風邪死ぬ確率はどれくらいだろうな。

2020-02-02

anond:20200202175108

お前知らないの?

イトーヨーカドーの休憩コーナーに居座ってる初老男性陣の存在

彼らが何を求めているか考えろ。

2020-01-27

あああ幸せな老後がうらやましいいい

隣に住んでる60代の初老夫婦がうらやましい。

  • いつも仲良さそう。冗談を言い合ったり、二人きりの時は互いの距離がやたらと近い。一緒に買い物に行ったり、休日はいつも夕ご飯を一緒に作ってる。妻は夫を立てるものみたいなものもなくお互い対等な関係に見える。
  • 友達が多い。隔週で家族ぐるみ外食したり、誕生日会とかしたりするらしい。(これは今はあまりうらやましくないけど多分歳取るとスゴくうらやましいと思う。)
  • 金がある、ように見える。例えばよく国内外旅行に行ってる。3ヶ月に1回くらい旅行お土産をもらう。来月はドイツとその周辺国に遊びに行くらしい。
  • お互い穏やかな性格で汚い言葉や強い言葉を使うことがない。


こうやって書くとあまりしたことなさそうに見えるなぁ。

結局自分視点しかからないし。

でもあの互いが互いを愛し合ってる関係が本当ならすごくうらやましい。

いつもいがみ合ってる自分の親を考えると余計に。

あの夫婦がうらやましすぎて彼らが二人きりの時まで気になって覗いたりしちゃうんだ。

2020-01-25

病院子供について注意されたがどうすれば良かったのだろうか

今日長男(3歳8ヶ月)の眼科家族4人(夫婦長男、1歳8ヶ月次男)で行ってきた(4人で行く理由はみんなでいる方が長男が騒がないから)。検査薬の点眼が3回もあり2時間半もかかった。待ってる間、長男は4人で行った甲斐もありおとなしくしていたけど次男は飽きてくると歩き回ったり、少し大きい声で叫んだり。

途中で事務男性から「体調も悪い方がいらっしゃるので静かにしてもらえると」と言われて分かりましたと回答する。とは言え歩き回らないようにするために抱っこしても押さえつけられると嫌がるし、外に行くと今度は長男が怖がって泣いてしまう。そもそも泣いたり大騒ぎをしているわけでもないのにそれ以上の注意を払う必要があるのか。

どうしたらいいんだろうと考えていると、今度は初老男性が、「さっき事務の方に注意を促したものです。体調が悪くて困っているのですがなぜ、静かにしてもらえないのですか」と問い詰められる。一応、事情は話したが理解してもらえず「じゃあどうすればいいんですか?」「考えたら分かるだろう!」と言い合いに。最後は「じゃあもうこの病院には子供連れできません。駅前病院は賑やかで和やかなので」と捨て台詞吐いて立ち去る。結局こう言う場合はどうすればよかったんだろうか?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん