「overdose」を含む日記 RSS

はてなキーワード: overdoseとは

2019-01-25

anond:20190125000658

格差 は ほぼ無いよ

キミもトレーラーハウスには住んでないし、キッズギャングの抗争で同級生が死んだり、マッマがヤク中ビッチだったり、ホームレスキッズだった過去があったりせんやろ?

アメリカはなんかスゴそうだから可能なら移住したい、少なくとも働きに行きたいが、

アヘン(Opioid Overdose Crisis)で公衆衛生上の非常事態宣言を出していて毎日130人が亡くなっているやで

■Opioid Overdose Crisis | National Institute on Drug Abuse (NIDA)
https://www.drugabuse.gov/drugs-abuse/opioids/opioid-overdose-crisis

2018-12-30

anond:20181230044638

親だけど確かに


I want to hang myself

I want to stab myself

I want to electrocute myself

How to overdose

How to burn myself

How to drown myself

How to shoot myself


このあたりは全部Suicide Preventionで拾われた

んですげえ!ってなったのが


How to jump from bridge

How to jump from building

I want to jump from the roof


こいつらもSuicide Preventionに強制移行された


I want to jump from (the) sky

I want to jump from Tokyo Sky Tree


だと別に何も起きないかちゃん単語判断してるらしい


How to plunge a knife myself

How to slay myself


こいつらはダメだった、確実に死にそうなことを検索しないとSuicide Prevention行きにならないっぽいから感心した

2015-02-14

( ・3・) クラシック好きの上司ジャズを聴きたいと言いだして・続

承前

http://anond.hatelabo.jp/20150214223556

9. スティーヴ・レイシーソプラノサックス

Steve Lacy (1934-2004)

――スティーヴ・レイシー独立独歩ソプラノサックス奏者です。サックスといえばアルトテナーだった50年代からソプラノを吹いていました。

Evidence (1961) http://youtu.be/X9SBzQw2IJY?t=5m42s

( ・3・) 面白いテーマの曲だな。真面目な顔で冗談を言っているような。

――セロニアス・モンクが書いた曲です。レイシーはモンクの曲をたくさん演奏しています。一方、ハリウッドブロードウェイの曲はとりあげない。レパートリーに関しては人文系古本屋の主人みたいなところがあります

( ・3・) みすず書房とか白水社とか、そういう本ばかり並んでいるわけだ。

――白水社といえば、レイシーはサミュエルベケットと面識があって、ベケットテクストに基づいた作品も発表しています

( ・3・) 「真夜中だ。雨が窓に打ちつけている」

――「真夜中ではなかった。雨は降っていなかった」――と、ベケットごっこはともかく、演奏どうでしょう

( ・3・) まっすぐな音だな。あまりヴィブラートをかけない。アタックの瞬間から音程の中心を目指している。必ずしも正確な音程というわけではないけれど。ソロのとり方としては、テーマとの関連性を保って、構成を考えながら吹いているように聴こえる。言うべきことだけを言って余計なことはしゃべらない。

――そういう点では、プレイヤー資質としてはマイルス・デイヴィスに近いのかもしれません。マイルスとも少しだけ共演したことがあるのですが、もし正式バンドに加わっていたら歴史が変わったかも。 [6]

Reincarnation of a Lovebird (1987) http://youtu.be/FbaKNB4cIlc

――こちらは後年の録音。ギル・エヴァンスという編曲仕事で有名な人がエレピを弾いています。この人も指だけ達者に動くのとは対極にいるタイプで、柔らかい音色中和されていますが、ずいぶん込み入った和声です。

( ・3・) そこらじゅうで半音がぶつかってるな。

――でも美しい。

10. ビル・エヴァンスピアノ

Bill Evans (1929-80)

――昔、レコードを扱う仕事をしていたので確信をもって言えるのですが、日本いちばん人気のあるジャズミュージシャンビル・エヴァンスです。マイルス・デイヴィスよりもリスナー裾野は広いかもしれません。

( ・3・) 俺でも『ワルツフォー・デビー』を持ってるくらいだからな。でもどうして「とりあえずエヴァンスを聴け」みたいな風潮になってるんだ?

――まず、彼がピアニストだということ。もしベース奏者だったらここまでの人気は得られません。それからロマン派印象派に慣れた耳で聴いても違和感がないこと。ジャズに関心がなくてもエヴァンス聴く、というケースは大いにありうるでしょう。最後に、みもふたもない言い方ですが、彼が白人で、細身で、眼鏡をかけていたこと。

( ・3・) 知的で繊細に見えるのな。

――知的で繊細なジャンキーでした。もっとも、最後の要素はなかったことにされがちなのですが……。

( ・3・) ダウナーな面も併せもった音楽だと。

――はいエヴァンスチェット・ベイカーに深く共感してしまう人は、モルヒネ代用として聴いているのではないかと思います。「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」という有名な曲をとりあげたいのですが、エヴァンスの前に、まず歌の入ったものからフランク・シナトラヴァージョンです。

My Funny Valentine (Sinatra, 1953) http://youtu.be/z9lXbgD01e4

( ・3・) 金の力に満ちた声だな。His voice is full of money.

――マフィアを怒らせるようなことを言わないでください。折り目の正しい編曲で、ポップスとしては非の打ちどころがありません。ボブ・ディラン新譜シナトラカヴァー集らしいのですが、ディラン子供のころにラジオで流れていたのはこういう音楽です。当時のアメリカ人にとっては、ほとんど無意識に刷り込まれた声と言っていいでしょう。

My Funny Valentine (Baker, 1954) http://youtu.be/jvXywhJpOKs

( ・3・) 出た、いけすかないイケメン

――チェット・ベイカー。午前三時の音楽です。もう夜が明けることはないんじゃないかという気がしてくる。どんな曲か覚えたところで、エヴァンスを聴いてみましょう。

My Funny Valentine (Evans and Hall, 1962) http://youtu.be/ReOms_FY7EU

( ・3・) 速い。

――速い。そしてちょっと信じられないクオリティ演奏です。ジャズはいつでも誰でもこれくらいできて当然かというと、そんなことはないので安心してください

( ・3・) 別に心配はしていないが。やっぱり即興なのか?

――別のテイクではちがうことをしているので、ほとんど即興だと思います。決まっているのはコード進行だけ。

( ・3・) コード構成音をぱらぱら弾いてもこうはならんわな。自分の頭の中にあるモチーフを発展させるのと、相手の音を聴いて反応するのと――そういう意味ではチェスに似ている。

――この演奏は一対一ですからね。集中力は同じくらい必要かもしれません。しかも持ち時間ゼロという。互いに相手の出方を読んでいるうちに一種テレパシーが起こって、3分50秒あたりにはふたりの脳がつながっているような瞬間があります

( ・3・) このギターを弾いてるのは?

――ああ、忘れていました。ジム・ホール。偉大なギタリストです。悪魔に魂を売って人並み外れた演奏技術を手に入れるというブルース伝説がありますが、ジム・ホール場合は魂ではなく頭髪を犠牲しました。

( ・3・) また好き勝手な話をつくって……。

――いえ、本人がそう語っています。ジミー・ジューフリーバンドいたころ、どう演奏すればいいのか悩んで髪が薄くなったと。 [7] でも、髪なんていくらでもくれてやればいいんですよ。肉体は滅びます芸術永遠です。

( ・3・) ジミー・ジューフリーって、あのドラムのいない現代音楽みたいなジャズをやってた人か。そりゃ大変だったろうな。

おいとま

持参したCDを一通りかけて、そろそろ日が傾いてきた。彼はライナーノーツをめくりながら「はーん」「ふーん」などとつぶやいていたが、夕食の邪魔にならないうちにおいとましたほうがよさそうだ。

「もう帰るのか?」

はい。きょうはもうおしまいです」

「そうか。わざわざ悪かったな。よし、ちーちゃんお客様にご挨拶だ」

彼はそう言って猫を抱き上げたが、ちーちゃんは腕をまっすぐにつっぱって、できるだけ彼から離れたがっているようだった。

「きょう持ってきてくれたCDは、うちに置いていっていいからな」

「置いていっていい?」

だってほら、いちど聴いただけじゃよく分からんだろ。そのかわりと言ってはなんだが、シュニトケ弦楽四重奏曲集を貸してやろう。何番が優れていると思うか感想を聞かせてくれ」

それから

まだCDは返ってこない。「返してほしけりゃ取りに来い」と彼は笑うが、その目はハシビロコウのように鋭い。ただ来いというだけではなくて、また別のCDを持って来させる魂胆なのだわたしはどうすればいいのだろう? ただひとつの慰めは、彼の娘さん――父親との血のつながりが疑われるかわいらしさの娘さん――の耳に、エリック・ドルフィーオーネット・コールマンが届いているかもしれないということだ。サックスを始めた彼女の頭にたくさんのはてなが浮かばんことを。

Further listening

http://www.nicovideo.jp/mylist/34787975

[1] http://www.redbullmusicacademy.com/lectures/steve-reich-the-music-maker?template=RBMA_Lecture%2Ftranscript

[2] http://www.nytimes.com/2009/10/18/books/excerpt-thelonious-monk.html

[3] http://nprmusic.tumblr.com/post/80268731045/

[4] Frederick J. Spencer. Jazz and Death: Medical Profiles of Jazz Greats. University Press of Mississippi, 2002. p. 36. "A diet of honey is not recommended for anyone, and especially not for a diabetic, or prediabetic, patient."

[5] http://www.furious.com/perfect/ericdolphy2.html "'Eric Dolphy died from an overdose of honey,' arranger/band leader Gil Evans believed. 'Everybody thinks that he died from an overdose of dope but he was on a health kick. He got instant diabetes. He didn't know he had it.'"

[6] http://www.pointofdeparture.org/archives/PoD-17/PoD17WhatsNew.html

[7] http://downbeat.com/default.asp?sect=stories&subsect=story_detail&sid=1111

2009-01-19

http://anond.hatelabo.jp/20090119032954

音楽業界人じゃなくても、Girl Next DoorAVEXによって

作られたブームでしかないのは、わかってるでしょ。

Perfumeは真似して似たようなの作っても、恥ずかしいだけだと思う。

全編ボコーダーとか、さすがに入れられないでしょ。

むしろ中田ヤスタカなら、COLTEMONIKHAの方が参考になると思う。

可愛い曲でおしゃれ。男性にも女性にも受ける。

味付けに中田ヤスタカ風のを取り入れるのはアリなのでは?

 

後は、そろそろピチカートファイヴの中期くらいの曲とか、再評価してもいい時期かと。

ロックテイストが強いものなら、アルバムOverdose」辺りが売れ線のヒントになりそう。

 

あの2つを例に出すってことは、女性アーティスト向け楽曲なのかな?

思うんだけど、今こそ正統派の歌謡曲を書けばいいんじゃないかと。

ただし、今風の音作りで、新しい要素も取り入れつつ。

 

神前暁の作る曲は、参考になると思う。

アニメゲーム畑で、ヒット曲を連発させてる作曲家

もじぴったんテーマナムコゲーム)、アイドルマスター楽曲もろもろ、

晴れ晴れユカイ(涼宮ハルヒ)、もってけセーラー服らきすた)、

motto派手にね(アニメかんなぎテーマ曲)など。

とにかくケレン味が強くて、メロディラインがハッキリした曲を書く人。

 

 

ということで、コルテモニカピチカートファイヴ神前暁の3つを参考に、

おしゃれアイドル歌謡を作ってもらいたい。

2008-04-23

久々の鬱

もう鬱でいるのはやめたんだ。

会社女の子(旦那持ち)とはいちゃいちゃしてるし、友人の女の子と手をつないで飲み歩いたり、電話して普通女の子ともはなせるようになった。来週からサーフィンを始めるつもりでいる。体重はめちゃくちゃ減って、ジムで鍛えているから、今年の夏はいっぱい海に行きたいと思う。免許も更新に行かないと。

でも。

 *

最近彼女は、電話をかけてきた。夜ご飯を食べよう、って。その後久しぶりに僕らの住んでいた(今は彼女だけが住んでいる)、アパートへ上がった。僕の猫は、ちょっと痩せたようだったけど、元気にしていた(もともと太り過ぎなのだ)。そして彼女は泣きながらまだ僕の事を愛しているという。でもこれが僕にこれを伝えるのは最後だとも言った。彼女はこれまでのことをすべていい思い出にして新しい男と結婚すると思う、という。

僕は今でも彼女の事を愛している。でも今は彼女彼女生き方を探すときだと思うから、離れる事は構わない、と理解していた。(だいたい間男が本間に入ってきてとどれだけ続くって言うんだ?)でも、なんというか、新しい男と結婚されたら、僕は困るな。

 *

まぁ正直言って、これは茶番だと僕は思った。僕も少し泣いたけど、予想できるような事しか言われなかったし、すこし動揺したが、僕の、この数ヶ月で体得した、人生の信条に反するような大告白ではなかった

 *

そして昨日の晩、久々夜遅くまで、一人で働いていた。帰りが遅くなった。電車の中で涙が止まらなかった。僕は昔もこうやってがんばって働いていた。どんなに疲れていても、恋人が家で待っていることを思えば何でもがんばれるな、って思ってた。何があっても大丈夫だと思っていた。でもそれは違ってて、実はその間に恋人は僕を裏切ったんだ。いやそんな事はもう気にしていない、ただ、僕にはもう支えが何もないんだな、と思って寂しかった。

自分の部屋に帰ってみると、ルームメイトが今でテレビを見ていた(僕は日本に住んでいない)。あまり話した事は無かったけれど、なんとなく話してみた。彼女は実は日本語が少しわかるんだって(フラグ?)。そして彼女電話がかかってきた。女の人で泣いている感じだった。長そうだったから部屋に戻った。でかい声で話す彼女は、電話の主が SSRIoverdose したと伝えているようだった。僕はベッドで一人泣いた。死にたい人がまたここにもいる、と。

 *

今日は鬱だ。電話を見ながら、予定表を見ながら、僕の心は酷く痛む。

2008-03-19

自殺について

生きてみろ、って周りすべてに云われるのはわかっているので、周りには云わない。最近買った iPhone の Notes はいいね。携帯を忘れることはあまりないし、どこでもノートが取れるから日々の記録を書くにはもってこい。そしてこの1ヶ月に2通遺書を書いた。

英語で云えば、Live in denial ということ。日本語より英語でないとうまく言葉が出てこなくなりつつある自分がすこし怖いけれど… alc で訳文を見たら、すこし感覚と違うなぁ…現実に目を背けている訳じゃない。僕は、ただ、僕の望む人生がもう二度と手に入らないことを理解してしまっただけだ。

僕はプログラマをしている。どこかで読んだ g新部さんのインタビューで、「プログラムをしていると、子供の頃の全能感がよみがえる」とか彼は云っていた。理解できるけど、僕はそこまですごくない。ここまで読んで、プログラマ特有の鬱か、と思う人もいるだろうけど、まぁそうかもしれない。ただ僕は僕の人生プログラマをする必要はなかったし、もし別の職業を選んでいたとしても、きっとこうなっていたと思うのだ。もっともここまで来てしまった上で、この if に何か意味があるとも思えないけれど。

否定されること。否定すること。僕の人生はすこし前に、辛辣に否定された。僕が生きてきた中で、もっとも信頼していた人から、僕の人生意味がなかった事だ、と最後通牒を突きつけられた。僕は 10kg 体重を落とし、仕事を首になり、新しい仕事を得て、親友だと思っていた人たちとつきあう事を止め、新しい友人をたくさん作り、そして、毎晩泣いている。薬も一時期飲んでいたけれど、それがもたらす救いの欺瞞に嫌気がさして、飲むのは止めた。overdose しても死ねる種類の薬でもなかったし。

僕は自由でない事が嫌いだ。自分の近くにいる人たちが、意識的あるいは無意識的に自分を抑圧しているのをみると、イライラしていた。他人を抑圧している人を憎んだ。そして僕は今、自分を抑圧し、それに吐き気がして止めて、より大きな物に抑圧されている。

だめだな。まとまらない。書き直すけど、とりあえずおいとく。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん