「行動様式」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 行動様式とは

2022-09-30

anond:20220930111442

(アニメ)オタクとは、結局のところ文化行動様式人種ではなく、コミュニティなんだ。

 

アニメが広く開かれた趣味となることで、参加者無限大拡散し、アニメを見た者全員をコミュニティ参加者とみなすことはもはや適切ではなくなった。

しかアニメコミュニティへの参加者かそうでないかの差は、厳然と存在しているので、定義をもとめるならその部分だろうな。

 

例えばアニメ感想まとめサイトコメント欄レス応酬をしているのが、アニオタだとか。

2022-08-16

anond:20220816122740

宗教二世はイクラでクリアか。

ノリスケのADHDASD併発設定は魅力だが、ほかに身体か重度知的障害ヤングケアラーも織り交ぜたい。

可能であれば難民も。

近所のじいちゃんかばちゃんに要介護設定もつくだろうか。

カツオワカメは今のところ行動様式のみが設定されているので、まだ属性を載せる余裕がある。

カツオは強度行動障害を伴う重度知的障害ワカメプラスサイズモデルというのはどうだろう。

タマタマをとったニュージェンダーネコで、人間を自認している。

2022-08-14

anond:20220814100313

そうは言っても、

女性は髪を伸ばしたがり、おしゃれに余念がなく、デパートにいけば女性用品売り場が大半を占める。

個人差はあっても、やはり女性特有の行動様式というのは存在するとおもうし、

それを規定しているのは、脳そのものだと思うんだけどねぇ。。

2022-07-23

当たる占い師

占いに凝っていたことがある。

しばらくして、何の根拠もないな、とごく普通結論に至って熱が冷めた。

その後、家族が某心理系診断にハマった。(どうぶつ占い的なやつ)

よくもまあこんな詐欺的なものを大層な名前でやっとるなと思ったが、それ(診断結果)を踏まえて行動様式を変えようというアプローチには百歩譲って一理あるなとも思わないでもなかった。(まあ大元が腐ってそうなのと、根拠ないことを理解してない人いっぱいなので拒否反応しか出なかったが)

本題。

まず占いが当たると仮定してみた。

そうすると2系統に分かれる。当たる占い師。

ひとつは、相手の話を聞いたり反応を見たりで、結果をアジャストしていく占い師。

タロットでも他の占いでも、読み取り方によってどっちともとれることが多い。

別れ、清算意味するカードだと、彼氏との関係との別れともとれるし、不安定な状況の清算みたいに肯定的にもとれる。例があってるかどうかはもう忘れたが。

こっち系の占い師は、まあ相談者として無益ではない。


もう1系統の当たる占い師はほぼオカルトだ。

たまたま”都合よくタロットシャッフルできる偏り(運命)をもって生まれた人。

たまたま自分占い合致やすい客が訪れやすい人。

馬鹿馬鹿しいようにも思えるが、運の偏りはあると思ってる。

カオスとかバタフライエフェクトとか、量子力学っぽい浅井千絵とかかじったらそっち系の考えが浮かぶ

そこからなんだかんだあって結局、決定論非決定論とか自由意志の有無みたいなころで行き詰まる感じ。

シミュレーション仮説とかまで広がってまた平常に戻って占いとか細かいこととか深っぽいこととか気にしなくなってのループが始まる。

そもそも行動制限コロナ抑制効果があるってエビデンスあるの?

まん防が3月21日に解除されて飲み屋が全解禁になってからも3か月間新規感染者が減り続けたのはどう説明するの?

そこから急激に感染者が跳ね上がったのは人々の行動様式が突然劇的に変化したの?

さら効果はありませんでしたって言えなくなってるだけじゃないの?

2022-07-20

女性共感を求めがちってやつ

脳とかもう生まれつきそうなのか生育環境の影響なのか。

海外でもそうなのか。

そろそろはっきりさせて欲しい。

人間以外でもそうなのか。割と野生の動物性差性格とか行動様式が異なるとはきく

うちで四匹(雄雌2匹ずつ)わんこ飼ってたことある

気性荒いのは雌柴さん一匹だけだった。

人懐っこいが同時に飼ってた雌とケンカばかりしたので柵でエリア分けてた。

犬で性別によって……はあんまりいたことがない。犬種によってどうこうってのはよく聞くけど。それも例外だらけらしいけど。

昔飼ってた柴の雄はおとなしかった。良く吠えたけど(昭和番犬だったから、仕事してるつもりだったかも)

猫は雄は逃げ出しやすいとかあるらしい。実際親戚の家の雄猫は逃げた。それ以外の話はあんまりいたことが無いからほんとかどうかわからない。

犬猫特に犬)の気性やらがまあ安定してるのは、長年飼われてるからというのも聞いた。

キツネでも(落ち着いたキツネ同士を掛け合わせていくと)数世代大人しく変わっていくとか。

人間でもそうなのかもしれない。

今までどちらかというと、共感力の高い女性モテた。その子孫が増えた

ここが変わっていくと、ひょっとしたら数世代後には女性性質が変わるのかもしれない。

その時には同時に、女性も働きやすい、もう少し男女平等な世の中になってたらいいなと思う。

10年後にそうなってるとは到底思えないけど

2022-07-02

ヤマノススメの面々の将来予測妄想とも言う)

anond:20220702130156

独断偏見による勝手予想

楓さん

山に登りたいから、と言う理由で上を目指さず、自宅から通えるそこそこの大学に進学して登山三昧。ところが、ある日、偶然(?)山小屋に来ていた准教授に、大学院の山岳教育プログラムなるものを知らされる。

下山後、准教授に誘われて研究室を尋ねると、何故かその場にここなさんが。准教授とここなさんに、一年中山籠もっても誰も怒られないどころか、それを仕事にできると騙されて と聞かされて、学部卒業後、その教授所属する山岳教育プログラムのある大学院に進学。

さらに気がつくと大キレットを滑落する勢いで転がり落ち、ふと気がつくと先進であるヨーロッパ大学留学

その頃、日本で山岳メディアライターを始めていたひなたに強制されまれ、現地からコラムVlogをアップしはじめたところ人気に。それで手に入れた金を丸ごと山狂い山岳文化に関する研究につぎ込み、若手研究者として頭角を現す。

しかし、本人の行動様式はあまり変わっていない。(ただの山馬鹿)。しかしなぜそんな楓が学術界でもやっていけてるのか?その正体は、いつも論文のSecond Author以下に載っているYuuka Sasahara (Holy Hope High school)の名前にヒントがある。

ひなた

特にこだわりも無く、父親も無いか強制する事も無かったので、大学は得意な科目があるところに進学すればいいかなーと思っていた。ただ、両親と離れるのもなんとなく嫌で、自宅から通える条件の大学を選んだところ、なにげにかなりのレベルが高い大学合格

大学生活も楽しくやっていたが、その頃から父親仕事に興味を持つように。ライター業、文章写真だけでは無く映像撮影しなければならない事も増えた父親アシスタントとしてついていく。

つの間にか撮影する側から撮影される側になっていて大学在学中にライターデビュー卒業後は、父親法人化した会社所属して、山岳と自然、それを切り口に地域などもテーマにした専門ライターとして、日本中、そして世界を歩き回る。

ヨーロッパ留学した楓を尋ねて行くも、楓のあまりにも無頓着生活に、機材一式をを置いて帰り、ゆうかにチクると言う暴挙を働く。それがきっかけで楓をタレント研究者として父親会社所属させ、自分自身と二大看板活躍している。

ここなさん

高校は、あおい、ひなた、楓とおなじ高校の、奨学金制度を利用して進学する。授業料免除は受けられたものの、私立高校授業料以外もお金がかかる。また登山も続けたかったので、アルバイトを始めようとする。

しかし、母親はそれは助かるけれども、せっかく良い学校に入れたのだから学業に専念して欲しいと言われて反対される。思い詰めたここなは、先生相談すると、先生から学校運営法人小学生向けにやっているサイエンススクールアシスタントバイトを紹介される。

そこの講師できていた准教授と仲良くなり、大学研究室に出入りするようになる。(そこで、楓さんの話をしたところ、准教授は楓さんを捕獲に動く)

3年生になるころには単著論文論文誌のプレプリントに発表。プレプリントとは言え大学レポジトリであり、それを学校宣伝したために一躍時の人に。しかしそれは大学奨学金問題なく得るための動きで、それをテコに大学全面的奨学金を受けて大学に進学。高校時代執筆した論文は、当たり前のように査読を通ってインパクトファクターの高い論文誌に掲載さらに2年時でスキップ申請修士への進学)して修士号を得て製薬会社研究所に就職。その研究所では開設以来最年で少採用であった。

普段は、世界から集められた様々な植物から、薬になりそうな成分を探し、研究しているが、自分趣味を兼々山々をさんぽ。なんでもない場所から新しい研究成果を見つけてくるので、実は天狗かなにかではないかと噂がある。

あおい

みんなの癒やし。

今日お菓子屋さんに行くとあおいちゃんがいて、みんななんとなく疲れたらあおいちゃんと一緒に登山しに行きます

2022-06-27

anond:20220627112312

これはセキュリティ界隈だけじゃなくツイッタランド全体に当てはまる行動様式じゃないだろうか

この洞察人間生態学学会で発表できるレベル発見だと思う

下手したらノーベル平和賞とれる

2022-05-26

拡大自殺というミーム

アメリカでは銃乱射事件が増えてるらしいが、「死にたくなったら銃を乱射して多くの人を殺し、警察に射殺してもらう」という行動様式が、ある種のミームとして定着しちゃったんじゃないか

雑誌映画秘宝』の記憶臨時2022/05/26

 末尾に謝罪記事へのリンク表記しました。

 この文章は、セクハラ行為批判し、根絶するために記しています。2022/05/30表現を一部修正しました。

 昨今の日本実写映画業界では、監督プロデューサー男優たちによる性的加害行為物理暴力行為ハラスメント等が露見・報道されることが続いていますが、そんな中で新たな動きがありました。映画評論家である町山智浩が、自身の行なった『とされる』セクハラ行為について、Twitter上で『反省』または『謝罪』らしきものを表明したのです。

 態々『とされる』・『反省』・『謝罪』と二重カギ括弧で囲んで書いたのには、もちろん理由が有ります町山智浩は、件のセクハラ行為について「話を盛っていた。現実行為に及んだわけではない」と釈明しているからです。

 仮に百歩ゆずって現実に行なった行為ではない」という釈明内容が本当であったとしても、町山智浩が後輩男性の元・配偶者(現在は既に離婚成立済み)の肉体的な特徴を公然とあげつらったこと、しかも、自分(町山智浩)は彼女身体を触った経験があるという内容を、笑いながら面白おかしく語ったことは事実です。そして、その町山智浩の語った行為のものが、紛れもなくセクハラ行為です。

 一般企業地方自治体教育機関などの職場においてセクハラ防止・根絶の研修を受けた経験が有る人ならば、私の言うことを容易に理解できるでしょう。あなた会社上司が「経理の○○君の奥さんがいい身体をしていて、○○君が触っていい』と言うから、オレは触らせてもらった」などと笑いながら話している場面を想像してみて下さい。如何に気持ちいか実感できるでしょう。こんな言動は、言っている内容が想像上のことであったとしても、セクハラ行為以外の何ものでもありません。後輩の配偶者に対して性的欲望を向けていることを、堂々と公言する気持ち悪さは、筆舌に尽くしがたいものがあります

 ちなみに言っておきますが、問題町山智浩セクハラ自慢話のインタビューが行われたのは、2011年のことです。昭和の話、20世紀の話ではありません。町山智浩インタビューと同じ頃には既に「セクハラ行為は良くないことだ。止めるべき」という研修を受けていたという人も少なくなかったでしょう(私個人体験で言えば、そのような研修を受けていました)。

 セクハラ自慢話についての町山智浩言い訳を読んだ時、私は「小山田圭吾が『雑誌QuickJapan上でイジメについて面白おかしく語ったのは、盛っていた。あれは事実ではない』と言い訳したのと瓜二つだな」と強く思いました。小山田圭吾と彼のファン関係者も、東京五輪という機会によって国際社会イジメ自慢話が知れ渡りサブカル系業界人という威光が通用しない場で批判に曝されて初めて、謝罪を述べたのです。

 町山智浩も同じです。木下ほうか榊英雄園子温etc.ニュースの影響で、マニアック映画ファン信者ではない人々も、日本実写映画業界スキャンダル関連情報に注目するようになり、このため町山智浩セクハラ自慢話のインタビューも多くの一般人が知るところとなりました。そういった一般人にはサブカル系業界人としての威光も通用しないので、町山智浩は仕方なく形式的に『反省』や『謝罪』を述べたのに過ぎません。『映画秘宝』の読者やサブカルウォッチャー等にしか情報を知られていなかった状態が続いていたとしたら、これまでと同様に批判の声など無視していたであろうことは想像に難くありません。

 支持者集団の内部にいる時には、自分他人にした悪い行いを鼻高々に自慢していたのが、集団外部の一般社会にまで知れ渡ると、急に自慢を止めて「語ったことは事実ではない。誤解を招いた」と釈明して取り繕おうとする行動様式は、自民党維新の会などの政治家たちの専売特許かと思っていましたが、町山智浩サブカル系業界人たちも見倣っているようですね。

 それにしても、町山智浩Twitter上で述べた『反省謝罪』を読んで、ほとほと呆れたのは「『後輩男性』たちには謝罪しました」と書いていたことです。謝罪ならば、町山智浩が「性的欲望を向けた相手であるセクハラ被害者となった女性」が先に来るべきでしょう。この期に及んでも町山智浩は、ホモソーシャル的で男尊女卑的なサブカル系ムラ社会序列を優先して、セクハラ行為被害者を軽視するつもりなのでしょうか。救いようのない愚かさです。

 なお、園子温スキャンダルが表面化した途端に町山智浩は「自分(町山智浩)は、2006年以降、園子温とは会っていない」と、2006年以降も交流が有ったのにも関わらず、いけしゃあしゃあと嘘をつきました。そんな嘘つきの町山智浩が「セクハラ行為は実行していません」と言い訳したとしても、どれほどの人が信用するでしょうか。

 たぶん、次に町山智浩は「自分批判されるのは当然だが、話を持ち出されると被害者が傷つくので、これ以上、同じ話を持ち出すのは止めろ」と、加害者であるにも関わらず「自分(町山智浩)は被害者の心情に寄り添っている」とアピールする作戦をとるのではないでしょうか。

 今回は以上です。2022/05/30表現を一部修正しました。

 町山智浩の虚言インタビュー及びそれに基づいて誤った人物評価を記した箇所を含む、既に問題が有ると判明している記事については、はてな社に削除依頼申請していましたが、2022/05/31削除措置を済ませたとのご連絡をはてなからいただきました。はてな社にもご迷惑をお掛けして、誠に申し訳ありませんでした。

 anond:20220530192850で、後輩男性の元・妻の女性たち、後輩男性御本人に対する謝罪言葉を述べました。

2022-05-15

反差別運動差別を生む可能

コロナ禍のトイレットペーパー不足 本当の原因、ツイッター分析

https://www.asahi.com/articles/ASQ5D7X35Q5BULEI00R.html



デマを訂正するツイートの氾濫が、「デマが広まっているらしいので、トイレットペーパーを買いに行かなければ」という結果をもたらしたというのは、面白い

これは反差別運動についても当てはまるかも、と思った。

まり、例えば「ユダヤ人差別に反対すべき」という主張が広まれば広まるほど、そもそもユダヤ人特に関心もなかった人たちに、「どうやらユダヤ人という人たちはみんなから差別されているらしい。ユダヤ人に何の恨みもないけど、関わるのは危ないから慎重に距離をとったほうがいい」という行動様式をもたらしてしまい、結果としてユダヤ人差別がより深刻化する。

2022-04-23

ヤマダHD、社内資格SDGsマイスター制度」を新設 省エネ知識は当たり前に

 ヤマダホールディングスは、サステナブル経営の一環として「SDGsマイスター制度」を新設する。同社が掲げるSDGs目標達成への重要課題に向き合うための新教育制度として、SDGsにかかる基本的知識習得と、社会課題を「自分ごと」と捉えて自身行動様式を変化させることのできる人材の育成を目的として、全従業員対象資格取得を推奨する。



 ヤマダホールディングスでは、独自SDGs目標達成に向けた重要課題を掲げ、これまでも循環型社会の構築など、持続可能社会の実現に向けた取り組みを推進してきた。今回の「SDGsマイスター制度」は、これまでの環境保全に関わる社会の動きと同社の取り組みへの理解に加え、SDGs全般への理解・浸透とダイバーシティ推進のための知見を高め、従業員知識向上を通じて企業としての持続的成長を促すものとして新設することとなった。

 SDGsマイスター認定者には、ヤマダホールディングス独自環境マーク「YAMADA GREEN」をモチーフにした認定バッジを贈呈する。今年末までに導入予定であるバッジは、ヤマダホールディングスグループで構築された製品ライフサイクル完結の仕組みを活用した再生マテリアルで作製、グループ内での資源循環とSDGsの知見の証として制服に着用する。

 SDGsマイスター認定試験を受けるためには、まず、SDGsに関わる基本的知識習得目的とした3つの試験SDGs概念SDGs達成への当社の重要課題、DE&Iへの理解)に合格し、「SDGsマスター」に認定されていることが必須条件となる。

 SDGsマスター認定された後、経済経営知識社会現象などに関する試験突破すると「SDGsマイスター」として認定バッジ付与される。今年から試験実施し、早ければ来春にはSDGsマイスター認定者が誕生することとなる。また、SDGsマスターSDGsマイスターともに、来春以降は社内の人事評価制度への組み入れを予定している。

 ヤマダホールディングスでは、SDGsへの理解・浸透を目的として、昨年7月に有志の従業員による「SDGsひろめ隊」を発足、チャットルーム活用して情報共有や意見交換をしている。全国の店舗本社従業員からなるメンバーで、SDGs目標達成に向けた課題解決という視点での業務フロー改善案日常生活での取り組みなどを共有し、会社として、個人としてできることについて情報共有がなされるなど、活発に活動している。

 今回は、環境配慮した商品サービスをヤマダホールディングス独自認定した環境マーク「YAMADA GREEN」の認知拡大について考えた際、「まずは社員環境に関する取り組みへの理解を深めるために資格にしてはどうか」という声がひろめ隊の社員からあがったことがきっかけで、資格制度の新設に向けたプロジェクトが発足した。

 この新資格制度は、ヤマダホールディングスグループ企業で開始した、エシカル素材“バナナペーパー”の名刺印刷業務に次いで、「SDGsひろめ隊」の活動会社連携した事例となる。

 ヤマダホールディングスグループは、今後も、SDGs目標達成に向けた社会課題を「自分ごと」と捉え、会社として、個人として、できること、やるべきことに真摯に向き合い、持続可能社会の実現に向けた取り組みを推進していく方針

取り組みは素晴らしいと思うけど、IT資格に比べてなんか陳腐というか、お勉強会お遊戯会感が否めない

あくま物流業であり、IT製造業とは違うということが分かる

2022-04-18

どうでもいいことだが

知り合いにネット弁慶の女オタク複数いるのだが、同じ型で作られたかのように行動様式が似ていてキモい

チビデブメガネ

ネットではやたら上から目線

・実際に合うとめっちゃ声小さくて気弱で喋り方がおかし

現実世界で舐められがちなせいかTwitter会社の同僚や店員に対する愚痴が多い

TwitterフェミニストDISりがち

攻殻機動隊好きをアピールしがち

全員数年前に趣味サークル等で知り合い、

行きがかり上、Twitterフォローを外せずにいるが、もはや区別がつかないんよ。

あなたの周りにもこんな感じの女オタクはいないだろうか。

2022-04-06

邦画和製ドラマ離れがついに我が家まできた

私の母ネットを一切やらなかった層である

スマホスペックが上がり、ネット接続できるテレビにしたところ行動様式が覿面に変化した。

我が家から邦画日本ドラマが一切消えたのだ。

我が母はテレビ世代テレビっ子で素直に昼のワイドショーを信じるタイプなのだ

ネットで解禁された途端韓流ドラマ割合が1:9から3:7になり、半年も経たずに10:0になった。

親戚の叔母さんの家も似たような割合になったといとこから聞いた。

私はそも和製ドラマが苦手なので初めから見てなかったが、どうも主婦層でも日本ドラマ割合が減ってっているってのが

同僚の方と掃除のおばさんから聞いた。

ネットに関わらなかった世代がこうも容易く陥落させられるということは

和製ドラマ韓流ドラマに差があると推測でき、

今の若い世代が年配になっても和製ドラマを見ることはないだろう。

その時国産物は壊滅状態になっていると思うのだが、これはわたしの間違った感想なのだろうか

2022-03-29

人間は群生相になっているのか

一部の昆虫には孤独相と群生相というのがあって、個体密度が高くなると

個々の昆虫意図関係なく個体の外見や行動様式が変化するってのがあるけど、

人間にもそういうのがあるかもしれないよね。

人種間の外見的な特徴が均質化するだとかは、異人種間の交配を繰り返すうちにそうなっていきそうな気もする。

他にも、言語なんかも今どんどん滅びていってる状態だけど、言語が収斂されていく過程特定発音が明瞭になるように発声器官が変化するだとか、

生物的な特徴にまで変化をもたらしていくかもしれない。

まあ上の生物的な例はどちらかというと淘汰とか進化の話であって群生相・孤独相の話とはちょっと違うかも。

文化的な面ではどうだろう。局所的に都市部人口密度が高い状態というのは大昔からあって、

都会っぽい行動をする人・田舎者っぽい行動なんてのはまぁ昔から言われてきたわけだけど、

地球上の集団としての人間が60憶を超えて100億を超えていくと、また違ったものが発現するかもしれないよね。

PCだとか寛容性がことさら注目・重視されるようになったのも異文化との交流や衝突の回数がそれまでに比して明らかに増えたことが原因だろうし。

人と人との距離が近く(ならざるを得なく)なっていく結果として人は他者に優しく(ならざるを得なく)なっていくのかもしれない。

anond:20220328103857

① そのもの本来備えている性質能力。多く、生物が生まれつきもっている衝動的、感覚的なものをいう。

動物経験学習なしに外界の変化に対して行なう先天的に備わった一定行動様式普通、種によってその反応は一定する。

というのが本能なんだが、あなた本能的に尊敬できないという。

じゃあ、本能とは違うレイヤー尊敬できたりはしないのか。

衝動ではなく計画感覚ではなく実証動物としてではなく人間として、評価することはできないのか。

ボクシングという競技の一階級チャンピオンを、一面的しか評価できない。あなたは本当に人間なのだろうか?

と、自分は思いましたよ。

2022-03-20

anond:20220319212947

フェミお気持ち分析をすると

●異性としての魅力がない弱者(格下)がビジネス経済的優遇(格上扱い)されていることが許せない

ぽいんだよね。

要素別にみれば、

組織集合知の結果で選定される、組織機能支配的影響を与える人材に男が多いこと

●その他の大半の男は上記人材とのコミュニケーションコストが低い、いわば組織サービス業として評価されていること

上記した男性の重用プロセス性的魅力は寄与しないこと

こんなこと一瞬で理解できるはずなのにね。

(なお常識だけどサービス業労働付加価値は周囲の生産性に強く依存する。)

人は衝動的な感情支配されている時に対象ひとつ物差しで測る傾向があるけど、フェミはその傾向が特に強い。

なお、一般論としてこの行動様式自体は一概にデメリットばかりではなく、愛(ここでは欠点すら愛おしく感じること)の由来でもあり人々の集団生活寄与してきた一面もある(緊急性の高い状況で損得を素早く判断することに優れる)が、当然万能ではなく特にワイルドカード的な処理(次の茸が致死性の毒を持つ場合)には向いていない。

崖の上で蝶を追いかけることには恐怖という機構制限をかける一方で、女性男性を選別する場合については衝動的な判断が許されてきた。なぜなら良い男を掴むことも悪い男を掴むことも自身と子孫の生存に致命的ではなく、そもそも良い男は環境的な選別に生き残る(遠征で死なず成果を持って帰ってくれば良い男である)ことでバイアスがかかっているため女性が良い男を見抜く能力はそれほど重要ではなかったから。

とはいえ過去においては上記が正しかったとして、現代においてはどうだろうか?

男への環境的選別は文明の進展に伴い減少し、かつてはその悪影響を無視できるほどであった悪い男家庭内暴挙自身とその子孫の生活に致命的である考える人も既に多い。

既に、異性を選別する決断衝動判断に基づくべきでないとする変化は起こりつつある。その時に異性選別において衝動的な判断を是とする人はどのような扱いを受けるだろうか?集合知はどう振舞うだろうか?今はまだ本当の弱者は分からない。淘汰されてからでなければ。

2022-02-11

オタク創作における幼稚園レベルの女が嫌い

なんかサイゼの絵に対する嫌悪感がある層が一定層いるらしい?けど、個人的にはその気持ち理解できるなー

オタク創作したマンガとか絵は好んでよく見て楽しんでるけど、その中で描写される女に違和感を持つケースはままある。

たとえば、

幼稚園レベルの知能しかない(すぐ泣く、ふぇ…とか言っちゃう

一般的に見てキモい主人公(外見でなく行動様式キモい)に好意を寄せてる

中高生くらいが好む店、服、イベントデートしか描写されない…等々

描き手の社会的レベルに準じてるってだけとは思うし、not for meで随時ミュートしてるけど、文句の一つも言いたくなるほど身の毛のよだつやつは稀にある。。

でも昔からこういうオタク界隈の傾向はあるし、なんで今更??

なんでなんでしょうね。誰か知ってたら教えて下さい

2022-02-07

anond:20220207015939

理屈は分かるが、他人を避けるためじゃなくて他人に認めてもらうための記述だとしたら、おかしくないか

そんな匿名ネット上の自称はいくらでも詐称できる。まして趣味垢なんてそれ専用で作る人が多いんだから生活感を出す必要ないし、成人ぶる必要すらないじゃないか

絵師フォローしてもらいたいが一心未成年なのに「成人済」って書いている人も相当数いるんじゃないか

だとしたらそれに何の意味があるんだ? そんな上っ面だけの認証ごっこで人を選別してます感を出しても、君らしょっちゅう同好の志同士の人間関係でネチネチドロドロしてるだろう?

そもそも選別するような閉鎖状態デフォルトにしているからそうなるのでは。へんな審査をなくしてオープンにして、年齢や嗜好のマッチ各自でわきまえてくれていることを信じて(成人済主張を信じるのと同じことだ)、単純に実害のある素行の奴をブロックしていくだけでいいんじゃないのか?

相手人間性を見ようとして無駄手続きを増やしている辺り、なんだか昔のWinMXの怪文化「お礼は三行以上」に近いものを感じるなあ。

それからプライベッターとか言って鍵垢が常習化しているのも考えが拙い感じがする。インターネット上に真にプライベートやクローズドな場なんて構築し得ないし(自分サーバー立ててサービス運営するならまだ分かるが)、自分の発表したものがどう広まるかを制御しようとする発想が理解し難い。また、自分が発信したものがどのように見られるかは各自リテラシーによるもんなので、低リテラシー民に変な切り取り方されてボロクソ言われようとどこ吹く風くらいのメンタルを持てないならばネットに何かを発表するべきではないと思うんだよ。

全体的に、「情報社会環境への理解が乏しいがゆえに過剰に脅威や恐怖を感じて声が大きくなる」タイプの人たちの「低い」レベルに合わせてしまっているせいでそうなっているように感じる。それはまるで、「オタク犯罪者予備軍!」と叫んだり「萌え絵公共から排除すべき!」と息巻くような人たちが持つような、無理解由来の過剰な排斥思考に寄り添ってしまう態度と同じベクトル行動様式に見える。それは一見すると慈愛に溢れ、秩序を守る振る舞いのように見えるが、創作ができるような行動的な人間にその人の得意な行動とはまったく無関係自警団活動兼務まで強いて、ダイナミズムを失わせてしまう在り方ではないのか。

2022-01-18

ファクターX って結局のところ行動様式だよね?

どれだけの人が症状の有無に関わらずマスクをしているか、どれだけの人が頻繁に手指消毒しているか、どれだけの人が大声で話しているかなどなど。で、それが

東京 > 大阪 >>>> 西欧諸国

って事だよね?

2022-01-16

三十後半、男の婚活

婚活成功しない三十代後半のおっさんが、自らの不甲斐なさを振り返るエッセイ

自分婚活経験使用したマッチングアプリ、そして、まとまりもなく自分の考えを記します。


結論から言えば、婚活成功に結び付かない理由は、きっと、自分性格と折り合いをつけることができないせい、と考えている。

自分性格子供なのか、社会不適合者なのか、それとも今の時代的にはこんなものなのかもしれない。


パートナー選びを意識し始めたのは、ちょうど30歳の時ぐらい。

両親がいなくなった後、自分はずっと一人で暮らしていくのか…と思うと怖くなったのがきっかけだ。就職して一人暮らしを始めたせいもあるだろう(院卒だから遅めの社会人だった)。


恥ずかしながら女性との交際経験はない。

陰気だったし、自分がそういうのに値する人間だと思わなかったから。

学生時代積極性のある人間でもなかった(ただ、ここは社会人になって変化したと思っている)。


マネジメント系の大学院だったが偏差値的には大した大学ではない。

でも大学から勉強に目覚めて情報系の国家資格(高度)も、情報系以外の国家資格も、難易度の高いのはいくつか取得した(一部は働きながら)。

進学したのは勉強が好きだったのもあるが、働きたくなかったから。自信がないことが自分アイデンティティ、だったのだと思う。

社会人になっても学びに対する欲は止まらず、放送大を卒業したし、慶應通信卒業した。

偏屈性格変人なんだと思う。

事実、今でも「恋愛勉強仕事」という行動様式が身に沁みついている。


去年はPairsを使っていた。

女性からいいね」をもらってアプローチされることもあったし、お会いしたこともある。

自分に興味を持ってくれた人もいる。

好みの人ではなかったから続かなかった、のかもしれない。

でも、どうしても恋愛婚活意識を向けることができなかった。

Pairsを始めた理由は、自分キャリアプラン合致する企業職種転職し、転職して年収も上がり、人生が安定に転じ、今がタイミングだと思ったから。

勤務先はネームバリューのある企業だし、JTCではあるけれど福利厚生は良く、経営的には有望で予算も潤沢にある。


でも、結局Pairsはすぐに退会した。

自分婚活に対する意識が甘かった、のだと思う。

Pairsでマッチングしても、お相手から積極的メッセージが来ても、家で仕事の続きをすることが多かった。

今まではデータ分析・基盤構築の仕事だったけど、機械学習勉強も始めたし、ITインフラ構築周りも課題だったから専門書を読み、業務時間中に分からなかったことは帰宅後に調べ、期日は遅れないように努力している…。

相手からメッセージが来ても、返事を1週間後にしたこともある。

普通に考えて、失礼だった。

自分思考は、明らかに恋愛仕事勉強になっていた。

Pairsはユーザー数も多い分、リアクションもたくさん来る。

会う時はそれなりに良いお店を探すし、会ってから店に行くまでの道も事前に確認するし(雰囲気をよくしたいから)、相手プロフィールをよく見て共通話題を探すし、話すべき話題も事前に用意しないといけない。

それが負担だった。仕事にも勉強にも集中できないのが辛い。

冷静に振り返って、私は婚活をすべき人間ではなかった。

でも、自分の決意の度合いが弱いせいなのだと思う。

自分レスポンスが悪くても相手から積極的アプローチしてくれて、グイグイ引っ張ってくれて、趣味も一緒で、そんな女性がいればワンチャンあり得ただろうが、そんな女性は基本は詐欺師だと思う(どうしても日本に居続けたい雰囲気がひしひしと伝わる南アメリカ出身女性はそんな感じだった)。

でも、自分結婚に対する意志が弱かっただけ、なのだ

原因は自分の不甲斐さなのだ。



もう何年前だったか明確に思い出せないが、実は、マッチングアプリ(というかサイト)を初めて使用したのは、ゼクシィだった(当時は縁結びという名前だったっけ?)。

当時はPairsはあったかもしれないが有名ではなく、ゼクシィは堅実な印象だった(個人的印象です)。

関東圏(現在実家がある別の地域に住んでいる)はユーザー数も多いから、わりと沢山の女性がお会いしてくれた。

相手公務員だったり、有名なIT企業だったり、普通OLだったり、国系の特殊専門職だったり。

同じ女性で何度も一緒に遊びに行った人もいる(こちからも誘ったし、先方からも誘ってくれた)。

問題としては、当時の自分は、生活の見通しが不安定だった(貧乏とかではない)。

時期は未定だけど当時の会社は辞めるつもりだったし、ずっと関東いるかは分からなかった。

自分家族大事にしたい人間から地元に帰りたい気持ちも強かった。

関東での生活は楽しかったけど、気持ちが揺れていて、決断できなかった。

そんな状態で、ゼクシィ婚活を続けていた。

最終的に、当時の勤務先に対する不満が爆発したのがきっかけで退職し、地元に帰ることにした。

地元に帰ってからも連絡を取ってくれた女性はいて、会って遊んだこともある。率直に嬉しかった。

でも、「最初から遠距離はきつい」と言われて、結局、実らなかった。

奇特自分性格を受け入れてくれた人だったけれど。


Pairsに比べて、ゼクシィのほうが真剣さのある女性が多かった印象がある。

Pairsで出会った女性は、続いたことがない(一回会って終わりとかが多かった)。

反面、ゼクシィはそうでもなかった(ゼクシィでも続かなかった方はいるけど)。

うまく言えないが、Pairsのほうが「軽い」印象がある。

すごく上から見方かもしれないが、Pairsは世間一般的普通というか、悪く言えば量産型女性が多いのかも。



このまま結婚もせず、両親を看取り、その後はずっと孤独生活になるのだろうか。

結婚しなくても、子供をつくらなくても、一応は社会重要インフラを担う企業ITインフラを支えているのだから

人一倍働くようにしているつもりだから、それが自分ができる社会というか周囲に対する貢献だと考えれば、あながち、そういう人生もアリかもしれない。

無茶苦茶無理難題を言ってくるユーザー毎日丁寧に対応するようには心がけてはいる。

社員ITリテラシー向上も自分仕事だ。


最期は体の自由が利かなくなり、糞尿を垂れ流し、孤独死していると思う。

でも、今の時代、そんなものだろう。

そういう人も、そういう人なりに、社会を支えているのだと思えば。

2022-01-14

食卓椅子から微動だに動かない、手伝わない、などの九州男性行動様式非難するようなツイートを見ると「ウッ」ってなる

吾輩は不器用である

母親自分で取り仕切りたい人間である

自主的に動いて手伝おうとするとものすごい拒絶を受けるので、何をすれば良いか指示を仰ぐとめんどくさそうに、または実に横柄な態度をとられる

母は私の一挙手一投足が神経に触るようだ

共同作業のそりが壊滅的に合わないので棲み分けた方が平和なんだなと思い、私は家事関連のことに一切手を出さなくなった

作業系の相性が悪すぎるだけで仲は良いので、スマホ電子機器類関連の操作サポートをしたり、肩もみやマッサージなんかをするととても喜ぶのでそういうところで貢献するようにしてる

母が喜ぶと私も嬉しい

正月帰省してきた立ち回りの器用な妹に、私の怠惰な態度を非難的に思われたんだろなという場面が多々あった

長年の母との生活の中でできた折り合い点なんだけど説明するのもめんどうだし、ちょっと手伝ったらやっぱり「そうじゃない」とか否定されて、わたし

わたし発達障害のこどおばです

かなしい

2022-01-13

anond:20220113232703

からその「何か」ってなんなんだよって話

で、その人達とお前がどれだけ親しくて、その人達行動様式全てを把握できてんの?って聞いてんだよ

anond:20220113050502

捻くれ者ってそういうところない人間には前提が通じてないことあるけど人に対して好き勝手言って自分もそっち側なのにという状況のとき自分はそうなる気はないしできうる限りそう振る舞わないってことだよ

久能くんは自分もおじさんになることに無自覚であるという指摘はされてるけど世間との感覚のズレには我をもってとことん逆らってるあり方を選んでることは明らかに描かれてるでしょ

そういう人間は同じ穴のムジナという状況ではそれ自体皮肉言ったり自覚的であることを仄めかすし言わないときは態度で自分はそれを選ばないとやる

皮肉っぽい人間行動様式ってそうじゃない人間には前提が見えないんだなーと思う

元増田的にはキャラクター設計よりそっちの皮肉を言う人間精神構造の方が答えに近そう

周りに逆らう、違うことを選ぶという意識を持ってない人間には自分は違うことを選択するという人の意思が見えない、現実人間些細なことでもよくあることだよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん