「偏屈」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 偏屈とは

2017-06-14

絶大な支持を集めるロリエロ漫画家圧力かかったおかげで大炎上してるけど

マイナー偏屈嫌われロリエロ漫画家圧力かかっても大して話題にならなかっただろうから圧力かかったのがクジラックスだったのは不幸中の幸い

2017-05-18

http://anond.hatelabo.jp/20170518165621

ちょまど氏の事はよく判らないんだけど。それなりに可愛いくてイベントやら何やらに付き合ってくれるってだけでも十分な価値はあると思うけどね。

こんなにヘイトを溜める人たちがいるのがわからない>

http://anond.hatelabo.jp/20160403211447

江添さんはすごく有能な人だと思うし、偏屈だとは思うが、知識も深いし尊敬してはいるが。そういう役割は出来てないだろうし。人寄せパンダだってパンダじゃない人はムリなんだから

業界マッチョイズムに触れて気に触るんだとは思うが。ちょっと口汚過ぎて。気に入らなきゃ無視しとけばいいのに。

2017-05-12

高学歴ひねくれ女性によってひねくれる低学歴女性

Twitterなんかで「外資系」や「東大××学部卒」(または海外大学卒)なんてプロフィール欄の人たちを信奉している女子大生からアラサーまでの女性たち。

 

友達の友達友達相談するくらいのノリで相談してるんだったらいいのだが、

親友以上に重きをおいて真剣相談してるんだったら知りませんよ!

そいつらの中身が永遠に心が満たされない枯渇した人間って可能性は十二分にあるんだから

 

 

低学歴女性って社会人になるにつれて自分の頭の良く無さを気にし出す人が結構多い気がする

そんなの気にすんなよ!君らかわいいよ

変に賢くなろうとして満たされてないのに満たされたフリを装うのがうまい小賢しい女から学ぶんじゃない!

そんなのはな、「あたしがんばったのにモテない。そうだ、社会が、異性が悪い理屈を見つけよう」って原動力から来てることだってあるんだから

そんな負の原動力に流されないでほしい

 

 

ってここまで書くと私が女はバカなほうがいいとかいうクソ男みたいだけど、私自身は高学歴ひねくれ女です

なぜこの記事を書いたか。それは昔私やネット高学歴ひねくれ女に影響されて偏屈者になっちゃった子が数人いたからです

みんななんていうか素直でかわいかった。人の言うことを真に受けて落ち込みやすかったりコミュ力が低かったりしたんだけどなんだか守ってあげたくなるようなかわいさだった

からこそ優しくしてあげたくてちょっと斜に構えた意見で励ましたりしてたんだけど見事にスれてしまった

私自身も当時自分に自信がなく満たされていなかったが、その子たちと違ったのは満たされているように見せるのが本当に巧妙だったことだ

  

誤解を恐れずに言えば、今となっては彼女たちに傷ついてほしかった。

悲しみをひねくれて回避せず、受け止め、落ち込み、あがいてほしかった。

そうすれば心が満たされていたと思う。

 

私は後悔しているが彼女たちは後悔していないように見える。

私以上にスペックの高い誰かの言葉を今も探し、彼女自身も発信している。

その裏に負の原動力を見つけてしまう。傷つきたくない、回避原動力

私の黒歴史なので、彼女たちに謝りたいがそれは逆に彼女たちを傷つけてしまうことになる

 

 

最後に当たり前なんだけど重要ことなんですが、もちろんハイスペ女性はそんな人ばかりじゃないです

素直でかわいらしくて知的女性もたっくさんいます

その人たちから心の満たし方を自然と学んだ気がしま

そういう人ってさらっとしててSNSに張り付かなくて自分意思があって凄いいいんですよ

でも押し付けない。他人あんまり絡まないっていうのかな

 

 

勢いで書き込んでるから推敲してなくて文章めちゃくちゃでごめんね

ここまで読んでくれた人ありがとー!!

2017-05-06

妻ちゃんとデートしたい

自宅で仕事をしている妻。(もちろん自分も(外で)仕事をしている)

年末年始お盆休みGWなどの長期の休みがあったとしても仕事していることが多いーー妻も自分も。

今年------珍しく長期の休み仕事で潰れることがなく、お互い休みになった。

から、どこかへ遊びに行こうと一杯計画かけてたのに!ことごとく却下

身近の方がいいかな?と思ってーーーー下記参照

「いい天気だから散歩しようか」→「は?やだよ、こんな紫外線バリバリ時間帯に散歩とか」

「曇ってるし散歩…」→「は?雨降るよ、間違いなく、濡れんのやだ」※で、雨が降る奇跡

ドライブでも…」→「え?どこも混んでるよ?渋滞に巻き込まれたいなんてドS???

「買い物でも…」→「GWに踊らされてるの?マジ????」

「妻ちゃん、この休み中に一回も外出てないじゃん」→「外?出てるじゃん、ベランダ洗濯物干してるし!」

ベランダが外に出たことの一つになるとは想定外だった。

この出不精妻を・・・・この出不精妻と…!

デートしたいのに!どうしたらデートしてくれるんだろうか…

そう伝えても「は?自宅が一番お金かかんないんだよ?」と言われる。

一緒に出かけたいのに出掛けられない。

GW明日で終わり。

どこかに一緒に出かけたい。どこでもいい。

妻と一緒に並んで歩きたい。

ちなみに妻は最高に美人で一緒に出かけると振り返る人間結構いる。

俺は…人から見たら…「?」と思われる人間と思う、釣り合いのとれる身長もないし。

でも妻は

偏屈で我がままで扱いにくい私を、唯一手のひらで転がすことが出来るのはアンタだけ。」と言ってくれる。

でも手のひらで転がすことが一度も出来て無い気がする。転がされているのは自分な気がする。

明日が終われば、妻はまた仕事に没頭することになる。(すでに仕事が入ってきているのを知っているから)

忙しくても美味しい料理を作ってくれるし、酒の相手もしてくれる。

明日一日でもいいから、デートしたい。

この休み中の妻の行動ですが…

ひたすら漫画読んでます。すべて「BL」です…

辛い事があったので…

妻は辛い事が合った時の現実逃避に「BL漫画」を徹底的に読みます

そして徹底的に引きこもります

外に出て、外の空気を吸って欲しい…、そして、一緒に出かける事でストレスを解消して欲しい…

2017-05-01

他人と旅に行ける人はすごいよ

他人旅行に行くという行為が苦手だ。自分から行こうと思わない限り、全ての場所行きたくない場所なのだ

それでも、「あそこに行こうよ」と言う人が色々と計画を立ててくれるなら良い。美味しいものがあってこの店が良いらしいよ!とか言われたら多少は考える。(それでも腰は重いんだけど…)辛いのは、誘ってきた人が「どこ見に行く?行きたいとこある?」とか言い出すやつだ。

私は、行きたかったら一人で行って誰にも気兼ねせずに楽しみたいし、行きたかったらもう行ってる。行ってないということは、そこまで行きたくないということだ。親しい人と行く事も大した加点にはならない。私が人を誘う事もしない。私の思い付き旅に付き合わせるのが申し訳いからだ。他人を誘ったのは釣行くらいだろうか…

自分偏屈さとか頑固さ、わがままであることはわかっている。新婚旅行にすら腰が重くて行っていない。ハワイは行ってみたいけど、行くまでの苦労を考えたらそこまで行きたくはない。出不精なのもわかっている。だけど中々気持ちの整理がつかない。妻よ、ツムツムしてないで早く明後日から旅行の予定を立ててくれ!

2017-04-28

生粋いじめられっこグループを作ってみてはどうだろう?

いじめはなくならない。

なんでかは知らない。

学校でもいじめ会社でもいじめ。家庭でもいじめ

いじめダメぜったいと叫んだところでなくならない。

ならば発想を転換する。

いじめられても傷つかないキャラを作ってしまえばよいのだ。

多種多様いじめられっこが多種多様いじめを受けるアニメコンテンツ

いじめ助長になってしまうかもしれないという危惧はある。

が、いじめの矛先がそちらに向くかもしれない。

学校で生身の同級生に対して吐かれる暴言が、そちらに幾分シフトするかもしれない。

絵の描ける人は、それらのキャラいじめる絵を描いて発散すればよい。

文章の書ける人は、それらのキャラをひどいめに合わせる物語を紡げばよい。

どちらもできない人達架空チャットルームでも設けて叩ききればよい。

公式からは数々のいじめをうけて咽び泣くキャラたちのコンテンツ動画イラスト)が提供される。

リアルな反応が無いと面白くないと飽きてしま生粋いじめっ子もいるだろうけれど、

いぢめる対象がいなくなって2ちゃんなんかで様々なことを叩いている奴らにはウケルかもしれない。

一度そういうブームを起こして、人間の汚さを振りまいてみれば

ひとのふりみてわがふりなおせ

意外と、いじめはみっともないと気付くこともあるかもしれない。

AI搭載型のののしられっこちゃん。

微妙イケメンっちゃいけめんだけどキザでいけすかない奴。

ブラック企業社長っぽい精神論でなんでも乗り切れると考えている馬鹿上司

いろんな嫌われもの電脳力で具現化するのだ。

AI的なもの人権が認められるまでは誰も傷つかない。

要は喧嘩戦争できないかそっち系ゲームでウサを晴らしているのと一緒だ。

いじめゲームにしてしまえばよい。

ただ、この偏屈な世の中ではそれは受け入れられないだろうな。

※このアイデアナオトインティミライティインフィニティ? 良く知らない)さんの一連のクソコラ騒動を見ていて思いつきました。

2017-04-02

http://anond.hatelabo.jp/20170402103252

nイコールいくつの話か知らんが、そいつらは教師じゃなくて芸術家から

美術教師ってのも大概にして偏屈が多いな。芸術家肌じゃないとわからない世界だわ。逆に、1%でも芸術家肌の性質を備えてる人には、なんとなく教師側に共感してしまものがある。

2017-03-25

http://anond.hatelabo.jp/20170325213830

都内はてなみたいなネットでは治安がよくて住みやすいとか語られる地域でも

実際は未成年や弱そうな人がひとり歩きすると危ない場所結構あったり

特定学校では殴る蹴るの体罰常態化してたりと田舎と同じ闇を抱えてたりするけど

そういうのってはてなで語ってもどこの田舎だよって言われて一蹴されてたか

偏屈な人たちだなっていうのは漠然と思ってたけどここまでだとは俺も思わなかった

2017-03-18

http://anond.hatelabo.jp/20170318193745

ふつうなら、「鉛筆削り買いに行け!」って言うだろう。

から「ない」んだよ

このたとえ話の世界に「鉛筆削り」なんてものは「ない」

マジで包丁しかない世界なわけ

料理人とやらの苛立ちの原因はそこにあるんだよ

自分が「ある」と思ってるものを全く示せない

おそらく世間の大半の人間料理人の言う事を信じてないよ

鉛筆削り買いに行け!」なんて言っても「偏屈料理人がまた妙な事言ってんな。『エンピツケズリ』?何だそりゃw」くらいしか思ってない

2017-03-05

気持ちを素直に表現できない人」を総称する表現ってなんかある?

意地っ張りだったり、気にしすぎだったり、

天邪鬼だったり、恥ずかしがり屋だったり、理由の如何は問わず

気持ちを素直に表現できない人」を総称する表現ってある?

造語でも、初見意味がわかれば問題ないんだけど…

強情、偏屈へそ曲がりシニカル、ひねくれ、コミュ障…など、

気持ちを素直に表現できない人の総称」ではない(理由限定的)のは

いくつか思い浮かぶんだが…。

追記:

思いついた中で、一番近いのは「(精神的)不器用」。

2017-03-01

堀北真希が好きだった

初めて好きになった芸能人堀北真希だった。

一番最初堀北真希を見たのは「野ブタ。をプロデュース」だ。

当時の僕はJ-POPドラマなどの、いわゆるスクールカースト一軍文化を何一つ見ずに、インターネットゲームに傾倒していた偏屈小学生だったから、皆の会話についていくために見始めたドラマが「野ブタ。」だった。

途中から見始めたし飛ばし飛ばしだったからか、内容は全く覚えていない。しかヒロイン女優堀北真希って名前なことすら知らないまま視聴していた。ただ青春アミーゴは未だにカラオケで誰でも分かる共通言語になるからドラマ自体にはすごく感謝している。

そのドラマ視聴の延長で見始めたのが「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」だ。今度は1話からきちんとストーリーを追って視聴した。

イケパラで僕は堀北真希が好きになった。

自分の好みどストレートな顔と雰囲気で、演技の腕や性格などは度外視だ。

毎週食い入るように堀北真希を見た。「ロングの子のほうが好きだったけど、ショートカットかわいいじゃん!」なんて思いながら毎週見た。

野ブタ。で身につかなかった毎週決まった時間テレビの前で視聴する習慣が、イケパラではできた。

毎週オープニングのイケナイ太陽を聞いて堀北真希にひとしきり興奮し倒してからPEACHを聞いて眠っていた。

大したことじゃないかもしれないけど、初めて芸能人にハマっていた。

でも好きになったこと以上に重要なことがあった。

堀北真希を好きになると「好きな芸能人は誰か」という質問に答えられるようになる。

上にも書いてある通り、僕は本当に芸能文化に触れずに育ってきた。今であれば平野綾!って答えるとかで開き直ってやることもできたが、イケパラ放送時の10年前はまだ「オタク」に根強い偏見があった時代だ。僕のオタク趣味はバレないようにひっそりと活動していた。

皆の会話についていきたいものの、全く芸能に興味がないしそもそも知らないので話題に乗れなかった。

興味がないから知らないことに関してはどうでもいい。けれど小学校高学年頃になると生じてくるスクールカースト、その振り分け位置知識不足で下位になっていく感覚には結構ヒヤヒヤしていた。(それ以外にもスポーツをやっていないとかいろんな要因はあった)

でも、一念発起して見始めたドラマ堀北真希のおかげで放送日の翌日には「昨晩の〇〇面白かったよね?」という話題に入ることができた。

堀北真希のおかげで「好きな芸能人は?」と聞かれて「堀北真希かな」と答えて「あ〜そんな感じするね」という会話をすることができた。

堀北真希と応えるだけではバリエーションがないので、堀北真希に顔が似てる人という理由志田未来名前も挙げたことがあったような気がする。

堀北真希を通じて様々なコミュニケーションを取ることができるようになっていた。

イケパラ放送から10年、その間に堀北真希が主演の何かを見た記憶は全く無い。

というのもイケパラ以降ドラマを見ることが無かったからだ。多分開き直りの境地に達したんだと思う。

けれど好きな芸能人は?というコメントにはその都度「堀北真希」と返すことができた。

長いこと築き上げてきた堀北真希好きキャラのおかげか、結婚報道があった時には友人から大丈夫か?」ってLINEが送られてきた。その時の僕は「今死んだら堀北真希の子供に生まれ変わるんじゃないか?」というツイートを見ていた。

僕にとって堀北真希好きな芸能人なだけではなく、コミュニケーションツールだった。

芸能に全く興味がないマイノリティな僕を、マジョリティ側につなげるものだった。

小学校中学校高校と、geek趣味がない人と会話する時には常に助けられていた。

堀北真希は昨日を持って引退した。幸せな家庭を築くためだそうだ。

世間堀北真希という芸能人を忘れていくだろう。会話にもメディアにも出てこなくなった人間コミュニケーションに登場しない。

僕らの子供の世代にも伝わらない女優になる。

でもしばらく、僕は好きな芸能人を聞かれたとき堀北真希と答えるつもりだ。

芸能人としての活躍は端からろくに見守っていないけど、コミュニケーションツールとして使わせてもらった感謝は忘れない。

感謝を持って堀北真希世間から忘れられていく寂しさに、少しだけ抵抗してみようかなと思う。

その一方で幸せな家庭を築けることも強く祈っている。

堀北真希さんありがとう。今までお疲れ様でした!

2017-02-17

挫折を知らなかった僕が車学で初めて挫折を味わった話

はいい子だった。人から見れば。

勉強もできないわけじゃない。偏屈なわけでもない。誰かをいじめてもいない。話もある程度できる。友達結構いる。高校生に求められているものクリアしているつもりだ。

から、僕はここ1年くらい怒られなかった。それが普通だった。

努力すれば勉強は出来た。しかもそんなに努力しなくても出来た。授業を聴いていればギリギリ全部理解できたからだ。

車は違った。一度は失敗しないと出来なかった。でも出来たのだ。前回までは。

今日はバックと切り返しをやった。難しい。タイミングが全くわからなかった。先生に叱責された。

「なんでできないんだ」

はい

なんで出来ないのか、それは知ってる。タイミングが合ってないし、パニックに陥っていたからだ。でも、上手く言葉にできなかった。

50分、成果を上げられずに終わった。先生は「バックは確かに難しいよね、まあまだ次がある、始めたてで出来る人はほぼいない」

その時ふと思った。僕はずっと「出来る側」の人だったのだ。挫折だ。これが挫折か。カラッカラの口で、ありがとうございましたと言った。

気が付くと、僕は泣きながら自転車を漕いでいた。P-modelの「Cyborg」を歌いながら。

”あきらめにいこう”

2017-02-14

Tombo Platformについての13歳女子高生感想

iPhoneゲームブラウザで遊べるTombo Platformをリリースしました

http://blog.wktk.co.jp/ja/entry/2017/02/14/tombo-platform-is-released

技術的な詳細とかは英語ブログに書いてます。そちらも見てちょ。」などと書いてありますが、そちらを拝見すると「Emscripten」というCやC++Webで動かす(JavaScriptに変換する)技術Objective-C対応させただけということがわかります英語で書いたと言えばほとんどの人が見ないだろう、という小賢しい意図を勘ぐってしまます(実際、ブコメを見た感じほとんど誰も英語のほうを見ていないようです)。

最近iPhoneゲームほとんどは、Androidにも対応するためUnityやCocos2d-xなどのクロスプラットフォームフレームワークで作られています。この2つで作ったゲームどちらもWebブラウザで動くので※、実はほとんどのスマートフォンゲーム最初からブラウザで動かせる技術で作られているのです。Webブラウザ対応しないのは技術問題ではなく、対応していないだけというのが実際のところです。スマートフォンゲームスマートフォン向けに作られているので、単にPCブラウザ移植しただけでは面白くないというのもありますし、課金や、広告や、集客認証などなど、ゲームプラットフォームに求められる様々な機能を素敵な感じにWebブラウザ提供してくださるものがないから、ビジネスとしては衰退したというのが2017年現在です。何周遅れのことをなさっているのかな、と思ってしまます

※加えてWindowでもMacでも動きますし、Unityはほぼ全ての家庭用ゲーム機にも対応しています。今iOSであえてObjective-Cゲームを作る方は、よほど偏屈でいらっしゃる方だけかと思われます

EmscriptenObjective-C対応させたのはおそらく価値があることなのだと思いますが、現在iPhoneアプリ開発において主流な言語であるSwift対応していらっしゃらないというのも、iPhoneゲーム移植できると主張する上でちょっと誇大広告がすぎるのではないでしょうか。

たぶんこの技術を使ってWebブラウザで動かせるようになるゲームは、素人の方がお作りになったものも含めて単純に数でカウントしたとしてもiPhoneゲーム1020%ぐらい、ビジネスで作られているゲームだとは5%ぐらいではないかと思います

2017-02-05

勉強することで得るもの

http://anond.hatelabo.jp/20170204225930

 

これ読んで考えたけど、やっぱ勉強はしておいたほうがいいなあって思うんだよね。

自分田舎公立高校出身で、受験に対する姿勢勉強に対する姿勢も弱い環境だった。

親も高卒だし、大学東大京大しかしらなかった。

それが高3のある日、友達勉強勝負しようってなって、そこから勉強するきっかけを得て、旧帝大に受かった。

まあ東大に比べれば大したこと無いけどね。

ただ、本当に偶然学歴を得たと思うんだ。

そういう意味では、以前話題になった「高学歴の世界」と「低学歴の世界」の両方を何となく見てるので、

私の意見が参考になれば幸いです。

 

勉強しない層の価値観だと、勉強しなくても金持ちはいるし、コミュ力の方が大切だと思われている。

これは実際間違ってなくて、高学歴でも就職してから技術職であってもコミュ力がモノをいう環境の方が多いだろう。

高卒でもアパレルコンサル飲食起業して稼いでいる人もいっぱいいる。

厳密な知識学問があまり重要で無い分野では、正直学歴なんて必要無い。

勉強で言えば読み書きそろばんができれば十分だ。微分積分行列群論複素関数なんて一般の人は使わない。

から自分生活していく」ことを考えれば、別に勉強なんて不要だ。

幸せかどうかも周囲との相対的ものなので、変に優秀な友達ばかり作るとかえって幸せに感じにくくもなるだろう。

 

だけど、それでも勉強はしておいたほうがいいと思う。

 

1つは、論理が通じる集団に属せるということだ。

元増田の娘は頭がいいだろう。論理的物事を考えることができる。

その場合、周囲に論理が通じないとストレスが生じやすいと思う。

こうすればみんな幸せ、こうすればもっと良くなる、なのになんでしないの?

なんて考える機会が圧倒的に減る。

理不尽に声出しさせられたり、嫌いな人を家族愛でつつめ!なんてわけのわからないことを言われないで済む。

泣く子と地頭には勝てないというのは、論理対処しようとしない集団には論理は無力であることをうまく表現している。

から自分論理的な行動を大切にしてしま場合論理的集団所属することが幸せになる重要な条件となる。

 

2つ目は、たくさんの人を幸せにできる力を得ることができることだ。

自分けが幸せでいいなら不要かもしれない。

だが、多くの人を幸せにしたり、世の中の理不尽を減らすには、いろんな知識必要となってくる。

発想は知識の量に影響を受けるので、知識がある分、いろんな方策を考えることができるようになり、それをもって主体的に世の中を良くしていくことができる。

また、論理的でない人をどう変えるかということも複眼的戦略必要となる。

自分勝手で、反社会的な態度の人と切っても切れない環境というのが世の中にはある。

そういう人たちを全て切り捨てるのは現実的では無い。切り捨てた人間多数派になった時に割りを食う可能性もある。

から、彼らがそうなった原因だったり、どうすれば考え方を変えることができるか、なんてのもいろんな知識経験必要になる。

自分がそう思うから」だけで物事を進めていくと、感じ方が違う人との軋轢を生むことになり、不幸になる人が発生してしまう。

 

3つ目は、学歴チャームだ。

チャームは魔除けって意味だけど、学歴は魔除けとしては非常に優秀だ。

転職就職でも学歴があれば相手見方も変わるし、ずっとニートをしてても学歴がいいからもしかしたらすごいのかもと思ってもらえたりする。

それと、世の中には権威主義の人が跋扈していて、論理じゃなくて、どんな人間が言ってたかしか是非を判断できなかったりする。

そういう相手から切り捨てられたり、学歴至上主義人間から不条理差別を受けないためにも、この魔除けはかなり有効なのだ

それを凌駕する才能があればいいが、そんなものを持っている人間はごくわずかだ。

もし娘さんが突出した何かを持っていないのであれば、学歴チャームを持っていない場合、ただの偏屈な嫌な女になってしまうだろう。

そういう生きづらさから守ってくれる、不可視なお守りが学歴なのだ

 

大学(と大学院)を卒業して思うのが、まだまだ勉強必要だなあと思っている。

経験勉強なくしては、自分はだれかの意見を垂れ流しているだけで主体性が無いなと感じてしまうのだ。

人生で一番辛いのは主体性を無くした時だから。そうなる時、生きることがバカバカしくなるのも理解出来る。

それを防ぐためにも主体的自分を手にいれるためにも、お勉強だけじゃ無い経験も含めた勉強重要だと思う。

ただ、学歴だけは若いうちに手に入れた方がいいので、今は受験に関わる勉強をした方が効率はいいと思う。 

 

余談だけど、学歴けが欲しい人ってのは受験仕事で使わない知識経験を軽視しすぎていると思う。

経験知識の一部なんだけど、俗的な合コンナンパクラブゴルフ登山サーフィン釣りスポーツなどなど、

どれも勉強になる面はあると思う。

理系の同僚は行動力がなくて、権威に認められた知識以外を軽視しすぎて考え方に偏りが多い子が多かったから。笑

理由をいろいろつけてたけど、多くは傷つくのが怖いとかバカにされたくないとかそういうことだった。)

なので、こういう経験もいずれは手に入れて欲しいなと思う。

2017-01-31

http://anond.hatelabo.jp/20170131072332

このコメントの一番の突っ込みどころはthe best xxxの意味は「最上級」なんて曖昧ものではなく

英語でも「ただひとつの、一番」を本来指しており、それゆえ「一番のうちのひとつってなんだよ」という偏屈さんは普通にあちらにも存在してること

日本人英語を語るとすぐ手前勝手な「意訳」で持論を無理矢理補完し出す

2017-01-29

ある1点が秀でていて、それ以外が駄目な人っていうのは

自分が秀でている部分の価値をより大きいものだと捉えようとする

学歴が秀でていてそれ以外がまるで駄目な人は学歴という唯一の自分有利な物差し世界を見ようとする

差別的偏屈発言ばかりの知人を見てて思う

2017-01-27

本当は楽しみたいのに

当時、めちゃくちゃ話題になっていた某作品を、だいぶブームが落ち着いたころに遅ればせながら入手して、わくわくしながら読み始めたんだ。

だが、比較的序盤で、あるキャラクターが「きりーつ。れーい。きょーつけー」と発言していた。

その一文を目にしたとたん、なんだかすべての文章が受け付けなくなってしまい、その後、ほとんど読み進めることができなくなってしまった。

そういう書き方が悪いわきゃなくて、単に好みの文体が一致しなかった、というだけの話だけど(特に「きょーつけー」がダメだった)。

同様に、「明らかに海外舞台なのに、日本語での語呂を使った言い回しダジャレをくり返す」という作品も受け付けない(該当作品ひとつではない)。

そういう文章出会うたびに、頭の片隅がすっと我に返ってしまう。

自分脳内で補完している音の響きが乱されて、没入できなくなるのだろう、と推測している。

偏屈なのは自分だってわかってる。

でも、本当は楽しみたいのに、それができないのはさみしい。

いつか再トライしたい。でも今はまだダメそうだ。ちくそう。

2017-01-19

http://anond.hatelabo.jp/20170119005950

ふつう感覚なら、作品を見ていて「イライラする」という感情は起きないのでは?

何か特定の要素が目について、その要素について人並みならぬこだわり、

平たく言うと偏見があるからそういう感情が起きるのでは。

イライラしない人はそうした偏屈なこだわりに引っかかる部分がないから、素直に見れる、ただそれだけの事じゃないの?

2017-01-03

5年付き合ってた彼と別れました。

去年の暮れ、5年付き合ってた彼と別れた。

理由は、私が他の人を好きになってしまたから。

振っておいた身でありながら

気持ちの整理がつかないので、備忘録としてつらつら書かせてもらいたい。

元彼の性格はというと

自分にも他人にも厳しく四六時中勉強しているような人だった。

ときには私にも

「遊んでる暇があったら勉強しなさい」「社会の役に立つような仕事をしなさい」としつけをするようなタイプだった。

なにが好きだったって、とても性格があっていたところ。

すこし偏屈や根だけと優しいところなどが似ていた。

そして尊敬すべきところもたくさんあった。

5年も付き合えたのはこの人だったからだと思う。

だけど終わりのほうは私のことを人として扱わないような、奴隷として扱うようなことになってしまっていた。

泣いたところで無視するし

買い物行っても置いて帰るなど

自分の気にくわないことがあるとシャットダウンする機会が多くなった。

さすがに私も悲しくなって

とうとう新しか好きな人ができてしまったという始末だ。

それを理由にするのは良くないと思うが、それも一理あった。

ただ、別れ話を

あっさりと終わらせてしまったのが後悔している。

嫌なところもたくさんあったけれどそれでも感謝すべきところもたくさんあったのに

別れ話からよりを戻すことになってしまわないように、手短に終わらせてしまった。

5年間付き合った人への態度ではなかった、と後悔している。

新しく好きになった人は

とても優しくていつも私を肯定してくれる。

とても幸せだが

5年分のアイデンティティ

ぽつかりと失ったような気がして仕方がない。

これは今の人と長く付き合ったら解消されるのだろうか。

何かを見ると思い出してしまうのは

5年という長い年月のせいだろうか。

いまさらどのツラ下げて

感謝気持ちをひょこひょこと

伝えにいく勇気もないので

ここで感謝気持ちを伝えたい。

いろいろあったけど

あなたとの5年間はとても濃厚で刺激的な毎日でした。

いつも学ばせてもらうことばかりでした。

本当にありがとう

2016-12-17

オカン視聴者選民感は異常

オカルティック・ナイン視聴者がすごいと言うより、選民感を感じさせる作りになっているなと感じる。

シュタゲもそうだったが、まず最初キャラ造形でふるいにかける。どんな人がふるいにかけられるかというと、偏屈で器の小さい人だ。煽るような表現をして申し訳ないけど、まさしくそう思うのだから我慢して欲しい。オタクにはそういう人が多いだろうから、1話切りする人が相当いただろう。

典型的なふるいだなと思ったのが、ネットスラングを多用するキャラがいること。ネットスラング日常的に触れていて、ネタ理解できる人のうち、反応は2つに分かれる。

「あーハイハイ、クッサ、そういうのマジ勘弁」みたいに受け取る人と

「あーあるよね、そういう人もいるよねウフフ」みたいに受け取る人。

前者は、どちらかというと本当にコアなネット文化理解者というよりは、にわか感がある人に多い気がする。例えば、にわかファンがよりにわかファンを叩く光景と同じ原理が働くのだろう。つまりは、自分理解であることを自負したいから、他人理解表現することを脅威と感じたり陳腐に感じたりする。肥大した自我を守るために他者矮小化するのだ。もしくは、自分では同族と思っていないかもしれないが、同族嫌悪感情。いずれにしても、器の小さい人間のすることだ。

本当に理解が深い人は、他人表現についてもどっしり構えて心静かに観察することができて、いたずらに攻撃的になったりはしない。ネットスラングへの造詣が深かったとしても、自身現実でもネットでも一切スラングを使っておらず、おくびにも出さなタイプが多いかもしれない。要するに、理解を、自己と同一化していない。自己ステータスにしないしアピールもしない。だから自己他者を「○○を理解する人/しない人」みたいに分けてマウントするようなことがない。結果として、どんな表現フラットに受け止めやすい。創作となれば尚更だ。

中高生のころなら、そういうラベリング合戦に執心して見えない敵と戦っていた人も多かろうが、ある程度おとなになると、普通はしなくなるものだ。そう言いつつもこの文章自体ラベリング合戦同然の青臭さを帯びていることについては、見逃して欲しい。私もおとなになれなかった大きな子どもであり、自己矛盾キャラなのだ

さておき、作品全体が例に挙げたようなスラングのノリで構成されているわけではない。巨乳電波系少女を出してきて、イチゲンさんに下品萌えアニメかと思わせる部分もそうだ。結局それらは、重苦しい世界観を覆い隠すための、しかもそうである必然性が後々わかってくる類の仮面にすぎないのだ。

シリーズファンであればそのことを重々承知しているので、ああいった初見バイバイ描写に惑わされることはない。けれどそうでない人にとっては、これでもかというほど辟易させる要素が詰め込んであると映る。特にマトモぶった偏屈な人ほどそう感じ、嫌悪感を抱きやすいのではないかと思う。

主人公がウザキャラで、アフィやニート属性であることもひっかけポイントだろう。これらは、現実ではネットほど非難される対象ではない。ネットの卑しい思考回路に染まっている人ほど、これらを執拗に叩く傾向がある。経済理解している一定層以上の人間なら、アフィリエイト行為自体を叩いたり嫌悪したりはしない。やり方が悪いアフィリエイター跋扈していることは事実だとしても、アフィ自体嫌悪対象にすることはむしろ危惧すべきものだ。ニートに対しても同じ。彼らは時代産物であって、自己責任論で叩くべき存在というよりは、社会が救済すべきものだという認識が基本だ。そもそも作中の主人公は悪質なアフィリエイターでも、見放されるようなニートでもないので何も嫌悪する要素がない。むしろ可愛らしいものだ。

さらに言えば、忙しく目まぐるしいテンポ伏線を匂わせる描写密度が、一般的作品比較すると異常な域にある点もそうだ。テンポについては、ネットでは早口だと揶揄される。だが視聴していくと、この作品はむしろこのくらいのテンポが相応しいように感じられるだろう。それでも時折不自然なほど早口だと感じる部分はあって、そういう不自然さがどうしても許せない人がネットには多い。けれどインタビューによると、キャストもその部分には面食らっている。制作側もそれを理解していて、1話台本の冒頭に、どうしてこういう早口演出が多用されているか解説があったらしい。そこの部分は視聴者の我々が窺い知ることのできない所ではあるが。

ともかくネットというのは悪意的な見方人間の声が大きくなりやすい。そして、クリエイティブ制作者に対する声も含め、他者への敬意や謙虚さが微塵もない罵詈雑言が並べ立てられている。そうしたもの思考汚染され、流されてしまわないためには、実際の制作者やキャストの声を聞いて、かける思いを汲み取ることが重要だ。それはどのアニメ、どの映像作品にも言えることだが、オカン特にそれが求められる作品だと感じる。

まりにも密度が濃いので、結局大風呂敷を広げただけで伏線を回収しきれないんだろ、と馬鹿にする声も聞く。しかし10話までみてきた印象としては、かなり綿密に練られている。最新話をみるたび過去話を見返していくと、膝を打つような発見、「そういうことだったのか!」がそこかしこにある。だが、「どうせ回収できない、ご都合主義だ」と侮る声を発する人を納得させることはできないと思う。そういう見方をする時点で全てのフィクションスポイルされると思うが、それに加えてオカン特有事情がある。おそらく、アニメ単体では全ての事実は明らかにならない。コミック版は12話からアニメとは別のルートに入ったという告知がされている。アニメは2巻まで出ている原作ノベル圧縮した内容ではあるが、すでにノベルの先の展開を描いている。アニメ展開に合わせたように発売日が延長→未定となっているノベル3巻もアニメとは別のルートに入る可能性が高い。つまりメディアを律儀に追っている人ほど、全容を知れるという仕掛けになりそうだ(なんてうまい商売なんだ)。

けれども裏を返せば、そのへんの事情を知らないライト層には不完全な作品と取られる恐れもあるわけだ。そういう整合性に異常に執着するアニメファンは、爆死だなんだと言うだろう。それを見越していながら突き進むスタイルは、ある意味ロック姿勢ではある。一方でそういう側面こそある種の信者ビジネスの肝だなと冷ややかに見ることもできるが、ストーリーの内容が内容だけに、楽しむことが好きなオタクならばシャレを効かせたメタ展開だと笑って受け止めるだろう。その八福神の会だか300人委員会だか分からないが、自分もそっち側に入信して、賤民には知り得ない真実に辿り着こうではないか、なんてノリにもなるというものだ。

思うに、大ヒットする作品というのは多分にカルト的要素を含むものだ。オカンにもその素地があると感じる。ラブライブしろガルパンしろエヴァでもガンダムでもいいが、ああいった作品ファン宗教的なところがある。単に作品が魅力的だというだけではなく、作品思想が込められていて、そのメッセージ性がいわば「教義」となり、観る人を感動させ、伝播の原動力となるのだ。作品を観ることで、その教義を受け取り、コンテクストを共有する。その域までたどり着いた人はまさに信者であり、選民となる。往々にしてひねくれた演出、尖った演出の数々は、その選民感を増幅させるのに有効に働く。けれど、ついていけない人には、真逆に働く。

よく、「ノリについていけない」とか「登場人物感情移入できない」という文句を言う人がいる。そういう人はおそらく、メタ感覚作品を眺めすぎている。無意識作品の向こうに作者を透かしてみていて、そうやってみる作者のことを「こいつはダメだな、こいつの作品はいけ好かない」と思っていたりする。それで作品本体をまじめに見れなくなっており、雑念がなければ感じ取れたはずの感動を取りこぼしているのではないか原作者志倉千代丸自身もおちゃめな発言をするタイプではあるが、それも一種ペルソナを演じているだけであって、硬軟かき分ける技量がある懐の深い作家であることは原作ノベルに触れると分かる。だから仮に登場人物がイタくても、キャラ造形が古臭くても、それに引きずられて作品自体や作者をイタいと思うのは間違いだ。

感情移入ができないことを問題視するのも、そもそもおかしな話だ。感情移入ができる、というか、キャラクターの(言外にあらわれる)感情が伝わってくるから感動できる、良い、というのは分かる。しかし、それが分からない、キャラ思考回路が伝わってこないかダメだ、とはならない。異なる価値観とか多様性に対するスタンスについて説教するわけではないが、はっきり言って、そういう人は、自分と近しい環境で生き、近しい感覚・行動原理を備えた登場人物が動く作品しかまともに見れないのではないかフィクションには強烈な個性を備えたキャラがよくいるものだが、ほとんどの場合、どうしてそういう性格になったのかは察せるものだ。はじめは理解しがたい性格キャラこそ、大いに想像力を働かせながら読み進め、自分には無かった思考回路価値観にたどり着く感動が得られるものだ。萌え日常系アニメキャラならともかく、脚本があるストーリーものキャラであれば、そうやって「キャラ理解する」作業はたいてい報われる。思っているよりもずっと。そういう作業を序盤で放棄して、「こんなキャラ理解できない、受け付けない、リアルじゃない」と決めつけ、あまつさえキャラの作り込みが悪い」などと作品のせいにしている人のなんと多いことか。読書や映像鑑賞は、実は読む・観る側にも作品世界に寄り添っていく想像力積極性クリエティティが求められるものだが、「消費する側」という立場になりきって選好を重ね、消費の達人になっていけばいくほど、傲慢想像力を停止した人間になっていくものなのだろう。

難儀なものではあるが、志倉千代丸作品に限っては、さらに、彼がイケメンで曲も詞もコードも書けてオタク力も高い上に金持ち、という超人的な要素があるせいで、僻みも加わってくるのかもしれない。けれども、作品を鑑賞する時というのは、そういう作者がいけ好かないだとか制作会社がどうだとか、そういう世俗的な感覚基本的に切り離しておくべきものだと思う。そういう感覚を混ぜることで楽しめるならまだしも、雑念になるのならばそれを排除する努力を(作り手ではなく)読み手側がしなければならない。それが創作に対し敬意を払うことだと思うからだ。

どうにもオカンの話ではなくネットアニオタ批判になってしまったが、これから時代コンテンツを楽しむということは、イコールネットの俗悪な風評とは距離を置いた賢明で物静かな「選民」になることだと思う。別に私のように選民意識をちらつかせて下層の民を殴ることはしなくていいが、そういう衝突もどんどん表面化していくのだろうと思う。もっと短文で動物的な形になるとは思うけれど。不快だが避けられないネット未来。そんな未来だとしても、それでも、日本アニメは「刺さる人には刺さる」方向性で突き進むのが向いていると思う。誰もが楽しめる優等生的な作品作りはディズニーあたりのお仕事。「刺さる人には刺さる」コンテンツ作りの先端を行くオカンのような作品に触れられることを私は幸せだと思う。

2016-12-03

http://anond.hatelabo.jp/20161203162438

それを

選考委員が公平に選んだ(選ぼうとした)からノミネートされた

ではなくて

偏屈選考委員のじじいの頭の中に「君の名は。」界隈のワードが割って入った

と考える根拠って何ですか?

2016-12-02

http://anond.hatelabo.jp/20161202123049

ドクター中松とかw

エジソンなんかも偏屈爺さんだったし、アインシュタインは頑固者だし、ちょっと変な人は少なからず居るでしょうね。

ただ、最近自己PRの上手い人が表にでるようになったので、変な人は表にでてこれない気がします。

2016-11-29

バイト先のゲイがうざいのでやめようと思う

最初社員としてその人が入ってきた時は良い人だったのだが、ここ最近人が変わったようになった。

どう変わったのかというと、情緒不安定になり、機嫌が悪いと細かいことを注意するようになったのだ。

例えば、やれ靴が汚い買い換えなさい(もうすぐ辞める、もう何回もバイトに入らない人に対して)、やれ制服のまま店でご飯を食べるな(自分はその数分前に同じことをしている)やれ物を置く場所がほんの少し違うとか(仕事でクッソ忙しそうな人に、その忙しさに気付かずに言う)…自ら小姑チェックなんて称しているが、実際他人から見ても小姑のいやらしい注意に近い。ゲイだけど。

その癖機嫌がいいとゲイ特有ハイテンションで「〇〇お元気〜?」とか話しかけてくるのである。そしてその機嫌が良い時も、ふとしたきっかけですぐさま上記のような機嫌の悪い、小姑モードに入るのである。これを私だけにやられるのはいいんだが、他の大体のバイトさん、特に私含めた学生勢によくぶちかましてくるのである。余り主婦勢にはやらない。

最初私は嫌われたのかと思ったが、機嫌がいい時なんかは普通にあっちからしかけてきたりするし、シフトガンガン入ってと勧誘してくるので本当に虫の居所が悪いだけらしい。

実際彼の性格理由で辞めた人、辞めようとした人もいる。

因みにじゃあ本人のスペックが高いかと言うと、タイムカードの処理をミスってバイトに支払われた給料に間違いが生じたり(しかバイトの子が指摘したことで漸く発覚した)、バイトの子を違う系列店へヘルプへ送る時、その入り時間を3時間間違えて伝えたり割とどでかいミスが多い。

後細いのもあくま自分範囲なだけで、例えば他人が忙しそうにしてるのに、それに気づかず助けてくれなかったりする。

バイト先は人が足りてないし、就活が始まったらもっと減る…。学生バイトなんて特に他に星の数ほどバイトを選べる分辞めやすいのだから、彼にはほんと、機嫌が悪くなると当たりが強くなるのをなんとかしてほしい。まあ私も辞めるけど。

彼と一緒にいると気を遣わなければいけないのが本当に疲れるのである。向こうは気を遣ってはくれないのに…。情緒が安定していないのも逆に疲れる。まだずーっと偏屈だったらその分完全に嫌うことが出来るからなのだが…。半分いい人な分タチが悪い。

そして、全てのゲイをくくるのはもちろん間違っていることを承知で言う。それまでゲイに対して差別とかしてなかったし、何にも思ってなかったのだが、この人のせいでゲイイメージが下がった。

2016-11-17

べっぴんさん観てるとカーネーション観たくなる

カーネーションHuluに戻ってきたので3回目の視聴。

おっとり気の優しいすみれお嬢様世界も嫌いではないが

がむしゃらに自分だんじり勝負する(だいたい毎週シバかれてる)主人公の爽快さよ。


この二作を同時進行で鑑賞しているせいで、

店の売り物や展示のワンピースをええよええよと気前良くあげちゃうすみれ

この後善作ちゃんにシバかれないかと思わず余計な心配をしてしまう。


このお父ちゃんがまた頑固で偏屈

家族に怒鳴りつけるのはもうお決まりになってる。

糸子がクリスマスケーキを妹たちに買ってきた回でもやっぱり。

くるぞ、くるぞ、、あぁ、おばあちゃん早くケーキどこか持ってってー

はいちゃぶ台ドンクリスマスケーキバーン家族号泣っていう

もうコントですかっていう流れでもはや笑ってしまうんだけれども

グチャグチャになったケーキをおばあちゃんが必死に成形して

みんなで食べようとする所に泣けてもくるっていう。

そんなお父ちゃんも居なくなったら本当に寂しいんだから

今日もあの騒がしくも眩しい世界を覗きにいこうと

こたつ定位置に半径1メートル世界で過ごしたいと思います

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん