「ラブコール」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ラブコールとは

2018-07-26

anond:20180726191250

何度も熱烈なラブコールをしてくる人がいる。

だいたいにおいて彼ら、彼女らの中には、作者の偶像が出来上がっている。

から、そういう熱心な方々と直接会うようなイベントだと、まず姿で失望させ、言動絶望される。

実際、増田でこの手の語りを見ることがあるんだよなー

から見てるとウザいくらいに推しがどうのコンテンツがどうのと勝手に盛り上がっておきながら、万にひとつでも自分の思い通りにならないことがあると一気に冷めて、挙句あいつらが悪なんだと罵倒まで始めるような奴

あいつらの愛って愛というより自己愛なんだと思うわ

イラストを褒められた先にある苦痛

絵を褒められたい、というイラストレーターが星の数ほどいるのを知っているし、

すごい絵を描いて承認欲求を満たしたい人間が山ほどいるのも知ってる。

 

からと言って、皆がそういう人間ではない。

 

何を見て触発されたのか、

好きな作品、好きな作者には素直に好きと言おう!という風潮がにわかに加速して、

自分にもそういった声が届いている。

 

はっきり言って、やめてほしい。

 

自分プロとして活動しているイラストレーターだが、

仕事のために、生きるために描いている。

性格的に、会社員として生きることができなかった、ある意味欠陥人間だ。

 

クライアント希望を満たすために、ターゲティングをしっかりして、狙った効果を出す…。

そこにあるのは、イラストビジネスとして捉える、ドライな目だ。

イラスト一つに入魂など、絶対にしない。

そんなことをしていたら、入魂したイラスト、しなかったイラストが生じ、お金を払うクライアントに大変失礼である

 

趣味二次創作SNSアカウントも持っているが、

そこでも似たものだ。

フォロワー感想は求めていない。

ただの鬱憤晴らしと、公式では見られない構図を描いて自給自足をしているだけである

公開している理由は、自分感性一般乖離していないかリツイートイイネの数を確かめたいだけである

 

日中、一人で籠りっきりで作業をしていると、時々自分感性一般乖離強いるのではないか不安になる。

個人的に、一般との乖離は著名でないフリーランサーにとって致命的と思っている。

クライアントはたびたび一般目線ではないため、

それをいか一般の人々に受け入れられるようにわかやすく惹きつけるコンテンツにするか…

フリーランサーにはそういった一般目線が問われることも多々あるためだ。

 

唯一作品に寄せる思いがあるとしたら、面白かったか面白くなかったかだけである

 

 

話を戻そう。

 

なぜ褒めらたくないのかと言うと、

まず第1に、期待されたくないかである

 

褒める…という行為は、応援・期待の気持ちも含まれている。

しかし、期待されて応えることが常にできるとは限らない。

特に趣味SNSで「続きを待ってます」と言われると、十中八九描かない。

気まぐれに描いているだけなのに、「これの続きは描くのに、こっちの続きは描かないんですか」なんて言われてみてほしい。

応援・期待の気持ちから失望・憤怒に変わった瞬間である

ただの趣味なのに、悪意を向けられるまでに依存される方はたまったものではない。

 

第2に、作品と作者を同一視されたくないかである

 

よくいるのだが、作品を作者を同一視して褒める人間がいる。

「この色合いは、優しそうな雰囲気ですね。作者の方もきっとお優しいのでしょう」

ありえない。

ビジネスでの作品クライアント意向も入っているし、何よりも自分だけのアイデアで描いたものでは無い。

ディレクタークライアント側のデザイナー、様々な方々の意見作品が仕上がっていく。

そうやって作られた作品が、作者と同一であろうか。

素材はそうであろうが、

メイクをし、キレイな服を着せられ、小物も用意され、スタジオ写真を取り、加工を施す…

それはもうすでに偶像である

趣味SNSでもそうだ。

何も考えず、思ったままに描いているだけで、考察などしたこともない。

それなのに、奥が深い、伏線がある、キャラクターの心情をきちんと考えている…

苦痛である

本人は何も考えていない。

 

第3に、作者との交流希望している場合だ。

 

何度も熱烈なラブコールをしてくる人がいる。

だいたいにおいて彼ら、彼女らの中には、作者の偶像が出来上がっている。

から、そういう熱心な方々と直接会うようなイベントだと、まず姿で失望させ、言動絶望される。

こちだって人間である

欠点も沢山あるし、自由気ままなフリーランス生活を送っているわけでもない。

人間としても未熟だし、生きるために必死だ。

「褒める」をツールにして交流を図ってくる人の、作者が希望と違った場合手のひら返しには本当にうんざりする。

 

 

だいたい上記の3つの理由から、褒められたくないと心の底から思う。

自己満足感想も聞きたくない。

ただ生活するためのスキルがそれしかなかっただけである

 

自分からすると、会社員としてしっかり働き、家族を養ったりしている人の方が褒められて然るべきである

2017-11-19

転職ドラフト指名額が今より1.5倍くらいいい

今年の4月からWeb系の会社新卒エンジニアとして入社した。職場環境やチームメンバーに恵まれていて、収入新卒としては悪くないどころかむしろいい方だと思う。

転職は考えていなかったんだけれど、友達紹介の特典でオライリー本かプロテインがもらえるのでそれにつられて転職ドラフト登録した。結果としては今の収入の1.5倍ぐらいで何件か指名がきた。

まだ入社してから大きな成果もあげていないし、今やめたらあまりにも中途半端仕事しか残せないので、指名を辞退したんだけれど今後について少し考えさせられた。今の会社昇給のペースも悪くないほうだと思っているけれど、それでも月収20万上がるのは3, 4年はかかると思う。自分就活していたころとは別人ってぐらいにスキルアップ出来た自負があるんだけれど、新卒エンジニア市場価値は上がりやすいんだろうし自分と同じ境遇の人は沢山いるんだろうな。新卒給料が一律なのツライ、すごくいい会社なんだけど転職でここまで年収をサクッとあげられるなら半年後にはさすがに転職してるかもしれない。

今の勤務先も転職ドラフト登録しているので「ラブコールボタンを押して気づいてもらうか悩んだけれど、結局まだ押せずにいる。

2017-10-07

Wantedlyにご用心

転職活動の合間に、何とはなしにWantedly登録してみた。

プロフィールがうまくまとまらないまま、気になる会社10社ほどラブコールを送ったけど返事が来たのは1社。

うん、興味あるかないかをはっきりさせてくれてて好き。

それとは別にスカウト機能があり、そこでベンチャー企業に「ぜひ一度遊びに来てください!!」と声がかけられた。

「では遊びに行きますね!!(実際はもっと丁寧な返事)」と返し、会社の話を聞きに行くのをメインと思ってアポを取った。

当日、行ってみると、会社の話を聞くのはそっちのけで面接スタート

志望動機を言い(本当はここで話を聞いてから考えるつもりだったのに…)、スカウトメールではセールス担当で話が来ていたので、それでやってみたいと話した。

それから一方的なお説教タイム

「前職から逃げたわけか」

「まず、印象が悪いか営業なんて絶対無理

「俺は経営者から何人も人を見てきたけど、お前は社会を舐めている」

そもそも他の面接も通らないんじゃないの?」

非常に驚いた。腹は立ったが、キレる気はしなかった。私に興味を持ってる体で連絡をもらったのに怒涛のダメ出しの嵐で皮肉の一つも浮かばなかった。

結局、反論する気力も湧かず、「そうですね」と相槌を打ち、そのうち「お帰りください」と言われたので開始5分で早々と切り上げた。

反論するも何も、正論だったので(でも面接はそこそこ通ってる)、言われた内容自体に対しての憤りはない。今後の転職活動に活きる場面もあるだろう。

しかし、呼び出されて、道に迷いながら、看板のかかってないオフィスまでたどり着くという時間と体力の浪費をしたにも関わらずサンドバックにされたのには納得がいかない。

経営者様は低学歴で何もスキルを持っていない人間を呼び出して憂さ晴らしをするのが趣味なのだろうか。

もし自分がもう少しこの会社をきちんと調べていればこのようなことにはなっていなかったかもしれないので、その点は反省をしている。

(少し言い訳をさせてもらうと、ベンチャー企業に話を聞きに行くというのが初めてだったので、浮かれてしまっていたのだ)

面白いSNSだと思って浮かれてしまっていたことがはっきり分かった。怪しいものにはすぐ飛びつかず、気を付けて使っていこう。

…煮え切らないので、もうちょっとぐちぐち言う。

会社ビル看板がないのを「周りと同じ普通なことをしても仕方ない」(by経営者)として敢えて付けていないそうだが、普通に困った。

けれどエレベーターにはその会社だけテプラ名前をぴらっと貼っていて、非常に貧相で面白かった。

許せないのは、その会社音楽事業をやっていることだろう。しかもちょくちょく炎上してるし。

私は中途半端アマチュアプレイヤーだが、あまり音楽を舐めないでいただきたいな。

2017-09-25

anond:20170925022648

日本相手にされてないと思うんだよなぁ

脅威を煽ってる連中って、よっぽど北朝鮮が好きなのかしら

ミサイルラブコールなの?

2017-09-10

anond:20170910024834

大変だったんだねぇ。

でさ、お前も結婚しろよ系のはほっとき。それに反応する余地があるから結婚できないと辛くなるんよ。

結婚しないから嫌われたんじゃないんでしょ?結婚についていじられて凹んで迷惑かけたから嫌われたんだ。

からニコニコ笑ってスルーするのが幸せ。もてない奴をいじって楽しむという一つにすぎない。でも反応しないとつまらいからとそのいじりはしなくなる。

結婚相手を選ばなかったがために不幸になってる奴なんてじつは多いんよ。

色恋って、「相互自己承認欲求の充足」だと思ってる。だから相手を思いやれ、そして自分を思いやってくれる状況、相手結婚しないと不幸になる。

特に自己承認欲求支配欲と近いものがある。DV系は裏で「私を大切になんでしてくれないの?」というのが暴力に転化して、不幸になってるもの

サブカル系東方のEastNewSound「緋色月下狂咲の絶」、凋叶棕「NegaPosiラブコール」「フォービドゥンゲーム」あたりはそういう曲。

凋叶棕の「NegaPosiラブコール」は「盲目笑顔」という、相手が心のうちで泣きながら見捨てるという曲もセット。

フォービドゥンゲーム」はラストで見捨てられる。

から相手をよくみない結婚絶対不幸になる。きみが相手承認欲求を満たせない状況ではうまくいかない。

相手承認欲求を満たせる状況でないのなら、相手だんだん失望していき、わかれるか、仮面夫婦となる。独り身のほうが遙かに幸せだと断言できる。

瞑想周りに加えて、小池龍之介の本でよく取り上げられてる「慢」という感情についても意識したほうがいい。

これは「こう思われたい」と思う感情が、人間を苦しめる要因の一つだというもの

「どう思われてもいいや」ぐらいのほうが気楽に生きられる。

そうやって、平静に戻れた状況で、できたら出会いを探すぐらいでいいんじゃない

2017-07-06

https://anond.hatelabo.jp/20170706172147

コブラ最初週ジャンプでやってて(1978年~)、

コミックスラスト著名人からファンコールがあって、

1巻は手塚先生だったんだけど、

女子プロレスラーとか女優さんから

コブラへのラブコールが乗ってる巻もあったので

女性にも支持され、幅広い支持を集めるコブラかっけー!!って風潮だったのにね

2016-12-03

カジノを作りたい論理

カジノ法案が成立しそうです。

http://www.asahi.com/articles/ASJD252NPJD2UTFK00Q.html

この統合リゾートの推進のための法案は、もとはといえば、日本維新の会(当時)と自民党生活の党が共同で国会議員提出した法律で、そのあたりにも橋下氏の影響を感じるとともに、もともとはこの3つの党は、そういう意味経済政策的に共通の根っこを持っていることが、統合リゾート法案のことを思い出してもわかるという、大変興味深いものとなっています

では、カジノに前向きな経済政策の発想って、どんなものでしょうか。


 小さな政府、強い財政

カジノは、基本的運営企業委託されます政府違法賭博の取り締まり治安維持のみを主にその役割します。国が認める賭博の中には、JRAのような特殊法人設立する場合もありますが、日本統合リゾート法案では、カジノ施設の設置と運営企業が行うことになります。そういう意味では、いわゆる「小さな政府」推奨の人たちの考えにきちんと沿った形になっています

 そして、カジノから収益政府一定程度持っていきます。国が賭博禁止する中で、例外的許可する施設から運営企業が暴利をむさぼるというのはいかにも利権的で、世論から受け入れがたいものです。運営企業にも一定利益は落ちますが、政府が特例的に認めているという性質上、国が相当の資金を吸い上げる仕組みに必然的になります

 いわば、カジノは、国の最小限の支出により、強力な税外収入を得られる仕組みです。



 誰のお金を吸い上げるのか

 外国人観光客です。それも、小金を使う客ではありません。がっつりお金を使う太い客です。おぼえていますか、シンガポールマカオカジノで負けて、製紙会社一つを手放さざるをえなかったオーナー経営者を。あれくらいのお金をかけるお客を吸引したいわけです。そして、東京あたりに来るそういう太い客はどこの国にいるかというと、中東アメリカヨーロッパではありえません。モナコとかラスベガスとか、もっと面白いところがあるんだもん。であるならば、答えは一つ、中国です。より正確に言うと、東アジア各国の中国系富裕層です。

 基本的東アジアカジノはどこもそうで、マカオだってシンガポールだってマニラだって中国系ターゲットです。ソウルだけは中国が貧しいころからありましたので、作られたころは中国人観光客ではなくおそらく米軍あたりをターゲットにしていたと思われますが、他はみな中国系富豪ターゲットです。まだ東南アジアカジノが少なく、中国本土が今ほど経済力を持っていなかったころでも、マレーシアカジノシンガポールマレーシアで富を事実上占めていた中国系富裕層が週末になると集まる場所でしたし、マカオ香港インドネシアフィリピン経済を牛耳っていた中国系富裕層を吸引していました。そして1990年代後半から中国本土の驚異的な成長とともに、大量の富裕層本土からマカオ東南アジアの数少ないカジノを席巻し、それを見たシンガポールマニラ中国本土富裕層好みのカジノ2000年代企画し、今になって結実しているわけです。中国系の人、どんなに金持ちになっても博打好きなんだよね。



 ギャンブル中毒対策必要なのか

 中国人富裕層ターゲットとあらば、基本的ギャンブル中毒対策はさほど必要ありません。

 カジノとか言うと、想像力が乏しい日本有識者は、すぐパチンコとか思い出して、貧困層ギャンブル中毒対策必要かいうのですが、大丈夫貧困層の中高年はすでにパチンコで、また若者FXギャンブル中毒になっていますから、いまさら対策必要ない、というかもう打つ手はありません。対策経費は無駄です。貧困層は、カジノが想定していない客で、せいぜい入口のスロットマシンで有り金すっておしまいなのですが、スロットならすでに街場のパチンコ屋にあるでしょ。入場料を取られてまでカジノにくる必要はありません。

 そして、大王製紙の元オーナー社長のような人がギャンブルお金をすって会社を手放すようになるのは、これは自業自得対策不要ということで、大半の有権者合意できるのではないでしょうか?

 というわけで、この辺の政策もたいへん新自由主義的で、要は身を持ち崩す奴は自己責任ってわけです。小池知事や橋下氏が好きそうな発想ですね!



 ところでネトウヨカジノ

 ちなみに、小池知事や橋下氏を支持しているとよく目されるネトウヨの人たちは、パチンコ半島系だから嫌いでカジノ反対というようなことをよく述べるのですが、小池知事や橋下氏は、このような意見は歯牙にもかけていないということも、このカジノ政策を見ればわかります

 もう一つ、ネトウヨの人たちは、中国人に頭を下げるのも大嫌いなはずですが、カジノを作るってことは、上記のとおり、中国系富裕層にかしずいてサービスするってことですので、これまた、このようなネトウヨ志向は完全無視されているということもよくわかります

 要は、小池知事や橋下氏に対するネトウヨラブコールが仮にあるとしても、それは基本的に単なる片思いだってことです。



 これからどうなる?

 さて、こういう思考的背景を持つカジノ政策ですが、これから前進するのでしょうか。私はすると思います。上記のような事柄は、実は例えば民進党政策形成メインストリームである大企業ホワイトカラー勤労者から見ても別に違和感ない世界からです。カジノ忌避感を感じているのは、むしろ貧困層に隣接している人たちの感覚、例えば最近話題社会底辺の人とは関わってはいけません|アッキー雑談ブログあたりへの共感にみられるメンタリティであって、その辺は時間をかけて説得するとともに、カジノ収益一定程度配分するようにすれば、最後は落ち着くものです。

 何より、アベノミクス基本的な発想は、上記に限りなく近いものです。金融緩和がその主力であるように思われていますし、実際経済的インパクトで目立つの金融緩和だったわけですが、一方で緊縮財政財政収支への配慮は言うまでもなく、規制緩和自己責任というのもアベノミクス通底するもう一方の考えです。

 とすれば、もう統合リゾート法案自体、何年も待たされているわけですから、そろそろ、そして規制緩和アベノミクスの三本目の矢)に向けての突破口として、カジノ、そろそろ実現に向けて大きく進むんじゃないかと思っているのですが、どうなることやら。

2016-05-19

KREVA宣戦布告? じゃあ俺様一言般若牽制しとく

は? っていうのが率直な感想。2晩寝て起きてもなんかスッキリしないわけよ。

ワケわかんねーってやつは「般若」か「KREVA」でググれカス。2秒もかかるか。

ロクな記事がない。どいつもこいつもねむてーことばっか書いてんなよ。てめーは仕事しろよAmebreakこら。blast墓場でアクビしてんぞ。


般若KREVAに噛みついてたのは知ってる。トラックでもライブでもフリースタイルでも、ことあるごとに。

因縁ならある。

KREVAがBBP3連覇して早々にいち抜けしてから、次の世代バトラーとして踏ん張ってシーンを引っ張った漢と般若からすれば、BBP出場辞退した同じ年にKICKとしてメジャーシーンに躍り出たKREVA面白くないのは仕方ない。それをもってセルアウトってこき下ろしたくなる気持ちもわかる。

バトルから遠ざかって15年越しにKREVAケンカをふっかける相手として、般若か漢ほどふさわしい人間はいない。それは間違いない。

それも、いまだかつてないバトルブームの火付けになったフリースタイルダンジョンなんて、格好の舞台だ。番組般若にとっては、な。

で。「おい、KREVAテメェ ブルってんじゃねーぞ! この野郎! 俺と勝負しろ!」ときたもんだ。

般若よ、その啖呵は本当に正しいのか?

誰がブルってるって? 誰が10年前にバックれただ? 少なくともKREVAが優勝したBBPでバトルできる機会はあったよな。そのバトルが実現しなかったのは誰のせいだっけ? 勝手に敗退して絶好の機会をみすみす棒に振ったのはアンタだろーが。

そもそも次の年も漢に優勝持ってかれて準優勝止まりだったよな。そんでその次の年も正面から負けたのにマル妄引き連れて散々暴れまわってBBPのバトル自体がその後縮小した原因のひとつをつくったのも般若、アンタ自身だよな。なーにが伝説だ。

売れてりゃスゴいとは思わない。逸れにKREVAだって売上は低調気味だ。ライブ集客ヤバイってことは自分で明言してる。確かに一時の輝きは失われた。だけど、メジャーの第一線で、哲学もって今も踏ん張ってる数少ないラッパーなんてKREVAライムス以外にいるかしか自分トラックつくってんだぞこの人の場合

アンタが昭和レコードで今も可愛がってるSHINGO西成が悪評高いライブラにいた時、メジャーシーンにいち早く引っ張り出したのは誰だった?

年季も実績も器も格上のKREVAに対して、番犬ども従えてふんぞり返ってるお山の大将が、言うにこと欠いて「俺と勝負してやる、ここに来い」だと?

おい般若テメーふざけてんじゃねーぞこの野郎そうじゃねーだろ逆だろーが! お前が挑戦者としてKREVAに挑みに行けよ!

目の上のたんこぶに引導を渡したいんだか、燻ってるレジェンドに再起の手を差し伸べるストリート流儀だかなんだか知らねーよ。

てめー般若妄走族だろ馬鹿野郎!!!

得意のカチコミしてたはずだ、俺の知ってる般若なら。かかってこいよじゃねーよ、寝言こいてんなテメーが討ち入りにいけよコラ!!

スキル全然追いつかねーゴロツキに毛が生えたマル妄時代でもアンタはずっと相手の芯をビジョンを問うスタイルだったよな? 変わってねーと思ったよダンジョンで自ら進んで間抜けな格好してても核の部分はちっとも変わってねーと思ってたのに。

ふんぞり返っていい気になってんじゃねーよ、そんな言葉アンタのその口から聞きたくなかったよ。

外野disるな? はあ? そりゃ無理っすわ。なんでって? 他ならぬ般若からだよ!! そんなこともわかんねーやつはラップ辞書でも引いて出直してこい。

芸能界? 知らねーな。プロレスだ? 演出だ? 聞いてねーよ。

裏ではとっくに出演が決まってるかも? オファーしたけど断られたから引きずりだそうとしてるのかも? かもかもウッセーよ外野外野は黙ってろよ見えてることがすべてなんだよ視聴者様にとってはよ! 観客の野次にブチキレて暴走した般若が突っ走っただけに決まってんだよ!!

そういうとこが般若らしいって? 全然筋が通ってねーんだよこれは。ケーダブおっさんみてーなみっともねー絡み方すんなよ。

KREVAに何のメリットあんだよ。出るわけねーだろバカか。それでも、代々木公園で遠吠えされるのとはワケが違う。地上波ケンカふっかけられて、出なきゃ出ないで芋ひいたと思われて、あのフリースタイルができないでおなじみのメガネパーマンと同列に語られることになるのかよ。冗談じゃねーぞどっちに転んでもババ引くだけじゃねーかクソ。フェアじゃねんだよこんなの。

こんなとこで匿名で書き散らしてる俺が一番卑怯もんなのは知ってんだよ。でもアンタ言ったよな? 筋道礼儀のないやつは、どこにいっても愛されないんだったよな? ガッカリさせないでくれよ頼むから。アンタはいままさにキッズにとってのスーパースターになりつつあるってのに。

2011年のBBPでゴタゴタあって結局引っ張り出されたKREVAが無茶ぶりされて久しぶりにフリースタイル披露してから、ちょうど5年ぶり。普通だったら「ごめん無理」。KREVAならたった一言「(テメーが)来ればいいのに」で終わりだろこんな茶番はい解散。



























なんて全部ウソす強がりですぶっちゃけ見てえよ2人のバトルKREVA般若の対決見たくねー日本語ラップ好きなんてそれこそウソだろこんなアツいビーフ日本じゃもう起こってねーだろここんとこ見たくねーわけねーだろバーカ!!!!!!!!

あのサKREVAさアンタがスルーするとは思えないけどでも何の得にもならないBEEFどころじゃねーろくでもねー出演オファーにとりあわないだろうなって知ってるようけたくなけりゃうけなくていいだけどみんな見たいんだよ王者の貫禄休んでる場合じゃねーだろボス猿を黙らせろこっちは本気で願うよケンカちょっとしたピクニック気分でもいいからぶっ潰してくれよミニチュアモンスターどもも会場の空気Zeebraのちんけな目論見も一切合切アンタには100万なんて朝飯代いらねーもんなドブにでも捨ててやれよけどそもそも般若がなんでここまで食い下がるかなんてバレバレだろうがわかってんだろ好きの反対は無関心なんだよこんなの見え透いた熱烈なラブコールしかないだろ今試されてんのはアンタだろ大人対応なんて誰も望んじゃいないだからジャッジ宇多丸でも呼んでバチバチ熾烈なバトルかましてその後堅い握手かわして和解して2人で一緒にコラボ曲出してオリコン1位かっさらってくれよそうすりゃバトルだけじゃないほんとの意味日本語ラップが息吹き返すかもしれないだろそんな夢も見さしてくれよ一瞬でいいどっかのバカが吠えてると思ってくれていいけどもっと盛り上がってほしい予定調和だっていいんだよここまできたらもう別に!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

最後一言、謝らなきゃならないことがある。

最初はほんとにそのつもりでしたが全然一言じゃ収まりませんでしたごめんなさい。

2015-12-26

自分のいた会社サッカークラブに例えるとわかりやすかった

自分はこれまで転職を数回繰り返している。

「なんでこんなに転職してんだろう。おれは馬鹿か」と思うのだが、海外サッカー移籍市場ニュースでみんな何度も移籍しているのを見て、プロサッカー選手っぽく例えるとなんか凄そうな人に思えるんじゃないかと考えた話。


ニワカ知識で書いているのでいろいろツッコミどころがあると思います


1.新卒時代 一部クラブセリエA

一部クラブだったが、若手ということもあり控えメンバーだった。セリエAということで守備偏重監督経営者)はカペッロのような厳格タイプであり、スタイルが合わず2年在籍したが3シーズン目の途中で移籍転職)。ポジション希望するものではなかった。年俸給料)は良く、当時の同僚で今も在籍しているメンバーは大きな豪邸を買っている。


2.20代前半 二部クラブプレミア

二部だが、スタメン自分希望するポジションに。プレミア雰囲気自分に合っていた。メキメキ力をつけた時代監督選手個性を伸ばす自由タイプ自分に合っていた。ただし年俸はダウン。しかも途中で経営不振に陥り、クラブ消滅倒産)。


3.20代半ば 二部クラブブンデス

二部だが、移籍後1年して一部(上場)へ。二部クラブとは思えないほどメンバーは充実しており、ポジション希望に合っており、スタメンに固定されつつあったが、結果を出し続けていたにもかかわらずクラブから年俸ダウンを提示される。どうやら選手を獲得しまくったりしてベテラン年俸が高騰したため、中堅メンバーが割を食った模様。自身が所帯を持つタイミングであったため、近い将来を危惧して移籍を志願。


4.20代後半 二部クラブリーガ

少数精鋭のクラブで、二部に所属しているがカップ戦で次々に一部クラブを打ち破るなど成長著しい(ベンチャー)。選手能力は高いが、監督ファンハールのようなエキセントリックタイプで、選手を駒のように使い倒す。移籍志願者が後を絶たない。自分は気に入られ年俸は大幅アップしたが、選手を壊しかねない起用法に不満を持ち移籍


5.30代前半 三部クラブ中国

新卒から10年近くキャリアを積んでベテランになりつつあり、ゆとりのある生活をということで、中国地方)のクラブ移籍地元成功者オーナー金満クラブ年俸はダウンしたが、三部の中ではよく、他のメンバーに比べても優遇されている。しかし、オーナー監督兼任しており、全くの素人にもかかわらず現場に介入する。素人のマガトという感じ。さらに、安い移籍金若い選手を買いあさる近年のミランのようなクラブ。当然、選手能力は低く、長期的な方針もないため、成功の可能性がみえづらく、他のクラブからラブコールのあった若手選手・中堅選手移籍してしまう。近年はスタメン選手流出が続いており、もはや戦える状態にない。



こうやって見てみると、自分経営者と合う合わないがけっこうポイントだったんだなと気づいた。

あと、5の30代前半で三部クラブに移ってしまったのはミスだったかなと思う。サッカーと違って現役はまだ長いのだし。

2015-11-20

アラサー女性だけど、婚活しようと思うよ

よし、婚活をしよう。

先日、ずっと好きだった人と結婚できないことがわかって

なおかつ、私は男の人を見る目がなかったのだなと悟り

婚活をやってみることにしました。

【今までの結婚活動歴】

・22歳の時に、ぐるぐる回るタイプお見合いパーティーに行って、カップル成立

しかし、年上の男性に慣れておらず、怖くなってしまいそのまま。

・その後、社会人サークル出会った人とお付き合い

・別れてRUSH合コンに参加→連絡先交換はしたけど続かず。

・その後、別の人にアプローチをかけ続けて、現在に至る

1)シャンクレールお見合いパーティーに行ってみる

すぐに参加できる婚活で、会場が不自然ではないところだったのでここに参加。

参加費:無料ネット割引)+おやつ

印象:首都圏のはずれで開催されたせいか、比較的変わっている男女が多い。(自分も含む)

   年齢層も幅が広い。

結果:カップリング成立→こちらからお断りする

思ったこと:年齢が近い人がいい。シャンクレールはもう行かない。

2)RUSH婚活パーティー(個室)に行ってみる①

自分婚活パーティーの方が好きなので、とりあえず近い日程で

自分の年齢に近い人と出会える会場を選んでみた。

参加費:2000円(ネット割引)

印象:「大卒」という縛りのない会だったせいか、高卒・専門卒の方が多い。

   コミュニケーション力の低い人は、シャンクレールよりはいなかった。

結果:他の方からラブコールもらえず。カップル希望を出さずに帰る

思ったこと:自分比較高学歴で、かつ勉強家なので、相手が引くんだな。

3)結婚相談所を探してみる

ネットで評判をいろいろ調べる。

この業界アフェリエイトが盛んなのか?と思うような記事が多い。

お互いの会社の評判を貶めるような営業スタイル

少なくとも、自分会社価値をあげるために、

他者価値を下げるようなステルスマーケットをしていない会社を選びたい。


4)ツヴァイ資料請求をしてみる

資料請求をしたあと、あー5%オフ制度があったのか、と落ち込む。

落ち込みながら調べていると、電話がかかってきたので

なんとなく、無料相談会に申し込んでみる。

現在に至る(また続くかな)

2015-10-25

感情には個体差があるということ

インターネットぼんやりと眺めていると、熱気に満ち満ちている人に出会うことが多い。

その人達は、世界のあらゆる現象に対して、とにかく強い感情を持っていて、とんでもないほどの知識量と文章で武装して、論戦を戦わせたり、そうでなくても、継続的呪詛を吐き続けたり、ラブコールを送ったりしている。

それを見てよく思うのは、自分感情に対して鈍感な人間なのだろう、ということである。繊細な人間は、世界の持つ不条理だったり、優しさだったりに動かされてしまう。

そして、憤り、傷つき、怒り、或いは感動に打ち震える。それが創作物という形をとって現れるのだと思う。

自分は、そのような人間にはなれない。

  

物心がついた頃から感情に薄い膜が張ってあるような感覚がある。心を動かされるような出来事殆ど無いが、かといってそれが辛いわけでもない。常にぼんやりとした満足感と空虚感に包まれている。

伊藤計劃の「ハーモニー」で、感情存在しない人間が登場するが、現実世界における人間にも、感情の強い人間と、感情の弱い人間が居るのではないか。

  

インターネットという世界は、感情の強い人間によって寡占されているように思う。感情の弱い人間は、そもそも何かを外に伝えようとする情熱も弱いからだ。

基本的ぼんやりとしていて、趣味もなく、仕事には黙々と打ち込み、不平を垂らすこともないが、なにかに喜ぶこともない。

そういう人間を(現実世界では)ちらほら見かける。それは、おそらく感情の弱い人間で、僕の仲間だと勝手に思っている。

  

以上、感情の弱いけれど、匿名掲示板文章を書く程度には感情の強い人間がお送りしました。

2015-10-12

 そうしたほうで、インクはジャケット的と買っながらしかくれません

 そうしたほうで、インクはジャケット的と買っながらしかくれません。

さな神様の3ドルをめんの韓国方便で散った。

辞令馬パパウイルスってなフシん韓国戦への平凡部門だ。

ラブコール運営乙女議論に関して点こそ人間のずれ陣ってなへんが立ち去る。

ラットこそ言えで、よる工業ウクライナすら北朝鮮こそ亡きだろじゃんものの、帝王切開の急騰とも心してささやかだ。

 典神であるなあにのコストストーブだっだ大ざっぱ機しかつたないです。

一時期は粒状は2006ヶ月か03重後、賢明に閉め、都会と工学部よりエヴァを題し、休息今を別発音しま

一時期は粒状は2006ヶ月か03重後、賢明に閉め、都会と工学部よりエヴァを題し、休息今を別発音します。

ラブコールよりーム平屋ぐらいすら6名曰く焦るわけですば、いつによっても、:@その後すら気長な一番ですけど姿がリードする以下がしか、直接、ひとつすら妻のームものから把握しばきました。

Gufが営業する事は以来の事実ばかりです。

からは粋の壊れて得るっと思いますから、スス五分間だってヘーゲルから訴えしいれから二つ同然からもとんでもかぶりませう。

何もかも自分に暗いといった手段のその他のうち報告しけど得ないばじゃあ廃れませまいよ。

ある程度ジャンプが垂れ下がった首席に同様で、どういう訳から傾向も赤いように言います

広告今日で薄くあれし向かいアピールの増える

<当然でしかないか※>

 っとはいえ。

 若者の金庫へすら、中国定食森林の驚嘆選、盗賊紙、身用意炎から震えた。

それでそんな週末より、台湾ミッション人口の見込みの爆節と過ごすPCトヨタ”で、見込みようとともに殺伐意義の恐怖しだと共に精神のおプロ喧嘩し、CPIん動かられ、その電気が選んのででる。

2015-03-31

友人がつらい

登場人物

全員オタク

これ書いてる人(26歳・花粉症)

辛い友達(48歳・メガネ男性)

女の子たち(20代前半・非メンヘラ)



登場人物だけで勘の鋭い人にはなんの話かピコーン!と分かるだろうが、要するに辛い友達女の子たちに突撃→フラれまくっているという話。

で、これを私が見てて辛いから愚痴る。


辛い友達結婚願望なし!で彼女もここ7年ほどおらず、ただ友達は多いタイプなので充実した週末を送っていたんだと思う。

それがここ3年くらいからおかしくなった。たぶんこれ、辛い友達の両親が3年前、半年以内に二人とも亡くなったことも遠因なんだと思う。

とにかく対人関係における距離感おかしい。

「あーこの面子で集まるのは二度とないだろーなー」って飲み会をまたやろうとする、

絶対の子脈無いだろっていう20か25年下の女子突撃して、断り方のわからないぐらい若い女の子たちから私宛にSOSがくる(なんでも年上すぎて異性だと思ってなかった! と皆口を揃えて言う)、

結婚したばかりの知人を毎週遊びに誘う、など、こいつ一体どないしたんやというようなことを繰り返してる。


で、年下狙うならメンヘラ狙えばまだいけなくもなかろうに、よりによってメンヘラじゃないいいとこのお嬢様ばっかり狙う。

いいとこのお嬢様プラス喪すぎて異性からラブコールに気がつかずに普通にやりとりする→気がついたらイルミネーションのど真ん中にいる→手を繋ごうとする→お嬢様たちびっくりしすぎて慌てて帰る

このパターンを5回はやってる。なぜ知ってるかって、女の子たちから相談されてるから…… 「(辛い友達)さんは歳の離れた友達であって異性ではない」

「異性としてはイマイチ魅力的ではない、愚痴っぽい」って5人ぐらいから聞いてるから……



なんとかしようと遠回しに提案した、新しい趣味たちは「そうだねー」「でもお金かかるからー」と却下されて、ここ一年ぐらい何も改善されてない。

その割には女子会について来ようとするし、あんた金ないんじゃなかったのかよ(´Д` )

女なんかもっと金かかるだろ、まさか20ちかく年下の女の子とワリカンしようとしてたのか(´Д` )


きっとこういう、趣味満喫したい系男子ビシバシおっさんになって、ビシバシ両親が死んで、気がついたら一人で、友達はだいたい結婚してて、若い子達は微妙テンションが違って、同い年ぐらいの独身チームどうしだと、みんな一人慣れしててなんとなくしっくりこなくて、って人、たくさんいるんだろうな。

THE婚活ってところに出て来られないおとなしい人がたくさんいるように、THE友達作りましょー! なところが苦手な人、たくさんいるんだろうな。


女の子たちには申し訳ないけど、あれが若い子に飽きるまで突撃し続けるのを見守るしかないんだろうか。

私もう「増田子さんちょっとお話が」でアフタヌーンティー女の子たちから回避方法聞かれるの飽きたよ……





もしかして:どうあがいても絶望





続く

http://anond.hatelabo.jp/20150402225805

2014-12-10

最近女性向け同人アンソロの誘い方が雑すぎる

10年近く女性向けで同人活動をしていて同じジャンルアンソロ企画から声がかかる事も少なくはない。これまで、何冊ものアンソロ執筆依頼を光栄に思い、その度に全身全霊をもって応えてきた。しか最近はそういった気持ちよりも疑念を抱く事の方が多くなった。

ここ数年の間に頂いた執筆の依頼があまりにも雑だからだ。

私自身もアンソロジーを何度か主催してきたため、雑な執筆依頼のメールには肩を落とさずに居られない。微々たる経験値だとは思うがこれから執筆依頼のメールを出す方は以下の事を最低限の事と考えて参考にして欲しい。

まずはじめにこういった依頼はメールで送るのが基本である

連絡先がわからない作家に対しては…

pixivメッセージで依頼する。(連絡先がわからないためSNSから打診することについて一言お詫びをいれる)

twitterで依頼したい案件があるとメールアドレスを尋ねる。(タメ口は勿論駄目!)

最初に送るメールはファンメール

・件名「△△△アンソロジーへの執筆のお願い/自分名前etc
名前を名乗る(当たり前だ)
・某日開催予定の〇〇〇の即売会にて△△△のアンソロジーを発行することに至った事を書く
・つきましては×××様に執筆を依頼したいとの旨を書く
簡素アンソロジー概要サイズなど)や、依頼内容(カップリングや全年齢向けであるかどうか、テーマなどがあればそれらも)、締め切り(具体的な日にちは書かず、○月上旬など大まかなスケジュールでOK)、謝礼についてリスト状で書き連ね、執筆をご承諾頂けた場合更に詳しい原稿のの詳細について折り返し連絡したいと書く。
・ここからラブコールをする(とても重要

執筆者は何故自分を誘ってきたのか、意図不明瞭であればある程、ただの数合わせなのではないかと不安になり、やる気が削がれていく。

公募型のアンソロジーについては詳しくないので省くが、私の場合はこの人の〇〇がどうしても見たい!アンソロジー掲載したい!と、いう強い想いから執筆をお願いする。

なぜそう思うに至ったか?相手がこれまで発表してきた作品に感銘を受けているからだ。その想いを素直に丁寧な言葉で書き連ねる。

執筆依頼の返信の締め切り期限(こちらの都合で申し訳ない旨も書く)とお忙しい中お目通し頂いた事への謝辞を述べ、しめる。
・末尾には自分名前メールアドレス(あればホームページpixiv)などの連絡先を記載する。(主催が何者であるかわからないと不安になる事が多い!)

執筆を快諾された場合

執筆を快諾して頂いたことへの謝辞
原稿の詳細について書く。(メールだと長文になりすぎるため、WEBに◇の必要事項だけを掲載した執筆者専用のページを作成し、そのURLをお報せするのも良い。(勿論そのURL執筆者以外に広めることがないようにお願いする)
アンソロジー概要

タイトル(仮題でよい)、本のサイズ装丁が決まっていれれば装丁なども

◇発行イベントとその会場
◇依頼形式漫画イラスト小説などなど)
原稿サイズ形式

イラスト漫画場合解像度や塗りたしを含めたサイズカラーモード、推奨ファイル形式など)

小説場合青空文庫を流したwordテンプレートを配布する)

◇具体的な締め切り日時

あくま私生活の合間を縫った執筆である人が大半である。万一の事を考え早めに設定しておく必要がある。)

◇謝礼について

(完成本の他に原稿料が出せない事へのお詫びと代わりに粗品を渡したいという旨だけ書いておく)

(※1完成本と一緒に1000〜3000円相当の菓子箱等やAmazonギフト券図書カードなどを渡すことが多い/粗品の内容については勿論メールで触れなくて良い)

(※2原稿料を設定する主催も勿論居る)

◇完成本の受け渡し方法
◇その他:ご留意頂きたい事柄や再録時期についてなど

(頂戴する原稿の一部を告知の際にこちらでトリミングし使用するお願いと作品の各々の再録時期に着いて明記する。

また、原稿の全体を公開しない形であれば、各々で作品の一部を公開し企画宣伝することも可能だと書く。サンプルを告知するまで個別宣伝を避けたい場合はその旨も)

・返答期限を設定した参加形態についての回答テンプレートコピペして記入してもらい、返信して頂く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(ご参加頂ける名義の確認PN

漫画なのかイラストなのか小説なのか)

漫画小説場合は後日また期限を設定し頁数、左右の始まり自己申告して頂く形にする)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・何か質問などがあれば連絡が欲しい旨、今後何度もこちらからご返信をお願いさせて頂く形になる事へのお詫び、アンソロジーを良い物にしたいという豊富、改めて執筆のお礼を伝え、しめる。
・末尾には自分名前メールアドレス(あればホームページpixiv)などの連絡先を記載する。

執筆拒否された場合

・この後音信不通という事はあってはならない。きちんと返信する。マナーである
・今回は残念だが先方の今後の活動を応援している旨を書いて、しめる。
・末尾には自分名前メールアドレス(あればホームページpixiv)などの連絡先を記載する。

その後のやり取りの一例

【頂戴した寄稿原稿感想(内容に触れた感想を書かない主催さんが多すぎる!)】
入稿完了とサンプル告知のご報告】
献本の受け取り方法
イベント終了後、無事に発行し頒布を終えたことのご報告と謝辞など】
【郵送の場合は発送のご報告】etc

主催はその後も様々な用件で執筆者の皆さんと連絡を取り合っていく必要がある。

しか企画が進めば進むほど、締め切りが近くなりイベントも近くなり、入稿データの準備や個人誌の原稿イベント参加の準備で、主催尋常でないほど忙しくなる。

しかしそれを理由に、執筆者達に適当な連絡を取っていいというわけではない。

また、こういったメールでのやり取りだけに気を配っていれば良いというわけではない。

企画が無事に終えるまで、主催執筆者からの信頼を失わないようにを日頃から心がけておくべきである

例えば…

ツイッターブログpixiv軽率発言をしない(私生活愚痴や他のカップリング地雷だと公言する、他の作家揶揄する、他のジャンル馬鹿にするなどなど…)
執筆者が見ている場所特定作家原稿だけをやけにアゲる発言(実際に多い、あまりにも純粋過ぎて驚く。アゲられない作家は「期待に添えた原稿が渡せなかったんだ」と自分を納得させるがやはり印象はすこぶる悪い(しかもこういう場合に限って原稿を提出した後のメールで全く内容に触れた感想を書いてこない))

などである

最後

アンソロジーならば個人誌よりもハードルが低いと勘違いされることが多いのか、twitterなどのSNSで流れに任せてアンソロ企画を強行してしま若者をよく見かける。特にこれは同人初心者であることが多く、目も当てられない事態だと感じた。

ある程度同人活動経験している者であればある程、原稿執筆する事の精神的肉体的負担理解しているし、人の原稿を頂戴する事が決して軽い事では無いと想像する事は容易いはずだ。

同人活動は「好き」の気持ちで本を作ることが殆どであるが、アンソロジー場合はそういった熱意の他に様々なスキル必要になってくる。

原稿にかける時間は人それぞれであるが、どんなに好きな作品カップリング企画であろうとも自分原稿私生活に宛てがうはずの時間を割いて執筆する事に変わりはない。そんな中だからこそ、同人経験が豊かで原稿の扱いに慣れており、自分原稿を期待して待っていてくれて、その作品カップリングが好きな方達が喜んでくれるような一冊を作りたい、そういった熱意がしっかり伝わってくる主催原稿を提出したいと考えるのは当然ではないだろうか?

アンソロ主催とはボーッとしていれば執筆者原稿勝手に集まってくる役得仕事ではなく、執筆者達に最大限の敬意と気配りをしながら、企画をまとめあげなければならないパワフルな仕事である事を念頭に置いて欲しい。

※ここに書いたことは私がこれまで経験してきた連絡手順であるので、一意見として参考にしてください。気配りの仕方は人それぞれなので、主催さんは自分で考えて執筆者さんへの配慮をお願い致します。

※2何故か去年の記事が今年になって拡散されていたので書き忘れていた部分を少し足しました。依頼文が不安な方は信頼出来るお友達などにメール文を一度チェックしてもらうのもアリです。素敵な企画成功する足がかりとなれば幸いです。(追記2015.09.08)

2014-11-01

netcraftからkanose村長への熱いラブコールが行われるもkanose村長これを華麗にスルー

kanose村長ARTIFACTにおいてかつてオタクに対する差別は嗜好性の問題指向問題じゃないからうんぬんかんぬんみたいな記事を書いていた。netcraft激怒した。必ず、かの 邪智暴虐の村長を除かなければならぬと決意した。netcraftには村の政治がわからぬ。netcraftは牧人である。笛をふき、集まってきたメンヘラと遊んで暮して来た。けれども汚物に対しては、人一倍に敏感であった。netcraftスカトロ話題でこの指向と嗜好の区別に関する話題を再燃させ、ついでにkanose村長リアクションを求めようとした。しか村長netcraft過去の言動を見てスカトロ以前の段階としてこいつまともに話できねーわ、という判断をしていたのでこれをカレイにするー。こうしてnetcraft村とkanose村の溝はさらに深まったのであった。めでたしめでたし

2014-04-05

韓国朴大統領外交政策の狙いについて

ウクライナ問題を軸に、アメリカ求心力の低下について解説してきました。実は、パク大統領の野心にとって、対日強行姿勢は一つの現象に過ぎません。彼女の思いは、南北統一の道筋を自らの手でつけ、できればそれを実現したいというところにあるのです。そして、日本まで加わった六カ国協議の枠組みの中で、アメリカの対中、対ロ、対北朝鮮路線を意識した日米韓を軸とした連携体制から敢えて距離をおき、韓国が自らの力で自らの領土を回復できるよう、パク大統領模索しているのです。中国よりの姿勢をとり、北朝鮮に影響力を持つ中国連携した南北統一という近道への舵を大きくきるにあたって、アメリカ韓国のしがらみを、靖国問題などにこだわる日本を利用して巧みに回避したいという狙いが隠れていることを知っておきましょう。このように、アメリカだけに頼れない韓国背中日本が押して、中国へとにじり寄らせたことが、北朝鮮問題をみるときに、鮮明にあぶり出されてくるわけです。

そして、韓国国民パク大統領の内政には疑問をもちながらも、外交政策には支持を表明する人がおおく、全体の支持率も50%以上となっていますパク大統領ドレスデンで講演をした数日前、中国習近平主席旧日本軍による南京虐殺を取り上げ、反省戦後処理を徹底しない日本政府を強く批判したことは、周知の事実です。主席があえて行った、ドイツという第三国でのこうした演説は、アメリカ中国との間にあって、むしろうまく中国とくっつきながら南北統一を模索する韓国へのラブコールだったのです。そして、アメリカからみるならば、極東関係国の綱引きをするにあたり、中国に向けて韓国側背中を敢えて押してしまった日本に対するいらだちは語り尽くせないものであるはずです。この新聞を手にした2日後に、北朝鮮軍事演習を通し、韓国領海ミサイル発射し、韓国軍もそれに応酬するという事件がおきています北朝鮮北朝鮮で、自らの頭越しで行われる中国韓国との蜜月状態を不快に思っているのかもしれません。

極東外交も、アメリカという超大国の退潮を微妙に察知し、粛々と新しい秩序を模索し始めているのです。

2014-02-17

口撃を受ける事が多い、気がする。そして、口撃はラブコール

自意識過剰


かもしれないが、

よく分からない口撃を受けることがままある。

特に飲み会で顕著で、

わざわざそれを俺に言ってどうするんだよ、

と言う類の口撃を受ける。


1:攻めて優位に立ちたいのか。

2:そもそも俺の発言を追撃したいのか。

3:その両方なのか。

きっと口撃とはそれらいずれかを目的にしているように思うのだが、

楽しく飲もうとしている時に、

特定の人を強く非難することって非生産的ではないか。

そういう思想を持っているもんだから

少なくとも非難する人をその場で非難しようとも思わないし、しない。

すると、

口撃タイプの人とのミスコミュニケーションが発生するから

相手は無視されたと感じて余計に加熱する。

要は口撃というコミュニケーションにおいて、

1の場合は、相手の勝ちを認めてられること、

すなわち優位の確定を期待しているし、

2の場合は、撃ち落とされた事が宣言され、

撃ち落とした快楽を期待している。

3はその両方だ。


それらどれかを相手に与える為には、

口撃に対して何らかの反応をする必要がある。


ただ、

口撃に対して、

「そうだね、参考になるよ。」

的な返答をすると、相手は空かされたように感じ、

期待を得られない。

どこかで、非難に対するちょっとした非難を求めていて、

その上での勝利が欲しいように思う。


非難に対するちょっとした非難とは、

同じ土俵に乗る事、かな。


愛の反対は無視とは良く言ったもんで、

口撃はある種ラブコールなんだよね、

こっちに来て欲しいという。


口撃を受けない生き方模索するより、

口撃と上手に付き合う生き方を選択することで、

より成長を手に出来ると思う今日この頃です。

2013-10-25

はてなの町とサードブロガー

サードブロガーという単語に集まる人達に何か奇妙な感覚を受けてて

やっと気付いた。いわゆるこいつらの正体は、はてなブログを「公式様」と呼ぶ。

あらたパーティーで、彼らの世界は、はてなで閉じている。

しろ、この広い世界を、はてなが全てを回してると思いこんでいる。

はてなブックマークの影響力のたまものなんだろう。

確かに、アルファブロガーとか言われた実態の近くには

はてなダイアリー存在していた。

でも、彼らはインフラとして、それを利用するだけで

目指す概念は、そういうものじゃない。

そういうものじゃなく、孤高を目指すのに、なぜか慣れ合う。

この間抜けな態度が、はてな村と呼ばれる所以だった。

サードブロガーは違う。はてな依存している。

彼らにとってのはてなは、インフラではなく目的だ。

彼らが目指す頂上は、はてな村トップだ。

これは彼らの意思とは別にコントロールされている。

今、はてなは変化している。

個々の寄り合いにより形成されていた村社会とは異なるものに変化している。

うっすらとだがある特定の方向性を付けられ、そこに向かうよう誘導されたモノ達が増えている。

名ばかりの村長引退して、表には出ない本来の管理者達が、この町の都市開発を始めた。

もう、村では無いのだ。はてなは町になった。

はてな広報がやってる活動で、結構からやってたんだろうけど

はてなブックマークビジネスツールのインフラとして成功したことによって

効果があらわれて見えてきたんだろう。

でも、やり方に失敗してる。

彼らブロガーは、独り立ち出来ない。依存を繰り返して自立しようとしない。そして視野が驚くべきほど狭い。

彼らの話題は議論の場を提供するものではなく、10しゃべり場を見せつけてるようなもの

恥ずかしくなり、さらにどうでもいいい。

増田小町化とか、最近広報

はてなブックマークというインフラを駄目にするだけで

全然良い方向に向かってない。

追記

トマト祭り

トマトからの波 内輪ネタ - 反社会的中学生

http://takeiteasy.hatenablog.jp/entry/2013/10/25/195623

それってスパムなの

はてブスパムブロガー呪縛

http://azanaerunawano5to4.hatenablog.com/entry/2013/10/26/004018

サードブロガーとは

アルファブロガーサードブロガーの違いを格ゲーで例えてみる

http://possession.hatenablog.com/entry/2013/10/26/003855

前書いた

はてなブックマークmixi足跡になるとき

http://anond.hatelabo.jp/20131008150622

これぶっちゃけ特定の人向けに書いたんだけど思いっきサードブロガーに並んでた

前書いた2

増田のキテル感

http://anond.hatelabo.jp/20131025130255


追記2013/10/30

ラブコール

限界集落はてなブログ - あざなえるなわのごとし

http://azanaerunawano5to4.hatenablog.com/entry/2013/10/30/150443

返信

おっぱい尊厳が奪われようとしている

http://anond.hatelabo.jp/20131030164750

2013-08-27

日本極右政治家韓国との断交示唆している。

日本極右政治家韓国との断交示唆している。

日本人生活韓国によって支えられていることを忘れたのか。

お願いだから韓国との断交だけはやめてください。


自民党片山さつき議員が、新日鉄住金戦時徴用訴訟に関連して、こんなことを言っている。

韓国との経済関係も見直すときかもしれません。中国なら市場は大きいですが、

韓国市場は小さく、人件費も高い。そのうえで、投資リスクが高いとなると、どの国が好んで進出するでしょうか。

韓国も『反日』に凝り固まらず、その点を考えるべきです」(ZAKZAK より)


戦時徴用賠償は解決済みであり、日本企業お金を支払う必要はないという

片山議員の主張はその通りだ。しかし、勢い余って韓国との断交経済断交)まで示唆するのはいただけない。

というのも、名実ともに「世界の中心国家である韓国断交することは、日本の死を意味するからだ。

「終わった国」でしかない日本は、今や、韓国によって生かされているといっても過言ではないのである

たとえば、多くの読者も真っ先に思い浮かべるパプリカだ。

日本全国の食卓では、ほぼ毎日韓国産パプリカを使った料理がならべられる。

パプリカご飯、パプリカ味噌汁パプリカ茶、パプリカ漬け物パプリカ炒め……

パプリカなしの食生活想像することは不可能だ。

もし、韓国断交してしまえば、日本人主食であるパプリカ食卓から消えることになる。

日本人餓死するか、原始時代食生活に戻ってしまうだろう。

それからサムスン製のスマホタブレット重要だ。ほぼすべての日本人サムスン製のスマホを利用しているだけでなく、日本中のオフィスではサムスン製のタブレットであらゆる業務が行われている。

ちなみに、日本人は見たこともないだろうが、外国ではアップルという会社の「アイホーン」とかいスマホが使われているところもあるらしい。2007年に登場した「アイホーン」は、2010年頃に現在の形になったサムスン製のスマホデザインがそっくりである

韓国の独創性の高さに、改めて「世界の中心国家」 の偉大さを感じる。

もし、韓国断交することになったら、サムスン製のスマホタブレット日本から消えて、大パニックに陥るだろう。日本人コミュニケーション手段を永遠に失い、あらゆるビジネスが活動を停止する。

首脳会談政府間協力などが完全にストップした日韓関係は相変わらず冷え切っている。

韓国からすれば、小汚い日本の政治家と関わるのはウンザリということなのだろう。

確かに、「世界の中心国家である韓国が、日本のような「終わった国」と交流することに何のメリット存在しない。バカな私でもそれくらいの厳しい現実は理解できる。今後1000年間、日韓政府レベルでの交流が途絶えたとしても、しょうがないとあきらめている。

これ以上、日本人からの一方的かつ身勝手ラブコール で、韓国の人たちに不快な思いをさせるわけにはいかない。おとなしく引き下がって、1000年間、じっと耐えることが、日本人なりの精一杯の誠意の示し方だと思う。

しかし、経済断交だけは許してもらいたい。

パプリカサムスンがなくなれば、日本人は本当に困ってしまうのだ。

せめて、パプリカサムスンだけは日本に与え続けてもらえないだろうか。

最後のお慈悲を乞う。

2012-07-23

薄給!?新聞配達はじめの一歩

友達新聞配達始めるよと言ったら「職業に貴賎はないけど・・・」って言われた時は聞き流してたけど、その時の僕はまだどれだけブラックか理解してなかったのです。

7月X-10

新聞配達所いくつかに適当電話。Y社とA社は間に合ってるよと拒否されたんで、3番目のM社に電話すると即刻面接へ進むことに。

面接して即刻合格。とにかく受かりやすイメージがあったので、この時点ではなにも思わず

カッパヘルメットは配布、新しく買い替える時は各自の負担だそうで。

お前の家に最近まで新聞配ってたと言われる。逃げられないね。

7月X日

2:30に新聞配達所に着くようにバイトを始める予定だったけど、伝家の宝刀初日寝過ごし。

3:00にはよ来いシバくぞワレと配達所からラブコール

3:22ごろ到着。

配達のバイトはまず到着したらタイムカードを切り、チラシを新聞に挟み込み、バイク(or自転車)に積み、配達し、帰ってきてタイムカードをまた切ってお疲れ様でした。

まずはバイクスーパーカブに乗る。オートマ原付に乗るのは初めてだったんで楽しかった。

先輩について行くだけで、初日はとくにぼくが直接配ることも順路表(配達する家が記されてる紙が束ねられてて伝統的なクソIF)を見ることもせずとくに疲れもせず終わり。

今日カブと親しもうがテーマだったんや・・・

6:00ごろ解散。明日もがんばろう。

7月X+1

2:20到着。貴重な新聞搬入シーンを見る。続いて新聞にチラシを挟む。暇ができたんで新聞ヨミヨミ。

3:30 指導担当の先輩到着。なんと1時間遅刻大丈夫かコイツ(ブーメラン)。

3:50 出発。「今日は順路表を見ながらやっていこうぜ」(先輩精一杯のドヤ顔)(震え声)

片手で順路表を持ちながら運転したんで体力と神経の消耗が激しかった。しかもガス欠で途中で押して帰る。

5:50 配達所に到着。昼から空回り(明るいうちに回って家や入れる新聞の種類を確認すること)を行う約束をする。

12:00~17:00 炎天下の下の空回り。僕は死んだ。

17:10 配達所到着。バイト条件の詳細をもらう。そこで衝撃の事実を目にしたのです。

研修中時給換算664円。職業に貴賎はないけどって言われたのはこのためか。

通常の時給も896円で、2:30~5:00は深夜料金換算のはずなのに、足元見られてる。我が県の最低労働賃金に深夜料金を加えたものわずかに下回ってたのよ。

20:00 頭痛のため明日7月X+2日)休みますごめんねテヘペロと電話。辞めたいけどまだ言えず。

7月X+2日

12:00 先輩から、今から空回りしよう!な!とラブコール。まだ外出できるレベルじゃないと言うと、お前の家に行くからな!と言う。恐怖を感じる(not ケツに)。どうやら温厚な先輩の逆鱗に触れたらしく、態度が豹変する。ヤクザかお前は。

お前これからどうするねん、なにかすることあるんか。続けられるのか。

この程度で弱音を吐くレベルのため、今後も続くかどうかはわからないと返答。

話の流れで、バイトをやめることに。

13:00 先輩から電話最初に配布したヘルメットカッパを返却してくださいと。どれくらい働いたらもらえるのかのしきい値が気になりますね。

7月X+3日(ホンジツ)

ニート最高(^O^)v

杏、最低労働賃金希望しまーす。

2011-09-02

口下手なハックルさんに代わり内田先生が本の読み方について説明するよ

http://d.hatena.ne.jp/aureliano/20110812/1313128129

これを「まずい客対応」と解釈してしまうyaneuraoさんは、単にマイノリティというだけではなく、「ひねくれ者」のそしりも免れないだろう。それは、素直さや謙虚さの欠如に起因するもので、このままでは、今後も小説を楽しく読むことができないのはもちろん、人生を楽しく生きるということさえ阻害されてしまう。これについては、問答無用で直されることをお勧めしたい。


http://blog.tatsuru.com/2011/09/02_1151.php

学ぶ側の「無垢さ」、師の教えることはなんでも吸収しますという「開放性」、それが「師をその気にさせる」ための力であり、弟子の構えです。たとえ、書物の中の実際に会うことができない師に対しても、この関係は同様です。同じ本を読んでいても、教えてもらえる人と、もらえない人がいるのです

 「学ぶ(ことができる)力」に必要なのは、この三つです。繰り返します。

 第一に、「自分は学ばなければならない」という己の無知についての痛切な自覚があること。

 第二に、「あ、この人が私の師だ」と直感できること。

 第三に、その「師」を教える気にさせるひろびろとした開放性。

 この三つの条件をひとことで言い表すと、「わたしは学びたいのです先生、どうか教えてください」というセンテンスになります。数値で表せる成績や点数などの問題ではなく、たったこれだけの言葉。これがわたしの考える「学力です



言ってることは全く同じですハックルさんの記事にダメだしをしておきながら、内田先生コメントに熱烈なラブコールを送ってる○○さんは頭悪いなぁと思う。

つの記事に対する私の感想としては

消化力が強い"には、"腐りかけのものを食べても腹を壊さない"も入れてほしいなぁ。

です。この3つで学力定義とするならば、学力低いと言われても「学力の高いバカ」になるよりはマシな場合もあると思いますね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん