「メインカルチャー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: メインカルチャーとは

2020-10-18

anond:20201018223358

薬物中毒者かつ本能奴隷のくせに自分たちこそがメインカルチャーだと思い込んだ化け物を倒すことが先決だから他人価値観味を否定する行為の是非について考えるのは次の天皇玉座についてからでいい

2020-10-06

anond:20201006182152

働かないで貰った方が(AI工業用ロボで自動化する)長期的に見てコスパ良いという話だぞ

労働者が要らない時代はとっくにきてる

テック大国・超学歴社会合理主義米国ですら、未だに事務員を完全撲滅できていないが、

事務職を撲滅するのにAIなんぞいらない

 

あとは既得権益側が不利益を被るからできるだけ仕事効率化させたくない

たとえば、弁護士なんかもそうだ、弁護士どころかパラリーガルも消えてない

法律過去判例解釈ボタンひとつで引っ張ってこれるんだから専門家

ましてやその補助なんて、真面目にやれば殆ど要らなくなるはずだが、

特定案件に絞って問題解決するbotサービス程度しかないよ

 

そんなこんなで働く気が本質的にない人は働かないでいて貰った方が社会にとって有益だよ

本質的に働く気がある人は、働く必要がなくても、ジョブを得られるよう新たな分野の勉強や訓練の取り組みを始めると思うし、

各種研究メインカルチャーサブカルチャー創作をしたり、NPO活動すると思うよ

まだ無くせないけど社会必要フィジカルワークは適切な賃金になるか

誰も辛い仕事をしないで済むよう技術システム効率化が進むと思うよ

2020-10-01

動物虐待表現の自由 追記

YouTube規約じゃきっと違反だろうが

例えば猫に熱湯をかけたり髭を引っこ抜いた虐待して、最終的に殺すような動画アップロードするようなチャンネルがあったとして

それで何十万再生も稼いで、広告収入で新しい犬猫買ってきてさら虐待を繰り返すようなことをしていたら自分は看過出来ないな、などと考えていた。

犬猫を殺す奴は人間にいくぞ、と言うのはよく聞く。何十万の視聴者の中には動画を見て真似する奴が数百人ぐらいはいて、ついには殺人まで発展するような奴が出てくるんじゃないだろうか。

個人的には、実際に事件が起こる起こらないに関わらず、モラルの維持のため社会として許してはならない表現にあたるのではないかと思う。(文化はその文化に属する人間によって常に監視され批判されながら緩やかに変化すべきもの認識している)

YouTube動物虐待チャンネル大人気」という状況は、特別動物が好きでもないし(むしろ嫌いだ)、野良犬猫なんてさっさと処分してしまえと普段思ってる自分からしても、おぞましいし、受け入れ難い。

と、ぼんやり考えていて、じゃあ人間はどうなんだと思った。例えば痴漢やレ○プを再現したAV。先の動物虐待動画の件から考えると、これらも真似したくなる人間、実際に真似する人間を産むはずだ。R18のもの普段表に出てこないが、再生回数は凄まじい。きっとYouTubeの何十万よりもずっと多い。社会に悪影響かどうかはわからないが、良い影響はないことは確かだ。

しかし、動物虐待動画の件に比べると断然許せてしまう。「いやいや痴漢AVたからって痴漢はしないでしょ」と言える。多分する奴もいるにもかかわらず。何故だろうか?

人間の方が動物より手を出しにくいから?セックスファンタジーあくまでもファンタジーで、動物に対する嗜虐心とは根本的に異なるから

いろいろと理由を考えてみたがどうにもしっくりこない。最終的に行き着いた仮説が、「性暴力AVが既に社会に浸透しているから」である。既に性暴力AVが世の中に浸透していて、それに影響を受けてから受けてないかはわからないが犯罪に及ぶ人間もいて、しかし及ばない人間大勢いる。既に浸透してしまっているから、これ以上何かが変わることはない。既にそういう結果が出ているのだ。人間は、文化に順応しようとする、そういうものだと言われて育てば耐えられるように出来ている。体罰が当たり前だった時代に生まれ人間は、今の子供よりずっと体罰に対するストレスが小さいだろうし、未だに体罰を支持していたりする。「もしそれらが無ければ」という空想常人には不可能なのだ

となると、動物虐待動画蔓延するという仮定への嫌悪は単に変化への恐怖に過ぎないのかもしれない。保守的に、開国を恐れているに過ぎないのかもしれない。もし動物虐待動画が解禁された世の中であれば、このような嫌悪は全く感じなかったろう。動物虐待動画YouTubeで人気を得る世界は、動物虐待がほんの少し多いかもしれないし、暴力的な嗜好を持つ人間がほんの少し多いかもしれない。でも、「もし動物虐待動画がなければ」という馬鹿馬鹿しい仮定はされないだろう。

きっと現代日本で、動物虐待動画は是か否かと問えば殆ど人間が否と答えるだろう。それは、現代日本動物虐待動画存在しないからだ。人々は文化保守的に、留まらせようとするだろう。

逆に言ってしまえば、動物虐待も浸透させてしまったものがちである。「インターネットアングラで共有されていたはずがいつのまにか世間皆の知るところになっている」という状況が現代ではよくある。そういう戦略をとればなし崩しに、開国させられるのだろう。ネットは誰にでも、そしてこっそりとアクセスできる。そして人はアングラが表舞台に出てこないことを望みながら、こっそり覗きに行くことをやめない。そうしてアングラ公然アングラとして共有され、隠すことべきと知らぬ若い世代によって「抑圧から解放された自由表現」として表に引っ張り出され、文化として定着するだろう。

表現自由問題は、単に性的搾取ジェンダー問題ではなく、文化革新保守問題として広く重要意味を持つのではないだろうか。そしてどんな(現在規範からして)アンモラル表現でも一度浸透してしまえば、その是非を問うことは難しいだろう。誰もがインターネットアクセスする時代になったことによって、文化の変容はより早く、コントロール不可能になりつつある。この先どうなるのかは検討もつかないが、個人的には過激表現メインカルチャーに合流しないで欲しいものだ。

追記

俺は犬猫権利は認めない方針なので、演技のAV犬猫虐待動画比較は何の違和感もない。俺にとって動物ぬいぐるみいじめ場合動物いじめ場合で異なるのはどれだけモラルに反しているかであって、苦しむ動物いるかどうかではない。違和感がある人は好きに納得できるものと比べてくれや。

俺にとって動物虐待動画と性暴力AV共通点は、社会的に逸脱した嗜好を満たすコンテンツであること、で相違点は現社会で許容されてるかどうかだ。なぜなら俺の中では動物には権利存在しないからだ。

返信

犯罪行為を演じてはいるが、現に映っているのは犯罪行為ではない」と「現に映っているのが犯罪行為」というところ(動物にもよる)、R18か否かには違いがありそう

→これはそう。

AVは演技だからいいけど、動物虐待は違うから許せない

→そうだね。俺はそう思わないけど君はそう思うんだね。うんうん。どうして許さないかは「人それぞれ」ダネ!

痴漢やレ○プを再現したAV被害者がいないけど、動物虐待動画被害者がおるやろ 何で同列にしとんねん

動物被害者という発想がなかった。まあ確かに

AVは納得してとってる。虚構現実ry

矢印「AVは納得して撮ってる」はあなたが信じているお約束に過ぎない。個別事象に関して事実確認を済ませるまでそれは単なる思い込みであり虚構です。

・「単純影響説」に基づく規制

規制論ではないですね。自由精子はこれだから嫌いです。お茶の間レイプAV動物虐待映像も流れて欲しくないのは個人的好き嫌いですね。

過激エシカルではない表現があたか革新であっていずれ許容されていくかのように言ってるけど、むしろ昔は許容されていたような人種差別性差別表現倫理的ではないとして受け入れられ難くなってるのが現実なので、性暴力的なフィクションが今受け入れられてても将来的にはマジョリティから拒絶されて消えていく可能性は十分あると思うよ。

→前半同意。ただ性暴力的なフィクションが消える可能性は低いと思う。

実はね、あらゆる点において、表現が本当の意味で「自由」だったことなんて、一度もないんだよ

→ だからあらゆる表現は許されてないっつう話ししてるだろハゲ

その時々の社会にとって「都合の良い表現」が許容されてきただけにすぎない

犬猫虐待人間暴力性を刺激して(それこそ真似するやつが出てくるので)、社会に悪影響を与える可能性がある

ただしレイプエロに関しては、性欲のはけ口として一定の秩序維持の効能が見込まれる(欲求不満のオスは暴力的になる場合がある)

根拠ない言い切り許さねえ。三項全てにエビデンスを示せ。

増田の言う「動物虐待動画」が現実のスナッフ動画なのか、フィクション作品なのかがよく分からん

動物はモノと同じ感覚で生きていたのでそこに違いを見出す必要を感じていませんでした。どっちでもいいです。

AV比較するならハッピーツリーフレンズやろな。思考実験として議論したいなら非実在生物相手ゆっくり虐待あたりが適切では

かに

2020-09-26

anond:20200926191454

なにも飛躍してないだろ?

 

本質的に働く気がある人は、働く必要がなくても、ジョブを得られるよう新たな分野の勉強や訓練の取り組みを始めると思うし、

各種研究メインカルチャーサブカルチャー創作をしたり、NPO活動すると思うよ

 

それ以外は寝て食べて子作りでもすればいいんじゃないの?今まで通りじゃん

anond:20200926171533

ほんこれ大賛成

そうしたらブルシット・ジョブも無くなるし

社会必要なのに不当に賃金が抑えられている職業賃金もまともになる

 

こんなに出たら働くヤツいる?くらいの額じゃないと本質的意味がない

そもそもが、働かないで貰った方が(AI工業用ロボで自動化する)長期的に見てコスパ良いという話なのだから

 

本質的に働く気がある人は、働く必要がなくても、ジョブを得られるよう新たな分野の勉強や訓練の取り組みを始めると思うし、

各種研究メインカルチャーサブカルチャー創作をしたり、NPO活動すると思うよ

 

それ以外は寝て食べて子作りすればいいんじゃないの?今まで通りじゃん

2020-09-05

オールオタクは大抵卑屈なもんだが、特にプロレスオタクは酷く、被害者しぐさがすごい。

子供の頃国民メインカルチャーだったものが転落していったという歴史的経緯のせいなんだろうな。

新しく入ったプオタにはそういうの薄いからいずれはなくなるんだろうけど。

2020-09-01

anond:20200901065606

twitterはサブじゃなくてメインカルチャーでしょ。

いつまで「ネットアングラ意識なんだ。

オタクが、男オタクが作ったサブカルメディアに後から入り込んできて

また「コミケは男オタクのものだったのに女オタクが後から入ってきた!」かよ。

ほんといつまでその認識なんだ。

2020-07-30

anond:20200730093851

漫画ってジャンルとして確立してるからその中でメインカルチャー漫画王道なやつ)もあればサブカルもあるという認識じゃないっすか

2020-07-25

anond:20200725040039

日本語理解できる文化圏日本だけだから

規模が小さすぎてメインカルチャーに昇格するのは困難で

日本語で発信する時点でサブカルチャー扱いは避けられない

2020-07-23

スマホゲー、遂に日課5分終了が基本的人権時代

ガラケー時代のスタミナ消費と同じ所までようやく戻ってきた。

失われた大切なものプレイの気軽さ。

それがようやく私達の手へと。

一周目が終わったように感じる。

早いのか短いのか分からない一周目だ。

コンシューマーゲームボリューム重視を売り出して水増し合戦をしすぎて誰もが疲弊し、結局丁度いいぐらいのバランスでいいよねと落ち着いたのはいから

映像の美麗化に注目してたのに気づけばレトロ風やデフォルメの仕方が売りのゲームが一つのメインカルチャーになったのはいつ頃?

携帯ゲーム世界が何倍速で既存ゲーム歴史をなぞっているのかは俺にはよく分からん

ゲームグラフィック進化したと言ってもまだまだPSPレベルしかないし、マネタイズ方法についてはまだ手探りが続いてるけど、一周目が終わったと解釈していいんじゃないかねえ

2020-07-01

anond:20200701181310

俺の定義がどうこうという問題ではないぞ。

もはやオタクマジョリティであり

オタクコンテンツメインカルチャーである

故にその表現には責任を持たねばならず

表現規制を甘んじて受け入れるべきである

というのが日本国民の総意なんだぞ。

2020-06-08

anond:20200607213322

この、ほぼ絶対メインカルチャーにならなさそうな雑な感じがいいんだよ。

数年後とか遅くても10年後には、ほぼ確実に今ある形ではなくなってるだろうなということをVtuber側もファンの側も頭の片隅でなんとなく予感しながら、その儚さを含めて楽しんでるというか、全力で馬鹿になって一緒に踊ってる感じがいいんだよなぁ。

2020-05-20

ツイフェミはついに「やったねたえちゃん」の連載化によってレイプ被害から復讐者になったあの幼女自己決定権すら気に入らないらしい。いや絵の女の自己決定権とか人権てなんだって話だけどさ。

うるせえから黙ってアルファオスの家で買われてろよ。メインカルチャーなブンガクの中でよ!

2020-05-15

anond:20200515141155

ない。

ニコ動の魅力はあくまサブカル的なところにあって

ニコ動発でメインカルチャー進出」のパターンは増えても

ニコ動のものメインカルチャーになることは無いと思っていた。

2020-03-24

https://anond.hatelabo.jp/20200324005104

オタクという言葉には二種類ある。

傾倒する分野がいわゆるサブカルチャー

あるひとつのことに非常に深くのめりこむ (見返りもないのに私財をそそぎこむなど)

一般にはアニメ漫画サブカルチャー位置づけにあるとして論じることが多いが、現代ではメインカルチャーの一分野に成長していると思う。

オタクという言葉をどのように定義するかというのは再考必要かもしれない。

2020-01-07

anond:20200107160811

今はかつてメインカルチャーと言われた文学とか芸術とかの方がサブっぽくて

かつてサブカルチャーだったアニメ漫画映画音楽の方がメイン扱いじゃないだろうか

例えばコミケ行く人(の中でも企業ブースとか売れ線ジャンルしか興味ない人)より文学フリマ行く人の方がよっぽど「サブカルオタク」って感じがする

サブカルオタクという言葉が違うなら、濃いオタクというか

2019-12-21

なぜオタクはカッコつけないのか?

シンフォギアとか、少し前だとキルラキルとかグレンラガンみたいな熱い展開の源流・元ネタバブル崩壊で一度途絶えそうになったと思う。

音楽バブル崩壊後にバンドブーム渋谷系があった。アニメもそういう方向へ流れたと思う。エヴァがあってハルヒに至った。

サブカルチャーと合流してサブカルアニメ勢が飲み込み、今ではサブカルというと漫画アニメメインカルチャーみたいになっている。

サブカル支配した漫画アニメハイカルチャーを飲み込もうとした感じはあるけれど、そこまでは手が届かなかったのか、それとも決別したのか、諦めたのか。今ではハイカルチャーを標的とする感じはしない。

それはどうでもいいのだけど、オタクはカッコつけなくなった。ちょっと前までは(カコイイのかはともかく)伸ばした髪を一つにまとめオープンフィンガーグローブを身につけカッコつけていたのに、今ではそんなオタクはいなくなった。

オタクアイコンを避けてパンピー擬態をしているのかもしれないけど、だとしてもカッコつけていない。むしろかっこ悪くて悪目立ちしているし、オタクであることを隠そうとする擬態オタクが考えているほどできていない。それどころかオタクオタクを隠さなサブカル女子をメンヘラ批判する。

なぜなのか。かつてカッコつけたオタクはどこへ行ったのか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん